FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【白頭と灰かぶりの魔女】 今までのおさらい 2019年09月16日 【白頭と灰かぶりの魔女】 トラックバック:0コメント:0




264: ◆5QXHO4/GJY :2019/09/11(水) 19:38:32 ID:bFMV9xMA00
お話も節目なので8時ちょっとなんかします

ミクはナビゲーター?











265: ◆5QXHO4/GJY :2019/09/11(水) 20:03:23 ID:bFMV9xMA00



               z'⌒_^`ヘ、
                  イ/ f´:.:.ハ,ハ
         _        Vい__{:.:.ノ ア        どうもこんにちわ
       i:ハヽ.   __ ,/.-‐;.:.:``く
        |:r':.:.: ̄:.:.:.:`´く´ :,!:.:.:.:.:.:.ヽ          ハイヌミです
       }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:j:.:.:.:.:.:.:.:.:.i          思えばここでハイヌミと名乗るのは初めてな気がします
        /:.:.:.: .:.:.:.:. ..:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
       ,':.:.fぅ:.:.:.:.:.:rぇ:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:l         みなさんの反響である程度満足していたものですから、
.      {:.:r 、_;.-、:.:.`¨_:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:|         あまり交流するような必要性を感じなかったものもあります
     ヘ:{ 、_゙T⌒¨´ ヽ:.:.r1:.:.:.:rヘ:.:.j
      }!ヽ  `´  , '⌒:}_}:.:.:.j  ヽ!         とはいえ、そろそろお話も情報過多になってきて
      {|  ` -     /メヽ;ハ  }|         疑問が飛び交っていることに危機感を覚えましたので
.       ドヽ_    _,.〃 }:.:.ハ}  i ∥
       l! `ーtュ-‐''´  l:.:.!´   { jj          このあたりでちょい今までのおさらいをしようかなと……
        ',  ーtt__,    l:.;'   `¨′
        i!   |^´ l   |:i
         !  l  |  l:l




.

266: ◆5QXHO4/GJY :2019/09/11(水) 20:13:08 ID:bFMV9xMA00



       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (●) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


まずは白頭の略歴から


???が異世界へと現れた年=ここでは仮にD0年としましょう。年数はおおよその仮決めです。まあ参考程度に
_____________________________________________
      | 
      | 
D-12  | ???、現実世界で誕生
D-7   | ???、夜の公園でやる夫と出会う
D-2   | やる夫病死
D0     | ???が現代から未知の異世界にやってくる。
      |   ギルド?という集団に所属。ガッツ、カヲル、マドカをメンバーに活動。
D08    | ???が何らかの理由で組織を離脱。仲間を引き連れて王都へと赴き人間側の勢力に加担
DXX....  | ???が自分の感情を模した3体の白頭を生み出す。
D21    | 王都に愛歌をはじめとする最盛期の賢者が誕生する
D22    | ???がギルド側の主力を掃討。???は命を落とし、一三人の魔女を生み出す。
DXX....  | 王が魔物の居なくなった大陸全土を統一
D105.......| ミクが???の所有物であった白頭、ハクトウ、ビャクズを開放し、育てる。
D120.......| ミク、白頭を放棄し、彼の記憶を抹消して森に捨てる。
D120.......| 白頭、愛歌と共に生活することに
D122.......| 邪念の魔女が死に、魔女狩り編が勃発。白頭消息不明に。
D123.......| 白頭、愛歌と再会
D124.......| 魔法学校編へ
D125.......| 解呪編へ
      | 
      | 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

実際は不変と狂気が生き別れの姉妹であったり
無痛が元邪教所属であったりと細かいところはありますが
大きな流れはこんな感じですかね
一応すべて本編に出している情報です
???はAA的にはできない子のことを指します。以降大賢者とします。


.

267: ◆5QXHO4/GJY :2019/09/11(水) 20:20:53 ID:bFMV9xMA00



■大賢者とは? 神とは?


 大賢者は現代知識を持っており、一部の言葉は異世界の中にも残っています。
 つまり異世界転移者という立場にあると言えます。
 もっと言えば、しきにゃんの世界に出てきたできない子本人です。
 その経緯はいずれ……。

 そして神とは、この世界を気まぐれに眺めている存在であり、大賢者とは別人です。
 その神は、世界の秩序を保とうなどという気概はありません。すべてを放棄し、
 きままに世界に干渉しています。

 そんな二人の関係も、多くは謎のままです。
 二人の間でのみ成り立つものとして『神力』というものが存在します。
 神力とは――神の視点でない者がその構造に干渉することも、観測することもできない奇跡を指します。
 二人はその『神力』を唯一認識できる存在のようです。

                          __
                         / /⌒  ___
                   ____(  (___⌒\ノ__
             {______) ̄\/ ̄ ̄\   < ̄`
             ⌒ヽ __ ⌒ヾ::...::/ ̄\:.         。
                 .   ´ ̄`⌒ ⌒ ̄ ̄ミメ、::.      \
             ,  '   .                ::.      \\
            /                   ヽ、::.     |⌒
                                  ヽ::.    |
         /               i   、           ゚。  人
           /             |     ‘,      ‘,   :.    \
        /′ /    ′  /  |      |       ‘,. 八 \⌒
.        ′      |    '    ト、    ト、      、   i   }::。 \
        i   |    |   ハ   i| ヽ  斗‐\   ‘,     Λ:.\⌒
         |   |    |   !_ヽ  i|   \ |   ヽ   i     { .::|\\__ノ|
          |   |    ト、/|   \{     y'"斧芋ミY  |{  i   / |::| }\_ノ
        }|   |    | \{           弋//ツ ,  八 } /. |::|  ',
.         八  八    { y汽斧ミ           厶イ  .{イ|└┘}  ヘ
        \  ー ゝ ゛ 弋/ツ            八  i|| 「:「 ̄  } ヽ
          `   iー<⌒     、        /   ||::| |::|    /\}
.             |    ヽ              ノイ  .|::| |::|.   ./
               ノイ  } ::.       n     イ |  .八| |::|.  /
                i /i.  个 .         /__| j  / |::| |::|   .{
             .レ .|/    .「≧=‐- ‐く,,,,,,,,,,|.}/ .|::| |::|. ,  }
.              rー―――――┴- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;└-ニ,______/ヽ/
              ,'"ー-___         ` ー-;;_;;;;ノ  ̄ ̄ ̄二ニヽ
           /三三三三三二二≧‐-_      ̄  ̄.'ーニニニ三三三!
            /三三三三三三三三三三三≧‐-_.       ̄ーニニ三゙
        /三三三三三三三三三三三三三三三≧=-__      ̄ーヽ、
.       /_  ̄ーニ三三三三三三三三三三三三三三三≧=ー--___ ヽ
     /===`ー _    ̄ー=三三三三三三三三三三三三三三三三三三ミ、
     /'",..-――- ̄- _      ̄ー=三三三三三三三三三三三三三三ニヽ
.     {/          ̄ ‐-._                       __..、ヽ



.

268: ◆5QXHO4/GJY :2019/09/11(水) 20:24:58 ID:bFMV9xMA00




■しきにゃんのやる夫と白頭は別人?

 ずいぶん前ですが、疑問の多かったコメントにお答えしておきます。
 結論から言えば別人です。やる夫は本当の人間ですが、白頭は大賢者から見た彼自身をイメージして作られています。
 いくら外見を模倣できても、大賢者はやる夫の内面を知りません。そのあたりは完全に術者の想像で作られることになります。
 往々にしてこのお話には他者に創造された人格というものが存在します。
 魔将に叱り、白頭に叱り
 そういったものはたいていの場合別の実在する誰かの精神の一部を模倣して作られている、という位置づけになります



                r=====ミ_                                   __// ̄\
          -‐‐寸二二ニ\ \                             _...-/.:.:/:./.:.:.\:.:.:.}_
.        /     ≧=- ミニ‘:,ノ                           ,...:.:.:./.:.:/:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶、
       |      ⌒   ⌒寸ニ}                       /:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:|.:.\:.:.:.:.:.:\
       |   ( ●) ( ●) /ニ/                      ,:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:. {.:.|.:.:.:.: /.|.:.:.:|.:|.:.:.\.:.:.:.:.:.:
       /     ,,,,       ,,寸/   ‐- ..,,_  .            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:._|___|:.:.:.\.:|.:./ |.:.:.:|.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        |      (__人_)   /      /             ,:.:.:.:.:.:.|.:.:.: ̄|:.:.:|.:.:.:.:.|.:.l7 ̄ ̄ :|.:|.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.j
.     ∧            /      /                  i:.:.:.:.:.:.|.:.:_:.|:.:.:|.:.:.:.:ハ| ===ミ .:.|Λ.:.:.: |.:.:.:.:j
         \         ___ /    _ /               |.:.:.:.:. :千丁::::ト从:.:.:| 7:::::::::「 Υ /.:.:.:.:.:.|.:.:. j|
        /≧   ==( 「=/   (   ∨                 人.:.:.:.:.:弋 L ノ  \| L  ノ メ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j.|
         l    ー―'′′       ヽ 丿                 l\.:.(_            _ノ.:.:.:.:.:.:/.:..:.:j.:|
         |   ___/  ≧=‐-  '′                l.:.::「⌒  、__,、__,     ⌒:./.: /.:.:.:.:j.:人
                =ミ    } =ミ     .               l. 八     V:::::::::j        /.:. /.:.:.:.::j.:.:.:..:\
                /  ∨ ー'′ |                    l.:.:.:. \     ¨´     /.:./.:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         人___|   '′‐- 、_ ノ                     |.:.:.:.:\.>         __ {.:/.:/.:.:.:/:.:. |.:.:.:|.:.\.:.:.:}
               ≧彡              .            /八.:.:.:.:.: \|:.`ニニT  _|い /.:/.:.:.:/.:.:.:. |.:.:.:|\.:.\′
                                       (.:.( Λ.:.:.:.∨.:.:.:.:.:/「只L/\{.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:|. /\.:.\
                                         \ ノ.Λ.:.:.:.∨.:.r/  〈人〉  _{.:.:{.:.:.:|:.:.:.:.:.:.|.:.:.:|/.:/ \.:.\
                                         /.:.:.:.:Λ.:.:.:.}.:.:| \     /. . /、 \.|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:l.:\   ).:.:.`、
                                     -‐彡Y´ ̄ヽ.:.:.:.ノ.:.:乂. .| >-ミ. . .ノ.:.:.:\\.:.:.:.:.|.:.:.:|.:.:.:.\/.:.:.:.:.ノ
                                /.:.:._彡{ニニニニ∨.:.:.:.:.:|. . /ニニニ∨{.:.:.:.:.:.:.:}.:.:}.:.:.:.ノ.:.:.:|.:.:.\.:\/
                                (.:.:.:(_  (.:.∨ニニニ} .:.:.: /. . |ニニニニニ| ヘ.:.:.:.:.:ノ.ノ.:/.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                            .      ー― ヽ   ∨ニニ〈 ̄ ̄{. . .|ニニニニニ|. . \ ̄.:./.:.:.:.:/.:.:.|.:.:.:.:.:|\.:.:ヽ
                            .        )ノ   ∨二ノ―ノ. . . .|ニニニニニ|\. . }_.:.:(.:.:-‐彡.:.:.:ノ.:.:.:.:ノ  ).:.:ノ
                                         ̄   └―‐乂ニニニノ ̄廴_ノ \ (.:.:( ̄ ̄__彡



.

269: ◆5QXHO4/GJY :2019/09/11(水) 20:25:22 ID:bFMV9xMA00




■魔物って? 魔将って?

 現状語れる範囲でおさらいします。
 魔物は、人類の存続を脅かす群衆でした。人間を食らって、人の生活圏を侵してきました。
 魔将はそんな魔物のリーダーのような立場の存在で、全部で13体います。世界各地の地下に拠点を持っていたようです。
 
 魔物・魔将に関しては以下のような特徴があります。
 ①魔物から見て人間は、忌むべき怪物に見え、言葉が通じません。
 ②人間から見て魔物は、忌むべき怪物に見え、言葉が通じません。
 ③白頭は上記①②のことを明確に認識でき、かつどちらの勢力からも人間に見えます。
 ④魔将は上記①②のことを明確に認識できますが、人間勢力側からは人間に見えません
 ⑤魔物勢力は生物からソウルと呼ばれるものを徴収してその存在を維持します
 ⑥魔将は神の一部でできています。
 ⑦各々の魔将と13人の魔女の呪いはリンクしている。詳細は不明

 以下、出ている範囲の魔将情報
 狂気:シェイプシフター
 無痛:レッドドラゴン                  〈三三三三三三三三三三三三三三三三三三
 忘却:ソウルイーター                 }ニ/寸三三三三三三三三三三三三三三三ニ
 ??:ドリームキャッチ―               }/    --==ニ三三三三三三三三三三三三
                               /  ‐-     ‐-  -=ニ三三三三三三三三三
                               /ゝ、  ‐-      ‐- ___ -=ニ三三三三三
                              ,州///=-   ‐-    〈 l.l.l 〉''‐    -=ニ三三三
                              i州////////=-   ‐- ¨''''     ‐-   -=ニ
                            / //{////////////=-   ‐-        ‐-
                           /  // ∨////////////////=-  ‐-
               .              { /イ   ト、////////////////////=-   ───
                         ≠ ハ {:i:{   从 `"o寸///////////////////////////
               ァ=──<_,,,,/´  } ./i:i}   `丶、,,__ヾ≪////////////////////////  
                  __..-'゚   /   ,イ,' :i:,'      ̄三彡三ニ-≪//////////////////  
               イ    /.  {   {:i:i:{ :i,       :::::::::::Y//⌒ヾ三≪´ ̄ O ''≪三三j州  
              .,    ∥  :{   ',ニ\!___  ::::::::::://::::::::::: `ヾ`ゝ、     マ=三}州 
         ,  ┏┛┸, .;{   {.    寸ニニニニニ/ ::::::::: //:::::::::::      `¨¨¨彡´==ミ州 
       ,┏┛━‘ ’‘ ┓;.・   {.     寸ニニニ/     /イ::::            '‘   /イ/ 
        ;】  ヅ憮逝エ゛ 【┏┛  ',.     寸ニア     ヾム         ‘' "     ''. /:::
        〝┯┓,  ,〟】‡’{{{   ',      マ{    _    ゞ=仍              ノ:::
            `¨‘┳┷    {{{    ',      マ、 ‘  ̄ 、                〃 ''"´
               {{.    マム   ',      マム   、  `''- 、            ,イ〃___,イ
               {{     マニヘ  ム         マム  ゞ=-   `'' 、   /\ /ニニニニ/
               {{      マ.ニニム      マ三ニ=zzzzzzzx__‘_ノニニニニニニニニ/ /
               {{       マニニム      マニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-''"
               {{         寸ニニヘ        ',ニニニニニニニニニニニ=-''"




.

270: ◆5QXHO4/GJY :2019/09/11(水) 20:27:35 ID:bFMV9xMA00




■レプリカについて

 神の精神と記憶によって作られた模造品です。以下の特徴があります。

 ・オリジナルはレプリカをいくらでも生み出せる。
 ・生み出すには人間の体を触媒にする必要がある。元が人間なので子供も孕めるみたい。
 ・たいていの場合神の記憶を見せられた個体はその事実を受け入れられず自死してしまう。

 該当者として今の時点ではっきりしているのは以下4名
 狂気の母親(死亡)
 ファースト(死亡)
 セカンド
 サード

            ....-::……:::-.......
          /:::::::::::::::::::::::::\::::::::::..,
           //::::::::::/:::::::| |::::::::::::::::::::::::\
        /:::/::::::::::/:ィ⌒| |:::::::::::|:::::::::::::::::::.
.       /:::斗― /___    |:::::::::::|::|::::::::::::::::::
      /::::::::::::::: 勹不ぅk   ̄ ⌒ヽ ::::::::::::|
        ::::::::::::::::: | ーこソ    ぅ尤kト:::::::::::|
        {:::::::::::Λ:| ''''      ^こり 》::::]\:|
        ∨::::::::::Λ         ′ ,, /:::::l
.         ∨::::::::::Λ    。      从:::::l
          ∨::::::::::ノ、          ノ::::::::::::l
        ノト::<こノト .    < \:::::::::l、
        〈:::::::ノ:|:::::::::\ う爪ニ\   \こノ、
       <:::::::::八:::::::::::::::>   Vニニ\   |::::::::::\_
    /⌒ ⌒く:::::ノ\:://⌒7二二ヘ、乂::::::::ア⌒
.   /  \   く:::::::::ノニ\  ん=/ | : :\  ̄
        \   く::::::)ニニ\{/:::::ノ : : : : 、
    {        丶 j「::::ヽ`ーく::::)く    ∨ : :}
    {〉         ノ:::::::: } /:::Γ:::::\  ∨: }
    {Λ  \   /イ::::::://::::: |\::::::::::.   } /ヽ
    {: Λ   V  乂::/ {:::::::::|  \::::::| 八
    {  Λ   ∨     {:::::::::|  |::::::::| /    }
    {      }      八:::::|∥|::::::::|       ノ、
    }    \ {⌒       \:「∥ ヽ :::| {   _,. ヽ
    }       j  \ ⌒\.: : :||: : :.)::ノ ∨ ̄     }
   r-: : :>ーく    \  : : : ||: : : : : {_   -‐ヘ
  ノ       >―ァ=- _  ||   ノニニ\    )
  {_   . : : : : : : /ニニニ/ー‐ァ'⌒`ー气ニニL.,_,./
   ⌒\     「ニニニ/  └―へ   ∨ニ「
       〕iト .,  {二二 |     \‐┘  }ニノ
      /      ー{二二 ト     / / < ノ/Λ
.     /     /  LニニLノiト .,_ し'∠\) ヽ Λ
    {    〈     ̄ ̄ 7   (/(/⌒ : : : .  Λ
    Λ    \ . : : : : : /  Λ   \ : : : :ノ   }
    /ニ\      ̄ ̄   / Λ         /



.

271: ◆5QXHO4/GJY :2019/09/11(水) 20:28:17 ID:bFMV9xMA00





■白頭、ビャクズ、ハクトウについて

 大賢者に作られた存在です。
 ただ作られた目的も、存在する理由も不明です。
 大賢者の特性の一端を引き継いでいる3人にはそれぞれ神力に干渉する力を持っています。




           -─‐──‐-、
        /             \
       / ;              ヽ.
      l  U                l
      |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
      !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
       ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
        /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
        /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
.       /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
      /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
   , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
  く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
   `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄


┌──────────────────────────────────────────────────┐
│ 白頭:嘆きのデルツェハイル                                                     ......│
│  神力の特性を打ち消します。神力によって復活する心臓を止めることができたり、魔女の呪いを無効化します。   ....│
│  また、魔物も本来の人間の姿に見えるようです。                                         ..│
└──────────────────────────────────────────────────┘


              .'  ,ゝ-‐‐-.、   .,)´     ,  .
                   /:::::::::::::::::::゙i,__
〃'          ,'`´. .i::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::ー-.、 ,    ,ヘ
 `      ,〃" λ、 `i:、_::::::::::,ノi:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ    ´,
     彡"     {. ,_,i:`ー`::::'‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    〟
.   メ          ゙´{::::::::(__,、___)::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、     ・,
   ノ"          !::::::::::i!ェェェi!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、〟'
. 〃            }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ`
 l|´              i:::::::::::::/`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、    〃
 i             i::::::::::/, ′ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    ´、
、,ヽ         ¨  /::::::::〈     ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::|     `,
         ,    ./:::::::::::::i ,、 ,. i::::::::::::::::::::::::::::::::::| "  冫,
     .   ,/′   !:::::::::::::i ´     」::::::::::::::::::::::::::::::::::i、〝 ノ
       '´       i::::::::::/     f^:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| : ".
              !:::::::::i__..=-‐:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、 !
          ,.=-‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V
       ,.='´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V   ;′
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨,〝.
        /::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::;、_――'"´`゛ー-、_::::::::::::::::::::::::::::::::∨,
     .∨:::::::::::::::,-'"´ |:::::::::,-、i       ,ー-':::::::::::::::::::::::::::::::::∨
     /::::::::::::::/   _ノ:::::::::i .リ      'つ:::::::::::i`、::::::::::::::::::::::∨
     }::::::::::::::/   ヾ´(/|:iヾ'-       /,'フ:,:::,、::|. ヘ::::::::::::::::::::::∨
 .   /::::::::::::::7     `゙ `゙ヽ       ` i::i i::i ヾュ ヘ::::::::::::::::::::::〉
、.   丿::::::::::::/      i〉  ,           `゙ `゙`    ヘ、::::::::::::::::ヽ
┌────────────────────────────────────────────────┐
│ ビャクズ:憤りのヴァエンタ                                                     │
│  白頭の殺した不死以外の神力の特性を白頭経由で奪い取ります。自動で体内法陣化するようです。      ......│
│  また、手に入れた特性に関しては、同種の特性を敵側に用いられても打ち消すことができるようになります。  ....│
└────────────────────────────────────────────────┘




          ____
        /      \
       / ⌒   ⌒ _人__人ノト、__ヽ
     /   (⌒)  (⌒「  \ n    L
     |       __`___ ノ    l^l.| | /)   了
     \      `ー'´ )  /| U レ'//)  |
     /         .く.     ノ    /  >
     /          フrニ     ノ   /_
     |  l             !ヽ、_,__/   (
     |  !             }
     |   |           |
     |   |          |
┌───────────────────────────────────────────────────────┐
│ ハクトウ:嘲りのジユシード                                                              ....│
│  神力の特性に触れることでそれを複製できます。ただし不死はその絶対数を増やすことはできません。                 .│
│  不死の絶対数は白頭経由で手に入れることができます。                                           ...│
│  神力の恩恵が少ない代わりに、多くの魔力量と魔法知識を保有しています。シンタックスなどの連携魔法が得意なようです。    .│
└───────────────────────────────────────────────────────┘





.

272: ◆5QXHO4/GJY :2019/09/11(水) 20:29:29 ID:bFMV9xMA00










           ((   z'⌒_^`ヘ、
                  イ/ f´:.:.ハ,ハ  ))
         _        Vい__{:.:.ノ ア   
       i:ハヽ.   __ ,/.-‐;.:.:``く       おさらいとしてはこんなところとなります。
        |:r':.:.: ̄:.:.:.:`´く´ :,!:.:.:.:.:.:.ヽ  
       }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:j:.:.:.:.:.:.:.:.:.i  
        /:.:.:.: .:.:.:.:. ..:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      ちょっと分かりにくいところもあるかも。。。
       ,':.:.fぅ:.:.:.:.:.:rぇ:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:l      少しでも皆様が色々思い出すきっかけになれば幸い
.      {:.:r 、_;.-、:.:.`¨_:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:|        何か不明点などあれば、お気軽にお申しつけ下さい
     ヘ:{ 、_゙T⌒¨´ ヽ:.:.r1:.:.:.:rヘ:.:.j
      }!ヽ  `´  , '⌒:}_}:.:.:.j  ヽ!  
      {|  ` -     /メヽ;ハ  }|  
.       ドヽ_    _,.〃 }:.:.ハ}  i ∥          とりあえず直近、週末に無痛IFでお会いしましょう。
       l! `ーtュ-‐''´  l:.:.!´   { jj  
        ',  ーtt__,    l:.;'   `¨′        でわ、また――
        i!   |^´ l   |:i
         !  l  |  l:l





.











君は死ねない灰かぶりの魔女 (カドカワBOOKS) [ ハイヌミ ]

価格:1,404円
(2019/9/16 10:04時点)
感想(0件)



















次の話






目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1467-22656c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)