FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode IV.竜の力 第二章 二つの財布-2 2019年02月04日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




89.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  翌日。

  再生手段の新しい情報がないかと今日も町を回っていたやらない夫だったが、
  なにも得る物がないまま三つ半の鐘が鳴ってしまったので
  仕方なく宿に戻ることにした。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                       |:::::::::::::|
                                       |:::::::::::::|   メ
    ________       _______       |:::::::::::::|         _,n_        __
    |        .:,i|      |        .:,i|     |:::::::::::::|        └l n |  に二二l └┘/7
    || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||      || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||     |:::::::::::::|          U U         <ノ
    || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||      || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||     |:::::::::::::|  ,/二二ヽ
    || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||      || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||     |:::::::::::::|  |      |
    || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||      || ̄|| ̄||| ̄|| ̄||     |:::::::::::::|  |___|
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|       :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|     |:::::::::::::|
    ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧ ∧ .:|:::::::::::::|;    _n__
    ∧_∧ メ                     /)゚- ゚,,) ゙;|::::::/ |    .:[__;;]
∧_∧´∀` ) キ                 ヽ   |) |/ ,;.:|___| l ̄l :|_
,  ´_ゝ)  .と ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |~          |_l_l_,l
    )'ヽ  Y  ,;      ,。            し`J
人 Y し'(_)
_(__)_________________________________
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
         :    '      .             '
                  ノ 、 、
                  ● ●) l
               (人__) |   「おっと、もう十五時半か。
               ヽ    ノ    .………けっきょく今日も空振りだったな」
               /    ヽ
                 l|    | l
                (|    |_)
                    し   .J



   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘











364 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:00:59 ID:8/bKapBc
90.
――――――――――――――――――――――――――――――
  四〇四号室に入るなり窓際に向かって確かめてみれば
  びしょ濡れだった礼服は一日干されてしっかり乾いているようだ。
――――――――――――――――――――――――――――――



-   ..;;_:::::::::::::::::::,.: '´    | |     | |
::::.::: :.:.:.:.`:.`゙ーi´===ー_ー- 」 L.. __  | |
:.::::::.:.:.:...     |         ̄i i¬=ーt |
::.:..        |          | |     |. f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
:. , -rt--  ...」_,       | |     |. |  ………どうやら乾いたようだな。  |
  ! | | F==ミ. |==‐_ー-''└ー .._|. 乂_______________ ノ
  i | | |////,| |      ̄| | ̄ ̄`'i |      |(_ト、ミーj|
  | | | |////,| |       | |     | |      | xz公こ|
  | | | |////,| |       | |     | |      |从行辷|
  | | | |////,| |       | |     | |      └-----'
  | | | |////,| |       | |  {爻爻〆        {沁爻爻}
  | | | |」」」」」 |=====ミ.   | |    YY广 r─---  .....L乂_ノ__
  | | |-‐Vヘ¬||| || || ||l   | |    ノ八  | ̄ 「三二,.x≦}┬r==
  j | |  Vハ |j」L.<⌒ ̄ ̄ ̄ (___) ⌒>「三ニ/: : :/ | |
  j | |   Vハ | ̄   ≧‐┬------┬‐≦  「三 ,': : /   | |
.  ! :| |    |/ハ!____,>|:. .    . .:|>ト、_ 「三:i: : :i   | |
.  ! :| |    K______ノi |:. .    . .:|:,. '´ ̄``Y|: : ,l.. _| |
-ー[〉| |-‐¬| r──ー、 | | |:. .    . .:|「 ,ニ¬=─'_!x1.|  :|_|  ̄
    !」   | | |     | | | |:. .    . .:|| |  | | ̄ | | | |
        | |_|     | |_| (乂:..  .:乂| |: . Ll  | | | |
        |_|     .::L!. .: .:.:.: ̄ ̄^:..|_l:::.:.:...  | | Ll
                            :.:.:.:....Ll

365 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:01:59 ID:8/bKapBc
91.
―――――――――――――――――――――――――――――
  けれどどうしても仕立てた時のこと、
  最後に着た時のことを思い出してしまって袖を通す気になれず、
  上着を持ったまま手が止まってしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――



  ―――この町で一番の仕立屋と言うのも頷ける出来ね。
        よく似合ってる、よ―――

                              ―――滅多に着ないのに何着もいるかな―――


  ―――こう言うのはいざと言う時のために用意しておくものなの。
       特にあなたは、いつ公式な場に出るかわかったものじゃないんだからね?―――



                         , -─‐ 、
                       /      \
                       /           !
                        /        /
                       /           /
                        i        /
                       ∨ ____r/
                       ,「:::::::::::::::::::::::::ヽ;,、_
                    __,,./":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ,、
               / ..::ヽ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              / .::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::.`
              l ;ノ:::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !::::::::::i
             く:::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: イ::::::: {
                l:::::::::::::ヽ;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::
              l :::::::::::::::::.〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: i
                l|::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::: |
              l::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::: i

366 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:02:59 ID:8/bKapBc
92.



                / ̄ ̄\
           , __ノ ヽ、,_  \.
           /(一)(ー )    .|
         /   (__人___)     |
.        /`ヽ、  _|` ⌒´    |    「ふうっ。
      /:::::::::::\r´|        |      そろそろ着替えて行かなきゃな」
     /::::::::::::::::::::> ヽ        イ
     /::::::::::::::::/-__「ヽー'ーー"/7一 -..、
    ./::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、::ヽ
   /:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ:::::、
  ./:::::::::::::::::::iヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::|
  ':::::::::::::::::::::l:::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::|
  \::::::::::::::/::::_,,-ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::: |
    .ヽ∠-''" ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|
             `:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::!
             !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::!



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでもこの一年で、ため息一つあれば表情ぐらい戻せるようになった。

  ―――あの人に見られたなら、『なにを落ち込んでいるの?』と
  あっさり見破られる程度だとしても。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

367 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:03:59 ID:8/bKapBc
93.



    r' 7 // /7
    / / / ./ //
   ./_/  i./ ´/_7
  /'   レ       _   /  ̄  、
 ./      17i7./.| .:'       i
          / '  |        |
             }      .i゙
               ,: ¨` - 、   /)
       _,...  イ >ー-- 、ヘ´_
      fi    ,i!    ,.   > 、
     ,i゙i.|     |   彡'´   /´i
    _./ ト、ヘ    i!   i  / ,イ/ リ
  ,:<<_ヽ、_ヽ!i|  Vミ、 l! ,<r'_/ .ノイ
 メ、fヘ\ ̄ ̄ ̄¨¨`ー--ヽ、_V_/_ ハ
/´ゝ、_ヽ≧=-、三三三≧=-\.:.:.:.:.`>-、
:.:.ヽ、_.:.:¨`\.:.:.ノ.:.:.:.:.:ヽ.:ー、/i^<⌒ヽヘi
:.:..≧=イ´ヽ.:.:.:`ゞ、.:`.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.}/\、:...ヽ:.ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  バンダナを外し、ホールディング・バッグと相変わらず抜けない両手剣を腰に吊す。

  最後に上着を着て準備を終えた彼は次に、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

369 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:04:59 ID:8/bKapBc
94.
―――――――――――――――――――――――――
  また出かけることを伝えようと隣室のドアを叩いていた。
―――――――――――――――――――――――――



                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                        |  水銀燈、居るか?                  |
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:             |  出てくるから夕食は先に食べてくれ。  |
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:             乂_________________ ノ
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.__  __      __  __
_:.:|:|::.:.:.:.:゙└‐┐ | └┘/7  └‐┐ | └┘/7   [][]「l
_:.:|:|::.:.:.:.:゙┌‐┘ |   <ノ   ┌‐┘ |   <ノ     くノ
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄          ̄ ̄
_:.:|:|::.:.:.:.:.: |    _ :.:.:
_:.:|:|:゙\、_ノし....Y´ `ヽイ'"´ ̄ ̄ヽ
_:.:|:|::.:.:`) :.:.:.:.゙,ゝ、  {::  ィ }   ヽ
_:.:|:|:゙//.  Y´  `ー} ̄l }、ノ ::  ミ
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.゙ヽ、_  ゝ=イ:{ ::::::   ミ
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:. (   `ームイ::::', ::::   ミ
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:. (`ヽ、_::;;;ノ :::::ヽ     ミ、_
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙ヽ、  ,ハ   ;:'"´ヽ .::::: }//ヽ
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `ーく  ;:    :::   l////\
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ` 、__:::::::.   ///////,'\
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    `ヽ_///////////\
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..     \///////////
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:          ヽ///////
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:            \//
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:             \
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
_:.:|:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

370 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:05:59 ID:8/bKapBc
95.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  室内に気配はあるものの数秒待っても返事がなかったので、
  寝ているのかもしれないな、と手帳のページを切り取り伝言を書いて
  ドアの隙間に差し込んでおくことにする。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                            _____
                        _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_
                 ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ            カーン…
             ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             l                  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
              l     ちょっと出かけてくる。   :.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                 l     戻りが遅くなりそうなので .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                .l     夕食は先に食べててくれ。:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                   l                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
              .l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                    l                       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
               _, ..-l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ,r'´ ̄    .l         , - 、            ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       /     、  _l  ........./ヽ、 ,リ             ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヽ
       /       ヽ .l..::::_,,イ、   V/              ..:.__,-‐-'´ ̄   ̄
      ./     _,,,ノ-' '"   ヽヽ ./.::        _,-‐'´ ̄
     /               /.::::::     _,-‐'´
    ./                 ,イ.::::::   _,-‐'´
    ./                ,イ.:::::::  _,-‐'
    /             /l.:::: _,-‐'
                  /,r."~
              /
            /
          /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  実家からの援助を待ちわびて、毎食ごとにそわそわと挙動不審になっていくさまを考えると、
  むしろひとりの方が落ち着いて食べられるかも知れないな、
  なんてことを考えたやらない夫は四つ半の鐘に背を押される形で宿を出た。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

371 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:06:59 ID:8/bKapBc
96.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――
  十六時五十分、ヤッフゥ競売会場前―――
―――――――――――――――――――――



              ,.ィ
          , -‐ ''"  ̄¨≧._
        ,ィ´          `ヽ、
        //             >
      〃ヽ > '' "¨¨ヽ、     ヽ.
    ,/   ´       _}      t`
    i          `ヽ      .V
.     .′          `ヽ       .\
    {、_        X   { , =、  { ̄`
     }代ッ, -‐ァ''f:ヵ`ベ   }'r:^ }  _、
     !  .:;′  ` ¨ '    f:ノ/ /
     '. .:/            '<r '´
     V、..__          /  ト,
.      ヘ- . __,    /  j/,ヘ     「先輩!
     ハ       , イ  /XX,ヘ、     アレ、高く売れるといいっスね!」
    /::::ヽ..__,,..  ´ _,..イXXXXXX!:ヽ
    ||::::::::::::/!     \'XXXXXXツ: : :\_
    ,ィ|:::::::;イ′'        ヾXXX,/: : : : : : : : /: ̄
,. イ: :.||:::::/:|             V/ : : : : : : : : ::/: : :
: : : : :.||: / { ̄ヽ   __ /: : : : : : : :r-、: : : : :
: : : : :.||/   \         _/\: : : : : : ヘ  ): : : :
: : : : :./      ̄ ̄ ̄     \: : : : : `¨: : : : :



             -――‐-
          , ´         ` 、
         /    、         \
        /        丶      、   ヽ
        ,′        \   :..   ヽ:..  :.
        .//ハ:. 、   、:.:.::`ー=、:..、:.:. \:ハ
        |:.|:|从、:.:.:\:.:、:\:.丶:.\:.\:.:、:.:}、:}
        |:.|:|{:从\、:.丶:\:.:、:.:\:.\:.ト:.:ヽ从
       V/,__:.:.ト、、ミ、ュ、__\ト--ィ守リ7从仆
          ∨{ヽ}:.:トヽ守リ`    {    ´ .'7
        ヾ、 (ミ   `            ハト、_
            \_,        ト,    从ノ}X、
      . '二二/八∧      ` " _  .イ/ jxX}    「ああ、そうだな」
    /,'   _/  八:.ト .   -‐ __  ,"´ ,イXX}、
   /| ;   《ハ   ヽ `      __/  .ィXXXX}\
    | | ;   Vハ     、    ー「{  ,z´XXXXX八 \
    | | ;    Vハ    }     ハlX┌‐┐Xx//   丶
    l人、    ∨ハ  ,′   ハⅨx〕|〔Xx'"/⌒ヽ    \
  /j,'∧\    / /   ト、  _ノ {X└‐┘        \    \
.  { {;|| ; |\  \}\ 、  l | {X イ´           \_ _ _ _ 、



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  参加者か、出品委託者かは分からないが腕の立ちそうな冒険者と思しき集団。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

373 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:07:59 ID:8/bKapBc
97.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大粒の宝石があしらわれた指輪を両手にごてごてとつけている、恰幅の良い商人らしき男。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      ミミ ヽヽヽヽリリノノノノ
     ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡
       l  i''"        i彡
      .| 」   /' '\  |  
      ,r-/   -・=-, 、-・=- |
     l       ノ( 、_, )ヽ  |
     ー'    ノ、__!!_,.、  |
      ∧     ヽニニソ   l   「うちんとこの商会も
    /\ヽ           /    競売やりてぇなぁ………」
  /     ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ

374 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:08:59 ID:8/bKapBc
98.
――――――――――――――――――――――
  両腕に美女をぶら下げた、おそらく貴族の青年。
――――――――――――――――――――――



         ___/⌒辷=ミ、
    厶r爻孑=ー-ミ ̄ ` 、 ̄}{i_
  斗}  /  ′   `ヽ`ヾ ヽ{八`ヽ
 }⌒人_/  /   '    ∨    〉、{ 丿
 〉/./ 7   ′    !      ∨ У }!ハ
 辷{ i ! :ii   :! |  i  ハ}_彡  八 }
  弋_}!:i |L __j_从__」__i:|!_/ イ {!7
    八i{ ̄`ヽ   斗:≦ ̄_;リ }イ :!i :八
     杙 だぅハ  弋:赱jア 爪 '}/_ノ
     ハ  ̄ |    ̄  //i.乂/
    //.∧   :i        //≠ ,
   八乂. ヽ  ー- '   ,{.{イ/
     ⌒ヾ   、      イ 圷ハ    「ほら子爵様、急がないと良い席が埋まってしまいますわよ」
      乂   介=≦rーf≠豸:}}
     ((     }ニ二三  _イ
          乂ー=≠   '.
       >'             \



  , _  ,,..-'''lhヽ_.イaノクl, イaヽ
 /  フ , , , ヽ<、, ヒ -、、,、リヽ::
 l  / /' // :ll:::ll:::〒ー ll、_ノ/)
 l ll l l l l :::ll:::ll::_」__:l::ヽ...ノくく
. i lll 」,i___'ー'´フ´=--`::l::l:ヽ::',ヾ
. ' :llヽイ ,r=ヵ  ´「 りケll:::l:ト,ヽ::',
,',' ll:::::iヽゝ'´,..::   ̄  ll:::l::リl::l::::
/ ll:::::l:::i   、─ァ  l:l:::l::l::/::l:/
  .ll:::::l:::lヽ、 ヽノ  ,.,',':::,'lノ//イ    「ふふっ、ベアトリーチェったら。
 ::i:l:::::l:::l、ヽ`ヵー'' ´,',':::,'l'´ィ/ヽ'       自分の番なものだからはしゃいじゃって」
 /l l::::l::l-ィ7-'し、,_,',':::,',',,,ィ''ヽ/



   _ x<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:ヘ、|i
   ヽ.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.>x.:.寸!
   _ノ\.:.:.:.:\.>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:>.:.:.:ト-
  |".:.:.:.:.:\.:.ヘ.:\.:.:.:>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:>x
  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ヘ.:.:.\.:.:.:.:>/.:.:.:.:.:.:\====-
  |.:.:.:.:.:.:.イ⌒ヽヘ.:.:.:.\.:/>>.:.:.:.:.:.:.\ヽ.:j
  |.:.:.:.:.:.:.:.|   \.:.:.:.:.:\弋じ|>`ヽ ||~~`ヽレ'
  |.:/V.:.:八/二二ヽ `ヽ\´~     |/レ'
  レ' V.:.:.:へ弋じリ ヽ    `     r-ノレ'
     |.:.:ハ.:.:lヽ~´  |        / V|
     |.:/ V.:| 乂   ` _ -ァ    /   (  「そう引っ張らずとも指輪は逃げないよ、はっはっは」
     レ'  Ⅵ  ヽ、  ~ "    /    八
         '    > 、   /   /: : :弋 、
                T "   イ: : : : : : / > 、
              /: |_ < ": : : : : : : :/     ̄`―― 、
              i: r==: : : : : : : : : :/     |     |
            /j:f三三∧: : : : : : : /      .|     |
           / /: !三∨: :乂: : : : :/       |     |

375 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:09:59 ID:8/bKapBc
99.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  事前に調べた今日の出品予定と鑑定結果を睨んでうんうん唸っている、
  これまた商人か代理人のような女性。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                 _ ____ _、
              ,ィ ""   " "ヽ
              "         " \,
             .;ヘ 川ゞ'''''''''ヾ彡:................ヽ
            /         `ミγ:::::::::::.ソ
            .:!            ミ:::::::.::::::::!
           /ノ ヘ,,    _,ヘ,  ゙ <.::::::::::::!
           》  ,, ,丶  " ,,,,, 、 彡:::::::/
           ハ 弋ソ     ヘ"ア  /》r⌒)ソ
           ( ̄ ̄ヽ._ r──""ソ 《j{ ソヾ、
           .ミーイ  ̄丶 __ノ ソ》 ノ:::::::ヾ,,;
            》ハ  ヽ       《イ:::::::::::::::ヽ;.
           《  ヽ  ー=_‐'   ソ::::::::::::::::::::::::ソ:.    「十七万五千………
          彳    \    ..:.イ《ィ|:::::::::::::::::::::;!:;.     いや、十八万なら………」
                λ:::::::/ ̄ |:::::::::::::::::::;|;.
                :√Y    ヽ::::::::::::::::::ノ:
               __ノ::∥     ソ\::::::::::::\..
        τ──~..《   ∥   /ソ  ̄``ヾ::::ソ
        /   ...,:: 《   ⌒   _ ソ      丶
        ::!:::::::::/    ミ===彡  `:,       ::|
        :!:::::,イ    ::::::::          |::::/  :::|:

376 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:11:01 ID:8/bKapBc
100.
―――――――――――――――――――――――――――――
  そして―――

  彼らの後につかず離れず、周囲の怪しい気配は見逃すまいと
  目を光らせている護衛たち。
―――――――――――――――――――――――――――――



            __,..-―-.、__
          /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /:::::::/:/::::::::::::::::::::l:::::::::l:::::::::
       /::::::::/:/::/::://:i::i::i::::i:::::::::l:::::::l:::\
       {::::::://:::/:::ム__|:|::::i::::i::l:::::::}:::i:::i::::/
       |::::::i::|:::::|::/-|za|ュ|::ハ::i::i::::::l:::}:::i/
.        |:::::{i|::::::|::{  ̄ ̄ レ |:i::|::::/:::j:::}
     _,..-―ァ、:::l、|     i.|:i/|:/:://
   { ̄   /r'⌒}||   _`ー レ///
  ノ      |::|   |||\  '''`,.ィ' ̄ ̄ ̄/⌒ヽ
_/     |::|   ||\_\__/|ノ    .//⌒ヽ:}
`ヽ\    |::|  ||;;;;;;;; ̄;;7     |::|   |::|
   :   j:::|  ||;;;;;;;;;;;;;;;/__    /:/   |::|_
    : /:/  ||;;;_,.へ__;;;;;;_}__  /:/   |::|   ̄ ̄}`ヽ
     :/_r―'´ヽr_  ̄ヽ;;;; /::|ニヽ  (_) (_).|  \
.     /,.―{  r/ >   ;;;}:::|  \\}:::}.ニニ|    \



               |:i:i:i:..       \__{、
               |:i:i:i:i:i:.、        \\  |ヽ
               |:i:i:i:i:i:i≫─=====ミ  \)__!
                 /|:i:i:i/:.:.:.:.:..ィ,メ  \       ゚,
             / ,|:iイ:.:.| \:.:..     :.:.:..マ ヽ.   ハ
、             ヽ {:.:.:.. 、     ,イ } :.:.:.}、 ∧  :|
∧             \:.:.ト -── 彳/ .:.:.:.:/ ハ  \ノ
. ∧             ヽ \{、二二 .イ  .:.:.:.':.:  }     、_「\
  ∧              }  _ __   ノ:.:.:.{ -イ     | |   \
    :.             / /    =彡 :.:.:′ ヽ.    | |  / ̄ ̄
   \/\         {        ...:.:.:/     V    :| l  {
    ./   、         ゝ  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  |    、  | l   \
   /     \         | ≧==---=彡   |     \! \
    {          、      |/ }  }         }      V ≧=ミ、
.   \        ≧==== ト ′ ゝ       ,   ____廴__/ \
      \            {          /    |        、
          、          ハ           /     :|           ヽ
 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ≧=== --- 彡' !         /      |
 |            /    {         {      |         /

377 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:11:59 ID:8/bKapBc
101.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  手持ちぶさたなやらない夫が
  門を通り抜けては受付に消えていく幾組かの参加者たちを眺めていると、
  通りの向こうからゴトゴトとやってきて目の前に止まったのは
  いっそうきらびやかな装飾を施された町中専用の馬車だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



               /  ̄  ̄\
                 , '       \
             |         |
                | .        |
               |         |
             |         ,
                ',         ,.    (………これかな?)
              ヽ_,'________r
                  /:::::::::::::::::::ト,
                /  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ;,、_
            __,,./"" :::::::::::::: ' ,:::::::::::::ヽ,、
       / ..::\ ..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::: !:::ヽ
      / .::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: i::::::.`
      l ;ノ:::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: !::::::::::i
     く  :::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::: イ::::::: {
        l ::::::::::::::::ヽ;;|:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: |:::::::::
      l  ::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::: |:::::::: i
        l| ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::: |::::::::: |
      l ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i.:::::::::::: |:::::::::: i



――――――――――――――――――――――――z________________________



        , ---───────--、   ゴトゴトゴト
       ヽニニニニニニニニニニニソ
       |:::::::::::::::{| ̄ ̄||::|| ̄ ̄||:|
       |:::::::::::::::{|__||::||__||:|ー--、                  lヽ_ lヽ_
       |:::::::::::::::{| ̄~[|||:::::::::::::::::::ゝ__|_ノ~l            彡 ・彡 ・ ゝ、,,
       |:::::::::::::::{|__||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            彡 彡 ,ヽ,__/
        , ===、、───────, ==='、、    〃,゙.〃,゙'´ ̄~「:| ̄!`、/
      〃\| /ヾー----------‐〃\ | /ヾニニニニニニ((ヽ,     |::| 丶,'
       ||―.+― ||            || ―+― ||      )) |.)) | //  ̄ l //
       ヾ/ | \〃            ヾ/ | \〃       | |l...| |l     || l
       `==='             `==='         .ヒl.l .ヒl.l     l11

378 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:12:59 ID:8/bKapBc
102.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  この馬車は自分の足で歩くなんてとんでもない、と思っている人種向けのもので
  一時間につき金貨を数枚、場合によっては十数枚支払う必要のあるものだ。

  御者台が外にあり、中の会話などが漏れ聞こえることはないものの
  普通の馬車にくらべて格段に乗り心地がいいわけではない―――内装なら
  あちこちがベルベットやシルクで、座面の綿が倍入っているとかそんな程度だ―――が
  希望すれば馬車から門まで赤絨毯を敷いたり
  真冬でも花をまく演出が有料で追加できたりする。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  到着いたしました。   |...__上ニニニニTR
乂__________ ノ.彡t―.王ニニニニニ=、=┬┬┬-D
         ├──────''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||ミ:.:.: : ::┴┴┴ヲノ
         │: : : : : ┌──┐: : : :┌┐: : : :||il───┐li /┬──┐
         │┌┐: │┌┐│: : : :││: : : :||: : : : : : ::│:::/:┬┬┬ヲ
        フ::││: ││││: : : :││: : : :||:──┬─V:┌───、
          /:::││: ││││: : : :││□: :||:──┴ ‐/∧: :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      _  /:::::││: │└┘│: : : :││: : : :||: : : : : : : //: :<  ………ご苦労。
  , ' ´,-i i-`'、:::::└┘: │    │: : : :└┘: : : :||: : : : : : //: : : : :\________
../ ハV | | .//ヽ::::: : : : │    │: : : : : : : : : : :ノ: : ,、: : //: : : : : /三三三三 /
{ ヘ V | |//  >',::::::::: :│    │: : : : : : : : : //ノ/∧://__/三三三三 /
i.l  \V..|/ //廴、:: :│    │: : : : : : : //_ ././//__/´ ̄/ ̄ヽr――-、
|.|---{  ヾ/_{i|ミ: ー┴──┴──<_/ , -''´  ̄ `' 、     /  //∧ ∥/ハヽ、
|.|_ - ''v/ソ、____|.|├─======-==-==-=//ヽ | /ハ 'nニニニニニ-----|/ /ヽ ',
' ,  //| i \ ̄ | |/i l┴──、 、 フ ┬─/ /\  V // >、 ',三三三三三V /――+
.V/ ./ .| .i  V//ヲ┘│   ヽ.... │ 7 .ト、_>-、/_ ゝ',三三三r==ニニニ彡フ ノ
 V /. . | i  ///.. . └─   `''---.┤ |___it j }ミ=、 | iフ= . 、ヽV T代 マ, '
  \ミー >//              { ハ  //不/ヽ`'-i }    `' 、__ /
   `ー―''´                ヽ V ./ | ヽ V ./
                         \ソ-.上__ソ/
                          `''ー---'''´

379 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:13:59 ID:8/bKapBc
103.
―――――――――――――――――――――――――
  御者が扉を開けると大仰な声と共に降車してきたのが
  やはり待ち合わせの相手だったので、
  背筋を正した彼も恭しく頭を下げた。
―――――――――――――――――――――――――



               ____
             ,イ       、
              |          i
               |       :. |ー----- .    「お待ちしておりました、旦那様」
          ////!ヽ,.__jヽ、__,.j ;ト ////////x> 、
         //////.! ー‐ヽ' ー | |i:、///////////.\
        ////////ノ(__ 入 __ )゙ |j::.∨///////////∧
     ////////// j| '、 ´ `/;__j/\゙////////////,∧
     |//∧V///´`ト、__  ̄  _ノ,//////////V//////∧
     |///∧V////,\  ̄l ̄////////////V////////}
     |////∧//////,`、/二フーr ´ノ///////}////////j
      j/////从///////       /j///////∧///////.j
     |//////`i∨////     /////////,人//////.(
     |///|///,1、_,、_,<     /j//////, ヘ//く ゝ<zx/∧
     'V//|////ヾ///∧ ,.イ i////////////,V///////i
.       './///j///////,ヌ |  |/////////////.!///////i
      i/////////////j、j_j/////////////.l/////;/
      `ヽ_ノ_,.イ:////,;;|__X////////////.:l´ ̄
                /////ムV|ji//\///////////j
           /,;/////ム;|j////>x___/////.i
           /イ////////∨//////////\__/j
          ////////∧////////////////ヘi
          //////////∧///////////////,|
           '///////////:\//////////////|
           |/////////////i//////////////|
           |/////////////|//////////////|



               ________
               │三∥三三三三三│
               │三∥三三三三三│
               │三∥三三三三三│
              │三∥三三三三三│
            ┌┴ \二二二二二二二-┴┤
            └┬───‐\l/──―┬┘
              / -‐-丶  ・人・ ノ-‐-  l
            { /(__.≧彡●ミ≡=_) }l
            l l      │     , -、.}
              \\ ヘ丶 -┴-=_ へノ /    「うむ」
             く三三=\___/三三/
                〉三三三三三三三ゝ〈
             /三三三三三三三∧lミヘ
               /三三三三三三三/:::::i!ミヘ
                /三三三三三三三/:::::::│ミヘ
           /三三三三三三三/:::::::::::│ミヘ
           /三三三三三三三/:::::::::::::::│ミヘ
           /三三三三三三三/::::::::::::::::::│ミヘ
          /三三三三三三三/::::::::::::::::::::::│ミヘ
          ~~~~~~~~~~~~~~~~
            (____)  (____)

380 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:14:59 ID:8/bKapBc
104.



                        -
                          /   ` 、
                     '        ヽ
                      _/         ,__
                f ,...-゙  ,,  !!  ,,     ―i .!
                 l', .!::::l 〈l li ||. 〃/〉   i:::::! .l
                   (l | |::::l.  k li ll.〃〃  _l::::l__l)   (なんだありゃ?)
.                _f,-、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,-,ヽニ‐-_
                ,.イニニl'ー'  ト、  ◯   ,.イ   ー /ニニニ\
           /ニニニヽ   ヽ.` ー一'" /    /ニニニニニヽ
.           ,イニニニニニ\   ー--一   _ イ二二二二ニニ,
.         /ニニニニニニニ> ___,. <二二ニニニニニニニ,
        /ニニニニニニニ二二lニニニニニニニニニニニニニニ,
.        'ニニニニニニニニニlニニニニニニニニニニニニニニi
.       'ニニニ二二二/ニニニlニニニニニニニニニニニニニニl
        'ニニニニニ二/ニ二二lニニニニニニニニニニニニニニl
      'ニニ二二二二/ニニニニ!二二二二ニニニニニニニニニニl
     'ニニニニニニニニニ二二lニニニニニニニニニニニニニニl
.      'ニニニニニニ,ニニニニニlニニニニニニニニニニニニニニl
.    'ニニニニ二二/ニニ二二二lニニニニニニニニニニニニニニl



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  門前からやり取りを見ていた衛兵が、兜の奧で怪訝そうにしたのも当たり前だ。

  主人然と振る舞っているのはあろうことか礼服を身にまとい髭を整えたドワーフであり、
  この町にもそれなりに住んでいるとは言え
  冒険者以外のかの種族が競売会場に参加者として現れることなど、
  門番に就いてからついぞ見た経験がなかったせいもある。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

382 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:15:59 ID:8/bKapBc
105.
―――――――――――――――――――――――――――
  青年に導かれたドワーフが館入り口までいくとやはり、
  受付係も場違いな種族が現れたと眉をひそめたが―――
―――――――――――――――――――――――――――



                                              r───────-、
                                          ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
                                              ヾ`く     /./ヽ.  |
                                            /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
                                           「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |
                                           ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |
                                            l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│
           (おいおい、このヤッフゥオークションは          ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、
          ドワーフ風情が入って良い場所じゃないぞ。       !   --     / ヽ !:::\
                                            __,∧____./   >|:::::::::`ー
          門番は居眠りでもしているのか?)           ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
                                           :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
                                           ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |.       「賢狼隊代理人、フニャ夫=フニャコと申します。
            iヽ       |        二階ロージェをお願いします」
           }、 `> ー-´-くヽ- 、___、
          _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ
       __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧                   |  はっ?   >
   r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : : : //: : .ヽ                  乂_____ ノ
    } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : . \
   f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : : : i :/:,: : : : : : : : : : .ヽ
  / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : : : :V: {: : : : : : : : : : : : .\
 /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : : : :rヽ: : : : : : : : : : : : : : .\



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  本名なのか、ふざけた偽名なのかについては
  参加費さえ支払えば匿名での参加を認めているのでまあ良いとして、
  よりによって二階の個室―――いわゆる特等席というやつだ―――をと言うので耳を疑った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

383 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:16:59 ID:8/bKapBc
106.



                 ―――――‐
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,     \
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,      \
             ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,       ヽ
            ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,        |
           ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,      |
           ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,      .|
.         ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        |
.         ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::        ',
           ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::       ./.         「壇上がよく見える二階個室を一部屋、お願いします。
           ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_____ノ ⊥ しー<          頼めるのなら酒と注ぎ手も相応しいものを」
           ',,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  ●   ,)   (●  )-<_
          //',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::   、   |//////>.
.        fニニニ/;;',,;;;;;;;;;;;;T;;;;;;;;;;;;:::::    |   ,/////////|/>.
.      >/lニニニ|,';;ヽ、;;;;;;;;\____ノ ー‐//////////,|////>.
....><///,l二ニニ!,',;;;;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ー‐‐ r'゙ lニニ、//////|//////
 ///////,l二ニニ|,,,',;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::   ,,'   lニニニ>、_////|,////
..///////,lニニニニ,|,', ヽ、;;;;;;ヘ、_____ノ   ,',ニニニニ,l////l///
////////l二ニニニ| ',   ><,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lノ>-、 ,∨ニニニ'/////,|
////////l二ニニニ| .ヽ        >-r弋_ノ ///>  ,'ニニニ'//,|////
゙///////,l二ニニニ|  ヽ         ,'ヽ-ニニ>-'  ',,,'ニニニ'///|///
゙///////lニニニニニ|   .ヽ     ,'ニ三>'//|  ,リニニニし-/,|//
ヘ//////lニニニニニヽ    .ヽ    / ',//////|   lニニニニ|/|/
...ヘ/////lニニニニニニヘ    .ヽ  |  ,',,/////,|   .|二ニニ,l/,|
三l/////lニニニニニニニニヽ   .ヽ/  .弋ニニニ,l   |二ニニ//,|
三|/////ニニニニニニニニニ,ヽ       .|///,∧  |ニニニl///|
三|/////>---<二ニニニヽ       |////,∧ .|ニニニ|///|



――――――――――――――――――――――――
  しかし、ずいっとカウンターに身を乗り出した青年は
  周囲に聞こえるようことさら大きな声で繰り返し、
――――――――――――――――――――――――

386 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:17:59 ID:8/bKapBc
107.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  目に見えぬ圧力にのけ反った受付は、
  つうっ、と頬を伝った冷や汗で自分が呑まれていることを知った。

  他の町の競売会場と比べても歴史、格、実績が一段上と自他共に認める、
  このヤッフゥオークションの受付係が。
  長年この場所で、勘違いした連中や場違いな不届き者を追い返してきた自分が、
  ドワーフなんかを連れたたった一人に気圧されるなんて。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       _________________
     /                        /
     |      ./`ー _         ,ヘ  /
     |     /::     ─ _    / ヽ/
     |    ./::::          ─ _/   ヽ
     |   /:::::::::ミ_ ─ _            /'〃
     |   \::::::::::  ─ _ ─ _      /::/ヽ
     |    \::::      ─ _|||    ||:::/   ヽ
     |  /⌒l ━┳━━━━━━━━━━━━┓
     |   |:i⌒|::|:::::|   :::illlllllllllllllll|━━|   ::illllllllll|
     |  |:l⌒| |::::: |  :::iillllllllllllllll/  ::::::| :::iillllllllllノ
     |  |::「]| |::::: \::iillllllllllllllノ/   :::::| :iillllllllノ
     |.  \_.l |:::::::   ̄ ̄ ̄ ::/    :::::|  ̄ ./
.   ./|     N::::::::::       (_  ::::_:丿  /
  ./::: |    /: :|:::::::::          ー    /
 / :::::: |.  ./:: ::|:::::::    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) /
/:::::::::::::|  ./::::  ::|:::::  U   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
: : :::::::::::::|.../:::    ::|::::        __   /    「お、お客様―――」
: : :::::::::::::|/::      ::l::        ::::::::   /\
::::::::::::::::::|\       ::\           /:::::::::\
:::::::::::::::::|  \       ::::\______/:::::::::::::::::
::::::::::::::::|    \      ::::::::::::/ |::::::::::::::::::::



―――――――――――――――――――――――――――――――
  だが男はすんでのところでご冗談を、と言う言葉を飲み込んでいた。
―――――――――――――――――――――――――――――――

388 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:18:59 ID:8/bKapBc
108.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  よくよく見れば青年は名のある職人の仕立てと分かる礼服を着ているし、
  腰に吊された両手剣に至ってはこの競売所でも出たことがないほどのものだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



.       ----‐== 、
                \
      _.        、ヽ\
      `ー=≦ニヽ ヽ. i \
              / ,イ | |.`J
             ´ U丿
                  ´
                        ,ニ=、
.                , - 、/⌒'ーi   'y         / ̄/  ∧
.          , == 、_〈  〈   { /  / }‐、         / .//7 / /
.         (( 〃´ 丶 \≦) /ニミy ノ ノ┐.     / //./ /./
.          ` {i    `/ノ /     xイ ノ       / ./'〈/ '//
           `>一'´  /     ∧ヾ`ヽ.    / , ヽ、 V
        /            { ', )) )).   / / \/
         /                    |彡'.     /./
.        '                  |.     〈/   /\
         {                     |          \/ , イ _
         ヽ                  /             r ' ´///
          \             /.            ヽ/ //
.    ――=ニニ.゙丶        / . ≫―‐          /'
       ‐― 、.... ` ー---‐=ニ´..゙ノ 、                ○
        ´ . > ‐-      +‐ '
.         '  /         |  `



――――――――――――――――――――
  さらにはカウンターに落とされた革袋から
  白金貨がこぼれ出たとあっては、
――――――――――――――――――――

389 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:19:59 ID:8/bKapBc
109.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  たとえドワーフ連れであろうとも異例の上客として取り扱うほかにない。
――――――――――――――――――――――――――――――――



   |:::::::::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::/ .|:::::/
   |::::::::::::::::::::::::/    \:::::::::/   |:/
   |:::::::::::::::::::::/.      `'''´   |
   |::::::::::::::::::/i"'''‐- ..,,      ,,..-''"i
   |:::::::::::::::〈 "'''‐-..,  "''i   i ,.-'"|
   |:::::/⌒Y〒〒-====‐-‐====-i
   |::::| ( `|:::|  ||||||||||||||||!‐‐‐|!|||||||||!
   |:::.!, じ.|::|.   !||||||||||||!|   .|!|||||||!
   |::::::'‐-|::|      ̄ ̄ |   .|  ̄ |.         「か、上座の六人個室が空いておりまして
.  , -|::::::::::/||:       L .__ j  |           ご利用料金は参加料とは別に白金貨三百枚となります。
. /::::::|:::::::/ :::ヽ.    ⊂ニニニニニ⊃ |,,,, __
/::::::::|:::::/  ::::ヽ       ━    |::::::::::"''.     お酒は各種取りそろえておりますが」
::::::::::|::/    ::::ヽ            |::::::::::::::::
:::::::::|〈      ::::::ゝ _________ ノ:::::::::::::::::
::::::::| \     :::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::::::::::




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)
   |     ` ⌒´ノ
 .  |     ∩ ノ ⊃     「ロマーネでいい年のを」
  /ヾ.、_  ノヾ、_ノ
 (.:::::::\ /::::./ノ:│
  \:::::..“::::/_|::::::|
   \::/Φ:::::::::::/
      ̄  ̄ ̄



―――――――――――――――――――――――――――――
  力業だったものの、なんとか受付のお眼鏡にかなったようだ。

  うーん、と腕を組んだやらない夫が挙げた銘柄は
  ポルト王国ロマーネ村で作られるワインであり、
  不作、当たり年によらず金貨が大量に必要になるものなのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――

390 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:20:59 ID:8/bKapBc
110.



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  六十四年がございます。  |
乂____________ ノ

                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                   |  ではそれで。  .|
                   乂_______ ノ


           ______
           │三三三三三│
           │三三三三三│
           │三三三三三│
          │          │
        l三三三三三三三三三l
           /:::::::|  ・|・  | 、:::::::::::::\
        /::/ `-●-′ \:::::::::::ヽ
       .(_=≡彡| ミ≡=_)ヽ:::::::::|
        |.     |        |:::::::|   (ロマーネの六十四年?
        |     |         |::::::l     確か変な値段が付いていたような………)
        ヽ (__|____  /::::/
        l三三\    _/三三三l
        \三三>◯<_〈三三三/



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  飲酒の経験など数えるほどしかない彼はもちろん
  有名どころだからその名を知っているだけで年代の違いなど把握していないものの、
  どうせ一番値が張るものを勧めているのだろうとあっさり頷き、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

392 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:22:02 ID:8/bKapBc
111.
―――――――――――――――――――――――――――
  少し考えてからもう一本、と今度は東部の銘柄を口にした。
―――――――――――――――――――――――――――



                   / ̄ ̄\
                 /   _,ノ `⌒
                 |    ( ●) (●)
                    |     (___人__)
                 |        ノ
                  _,.|        |
        , --、―― < / |ヽ      丿.       「それからブランデーはありますか?
      / : : : : :ヽ : : : : :/ : :| \ __ _ /.          テールグレープの六十七年があればそれを」
     /. : : : : : : :| : : : く: : : :|、 /=|´| :| .\
    / : : : : : : : : : : : : : :> : | `'|::::/|/:,┘ : . ヽ
   ノ : : : : : : : : :/ : : : : ヽ : : |  |:::| / : :> : : : : :丶        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  /.: : : : : : : : : ;' : : : : : : :∧: :| /::::|/: :/ : : : :/ : : : |.        |  確認いたします。  >
 / : : : : :-、 : :/. : : : : : : : : :Λ:|'::::::ノ: :/_ : : : / : : : .丶.       乂_________ ノ
/ : : : : : : : :`::、 : : : : : : : : : : : ',:|::://. : : ̄;/ : : : : : : . \
\ : : : : : : : : :.\ : : : : : : : : : : : /‐' : : : : : /ヽ、: : : : : : : : .ヽ
  \ : : : : : : : : : \.:./ : : : : : : : : : : : : : :;'  \ : : : : : : : : . \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  いつだったか、大人になったら自分でも飲んでみるといいと
  ヒゲオヤジが選んでいたものを言うと、酒蔵の鍵を持った男からほう、と声が漏れる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

393 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:22:59 ID:8/bKapBc
112.



    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、.    「注ぎ手はいかがいたしますか?
    !   --     / ヽ !:::\.     ご要望や指名も承っておりますが」
  __,∧____./   >|:::::::::`ー
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
 ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::



    / ̄ ̄\
   / _ノ  ヽ、_ \
.  | ( ●)(● ) |
.  |  (__人__)  │
   |   `⌒ ´   |
.   |           |
.   ヽ       /    「要望………」
    ヽ      /
     〉-r:::┬〈、
   /Λ 〉.:〈 7//\
. /////V::::::V/////\
///////∧::://///////}
.////////∨/////////{



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  また、注ぎ手というのはいわゆる酒注ぎや雑用、会話も含めて客をもてなす従業員の事で
  メイドや給仕係よりもかなり接待寄りであり、
  おおむね主賓が男性なら女性が、女性なら男性があてがわれるものだ。

  大きな町に限定された話であるが
  そう言った注ぎ手と一緒に酒を飲んだり食事をしたりする店のある国もあるし、
  このような場所にくる人種が外食で手酌をするはずもないので
  なにかしら居て当然といえば当然であるのだが。

  メイドならともかく、注ぎ手に関してはこれまでそう言う経験も、
  興味もなかったやらない夫は要望と言われてもぴんと来ないわけで、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

394 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:23:59 ID:8/bKapBc
113.
――――――――――――――――――――――――――――
  返答に詰まっていると
  別の受付に帽子と上着を預けたドラえもんが一歩前に出た。
――――――――――――――――――――――――――――



      ,. -――‐- ._
    ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
   /    !  o l_!o   !   ヽ
.. /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ
 ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
 ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |
 l l ‐弋´   |   `~フー ! l
. ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
  VV  {   )  ̄      / /   「おや、ドワーフがいるのかい?」
   ヽ/ `ー'_____,//
   /    /--/⌒ヽ----┘、
   l     /  ヒΤフ  ヽ  \



       /~''''--,,,,
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
      /   /~ '-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     / /,-,: : : ''-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     ///ヘヽ: : : : '-;;;;;;;;;;,,,-''ヽ;;;;;;;;;/
    /;; ヽ  ̄'\ヽ: : : : : : : : : :ヽ/
   /,-i;; >''-,,,  ヽヽ: : : :u.: : : : :,ヽ
  / / ノ /   '''-,,ヽヽy: : : :_,,,-'''~ヘ)
  / / // i  ;;;;;;;;;;;;;;;''''-,,_ r;;,,-'''~,  /
 / i // ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/ ;;;;~~~''''-,,
/;;;;;;;;;,イ \ '-;;;;;;;;;;-/~~''/, ;;;;;;;;;;;;;;;;;/
;;;;;;;/;i  /    ,,-''  人;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
/ ;;;i      ヽ    ヽ ~'''''イ
   ;;;i /~~''''-,,,  { _,,-ノ ,-- /
  ;;;;i (二'''--,,,~''''-,,,  /u./
  ;;;i:   ~~'''''っ,,''''-,,,-, ,/
  ;;;i: u.  ''''-,,, ''''-,ノ /         「も、申し訳ございません。
  ;;;i     'ミ     /;ヽ、        あいにくと注ぎ手は人間ばかりでして………!」
   ;;;''''-,,,       /;;;;;;;;;ヽ、
   ;;;;;;;;  フ';;;;-  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
ヽ ___,,,,,-'' /;;;;;;;;;;;;~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
/ヽ    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;ヽ  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ、



―――――――――――――――――――――――――――――
  なるほど、主人がドワーフの男性ゆえに
  この青年は要望に詰まったのか。

  なかなかこの青年が答えなかった理由をそう勘違いした黒服は
  当然と言えば当然の注文に冷や汗を垂らしたが、
  これは分かりきっていたドラえもんのいたずらであり、
―――――――――――――――――――――――――――――

395 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:24:59 ID:8/bKapBc
114.
――――――――――――――――――――――――――
  だろうな、と肩をすくめた彼は恐縮する受付に
  僕たちの邪魔をしなければ誰でもいいと言ってやる。
――――――――――――――――――――――――――



        , ─── 、
    /   /⌒ ⌒ヽ \
   /  , -|  ・|・  |‐、ヽ
  / /   `ー ●ー    ヽ
  l |   三   |  三  |
  | l \     |    / l..    「僕たちの邪魔をしなければ誰でもいい。
  ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
   >━━━,-、━━━ ( _ )..    それからどら焼きはあるかな?
  /  /  ヽフ ヽ   /      東部は三神国の銘菓なんだが」



   |:::::::::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::/ .|:::::/
   |::::::::::::::::::::::::/    \:::::::::/   |:/
   |:::::::::::::::::::::/.  u.   `'''´   |
   |::::::::::::::::::/i"'''‐- ..,,    u. ,,..-''"i
   |:::::::::::::::〈 "'''‐-..,  "''i   i ,.-'"|
   |:::::/⌒Y〒〒-====‐-‐====-i
   |::::| ( `|:::|  ||||||||||||||||!‐‐‐|!|||||||||!
   |:::.!, じ.|::|.   !||||||||||||!|   .|!|||||||!
   |::::::'‐-|::|      ̄ ̄ |   .|  ̄ |           「ドラヤキ?………でございますか。
.  , -|::::::::::/||:       L .__ j  |
. /::::::|:::::::/ :::ヽ.    ⊂ニニニニニ⊃ |,,,, __.          それはいったいどのようなものなのでしょう?」
/::::::::|:::::/  ::::ヽ u.     ━    |::::::::::"'' 
::::::::::|::/    ::::ヽ            |::::::::::::::::
:::::::::|〈      ::::::ゝ _________ ノ:::::::::::::::::
::::::::| \     :::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::::::::::

396 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:25:59 ID:8/bKapBc
115.



      ______
    /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
   /     , ┤ /・|・\ |、 \
  /   /   ` ー ● ー ′\ヽ
 l    /  ──  |  ──  ヽ
 |  /    ──  |  ──  |
 l  |    ──  |  ー─  l
  l   |        |        /
  ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /    「円盤状のカステラ生地二枚に
   >━━━━━O━━━く      小豆あんを挟んだ甘味なんだけど………」
  /    /      ヽ  ヽ



       /~''''--,,,,
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
      /   /~ '-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     / /,-,:u. : ''-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     ///ヘヽ: : : : '-;;;;;;;;;;,,,-''ヽ;;;;;;;;;/
    /;; ヽ  ̄'\ヽ: : : : : : : : : :ヽ/
   /,-i;; >''-,,,  ヽヽ: : : :u.: : : : :,ヽ
  / / ノ /   '''-,,ヽヽy: : : :_,,,-'''~ヘ)
  / / // i  ;;;;;;;;;;;;;;;''''-,,_ r;;,,-'''~,  /
 / i // ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/ ;;;;~~~''''-,,
/;;;;;;;;;,イ \ '-;;;;;;;;;;-/~~''/, ;;;;;;;;;;;;;;;;;/
;;;;;;;/;i  /    ,,-''  人;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
/ ;;;i   u.  ヽ    ヽ ~'''''イ
   ;;;i /~~''''-,,,  { _,,-ノ ,-- /
  ;;;;i (二'''--,,,~''''-,,,  /u./
  ;;;i:   ~~'''''っ,,''''-,,,-, ,/
  ;;;i: u.  ''''-,,, ''''-,ノ /        
  ;;;i     'ミ  u.  /;ヽ、        「あいにくそのようなものも取り扱っておりませんで………」
   ;;;''''-,,,       /;;;;;;;;;ヽ、
   ;;;;;;;;  フ';;;;-  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
ヽ ___,,,,,-'' /;;;;;;;;;;;;~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
/ヽ    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;ヽ  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ、

398 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:26:59 ID:8/bKapBc
116.



         _ ____
       ,,-´     _ _` ヽ、
     /      / /|\\ \
    /    ,,,-|/ /|ヽ ` |- 、 ヽ.
   /   /    ヽ _ | _./   \ヽ
   |   /         ●        ||
  |    |    /     |  ヽ    |
  |   |   / /    |    \  |
   |  |    /  /   |   \  /
  / \ |       /    |  \   /
 /   \ヽ  / ̄\_|__/ヽ /    「それは残念」
 |     ヽ━━━━━┯イ ´
. |   i\  \   (T) ノ ノ
 |  |  _\  \ _ / /
  |  | \ \(  )/|



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  言ったのはやらない夫の酒と同じく
  自分たちと東部の関連性を臭わせるためだったし、
  ドワーフの注ぎ手と同じぐらい無理な注文だったことは分かっていつつも、
  ここならもしかして大好物に―――彼が向こうで働く理由の何割かを占めるほどに―――
  ありつけるのではないかと言う期待もあったせいか
  注ぎ手のときよりも残念そうに項垂れてしまう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

400 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:27:59 ID:8/bKapBc
117.



                                               / ̄ ̄\
                                             ⌒´ ヽ、,_  \
                                                (●)(●.)    |
                                             (_人___)    |
                                                '、       │
                                                  }       {
                     「では、白金貨払いでお願いします」.       !、______ .ィ-ート、
                                                V/_:_ュ:-:-: ヽ
                                                {ャ< : : : : : : : : :
                                               /ー-、: : : : : : : : : :'.,
                                       「r'、     / : : : : :`、 : : : : : : : : :'.,
                                       } r'、 ヘ、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
                                       i/ ム、} .{ i : : : : : : : : : V : : : : : : : : |
                                       { い、{  Y : : : : : .\ : V: : : : : : : : |
                                       \  ヽ {|V : : : : : : \V: : : : : : : :|
                                         \  ノ|:.V: : : : : : : : :〉 : : : : : : :|



   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
    |    /`ー 、    /ヘ /
    |  /::::ミ‐-、__` ー ' / ,ヘ
    |  \:::::. `ー ニ||  ||レ'  |
    | l「jl |┳━━━━━━━┓
    | l「jl |::|  ::iilllllll|━| ::illllllll|
    |  ヽN:::\::iillllllll/ ::ト、:iillllllノ
  /|  /:|    ̄ 7  :l  ̄ 7
/  | /::: :ヽ    (_ _:ノ   ,'
::::::::: |/:::   :ヽ  r――─┐ /     「領収書の宛名はいかがいたしましょう?」
::::::::: |\:   :ヽ   ̄ ̄ ̄ /
::::::::: |  \  :\    ̄  /\
                                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                 |  『賢狼隊』宛で。             .|
                                 |  字は賢い狼の隊、と書きます。  >
                                 乂_______________ノ



―――――――――――――――――――――――――――――
  ともあれ、一通りのことが決まったので受付は料金を計算したり
  領収書や白金貨の鑑定準備をしていたのだが、
―――――――――――――――――――――――――――――

401 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:29:00 ID:8/bKapBc
118.
――――――――――――――――――――――――――――
  その時になれば当然、他の従業員や参加客は
  妙に羽振りの良い二人や、彼らが所属するらしい
  ケンロウタイとやらの正体についてさわさわと囁き合っていた。
――――――――――――――――――――――――――――



          __,n_00   _ n_  __,n_00   _ n_
          `弋乂   l リ r┐|  `弋乂   l リ r┐|
           ( ⊂´   └1」 L」   ( ⊂´   └1」 L」
            ̄ ..          ̄ ..

                     「ケンロウタイ………知らないな」
             ,―==7
             |く ___ _>
             fll`ーU+'         「ドワーフ向けの新興か?」
             `''、 ー=|
          _,,..-´:|ヽー-;ー..,,_                      「ずいぶん羽振りがいいが………」
.  ,-=-, ,,..-‘≡≡:| ><´|≡::|ヽ
.  | l____ヽ.|≡l≡≡≡| |::| |≡:::/::|
.  |(llー´_ヽ|≡|≡≡≡|.|:::|l≡::/::::|  「東部から来たのかも知れないな」
.. 4 l__`=|_|≡:|≡≡≡::||:::|'≡/≡|
/|\,.・|::≡:|ヽ|≡≡≡≡≡:::/|≡::|                         _,,.........、
≡|/}:ヽ|:≡|::::|{≡≡≡≡≡:::{ .|≡::|                        ヽ_,,   ヽ
≡:| |:::|l≡:|≡|:|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                        /_>   |
:::≡l|:::|'≡:|≡:|::|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                       |7 llう.. |
≡≡≡≡/|≡ヽ≡≡≡≡≡::::|. ..|≡::|.                      ム__ ll´.. |
::≡≡≡::/ ヽ≡ヽ≡::|―、≡≡::l ..|≡::|                      1´/ヽ==,...
::≡≡≡|   \≡ヽ::|  ヽ≡≡l  .ljヽl                   _,,,..-`‐三=ー-
::≡≡≡|    |ヽ/ー.、.. ヽ≡≡l.  .|/                 /ヽ、≡≡≡≡≡
:|¬、≡≡ヽ.  |≡ゞー=ッ  |≡≡|                    /≡::ヽ≡≡≡≡≡
:|  ヽ≡≡ヽ |≡≡ヽミ.   |≡≡|                     /≡:::/≡≡≡≡≡
:|   ヽ≡≡ヽ≡≡|     |≡≡|                  /≡:::/≡≡≡≡≡≡

402 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:30:07 ID:8/bKapBc
119.
――――――――――――――――――――――――――
  また、壁際の護衛達は護衛達で
  明らかにおかしいバスタード・ソードに目を奪われている。
――――――――――――――――――――――――――



            __,..-―-.、__
          /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /:::::::/:/::::::::::::::::::::l:::::::::l:::::::::
       /::::::::/:/::/::://:i::i::i::::i:::::::::l:::::::l:::\
       {::::::://:::/:::ム__|:|::::i::::i::l:::::::}:::i:::i::::/
       |::::::i::|:::::|::/-|za|ュ|::ハ::i::i::::::l:::}:::i/
.        |:::::{i|::::::|::{  ̄ ̄ レ |:i::|::::/:::j:::}
     _,..-―ァ、:::l、|     i.|:i/|:/:://
   { ̄   /r'⌒}||   _`ー レ///
  ノ      |::|   |||\  '''`,.ィ' ̄ ̄ ̄/⌒ヽ    「代理人兼護衛ってところだろうが………
_/     |::|   ||\_\__/|ノ    .//⌒ヽ:}      あのバッソ、並大抵の代物ではないぞ」
`ヽ\    |::|  ||;;;;;;;; ̄;;7     |::|   |::|
   :   j:::|  ||;;;;;;;;;;;;;;;/__    /:/   |::|_
    : /:/  ||;;;_,.へ__;;;;;;_}__  /:/   |::|   ̄ ̄}`ヽ
     :/_r―'´ヽr_  ̄ヽ;;;; /::|ニヽ  (_) (_).|  \
.     /,.―{  r/ >   ;;;}:::|  \\}:::}.ニニ|    \



  ___/         〈:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i//i:i/
ィi〔才 --========ミ    、:i:i:i:i://i:i/
:i:i/    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〕iト.  \:i{/i:i/
イ   /  ハ:.:.:.:.:.:.:....   {{  ・、 \i:′|
′ /    { ヽ:.:.:.:.:...     ̄ \ \ |
---==========ミ:.::..       :.:\ \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    〉  { ー‐ 、   イ \ \
_______ノ   ,/:.:.、乂ト  \/ /  ー‐
--------- 、 ∧:.:.:.>-  ̄`V /
___ __     广:.:.:.、:.:.:..    / /     「出所は番号遺跡………じゃぁなさそうだな」
      \  く__   \__ イ /
          /    /-=========彳
__       X、    .イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
: : : : : :\     {  \ {  \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ             |  おそらく異界産物だろう。  .|
7¨¨¨\ : \  \      \:i:i:i:i:i:i{¨ \.            乂____________ ノ
/》   ヽ: : : 、  ヽ      `゙ ≪:i:\__ \
/   //ハ: : : ゚,   ∧  、      \:i:i:i:i}  }
   ////∧: : : :     ゚,  ヽ      \∧
.  //////∧: : :i     \



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  あの青年の実力はよく分からないが
  異界産物を持つ代理人兼護衛となれば料金も法外だろうし、
  雇えるドワーフもそうとう金持ちに違いない。

  やらない夫の両手剣はそう推測させるだけの存在感を持っているため、
  非物理的な武器として使うこともできる、というわけだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

403 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:30:59 ID:8/bKapBc
120.



    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |      「確かにお預かりしました。
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│.       では、八番札で競売にご参加ください。
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、
    !   --     / ヽ !:::\...   エリザベス、お客様のご案内を」
  __,∧____./   >|:::::::::`ー
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::                              f´ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::                          |  はい。  >
                                                乂____ ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  普通の商会や小中規模の商店が持つような
  白金貨一枚を鑑定する天秤ではなく、
  十枚、百枚単位で鑑定できる秤から離れた受付係が裏の控え室に声をかけると、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

404 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:32:16 ID:8/bKapBc
121
―――――――――――――――――――――――――――
  入り口の喧噪を耳にして呼ばれると分かっていたのだろう。

  絹のドレスを纏った女性がすぐに
  緋幕のうらからしゃなり、と現れて頭を下げた。
―――――――――――――――――――――――――――



                                               ____,,、__ _
                                           ,、-‐'"´   r"´ ̄ ̄ `\
                                         , '       /;::::::::::::::::::::::::;;;;ヽ
                                         ,'l       /::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;'、
                                        ,'|  ,、、   /:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;l
                                        ,':|  '、 ,'   l:::::::::::::_,、-‐'"´ ̄ ̄`゙'、
                                       ,',t、、、___, 、ィ'" ,、'´´,  ,       \
                                       ,'---―‐ーー' "´ ; , ; ; l         `'、
                                      { ; l   ,リ、_,、',-‐'ー'´ヽ,        l l |
                                      lリ,シ`ン''´  ,,、‐''"´__  〉        ハリ
                                      レヘイ`゙`__   、,、tィ,‐.,ァ"/  /   ,ノ:::ハノ
                                       |:::ヽ`r=t,、,   `、ヾシ ./ノ ノ   ,、' ノ丿
                                       リ:::丶ゞ`''       ´´ヾ´レ'イ´:::/
                                       `ヽソ`、  ヽ          レ'´
                                           ` 、  --‐ァ      ├---、
.      「エリザベスと申します、どうぞお見知りおきを。.         \ `   /    ;レ'"´ }
       さ、どうぞこちらへおいでください」                     ,`'ー イ  ,、 -'"´   :::::|
                                             `'、ーヾヽ"´      ::::::`,
                                               j,::::ヾヽ::::: :::::::::: ,、 t、"`'、,
                                            ,、 '" `゙'、ヾヽ::::::,、 '"´    \ \_
                                         ,、 '"l´      l;;;| ....:::::.....     /"´´``゙' 、
                 ,、--、,-‐‐-、                 .r'  :|   ,、;;'"""゙゙゙゙゙゙゙゙;;;、      /      :}
            、-、-、, ,ゝ'´´    \               /  /´  ,;;; ,,,,;;;;;;;;;;;;;,, ;;;;;;,    /      ::::|
           __`'、_'y'´        \             /  /´  ,;;; ,;;;;;;、´,;;;;;;;;  ,;;;;    |,イ::    ::::::/
           'ー-、_____,、-'´'、:::::.    , 、ゝ、         /  ハ   ,;;;,  ;;;;;;;;;;;;;;;  ,;;;;  ,__,ノ|':|:::    :::::j
                    `'、::::.., '´;;;;;;;;;;;\       ,、'  .::{;;;|:::....  ;;;;,,,,,   ,,,,,;;;;............{;;;;;;;;:l:|:::     :::,'




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

406 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:32:59 ID:8/bKapBc
122.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
  いくつかある二階個室のなかでも壇上正面に位置する特別室。
―――――――――――――――――――――――――――――



 ===--  _                            じ)|( J
           ̄ ===-- _                     .//|ハマ                    _ --==  ̄
                ̄ ===-- _          〈〉〈〉..{|} 〈〉〈〉          _ --==  ̄
   r==-  _                ̄ ===-- _ 〈〉〈〉〈〉 | 〈〉〈〉〈〉   _ --==  ̄
   |8 __   ̄ ̄  =-- _              (__ 乂乂.人.ノ ノ___)==  ̄               __
   |8|| || |  ̄ ̄  ==-- __ ̄  =--- 、       ` ̄ ´  ` ̄´     ___  ---===   ̄ ̄ ̄__   !
   |8|| || |.    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ     |         i __  --===   ̄ ̄      |8|
   |8|| || |.    |  こちらのお部屋になります。  |     |         ||                  |8|
   |8|| || |.    乂_____________ ノ.       |         ||                  |8|
   |8|| || |      //     /  .|| ! 8|          |         ||                  |8|
   |8|| || |     //      /     || ! 8|          |         ||                  |8|
   |8|| || |     /     /     .|| ! 8|.        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ  ||                  |8|
   |8|| || |        *x          _||_! 8|__.      |  なるほど。  |.  ||____________|8|
 f´ ̄ ̄ ̄`i! ̄ Y}   *※*   r ''.7  ̄ {{ ̄ }     乂______ ノ.... |r--------------------- ォ | |   ノ} _
  i!       i!   ,リ  _(_)__',  i    }}  !____   .|    ___ || } ̄二二_ノ二二二   ̄|   | | | }ヽ{ ノ ノ
.  i!       i!  乂__ ̄.| | ̄ --', .!.ィf==ソ  i        ̄ | ̄ ̄       || 〈 /    j      }  }}  .| | | 乂}/ _ア
  i!      i!    ` ̄}} | | | }_ } { |    |    >-― ==ニ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ニニ=--- ┤>、}/ >
  i!      i!     リ . ! ! ! i ̄ ̄ ! |    |   /  `  ̄ ̄ ̄ ̄!ニニニ==---- r ´  ̄ア´ i    i  | {_ノ||<ア
  i!      i!      .{{_| |__|_____| |    {---i   _____j_     j      |  ,イi |  |    | .|. __||__
__}-r------r-r----r-!. _j {、 `´    .L.」 ̄ ̄ー’  レ'乙ノ乙j i  }  } ̄ ̄  .T ー 、 } /! !|   j! __j__.j {   }
  `      ー’   .ー’  ̄ ̄                   `  ̄`ー''`ー--  j..___ゝ-' --―― ニ       ー‐.'



――――――――――――――――――――――――――――――
  成金商人や田舎貴族が見栄でこの部屋を利用した時はとうぜん、
  いっぱしの貴族や大商人でも初めて使う時は
  物珍しさや品定めであちこち見て回るのが常なのに、
――――――――――――――――――――――――――――――

407 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:33:59 ID:8/bKapBc
123.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  目録の方が気になるドラえもんは
  テーブルの上に置いてあったそれを掴むと中央の椅子に座ってしまい、
  女王の私室や国賓用の来客室を知るやらない夫は
  こんなものか、と部屋を一瞥しただけでその側に立ってしまった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



           ,.  ヽ
.          {._ _; !
           l_,._゙’|
.         ,,;;';>ー',.ノヽ、___
          }'∧!/┌////,}                   「良い部屋だね、
          ///////////∧                      壇上がよく見えるよ」
         ,'////////ハ//∧
.       ,.イ//////// /'//  「そうですね」
       〉'////////,\//               ___
       V///////////_ヽ            /::::‐‐、::,--、`ヽ
.      ∨////////i  `ヽ.           /::::::::l  .| . l::::::::',
.        V///////∧             ,≦/:::/ ̄`--●--'ヽ、:::::',
         V///∨,/∧          / ̄l::::l  二ニ |  ニ二ヽ:::| ̄|
         ∨/∧V,/∧          |  l::l  -―  | ―-  .`|  .|
.           V/∧∨゙∧          l  ヾ  -― ┴―-  /  .|
            l'/∧ V/∧.         /⌒ヾー=ソ¨(t)¨ヾ=-´__/⌒ヽ
          }//∧∨/∧        >―'-、::::,⊥、___ ヽ, --、-イ ̄ ̄ヽ
           ,ノ///ノ ∨/∧.      l     Y   ',   ノ/   l i    l
         └ー"    V//,〉..    ヽ    l   l==マ   /- i   l´
                  {//,}.      |   iヽ--イ    ヽ-イ  i   |
                `''"       |┬┬|┬┬┬┬┬┬┬┬┼┬┤
                          / .| | .| | | .| | | .| | | .| | ヽ
                         └┴┴.┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴‐┘

408 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:34:59 ID:8/bKapBc
124.



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  今日の目玉はやはり精霊石か。  .|
乂_______________ ノ
                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                |  いや、大神殿建て替えのために                  |
                |  聖地が放出した聖衣や                           |
                |  番号遺跡から出たローブなんかも高値になるだろうな。   |
                乂_________________________ ノ


f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  子爵様!               .|
|  指輪よ、指輪ですからね!  |
乂_____________ ノ
                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                      |  はっはっはっは、任せておきなさい。 .|
                      乂________________ ノ

                       l  /
                         ′/
                      / ̄ ̄\
                    /       \
                 |          :|
                 |        .:|
                    |         .::|
                  |        ...::::|
                  ヽ_, - ''" ̄  ̄`ヽ
                 ′‐   /      !
                 〉     ,′    ヽ ,
                /     i    ヽ /|
                /V/,\ヽ |  \  ∨ |
                    /`ヾ/////!    ヽ |  !
                 /  ∨///Ⅵi\ヽ  〈  ヽ
              {    Ⅶ///|il     `ヽ! |
                  |    ∨///|ヽ      丶\
               |   ∨///\         ヽ \
                 |   ∨/////ヘ       \ 〈
                    |    `ヽi丶///\      } }



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  二人が壇上と一階席を見回しながら伝わってくるざわめきに耳を澄ませていたら、
  近づいてきた複数名の気配が部屋の前で立ち止まる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

410 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:35:59 ID:8/bKapBc
125.
――――――――――――――――――――――――――――――
  ノックより先に振り返ると。

  一流の護衛は得てしてそう言うものだと知っていたエリザベスは
  慣れた様子で扉を開け従業員達を招き入れた。
――――――――――――――――――――――――――――――



.             、
   / ̄ ̄\...   ),
 /  ノ ヽ、\ 彡
. |   (●)(●)|  クルッ
. |   (_人_)│
 |     ` ⌒´  |
  |           |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   ,7:./h::フ<
    |::::.ヽi:::.ソ|
    |:::::::::.`´.:|      \コンコンッ/



        ___ ニ=-―‐-=x、
     x≪//77ト、二二二 ハム
     f////////ハニニ oニムム
     {/////////ハ二二二ニ=》`ヽ
     }>==<三三ニ=-=ニ´、 ヽ :.
..    / /  !   /   ′ | ハ ハ }   :.
.   / /  }i|   |  /  :リ/ | |i!  !
   ′ |  |i!   !: /   ,′ ハ_...∧  |
   ! | i|  |i!   ! ′‐-/ムイ!   __..レ'´!
   ! | i|  |i!   ∨ _...=、    f:::::ソ/i!ハ
.   ',| ヘ  从     弋:::::ソ `   ゞ゚'ムイ |
.   ヽ、ヽ  \   ,ヘ::¨¨´    '   !_/
     `ヽ \ 丶/ ヘ    、_,. /
         `ヽ \ヾ- _____∠
            《 ヾ}____i..x≪I}      「お飲み物とグラスが届いただけですわ」
            }ニニニニ i:iニニL....__
          ノ{三三三三i::!彡'ニハ `Y
          ¨ ヽ、ニニニニヾヽ、三ニム.. マ
.      f     ヽニニニ=/∠==、ヾYム、マ
       !       ∨二二弋 弋ニソ リi}ニ≧x、
       |        !ニニニ >=<´ニニ=ハ
.         |         ト、___ニニニニニハニニニfI}

411 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:37:02 ID:8/bKapBc
126.



                 ,====、
                  |;:.:.:.:.:.:.:.:;|.         ,====、
               |;`` ´´.;|           |;:.:.:.:.:.:.:.:;|
               |; :::::::::: ;|        |;`` ´´.;|
               |; :::::::::: ;|        |; :::::::::: ;|
               |;二 二.;|        |; :::: f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
               |;     .;|        |;二..|  どちらからお飲みになりますか?   .|
               |;     .;|        |;:.:.:.゙乂________________ ノ
               ノ;    ;ヽ         |;:.:.:.:.:.:.:;|
              /;         ;\.     ノ;:.:.:.:.:.:.:.:.;ヽ
            ,';           ;',.  /;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;\
            |;               ;| ,';:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;',
            |;               ;| |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
            |',───────, '| |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
            |i ̄ ̄ ̄.ww ̄ ̄ ̄i| |i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i|
            |i     └-┘     .i| |i.  Romane..    i|
            |i  Fiveria     i|..|i.  1964.         i|
            |i   Tail Grape   i| |i.  Hai Is. Poluto  i|
            |i  VINTAGE    i| |i.  75cl       i|
            |i    -1967.-   i|..|i _______i|
            |i __ 298/445_.i| |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
            |.`───────'.| |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;| |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;| |;:.:, ======、゙ , ======、
 ───── ─. |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;| |;: |i:.¨ ̄    ̄¨.: i.゙|i:.| ̄    ̄¨.: i.─── ──
 _______.|;:._______ ;| |;:゙|i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :i|:|i:::;|       :i|
 |i:¨ ̄     ̄¨.: i :.|i:¨ ̄.゙;.;.;.;.;.;゙ ̄¨.: i;| |;:.:|i .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ;i| |i::::|      ;i|
 |i:          :i|゙:.|i: '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.,:.:i| |;:.:ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:. /゙ ヽ|       /
. |i:  、      :i|.;:.:|i:. :.' 、. :.:.:.:.:. '、:゙:i|゙| |;:.:.,'.:\    /゙、:.',:; \    /:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  |i           | '、 |i :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_.|. :`'、::_';:;:; `ヽ;:i'´;:;:;:;:;_.,'. :.:.:`ヽ;:i'´ :.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  |          i|.  | ` ̄``´´ ̄´:゙i|゙:.:.:.:.:.:.: ` ̄..|;:|゙´ ̄´. :.:.:.:.:.:.:.゙|;:|:.:
  |i          :i|.  |i          :i|.         |;:|.         |;:|
  |`ー=====一 |゙─|`ー=====一 |.        |;:|.         |;:|
                               __ノ 人__.     __ノ 人__
                                ` ── ´:::     ` ── ´:::

412 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:37:59 ID:8/bKapBc
127.
――――――――――――――――――――
  黒服達が配膳台を押して出ていったあと。
――――――――――――――――――――



      ______
    / / ̄ヽ ̄ヽ\
   / _|  / |ヽ |_\
  /  /  `ー ● -   ヽ
  | / , 二   |   二、ヽ
  | | | ─    |   ─ ||
  ヽヽ .\    |    //
   \ヽ `'ー─┴─‐''" /      「僕も彼もロマーネを注いでおいてくれるかな」
    (二二二(〒)二二)
    /  /     \|ヽ



                                                __,,......,,,,___
                                             ,.'7'::::::::::::::::!:::::`ヽ
                                            /::::!:::::::::::::::::::!:::::::::::::i
                                           ,.!:::::i:::::::o:::::::_」:::_;;::::::i: 、
                                             /`.7-i-r‐ r‐ 'i_! !ハ ⌒ ヽ
                                          i  !/!,_,ハ_ハ,.-' -‐'‐ i__! i.  ',
                                          ! i  !.´ __、    ',.-- 、 i i i   !
                                          `'7ヽ!.'´ `      "ノ / i イ
                                           !. ハ"    '___  くン 、/'´
                         「かしこまりました」.        ヽ,ヘ.>..  ヾ ..ノ ,.イ/
                                                  `>, -=´_,.!-、
                                       r-、       _,く`' ーrr-'":::::〈ヽ、.__
                                     ,,..-ヽ;:`ヽ.  ,.イ´::::::>-‐-<-‐'":::::::/ `ヽ
                                     -‐::::::i::::::::i / !;:::::::! i´ ̄`i i::::::::::::;::!   i



――――――――――――――――――――――――――――――
  かしこまりました、と頷いたエリザベスは優雅な手つきで栓を抜くと
  注いだグラスの一つをドラえもんの袖机に運び、
  もう一つを中央のテーブルに置いたままにすると
  扉の側にもどって置物のごとく控えた。
――――――――――――――――――――――――――――――

413 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:39:07 ID:8/bKapBc
128.
――――――――――――――――――――――――――――――
  おそらく、ドワーフ相手ということで話題を選びかねているのだろう。

  そう考えたドラえもんはふと、とある興味に駆られたので
  気付かれぬよう片眼の端で彼女を捉えてみる。
――――――――――――――――――――――――――――――



           ______
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::/⌒Y⌒ :::::\
.       /::::::::::::::::: -‐{ u | ・ ノ- ::::::
      /::::::::::::/   ―- (___) -‐ ヽ|
.    |::::::::: /   --―‐   |   ―- |
.    |::::::::::{  \  -―  |   ‐- }|      (ここの制服なんだろうけど………)
.      ::::::::::{       . __|__ ノ
      ゚。:::::\    ∠二二二\_/二二ヽ
       (ニニニニ| 出品目録 冂      |
        |::::-―ァ'⌒ヽ――┐ |=|   /⌒ヽ
        |:::::::::::: 、_丿   | |=|   、_丿



――――――――――――――――――――――――z________________________



.      ‘:,{込               /:.|:/ ̄.       r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'ヽ
         \  ゝこ--‐     イ : /ニミメ、.      (                       )
             {丶          | :/! /ニ /.       )  考案者はコウ=ベヤかな?   ○ O o 。
          }ニ{ 〕iト  -=彡   |/__/ニ ,′      (                       )
     _   r=くニ \_ L 斗<三二ニ = 〈       丶~'⌒'⌒'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒´
    /    {ニ }ニニ}i:i:i:i:}ニニニニニニニ‘:,
        _}=〈 ニ= }i:i:i:i:}ニニニニニニニア´〕i!トミ _
  ′     /二ニ丶ニ }i:i:i:i:}二二ニニ 斗<ニニニ>‐‐-ミ
 /      /ニニニ \ }i:i:i:i:}ニ 斗<二二二ニ 厂       ‘:,
.      /二二ニニ_}i:i:i:i:}二二二二二ニニ ,′.    ┌────────────────┐
   ,イニニ>'゙´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iゝミ二二二二二ニ,′.    │【ドラえもんによる鑑定】         │
.  /ニニ /i:xく=≫===ミ 〕iトi:!:‘:,二ニニニニ′       │絹の袖無しドレス(☆☆☆)       │
  {ニニニ{i:i{ニ{i:i:i:Oi:i:i:i}ニ }i:i:i:}ニニニニ=-       │・特注品(7号)                 │
  ∨ニ=∧i:寸 ≧=‐=≦ニ リi:i:i:}ニニニニ ,′   ‘:,.... │・服飾考案者はコウ=ベヤと思われる.│
    V二ニムi:i` <ニニ 斗く!:!:!/二二ニニム     ‘:,. │・やや露出度高め              │
  / ∨二二〕iト、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア二二ニニニム    !.   └────────────────┘
イ   ‘:,ニニニニ}i:i:i:{三三彡ニニニニニニニ\_./ ∧         ‘:,
      }二二ニ }i:i:i:{ニニニニニニニニニニニノ〕ト,′ :,         ‘:,



―――――――――――――――――――――――――――
  下品にならない程度に露出のあるドレスも
  僕が人間だったならどきまぎしただろうにと、
  むしろ制作者や値段のほうが気になる他種族が、
  じゃあやらない夫さんはどうなのかしらと隣を見てみれば
  そんなことにはこれっぽっちも興味がない様子。
―――――――――――――――――――――――――――

414 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:39:59 ID:8/bKapBc
129.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  おそらくこの競売でも有数の注ぎ手をあてがわれたに違いない。

  無論、個室の中のやり取りや客の情報は外に漏らさないよう教育されているはずの
  重い重いその口をしかし、彼は滑らせてもらうつもりなのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |    (さて、と)
            iヽ       |
           }、 `> ー-´-くヽ- 、___、
          _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ
       __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \
    ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧
   r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : : : //: : .ヽ
    } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : . \
   f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : : : i :/:,: : : : : : : : : : .ヽ
  / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : : : :V: {: : : : : : : : : : : : .\
 /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : : : :rヽ: : : : : : : : : : : : : : .\




        ___ ニ=-―‐-=x、
     x≪//77ト、二二二 ハム
     f////////ハニニ oニムム
     {/////////ハ二二二ニ=》`ヽ
     }>==<三三ニ=-=ニ´、 ヽ :.
..    / /  !   /   ′ | ハ ハ }   :.
.   / /  }i|   |  /  :リ/ | |i!  !
   ′ |  |i!   !: /   ,′ ハ_...∧  |
   ! | i|  |i!   ! ′‐-/ムイ!   __..レ'´!
   ! | i|  |i!   ∨ _...=、    f:::::ソ/i!ハ
.   ',| ヘ  从     弋:::::ソ `   ゞ゚'ムイ |
.   ヽ、ヽ  \   ,ヘ::¨¨´    '   !_/
     `ヽ \ 丶/ ヘ    、_,. /       「?」
         `ヽ \ヾ- _____∠  ニコッ
            《 ヾ}____i..x≪I}
            }ニニニニ i:iニニL....__
          ノ{三三三三i::!彡'ニハ `Y
          ¨ ヽ、ニニニニヾヽ、三ニム.. マ        ____
.      f     ヽニニニ=/∠==、ヾYム、マ.        /// >、
       !       ∨二二弋 弋ニソ リi}ニ≧x、.     ///  /  ヽ
       |        !ニニニ >=<´ニニ=ハ   ///  /    ′
.         |         ト、___ニニニニニハニニニfI}  ///  /r 、 /
.        |     , !//77'Yニニニニハ__ニ=i!リ  ///  _ \\
         !       !'´////X!ニニ /∠== ヽ=!ト、,',イ/  ゝヽ Y=Y
         |     :!//////_|ニニ !{´i´ ̄Y} } !|// / .Yヽ \\ /
        !     !ヽ、////|二= 弋、`二´イソ=// / くヽ、\リニi!
        |    :|   Y// ∧ニニニ≧=≦´=// / / .ヽ ヽニ=/
       !    :!  ∨// ハニニニニハニく/ / / //ソニニ/
       |    :!   Ⅴ// ハニニニニハニ >、__.//ニニ/



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  驚かせてしまう事への謝罪だろう。

  振り返った青年にかるく頭を下げられた彼女は愛想良く、小首を傾げて微笑み返した。
  ―――この後なにが起こるかも知らないままに。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

415 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:40:59 ID:8/bKapBc
130.
―――――――――――――――――――――――――――――
  やがて、一階席が八割ほど埋まったところで開催五分前になり
  舞台袖から司会者らしき男が現れた。
―――――――――――――――――――――――――――――



               ,.、-rァァァァァ‐-,.、
               ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
            lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
            || へ、_`ー '_,._へ ||.         「皆様、当競売会場にお越しいただき誠にありがとうございます。
               rョl ,.=。=゙ '=。=、 h
               |ヒ|. `二} {二´ :|j.|           本日は月例の武具、道具競売日となっており
.             ,ゞ|   人__人   |く         お手元の目録どおり八品が出品されております」
     _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._
   /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
   /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
  ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
.  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
  ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
  〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈

418 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:42:10 ID:8/bKapBc
131.



           ______
            〉ミ」」リム-、彡!
              / ニニ´  ヾミ|
            に;=, _.=;ニ^ 〉:|                 「続きまして今月の為替相場です。
          | ニ7: ニ´ ||f.}                   共通貨幣を1とし、
              l. rし-'__-、 レ'|\_                 西部地域通貨1.1、
         ,. ヘ.l‘三‐┘!_∧|: :|: :`'''ー- 、.._       北部地域通貨1.3、
        /: : : |:`iー ''"´ /l : | : : : : : : : : ハ..     北部神聖ガルド貨2.0、
      ハ: : : : : | : l.\_/  ,': : | : : : : : : : /: ヽ.      ポッチ貨2.6。
.      l: :l: : : : :|: : l ,.イ_:>、/ : :/: : : : : : : :l: : : :〉
      l: : l : : : : >'l |::| /`<: : : : : : : : :|: :/ 〉..   またフリビ、ティッポ、ニャオン、ナナナーコの
.      l\ |: : : : :\:ヽ|:::|./: /: : : : : : : : : |/: /:|.     四貨幣につきましては当競売での両替をお断りしております」
     l\`l : : : : : : \∨/: : : : : : : : : : : |/:/:|
.     l: : :`| : : : : : : : : Y´o : : : : : : : : : : : |/: : : |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  余談ではあるが、古代魔法文明の作った通貨があるのに
  地域通貨も存在するのにはわけがある。

  かなり丈夫に造られているとはいえ
  ホールディング・バッグ破損や持ち主死亡、忘却による消滅、
  持ち主が僻地で行き倒れ光り物が好きな怪物に集められるなど、
  貨幣もいちおう消耗品であることから
  発行元が滅びた共通貨幣は目減りしていくはずであり、
  次の基軸通貨の発行元となることで経済や為替を牛耳ろうとした者がいたのもその一つだ。

  ただこれは失われる反面、遺跡から新しい共通貨幣が発見されるなどして
  流通量が変わらないことから、うまくいっていない―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

420 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:42:59 ID:8/bKapBc
132.
――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫は続いて読み上げられた目録が
  一昨日確認したとおりなのを確認すると、
  ゆっくり旦那役を振り返って予定通りの台詞を口にした。
――――――――――――――――――――――――――



                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                         |  最後になりますが、落札されたお客様におかれましては.  |
                         |  十五分以内にお支払いとなりますので              .|
                         |  宝石や貴金属の鑑定や換金、                    |
                         |  手形の買いとりなどがご入り用でしたら                |
                         |  会場を出て左手の鑑定室をご利用ください!        >
                         乂_________________________ノ


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }.        「………では旦那様。
            ヽ、.,__ __ノ                     ・ ・
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、        落札するのは全部、でよろしいですね?」
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

422 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:44:00 ID:8/bKapBc
133.



           ______
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::/⌒Y⌒ :::::\
.       /::::::::::::::::: -‐{ u | u ノ- ::::::
      /::::::::::::/   ―- (___) -‐ ヽ|
.    |::::::::: /   --―‐   |   ―- |
.    |::::::::::{      -―  |   ‐- }|      「うむ」
.      ::::::::::{       . __|__ ノ
      ゚。:::::\    ∠二二二\_/二二ヽ
       (ニニニニ| 出品目録 冂      |
        |::::-―ァ'⌒ヽ――┐ |=|   /⌒ヽ
        |:::::::::::: 、_丿   | |=|   、_丿



          /: : : : : :ヽ: : : : : :..`. .、
          ': : : : : : : : :.l: : : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : : : : ::|__ : : : : :_O:_: :|..    人
        /: : : : :._:_:.. -‐ ^ \.: : : : : : : `ヽ       て
       j__,..-‐'¨      |  `r 、: : : : : : ::\....   〈
       '         l |  , |  ` ーr ─ 'ヽ
       /         ハ N_/ヽハ   | │     .\
     /          | ゝ ` \ ヽ/.,、,!     \\
    '            |r -, 、 ヽ    _L_.. __   ∧ヽゝ
    l ハ          l!  l ・ ハ'     __ - /'ヽ!\j/
    | ! |\. | ハ l   、  ヽ `´      ィrjハ/   |  ヽ
    | l ゝl \、 ゝト、\ |\ 、 \       ´ ,'   ハ  l
    レ'     \!  |` ゝ  `" ̄    i     ハ .ィ / j/
          ヾト| 丶.    丶  _´  イ / j/
               |   \   -   /j/
            ___j -r─r-ゝ=._ - '′       「!?」
          |: : : : |;三|: : : : : |
          ノ: : : :.:|:三|: : :_ : ム、_
      __r─': : : : :./三/: : : : : : : : : :  ̄フ= .、
.      ´ /〆: : : : :./二/: : : : : : : : : : : /  ヽ!
   / /_: : : : : :/三/: : : : : : : : : :./     |!
──∠l´lv/´/ ヽ=<: : : : : : : : : : ./       |!
三三::|:.|:.|/:.:/:./三三三ヽ_ : : : : : : ::|        |'
:三三:|:.|/: : ': /三三三三三/..:.: : : :.| l        !



―――――――――――――――――――――――――――
  もうなにがあっても驚かないし、全部好きにしてくださいと
  開き直っていたドラえもんがあっさり頷いたことを含めれば、
  エリザベスがわずかに目を見開いただけで、
  たくみに動揺を押し隠したのはさすがと言って良いだろう。
――――――――――――――――――――――――――――

427 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:44:59 ID:8/bKapBc
134.



   ノノノノ
  ( ゚∋゚)
  /⌒\ノヽ.   ┌───────────┐
 (〈  |)....   │ クックル大商会 代理人.│
  \) 〈ソ.    │ ドゥ=D=ドゥ         │
              └───────────┘




               l\__,.イ⌒V\____
               |\\  ∧//   /⌒{__
            __,ノ   \∨ V ////  />─┐
           |\ .厂 ̄ ̄  | |//// /// ̄ ̄}
           |  /   _. イ| |/// //  /⌒}
           | ./   }==ミ≧ミ|////  -===ニニニ7
             //   /ュ'⌒}ニニ \/ ______.{
        //   /{\{_)ノニニニニ:\=======ミ ーノ
         { {  , イ|\三三三.ィ⌒\ニ\ ̄ ̄ \`>´
         | | //∩|    '´  く偽Y \ノ===< \
       /| | { /{_∧  ⌒ヽ  _)ニ´/)  }} } } /
      / 人 | | /__/∧ `¨´  ⌒} /⌒\-<li} } { {
     { //li}ノ _( \ ≧ー──/ /-/⌒\ノ {人
     { .乂{ {_{>( \ ____,/{ | {イ  /⌒', l{  \
  / ̄ ̄ ̄  //_\ ______/人| |  /^\\∨\  }.    ┌────────────┐
/      ∠う\       //に}_}\_{≧/´ ̄V}} /.     │ アマゾネス大商会 代理人.│
         ∠うュマココ=イrイノ L{\{_ {__∧=-   V/     │ ク=イーン          │
.            レ' (_) ∨∨)ノ   }ニ人}⌒{∧=-  ‘,.    └────────────┘




   /⌒`⌒`⌒` \
  /           ヽ
 (  ノ⌒~⌒~⌒ヽ、 )
 ヽ/    \, ,/  i ノ
  |    <・>, <・>  |
  | 、  ,,,,(、_,),,,   ノ|...  ┌─────────┐
  ヽ   ト=ニ=ァ   /   │ 薬店商会 代理人 │
   \.  `ニニ´  /.     │ ヒロシ         │
     ` ┻━┻'.      └─────────┘



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  なにしろ、ほかの個室を含む今日の参加者には
  大陸北部から西部において二大商会と呼ばれるクックル大商会やアマゾネス大商会、
  西部の影響力が強い薬店商会の代理人のほか、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

430 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:45:59 ID:8/bKapBc
135.
―――――――――――――――――――――――――――
  新興のジュネス商会モルティナ支店長や
  嫌がらせの競りを入れてくることで有名なナベツネ侯爵、
  成金で金遣いの荒い右代宮子爵なども含まれているのだ。
―――――――――――――――――――――――――――



         il
      ,-‐lliー-、
     /      \
    ,/ r―――-、. ,i\
    lV"       i''  !
.   」 〉 _   _ L/「,!
   l \(-・=)‐(=・-)l、ト
   ヽ.il `ー',、_っー'  ゛l...  ┌──────────────┐
     l、 (、.illlllli.,)' ,! !....  │ ジュネス商会モルティナ支店長. │
    / \  ̄ ̄ /ノ.     │ タダシ=サトミ             │
     L_i ゛ー―'´      └──────────────┘



      ,..:ニニニニニ::::::、
     ;;:::'''       ヾ、
     ;'X:           ミ
    彡   -==、  ,==-i
   ,=ミ_____,====、 ,====i、
   i 、''ーー|| °||=|| °||
   '; '::::::::: """"  i,゙""",l
    ーi::i:::   ,'"`ー'゙`; _ j
.      |:::|:::   i' ,-ュュャ'  i
     人:::::  ゙ "" ゙̄ ._ノ
 ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.     ┌─────────────┐
  :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i.   │ モルティナ貴族            │
     |  \/゙(__)\,|  i |...  │ ヨミウリ=G=ナベツネ侯爵 │
     >   ヽ. ハ  |   ||.  └─────────────┘



           イ.:.:く.:.:.:>:.:
          /´.:.:∧ヘ.:.:.:>-、
       _-イ.:.:γ`´V.:い.:.:.:.:.ハ
            |.:.:/イ⌒ヽVヾ!ヽ.:.:.:ミ>
        イ!.:.| 弋リ ', 弋リ〉V.:.:ヽ、
       ´ ノ乂,    l `´ /}マ `~
           !、 --- ./
         γ>ノ ヽ、__ /
        _/ V: >、_|
    r――´| L_ V: : >-<!、.            ┌─────────┐
    / ヽ、  /5 Vハニ/!ム、         │ モルティナ貴族    │
    !   > ヽヨ V: 八:!ヽヘ>rr-l     │ 戦人=右代宮子爵 │
   ヘ  ゝ ',  ヽヘ V三リ :j ト,uuu`ヒ!.    └─────────┘
    仆   >」  ヽミVシl :/イ>-: : : >、
    ヘ!     {   ヽ、V / |三三三三レ}



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  商人や代理人はあくまで利益優先のため
  利益や報酬が見込めない価格になればさっさと降りてしまうものだが、
  貴族に至っては面子の問題もあり、
  時には熱くなった貴族同士が競り合ってとんでもない価格になってしまい
  支払いに苦しむ場合だってあるというのに。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

433 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:47:00 ID:8/bKapBc
136.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  賢狼隊という名は知らないが、小金をもった世間知らずが遊びに来ただけだ。
  エリザベスは当然そう思ったし、それは至って常識的な考えだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                             '"´ ̄`>、
                                            /    ///∧
                                            ;′    |////  ̄`
                                          jL..............L./      \
                                             /{     /    ヽ
                                         / /ー‐≦ヾ_\__、ヽ      :,
                                           ;  {冖^^  ''"⌒  Ⅵ      :,
                                       /  {⌒_、  〃{:じア И l   |  |
                                         {:!  圦ふ          |   ; j,ノノ
                                           从、┌-、ノ         ノイ / ノ 丿
                                            `ノ 、ソ   ____    ノイ彡<_
                                            人 `\ `こ´    '′   У ̄`i
           (フフッ。                             j}  \__,,.. '′   /彡…┘ミ
          いきなり出入り禁止にならないと良いわね).      八   /| ./\   / /      `、
                                          /  ー彳i{ {  厶/   {
                                            /     i| 八ミ~ ̄     」      {i
                                        }、   丿l .}}、   /∧      |!/
                                       / `'=ァ'´ ;   ヾ!__,彡'   ∧       l′
                                      ,     /  /,′ ,:=ミ、     ∧
                                     ,:     / .:' {  〃∩ヾ.    i/∧
                                         ,:′  / :゛ 八 i{. ∪ .}}    V/∧
                                     /    .' .:゛    \ヽ,_彡'     V/∧
                                       ; /        \           V/∧



――――――――――――――――――――
  それを彼女の油断とすることはできまい。

  なにしろこの夜応対した相手は―――
――――――――――――――――――――

436 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:47:59 ID:8/bKapBc
137.
――――――――――――――――――
  礼服を着た非常識だったのだから。
――――――――――――――――――





                  非
                       常
                  識
                 ,_=======_
             /.>_     /::::::i:::ヽ._
.          _ ,,、-ー/ !// ー ヘ ̄/:::::::::l:::::::::::`:ー:.、
      ,´:::::::::::::く::::::::/ i  /   ヽ::::::::::!:::::::::::::::::::ゝヽ.
       /::{::::::::::::::::>:i   l7i   /:\:/::/:::/::::::::::::::::i
      ,'::::::i::::::::::/::::::l  /;;;;l  /::::::::〉::::://::::::::::::::::::::::!
      /:::;::::∨:::::l::::::::::i /;;;;;;l. /::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::/
     /::::ヽ:::::〉:::::l:::::::::l /;;;;;;;;l. /::::::/;;;;;;i:::i::::::::::;;;;::::::::::::::>
    <::::::::::ソi::::::::l:::::::::li;;;;;;;;;;;l/::/,、;;,、;;:l!::l_/´:::::::::::::::: ソ
    !:::::::ゝへ、;;;::::!::::::」--‐‐'''""゙゙`ヾゞMソ/::;;;;:::::::::::::::::l
    )::::::ゝ彳´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘノ/´ ̄::::::::::::::::::::l
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヘへ ̄:::: ̄:::::::::::::::::::::/
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::/
   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘

439 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:48:59 ID:8/bKapBc
138.
―――――――――――――――――――――――
  大きな剣を載せた台車が舞台袖から現れたとき、
  競売と言う名の茶番が始まった。
―――――――――――――――――――――――



                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                            |  それでは競売に入りましょう!  |
                            乂______________ ノ


           ────-,
          | /ヽ_ノく
          | ]ヽ   /|
          |6=■=■
          |/ |  └┘|__
      __/ヽ |_ ̄ j::::::::::|\
    /⌒丶::::::::::::::::|  .x ̄|:::::::::::|::::::\
    |::::::::::|::::::::::::::::::|/只 |::::::::::::|:::::::::::\
    |::::::::::|::::::::::::::::::::|   |::::::::::::|\::::::::::::)
    |::::::::::|::::::::::::::::::::::|   |:::::::::::| /::::::::::/
    |::::::::::\::::::::::::::::::::V:::::::::::::::|/::::::::/
    ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/
    === ( ⌒j===========(⌒ )====
      |\\:::::::::::::::::::::::::::::::::|^^^\\
      -::::\\ 二二二二二二二 \\
       |:::::::\\:::::::::::::::::::|      > >
       |::::::::::::ヽ  ────┐__| |
        |::::::::::::::ヽ────┐ |__| |
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::|  | |    | |
      |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |;;;; \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      |;;;;;;;;;;;\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      |;;;;;;;;;;;;;;; \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \

442 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:50:00 ID:8/bKapBc
139.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  現物自体は事前に公開されているし
  参加者達は自分―――あるいは付き添いの―――目利きを頼りに
  だいたいの予想は付けているものの、
  目録に価格ややり方が書かれているわけではない。
―――――――――――――――――――――――――――――――



         __________
            !ミミミ;;;;;,,..))))))))))))フ7
           !三ミ::::::: ""''==''"\ノ
        |三=-::::  "'ー-ー'" \
        |/rヽi,,-ー-ー'"  ,i_,-=''|
        |/|ニ||::::===。=;; <=。==.|      「まずは目録番号一番!
       /|/.|:r||::::::` ー '   `〒'"|                          ツヴァイヘンダー
      / |/'ヽリ:::::,._ニニ    |:-'.|       硬質化が付加されたミスリルの広刃大剣です!」
     /  |//,`|:::r'",_  i~- ._| .|
--ー''"""|  .|/,`::::|::::::`-二二二二フ|、        r-=,,
     |   |,` ::::|:::::::::::      .|.|`ー=;,,_     `ー、`,
.,-''つ  |   |,`  `ー-;;:::::::=≡ ../ |   ~''-=_ (こ''ー、.丶
"/   |   .|\     "''-;;_/ノ|  .|      r-、 ヽ,.ヽ )
/__,,--、 |   | .\    ::::::::::/ .|  |     ( ̄~"''-,, ヽ,!
''" ,,--' |   .|   \    / .|   |     | ~|~"ヽ, .ヽ ,!
 r',,-ーつ    .|    \, ,/   .|   .|    | ⊂''ー、, ,!
 ''",,-''"┴--ー'"|    /ヽ,   .ト---┴''/  .|  |,~''、  ,!
 r" _,,-っ    |  ,,,-へ /`-,  |    /  |  ( /  /

444 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:50:59 ID:8/bKapBc
140.
――――――――――――――――――――――――――――
  いったいいくらで始まるんだ、と耳をそばだてる会場の上では、
  黒い布に寝かせられている剣を眺めた武具商人も
  類い希な鑑定眼を働かせている。
――――――――――――――――――――――――――――



      ,  ───  、
   /   /⌒ヽ⌒ヽ\
  /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
. /   /  `ー ●ー´  ヽ
 l   /   二   |  二  |
 |  l     ─   |  ─  l
  l  |        |   ) /
  ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /   「ふむ………」
   〉━━,-、━━━━く
   / / ヽフ    \.   ヽ



――――――――――――――――――――――――z________________________



             ∧
             / .ハ
              /   ハ
               /   ハ
              i'      ゙i
           | i | i i|
           | i | i i|
           | | | | ||             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           | | | | ||             |  開始価格は金貨三万、                |
           | | | | ||             |  即決価格は金貨七万、                >
           | | | | ||             |  最低値上げ幅は金貨五百枚になります!.   |
           | | | | ||             乂____________________ノ
           | | | | ||
           | | | | ||
           | | | | ||
           | | | | ||
           | | | | ||.      ┌───────────────────────┐
           | | | | ||.      │ 【ドラえもんによる鑑定】                      │
           | | | | ||.      │ 魔法の広刃大剣(☆☆)                   │
           | | | | ||.      │ ・材質はミスリル銀                          │
           | | | | ||.      │ ・硬質化の魔法が付加されている                │
           | | | | ||.      │ ・ああいう見栄えの良い剣が好きな戦士は多いため. │
           | | | | ||.      │  性能よりも高く売れそうだ                     │
           | r‐二ー┐!.       │ ・自分で売値を付けるとしたら金貨五万枚          │
           | |i´〈.〉`i| |.      └───────────────────────┘
           | |{:.:.}{ :.:}| |
           | |L_八_」| |
           | |「´八`i| |
.      ,.ヘ     | | J〈〉J.| |    _レヘ
     / \` ー-∟ _____. !-一´ / ヽ,
    > ._\_/   ||   \_/_, イ
           ー- .___||_..  r<
.               |:;ル:|
                 |::ll::|
                }》《{
               |:::::|
               |:::::|
              | : |
              | : |
                  _

448 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:51:59 ID:8/bKapBc
141.



   /⌒`⌒`⌒` \
  /           ヽ
 (  ノ⌒~⌒~⌒ヽ、 )
 ヽ/    \, ,/  i ノ
  |    <・>, <・>  |
  | 、  ,,,,(、_,),,,   ノ|
  ヽ   ト=ニ=ァ   /
   \.  `ニニ´  /.     「さんま―――」
     ` ┻━┻'                     f´ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
                                  |  即決。  ./
                                  乂____ ノ



―――――――――――――――――――――――――――――
  司会が告げた開始価格が参加者達のほぼ予想通りだったので
  まずは、と周囲の出方をうかがうべく出されたであろう入札を
  いきなりの即決が蹴り飛ばし、
―――――――――――――――――――――――――――――

453 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:52:59 ID:8/bKapBc
142.
―――――――――――――――――――
  素っ頓狂な声がざわめく会場を貫いた。
―――――――――――――――――――


  _n_n__00  ____         
 └i_n┌'   Lr┐ !   [][]「l 
    く丿      くノ     くノ 


                  |ヽ/|_
               \   /
   /⌒`⌒`⌒` \.   |__>
  /           ヽ
 (  ノ⌒~⌒~⌒ヽ、 )
 ヽ/    \, ,/  i ノ
  |   <○>, <○>  |
  | 、  ,,,,(、_,),,,   ノ|
  ヽ u. ト=ニ=ァ   /
   \.  `ニニ´  /.    「ファッ!??
     ` ┻━┻'       即決!?ナンデ!?」



――――――――――――――――――――――――z________________________


        __,n_00   _ n_  __,n_00   _ n_
        `弋乂   l リ r┐|  `弋乂   l リ r┐|
         ( ⊂´   └1」 L」   ( ⊂´   └1」 L」
          ̄ ..          ̄

              _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
                /=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
             l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
             !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
               F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!
            F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
           , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
           | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!
           ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
             ̄| / __ L_  _!___ \ |''"
             /!.  / -──────--! .|、         「こ、これは驚きました。
            /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ         八番様、即決で落札です!」
           /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
      _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
_,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-

455 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:54:01 ID:8/bKapBc
143.



           / ̄ ̄\
         ⌒´ ヽ、,_  \
            (●)(●.)    |                 ザワザワ…
         (_人___)    |
            '、       │
              }       {
          !、______ .ィ-ート、    「白金貨払いでお願いします」
            V/_:_ュ:-:-: ヽ
            {ャ< : : : : : : : : :.
           /ー-、: : : : : : : : : :'.,
   「r'、     / : : : : :`、 : : : : : : : : :'.,
   } r'、 ヘ、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
   i/ ム、} .{ i : : : : : : : : : V : : : : : : : : |
   { い、{  Y : : : : : .\ : V: : : : : : : : |
   \  ヽ {|V : : : : : : \V: : : : : : : :|                    ドヨドヨ…
     \  ノ|:.V: : : : : : : : :〉 : : : : : : :|



          / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
         / /  O  /   l
        ,、{_l___l__/、
          / / / メ  ヽ、ヽ、   \
       / / ∧ヘ'ヽ'ヽ'ヽヘ、    ヽ
        / / l \   / ヽ     ヽ
     / i i l ○   ○  }/   i'´
       `i.  __ヽ= r―-、= ソ_ィf_ノ`
        ヽ'ー'ヘ   l    }  /  ____   「っはい!
           ` ‐t―‐f<__  li. _ |    た、た、ただいま係員をお呼びします!」
     =ニ二二 ̄ 〉l ◎ l ト、__ ̄|l(☆).|
           ̄// ◎ l i   ̄li.  ̄ |
             / i ◎ l  l    ̄ ̄
             { l ◎ l  l
            └t-iー、_l_ゝ
            lーi  `iーl
            l i     l l
            └'    └'



―――――――――――――――――――――――
  会場の混乱を尻目のやらない夫は涼しい顔で
  白金貨の詰まった革袋をテーブルに置き、
―――――――――――――――――――――――

457 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:55:04 ID:8/bKapBc
144.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  まさか本気でぜんぶ落とすつもりなのか、と目がまん丸のエリザベスに
  呼び込まれた黒服もぎこちなく台車を押していった。
――――――――――――――――――――――――――――――――



           ────-,
          | /ヽ_ノく
          | ]ヽ   /|
          |6=■=■
          |/ |  └┘|__  (びっくりした………)
      __/ヽ |u. ̄ j::::::::::|\
    /⌒丶::::::::::::::::|  .x ̄|:::::::::::|::::::\
    |::::::::::|::::::::::::::::::|/只 |::::::::::::|:::::::::::\
    |::::::::::|::::::::::::::::::::|   |::::::::::::|\::::::::::::)
    |::::::::::|::::::::::::::::::::::|   |:::::::::::| /::::::::::/
    |::::::::::\::::::::::::::::::::V:::::::::::::::|/::::::::/
    ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/
    === ( ⌒j===========(⌒ )====
      |\\:::::::::::::::::::::::::::::::::|^^^\\
      -::::\\ 二二二二二二二 \\
       |:::::::\\:::::::::::::::::::|      > >
       |::::::::::::ヽ  ────┐__| |
        |::::::::::::::ヽ────┐ |__| |
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::|  | |    | |
      |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |;;;; \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-二二- ::::::::::::::::::::::::::::::::\
      |;;;;;;;;;;;\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / ̄ ̄ \゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      |;;;;;;;;;;;;;;; \::::::::::::::::::::::::::::::::/       ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \::::::::::::::::::::::: │       │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \::::::::::::::::::::゙ヽ、____ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――会場が半分ほど静かになったところで
  今度は先ほどの大剣を乗せた台車が戻ってくる。

  この辺のやり取りは定型であるがゆえに従業員達の対応も速やか―――に見えたが、
  裏側では二番の品を運ぶ係が廊下を走っていたし、
  そろそろ行くか、と茶を飲んでいた鑑定室の担当達も
  主任に怒鳴られ控え室を飛び出していたりした。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

462 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:55:59 ID:8/bKapBc
145.



   /⌒`⌒`⌒` \
  /           ヽ
 (  ノ⌒~⌒~⌒ヽ、 )
 ヽ/     ノ \,  i ノ
  |    <・>, <・>  |
  | 、u. ,,,,(、_,),,,   ノ|
  ヽ   ト=ニ=ァ   /
   \.  `ニニ´  /.     「なんだよ、八番は戦士かなんかか?
     ` ┻━┻'           よっぽどあの剣が欲しかったんだな」




      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \
   l:三三三| {こ|ミ|.   __,ノ r __  ヽ
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ
   |===シ´ :|           __ノ      「次を」
__/|三三/   :|         |
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-.         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
::::::::K             ,イ:::::::|::::::.           |  かしこまりました。   >
                                  乂__________ ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――
  戦士達垂涎の魔剣であるし、
  八番はある程度成功した冒険者でよほど欲しいものだったに違いない。
  仲卸がふっかければあり得る値段のはずだ。

  各自が常識的に自分を納得させたところで、
  気を取りなおした司会が次を出すよう舞台袖に手を振った。
――――――――――――――――――――――――――――――――

465 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:56:59 ID:8/bKapBc
146.



              _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
             ./=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
             l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
             !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
            .F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!
            F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
           , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
           | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!
           ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
             ̄| / __ L_  _!___ \ |''"
             /!.  / -──────--! .|、     「続きまして二番の品はこちら!」
            /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ
           /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
      _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
_,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-

468 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:57:59 ID:8/bKapBc
147.



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  龍の角から削りだした     |
|  トンファーです!         |
乂____________ ノ


                                | ̄ ̄|
                             |   |
                             |   |...   | ̄ ̄|
                             |   |....   |   |
                             |   |....   |   |
                             |   |....   |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -- ' ̄ ̄ ̄ |   |.  ̄ ̄ー、
                                       |   |       l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` -- ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー、
                                                         l
                                                         |
                                                      ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┌────────────────────┐
│ 【ドラえもんによる鑑定】                │
│ 龍の角のトンファー(☆☆~☆☆☆)      .│
│ ・魔力を持った龍の角から削りだしたとなると │
│  魔法の武器と同様の効果が得られそうだ   .│
│ ・自分で売値を付けるとしたら              │
│  余り使い手がいないことも含めて金貨七万枚 │
└────────────────────┘

473 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:58:59 ID:8/bKapBc
148.



        ___________
      /´  , -‐- 、.           /
.      i  /::::::::::  `''‐ 、..__,. ‐'´ヽ. /
.      !  ,'::::::::::    、       ∨
     |  i::::::::::  、 、`''ー---‐''´  ヽ
     |. l:::::::: /へ.\` ー---‐ ´/,.ヘ
     │ \:::::::: _\\,   /∠_  |
      |. /"ヽヽ:::==。=`,,   /=。==│
      | { i⌒| |:::::` ー-‐'    .::.\-‐ ´│
    /|. l ト、|.|:::::: ー-‐ '   ::::::::::: l::-‐'.|
  /  | ヽ.._||::r':; -‐‐' r __::::::::::::: l ー、|
_/    |   /l!:::/:: ー----------ー'--.|
.!     .|  ./ ::|::::::::::              |        「開始価格は金貨四万枚、
|     │./  ::|:::::::::::     =====     |\.       即決価格なしの青天井方式となります!
|     |/   ::|:::::::::::::...          ,.イ  .!`
|     |\   :`'' ‐- 、::_:.......   ,. ‐'´/|  │.       最低値上げ幅は金貨五百枚から!」
|    │ \   ::::::::::::::::::`~`''"::::::::/ .|    |



   ノノノノ
  ( ゚∋゚)   「四万!」
  /⌒\ノヽ
 (〈  |)
  \) 〈ソ



   /⌒`⌒`⌒` \
  /           ヽ
 (  ノ⌒~⌒~⌒ヽ、 )
 ヽ/    \, ,/  i ノ
  |    <・>, <・>  |
  | 、  ,,,,(、_,),,,   ノ|
  ヽ   ト=ニ=ァ   /   「四万五千!」
   \.  `ニニ´  /.
     ` ┻━┻'.

477 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 19:59:59 ID:8/bKapBc
149.



    ノノノノ
   (゚∈゚_)   「五万!」
  /⌒  )
  ミイ  //
   | ((
   |  ))
   | //
   | ノノ
    |ノノ
  彡ヾ



         il
      ,-‐lliー-、
     /      \
    ,/ r―――-、. ,i\
    lV"       i''  !
.   」 〉 _   _ L/「,!
   l \(-・=)‐(=・-)l、ト
   ヽ.il `ー',、_っー'  ゛l...
     l、 (、.illlllli.,)' ,! !....   「五万二千五百」
    / \  ̄ ̄ /ノ.
     L_i ゛ー―'´



      ミミ ヽヽヽヽリリノノノノ
     ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡
       l  i''"        i彡
      .| 」   /' '\  |  
      ,r-/   -・=-, 、-・=- |
     l       ノ( 、_, )ヽ  |
     ー'    ノ、__!!_,.、  |
      ∧     ヽニニソ   l   「六万!」
    /\ヽ           /
  /     ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ

482 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:00:59 ID:8/bKapBc
150.



              _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
             ./=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
             l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
             !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
            .F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!
            F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
           , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
           | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!
           ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
             ̄| / __ L_  _!___ \ |''"     「六万出ました!
             /!.  / -──────--! .|、       他にはございませんか!」
            /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ
           /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
      _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
_,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-



                                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                    |  ろ、六万二千。  >
                                    乂________ ノ

         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
          <  六万五千!   |
         乂_______ ノ

484 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:02:00 ID:8/bKapBc
151.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  出鼻は挫かれたもののやっと普段通りの競売になった―――と参加者達が気を取りなおし、
  無難な価格で落札されるかにみえたその時だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \
   l:三三三| {こ|ミ|.   __,ノ r __  ヽ
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ
   |===シ´ :|           __ノ      「六万五千です!
__/|三三/   :|         |          他に無ければ――――」
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-
::::::::K             ,イ:::::::|::::::              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
                                  |  八万。   /
                                  乂_____ ノ


――――――――――――――――――――――――z________________________

      __,n_00   _ n_ 
      `弋乂   l リ r┐|  ___ 
       ( ⊂´   └1」 L」  `つ_)
        ̄ ..

                     _,r‐‐‐‐‐‐‐-、
                 ,.r'´ィ"´  ̄  ̄ ``ヾ_、
                / ,r´          ヾi、
                ,! !             ! ヽ、
               ,! ,r'              l   !
                l. ) ,.rilllliii;;、    ,;iiiilllii;;,  l  l
                l .,!,r======i、__r=======i、_ゝ.,!
                l´`=! =・= .!ーl =・= .!´ レ'´`i
               l、! l._    /! \_  _,.ノ  i´ .,!
               l_!   ̄ ̄ r,、   _ヽ ̄    l  /
                  l       ー'´  ヽ     !.r'
                     l   i ____  ____     イ┘
                ヽ ヽ、 ´ ..二..  `   ,i /     「ほう………」
                 ヽ ー、    _    _,ィ ,!
                  _〉、 ` ー ‐'ー ‐' ´, '´ノlヽ、
            __,...-‐''´ ! `ー、 ー‐  _,.ィ´ .,!  ヽ、__
       _,...-‐'"´      l   \___,.-'´   /       ` ー-、__
  ,.....-‐'"´               !.    / \   /          ` ー-、.._
. /                     l  /!   ,i、 /                ` ー 、
_/                 レ'´  !ー‐i´.ヽ /                    ヽ
,!                      l   ./   l  /                     l



――――――――――――――――――――――――
  二階席から降ってきたつり上げに会場はざわめき、
  あちこちからまた八番だ、と言う声も漏れた。
――――――――――――――――――――――――

487 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:02:59 ID:8/bKapBc
152.



.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ
      |Ft| ==。=:::/=。=〈
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|     「八番様から八万です!」
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
   |   |   \    /|  |



      ミミ ヽヽヽヽリリノノノノ
     ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡
       l  i''"        i彡
      .| 」   /' '\  |  
      ,r-/ u. -・=-, 、-・=- |
     l       ノ( 、_, )ヽ  |
     ー'    ノ、__!!_,.、  |
      ∧  u.  ヽニニソ u. l   「は、八万一千!」
    /\ヽ           /
  /     ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ
                               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
                               |  九万。   /
                               乂_____ ノ

488 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:03:59 ID:8/bKapBc
153.



      ミミ ヽヽヽヽリリノノノ
     ミu  ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡
       l u iiiii  u u  u|||i
      | 」|||u  ⌒' '⌒u|
      ,r-/||||||<・> < ・> |
     l  |||u u ノ( 、_, )ヽ u|
     ー'  u ノ、__!!_,.、 |
     ∧  u  ヽニニソ  l     「九万………五百」
     /\ヽ    u  u /
  / u   ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
 |                \.             |  十万。   /
  |                 \.           乂_____ ノ

491 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:05:00 ID:8/bKapBc
154.



              _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
             ./=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
             l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
             !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
            .F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!
            F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
           , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
           | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!
           ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
             ̄| / __ L_  _!___ \ |''"       「もうありませんね?
             /!.  / -──────--! .|、
            /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ        では八番様、金貨十万枚で落札です!」
           /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
      _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
_,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-



――――――――――――――――――――――――z________________________



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ      「では、同じく白金貨で」
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



―――――――――――――――――――――――――――――――
  小さく刻む商人と、万単位で切り上げていくやらない夫の競りは
  あっという間に決着がつき、
  今度は革袋二つが運び出されて十数分ののちに品物がやってくる。
―――――――――――――――――――――――――――――――

494 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:06:07 ID:8/bKapBc
155.



  __,冖__ ,、  __冖__   / //ミミミヽヽ ヽヽヽリリリリノノノノノノ
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /ミ                彡
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /ミ       ,,、,、,、,、,、,、,、,、,、、、彡
  __,冖__ ,、   ,へ    / ミ,ィ    i''"           i彡
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//    」     ._ノ^  v  、`i彡
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /       /   /  _ 、ハ.;j \|
   n     「 |      /.      |     <=・=>  <=・>|
   ll     || .,ヘ   /   ,-、  |    ,r'   _ノ( 、_, ) |
   ll     ヽ二ノ__  {  / ハ `l/    i' i / _   `ヽ !
   l|         _| ゙っ  ̄フ.rソ     i'  / r'  ,..二''ァ ,ノ
   |l        (,・_,゙>  / { ' ノ       l /''''"´   〈 /
   ll     __,冖__ ,、  >  >-'      ;: |  !      i {
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l  l      ;. l |      | !
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-. !.      ; |. | ,. -''、,...、| :l
   ll     __,冖__ ,、 |\/  l      ; l  i   i   | l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l  l      ;: l |   {  j  {
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.     ゝ   ;:i' `''''-ー‐-' }
. n. n. n        l  |   ::.   \   ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.     `ーーー-`ニ''ブ
  o  o  o      ,へ l      :.         |



         _____
       /i |i |i |i/// `≧ 、
      /|i |i |i |i |i// :/三∧
     ト、{i li l|i |i |i //x≦三三∧
   _| \| |,>-------<三ミヽ
   } } }三/   ______}\ ̄}
   |ノ ノ/⌒ヽ /イfnマ Vヽ}\ \\
  ハ Vヘ.__ノ/   -イ fノ\ \  }
  \〉 〉∧__,/i   ___ 〉 /{\   } :|       (妙だな。
    }\\(∧  <´:::::)//}  }  { .人.        今日は七つ目や円形感謝は参加していないはず。
     ̄`\{  >---イニニニニユ..__}__{___.       クックルや薬店は向こうに居るし………)
       }>----/〈三三ノ /   冂 }\ \
       /   fフ{    ./) ニ人 ) ∧lノ
        |  /  (/(甘)丁)    ┬  { / ∧__
        |/     }     ノ} |  ,x≦三三}`>o。,
     /-- 、  /ニニニ/ト、{八 ////´   \   \



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  このあたりになると、いつもとなにか違うことに気付く者も出始めており
  腕の良い代理人などは知っている顔が足りているかと会場を見回していて、
――――――――――――――――――――――――――――――――――

496 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:06:59 ID:8/bKapBc
156.
―――――――――――――――――――――――――
  挑戦的な八番に対抗心を燃やす貴族も現れていた。
―――――――――――――――――――――――――



      ,..:ニニニニニ::::::、
     ;;:::'''       ヾ、
     ;'X:           ミ
    彡   -==、  ,==-i
   ,=ミ_____,====、 ,====i、
   i 、''ーー|| °||=|| °||
   '; '::::::::: """"  i,゙""",l
    ーi::i:::   ,'"`ー'゙`; _ j
     . |:::|:::   i' ,-ュュャ'  i
     人:::::  ゙ "" ゙̄ ._ノ      「ふふん。
 ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.      暇つぶしに来てみたが面白い奴がいるじゃないか」
  :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||



  , _  ,,..-'''lhヽ_.イaノクl, イaヽ
 /  フ , , , ヽ<、, ヒ -、、,、リヽ::
 l  / /' // :ll:::ll:::〒ー ll、_ノ/)
 l ll l l l l :::ll:::ll::_」__:l::ヽ...ノくく
. i lll 」,i___'ー'´フ´=--`::l::l:ヽ::',ヾ
. ' :llヽイ ,r=ヵ  ´「 りケll:::l:ト,ヽ::',
,',' ll:::::iヽゝ'´,..::   ̄  ll:::l::リl::l::::
/ ll:::::l:::i   、─ァ  l:l:::l::l::/::l:/
  .ll:::::l:::lヽ、 ヽノ  ,.,',':::,'lノ//イ     「あーら大変。
 ::i:l:::::l:::l、ヽ`ヵー'' ´,',':::,'l'´ィ/ヽ'       あなたの指輪も買われてしまうのではなくて?」
 /l l::::l::l-ィ7-'し、,_,',':::,',',,,ィ''ヽ/



          〉:.ー'.::ノ.:/  . : :/ / .:/ :l | :l .:| :.ヽ
         「ヽ.:</厂\: :/ / .:/ :| :| :l .:| : : ',
         \二仄\_ノ/ | :| :|  :l .:| :l .:| : : .l
          ノ .:| |l Ⅵ l 厂≧ 、  ̄`  ┴ヘ ノ
          丶.::| |/⌒| |  「「じヘ `  ,. =≦厂
          〈人八  | ヽ  `      ヘじリイ
           L、ヽ>ヘ .:        l   八
             └ヘ.;∧|    _ ´  / ヽ _
               イ_丿\ └ニ'′/   ⌒〉
              〈爪`ー⌒ヽ __,        /   「口を慎みなさいヱリカ。
      , ─ 、     ノ//////厂      /     子爵様が負けるはずないわ!」
     仄〉─  >┬ '⌒ ー──ヘ
   //〈 , ─-〈 │  ̄ ̄ 丶    > 、_
  /////八    八 |              厂 Y⌒>¬、
 /////////>   ヽ\    厂 `ヽ ,、/⌒ヽ|  ⌒)/ハ
 //l |///////⌒>/\\_人: : : :=O=: : : : ノ   ///∧

498 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:07:59 ID:8/bKapBc
157.
――――――――――――――――――――
  三番目の競りが始まってからしばらくして。
――――――――――――――――――――



      ┌─────────────┐
      │ 開始価格:金貨三万五千.   │
      │ 即決価格:なし         │
      │ 最低値上げ幅:金貨一千枚. │
      └─────────────┘

             ィ≧ニァニ=-<´,.ィ ニX
              ::ノ>'" __」 /  \彡〆
         ノ`> '´   |  `丶、  \,.ィ ニX
          }/       | , -‐、ヽ   ∨//>  ┌─────────────────────────┐
, -―‐-=、:〃       _{ {:::::::::} ',   Y¨´..   │ 【ドラえもんによる鑑定】                          │
         \  ,  '" ̄人丶-‐'  ,   l~=、.   │ 魔法の手甲(☆☆☆~☆☆☆☆)               │
`丶ー-=、     \    /   \     |― |ニ二ハ.. │ ・ミスリル製品                            │
   \  l\   ヽ‐'´     丶 .__厂  |       │ ・硬質化有り                               │
    \'、 ヽ   ',             /     │ ・手首から手の甲を覆う形状で指が自由に動かせるため. │
        ヽ   ',   ',        _,. イ .::>     │  印を組む必要のある魔法使いも装備できるだろう     │
        ',>ヘ   'rr::ァーr=ァ'´ゝニ Y´      │  ・手の大きさに融通がききそうなので               │
\      ',.  l   |」厶ニ入ノ ´.           │  やらない夫さんでも装備できそうだ                   │
  }      }/j   |                   │ ・自分で売値を付けるとしたら金貨八万枚              │
                                  └─────────────────────────┘



――――――――――――――――――――――――z________________________



                                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
                                           |  十万。   /
                                           乂_____ ノ

    _,..-─- 、
   ,.;~ー  ̄  ̄ ヾ;、
  | |        l|
  .| ,! .,,,_   ,,,,._ ||
  lv-┯━-,-;━━;l、
  | { |´゚`/~;l ´゚'`/|'}
  }| ;  ̄/,_ _l、 ̄ ,|/
   | l  l _~_}   |    「十一万」
 _ -ヾ、 l ^==く ;/- ..__
~   |`~ヽ--イ |    ~
    | `,=、' |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫は商人達の小幅な競り合いが落ち着くのを待って割り込んだのだが、
  とある老人が被せるように値上げを仕掛けてきた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

501 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:09:00 ID:8/bKapBc
158.



                                                 / ̄ ̄ \
                                              -`  ⌒ ヽ、_    \
                                          ´   ●)(● )     |
                                                (_人_)    |
                              「十一万五千」      '、       |
                                             |         |
       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ                                | 、     .ィハ、_
        / 十三万。  .|                                ≧ュ─ー ´ /.......ヽ
       ̄乂_____ ノ                           //Y:::ハ、 ̄/...:::::::::::...>、
                                          ,.<..::/:r〉:::li `y .:::::::/::::::::::::::::::..ヽ、
                                             /.::::::::/:::{,'::::|i  / .:::::::/::::::::::::::::::::::::::∧
                                        j ::::::::::> :.{::::::l / .:::<:::::::::::::/..::::::::::::::Λ
                             「十三万五千」...  i :::、:::〈 :::i::::::レ .:::::::/::::::::::i:::::::::::::::::::::::::}
                                         i :::Λ::::', ::i:::::/ .::/::::::::::::::V..::::::::::::::::::::イ',
       f´ ̄ ̄ ̄ `ヽ                              | :::::Λ:::::', :i::/ .::::::::::::::::::::::V..:::::::::::::::::::::ハ:i
        / 十五万。 |
       ̄乂____ ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ニヤニヤと笑いながら大きな値上げを繰り返すこの老人。

  じつはあちこちの競売会場で『つり上げ侯爵』と有名な貴族であり、
  落札はしない―――ぎりぎりのところでおりてしまう老獪さがあった―――くせに競りかけてくるという、
  安く落としたい商人達にとっては嫌な、
  高く落としてもらいたい会場にとっては嬉しい存在だったりする。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

505 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:10:00 ID:8/bKapBc
159.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  かつては下りどころを見誤って自分で落札してしまう事もあったが、金なら腐るほど持っているし、
  別の町の競売に出して上手いこと―――自分は参加できないのでつり上げを誰かに依頼する―――やれば
  損は差額と手数料で済むからと悪趣味な競売所通いをもう長いこと続けており、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                            
                                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
                                            | 十六万五千。  /
                                            乂______ ノ

                     _,r‐‐‐‐‐‐‐-、
                 ,.r'´ィ"´  ̄  ̄ ``ヾ_、
                / ,r´          ヾi、
                ,! !             ! ヽ、
               ,! ,r'              l   !
                l. ) ,.rilllliii;;、    ,;iiiilllii;;,  l  l
                l .,!,r======i、__r=======i、_ゝ.,!
                l´`=! =・= .!ーl =・= .!´ レ'´`i
               l、! l._    /! \_  _,.ノ  i´ .,!
               l_!   ̄ ̄ r,、   _ヽ ̄    l  /
                  l       ー'´  ヽ     !.r'
                     l   i ____  ____     イ┘
                ヽ ヽ、 ´ ..二..  `   ,i /    「十七万」
                 ヽ ー、    _    _,ィ ,!
                  _〉、 ` ー ‐'ー ‐' ´, '´ノlヽ、
            __,...-‐''´ ! `ー、 ー‐  _,.ィ´ .,!  ヽ、__
       _,...-‐'"´      l   \___,.-'´   /       ` ー-、__
  ,.....-‐'"´               !.    / \   /          ` ー-、.._
. /                     l  /!   ,i、 /                ` ー 、
_/                 レ'´  !ー‐i´.ヽ /                    ヽ
,!                      l   ./   l  /                     l



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今では参加費と多少の小銭を持っただけでふらりとやってくるほどなのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

508 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:10:59 ID:8/bKapBc
160.
―――――――――――――――――――――
  一方、会場の隅で目を白黒させていたのは
  手甲の競売を委託していた冒険者達だ。
―――――――――――――――――――――



         ,、  _
     ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
     '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬           ,、  _         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
        '-' / /   .゛´   / /       ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__..  |  十七万五千。  /
       //         //        '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ..乂_______ ノ
       `´....f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ        '-' / /   .゛´   / /
        /  十九万。   |           //         //
         ̄乂______ ノ          `´          `‐´
                                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
                                        |  十九万五千。  /
                                        乂_______ ノ
         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
        /  二十一万。   |
         ̄乂_______ ノ



            _  `}:} _
        _,,,,ュイ: :イヘイヘ,:ヽ、
       イ jf,': : /ィ〃!小: : ハ:'.,ヽ
     f': :toj/,': :.,'/:/:!:l`!:ト:'.,:ハ::.',ヽ
.    ,': : `!‐:l: : l彡イ//'.!ナ}.l !',:.ハ: ', ヽ
.    ,': :.:.:.:!:.r!: : ! t七`, }イ .心 !: :!: :! .!
   ,': ::.:.:.:ハ:.!l: :l ',.u.¨    ー',': ,'l: :.l .l
.  〃::.:.:.:.:.l ヽ: ',ヽ、u. _   ,': ,'リ: :l
 〃: ::.:.:.:.:.:,' ィヽミoヽ  '‐' イ:.〃/ 丈     「どどど、どうしようヨシュア」
イ: : : ::.:.:.:.:.,' r=ニニ┐!.o。ィュ,//: ', ス ヽ
: : : :.:.:.:.:.:.,'  l    l !  l    /:.:: :', ヽ ヽ
: ::.:.:.:.:.:.:.,' ィ....:ニ=-ュ !',  o。 .,'r 、: ',  ヽ `  、
.:.:..:.:..:.:.イ- 、.:...:...:...:..`ヾ -‐マ`!λ: :ヽ ',  ヽ、  .`ヽ、


                                             ,'         ,'     / l  l
                                         ,'  .イ  ,,   .イ   //
                                            ! /,'   ヽ.x / /  /イチ¨,,,,,,
                                              ! ,'.,'    ァ‐-.//z  z-‐''''¨
                                              l,' !  /   o      o
                                             ! / .', _,,  -‐    ‐------ ,'
                        「ど、どうしようったって         l,'   .',     u.    | l  l ,'‐
                       そんなの分からないよ」.           ヽ u.   r---、   .イ
                                                   ヽ     ̄   イ .l



――――――――――――――――――――――――――
  魔法使いでも装備できるミスリルの手甲とあって
  良くて十万、悪くても七、八万ぐらいで
  売れてくれるのではないかと期待していたぐらいなのに、
――――――――――――――――――――――――――

510 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:11:59 ID:8/bKapBc
161.
―――――――――――――――――――――――
  頭上を飛び交う声が三十万を超えたとあって
  何かの罠や帰り道の襲撃さえ疑いだしてしまう。
―――――――――――――――――――――――



                                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
                                        |  二十五万。  /
                                        乂______ ノ
     ,..:ニニニニニ::::::、
    ;;:::'''       ヾ、
   ;'X:           ミ
   彡   -==、  ,==-i
  ,=ミ#__,====、 ,====i、
  i 、''ーー|| °||=|| °||
  '; '::::::::: """"  i,゙""",l
   ーi::i:::   ,'"`ー'゙`; _ j
   . |:::|:::   i' ,-ュュャ'  i
    人:::::  ゙ "" ゙̄ ._ノ    「三十だ!」
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、. 
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



             r:.:.:.:./  /:.:.:.:.:.:.,へヽ:.:.:.:.:.:./ヽ:.:.:.:.:.', ヽ_
            /,, /  .,':.:.:.:.:.:.:.:/′_,, ‐:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽヽ:.:.:.', ',',ト
           ,',,'':.:.:.!  .,':.:.:.:.:.:./, ':.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ',:.:.:.', ',rヽ
          .,,'':.:.:.:.,_ ,':.:.:.:.:.:.,'':.:.:.:/:.:.:.:/:.:.|:.:.',. ,ヽ:.ヽ:.:.',',:.:.:.',リ:.:.:',
           :.:.:.:.`--'j:.:.:.:.:.:,':.:.:.:./:.:.:.:./:.!:.i:.:.:.:トヽ:.:.:.:.',:.:.',',:.:.:',!:.:.:.:
    .      :.:.,,'':.:.:!:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:イ:.:.:.:.ィ:./:.:.!:.:.:.:!',:.',:.:.:.:.',:.:.',',:.:.:',:.:.:.:
          :.,,'':.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.!:.:/!:.:/. !/i:.:/:.:.:./ !:! ',:.:.::',:.:.! ',:.:.',:.:.:
        .   :,,'':.:.:.:.:.:!:.:.!:.:.:.:!/ !',,_  .!' !/.:./ _,v-‐',:.:.!:.:,'::::',:.:.',:.:
          ,':.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:l ━━、  !/ ━━━ ',,' ,'r,::::i:.:.:.',:.
          ,:.:.:.:.:.:.:.:.fi:.:.:.:.:.!  ゝッ′     ゞッ′ !,'  !::::!:.:!:.!:.
         :.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ:.:.:.:.:i              . ,' イ:::::::!:.:!:.!:.
     .    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.i:.:.:.:.!        ′     ,''::::::::::::,':.:,'!.!:.:
         :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',',:.:.:.!.,            .イ:.:.:.:.:.:.:.,':.,' !,':.:
        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i',',',:.:.', ' ,   - ‐- .  イ !::::::::::::.,':.,':.:.リ:.:.:    「あれ、もしかして私達死ぬんじゃない?」
        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! ',',.',:.:', !: ' ,    イ   !:::::::::::,':.,':.:.:.:.:.:!:.:
       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,,-‐''¨',', ' ,:' !: : : : ` '   |''‐- ゝ , '/::::::::::::.:.',:.:
       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.f' ,   ヽ  \: : :     !: : : : : / ヽ:::::::::::::::.i',.',
       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i: : `  !  ノ        、: : : :‐- '' /:::::::::::::::i.',',
      _:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ソ!: : : : !''.′          ヽ i   .,':::::::::::::.:.:.:.!',',
      ヽヽ:.:. ィ  !、   ! ―-- 、   _,,,, ュ i  ,' ヽ__:::::::::.:.:.:!.',',
        ', ',     >  ヽ       '′    i //    '  ,:.:!.',',

513 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:12:59 ID:8/bKapBc
162.
―――――――――――――――――――――――――――――
  と。

  きりがないな、とやらない夫が大幅な値上げをしてみたところ、
  即座に競り返してきた老人の声が
  やや上擦ったのを聞き逃さなかったドラえもんが
  背中をぽん、と叩いた。
―――――――――――――――――――――――――――――



        , ─── 、
    /   /⌒ ⌒ヽ \
   /  , -|  ・|・  |‐、ヽ
  / /   `ー ●ー    ヽ
  l |   三   |  三  |
  | l \     |    / l    「ここらが境目みたいだから
  ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_       ちょっと脅かしてあげよう」
   >━━━,-、━━━ ( _ )
  /  /  ヽフ ヽ   /




                                               / ̄ ̄\
                                         /_ノ  `⌒ \
                                    _           | (● ) (⌒ ) .|
                                   | !        | (__人___)   |
               「分かりました」       | !        |  ` ⌒ ´   .|
                                   | !   ,.-,    |         |
                                 _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r
                                r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
                                 |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
                                  |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
                                  |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
                                ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
                             √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
                              /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }



――――――――――――――――――――――――――――――
  淡々と同じ調子で競りかける圧力は
  やらない夫の性格や財布の底なしを良く現していて、
  普通の商人や代理人にとって畏怖の対象になるだろう。

  しかし、そのまっすぐさを逆手に取られては面白くないし、
  賢狼隊は押すだけではないことも知らしめておきたい。

  だからここは間を取るべきだよ、との助言に片眉を動かした彼は
  意図を察して微笑むと旦那様の仰る通りに、と頷いた。
――――――――――――――――――――――――――――――

514 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:14:07 ID:8/bKapBc
163.
―――――――――――――――――――――――――――
  会場では委託者、参加者、従業員に寄らず、
  誰もが次はいくらでくるのかと個室の窓を見上げていた。
―――――――――――――――――――――――――――



         __________
         .!ミミミ;;;;;,,..))))))))))))フ7
        .!三ミ::::::: ""''==''"\ノ
        |三=-::::  "'ー-ー'" \
        |/rヽi,,-ー-ー'"  ,i_,-=''|
        |/|ニ||::::===。=;; <=。==.|
       /|/.|:r||::::::` ー '   `〒'"|
      / |/'ヽリ:::::,._ニニ    |:-'.|     「さあ、三十万です!」
     /  |//,`|:::r'",_  i~- ._| .|
--ー''"""|  .|/,`::::|::::::`-二二二二フ|、        r-=,,
     |   |,` ::::|:::::::::::      .|.|`ー=;,,_     `ー、`,
.,-''つ  |   |,`  `ー-;;:::::::=≡ ../ |   ~''-=_ (こ''ー、.丶
"/   |   .|\     "''-;;_/ノ|  .|      r-、 ヽ,.ヽ )
/__,,--、 |   | .\    ::::::::::/ .|  |     ( ̄~"''-,, ヽ,!
''" ,,--' |   .|   \    / .|   |     | ~|~"ヽ, .ヽ ,!
 r',,-ーつ    .|    \, ,/   .|   .|    | ⊂''ー、, ,!
 ''",,-''"┴--ー'"|    /ヽ,   .ト---┴''/  .|  |,~''、  ,!
 r" _,,-っ    |  ,,,-へ /`-,  |    /  |  ( /  /



――――――――――――――――――――――――z________________________



 n.            n  
 | !  <⌒ ー- '^> . /厶__ 
 ヽニフ `⌒ ー'´ └'^ー┘



    _,..-─- 、
   ,.;~ー  ̄  ̄ ヾ;、
  | |        l|
  .| ,! .,,,_   ,,,,._ ||
  lv-┯━-,-;━━;l、
  | { |´゚`/~;l ´゚'`/|'}
  }| ;  ̄/,_ _l、 ̄ ,|/
   | l  l _~_}   |
 _ -ヾ、 l ^==く ;/- ..__    「むっ?
~   |`~ヽ--イ |    ~    上乗せするのではないのか?」
    | `,=、' |
                                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                  |  三十万枚でありませんか!?  >
                                  乂______________ ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――
  ところが期待された声はいつまで経っても上がらない。

  あと一声ぐらいは嫌がらせできると思っていた侯爵も
  まさか性格もやり方もまったく異なる二人組が相手とはつゆ知らず、
―――――――――――――――――――――――――――――――

516 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:14:59 ID:8/bKapBc
164.
――――――――――――――――――――――――――――――
  残り時間がほとんど無くなったところで慌てて懐をまさぐりだした。
――――――――――――――――――――――――――――――



      ,..:ニニニニニ::::::、
     ;;:::'''       ヾ、
     ;'X:         u. ミ
    彡   -==、  ,==-i
   ,=ミ_____,====、 ,====i、
   i 、''ーー|| °||=|| °||
   '; '::::::::: """"  i,゙""",l
    ーi::i:::   ,'"`ー'゙`; _ j
     . |:::|:::   i' ,-ュュャ'  i
     人:::::  ゙ "" ゙̄ ._ノ     「いかん、今日は手持ちがないと言うのに」
 ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
  :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  総資産や館の蓄えであれば
  そこらの商人が裸足で逃げ出すほどの貴族であっても、
  常に大金や複数の装飾品を持ち歩いているわけではない。

  ましてや相手の上限をぎりぎりで見切って先に下りる技術を自負して長く、
  近年になって手持ちのないままに競り合う刺激に溺れてからは
  参加料と少しの余分しか持たないようにしていたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

519 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:15:59 ID:8/bKapBc
165.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  落札したにもかかわらず、支払い能力不足など落札者側の都合で取り消しとなった場合、
  貴族にあるまじき無様な姿をさらすばかりか一年間の出入り禁止を言い渡される。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                     _,r‐‐‐‐‐‐‐-、
                 ,.r'´ィ"´  ̄  ̄ ``ヾ_、
                / ,r´          ヾi、
                ,! !        u.    ! ヽ、
               ,! ,r'              l   !
                l. ) ,.rilllliii;;、    ,;iiiilllii;;,  l  l
                l .,!,r======i、__r=======i、_ゝ.,!
                l´`=! =・= .!ーl =・= .!´ レ'´`i
               l、! l._    /! \_  _,.ノ  i´ .,!
               l_!   ̄ ̄ r,、   _ヽ ̄    l  /
                  l       ー'´  ヽ u.   !.r'
                     l u. i ____  ____     イ┘
                ヽ ヽ、 ´ ..二..  `   ,i /     「そこの君。
                 ヽ ー、    _    _,ィ ,!        急ぎ羊皮紙とペンを!」
                  _〉、 ` ー ‐'ー ‐' ´, '´ノlヽ、
            __,...-‐''´ ! `ー、 ー‐  _,.ィ´ .,!  ヽ、__
       _,...-‐'"´      l   \___,.-'´   /       ` ー-、__
  ,.....-‐'"´               !.    / \   /          ` ー-、.._
. /                     l  /!   ,i、 /                ` ー 、
_/                 レ'´  !ー‐i´.ヽ /                    ヽ
,!                      l   ./   l  /                     l



    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、     「すぐお持ちいたします」
    !   --     / ヽ !:::\
  __,∧____./   >|:::::::::`ー
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
 ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::

524 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:16:59 ID:8/bKapBc
166.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  おそらく手形で急場を凌ごうというのだろう。

  侯爵が黒服の従業員を呼びつけ、羊皮紙とペンを注文する様子を
  後方から眺めていた子爵が
  ああはなりたくないねと嫌悪感丸出しの声で呟くと、
  これまでに据えかねるものがあった連れはいい気味だと鼻で笑った。
―――――――――――――――――――――――――――――――



      ノ.:.:.:.:.:.:並'V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ、
      イ/.:.:イ   V.:.:V.:.:.:.:.:.:.:弋`
      イイ.:イー=-__V.:.!ゝ.:.:.:.:ヽ.:ヽ、
       彡ヘ| <7芯> V:.!芯Y V `ヽ>
       ゝミ, `~´  l `~´/Vヽ、
         ヘ、   ┘  ./
          |ヽ、 '⌒' ./      「おーおー。
         イ \ ヽ _/ト、       侯爵様ともあろうお方がみっともない」
       / !: : : >、/ハヽ
     </  |V: : :/三V: : ! ヽ
  <  /  ノ !ヘ: :∧三ヘVi! V ヾ x
/ 、   ><  |: :V: :j三!: : |  ゝ<  > -、
| .ヘ   くー- 5ヘ |: : : :j三|: : :!    フ   , i
|  ',   ヽニJ ', |',: :j三イ: :イ   0/   / |
|   ',   ヾ~乂',ヘV三∧/j   0/   /   !



         ___/⌒辷=ミ、
    厶r爻孑=ー-ミ ̄ ` 、 ̄}{i_
  斗}  /  ′   `ヽ`ヾ ヽ{八`ヽ
 }⌒人_/  /   '    ∨    〉、{ 丿
 〉/./ 7   ′    !      ∨ У }!ハ
 辷{ i ! :ii   :! |  i  ハ}_彡  八 }
  弋_}!:i |L __j_从__」__i:|!_/ イ {!7
    八i{ ̄`ヽ   斗:≦ ̄_;リ }イ :!i :八
     杙 だぅハ  弋:赱jア 爪 '}/_ノ
     ハ  ̄ |    ̄  //i.乂/
    //.∧   :i        //≠ ,
   八乂. ヽ  ー- '   ,{.{イ/    「ふふ、いい気味ですわ。
     ⌒ヾ   、      イ 圷ハ      このあいだ魔法のシャンデリアをつり上げられた恨み、
      乂   介=≦rーf≠豸:}}     忘れておりませんのよ」
     ((     }ニ二三  _イ
          乂ー=≠   '.
       >'             \

525 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:18:00 ID:8/bKapBc
167.
―――――――――――――――――――――――――――
  三十万枚で侯爵が落札―――するかに見えたその瞬間、
  二階からの声が滑り込んだ。

  しかも不必要なはずの大幅な値上げを伴って、である。
―――――――――――――――――――――――――――



.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ
      |Ft| ==。=:::/=。=〈
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、     「では三十万枚で―――」
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
   |   |   \    /|  |                     |  四十万。   /
                                    乂______ ノ



――――――――――――――――――――――――z________________________


  「L.、00  n_     「L.、00  n_     「L.、00  n_     「L.、00  n_  
. //二  . _」 己 . //二  . _」 己 . //二  . _」 己 . //二  . _」 己 
└─┘ ..(⊆广゙ └─┘ ..(⊆广゙ └─┘ ..(⊆广゙ └─┘ ..(⊆广゙ 



     ,..:ニニニニニ::::::、
    ;;:::'''    u.  ヾ、
   ;'X:   u.    u.  ミ
   彡   -==、  ,==-i
  ,=ミ_____,====、 ,====i、
  i 、''ーー|| °||=|| °||
  '; '::::::::: """"  i,゙""",l
   ーi::i:::   ,'"`ー'゙`; _ j
   . |:::|::: u. i' ,-ュュャ'  i
    人:::::  ゙ "" ゙̄ ._ノ    「………くそ、この儂をからかいよったか」
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.    
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

527 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:18:59 ID:8/bKapBc
168.



              _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
             ./=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
             l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
             !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
            .F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!
            F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
           , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
           | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!
           ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
             ̄| / __ L_  _!___ \ |''"
             /!.  / -──────--! .|、       「四十万、四十万です!
            /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ       他にある方はいらっしゃいませんか!?」
           /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
      _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
_,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-





   ノノノノ
  ( ゚∋゚)   「ムーリー」
  /⌒\ノヽ.
 (〈  |)....
  \) 〈ソ.



――――――――――――――――――――――――――――――
  司会が繰り返し確認するも、あるわけがないとほぼ全員が俯いた。

  ここまであからさまにやられては
  これ以上ちょっかいを出すのなら後悔させてやるぞとの
  警告なのは分かりきっている。
――――――――――――――――――――――――――――――

528 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:19:59 ID:8/bKapBc
169.



                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                            |  では八番様、四十万枚で落札です!  |
                            乂_________________ ノ

           ────-,
          | /ヽ_ノく
          | ]ヽ   /|
          |6=■=■
          |/ |  └┘|__
      __/ヽ |_ ̄ j::::::::::|\
    /⌒丶::::::::::::::::|  .x ̄|:::::::::::|::::::\
    |::::::::::|::::::::::::::::::|/只 |::::::::::::|:::::::::::\
    |::::::::::|::::::::::::::::::::|   |::::::::::::|\::::::::::::)
    |::::::::::|::::::::::::::::::::::|   |:::::::::::| /::::::::::/
    |::::::::::\::::::::::::::::::::V:::::::::::::::|/::::::::/
    ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/
    === ( ⌒j===========(⌒ )====
      |\\:::::::::::::::::::::::::::::::::|^^^\\
      -::::\\ 二二二二二二二 \\
       |:::::::\\:::::::::::::::::::|      > >
       |::::::::::::ヽ  ────┐__| |
        |::::::::::::::ヽ────┐ |__| |
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::|  | |    | |
      |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |;;;; \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      |;;;;;;;;;;;\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      |;;;;;;;;;;;;;;; \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だから三つ目が舞台袖から出ていったとき、会場は異様な緊迫に包まれていた。

  次だ。
  次の品にどう出るかで、八番の本気度合いが分かる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

529 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:20:59 ID:8/bKapBc
170.



      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \
   l:三三三| {こ|ミ|.   __,ノ r __  ヽ
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ    「前半最後の品物はこちらになります!」
   |===シ´ :|           __ノ
__/|三三/   :|         |
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-
::::::::K             ,イ:::::::|::::::



――――――――――――――――――――――――z________________________



                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                           |  雷獣の尾からつくられた鞭!  ....|
                           |  開始価格は金貨十万枚、    ....|
                           |  即決価格は金貨二十万――..f´ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
                           乂_____________|  即決。  /
                                                 乂____ ノ

           x≠旡己ミx              , ィ >旡己旡己旡己旡己旡己ミx
          ムア   へム           , ィ >               ヘ久旡己ミx
         f己      ヘ久旡己旡己旡己ィ >                       ヘ久ミx       .∧
        ,拒}      ィ >    旡己旡己旡ヘ久                         ヘ久旡己旡己{◇>
       f己      f己 . ィ >    旡己旡......ミx                                      .V
     ハ均´      へム f己.           ィ > ミx
    ,ハ均/´        ヘ久旡己旡己旡己旡 ┌──────────────────────────┐
    ハ均                  ヘ久旡己旡己旡│ 【ドラえもんによる鑑定】                            │
   ハ均                           │ 雷獣の尾鞭(☆☆☆☆☆)                       │
  ノ均‐                         │ ・常に雷をまとっていると言う雷獣の尾から造られたとなると │
  `¨                              │  雷の属性付加と同様の効果が得られそうだ          │
                                  │ ・刃物で切るのも簡単にはいかないはずで               │
                                  │  自分で売値を付けるとしたら                       │
                                  │  余り使い手がいないことも含めて金貨十二万枚        .│
                                  └──────────────────────────┘

532 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:21:59 ID:8/bKapBc
171.



     ____________
    ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|
     V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|
     / 二ー―''二      ヾニニ┤
    <'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|
   /"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|
   | ===、!  `=====、  l =lべ=|
.   | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~|
    |`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|
    |  /    、          l|__ノー|
.   | /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ            「即決!
    |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \           八番様から即決です!」
.     |    ≡         |   `l   \__
    !、           _,,..-'′ /l     | ~'''
‐''" ̄| `iー-..,,,_,,,,,....-‐'''"    /  |      |
 -―|  |\          /    |      |
    |   |  \      /      |      |



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  先のやり取りなど些細なことでしかない、と言わんばかりの声が降り注ぎ、
  水を打ったような会場に落札の声がただ殷々とこだまする。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

534 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:22:59 ID:8/bKapBc
172.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そんな中、多くの商人や代理人達は躍起になって頭を働かせたり、
  これまで得た情報に合致するものがないか記憶を掘り起こしたりしていた。

  八番がもし商人だとしたら赤字を恐れなさすぎる、
  あれは損益とは無縁の力業だ。

  冒険者にしても集める装備に脈絡がない。
  あの四品―――しかも二つは使い手の少ない武器だ―――あるいは
  後半も含めて八品を欲しがる成功者達がいるとするならば、
  噂ぐらいは耳にしていてもおかしくない。

  貴族ならばなおのこと、こんな武具を集めて何に使うと言うのか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



               l\__,.イ⌒V\____
               |\\  ∧//   /⌒{__
            __,ノ   \∨ V ////  />─┐
           |\ .厂 ̄ ̄  | |//// /// ̄ ̄}
           |  /   _. イ| |/// //  /⌒}
           | ./   }==ミ≧ミ|////  -===ニニニ7
             //   /ュ'⌒}ニニ \/ ______.{
        //   /{\{_)ノニニニニ:\=======ミ ーノ
         { {  , イ|\三三三.ィ⌒\ニ\ ̄ ̄ \`>´
         | | //∩|    '´  く偽Y \ノ===< \
       /| | { /{_∧  ⌒ヽ  _)ニ´/)  }} } } /
      / 人 | | /__/∧ `¨´  ⌒} /⌒\-<li} } { {
     { //li}ノ _( \ ≧ー──/ /-/⌒\ノ {人
     { .乂{ {_{>( \ ____,/{ | {イ  /⌒', l{  \   (何者だ―――?)
  / ̄ ̄ ̄  //_\ ______/人| |  /^\\∨\  }
/      ∠う\       //に}_}\_{≧/´ ̄V}} /
         ∠うュマココ=イrイノ L{\{_ {__∧=-   V/
.            レ' (_) ∨∨)ノ   }ニ人}⌒{∧=-  ‘,


   ノノノノ
  ( ゚∋゚)
  /⌒\ノヽ   (いったい、八番は誰なんだ??)
 (〈  |)
  \) 〈ソ
  |\/|
  | /| ノ
  | )/
  |ノヽミ
  彡ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  事と次第によっては、貴族や冒険者、
  競争相手である他の商人や代理人達と情報交換をする必要もあるだろう。

  一刻も早く待合室に向かいたかった彼らは休憩の合図を待ちわびており、
――――――――――――――――――――――――――――――――――

537 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:24:03 ID:8/bKapBc
173.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  やり取りの台車が絨毯の上を滑る、かすかな音すらも響くような沈黙は
  結局、司会がかなり早い中断を宣言するまで続いたのだった。
――――――――――――――――――――――――――――――――



..     _________________
      「 | | |  | | |.  | | |   | | |  | | |  /// ///\
     \ | | |  | | |  | | |  | | |__,-‐、|  /// /// /.|
.      \,ヘ、. | | |  | | | |_l-'  :::::\/// /// .///|
       /  ヽ、| | | |_l l-'    U ::::\./// .///.│
      /    ` ‐-‐'          :::::\ ///  |
.    /l\    ヽ、 __, -‐'  ̄   __,-‐ll´\::::〉___│
    ^l\ll\ ヽ、 _ , -‐'  __,-‐ll _ll-'´ ̄::/ ──‐ |
.    |  \ll\      _,-‐' ll _- '   ::::/  ̄ ̄ ̄│
     | _二二\ll||   ||l_ll二二二_  ::::|  /⌒i._|
..    |  ̄ ̄ ̄o >.......≡ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄  :::|:ミ|l⌒:|─|.        「え~~………
    | ` ‐--/.:::::::::   ` ‐---‐ '´ U :::| |l⌒l.| ̄|
    | 、_/,::::::::::::::::  、_     ,ノ   :::|: ||⌒l.|_|         その、少々予定より早いのですが……
    |   /,::::::::::::::::::::   ̄ ̄ ̄   、 :::::|ミ||ノノ ─|         前半分が終わりましたので休憩となります」
    |/./,::::::::::::::::_:::)   `‐--- 、 \ ::::|.|`‐' ̄ ̄|\
    │v L                   \  ::|| l、__|:::::\
.     |  -----======ニニニニニ⊃   ヽ::::|: ::l、─.|:::::::::::\_
     |                   :::|::l::  ::l、ニ|::::::::::::::::|:::‐-
    _/:l     ━━━        ::::::::;/::    :|,|::::::::::::::::::|::::::
._ ─/:::::::l                ::::::;/::   /|:::::::::::::::::::::|:_:
::::::::::/:::::::::::::ヽ             :::;/:::   / .|:::::::::::::::::::::::|::
:::::::/:::::::::::::::::::::\_______;/:::   /   |:::::::::::::::::::::::::|:
::::/::::::::::::::::::::::::::|\::::::::::::::::   /    .|:::::::::::::::::::::::::::|



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

548 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:39:59 ID:8/bKapBc
174.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  休憩時間になって。

  我先を争うように待合室に移動した参加者達は
  人の流れが落ち着いたところで知らない顔が増えていないことを確認しそして、
  誰からともなく椅子を持ち寄ると平民貴族関係なく車座になった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



    ノノノノ
   (゚∈゚_)   「八番について何か情報をお持ちの方は?」
  /⌒  )
  ミイ  //
   | ((
   |  ))
   | //
   | ノノ
    |ノノ
  彡ヾ



                     ,イヌ>- 、_
                   _ノ.:.:並V.:..:、.:.弋
                   彡イ  ヾ.:ヽヽ.:.:ヽ
                    !Y 芯  !ヽlヽ.:.:弋
             ___  V!   i ´~`〉ヾ_____.     「うちの護衛が聞いていたよ、
             \<三三>', ー一 イ三三三/.     受付で『ケンロウタイ』と名乗ったそうだ。
               \ヘ三乂V|ゝ_ ィ ̄ ̄フヽ /
             イ三/\ヽヘ ,': >匕_レ´   \.         賢い狼の隊、と書くらしい」
            ノ三三//∧',/トΣ:/\     \
           ノ三三三>「ゝ、',: :|三/乂/\     \
         /三三三三三|>ヽ',:|レ'レ'/三/´\    ヽ
        /三三三三三三|三三ヘレ∠三/彡彡ハ    ヽ、
      彡´⌒ヽ  /ニ|   |  ヽ Y, -―-、  /三ハ     ヽ(
      /     ヽム三}  Å  /     ヽ/三三乂    }ヽ
      !  / ̄、ヽ ト、 |    /        ヽ三三三>- イム
     爪_ム、ヽヽ | | { j   /           ヽ三三|/ ̄ ̄ ̄ ̄ハ
      ハ__>┴┴┘  /    ∨        ヽ三八____リ
     ハ|___\_三/ /      |         ヽ三(____」
    /三(     ∨"    ,ィ´⌒ヽ、 |        ヘ三',     ハ
    |三+―――"    ーチ     ヾ、        Vハ――- く
    |三+―――|     イ       ',        ∨ト――┬!
    |三 |     |    i        ハ        ヽ|    |
    |三 |     ム   ノ       i  ',         ヾ   |
    ノ三|   /::::::ゝ_j        f  ゝ        ヽヽ   |



―――――――――――――――――――――――――
  少し後れて入ってきて、どっかりと腰を下ろした子爵が
  得たての情報を惜しげもなく晒すも、
―――――――――――――――――――――――――

549 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:41:00 ID:8/bKapBc
175.
――――――――――――――――――――――――――――――
  賢狼隊、賢狼隊と呟いた商人達は知らないなぁと首を振るばかり。
――――――――――――――――――――――――――――――



      ミミ ヽヽヽヽリリノノノノ
     ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡
       l  i''"        i彡
.      | 」   /' '\  |
      ,r-/   -・=-, 、-・=- |
     l       ノ( 、_, )ヽ  |
     ー'    ノ、__!!_,.、  |
      ∧     ヽニニソ   l     「賢狼隊………
    /\ヽ           /      聞いたことないな」
  /     ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ



   /⌒`⌒`⌒` \
  /           ヽ
 (  ノ⌒~⌒~⌒ヽ、 )
 ヽ/    \, ,/  i ノ
  |    <・>, <・>  |
  | 、  ,,,,(、_,),,,   ノ|
  ヽ   ト=ニ=ァ   /
   \.  `ニニ´  /.     「護衛の持っていた剣が異界産物っぽいと言うし、
     ` ┻━┻'        相当金のある奴らなのは間違いないだろう」



         _____
       /i |i |i |i/// `≧ 、
      /|i |i |i |i |i// :/三∧
     ト、{i li l|i |i |i //x≦三三∧
   _| \| |,>-------<三ミヽ
   } } }三/   ______}\ ̄}
   |ノ ノ/⌒ヽ /イfnマ Vヽ}\ \\
  ハ Vヘ.__ノ/   -イ fノ\ \  }     「新興にしたって、北部や西部で大っぴらにやっていれば
  \〉 〉∧__,/i   ___ 〉 /{\   } :|..    噂なりなんなり入ってくるはずだ。
    }\\(∧  <´:::::)//}  }  { .人
     ̄`\{  >---イニニニニユ..__}__{___..... もしかしたら東部や別大陸の奴らかもしれないぞ」
       }>----/〈三三ノ /   冂 }\ \
       /   fフ{    ./) ニ人 ) ∧lノ
        |  /  (/(甘)丁)    ┬  { / ∧__
        |/     }     ノ} |  ,x≦三三}`>o。,
     /-- 、  /ニニニ/ト、{八 ////´   \   \
   ト<|\)(Y \_{/(ヽ(_.〈_ノノ}\//∨     }\   \



――――――――――――――――――――――――――
  北部や西部のことであれば、商会や個人によらず
  大きく金を動かす者の情報は必ず耳に入ってくるはず。

  クックルやアマゾネスの情報網にかかってない以上は
  別の地域からの来訪者の可能性もあるぞ、と言う意見に、
――――――――――――――――――――――――――

550 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:42:24 ID:8/bKapBc
176.
―――――――――――――――――――――――――――
  自分も後れて入ってきた女性が
  飲食の嗜好というのは意外に地がでるものだと賛同する。
―――――――――――――――――――――――――――



                                     / ,ゝイ ⌒ヽ    \ヽー--r--ー'''''゛゛'''
                                    イ/ / /    ヽ     i〉  /
                                   〈 〈 /. | .| || | __l_ヽ/  i〉 {       {
                                    乂| イ |___ルゞ.,_,.., イ i| ,ゝ、 i〉 {       {
                                    \|__ヤ   イ0 ノ冫 /イノ〉/  |       |
                                   弋 弋)  `   / l/ /   {       {
           「そう言えば子爵様。                  ハ ヽ_ __   / ヘ〈    人___ 八
               確かロマーネと東部のお酒を         /ゝへ ー  /ヽ( ヘ   Υ   ノ Υ
               頼んでいたのではなくて?」       ( (   >イヘ  》 ヘ\  |   /   |
                                        ソ /ト ノ\ V (     > ̄lゝ    |
                             _,、_  __,,,... -  ゝl:八 l  ゝ  -ー''/ /〉⌒lヽ     |
                         _ ,,----///ヽュ、     イ:::(ヽi      / /l:l:::::::::l:::}
                  夂-‐ '' "´  ''''ー‐ト、リ、イ  \ヘ /:::::::::( l l   i   / /::/::::::::l::〈___
                                 ̄\  Y:::〈:::::::{::〉l l  / /::::/::::::::::::l:::l




                   ____
       、丶`:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:Ⅵr}f℃ } 「__〉:.:.:∨
      /:.:.:.:.:.:.:.:./: / :.:.:/.: .:.:.:/:.:.:.:.⌒乂彡⌒ア:.:.:.:.:∨
    /:.:.:.:.:.:.:.:./:..:./:./:.:.:/.: .:.:.:/.:.:.:.|:.:.|.:.:⌒辷=彡:.:.:.:.:.:.:
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:./イ:.:.:/.从_|___/ j____|:_ノ:. :.:.:|.:.:.:.{ \\:.:.:
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/:.:.:l kぅ云x   kぅ云x:.:ノ|.:.:.:.{\_}__j:.:.:
  :. :.:.:.:.:.:.:./  /:.:.:.:.:《 Vrソ     Vrソ 》:.:.:|∧:.ゝ.:'.:.:.\.:
  :.:.:.:.:.:./    .:.:.:.:.:ハ i:i:i:i:i  '     i:i:i:i: |:.:.:|: ∧:.:{:.:.:.:.:.:.:.:
  :. : /    /:.:.:.:.:/:.:.:.   r ―__┐   |:.:.:|:.:.:.:}:.:.\.:.:.:.:.:
  :. /     ./:.:.:.:.:/:.:.:.:八     ー     イ:. :.|:.:.:.:}.:.:.:.: \:.:.:....   「ドラヤキなる甘味も頼んでいたそうですわ。
  :/     ./:.:.:.:.:/__\:.:.:.:≧=- __  イjI斗ァ |ハ从.:.:.:.:.:.:.:.\      子爵様!私もドラヤキ、食べてみたいです!」
       /:.:.:.:.:/   ヽ_ノ}__ノ ./ ̄ヽ〉 /:.:.∨ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.      /:.:.:.:.:/      |‐| ./  ⌒ /__‘,:.:.:∨〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     /:.:.:.:.:/   ヽ |‐| /   ノ    / ‘,:.:.:.∨〉.:.:.:.:.:.:.:.:.     \__人_人从/
.    /:.:.:.:.:/      。s≦/___,. -=≦_  |:.:.:.:.| ̄ヽ:. :.:./       _)       (__
    /:.:.:.:.:∧    〃\__  `''ー‐=xニ.〉 :|:.:.:.:.|   } : /       )  あっ!  (
.   /:.:.:.:.:./ )   {i \__ ヽ___/=/ :|:.:.:.:.|  .:.:./.        ̄ ̄)      ( ̄ ̄
  /:.:.:.:.:./ (  丶 ノ       ヽ__/ニ:(  :|:.:.:.:.|  /:./           /⌒Y⌒Y⌒\




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そのときだ。
  この場に参加していながらもブツブツと考え込んでいた一人が大声を上げて、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

551 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:42:59 ID:8/bKapBc
177.
―――――――――――――――――――――
  やっと思い出しましたよ、と周囲を見回した。
―――――――――――――――――――――



                   ,へ__,、
               }`ヽ/ lヽ: : : ー/}-、
            __.ノl: : : ヽノ: :V: ::/:/: : ::>ァ
           |: : : :,r─一':/l: :l: ://:/: //:`ー┐
           |: : :/: : :r一': : : :|//:///: : : : : ::}
           }: :/: : : :}-- 、::≧x /: /: : : -─‐┴┐
          /: /: : : :/O o }::::::::::\: : : : ::===ニ二{
         / rイ: : : ,ノく>-'::::::::::::::::::\::ニ二二二/
         |: l: : :,イ」>=テイ´r=ミヽ:::::V ̄ ̄`ヽ{
           ハ |: :/: | ll  -、   X::))_>Vイ=r=--、: : >
       /: : :{:/:: ::Uハ 丶 ' r┬'/ヽイ=一':}: : :ノ/
      ,:': ,ィク:|j: (`く_ `ー─=-/ ,__>-v': //:{         「どうしたジュネスの、
.     {: (:/: : :_(_ `ヽ二二二二)/ {/   _.〉: l: :`ヽ       突然大声をだして」
   , .-┴‐一 ' / `ヽ.____//l l| ,ィ´lヽ}V:\ : :}
  /     ィ二{       //_.ハl_jヽ_j≧>イ´V: ノ::/
/         (フ>ァテr=r=r=イ)  Y八(,ィl   ∨:/



         il
      ,-‐lliー-、
     /      \
    ,/ r―――-、. ,i\
    lV"       i''  !
.   」 〉 _   _ L/「,!.        「どこかで聞いたことあると思ってたんですが
   l \(-・=)‐(=・-)l、ト       やーっと思い出しましたよ。
   ヽ.il `ー',、_っー'  ゛l
     l、 (、.illlllli.,)' ,! !        いやなに、本店のお孫さんが勉強のため東部に行ってるんですが、
    / \  ̄ ̄ /ノ.           世話になっている商隊が
     L_i ゛ー―'´            たしか賢狼隊という名だったはずです」

552 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:44:00 ID:8/bKapBc
178.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  やはり別地域からの進出か。

  依頼主もいつかは東部に販路を伸ばしたいと願っているはずだが、
  向こうから先手を打ってきたとなると
  それなりの準備と覚悟をもって出てきたことは想像に難くない。

  それほどまでに聖刻の地とタオ砂漠と言う壁は高く険しく、
  陸路で荷物を行き交わせるには厳しい場所なのだ。
  たとえ、二大商会の基盤をもってしても。
―――――――――――――――――――――――――――――――



    ノノノノ                「東部の大手が砂漠を越えて
   ( ゚∋゚)                進出してくるってことですかい。
  /⌒\/⌒ヽ_______
 | ̄⌒\ 彡ノ_   |        わざわざ競売に出てきたって事は名売りでしょうから
 |_________\_|__ 丿____|.        今日はなにがなんでも落としにかかってきますなぁ」
/_____________\彡ノ_________\
 ∥      \ヽ    ∥
         ヽミ



     ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡
      l  i''"        i彡
      .| 」   /' '\  |
     ,r-/   -・=-, 、-・=- |           「うへぇ。
     l       ノ( 、_, )ヽ   |
      ー'    ノ、__!!_,.、  |            こちとら利益ありきでやってるんだから
     ∧     ヽニニソ   l             採算度外視でやられたら手がだせませんよ」
    /\ヽ           /
  /     ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ    ノ7_,,, 、
 /   (⌒、"⌒ソ⌒ヽ─ '"   `、  ( ィ⌒ -'"",う
     ~''(_)(_)(_)(_)ソ       ヽノ   ,イ^
     ヽ/`、_, ィ/           ヽ─/ ̄
    /     /           )
          /            i
 \      ノ
   \__ /             ノ

553 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:45:00 ID:8/bKapBc
179.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  賢狼隊の挑戦がうまく行くかは別問題として―――
  落札品を依頼主に引き渡し、売り上げの一部が報酬になる代理人や、
  自分で利益を出さねばならない商人たちは
  この情報を持ち帰るだけで今日の仕事は終わりだな、と肩を落としてしまう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



    ノノノノ
   (゚∈゚_)   「右代宮子爵。
  /⌒  ).   ちなみに護衛については?」
  ミイ  //
   | ((
   |  ))
   | //
   | ノノ
    |ノノ
  彡ヾ



            r斗V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽヽ、
            /.:.:.:.:|V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:ヽ、
           イ.:.:.:./´~V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ.:.ヽ、
         メソ.:.:.:/リ  VV.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、.:ヽ
        ´ /.:/.:{ ~`ヽ_V|ヽ.:|ヽ.:.:.:.:.:ヽ.:.:ヽ、
         /.:/|.:.ハ 辻リ`マ ヽ辻ヽ.ヽ.:ヽ`ヽゝ
         レ' レゝ、     ゝ  ̄ リヾヽゝ
              ヘ    |   /"
              ノ|\ '=' イ         「フニャフニャ言ってて良く聞き取れなかったらしい」
             / | ゝ ` ― ´个、
           <7  ,: : :\ /: | 孑、
       x<"   /   ,: : : /ニヽ: :|  ヽ > 、
  r <"      ./    ,: : ∧三ヽ:|   ヽ   >ヽ                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  ハ       ./     ∨: : |ニ|:斗    ヽ    ハ.             |  そうですか。  |
 ,' ヽ       > 、/  V: :|ニヘ: |  ヽ/     ハ             乂_______ ノ
 |  ヽ        /    V:|三ヘ:|   \    / |



―――――――――――――――――――――――――
  また、狙い通りと言うべきか。

  代理人兼護衛の体を装い、偽名を使っただけあって
  彼が東の英雄と気付いたものはいなかった。
―――――――――――――――――――――――――

554 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:46:13 ID:8/bKapBc
180.



                                              i!
                                                ヾ、、__
                                           ィ''_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`::
                                         /,ィ''¨,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                         /:.:.ィ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                            l:.//イ:.:,ィ:.:/:.:.//:.:/;:' .',',:.:.',:.:.:.:.:
                                            !/,'/:.//:./;:://!:./_!'__!:!',:.:',:.:.:.:
                                          !:.:7!i!,'-!'''¨  `¨¨¨¨¨`}/!''ヽ,'
                                           '.,! !',.', ━'   ━'''′ .! イ,'
                                           `  ',  .;     u.イ.:/
             「………どうやら僕達は                        ヽ、 _ _   ィl:./
             予期せぬ幸運に巡り会っただけらしいね」           ,- `   チ!-----,
                                                ',   !  l   _,,レ''γ‐‐‐ヽ
                                             ィ'''':.:.y' { r- l''¨/:/../
                                            ィ:.℃j/ `i‐-' ┤ィ:.:.Y  Y



            _  `}:} _
        _,,,,ュイ: :イヘイヘ,:ヽ、
       イ jf,': : /ィ〃!小: : ハ:'.,ヽ
     f': :toj/,': :.,'/:/:!:l`!:ト:'.,:ハ::.',ヽ
.    ,': : `!‐:l: : l彡イ//'.!ナ}.l !',:.ハ: ', ヽ
.    ,': :.:.:.:!:.r!: : ! t七`, }イ .心 !: :!: :! .!
   ,': ::.:.:.:ハ:.!l: :l ',. ¨    ー',': ,'l: :.l .l
.  〃::.:.:.:.:.l ヽ: ',ヽ、u. _   ,': ,'リ: :l.         「ほへ~~………
 〃: ::.:.:.:.:.:,' ィヽミoヽ  '‐' イ:.〃/ 丈.          じゃあ、もうお茶飲んでもいい?
イ: : : ::.:.:.:.:.,' r=ニニ┐!.o。ィュ,//: ', ス ヽ       薬なんて盛られてないでしょうし」
: : : :.:.:.:.:.:.,'  l    l !  l    /:.:: :', ヽ ヽ
: ::.:.:.:.:.:.:.,' ィ....:ニ=-ュ !',  o。 .,'r 、: ',  ヽ `  、
.:.:..:.:..:.:.イ- 、.:...:...:...:..`ヾ -‐マ`!λ: :ヽ ',  ヽ、  .`ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一方で、商人達のやり取りに耳をそばだてていた委託者達の反応はさまざまだった。

  すでに落札された者はほっと胸を撫で下ろしていたし、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

555 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:47:01 ID:8/bKapBc
181.
――――――――――――――――――――――――
  後半の委託者には期待に目を輝かせる者もいる。
――――――――――――――――――――――――



                 ,  -‐…‐-
             /        `丶.
             /   /             \
            /  ,′ ,′ /     j     ヽ
            ,'   i   l  /      ,イ   l
         i l |  ¦ ,′ /   / j  l  | l i
         | l l  /l ! l / /厶从-ハ j j |
         | l | イ斗┼レ彡イ   z=ミ, イ1ノ j
         | l 乂 ,z=、     〈 t.ソノ リ, /ノ
            V乂 ( 〈 じハ           リ/
           \(`ヘ、             /′
               ゙\(\   ,_ ' ' _,.  ,イ〉〉      「ねえねえ!
              `_> 、  ̄ .イ:イ: h 、       これはもしかしてさ、私達も期待していいんじゃないの?」
                 ]ト-:r-孑「:.:|:.:.|:ノノ \_
                / >i、._|| |: :j/<, \ `>.
            __,. イ  /: : :〉 {{-彳: : : : :`丶、 ./  \
         l r-- r<.: .: .:/  》 j.: : : : : : : : :./\ \ \
          j |.: : :j.: .: .: .:/  / /: : ○: : : : : i: : : :\ \ \
         /∧: :/――/  / /○――――l: : : : :ハ  \ \
          //.:.:.:/    /  / /   ○   |: : : : : :.\  \ \



             -=ニニニミ:.、
         /x=¬::¨¨¨:`‘:,
        .'://::::::;:::::::::::::ヽ:::‘:,、
        {:{i′::::{、:::::: |:::::}:::}::}}:i
        {:{{::::::从 \::ト _从ハリ:|
         八从{リ -‐   ´ィ苅 }ハ
           '.:::r、 仭ゝ       リ':}
            }八ト    }、   /::::|
          }:::::`\  ー ' イ:|:::}|       「うん、そうだね」
             }:::|:::|:::}≧ー 彡Ⅳ:八
          ′|:::|ノj   / /:/ /`7{ ̄ ヽ
        , ムr‐|:::| {ー 、 r /:/ / / !   }
       /   マム!:::! マ´ ̄`'::/ / / | ,   |
        {   マ:|:::|  マ イ::ムイ /  {//   L
       ∧  / Ⅵ :!≧x∨{::{_彡    ∨ / イ
.     / 〈ヽ/  `マム¨¨{__}|::|      ∨   !
     ′::∨     マム/ ハ.乂      }  .}
    .′::::::′     V  } }        ノ   ハ
    .′:::::::{       ′ } }       イ  /::::!



―――――――――――――――――――――――――――
  これまでの四品がすべて高額で落札されていることから
  自分達の品もそうなるのではないかと考えるのは当然で、
―――――――――――――――――――――――――――

556 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:47:59 ID:8/bKapBc
182.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  別の委託者などはもっと高く設定すれば良かったなどと嘆く有様だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――



          __,,,...,
     _,.-';;";;;-‐'"ヽ
  ,.-'";;;;;;;;;;;ノ x==' ';
.  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| j = 〈_
  |;;;;;/-、ヾ_」  """ ___ク
  |;;;人  ≡     /-/
  |〃 `¨´  j   `7    「こんなことなら即決無しに
 />‐- 、.,_    r‐'      すれば良かったなぁ」
. /    | `` ‐-!
 ― --、.,_|     \
      ヽ      ヽ



         _,.ニ三 ̄``ー-、.ヽ、
     ,..-''´          ` l/!
.   /7                '-、._
.  ´ /  ,rー'''',二ー-、._     ヽ´
    !.   ヽ   l l_!   b ヾー、   i、l
   ヽ   i,.r‐`‐'‐-、ヽ_,ノ  ! i´`i !`
    `ヽ,-!_     ヽ   l /う ! ト'ノ      「番号遺跡から良くでる指輪だし
      ヽ、_`ー-_‐_'ィ  _,. l/二-'  ニィ.        大きく値上がりするほうがマレづら。
        「二.!ー‐'ニi´  ,r'´ヽ 、l二,
           r'i´ `y'´   _,.ヽ´_        今さら言っても仕方ないづら」
           ヽー'´    i'    ヽ、
            l.       !   ,..-'´ ヽ、
            l         ! ,r'     __,.ヽ、

557 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:49:16 ID:8/bKapBc
183.
――――――――――――――――――――――――――――――
  そんな彼らを見回して参ったな、と呟いたのは右代宮子爵だった。

  商人達は利益のために諦めることを許されるが、
  自分には貴族としての面子と連れのおねだりがあったのである。
――――――――――――――――――――――――――――――



      ヽ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:弌
       |∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.笊
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i八ヘ
     ヽ」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://.:.:|.:八ヘ
     '寸.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:./レ''i.:.:.|ヽヘ
      ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.://  ノ.:.:.! ヾゝ
      ーゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.//ヽ /| ヽ|   `
        ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//  レ';  ヽ
         ヽ.:.:.:.へ.:.:.:.:.:/   /
          |_∨__ヽ.:/  .|/
         ノ――――――{           (八番は名売りの商隊か………)
       ノ          ヘ
      /_________へ、
    <      /          > 、
 <        !              ̄ > 、_
"         |                    7ヽ、
           !                    /  ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  貴族と商人が競り合うことはあまりない―――だいたい商人側が空気を読んでおりる―――し、
  貴族同士であればその場限りのじゃれ合いに過ぎない。

  しかし有力な、あるいは今後有力になるかも知れない商会を
  敵に回してしまうのは得策ではない、のちのち自分の首が絞まる可能性だってある。

  商工会の力が特に強いモルティナでは、
  貴族の財布の何割かが彼らからの上納金でできているからだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

559 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:49:59 ID:8/bKapBc
184.



              _  _ r=-r=-、 __
            _,rf=-, ‐´  ハ  ̄`ヾ-t_
            〈_rf /          \|
              ゝ y            ハ
             '     /
               |     _/ { |    i     !
               | 川_/ |` | |  j 川 j  リ
               fヽ! .|テぅぇ乂 ノ/ /〃 /j
                 〉|l  `¨ `   rfチyハイj
             /.从          `¨.j lノ
              / \ 、 _' _,   ∧ハ        「子爵様、
               (  /ヽ  -‐ '            ベアトリーチェは信じてますからね?
          r‐厂`Y¨7 ` -===y′ー ´l- 、
         /::::::厂] / ー-  r‐ ' | | _ 」::::ハ         ゆ・び・わ」
        /::::::::[ ̄] !rァ( _⌒_ ) ,j j_[:::::::::〉
       ノ::::::::::::ヽ「 7=ナ、 f⌒ヽ、jヽ-r‐t/::::::::\
      〈:::::::::::::::::/::::ヽ'、/Lヽ /ヽ/⌒!:::::::::::::∧
       >:::::::::::/::::::::::::ハ/ヽヘ/::::::::::: |::::::::::::::::::〉
     /::::::::/:::::::::::::::::::ヽ-〈 /::::::::::::::::八:::::::::::::〈
    〈::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::〉__]::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::ヽ
.     〉:::::´::::::::::::::::::::::::: /:::||:::`ヽ:::::::::::::::::::::\::::::::ノ



                ,.-<_:.:`‐- ...、
           r ――┴---:.:.:_ ‐-:.:.:.`:.:‐-....、
               ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:、`:.:.:、:.:.:.:.:\
           r--\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.`、‐:.、`:.:、:.:.:.:v/
           i:.:.:.:.:.:.:\ ̄:.:‐-:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:`:.、\/ィ
           |:.:.:.:.:.:,. '´ ̄ ‐- 、:`:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.\〈
               !:.:.:.:.:i        ` 、:.`ヽー-、:.:\:.:.:\
            V:.:.:{ __      _≧、:.:\:.:.\:\-.、ヽ
            ヽ:ハ、_ ヽ  x.≦ ̄ ̄´\:.::\:.:.\\`ヽ 
             `ⅵ `ニメ ,.  ',ニ二彳 |:.∧ヽハ:.:.:.:.ト、!
                  `!   ノ         j/  乂´ヽ:.:.|
                 '.   ヽ        ' ,.-1´   ヽ!   「わかっとる、わかっとる」
                ` .  ヽー.、     , '  !、
                      \ `こ´   ,.イ /: ハ       (本店の孫が世話になってると言うし
                 ,.イ> <´   /: : :/ '.       大事にはならんだろう………)
                 / /ヽ  _,. : '´: : : : :/  ヽ`ー- _
             ,. /  / : : ><: : : : : : : : : /    \    ‐-  _
        _,. -‐  <    i: : /:: ̄\: : : : : : /     ,. '´     /  i
     r' ´        \  レヘ __:/\: 0 /    /      /     |
     ト、   ,. -‐ ' "´,.イ/: :/:::::::|: : : : :\:/    ̄  ―-、 /       !
     |  、  i弋二┐(r、i|: : i::::::::::|: : : : : : /            //       |



――――――――――――――――――――――――――――――
  かといってこれまでにいくら貢いだか分からない娘―――
  とある伯爵家のお嬢様だ―――の機嫌を損ねるわけにもいかず、
  場合によっては右代宮家御用聞きのジュネス商会に
  取りなしてもらう必要があるな、と考えていた。
――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

560 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:50:59 ID:8/bKapBc
185.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――
  大勢を混乱に陥れた張本人達はというと。

  後半が始まるまでとくにやることもないし、
  せっかくだからと注がれるままに酒を飲んでいた。
―――――――――――――――――――――――



           _,. -‐ァ… ミ
       ,  : ´::::::::::/:::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::〕トミ
      /;::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::] \ `丶 、
.     /::i :::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::;         \
    ;::::;:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::/ -‐   ミ   ;
   {::::|::::::::::::::_:::::::::::!:::::::::::::::/        \ }
    \:\__::::ー':::__/::::::::::::/⌒\       __\.     「せっかくのワインですからどうぞお試しになってください。
    /{辷__::::::::::::__..  -‐ ´       \     ー-= __`       ちょうど開いて飲み頃かと」
.   /  ¨” ̄ ̄{   \   \__          ⌒に_⌒
   ;      ;  、      ‐-斗 __ ア  ;    ≧=-    - 、
   i       {  \{\__ / ,x岑汞;} ; } 、-‐⌒  /′   \
   |   、 {\{⌒     / 乂_ン厶イ ハ{   ___,//
   ,  、 \{_;岑ミx              }V:::::::`^´:::::::::::;′
   ′ ≧=-に乂_ン          ,ニ}::::::::::::::::::::::::{
     `、  ;   \__     :.       / ニ;::::::::::::::::::::: :::::\
     } 八 __<⌒     __ ノ   ′ニ}:::::::::::::::::/ :::::::::::\
     ノ'′  ⌒≧=-        /ニニア::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::\
              ; }≧=<ニ=-≦::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\__
               i   \::::::::::::::{:{:::::::::::::::::′:::::::::::::::::::::::::::::::::::V
               !     `丶、:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                 、      }:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└
                   丶 .,,__   }:::::::::::::ノ└- ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::;::
                     ̄}::::::::://v'⌒'x::::}}:::::::::::::::::::::::::::ノ::

563 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:51:59 ID:8/bKapBc
186.



        , ─── 、
    /   /⌒ ⌒ヽ \
   /  , -|  ・|・  |‐、ヽ
  / /   `ー ●ー    ヽ
  l |   三   |  三  |
  | l \     |    / l
  ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_    「君も遠慮せずにどんどんやりたまえ」
   >━━━,-、━━━ ( _ )
  /  /  ヽフ ヽ   /



                                                   / ̄ ̄\
                                                  /  ヽ_  .\
                                                 ( ●)( ●)  |
                                                 (__人__)      |
                              「ありがとうございます、.     l` ⌒´    |
                             ご相伴に与ります」        {         |
                                                 {       /
                                                 ヽ     ノ
                                             ▼/ ̄      ̄ ̄)____
                                           〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /  〃 ⌒i
                                       ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i

566 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:52:59 ID:8/bKapBc
187.



      ,. -――‐- ._
    ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
   /    !  o l_!o   !   ヽ
.. /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ
 ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
 ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |
 l l ‐弋´   |   `~フー ! l
. ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
  VV  {   )  ̄      / /     「ちなみに酒は飲めるほうなのかい?」
   ヽ/ `ー'_____,//
   /    /--/⌒ヽ----┘、
   l     /  ヒΤフ  ヽ  \



                                               ――- 、
                                               ′
                                            i _,ノヽ_, i
      「実は飲んだ経験がほとんどなくて                    i(● ) (● )|
     強いのか、弱いのか、自分でもまだ分からないのです。.  r‐┴―人_.) /
     親父は底なしだったのですが」                     |    |´ `  /{_
                                              i廴。_,ノ|__.ノハ ヽ
                                    >≧γヘ/|_,: ―┴<ハ/.:.V
                                   ,イ.:.:.:,イ:..:..:,イ/.i>ー-ー  `>i:.:.:.:i!iヽー:.、
                                  ,イ...:...:iV.:::Y.:/..<__,イ¨    ヘ:.:.;j:...:.:..:..f>
                                 ,イ≦、....:ヘ.:/.:/:--<_ソー-<    ヽ、:....::.:.:/:.:. .ヽ
                                   /ッ.:.:..:..ヘ::::/:,/.:./.:._i: : :i!:.:.:.ヽ     >、:./.:.:.,イ-=v
                               Уナ:.;;:、.:.::;,;レレイ.:./(二二):.:).:..ゝ、 _ノ. : ヽ¨ー=ミヽ
                              /,./ー<三フV.::/::.;;ノ.:.:.:.:.>i7∧.:.:.:..ヾ..: : :i:...:...:...:..V:、
                              r/.:....:.:.:.:.:..:.:.:.::ノノ´:.:.:.:>//////,∧.:.:.:..:.iヽ: : ヘ.:.:.:.:.:...ヘ.:.!>,
                            /.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.::/¨.:.:.:.:>//////////∧.:.:.:..∨ヽ,_.ノ.:.:.:.:.:.:..:.V.V´
                          ,イ.:....:.:,;,;,;,;,.ヾ.:.:.:/.:.:.>///////////////';.:.:.:.:.:.ゝ<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V/
                            ノ..........:.:.<///シ¨////////r--r,///////ハ:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、:_:.::::::::::::::;}´
                        /.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:f////////////∧ ̄7///////∧.:.:.:.:..:.:.:.:.:`ー--f¨´



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ちょうど二十歳なものでと、風格や物腰に実年齢がやっと追いつきつつある青年は
  自分よりも年上のワインを口に含んでしばし沈黙し、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

568 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:53:59 ID:8/bKapBc
188.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ブドウ汁みたいですね、なんて言えるはずもなく当たり障りのない感想を述べる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                             / ̄ ̄ \
                                              ⌒ ヽ、_    \
                                             ●)(● )     |
                                            (_人_)    |
                                           '、       |
               「………あまり詳しくもないのですが      |         |
                   美味しいと思います」                | 、     .ィハ、_
                                               ≧ュ─ー ´ /.......ヽ
                                            //Y:::ハ、 ̄/...:::::::::::...>、
                                      ,.<..::/:r〉:::li `y .:::::::/::::::::::::::::::..ヽ、
                                         /.::::::::/:::{,'::::|i  / .:::::::/::::::::::::::::::::::::::∧
                                          j ::::::::::> :.{::::::l / .:::<:::::::::::::/..::::::::::::::Λ
                                         i :::、:::〈 :::i::::::レ .:::::::/::::::::::i:::::::::::::::::::::::::}
                                     i :::Λ::::', ::i:::::/ .::/::::::::::::::V..::::::::::::::::::::イ',
                                     | :::::Λ:::::', :i::/ .::::::::::::::::::::::V..:::::::::::::::::::::ハ:i



        ____
    /     - 、 -、\
    /   ,  -|   ・|・  |- ヽ
  / /    `- ●- ′  |
  | |    二二  | 二二. |
  | | |\ -─  | ─___)
 _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_    「酒は好みもあるからね、高ければ合うってものでもない。
( __)\ヽ \(二二二)//(__)    値段相応かどうかはそれぞれさ。
 \   ━━━━6━━  /
   |   /___ヽ |/        その値段だって風評、流行り廃りで結構変わるし、
   |   | ヽ__ノ ノ |          生産者が大手なら大量に作ることで費用を抑えて
   |   ` ─── ′ |.           良いものを安く売っていることだってある」



――――――――――――――――――――――――――――
  そもそも同じワインでも赤、白、ロゼに産地、
  品種の違い、当たり年に不作など千差万別だ。

  基準となる一本を決めて
  そこからどんな差があるかを感じていくのも良いんじゃないか、
  などとうんちくを聞いているうちにロマーネは空になり、
――――――――――――――――――――――――――――

571 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:54:59 ID:8/bKapBc
189.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  酒の強さと言うより当たり年一本の値段に酔ったドラえもんの手が止まる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



      , --───-  、
    /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
   /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
  /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
  / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
  |   l.、, -一    |  ー─- lL_
  |  / \./     |  ー-./ !     「ふふふ、どうやら少し回ってきたようだ。
  、 ' l. /\_   | _/ /\     ………しかし君は平然としてるねえ」
  ヽ  X        ̄ ̄   /
   /、二二二二二二二二 く
  /      /  ( 〒)\ ヽ
  !  /  /         }   !



              / ̄ ̄\
            /  ⌒´  ⌒
.           |   ( ⌒) (.⌒)
           |   (___人__)
               |        ノ
             |          |
            j、_       |     「ええ。
           √::::::...`ミュ、r<
           /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ         君、次を貰えるかな」
        / .:::/.:.:.: : : : : : : :.:.::..\
         ,' .::::/.:.: : : : : : :./ ⌒ 、ヽ
         i .::.::.::.:. : : : : : .:.:.:.:.:::::...ヽ:.',
        i ::::.::.::.::.:.: : :/ .:.:.:.:.:.:.:.::::::: }::
        i ::::::.::.::.:.:.:.:/ .:.:.:.:.::::::::::::: ,.:: i
        ', :::::::::::::::く .::::::::::::::::/:::〈:::: |

574 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:55:59 ID:8/bKapBc
190.
――――――――――――――――――――――――――――
  彼らがなにに平然としていると言ったかは定かではないが
  少なくとも注ぎ手はいくつかの意味で感嘆していた。

  ロマーネの価値を知り、それでも水のように飲み干せる者が
  この大陸にいったい何人いると言うのか。
――――――――――――――――――――――――――――



        ___ ニ=-―‐-=x、
     x≪//77ト、二二二 ハム
     f////////ハニニ oニムム
     {/////////ハ二二二ニ=》`ヽ
     }>==<三三ニ=-=ニ´、 ヽ :.
..    / /  !   /   ′ | ハ ハ }   :.
.   / /  }i|   |  /  :リ/ | |i!  !
   ′ |  |i!   !: /   ,′ ハ_...∧  |
   ! | i|  |i!   ! ′‐-/ムイ!   __..レ'´!
   ! | i|  |i!   ∨ _...=、    f:::::ソ/i!ハ
.   ',| ヘ  从     弋:::::ソ `   ゞ゚'ムイ |
.   ヽ、ヽ  \   ,ヘ::¨¨´    '   !_/
     `ヽ \ 丶/ ヘ    、_,. /       「はい、すぐにお作りいたします」
         `ヽ \ヾ- _____∠
            《 ヾ}____i..x≪I}        (まるで水ね。
            }ニニニニ i:iニニL....__      こっちのお酒だって決して安くはないのに………)
          ノ{三三三三i::!彡'ニハ `Y
          ¨ ヽ、ニニニニヾヽ、三ニム.. マ
.      f     ヽニニニ=/∠==、ヾYム、マ
       !       ∨二二弋 弋ニソ リi}ニ≧x、
       |        !ニニニ >=<´ニニ=ハ



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これまた有名な工房のものなのだろう。

  『β』と刻印のあるグラスを取った彼女は、
  封切りの瓶からから琥珀色の液体を注いでどうぞ、とやらない夫に手渡した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

576 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:56:59 ID:8/bKapBc
191.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  まず一口、と口を近づけると甘い香りが鼻をつき、
  飲んでみると度数の高い酒特有の灼熱感、その中に含まれる複雑な甘み、渋み、
  そして新しい水樽に入れた水のような木くささを感じる。

  同じブドウから作られる酒でもブドウらしさがほとんど残っていないのが良かったのか、
  先ほどより酒の奥深さの一端に触れられた彼は
  こみ上げてくる懐かしさを吐き出すように一言、言った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                .―――― ,
             /          \
              |              |
              |              |
              |    ゝ,_,ノ ゝ,.__ノ|
              |    (ー ) (ー )|
             }   (   人   )
           _ノ ゝ   `ー ´ `ー´
          ノ.:`.:,' ヽ   ´ ` /     「………美味い」
       .<\.:.:.:.:` _ ゝ ,___, 'ヽ、
    ,_<.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:/{(  ノ  ハ.:.:`ー、
  /.:.:.:.:.:.:.:メ.:.:.:.:.:.:.:.\/ ゝ    >.:.:──── 、__,_,
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  /ヽ   _______ \ヽ,、
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ; ` 、.:.:.:.:.:/ヽ.:.:.:.:ヽ´ __\    ヘ   | '.` ,
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:/.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:> `ヽ__ `{  i  i  '.
 ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j ̄.:.:.:.:.:.::|i¨ ̄ヽ / ./ .{f_ 'j
   ヽ_.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.::|i:     イゝ_iji´∥
    ゝ.:,_ノ.::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::|i:         .:i|゙ `
      \::.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´j        |ii~.:::~;;:~..~;~~:i|
       \f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ       |i::::::::':::::::::::::::::i|
                              `ー===一 ゙



―――――――――――――――――――――――――――――――
  もしかしたら想い出が加味されているのかも知れない。

  それでもゆっくりと喉を滑り落ちていく感触は心地よく、
  父親を含めた大人達が酒を楽しんでいたのも少し分かる気がした。
―――――――――――――――――――――――――――――――

578 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:58:03 ID:8/bKapBc
192.



          __,,......,,,,___
        ,.'7'::::::::::::::::!:::::`ヽ.
       /::::!:::::::::::::::::::!:::::::::::::i
      ,.!:::::i:::::::o:::::::_」:::_;;:::: :i 、
     ./`.7-i-r‐ r‐ 'i_! !ハ ⌒ ヽ.
     i  !/!,_,ハ_ハ,.-' -‐'‐ i__! i.  ',
     ! i  !.´ __、    ',.-- 、 i i i   !
     `'7ヽ!.'´ `      "ノ / i イ
      !. ハ"    '___  くン 、/'´
       ヽ,ヘ.>..  ヾ ..ノ ,.イ/     「強いようでしたら加水するか
          .`>, -=´_,.!-、        氷もご用意できますよ」
  r-、       _,く`' ーrr-'":::::〈ヽ、.__
,,..-ヽ;:`ヽ.  ,.イ´::::::>-‐-<-‐'":::::::/ `ヽ.
-‐::::::i::::::::i / !;:::::::! i´ ̄`i i::::::::::::;::!   i



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }   「お気遣いありがとうございます」
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ

581 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:59:00 ID:8/bKapBc
193.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  二杯目からはまた水のように飲みまくり、
  部屋に充満する酒気に当てられてしまったか、はたまた注ぎ手の本領発揮なのか、
  頬を染めて艶っぽいエリザベスが次をお持ちしましょうかと勧めてきたが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



        ___ ニ=-―‐-=x、
     x≪//77ト、二二二 ハム
     f////////ハニニ oニムム
     {/////////ハ二二二ニ=》`ヽ
     }>==<三三ニ=-=ニ´、 ヽ :.
..    / /  !   /   ′ | ハ ハ }   :.
.   / /  }i|   |  /  :リ/ | |i!  !
   ′ |  |i!   !: /   ,′ ハ_...∧  |
   ! | i|  |i!   ! ′‐-/ムイ!   __..レ'´!
   ! | i|  |i!   ∨ _...=、    f:::::ソ/i!ハ
.   ',| ヘ  从     弋:::::ソ `   ゞ゚'ムイ |
.   ヽ、ヽ  \   ,ヘ::¨¨´    '/// !_/
     `ヽ \ 丶/ ヘ ////_,. /     「よろしければ他にもお持ちいたしますが」
         `ヽ \ヾ- _____∠
            《 ヾ}____i..x≪I}
            }ニニニニ i:iニニL....__
          ノ{三三三三i::!彡'ニハ `Y
          ¨ ヽ、ニニニニヾヽ、三ニム.. マ        ____
.      f     ヽニニニ=/∠==、ヾYム、マ.        /// >、
       !       ∨二二弋 弋ニソ リi}ニ≧x、.     ///  /  ヽ
       |        !ニニニ >=<´ニニ=ハ   ///  /    ′
.         |         ト、___ニニニニニハニニニfI}  ///  /r 、 /
.        |     , !//77'Yニニニニハ__ニ=i!リ  ///  _ \\
         !       !'´////X!ニニ /∠== ヽ=!ト、,',イ/  ゝヽ Y=Y
         |     :!//////_|ニニ !{´i´ ̄Y} } !|// / .Yヽ \\ /
        !     !ヽ、////|二= 弋、`二´イソ=// / くヽ、\リニi!
        |    :|   Y// ∧ニニニ≧=≦´=// / / .ヽ ヽニ=/
       !    :!  ∨// ハニニニニハニく/ / / //ソニニ/
       |    :!   Ⅴ// ハニニニニハニ >、__.//ニニ/



             / ̄ ̄\
            /  _,ノ `⌒
           |    ( ●) (●)
           |    (___人__)
               |          ノ
             i        |     「そろそろ後半が始まりますし、もう結構です」
         _.. ィヽ、 、___   |
   , ¬;;-ー=≦} : ヽ  丶__ ___r-´
 / : :ヽ : : : : : : :| : : :\  イ::::トlヽ
/ : : : : : :ヽ : : : :ノ : : : : : v' l:::::l、 :l>、、            rーーーーー,__
: : : : : : : : : : : : : : \ : : : `、 :::::l, :l : : : : :ヽ.          }/ )  .{__)
: : : : : : : : :l : : : : : : : : :、 : :`、::::::l : : : : :l : :l         √ /..  .:}_)
: : : : : : : : l : : : : : : : : : :`、 : `、::,' : : : : :l: : :l      _ /  }:...  ..::{_)
: : : : : : イ´ : : : : : : : : : : : :`、 : V : : : : : :| : :ト、   /:rj  イ:...  ..;.:}ノ
: : : : : ∧ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l : : :ヽ_,/ : : {{ 、 ルニ二ニ=r
: : : : / .V : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : :/: : : : : ハ ィァー´
: : : /   V : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | : :/: : : : : : : : ゞ才
: :\    V : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : : :/´



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  実験がてら飲んでいただけで、酒豪を気取るつもりはなかったやらない夫は
  あと数分もすれば後半が始まるのでと本当にすげない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

584 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 20:59:59 ID:8/bKapBc
194.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  最後の一杯を飲み干して壇上を望む窓の前に立った彼は
  これも体質が変わった影響か、と新しい能力の一部を実感していた。

  ブランデーに至っては一人で飲み干してしまったが
  多少の酩酊感もなくしらふのままなのである。
―――――――――――――――――――――――――――――――



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ   (霊薬や毒が効かなくなるはずだ)
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



――――――――――――――――――――――――――――――――
  このぶんなら、あの恐ろしいスピリタースをいくら飲んだところで
  泥酔したり二日酔いになりはしないだろう。

  すこしずるいかも知れないが次はおやっさんが飲み潰れる番だな、と
  再会したときのことを想像して微笑んでいると、
  舞台袖から現れた司会が後半の始まりを告げた。
――――――――――――――――――――――――――――――――

587 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:01:06 ID:8/bKapBc
195.



                /=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
             l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
             !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
               F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!
            F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
           , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
           | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!
           ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
             ̄| / __ L_  _!___ \ |''"    「定刻になりましたので競売を再開いたします。
             /!.  / -──────--! .|、     後半最初のお品物はこちら!」
            /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ
           /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
      _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、



――――――――――――――――――――――――z________________________


                                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                  |  番号遺跡の九十二番から出た                     |
                                  |  魔法のローブになります!                        |
                 , -―――- 、....   |                                         |
                //  __ -、ヽ..   |  魔法抵抗力上昇、魔法防御力上昇、               |
               / /  /   ヽ ヽ |   |  全精霊属性低減が付加された逸品で               .|
               |/ /       \ ヽ|..... |  開始価格は金貨十五万枚、                      |
              / /|        ヽ ヽ.   |  即決価格なしの最低幅は二千枚からでお願いします!  |
             〈   |        | l  l.  乂_________________________ノ
             ヽ  ヽ       ノ/ /、
            , -lニ `-  ヽ/- ニ/ /-L 、
          /   ヽ`ヽ`>    /   ,-, ヽ
         /  __  ヽ ` ヽ _ - '   //.   ┌───────────────────────────┐
      , - '  ̄   \ ヽ       / /.    │ 【ドラえもんによる鑑定】                        │
      _/-==、    ヽ ヽ     / //  ,-..│ 魔法のローブ(☆☆☆☆☆)                        │
    /      \    \ ` ‐ - ‐'  /  /......│ ・表の材質は毛羽紡毛織、                      │
    ,| / ̄\    ヽ    ヽ     /   /.   │  裏地は魔法文明期の衣服によく使われている遺失油繊維か  │
    V    \   \    `―--/  / /   │ ・大理石色のため汚れが目立ちそう                      │
   /        ヽ   ヽ    ̄ ̄   /   / │ ・複数の防御魔法が付加されている逸品だが、            │
  /         /` ヽ ` ―――=´   / |  │  丈が短いことも考えて自分で売値を付けるとしたら        │
 /         /    ` ―――― ' ´    |   │  金貨十八万枚                                  │
/          /                  |... └───────────────────────────┘



――――――――――――――――――――――
  合図と共に黒服達が運び入れたのは
  小柄な人形に着せられた白亜色のローブで、
――――――――――――――――――――――

589 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:01:59 ID:8/bKapBc
196.
――――――――――――――――――――――――――
  一応これが本命だった商人の、
  おそるおそるな入札があったほかは動きが見られない。
――――――――――――――――――――――――――



           ,ィ ""   " "ヽ
           "         " \,
          .;ヘ 川ゞ'''''''''ヾ彡:................ヽ
         /         `ミγ:::::::::::.ソ
         .:!            ミ:::::::.::::::::!
        /ノ ヘ,,    _,ヘ,  ゙ <.::::::::::::!
        》  ,, ,丶  " ,,,,, 、 彡:::::::/
        ハ 弋ソ     ヘ"ア  /》r⌒)ソ
        ( ̄ ̄ヽ._ r──""ソ 《j{ ソヾ、
        .ミーイ  ̄丶 __ノ ソ》 ノ:::::::ヾ,,;    「………十五万」
         》ハ  ヽ       《イ:::::::::::::::ヽ;.
        《  ヽ  ー=_‐'   ソ::::::::::::::::::::::::ソ:.
       彳    \    ..:.イ《ィ|:::::::::::::::::::::;!:;.
             λ:::::::/ ̄ |:::::::::::::::::::;|;.
             :√Y    ヽ::::::::::::::::::ノ:
            __ノ::∥     ソ\::::::::::::\..
     τ──~..《   ∥   /ソ  ̄``ヾ::::ソ
     /   ...,:: 《   ⌒   _ ソ      丶
     ::!:::::::::/    ミ===彡  `:,       ::|
     :!:::::,イ    ::::::::          |::::/  :::|:



.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ
      |Ft| ==。=:::/=。=〈
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|   「十五万入りました!」
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
   |   |   \    /|  |

590 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:03:00 ID:8/bKapBc
197.



       _____
   riff7//////〃〃∠ヽ
   レ"⌒''ー''"´  `ヾニ三|
    l  ニ_ー‐'_ニ   |ニ三|
.   レヘ\ ̄、/,へ  }ニ三!
    } ==,=> _=,==  |r=、 |
.    | 二/    二´   |.6.| |\
    |  |_, -` ヽ   k‐':ニ|  |`''ー-    「現在十五万枚です!
_, -‐''| l⊂ニニ⊃ l   | \│ :|       他にありませんか!?」
     ヽ!  ---  l , ‐'  /|  |
     /` r、-‐ ' ´   /  :|.  |
     /   | \  ./    |   |




   ノノノノ
  ( ゚∋゚)
  /⌒\ノヽ    (だって、なぁ………)
 (〈  |)
  \) 〈ソ




   /⌒`⌒`⌒` \
  /           ヽ
 (  ノ⌒~⌒~⌒ヽ、 )
 ヽ.    ,/ \,  i ノ
  |    <・>, <・>  |
  | 、  ,,,,(、_,),,,   ノ|
  ヽ       。    /   (どうせ八番が被せてくるだろうし、
   \.       /       賢狼隊を敵に回していいのかも分からないし)
     ` ┻━┻'

591 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:03:59 ID:8/bKapBc
198.
――――――――
  ややあって。
――――――――



                                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
                                        |  十六万。  /
                                        乂_____ ノ
              _ ____ _、
           ,ィ ""   " "ヽ
           "         " \,
          .;ヘ 川ゞ'''''''''ヾ彡:................ヽ
         /         `ミγ:::::::::::.ソ
         .:!            ミ:::::::.::::::::!
        /ノ ヘ,,    _,ヘ,  ゙ <.::::::::::::!
        》  ,, ,丶  " ,,,,, 、 彡:::::::/
        ハ 弋ソ     ヘ"ア  /》r⌒)ソ
        ( ̄ ̄ヽ._ r──""ソ 《j{ ソヾ、
        .ミーイ  ̄丶 __ノ ソ》 ノ:::::::ヾ,,;
         》ハ  ヽ       《イ:::::::::::::::ヽ;.
        《  ヽ  ー=_‐' u. ソ::::::::::::::::::::::::ソ:.  「十七万五千!」
       彳    \    ..:.イ《ィ|:::::::::::::::::::::;!:;.
             λ:::::::/ ̄ |:::::::::::::::::::;|;.
             :√Y    ヽ::::::::::::::::::ノ:
            __ノ::∥     ソ\::::::::::::\..
     τ──~..《   ∥   /ソ  ̄``ヾ::::ソ
     /   ...,:: 《   ⌒   _ ソ      丶
     ::!:::::::::/    ミ===彡  `:,       ::|
     :!:::::,イ    ::::::::          |::::/  :::|:
     !::      .::::::           ::::ソ:::::::::::ゝ:
    .!                ,....ノ||::::::::::::::::::::ヽ:




―――――――――――――――――――――――――
  八番からの声に、やはり来たかと渋い表情の彼女は
  念のため予算ぎりぎりの価格で応戦する―――
―――――――――――――――――――――――――

592 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:05:00 ID:8/bKapBc
199.
―――――――――――――――――――――――――――
  も、あっさり突破されてしまい万歳して降参の意を示した。
―――――――――――――――――――――――――――



                                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
                                           |  十八万。  /
                                           乂_____ ノ
             , -‐ ‐  、_ ノi
            ,'´ 彡   `.(_,ノ
           ソ ヘ   ヘ  "ミ::::',
           i_      ヽヘィ、:::',
           《≡ )r‐r(_≡_)=δ:::i
         》 ⊃、_,、_, ⊂⊃ ソ丿  「やっぱり駄目ね」
     /⌒ヽ彳ヽ ゝ._)   ノ /⌒i;: ヽ:
     \ /  ヽ ` r-‐ '´_ト /  /;:::,
       \  丿Y   ソ ⌒∧



――――――――――――――――――――――――z________________________



.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ
      |Ft| ==。=:::/=。=〈
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|       「八番様、金貨十八万枚で落札です!」
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
   |   |   \    /|  |

594 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:05:59 ID:8/bKapBc
200.



              _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
                /=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
             l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
             !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
               F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!
            F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
           , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
           | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!.    「六番目は聖地からの品になります!」
           ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
             ̄| / __ L_  _!___ \ |''"
             /!.  / -──────--! .|、
            /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ
           /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
      _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
_,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  つぎに出てきたのはまたしても等身大の人形だったが、
  今度は女性の―――しかも細身でありながら凸凹が激しいものだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

597 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:07:17 ID:8/bKapBc
201.



                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                        |  大神殿秘蔵である紅の聖衣は            |
                        |  耐火の加護、祝福、損傷再生(※)の       |
              __Y ̄Vハ〈::|  奇跡が込められている特注品で、           |
            /r'´   `.ヽ、 .',..|  これほどのものはなかなか手に入りません!  |
           //       l} }゙乂_____________________ノ
          /.l         イ //          i! l| i       l
          ,'. ,     i ノ::レ/   ヽ.  , '   .i| リ: ',. ノ.    ,'
          l. ',   _〉/::::::(     ∨     ノ:|ノ:::::ヾ,.     ,'
            ',r‐':::::::::/::::::::ニ-、     l   , ':::::::::::::::::::',二ヽ.,,'
           /',≧=.,'::, :::::::::::::::ヽ、   i ./ ´ ::::::::::::::ヽl≧ヽlヽ
           ゝ、.',:::::::::l:/ :::、 :::::::: `ヽ≧=≦:彡::: ::::::::::,.::::i:,'::::j'_ノ
             ',::::::::i':::::::::`:::::::::::::三i´`j :::::::::::::::::::::´:: :,' :::,'
             〉 :::::::',::::::::::::::::::::::::>、_ノヽ::::::::::::::::::::::::,'::::;〈
             ,':',:::::::::ヽ::::::::::::::::::/ ∧ヽヽ.ヽ.::::::::::i!:::ノ:::::,'::ヽ
            /:::::j:::::::::::::ヽ:::::::::∠// l  /`;';≦l∠、ーl_',::::ヽ
           ,.':::::ノ.l::::::ーァ::''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::ヽ::::ヽ:::::` ̄ヾ=、 、
          ,. '::::; '  l  /::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.,:::::::::::::::::::::::≧.,ヾ、.,
.        /:::/   l/::┌────────────────────────┐
      /:::/     ,ノ.....│ 【ドラえもんによる鑑定】                        │
    /::::/     ,. '.-'''":│ 清めの聖衣(特注5号)                      │
.  /:::_/    ,. ':::::::::::::::: │ ・材質は絹の繻子織                           │
/:::/     ,.ノ´:::::::::::::::::: . │ ・紅色は破魔の紅薔薇染めと思われる           │
:/'´     ,. '/::::::::::::::::__:::ノ´..│ ・清めの聖衣自体は昔から神殿が生産しているが、   .│
'    ,. ', 'i_::,=‐'''"/.   │  一着作るのに数ヶ月から数年かかると言われており  │
   <, '/イ' /i ,r ' ´  ,':'l゙│  これほどの性能のものはなかなかできないに違いない. │
   //, ', '.,'.イ    ,'::l...│ ・超細身なのに胸部がすごい、                 │
   `¨ ー' /ノ.ヽ    ,',:l l::│  着られる女性がそうそう居るとは思えないので       .│
          ヽ、 .ノ、l l:::│  自分で売値を付けるとしたら金貨六十万枚          .│
=.._          ヾ;::::,'`..゙└────────────────────────┘
  `'''-.._         ,'::::,'   ヽ、::';;,:';::';;,:::::::::::::::::::::::/::: /::::;';;':::::::〉,ヽ::::::::',    _,.-'"   .//
     `~'''‐-...,,_,' ::,'     ヽ,::;;,:';::';;;;;;:::::::::::::: ノ::;;';'::::,':;':::::::::/::',',::::::i::', _,.-''"     //



※焼失しない限り、切れたり破けたりしても数日ぐらいでもとの状態にもどってしまう
  汚れや臭いが染みつくこともないことから洗濯も不要で
  装備者の自然治癒力も多少向上する

――――――――――――――――――――――――――――――――
  従前より聖衣自体は神殿の巫女や司教などに支給されることもあって
  白に染められ清楚さを基本とする作りとなっているはずなのだが、
  この特注品が妙に華やかさというか、色気を漂わせているのは
  きっと色と凸凹のせいだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――

598 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:08:00 ID:8/bKapBc
202.



                   ____
               :.:.:.:⌒≫^”¨.:.:.:.:.:.:.:.:ん込^Y^/へ⌒∨
       、丶`:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:Ⅵr}f℃ } 「__〉:.:.:∨
      /:.:.:.:.:.:.:.:./: / :.:.:/.: .:.:.:/:.:.:.:.⌒乂彡⌒ア:.:.:.:.:∨
    /:.:.:.:.:.:.:.:./:..:./:./:.:.:/.: .:.:.:/.:.:.:.|:.:.|.:.:⌒辷=彡:.:.:.:.:.:.:
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:./イ:.:.:/.从_|___/ j____|:_ノ:. :.:.:|.:.:.:.{ \\:.:.:
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/:.:.:l kぅ云x   kぅ云x:.:ノ|.:.:.:.{\_}__j:.:.:
  :. :.:.:.:.:.:.:./  /:.:.:.:.:《 Vrソ     Vrソ 》:.:.:|∧:.ゝ.:'.:.:.\.:
  :.:.:.:.:.:./    .:.:.:.:.:ハ i:i:i:i:i  '     i:i:i:i: |:.:.:|: ∧:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.    「まあ、なんて素敵な服なのかしら!
  :. : /    /:.:.:.:.:/:.:.:.   r ―__┐   |:.:.:|:.:.:.:}:.:.\.:.:.:.:.:.    子爵様、私あれ欲しい!」
  :. /     ./:.:.:.:.:/:.:.:.:八     ー     イ:. :.|:.:.:.:}.:.:.:.: \:.:.:
  :/     ./:.:.:.:.:/__\:.:.:.:≧=- __  イjI斗ァ |ハ从.:.:.:.:.:.:.:.\
       /:.:.:.:.:/   ヽ_ノ}__ノ ./ ̄ヽ〉 /:.:.∨ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.      /:.:.:.:.:/      |‐| ./  ⌒ /__‘,:.:.:∨〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     /:.:.:.:.:/   ヽ |‐| /   ノ    / ‘,:.:.:.∨〉.:.:.:.:.:.:.:.:
.    /:.:.:.:.:/      。s≦/___,. -=≦_  |:.:.:.:.| ̄ヽ:. :.:./
    /:.:.:.:.:∧    〃\__  `''ー‐=xニ.〉 :|:.:.:.:.|   } : /
.   /:.:.:.:.:./ )   {i \__ ヽ___/=/ :|:.:.:.:.|  .:.:./
  /:.:.:.:.:./ (  丶 ノ       ヽ__/ニ:(  :|:.:.:.:.|  /:./



:::Y::)人::::::ヽ:::::::ノ:/: : :l: : : : : : : : : :l: : : :l: : ヘ:ヘ
:ノ:Y:::::ノ::::::::::Y´: ,': : : |: : : : : : : : :..:|: : : :|: : : ',∧
:::::ノ:/::::::::::::/─、: : : :|: : : : : : : : :.::|: : : :|: : : :Y:ク
>'"::::Y::::::::::/  ./: : : :.|: : : : : : : : : :||: : : |: : _|:.|: ノ
::::::::ノ::::::::ノ、___ノ: : : :.:.|: : : : : : : _| l‐‐/ ̄|:.|:彡
<::_ノ-イ:、: :`: :|ィ`:`:─<´      /-- _,|:|ノ|
 .    Y\: : :|: Y____‐__.-、`ヽ   '彡モタノ .|{ |
     |: ∨:/`Y| `人ヲクノ`      ` ´  ハイ
       \ヘ|   ハ  ` ´           | ',',     「ちょっとヱリカ。
       ヽヽ//ヽ       、 .,      / .',',.       今日は私の番でしょう?
         //\ヘ     __   ィ.   /   .',',
          //  `ヘ\     -‐  ./   ,ノ.      それに貴女には似合いそうにないわ、
        ヾ、  マ }_ >      //   /         胸の部分がスカスカになるでしょうから。フフフ」
           )  .〉-ソフヽ_r‐、_´__/> (                          _ _
          (  |::::::::`::>-イ、<ノ<_/                   ( ̄ ̄ヘ, --‐ >'´ , .ノ ̄
            }::::::::::::::::::::::::::::::::::::{                 _ ∠-==、  ヘ'"/ /
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|           __, _‐'ニ´イ`\  Y〉  .〉   /
__   ___     /` <::::::::::::::::::::::::::::::{         =='‐''"´.   }、   ヽ .|  / /
`)\/_  \ /      ` <__::::_ノ\     __        |_ノ   ノ }、__/ /
<__/´___,ハ   \ ` ‐‐---- -、       ` ─< \イ´\ヘ.  /   /  ヘ,,ィ=Y

602 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:08:59 ID:8/bKapBc
203.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  参加者やその連れの中に何人か含まれていた若い娘などはその聖衣を欲しがったが、
  値段はもとより体型も並大抵のものではなく、
  事前に現物確認をしていた商人たちも
  売れる気がしなかったので入札を控えるつもりでいる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  ィ'`ー‐--、
              , '`c'≦三彡 彡k-、
                i´s'tー-h'ニミミヽ /,―ヽ
           , '!リハ ゝ__}ゝspノハ-、 ハcoリ!_/ ̄\
     ,、__  , '´:::::::::ヾ、__,‐、ヾルイ-‐ミ、ー'ノ _ヽ:::::::::::::ヽ
    /:::::::::/::::::/:::://:::::|:::|ヽハ - /⌒、 !`´ -イ ,ハ::::::::::::::::',
.    |::::::::://::::::/::::∥!:::::ii::::!i::::::`´ ー:く!ゝ_ノノ /ノノ、::::::::::::::',
.    |:::::::∥::::∥::::::l:::!::::::!!::::ii:::::::::!::::::::!:::ヽ_ノ‐、ヽヽ`ヽ、:::::',
.    |:::::::lll:::::::!:i::::::::! ,!::::、!!:::::!!::::::!!:::_,,,!::::!::!::ヽ:::::ヾ ヽ、ヽ、`ヽ、
    !::::::!!!::::::!::!::::::ノ !-‐ヽ、__/,,,,,!:::::!::!__ヽ:::::ヽヽヽヽヽヽヽ
    i::::::!i:i::::::>r,彡-、 ` `.,r=t==。rテ!::::i:::! !:ヽ::::ヽ ヽ、ヽ-' ノ
    |:::::|:|ヾK '∥{ ゚.ヾ   ‐`ー‐'" |:|:::::|::| !:i:ヽ::::| ヽ ヽ-'ノ::',    「失礼ね!
.    i:i:::::!:!::`::ゝ、ヽ>'´ .ノ     """ .!:!:::::|::| '::::!:::!::::! ヽヽ::::::::::',.     貴女こそそのぶっとい指に
..   i::!:::::!!::::::::!::ハ ""   __,,, vvヲ  !::!:::::!::!::::::!:::i:::i:::ヽ ヽ ヽ、:::',..   今日の指輪がはまるとは思えませんけど!」
.   i::!::::::!:!:::::::i::::ム  `ー-‐ '"´    !:i::::::!:i::/::!:::!:ハ:::::::ヽ ヽ::ヽ、ヽ、
    i:::!:::::::!:i:::::::i:::::i::ゝ、   ´    , ィ !::!::::::i::!::,イル'  ヽ::::::::ヽヽ:::::::ヽ、ヽ、
.   !::!:::::::::!:i:::::::i:::::!::ヽ::ヽ≧ー-ィ'´  i:::!::::::i::!´ ヽ /⌒ー、::::::::ヽ ヽ:::::::ヽ、ヽ、
.  i:::!:::::::::::!:i:::::::i:::::!ヽ、≧-、ノ、 , ', ,' !::i:::::::i::!'´r―、 / ̄\::::::\\:::', ヽ ヽ



                <====__
              r-ム.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:ヽ.:ヽ、
             /.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:ヽ、
            /.:./.:.:.:/~ヽ.:、.:.:.:.|.:.:.:.:.ヽ.:.:.:>-
           /.:イ.:.:.:/   ヽ',.:ヽ.|.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:>、
           ´ j.:.:.:.:|ー-x_ ヾ.:',ヽ>.:.:.:.:.:.:.ヽ――-
            /.:.:イ/| 弋行ヤ ', ',´行ヤ',ヽヽヽ
            レ' /、!     f '   /ヽヾ、`
               ゝ、        //
           ,_rァ    ヽ、   ̄  イ"
          ,_| | |ヽ   イ| ヽ、__ イ/ト、        「こらこら、君たち喧嘩はやめたまえ。
         / Y | | | イ|: :\  /: h ヽ.          ドレスが欲しければ仕立屋を呼んであげるから」
         | | .| | |",_, |: : : :>-<: : : h  弋、
     _ ―| L ト ゝ Y ||: : :/V/Vヽ: h  ',  > __
    ∧   !  ---  ノ レ!∨: 〉/〈: : V!   ',      `>、
    / ',  |  | /  }|: : : i/∧: : : | `ヽ<         i
   /  ',  ゝ   γ   ∧Vリイ//∧: :/   ヽ、     | j |

607 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:10:01 ID:8/bKapBc
204.
――――――――――――――――――――――――――――
  結局は即決ありだったので二階からの声が落札したのだが、
――――――――――――――――――――――――――――



.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ
      |Ft| ==。=:::/=。=〈                                    f´ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|.           「開始価格は金貨五十五万枚、.  |  即決。  /
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|            即決価格は金貨八十万枚――― 乂____ ノ
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_.       はい、即決いただきました!」
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
   |   |   \    /|  |



――――――――――――――――――――――――z________________________



 _,n_00
└l n |    ,⊆.己   _,n___   [][]「l
  U U    `フ_厂   `l_ヤ′   くノ
    ||: : : i::i: : : |.         _________________.     |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |.         \                        \.... |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |          \             一へ         .|... |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |.           \/\      ,─  ̄  :::::\       .|... |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |.           /   \_ -‐ ̄        :::::::::\     |. |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |.          /                _ ─‐:::::::::\   .|. |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |.         /─_           ─    :::::::::/     |... |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |         |    ‐    -‐ ̄     ::::::/       |... |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |.         ┏━━━━━━━━━━━┳━ /⌒i   |... |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |.         |llllllllli:::  |━━|llllllllllllli::    |:::::| :|⌒l |   . |... |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |.          |lllllllii:::  /,::::::: |llllllllllllllii:::  ノ:::::| :|⌒|:|   .|... |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |        \lllliii::/,::::::::::: \llllllllllllii:::ノ::::::::|::|⌒|:|    |... |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |          |. ̄/,:::::::::::::    ̄ ̄ ̄::::::::::::|:| ノ丿   .|... |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |            | /,::::::::::::_::)      :::::::::::/l :<´   .|. |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |.            (::: '______  :::::::::::/: :\     |\゙|::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |.            | \        ) :::::::::/::  :\    |::::: |::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |.             |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ::::::/::゙f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    ||: : : i::i: : : |.             |    __    :::::/:: |  代金のお受け取りに参りました。|
    ||: : : i::i: : : |.            /|    ::::::::    ::::/::.. 乂______________ ノ
    ||: : : i::i: : : |.          /:::::::::|         ::/::        /|::::::|::|: : : |
    ||: : : i::i: : : |.        /::::::::::::::::::l______/:::       /  |:::::|::|: : : |
  ー、_||: : : i::i: : : |....   /:::::::::::::::::::::::::| \:::::::::::      /   |:: |::|: : : |



―――――――――――――――――――――――――――――
  ここまで来ると従業員達も慣れっこになっており、
  待ち構えていたのだろう、
  台車を呼ぶべく扉が開かれるとすぐ目の前に男が立っていた。
―――――――――――――――――――――――――――――

608 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:10:59 ID:8/bKapBc
205.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  問題は次だった。

  右代宮子爵は悩んだ末に、即決があれば多少高くても即決を、
  青天井でもぎりぎりまで抵抗してみせる覚悟を決めていたのだ。

  即決は言った者勝ちであり、早さのみが勝敗を分けるため、
  予算の範囲内であれば即座に入札しようと司会の声に全神経を集中させる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



           _____
   _f´ ̄r>: ´//ィ 才  ̄`  .
.  i  i _ ノ `7  ̄/   `  ̄`  :'.
 / i ̄rf=ミ⌒Y `ヽ    ヽ ヽ ハ
 } / _jr=fハ `ヾー-く  |   ' ∨ハ !:
 〉.」 }彳rfぅ}刈 〉 ハ} i    ∨.∨/从
: }. { / 廴ゞ=彡イ{.  ノ! ! !:i  ∨イ f豸、
. Y.∨\_f´__彡イ才⌒i| i |: 孑爻 V仆ハ
 L_.}≠ミ乂__彡._/  八i.斗彳..ィ  ヾ i 丿
  人  }.∨∨ハゞ=彡ハ:{ ≠t以   〉{
    `ヽ乂∨∨ V⌒ヾ从 `≠    .イハ
       ` < 八 う`ヾ    え:ソi }    「次、次ですわよ子爵様!」
          }f´ >-イリ .. ____ 人
          }弐v,  //  .イ__ _ _
          人::::爻//Lzf才
     > ´   \:.:⌒ヾ:.:.:{
   /          ` ー=彡



         、 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>へ.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
         |V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
         |j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>".:><.:.:.:/´~~`V.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ヘ
         |.:.:.:.:.:.:.:.:.:<.:.:./.:.:.:.:.:.:.イ    V.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:.ヘ
         |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/ - - 、 V.:.:i.:.:..:|.:.:.:.|マ.:ヘ
         |.:.:.:.:.:.:.:.:./.:/ヽ.:./     _ ヽ_V.:|.:.:.:.|.:.:.:.', ヽ.:ヘ
         V.:.:.:.:./イ//ヽ, |      ! `テ`寸.:.:.:|、.:.:.',  ヽゝ
         Y.:.:.´.:.:.:.:.{  ニ{ `      ヽ以   | ヽ.|ヽ.:.:.:i
          |.:.:.:.:.:.:.:.:.入ヽ }            ヘ 寸∧.:.|
          |.:.:.:.:.:.:/  ゝニ          _  } マ  寸
          |.:.:./      ',      __   イ´
         r<"       乂     ~==r"
      /\: : : > 、      \      r "
     /    \: : : : :> 、    >- __ノ    「ああ、分かっているとも」
    .く       \: : : : : : > 、 /
   イ `ヽ       \: : : : : : : >!、 ゴクリ    (四十だ。四十万以下なら即決も辞さん!)
 イ     ヽ       >: : : : : : :/\
イ       \    /  \: : :./三∧



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  まわりの参加者達も、かしましい子爵一行が指輪を狙っているのはとっくに分かりきっていたので
  どうなるのかと固唾を呑んで見守っており、
  七番の指輪を乗せた台車が舞台袖から現れていよいよ司会が価格を告げる―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

610 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:11:59 ID:8/bKapBc
206.
――――――――――――――
  前に即決が差し込まれた。
――――――――――――――



      _
     ,ィく\`ヾ ゙゙̄ー-- .._
    ハVミ゙^⌒゙^V} リ} } / ̄ア/ア
   /ヾミ^     `゙^</,リ >^V /
   lミ .{.  __     `゙`´   \
   l\ :|  L___`ヽ 二_ー--'彡 ,ハ
   lヾ゙ ;|     `ヾ\_,、 ̄  //ヽ
   }ヾミ{    ==。=ぐ'.  K∠  ./
  :| x‐v'    _`ー‐_´   ゝ゚__ア {
  :|'{        ̄       V- .l
  :| ゝ._      _ノ r    '.   |
  :|// ,ヘ u.  /     ゝ ≠:   Vヘ!                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ_
  :|/  ,ハ  /  ー―-----一゙´ l         「続きまして七番の品d   |  即決。   /
_..」/ '/  l.  ′    ==      !                       乂_____ ノ
:.:.:.:.:| '/  `  、          /
:.:.:.:.:.K      `  、     , <        _
:.:.:.:.:.| \       `ー-イ:.:.:.:.: |:.>- ._ ./  ヽ-x
:.:.:.:.:.|   \         |:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ア ,∠ア   \
:.:.:.:.:.|    \      /|::.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ./:.:./=イア⌒ヽ



――――――――――――――――――――――――z________________________

  「L.、00  n_     「L.、00  n_     「L.、00  n_        
. //二  . _」 己 . //二  . _」 己 . //二  . _」 己  ___ 
└─┘ ..(⊆广゙ └─┘ ..(⊆广゙ └─┘ ..(⊆广゙  `つ_)

                            _n_n__00  ____    _n_n__00  ____         
                           └i_n┌'   Lr┐ !  └i_n┌'   Lr┐ !   [][]「l 
                              く丿      くノ      く丿      くノ     くノ 
                  /ヽ―--、              /|  /|
           r――---‐‐-       \___     ノ |//}
           | へ       \       \  、 ヽイ   |/ |
           | |/////`ヽ、     \. \   \ \  `、|  /
         < 冫 l入/∨lλイヽ、  `、. \   \    ヘ  ,′
       / >   /        \  ∧   \   \    ヘ /
      , '/ ∧ /./         , -‐  ∧.   \  `ヽ、 | |
    //  /// /ヽ        ,,≠ 、   \∧\   \―---- |
   /   / 弋 イr=、、}ゞ-≦γ'冫 ノ   .\\\  `ヽ、\  }
           /λ{ソイ    ≦ ̄ ̄ |||    `、\    、 \/
        / /   !  _              /\ \  \ /
       彡 {   ヽ_ -‐   、   ∪   / ./\  < ̄/
            |   r _---  、ヽ      ∠ へ  `ヽ亅/
           |  {| {////////ゝ_l    // 卜 冫  /
             i  } ゝ _///λ///       ィ /  /
            i  |///   ̄   /       ヽイ  /
             }  ∨′‐ __二ノ       /  ∧/
           |  ` ̄ ̄     _  イ   /  |       「は!?
            ヽ--- 、‐― ―  ̄        |          はああああああああ!!???!?!?」
 / \          -‐∧             /   |\
     ゙――――// /:∧ `、     /    /  `、
           /  /: : :l\  ゞ     /   /     ヽ、
           /    l: : : l/ 入 イ      /      \



――――――――――――――――――――――――――――――――
  まさかの、値段を聞かずの即決で今日一番のどよめきがわき起こり、
――――――――――――――――――――――――――――――――

615 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:13:00 ID:8/bKapBc
207.
――――――――――――――――――――――――――――
  かなり高め―――いや、桁違いに設定されていた即決価格に
  声はさらに大きくなる。
――――――――――――――――――――――――――――



 __,n_00   _ n_  __,n_00   _ n_  __,n_00   _ n_ 
 `弋乂   l リ r┐|  `弋乂   l リ r┐|  `弋乂   l リ r┐|
  ( ⊂´   └1」 L」   ( ⊂´   └1」 L」   ( ⊂´   └1」 L」
   ̄ ..          ̄ ..          ̄ ..
..     _________________
      「 | | |  | | |.  | | |   | | |  | | |  /// ///\
     \ | | |  | | |  | | |  | | |__,-‐、|  /// /// /.|
.      \,ヘ、. | | |  | | | |_l-'  :::::\/// /// .///|
       /  ヽ、| | | |_l l-'    U ::::\./// .///.│
      /    ` ‐-‐'          :::::\ ///  |
.    /l\    ヽ、 __, -‐'  ̄   __,-‐ll´\::::〉___│
    ^l\ll\ ヽ、 _ , -‐'  __,-‐ll _ll-'´ ̄::/ ──‐ |
.    |  \ll\      _,-‐' ll _- '   ::::/  ̄ ̄ ̄│
     | _二二\ll||   ||l_ll二二二_  ::::|  /⌒i._|
..    |  ̄ ̄ ̄o >.......≡ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄  :::|:ミ|l⌒:|─|
    | ` ‐--/.:::::::::   ` ‐---‐ '´ U :::| |l⌒l.| ̄|
    | 、_/,::::::::::::::::  、_     ,ノ   :::|: ||⌒l.|_|
    |   /,::::::::::::::::::::   ̄ ̄ ̄   、 :::::|ミ||ノノ ─|.        「は、八番様―――
    |/./,::::::::::::::::_:::)   `‐--- 、 \ ::::|.|`‐' ̄ ̄|\       金貨……二百、八十万枚で即決です」
    │v L                   \  ::|| l、__|:::::\
.     |  -----======ニニニニニ⊃   ヽ::::|: ::l、─.|:::::::::::\_
     |                   :::|::l::  ::l、ニ|::::::::::::::::|:::‐-
    _/:l     ━━━        ::::::::;/::    :|,|::::::::::::::::::|::::::
._ ─/:::::::l                ::::::;/::   /|:::::::::::::::::::::|:_:
::::::::::/:::::::::::::ヽ             :::;/:::   / .|:::::::::::::::::::::::|::
:::::::/:::::::::::::::::::::\_______;/:::   /   |:::::::::::::::::::::::::|:
::::/::::::::::::::::::::::::::|\::::::::::::::::   /    .|:::::::::::::::::::::::::::|



――――――――――――――――――――――――z________________________



      ヽ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:弌
       |∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.笊
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i八ヘ
     ヽ」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://.:.:|.:八ヘ
     '寸.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:./レ''i.:.:.|ヽヘ
      ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.://  ノ.:.:.! ヾゝ
      ーゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.//ヽ /| ヽ|   `
        ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//  レ';  ヽ
         ヽ.:.:.:.へ.:.:.:.:.:/   /
          |_∨__ヽ.:/  .|/
         ノ――――――{      「に………二百八十ゥ!?」
       ノ          ヘ
      /_________へ、
    <      /          > 、
 <        !              ̄ > 、_
"         |                    7ヽ、
           !                    /  ヽ



――――――――――――――――――――――――――――
  司会が説明を始めた瞬間から入札は可能であり、
  べつに競売規則から逸脱した行為ではない。

  即決無しの青天井だったなら無効になるだけなのだ―――が、
――――――――――――――――――――――――――――

620 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:13:59 ID:8/bKapBc
208.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  事前に価格ややり方は知らされないこと、
  かつて貴族間で『値聞かずの即決』が流行ったときに
  ぼったくりの即決価格に引っかけられる者が出始めたことから
  司会が説明してから即座に動くのが無難、と言うか当たり前だったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                         ____
                    r= _=RX⌒7ァ    \
                   >:/ /7ヽヽ:/:フ/⌒7 ヽ }
                  rく:∧ ∨/|ミ彡    / //
                  >≫ ≫マ:ハ     / :://
               ム=z/(())ー ´   /  :/'′
                 /:::::/ゞ彡}     /   /
             /:::::/: /   /   /
               /::. / /   /   /
              {: / /   /   /
          八 、(ト <ゝゝ/
                ヽ三辷彡 ´

┌────────────────────────────┐
│ 【ドラえもんによる鑑定】                          │
│ 魔法の指輪(4~6号)                         ....│
│ ・指輪の素材は付加魔法と相性の良い隕鉄鋼、          ...│
│  引っかからない程度の宝石は蒼玉だろう             ......│
│ ・目録の説明書きによれば                        │
│  魔法抵抗力上昇、魔法防御力上昇が付加されているらしい    │
│ ・指にはめずとも、鎖に通して首飾りにするなど          .....│
│  別の方法で身につけても魔法効果を得られることから      ...│
│  自分で売値を付けるとしたら金貨二十万枚            .....│
└────────────────────────────┘

623 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:14:59 ID:8/bKapBc
209.



           ァv‐ッ-‐ '' ゛  ̄゛'ヾ:.<   ../!
         /::ヾニ、´         ゚。',.ヾニ二イ
       /:;ィ、::!::::}, ゙ ,゛ .!  !     ! ゙, ゚。
       〉!:rゥイ:)::∥ ,゙ .:  !    ! ! .',.',
       〈:;/:`´゙::r゚ ! ,゚  !  .!    !  ! .l:
       !、:゙:^:゚::.,'! ! !-‐''"゛、 ̄ ̄~'' ,‐-、 .l!|
.        !ヽ=イミ!.', :! -rュャ、`   ''゚,ィャ、!`! !
.        `゚i、', ァ、|゙l、!  込ソ    .以 !、!
         ヽィ!ぅ.l.l ` ヽヽヽ   , ヽヽ!
           ゙yλ、      _   ./、      「ちょ、ちょっと子爵様!
            !',  ヘ    ゚′ ∠ヾ゚。      指輪取られちゃったじゃない!」
      イォ_r.、‐、-‐、代ミ、〕ト   __ <、//,
     /`ア: :イィ',=、 .〉.!.)ヾ、≡=‐ソ   ヽ} ゚,::゚
.    !、_,': : //: :', _゙!、〃  `~~´ / !.{!¨',::!
     !./: : .l ,' : ::.} ̄', `ヽ、    ,イ   .!゙‐ヵ:::゚。
.    /.:: : ,'.,' :: ::..}   ',   `  .゙    _ .!__/ 、、:゙.,
   ィ´.:: : //: :: : ::l',-‐‐,  _  ヽ _/ !,゚ ,゚: :::ヾ;:.〉
.   ハ: : 〈〈.: :: : : リ',゚。‐-.,l゛ ヽァ=〈  !、_ゝ: : 〃/
     〉: : ',゚,: :: : /ァ: :λ/〉  .l!//}___, イ  .゚。'',ヽ
.    /.:: : // :: ::',', :: ::ヽゝ,゙、_/,`゙´ヽ、 !  リ: ll: l



_:.:.:.:.:.:.:.|    \.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:
.゙:.:.:.:.:.:八     \マ.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:
.゙:.:.:/.:.:.:ノ      ヽヽ.:.:.:.:.:ヘヽ.:ヘ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:
:.:.:/.:.:.:.:|        ヽ_ヽ,三∧ヽ.ヘ /ヽ===弋===.:.:.:.:
.゙/.:.:.:.:.:.',   __ =="  `ヽ∧ ヽ>  \.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:
...:.:.:.:.:.:.:.:', ,イ      ___ ヽゝ、 ヾ ィニ `ヽ.:.:.:.:ヘヽ.:.:.:.:.:ヘ.:
. :.:.:.:/`ヽ',     ー "__     ヽ  ヽ ̄ ̄~`ヽ.:.ヘ `ヽ.:.:.:',
゙|.:.:./ `ヽ、  ーイ ̄ ̄                  `ヽヽ lヽ.:.:
_|.:.イ レ ハ             i      u.     j寸} )
_|.:八   乂ヘ            |            /イ /
_レ'  ゝ 、 `ヽ、    u.       ~          /-イ´
.      ヽ__、        ______   ノ
             ヽ    <ニニニニニニニソ  /.    「いやぁ、まさか値聞かずで即決を入れてくるとは思わなくてさぁ。
              乂     マ::::::::::::::::::::::::::シ  /       また別の探そ、ねっ?」
                ヽ 、   ` ̄ ̄ ̄ ̄´ ./ |-、
                ∧ > 、   ̄ ̄ ̄ /   !: |
               /: 乂   > 、    /   /: :ゝ、



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もしも値聞かずをしたのが自分だったなら、余裕で出入り禁止になっていた子爵は
  これは仕方ないよ、予想できないよ、ごめんごめんと不満そうな連れをなだめており、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

626 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:15:59 ID:8/bKapBc
210.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  委託者達―――たまにある話なのだが、出品申請書に書くゼロの数を間違えた―――
  に至っては何の間違いだと会場を飛び出してしまう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          __,,,...,
     _,.-';;";;;-‐'"ヽ
  ,.-'";;;;;;;;;;;ノ x==' ';
.  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| j = 〈_
  |;;;;;/-、ヾ_」  """ ___ク
  |;;;人  ≡     /-/
  |〃 `¨´  j   `7    「に、に、に、二百八十万!?
 />‐- 、.,_    r‐'        あれ、僕たちが委託した指輪だよね!?
. /    | `` ‐-!       即決は二十八万にしようって話さなかったっけ!?
 ― --、.,_|     \
      ヽ      ヽ    僕、受付に確認してくる!!!」



               フ(て)\
               / `―'"
      ,.--――-、  /
    /彡二二ミミヽ/
    'イ',へ   |・ヽ iヽ
    彡| | ‘| : Lノ ノ);:ミ
    ソ フ  -、 / | ;:ミ
    ヽ Y `ヽ ' /  !;:「ヽ
     |   _/   ;:9ノ
     | /,.--`ゝu. ;:-'ミ    (………もしかして、丸の数間違ったか?)
     | '"~      ヾ
     く ,,,...--'""    `、
      `┐;:;:;:;:      ヽ_
       |;:;:;:;    | ̄ ̄  \
       | _,..--''"フ 二二 ヾミー--
   ,,,,,...-i''" ,,,...--'"
  く ,,.-'" ̄
  /YO



         _,.ニ三 ̄``ー-、.ヽ、
     ,..-''´          ` l/!
.   /7                '-、._
.  ´ /  ,rー'''',二ー-、._     ヽ´
    !.   ヽ   l l_!   b ヾー、   i、l
   ヽ   i,.r‐`‐'‐-、ヽ_,ノ  ! i´`i !`
    `ヽ,-!_     ヽ u. l /う ! ト'ノ       「誰づら?
      ヽ、_`ー-_‐_'ィ  _,. l/二-'  ニィ       イワキに書類書かせたの」
        「二.!ー‐'ニi´  ,r'´ヽ 、l二,
           r'i´ `y'´   _,.ヽ´_                \ヽ人_从人__从_人/
           ヽー'´    i'    ヽ、               ≧            <
            l.       !   ,..-'´ ヽ、           ≧  お前だ!  ニ=-
            l         ! ,r'     __,.ヽ、          ≧         ≦
                                      /Y⌒YWW⌒W⌒YY\

629 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:16:59 ID:8/bKapBc
211.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでも混沌とする会場を見下ろす二人の態度は変わらない。
  いや、むしろ喜んですらいた。

  あれだけ指輪、指輪と騒ぐのだから即決を入れてくることは十分考えられたわけで
  こちらは財布と相談して確実な先行策を取っただけだし、
  桁違いのおまけがついたところでさらに話題性が高まっただけのことなのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      _____
    //⌒ ⌒ヽ  `\
   / / ・/・  / 、    ヽ
  // `ー●ー ´   \   ヽ
 /^ 三 /  三     ヽ    l
 ヽ.__ /     __  l    |
  | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l
  ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /
   ヽ  ヽ、__/    /  /      「フフフフ。
    >━━,-、━━━━┥        二百八十は意外だったけど
    /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l.         逆に話の種には良いんじゃないかな」



           / ̄ ̄\
         ⌒´ ヽ、,_  \
            (●)(●.)    |
         (_人___)    |
            '、       │      「ええ。
              }       {        商人も貴族も確実に
          !、______ .ィ-ート、         賢狼隊の名を持ち帰ることでしょう」
            V/_:_ュ:-:-: ヽ
            {ャ< : : : : : : : : :.
           /ー-、: : : : : : : : : :'.,
   「r'、     / : : : : :`、 : : : : : : : : :'.,
   } r'、 ヘ、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
   i/ ム、} .{ i : : : : : : : : : V : : : : : : : : |
   { い、{  Y : : : : : .\ : V: : : : : : : : |
   \  ヽ {|V : : : : : : \V: : : : : : : :|
     \  ノ|:.V: : : : : : : : :〉 : : : : : : :|



      , -‐=ニ二二三≧=-=、
.     ///≧=--=ニ三三三ニニヽ
    ///////////////// ∧ニハ __
.    '////////////////// ハ二=∨
   ,'////////////////////ハ= ,イ≧=、
.   >、__//////////////////ハニ=-≦i´
.  /   ≧=‐------===≦¨¨¨´    !
 ,' :/                |从リ/ソ
 ! ://                |  !´
 i :| !                  ∧┃!
 | :! ! i!              / !┃∨
 Ⅵヘ | \                、ヾ  ∨
    ヘ\ 丶             /\|  }
       \_..... ---=ニ___/N   ⊂/    ポカーン
       ヽニニニニニニ≧=、r‐ ≦

631 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:18:00 ID:8/bKapBc
212.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  茫然自失の注ぎ手にすこし済まなさそうな表情を浮かべたやらない夫は
  支払いだな、といくつもの革袋を取り出しかけたのだが、
  ふと思い直して手を入れ直す。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ    「っと、もう貨幣じゃ重いか。
           |        |      宝石払いにするので鑑定に回してください」
            iヽ       |
           }、 `> ー-´-くヽ- 、___、
          _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ
       __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \
    ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧
   r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : : : //: : .ヽ
    } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : . \
   f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : : : i :/:,: : : : : : : : : : .ヽ
  / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : : : :V: {: : : : : : : : : : : : .\
 /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : : : :rヽ: : : : : : : : : : : : : : .\


                      /|
                   M/ .|/|_
          / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.       /
         / /  O  /   l      Z
        ,、{_l___l__/、
          / / / メ  ヽ、ヽ、   \
       / / ∧ヘ'ヽ'ヽ'ヽヘ、    ヽ
        / / l \   / ヽ     ヽ
      / i i l ○   ○  }/   i'´
     `i.  __ヽ= r―-、= ソ_ィf_ノ`    「ひゃ、ひゃいっ!」
        ヽ'ー'ヘ   l    }  /  ____
           ` ‐t―‐f<__  li. _ |
     =ニ二二 ̄ 〉l ◎ l ト、__ ̄|l(☆).|
           ̄// ◎ l i   ̄li.  ̄ |
             / i ◎ l  l    ̄ ̄
             { l ◎ l  l
            └t-iー、_l_ゝ
            lーi  `iーl
            l i     l l
            └'    └'


―――――――――――――――――――――――
  返す手で現れた別の革袋から、
  大粒の金剛石やら翠玉やら紅玉やらの原石が
  ひょいひょい取り出される様子を見て
  エリザベスの声が裏返ったとしても仕方がないし、
―――――――――――――――――――――――

635 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:19:05 ID:8/bKapBc
213.
――――――――――――――――――――――――
  運んだ台車係や、鑑定室が驚いたのも仕方ない。
――――――――――――――――――――――――



     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      \_            |
        >_\__/ ̄\  |
       |  \    / ̄ |.|
      ┌ ==――===||
      |\\┌┐ \\ ∥)|
      ヽ──/  ───イ /|
        | ∠ ~    u,  | |
        |⊂二二二⊃ | |    (でかっ!)
        |  ー-    イ /
         \___/ |/
   _ ―――/|      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄へ
  /       |\  _/|         |
 |       | Y ̄ フ /|          |



       /~''''--,,,,
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
      /   /~ '-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     / /,-,: : : ''-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     ///ヘヽ: : : : '-;;;;;;;;;;,,,-''ヽ;;;;;;;;;/
    /;; ヽ  ̄'\ヽ: : : : : : : : : :ヽ/
   /,-i;; >''-,,,  ヽヽ: : : : : : : : :,ヽ
  / / ノ /   '''-,,ヽヽy: : : :_,,,-'''~ヘ)
  / / // i  ;;;;;;;;;;;;;;;''''-,,_ r;;,,-'''~,  /
 / i // ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/ ;;;;~~~''''-,,
/;;;;;;;;;,イ \ '-;;;;;;;;;;-/~~''/, ;;;;;;;;;;;;;;;;;/
;;;;;;;/;i  /    ,,-''  人;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
/ ;;;i   u.  ヽ    ヽ ~'''''イ
   ;;;i /~~''''-,,,  { _,,-ノ ,-- /
  ;;;;i (二'''--,,,~''''-,,,  / /
  ;;;i:   ~~'''''っ,,''''-,,,-, ,/
  ;;;i:    ''''-,,, ''''-,ノ /      「うおっ!?」
  ;;;i u.   'ミ  u.  /;ヽ、
   ;;;''''-,,,       /;;;;;;;;;ヽ、
   ;;;;;;;;  フ';;;;-  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
ヽ ___,,,,,-'' /;;;;;;;;;;;;~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
/ヽ    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;ヽ  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ、



―――――――――――――――――――――――――――――――
  より高額な宝石払いでも圧倒的な無限の財布の持ち主とは―――
             ジュエル・ビースト
  伝説級のお宝怪物宝石の獣魔を斃したことがある、というのは
  つまり、こういう事なのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――

637 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:20:04 ID:8/bKapBc
214.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  落札から十五分が過ぎても動きが見られないので
  さすがの八番も取り消したのか。

  そんな空気が会場に漂い始めた頃、足早に出てきた司会が頭を下げる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ
      |Ft| ==。=:::/=。=〈
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、           「大変申し訳ございません。
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_.      鑑定に時間が掛かっておりまして
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄....   競売再開までもうしばらくお待ちください」
   |   |   \    /|  |



   ノノノノ
  ( ゚∋゚)
  /⌒\ノヽ   (払っちゃうんだ………)
 (〈  |)



      ミミ ヽヽヽヽリリノノノ
      ミu  ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡
       l u iiiii  u u  u|||i
        | 」|||u  ⌒' '⌒u|
      ,r-/||||||<・> < ・> |
       l  |||u u ノ( 、_, )ヽ u|
      ー'  u ノ、__!!_,.、 |    (払えちゃうんだ………)
      ∧  u  ヽニニソ  l
    /\ヽ    u  u /
  / u   ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ



               l\__,.イ⌒V\____
               |\\  ∧//   /⌒{__
            __,ノ   \∨ V ////  />─┐
           |\ .厂 ̄ ̄  | |//// /// ̄ ̄}
           |  /   _. イ| |/// //  /⌒}
           | ./   }==ミ≧ミ|////  -===ニニニ7
             //   /ュ'⌒}ニニ \/ ______.{
        //   /{\{_)ノニニニニ:\=======ミ ーノ
         { {  , イ|\三三三.ィ⌒\ニ\ ̄ ̄ \`>´
         | | //∩|    '´  く偽Y \ノ===< \
       /| | { /{_∧  ⌒ヽ  _)ニ´/)  }} } } /
      / 人 | | /__/∧ `¨´  ⌒} /⌒\-<li} } { {    (私なら取り消して出入り禁止を選ぶ)
     { //li}ノ _( \ ≧ー──/ /-/⌒\ノ {人
     { .乂{ {_{>( \ ____,/{ | {イ  /⌒', l{  \
  / ̄ ̄ ̄  //_\ ______/人| |  /^\\∨\  }
/      ∠う\       //に}_}\_{≧/´ ̄V}} /
         ∠うュマココ=イrイノ L{\{_ {__∧=-   V/
.            レ' (_) ∨∨)ノ   }ニ人}⌒{∧=-  ‘,



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  実はやらない夫が出した宝石が原石―――どれも大粒で混じりっけがない―――
  だったために何人かの宝石職人を呼ばねばならず、
  一つ一つの原石に対して職人達が『私ならこう削っていくらぐらいのものを作ります』
  という評価を下していたために余計な時間を取られていたのだ。

  ざわつく会場には待つのも面倒だしどうせ最後も八番だしもう帰ってしまおうか、という空気も
  漂い始めていたのだが、一部興奮して再開を待つ者もいた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

639 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:21:05 ID:8/bKapBc
215.



.      , =-―‐-=≧__
.    ,ィ'´r'r' ,r'´_   `ー=、
.   ,r' /^Y´´     ̄ヽ ==ヽ
...  Y´        `メ、 ≦__ヲヘ
   j     ,   ___  メ、ア ,,,,;;ヘ
.  〈 ___ 、j 〈,r=:´,::::マー≧ヲヘ;;;i
.   {´::{::・::爿=ヘ:::::::::_;ノ´ ̄アr'ヽ};;ハ
.   _iー=´ j    ̄       !.P メ;;;;ゞ
.   i |    ム丶        }メ;;;;;/           「ウオォォォ!!
...  !_|.   }:::::ヽ           {;;;;;ノ.            やっぱ八番すげぇっスね!
.    ヘ  、- = 二ヽ     .j;;;/
.    ヘ  ヽ'  ̄ __ ハ   /;;;ト、              こりゃ俺達の精霊石も
.     ヘ  Y  ̄ _/   /:::::::!::\            すっげぇ値段行くんじゃねぇっスか!?」
.      ∧  ` 二   /::::::::::!::::::::\ー‐--x__
.     / ヽ _ ,, <::::::::::::::::ト、::::::::::\::::::: \
      Y   i::::::::::::::::::      |:::ヽ、:::::::::::ゝ、::::
     ,|    |:::::::::::\ /    |::::::ハ:::::::/ヽ\:::
.  /|    , ト、:::::::::::::Y:::::   !:::/ ヘ:::/::::::::: ̄::::
.../  !.   { l::}:::::::::;,,,._     !:/  ∧\::::::::::::::::



  /.:.: : :./: : :.:::i:. : : : : :..:|:.:.: : : : .:. /.: : :, : .:.:.:. : .:./: ..:.:l:.: :. ',
  /:.:. : :/ : :. :.:.:|:. : : : ::. :.|:.:.:. : :.:.:.:/ :./.:.:.:.ィ:.:.:.:./:.:ィ/:ハ::.:.:. |
  l:.:.:. : | : :. :.:.:.|:.:. : : ::. .::|:.:.: :.:.,::イ:.:/:.:.://:.:.イ//〃 _l:.:.:.|l
  |:.:.:. :.| : :.:.:.:.:.|:.:.:. : :.:.:.:.:|:.:.:.:.// l:./:./ン:イ〃'´ ′ '´ |:.:/リ
  |:.:.:.: :| : :.:.:.',:.:i:.:.:.:. :.:.:.:.:l',:.:.:// .|'/ '´ _‐-、::.    r,rョ:./
  |:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:',:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:i.',:.:.|:| " _ン'´坏示、    ./i:|/
  l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:l:.:.:.:.ト:.ト、l ',:.|リ   ゝ、!:::・:} 丶    ゞ
  、:.:、.:.ヽ:.:.:.:.:.ヽ:\:.:.ヾ、ヽ、、|    ´` `¨      、 .l
   \ヽ: !:.:.:.:.:.:.:\:|\|ゝ ヽ              ン
    \_、:.:.:.:.:.:.`| \_,              .: '´/
    | ̄ 〃 ̄`ヘ__:.ヾ、  `          , --ァ /
    }  ||    .〃\ゝ          ヽ ̄ i,/ /   /`}
   /  〃    》   ̄\_ 、       `‐'´ /   /  ./.    「高値で売れたらどうしよっかー?
.  /  /    〃    //`-->, _    ´ /   ./  /      まず宿変えてー、服買ってー、
 _/  〃_ン-‐──--、〃    ``ー≧ー─ ′  /  ./.       魔法のブーツ買ってー」
/:.: '´ ̄     \    \マ   /  Y`ヽ.    /  ./x、
.  /        |     | マ ./  /||ヽ .|  ./ ,_ //  メ
. /         }     .} .Y  ./ .[] |  ヽ ./   ,/ ./‐、
/          .}     .} ||./.    {   |'´ ヽ /  _/  ./'´`ヽ
           }     } | V.     }   `   ゙‐/  /'  /
           |     |.| .|      |    \ |'´_ィ__l_ン'゙/
              l      l.l .|     r〈|     |  ̄   /

642 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:22:00 ID:8/bKapBc
216.



                 -==ミ
           .:::´> . -‐:::≧x
        /:::/ /::::::::::::::::::::::\
        .′:/ /::::::::::::::::::::::::}::::::::ヽ
         {:::::′/:::{ :::i:}::}::::::}::ハ:::从ハ
         {:::::{ {:::::ト、从ハ从リ ィ斥
        :::八 V:ノ   ≦xミ  {リハ
         V::::{ぅミ{   代リ    、 !         「賢狼隊ってハナムラ君が
         V人 ゝ         ′}         お世話になってるところなんでしょ?
         V::::〉ミ´ \    ー ' /
          }::/\::\..≧=- <        手紙じゃ分からなかったけど
         ムx≦//:/ /  ‐- 、 丶        凄い商隊さんなんだね」
         __ ノi:i:i:i://:/ /       ヽ \
     /i:i:i:i:i:i:i:i:i{ {i′{     _ -=ニヽ   , 、 }ヽマ 、
      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i} }    __     \ \ V ー′  }
    ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i://  八 -=ミ 、      `ー=ミ\厂`ヽ/



              z  ̄` 、
           _ <       >、
          , ´           ヽ
         ,::             '、
         ,:::   乂       ヽ  ;
         ,::::. |   \ 、 、 ヽヽ i
         ,:l:::ム   \弌 、 \__弌イ
          ,V::::_ゝ_\ ヽr-r辷リ´フfリ_
             〉ヽ_ 辷リ /--ヽ__-' ヒく l        「この間の手紙に
         ,' ヾ`ー一  l     ,'/ 〉ハ        隊長が北部に行くかもとは書いてあったけど、
         i  ,l ヽ     〈    , / .///\         西部に来るなんてことは一言も………」
       _<|   ',`ヽ ` ̄ ̄´, ./ィ//∧∨>x_
     <////\`ヽl  l> ―― ――,'//////////ヽ、
  γ´/”,//////|| ソ ´     `⊇〈/////////////ヽ
   l////”,//////|      ー一「////////∨//////l
   '/////”//////{        ク{///////∨///////!
   }/////”/////〈     _ ーl/ !//////∨////////|
   {///////〉///j \ γ´ /   l/.!///☆∨/////////}
   V/////”///〈   \| /  { !/|////イ∧////////
    V/////”//V\    \\ { !/|<>イ//l!/////∨
    V/////|/V\/\    /  Y{////f// |//////

646 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:22:59 ID:8/bKapBc
217.



              ,.ィ
          , -‐ ''"  ̄¨≧._
        ,ィ´          `ヽ、
        //             >
      〃ヽ > '' "¨¨ヽ、     ヽ
    ,/   ´       _}      t`
    i          `ヽ      .V
     ′          `ヽ       .\
    {、_        X   { , =、  { ̄`
     }代ッ, -‐ァ''f:ヵ`ベ   }'r:^ }  _、
     !  .:;′  ` ¨ '    f:ノ/ /
     '. .:/            '<r '´
     V、..__          /  ト,         「まあまあ良いじゃねぇっスか!
.      ヘ- . __,    /  j/,ヘ            先輩だって高く売れたら装備の借金返したり
     ハ       , イ  /XX,ヘ、       ナナコちゃんに家買ってやったりするんでしょう?」
    /::::ヽ..__,,..  ´ _,..イXXXXXX!:ヽ
    ||::::::::::::/!     \'XXXXXXツ: : :\_
    ,ィ|:::::::;イ′'        ヾXXX,/: : : : : : : : /: ̄
,. イ: :.||:::::/:|             V/ : : : : : : : : ::/: : :
: : : : :.||: / { ̄ヽ   __ /: : : : : : : :r-、: : : : :
: : : : :.||/   \         _/\: : : : : : ヘ  ): : : :
: : : : :./      ̄ ̄ ̄     \: : : : : `¨: : : :



             /: : : : : : : : : { : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
          {: : :{: : : : :{: : : 、 : 、: : : 、 : : 、: : : : : : :}
             、\:\:\  \:\ : :\: :\:ヽ: : : }
          ∨ ゝ芹苅 ヽ  、\ヽィ芹苅ーミr、 イ
           {ハ `弋ン` ヽ\ ` ` 弋ン ' リて}:リ
               Vハ      |         ムイノ'
            ー{             /イ/     「うん」
                、     ヽ ‐        /}: /
                  \  ー- 一   . ′/        , - 、
              __ヽ         /  |'≧x        ′ }
            ハ {≧z 、    イ -=≦彡 ´ }      }  .′グッ
              } ハ} }    `¨ ´   { r}     人  __人  {
                ′ } }        } ハ / /}{   :′ ` 、}
           〈/ ノ ノ、         / / 辷彡 ノ{´ ̄ ̄ ` 、 }.      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
         -‐   マム `ー―――ァ .′ {   / { ー-  __  ハ.      |  大変長らくお待たせいたしました、  |
  _  -‐ ¨¨   /   マム       //  ーイ  {、__       }`ー- _. |  これより競売を再開します。      .|
 :´ /        /   / マム     //      |   廴   ̄   |     乂________________ ノ
 | .′       /   .′ \\//        |    }`     ハ、
 | {      /   {    `【】´        /    八     /  }ヽ



――――――――――――――――――――――――――――
  そんなふうに最後の委託者達が皮算用な夢を語っていると、
――――――――――――――――――――――――――――

647 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:23:59 ID:8/bKapBc
218.
――――――――――――――――――――――――
  ようやく競売が再開されて精霊石が壇上に現れる。
――――――――――――――――――――――――



              _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
                /=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
             l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
             !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
               F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!
            F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
           , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
           | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!
           ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
             ̄| / __ L_  _!___ \ |''"
             /!.  / -──────--! .|、
            /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ          「本日最後の品物はこちら!」
           /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
      _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
_,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-



――――――――――――――――――――――――z________________________



                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
          ,,―‐ .,.       |  番号遺跡から持ち帰られた土の精霊石です!  |
.        /\|_|/\...   乂_____________________ ノ
       /\/  ̄'\/ ,
       | ̄||      :|| ̄|
       |_||      :||_|
       ’/\__,/\/           ┌──────────────────────┐
.        \/| ̄|\/         │ 【ドラえもんによる鑑定】                    │
          ` ー‐ ´             │ 土の精霊石                           │
                            │ ・自然の精霊力の干渉を受けずに             │
                            │  どこでも土の精霊魔法が使えるようになる     .│
                            │  精霊使いなら絶対に欲しがる石             │
                            │                                │
                            │ ・価格などあってないようなものだけど         .│
                            │  過去十年間でモルティナ国内の競売に出た時は.....│
                            │  下が金貨三百八十万枚から               │
                            │  上が一千万枚で落札されていたようだ        ..│
                            └──────────────────────┘



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  されど。
  平均取引価格、金貨六百九十万枚という本日の目玉品が登場したにも関わらず
  会場には微妙な空気が漂ったままで。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

649 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:25:00 ID:8/bKapBc
219.
――――――――――――――――――――――
  反応のない会場にうんうん頷いたドラえもんは
  僕ならもう帰り支度をしてますねと言った。
――――――――――――――――――――――



                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                        |  開始価格は金貨三百八十万枚!         |
                        |  即決価格なしの青天井方式で               |
                        |  最低値上げ幅は金貨二十万枚になります!.   >
                        乂_____________________ノ

      ______
    / / ̄ヽ ̄ヽ\
   / _|  / |ヽ |_\
  /  /  `ー ● -   ヽ
  | / , 二   |   二、ヽ
  | | | ─    |   ─ ||
  ヽヽ .\    |    //
   \ヽ `'ー─┴─‐''" /     「三百八十で十分だよ。
    (二二二(〒)二二)      たぶん誰も競ってこない」
    /  /     \|ヽ



                   / ̄ ̄\
                 /   _,ノ `⌒
                 |    ( ●) (●)
                 .|     (___人__)
                 |        ノ
                  _,.|        |
        , --、―― < / |ヽ      丿
      / : : : : :ヽ : : : : :/ : :| \ __ _ /       「三百八十」
     /. : : : : : : :| : : : く: : : :|、 /=|´| :| .\
    / : : : : : : : : : : : : : :> : | `'|::::/|/:,┘ : . ヽ
   ノ : : : : : : : : :/ : : : : ヽ : : |  |:::| / : :> : : : : :丶
  /.: : : : : : : : : ;' : : : : : : :∧: :| /::::|/: :/ : : : :/ : : : |
 / : : : : :-、 : :/. : : : : : : : : :Λ:|'::::::ノ: :/_ : : : / : : : .丶
/ : : : : : : : :`::、 : : : : : : : : : : : ',:|::://. : : ̄;/ : : : : : : . \
\ : : : : : : : : :.\ : : : : : : : : : : : /‐' : : : : : /ヽ、: : : : : : : : .ヽ
  \ : : : : : : : : : \.:./ : : : : : : : : : : : : : :;'  \ : : : : : : : : . \

652 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:25:59 ID:8/bKapBc
220.



.   ,' /: : i: :,ii: : : : : : : /: : ': : : : : : : : : : : :`-'i  ) i'`'}
.   i/l : : :':':'ll: : : : : : /: : : : : : : : :,/: : :i: : : : : `''i" ヾ゙ヾ、
....  l',:|: : : :i: ll,: : : : : /: i':/: : : /: :,/: : : l: :.i : : i: : `、 ヾゞ}
.   ,l: :|: : : |:∥、:、: : /: :l/: : : /: ,'/: : : :/: :.i:l.: :|l: :':`:i´゙}"
.   i: : !: : : |;ハ: ヾ`:,、i: :l': : :!:',: '': :/: /: : :l/:,: l!: : : j、r'
...... i: : : :,: :.lハヽヽl'ry:.|: : ::i/,,r=,y、:./: : :,/: : :.!: /.:∧:l
.   i: : : :l: :i|.lヾ\.l、vl:.|: : :lハ弋''7ノ゙"  ,,__、: : /: /:l l::l
..  i: : : :.l:.:i|.| \ヾ'、l:.:!: : l ´ ̄`   .{iソ;;}` /: /:lヽ!:l
.   i: : : :.l: il.|   ゞ; l l i: : l         `''",/l: /|::|`"´
.   i: : : : l:.ll.|    .| l: : :il     _    .',:.i/| .|::|
..  il: : : : :l:ll    .ノ`''lヾ :lヽ、   '´   , ':l:.l|::| .|::|
.   il: : : ,、l:l ,,,,、 .,/ry lヾ: l^`^`r-  r ' ,| |/lノ|::| .|::|   「あんな小汚い石に三百八十ですって」
.   il: : : l'-ノ ,r-'r、   l: :l   !、'`r^、.:.l:.|: | レ' |::|
.   〉'~`'~` 、.!`"''‐、、,  l: :li  ~^、 、'`‐-l: :|   レ'
.  /.     ヽ  ,'", ,__、, l: ll,、yv^-' . 、` .|: :.|ヽ
.. 〈       ` 、 ,"  ,〉l:l: l     r` l: : | .ヽ
.  〉ヽ       ヾ  /"^l:i: |,.-、 ,、 `‐,./: :/  ヽ
.  /         r‐-、  |: : |  `" `",'/: : |   .\



             r 、r -´⌒ゝ-、
            ノ.:.、.:.:.:\.:.:.:ヘヘ
           イ.:へム.:.:ヘ.:.\.:.:ヘヘ 、
          /イ.:.:厂 ヽ.:ヽヽ.ヽ.:.:.:ヘゝ、
          ´|.:.:.| ⌒ヽ ヽ! ヽ\.:.ヘ.ヘ
           Wヘ <ヒリ) ヾ 〈ヒリ)ヘヘ `
           ハ ヘ ´¨  」  ´¨クノ ヘ
             ヽ、 r―-ァ ノ´
               コ>`ニ´ イ       「価値観というのは立場によって異なるからな。
             /|: >=<∧、.       ま、僕らにとっては無用の石ころだ」
           _ イ ,': :/三〉: : :| ヽ、
       _ ィ < /  |∨: )ニ|へ/!  ヽ> 、
     γ     /  /|: : :/三!: : :| 、 ヽ  > 、
     i  |   ´<ノ|: :|三ハ: : :| ゝ 〉   i ∧
     |  |   <__ 乙|: : |三ハ: :リ  \   | ∧



――――――――――――――――――――――――――――
  確かに、貴族達は興味がない品だと他人ごとであるし
  他の参加者にも張り合ったところで
  利益無視の相手に勝てるわけがない、と諦めが広がっている。
――――――――――――――――――――――――――――

657 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:27:01 ID:8/bKapBc
221.



.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ
      |Ft| ==。=:::/=。=〈
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|         「八番様から三百八十万です!
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、         他にありませんか!」
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
   |   |   \    /|  |



――――――――――――――――――――――――z________________________



        -==ニ             \
        //           \     ヽ
       //            \     ∧
      ∠.ィ     . : / ̄ ̄ ̄`゛`丶   . /: \
      /    . : . : .\_        \> ¨´:, ヽ
       /        ィ彡'             Ⅵ′
    /     . :彡:../                 リ
    フ    |\: .三/   _,.,-- 、   |  | Χ|
    /  . :..:.〒ヽ丶./    ___`ー--〉 /_,.:ヘ 〉
  /ニニ., : . :..:| :.い l」      ゝ rョヽ.:.:ノ  /:.''z¨/
       ヽ : . ゝ 、:、     :.:.:.:.:`¨:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:¨´l
         \: <>.,_!   ι  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:. ′
         ‘. : /│                l   /
          ∨.八          -:.:./ /
     ____,/__!__丶___    ,,、__.ィ  /       「お…おい、
    |fョ/fョ/fョ/fョ/fョ/fョ/fョ|   ー―‐'′ '――┐.     まさか三百八十なんかで決まっちまわねぇよな?」
    |fョ/fョ/fョ/,==..、fョ/fョ| 、    :.:.:  /=ニニニニ|
    |fョ/fョ/fョ//、__ハ..V/fョ|] ` .,__ /.ニニニニニ!]
    ィf|fョ/fョ/fョ! い / } }t/fョ|   /  l.ニニニニニニニ|
 ∠ニニニゞfョ/fョゝ ⊥ノイョ/fョ|]   !   |<二ニニニニ|]



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  委託者には気の毒かもしれないがこれも競売の一面であるし、
  不必要に競って目を付けられるわけにはいかないのだ。

  なぜなら、ここにいる商人や代理人では賢狼隊と友好を結ぶのか、
  敵対関係になるのかを判断できないし、決定する権限をもっているわけでもない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

659 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:27:59 ID:8/bKapBc
222.



   /⌒`⌒`⌒` \
  /           ヽ
 (  ノ⌒~⌒~⌒ヽ、 )
 ヽ.    ,/ \,  i ノ
  |    <・>, <・>  |
  | 、  ,,,,(、_,),,,   ノ|
  ヽ       。    /
   \.       /      「お先でーす」
     ` ┻━┻'



     ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡
      l  i''"        i彡
      .| 」   /' '\  |
     ,r-/   -・=-, 、-・=- |
     l       ノ( 、_, )ヽ   |
      ー'    ノ、__!!_,.、  |
     ∧     ヽニニソ   l   「それじゃ皆さん、また次回」
    /\ヽ           /
  /     ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ    ノ7_,,, 、
 /   (⌒、"⌒ソ⌒ヽ─ '"   `、  ( ィ⌒ -'"",う
     ~''(_)(_)(_)(_)ソ       ヽノ   ,イ^
     ヽ/`、_, ィ/           ヽ─/ ̄
    /     /           )
          /            i
 \      ノ
   \__ /             ノ

662 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:28:59 ID:8/bKapBc
223.



              , : : :  ̄: ̄: ̄: : : : : : 、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /: : : ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         /: ;: : : / : : : : : : : : : : : : ; : : : : :,.!: : : : : : : : : ヘ
       /: :/: : /: : : : : : : : ;.、: : : :/: : ,: : / | : : : : : : : : : ∧
      ム: :l: : :l: : :,: : : : :/ //:/:/ノ/ .!: : : : : : : : 、: : ハ
      i: : :|: : i、: :i: : :/._/ 、.__ __    リ: ; : : : : : :ハ: : :i
      l.: : :! : | ゞ:|/       .,   __  ヾ|: : : : : : : :i.: .:l
.       ! : : ! : l _ _. -、      ′斤心ヾ  l , : : : : : : l: : l
        l: : :从.イ 圷心        ゞ:::シ ノ .ソ: : : ; : : / : リ
       マ: : : .:ゝ.ゞ::シ !             /; : /!; :': : /
       ∨: : ミ       ,           /ソ _//: : ::/
         ヾ: : ,.     ヽ        U  /_./.: /|/
         \ヘ.         _        /: : : :/
           `ヽ.     f´   ヽ      /从/
             \   ゝ   -'    イヾ     「えーっ、なんで帰っちゃうの!?
              >、 _   _  < .|       もっとみんな競りかけてよ!」
            i ll´ ̄ ii    .ll   |`‘`t- , 、
         _   { ||   ||     .||   l  |', } /
       /  ヽヽ.+.!!、   ll    ||   i  ∥i.∥
      /    i´.、   \、||     ||  .l ∥[]/
   γ ||     .|  ヽ    \> 、 .ll  .l ∥ ∥
.   i  ||.     |  丶       > 、.l. ∥ / `  ー― 、
.   | ||    ム   ゝ、    / Y ヽヘ 〈〈 ∨      i  ヽ
    i . ll     .i    〉 ./ /ヽノ ハ ','.,.∨     l  ハ
.     l  .||     .i     〈´ / / ヽ V .','.,.V〆\ .|' ´  i
     l  |.|    i     |ヽ   ´  /丶ヘ_ヽ/   ヽl   l
.    l  |.|    i.   .| ハ    ´  //ヽ{ Y / ,   丶  {



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  最低でも六百か七百で売れると期待していた冒険者達は
  縋るように参加者達を見回しているが、早くも椅子を立つ者すら出始めていて。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

664 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:29:59 ID:8/bKapBc
224.



              _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
             ./=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
             l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
             !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
            .F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!
            F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
           , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
           | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!
           ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ     「それでは八番様!
             ̄| / __ L_  _!___ \ |''"         三百八十万枚で落札です!」
             /!.  / -──────--! .|、
            /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ
           /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
      _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
_,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-


――――――――――――――――――――――――z________________________


        ,. -――――- ..、
     /:::::;;_z==――-=z::ヽ
   /:::;ィ'´,.-:''"´ ̄ ̄``ヽ,ヽ小、
  /:::::/ /´::::::::::::::::::::::::::::::::::\}::’,
. /::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
 l::::::::!!:::::::::::::::::::::::::::::iヘ::::∧::::::::::::::::|  て
 |:::::::ii::::::::::::::::::::::::::::::| V _\:::::::::::|  そ
 |:::::;ネイ ̄~○~ ̄ラーt彳 ̄○ ̄ル
 |'⌒ル''ヘ,____ノ~ ̄~\___,ィ'ハ!
. (⌒)、                    i′
/^\__,、      トぇぇぇイ       !     \__人_人从_人_人从/
::::::::::::::::\    |    |     ノ..    _)                (__
:::::::::::::::::::::\___|___|   _,ィ'.         )  ギャーーーッ!!  (
:::::::::::r弋えテ个:L_l__l__l__」_,ィ:::/|       ̄ ̄)              ( ̄ ̄
rvヘv-、;::キキ::く    i:::::::::::/:::/:::|         /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
i._} _}V,ハヘ!:キ:::キ___ノ:::::::;イ:::イ::以 ,x
    ノ Vキ:::ラ:::::/::::/ |:::::| /l/l_lーz



―――――――――――――――――――――――――
  結局、時間は無情に過ぎてそのまま落札となった。

  ―――最後の目玉商品が最低価格で落札されるなど
  この競売の歴史でも前例のないことであり、
―――――――――――――――――――――――――

668 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:30:59 ID:8/bKapBc
225.
―――――――――――――――――――――――――
  あまりと言えばあまりの展開に倒れ込んだ委託者達は
  夢から現実へと一気に引き戻されていく。
―――――――――――――――――――――――――



.. 「利用料金が三百八十の二割で七十六、
.  次の探索の準備金が三十、
.  共用財布に貯金が二十、
.  みんなの装備補修や更改の見積もりが十六。

.  手取りの二百三十八を七人で割ると………
.  一人頭三十四万ってところかぁ………」                     /">- 、
          / `\                                /  V    .V
         /    \                             ./y⌒i{     }`,
.        /    .イ.  ` 、                          rイ´/ /`ヽ   li ',
       ,´    }.    ` ,                        / : / / ./  i. \ | i
      ,     ノゝ      ト、                     /  / | /   !:.  Y .l
      ,    ./  \     } `''ヽ,                  /  /  /´    l.   ト、l
     ,'    /:::ヽ.,___ ゝ、  ノ  }ニニヽ、               /  /  ,´      l   | `,
     il   .:::::::乂::ゝヱュ: ´  ノニニニニニ>-=- 、    __.,   /  イ ィア- .,      {i. |  |
.   ∠il   ,':::::::::ヽ≡ ィ    ` ニニニニニ// /    ヽ,.∠.. _、" ヽL.-=孑⌒ヽ、  ̄   ゝ l  .li
  ム:::il   ム:::::::::乍≡|}      ヽ-≦<⌒Lr-Ly/     ヽ   ` < L\       了  .l
  ,'::::リ   {:::::::::ヽ√ ´     ,  マ ヽ      Lュ  /⌒!i.\     `  ̄L>、 i .l   }  人
  {::::|:l   Y:::::::::ミ r---    v ' /   !o    ,.ィ彳 ̄⌒ヽ=-!iニ\      `ヽi  } i  ノ// }` -っ
  ',:::::!l    |::::::::从} ´ ィ       /,.、   O,.=ニ彡{::::{iニニ`ヽニ`マ~~T ̄"     リノ ノ/  トく "ニニ==--
  マ:::l i i :{i {::::::::::ヽ'   |}    ノ"::::::>.,_/:::::::/ニ{:::::{ニニニニニli  li      _ .ノ-と_______    )==--
  ∧ハ l. l.ゝ`:::::::::Yx___´,. .....::::'"::::::::::::::::::::::::::::::{!ニ}::::i!ニニニニニニニ}  ノ,,. -=ニニニニニ===-- ̄ ̄
    ゝ,从 !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ムニノ:::ノニニニニニト"ニニニニニ===--
-=ニニニ` - ===ry:::::::::::-====-:::::::,.二ニ二彡イ\ニニニニニニ/´ニニニニ===--



 「ナナコ………不甲斐ないお兄ちゃんを
.  許してくれ………」                 _,, -―f―iっ-―‐,, ,、-iっ
                         _,, <;; ;; ;; ;; ;;i_j_ξ;; ;; ;; ;; ;ヽξ
                    ,, ,,<;; ;; ;; ;; ;; ;;>,, 1;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;.i
               ,, <;; ;; ;; ;; ;; ;; ;>´;; ;; ;;/;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;|;
          __   ,.ィ´;; ;;; ;; ;; ;; ;;>,く;; ;; ;; ;; ;;イ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;.| ; ビクンッ
        / tゃ、ーf;; {;; ;; ;; ;;> ´;; ;; ;;ヘ;; ;; ;; ;;{/;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; /;; ;;i;   ビクンッ
       /  イ、   、;;ヽ> ´;; ;; ;; ;; ;; ;;_」;; ;; ;; j!;; ;; ;; ;; ;; ;; イ;; ;; ;; { ;
       !   }! j  n Y´ ヽ;; ;; ;; ;; ;; ̄;; ;; ;; ;; ;};; ;; ;; ;; ;; ;/ |;; ;; ;; ;;`;,、
      、  7、ヽ   '/   ` ー――z;; ;; ;;/;; ;; ;; ;; ;;./  、;; ;; ;; ;; ;; ;>-r― 、
        ー.'―"  ̄                 `У;; ;; ;; ;; ;;/    ヽ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;.、  \
.        (,   ,,)              ;i;; ;; ;; ;; ;;.ム-――――f  ̄ ヽ ̄.\  ヽ
.         ー'               ; 、;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;\   \  ` ー '
                              ; ー ――――――――\   ヘ
                                              ` ー '

675 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:32:00 ID:8/bKapBc
226.



   ノノノノ
  ( ゚∋゚)
  /⌒\ノヽ   「さて帰るか。
 (〈  |)     これは報告書が分厚くなるな」



         _____
       /i |i |i |i/// `≧ 、
      /|i |i |i |i |i// :/三∧
     ト、{i li l|i |i |i //x≦三三∧
   _| \| |,>-------<三ミヽ
   } } }三/   ______}\ ̄}
   |ノ ノ/⌒ヽ /イfnマ Vヽ}\ \\
  ハ Vヘ.__ノ/   -イ fノ\ \  }
  \〉 〉∧__,/i   ___ 〉 /{\   } :|
    }\\(∧  <´:::::)//}  }  { .人    「依頼人が信じてくれるだろうか―――ん?」
     ̄`\{  >---イニニニニユ..__}__{___
       }>----/〈三三ノ /   冂 }\ \
       /   fフ{    ./) ニ人 ) ∧lノ
        |  /  (/(甘)丁)    ┬  { / ∧__
        |/     }     ノ} |  ,x≦三三}`>o。,
     /-- 、  /ニニニ/ト、{八 ////´   \   \
   ト<|\)(Y \_{/(ヽ(_.〈_ノノ}\//∨     }\   \
  寸)x≦フハ\ / |/ ∧ ∧\ノノ/:::::::\   / ̄ ̄\  :\



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  どうせすぐに支払いが行われ司会が閉会を宣言するだろう。

  一刻も早く報告したかった商人や代理人達は次々に席を立ったのだが、
  そこで一人が気がついた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

678 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:32:59 ID:8/bKapBc
227.




                         自己評価額           賢狼隊落札額
    1.魔法の広刃大剣         50,000                 70,000
    2.龍角の旋棍             70,000                100,000
    3.流白銀の手甲           80,000                400,000.       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    4.雷獣の尾鞭            120,000                200,000.       |  これは―――   .|
    5.魔法のローブ           180,000                180,000.       乂________ ノ
    6.清めの聖衣            600,000                800,000
    7.魔法の指輪            200,000           .2,800,000
    8.土の精霊石          6,900,000(平均)       3,800,000.      _/~ヽ
                  【合計】  8,200,000             8,350,000.     /r' r 、 \
                                                       ‐<{三三{ \三三三〉
                                                         / {_ノノ \ \ l
                                                        /{ {  /ヽ  ヽ
                                                        ヽヽ__} /      /
                                                         {ー'   {    /



――――――――――――――――――――――――――――
  一つ一つの落札は派手だったものの
  冷静に自己評価額と賢狼隊の落札価格をを比較してみると、
  八品合計では差額がさほどなく
  それぞれをうまく売れば利益すらでてしまう。

  これが名売りの結果だとしたら驚異的なことだ。
――――――――――――――――――――――――――――

680 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:34:01 ID:8/bKapBc
228.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  この結果が計算づくなのか、偶然のいたずらなのかは分からない。

  ただ分かるのは、機を読む力に長けているか
  流れを引きよせられる者のみに可能な芸当であり、
  敵に回したら損をする可能性が高い―――と言うか、
  少なくとも自分は敵に回したくない相手だと思えた。
―――――――――――――――――――――――――――――――



              /⌒´ /:/ / .>==ニ二`ヽ
     ____  /´| i  |/ / /        {
     \  、  `ヽ、 | |  |  / x≦´ ̄ ̄ ̄  \
       \  \≧x、\ |  / /,ィ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、 }
    , <´ ̄}   ∨:::::::>==ニ二三 ̄ ̄` <--- 、 \
   <    /    }:/: : : : : : : : : :, =ァ=====ミ: \: : : \ 〉
    \  /    ム'´⌒ヽ.: : : :://ィ===、‐ァマゾネス| { !
     У    /{  r__ュ {: : :/  / |迎O少´ | l イ}} l | !
    <      {: |クr _/: :/i   ´ ̄ ̄_r=,ーlノ // .l | |
    / \   ∧: ー{}}}}ノ: :/ .|    /´r‐く j(_)イ  ! ',∧
    〈    〉     〉、__/  ヽ      ー ノ/||l l  l ∧ \
    ∨ /   /∧\ヘ.   ー≦ ̄ ヲ´ (/ン|ハ l  l  ∧ ハ   「はははは!
     } /   / } ∨ ||ヘ   ` ー一'  / イ`´}ハ |  ∧ ∧   これは面白い」
     l /   / /  } /} | > 、   /:::::}:x<:::)__| |.   }
    ノ∧    V  / / j  >::、_`´::_x<:::::x<}`}:}__|__  ノ
    \ \.   ∨ { /  ! >x.____,x<八 ゝ(//_(⌒)>r─
      \ \   \ |__,>//_,xへ   /イ⌒}TTモ//∠_ノノ-ノ )三
    , --≧-\   \   {:{          //--、・)ゝ- ((⌒)
   /     / ` ̄ ィつァ\_  __   ryイ}ィヽ}  ーへ`ヽ(|f人
 /l    /´  ̄    レ' 〈ノ -((__Cイ }ノ `       r-'>/!、|
イ | \ /----- .,_   `ヽ  (___ノ/    ,.. ≦二二 / |、\/
 ハ  \マ ̄ア -=ァ ≧  ., ’,  / ,. ≦<l/⌒}}  ( {  ノ!/
` ー\___ノノ ((⌒ィf⌒))≧x \} //((⌒},、(  〃   >`¨´人___/



――――――――――――――――――――――――z________________________



  ノノノノ  -__
 (゚∈゚*)  ―_    「うーん………
 丿\ノ⌒\ __    仲良くした方がよさそうって言っとくか」
彡/\ /ヽミ _
    /∨\ノ\
   //\/ヽミ
   ミ丿 -_―___



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  事実、この日の競売に参加した商人や代理人の約半分が
  『賢狼隊がきたら仲良くしたほうが良さそうです』と上司や依頼人に報告し、
  約二割が『とにかく話を聞きましょう』と報告したという。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

687 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:35:03 ID:8/bKapBc
229.



      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \
   l:三三三| {こ|ミ|.   __,ノ r __  ヽ
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ
   |===シ´ :|           __ノ
__/|三三/   :|         |           「本日の競売会はこれにて終了となります。
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-      ではまた次回、お会いいたしましょう」
::::::::K             ,イ:::::::|::::::



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  職人を待機させていたせいでそれほど時間の掛からなかった鑑定のあと。

  すでに半数ほどが消えている会場で閉会が宣言され、
――――――――――――――――――――――――――――――――――

689 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:36:00 ID:8/bKapBc
230.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  会場や他の個室から参加者の気配が消えるのを待っていたやらない夫は
  じっと立っていたエリザベスを振り返るとぺこり、と頭を下げた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                               / ̄ ̄\
                                             ⌒´ ヽ、,_  \
                                                (●)(●.)    |
                                             (_人___)    |
                                                '、       │
                                                  }       {
               「楽しかったです、ありがとうございました。.         !、______ .ィ-ート、
               私達も引き上げますので馬車をお願いします」.       V/_:_ュ:-:-: ヽ
                                                {ャ< : : : : : : : : :
                                               /ー-、: : : : : : : : : :'.,
                                       「r'、     / : : : : :`、 : : : : : : : : :'.,
                                       } r'、 ヘ、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
                                       i/ ム、} .{ i : : : : : : : : : V : : : : : : : : |
                                       { い、{  Y : : : : : .\ : V: : : : : : : : |
                                       \  ヽ {|V : : : : : : \V: : : : : : : :|
                                         \  ノ|:.V: : : : : : : : :〉 : : : : : : :|



        ___ ニ=-―‐-=x、
     x≪//77ト、二二二 ハム
     f////////ハニニ oニムム
     {/////////ハ二二二ニ=》`ヽ
     }>==<三三ニ=-=ニ´、 ヽ :
    / /  !   /   ′ | ハ ハ }   :
.   / /  }i|   |  /  :リ/ | |i!  !
   ′ |  |i!   !: /   ,′ ハ_...∧  |
   ! | i|  |i!   ! ′‐-/ムイ!   __..レ'´!
   ! | i|  |i!   ∨ _...=、    f:::::ソ/i!ハ
.   ',| ヘ  从     弋:::::ソ `   ゞ゚'ムイ |
.   ヽ、ヽ  \   ,ヘ::¨¨´    '   !_/
     `ヽ \ 丶/ ヘ    、_,. /      「本日は当競売をご利用いただき
         `ヽ \ヾ- _____∠           誠にありがとうございました。
            《 ヾ}____i..x≪I}
            }ニニニニ i:iニニL....__      ご用意できましたらお呼びしますので
          ノ{三三三三i::!彡'ニハ `Y     こちらでおくつろぎください」
          ¨ ヽ、ニニニニヾヽ、三ニム.. マ
.      f     ヽニニニ=/∠==、ヾYム、マ
       !       ∨二二弋 弋ニソ リi}ニ≧x、
       |        !ニニニ >=<´ニニ=ハ
.         |         ト、___ニニニニニハニニニfI}
.        |     , !//77'Yニニニニハ__ニ=i!リ



――――――――――――――――――――
  対して深々と頭を下げた彼女は
  すぐに手配して参りますと扉から出ていき、
――――――――――――――――――――

692 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:36:59 ID:8/bKapBc
231.
――――――――――――――――
  部屋には二人だけが残される。
――――――――――――――――



.    ─────────────────── ───────────────────
    ||: : : : : 王王王王王王王王王王王王王王:.: : : :||: : : :.:王王王王王王王王王王王王王王 : : : : :||
    ||: : : :.>==========<  >==========<: : : :||: : : :>==========<  >==========<.: : : :||
    ||: : : :|\        ./| |\       /|: .:.:.||.:.:. :|\       /| |\.        /|: : : :||
    ||: : : :|. .|. ̄ ̄ ̄ ̄.|  | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ |  |: .:.:.||.:.:. :|  |  ̄ ̄ ̄ ̄|  | |  |. ̄ ̄ ̄ ̄.|. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ.     l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
|  さて―――    |___| .:| |  |_____|  |: .:.:.||.:.:. :|  |_____|  | |:. |_____|. .|: : : :||
乂_______ ノ....   \| |/       \|: .:.:.||.:.:. :|/       \| |/.        \|: : : :||
    ||: : : :|>==========<  >==========< 人 || 人 >==========<  >==========<|: : : :||
    ||: : : ::::::::王王王王王:::: 只 :王王王王王王: |◇||||◇| :王王王王王王:: 只 :::王王王王王:::::::: : : :||
    ||: : : :|>==========<  >==========< У || У >==========<  >==========<|: : : :||
    ||: : : :|\        ./| |\       /|: .:.:.||.:.:. :|\       /| |\.        /|: : : :||
    ||: : : :|. .|. ̄ ̄ ̄ ̄.|  | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ |  |: .:.:.||.:.:. :|  |  ̄ ̄ ̄ ̄|  | |  |. ̄ ̄ ̄ ̄.|. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|_____| .:| |  |_____|  |: .:.:.||.:.:. :|  |_____|  | |:. |_____|. .|: : : :||
    ||: : : :|/        .\| |/       \|: .:.:.||.:.:. :|/       \| |/.        \|: : : :||
    ||: : : :|>ー──── ≦ ≧─────<|: .:.:.||.:.:. :|>─────≦ ≧ ────ー<|: : : :||
    ||: : : : : 王王王王王王王王王王王王王王:.: : : :||: : : :.:王王王王王王王王王王王王王王 : : : : :||
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

694 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:37:59 ID:8/bKapBc
232.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  ここでの目的は達した。

  商会の関係者は派手なことをした賢狼隊の名を持ち帰るであろうし
  貴族達は面白いことがあった、と話の種にするだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |         「―――東部に届けて欲しいものなのですが」
            iヽ       |
           }、 `> ー-´-くヽ- 、___、
          _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ
       __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \
    ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧
   r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : : : //: : .ヽ
    } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : . \
   f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : : : i :/:,: : : : : : : : : : .ヽ
  / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : : : :V: {: : : : : : : : : : : : .\
 /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : : : :rヽ: : : : : : : : : : : : : : .\



                                          ____
                                         /-、 -、   `\
                                      / |  ・|・  |- 、   ヽ
                                     // `ー●ー ′ \   ヽ
                                     l  三  |   三     ヽ   l
                                    (___|___    |   l
                                     ヽ l    __ `ヽ  !   /
                      「はい、どうぞ」       / ヽ ヽ__(___)ノ /  /
                                       (/ __)ー━━O━━━━━く
                                      "  \ |/ ____ ヽ /⌒i )



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そもそもの目的に戻って届け物の宛先なのですが、とやらない夫が雰囲気を戻すと
  ドラえもんも素早く、どこの誰にどうするかを書き留めようとペンを持って続きを待った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

695 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:38:59 ID:8/bKapBc
233.



                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)
             |     (___人__)
                  |        、'
                 |       |
                }._\     , |      「まず、遺物の売却分については
.        __ __ ,.〈\\>ニニァ´       一千をフリートの聖王様に届けてください」
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
.     { : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '



                                          /、       \
                                         /.ノ─ 、       ヽ
                                        ●- ´   \      ヽ
                                       __| 二二    i       i
                                      (__  ──   |        !
                            「えっ?」     ( _       !      /
                                         \    /     /
                                        _  6━━━━━━、
                                       ( )`|  \       ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――
  まず最初に出てきた名前が個人ではなく公人だったので驚く相手に
  彼はしばし言い悩んでいたが―――
―――――――――――――――――――――――――――――――

696 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:39:59 ID:8/bKapBc
234.
――――――――――――――――――――――――――――――
  きっとあの方なら分かってくださるだろう、と多くを口にしなかった。
――――――――――――――――――――――――――――――



              ________
           /) / .)  \
           / ./::/ ./:::/ ) \
           l .l/ // ∠___ |
           l / / / _、,,.ノ |
          r      /___)  |
          /     /     |    「………やらない夫から、と言えば
         /     ノ     /     分かっていただけると思います」
       _∠⌒ヽ  j 'i, _、___ ィ/|\____
     / ...::::;;;:::ヽV;;;;l フiiiiく  /.:;;:l;;;;;:::´´''' 、、、 _
   / ...:::::;;;;;;;;;;;;:: 〉;;;;;:l/ iiiii \/.:;;;::l;;;;;;;;;;;;;::::::::..... i::..\
 / ...:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:: /;;;;;;;;:::ヽ llllll /..::;;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: l;;;;;;:: l



                                                _____
                                        /   - 、-、 \
                                       /   , -| /・|・\|- 、ヽ
                                      /   / U ` -●- ′ ヽi
                                      |  /  二   |  二   |
                    「は、あ……….           |  |   ─   |__ ─  !
                                      ヽ ヽ       __)   /
                       まずフリートの聖王様に.    \ ヽ     _)   /
                        一千万枚ですね」             l━━6━━━━┥
                                              | /    \   |



――――――――――――――――――――――――――――――
  僕なんかが聖王様に会えるのかしらん、と不安は尽きないものの、
  最悪東の英雄の名を出せば何とかなるように思えたドラえもんは
  聖王の名の横に一千、と書き留める。
――――――――――――――――――――――――――――――

700 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:41:00 ID:8/bKapBc
235.



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)               「同じくフリート、フォン=ブラウンの森にある
            |.     ` ⌒´ノ                エルフの村のキャスターに一千。
           |        |
            iヽ       |                  ただ、エルフの村には入りづらいでしょうし
           }、 `> ー-´-くヽ- 、___、.         キャスター自身出歩いていることが可能性もあるので
          _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ.     城に預けてしまっても構いません。
       __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \.   たまに寄るようですから」
    ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧
   r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : : : //: : .ヽ
    } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : . \
   f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : : : i :/:,: : : : : : : : : : .ヽ
  / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : : : :V: {: : : : : : : : : : : : .\
 /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : : : :rヽ: : : : : : : : : : : : : : .\



                                             ,  ───  、
                                           /          \  っ
                                          / ヽ            ヽ っ
                                          l’\|─‐ U 、         ヽ
                                          l  ノ     \         l
                                         ●´ ──      ヽ         |
                                         ノ  ──      ヽ      l
              「そうですね、                       (   ──        l    /
           さすがに僕が入れるとは思えません」.    ` ー、── 、     |     /
                                            ` ー,-、━━━━━━ヽ
                                            ヽフ `ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――
  次の届け先は個人だったものの
  ドワーフとの間に種族差別の根強いエルフ宛だったので、
  できれば直接渡してやらない夫の無事を伝えたかったドラえもんは
  お役に立てず済みません、と恐縮しきり。
―――――――――――――――――――――――――――――――

702 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:41:59 ID:8/bKapBc
236.



                           
                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                           |  えーっと………  |
                           乂________ ノ
       ┌、、+
       l、_) +




           x≠旡己ミx              , ィ >旡己旡己旡己旡己旡己ミx
          ムア   へム           , ィ >               ヘ久旡己ミx
         f己      ヘ久旡己旡己旡己ィ >                       ヘ久ミx       .∧
        ,拒}      ィ >    旡己旡己旡ヘ久                         ヘ久旡己旡己{◇>
       f己      f己 . ィ >    旡己旡......ミx                                      .V
     ハ均´      へム f己.           ィ > ミx
    ,ハ均/´        ヘ久旡己旡己旡己旡.    ィ >
    ハ均                  ヘ久旡己旡己旡己旡
   ハ均
  ノ均‐
  `¨



――――――――――――――――――――――――――
  最後の二人にはここでの目的までつけたものの、
  現状、どこ宛に行ってもらえばいいのか分からなかった。
――――――――――――――――――――――――――

703 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:43:02 ID:8/bKapBc
237.
――――――――――――――――――――――――――――
  復興を始めていればダンセニアに、
  まだならサクラに預けられるかとも思ったのだが
  彼女も勉強中なのか、復興に向かったかがはっきりしない。
――――――――――――――――――――――――――――



                                            / ̄ ̄ \ -、_
                                         _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
                                        (ー)(ー )/ ´/ /)
       「最後の二千、精霊石と魔鞭は                (__人_) {    , ' ´,/
          フォーセリアのダンセニア―――                '、`⌒ ´  V __, <´
          ラムリアースの森のダンセニア村……….          |     〈´/::::Λ
          多分復興が始まってると思うのですが、            |       ヤ::::::::::::::Λ
          そこのエルとコナタに。                     `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
                                         /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
          もし復興がまだだったならサクラに、って.     _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
          う~~ん、まだエスメラルダかな?」         //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
                                   j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
                                        i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
                                    i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
                                     | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


                        /\
                      /  /
                       \/ />
        _____.     </
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\   ┌─┐
      /   , ┤  (|)  |- ヽ  └─┘
    /  /   `ー ●ー′ ヽ
   i  /    二   | 二   l、
    |  |     ─   | ─ __)
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /      「ダンセニア村なら行ったことがありますよ!?
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /
    ┝/ \_ノ━━6━━、        確かに復興が始まっていますし、
    /    / ___ ヽ  \_      村長のサクラさんや住民のエルさん、コナタさんにも
    |    | ヽ    ノ |   (__)     会ったことがあります!」



―――――――――――――――――――――――――――――――
   そんなふうに頭を悩ませていたら、
   縁が縁ならダンセニアに店を構えていた可能性もあるドラえもんが
   三人とも知っていると言うので、
―――――――――――――――――――――――――――――――

704 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:44:05 ID:8/bKapBc
238.
―――――――――――――――――
  思わずエルの口癖がこぼれでる。
―――――――――――――――――



                                              / ̄ ̄ \
                                           _,ノ ヽ、,__   \
                                           (○)(○ )    |
                                             (_人___)   U  |
                                              '、       │
                         「………世間、狭っ」      <二ニヽ        |
                                          /-‐   `i 、 ___,. イ i
                                          {/´、     ',┐__>ーメ ┴ュ
                                      しrヽ    V:::Λ  / : : :>、_
                                        ,.<ハ、_/ ̄ V ∨ : : / : : : : :_>-.、
                                          「 : : : :〈 : : : : : : ヽ/ : : :/ : : : /: : : : : `、
                                      /. : : : : ∧ : : : : : : :ヽ : : : : : :/ : : : : : : : : }
                                   / y : : : : : Λ : : : : : : : \ : : / : : : : : : : : : }
                                      / : :.i : : : : : : Λ : : : : : : : : :ヽ:ノ/ : : : : : : : :j
                                  ノ. : : :| : : : : : : :.∧ : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :ィ

707 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:45:09 ID:8/bKapBc
239.



                                           / ̄ ̄ \
                                             _ノ  ヽ、_   \
                                             (●)(● )   |
                                             (__人_)     |
                                             '、`⌒ ´   U |
                                              |          |
                         「いやそうじゃない。.           |        {
                        一体どんないきさつで?」..     ヽr`ー- -=´ i、
                                           __,. <.ムヽ 、、____/ヽ__
                                      _, 、<¨ : : : : :l : :.ヽ  ∧::〈ヽi :、ヽ、
                                     / : : : : : : : : : : :|_ : :∨ |:;Λ | : :、 : >、
                                    丿 : : : : : :i: : : : : : :/ : ∧ |::Λ |\> : : : `,
                                 i : : : : : : : :| : : : : : : \ : :.∧ |:::::| | : :ヽ : : : :,i
                                 i : : : : : : : :! : : : : : : : : \ : :ヽ|:::::|| : :/ : : : :i :|
                                   /: : : : : : : : :| : : : : : : : : : : :\ : '.,:::| : /: : : : :| :i
                                  ,' : : : : : : : : :丿 : : : : : : : : : : : : \::V :/ : : : : :l : !
                                __/_: : : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : :レ: : : : : : : i : |
                              /   `ヽ,:_:_: : : :.Λ.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,' : !
                             (__.ィ´ヽ,ム、〉、:ヽУ V. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i : : !
                                / ゝ/ / 7-、Y :,′  ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : |
                              ヽ/ / / /'Y:ソ     }.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | : : !



        ____
    /     - 、 -、\
    /   ,  -|   ・|・  |- ヽ
  / /    `- ●- ′  |
  | |    二二  | 二二. |
  | | |\ -─  | ─___)
 _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_
( __)\ヽ \(二二二)//(__)    「実はですね、賢狼隊が―――」
 \   ━━━━6━━  /
   |   /___ヽ |/
   |   | ヽ__ノ ノ |
   |   ` ─── ′ |



   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘

708 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:45:59 ID:8/bKapBc
240.



                                           / ̄ ̄ \
                                           ⌒ `'⌒  \
                                             |(⌒.) (⌒ )   |
                                          |(__人___)    |
                                              |         |
                   「………そうですか。               i          |
                                             ヽ  、    . {
                   みんな、頑張ってるんだな」..     -≦'ト、ーー- ´ ハ、
                                      /: : : : √ヽ、∠´//. :ゝ、
                                     /i : : : : /「::::/\ /. : : : : : : :.>、
                                     iV: : : :/ /:::/  /. : : : : : : : : : : : .\
                                     i.| : : ,' /:::::,' .:´. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                                     ii: : : i/::::::::i /. : : : : : : : : : : : :/ : : : : :',
                                     ;.: : : r::::::::γ: : : : : : : : : : : :./ : : : : : : : :
                                     i : : : i::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ : : : :i
                                     i : : : i:::::/ : : : : : : : : : : : : :.l : : / : : : : :i
                                     ' : : : i:/: : : : : : : : : : : : : : :ハ :/. : : : : : :i
                                     | : : :./ : : : : : : : : : : : : :/ :Y.. : : : : : : :i
                                     | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : :i



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一通りの話を聞いた後。

  なにか手伝えることはないだろうか、支援は要るだろうかと一瞬と思うも、
  エルとコナタに分け前がいく以上―――何割かが甘味に消えるとしても―――
  金銭的不安はないだろう。

  自分の足で自分の道を往く者に過剰な手助けは邪魔になる、と
  しばらくの間考え込んでいた彼は、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

711 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:47:00 ID:8/bKapBc
241.
――――――――――――――――――――――――――――――
  いまは繋がっているだけでいい、と訪問を伝えるだけにしておいた。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                            / ̄ ̄ \
                                              ⌒  ⌒   \
                                               (⌒)(⌒ )   |
                                              (__人_)     |
                                               '、`-ー-′     |       . -,
           「三人に、                             | ``       |    / /
              いつか必ず寄らせてもらうと伝えてください」.      |       ィ { r 、 / /
                                             `ュ`ー─ー ´_ノト} }/,`〈
                                               /ム _ ,. - / :./リ ,/ /ヽ{
                                           _,. -:::/:/:::ハ / : :/ :.ノ )(_/ ヽヽ、
                                        // : / : /:::l y : : : / : : }   >-< } : :i
                                        j : : : : :> :./:::::l ./ : : : :i : : :Λ /   / : :∧
                                       i : r : : 〈 : i::::::::レ : : : : : : : : : :〉、_   〈リV. :Λ
                                   i : | : : : :', :i::::::/ : : : : : : : : : :.乂`ニニ彡´:.V. : ',
                                     | : | : : : : ', :i::/ : : : : : : : : : : : Λ : : : : : : : :V. :.i



      ,. -――‐- ._
    ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
   /    !  o l_!o   !   ヽ
.. /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ
 ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
 ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |
 l l ‐弋´   |   `~フー ! l
. ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
  VV  {   )  ̄      / /      「ええ、分かりました」
   ヽ/ `ー'_____,//
   /    /--/⌒ヽ----┘、
   l     /  ヒΤフ  ヽ  \            \コンコンッ/

715 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:47:59 ID:8/bKapBc
242.



                                               ____,,、__ _
                                           ,、-‐'"´   r"´ ̄ ̄ `\
                                         , '       /;::::::::::::::::::::::::;;;;ヽ
                                         ,'l       /::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;'、
                                        ,'|  ,、、   /:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;l
                                        ,':|  '、 ,'   l:::::::::::::_,、-‐'"´ ̄ ̄`゙'、
                                       ,',t、、、___, 、ィ'" ,、'´´,  ,       \
                                       ,'---―‐ーー' "´ ; , ; ; l         `'、
                                      { ; l   ,リ、_,、',-‐'ー'´ヽ,        l l |
                                      lリ,シ`ン''´  ,,、‐''"´__  〉        ハリ
                                      レヘイ`゙`__   、,、tィ,‐.,ァ"/  /   ,ノ:::ハノ
                                       |:::ヽ`r=t,、,   `、ヾシ ./ノ ノ   ,、' ノ丿
                                       リ:::丶ゞ`''       ´´ヾ´レ'イ´:::/
                                       `ヽソ`、  ヽ          レ'´
                                           ` 、  --‐ァ      ├---、
                      「お待たせいたしました。             \ `   /    ;レ'"´ }
                     馬車のご準備が整いました」           ,`'ー イ  ,、 -'"´   :::::|
                                             `'、ーヾヽ"´      ::::::`,
                                               j,::::ヾヽ::::: :::::::::: ,、 t、"`'、,
                                            ,、 '" `゙'、ヾヽ::::::,、 '"´    \ \_
                                         ,、 '"l´      l;;;| ....:::::.....     /"´´``゙' 、
                 ,、--、,-‐‐-、                 .r'  :|   ,、;;'"""゙゙゙゙゙゙゙゙;;;、      /      :}
            、-、-、, ,ゝ'´´    \               /  /´  ,;;; ,,,,;;;;;;;;;;;;;,, ;;;;;;,    /      ::::|
           __`'、_'y'´        \             /  /´  ,;;; ,;;;;;;、´,;;;;;;;;  ,;;;;    |,イ::    ::::::/
           'ー-、_____,、-'´'、:::::.    , 、ゝ、         /  ハ   ,;;;,  ;;;;;;;;;;;;;;;  ,;;;;  ,__,ノ|':|:::    :::::j
                    `'、::::.., '´;;;;;;;;;;;\       ,、'  .::{;;;|:::....  ;;;;,,,,,   ,,,,,;;;;............{;;;;;;;;:l:|:::     :::,'
                     'v'´;;;;;;;;;;;;;;;;;, '´、     /   .:::::l;;,|::::::::::::::::゙゙゙゙゙゙゙゙""":::::::::::::::::l,;;;;;;;;;l|::     :::,'
                      \;;;;;;;;;;;;/  `'、  /´  ..:::::::/'、'、::::::::::::::::::,,,,,,,,,:::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;|:     ,'

717 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:48:59 ID:8/bKapBc
243.



                                            / ̄ ̄\
                                          ⌒´ ヽ、,_  \
                                             (●)(●.)    |
                                          (_人___)    |
                                             '、       │
                                               }       {
                      「では旦那様、帰りましょうか」.      !、______ .ィ-ート、
                                             V/_:_ュ:-:-: ヽ
                                             {ャ< : : : : : : : : :
                                            /ー-、: : : : : : : : : :'.,
                                    「r'、     / : : : : :`、 : : : : : : : : :'.,
                                    } r'、 ヘ、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
                                    i/ ム、} .{ i : : : : : : : : : V : : : : : : : : |
                                    { い、{  Y : : : : : .\ : V: : : : : : : : |
                                    \  ヽ {|V : : : : : : \V: : : : : : : :|
                                      \  ノ|:.V: : : : : : : : :〉 : : : : : : :|



      , --───-  、
    /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
   /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
  /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
  / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
  |   l.、, -一    |  ー─- lL_
  |  / \./     |  ー-./ !
  、 ' l. /\_   | _/ /\
  ヽ  X        ̄ ̄   /      「うむ」
   /、二二二二二二二二 く
  /      /  ( 〒)\ ヽ
  !  /  /         }   !



―――――――――――――――――――――――――――
  ちょうど戻ってきたエリザベスが迎えが到着したと言うので
  また旦那様と代理人になった二人も個室を後にし、
―――――――――――――――――――――――――――

718 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:50:02 ID:8/bKapBc
244.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  館入り口から門まで整列した従業員達に見送られて競売会場を後にする。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



               ,.、-rァァァァァ‐-,.、
               ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
            lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
            || へ、_`ー '_,._へ ||       「このたびは当競売をご利用いただき
               rョl ,.=。=゙ '=。=、 h          誠にありがとうございました。
               |ヒ|. `二} {二´ :|j.|
.             ,ゞ|   人__人   |く        またのお越しをお待ちしております」
     _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._
   /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
   /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
  ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
.  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
  ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
  〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈



     __________
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   |:::::::::::::::::/ ̄\:::::::::::/\/
   |::::::::::::::/ __. \_:/ _|
   |:::::::::::|::|___\_,/_|
   |:::::l⌒|::| .|__/::::::|;;;;|_/:::::::|
   |:::::\.|:|  ヽ‐─┘:.\─/
   |::::::/||        :.\|
   |∠|  \   <ニニニニ|
  /:::::|\.  \     ー |    「ご利用ありがとうございました!」
 :::::::::::::|  \.  \____,|
 ::::::::::::::|    \     /\
                         ____________________
                       /                             \
                       |   ありがとうございましたーーーーっ!!     |
                       \                             /
                          ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
                     ______        V                V
                     \_   |             _____
                     く/∟  |             \_   |    ______
                    ∠| ̄~~@_|    ____    く/∟  .|    \_    |
                      ー / |    \_    |   ∠| ̄~@_|     く/∟  |
                      く/ ̄ ̄|     く/∟_ .|    ― / |     ∠| ̄~@_.|
                           |    ∠| ̄~@_|    く/ ̄ ̄|      ァ  / |
                                フ  / |          |     く/ ̄ ̄|
                                 く/ ̄ ̄|                    |

720 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:50:59 ID:8/bKapBc
245.



        ___ ニ=-―‐-=x、
     x≪//77ト、二二二 ハム
     f////////ハニニ oニムム
     {/////////ハ二二二ニ=》`ヽ
     }>==<三三ニ=-=ニ´、 ヽ :.
..    / /  !   /   ′ | ハ ハ }   :.
.   / /  }i|   |  /  :リ/ | |i!  !
   ′ |  |i!   !: /   ,′ ハ_...∧  |
   ! | i|  |i!   ! ′‐-/ムイ!   __..レ'´!
   ! | i|  |i!   ∨ _...=、    f:::::ソ/i!ハ
.   ',| ヘ  从     弋:::::ソ `   ゞ゚'ムイ |
.   ヽ、ヽ  \   ,ヘ::¨¨´    '   !_/
     `ヽ \ 丶/ ヘ    、_,. /
         `ヽ \ヾ- _____∠      「次回はご指名いただけると嬉しいです」
            《 ヾ}____i..x≪I}
            }ニニニニ i:iニニL....__
          ノ{三三三三i::!彡'ニハ `Y
          ¨ ヽ、ニニニニヾヽ、三ニム.. マ        ____
.      f     ヽニニニ=/∠==、ヾYム、マ.        /// >、
       !       ∨二二弋 弋ニソ リi}ニ≧x、.     ///  /  ヽ
       |        !ニニニ >=<´ニニ=ハ   ///  /    ′
.         |         ト、___ニニニニニハニニニfI}  ///  /r 、 /



             __   __
         /´彡个 ̄\`ヾ`ゝ-,、_
         /イ/::::::::\::\:ヾ/;::::l::::::`ヽ、
      ///、::::ヽ:::::::::ヽ::/::::/::::!::::::|:::::lヽ
       |',イ/:::ヽ::::::\:/´::::/::::/::::::;!::::/:::}
      ゙ト、!:、:::::\://:::::::::::::,:イ::::;:イ:/リ:ノ
        !l:|::::ヽ:_::/:::/::::::__/__//ノ´/´|、
      |:i::l:\:::::l:::/:::::::´/_,/´ヽ  'ィマジ|,!
       |:l:::゙i、:/`|:::!::::::::,イエリ‐ッ ' i  ̄´ l!
        !:l:::::ゞ! |:::::::::::::!` ̄´         |!
      l:::!::::::::\l::::::l:::::|         __,  ,i:|
      |:::!:::i:::::| |:::::l::::::!    ー==ァ /i::|
       |:::::::l::::::| ゙i::::ヽ::::\   `ニ´ / ,!/.      「エリーと申します。
       !:::::::|::::::|  ヾ_::::\:::\、__ // _ __
     |::::::::l:::::::|   { \;;_\;_\__|コ´ ̄´ /´..    次はぜひ私にお相手させてください」
      |::::::::l::::::::|  广`ー-二二三ノ、ヾー‐く
      !::::::::!::::::::| ノ-、   ``ー┬':.、\___,>
     |:__;;;::! -‐'´_,/:\      ||:::::l\|ー―‐..、
    /´:.:..、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.   |キ冖、`:.:.:.:、.:.:.:.\
   ,!:.:.:.:.:.:.:.:\:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ | |:::::::\:.:.:.:.:\:.:.:.:ヽ
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`` |::::::::::: \:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:l

722 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:52:06 ID:8/bKapBc
246.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  従業員総出の見送りなど滅多にないことに驚いたのは門番だった。

  出入りの人数からしてまだ残っているのは不可思議な二人連れだけのはずなのに、
  数名の注ぎ手を引き連れて出てきたのはやはりあの青年とドワーフで。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                        -                  __,n__◎  _,n_        __
                          /   ` 、              └┐r┘ └l n |  に二二l └┘/7
                     '        ヽ              <フLK゙>   U U         <ノ
                      _/         ,__
                f ,...-゙  ,,  !!  ,,     ―i .!
                 l', .!::::l 〈l li ||. 〃/〉   i:::::! .l
                   (l | |::::l.  k li ll.〃〃  _l::::l__l)
.                _f,-、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,-,ヽニ‐-_     (うぉ~い。
                ,.イニニl'ー'  ト、  ◯   ,.イ   ー /ニニニ\    今日はいったいなんなんだ?)
           /ニニニヽ   ヽ.` ー一'" /    /ニニニニニヽ
.           ,イニニニニニ\   ー--一   _ イ二二二二ニニ,
.         /ニニニニニニニ> ___,. <二二ニニニニニニニ,
        /ニニニニニニニ二二lニニニニニニニニニニニニニニ,
.        'ニニニニニニニニニlニニニニニニニニニニニニニニi
.       'ニニニ二二二/ニニニlニニニニニニニニニニニニニニl
        'ニニニニニ二/ニ二二lニニニニニニニニニニニニニニl
      'ニニ二二二二/ニニニニ!二二二二ニニニニニニニニニニl
     'ニニニニニニニニニ二二lニニニニニニニニニニニニニニl
.      'ニニニニニニ,ニニニニニlニニニニニニニニニニニニニニl
.    'ニニニニ二二/ニニ二二二lニニニニニニニニニニニニニニl



――――――――――――――――――――――――z________________________



        , ---───────--、
       ヽニニニニニニニニニニニソ
       |:::::::::::::::{| ̄ ̄||::|| ̄ ̄||:|
       |:::::::::::::::{|__||::||__||:|ー--、                  lヽ_ lヽ_
       |:::::::::::::::{| ̄~[|||:::::::::::::::::::ゝ__|_ノ~l            彡 ・彡 ・ ゝ、,,
       |:::::::::::::::{|__||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            彡 彡 ,ヽ,__/
        , ===、、───────, ==='、、    〃,゙.〃,゙'´ ̄~「:| ̄!`、/
      〃\| /ヾー----------‐〃\ | /ヾニニニニニニ((ヽ,     |::| 丶,'
       ||―.+― ||            || ―+― ||      )) |.)) | //  ̄ l //
       ヾ/ | \〃            ヾ/ | \〃       | |l...| |l     || l
       `==='             `==='         .ヒl.l .ヒl.l     l11
  ガラガラガラ…



―――――――――――――――――――――――――――
  競売での騒ぎをまだ知らないのだから当然とは言え
  一人だけ置いてけぼりの彼が口を半開きで見送っていると、
  二人を乗せた馬車は繁華街のある方へと消えていった。
―――――――――――――――――――――――――――

724 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:53:01 ID:8/bKapBc
247.
―――――――――――――――――――――――――――
  ところで。

  門番たちとは別に、その馬車を眺める視線があったことは
  ほとんど知られていない。
―――――――――――――――――――――――――――



                                          _,.-‐z=≠-―-―'''ブ    __
                                       ノブ´,.-''´-‐'''´ ̄_,,..-‐''' ̄ ̄ /`
                                      //,.-‐'',.. -‐'''´ ̄  _.....-―''∠-―‐ッ'
                                     ノ/ / /,.-‐ニニ ̄ ̄  _....-―_ ∠_
                                     } } ル'、レjヘル'j_,.-=三 ̄ ̄    ̄ー―- <
                                     у´       Z-―三__ ̄ ̄`'''ー- 、`''ー三ヲ
                                     ノ    ,.==   }三_},.へ.__ー―- ̄ ̄`''ー`'ー-ッ
                                     ヽl__lレ'⌒d   {三_{∠` } ̄ ̄`'''ー ̄ー‐--<_
                                      ノ ヾ. ̄    }三 }) } ノ三 ̄ ̄`'''ー ̄`''ー-<`
                                     〔_,..   ___,   }三 {__人i`''ー--z_ ̄-、`''ー-ッ''´`
.         「金を払うなんて馬鹿のやるこった。            `ーr‐''´_,、ノ}   }三 } ヾ,      `'ー、 ヽ <
                                        `T____ノ   }_三{  ',  \     jルレ'^'
.        欲しいモンがあれば落札した奴をぶっ殺して..     )ー-‐    イ   :
.        奪っちまえばいいんだよ」                  ゝ.,_,,..-‐''ヾ,



       , --―v-――--、
       / "  ミr-=    \
     / "" , - 、,,i,, -- 、゛゛゛゛ヽ
     | ""/|       ヽ ゛゛゛ i
      |  || |        |    |
.     |  l||| , -―r 、._____ | ||||lll|
.     |   | ,-―、 , ―-、 |    |
    |  ll||| ´ ゚̄`  ´ ゚̄` |   |
     |   |   ̄"| ヾ ̄ |  lll| |.     「だからテメェは脳筋だっつうんだよ。
    |||  ||   ,,,,,∪,,,,,  |  ||||||      バッグ持ちを殺したら取り出せなくなると
    |||  l|ト、 " -==‐ ゛ ィ||||  |.      何度言ったら覚えるんだ?
     ||   |||||\ ⌒ /|| | |   |
    |   |||.リ   ゛l||l"  | | |  |      そこらの野盗ですら理解してるってのに………」
    ノノ 人|ノ      / λ| ||   |
   /  /ト、|----、  ,-――| ||  ト、                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                                    |  お、おぅ………  >
                                                    乂________ ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  たまに発生する、競売帰りの貴族や商人襲撃の何割かに絡んでいた彼らは
  足取りを掴ませずに西部のあちこちで窃盗や殺人を働く集団であり、
――――――――――――――――――――――――――――――――――

729 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:54:05 ID:8/bKapBc
248.
――――――――――――――――――――――――――――――
  『幻影旅団』と呼ばれる集団は誰もが広域手配される重罪人でかつ
  生死を問わない多額の賞金首でもあったりする。
――――――――――――――――――――――――――――――



        \\{ : : : :_,.⊥、.,_/⌒ヽ. : : : :\ : : :\
.       /⌒¨´ : : :_/;';';';';';';';';ヽ_: : : : : : : : : : : : : : :\
.     //⌒ア : :厂';/;';';';';';';';'__,.〕i,,'/: : : : : : .:.:.:\⌒ヽ
  、__{′.,/ : :r';';'/{ニ='´三ニ==‐<.,,_⌒\: : : : : :.:\
   ` ‐=_彡'{ 、}∠{ {/ : : _三ニ=‐-<⌒ヽ : : : : : : :\ \
     `¨¨7,_> :ヾ∠⌒ :、 : : :-=_: : :`: :ー--ァ'´: :丶、 \{
   、_____ ,/'’ : : : : : : 丶、 :丶、 : :-=_:.:\{'¨ : : : : : : :\⌒ヽ
   `¨¨ア : : : : : :/ :/,ヘ\\\\ : : :丶、.,>一' : :\: : :\
 、_,,'’/ , { i:.:.i!:{ ヽ、\\.,イ⌒ト、二ニ=‐': : : : : :ヽ..,,__,,.ノ
  `¨¨7  ,イ i : i :.:{,ハ   }ヽ/,斗≦-ァ`ーく:.: : : : : :\{: :iヽ
  __ムイ i! :!:.:{∠_,,.≧、 j   }/rぅ二ノ、}:.:乂__ー=_=..,,_: :ノ ノ
  `¨¨{/{ i| :{ ーくr勹ニr    '¬``ノィ个ー‐'´ :=、..,,_ :く
.    i`レ'八 {\_ハ^冖´  i:.     ///} }\ {_ .、 ヽ 丶 ヽ
.           \ }∧`ゝ.    ‐-  /{,゙イ:ノ:!i:.:`¨7¨ヽ}   ヽノ
          ノ′}ハ }i〕i≧=ァ- '′.人ァ、八:.:. (   リ   (
          〃j }ハ}:.ノアi:7〉   ,,'’\_\
            _ノ′ r:.  /´i:i:i{′__/i:i:i:i:i:iノ .:` ‐- 、      「アタシは遠慮しとく。
          }ヘ   }/ .{:i:i:i:i{ ,,'’i:i:i:i;,'’ .::,   `¨ヽ
          〈   /   {i:i:i:/i:i:i:i:i:i/    {     ,ハ        ヒソカ、アンタはどうするの?」
.          ノヽ/    ,}/i:i:i:i:i,,'’     /       〉
         くi:i:{....   ,,'’i:i:i:i,,'’       / /::.  `亠、



           ~~~\
~  \ヘ\ヘ\ ヘ ヘ | | | )
  \ ヘ\\\\ | / ノ ノ丿丿
~\\\\       V
  ~~\\.   ̄ ̄\  |
~\ヘ\        、\ |
 ~ ミ ミ   / ____ゝ/
 / ヘ ミ     ー--゚" 、
 |   V           \_
  |   |    ★     _ _ノ
  \_|           __ゝ
            、___/~>
    ∧          イ
       \         (     「んん~~。
        へ   __  ノ        ボクとしてはあっちの方が気になるけどね」
             /

732 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:54:59 ID:8/bKapBc
249.



.   /,.イ ``''-、Y// __⌒' ‐- 、''ニ¬''" _
.   /ィ ‐'´/  / ヽ ´_ヾヽ、丶 i -二ニ''
.    レ//,.: / i,'   \ 、 `ヽ\ヽ`l‐-`>--‐''"
.   /,/〃 i | |!  、 \ヽ  ``、`、 、 ヾ`iヽ
..  レ/,;'/ l. メ !    、  `、  , ヽi ヽ,ニ'i_`
   iyi/ | /.i l l i、. i'l i;`、 `、ヽヽ! iヽ ヾ-‐''''
    リ!|i /i! l | |「ト|、! |i  iヽ,>'、゙;`ヾi l ',、. i
.   '' |!/ |リ |,i;=リ、`;|ヽヽl'i,>‐r'、! ト'l,|ヽl'、! |
.     レ |l'゙i!|i!ハ i::::ヾ''  '"!::::;! 'i |i 〉 i,い,|
.     ルiヘ,,}!i ` '‐-' ,   `‐''゙/ i|'、 、`、', l!
.      ' }`i|i,'、     '     ,ィ i| |!li iヽ、',‐''.      「護衛の持っていた剣?
.       i|!||;l, ℡:.、 ´` ,.ィ l| |lリi !| |ヽ `''        異界産物に興味を示すなんて珍しいね」
.       |ハ|リi; i!iiヾ,`' - " lル ||i!|' | !
.       l ,/lシ|リ!| \   i,i l、iノ ,リ
.       ,./'¬‐- 、  \  !リ iヽ、
.     /´"~ ̄ヽ  `'-、 \,|  | iヽ,
.     /   ,.  `、   `ヽ |  |  '、 i



                               ,           __,
               l          __  ト、       _,.r'/
                {ヽ、____,._-ニ´ニー-ミ``、 ̄ヽ、   ///
                ヽ、-_-‐_― ニニヽ丶、ヾ ',  lハヽ-‐シ',リ
          ,r      ∠="--ニー ` ヽ-、 ヽ } | ノノ,r' ,. く
          /- 、__,. -‐'_/'フ ̄_二ミ、=ミ `ヽN /ノ/,.==ニ_ヽ'、
          \ `ー-='‐'_ /_,...二ミヽ`      ´ '´'='彡ニ=、`ヽ
             >≡ニ",.-'´ _,.=_‐                `‐ミヽ`ト` 、
          /二ニ二....-ァミ彡'‐''' "二`ヽ、           ミヽ'、}〈 ', }
         /'´/´-=、,ノfrヽY´ -=ァ:;;r-、、`   ,,..、、、_ ミ=}}レ′,リ
         ! /'´  ∠._r{ {'' _ ,ィ  `` `  /z,ニ、ヽ.ヽ}レソ  /
             l!  /´ _ニイ ト、ィ  `ソ::r'''      .' `''゙‐ヽ イ
              ,r'ニ´ ノノハ'、,」  '´ヽ        !    ,! //
           {/,. -'ニ ノイ} | |       '" r'、   /;! ,'/
           /',ニニ-‐'´/'/,' !   `'''ー‐- 、_   `' /′
           '{   /r",'  ヽ        ̄`'' ``   /    「いや、持ち主のほうだよ。
             `  ヽゝ ,'   :.:\           /
             ,rー―='-、_  :.:.:.:.\._    ,.イ        ………な~んかギュンギュン来るんだよね◆」
          ,. -'′      ``ヽ-、,_ ``¨´::.::|
  _,,..、、. --―''く、              `''‐- 、;;_ト、_
"´         ``'‐                     \

735 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:55:59 ID:8/bKapBc
250.



                      i(
             ___   }i  }\__ノ ヽ
             } )ノヽ-'       )
            __ノi /   / /   ヽ{__ノi
             { / {  i | ,/{      /(
              〉/{  ヽi i |: ! , // ノノi  〉
           { i\  i | iリ_/゙'//  / (
           乂 ヽミ、^ "^  ̄ "'彡'  /⌒     「けどエネル君とこで野暮用があってね。
           -='^V ¨¨ヽ   ,-'¨゚゙ ミソ }へ        残念だけどボクも行けない★」
      __ -=  ¨´i∧ ゙'trz、 ,-trァ /ノ/  i|`>-_
    __∠         , ハ☆ i|   ¨ij /イ|  i    >=- 、
   /⌒ニ=。   / 'iハ __`___,  ////   i   ,:′ -―=ミi
  ,     =-',  /¨゙_゚\`'¨ / ̄ ’:,__    /i{   i ’.
  i i      i Υ ,i//,:'^  ー '     〉 }_  /{     i  ∨
  { ' ,    / j|_/ {ノ_/_/^¨¨¨¨¨¨^ー!イ ノ ノi_/ i     ノ  ノi
 八_ ,>-ニ=ミ<-i \\]¨'ー‐-=ミ, 〉〉ノ{ i__/ / }、 >-― -- 〈.ノ
   j/二二ニ/{ \ 二}'⌒ ', /¨'=イ/{__//)i/二二二ニ}
  {/i  _ イ! \ ___「 /  V   〈  }_ _' イ \-- ―- -{
  |! //   ノ\ ___ノ ∨         '.∧-<     \__  i: 「
  ∧'′  /   厂i{           ′}i i ヽ     ヽ V !: |
 i|./        ,:  八=-   __ __ _ __ イi/      i  |!ノノ
 乂 !、   __/. / i\__ _      __ イ{  ',    ,  i{./
--}|  ¨¨    /  }_ _  ¨¨¨   __ノ \     '’   |__
  ヽ.  --―<   ∧三 __       _二八  \ __  _乂
/      ’, \┌ヘ `¨¨ニ=- __ - 二ソ/}  / ニ三
         ヽ   \ヽ\ニ=   __  ノ/  ¨〕'’  ニニ



―――――――――――――――――――――――――
  欲求を暴力で押し通す、そんな連中の幾人かが
  ドラえもんを狙う者と興味のない者、
  そしてやらない夫を気にする者に分かれたのだが。
―――――――――――――――――――――――――

740 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:57:11 ID:8/bKapBc
251.
――――――――――――――――――――――――――――――
  ドラえもんを狙ったならず者のほうは
  彼の雇った護衛に返り討ちにされ、
  袋詰めで詰め所の前に転がされることになるのはまた別の物語。
――――――――――――――――――――――――――――――




                     _ r― - ―  、  r――――― 、
                     /  ..::::.  ...    `ー  ̄         \
                   /~ ..::  /⌒ ┌────────┐..... ヽ
              _   メ、  ) /   .: │ 私は賞金首です. │.     \
             〃) ヾYヽ.:: _/∠.::/ ..:::゙│ 捕まえてください. │
            _∠‘=彡リ:: }〃/.::/  . :.....└────────┘    :::::::::::
           (( 7¨ ̄ゞ=彳/∧   \:::::::/: : : : : : : : : : : : : :
         Ⅹ   ..::::::::..:::::::::::::ヽ  `ヽ _....... : : : : : : : : : : . . . .          /
        〃 `ヽ  .:::  ......  }/⌒ヽ....::::.......... : : : : : : : : : : : . . .        /  ,
       ハ     ...::::::::::::::::....          _ ..::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ...:::::   ..:: : : :
        , }       〃.::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : : : :./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ . :: : : : : : : :
_ __ノ人...:::\ /::::::::::::::::::::::::::::::::`::::ー:...、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: '''"  , . . . . : : : :
 ̄ ̄ ̄ ̄: : : :゛゛゛~:: ̄..`...≧........―............-.......:::::::::........-...........:::::゙゙::::::::::¨  ,,, . . :
      ,,,,,,,,,,   ,,,  , ̄  ゛ . . . : . . : . . : . . : .,,,,,, . . :   . . . . . . . . .   ,    . . :



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

743 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/05/10(日) 21:57:59 ID:8/bKapBc
本日の投下は以上になります。
かなり間が開いてしまいましたが閲覧、合いの手ありがとうございました(´・ω・`)


次回はもう少し早めにお届けできるよう頑張ります orz










【漫画全巻セット】【中古】ローゼンメイデン ヤングジャンプ版 <1~10巻> PEACH-PIT【あす楽対応】

価格:910円
(2018/9/24 08:59時点)
感想(0件)






ペルソナ4 ザ・ゴールデン PlayStation Vita the Best

価格:3,780円
(2019/2/3 15:52時点)
感想(8件)




























目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1406-cb6f1785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)