fc2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode IV.竜の力 第一章 幻獣の森で-5 2019年01月31日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




331.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――
  天馬の言った人の巣らしきものはすぐに見つかった。
―――――――――――――――――――――――――



       | 二二二二二二二二二二二二二二 | ___________
       | ‐土‐┌个┐‐土土土‐┌个┐‐土‐ | __________ |
       | 土土 |L,|L|| 土土土土 |L,|L|| 土土 | ‐土土土土个土土土土‐ |
       | ‐‐ {{{{|L,|L||}}}} ‐土‐ {{{{|L,|L||}}}} ‐‐ | 土土土土|| l土土土土土 |
       | 土 {{{{|L,|L||}}}} 土土 {{{{|L,|L||}}}} 土 | ‐土土‐{{{{|Ll‐土土土土‐ |
       | ‐土土土土土土土土土土土土土‐ | 土土土{{{{|Ll土土土土土 |
       | 土土┌个┐土土土土┌个┐土土 | ‐土土土土土土土土土‐ |
       | ‐土‐ |L,|L|| ‐土土土‐ |L,|L|| ‐土‐ | 土土土土土土土土土土 |
       | 土 {{{{|L,|L||}}}} 土土 {{{{|L,|L||}}}} 土 | ‐土‐ ◎ {}.:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;::;`;; ,
;:;:゙:;":;";`;:;":、;...{{{{|L,|L||}}}} ‐土‐ {{{{|L,|L||}}}} ‐‐ | 土土{}....:゛;::; ,.゛;i゙;:`;゛;:゛;:; ,
":;:、;:;";`;i:;/"、;::;":.゙土土土土土土土土土土土 | ‐土‐...;゛;:゛;:; ,.゛:; i! ;`;゛;:.゙f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
::;゙;:;":;";`;ll:; ":、;:;":;";......土土土土土土土土土‐.゙:゛;:;`;゛;:゛:;:; ,.゛;:゙ ;.;!i`;゛;:゛;゙|  ここか。   |
;":;:、;:";`i!l;.〃:;":、;:;":;";`;:;":、....土土土土゙`;゛;:゛;:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;:; ,.:゛;゙i゙i:;゛;:゛;:乂_____ ノ
;:、;:;":;"//;`;:;":、;:;":;";`;:;":、;:;" . 土゙,;:;":;;:;";;`;";:、 ,.、...,.;`;゛;:゛゙_,,;:;,.:_!,i!;;-'''゛'''''゛
""'''''"'''-.._:、;:;〃":; ,.,,.、;:、;: .;.. . .,,;:;:;":;";`;:;";:;:;";`;:,,:''::.;;'' ;;:;: :::''' ;;:;: :::'':;: :::''' ;;:;: :::
.;'":;. :.. ;',,;:;":;;*:;";*;`;";:、:;.``丶、__.,,;:;":;";`;:;"ヽ、;:;";`;:;";,":;;:;";;`;";:、'' ;;:;: :::'':;: :::''' ;;:;: :::
.    ,,;:;:;"*:;";`;:;";:;:;*";`;:,,.. . ...,;:;".:;";`ヾヽ:/、、;:;"";`;:;";`;:;";:;:;";`;:,,‐土土‐ |
.   ,,;:;":;";`;:;"ヽ、;:*;";`;*:;";,.. . .:;";:;":";`|, ;i、;:;":;`;,:;";`;:;"ヽ、;:;";`;:;";,....:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;::;`;; ,
 ̄. ,;:;".:*;";`ヾヽ:/、、;:;"*";`;.  . .  . ..  .li.;;| . ,;:;".:;";`ヾヽ:/、、;:;"";`;..:゛;::; ,.゛;i゙;:`;゛;:゛;:; ,
.   :;";*:;":";`|, ;i、;:;":*;`;,.. . .. . .. . ..l:; .l.. . :;";:;":";`|, ;i、;:;":;`;,.  ゛;:; ,.゛:; i! ;`;゛/;:゛;:; ,
            li.;;|.. . .. . .. . .. . .. .丿;i;;'、 .. . ..  .li.;;|  . .. . ;:; ,.゛;:゙ ;.;!i`;゛;i!l:゛;:; ,
            l:; .l.. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . l:; .l  . .. . ゛;:; ,.:゛;゙i゙i;:;//
        丿;i;;'、.. . .. . .. . .. . .. . .. . .. . .. 丿;i;;'、  . .. .゛゙ . .. !,i丿'、
::.;;'' ;;:;: :::'*'::.;' ;;:;:*:::''::.;;'' ;;:;: *:::''::.;;'' ;;:;: :::'':;: :::'' ::''::.;' ;;:;::::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':;: :::'' ::''::.;' ;;:;:::''::.;;'' ;;:;:



――――――――――――――――――――――――――
  小さな砦はやはり魔法文明期のものと思われるのだが
  妙に静まりかえっており、
――――――――――――――――――――――――――











918 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:00:55 ID:r7tvDY2Y
332.
―――――――――――――――――――――――――
  念のために見回ってみようと中に入ってみても、
  焚き火の跡など直前まで人のいた形跡はあるものの
  荷物も人影も残っていない。
―――――――――――――――――――――――――



.     ゞミ ノ"''ー-、,_i____,/''-,i_,ii__,i__________________,ii__,i ||
      |i |       ゙i,ミノ"'ー-,=ニ/-'---'---'---'---'---'---'--ニ- : |l: :|
      |i |      |i |.    ヽ;;i゙`::、:.:.:.:...:.:...:.:   .:.:.:..:.:.:.:.. ..イ::...: :.i ::|l ::|
      |i |      | i|     | | ..:.`:.、:.:..;...:.; ,.____.__.....:イ: l..:.:..:.:| | |l ::|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.;.;.;.;:::::::::.:.:.:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l ::|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.;.;.;.;;:::::::::.:.::.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l ::|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.:::::::::.:.:.:;.;.;;:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l: :|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:..:.:..:.:.   : :._;.; ;:.::.l.:.:|.:.:. :.:| | |l ::|
      |i |      | i|    . :| |  ..i:.:l:..:..: ::.:.:..:.:.. . ̄ `  、:.|.:.::::| | |l ::|
      |i |      |; |     | | r゚..::|::.!.:.:.:. :: :.::.       `・i.:.... .| | |l ::|
      |i |.  / ̄ ̄\.   | |  .l:.:'..::. :: :           :::::::| | |l ::|
      |i |.../   _ノ  \ . | | ,=' :.:...:.:..、.....:.,、,、....:.     .`..| | |l ::|
      |i |...|   ( ●)(●).゙_ゞ;;:.:.:.......:.::.:.:.:::::::::          ハヽ|l ::|
      |i |....|    (__人__):::::::::::...:.:::::::::.:.........:::::::::::::::::        `|l ::|
      |i |. |     ` ⌒´ノ            :::::::::::::          ,|l ::|
      |i |.. |         }                   ::::::::::::::::::::,|l: :|
     ノ--ヽ' ヽ        }                      :::::::::::ノno::
             ヽ     ノ
.             >    <     「逃げた後………だな」
             |     |
              |     |



――――――――――――――――――――――――――――
  枯れた遺跡、と言うやつか。

  おそらく密猟者に繰り返し使われている場所なのだろう、
  中も長い間に調べ尽くされたらしく
  閉ざされた区画や気になるものを見つける事はできなかった。
――――――――――――――――――――――――――――

919 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:02:03 ID:r7tvDY2Y
333.



.... ::.:|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::: : : : :
.... ::.:|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: : :: : ::
.... ::.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :《》: :《》: : : : : : : : : : : : : : : :
.... ::.:|                                       《》 《》
..... ;::|                         ,.、t''T叮了丁丁Ti¬-、      《》 《》
..... ;::|                       ,.<ヽ>‐ ´ || ̄|| ̄||`^''く,r`>、    《》 《》
..... ;::|                     .,心>イ'__||_||_||_||_||__ヾk,. ヘ   《》 《》
..... :::|   ;; : . .    , ;..      ム,.//' ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||;V‐''',   《》 《》
..... ;::|                    |ニ:!;{_||_||_||_||_||_||,'´ ̄ ̄`',.   《》 .《》
..... ;::|        ;::. .        ├'"!´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||. ∠ う…  l   《》  《》
..... :::|                     |-ー||]|_||_||_||_||_||\    /.... 《》.  《》
..... :::|                     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||..  ̄ ̄ |   《》  《》
..... :::|               ` ;   |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》   《》┨
..... :;:|. `  .  .         .,     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||[|ー-|   《》  《》
.. ::::::|              . ; '  |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
..... ;/|    `;        .  _, ,..-‐|-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
..... :l i.      .,  ;.. . ._ "__,|..-‐'|-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》 .《》
..... ;:lノ. ; '  _,,..-ー.'"l_. ._ l,..-‐; |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》 《》

   / ̄ ̄\
 /       \
 |          |
. |         |
  |          |
.  |         }   「ん?」
.  ヽ        }
   ヽニニニニノ 、_
  /::::::::::::::::::::: ̄`ー
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
   ヽ::::::::::::::::::::::::i



――――――――――――――――――――――――
  と。
  牢屋らしき区画の前を通りがかったところで、
  うめき声が聞こえた気がして中を覗き込んでみると、
――――――――――――――――――――――――

920 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:03:05 ID:r7tvDY2Y
334.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  青いローブに身を包んだ、背の低い誰かが転がされているではないか。
――――――――――――――――――――――――――――――――



          ,. --─‐-- 、
        /:::::::::::::::::::::::::::ヽ
         7::::::::::::::::::::::::::::::::!
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::}
       ,ィ:::::::::::::::>-----<
        {::::::,. -'´:::::::::::::::_;;;;;;;_\
:: :: :: :: ::..゙, イ´:::::::::::::::::::,r:';ニ-‐=‐`ヽ、 : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: (_|:_:_:_::::::::::://:::::::::::::::::::::::::::\..:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: `ーク::::::::::;r‐-、;:::::::::::;/`ヽ、.゙:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::..゙`ー-(   ヽ─'`ー─ '゙: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: `ー-‐′゙: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::



――――――――――――――――――――――――――――――
  かんぬきを外して中に入り込み、ゆっくりと仰向けに起こしてみると
  暴行を受けたらしく、ひげ面には鼻血のあとやあざが残っている。
――――――――――――――――――――――――――――――

921 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:03:55 ID:r7tvDY2Y
335.
―――――――――――――――――――――
  何よりも、成人の顔つきであるのに低い背、
  樽のようなずんぐりとした体型は
  被害者がドワーフである事を物語っていた。
―――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  ………ドワーフ?  .|                        |
乂_________ ノ                            |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                           |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                           |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                           |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                     _, -: :¨¨¨¨`: :-:.._..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                   , イ>'ヽ, ‐<ヽ: : : :_:.>x..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                            、.  ,イ: :{{   Xj{+ V-、: L_; i_:ヽ..: : : : : : : : : : : : : : : : : :
                          ,rト-'_,.イ ヾ=イ:ヘヽ _ ノ  !ヽ' r-':∧ : : : : : : : : : : : : : : : : :
                          `´i/ ヽ  弋ソ  _乂_ノ  ̄` ; : : :',: : : : : : : : : : : : : : : : :
                              rt. { ,ィ_  ,. i     ,-a-、,...、_ V: : :i..: : : : : : : : : : : : : : : :
                              _フ´i `¨j'   l   -a__ ////∧ .i: : :j゙: : : : : : : : : : : : : : : :
                            r-ヘ/   _i-、__,. X/////,'i j: :/∧...: : : : : : : : : : : : : :
                                 `ー‐<  i/////////-∨ i:/ /:ハ..゙: : : : : : : : : : : : :
                                      {///,'/ ヽイ_ イ//: : : :', : : : : : : : : : : : : :
                                   ゝヽ-- ' ⌒` ー ' ´>'<iV: : : : : i゙: : : : : : : : : : : : :
                                  〃 ̄`ヽ、--y--.r==ヘ    !:V: : : : :{..゙: : : : : : : : : : : :
                             i     V:7  ゞ'-イ    i: :.V:,ィ⌒ヽ : : : : : : : : : : :
                             {     j: |        /: : :.i'     j: : : : : : : : : : :
                             八     .ノ:八      , ': : : : >:y-<: : : : : : : : : : :
                                   `ー< ̄ヽ、ヽ----<: : : : : : : /.゙: : : : : : : : : : : : : :
                                    ハ: : : : : : : : : : :./.゙: : : : : : : : : : : : : : :
                                   __7: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                      〃   >x_____, イ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                      ヽ、     _ イ..゙: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                          ̄ ̄..゙: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                           |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                           |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                           |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

922 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:05:01 ID:r7tvDY2Y
336.
┌───────────────────────────────────────────┐
│ドワーフ(岩妖精族)                                                   │
│                                                               │
│黄金樹と呼ばれる妖精界を統べる存在に生み出された種族で                         │
│主に岩山に住んでいるが、エルフに比べると人間の集落に混じっている事が多い。             │
│                                                               │
│肉体的な特徴は男女で大きく異なるが、共通して成人でも120cm程度までしか成長しないようだ。     │
│男性は動く酒樽と喩えられることが多いように、太い骨格と筋肉質な身体つきであり、            │
│体毛も濃く髭を伸ばすことを好む。                                          │
│女性は一見して人間のような少女のままで、年老いてもほとんど変化がない。                │
│                                                               │
│男女ともに手先が大変器用であるほか、                                      │
│洞窟の中で暮らすことが多かったせいか暗視能力(僅かな光源でも見通せる)を持っている。       │
│エルフと逆に魔力を有する者はおらず、理力魔法使いになることはできないが                │
│人間から学んだ繰気技術と相性が良いらしく戦士として大成する者もいる。                  │
│                                                               │
│                                                               │
│                    エンシェント・ドワーフ ハイ・ドワーフ                           │
│かつてはエルフ並みに寿命の長い古岩妖精族や高岩妖精族も存在したようだが、             │
│鍛冶に対する熱意が鍛冶の神を生み出したあたりから(※)妖精界との繋がりが薄れて          │
│絶滅したらしい。                                                     │
│                                                               │
│現在の寿命は人間の二~三倍と言われており(部族により文明度が異なり、寿命も差があるようだ)、  │
│人間と同様に司祭職(含、暗黒司祭)に就くこともできるが、                           │
│なぜかエルフと異なり人間との間に子をつくることはできない。                         │
│                                                               │
│性格は主に生活圏や育ちの影響で、無骨で口べたな頑固者から浮き沈みの激しいお調子者まで    │
│非常に幅広いが、おおむね部族の集落に籠もっているものほど頑固者であるもよう。.           │
│                                                               │
│男女共通して酒好きで、部族ごとに独自の製法を加えた火酒を作っているらしい。            │
│また、グラスランナーほどではないが好奇心もあり、冒険者になるものもいる。                    │
│                                                               │
│                                                               │
│※ほぼ同時期に精霊使いになれなくなったと言われている。                           │
│  また、妖精界との繋がりを失ったためにエルフからは堕落した種族と嫌われているが、         │
│  ドワーフ達は主物質界に適用し進化した結果と前向きに受け止めているようだ。             │
└───────────────────────────────────────────┘

924 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:05:55 ID:r7tvDY2Y
337.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     〔しっかりしてください、
.  ヽ        }       霊薬は飲めますか?〕
   ヽ     ノ
   /    く__,-ュ__
   |    ___ 三)
    |    |       ̄



                                              ☆  _____
                                             ☆ /, = 、 -、 `\
                                              ./-/ +/◎ ノ、=「l=ヽ
                                              /  `=●ー ´  ヽ`  ヽ
                                              l =「|=゙ | ~~   l   |
                                              | ~^ | ~~^  |   l
                                〔う………〕       ヽ /⌒ー⌒ー⌒ヽl   ノ
                                               >━━o━━━━イ
                                              / /        |.   |
                                            /⌒ヽl      ノ  | _ |
                                            ヽ_ | ` ー─ /⌒ヽ(_)
                                               ´ ̄ ̄ ̄`|   |/
                                                     `ー ´



―――――――――――――――――――――
  頬を叩きながらドワーフ語で呼び掛けると、
  しばらくして意識を取り戻したようだ。

  明確な返事はないものの、瞼が開いたので
  座らせて霊薬を口に流し込んでやると、
―――――――――――――――――――――

925 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:07:01 ID:r7tvDY2Y
338.
――――――――――――――――――――
  ごくり、と喉が動いて全身が光に包まれる。
――――――――――――――――――――



            :
.   :: : : ::...   ::    . . : : : : : : : : :   キラッ
.  :: :     : ::.  .:   ...:: : :         : : ::...                       *  * ゚
. ::      ::. .::  .:: : :           : : ::                       +
 ::.      .::    .:: :                 : ::                     ゚
  :: :..   ..: ::    :::                   :::                           .:: : ::
  : :::.. . .::: :     :::                   :::                       :: :   : ::
             ::.  。 ο.           ::                    :: : : ::.      ::
      .    +:. *         .:             ー…―― 、..... : :   : :.   .:
.∴’  ’  ×  。  ..: : : :         .:       / /<ハ/⌒> `>、.    ::.. . . .:
    。     o  .:     : : : : : : : : : :.       / 斗 → l ←  l    ヽ.   ::
 。+ ゚  ゚ 。 *   ::     ::                 , /  ゝγ⌒ヽ_ノ ヽハ   `...: ::
          °     ::.. . . ..::            , , ー― 、ゝr イ __.U ヽ  ヽ
゚                             , , ー―-   !  ___   ',   ,
...  : : : :                       lY   /   !  、   `ヽ  ,  .|
. : :   :          〔ふーっ………〕    ', /⌒       !   > 、   l ,:
 :     ::                       ヽ乂__ ー┴一 、_   ヽ  , /
 :.      .:: :: ::                        \          > 、 ル
  : :. . .:.:.   ::                        にニニニニニニニニニう
     ::    ::                          / γ∠ニム――<――{
      ::. . . .::                         ,  / ゝΩノ     V  ヽ

926 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:07:55 ID:r7tvDY2Y
339.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  痛みを追い出すかのように大きく息をついた相手が
  はっきりとした視線を巡らせたので、
  敵ではありません、と微笑んだやらない夫は事情を聞いてみることにした。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



               ―
            /      \
           /_____ノ::}
           |:::::::::::::::::::::::::::::≦|
          {>-----≧´ィ句|
          ∧    ー ´  ¨ i
          く:::ハ       _冫_          〔意識ははっきりしたようですね。
             レ' ∧   `  ´  .|::: ̄〉},.~:、      身体に痛みはありませんか?〕
        -‐, ~//::>  _ イ:厂八/::::::::广
     /  〈::::::∧∨      / //:::::/    \
    /    ハ8{  \`ー― / , く:8::イ        ' ,
   く      Y   >v <     Y:{         〉
   く `ー 、  /              V\       八
  く__ `ー   ∨ ノイ            i!::::!> ― - イ:::::\
  /_/:::::::::∧く_メ≧           八:::\`ー --〈|:::::::::ハ
  /_/:::::::::/:::∧ー―< ̄>――  イ /〉::::::\___/::::::::::::::}
  {:::::::::::::::::::イ  ト、    Y       ノ _ノ::::::::::::::::::::::イ :::::::::::::::ノ



                                                  _____
                                              /,´- 、 - 、    \
                                             /,-|./・|・\ |- 、   ヽ
                                             |  ` -● -′  \  i
                                             |  ─ |  ─     i  |
                                             |  二  |  二     |  !
                                             ヽ  / ̄ ̄ ̄ \   |  /
                      〔あ、はい、大丈夫です。           \ヽ____)  / /
                         ………えーっと、あなたは?〕.     ○ ━━6━◯━━ヽ
                                               \|/      \   ヽ

927 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:08:55 ID:r7tvDY2Y
340.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     〔ここに密猟者が巣くっているとの話を聞いて
.  ヽ        }      偵察に来た冒険者です。
   ヽ     ノ
.   >    <        あなたはどうしてこんなところに?〕
   |     |
    |     |



                                                  _____
                                               / - 、 - 、     \
                                              //|/・|・ \|- 、    \
                                                   /   `-● - ′  \    ヽ
                                                   j 二二 | 二二   ヽ    i
                                                  (_── | ──    |   |
       〔聖刻の地を抜けて東部に向かおうとしたところで            | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   !   _!_
          あいつらの密猟現場に出くわしてしまいまして………〕.     _ヽ ヽ    -、-、 !  !  (  )
                                            (__ )\\_(___/ /   / ̄/
                                             \   ━━━6━━━━/  /

928 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:10:01 ID:r7tvDY2Y
341.



          / ̄ ̄\
       /   _ノ   \
       |   ( ●)(●)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´)        〔それは災難でした。
          |         }
        ヽ         }          幸い奴らはここには残っていません、
          >       ノ             俺と一緒に脱出しませんか〕
       /         \  /て⊃
       |  ィ     |\  `´ ゞ _三}
          |  |      |   \__/



                                                 _,.  ----   _
                                             >:':´: : : : : : : : : : : : : : : ` : .,
                                               : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
                                           /: _: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                                        ,イ:/   ∨:.,>─ 、 : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
                                       /: / \  i:, '      V: : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
                                          /: _{●   ヽ i'__,. . -‐ ' ’´ ,: : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
                                     7イ´ヘ,..-- 、.ノ! ●       i `ヽ、 : : : : : : : : : : : : : : : i
                                         7   {:::::::::::::i八       ノ     ヽ : : : : : : : : : : : : : i
                                  ー‐┼‐  乂:;::::ソ  ヽ、 __  イ        V : : : : : : : : : : : :|
                                    _j_,.    |        ___     ∨ : : : : : : : : : : i
                                  '´ ̄|     |                  ̄``  i: : : : : : : : : : : ,
                                       ハ,.ィ   i         ─z_      i: : : : : : : : : : 7
                                    / .    l         、   `ヽ    7: : : : : : : : : :/
            〔残っていない?                 ヘ   _>‐- 、_     ``ヽ、     /: : : : : : : : :, '
           ………また密猟に行ってるのか〕       ヽ       ` ヽ、_      `   :': : : : : : : ; イ
                                           t:、__                 /: : :_;::>::'7
                                      ,.ィ´ーz_:::::::≧z:::-........................イ::≦:::::::::::>'´ヽ
                                        , ': : : : : : : >:y-z___:::::γ' ⌒ヽ-<   ヽ: : ヘ
                                       /: : : : : : : : :, イ           {======}      ∨: ム
                                   /: : : : : : : : :/             弋__j:}_ノ         ',: :ハ



―――――――――――――――――――――――――――
  酷い奴らだ、と怒りを膨らませる様子に悪いものは感じない、
  密猟者に捕らわれた密猟者、と言うわけではないのだろう。

  聖刻の地を抜けて東へ―――
  どうしてそんな無茶をしようと思ったのかは分からないが、
  運悪く通りすがりに捕らわれてしまっただけのようだ。
―――――――――――――――――――――――――――

929 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:10:55 ID:r7tvDY2Y
342.
―――――――――――――――――――――――
  とりあえずは脱出しましょうとの提案に相手も頷き、
  二人は並んで牢屋を後にする。
―――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |     〔たぶん逃げたんだと思います。
       / ミ)      /      細かい話は戻りながらでも〕
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



       ,  ─── 、
    /   /⌒  ⌒ヽ\
   /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
  l  /   ー ●ー    ヽ
 . |  /  三   |  三  | _
  | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)   〔そうですね。
  ヽヽ ( ______ / / /
   >━━━━,-、━━イ /      自慢のヒゲがかび臭くなってしまいました、
  /    /    ヽフ  ヽ  l/         こんな場所からはさっさと離れましょう〕
 ( _)  |           | |
   l  ヽ       ノ l

930 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:11:55 ID:r7tvDY2Y
343.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  廊下に出るなりのことだった。

  向かいのテーブルに自分のホールディング・バッグが置かれているので、
  駆け寄ったドワーフは壊れていないことを確かめほっと胸を撫で下ろした。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



___________________
                           /|
            l ゙゙̄'ー-、_.            /.  |
            |       `l.         /  /|
            ヽ、_  ___/..     /   /|  |
                ̄.         /  ./l  |  |
                  /   /  |  |  |
                 /   /   |  |  |
               /   /     |  |  |



       _____
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\
      /   , ┤  (|)  |- ヽ
    /  /   `ー ●ー′ ヽ
   i  /    二   | 二   l、
    |  |     ─   | ─ __)
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /     「あ!
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /        僕のバッグがこんなところに!!」
    ┝/ \_ノ━━6━━、
    /    /       ヽ  \_
    |    |        |   (__)



   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |     ( ●) )
. |      (__ノ、_)
  |      ` ⌒ノ
.  |         }     (ホールディング・バッグの中身は
.  ヽ        }      入れた本人しか取り出せない。
   ヽ     ノ
   .>    <        あとで拷問でもして取り出させてから
   |     |        殺そうとでも思っていたのだろう)
    |     |



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  殺されずに捕らわれていた理由はこれか。
  
  彼への疑念が全て晴れたやらない夫は
  頷いたドワーフを背に護りながら外を目指し、数分ののちに脱出を果たす。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘

931 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:12:55 ID:r7tvDY2Y
344.



       | ‐‐ {{{{|L,|L||}}}} ‐土‐ {{{{|L,|L||}}}} ‐‐ | 土土土土|| l土土土土土 |
       | 土 {{{{|L,|L||}}}} 土土 {{{{|L,|L||}}}} 土 | ‐土土‐{{{{|Ll‐土土土土‐ |
       | ‐土土土土土土土土土土土土土‐ | 土土土{{{{|Ll土土土土土 |
       | 土土┌个┐土土土土┌个┐土土 | ‐土土土土土土土土土‐ |
       | ‐土‐ |L,|L|| ‐土土土‐ |L,|L|| ‐土‐ | 土土土土土土土土土土 |
       | 土 {{{{|L,|L||}}}} 土土 {{{{|L,|L||}}}} 土 | ‐土‐ ◎ {}.:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;::
;:;:゙:;":;";`;:;":、;...{{{{|L,|L||}}}} ‐土‐ {{{{|L,|L||}}}} ‐‐ | 土土{}....:゛;::; ,.゛;i゙;:`;゛;:゛;:;.    n.          n
":;:、;:;";`;i:;/"、;::;":.゙土土土土土土土土土土土 | ‐土‐...;゛;:゛;:; ,.゛:; i! ;`;゛;:.゙     | !   に二二l . /厶__
::;゙;:;":;";`;ll:; ":、;:;":;";......土土土土土土土土土‐.゙:゛;:;`;゛;:゛:;:; ,.゛;:゙ ;.;!i`;゛;:゛;゙     ヽニフ      └'^ー┘
;":;:、;:";`i!l;.〃:;":、;:;":;";`;:;":、....土土土土゙`;゛;:゛;:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;:; ,.:゛;゙i゙i:;゛;:゛;:
;:、;:;":;"//;`;:;":、;:;":;";`;:;":、;:;" . 土゙,;:;":;;:;";;`;";:、 ,.、...,.;`;゛;:゛゙_,,;:;,.:_!,i!;;-'''゛'''''゛
""'''''"'''-.._:、;:;〃":; ,.,,.、;:、;: .;.. . .,,;:;:;":;";`;:;";:;:;";`;:,,:''::.;;'' ;;:;: :::''' ;;:;: :::'':;: :::''' ;;:;: :::
.;'":;. :.. ;',,;:;":;;*:;";*;`;";:、:;.``丶、__.,,;:;":;";`;:;"ヽ、;:;";`;:;";,":;;:;";;`;";:、'' ;;:;: :::'':;: :::''' ;;:;: :::
.    ,,;:;:;"*:;";`;:;";:;:;*";`;:,,.. . ...,;:;".:;";`ヾヽ:/、、;:;"";`;:;";`;:;";:;:;";`;:,,‐土土‐ |
.   ,,;:;":;";`;:;"ヽ、;:*;";`;*:;";,.. . .:;";:;":";`|, ;i、;:;":;`;,:;";`;:;"ヽ、;:;";`;:;";,....:; ,.:゛;:;`;゛;:゛;::;`;; ,
 ̄. ,;:;".:*;";`ヾヽ:/、、;:;"*";`;.  . .  . ..  .li.;;| . ,;:;".:;";`ヾヽ:/、、;:;"";`;..:゛;::; ,.゛;i゙;:`;゛;:゛;:; ,
.   :;";*:;" , -────- 、        l:; .l.. . :;";:;":";`|, ;i、;:;":;`;,.  ゛;:; ,.゛:; i! ;`;゛/;:゛;:; ,
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ..    丿;i;;'、 .. . ..  .li.;;|  . .. . ;:; ,.゛;:゙ ;.;!i`;゛;i!l:゛;:; ,
    /     , -| / (|)\ | \                 l:; .l  . .. . ゛;:; ,.:゛;゙i゙i;:;//
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ             丿;i;;'、  . .. .゛゙ . .. !,i丿'、
::.;;''.../    /       ̄ ●   ヽl.゙:::'':;: :::'' ::''::.;' ;;:;::::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':;: :::'' ::''::.;' ;;:;:::''::.;;'' ;;:;:
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ   〔ほんとだ、人っ子一人いない。
   ヽ   |   / ̄ ̄     /      いったいどうしたんだろう?〕
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                |  拠点を潰される前に                    |
                                |  いままでの上がりを持って逃げたのでしょう。  |
                                乂____________________ ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分が牢屋に放り込まれたのは一昨日のことであるが、
  今日まで密猟者どもの気配が完全に消えたことはなかったはずなのに。
――――――――――――――――――――――――――――――――

932 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:13:55 ID:r7tvDY2Y
345.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大物を狩りに行くにしても、と訝しむドワーフは
  撤収したのでしょうと言う青年を振り返り、
  情報を得た近隣の国が動いたのですか、と一番考えられる可能性を口にする。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)    〔潰される前にって、
 ヽヽ ( ______ / / /       モルティナから部隊でも派遣されたんですか?〕
  >━━━━,-、━━イ /
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l



                                                        / ̄ ̄\
                                                     /  ヽ、_  \
                                                    (●)(● )   |
                                                    (__人__)     |
                                                     (`⌒ ´     |
                                  〔そうではなくてですね〕.     {           |
                                                     {        ノ
                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ                  ヽ     ノ
                        |  とにかく―――   |                   ノ     ヽ
                        乂________ ノ                  /      |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  原因は部隊ではなく個人なのだが、どう言ったものかなと説明に迷っていると、
  まあいいかと気持ちを入れ替えた相手がぺこりと頭を下げた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

933 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:14:55 ID:r7tvDY2Y
346.



           ,. ‐''¨¨^^ ̄  ̄^'.'ー 、
.     _,-'.´`_‐'¨`¨'‐、 ,-'.¨´¨'-_ ::^'
.    /::::::::::::.!     ! !     !::::::: ` 、
   ^:::::::::::::::::.|    へi iへ   . .|:::::::::::.:::::^、
.  ,′ :::::,.-.''¨'、     i_._i_    ,:'¨''-::::::::::::::_'、
.. ゙::::::.,/ __   `'''‐‐'''!::::::::!'''‐‐'''´  .__^、::::::::::.!
 !:::::,/    ^^''''‐‐   '--.'   ‐‐'''''^^  ゙、::::::::!
 !:::::,!  .```````¨    .|    ¨``````` !:::::::!
 !:::::!  ‐‐‐'''''''^^^    |   ^^^''''''‐‐‐  !:::::!
 !:::::!    \,.      |      _./   !::::.!     「危ない所を助けてくれて
  'i::!    、 ‐^''- ,,._  |  _,,.-'''´     /:::::i.         ありがとうございました。
  ゙、:\  ノ    .゙、 `゙^''''''^´        ノ:::: ′
   ゙:、::' 、:\   ,./            ./:::ノ        改めまして、僕ドラえもんです。
     >,:::::::゙¨'.゙「            ..'',::::. ′        バルトライヒ山脈に住む
    ノ::::::::::::::::::ノ'''''''''>'''''''<'''''''''''''''''l゙ r'′.           青の部族出身のドワーフで、
   i゙:::::::::::::::::::ノ゙゙゙゙゙゙゙゙(、、、、、、)¨¨^、¨¨^'\           今は東部でしがない武具商人をしています」
   :::::::::::::::./    \┴ ノ   .i.:::::::::::`、
.   ゙!::::::::::::|    、、、、、、、.、、、、、、、 .i:::::、:::::: '、
    !::::::::::|    i         i  .!:::::゙i ノ:.′゙':



――――――――――――――――――――――――――――――
  バルトライヒ山脈と言えば大陸南西部を縦断している大山脈であり、
  多くのドワーフ部族が住むと言う。

  ただ流ちょうな共通語が示すとおり人間に混じって長いらしく、
  彼個人に差別やこだわりはないらしい。
――――――――――――――――――――――――――――――

934 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:16:01 ID:r7tvDY2Y
347.



                        __
                       _/_,,.......,,,,..ヽ_
                    ,,i_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
                   /;;|   (●)(●)|              /勹
                     |;/|   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                     ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                  / lヽ     /    /`弋ll
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、..     「俺はやらない夫=D=ビップです。
        ,r‐< ̄´、ⅴヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜        一応冒険者をやっています」
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、                    |  やらない夫………?  |
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´                乂__________ ノ
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  故郷は西に、仕事場は東だと言うので一瞬迷ったが
  こんなところで出会った以上はなにかしらの縁があるに違いない、とそのまま名乗ると、
  案の定ドラえもんは反応を示し―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

935 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:16:55 ID:r7tvDY2Y
348.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、どちらかと言えば風来者の方が近いかも知れませんと肩をすくめた青年の名より、
  身につけている装備の方が武具商人の気を引いた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

┌────────────────────┐
│  ―――って、なんだこの装備!!!??   │
└────────────────────┘



|:::::::::::::::::::::::::__::::::::::::::::::::> .
|、:::::::::;:::::/       `丶:::::::::::::::::::>、
|::∨:/:::/          ∨:::::::::::::::::::::\
|::::∨::/           i::::::::::::::::::::::::::::\
|::::: Ⅵ              l- ミ:::::::::::::::::::::::∧
|::::: }:!              }::::::::\:::::::::::::::::::∧
|::::: iハ     (・)      /::::;:::::::::ヽ、::::::::::::::∧
|:::: ,::入         /::::/:::::::::::::::∨:::::::::::::ハ
|:::γ⌒ヽ:iト  ___,. イ::::'´     :::∨::::::::::::::::i     バンダナ(市販品)
|::::{二ニ=}::::::::::--::::::::::::::.          i::::::::::::::::::|.      ・少し色褪せている
|::::{二ニ=}::::::::::::::::::::::::::::        __ l::::::::::::::::::!
|::::::ゝ-:::'::::::::::::::::::::::_:::::::-──  ̄   l:::::::::::::::::|      板金鎧と二の腕当て(☆6 ~ ☆8)
|::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::             l:::::::::::::::::|      ・ミスリルと遺失炭素繊維の複合型
|::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::_::::____    |::::::::::::::::|      ・おそらく古代魔法文明の一点もの
|::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::           |::::::::::::::::!      ・付加されている魔法次第では金貨数十万枚~それ以上
|::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::_::__            |::::::::::::::リ
|::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::   ー---- _  i::::::::::::/.       腰当てと具足(☆☆☆ ~ ☆☆☆☆)
|::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::.         ,::::::::::/        ・ミスリル製品
|::::::::::::L__:::::::::::::::::::::::.          /:::::::::/       ・付加されている魔法次第では金貨数万枚はくだらない
|-‐  ̄     ̄  =- _        /:::::::::/
|:::::: ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::: ̄:          /::::::::, '         グローブ(☆ ~ ☆☆☆)
|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.       /::::::/          ・ほとんど痛んでいないので魔法の手袋の可能性あり
|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....   /:::∠__
|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.<> ´::::::::::\        両手剣(査定不能)
|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;.<> ´:::::::::::::::::::::::::::::\        ・異界産物の可能性濃厚
|:::::::x====ミニ二 ̄> ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.      ・鞘は名匠の作品に見受けられる
|::::/     ハ:::<::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧....   ・全体的に意味が分からない
|::{ー──一ア::::::::::::::::::   ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧



――――――――――――――――――――――――――――――
  青年の体格も考えれば平均的な大きさの品より
  二割増しの価格でもおかしくないと言うのに、
  蒼銀色の防具はグローブ以外すべてミスリル銀で、
  それぞれの質も一流品かそれ以上。

  背中の両手剣などは大粒の至光石や星辰玉があしらわれており、
  それだけでも値段が付けられないと言うのに、
  剣としての格も桁違いの超級品だと一目で分かったのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――

936 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:18:05 ID:r7tvDY2Y
349.



   `\,,       \     \     \   ヽ、.      ヽ     l.    l    |.     |    i
     `\,,        \      \.    \   ヽ、      ヽ   ヽ    !.    !.   |     l
        `\,,      `\     \     \.  ヽ、      ヽ   ゙i,   ゙i    |.    !.    !    ./ /
          `\,,      \    \     \.  ヽ、      ヽ   ヽ.   !.   |...  |   i. ../ / ./
゙ ‐-,,_          \,,     .\    \   . \  ヽ、     ヽ.   i.   !   i   .l   , ./ / ./
    ゙''‐-,,_        `\,,     \    \   .\  ヽ、.     ヽ  ヽ
゛‐ 、,,     ゙ ‐-,,_       `\,,     \   \    \                     _
.   ゛''.‐.、,,   ..゙ ‐ .       \,,    \   \               _ r-''ニl::::/,ニ二 -  __
       ゛''‐、,,   ゙ ‐-,,_       \,,.   \               ,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : :` -、
           ゛''‐、,,   ゙ ‐-,,_      \,,               /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : :\
              ゛''‐、,,     ゙ ‐-,,_.   \            __l>ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー="_..゛=、: : : : : : :\
"'' ‐- ,,.._              ゛''‐、,,    ゙ ‐-,,_           /  ____,,,,,,,_,` `'-- ヾ.,,,..`-''"´     `-: : : : : :
      "'' ‐- ,.           ゛''‐、,,                 ヽ  .________   /   .... --ー'''''''''''^゙⌒  \: : : : :
           "'' ‐- ,.         ゛''‐、,,                ゝ、      /   ________'rー''" ̄''ー、    `、: : : :
`゛¨ '' ‐- ...,, _        "'' ‐- ,                          `'''ー-、__/__r-‐''"゛    ゙゙̄^''''''' \   ゙L: : :
      ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ.             l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、  ..l,   !: : :
     <                             >           |   /    .| .!     `'、  |   l: : :
    <  まさか、無限の財布のやらない夫!!!?  >          l   |     .l,,ノ     |  !   !: : :
     <                             >          / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: : :
─── Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY.        i―- ....,.l___,   `´            l  ./   ./: : :
                                         \      `゙^''''''―- ,,....___/,,ヾ   /: : :



――――――――――――――――――――――――――――
  「成功者」と呼ばれるほんの一握りの冒険者達でも
  簡単には集められないであろう総額に合致する存在の名を
  彼は一人だけ知っていた―――
――――――――――――――――――――――――――――

938 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:18:55 ID:r7tvDY2Y
350.
――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――が、ほぼ無意識の絶叫に相手がげんなりしてしまったので
  これはご無礼をと慌てて頭を下げる羽目になる。
――――――――――――――――――――――――――――――



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r         「なんですかそれは………」
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



                                                     ,  ───  、
                                                   /          \  っ
                                                  / ヽ            ヽ っ
                                                  l’\|─‐ U 、         ヽ
                                                  l  ノ     \         l
                     「いえ、その…あの………            ●´ ──      ヽ         |
                 うちの隊商の隊長さんが                ノ  ──      ヽ      l
                 よくそう呼んでいたもので。              (   ──        l    /
                                                 ` ー、── 、     |     /
                 大変失礼しました、                   ` ー,-、━━━━━━ヽ
                 東の英雄さんとお呼びするべきでした」          ヽフ `ヽ

939 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:20:01 ID:r7tvDY2Y
351.



            / ̄ ̄\
           /   _,.ノ  ヽ、_
           |    ( ●) (●)
          |    (___人__)
              |     ` ⌒´ノ
           | u.      |        「隊商の隊長さんが?
               |、       |         ………おかしいな、俺がそうだと知る人は
             [::.ヽ、  __ ,_ ノ             そんなに多くないはずなのですが」
     _, 、-一 :::"\ ::::::::::::::::7、___
   / .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ__
  / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::..\ __
.  i :::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::.. \_
  i ::::::::::::::::::: i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `::...、
  l ::::::::::::j:::::: i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::/::/::::::::::::::::::::::.. `ヽ
  l ::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::´::::::::::::::::::::::::::/::::::::: l
  l :::::/::::::::::::ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l>ーーー-、r-‐:'::::´::::::: l
  i :::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l      l´:/::::::::::::::: ノ
  V .:::::::::::::::: lヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l     ノ .:::::::::::::::::: /
  l ::::::::ー::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. 、   /..::::::::::::::::::: /



                                                    ,. -――‐- ._
                                                  ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
                                                 /    !  o l_!o   !   ヽ
                                               /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ
                                               ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
                                               ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |
                                               l l ‐弋´   |   `~フー ! l
                「ふふふふ。                           ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
                                                VV  {   )  ̄      / /
             派手な買い物をすればどうしても、             ヽ/ `ー'_____,//
             耳ざとい商人に目をつけられるものなのです」....   /    /--/⌒ヽ----┘、
                                                 l     /  ヒΤフ  ヽ  \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  あの時から減る様子の見られない財布のことを知っているのは
  身近な者だけなはずなのに、と眉をひそめるやらない夫であったが、
  ドラえもんが所属する隊商はローゼンの「キートン武具商店」や
  エゥーゴの「武具屋 是得太の鼓動」とも繋がりがあり、
  各町のあちこちからも大きな買い物をした人物の情報を集めているため
  特定されても不思議ではないし―――

  謳い手も同様に、彼の買い物の足跡を追うのは非常に簡単だったと付け加えておく。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

940 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:21:01 ID:r7tvDY2Y
352.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  すぐ信じたこの男性の、水銀燈との反応の違いに少し戸惑ったが
  戦闘技能を持っていないために
  目の前の自分が素人同然だと分からないに違いない。

  また、自分がここに居たという話は東部に持ち帰られるであろうが、
  先ほど感じた通り何かの縁ならば、今ここから無事が伝わるべきなのだろうとも思う。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                        _____
                                                      /.- 、 -、    \
                                                    / |  ・|・  | -、  \
                                                   // `-● - ′  \   ヽ
                                                   |  三  |   三    ヽ  ヽ
                                                   | (____|____   |   |
                                                   |  \.        /   |   |
                        「それにしても本当に驚きましたよ。.        ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /
                       行方不明と言われているあなたが         _ ヽ   `───-′  / / _
                       まさか西部に居るだなんて」.           (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
                                                   \  /      \   /



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃     「えっと……
   ヽ / /  '‐、ニ⊃         まあその、いろいろありまして」
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ



――――――――――――――――――――――――――
  ただ、ここ一年のことは話すつもりのないやらない夫は
  適当に濁して話題を変えることにし、
――――――――――――――――――――――――――

941 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:22:03 ID:r7tvDY2Y
353.
――――――――――――――――――――――――
  なぜこんな所に、という問いに
  少し声を落としたドラえもんは気まずそうに答えた。
――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
       /   _ノ   \
       |   ( ●)(●)
          |     (__人__)      「あなたはどうして幻獣の森に?
        |      ` ⌒´)         と言うか、俺が言うのもなんですが
          |         }       聖刻の地を突っ切ろうだなんて無茶ですよ」
        ヽ         }
          >       ノ
       /         \  /て⊃
       |  ィ     |\  `´ ゞ _三}
          |  |      |   \__/



                                                         ____
                                                  /-、 -、   `\
                                                     / |  ・|・  |- 、   ヽ
                                                    // `ー●ー ′ \   ヽ
           「実はですね、                                   l  三  |   三     ヽ   l
         妹が結婚したり所用があったりで                      (___|___    |   l
         隊を離れ故郷に戻っていたのです。                   ヽ l    __ `ヽ  !   /
                                                    _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /
         名残は惜しいのですがいざ東部に戻るにあたって.        ( __)ー━━O━━━━━く
         砂漠越えだと隊との合流予定日に間に合いそうにない。       \ |/ ____ ヽ /⌒i )
         直線距離ならいけるかなと………」

942 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:22:55 ID:r7tvDY2Y
354.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  猛毒の霧が立ちこめたり、地表で雷雲が荒れ狂う危険地域を避けてかつ、
  怪物との接触がなければ抜けることも不可能ではないが、
  砂漠越えの方がよほど安全だとたしなめると
  もちろんです、と何度も何度も頷いたドワーフが町まで同行したいと願い出る。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     「お言葉ですが砂漠越えにした方がいいでしょう。
.  |         }
.  ヽ        }       東から西へ突っ切ったからこそ分かりますが
   ヽ     ノ       聖刻の地はやはり、人の踏み込む場所じゃありません」
.   >    <
   |     |
    |     |



                                                         _____
                                                     /,´- 、 - 、    \
                                                    /,-|./・|・\ |- 、   ヽ
                                                    |  ` -● -′  \  i
                                                    |  ─ |  ─     i  |
                                                    |  二  |  二     |  !
                  「どちらにせよもう間に合いませんし             ヽ  / ̄ ̄ ̄ \   |  /
                 せっかく拾った命ですからね。                      \ヽ____)  / /
                                                     ○ ━━6━◯━━ヽ
                 それで、町に戻るならご一緒させて貰えませんか?」      \|/ _____\   ヽ

943 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:23:55 ID:r7tvDY2Y
355.
―――――――――――――――――――――――――
  彼自身、そうとうに旅慣れている様子なので
  ここからすぐ森を出れば不安は無いであろうが、
  目的地も同じであるし闇天馬のことを知られたところで
  口外しないだけの義理堅さはありそうだ。
―――――――――――――――――――――――――



               ―
            /      \
           /_____ノ::}
           |:::::::::::::::::::::::::::::≦|
          {>-----≧´ィ句|
          ∧    ー ´  ¨ i             「もちろんです。
          く:::ハ       _冫_
             レ' ∧  ` イ_/ |::: ̄〉},.~:、        ただ連れがいるので一度合流します。
        -‐, ~//::>  _ イ:厂八/::::::::广.       ここにはもう用はないですし
     /  〈::::::∧∨      / //:::::/    \.   南に向かうとしましょう」
    /    ハ8{  \`ー― / , く:8::イ        ' ,
   く      Y   >v <     Y:{         〉
   く `ー 、  /              V\       八
  く__ `ー   ∨ ノイ            i!::::!> ― - イ:::::\
  /_/:::::::::∧く_メ≧           八:::\`ー --〈|:::::::::ハ
  /_/:::::::::/:::∧ー―< ̄>――  イ /〉::::::\___/::::::::::::::}
  {:::::::::::::::::::イ  ト、    Y       ノ _ノ::::::::::::::::::::::イ :::::::::::::::ノ



                                                       _____
                                                     /.- 、 -、    \
                                                   / |  ・|・  | -、  \
                                                  // `-● - ′  \   ヽ
                                                  |  三  |   三    ヽ  ヽ
                   「ありがとうございます、              | (____|____   |   |
                  よろしくお願いします。                 |  \.        /   |   |
                                                  ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /
                  僕は戦闘技能はからっきしですが.        _ ヽ   `───-′  / / _
                  雑用ならなんでも申しつけてくださいな」   (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
                                                  \  /      \   /



――――――――――――――――――――――――――――――
  すぐに頷いたやらない夫は西ではなくいったん南に向かうと宣言し、
  二人は砦の前を離れることにした。
――――――――――――――――――――――――――――――

944 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:24:55 ID:r7tvDY2Y
356.



:ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ   /;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ   |ii;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞヾ:ヾ
ノ;;ヾ ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ ヾゞ;|  <;;/::ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ;;::iiゞゞ;;ゞゞ;;ゞヾ;;>;ゞヾ;ゞ
ゞヾ ;ゞゞ;ゞiilヾ;ゞゞ゙ゞ;;:::ii|  |;:ヾゞ   "ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾiii| <:;ヾ:ヾ;;>ヾ;ゞ'';ゞヾ;ゞ
|;:ilヾ \ |::;ii|   ヾ;ゞゞ''ノヾ|;:i|    ノヾゞ:ヾヾ::ヾ\ |i;;:iii| /;;ゞ :;ヾ:,    |i;ゞゞ
|;:i|  \`'';:::ii| ヾ:ヾ;;>;ゞヾ|  |;:i|/^.. f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|;:i|   ゙ヽ,;:;;;l| /゙;ゞゞ;ゞ:::ii|  |;:i|.    |  しかし、まさか英雄さんに                  |
|;:i|     |:::;iii~ ノ  ,,|;;::ii|  |;:i|.    |  助けてもらえるだなんて思いもしませんでした。  .|
':;,`:ヽ|/,'|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''⌒ヾゞ.. 乂_____________________ ノ
";*'.:.:;”:;゙|:;;iii|`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ))  ((,:ソミ;.:';';';::;.:". |i;;;::;iii|`:;,':,:;.,:;.:;';',: ':::;.:".:;.:';
.:;”:`:;,' *”|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:ソ    "''~`''"゙"'''~ノ;;ii;:iilli;ゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~゙
"''~`''"゙ ノノシillゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~            "'''''''''''''''"  ..,,、vji、iijww、ii..,
     "'''''''''"               '""'''""'"""
 ,..,.,.,.,、                                    ,..,.,.,.,、
           ''''""'"'''"""
;;;ゝ);;));ヾ;;)              ,..,.,.,.,、        ''"""~
))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ
;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)   iijww、ii.       """~"           ''"""~
ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))



――――――――――――
  南に向かう途中のこと。
――――――――――――

946 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:26:01 ID:r7tvDY2Y
357.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分の話が東に伝わるのは良いが
  こちらでは身軽でいたかったので伏せてもらうように言うと、
  お近づきになりたいとこぼす隊長を見る限り、英雄だなんて呼ばれると
  いろいろ面倒くさいと分かっていたドラえもんはすぐに了承してくれる。
――――――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        /  _ノ   ヽ\
        |  ( ●)(●)|
          |    (__人__)|     「っと、そうだ。
         |    ` ⌒´)}
        |           }      連れの前では、俺が東でそう呼ばれていることを
        ヽ        }       .伏せてもらえませんか。
         ヽ      /
          |   ''⌒ヽ         あなたはただの冒険者に助けられたということで」
          |    ヽ ヽ



                                                  ,. -――‐- ._
                                                ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
                                               /    !  o l_!o   !   ヽ
                                            .. /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ
                                             ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
                                             ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |
                                             l l ‐弋´   |   `~フー ! l
                                            . ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
                  「ええ、分かりました。                 VV  {   )  ̄      / /
                 名声が高まるといろいろ有るでしょうし」      ヽ/ `ー'_____,//
                                               /    /--/⌒ヽ----┘、
                                               l     /  ヒΤフ  ヽ  \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  会ってまだ僅かではあるが、
  柔らかい物腰や回転の速い頭、そして―――無茶をすることもあるが―――行動力。

  人なつっこい笑顔もあわせてきっと良い商人なんだろう、と思わせるだけのものが
  このドワーフから感じられた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

947 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:26:55 ID:r7tvDY2Y
358.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ならば、どうせすぐ分かることであるしと
  南に待っている者達のことも掻い摘んで説明すると、
  闇天馬、と言う単語にしばらく頭を悩ませていたドラえもんはやがてぽんと手を打った。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                     ____
                                                    /-、 -、   `\
                                                 / |  ・|・  |- 、   ヽ
                                                // `ー●ー ′ \   ヽ
                                                l  三  |   三     ヽ   l
                                               (___|___    |   l
                                                ヽ l    __ `ヽ  !   /
                         「なるほど、希少種ですか」      _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /
                                              ( __)ー━━O━━━━━く
                                                \ |/ ____ ヽ /⌒i )



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }        「何とか命は保たせたのですが翼が戻らない。
.  ヽ        }        再生の手段が必要だな、と思ったところで
   ヽ     ノ.          密猟者があの砦を根城にしていると言われまして」
   .>    <
   |     |
    |     |

948 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:27:55 ID:r7tvDY2Y
359.



                                                   ____
                                                  / - 、‐ 、    \
                                                 / -| (・|・) |- 、  U
                                               /  `-●‐ ′  \   ヽ
                                                i 二 __|  二 U   i   i
                                               _| ─ (__   ─   |   !
                              「………ペガサスが?    (__)    (_         |   /
                            そう喋ったのですか?」    |  ヽ            /  /
                                              .ヽ  ` ━━6━━━━┥



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃     「ああいや、通訳がいるのです」
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   / ./.   /    \                     |  ふむ。   |
   | /   /     i \                    乂_____ ノ
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――
  隠しごとが多いと話しづらいな、と内心眉をしかめたやらない夫は
  お喋り小竜については触れるつもりが無かったのでそこまでにしておき、
  あとは無言の移動が続く。
――――――――――――――――――――――――――――――――

949 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:28:55 ID:r7tvDY2Y
360.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  しばらくして二人が広場に戻ると。

  天馬の側に座ってクリムゾンをだっこしていた水銀燈が駆け寄ってきて
  見慣れぬドワーフとやらない夫とを見比べた。
――――――――――――――――――――――――――――――――



 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_       「どうだったの?
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-        って、その人は?」
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :


                                                        / ̄ ̄\
                                                    /  ヽ、_  \
                                                   (●)(● )   |
              「砦はもぬけの殻だった。                           (__人__)     |
                                                   (`⌒ ´      |
             念のために調べてみたら、                       {           |
             奴らに捕らわれていたドラえもんを見つけたわけだ」.         {       /
                                                    ヽ      く
                                             ⊂てヽ   /        ヽ
                                  ‐─‐-.          {三_ ィ `´  /|     ィ  |
                            / , ⌒Y⌒ヽ `           \__/   |      |  |
                          , ' , ィ  ・|・  }    ヽ



――――――――――――――――――――
  視線を上下させる彼女に
  一通りの事は済ませてきたことを告げると、
――――――――――――――――――――

950 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:29:58 ID:r7tvDY2Y
361.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大体のことを察した水銀燈は災難だったわね、とドワーフを気遣うように言った。
  どうやら男優先の風潮に不満を漏らすだけあって、人種間の差別は持っていない―――
  あるいはそれを表にしないだけの認識はある―――らしい。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                       _____
                                                   /,´- 、 - 、    \
                                                  /,-|./・|・\ |- 、   ヽ
                                                  |  ` -● -′  \  i
                                                  |  ─ |  ─     i  |
                                                  |  二  |  二     |  !
             「僕ドラえもんです。                       ヽ  / ̄ ̄ ̄ \   |  /
                                                \ヽ____)  / /
.              通りすがりに密猟の現場に出くわしてしまいまして、.     ○ ━━6━◯━━ヽ
.              奴らに捕まっていたところを                     \|/ _____\   ヽ
.              やらない夫さんに助けていただきました」



                        __,、
               , __-,=====〔{〈回ヘ
                /_f〆::::::::::::::::::::::弋之ソ::::\
               / jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\
            / {i7:::::/  i            \:::::ヽ
            ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::
 ト、           ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|
 |:::\      |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |
\\:::\      |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||
::::::\\:::\.    |    | |   | tしソ  リ| /癶〈| |   ハ
::::::::::::\〉 ::::\  |   | | ヽ \ ̄       '(レリル | ,∧|
:::::::::::::::::::::::::::::::\|   || \ \      , ` /! |〃ハ_i -─
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l   |   ̄   __ _  /|/″/::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::/ 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく::::::::::< ̄ ̄    「それは災難だったわね。
:::::::::::::::::::::::/ /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\::::::::::\
::::::::::::::::::::: | l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \::::::::::\     ………じゃあ、一緒に町に?」
 ̄>::::::::::::| l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_   :::::::::::::
::::::/ ̄ ̄j j/::.::.::.::.〈 ̄ ̄}レヘ   ∨       ヘ   l::.l::.::.::〉 〉:::::::::             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
/    〔 L::.::.::.::.::.::.j___ノ::::::ヘ  ',____ _jヘ   V::.::./ /\[\              |  そのつもりだ。 .|
         ` ト  /::.:: ヘ :::::::∧  ∨ー┴;ヱ、::',  ';:.:/ /                 乂_______ ノ
        | i く::.:/::.::.::.\/:::::',  i 匸{〈回}くl|  |〈 〈
        | i  \ヽ .::.::.::.::\:::|  |―-ゞーヘ/〉|  |ヽ:i ,

951 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:31:01 ID:r7tvDY2Y
362.



          /ハr‐ 、 //}
            |{;,/`ャ=く#/ノ
           /:/从ムニ=ミ:く
            |/从/:.:.:.:.:::::.:.:乂
         从:{/:.:.:.:..:.:.:.:.:メ.:.:.〉
           |{|片rぅ、:.:.:.:..:.:.:.::.:{
         从:.:ト{:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:|
          /} }:.刈:.:.―ヽ.:.:.:.ぃ.:
.            Ⅵトミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}j:.:.:.、
              V込_メ.:.:.:.::::;:.:.:.:.:.:.:i
            ∧:.:Y⌒辷={{_::::}〉:.|〉
          八}:.:.ゝ-く:.:入:.:.:.:_从
            / ∧:{ j〉|::::::个ー=く \
.          / / ∧Y:.| |:.:.:.:.::::::::::::}   \



      ,  ────- 、
    /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
   /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ
  /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ
 l    /  ──   |   ─  |
 |  /   ──   |   ─  |
 |  l    ──   |   ─   l
  l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /      「これが闇天馬………
  ヽ ヽ   (_____ノ /         僕も見るのは初めてです」
    >━━━━━ O━━─( _ )
   /   /       ヽ  /



――――――――――――――――――――――――――――
  連れの女性にも同行を認めて貰えた、と安心したドラえもんは
  広場の隅で下草を食んでいる魔獣と
――――――――――――――――――――――――――――

952 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:32:01 ID:r7tvDY2Y
363.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  また人が増えて喋れなくなった、と少々不満げにあたりを飛び回っている
  クリムゾンにも顔見せを済ませている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                    , ,
                                                ㌻7 __,,
                                                ノ笊_) )ノ爪\
                                             `^^^h n'^^^^´
                                             r__“jノ”
                                              ` ̄´   パタタタ



      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)
 ヽヽ ( ______ / / /     「こっちの小さいのは………
  >━━━━,-、━━イ /         飛びトカゲの亜種かな?」
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l



                                                      / ̄ ̄\
                                                   /ノ  ヽ、_ \
                                                      |(●)(● )  |
                                                       |(__人__)    |
                                                      {(`⌒ ´    |
                       「俺の使い魔みたいなものです。        {           |
                           先ほど話題に上がった通訳ですよ」      {        ノ
                                                       ヽ     ノ
                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ                           /⌒''   |
                     |  なるほど。  .|                            /  /    |
                     乂______ ノ

953 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:33:01 ID:r7tvDY2Y
364.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その間、広場を見回したやらない夫が密猟者達の数が減っているのを確認すると、
  いちおう視線を向けた水銀燈は、運が良ければ助かるんじゃないと興味がない様子。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                     
                                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                     |  こっちは何も無かったみたいだな。  |
                                     乂________________ ノ
         
         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
         |  ええ、何事も。             .|
         |                         |
         |  何人か目覚めた奴が       .|
         |  転がっていったぐらいかしら。  |
         乂______________ ノ
      v                                    vv
                               。    。
                 "'"'"     v              ''"'"
   "'"
            "'"      .           .                          "'".... , __
                                v                        _ ,,/ ,__\
                                             _ _ ,l|lヽ,,_.゙ヾl;;;;;l 、...... ̄ヽ
      "'"             v      .             v.゙/  ̄      ̄     ヾlllllll     |⌒ヽ
                                        /          /.    ;;;;;lll.     l   l
      "'"                      ___       _ ─'/_.,., / ̄  ̄ 一一<       ;;;;;lll...   丿__丿
                          <"\\ ̄  ̄ ̄  /__、 i!         |       !;;;;;l!..... / ̄
                         "'"'".    \_//\ヽ_ _/ヾ\ _l一一一─_ _l|_彡 `'勺ll......´
   "'"                           \ /ノ   ヽ─″ ̄
           v         "'"                 v                  .        "'"

954 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:33:55 ID:r7tvDY2Y
365.



                                                         / ̄ ̄ \
                                                      _,ノ ヽ、,__   \
                                                      (●)(● )    |
                                                        (_人___)    .|
                                                   '、       │
        「じゃあこれからの事を整理しよう。                           、      イ
                                                         ゙、 ___,. イ i
.        ペガサスの翼を戻すにはあと二、三枚分の再生の霊薬か             ,r... __>ーメ.┴ュ
.        再生の奇跡を使える司祭をここに連れてくる必要がある。       _,. ,i´::::::::::::::::::::::_::::::>、__
                                                   ,.<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-.、、
.        闇天馬は目撃例すらほとんどないほど希少な魔獣だから...   「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::.`、
.        密猟を助長してしまう可能性もあるため、                 /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
.        町に連れて行くことは避けた方がいいと思う」.            / y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                                                 /:::::.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ/:::.:::::::::::::::::::::j
                                             ノ.::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ



――――――――――――――――――――――――――
  砦のことを聞いた闇天馬もどうでも良いようなので
  これからの事を詰めよう、とやらない夫が考えを告げると、
――――――――――――――――――――――――――

955 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:35:28 ID:r7tvDY2Y
366.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  水銀燈はこちらを見ている魔獣と、彼とを見比べて大丈夫かしらと小首を傾げた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                        __,、
               , __-,=====〔{〈回ヘ
                /_f〆::::::::::::::::::::::弋之ソ::::\
               / jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\
            / {i7:::::/  i            \:::::ヽ
            ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::
 ト、           ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|
 |:::\      |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |
\\:::\      |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||
::::::\\:::\.    |    | |   | tしソ  リ| /癶〈| |   ハ
::::::::::::\〉 ::::\  |   | | ヽ \ ̄       '(レリル | ,∧|
:::::::::::::::::::::::::::::::\|   || \ \      , ` /! |〃ハ_i -─
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l   |   ̄   __ _  /|/″/::::::::::::::::...         「連れて行かないのなら、
::::::::::::::::::::::::::/ 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく::::::::::< ̄ ̄          ここで待たせておくってこと?」
:::::::::::::::::::::::/ /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\::::::::::\
::::::::::::::::::::: | l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \::::::::::\
 ̄>::::::::::::| l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_   :::::::::::::
::::::/ ̄ ̄j j/::.::.::.::.〈 ̄ ̄}レヘ   ∨       ヘ   l::.l::.::.::〉 〉:::::::::
/    〔 L::.::.::.::.::.::.j___ノ::::::ヘ  ',____ _jヘ   V::.::./ /\[\
         ` ト  /::.:: ヘ :::::::∧  ∨ー┴;ヱ、::',  ';:.:/ /
        | i く::.:/::.::.::.\/:::::',  i 匸{〈回}くl|  |〈 〈
        | i  \ヽ .::.::.::.::\:::|  |―-ゞーヘ/〉|  |ヽ:i ,



                                                       / ̄ ̄\
                                                   /  ヽ、_  \
                                                      (●)(● )    |
                                                  (__人__)     |
                                                   (,`⌒ ´     |
            「ああ。                                     {         |
          跳べないペガサスなんて怪物の良い餌になってしまうが      {        /
          クリムゾンを付けておけば大丈夫だ。                       ヽ     /
                                                      ,, -‐)__, /⌒i
          俺達はなるべく早く再生の手段を整えて戻ってこよう」      /;─ー´ミ ./ l
                                                 (_ンー‐-.ノ´ |
                                                       l      |



――――――――――――――――――――――――――――――
  無論、跳べない天馬を一人で残したら
  数日もしないうちに他の怪物に襲われることは想像に難くないが、
  高位竜が共に居れば当面の安全は確保できるはず。
――――――――――――――――――――――――――――――

956 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:35:55 ID:r7tvDY2Y
367.



          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
.   /    /       ̄ ●   ヽl
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ      「あっ。
   ヽ   |   / ̄ ̄     /           もしかしたら霊薬は手に入らないかも知れませんよ」
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ



                                                      / ̄ ̄\
                                                   /  ヽ、_  \
                                                  (●)(● )   |
                                                  (__人__)     |
                                                   (`⌒ ´     |
                                    「なぜです?」  .     {           |
                                                   {        ノ
                                                    ヽ     ノ
                                                    ノ     ヽ
                                                     /      |



――――――――――――――――――――――――――
  そこで混じってきたドラえもんが、
  想定する手段の一つが難しいかも知れないと言うので
  理由を尋ねてみると―――
――――――――――――――――――――――――――

957 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:36:55 ID:r7tvDY2Y
368.
―――――――――――――――――――
  ものすごく思い当たる話が返ってきた。
―――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  どこかの国主か領主か、はたまた大商人かは分かりませんが    |
|  何者かが回復系の霊薬を買い集めていたらしく                |
|  そのせいで相場が荒れていたんですよ。                  |
|                                             |
|  聖刻の地に近いところでは軒並み、                       |
|  差額で儲けようとしたものが散ったせいで                 |
|  少し離れたところもです。                             |
|                                            |
|  他の霊薬は少し前から、特需に応じて供給が増えたせいで       |
|  落ち着いたんですが―――                            |
乂_____________________________ ノ
                                           i        ゙i i
                                             i        /'j
        ,- 、__                                ヽ       //
        i'''''‐-、` ヽ 、                             `ヽ、,,,,,,,-‐''´
        ヽ   `ヽ、 ゙\
          `ヽ 、  ゙ヽ、〉                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
             `'''‐'''´                ,-'''''''‐-、        |  ………あ~~~………   |
                                i ヽ、   \      乂____________ ノ
                        ,,,-‐'''''‐- 、   .ヽ ヽ 、   ヽ
                       /       ヽ、  \ \_  ノi
                         i         j、    `''‐-二フ'
                         i、         ij
                      ヽヽ、      //
                       `ヽ、、___,-'/                      ,==、───---,,,,,__
       ,,-''''''ヽ-、___      _,,--'''''''''''<            ,,,,,‐- 、       i‐-`_'''''''''''‐----‐‐''''i
     /    j .j───'''''i   /´,,,-‐'''' ゙̄ヽヽ- 、         .i 〈   ` ヽ、    i‐-,,,_ ''''''''''''''''''''''''''''''i''
.    /     ./ ./ ̄ ̄ ̄ ̄i / /      // 'ヽ、\ニニニニニi‐‐-ヽ ヽ     ヽ    ̄i_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''''''''''i
.    i'     / / ̄ ̄ ̄ ̄jj ヽ〈_   ,,,-''‐-ji. i  ゙ヾヽ──j j二 >-ヽ-‐‐‐‐‐゙─、   i二二二ニフ ̄ニフヽ
 /二>-‐''''' ̄二二ヽ ̄ヽ二二二'''''<二二-===========-i二二二二i,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,i,,   i二<-‐‐''''''''´ ,,,-'''
..-‐‐i'´,,-''''´ ̄ ̄ ̄ ヽi ̄‐、 ` ヽ 、`''''ヽ、i二j、____,,,,,,,,,,j-、-‐‐‐‐‐‐i‐------------i=ニニi─ゝ---‐<ニii-‐‐
‐-‐゙゙i´     i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二i‐-ヽ∠-‐‐i,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,-‐‐''ニニニニニニニi‐-------‐‐.i‐''‐--------------i二
ニ二''ヽ‐--‐'''''j二二二二二---‐i  ヽij二二i____,,,,,,,,,,j二二二二二i_____,,j‐-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,j_,,,,,

958 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:38:01 ID:r7tvDY2Y
369.



      ______
    /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
   /     , ┤ /・|・\ |、 \
  /   /   ` ー ● ー ′\ヽ
 l    /  ──  |  ──  ヽ
 |  /    ──  |  ──  |
 l  |    ──  |  ー─  l
  l   |        |        /.     「再生は他に比べて数に限りがありますからね。
  ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /
   >━━━━━O━━━く       在庫がおぼつかない事を察した冒険者が買いに走ったほか、
  /    /      ヽ  ヽ      投機目的で買いあさった商会や商人もあったようでして」



                                                         /) ̄ ̄\
                                                       /∠___ ヽ、,_ \
                                                      / / ,-イ)(= )!!! |
                                                      l / /(__人___)   |
                                                      l   ', `⌒ ´  u |
                                                      ',    ',      |
                                      「そうですか」.           j    ノ      /|_
                                                     _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__
                                                 ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
                                               /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
                                              | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l

959 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:39:01 ID:r7tvDY2Y
370.



      ,  ────- 、
    /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
   /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ
  /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ
 l    /  ──   |   ─  |
 |  /   ──   |   ─  |
 |  l    ──   |   ─   l
  l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /     「西部では少し前から、武器と防具も
  ヽ ヽ   (_____ノ /.         需要が増えて値上がりしてるらしいです。
    >━━━━━ O━━─( _ )     どこかの領主が有事を予感して
   /   /       ヽ  /       動き出したのかも知れません。

                             戦争なんて起きなきゃいいんですが………」



                                                        / ̄ ̄\
             ___                                           /    u.   \
           , 〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;,,,、                                    |  u.      |
         //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\                                      |      u.   │
         / :/;;;;; 〆~^~^~^~^~^ ' ヾ、                                 | u.        |
      / :/;;;〆   ;          l!'                                   |         |
      / :/;;;/  l ! l!    l l  ', l!                                    ヽ u.    /
     ,' イN;!  !_l! |! i  l! l! l |!l                                ヽ   u. /
      ,.  从レ  |!_l! l!l !: /,/__/ l! l !                                    >     <_
      ,   ルリ lヽ. トソ`i l! ! / /__//l イ!                                 (      、`)
     :l!  《_l!__! ヽ ゝ   ,  ヘソ/./ /l!                                     |     i
     | /; ; ;:;:| ト.ゝ  _   .イ/ //|l!
.    /; ; ; ; ; ;ヘ ヘ> ._  <=./ // l!!      「そう言えば、私もそんな噂を聞いた気がするわ。
    /; ; ; ;;: ; ; ; ;:;ヽ∨弋 乂1;:;/ノ/ヽ.j:|
  /; ; ; ;:;:; ; ;:;: ; ; そヘ 辷1 .》;:;:;:/;:; ;1:|.        いまだに誰が買い集めていたかは
  〈; ;:;:; :;:;i;: ; ;:;:;: ; ; 弋,、,、,,ソ; ;ヽ;:/; /!.|.         分からないままなんだってね」
  ヽ;:;:;:;:;f=-,..、;:;:;: ; ノ; ; ;丱; ; ;.;l!; /;:l |
    下从丱;:;:;:ヽノ; ; ; く;ル ; ;:; l;:/;ノl.ト、
     | |くル; ; ; ヘ; ; ; ; ; ハ;:; ; ;.|;:;| z弋ヘ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  広域の相場が荒れるほど買い集めた。
  つまり一人や少人数が消費する量ではないともなれば
  なんらかの動きがあってしかるべきなのに、ぱたりと終息して続きが無いという。

  目的も分からないし不気味な話だわ、と眉をしかめた水銀燈もまさか、
  その張本人―――大陸中の誰も想像できなかった、個人消費者―――が
  すぐ隣で冷や汗を垂らしていたとは夢にも思わなかっただろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

961 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:39:55 ID:r7tvDY2Y
371.



         _ ____
       ,,-´     _ _` ヽ、
     /      / /|\\ \
    /    ,,,-|/ /|ヽ ` |- 、 ヽ
   /   /    ヽ _ | _./   \ヽ
   |   /         ●        ||
  |    |    /     |  ヽ    |
  |   |   / /    |    \  |
   |  |    /  /   |   \  /
  / \ |       /    |  \   /
 /   \ヽ  / ̄\_|__/ヽ /     「僕がいくつか持っていたら良かったのですが………」
 |     ヽ━━━━━┯イ ´
. |   i\  \   (T) ノ ノ
 |  |  _\  \ _ / /
  |  | \ \(  )/|



                                                       /  ̄ ̄\
                                                    _ノ  ヽ、_   \
                                                   (⌒)(⌒ )    |
                                                   (__人___)     │
                                                 '、'ーー´   'J |
                                                    |        |
            「多少高くても、売り手があるなら何とかなりますよ。         ヽ 、     イ
          とりあえずは町で情報集めだな」                     ィヽ-ー ≦ノ7
                                              _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
                                            /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
                                           丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                                           / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
                                           /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
                                         / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |



―――――――――――――――――――――――――――――
  町から完全に在庫が枯渇しているのなら問題だが、
  商店が抱え込んでいる分を
  これ以上投機熱が高まらない価格で買ってもいいはずだ。

  最悪、再生を使える司祭を雇えばいいだけですと
  しょげ返るドラえもんに首を振ったやらない夫は地図を広げると
  ここから一番近い町を指さした。 
―――――――――――――――――――――――――――――

962 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:41:03 ID:r7tvDY2Y
372.



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  ここから最寄りのバルベニーの町までは………        |
|  急いで三日ぐらいか。                            |
|                                         |.
|  最悪、別の町に行くことも考えれば                  |.
|  最短で一週間、長くて一月前後と見ておいた方がいい。  .|           〈        !、
乂_________________________ ノ‐‐'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''' ̄"ミ、
          ∃;;;;;;;;;;ll;;;;;llllt、         l    _n/'''"                  ○ダルモア...  ヾl..、
          ∃l圭l;;;;;lll{ll/'''''ー――ー―‐''''''"´                               ゙''''ヘx_  ∠
          下l|;;;;;llリ{lllllll、                                             ヾ..J
          ∃l;;;;;;;;;;l;;;;;lIl|     ○オーバン                                       !′
          ;;;;;l;;;;;;;;;;llElllll!                          ◎グレンフィディック       !
          !ll圭l;;;;;lll]El’                                             !
           バ......lll;;;;;;;;;;llll.          ┌────────┐                        亅
          ル゙;;;llll;;;;;[lll]|ll        │ モルティナ王国  │                       〈
            ト. l|ll][;;;;;lllll′       └────────┘                       〈.゙┌──────┐
         ラ. |}|[llllllllllln、                                                 |│ 聖刻の地  │
          イ.圭llllll;;;;;lll||ll]                                            │.└──────┘
         ビ|l圭l;;;;;il{l;;;;;l、                              ○カリラ                    〈
          山圭ll|;;;;;;;;;;lllll{                                             !
           脈....;;;;;;;;;;lll|ll|l○ロングモーン                               バルベニー○   │
          上;;;;;;;;;;llllllllll; _                                            !
          Elllll;;;;;lllll;;;;;llllllllllt.._                                          !
          〒;;;;;;;;;;|l;;;;;llllli|F<lll-..,,            フェッターケアン○   _..x<l[ll;;;;;l聿{エ聿聿;;;;;llIrキ
          J圭;;;;;ll;;;;;;;;;;lll´   `¬;;;;;IlコllllfllllコllllllllllllllコllffllllllllllllllllllllllllllllllllllllllIll)‐''"   ヴィーテ河  ヽ、!、
          !;;;;;l圭ll;;;;;llllll'        ̄^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ホワイトマッカイ○´                  せli
         ∃llllll;;;;;;;;;;l[l{]l                                            │ll!
         ⌒勹;;;;;圭lllllll|l'                                            ;;;;;l、
           聿lllll;;;;;}|lllヤ . ┌──────────┐                          _JヘEl‐..、
           手|l[El;;;;;l|I!.. │ ブレンディーオ王国  │
            "゙^'''''''''′. └──────────┘                         ノ

963 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:41:55 ID:r7tvDY2Y
373.



                        __
                       _/_,,.......,,,,..ヽ_
                 .,,i_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
                   /;;|   (●)(●)|              /勹
                     |;/|   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                  / lヽ     /    /`弋ll       「クリムゾン、その間こっちを頼むぞ。
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、ⅴヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜    動物や怪物は大丈夫だろうが
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ.      また密猟者が現れたらお前が追い払うんだ」
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈



                                                        ノヘヘ、rヘヘ
                                                       /i,ノi,/i,ノi,
                                                     /i;//:ニ〉=;;
                                                人 ,,、/;;/,/:::ニ=;;〉
                                               / i´ ゙/^  /;;ニ=〉:ニ=
                                            ♪     i/ ..</\/::ニ=;;ニ=)
                                              入:::∠>:::;; ≪\フ;;ニ   i
                                             ノ::,,,,,__ノVi ト;;;フニ一    ノ
                                             V  ):::ノ从ノ        i
                                         .      iノノ



――――――――――――――――――――――――――
  その間のことを頼まれた小竜は頷いて天馬に飛び乗り、
――――――――――――――――――――――――――

964 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:43:01 ID:r7tvDY2Y
374.
―――――――――――――――――――――――――
  よし、と気合いを入れた水銀燈も一時の別れを告げて、
  さっそく三人はバルベニーに向かうことにした。
―――――――――――――――――――――――――



                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′   「待っててちょうだい。
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ       必ずあなたの翼を元通りにしてみせるわ」
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_



          /ハr‐ 、 //}
            |{;,/`ャ=く#/ノ
           /:/从ムニ=ミ:く
            |/从/:.:.:.:.:::::.:.:乂
         从:{/:.:.:.:..:.:.:.:.:メ.:.:.〉
           |{|片rぅ、:.:.:.:..:.:.:.::.:{
         从:.:ト{:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:|
          /} }:.刈:.:.―ヽ.:.:.:.ぃ.:
.            Ⅵトミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}j:.:.:.、
              V込_メ.:.:.:.::::;:.:.:.:.:.:.:i
            ∧:.:Y⌒辷={{_::::}〉:.|〉     {……………}
          八}:.:.ゝ-く:.:入:.:.:.:_从
            / ∧:{ j〉|::::::个ー=く \
.          / / ∧Y:.| |:.:.:.:.::::::::::::}   \



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

965 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:44:01 ID:r7tvDY2Y
375.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――
  森を出て数時間。

  ヴィーテ河のほとりでの休憩がてら、やらない夫達は
  武具商人であるドラえもんから篭手と長剣を見せてもらっていたのだが。
――――――――――――――――――――――――――――――――



:.:.. .:. ...:..::::::...::..:: .:: : .. .. .  ..               ,,、、,,,,;;;´"
...::..:: f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ                ,;;'":::.:.....::.::
,.,, :..|  ………駄目だ。  |            ,,.r'":::.:.....::.::....::
;...... 乂________ ノ        ,,、、-'';":`::::::.:.....::.::...:...,..::
;                   ,..-''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,..:..:....::...::
                ,;;r''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,.:...:...,..:..:....::...::
;               ( ::::::.:.:.:..:....::..::...:...,:...:...,.,,..:..:....::...:..:....::
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"''ー-l、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.:
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ =≡_-;`--_ _、., _,__  ̄`¬.,v:.:
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ - _ -      ≡         Y,.,lji,; 丱
=__-_ -__= - _-_ -_ =_ -_ ^__-_=  -ー"`゙           i ,.,...ユiW
_ -_ __ -_^__ =_ -_ ^__   _,,、。"`゙ :::   :::         ∥,,::iリv,i
_ = _ -_ _ _ = __ __,,、。-ー''"`゙:::                  」:.::.vノiVi
  _,,.,..、。v-ー''"゙~ :: ' ::: : ::: :::    ::  :::: :: :::      「;;,,;;:yハiW
`"゙  :::: :: :::' ,:: ::::  : ::: :                  /,:.;,:.;,:.ナwy

966 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:44:55 ID:r7tvDY2Y
376.



          / ̄ ̄\
       /   _ノ   \
       |   ( ●)(●)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´)        「無理矢理押し込んではみたけど
          |         }             きつくて指が曲がりません」
        ヽ         }
          >       ノ
       /         \  /て⊃
       |  ィ     |\  `´ ゞ _三}
          |  |      |   \__/.



                                                         ____
                                                  / -、-、    \
                                                 / -|/.|.ヽ - 、   ヽ
                                                      i   `-●-′  \   ヽ
                                                      | 二  |  二    i  |
                                                (_─ |  ─    |  !
                         「それ以上大きな篭手で                 ヽ ̄ ̄ ̄ ̄\  /  /
                        魔法金属製のものは無いですねぇ」.        >━o━━━━━l
                                                       ( \ ヽ/  /  | ))
                                                     (( | | ̄ ̄ ◯イ    |
                                                  |ヽ──´ ノ    !-o
                                                        ヽ  ̄ ̄´     /
                                                   (二二(二二二)



――――――――――――――――――――――――――――――
  条件さえ合えば金貨数万でも即決で買ってくれそうな上客なのにと
  無念そうにホールディング・バッグをあさるドラえもんもやがて、
  他に候補はありませんと諦めざるを得なかった。
――――――――――――――――――――――――――――――

967 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:45:55 ID:r7tvDY2Y
377.



      _____
    /   - 、-、 \
   /   , -| /・|・\|- 、ヽ
  /   / U ` -●- ′ ヽi.
  |  /  二   |  二   |
  |  |   ─   |__ ─  !
  ヽ ヽ       __)   /    「水銀燈さんはどうですか?」
   \ ヽ     _)   /
    l━━6━━━━┥
    | /    \   |



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、   「う~~~ん……………」
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |



―――――――――――――――――――――――――――――
  そちらはどうですかと振り返ってみれば、
  五本ほど並べたロング・ソードの前にしゃがみ込んだ水銀燈は
  それらを手に取ることもせずにうんうんと唸っている。
―――――――――――――――――――――――――――――

968 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:46:55 ID:r7tvDY2Y
378.



                                                        ____
                                                       /-、 -、   `\
                                                    / |  ・|・  |- 、   ヽ
                                                   // `ー●ー ′ \   ヽ
                                                   l  三  |   三     ヽ   l
                                                  (___|___    |   l
               「量産品の長剣と言うとそのあたりになりますよ。     ヽ l    __ `ヽ  !   /
                 しかし、魔剣を持っているのなら                  _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /
                 必要ないのでは?」                         ( __)ー━━O━━━━━く
                                                   \ |/ ____ ヽ /⌒i )



          /.:.:.:.:::::::::::::::弋辷ソ::::.``ヽ
          ,.イ.:::::::, . "´   ̄ ̄  ̄``ヽ::.\
        //:.:::,r'´               `ヽ\
      ,. イハ:〈        ,       ',      ``\
     く ./l1 |::|:i   .i   l:.       l    .:.:.::::.:.ヽ
       V .:l1 |::|:|l:. .::|i .:.:l.::i     .:l   .::i.:::!:::| |:|
     /.  lレ'ノ.:|l.:. .:|| .:.:|:::|:.:.   .:.::!.:.:.:イ.:::!::::!:::l |:|
.    /.::!  !1  i |l.:.:.:::l:| .:.:l.::|::.:.:.  .:.::/.:.:/.:!.:::!.:::!:::l l::!
    /.:.:.:|  |::|  i ト、_.:_|:ト、.:ト、ト、::.:.:.::::/l::./_/:.:/:::/::/ リ
.   / .:.:..:|  |::|  i | \仁lニ=心ハ.:.::/ィイ l/`/.::/.:/ ′
  /  .:.:.:|  |::|  i | 弋_辷'フ`   ';/ ィチ斗l/.::/イ
. /  .:.:.:.::!  |_|  i |      ̄         ̄ !:/ .l
.    :.:.:.::!  |   l l            ,    ,:::|   i
.    :.:.:.:.!  |   l |\      _ .._′  /.l::|   i      「ああこれ?
   li.:.:.:.:.!  |   l l::::.:.ヽ、   ´    ..イ.::::l::|   |       借り物なのよ」
   li.:.:.:.:.!  |   l l::::::厂  ̄|ー- <::::::l::::.:l::|   |
   li.:.:.:.:.!  |   l l::ノ.:.:::::::ノ.:Ⅹ:\|::::::l:::.:.l::|   |          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  _ノ ̄l .:.:|   l l.::::::::/.::::::八:::::::|::::::!::::::!:|   |          |  ありゃ、そうでしたか。  |
                                      乂___________ ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――
  その借り物を握ってしまったことで
  他の量産品では満足できなくなっていたのが正直なところだったが、
―――――――――――――――――――――――――――――――

969 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:47:55 ID:r7tvDY2Y
379.
―――――――――――――――――――――
  とりあえずと一番良さそうな品を手に取った。
―――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  ………これは?   |
乂_________ ノ


          (⌒ト
           ゝ彡'、
             ヽ+ヽ                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
             ヽ+ヽ  r,                 |  それは合銀のものですね。           |
              ヾ彡=´i.               |  鋼鉄に比べて値は張りますが………  .|
            `ミ={´.^)千=ゝ           |  金貨二十枚でどうでしょう。          |
                 ,,Zゝ彡キ               乂_________________ ノ
              i./  ヾkトヘ
                  ヽ^》ヽ
                   ヾト丶
                    ヽ、ヽ
                     ヾ ヽ
                       '., ヽ
                        ヾ ヽ
                         ヾヾ' ,
      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ          ヽミヽ
      |   二十枚……… |          ヾミ ヽ
      乂_______ ノ           '、'、ヽ
                             \ ハ
                              \ヘ,
                                \



――――――――――――――――――――――――――――
  鋼鉄の品に比べて五から十倍になっても不思議ではない
  合銀製にしては破格も破格、大赤字覚悟の恩人価格になる。
――――――――――――――――――――――――――――

970 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:48:55 ID:r7tvDY2Y
380.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでも無一文にとっては逆立ちしても買えないので、
  やらない夫に向き直った彼女は非常に言いにくそうに借金を申し出た、のだが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                        く::ャ1/i     _」 L!L_j_  ! | i  / / _j_」 Lハ
                                         \;ィ个:   | i |_┼十_` tハハ/}/丐弍孑}厂i
                                         / //|i   l 丐夾禾r'`         ゞこ.ノ-' |
                                           {:{ j:{    ヽ ヽこ:ノ '               ,
                                         i j/ {:l    、\                厶'
                                         |   jノ    ヾ厂丶      `      / ,
                                         |   八  \ ` 、      -‐        //
                 「あの………                     | ′  ヽ.  ト  \             イ爪
               剣を買いたいのだけど………         |/       ハ   '.\ :j`jr . _   _ . ´ _」{.| }
               お金を貸して貰えないかしら」.        i !      ,小   {  i !」≧ァ⌒7不ミ く7/,イ|
                                            从 , -=ニニ=ミ  '. 川/《 (ノ ィ介x. ヾ> 》ハ
                                        厶イ/////////ハ (才7//777//イ//7ァ=/,{_j
                                      //////////////∧ (>v/////// !///////人
                                      ////////////////∧ ト(>v///// }///////厂
                                      /////////////////ハ '. `(>v/  ムィノvフー'



   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |
  |   \_)  |
.  |         }     「え~?どうしよっかなー」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く



―――――――――――――――――――――――
  そのぐらい余裕であるはずの青年は、
  明らかにおちゃらけた様子で貸し渋るふりをした。
―――――――――――――――――――――――

971 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:49:55 ID:r7tvDY2Y
381.



                       _ ィ;r=;ヽ、_
                  , -( rf ゞソメラ )- 、
                     /   レ弋壬シて     、
              / .,,,…''"~    ~゛''… 、   、
                //~   /         \  , __
            ___,/    / /i | | i  |   、\  X  i//}
         〈 ̄ニ/  .i / / .| | | l  ト、 ヾ ヽr==c〈</i
         _又_,' /  |`ト\ l ト| l |  | ヽ  ,|   ゞ//ヾ\|
          〈ト、 i .l i 卞"フ〒k,レヽ!  |__,}.∠|   }/人_ノハ \_
          ゝニノ.ハ \ゞ上;ム     十≦テ==x行 |∨/\/
         // /,'./ .i \ > ̄ ̄      匕;_)_ノ ゞ|_| | トニニi
        {{ ノ/  .!  ヽ      '     ー=ラ  , |\\_
         //   ハ \>   , ´ `ヽ     ,_ノ  /i |  l\/、
          //   / ,ヘ ゝ-  l     l   / // 八 |   、
.        //   / : l ヘ         ' / /一<   ソ     、     「どど、どうしてよ!
        //   / ; i ._}  l>      /   /     `ノ ヽ     、
      / /  / ,' //   ト 「>ー<7  ./.         \ \         ちゃんと返すって言ってるじゃない!」
      レ'  /  .〆 ./ // く<ハ//| /         ヽ l \
    /   //_, ノ  // イ_,_,//| ト' ./|  |            \l_  ー-
.   /  i  //   {{__ノ_  ヽ/ .|_|∨ ,| .トi、               ヽ
   /  l  l l.    / ̄ く_rー、_rー、 r' | ト-ヽ         一、/)イ
.  /   !  | l\_,//|  / !   ヽノ `´ l l  |     /   (/)
  i     ',  ! // ,'   '   i , /  i l  l l  |   ,'-一   `<==
  l     X  ヽ{         ; '     ソ ノ ,イ ヽト--<       \
.  l   / ヽ  y  、           ̄  、 ノ   大
  l   l   \.ト、 ヽ、 !  、    /   , /   /ハ\
   ヽ  l     / ゝ、 :. __、 ヽ  、  . /./     l/, |l \
    \!   ./   ヽ ̄/八ヽ≠=≧、/./     |/ l .|| | \
      `  ./    | 〈〈/ ハヾ〉    `´  _/  l ノノ.| !|   \
         r'、    ,ヘ、ヾイ| し            }  ノ '
.    _ / ヽ   .〉 〈  | | | |       一' ̄  く_
_ - '    , '  ヽ / / ノノ | ト、              \
       , '      } l/       \          , -<}
     /       ,' /       、           , '    ヽ、
   , '        ' /      /!             /         、
 ,      _ _,ム    ./   l         /
  ,  -       \  /.    |      /
/           ∨     |     /



―――――――――――――――――――――――――――――――
  水銀燈は、突然財布の口を締めた彼の意図を読めずに戸惑ったが、
―――――――――――――――――――――――――――――――

972 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:51:01 ID:r7tvDY2Y
382.
――――――――――――――――――――――――
  雰囲気を元に戻したやらない夫は、
  彼女の言う返却の根拠がすべて実家だよりなことが
  少し気に入らなかったのだ。
――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ●) (●)
           |    (___人__)
               |     ` ⌒´ノ         「それだ。
            |        |          返す返す言っているが、どうやって返すつもりなんだ?」
              人、       |
           _,/(:::::ヽ、  __ ,_ ノ
   _, 、 -一 ''"::::::::::\ ::::::::::::::::::7、___   _______________
  /::::::::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.../´ ヽ、,,,_____ノ
  ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ、 .} ̄)
 {;;;::::::::::::::::::::...v::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ'   、 ヽ_ノ  ̄
  ト:::ノ..:::::::::::::...:ヽ;;;;;:::::::::\::::::::::/(     r_ノ
  ヽ;;;;;;::::::::::::::::::....ヽ;;;;;;::::::::/⌒ヽ::::ヽ、y-ィ´|;;;;|
   ヽ;;;;;;;;::::::::::::::::丿ヽ;;;;/....:::::::;;;;;;;;;;::);;;:::::::|;;;;|



                                                      _ _
                                                _,ィ升Y⌒:::⌒::ーュ、ー、
                                               /::::{{匆リ::::::::::::::::::::::ヾ、゙ 、
                                              /::_:x~~^`~~、:::::::::::::))__\
                                            ,仟厂i    / !   ^Y~>|廴__))、
                                            / |!  |  /  | |  ! | (/_}ト、\ヾ、
                                           /  |!  {  /  }/  / |i 气ク\ヽ\>\
                                            i | |ハ  トノ |! //|_,ィ升/|  /  | ヽ   \
                                             | | ト、ヽムヘ/レ'/ ォr'i::ソ''/ /   |\〉    \
                  「そんなの決まっているじゃない。.        V、/゙小弋iソ    ´ `//|   / \\     >
                                            ヽ入 \  丶    ノ Ⅳ  /    \\,ィ'/::::
                実家に手紙を出して、.             ___〈/  |`ート、  ‐_‐   .ィ_|i  /\   /::::::::::::/
                手形なり宝石なり白金貨なり.       _≧=、:\Ⅵ   |ノ`7ーェイ/:.:.:/ , ′ \/:::::_:_:_/:::
                学院で返送してもらうのよ」.    ニ二二:::::::::::::::::::::ヽl   |、,/_/久}:.:.:.:.:/ 人___/‐'´:.:.:.:.:.:.\:::
                                    __...ン:::::::::::::::::::::::::::丶 |::::://八|:.:.:.:/ツ-'' 勹:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                    ::::::::::::::::::::::::::::/⌒ーV|又/ケ_r|トミ=、   ,勹:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                    /:::::::::::::::::/:.:.:.:.:.}:.:.从_ノ薔}! ||/⌒/⌒勹:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                    ::/:::rー‐':.:.:.:.:.:.:./:.:,タ 〈/ゞ='' リ 、   ,勹:ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:
                                    ':::;イ::{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:,タ ノ   |   } r、勹ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

973 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:52:04 ID:r7tvDY2Y
383.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  普通の状況なら子が親を頼っても良い。
  だけど貴族の娘が、貴族の娘としての期待や責務を捨ててまで
  我が道を行こうとするのならば、
  できるだけ親を頼らずにやり通してほしいのだ。

  これはかつて言葉=桂が彼に語った矜恃であるが、
  息子がなにからも―――おそらく、生まれた土地や家柄にも縛られないように、
  知識と技術以外のほとんど全てを残さなかった父の教えと、彼個人のこだわりでもある。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ        「学院の転位もただじゃない、
.              |        |          グレイランドに送るときの使用料はどこから出てくる?
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ             すぐに返事が来なかった場合の宿代は?」
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



                                                 _ァー─‐r'ヽvゥ、
                                              r/:;:;:;{薇}:;:;:;:丶:;:ヽ\
                                              /:/´ ̄ ̄ヾァ:;:;:\:;Vヽ
                                             /'  /   l | !i ヾォ:;丶:V i
                                              |l  l! i ! !|l i l i !ヾ、:x"ト、!
                                              !l  i! | !| ! _」ャ1/l ! (ニllニ)丶
                                             丶ヘ{ -_lリ´ ェァ〃!/, i 《\\ \
                                                ゙l| i! ソ  _ " // , ! 》、 丶.\ \
                       「それは、その……….          ,|! l i>、´ _ //l /,-v‐、` 〉  ヽ \
                          あなたから、借りて………」.    /〈,ノl ! ll ll://::l//::.::.::.::ヽ ` i  ヽ.  \
                                              {/リ !ト、〉,//〉/,イ::.::.::.::.::.::ヽ !   ヽ  `)
                                             〈   'ァニ='、__" /::.::./::.::.::.〈 |   ヽ
                                                l 〔薔〕 ゙〈::./::.::./::.::./ i l   l   ヽ
                                                | , 丁 / ソ::.::.::.::/::.::.フ | l  ! 、  ヽ
                                                /f‐~'´"::.::.::.::.::i!::.::.:}′ l |   l ヽ

974 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:53:02 ID:r7tvDY2Y
384.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  無論、騎手騎士団の入団に対して縁故を疑われたくないと、
  自力でのドラゴン捕獲まで考えてしまう彼女ならできると期待しているのも事実だ。

  お金については単に、生まれた時から裕福に育てられたゆえの
  価値観に縛られているだけなのだろうから。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ
.              |        |           「学院の使用料と宿代は貸すから、
              人、       |         剣は財布に余裕ができてからでいいんじゃないか?
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7          どうしてもと言うのなら剣の分も貸すが………
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、         また馬鹿だの身体目当てだの言わないことが条件だ」
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

975 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:53:55 ID:r7tvDY2Y
385.



                                                  </´::::::::::,:`_´,、_`_ ´::::::::::`:..、m、、ヽ
                                              ___ /:,、-=u'U`'`'`'`U'U'u、::::::::::::::::\m ヽ
                                             //ー=//`'´ / / / l l  U‐l、::::::::::::::ヽn. /l
                                             |.l -=/`'`′/ l  l / | | .| l | l `-U、:::::::::ヽnl , l
                                             `'////  / | .|/ | | .| | | | ll l |Uヽ::::::::l:l , l
                                           /〆=///  / / | .|l  | || | | | | | | | | ⊂l::::::l | , !
                                           /_,-/ l l  l l | ,| l | || | | | |/ | | | |/゛``l::l'.|, l
                                            ̄ //|.| | | | | | .|| l | .| || | | | | | |ヾ==/l=l.!
                                            //| | | | .|ヽ、.| | |.| |.| .l || | | | | ||,=-//. |:| l
                                           // //,l l l |__|-|`‐| | l || l_⊥⊥-|‐| //_ />::ll´`、
                                           / //ハl l .| rーt-、l l |  l _,.,,,/__/`〆/ //|lゞ、l|
                                        /// ハヽヽ `ー'′     ヾ : ./`/ ./ / l||l |`l'
                                           '/ .l/ /ヽ/ヽl、         ´ ̄`´// / / | /|:l | /
                          「ぐっ………!」   ー||ノ ././ハ`    `     """// / /| |/ |::|/
                                           ==||ヽノノ /| ヽ、   -‐(     ./ / // | l | |
                                           :::::::ー`-、// / /丶_      , ‐'´ /  |/ ./:| | ∧
                                           :::::/┌-'/ l / / l /  ゝ、, -='´::::::// / :| | | |/ .ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  金貨何千枚分かも分からない魔剣を借りているよりも、
  二十枚の借金で済ませたほうが少しは気が休まると思った水銀燈だったが、
  こう言われては口を噤むほかにない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

976 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:54:55 ID:r7tvDY2Y
386.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      「だいたい、竜を捕らえようって人が
.  |         }          魔剣の一振りも持たずにどうするんだ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        物理防御力やブレスへの耐性なども考えれば
.   >    <          全身を魔法の武具と装飾具で固めても足りないぐらいだぞ?
   |     |
    |     |          なんならその魔剣を安く譲ったっていいんだ」



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫が見る限り、魔法の武具や装飾具をいっさい身につけていない彼女は
  もともと重い装備が苦手なのか、鋼鉄の胸部鎧と革の手袋、ブーツといった軽装である。

  重装歩兵のように兜、のど当て、胴鎧、二の腕当て、篭手、腰鎧、もも当て、具足に大盾を持てとは言わないが、
  世の中には魔法の冠や髪飾り、首飾りに腕輪、指輪、足環にイヤリングといった装飾具の他に
  魔法を付加された衣服や下着だって存在するのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

977 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:55:58 ID:r7tvDY2Y
387.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それぞれの価格はぴんきりとは言え、
  良品で買いそろえようと思ったら大抵の貴族ですら資財をなげうつ必要があるが、
  単独でドラゴンに戦いを挑むのならば、いい装備がいくらあっても足りないに違いない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                         |l   .|  |l  | |  |l   |l l|l  l| | l | l |l | l 〃i{ / |l.  |l
                                         |l   .|  |l  | |  |l   |l l|l  l| | l | l |l | l 〃 ハ}  |li  |l
                                            八.i |  |l  | |  |l   |l lリ ,ハ,| l |/| | 〃 l.| lト、洲  !!
                                        /  }l |  |l  | |  |l   |l ./ /{ |l/イ| l |l | {| 从ヾ}iヾム |
                                          /   .|l |  |l  | |  |l   |l厶斗匕l 斗抒坏l| /l|./  } |ll  }l |
                                        |l |  |l_|_|_|l   |l   l|/癶 ヾ_ン  |li/リ|  / l|ll  リ !
                                        |l | ´|  | | Lハ_ヽハ. /       ||V l| ./l 从 / /
                                        |l |  |l  坏芯ソ         lii  リハ′/=冬、<二三
                                        |l | . 八 | ヽ                // } r仁三三k `マニ
   「そんなの、いくらかかるか想像もつかないわぁ………」.     |l | 人 ヽ ハ     丶    _   //  ′三三三三>--
                                        |l /i{  \. {  >      ` ´   /  イ/ニ二三三三三三
                                        |/ ヽ _}.|    >o。  _    //∠二三三三三三三
                                        |   ∠二二|三ニ=冬=- l| } ≧=彳 /三三三三三三三三
                                           ∠二三三|三三三三≧ /〃⌒V∠二三三三三三三三



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `ヽ
            |   .( ー)(ー)
.             |    (___人__)
             |        ノ
.              |        |
              人、       |       「とは言え、竜を捕らえるとなると………」
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



――――――――――――――――――――――――――――
  幼体から飼い慣らしてすり込むには時間が足りない以上、
  上位者であることを示して屈服させるか、
  すでに飼い慣らされているものを譲ってもらうしかないだろう。
――――――――――――――――――――――――――――

978 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:56:56 ID:r7tvDY2Y
388.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  二人がどうしたものかと頭を悩ませていたときだった。

  剣を片付けたドラえもんが伝説上には他の手段を持ち得た人もいると言い、
  やらない夫はふと思う。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                       ____
                                                      /-、 -、   `\
                                                   / |  ・|・  |- 、   ヽ
                                                  // `ー●ー ′ \   ヽ
                                                  l  三  |   三     ヽ   l
                   「かつて、『怖くない』の一言で                (___|___    |   l
                 猛獣や怪物を手懐けた                 ヽ l    __ `ヽ  !   /
                 伝説の猛獣使いもいたそうです。             _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /
                                                ( __)ー━━O━━━━━く
                 さすがに素人には真似できないでしょうけど」...  \ |/ ____ ヽ /⌒i )



                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)
                  .|    (___人__)           「青き衣の人ですね。
                  |        ノ
                  |        |_,-‐、  / ⌒)   むやみに傷つけようとしない気持ちは大切だが―――」
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',



――――――――――――――――――――――――――――――
  クリムゾンへの反応や天馬の危機に対する行動力を見れば
  風格や感応能力、言葉ですべてを手懐けることは無理だとしても、
  相手次第では信頼関係を築くことは可能かもしれない。
――――――――――――――――――――――――――――――

979 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:57:55 ID:r7tvDY2Y
389.
―――――――――――――――――――
  それこそ力で屈服させるよりもよほど、
  可能性があるのかも知れない、と。
―――――――――――――――――――

┌────────────────┐
│  ―――いや。             │
│  案外、ありなのかも知れないな。  │
└────────────────┘




                                                      >~'_,. ニ = - 、
                                                   //"      ヽ
                                                     / r'         `、
                                                 { ム              ,
                                                    ノ{トミ、         ;  i
                    「今に見てなさいよ………!              {{リゞ_}}           |
                                               / i:ll:l, ィ  ,' ;    i  i
                  利子まで付けて                       / /y}:i./ // ,'      i   {
                  きっちり返してやるんだから………!」     ( / ノ」/_// /  i   l  i',
                                               / /...::::::::::.∨ i  i    |  i i
                                                ///.::::::::::::::::::::::}  i  l    |  i |
                                               /{ ソ.:::::::::::::::::::::::::i  |  |    |  l |
                                             ル´ y'.:::::::::::::::::::::::::::{  |  |    |  | |



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

980 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 19:58:55 ID:r7tvDY2Y
390.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――
  西の地平に太陽が去って、急激に冷え込んできた平地の夜。

  今夜はここで野営にしようとやらない夫が宣言するなり、
  取り出した金属板を組み合わせたドラえもんが
  集めてきた小枝や枯れ葉を中に放り込んだ。
――――――――――――――――――――――――――――



                                                      , ───  、
                                                    //⌒ ⌒ヽ   \
                                                   /  |  ヘ|・   |- 、  ヽ
                                                  //  ー● ー ´   \  ヽ___
                                                  l  三  |   三    ヽ .|   |
                                               (____|____   l__.|   |
                                               ヽ\   , ── 、 ノ  (__ |__|
                              「じゃあ僕が火を熾しますね」..    ヽ ヽ、/___/  /  /
                                                     >━━,-、━━━′ /
                                                    ∠. /  ヽフ   \   l
                                       _           (__ | l ┌──┐  l   |
                                      /_|____/|          l ヽ `ー─ ´ ノ   l
                                      |   | |.        ヽ   ̄ ̄ ̄    /
                                      |   | |.        ( ̄ ̄ ̄)( ̄ ̄ ̄)
                                      |__|/

981 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:00:01 ID:r7tvDY2Y
391.
―――――――――――――――――――――――――――
  穴から松葉を差し込み着火のコモン・ルーンを使えば、
  中に入り込んだ火種はあっという間に安定して燃えさかる。
―――――――――――――――――――――――――――



                    _ 人
                  人)ヾ; 从
                _ノ  _人  (,_
                _从 (⌒    ゙ /⌒
              _ ゝ     .    火
         ___..人.. __...,;,.,._.  `ヘ/
        / . _,ノ....! ./..... ,.,;   ;,,.,.ヽ/.....(  _          __,n__00   __n____
         `ヘ(   从;:  .;       ;,   ∨(.            └┐r┘  └ァ┌┘ ___n_
       !'‐‐‐‐i.   _,;゙_______;;     ;,   从. !.          <フLK゙>   く.イ_!     フl.「
      │ : : : :キ   ;:..゙: : : : : l.      :;,   ノ_イ.゙、
      ノ : : : : : :! / : : : : : : : :l 、     _-一''"´ヽ
      ] : : : : : : !/ : : : : : : : : l;;;;;l....rー‐'"ヽ!       !
      ! : : : : : : キ : : : : : : : : :l              l
      | : : : : : : : : : : : : : : : : : :!                 l
     」 : : : : : : : : : : : : : : : : : :i              l
     | : : : : : : : : : : : : : : : : : : !              l
     ! : : : : : : : : : : : : : : : : : : |             l
    │ : : : : : : : : : : : : : : : : : │                l
    ノ : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|              l
    | : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::l                l
    ! : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!                  l
   │ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!                 l
   亅 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!           ○  l
    | : : ○: : : : : : : : : : : : : : : : l       ○   _ー'''ヾ、
   │ : : : : : : : ○ : : : : : : : : : :l   ○    _..x/'  ̄ ̄
    `''ー-.._  : : : : : : :○.. : : : :|     _....r‐"
       ⌒`ー-.._ : : : : : : : : : :!  _..xァ'''´
            "'‐+...._ : : : : :,'‐'"´
                 "'ー-..│

982 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:01:09 ID:r7tvDY2Y
392.
――――――――――――――――――――――――――
  見た事のない道具に首を捻ったやらない夫が
  河から水を汲んできたドラえもんに尋ねると、
  少しだけ胸を張った彼は照れくさそうにストーブと言った。
――――――――――――――――――――――――――



      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      |  ドラえもん、これは?      .|
      |  見た事のない道具ですが。   |
      乂_____________ ノ

                                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                             ....           |  僕が作った………いえ、               |
                             ,。:´>''¨¨¨''<ミ:x.         |  作ってもらったが正確なところですが。   |
                          /::, '       `Kヽ       |  ストーブと呼んでいます。             .|
                            f:T          ‘.ハ.      乂__________________ ノ
                            {: !              i i
                            ‘.ハ  _r=┐__   j:リ
                             flr'≦  └:┘  ≧:r'/
                             ,:代 . _     _ ..ィf.Y、
                           /   ` ‐-=ニニ=-‐ ´,以'ヘ  ≠=;
                           ,′            ヽ..ィ ∨ ;´
                      i                 , '   |
                      |               /   |
                      :.ィ             { . :|し!
                           ノ         |!      トトJ | フ
                            八ィ人.....从八ィ、. '´ィィィ,、 . _ノ
                            ´゙ ''゙ '' "゙ '" ´ ゙´. ゙ ''゙ '' "゙..゙|
                       │ :キ  / : : : l/ ̄ ̄ヽ/ ̄`、|  ゴォォォ…
                       ] : :: : !/ : : : : l          !
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ : キ : : : : ::l           l
|  ストーブ………            |..: : : : : : : :!          l
|  つまり携帯竈みたいなものですか。|.: : : : : : : :.i           l
乂_______________ ノ..: : : : : : : :.!            l
                       ! : : : : : : : : : : : : |          l
                     亅 : : : : : : : : : : : : !          l
                         | : : : : : : : : : : : : : :l         o_ー、
                     │ : o: : : : : : : : : : : l      o_..x/' ̄
                      `''ー-.._ o: : : : : : : :|  o r‐"
                         ⌒-.._ : o: : : :!  _.."
                            "'‐+.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                            |  そうそう、そうなんです!                    |
                            |  中型の鍋ぐらいなら安定して載せられますし           |
                            |  風が吹いたり雨が降っても立ち消えしにくいのです。    |
                            乂________________________ ノ

983 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:01:58 ID:r7tvDY2Y
393.



                            /\
                           /   \
                         /| 上昇  |\
                           | 気流  |
                           |.::..    |.゙':::;:, .:
                          :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:..゙
                       ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
                  ┌───────────┐
                  │゙',:; .::)       て:;;':    │←素材は耐熱鋼(組み立て式)
                  │.....:.(ノ        (::....  │ 
                  │ ::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:..... │
                  │..゙:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :  │
                  │゙┌───┐┌───┐....│
                空┌─l\.│゙│ 燃料 |..│ 燃料 |......│./l─┐空
                気└─l/...i.. └───┘└───┘......i..゙\l─┘気
                  ├ .─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ┤
                          ↑↑↑↑↑↑↑↑
                          空気空気空気空気



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |       「炎が起こす上昇気流を利用して
              人、       |          底や脇の隙間から空気を効率的に取り込むのか。
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7            耐久性や携行性にも優れているし………
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、         これ、いいな」
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  野営を宣言してから火が安定するまでわずか数分、と言ったところ。

  単純に焚き火を熾すだけでも早い上に、
  湯を沸かすためのポットや鍋をかけるための竈を組む分も合わせたとなると
  かなり効率的な道具と言って良いだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

984 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:02:58 ID:r7tvDY2Y
394.



                                                          __
                                                      _,,-‐''::::::::::::::::::
                                                    , -'",--、 , ---、::::::::::::::\
                                                  /::::::/   l    ヽ::::::::::::::::ヘ
                                                  /;;:, -┤ 9人 9 ノ' - 、::::::::::ハ
                                               l::/`゙'-`-Y'⌒ヽ--'" _,,..-‐'、:::::::l
                                               l:l`゙''-、 .弋__ノ   -'"____ヤ::::l
            「焚き火の目的って色々あるじゃないですか。.         ll----   l    -、,__ ノ  l:::7
.             明かりだったり、暖房だったり、炊事だったり。         ヘ'-、,_     l     , -'"  ノ:/
                                                  ヽ "'---┴----'"     /:/
.             たとえ野外でも―――                            >-、_            _ノ∠
.             いえ、野外だからこそそれぞれに応じて                ( ,l /==Y⌒)======〃’”::ヘ
.             なるべく適切な形を作れれば                 __  ヘリ ,_ 戈ノ   ヽ:::::::、:::::::::ヘ
.             燃料の量も減りますしかかる時間も短くなります。.   /  \::ヘヘ  ̄'‐‐‐'"フノ::::::::ハ:::::::ノヘ
                                                l    \ヽ`--Y  ̄ ~\::::::l-( ̄ ノ
.             もちろん、携行性や耐久性、原価なども.          ∨    ):::::::::::l       l:::/   ̄
.             視野に入れての話です」                     \,   ノ-'" ̄ヘ      .l/
                                                     ̄      ∨_, -'"



               _r=ァ=、ィfZァ、,、
            ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
.         / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
         /r=、ソィー'7´          ヽ
.      ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
        , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
.     //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
...    ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/
....ヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
. ::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /
_:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、   -‐ イ.: j|  /{ ノ′
::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ      「石を組んで竈を作ったり
..::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/      吊るしを作らなくても
_/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_      ポットが火にかけられるのは良いわね。
..゙'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
゙/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ          どういう原理なのかはさっぱりだけど」
. ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァz く::.::..::..`ヽ、



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  説明しながらもドラえもんは暖を取るための焚き火を作ろうと
  手早く薪を組み始めている。

  手持ちぶさたの水銀燈がどういう原理なのかしら、と首を傾げたところで
  腕を組んでいたやらない夫がなるほど、と頷いた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

985 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:04:01 ID:r7tvDY2Y
395.



                         r'⌒ヽ
             ┌───         (´    `)
             |   \.       ゝ,___,ノ´.  /7                  、.,     ;  i′ i'   .|    .!  j
             │輻射熱\        t=、___//= グツグツ         !   l   !  l  l   .l   、 |  l  .|
             │\      \       |      ̄l´                 !|  .l゙   !  .「  l゙, ...|   | .!   !  !
                \.           |       |                 |.ll  !   .,!    ."l  .〉  | .| 「 .!,," .iト
                          |____|                 !."! l .!  ,!  !  |,/│ .|  ゙  l ,! .l l
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|           ゝ|!  ゙ .; .!.、 l   │ l゙  ,!:!   ",! .l .
                    │ __...  → .__::::::|           |.ll  !   .,!    ."l  .〉  | .| 「 .!,," .iト
                    │┃││     │┃┃:::|.             / .!  ., .} |│ l   l゙ l  ".!  l .、.!  !
                    │┃││  ↑ │┃┃:::|.             !、 !  .!  | .! .l .!    │    l .| !.ゝ .!l
                ',..    │┃││  ↑ │┃┃:::|                 l . l }  !  .ゝ,!    ! /   .! ! !  .ネ
               } (.    │┃││     │┃┃:::|                 l  ! ! l.゙   )、   .! .|.  1l゙  !  .,リ
             ,' ノしヽ..  │┃││上昇 │┃┃:::|.              /゙l ネ .;;.! i   .}i、  .! .,!|  ,!  l │l
           ((,イ: : :V).  │┃││気流 │┃┃:::|.             │.l  l、 |.| .l   .l!l i   !1 /  、  !
┌────┐.┌┐;: ┌┐  │┃││     │┃┃:::|            ] |   ヽ ./l   .ヽ|.l   !; .!  .|  !
│ 焚き口 . |...││ │└─┴┻┘│...↑....│┃┃:└────────────────────────
└────┘.││ └─────┘ ノ   │┃┃   →押す→ → → → → → → 洞窟の外へ排気
         │└──────────┘┗┻─────────────────────────
         └───────────────────────────────────────
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒
.         |    ( ●) (●)
          |     (___人__)
          .|        ノ
           j        |      「………そうか、基本はドワーフの暖炉ですね?」
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一方通行の吸排気や横引きできる煙突など、
  洞窟に住むドワーフたちがその中で煮炊きしたり暖を取るために考え出した暖炉と
  原理は同じだと言うと、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

986 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:04:59 ID:r7tvDY2Y
396.
――――――――――――――――――――――
  手を止めたドラえもんは凄い、と目を丸くする。
――――――――――――――――――――――



                                                        _____
                                                      /.- 、 -、    \
                                                    / |  ・|・  | -、  \
                                                   // `-● - ′  \   ヽ
                                                   |  三  |   三    ヽ  ヽ
                                                   | (____|____   |   |
                                                   |  \.        /   |   |
                                「すごい!               ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /
                              よく分かりますね!」       _ ヽ   `───-′  / / _
                                                  (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
                                                   \  /      \   /



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ
.              |        |
              人、       |.     「少し前まで暮らしていた場所にあったのですよ。
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ.       ただ、こんな風に小型化できるなんて思いもしませんでした」
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

987 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:05:58 ID:r7tvDY2Y
397.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん、人間の町にある竈や暖炉にも似たような工夫はあるのだろうし、
  東方には七輪や囲炉裏、火鉢といった独自のものがあるのも知っているが、
  野外生活用にここまで小型、軽量化したものを見たことがなかった。

  上手くやれば商売になると思えたので聞いてみると、
  どうやら前々から考えていたことらしい。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)         「これは一つだけしか作らなかったのですか?
                     |    (___人__)          大量生産できたら売れると思うのですが」
                  |        ノ
                  |        |_,-‐、  / ⌒)
                     人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',



                                                       ____
                                                      /-、 -、   `\
                                                   / |  ・|・  |- 、   ヽ
                                                  // `ー●ー ′ \   ヽ
                                                  l  三  |   三     ヽ   l
                                                 (___|___    |   l
                                                  ヽ l    __ `ヽ  !   /
                      「実はですね、いつかはこういった道具を     _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /
                    作っては売る店を開きたいんです」       ( __)ー━━O━━━━━く
                                                  \ |/ ____ ヽ /⌒i )
                                                  。
                                               о
                                             ○
                                丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ

988 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:06:55 ID:r7tvDY2Y
398.



                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                       |  僕は不器用なので自分では作れはしないのですが、   .|
                       |  店が持てたら組んでくれると言う                |
                       |  器用な人のアテはあるので。                   |
                       乂________________________ ノ


≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐


   、! ―――‐-、
   // ̄ ̄(K) ̄\
   | ∠二二二二二_\
  |/|┌―‐┐i─‐┐ノ
  ├‐|‐|  0├| 0  |
  |B/└―‐┘)―‐┘
  └‐、  ____, |
     |\_\___ノ/   「職人の僕が作ったものを商人の君が売る。
       ̄ ̄        材料の調達や分担を考えれば
                 良い組み合わせだと思うんだ」



                                                     _____
                                                   //⌒ ⌒ヽ  `\
                                                  / / ・/・  / 、    ヽ
                                                 // `ー●ー ´   \   ヽ
                                                /^ 三 /  三     ヽ    l
                                                ヽ.__ /     __  l    |
                                                 | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l
                   「うん!                          ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /
                       もし店が持てたら、ぜひお願いするよ!」....   ヽ  ヽ、__/    /  /
                                                   >━━,-、━━━━┥
                                                   /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l


≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐

991 名前なんて無いだろ 2014/03/04(火) 20:08:24 ID:ICwg8lks
藤子的に最強の組み合わせじゃないかw

990 名前なんて無いだろ 2014/03/04(火) 20:08:22 ID:vQx4hkh2
キテレツとドラえもんとか最強だなw

989 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:07:56 ID:r7tvDY2Y
399.



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)
               |         ノ__        「今は準備段階ってとこですか。
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、      先ほどの武具の品揃えもかなりのものでしたが
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v.       商人は昔から?」
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^                           |  いいえ。  .|
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i                       乂_____ ノ
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ



                                                     _____
                                                 /,´- 、 - 、    \
                                                /,-|./・|・\ |- 、   ヽ
                                                |  ` -● -′  \  i
                                                |  ─ |  ─     i  |
                                                |  二  |  二     |  !
                                                ヽ  / ̄ ̄ ̄ \   |  /
                        「僕は昔、バルトライヒ山脈を中心に.       \ヽ____)  / /
                     山師をしていたんですが―――」.         ○ ━━6━◯━━ヽ
                                                  \|/ _____\   ヽ

992 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:09:04 ID:r7tvDY2Y
400.



                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                  |  ―――採掘や精錬で鉱害が出るし、                 |
                  |  燃料のために木々を伐採すると                 |
                  |  丸坊主になった山は下流に水害を起こすしで………  ..|
                  |                                        |
                  |  いろいろ、辛くなっちゃいまして。                   |
                  乂________________________ ノ


≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐


          iv'ヘ
          | ;`;|
           | ;'l:|           i'`'i             、   、"''''"´ . . . . . . : : . :
           _,;::!:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥   . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
.     _,. :.':"..._|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>     ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//:;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._   |_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥:';'"'''` .;:;'、;':'":'"
,.,:'".,:::;:':;'' .   |_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| . . . . . : : . :
';'::'''"       |_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、  |_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:彡v、./ /.:: .::.__.....,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;.. |_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|彡ミx;: -....../  ̄    ̄ \
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|彡ミメ゙';./          ヽ;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:| ;~ ;../              |
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'゙|     , -===- 、i
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;...|   /         ヽ
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:.    ヽ /          | |
 :  ; .'  :   ; .     ;  .  ; ' :  '  ;~  ',  . .  . '  :.   |_|           |_|
                                           (.__.)        |_)
                                            │     -● |
                                            |     |   |
                                           ⊂二二⊃⊂二⊃


≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐

993 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:10:09 ID:r7tvDY2Y
401.



                                                      _ -─ ─- ,- 、
                                                   rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
                                             〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
                                                 // / / /      \::::::::::l  ',
                                          ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
                                            _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
                                           // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
                                                、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
                                                `ヽ:::| ∧ 、   `´ /   /| |   `ヽニゝ
              「そうなったら、人が住めなくなるの?」      < ̄:::|  |\ __  ,ィ//  ハ.| |   l  ',
                                              -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
                                               /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
                                                /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
                                                ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! \
                                                ノ 〉:::| /:::: ̄`/:::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::\  ヽ
                                          〈ニニ.∨ハ:::::::::/:::::/::::::::/::::::::{::::::::::: ト、:::::、ー-ゝ  ',
                                          ∧   ',∨:::::::::::ヽ/_/:::/::::::::::::〉、::ト、! | \::〉    l
                                        / r´二ヽ',∨}:::::::/´::::`ヽ:_:_:_:_:イ、レ'  !  ハ !    !
                                             ,'  ノ ニソ二ヽ:::::/:::::::::::/:::::::{  ノ  |  /! /  l ハ  /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  妖精界との繋がりを失ってでも鋼の文明を選んだドワーフ達の中には、
  鉱毒や伐採により転々とせざるを得ない暮らしをする部族もある。

  高品質の玉鋼を始めとした製材、それを使っての良質な武具や小物などを生産する反面、
  そうやってバルトライヒ連峰を移動している故郷を思い出したドラえもんは
  少し寂しそうに頷いた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      ______
    /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
   /     , ┤ /・|・\ |、 \
  /   /   ` ー ● ー ′\ヽ
 l    /  ──  |  ──  ヽ
 |  /    ──  |  ──  |.         「そうですね。
 l  |    ──  |  ー─  l          木々は植樹などの対応ができますが
  l   |        |        /         長期計画になりますし、
  ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /            鉱害が出ると毒素を餌にする怪物が寄ってきます。
   >━━━━━O━━━く
  /    /      ヽ  ヽ         まあ、奴らが通った後は無毒化されるので
                             悪い事ばかりでもないのですが」

994 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:11:01 ID:r7tvDY2Y
402.



          ,  ────  、
      /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
     /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ
      /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ        「もちろん生活や文明のためには
     l  /   ─    |   ─   ヽ  l         伐採や採掘が必要です。
.     |  l   ─   |   ─    l  |
  , ─ 、l     ─    |   ─    |  !        でも、同じ燃料にするにも
  l    l     , ─┴─ 、      l /       なるべく少なく効率的にできないか。
  ヽ、__ ノヽ  /        \   l/.         掘るにしてもなるべく鉱害を出さずに済ませられないか。
    ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く
    \    /   ヽフ   \   ヽ.         そして、温泉など自然の恩恵を活用できないかと
                                  思うようになったんです」



―――――――――――――――――――――――――――
  文明や便利さを享受する以上、
  それが必要悪であるのなら。
  目を背けるのではなく、頭ごなしに否定するのではなく、
  悪い影響をより少なくする努力を怠りたくない。

  そう言う想いがあるのです、と至極真面目にドワーフは語る。
―――――――――――――――――――――――――――

995 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:11:55 ID:r7tvDY2Y
403.



                                                            __
                                                        _,,-‐''::::::::::::::::::
                                                      , -'",--、 , ---、::::::::::::::\
                                                    /::::::/   l    ヽ::::::::::::::::ヘ
..    「ドワーフにはドワーフの技術や文化があります。              /;;:, -┤ 9人 9 ノ' - 、::::::::::ハ
.     人間にも人間の技術や文化がありました。                  l::/`゙'-`-Y'⌒ヽ--'" _,,..-‐'、:::::::l
.     きっと、エルフやグラスランナーにもあると思います。           l:l`゙''-、 .弋__ノ   -'"____ヤ::::l
                                                 ll----   l    -、,__ ノ  l:::7
.     今は人種間の差別が非常に根強くて                   ヘ'-、,_     l     , -'"  ノ:/
.     交流が少ないために独立しちゃってますが、                    ヽ "'---┴----'"     /:/
.     それぞれの良いところを取り入れた便利な道具を作って広めたり、.     >-、_            _ノ∠
.     自然力を活用して住みやすい環境を                         ( ,l /==Y⌒)======〃’”::ヘ
.     作るお手伝いをするのが夢なんです。                    __  ヘリ ,_ 戈ノ   ヽ:::::::、:::::::::ヘ
                                                  /  \::ヘヘ  ̄'‐‐‐'"フノ::::::::ハ:::::::ノヘ
.     その為に、獣人が隊長を務める隊商に加えてもらって         l    \ヽ`--Y  ̄ ~\::::::l-( ̄ ノ
.     資金稼ぎを兼ねつつ、                             ∨    ):::::::::::l       l:::/   ̄
.     見聞や人脈を広げている最中なんですよ」                  \,   ノ-'" ̄ヘ      .l/
                                                 ̄      ∨_, -'"



―――――――――――――――――――――――――
  人種差別が根強い今、金銭面の目処が立ったところで
  他種族が人間の町で店を出すことの敷居は高い。
―――――――――――――――――――――――――

6 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:12:59 ID:8c1Sm2Io
404.
―――――――――――――――――――――――
  だが、それすらもいつかは乗り越えて見せますと
  微笑む彼に水銀燈はいたく感銘を受けた。
―――――――――――――――――――――――



                   _r=ァ=、ィfZァ、,、
                ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
.             / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
             /r=、ソィー'7´          ヽ
.          ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
            , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
.         //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
.        ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
_ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/
......二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
゙´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /
´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′
. ´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ     「………種族差別や摩擦って、
. -‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/       男社会云々よりよほど根強いのに。
.../::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
. イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´.       大変だろうけど、素敵な考えだと思うわ」
.゙// ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
..../イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァzく::.::..::..`ヽ、



                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、__ .\
                                                (⌒)(⌒ )   |
                                                     (__人___)     |
                                                     l`⌒ ´    |
                                                      |         |
                                 「そうだな」           | 、   _,.ーへ
                                                   _. -: ::::ヽ__「     v、___
                                        __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
                                            /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
                                      /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
                                     〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
                                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|

7 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:14:01 ID:8c1Sm2Io
405.
――――――――――――――――――――――――
  同様のやらない夫が手伝える事がないかと問うと。
――――――――――――――――――――――――



                                                       / ̄ ̄\
                                                     ⌒´ ヽ、,_  \
                                                  (●)(●.)    |
                                                     (_人___)    |
                                                        '、       │
                                                    }       {
              「その夢、是非応援したい。                         !、______ .ィ-ート、
                  せっかくですし俺も何か手伝えたら良いのですが」            V/:::::::::::::::::ヽ
                                                      {::::::::::::::::::::::::::::::.、
                                                       /ー-:::::::::::::::::::::::::::::::,
                                               「r'、     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                               } r'、 ヘ、 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                               i/ ム、} .{ i:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::: |
                                               { い、{  Y::::::::::::::::\::::V:::::::::::::::::::: |
                                               \  ヽ {|V.::::::::::::::: \V:::::::::::::::::: |
                                                 \  ノ|:.V.::::::::::::::::::::::〉.:::::::::::::::::|



     (\   _____   /
       /´   // ヽ⌒ヽヽ  /
      /    , -|  (・|∠ |-ヽ  _
     /   /   ` ー ●ー′ |_
      l   /   二二  | 二   /
.      |   l /⌒\─  | ー /
     |   | /      ̄ ̄ ̄/ ̄
      |  | |         /           「いえいえいえ!
  /⌒ヽ  | | /⌒ヽ⌒ヽ  |               命の恩人がなにを仰るんですか!」
  ヽ_ノ\ ヽ` ー────┴ フ
  //\  `━━━━6━━ ´─/⌒ヽ
  /⌒ヽ ̄   /      ヽ  ヽ_ノ
  ヽ__ノ ┐  / ┌───┐| | ̄ //



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一瞬、無限の財布の出資と、東の英雄の口利きがあれば
  ローゼンなりエゥーゴなりで店を構えることもできるはず―――と言う考えが脳裏を過ぎったが、
  頭と腕を大きく振って追い払った。

  具体的な計画や実現性もないままに、
  夢だけで恩人の力を借りるのは商人としての矜恃が許さなかったからだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

8 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:14:55 ID:8c1Sm2Io
406.



        ____
    /     - 、 -、\
    /   ,  -|   ・|・  |- ヽ
  / /    `- ●- ′  |
  | |    二二  | 二二. |
  | | |\ -─  | ─___)     「でも、そうですね。
 _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_.      もしこれが夢でなく具体的な―――
( __)\ヽ \(二二二)//(__)
 \   ━━━━6━━  /.     あなたにもきちんと見返りのある計画になったら、
   |   /___ヽ |/.       一人の商人としてご相談させていただくかも知れません」
   |   | ヽ__ノ ノ |
   |   ` ─── ′ |




                                                 / ̄ ̄ \
                                                    _,ノ `⌒     、
                                                  (●).(● )    |
                                                  (__人___)    .|
                                                 '、          |
                                                |       |
                     「そのときを心待ちにしています」         |         /レ、
                                                 ヽ__、____, "/::::) 、__
                                                ,. -ーー「二二二 :::::/:::ノ:::::::::..ヽ
                                               /::_,,. -‐、 .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.∧
                                               r'/,. -‐  \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.∧
                                           !/ ノ -‐    V::::::::::::::::::::::::,′:::::::::::::::: j
                                             i!ノI_ノく__ヽ   `7ヽ::::::::::::::::l:::::::::::::::::::: /
                                             |:::::::::l::::::::::::へ___/::::/::::ヽ、/:::::::::::::::::: /
                                              /::::::::::l::::::::::::::::ヽー:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::: /
                                          /:::::::::::::l:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、この夜。
  ドラえもんは団子のような手で、青年の大きな手と握手をしながら思ったと言う。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

9 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:16:01 ID:8c1Sm2Io
407.
――――――――――――――――――――――――――――――
  自分の理想だけでなく、共感できる他人の夢や望みの
  あと押しや助力になりたいと自然に思える人柄と、
  基盤となる実力や財力、そして名声はこれまでも大勢を支え、
  なにかが足りずに足踏みしてきた者たちを動かしてきたのだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  あっ!                                      |
|  もし、賢狼隊と言う隊商の隊長さんに出会うことがあったら ....|
|  お話を聞いてあげてもらえませんか。                   |
|                                            |
|  獣人への差別なんか吹き飛ばしちゃうぐらい             |
|  頑張ってる人なんです。                          |
乂__________________________ ノ
                                    
                                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                    |  ははははは。             |
                                    |  分かりました、覚えておきます。  .|
                                    乂_______________ ノ

                      ______,,.. ┴━…‐- 、   ,,..   -‐─…━━…─---
_'''''''''‐‐ー--.._            _ , ´..
.        ⌒゙''‐--....,,    ..‐'.゙ノ               、
                  ̄勺. /     /''"   ゙ゝ
                  丿...."     /          ヘ_   j
                  l’..乂__,,.. ´            1.   〈
                  !                 」...... ヽ,
                  l                 ,'    ′
                  ヘ、               丿...、
                   ヘ、             /    /━‐-- ..,,____    _________
              ¬''⌒ヽ、,. - 、 , -‐ 、.       _../’...  /          ̄ ̄
.------------―.人   /   . ′   /  ̄ヽ..‐".  ─‐'
               `ー{   i     i    }.─‐''"
                `''‐-‐`ー¬.,__ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  時に騒動や混乱を生んだり、呼び寄せることもあるかも知れないが、
  周囲の変化や成長を誘発する存在―――

  そう言った転換していく力こそが英雄と呼ばれる青年の神髄なのかも知れない、と。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘

10 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:17:01 ID:8c1Sm2Io
408.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  翌々日。
  何事もなく到着したバルベニーの入り口で、ドラえもんが二人を振り返った。
  彼はここで二人と別れ、王都に向かう駅馬車に乗るのである。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                        _____
                                                      //⌒ ⌒ヽ  `\
                                                     / / ・/・  / 、    ヽ
                                                    // `ー●ー ´   \   ヽ
                                                   /^ 三 /  三     ヽ    l
                                                   ヽ.__ /     __  l    |
                                                    | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l
                「本当にありがとうございました。                  ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /
             ご縁がありましたらまたぜひ、お会いたいものです」.     ヽ  ヽ、__/    /  /
                                                      >━━,-、━━━━┥
                                                /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l



           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)
.           |    (___人__)
           |     ` ⌒´ノ        「こちらこそ。
            .|        |             砂漠越えも決して楽な旅ではありません、
            人、       |          くれぐれもお気を付けて」
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|

11 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:17:57 ID:8c1Sm2Io
409.
―――――――――――――――――――――
  やらない夫の次に水銀燈とも握手を交わし、
  次いでお互いの夢に届くよう祈りを込める。
―――――――――――――――――――――



                                                    , -r<薔薇コ=- 、 、
                                                  /  _ ___       \\
                                               にy' ,r'´ .::.:.:.i:.i:.:``ヽ、    ヽ ヽ
                                                「イ .,.:,.::,イ!.::j:||:|::|:..il:.ト、ヽ   li i
                                                   //.://:/l.::i.:.:|:|!.!:i!:::|!:.i Nヽ _」ト、|
                                               //::// / |.:.|.:.:| l:|: .:|.:||::| .|:l|二>ネ〈j!
                                              ,イ7Nl/N、 」:.:lMl/ lノノ! l|N ノノ! _ノ7!ト、!
                                             / ハ |トト、 l N、N  」, -!‐|‐|//LヽY二〕
                                            // / :l/入ヽヾモコヽ   'こテニ7/ノノ7l1::!!
                                        __ / ノ / , イ/  〉' ,   、   ' ' ' '//7.:/ |::||
                                   , イ.:..:.:::::::::::::::::``ヾ :.:.ノノノノ.>、  ー-   / /:/ l .:.:l::||
                                    ,彡.:.:.:.:.::::::::::::`ヾ、ヽy ///イN >、_ , イ /:/ i |::l:|l|ト、 _ , ィイ.::::
.       「素敵な夢、実現できるように祈っているわ」        ノ .:.:::r'.:.:.:.:.ヽ. .///L7孑ケノハ>、/,/:/  lN」」j!/::::::::::::::::::.:.:
                                     / /.:r'´.:/.::::::::///.:::7 ^ヾ/ノ1 |:::// /^フ不「.:.:.:ヽ:::::::::::::::::.:.:
                                      ,/.::.::::/.:.::::::::::///.:.:/   `~~ ~´/./ / ノ.::i!:.:.:.:.:゙,::::::::::::::::.:.:
                                      /.:.::.:::::〉.:.::::::::l/l/.:./^)_r‐、 _r‐、 ノ〈  j.:.::::::::::::::::::::::| ̄`ヽ::.:.:、
                                     /.::.::::.,.イ.:::::::::::::::::::::,′        ̄`ヽ〉、.:.:.::::::::::::::::|    ``ヽ
                                    /.:. . : / }.:.:.::::::::::::::::::{! j! l/ に予> , , ::〈.:.:`ヽ.:.:.:::::::::|
                                   ′:/ / ノ.:.:.:::::::::::::::::::ト、ト、    _ 丿ノ.::ノ.:.:.:.:.'.:.::::::::::/



      , --───-  、
    /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
   /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
  /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
  / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
  |   l.、, -一    |  ー─- lL_
  |  / \./     |  ー-./ !
  、 ' l. /\_   | _/ /\      「水銀燈さんの方も
  ヽ  X        ̄ ̄   /            立派な騎手騎士になれるようお祈りしています」
   /、二二二二二二二二 く
  /      /  ( 〒)\ ヽ
  !  /  /         }   !



―――――――――――――――――――――
  彼女の微笑みを嬉しく思いながらも、
  一人一人はこんなにもわかり合えるのになと
  種族に根深い差別を疎ましく思いながら。
―――――――――――――――――――――

12 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:18:55 ID:8c1Sm2Io
410.



:::::::\| |\ ::::::::|;:| ∥ |  |:::::::/⌒ヽ :::|
:::::::::::!| |:\\::!|;:| ∥ |\|::::::|.  .ヽ:::|
:::::::::::!| |::::::::\\. ∥ |  |::::::||\  |:::|
!:::ヽ::::::ヽ:::::::::::::::\\.|\|::::::||!;;;;\|:::|
α::::::ヽ::::::::::::::::::::::::\\ |::::::|| ;;;;;;;;;|:::|
π:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::\\::|| ;;;;;;;;;|:::|)=、__                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::\\ ;;;;;;|:::|__|゙l                       |  では、お二人も気を付けて!  .|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::\\:::| | l:ヽ\.  __ ----   _.       乂______________ ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ::::: \:| | l.,. : ´:/  Y:, --、: : : ` : 、              (゙;;(゙;;,,, ;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ::::../< ´ {   9 /     Y: : : : : :\.       ,,,,  (,;;;; ,,,,,;;;;;;;;;;;);;;;;)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ  ヘ  〉'::::::<{   9 ': : : : : : : : ヽ.  (゙;;;,,,, (゙;;;;;;;;;;;;,,, ,,;;; ;;;;,;>)
___________ _. 〃⌒ヽ \  弋::::::ノヽ  ノヽ: : : : : : : : : ヘ.゙ゞ;,,;;;;,,,,ヾ ;;;;;;;;;,,,,,  ,,,,;;;)::;;llir)
:::::::::::::::| \              {  `ヽ、      /  ──----\: : : : : : :ハ::(;;,, ,;;, ゙'、 ;;;;;;;;;; ,,,;;;;;li;;;;l;;;/
:::::::::::::::|   \______゙∧        ./   `ー  _      V: : : : : : :.',...,,,;;;;;;,,, ゞ,,;;;;;;リ(;;;;;;;;(丿
:::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ヽ~~~~~~{ヽ       ,'   - 、   `ヽ.   ',: : : : : : :.} _;;iil;;' ~゙ヾ;;:il;;;レ';''''''゙~
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | ' \    ′      \        }: : : : : : :.!...  |,ii!     l;l;ii;/
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | |.゙',   ヽ、,'          _, :'  i: : : : : : :7    |;lil     |;i|ll|
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | |..∧    `ー-------  '     ,': : : : : :./`.Y...ーl;li;|ーァ、 l;iil;;!
__ .. .--|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |.ヘ                 / : : : : : /  }., ll~~ll~~ll~~ll|lil;;:l--ヽ,
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |.. \             ,:': : : : : :./:y - '. 'ヽ、,`ll\~~ll|;lli;;|~, ll\,
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |.. , -{ニニニニニニ=- '-----z≠:/... \γ'ヽ||,;; ll~~ll~~ll~~ll~~ll
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,| | ,.--..弋ニ{ ̄ヽ ̄ ̄: : :T: : : : -----.リ: :/     """""""~~~~~~~~~~~~~~
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,.. .-- "         |__|: : : : : :.!: : : : : : : : : : ∨
!.    |;;;,,,,.. .-- "               |  リ,': i: : : : :.:|: : : : : : : : : : : }
!,,,,.. .-- "                     |-彡: :∧, -─<: : : : : : : : : :|
                          ': : : : : 7     }: : : : : : :, -┴- 、
                            |: : : : ∧    ノ: : : : : ,:'      ∨
                            |: : : : : : `¬:.´: : :7--:'       }
                           〃`ー: ___: : : : : : y-{::::::リ       ,′
                           {{       ̄ ̄`Y   ̄':,      /
                           ヽ _       ノ     ヽ __ ィ
                               ー─ '



―――――――――
  こうして―――
―――――――――

14 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:20:39 ID:8c1Sm2Io
411.
――――――――――――――――――――
  ―――思いも寄らぬところから、
  風の便りが東部へ舞い込むこととなった。
――――――――――――――――――――








       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       |  さて。                 |
       |  まずはホロさんに連絡だな。 |
       乂_____________ ノ








                 ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                           第一章  幻獣の森で
                                            END
                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────







.

15 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/03/04(火) 20:21:13 ID:8c1Sm2Io
本日の投下は以上になります。
ゲリラにも関わらず閲覧、合いの手ありがとうございました。

次回は臨時復興記の予定です(´・ω・`)










【漫画全巻セット】【中古】ローゼンメイデン ヤングジャンプ版 <1~10巻> PEACH-PIT【あす楽対応】

価格:910円
(2018/9/24 08:59時点)
感想(0件)






送料無料 ドラえもん ひらめきパッド バンダイ BANDAI おもちゃ・遊具・ベビージム・メリー 知育玩具【予約品】2/12入荷予定

価格:10,590円
(2019/1/28 18:25時点)
感想(11件)




























目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1401-2801586f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)