FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode III.キラの恐怖 第二章 魔竜襲来-1 2018年12月19日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




594 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:00:01 ID:ktnehK76
二1.
―――――――――――――――――――――――――
  アルビオンから見て北西にある深い森の奥底、
  誰の記憶にも残っていない古びた砦、その中庭―――
―――――――――――――――――――――――――



                               ,
                        _   ,爻
       、 、              √:;::;:廴.゙'彡ミ_      _,爻_        ,、
       爻、             |;:;;:;::;:;:;;:..爻爻ミ、      ,彡ミ、       ,爻_
       、彡ミ          ___|;:;;:;::;:;:;;:.爻彡ミミ_     ィ爻爻ミ、_    _,彡ミ、
      _爻爻ミ. へ      |;::_|;:;;:;::;:;:;; 爻彡ミミ、_._.  シ爻彡ミ`    ー爻爻ミ、_
      =爻彡ミミ、_゙マ_ ._....|:;|:;;:;|;:;;゙爻 シ彡ミミミミ;:|.... 爻彡{ミミ、  -=爻彡ミミ;
     _,爻彡ミミ;x_ :〈|;:;;;: 、 | |:;|:;;:;|;:;;彡ミ 爻爻彡ミミミ= -爻爻ミミミ、.  ,ィ爻彡ミミミ、   :,,、,
   爻、 ,彡ミミミミミ=:; ||;:;;:゙,爻、 |:;|:;;:;..゙爻爻ミ ゙ミ彡ミミミミ、 ,爻彡ミミミミ、 :=爻爻彡ミミ;  :ミ爻;
:.  彡ミV彡爻ミミミミ、..゙||;:; ,彡ミ、_ ;|:;;:;..爻ミ-ミ;:'ミミ彡ミミミ彡爻爻爻ミミミミメ爻爻ミミミ爻彡  ミ爻彡;
::::ィ爻爻ミ;:'爻爻彡ミミ゙:||;:;;爻爻ミ、..:;;:゙,ミ爻ミ彡ミ;:゙彡ミミミミ爻彡爻彡ミミミ`爻爻爻爻};彡ミ};彡;彡ミ
:::;爻彡ミミ;:'彡}爻ミ-ミミ゙||;゙爻彡ミミ.゙|;:゙爻爻ミミミミ;:`爻ミミミミ爻;:爻爻彡ミ゙:;爻};;'爻爻ミミミミミ爻ミミミミミ
:;爻彡ミミ彡::゙ミミミミ=爻彡ミ爻ミ彡ミミ爻爻爻ミ=::彡ミ彳ミ;:爻;:彡彡ミミミ};:{ミ=ミミ爻彳i::;{ミミミ爻彳i::;{ミミ
爻彡ミミミミ;:'爻};;'彡爻ミ爻爻彡ミミミ爻彡ミミ{ミミミミミミ:;爻;:彡ミミミミミ}ミミミミミミミ爻爻ミ;:ミミミ爻爻ミ;:ミミ
爻爻ミミミミ=;´爻:彡ミミ.ミミ爻彡ミミミミ.彡ミミ|;:{ミミミミ^ ;、.x,,;..v、`彡ミミミミミミミ爻爻}爻};:彡ミミ爻爻}爻};
爻爻彡`、v,..v、゙ミミミミミミミミミミミ爻爻..爻彡ミミ爻ミ゙:w爻爻爻;:彡v、.'爻ミ-ミミ爻}゙ :;、.x,,;-ミミ爻}゙ :;、.x..v、^
ミミv;;ミ゙'爻爻ミ;}..v、yミミ.爻ミv;;ミ゙'爻彡 ミ` ;、.x,,;..v、 v爻ミミ〉ミ爻彡x;: ゙爻:";vミ'〈゙ x彡爻ミミミ x彡爻ミミミ
゙':;ゞ;爻彡;yゞ;ゞ;,”〈oヾ ;;ミ゙'爻:";v;oゞ;^.y爻爻ミ゙'爻ゞゞ;;yゞ彡ヾミメ゙';ゞ;,”v:";v〃ヾ爻ゞ;yヾv;ミ゙';ゞ;,”v:";v
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y ...; ::; : ;:; '',;:.;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; ''ヾ;ゞヾv;ヾ;ゞヾv;ヾ;ミ゙': ;: ',;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; : .:: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; : ;:; ': ; ::; :;~'',;:; : ;: ;:; ;~'',;'' ;~'',;'











595 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:01:13 ID:ktnehK76
二2.
―――――――――――――――――――――――――――
  巨大な魔方陣の中央では
  強靱な魔法の綱に囚われた邪竜が威嚇を繰り返していた。
―――――――――――――――――――――――――――



                         /  /
               lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
.              ∠,,、 -z    ,r――― ''"
             、 '"´,、ィ   /
              、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
           、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡                     ト、
         | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                   l  ゙、.         |^l
.          '´    / /l/.   ,、イ...,/,_ |        ;‐i           |V .|.     /'''',,,," 彡
               //   ,、/〉´゙l_,'" | .|      lニ ニl     ;‐i.    !:: :: |       `゙^ _,| │
                  r'/〉丶7´.   {_,l゙....,、.     〈/!_|     lニ ニl.. ,〈!:: :: ヽ      ,/,_ |
                _ヤ./〉`ーァr-、,、_ ,'ヽ:: :゙、 ________,..,. -'".〈/!_| lト'゙' |:: :: ::'..    l_,'" | .|
                ト`〈>ィ<'"ヽヽ_ヽヽニl:: ヾ‐=゙`ヽyト、//|..,゙,゙,゙,゙"'゙,.、,ヽl |:: :: ,         {_,l゙
                 _,,. X`ヽィ-゙,二ニ-‐'"ヽ.〉、〈`ヽ.、::ゝノ:`l、:: l_,、゙,,,,/:: ::l`、 |:: :: '..゙^'~ ..,,
    /ヽ、..   ,.. ‐''´ _,, - ト、_>-、_:: :: _/ヽ.〈):: :: >):: ヽ jヽ'":: !'":: :: :::l:: :l !:: ::l  `''';;;;_.`'''- 、、
    ヽ ヽ'ヽ ″,..-'"´ィ-;; . ゝ、_:: _,..-‐'"´:: :: :: :i.{メ:: /:: :: }:: l:: ヽ:: !:: :: :: /:: :: :V:: ::,'....⊂...l__..`''ー、, `''-、,
     ゙.:: :: :: `´ヽ_ ,./ィ‐トイ ̄イ´__,...:: -‐' ノト!/ヽ:: :: l j:: :: / ト.:: :: /:: :: :: :j:: ::,'. ,゙"ー ,,'''/!ゝ   ゙''-、 .`'-、
.   /`\:: :: :: :: ヽ` ゙ /´:: ヽ、´:: :: :: :: _,... -ァ':: <ニニヽ、rニ....__.,.ィ-イヽ:: :: :: ::l:: :' ゙゙゙゙゙~“'ー、~゙!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙~リ!_/~`'、
  /   /...ヽ:: :: :: ::ヽ ヽ:: :: :: :: ヽ、.-‐'"´   /_.ヽ、 ヾ.:: ~,_,.Ю"´:: :: `:: ;l、:: :: :l:: .'-、`'-、.〟 \ .\.''゙ン'ン'" \ `'、
 /   ./.   ヽ:: :: :: :ヽ ヽ:: :: :: :: :: ::゙l゙'~!リ..../:: ::ヽ`‐-'jノ'":: :: :: : _,..ィ-ァォャ、!:: :: !:: {... `'、. ゙゙゙lー  ヽ. `l/    ヽ  .ヽ
..i′ ./ .;;;;;;ニ゙....ヽ:: :: :: :ヽ ゙、:: :: :: :: :: ゙l-`../、,、:: ::ト、 ,j:: _,./7ヤlメル'`'`゙´´>':: : |:: ::゙l  ̄`-、 .ヽ .,.rフ、. l .,,...ヌi-  .l  . l
.l   ! ''"ー  ! . ヽ、:: :: :: ヽヤ:: :: :: :: : l /メヤl--、|' ヽイi | /: `'ヽ   メ´:: :: :: l_:: :/゙",,.  .! .'l/.、.!  | `,゙ !-  .!  |
.|  .|     │ |..゙\:: :: :: ヽ、:: :: :: :: ::V. _,゙¬./ ., . j  l/ゝ, ゙. ヽ'"/!/:: ::、:: :、`ノ...ノ`゙''ヽ/  l..'!广 !  | .!`'''''ッl !  l
...l  . l  '''二., ゙l, ゙L :i \:: :: ::ヾ、:: :: :: :: ヽ’ . / ./ .` ヽ ゙l ぞl l. | /ノト. ,ィ. ヽ /゙、ーヽ.-/i″./ ,;''リ
 ゙ぃ .!、 .゙´;→ ヽ .\ '....ヽ:: :: :: \:: :: :: ::`、..゙.,i,゙ . 彡-'l 〉ネ l  l/   l_! |_,l_ヽ :|..イ、|. ゛., ''_;i.`  >>滅びよ………全て滅びよ………
  ヽ  \  .  i‐,\, ゙''.、..゙l:: :: :: :: ::j:: :: :: :: :ヽ.二ン;;'!'. | |キ', /゙イ!    ゙V  ̄V...!'゙_..-'゙.r-`,    全てを無に還せ………<<
.   \. .\ゝ-ニゝ `'-、,...ヽ.:: :: :: ::ノ:: ,:: :: :ヽ l     ヽ、メイwィヤ....l|;;,,,,.. -‐',゙,゙ -'"´.''T彡
.     `'-、 .`'-、..ニ゙二- `''ー\:: :/:: 〈:: :: :: lヽメ. `-ニニ..゙`~ ¨´..ニ―ー;;l'フ″ ._,,.. -''゙,゙.. -'゙_ッ二-'^.l / . /
          ゙''-、, .`'-..,,. '々  '゙コ、:: :l:: ,、:: ::|:: fヽ  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,........r゙‐'゙‐''二.. -‐''゙゙_.'`-- .'l;; ‐" _..-'"
          `'''-..,,,`゙''ー ..,,./ j:: ::| / ヽ l:: ::| |..ァ;;ー┬‐―'ァニ'"^゙゙´   . '''-ミ,_, ,゙,゙ ー''゙゙_,.. -'"゛
              `゙''ー  |/ト-.ィ、_゙. l/ィト--、 |..゙`' \ ゙!彡ン'"  ___,,,,......-ー'''''"_,,,.. -‐''"
                  ´     V    ヽ!..,゙,゙,゙,゙;;i,゙;;;;,゙,゙,゙,゙二..........-一''''''"´

597 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:02:02 ID:ktnehK76
二3.
――――――――――――――――――――――――――――――
  封印の塔から今の拠点に戻って半日。

  魔神の提案にずっと思案していた妖術師は
  なるほどと何度か頷いて、目の前の巨竜を頼もしげに見つめる。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                                _,..-‐=ニヽ::::::::.\:::::::::::::::::::::::.`丶、
                                           /|::::.\:::::::.\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                                           ,{:::::l::::::::::|\:::::::.\\:::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::.
                                           ,イ:::`トヽ:::::::|::::.\:::::::.\::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::.
                                        {::l::::::|:::::.\:::::.、:::::::.、::::.\::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::.
                                           ':\::八:::::!:::r-=\::::ハ:::::::::.丶、::::|::::::::::::::::::::::::::::i
                                        i::::{:::トミi:::ト、|ィ::アフ;;:ト、:i::::::::|::::::iト、ト、:::::::::::::::::::::::::|
       「―――なるほどな。                     l::l从{j:アヽ| ヽ´ ̄ノ'  \l:::|::::l::l:l|⌒ヽ::::::l:::::::::::::|
                                        l八:r'′            |`ト:::l:::ノ| トハ}::::::l:::::::::::::|
        魔界から喚び出した魔族を合成して                |ヽ丶           ノ八:ノイNxくノ :l:::::l::::::::::::;
        制御させるのか」                            | _.. _           ノ´__ ノ.:l:::::l::::::::::;
                                          :. ´_、  `¨            .イ:!:::::l:::l:::::l::::::::;′
                                                        / 从:::::|::|:::::|:://
                                           i                 /  ヽ|::|::::〃'
                                           人       .......:::´   /   ハハ:::{_i_
                                     _______≧=‐=ニ二:::::::/        _}_ト、::::ト、
  ―――お前が向こうで造っているやつに       ,.....::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`Y´ ̄     _ . -‐ ¨ ̄ ∨.:::.\
       比べてお手軽だろう?            / .: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   !  ,   ´        /.::::::::::::.`:::...、

       全体的な能力の底上げに加えて
       その魔族が持っている特殊能力が
       付くこともあるし………―――

598 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:03:01 ID:ktnehK76
二4.
――――――――――――――――――――――――――――――
  およそ数百年も前の大事件をライトも知っていたし、
  デビル・ゴーレムの素体となった魔導兵を所持していた事もある。

  ただ魔族の召喚については自分に
  扱えるものでもないと思っていたのだが―――

  ここに来て、契約した魔神の力が役に立つらしい。
――――――――――――――――――――――――――――――



          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!      「素体となった邪竜の力も
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|       魔族側の制御で扱えるようになる、と。
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/          これは強烈だな。
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'        DG事件で数国が滅亡寸前に
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/         追い込まれたと言うのも十分頷ける」
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.  \          - ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ           ―――しかも邪竜のようにただ破壊を望むんじゃないぜ。
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′                より残虐に、ただ悲鳴を上げさせる事を悦びとする
         \イ \    ̄                    うってつけの奴を送り込んでやるからよ、ヒヒヒ―――
          \.  ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  出来るだけ長時間いたぶりつくし、負の感情を絞りつくしてやろうと言うリュークは
  短時間での全滅を禁じておかなきゃな、と声に出さず呟いた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

599 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:04:02 ID:ktnehK76
二5.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  それを察したライトはせっかくの素材を無駄遣いするわけにはいかない、
  適任なのかと召喚される相手について説明を求め、
――――――――――――――――――――――――――――――――



                  _
            _ィ ' ´:.:. ̄/:.:.:/:` 'ー 、
          /:/:.:.:./:.:///:.:/.:ヾ:.、:.:ト:.ヽ
         /::::/.:.::::::///::://..:.:/.ハ:.:.:\y:.:i:.ヾ 、
       /::::::://:/| |::::/:/::::::|:.:.:.:.|:.:.:i:.:.|:.入:.\',
       //:::://:::/::::::| |://::::::/::::|:.:.:./|:.:.|:.:.|:/:.:ト:.:.:∧
       /:{::::/::{::::|::::::::レ//:::::://::::|:.:./:.|:.:ハ:.:/:.:.:.|:、:.:.:.ハ
       {/:::/:/:::/:::::::::://::::::::/:/::::レ:::::::|:/::|:.:.:|:.:.ハ:.:.ヽ:∧
      V:.:|::i::://:::/:::::/::::://::::/::::::::/ハ.|:.:/:./イ:.|:.:.ト:.:.|
       V ゞ:::/::::/::/:::/::::/:::ィ:::::::://::::/:/:./ヘ:.:.:|:.:.|、:.:|      「高位魔族か。
        |:::::\::V:::::/:::/:/:://:::://::::/ィ:::/:.ハ|:.:ハ:.:ハ:.|
       .ハ::ヽ:::V::/::∠_/∠ ./:://:/-/∠‐/|::ハ:ソハ::.|      どんな奴だ?」
       |:::iヾ::::::V/=t-ァ-/::// ィ'弋フ //レ:/::/|/
       レ:{ヽヾ::ヽ ` ̄ ̄/  |      ̄´ //:://
        ハ廴ゞ、:ミ、        |       /:://
         >:ート ヾ      .|       /:::ィ、
        //}:::::>、       '       ノハ ∧         ―――お前達がフラックと呼ぶ連中さ。
        //  ハ::i  \   _ _    .イ:/ | \\
      / /    Vj   \   ー    / .| } ||.  \\               奴らはいいぜぇ?
  _- ‐/ /     V     >、 _ , イ   |V/    \∧_           心底殺しを楽しむ―――
 ̄  ./ /       V   ヽ      i     .V      \\
    / /       V   、       l     /       \\
  ./ /         \           /         | |
  / /           \       /              | |



―――――――――――――――――――――――
  抜け目ないことで、と苦笑したのか。
  魔神は目星を付けていた高位魔族の名を告げた。
―――――――――――――――――――――――

601 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:05:01 ID:ktnehK76
二6.



                                ;――ー 、
                         _,, ―ー''''".!   ̄´ .!---- .._
                         `-、,,__´^''''' .~ ....--'゙     `)
                               i`-ニ二'''ニFヒサiニ三ニ ̄
                              _.l二`-シ/,!,!|斥i!リニ;;-、]-、_
                         ,, |‐ Y''ン'シ|''''┴.!.!ヽ'''、|リ| `"`'、、
                         / .!   l.!| !゙l.i'゙l ;:;: ノ'U'}iリl.|″ .!   !
                           | .゛,i ...゙゙'/,,U |''ー川/.{"″'ヽ !   !
                         !  /  ,....|,,、,!: . |  |  .!  .ヾ l  !
                         l, ゙./ /  /   }、 .,!: : |、 '、  | ./
                       ..-./.iヽ  .!/ ″  ." | ! .i .| ヽ:゙= l./
                     .;~..、l゙ ."/、         ' /,! ゙| / /
                     |  _,,,"  .゛ヽ      ,i" ! ./ ! /  .!二ー、
                     .| ̄:   ,...  .ゝ、,,,,,,,,,/ ;: ! / 「″ :,,,,,,,,,,,,,|,,
                     ヽ. / : .,/:: 、 .l゙.―‐''゙゙| : 、 -、―-..,,_.: : l゙
                      ヽ. ../  ::: . / : .|.'''''''''''7ハ  \ .`''-、: ,/./
                       .,`'" ゙'‐ : /  : ,!ゝ、.// . l , '''i , -、/゙
                      /   `-..ゝ `''"_././   ゙‐' .!'"゙'-、. `'''‐ 、、
                      !r'"´     .,..-'゙, ''ンー、   ::::::::::::: `゙'‐-,,、 .`゙''ー、、
                      l   ._,, ‐" ./ /   l    ::: ::::::::   |  .`'''-..、 `''-、
                         し-'"゛ .,..‐"  │   .!     :::::::::  .!     .`'ー ,,. ゙'-、
                    /゛   /       .!   .l゙         │           \ \
                  ,/   ./、       ,,し、 !         ,!              \ . l
                 /    ./   `'-..,,,,,,.../ l. } ヽ        /             ヽ/
                 .l゙  ./         `"'、  /  ,〉、,,,   ._ /
                  l ./               |, │  i′  : ̄´ .|
                  .'″               l. ..!  ヽ. : : ._,,, ‐゛
                                   ! /   ! . ̄ /
                                   l/  ./   /
                               '"´  ,/    /
                                 │ : ..~/
                                  ! `'' .!
                                  |   、
                                  (,  l,    ,
                                      \, ゝ 、..r″
                                        `゙^"


.
┌─────────────────────────────────────────────┐
│【種族名】                                                            │
│フラック(高位魔族 道化の悪魔)                                            │
│                                                                  │
│                                                                  │
│【怪物辞典より抜粋】                                                     │
│もし魔宮と化した遺跡の最奥部付近で、ぱっと見は人間の道化師と変わらない姿に出会ったら要注意だ。  │
│時には軽口を叩き、冒険者やトレジャーハンター達を惑わそうとする奴の名はフラック。             │
│人の悲鳴と絶望を望み、恐るべき戦闘力を持つ高位魔族の一種である。                      │
│                                                                  │
│主に武器を持たずに徒手空拳で迫る奴らの攻撃は毒や麻痺、石化の効果を持つばかりか、          │
│凄まじい切れ味の手刀の前には鋼鉄の鎧も殆ど意味を成さない。                          │
│                                                                  │
│魔法の類は使わないのだが極低温の冷気を吐き出す事もあり、                           │
│遭遇の際には耐冷、耐物に特に気を配るべきだろう。                                 │
└─────────────────────────────────────────────┘

603 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:06:03 ID:ktnehK76
二7.



                                   /: : :|: : : : : : : : : : : ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : :
                                    l: j: :ム: : :i: : : : |: : : |  V: : : : :i: : : !:, :\: : : : : : : : :.i: :.|::ヽ: : : : : : : : : : :
                                     |:.i: : ハ: : V: : :.!: |: :|ィ彳∨: ヽ:i: : :.|:.!',: : :',、: : : : : : :.|V:.i〃V: : : : : : : : : :
                                    l:i: : :i|∧: :.V: : |: :!: | _, ='j、: : :|: : :i:.|: ',: : :',:V: : : : : i .l: i   ∨: : : : : : : : :
                                  |!: : ':l: :ヘ: : V: |i: |:7r'´i芯' \:!: : |:.i: : :.,: : : V: : : : :! .i: |`ヽ V: : : : : : : :
 ―――お前の望む最強に相応しい            |: : |:.i: : |\:.Viハ:i,'{i  7´   i: : j|:|: : : ',: : : i: : : : :| .:|:.!  } .i'.V: : : : : : :
     魔竜が出来るだろうよ、ヒヒヒ―――     |: :.|: i:. :.i: | V:Vjハ       |: :7|:| 、: : :i : : ': : : : i :|:i ノ / j:V: : : : : :
                                  ハ: :|ハ: : V!マVi, ヾ       j: / |:|  `` |: :i: : : :|/ r'j:!´,- ノ: :V: : i : :
                                      V:!ヽ: \:/  ``       // .|:|    |: :!: : :.i  .リ ,.イ:i: : : :V: |: : :
                                      ',:! \/          彳  |:i    .|: |: : :j r-<    !: :|: :|: j: : :
                                  ヾ  i′               リ    .|:j|: : 7 !     |: :.!: :!:7:.|: :
 「どうかな。                             ヽ ¨`                 リ.|: :/ .;       l: :i: :.i/: :|: :
                                       `ヽ                  j:/  ,'      j:.7|:!: : :|:|:/:
  数国を壊滅に追い込んだデビル・ゴーレムですら         { __, --y- '´             〃 ./       /:/ j:|V: :ii/: :
  結果として破壊された。                        ヽ - '´                 /      彳  .i:! V: i: : :
                                          ハ                               ヾ ∨ハ\
  やはり最強となるには神の力を                    ∧                      _,.  -─  ̄ ̄
  手に入れる必要があるだろう」                        }        ,. <       _ ,. <
                                         八    _,. ≦-‐─ヘ   ,. <
                                             >‐<      ハ /
                                                       ノ
                                                       /
                                                      i´                _, -─
                                                  ハ             > ' ´
                                                     ∧         /



――――――――――――――――――――――――――
  ちゃんと考えているからちっとは信用しろよ、と笑う魔神。
――――――――――――――――――――――――――

605 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:07:01 ID:ktnehK76
二8.
―――――――――――――――――――――――――
  相手が未だ真の目的を明かしていない事を感じつつ、
  隙あらば完全に支配下に入れようと企む妖術師。
―――――――――――――――――――――――――



                                    /:::::::::|:::::::::::|:::::::::::丶,,::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                       /:::::::::::::: |::ヽ:::::::|:ヽ:::::::::::ヾ,:::::::::::::::::::::
                                    /::::: |::::::::::::|::::ヽ::::::i \::::::::::::ヽ,,::::::::::::::::
                                     /::::::::::|::::::::| |::::::ヽ:::::ゝ::ヽ:::::::::::::ヽ,,:::::::::::
                                 /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
                                   /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
                               |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
                              |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
                              ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
                              |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
 ―――そう思うなら早いところ            ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
      負の感情を集めろって―――        |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
                               |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
                                \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
 「分かっているさ。                     ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
                                    ヽヽ                 | リl:/:/::::
  受肉用の素体もまもなく完成する、             'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
  早速始めるとしよう」                        丶,    ,             / |::::::/
                                       |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
                                     | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
                                   ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
                                   . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
                               /       ヽ >          /    レ

606 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:08:01 ID:ktnehK76
二9.



ヘ ',:::ヘ|:::::::::l:::ヘ::ハ:::::\|:::::::::::\:::::::\:::::::::::::::::::::/:|:::::::::/:::::::
 ', \:ヘ::::::|ヽ:::ヘハヽ:::::`ヽ_::::::::::\:::::::\::::::::::::/::::|::::::/:ヘ:::::      ―――クククッ。
  ',  ヽ',ヽ| ヘ\::::ヘ \:::ヘl`ヽ:::::::l\::::: l::::::: /`ヽ|:::/::::::::ヘ:           アルビオンの連中は気の毒だな―――
__ヽ ./ヘ .ハヘ:l \:ヘ. \ヘ  `ヽl::::::\::\::l\::::|/:::ヘ\:::
`ヽ ̄./ ハ:::',ヘ..  `ヽ.  \   `ー-l:::\::\:::\   ',|ヽl
    /.    \ ハ               l:::::::..
.   /       `ヽ              l:::::::::::...
  /         ヘ    __   `ヽ  _/:::::::::..  ,
. /          /'';;\  \________,//           「ああ、まったくだ」
 `''ー-=,,,_   /   ';;;;;\   ``'ー- -――‐ ´ノ
      '/     ';;;| .\  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´    /
   , r ' ´          |.   \  ー――       イ;;;
  K              | .     \         /;;;;;;;;
    ∨          |       \      ,イ''''''''
.     ∨          |    ,r‐='`ー― '`ヽ
      ∨          |   /;;'ヘ . / / / /\
     ∨         |  /   ∨ ./ / /   \



――――――――――――――――――――――――――――
  二人は口の端を歪めて軽口をたたき合う。

  眼窩で赤黒く輝く邪竜の視線すらものともしないライトは、
  化かし合いも悪くないと心底楽しそうに笑ったのだった―――
――――――――――――――――――――――――――――

607 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:09:02 ID:ktnehK76
二10.



          N/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r‐ニ-'T丁\{;;ヽ{;ヽNN\ ∧                 _、,,,//
\\       N/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ム'ヽ\ヽヽ;;;;\;;;ヽ;;ヽ;;;\ヽハ                / / '<
ヽ \\    N/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  :.{  トミヽ;;ヽ;丶;;;;;;ヽ  ;;;;;ヽ;;;ヽ;;ハ   /          /  /  i,l`
 ヽ\、;;\ N/:.:.:.:.;.-‐'フヽ.:. :.:.:|  ト;;;;;ミヽ;;;;;;;;;;ヽ;;;\ ;;;;;ヽ;;;;;い/;/ i         / ./ /
―-ヽ;;;;;;;;;N/.:.:.:.:.ノ /  l`ヽ---ゝ-ヽ;;;;;;;;;;;;;;,,, ミ ミヽヽ ;;;ヽ; ;;;;;|; レ'ノ       / ./ /
;;;;;;;;;;;;;;;;;N/.:.:.:.:_/,/l ト、 ∥ ヽ   ト、;;;;;;;,,,ミ   ;;;;;;;,,,,,;;;トミヽヽi;;;l;/;/ ,    , -'~_, -' ,/    ,─-、,. ─-、r'f__
==;;;;N/.:.:.:.:.r' r'ヽ |;;l|;;;l i|;|ー-ヘ__」;;;;;;;;;;;;;;=,=、ニ`ヽ;;;;;;;ト ヽ;;N;|; ;リィ´   /_, -'  _/       /  y     :.  ハ
;;;;;;;;N/.:.:.:.:_r'r';;;;;;;;;ヾ;;;;;;;V;;ぃ>ヘ ̄ ヽ;;;;;;;< r'^ヽv_;-=ミ^`j! ト!;/;/     (_,,,, - '~         }  .:        i   /
;;;;;N/.:.....r'r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;ヽヾミーヘ  _,ゝ;;;;;;ヽ'^{ j  ヽ   〈iッ=、、 Yi/                    | .:i      |:  .′
;;N/:.....r'r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;_;:::--ゞ´‐-ゝ;;;ノ`iフl    }! 沁、())ヽ__〉                    / ,;: 、      :i:. i
y/:.:...r'r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/-=ニ ,ィ^〉  V、ノ l   /{ 、 `"^,、{fj               ./  .;i ヾ   /, .:l: |
/.:.:.:_}j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;、彡‐フ//ノノ∧__〉ヽ /  /ヽミー--、_ '´ハ                     l   .:;| `  / " .:l: ∧
:.:.:.:j ,「;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ィ7///〃ィ7´_厶1K ∧N  /{  ヽ弋i7ァこ7                  |   .::! .     :|:.  i
:.:.((;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/〃レ /∨ /レ'/イ,リ∧′ヽト、{ 、 ゝ、`'ヾム-―ァ                7  :|  i:      :|::  |
:.ノノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|イ{{ jレx/_イ/ィz,ニ,yjハ∧ -ヘ ;;ヽ `ー-`>' _,ニ´               ゞ:.  |:.        ム  {
:.:>〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Nlレハくゞンノ   ー゙‐1 / ∧  V!;;ヽ    「;;∠_                    ∧ 》:.       i::  ノ;.
}j′;;;;;;;;;;;《;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;X{ {   i, _   / /}ノハ⌒ヽ;;;;;``ー';;;;;;;;;;;;;;;`丶、              /.::| /.::.        }:, ( i :
{;;;;;;ミヽ、;;;}};;;;;;;/l;イ^1;;;;ヽト  ,......_   /イ ノ}ノ ヽ   r-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐-、ヽ               ./.:::/'.::.:.         ゞ:..)| i
/__ :: /::::::.l;|;/ |!  V ヽ;;;l\  ̄  ///〃/ヽ/ ,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、ヽ;;;;\ヽ、            l::. )!::..        )ノ::|.ハ、
 ̄ ̄ヽ/::/::./   ,---、_,.-=ヘ|`ーべー‐一'フ´   r`´_ノ 入;;;;;;;;;;;;iヽ;ヽ\! \            ∧:.   i      l   ..:|_,、≧、
:::::...  ..l::::l::::i'---/ -‐'ニ>〉 y'_,ィヘ_/   ‘T__, イ_ノァ;;;;ト、;;| ヽ;;!              7ノ}:..   :.       :|    :|rk| ̄
::,=_ニ=-l::::l::::lニニゝ-<__∠-‐' ア'"´ {    ⌒`ー一'_∠l;;;{ヽヽ;!                /.:ハ  ヾ:.    ソ    :|¨´
//'´.l::::l::./          -、O {    ヽ  __,....-‐'"l___V } l|                  !:::.、   :   /.:ノ,   .′
     'i,l/                           _                   ::::::..ゞ..,,   ,.;: ´ 人 :i
.      l                            /::::::::::\                  i::.:.. .   ¨    ; ノ_,.:∨
                           _____ /:::::::::::::::::::::\ ________          ∨.:::l、, / ,;ル/ / i
                     _.........-‐::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::`:‐-.、         `ヾ.// イ  | : .′
                   _∠_::::/::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::\:::::`:..、        | l /   | i .:
                 /::::::::::::::\==:、、:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::;,ィ'=="::::::::::::\     ..| | :{   | | :i
               _∠::::::::::::::::::\ヽ::::::::ヽ、:::l',    |  、 / :〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      | | :i _ | | :|
            , ==:/::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ:::::/:::::::::l ゝ. __ノヽ. _ ノ/l:::::::::::/:/:::::,:::-‐::::::::::::\     .| | :|'、 ` ヽ、i
          / '::::/::ィ==テ:::ヽ_:::, - レ::::::r‐、∨ .〉i- 、イ ヽ'/!::::::::::l::レ/:::::::::::::::::::::::::::\   イ i :{_.`、 \ `-、,
                _ / ̄/ /   ヽ:::! l ヽ! ! l.  ! l  ∨:::::::::::/, -‐、_ :::_::::::ヽ、::::ヽ: |_r、ハ  \ `、 \
─────'── ------/ /  /  i ⌒ ャ__ リ l l_',.⊥!__⊥l_/_ , '´,   `  ` ヽ- 、:!l::::::)         `、 `、 `、
::::.::::,、::::::,、:::::::,、:::::::,、::::::::,、/ /  .!ー l  リ::::::::::l l 〈 !_  /:::::::::::::::: ̄:::V  ^〉  !  ! '、]/_       `、 'i  l
───── --- ::::_:::ヽ ヽ  ',  ゝ‐<⌒ヽ::l l l l_.  ̄l::::::::::::::::::::::::::::j   / - j  l  〉:::::::::::: ̄:::::::::::.‐-...'i  l  l
    〃::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::`-`--`ー--ゝイー' Ⅵ ! ゝィヽ  7::―_--γ⌒ヾ_ ノ  ./  / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、. l  l ̄
.   〃:::::,,, -'一'''~~´  ~~``''ー-、,_:::::::::ヾ彳 '::ヽヽノ::::::Y/::::::::::ヽ、:ゝニフゝィ_ ,イ_ ./, イ-  _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、. l /::
_,,,,,、 'ー '~                  `ヽ, ::::::::::::::::::::::::::::::!l::::::::::::::::ヽv 彳::::::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::::‐-:、、::::: `i'i:::::::::
                  _, ---   l,::::::::::::::::::::::::::::::!l:::::::::::::::::┏┓                            /      ┏┓
             _,, -''''~         ノ:ゝ:::::::::::::::::::::::::::!l::::::::::::::: ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
       _,,, -一'''~          /:::: 〈::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::: ┏╋──────────────────────╋┓
    _, -'~              _, -,'~ :::::::::/::::::::::::::::::::::::::ゞ::::::::::::::┃|  ~ やらない夫は                     |┃
  /              , -'     ̄ .厂〕`` 、、::::::::::::::::l l::::::::::::: ┃|      約束を守るようです ~               |┃
./                /        l:::::::::::::::::``== 彳ヽ、_=┃|             Episode III.キラの恐怖      |┃
 _            /         l::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::´:::: : : ┗╋──────────────────────╋┛
.           /             r┴::::::‐-::::::\:::::::::::l:::::l::::: : :┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
.           /           /::::::::::::::::\::::::::\:::::!::::l:::::: : ┗┛                                ┗┛
.        ./           /::::::::::::::::::::::::::::\::::::::ヽ lヽ!::::::::─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                              第二章  魔竜襲来
                                        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────

610 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:10:01 ID:ktnehK76
二11.
―――――――――――――――――――――――――
  その日の午後四時過ぎ。

  聖都の中心にある王城の一室では
  王族以下数名の者が紅茶を囲んで話し込んでいた。
―――――――――――――――――――――――――



               ∧                   r===x 
                ∧∧                Fi ..j:::::::::人 _rュ  
          i|ー∧:::/∧ 「i           |ミ!::::::::::ii⌒ii::`ヾ ∧ __
          i|:_∧:::::|i!Hi!vH:―――――ヘ.  /!∩::::::::ii____ii::::::::/::∧|:.: !
          i|∧:::::: |i!Hi!ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ :L|个 甘:!:|_::_|!|甘 |/∧!:.:.|
          ∧====u=u-:ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ-|.:| : ∩|!|士|!|∩ |!|H!|:.: |
            |: : ; : : :Eヨ: : ; :|><:::::::t:::::><ヘ|:.| : ∪|!|土|!|∪_|!|H!|ヘ !
       __.....|; : : : ; :Eヨ; : : ;|┬┬‐≧≦┬┬‐≧x≦三|,,|,,|三≧{士}≧ヘ
         {≧ttttttttt|┼|ttttttn_i!Hi! || i!Hi! i!Hi!||!::Y:YY'''YY:Y::EHユ|_:.i′
      . . ....|ヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨ|〒〒〒〒〒〒〒tt凵_|十|_凵: Ei/介\
  . : .:.:.:.:.:.:.!;!;!;!;!;!;!;!;!;!;!;!;!;!;!;!;!;!;!;!;! {田}:.:{田}:.:{田}互三|i三〒三ニ才イj土!士ヽ
,,,,,,,,,,、: .:.:.:.:. Y: : : ; : :γ⌒ヽ.: : : ;.|:.:.{田}:.:{田}:.:{田}互二liリKKリrn|trtrtrtrtrtrtj   、;.:;:;.:;.:.;,
........._j二二二|: : ; : ; : i!:.:.!:.:.i!; : : : |.:.:.全.:.:.:全:.:.:全:.互三li爿V/ハni|;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/;:;.:;、ノ;:;:;.,:;.,;,:;
: : : : i: :: :: :: : |: : : : : ; i!:.:.!:.:.i!: : ; : |.:.:{田}:.:{田}:.:{田}互二li爿⌒Kjtj|: : ; : : : ; : |==二二=
: : : : i: :: :: :: : |: ; : : : : : ̄; ̄.: ; : :,:|.:.:{田}:.:{田}:.:{田}互三li爿  Kjtj|: ; :「土」 : | : . : .| . : . : . :
;:';:;';, i: :: :: :: : |; : : : ; : : ; : : : : : : : ;!.:.:.全.:.:.:全:.: 全.:互二liリKKリrn|; : :「土」 ; |. : . : |: . : . : . :
;:;:::';:':、: :: :: :: :|: : : : : ; : : : : ; : : ; : :|.: {田}:.:{田}:.:{田}互三li爿V/ハni|: : ; : : : ; : |: . : . | . : . : . :
:;:;';:;:';:;、: :: :: : |: ; : : ; : : :.:f_j.: : : : :.:|.: {田}:.:{田}:.:{田}互二li爿⌒Kjtj|: ; : : ; : : i''゙'i : ..|: . : . : . :
;;:;:;:;:':;:';..: :: :: :|: : : : : ; : : : : ; : ; : : :| __玉:__:玉:__:玉:.互三li爿  Kjtj|; : : ; :..:r┴┴ュュ:!. : . : . : .
:;:;:':;:;:':;:';: :: :: :|: : ; : : : ; : : : : ; : : :Y´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!\___j!: . : . : . :
:;:;:';:;':;:;::': :: :: :|; : : : ; ; : : : : ; : : : ;.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:\三\: . : . :
;:;:;,,`"´: :: :: : j.;.; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.|ーーーーーーーーーー┘ ー────┴──'ー‐'::.:.: .: .:

611 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:11:01 ID:ktnehK76
二12.



           /         ヽ`丶、
           /             `ヽ  \
          /                 ミ    ヽ
        /            l  lヽl    ',
       i              | l l ||      l
       |              j l l j lハ     l
       l              ノノノ/リ/ハ 丶l  !
          !     、_ , ==≦彡 '´´ ', --ヽ、 リ j
        ',    _ トイフテlヽ   r ィフハ`=!´ /
        ',  / ヽ| ヽ==' '      `ニ ' リ) /
         ヽ l  トヽ _        ,     l/ /        「………と言う訳で城もだいぶ落ち着きました。
            ヽ ヽ _ ニ、    、-,    ノ /          父上もやりやすくなったと申しております」
              ヽ   lヽ、   -   ,.イ〃
           }l!  ll}、_`丶 .._ ィ、イ|{
          ノノ| ll リ`lr、ニ ー┬_'ィ|ヽヽ
      ,_- ニ、ー<ヽヘ ´ヽl-_ l`l !! F!-'´-、-、-r- 、     ┌────────────┐
     /    `K、 ̄ ヽ` ー ヽ_ヽ!!!'7'ィ r―Tr1i  \    │エゥーゴ王国 第一王女   │
   //      l ヽ- ´  l ̄`ヽ-!/  l  ̄_ j lハ l 、ヽ〉  ....│ミネバ=Z=エゥーゴ     │
   ヽ!  /   /  l !. ヽ/  !    l l !  |  、 / l Ll !_ゝ    └────────────┘



                                                、-'"          `ヽ.
                                              /              ゙ヽ
                                              /                ゙i
                                              |                  |
                                             /          ,        |
                                             !、 i  ,       i       __ ,!
                                               〉、∠  __   }!   ,ィ二, レ′
                                             〈`_ヲ ≡≦≡=-  '"   メ-ュ リ
        「それを聞いて安心した。                    ∨/  ` 二゙- ""    ,>ノ イ
                                              l!'_,,≧:    ,、-''   ィ゙_,、イ「゙i
         随分被害は大きかったようであるが………」          .「「ミ`ニーミ、  |     「   /l! ゙i
                                              | !``ー ヽヾ ノ    ノ ,/ィリ |
                                               j ヒヘ、_,..} ゙Y  _、-" 、イ f./  ト、
        ┌───────────┐                  !タ_,N"lii;, _ノ-''"_、-''" ノ/   |. \
        │フリート神聖王国 聖王  │                ./  |.ト-三ニ=_,ニ"  :='/     .|  ヽ、
        │エギーユ=D=フリート  │               ./  ,'|.| 「 ナ'ニニィ゙   ,/       |    `
        └───────────┘                   ' |.| レ'__二フ′ ィ'          |

613 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:12:02 ID:ktnehK76
二13.
――――――――――――――――――――――――
  祖を同じくする兄弟国の礎とも言える
  女神の宝具が凶悪な妖術師に奪われかけたこと、
  その戦いで王都に大きな被害が出たこと、
  取り戻してきた冒険者達が居たこと。
――――――――――――――――――――――――



      /           i |          ヽ
    i            //          i
    ト、        / ,//∧          |
    ', \__∠ノノ/´   \、       |
     ゙、 丁, 三_   ヽ,.二三  i ,- 、   /
       ヽ i 、!Uj      lUj ,  } h } |   /
       }l         ̄  ノ イ_/  /        「悲しんでも失われた命は戻りません………
       `1    ` _         }   /
        ヽ   ` ’      ジ   (          彼らの犠牲に報いるためにも、
         |:i\      _. ィ _>i | レ′         私達はより良い国を作っていきたいと思います。
           ̄`F寸斤一 i ´  レ'_____        たとえ、宝具の力が減ることになろうとも」
     ,.ィ===ァオ「 |.リ   /   // ニ二 ̄
    //∧ ̄〕 \ヽ!_,∠ -'´ く_  //|



                                                 - ''"´ ̄ ̄ ̄``¨'' -、
                                                   /〃~ヘ〆N i! i       ` 、
                                              _ノ                 `、
                                               '7/ /  ノ l .l  i : .       i
                                              レl l l l | l  l | l ハ l i i      l
                                               `、ト{ニl |l l/レニ、}ハ|ヽト、 iへ  l
                                                 }、{_}、{ レヘ. ├j`   | レヘ } l
                                                 | ノ     ̄ ≡  l |‐ノ/ ノ
                  「で、肝心の宝具はどうしたんだ?」.         K___       ニ ノル'‐r' {
                                                 ! `、__    ,'    ノ| |
                                                 `、 `ー_‐'’        ル{
                  ┌─────────────┐     __,,,,`、       .ィ      .{ー-、
                  │フリート神聖王国 第三王子  │     . ヾ: ::::::`、` --,‐ ''"    ir=「 ̄´ |
                  │コウ=U=フリート           |         ヽ: ::::::::::;二ハ   / .||  |    L
                  └─────────────┘       |「 :::::ノ´ノ(  _∠ -‐|l  L -‐' └-



―――――――――――――――――――――――――――――
  一応の落ち着きを見せて半年、
  ようやく宝具譲渡に向けて動き出せた現状までを報告し終えると
  同席していたこの国の王子が興味深そうに尋ねた。

  彼も神官戦士の資格を持つだけあって、
  大地の女神の宝具には興味があったのだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――

615 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:13:02 ID:ktnehK76
二14.
―――――――――――――――――――――――――
  だが、頭を振った従姉妹は分かりません、と答えると
  譲渡の開始に半年かかった理由の一つを告げ、
―――――――――――――――――――――――――



            _,. -‐  .
         '´       `ヽ、
     , '        ∠ニ   ',
    ,/           ⌒ヽ.  i
    l             ,' .}}   !
     |  ,イ{     ,  / 〃j} 小
     l  {廴三´ / ∠/,'//l、ノ}
    V辷彡孑'ィ行弋彡トりNル'′
     `Y圻ナト、 `´  {、   ハ
      ヽ l、 ゝ〉   ,..ィ   /ノ       「所在が知れてはまた争いの種になる事も考えられるため、
       ` ) > .  ´ ,.イ〉            選び抜いた父上の密偵がこの国のどこかに人知れず埋めるそうです。
        \/\_,二´ h
     ノ⌒Ylノ^ヽ工ノ ノ 〉ーヘ、     私にもどこになるかは分かりません」
    rく  、 ヽ  ノ |  /   -‐ヘ、
   ノ `77Tト、 \{,ノ /_,. イ
  /  // l  ``ブ´ ´   〈



                                               ____
                                             /        ̄ ヽ.
                                           ./            \
                                           /          !、    ヽ.
                                           |  、  ,:"   _,.- !     |
                                           |,,_ ヽji(_, -;=f。テ‐'"    ''",\
                                           'ァ'゙rェァk≦~二~ "~    i 〈ノ |!
                                           〉ー'"| ヽ._     ノ   (,タノ
                                           \ ノー;='-≧==.、 l     r'" |.
                  「それが良かろう。                    Y"ツ'''''''''''゙ヽ\ !    .|  |
                                              ! |r'ニ二 ̄`\ヽ,,_./   |
                   また妖術師が狙わぬとも限らん」       j ! ∧,,  ,,/,,ノ___j-、
                                             | `'"  ゙ー'",,/='―――, 〔,|、_
                                             〃,,,,,,,,,,r''",r‐'ニニ7 、.ノノ   \
                                             /;ミヽ! |_ノ -―./  ,rj      `ー-、_
                                           _/ /__ \ ,.-‐'"_二-‐ァ''           /`ーァ
                                      __/ ̄   // ヽL└‐'"  /          ,∠(___(_
                                _,. -'ニニ二ィ'   ,.r‐く└ァ`T"_,.-‐‐''Z"          ,:/
                             r―'"ー'て_/__ノ  _/イ~「` ( _ノr'  / \___     .//



―――――――――――――――――――――――――――
  彼らの判断が最善であろう、とエギーユもそれに賛成する。
―――――――――――――――――――――――――――

616 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:14:05 ID:ktnehK76
二15.
――――――――――――――――――――――――――――――
  それで宝具については一段落と見たところで、
  長兄であり、第一位の王位継承権を持つアナベルが口を開いた。
――――――――――――――――――――――――――――――



.       ,,ィャイ!!.|| || 〃ルッ;;,,
       yッヾ ii||| |||| | レルケレソゝ
.     / シ'            マモェ
.    i ヨj       .      i.ヒニi
.    | ヨ}        i       { モモi
.    ヒ { rー-、,,,  |  _,,-ーヘ モモi
.   ィヤ{  ニエヌ"'' ´`.r'´ヤオニ  }ソヘ
.   i ^リ     j  | ヤ     ||^i !
.   ヾ∥        | i.      || /       「やはり気になるのはヤガミなる妖術師ですな。
    ∥      , l ,      .||
....   ||ヽ     __     ||ゝ        しかも、最近我が国にて怪物を捕らえる黒ローブが目撃されております。
.    ∥ ヽ   ´ー─ `     '|| `ヽ       早急に軍を派遣し、叩いた方が良いかも知れませぬぞ」
.    ∥  |ヽ   ¨¨      イ∥  ヾ
.     |  | ヽ.        / |. |    ヾ
       jkt   ヽ__/   |ti    ソ     ┌─────────────┐
      {:;:;:;:;ヽ 、   ,,,, ィ:;:;:;:;:;}   ソ      │フリート神聖王国 第一王子  │
....   _}:;:;ミ ヽ `iTi´ メ 彡:;:;:;{_ ソ      │アナベル=G=フリート     │
.      ;:;:;:;ミ  ヽ-|-イ  彡:;:;:;:;ト ̄.       └─────────────┘



                                                ,,〆" ´ ̄` ̄"''-..
                                               /          ."ヽ
                                              ./              \
                                             ノ               ヽ
                                             メ/ リ l / i  l l  ノ     |
                                            / トヽ|丶| /|/| | ノ ./ .ノ ノノ , , .|
                                             ヾj丶!.=! !, l リj / / // // ./
                                             (|.i  {┤ヽノ i/ .レへァ,ィ/ノ/  /
                                             l リ   ̄     ..,┴!   /ソ/丶
                                             ヽ|     /       | ノ. ノ
                                              丶    丶       j/_./
           「ならば兄上、その指揮はぜひ私に!」            丶  r----┐    /レ
                                              ,,イヽ  ヽ..__ ノ   / /./
                                            ∠   |\     / /./\
                                           //\ |  ヽ--- '"  /  .ヘ
                                      ___,,..\   レ        .// .ヽヽ
                                             \/ヘ.,        !ヘ  ./_



――――――――――――――――――――――――――――
  聖王の後継者に相応しいと国民からも誉れ高い長兄、
  神殿の聖騎士達を束ねる次兄と比べ
  どうしても小粒扱いされる三男が是非にと意気込むも―――
――――――――――――――――――――――――――――

618 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:15:02 ID:ktnehK76
二16.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  兄は焦るな、と弟をたしなめた。

  先に入っていた情報とミネバの話を合わせると
  妖術師ヤガミの戦力は超越者と呼ばれるに相応しくもあり、驚異でもあるもので、
  どれほどの戦力を揃えれば良いか一概に判断出来なかったせいもある。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



             ___
           ,r ´丶 .  、 ` ヽ、
          /ー-..,,_ヽ、_ .ヽ i .l .、
          l-ー'' ¨''-r  `丶、 | .ヽ
         l., -.、ー- l /     ーイ
     ___/l ミ.l r ~ ´ ,,__  、 i l
  ,.-=''´: : : : /,」.八l l: : - .、k.ミッ,,_ヽi_.l
 , '´ノ: : : : _i/: .丶l .l: :      . ' l'i´
__,r´,: : : /'' \、: : : ..l l: : :       ,_._l´      「逸るな、弟よ。
: : , iー/: : :  ..\丶 l l: : :   -_-r.i
-<''~: `丶、: : .,  \ | ..\   . /l |        万一、件の妖術師であったならば
: : : ヽ: : : .ヽ丶,   \ミl > .イ |.          生半可な戦力では太刀打ち出来まいぞ。
  . ヾ: : : : ヽ丶,   i.|;;;ィ´ノ_  l
    ハ: : : : : lヾ、   !|/ ィヾ ゛ー. 、       神殿、学院、さらには冒険者からも
   :イ .l  i-.、l ヽ` ー ´ l 丶   `ヽ     兵を募る必要があるやも知れぬ」



                                            /           i |          ヽ
                                          i            //          i
                                          ト、        / ,//∧          |
                                          ', \__∠ノノ/´   \、       |
              「ですがガトー。                    ゙、 丁, 三_   ヽ,.二三  i ,- 、   /
               果たして超越者相手に                ヽ i 、!Uj      lUj ,  } h } |   /
               軍が意味を成すでしょうか?                 }l         ̄  ノ イ_/  /
                                             `1    ` _         }   /
               先の事件でもそうでしたが、               ヽ   ` ’      ジ   (
               超越者を相手にするには少数精鋭で          |:i\      _. ィ _>i | レ′
               事に当たった方が良いと聞きました」             ̄`F寸斤一 i ´  レ'_____
                                           ,.ィ===ァオ「 |.リ   /   // ニ二 ̄
                                          //∧ ̄〕 \ヽ!_,∠ -'´ く_  //|



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  と、その考えに従姉妹が疑問を呈した。

  彼女は自国の騎士団が、妖術師の先兵であるゴーレムにすら手間取った
  ―――魔法学院が先に壊滅したせいもあるが―――事を知っており、
  逆にたった五人で宝具奪還を成し遂げた英雄達になぞらえての事だ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

619 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:16:01 ID:ktnehK76
二17.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  一瞬、言葉に詰まったアナベルはそれでも
  この国の兵は超越者相手でも臆せぬと言い切った。

  彼自身も聖都を護る騎士団の、一つの隊を預かる隊長であるのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――



.       ,,ィャイ!!.|| || 〃ルッ;;,,
       yッヾ ii||| |||| | レルケレソゝ
.     / シ'            マモェ
.    i ヨj       .      i.ヒニi
.    | ヨ}        i       { モモi
.    ヒ { rー-、,,,  |  _,,-ーヘ モモi
.   ィヤ{  ニエヌ"'' ´`.r'´ヤオニ  }ソヘ
.   i ^リ     j  | ヤ     ||^i !
.   ヾ∥        | i.      || /       「………確かに超越者相手の戦いとなれば
    ∥      , l ,      .||         大きな犠牲は覚悟せねばならぬだろう。
....   ||ヽ     __     ||ゝ
.    ∥ ヽ   ´ー─ `     '|| `ヽ       しかし、恐れる者は居ない。
.    ∥  |ヽ   ¨¨      イ∥  ヾ       やり遂げられぬ事でもなかろう」
.     |  | ヽ.        / |. |    ヾ
       jkt   ヽ__/   |ti    ソ
      {:;:;:;:;ヽ 、   ,,,, ィ:;:;:;:;:;}   ソ
....   _}:;:;ミ ヽ `iTi´ メ 彡:;:;:;{_ ソ
.      ;:;:;:;ミ  ヽ-|-イ  彡:;:;:;:;ト ̄
      ;:;:;:;丶、_|_ ノ:;:;:;:;:;:;:



                                                      _,. -‐  .
                                                   '´       `ヽ、
                                               , '        ∠ニ   ',
                                              ,/           ⌒ヽ.  i
                                              l             ,' .}}   !
                                               |  ,イ{     ,  / 〃j} 小
                                               l  {廴三´ / ∠/,'//l、ノ}
              「父上も申しておりました。                V辷彡孑'ィ行弋彡トりNル'′
                                               `Y圻ナト、 `´  {、   ハ
               私達は所詮人の世界の存在であり、            ヽ l、 ゝ〉   ,..ィ   /ノ
               強力な外敵や超越者を相手にすることは          ` ) > .  ´ ,.イ〉
               想定されていないのだと………」                \/\_,二´ h
                                               ノ⌒Ylノ^ヽ工ノ ノ 〉ーヘ、
                                              rく  、 ヽ  ノ |  /   -‐ヘ、
                                             ノ `77Tト、 \{,ノ /_,. イ
                                            /  // l  ``ブ´ ´   〈



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかしミネバはこの国の騎士団の練度の高さを鑑みた上で、敢えて父親の言葉を借りる。

  そもそも、極々まれと予想されるそう言う事態に向けて軍事力を高めれば
  他国からは侵略を懸念されるかも知れないし、維持費用とて馬鹿にならない。

  結局、国という形に縛られている以上はそこが限界なのかも知れない、と。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

620 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:17:02 ID:ktnehK76
二18.
――――――――――――――――――――――――――
  義弟の言葉がとても現実的である事は聖王にも分かる。

  事実、何らかの集団の中で生まれた可能性が
  そう言った周りからの圧力で潰される事も少なくない。
――――――――――――――――――――――――――



        _、-''"´ ̄ ̄¨''ー、
      、-'"          `ヽ.
    /              ゙ヽ
    /                ゙i
    |                  |
   /          ,        |
   !、 i  ,       i       __ ,!
     〉、∠  __   }!   ,ィ二, レ′
   〈`_ヲ ≡≦≡=-  '"   メ-ュ リ
    ∨/  ` 二゙- ""    ,>ノ イ          「………そして小さいが故に、
    l!'_,,≧:    ,、-''   ィ゙_,、イ「゙i             突出した人物を育てる事も、囲うことも難しい。
    「「ミ`ニーミ、  |     「   /l! ゙i
    | !``ー ヽヾ ノ    ノ ,/ィリ |         我ら小人は立場を追われる事を恐れるからな」
     j ヒヘ、_,..} ゙Y  _、-" 、イ f./  ト、
    !タ_,N"lii;, _ノ-''"_、-''" ノ/   |. \
   /  |.ト-三ニ=_,ニ"  :='/     .|  ヽ、
   /  ,'|.| 「 ナ'ニニィ゙   ,/       |    `
     ' |.| レ'__二フ′ ィ'          |



                                           /           i |          ヽ
                                         i            //          i
                                         ト、        / ,//∧          |
                                         ', \__∠ノノ/´   \、       |
                                          ゙、 丁, 三_   ヽ,.二三  i ,- 、   /
         「確かに既得権や権力にしがみつく             ヽ i 、!Uj      lUj ,  } h } |   /
          貴族や政治家は、それを脅かす者ならば          }l         ̄  ノ イ_/  /
          誰であれ排除しようと考えるでしょう」                `1    ` _         }   /
                                             ヽ   ` ’      ジ   (
                                                |:i\      _. ィ _>i | レ′
                                                ̄`F寸斤一 i ´  レ'_____
                                          ,.ィ===ァオ「 |.リ   /   // ニ二 ̄
                                         //∧ ̄〕 \ヽ!_,∠ -'´ く_  //|

621 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:18:08 ID:ktnehK76
二19.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  自分を小人と称した父にご冗談を、と笑った息子はしかし、
  事実、遙か古代からの英雄、傑物、有名人に数えられる殆ど全てが
  国家権力とは遠い位置から現れた事は認めた。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                                      _,、ィァ''''''''''ー-,、
                                                 ,r'ブ ;"//  ,/ ´ヽ,
                                               ,f"」∠='"⌒`''´ヾ, -ー气
                                                 jf´            }   ーヘ
                                               ,!    j   _,、,, ゝ .ゞ二_ ヾ|
                                                .f 、 、ヽ;、n5ァ   \ 、ニj
                                              ヽ`テiァ` "ご     | f、く
                                                j ´.j          | |, |.|
   「だから英雄や勇者は常に、                                { く;ッ        |. ト ,リ
    国という枠に囚われない者………                       ヽ  _,、-ッ       ,| ,レイ\_
    つまり冒険者などから排出される、と言う事ですか。              ヽ. ヾ "     ,/.| ||::| ヾく`
                                                ヽ     _,/.: |.||::| 、,ゞ゙`
    接点を持ったローゼンやエゥーゴが羨ましくもありますな」            ゙ーr―''"´ ..:: __」||:::| ドゝ
                                                    _」-ェ=_=ニ´-‐''N:::| Yゝ
                                                    ∥「 ノE   、._.ノイ ̄`゙''ー--
                                                   j| 片_,シ  _  ,,ノ´



        , -―.―ー- ,
      ,,´.::::. . . . . . . . ..:::..`ヽ
     ./.; : : : : : : : : : : : : : : : : :.' ,
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
    ,'.::::::::::::::::i::!::::::/ i!,'ノリソリイ::::::::l
   ,イ|:::::::{千ヘ! i,ル' ィrサュ`_ .}::〈.ィハ
    .!リ!ヽ'ィrタ` i        j::::}  }
       {.´   |        iリ´イ
       '.    ヽ´       チ|
.        、.  、_, ‐-    . !イ
.        \   ‐     ,イ リ            「その力が必要な時もある。
          |\     ./   |             けれど懐に入れるには鋭すぎる。
.        __」_`ー、´    |、____
         i`ー―--┬┬┬-===ニ`i          必要な時だけ使いたいと言うのは
.   ____」 .┌─┐.|. ∥ | ┌─┐ ト、,___       都合が良すぎるのではありませんか」
:::::::::::::::::::::::::::ゝ└─┘.|. ∥ | └─┘_|:::::::::::
 、::::::::::::::::::::::::::`ー---┼∥┼---‐ ´::::::::::::::::
    ` 、:::::::::::::::::::::::::::::| ∥ |::::::::::::::::::::::::::::::::::



――――――――――――――――――――――――――――
  と、国を治め人民を導くには使えるものを全て使い、
  清濁併せ呑んでこそ国主であると頭では理解しているものの、
  個人としては違和感の残るコウが言うと、
――――――――――――――――――――――――――――

623 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:19:07 ID:ktnehK76
二20.
――――――――――――――――――――――――――――――
  手段としては長男を、考え方としては三男を認めた聖王は
  他人頼りの姿勢を国民に見られてはならぬ、とアナベルを戒める。
――――――――――――――――――――――――――――――



        _、-''"´ ̄ ̄¨''ー、
      、-'"          `ヽ.
    /              ゙ヽ
    /                ゙i
    |                  |
   /          ,        |
   !、 i  ,       i       __ ,!
     〉、∠  __   }!   ,ィ二, レ′
   〈`_ヲ ≡≦≡=-  '"   メ-ュ リ
    ∨/  ` 二゙- ""    ,>ノ イ          「どちらも間違いではない。
    l!'_,,≧:    ,、-''   ィ゙_,、イ「゙i
    「「ミ`ニーミ、  |     「   /l! ゙i         だが英雄の力が無くとも
    | !``ー ヽヾ ノ    ノ ,/ィリ |           可能な限り自力でこなせる国を作り上げる。
     j ヒヘ、_,..} ゙Y  _、-" 、イ f./  ト、          それが我々の使命であろうぞ」
    !タ_,N"lii;, _ノ-''"_、-''" ノ/   |. \
   /  |.ト-三ニ=_,ニ"  :='/     .|  ヽ、
   /  ,'|.| 「 ナ'ニニィ゙   ,/       |    `
     ' |.| レ'__二フ′ ィ'          |



                                                , -‐''"´ ̄ ̄`゛` ‐-、
                                               r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
                                               l       // /  ゛ヽ
                                               ヽ      〈//     !
                                               〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
                                               /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
               「ハッ。                               く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
                                               ヽ        | | レ´|l /〉  〉
                申し訳ございません、父上。                ヽー     /|| ト、|l / |
                他人頼りの至らぬ考えでありました」            iヽ   / |L/|/λノ/|/
                                                 ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
                                                  ,/⊥/ _/  /  /
                                                  | Y |/  //  |
                                                     人 ⊥― ̄/ /

624 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:20:01 ID:ktnehK76
二21.



                                                 ,,ィャイ!!.|| || 〃ルッ;;,,
                                                    yッヾ ii||| |||| | レルケレソゝ
                                               / シ'            マモェ
                                              i ヨj       .      i.ヒニi
                                              | ヨ}        i       { モモi
                                                   ヒ { rー-、,,,  |  _,,-ーヘ モモi
                                               ィヤ{  ニエヌ"'' ´`.r'´ヤオニ  }ソヘ
                                              i ^リ     j  | ヤ     ||^i !
            「そう言う意味では、件の英雄殿は            ヾ∥        | i.      || /
             うまく立ち回っておりますな。                  .∥      , l ,      .||
                                                ||ヽ     __     ||ゝ
             有事には先頭に立って皆を導き、                 ∥ ヽ   ´ー─ `     '|| `ヽ
             平穏が訪れたならば身を退き姿を消す。          ∥  |ヽ   ¨¨      イ∥  ヾ
                                                   |  | ヽ.        / |. |    ヾ
             これでは立場を脅かす事を恐れる小人が              jkt   ヽ__/   |ti    ソ
             つけ込む隙もありません」                        {:;:;:;:;ヽ 、   ,,,, ィ:;:;:;:;:;}   ソ
                                                   _}:;:;ミ ヽ `iTi´ メ 彡:;:;:;{_ ソ
                                                    ;:;:;:;ミ  ヽ-|-イ  彡:;:;:;:;ト ̄
                                                  ;:;:;:;丶、_|_ ノ:;:;:;:;:;:;:



        _、-''"´ ̄ ̄¨''ー、
      、-'"          `ヽ.
    /              ゙ヽ
    /                ゙i
    |                  |
   /          ,        |
   !、 i  ,       i       __ ,!
     〉、∠  __   }!   ,ィ二, レ′
   〈`_ヲ ≡≦≡=-  '"   メ-ュ リ
    ∨/  ` 二゙- ""    ,>ノ イ
    l!'_,,≧:    ,、-''   ィ゙_,、イ「゙i        「うむ。
    「「ミ`ニーミ、  |     「   /l! ゙i
    | !``ー ヽヾ ノ    ノ ,/ィリ |        おそらくは………
     j ヒヘ、_,..} ゙Y  _、-" 、イ f./  ト、       国主たる視点を持つ誰かが
    !タ_,N"lii;, _ノ-''"_、-''" ノ/   |. \.       国とは小さなものだと教えたのであろう」
   /  |.ト-三ニ=_,ニ"  :='/     .|  ヽ、
   /  ,'|.| 「 ナ'ニニィ゙   ,/       |    `
     ' |.| レ'__二フ′ ィ'          |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  英雄本人ではなく、その師―――あるいは親―――の方に興味があったエギーユは
  一体どのような人物であったのだろうな、とあご髭をしごいた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

625 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:21:02 ID:ktnehK76
二22.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼自身には次代の聖王を育てる義務があり、
  五人の子供達それぞれが相応しく育つよう心血を注いでいる。

  だが、英雄の師はどのような理由でどのような教育を施したと言うのだろうか。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                     ____
                                                   /        ̄ ヽ.
                                                 ./            \
                                                 /          !、    ヽ.
                                                 |  、  ,:"   _,.- !     |
                                                 |,,_ ヽji(_, -;=f。テ‐'"    ''",\
                                                 'ァ'゙rェァk≦~二~ "~    i 〈ノ |!
                                                 〉ー'"| ヽ._     ノ   (,タノ
                                                 \ ノー;='-≧==.、 l     r'" |.
         「時に頼ろうとする者を突き放して自立を促し、          Y"ツ'''''''''''゙ヽ\ !    .|  |
          時に利用される事を知りながらも受け入れる……….      ! |r'ニ二 ̄`\ヽ,,_./   |
                                                   j ! ∧,,  ,,/,,ノ___j-、
          解っていてもなかなか出来る事ではないぞ」            | `'"  ゙ー'",,/='―――, 〔,|、_
                                                   〃,,,,,,,,,,r''",r‐'ニニ7 、.ノノ   \
                                                   /;ミヽ! |_ノ -―./  ,rj      `ー-、_
                                                 _/ /__ \ ,.-‐'"_二-‐ァ''           /
                                            __/ ̄   // ヽL└‐'"  /          ,∠(_
                                      _,. -'ニニ二ィ'   ,.r‐く└ァ`T"_,.-‐‐''Z"          ,:/
                                   r―'"ー'て_/__ノ  _/イ~「` ( _ノr'  / \___     .//
                                   TTT~ ゙̄7  ノ__,..ノ"   | .|  // / /    ヽ.__  ̄`ー-、.//
                                   ,| | | ./ /    _/    | | ,// //        \、   ∑>==r'fアー
                                  l | | | | |   /      V | | /           ≫  ゙

627 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:22:01 ID:ktnehK76
二23.



        , -―.―ー- ,
      ,,´.::::. . . . . . . . ..:::..`ヽ
     ./.; : : : : : : : : : : : : : : : : :.' ,
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
    ,'.::::::::::::::::i::!::::::/ i!,'ノリソリイ::::::::l
   ,イ|:::::::{千ヘ! i,ル' ィrサュ`_ .}::〈.ィハ
    .!リ!ヽ'ィrタ` i        j::::}  }
       {.´   |        iリ´イ
       '.    ヽ´       チ|
.        、.  、_, ‐-    . !イ
.        \   ‐     ,イ リ
          |\     ./   |           「見習え、とは言わないのですね」
.        __」_`ー、´    |、____
         i`ー―--┬┬┬-===ニ`i
.   ____」 .┌─┐.|. ∥ | ┌─┐ ト、,___
:::::::::::::::::::::::::::ゝ└─┘.|. ∥ | └─┘_|:::::::::::
 、::::::::::::::::::::::::::`ー---┼∥┼---‐ ´::::::::::::::::
    ` 、:::::::::::::::::::::::::::::| ∥ |::::::::::::::::::::::::::::::::::
      .`ヽ;:::::::::::::::::::| ∥ |::::::::::::::::::::::::::::::::::



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それがいつもの耳に痛い訓辞ではなく、相手の称賛だった事に驚いたコウが言うと
  一瞬、目を丸くして三男を見た聖王は理想と利益は必ずしも一致せぬ、
  だから真似をされても困る、と愉快そうに肩を揺する。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                 _、-''"´ ̄ ̄¨''ー、
                                                、-'"          `ヽ.
                                              /              ゙ヽ
                                              /                ゙i
                                              |                  |
                                             /          ,        |
                                             !、 i  ,       i       __ ,!
 「ハッハッハ。                                     〉、∠  __   }!   ,ィ二, レ′
                                             〈`_ヲ ≡≦≡=-  '"   メ-ュ リ
  コウよ、国を治める者と英雄とでは                        ∨/  ` 二゙- ""    ,>ノ イ
  立ち位置が違いすぎる。                              l!'_,,≧:    ,、-''   ィ゙_,、イ「゙i
                                              「「ミ`ニーミ、  |     「   /l! ゙i
  英雄とは追い求める理想が多くの人々に支持された存在であり、     | !``ー ヽヾ ノ    ノ ,/ィリ |
  国王とは人民の利益を追求する存在であるからだ」              j ヒヘ、_,..} ゙Y  _、-" 、イ f./  ト、
                                              !タ_,N"lii;, _ノ-''"_、-''" ノ/   |. \
                                             /  |.ト-三ニ=_,ニ"  :='/     .|  ヽ、
                                             /  ,'|.| 「 ナ'ニニィ゙   ,/       |    `
                                               ' |.| レ'__二フ′ ィ'          |

628 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:23:05 ID:ktnehK76
二24.



                                          ._.,,uv-----‐,,,,__,.,,.
                                      ._,-:'''フ/    , '     / `‐,,.
                                    .,r',.'.〃゙. '′._,,、、、__;,._'''     .  ヽ
                                   ,/ ./ ./  _'rー'″    ´゙ヽ.  -‐-z. `ヘ
                                   .i|...、r-''^′          .゙!    ゙゙ ‐.ヘ
                                  .i|"  .,              }. --___,,_  !
                                  |  . }          ヽ   .〕   .  `. |
                                  ..|    |    _,,..-‐'"'''   ′ :ヽ‐--、 ゙' ゙ .|
                                  .| 、,,_ヽ.゙.、..,;;;:'''ヘ_フ.フ       \、゙' 二‐,.,!
                                  .|, ,'Tj7    ,., ` "          | `'i'゙⌒ヽ
                                  \.". !    ゙""           | . !"~ヽ |
                                   |  ,|                 l.. .! ) i |
                                     .|  ノ  _,,,,              |. .|ヽ .リ
                                   | . `ヽミレ′             |.. .| ,i'./ ヽ、
 「正に至言。                            .|  .    ___           ,| . |/;:|  ,ゝ
                                      |   r'_"~‐'~          ,/| . l|:;:| ..`ヽ、
  我らも王家の一員として                      .|  . `゙,.,",,.          .,/ .| ..||:;:|. . ヽ、 ヽ
  人民の利益にこの身を捧げましょうぞ」             .|  .´          /.:;:;  l .||:;:;|  ヽ i゙'ゝ
                           ..          .|           ,.,.'''´ .:;::;:  |.||:;:;;|  ゞヘ
                                      ゝ __  .__,,,_--‐."   .;:;:;:;: _ ||_|:;;:;| ( ヽゝ
                                          `i~''     ____---‐ニニ''′'''ト|:;:;| iゝ
                                          l、_,,-:::=-‐‐‐''""   ...____,ノ゙|:;:|.. !、
                                       rイ T二‐'^二-‐ニコ    ゝ、___ノ| ⌒^""""ヽ-、_,,、-、,,
                                       |} |〕  /′ ニニニコ   .,, ,.,,.,'',_,_;'^″
                                       .:|| .|.!._,ノ   ニニニノ_,...r--‐
                                      _.ト! .|.¨゙,,r‐イ゙゙ :''''′____゙″   ._,.、-:ァ'
                                    ._,,/ |} .レ''′,r--‐‐‐~'′ .v、v-'''^′ ,/
                                ._,,rー''′  .^' '゙:::::""'''          .′



――――――――――――――――――――――――――――
  人民の幸福―――精神論ではなく、
  物理的な恩恵を与えてこそだと言い切った父が
  ますます大きな存在に思えたアナベルは感極まって言ったが、
――――――――――――――――――――――――――――

629 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:24:01 ID:ktnehK76
二25.
――――――――――――――――――――――――――――
  第一王位継承権を持つ兄を複雑そうに見やった第三王子は
  誰も気付かれない程であるが、確かに小さなため息を吐いた。

  ―――実績が欲しい、と。
――――――――――――――――――――――――――――



        , -―.―ー- ,
      ,,´.::::. . . . . . . . ..:::..`ヽ
     ./.; : : : : : : : : : : : : : : : : :.' ,
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
    ,'.::::::::::::::::i::!::::::/ i!,'ノリソリイ::::::::l
   ,イ|:::::::{千ヘ! i,ル' ィrサュ`_ .}::〈.ィハ
    .!リ!ヽ'ィrタ` i        j::::}  }
       {.´   |        iリ´イ
       '.    ヽ´       チ|
.        、.  、_, ‐-    . !イ
.        \   ‐     ,イ リ           (兄弟の中で、僕だけが何もない………)
          |\     ./   |
.        __」_`ー、´    |、____
         i`ー―--┬┬┬-===ニ`i
.   ____」 .┌─┐.|. ∥ | ┌─┐ ト、,___
:::::::::::::::::::::::::::ゝ└─┘.|. ∥ | └─┘_|:::::::::::
 、::::::::::::::::::::::::::`ー---┼∥┼---‐ ´::::::::::::::::
    ` 、:::::::::::::::::::::::::::::| ∥ |::::::::::::::::::::::::::::::::::
      .`ヽ;:::::::::::::::::::| ∥ |::::::::::::::::::::::::::::::::::

630 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:25:10 ID:ktnehK76
二26.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  理力魔法の才能に溢れ、若くして大魔導師位となった姉は王位継承権を放棄して
  魔法学院の要職に就いており、数年も経てば魔法学院長兼、宮廷魔導師長になるだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



             ,.-‐─ ─- 、
              ,r'"´  ,r'´ ̄`ヾヽ`ヽ、
          /   ,ィ二三二ヽヽV! \
           /  ,ィ⌒二ニ、_ヾ/  jリ,.-‐\
            / ,// ,イ    V   ,、--、r、, ゙i
        / ,// l ノ   ,fィイ ̄    リjノノノ
       ,/ ,ィr〈 リ ,イ_,イ」j/リ,,  ,,、、ィイノソ′
       / / Uj  }リ,!ーt;;ァミ:j t'テァィイ{
      ,/'´ ,イ |   l |´`" ´ .:::; `"´ ,'爪            「あたしゃ政治とか神様なんて勘弁さね。
     /  // /l  l | |    .:.::; '   / | ト、
    ,イ / / |   | | ト、  - ー‐ /L_」」__ト、 _        せっかく魔力持ちに生まれたんだ、
   //, イ,/  ノ  j | | \ ´ ̄ ,.イ{ ̄\ ̄ ̄ _ `ヽ      学院の方でのびのびやらせてもらうよ」
 '"´ ̄ ̄ノ  \|,イ| l | |,ィ^ヽ`ー‐'゙ ヾi!   \   ヾヽ \
  ̄\//!  \| | | リ/  ー=氷=‐ |    \  ! |   \    ┌─────────────┐
     V |    \| | | ト、`二>〉j〈二 ハ     /   | ト、        │フリート神聖王国 第一王女  │
     トイ二三二!,j | | \ 二ニ!ニ //ト、 ̄``ー┐ | | i  ,イ..    │シーマ=G=フリート       │
     | \ 弋イ | | |   ヾ``Y´,// j \    | jリ/ ,/ |      └─────────────┘

631 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:26:01 ID:ktnehK76
二27.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  兄弟の中で一番剣の腕が立つ次兄も早々に立ち位置をアナベルの補佐と決め、
  今では神殿に身を置き、聖騎士隊の隊長となっている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                _,,,,,....,,_  _,,,,,,_
               /、  ,. `´,.-_,,.ヽ、___
           _,,.-''_,,.-=ヾ | /_,∠_      ゙、
             //´./   ヽ/    ゙、、___ 、. ゙、
            r'///     i     ト、   ゙̄ヾ、
            l/ノ      ,l      i, `ヽ、_  ゙、i
         //./       / /i   i i   ゙、、  `ヽ、|
       // /      / / l   l ,l i   ゙、ヽ、  ゙ ゙i
       i'/,i'/ , /  ,. / / i'  ,il |゙、 'i,   ゙i,、 ゙ヽ、 l
        i! ノ´/ i'  //i' /' ,i'l  i.l |. ゙、 i,   i ゙i ゙、. ゙、l
       !/ / /  ,i'/、l/ i./li  i l | __,゙、i,   ゙ヾ、__、 ゙i
        ,'./i /  /、ヾ`ソ'i、 |. l=i l、‐‐,yi   Y r i゙、. |
.         l l l ./ /il   ̄ i'l i l l .!'i, ̄´゙i i i, | iy'lヾ,i
       !| l,/ ./i |i    i! l :゙i l   ゙、  .!|、. | l,. ノil |     「私はこの国を護る剣であればいい」
       ゙i! | ,'ノ i,、.    ノ ゙、i,      ! i, il/| | |,
        | ii' i、    ヽ  ヽ       l ノ | i i' |i
          ,i'i i! i./゙、.   ‐ -- 、      i'/i| | l l  |l
        //゙、、i'/ |゙、    ̄      /〃| | ! l. i l i     ┌─────────────┐
       i'l l i i'/iヽヽ、    ,,.-'",/./ヽ i, i  l゙i,      │フリート神聖王国 第二王子  │
       ,i'l i .i/;;; i;゙、゙ヽ ` - ''"// / i |;;;;\i i, l ゙i,     │ミリアルド=P=フリート     │
      ,i'l,,.-'/;;;;;゙i' l〉''y'^ヽ-'"-、_/-<  i';r,;;;;;;;;;\! ! i    .└─────────────┘
__,,,. -‐'''"   /;;r'' ;; l>::::‐‐(_)=-、:::::::i   | ,.'";;;;;;;;| |゙'''- .l,,_

632 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:27:01 ID:ktnehK76
二28.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  末子のリリーナなどは聖地に修行に行ったと思ったら
  よほど才能があったのか、第三位の司教になって帰ってきてしまった。

  さすが聖王家の血筋と褒め称える者が増えた反面、
  未だ第四位の三男が比べられてしまうのも仕方のない事なのだろうが―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                 , -─…─、‐-、
                  /  / `丶、ヽ >‐ 、
                /   /     ヽ/    \
             /  l/     厶ヘ     \l
               |/ //  /  ,イ , |   l   ヽ ヽl、
               l /| イl| ハ ハl   |ハ 、lヽl !}
               Y /冫l⊥ゝ_⊥Lヽ  ノ| /! /リ
                /ニY  =┬cミ   ,ニZ∠フノ
             ヽ く   `└’ ′  ' 、Lリノ/
            /ヽ-、        l、   l
           /..:::::::::::::l、       ノ    l、
          /..::::::::::::::::, l \   `=‐  /.::ヽ
         `ー 、::::::::::://ト 、ヽ、     /..::::::::::)
           \,イ | V ニ=〒┯テ\:::::::/            「私もミリアルド兄さんと共に
              ,レイ ゙、二_ l | |l ヽ `く              神殿へ身を置きましょう」
         , - '´ 〉 └--ヽ. ┤l|l ヽ`、イ丶、
      _,、-<   ゝ-' l /\||l l. l | Zイ ` ー ,、 _
     /    ヽ   (    l \ ヽ|| l  リ 〉 〉     l  ヽ
    |       ゙、  レ-、 _ l \\\ | //l rゝ   |   l     ┌─────────────┐
.   |      :    "/ ヽ`丶、 ` ヽ/' ノ l,ニゝ   |   |.     │フリート神聖王国 第二王女  │
   l    ',  ゙、   ヽへ._、丶  ∧   /       |   l.     │リリーナ=D=フリート      │
.   l      ',  ゙、  l     \  | | /  ==== l  |  l     └─────────────┘

635 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:28:07 ID:ktnehK76
二29.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  立ち位置が定まらずにやる気が空回りする事もあるが、
  こなせる事はしっかりこなしている彼自身も十八歳にして騎士団の一部隊を預かる身である。

  それが、七光りによるものだと揶揄されぬように手柄を焦る気持ちが少なからずあったコウは
  もう一つ息を吐いて気分を入れ替えると、じっと黙っていた従姉妹に視線を戻した。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



        _. -‐'' .二.¨ ̄ ̄¨''''ー- 、
      ,.-'´_,.‐''"   ゙~''^'ーニ、-、.._ ヽ
 .    ノ^"~           `ー-、`'''ヘ
      ノ|: i    l      i   ;  `^ヽ i
      |l i | | | l l .l | .l .l .| .l i    `|
      l.ト.{-ト|、| | | .l/イ}イ=ナ|/}イ l    |
       |} `,-‐、'リ|/ ‐ラ''‐-く ルヘ.   |
       | 、_(_j i   ,_(_j_,.    j .レヘ.|         「先程の黒ローブの件に戻るけど
     .  |    ノ      =   イ }'^i |          ミネバならどうする?」
        l.   ヽ.-.      ゙;  レf_,.イ
         ヽ  ー -―`   ,  i´./
         ヽ、  ゙゙      /   イ/
          リ`i:、____,.. イ __,,,....|__
  _,,,,,,,,,,,__,,,,..|二 ̄∥| ̄ ̄     _|..,,,____,,,,,,,,,,,_
 ´:::::::::::::::::::::::::::|‐┘ ∥| └‐┘  _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::`



                                               ,. -‐──‐-. 、
                                               ,. :´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ、
                                             /. . . . . . . .: : : : : : :<: : :.\
                                          /.    . . . . . : : : :`ヽ` : : : : ',
                                          { |: : : : : : : : : : ,: :l:l: : : :: :}: : : : :.:.l
                                       ト、|ヽ|: : : : : : :}: : /: //: :.}: .}ノ : : : : : |
                                         ',:\:\: : :_:ノ: :///:/ハ∧ミミヽ: : :|
                                         \: : : :.>メ、/ 、ノ,.イ:.=ァ トト、:_:: :,′
                       「私なら………」         ヽ:T{ヽヒ:.:ソ    ヒ:.:ソノノノlノ: : :,′
                                           ):: ト、' ' ' ,   ' ' ' ∧/: : :/
                                          ノ.: : :ヽ   _      ∧: V( (
                                            ̄(: : ゝ、 __ ` _,. イ: : :Vゝ
                                             `ソノ:.}、`Y´,. '´ Lく __
                                          ,. '´〈  「`ヽc〒_c / 7: :7: : `ヽ
                                          ∧: : :',: :i   lil    /: :/: : : : .∧
                                          / ∧: : :', | /⌒ヽ  /: :/: : : : /: : ',
                                        / /. : :ヽ: :.:| \__/ /: :/ : : :,.イ: : : :|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  エゥーゴ王家の一人娘でウラキの苦悩は理解できずとも、
  複雑そうな表情は見て取っていたミネバは突然の問いにそうですね、と小首を傾げてしばし。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

637 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:29:02 ID:ktnehK76
二30.
―――――――――――――――――――――
  半分ぬるくなっていた紅茶を一口飲んでから
  一言一言、思慮を巡らせながら答え―――
―――――――――――――――――――――



                -―‐- 、
            /      ⌒ヽ
          /           \',
        ′        } ハ ヽ
       i、乂_ ノノ/'/ / / / }ハ
        乂` ー=彡' 厶ィ / 厶イ'ノ
.        乂___/t_ッ ノ'"t_ッ`!イ
           ヾY八     ,    八
        ノノハト    -  イゝ       「まずは自分達で解決する方法を模索すると思います。
        `'ぐ /\ >-<´_
            /  `二Yーヽ\        ですが、自国で解決出来ない問題、
          r‐┴‐-ミ、ー へ  ∨}        どうしても大きな被害が出ると分かっているのであれば………」
          /〉     ` ー- ..}ハ
       〈 `ー―――… - >‐tiト
       }         イ   / 、 \
       ヽr―― <  /|   / , 〉 /
         /i       \ |/′// /               /
       /:∧      \Vl  //イ            /
.       /.:/  \      ヾ.   / .イ             /
     〈_/          }/! ´ \ r‐ 、     . (
       く__、      /、 ノ. -‐   ̄ Yノ―‐./ )
         ̄丁 \__/ ノ}       イi_./ r;:'ニ:ヽ、___,
         `Tニ>ニ\  ノ ノ  <ゝ-' /  |` ー 彡|旦i
           |       `ー=升´     ./  /!、._.___.;;!\
           |        //   .../    \`゙゙゙゙゙゙゙゙゙ /
           |       /    ./
           人         ./
            \      ./
             ` ー┬./
               /

640 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:30:01 ID:ktnehK76
二31.
―――――――――――――――――――――――――――
  これでどうかしら、と壁際の聖騎士に答え合わせを願った。
―――――――――――――――――――――――――――



               ,.  - ――- 、 _
           /         ヽ`丶、
           /             `ヽ  \
          /                 ミ    ヽ
        /            l  lヽl    ',
       i              | l l ||      l
       |              j l l j lハ     l
       l              ノノノ/リ/ハ 丶l  !
          !     、_ , ==≦彡 '´´ ', --ヽ、 リ j
        ',    _ トイフテlヽ   r ィフハ`=!´ /
        ',  / ヽ| ヽ==' '      `ニ ' リ) /
         ヽ l  トヽ _        ,     l/ /         「相応しい対価と可能な限りの協力を用意した上で、
            ヽ ヽ _ ニ、    、-,    ノ /               同盟国や英雄様に縋るのも一つの道かも知れません。
              ヽ   lヽ、   -   ,.イ〃
           }l!  ll}、_`丶 .._ ィ、イ|{            ねっ、アグリアス?」
          ノノ| ll リ`lr、ニ ー┬_'ィ|ヽヽ
      ,_- ニ、ー<ヽヘ ´ヽl-_ l`l !! F!-'´-、-、-r- 、
     /    `K、 ̄ ヽ` ー ヽ_ヽ!!!'7'ィ r―Tr1i  \
   //      l ヽ- ´  l ̄`ヽ-!/  l  ̄_ j lハ l 、ヽ〉



                                   ,.. ´::,,.. ヾ      `ミ、
                                γ  ! ヾ、    ヽ     ミ\
                                   / 〃 ヽ  ヽ ヽ          ヘ
                               /  /, ト、 ト、   、、 、       ヘ
                               レ. / И、\ヽ\弋ヽ、 ヘ       }
                                | .,'´ ヽ ヽ  ``斗ヘヘ    !    |
                                    ト: :fテァz、     ィラ〒7}  1|: : ∧
                                   ! :| じ'      じソノ{   |〃/ヽ}
                                   / :1          |   | /ヽ 》
                               /  :人          /   ,|《 彡 ヽ
 「はっ!?                       /  :::./\ 「 ̄ヽ   /    ∧彡,/゙\
                                 /    / ./.,>-、 -イ/    / :ヘ///ミ}\
  ………そそ、そうでありますね」.          /,/  γ´/  /r-ヘ_,イ    /: : : ヘ/ー-:.:∧ミヽ、
                               /   / / |/: : { 「 [_ /   /: : : : : :>-‐… ‐-、\
                            /   ,/ Ⅳ,/´: : :| | |/   /: : : : / /      ヘ
┌─────────────┐    /    ,〃// /::: : : / / /   /: : : : /  /         \
│アグリアス=オークス      │   ∠    /_ノ厶イ : :// /   /-‐…/  /           ヽ
│                    │   /    /; ; /   |//| /   1   ∧                 }
│エゥーゴ王国           │   1 ∧ ∧ /   /|/ヽ  1 .   |  . | |                  |
│グラナダ神殿所属の聖騎士  │   .レ  ∨ ソ1  / .|/  |\んイリW   |;|;1  ト   _ __     1
└─────────────┘      い::ヽヽ ! 1  |  |   |    ソ└ソ`┴一        ソ─┘



――――――――――――――――――――――――
  もちろん、警護中に話題を振られて驚いた彼女に
  異を唱えられる訳もなく、
――――――――――――――――――――――――

641 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:31:01 ID:ktnehK76
二32.
―――――――――――――――――――――――――――
  私的な場ならいざ知らず、いくら何でも無茶ぶりが過ぎると
  コウは笑ってしまう。
―――――――――――――――――――――――――――



            ,,〆" ´ ̄` ̄"''-..
           /          ."ヽ
          ./              \
         ノ               ヽ
         メ/ リ l / i  l l  ノ     |
        / トヽ|丶| /|/| | ノ ./ .ノ ノノ , , .|
         ヾj丶!.=! !, l リj / / // // ./
         (|.i  {┤ヽノ i/ .レへァ,ィ/ノ/  /
         l リ   ̄     ..,┴!   /ソ/丶
         ヽ|     /       | ノ. ノ
          丶    丶       j/_./           「おいおいミネバ、
          丶  r----┐    /レ             いきなり話を振っちゃアグリアスだって困るだろう」
          ,,イヽ  ヽ..__ ノ   / /./
        ∠   |\     / /./\
       //\ |  ヽ--- '"  /  .ヘ
  ___,,..\   レ        .// .ヽヽ
         \/ヘ.,        !ヘ  ./_
         / |  ̄"''----==' イ.ヽ/   ̄--...,,
         く  |         | ヽ



                                                   ,.  - ――- 、 _
                                               /         ヽ`丶、
                                               /             `ヽ  \
                                              /                 ミ    ヽ
                                            /            l  lヽl    ',
                                           i              | l l ||      l
                                           |              j l l j lハ     l
                                           l              ノノノ/リ/ハ 丶l  !
                                              !     、_ , ==≦彡 '´´ ', --ヽ、 リ j
                                            ',    _ トイフテlヽ   r ィフハ`=!´ /
                                            ',  / ヽ| ヽ==' '      `ニ ' リ) /
                      「ふふっ、そうでした」          ヽ l  トヽ _        ,     l/ /
                                                ヽ ヽ _ ニ、    、-,    ノ /
                                                  ヽ   lヽ、   -   ,.イ〃
                                               }l!  ll}、_`丶 .._ ィ、イ|{
                                              ノノ| ll リ`lr、ニ ー┬_'ィ|ヽヽ
                                          ,_- ニ、ー<ヽヘ ´ヽl-_ l`l !! F!-'´-、-、-r- 、
                                         /    `K、 ̄ ヽ` ー ヽ_ヽ!!!'7'ィ r―Tr1i  \
                                       //      l ヽ- ´  l ̄`ヽ-!/  l  ̄_ j lハ l 、ヽ〉

642 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:32:01 ID:ktnehK76
二33.


                                                       ゴゴゴゴゴ……

f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  実際、英雄殿ってのはどんな人なんだ?  ..|
|  僕ぐらいの年齢なんだろう?             |
乂___________________ ノ

                                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                |  ええ、確か御年十八と。 |
                                乂___________ ノ



                                            ,、r'''""""''''‐-、、,,
                                           /          "‐、
                                         /l:.:..::.:...   、ヽ、:.:. 、:.::.ヽ、
                                        /:.:..l:..i、:.ヽ、:.:..、ヽ ヽ:.:....:.、:;:.:.:.'、
                                      /イ/:./、:.:l、:.:ヽ、:.:ヽヽ:.:.ヽ.:.:.:.、:.:.... l
                                     /,゛i:./.:/ '、:l \ヽ\:.::\\ヽ:.:.:',:..:...l
                                     '゛ l:.l:..l_  ヽ  \--'r、:.\'、'、:.:.li:.:..l
                                       iリ、:l,ゝ、  '''゛ ,,、ェ-、 ゛'i-、:、ゝ:.l;l:.l
                                       ''、:.iイl;;.)    ゛ l;.;;;;ゝ .l:.:.l‐'i,,、:.ll:.l
                                         l:;l '゛     ー'゛ l:.:.l5 i、l:.:.lll、
                              .           lリ 、        .l:.:l ィ'゛ミ、lノ;ヽ
                              .           l:.ヽ `        ィ:.:.l l三ミ/ ノ
             (名声と言う名の期待が              l;.;ll'、  ̄`   ,,、r' l:.:.l l=テ'.:/:./ー、
              英雄殿を縛ってしまう………             l:.:.;ll ヽ、  ,ィ'゛,、、‐|:. l;.;.i、/.ノノ:.:./
                                           l:..:;l;l    ' ,;ii";.;.;.;.l:. l.;.;.;.:l、彡//:./、
              過度のそれは、裏切られた時に .          l ;l:l    {Iiil.;.;.;.;.;l .:l.;.;.;.;;.ヽ、///:..ヽ
              大きな落胆となってしまうのに)          l ;l;l    llli;.;.;;.;.;l:. l;.;;.;.;.;.;.;.;.ヽ,r' /、
                                          l .:.;;l,,、-、r'人;.;.;.;..l:.:.l,、r''"゛゛  ゛"'-、
                                         ノ;.;..;.l  ノ.;./ii;.;;;.;.ノ:.:. l.         ヽ
                                         /:.;.:.从‐ノソ、,,ll、..;./:..:. .l          ヽ
                                         /r;:.://ノi// ヾ、;.l:.:.  l彡         i



――――――――――――――――――――――――――――――――
  アグリアスは思う。

  いつも変わらず隣にある兄弟国とて
  時期や内情次第ではすみやかな協力が出来ない恐れもあるのに、
  風のように放浪している英雄に同様の助力を期待できるはずがない。

  勝手に期待して、勝手に信頼を損ねたと思い込む―――
  間に合わなかった英雄への陰口がやがて、
  彼らを揶揄するものに移り変わっていった事も古事にはあったはず、と。
――――――――――――――――――――――――――――――――

643 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:33:01 ID:ktnehK76
二34.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  あるいは、あの少年はそれすらも―――
  時代に選ばれた者しか持ち得ぬ縁を持つと言うのか。
  偶然に見せかけた大いなる宿命を背負わされ、それに導かれていると言うのか。

  その真価が問われる時が近いのかも知れないと思ったところで
  まず、彼女が気づき、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



  ゴゴゴゴゴゴ……
                                        ,. -──- 、
                                       /        `ヽ
                                       /              ヽ
                                    ,ハ        、     l  l:...|
                                     l:l\     ヽ ヽ   .l  l:.:.|
                                     l:l   \,. イ   l  } ノ:人
                                    !ミ  ´i::ノ人   V⌒).イ`ヽ\
                                    ヽ:l       ';  l _ノミミミヽ.: .ヽ\
                                        ,.小 __    ノ 「_⊥ミミ:ミミヽノ. :人
                                    / } ヽ __,. イ  /.:.:.:.:.:.トミミヽ彡'.:.ノハ
          「………むっ!?」                 / /  .:::::ノ/  /.:.:.:.:.:.:人ミ辷彡'ノノハハヽ,. -─- 、
                                  / /  ,. ィ´/ /.:;.ィ´/ /´  ̄ ̄``ヽ彡'ノノ´  ̄` `
                                    / / // / イ.::://:/  /        ヽ ̄``ヽミミミヽ
                                 l / / ./ / __」 イ/:::′./           j    `ミミヽ
                                 l/′/ / /    {::::l /          /`ヽ    ヽミヽ
                                  { 1 ´        ヽ:ヽ\ /`ー-----‐'   j!     ヽ
                                   Vハ          \\\ヽ     __ ,.. イ
                                   い::ヽ   _ _ _     爪 ミー __--‐‐イ{L_
                                  /ノ::::.:.::.`Y´.:.:::::::::::.``Y´.:.:.:/ヽ辷三二ニ彡人 `ヽ
                                /l.:.:.:::::::::.:.ノ. : : : :.: .: .: ;′.:./  ノ. :. :. :. :. :. ノ l1  j!
                               /     ̄`>.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::{  〈 .: .:. :.:.:.:.イ   l1 j!
                                〈      /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::(  「  ̄ ̄   1   リノ
                               /\   /l.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.\ L__ __ノ __ ノ
                                /   \/イ.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\辷ニ三シ'ノノ:.:L/l
                             /    / L.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /

645 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:34:02 ID:ktnehK76
二35.
――――――――――――――――――――――――――
  歓談に夢中になっていた王子達もほぼ同時に、
  耳に伝わってくる重低音に腰を浮かせて辺りを見回した。
――――――――――――――――――――――――――


ゴゴゴゴゴ………


        , -―.―ー- ,
      ,,´.::::. . . . . . . . ..:::..`ヽ
     ./.; : : : : : : : : : : : : : : : : :.' ,
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
    ,'.::::::::::::::::i::!::::::/ i!,'ノリソリイ::::::::l
   ,イ|:::::::{千ヘ! i,ル' ィrサュ`_ .}::〈.ィハ
    .!リ!ヽ'ィrタ` i        j::::}  }
       {.´   |        iリ´イ
       '.    ヽ´       チ|
.        、.  、_, ‐-    . !イ          「兄さん達だって聖騎士だし負けてないはず………
.        \   ‐     ,イ リ           って何だ、この音?」
          |\     ./   |
.        __」_`ー、´    |、____
         i`ー―--┬┬┬-===ニ`i
.   ____」 .┌─┐.|. ∥ | ┌─┐ ト、,___
:::::::::::::::::::::::::::ゝ└─┘.|. ∥ | └─┘_|:::::::::::
 、::::::::::::::::::::::::::`ー---┼∥┼---‐ ´::::::::::::::::
    ` 、:::::::::::::::::::::::::::::| ∥ |::::::::::::::::::::::::::::::::::
      .`ヽ;:::::::::::::::::::| ∥ |::::::::::::::::::::::::::::::::::



                                              /           i |          ヽ
                                            i            //          i
                                            ト、        / ,//∧          |
                                            ', \__∠ノノ/´   \、       |
                                             ゙、 丁, 三_   ヽ,.二三  i ,- 、   /
                                               ヽ i 、!Uj      lUj ,  } h } |   /
                                               }l         ̄  ノ イ_/  /
                          「………地鳴り?」          `1    ` _         }   /
                                                ヽ   ` ’      ジ   (
                                                 |:i\      _. ィ _>i | レ′
                                                   ̄`F寸斤一 i ´  レ'_____
                                             ,.ィ===ァオ「 |.リ   /   // ニ二 ̄
                                            //∧ ̄〕 \ヽ!_,∠ -'´ く_  //|

646 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:35:02 ID:ktnehK76
二36.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  窓際に走ったアナベルが窓を開けた途端、部屋の空気がビリビリと震え出す。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


          ┓┓         ┓┓         ┓┓         ┓┓
   ━━┃ ┛┛  ━━┃ ┛┛  ━━┃ ┛┛  ━━┃ ┛┛
       ┃           ┃           ┃           ┃      ┛ ┛ ┛
   ━━┛       ━━┛       ━━┛       ━━┛



                                              ______
                                          ,..r‐/  _,.. ="'"  ゙`‐-.、_
                                        //,/  /"  _,.. -―''" ̄ \
                                       ,イ i,/_,...〃-―'" ̄ ゙̄ヽ ̄ ̄`゙-:\
                                       .レ'ー''"           :i___   ゙ヽ
                                       l            !.   E二゙==-、_.i
                                       ;!   l        ヽ.  .!、 ゙̄ー-゙ヽ┤
                                      .j    ! !      _  ゙:   \ r‐==、,!
                                      ト-、_、!.;!__,._,.-=<,_      l k'._,rl l__    _,
                                      ゙ヽ ''┴Y =  ゙ー┴'       l l ,! .!l! ゙<二~、
             「いや!                      l  ̄ j  ヽ ̄         l l' ノノ、   ヾ\__
                                     .   !. /   )          l ト-'"ト\      \
              これは大気が震えているのだ!」    .   ヽ〈_,.:、-: '           l ,!  ヽ\゙     ヾ\
                                         ゙:.  r===,、        , l !   ゙ヽ \ヽ     \
                                         ト,.. トi___.)      /ノリ:     \ ヽ    ヾヾ
                                         l ハ `=‐'     ./ / ;!       ヽ____\
                                         リハ   ̄   _,..r'"  /
                                           ゝ----、''"     !
                                                 \



―――――――――――――――――――――――――――――
  肌で直接感じるほどの震動は明らかな異常を示している―――
―――――――――――――――――――――――――――――

647 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:36:01 ID:ktnehK76
二37.
――――――――――――――――――――――――――
  部屋が緊迫した空気に包まれるのとほぼ同時、
  談話室の扉が乱暴に開かれて衛兵が飛び込んできた。
――――――――――――――――――――――――――



   \      \ \     | ,,,--''''' ̄  | //_,,,,,,--┐ ..| /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l...\┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、   .|ィ-ァ| | 「 ̄   .|
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     // \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~.     )                 >
====┐ .||/ .| | |l.      | | |              <  ほ、報告しますッ!!  >
    ||  ||/ .| | '!      .| | |               <                 (
    ||  ||  | |         | | |               /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
――||―||  | |         | | |               |'.―|‐.| |-,,,,,__ |_,,,,
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |--'''' ̄|'''''--
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |‐-,_____|
    ||  ロ(()==|       .| | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /   .| | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..| \   ___|,,,,,,,,,,



――――――――――――――――――――――――――――
  聖王を含めた国王家の者と、国賓が歓談する場に
  一兵卒がノックも無しに駆け込んでくるなど通常はあり得ない。
――――――――――――――――――――――――――――

648 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:37:02 ID:ktnehK76
二38.
――――――――――――――――――――――
  そしてやはり、息せき切って現れた彼の報告は
  火急を告げるものだ。
――――――――――――――――――――――



        _,,......-........ ..、
      / ,,,,,,,- -- -.... _ `''ヽ、
     / /´       `'' 、`ヽ、
    ノ/              、 ゙i
   /                  ̄ヽ、
   /                   ゙i
   |   __,,.._...._               ,,..ヽ
   r‐‐‐'';;;;;;;;;;;;;;;;丶  ___......-‐‐''ニ二二゙i
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ニニ_ -r─''''' -、;;'〈
   |丶..---‐―''""` イ";;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ヽ;;ヘ
   | /\\       ヽ;;;;;;;;;;.r'´     ヘヘ          「物見の塔よりご報告します!
   |(⌒) ))......、    丶‐'´         ヘヘ
    |  ノ ノノ\ 、 `''''‐-、,,,,        / ヘ             ドドド、ドラゴンが!
     | ̄´    ヘ       ``'' ‐  //´  ヽ           北西から飛来したドラゴンが城塞の上に!」
     |ヘヘヘヘ    ヽ-------ィ  //     ヽ
    / ヘヘヘヘ _......_......_,,,,   //       /j
    |     ,'//////////7            ( )
    ヽ_ ,'丶       ´         ,r/
      ` ゙i...._、_____〈        //
   __/:::: :::::::::::::::::::::::: ''‐-......_.. |( )   ,―――--、
//    ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄\\      ヽ
/     '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     \\        ヽ
        \....:::::::::::::::::::::::::::::::/        \\     ヽ
         ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´



                /               `丶、
                /                  ヽ
              /                         ',
                l                        l
            |   l|          l             |
             |   l|        ヾヽヽ  l|〃,     |
           ,⊥、 くL_ , -─‐- 、 ヽ l| l l/〃,__--、  l、         「ドラゴン!?
            | lハ       ∠  ̄.\ ハV/ _ノ .ヽ、`/ i
             | ,ニ、i     ,ニ  `ニニ彡 >iヽ^ヽ`ニ´-、 lノ|         まさか邪竜か!?」
       , -、/l{ 〈_く   ^ ヽ-- '  r'  | l| `ー '^ レ' |
      ///  \ヽ_ノ \       / ヾ |   |     〉リ
  _, -‐ '///    ハ   i  |    / └- 、l /_\  /l∧_
 ̄   /   | |     l∧_ノl |  / / ̄_, ̄_,ニ、_,、_`V | l  ゙、_ ̄`ー─- .__
-┬…' " ̄| |      | ハ |  |   l/ /{´+ ̄+ ̄+ ) l | l|  ヽ   ̄|「¨ ' ー- 、_ ̄
 l|     //     |ハ |  \/ /  ` ̄ ̄ ̄ ´ |l / |   `、  |l       |l ̄
 l|     //     || ヽ\ /  l   ´ ̄ ̄`   〉 | l      ヽ.ニ!l-‐- .__|l_
 l| = =//      l ヽ  ヽ \  \    /ヘ、_/ l l/|     `、 ̄¨ ' ー- lL._
¨  ̄ ̄//        ∧     \ \  `  ̄l   l| V l|        ヽ
    //       _l l、    \ ヽ_」l_L⊥⊥」/ /|          ヽ
    //  _,..- ' ´   | |`、  ト\ `丶、 _ _/ ,、 / :|  「`丶 、   `、
   // /┌┐l¨| |¨||| \ ト、 `ー┐丶 | / /// ::|  | lヽ、 __`丶、 ゙、
  //  l | |l.|l. |||    \` ー \l | l/ / .:::|  | |  |l  l「 l l|  |



―――――――――――――――――――――――――――
  もちろんこの内容にその場の者達は耳を疑った。

  古来より飛行可能な―――つまり高位や中位の竜は、
  よほど怒らせない限りは人里を襲ったりしないはずなのだ。
―――――――――――――――――――――――――――

650 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:38:01 ID:ktnehK76
二39.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  それでも有史以来、幾度かはある竜の一方的な襲撃は
  ほとんど全て闇に身を堕とした邪竜の仕業である事も分かっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――



        ,,ィャイ!!.|| || 〃ルッ;;,,
.        yッヾ ii||| |||| | レルケレソゝ
...   / シ'            マモェ
.....  i ヨj       .      i.ヒニi
.....  | ヨ}        i       { モモi
.....  ヒ { rー-、,,,  |  _,,-ーヘ モモi
    ィヤ{  ニエヌ"'' ´`.r'´ヤオニ  }ソヘ
    i ^リ     j  | ヤ     ||^i !
    ヾ∥        | i.      || /
.     ∥      , l ,      .||         「ゆくぞコウ!
.    ||ヽ     __     ||ゝ
     ∥ ヽ   ´ー─ `     '|| `ヽ        父上とミネバはここに!」
     ∥  |ヽ   ¨¨      イ∥  ヾ
      |  | ヽ.        / |. |    ヾ
..     jkt   ヽ__/   |ti    ソ
.       {:;:;:;:;ヽ 、   ,,,, ィ:;:;:;:;:;}   ソ
.    _}:;:;ミ ヽ `iTi´ メ 彡:;:;:;{_ ソ
       ;:;:;:;ミ  ヽ-|-イ  彡:;:;:;:;ト ̄
.       ;:;:;:;丶、_|_ ノ:;:;:;:;:;:;:



                                                 , -―.―ー- ,
                                               ,,´.::::. . . . . . . . ..:::..`ヽ
                                              ./.; : : : : : : : : : : : : : : : : :.' ,
                                             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
                                             ,'.::::::::::::::::i::!::::::/ i!,'ノリソリイ::::::::l
                                            ,イ|:::::::{千ヘ! i,ル' ィrサュ`_ .}::〈.ィハ
                                             .!リ!ヽ'ィrタ` i        j::::}  }
                                                {.´   |        iリ´イ
                              「はいっ!」           '.    ヽ´       チ|
                                         .        、.  、_, ‐-    . !イ
                                         .        \   ‐     ,イ リ
                                                   |\     ./   |
                                         .        __」_`ー、´    |、____
                                                  i`ー―--┬┬┬-===ニ`i
                                         .   ____」 .┌─┐.|. ∥ | ┌─┐ ト、,___
                                         :::::::::::::::::::::::::::ゝ└─┘.|. ∥ | └─┘_|:::::::::::
                                          、::::::::::::::::::::::::::`ー---┼∥┼---‐ ´::::::::::::::::
                                             ` 、:::::::::::::::::::::::::::::| ∥ |::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                               .`ヽ;:::::::::::::::::::| ∥ |::::::::::::::::::::::::::::::::::

651 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:39:01 ID:ktnehK76
二40.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが。

  巨大な体躯による物理的な攻撃、竜の特性であるブレスや咆吼のみの
  破壊衝動に突き動かされた邪竜ではなく―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



.       :::::::::::::.::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                /
゙:::: ..    |   ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ―――ムヒヒヒヒ!
゙:::  \      /   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.       さあ人間共よ!泣き、叫き、絶望しなさい!―――
_::::::::    ◯      ―.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
゙::....  .          ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.... : /      \ .::::::゙/´〉,、     | ̄|rヘ :::.,,,,,,,,,,,,,
...::::  ../...   l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
_::::::::::::::::::::::|:::::::::: 二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
_::::::::::::::::::::::::::::::゙/__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
_::::::::::::::::::::::::::::::゙'´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
゙::::::::::::::::::::::′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,     .`             `ー-、__,|    `"
_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,"                 iヽ
''、:::::::::::::::::::::::::::::::::                     /ー、ハ
                           >::::ヤ、::ノ::::ヽ
                        ≦二_イ::::::ヽ、::<:::::ヽ
                      <二:::::≧::<::::::::弋oェ::::::::マ
                  ≦ニニ==メ┼--:::ヾムミー、_::::::::::l
                   ≦イ_:::::\⊥_::::::::::ソヤ  ヤムソ        >>………今ではない時、ここではない場所、
                  ∠三フ::::::::::::<::::::::::::::::::::::ヤ  ヤソ           何処にでもあり何処にもない
                 ∠三三::::::::::::::::::><、::::::::::>= ̄フー- ___     時空の狭間に眠る真竜に乞う………<<
              lヽ_イーュュ:::::,--、<   `ー、,--'' ¨ ´、_____/
            ト、_」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ/, -tイムl-、/:::`ヾ-,
           ,マ::::::::::::::::::::::::::::::___/    l  /  ヾ:::::::::::::|,ィl
          ,マ::::::/-::::::::::::::|´', ',メ:::ヽ、  ム  ヤ l_:::_:::::::::::|_
          」/::::,'::::::::i::::::::::ト/:::::::::::/ \   イ、   \|::::::::::::t
         |/::::::::,'::::::::i:::::::/:::::::::::::::::/  __〉  / ト、    ',::::::::::::ヾ
         У:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/ ,イ´   /  l::l     \:::::::::l
        /:::::::::::::::::::::::l:::::::::,ィイエ彡< ( ̄ /ヽ  リ      ',:::::::::ヽ
 ̄フー-‐'´ ̄7^',:::::::::::::イヽ:::::::ハ  r‐ィヽ〈`ー/  ∧イ≦、_     \::::::`ー-=ー-、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__
__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_
_|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__
__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_

652 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:40:14 ID:ktnehK76
二41.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  明確な意思と知恵を持ちそして、竜語魔法を扱う存在が人間の町を襲った前例は
  この世界数千年の歴史を紐解いても、古代魔法文明崩壊時の一時のみであると言うのに。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




    (⌒ヽ、
   ( ⌒ ≦__             ____
     ̄ ̄ ̄ ̄               _≧   ⌒) )
                     ̄ ̄ ̄ ―
                                          __ _
        _                                 ―=  ) )
       ( (⌒ =―                              ̄  ̄
         ̄ ̄
            △
   △      |王|,,,,
  ノ合|      ||甲□》___含合ヽ,,,,,,
  │;;;;|▲   | ̄|ヾ ̄ヾ:;:;:ヾ:;:;ヾl △┐......、、         ガヤガヤ            \この町を狙っているのか!?/
  │;;;;| |┌△田.lΠl△田.;;;;;;;;;;;亜│::∥、ΠΠ△,,,,
  │;;;;| |゚゚O||二|゚゚゚|''''''''''∥:::::::::::::::::::||亜 |゚゚゚|二||゚゚゚|:::::::|┐   \ドドドド、ドラゴンだああっ!?/      ザワザワ
 ┌iii7'''''''''''冖∥亜l_〔ニニ〕│||⌒|| 〔ニニ〕亜^^^^^lー、、;;;;;;┐
==lュ、   rl========lュ、柱].ミミミミミ |乂[柱]____i_             \うわああっ!なんだあれは!/
  rl=========ュ    ヽrl==========lュ...:;| | へ ヘ へ .|  ウワアアッ    キャーッ
  /          ∧    /         ヽ rl========lュ  rl=======lュ   rl=========lュ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;rl======
. /         /  ',rl===============lュ /        ヽ/       ヽ  /           ヽ rl=========lュ、/
/_____/__/             ∧__rl====================lュ    rl========================lュ___
三三 三三三|三/               /  ', 三/                   ∧   /                    ',=====
三三 三三三|::/__________/__, /                 /  ', /_____________  ',__
三三 三三三|'|三三三三三三三三三|::::::::::::/___________/__,|三三三三三三三三三三三三三三|三三

653 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:41:12 ID:ktnehK76
二42.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  西日を背負って城壁に座する巨大な存在がもっとも有名な―――
  実際に目にした事がある者は殆ど居なくとも、
  一目で分かるほどに有名な幻獣であると気付いた住人もそれなりに居た。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                ,、  _
                                            ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
                                            '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬
         ,、  _                                     '-' / /   .゛´   / /
     ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__                              //         //
     '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬           ,、  _               `´          `‐´
        '-' / /   .゛´   / / _      ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
       //         //        '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬
       `´          `‐´            '-' / /   .゛´   / /
                             //         //
                             `´          `‐´

 「ちょ!
  あれ、ドラゴンって奴じゃねぇのか!?」

                       「ドラゴンは知能が高く、
                        人間の共通語だって易々と解するはずです!

                       まずは話し合いをですね………!」


    /:::::::::::::_イ/l:::::::::::l::::\       /,:::::::::::::r::::::::::::::::::::::\
    i::::l:::::::/ r oヽ !::::/ノ!:::::::::ヽ     ノ'´ ,へ::::/l l丶!丶::::::::::::::::l
    l::::l£ヘl ` ´ !/ o j:::::::ll l     ,<´丶`´ol⌒l_o__l丶l:::::::::::::l
    i::::│  /´ `l `ノ--┘---、  ( ヽ`j┘l ̄ ,- 、   ノ-:::::::/
 ̄へ_υ/ 、   ̄ _../´:::::::::::::::::::::::::::`丶/ ` / 丶 l__ゝ   ,../ ノ
/´ /´ゝ`、 :::::丶/:::::::..____-- ̄`-- 、:::::\ /  丶____  i´、,. -- 、
\  l´  | :::::::/:::::::l::l     /,...__ 丶:::::\___┌`i┌´/ _,.-、  \
  /   \_/:::::::::l::l    _/ l´◯ ゝ 丶`ヽ  /, | j/ /__, l, - 、_ ヽ
./      │::::l::l  ,....._ /。`...._     ヽl    rソ    / / / / ノ_
        !::::卜 l´◯/  l´:::::::::`ヽ、   l     r----´ `´  -´  `
        ナ:::::\`´   l:::::::::_..-´ _l   |      `----、_ノ  `l |
___     !:::::::_.ゝ   ゝ''´ ,イ''´   /l           / ` ´ `´
::::::::::::::::`ト、   ゝ八 _..-´ ̄`丶.    , l l           i
::::::::::::::::::::::::::ヽ ( /´        `-ーイ  γヽ         \

654 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:42:01 ID:ktnehK76
二42.
――――――――――――――――――――――――――――
  また、外敵に対する知識を徹底的に教えられ、
  それらが出現した時の対応も骨の髄までたたき込まれている
  騎士団の反応も見事なまでに早かった。
――――――――――――――――――――――――――――



         mm
       // ///
     // ̄ ̄/        l^ニ二二二ニ^l
     ゝ   /n        |//   ヽ| l
    ,--l---、 丿       /─'     | l                ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
    /    /         l_____エニ| li               <                                 >
   /    /         |-i ,-、_  / Θ|          <  伝令!伝令!                      >
  /     |          | ll  `-'/i||||l          <  ブロッサム隊は至急王城へ集合せよ!     .>
  /     |          i /\ '´    |          <  これは訓練ではない!                  >
 /     |          /    \    )           <                              >
〈__,----'  ,_     (0)只(0)  -‐ ̄,――─、      <  ゼフィランサス隊とサイサリス隊は        >
 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ ̄ヘ  ̄'ヘ,---/ ̄ ̄ヘヽ    l/、.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\  ..<  東西の詰め所で王子達の指示を待て!    >
 ヘ;;;;;;;;;;ノ  /;;;;j   /_/::::::::::::::::::ヽ_,'´ ̄ヘ \.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヘ   .<                              >
/;;;;,,,,/  /;;;;;;;;|   ヘ;;;;\    /::::::::::::::::::::ヘ::::\.;.;.;.;.;/  <  繰り返す!これは訓練ではない!        >
`ヽ____/;;;;;;;;/    ヘ;;;;;;;ヽ......./_______/\/j    <                            >
         ヽ___l;;;;;;;;/      ∧     /   |      Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
               `l ヘ,,,-‐'´ ̄´  ̄ ̄\/ヘ_/
                ヘ            l j  /丿--、_     人人人人人人人人人人人人人
                                          <                   >
                                         <  馬鹿野郎!          >
                                         <  言われなくても分かってる! >
                                          <                   >
                                           Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`

655 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:43:04 ID:ktnehK76
二43.



                                          ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
                                           )
                                        ‐=、´  休暇中の者も招集しろぉっ!!!
                                          )
                                         , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ
  ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ         /|
 <                             >   \_WW/ |WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
<  デンドロビウム隊は北の詰め所に集合!   .>  ≫                               ≪
<  神殿のステイメン隊、オーキス隊と合流!    >  ≫ 冒険者養成学校の教職員にも協力を要請しろ! ≪
 <                             >   ≫ 総力戦だ!!!                     ≪
   Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY     ≫                               ≪
                                   /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM、\
 ┼┼" ┼┼"  ┼┼" ┼┼"  ┼┼" ┼┼"
   /     /     /     /     /     /  ツ
                _ ,,..               _ ,,..              _ ,,..
              ..-,'冫'''' _ヘ、           ..-,'冫'''' _ヘ、          ..-,'冫'''' _ヘ、
             ./  ' '     ヽ         ./  ' '     ヽ        ./  ' '     ヽ
             l_____エニ│         l_____エニ│        l_____エニ│
             l―――‐, Θ│         l―――‐, Θ│        l―――‐, Θ│
            ヘ‐゙| /´‐-',-'l  |         ヘ‐゙| /´‐-',-'l  |        ヘ‐゙| /´‐-',-'l  |
        ....-ー-../ へ ‐'´  j  |      ....-ー-../ へ ‐'´  j  |    ....-ー-../ へ ‐'´  j  |
      ,/′   (O)只(O) iiiiiiiノヽ,――-、   (O)只(O) iiiiiiiノヽ,――-、  (O)只(O) iiiiiiiノヽ,――-、
      \       ,'`'─、―' ̄/ / |       ヽ   ∩、―' ̄/ / |      ヽ   ∩―' ̄/ / |       ヽ   ∩
     ..-´  ̄ ̄ ̄i /   `i''''''´    ``ー---―───┐`i''''''´    ``ー---―───┐''''''´    ``ー---―───┐
   /ヽ---,,  ,--' /     ,'   」'' ̄'―、mm     ‐∃コ,'   」'' ̄'―、mm     ‐∃コ   」'' ̄'―、mm     ‐∃コ
  / _// `丶、  |______,'"二二二ェュ〈〈〈〈〈――\―┘'"二二二ェュ〈〈〈〈〈――\―┘二二二ェュ〈〈〈〈〈――\―┘
  { \|      `i   /三Βヘ__/< ´ / `'''‐-ヽ/三Βヘ__/< ´ / `'''‐-ヽ三Βヘ__/< ´ / `'''‐-ヽ
  'ヘ__/'''‐-、__/ー―‐'Β  `''''‐--- | ` 、     lヽl'Β  `''''‐--- | ` 、     lヽlΒ  `''''‐--- | ` 、     lヽl
            ヽt_┘_        /ヽ、 `ー..、..../i┘_        /ヽ、 `ー..、..../i_        /ヽ、 `ー..、..../i
            _ノ '´i i i iヽ___....r ∧ |    `'K,,..r′ i iヽ___....r ∧ |    `'K,,..r′ iヽ___....r ∧ |    `'K,,..r′
            | ̄|-冖冖‐|  |冂‐| ̄|    | ̄|-冖冖‐|  |冂‐| ̄|   | ̄|-冖冖‐|  |冂‐| ̄|



―――――――――――――――――――――――――――――――
  巡回中だった衛兵、詰め所にいた騎士、休暇を楽しんでいた者から
  神殿、学院など国営の施設全てにその意思は伝わっており、
―――――――――――――――――――――――――――――――

656 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:44:02 ID:ktnehK76
二44.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  慌ただしく街路を行き交う彼らの様子に、
  北西側でない区画の住民達も緊急事態と知って家に駆け戻って行く。
―――――――――――――――――――――――――――――――



  ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
 <                             >
<  ガーベラ隊!                       >
<  南の詰め所で学院のテトラ隊と合流!       >   ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
<  すでにシーマ王女は現地入りしているぞ、   >  <                             >
<  これ以上遅れるな!                > <  付近の住民には避難命令が出ています!   >
 <                             >  <  西、北地区の皆さんは至急東、南地区へ    .>
   Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY    <  避難して下さい!!                 >
                                   <                             >
                                     Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY

「おい、何事だ!?」

             「西側の城壁になんか出たってよ!」


                              「かーちゃんが心配だ、
                               俺は家に戻るぜ!」

                      「俺も戻る!」
      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'

657 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:45:02 ID:ktnehK76
二45.
―――――――――――――――――――――
  たまたま逗留していた冒険者や、
  この町を活動拠点としている冒険者―――
―――――――――――――――――――――



     V/////            /  \ / ヽ V/////
      V///             i  /,、\ i } Y⌒Y
      ト/        r‐----‐i ' , ヽ'´ `/ / // X}
      /≧ト、       lニニニニl   `  _ / _ ィ≦ハ
      ト:、ニニニ==‐--  ___  ---‐=ニニニニィ::i
      /.::::イ` ‐-ニ二_ニニニニニニニニニニニ=-ァ'ヽ::::',::\
  , -.:/.::::/ |i    / 三ニi Tiー‐‐ァ ニ二_´ヽ     !  !、:::::',::」_
 /.:::::/.::::ハ i    /爪_ノニi! l !  / 爪_ノ|/ト、   ′ i,ハ::::ヽ::::ヽ
 {::::{ ゞ-'}::::} !ヽ   i/ l:.:.じ:.:|ヽ| /    l:.:じ:.:} i}', .′ .ハ::::{ヽ:_} }::::i
 ',::::゙ー .‐':::ハ \ |  ゞ-‐ '  ´ :}     ゞ - '   |/   ' ',:::ゝ-‐'::::ノ
  ` ー-‐ ´   ',   ∧ :.:.:.:.:.:.:.   '    .:.:.:.:.:.:. /|  ∧  7 ‐‐ ´
            ',   |へ               .ィ |  / .ヽ/         「なんかドラゴンって言ってるよ!
         |',  !::::::::> .   ‘ ’    . <::::::::| /:ト、
        /ヽヽ.|::::::::::::::::::::>.-<::::::::::::::::::::: !./:/  ` 、         逃げた方が良くない!?」
       . ´    >`_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ'´、    ヽ
        i ',   {//:{ `ヽ:::○::::::::::::::::::::::○:::,r''´ ///    /  i
        | ヽ  V/∧  {::::::::::::::::::::::::::::::::::::}   ///    /  |
       |  ',  V/∧ ` ̄ ̄¨¨¨¨ ̄ ̄´  ///    /   .i



             /::::::::::::::::::::://⌒´ ヾミ::::::::::::::::`ヽ、
           /::::/:::::;:イ//  _____  ミ::::::::::::::::::ヘ
.       /:::::::/::::./ // ∠才´ ̄`  ミ:::::::::::::::.∧
      /イ::::::/::::/ //∠才777ハr=;,、 ミ:::::::::::::::::∧
      / /::::::/i:::// 厶////////}  `\:::::::::::::::::∧
.     / !:::::/!/≧、_{//////////     シ⌒ヽ::::::j
        |:::/ハ///    V///////      ハ ,!::::::|
        |:/ i{//    ` ー一 ´       ).:/ /::::::.,'
        i′ V´  -、                ノ::::::/          「馬鹿野郎!
          !    ノ               ''"´  ̄  ̄`ヽ         ここには俺の母校があるんだよ!」
           ゝ‐'´   _      ,.'"´          ヽ_
            '、 'ニ二 `  ∠_  -─ ──  ̄ ̄二二ニ ヽ_
              ',    ∠´        . :.: .: .: .:. :. :. :. :. :. :.
             _⊥ '"´        . :. :. :.: .: .: .:. :. :.: .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        _ '"´          . :. :. :.: .: .: .:. :. :.: .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      '"´           . :. :. :.: .: .: .:. :. :.: .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:
   , .:.:´         .:. :. :. :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::
.   /    ̄`ヽ   . :. :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::
  /        ヽ. .: .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

658 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:46:01 ID:ktnehK76
二46.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  冒険者養成学校に所属する卵達も自分達の判断で動き始めていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――



.               /:.:.:.:,:.:.:.:.':.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              ,..イ:.:,:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ'、
         -'‐ '.,イ:.:.:.:.:.:.:.:,:.:':.:.:./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
.             ,'.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:,:':.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.、:.:.、:.:.:.:.:.ヽハ
          ,'.:.:.:.:.:.:,:':.:.:.:.:.:.i´:.:.:.:.:.:.i:.:',:.:.:.:.:.:.、:.:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ
.            ,'.:.:.:.:.,:':.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.!:.:.N:.:.:.:.:.:ゝ:.:.ヽ:.:.:ヽ,'
           i:.:.:.::/i:.:.:.:.::.:.:.,:.ハ:.:.:.:.:.:i、:.i ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ハ:._:ミ
            i:.:.:./ .!:.:.:.:.:., 'i/ミぇx:.:.:.:.、,、xィタzx:.:.:.ヽ:.ハ. リ
           i:.:.,'  !:.:. ,.'.i  乂ヅ`ヽ:.:.、" 乂ツ ヽ:.ハト乂
.            i:.,  i:.:.:ハ.!     l ヽ:、      ヽ、`
            i;   i:.;'  !     ,'          斤ハ          「ドラゴン………?」
             i,'   、    `         /
                  \  ´ ̄ `   , イ i
                       iヽ      ,. ' , i-、
                    /:.:! i.`  '     ,  |:.:.:ヽ
                    /:.:.:.,:.i  ヽ    , '  .i/:.:.:.\
              ,..イ:.:.:.:.:.:/'´     , '    /:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、
            ,.....:.:.'/:.:.:.::.:.:.:./      , '     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.`:....、
.     ,.ィ.:':.:´:.:.:.:.:,:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄¨''‐、  ,-‐‐''¨フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..i:.:.:.:.:::.:.:.`:.':.‐



 /    //   /              \::.......:::::::::::|
/  .:::://  .:/  |  .:. :::....  :::`ヽ、:.. \:....\::::ヽ::::::|
  .:::/ /  .:::/ .::j  ..::::| :::|::::..ヽ :::::::ヽ;:::. \_:::ヽ:::::ヽ」
 .::/! /  .::::/ .::::/  .::::::| :::|l::::::::::ヽ :::::::::ヽ:::::::l::`ヽ、::::::::|
.:::/ | | ..::::::| .:::/|  :::::::| :::| `ヽ、::::ヽ :::::::::ヽ::::ヽYィニヽ:::|
::/ .|.:| .:::::::| ::/ l  ::::::::|ヽ ::ヽ _>、ヽ\:::::::l::::::ヽ! 〉 }〈--、
′ |::| ::::::∧::|ヽ、! :..:::::::| 入::ヽ∠ ̄ヽ!`゙ヽ:::ト、::::∨7/:::/\ヽ
  j/|:! :::::∧ヽ!,ィ=ヘ :::::::::レ ー'´メ:::::7'ヾ、  ヽ:| ヽ;:::V/::::|   ヽヽ-、_
  ! |:! ::::|`ヽ|」{::::(_,ト、::::::| ̄  ' {::ィ:`‐イ    !  ヽ::';::レー、.  | | |、
   || ::|   ', ヾj::ノ j\::! ::::::...`ー'´ノ     | ヽレ!::::::::\| | ||      「ヒイロ!
     ヽ:|   l `ー‐'´ } ヽ!      ̄         |  y'::::::::::::::| | l|       早く学校に戻って
        rヘ    ノ                /  /:::::::::::::::/ j ||       先生達の指示を貰いましょう!」
        / ハ   `ー、 ` __,. -ュ       / /::::::::::::::::/ / j.|
      / | | ヽ、    `T┬‐'′}       / /:::::::::::::::::/ / / |
      / | | | |`ヽ、  Vl__,ィ/    /  /:::::::::::::::::/ / / .|/
      〈  | ト-| |: : : :lヽ、`ニ´   /─‐'´::::::::::::::::::::/ / /  /|::
      |  ヽ|  | |: : : :|:::::`ー‐ ''´::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /  / |::



――――――――
  だが―――
――――――――

661 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:47:11 ID:ktnehK76
二47.



                                            
                                                 

                                             ―――おおっと、全力は駄目ですよ!
                                                 殲滅が目的ではありませんので。
                                  ,..ィ 、_                 ヒーッヒッヒッヒ!!!――――
               /  /          ,.'" ´⌒`ヽ......._...../
         lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、..     〈wト,、_ l:: :: i'.Ю``ヽー─‐- 、__
        ∠,,、 -z    ,r――― ''"        ゞ,、 リレメ、_ェ_、`ー''l|ヽ.ミ三'"´´
        、 '"´,、ィ   /              、 'ゝ,、"レノ'|ヾ、.:: l:: ::`<´
       、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":.}_,ィト、!r'"`メ、:: :: ゙..l      >>ストナー………<<
    、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  ,-'"イ,〉/'ノ    〉、.._゙、
    | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´.   'イ´>`'/   /ヽ:: ::`ヽ                 |^l
    '´     / /l/     .,/,_ |   '´    ,、メィ>'/ ,ィ、'"´:: :: ヽ:: ヽ ヽ   ;‐i          /'''',,,," 彡
         //        .l_,'" | .|     lニ ニヾ、´ __/  ヾ..、:: :: ヽ:: :: l .l....lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
                         {_,l゙    .〈/!_|   `二  、   j``ヽ、:: |:: ::l| :|...〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
                                   |:: ::`ー、 ヽノ:: ::l|:: ::| |:: ::l|::|.       〈/!_|   .l_,'" | .|
                                    ヽ:: _ヽ:: ::l:: :: l|:: ::||:: /':: |、                {_,l゙
                                   ,.ィ'´-、ヽヽ:: ヽ:: ヽ l| ///) ``ヽ、_
.... j`ヽ                        ,..ィ'"´:: :: :: ):: )>:: ::メ、:: ::ll|/ ヽノ、:: :: :: :: `ヽ、   _,イ、
.... ヽ:: ヽィ゙、                   ,.-'":: :: :: :: ,.ィ'"ノ' r'"´_ ノ l  ヽ/ィ、>、、、、:: :: `ヽ´、   リル、ィjl
...... |:: :: :: : !ェ、i、Ajトィ、,、、 .ト、 ,イ`ー'⌒ー‐',/:: :: _,、ィェイjィ-'"´ノ/二二ニ' ゝ二ヽ、`ヽ_"`‐'='ニiェェ、、`ヽ.     ゙`'`ツ、_     __
...... |:: :: :: :: : !        "    ,イ'":: ,ィェニィ'"´:: :: ::,.ィ'"/三二ニ=イト イ、ニコlr‐"、 `ヽ、_:: :: _,ィ´ヾl:: |         `メ,.  ,、〉ヽ
    |:: :: :: :: : |               {:: :: 、 i:: `ヽ、__,./   /ミ==-‐フ、 ,ィ、ニ/   ヽ.    ̄ソ/:: ::/、 l          V':: ゙:: ::/
.   ヽ:: :: :: :: :: {            j:: :: :: }ミ{:: :: /   / ヽ、_三三シ〉 /ミシ´    `、     〉 /,r─,ヽ.         /:: :: ゙´!
: ヽ  ヽ.:: :: :: :: :: ゙.          /:: :: fニ二ヽ/   /:: :: :: :: `ヽ.─ト、/ヽ、_     ヽ.  /:: モニ二イ:: !        /:: :: :: ::j
_r-Vヽ 、:: :: :: :: :: :;         |:: :: :ニ二、-イ、  /:: :: :: :: :: :: ::_ヽ:: ::ヽ:: :: ::`ヽ     ヽ. ヽ:: ニ二ニ':: :|         /:: :: :: /
ヽ/`ヾヽ ヽ.:: :: :: : : i            |:: :: :: ヾ、二/ノ /:: :: :: :: :: ::-‐'/ /:: /`ヽ-、:: ヽ     \ ヽ ヾニイ':: :.|       /:: :: : /
. ヽ/` ̄>、_゙、:: :: :: ::ヽ        |:: :: :: :: ヽイ/l /、_ _, -‐'"/´:: `//_:: :: :: :: ヽヽ      ヘl:: ヽ'ノ!:: :: :|      /:: :: ::/
.゙ゝ':: :/:: :: >‐、:: :: :: :: ヽ.       |:: :: :: ::ミミ|メ' /:: :: /=-ァ─'''''''"´ヽ:: ``ゝ:: ,.-‐'         ヽ:: ヘ':: :: :: |    ,.イ:: :: :: /
゙`‐、/:: :: _,/:: :: 〉、:: :: :: :\      |:: :: :: :: ミメ/:: ::/´`ヽ/       l:: /:: /´          ゙、 ミソ:: :: : .   /:: :: :: /´
......``ヽ/_/_,.>、:: :: :: :: \    |:: :: :: :: ヾ,':: メ            {:: 〉:: ::l            ゙.:: l':: :: :: ヽ/:: :: :: /
.       ``゙ー‐-=、_ヽ.:: :: :: :: ::\__/l:: :: :: :: :: |:: l `           /:: .':: :: ヽ.           ヽ !:: :: :: :: l:: :: :: /
.              ヽ、:: :: :: :: :: l/ヽ/ヽ、r' ヽlィ 、            ヽ:: :: :: :: `ヽー、         ! レ´`ニニ、ヽ、_ノ_
                  ゝ、_ /´/:: | ./゙、:: !:: /ヽl ||            ヽ、_____ヽ ゙l        |:: :: :: /  ヽ ヽ `ト
                      | /_j 〈  〉 |:: ! l|r.|'                   `'        ``ヽ、_>、 |ノ_>、 ||
                      '´  `ー゙. |'"``ヽ.l|                                   `    ゙'

664 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:48:07 ID:ktnehK76
二48.



 /して   )⌒! ilゝて
../   (  ノ  )/  コ _________________________
((    \Wl レ/l /                                                _,,、    ....,,r
..ヽ  il´ ̄ ヽ,,/ !V                                     __,,,,,.... --ー¬'''"゙ ̄゛    _,,llll゙゙゛
.. il l'                                _,,,,,,......--ー¬'''゙゙゙゙´                ゙゙~_,,iiilll゙゙
.....」 l____  )し'\.           __,,,,,.... --―'''''''^゙ ̄゛             >>サンシャイン!<<´._,,iiill゙゙´
゙``l  - 、,, ̄     { --ー¬'''゙゙ ̄´                                      .,,,illll゙″
.-...l li   \  (                                  __,,,lllllll゙゙゙゙´    .,,,iill゙゙゛
.. il  l     ⌒´       ,                     ;:;:.............._,,,,illllll゙゙゙”゛      ._,,iil!゙´
.. ノ 丶......,         __,,,,;;;;=;;      ;...................;..;;;;;...__,,,,,llllllll゙゙゙゙~゛           ,,,ill゙゙´       ./
.....ゝ  ゝ ;;;;;;;;;;__,,,,iiiiillllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiillllllllllllilliiiiiiiiiiiiii!!!!!゙゙゙″           _,iill゙゙゛        /
;;;; ヽ  / iiiiiiillllllliillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!!!゙゙゙゙゙゙ ̄               _,iiil!゙´         /
iiiiiiiii゙ー' lllllllllllllllllllllll!!!!!!!!!!!!!゙゙゙゙゙゙ ̄                          ,,,iii!!゙″           /
llllll!!!!!!!!゙゙゙゙゙゙ ̄゛                                  ,,,iill!!゙゛   ( )       /
                                         ,,iiil!!゙゙". {⌒---' ー'ヽ        /``ーュ゙‐
                                        ,,iill!!゙,〆   ^^ ̄才⌒´      {     /
                                   ,,iilllllll!l゙゛    入/ ||           {,,_   y
                                    ,,iilllll!!゙゙゛.     ゝ ノ  { )            ̄ヘて
                                   ,,iilllll!゙´              /      /     \      ,, ‐"
                              ,,iillll!!゙´.  ..;:           . /      ./     /.      ,, ‐",, "
                             ,,iilllll!!゙丶 ....;            /       ./     l    ,, ‐" ,, ‐"
                              _,iilllll!゙゙丶....;.;              /       /゙、ヘ  ,,ィ ,, ‐" ,, ‐"
                            ,,iillllll!!゙゙´;;;.;.;;;;: -゛        /       、/  `" "´ ,, ‐"
                           ,,iillllll!!゙丶;;;;;;.;;;;: /          /        ./゙)      /
                      ,,iilllll!!゙゙_./ ;;;;;;;.; /             /        / . つ  _/`
                    ,,iiillll!!ll,iilll゙´;;;;;;.; /             /           /   ´ ̄./
                  ,,,iillllllllllll!!゙´.;;;;;;.; ,./             /         ./       l
                ,,,iillllllllllllllllllll,i+;;;. ./          /         /       /
              ,,,iilllllllllllllllllllll!!゙´;;. ./             /          /       ./

665 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:49:01 ID:ktnehK76
二49.
―――――――――――――――――――――――――――――
  妖精の月三十日。

  損壊した時計塔の針は午後四時二十五分で動きを止めていた。
―――――――――――――――――――――――――――――



   (::::::::::(      ⌒   ) ノ   ),ノ/"'|;;:::: |"""""" /         ヽ、人从人ノ'ノ
    (ソ:::::::⌒        ノ )人人ノ/"""/::::::::::ヘ"""/       ,     |:::::::: |"""""""""
    (::::::::::     /`ヽ )ノ |;;:::: | """""""""""" /    ,         /'|:::::::: |""""""""
      ヽ(::::::::    ノ  )  |;;:::: |""""""""""""/              /"'|:::::::: |"""""""
    `   ,(ヽ(:::::::   ) ソノ'   |;;:::: |""""""""""/       ∧∧     /"'''|:::::::: |""""""
       ヽ(::::::::   )ノ'  /|;;:::: |""""""""/ ∧∧    (,,   ゚)    /""'''|:::::::: |"""""
 , `     ,ヽ从人/ノ'  /"'''|;;:::: |""""""/  (* ゚o)つ⊂/ つ   , /""""|:::::::: |,""""
    `   ,  |;;:::: |  /""'''/::::.....ヘ""""/    / つ   ~( ,ノつ    /"""" /:::::::::: ヘ"""
           |;;:::: |/"""""""""""" / :  : ~( ,ノつ :  : (/ :  :  /"""""""""""""""
   `  ,    |;;:::: |"""""""""""" /: : : : : (/ : : : : : : :  /"""""""""""""""
           |;;:::: |"""""""""" / : : : : : θ : : : : : : : : : : : :θ : : : :/"" (:::: ⌒    へ⌒へ )
    `  , /|;;:::: |"""""""" /: : : : : : : : : :θ: : : : : : :θ: : : : : : : /"" (::: ⌒ へ   ) ソ   )
 , ` ,  ./""|;;:::: |"""""" /:::::::::::::::::::θ::::::::::::::::::::::::::::::::::θ:::::::::::/"" (:::::::へ::::::::::         )
     /""""|;;:::: |"""" /:::::::::::::::::::::::::::::θ::::::::::::::::::θ::::::::::::::::::::/"" (::::: (::::::::    \  へ  )
    /"""""'''|;;:::: |"" /::::::::::::::::::::::θ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::θ:::::::::::/"""(:::: ( (:::::::::: ⌒      )

667 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:50:01 ID:ktnehK76
二50.
――――――――――
  その瞬間―――
――――――――――



ニニニニ .∧∧   ニニニニニニニ  ∧_∧ っ.っ  `ー'  \ニニニニニニ゙.| ..:;|
i^i.i^ii^i.i  (゚Д゚;)0  .i^i.i^ii^i.i^i.i^i.i^ii (.;・∀・) .^i | | ̄ ̄ ̄|i^i.i^i.i^i.i^i.i^ji| ..:;|
`´`´`´`´(|  r´ . `´`´`´`´`´`´`´`と    つ ´ | |      |`´`´`´.`´`´'| ..:;|
 ̄ ̄ ̄ ̄と_) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  人  Y   ̄ ゙`ー-----'' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ..:;|
        ヽ)            し' (_)                  | ..:;|
              ∧_∧                              | ..:;|
             (   ;´)                             | ..:;|
              し,ヘ Jヽ                             ,、--| ..:;|-
二二二二二二二二二(_)二二二二二二二二二二二二二二二二二、\ `ー'
i^i.i^ii^i.i^i.i^i.i^ii^i.i^ii^i.i^i.i^ii^i.i^i.i^i.i^ii^i.i^ii^i.i^i.i^i.i^ii^i.i^i.i^ii^i.i^i.i^ii^i.i^ii^j | | ̄ ̄
`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´`´.| |
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 | |
、'  |l   ||   l|\___\    ___ ___       \l  __     \ |

668 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:51:02 ID:ktnehK76
二51.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  事後推計ではあるが、二千人を超える犠牲者が一瞬にして消滅した事になる。

  邪竜―――否、魔竜と呼ぶべき存在の攻撃は、
  月末でごった返していた大市場に直撃したのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



   \_人_人∧从_人_∧_人_从_// `'-、 . \
     )                  >-..、 `'-、
   <  うわあああああっ!?  >  `''         ,,..、
    <                 ( .`゙'ー .._        ! ..l                       /゙゙゙'、
    ../^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^゙''ー ,,         .,!  ."'''''!!'                   │ │
       .  ̄"'''―- ....,,,,_         `゙'''‐       ...-‐'"゛      ゙;     /^''i .,,....、        ゙l  !
  .____、            ̄"'''―- ....,,,,_      .l      ./ '''ッ  .!   .i¬|.  |,i"._  l           !  .,!
_____ ̄ ゙゙゙̄''''''''''――--..........,,,,,,___        .ヽ,,.. ,  /  . l  |   l  .l  ゛ / ! .!          |  !
     . ̄ ̄ ゙゙゙゙̄''''''''''''¬――---.... 二......、      ./  /  ,!  l    .!  .!  l .,! .|        !  .,!
  ー――――――――――――――ー _      ./  ../  . l   !    l  l,,,,ノ l゙  l゙          |  !
  ――――'''''''''''''''''''''''''''"゙゙゙゙゙,゙,゙,゙,゙,゙二二 ̄      ./   ./  ./  /     .!、 .|  /   !           ゝ..ゞ
  ........ --――''''''''''''"゙゙゙ ̄ ̄゛___,,,,.... --ー'''''    ./    `'―′  l      . `゛,./   ./        ,i--、
      . ___,,,,.... --ー'''''''"゙ ̄゛  . _,,,,.. -ー''    .ヽ___ノ \    /       r'"   ./          !  |
  ''''''゙゙ ̄゛      . _,,,.. -ー''二ニ-ー'''"´  .,,,..         `'--ヾ          \....-"             \ノ
     ._,,,,.. -ー''''゙゙,゙,,.. -ー'''"´    _,, ‐''"゛._.. ‐
ー''''^゙´._,,,.. -ー'''"´      _,, ‐''"゛ _.. -'彡  _
 ‐'''"´       . _,, ー''゙´  . _.. -'',゙ン'"゛ _..-'",..‐                       ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
       _,, ‐''"゛ /| ._.. -''゙,゙..-'"゛ _..-'"._..-'´ .,/ /                     )
  .,,, ー''"  \_WW/ |WWWWWWWWWWWWW//  ./                ‐=、´   キャアアアアアッ!!!
      _..≫                   ≪ ./                       )
  _,, -'"゛ ,≫  助けてくれえええっ!!   ≪/ ./ / /        ,i      │, '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ
'''″ _..-'"´ ≫                   ≪ / ./ . / ./ . /   .l !  .、   | 、.!   'i...l. 、 .ヽ.ヽ .\
  : ″   . ,/MMMMMMMMMMMMMMMMM、\/ / . / ./  ./  / l ,!  │ | .| .!│ l l l ヽ l.  ヽ.ヽ  \
    ._..-'"   ., /     /  /゛ /   ,./   / /  / /  ./  /  i" ! .i  ! |  |│ ! l .l .l ヽ .ヽ  ヽ ヽ.
  : ''"   ,..-'´    .,/゛ /  /   ./   ./  /  / /   /  ./ f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ ヽ  .ヽ ."
     '"゛    . /   /  /   /    / ./  ./ . /  ./  ./  .|  も、もう駄目だ………   |. ヽ  ヽ
            /  /  ./   ./    /  /   / . /  ./   ./  乂___________ ノ. l .ヽ
       : '"  .,/  /   ./    / ./   ./ . /゛  ./   l  / .!  / 亅 |  l ! .!  l  .l .l, ...l. .ヽ



―――――――――――――――――――――
  だがそれも、ほんの始まりに過ぎなかった。
―――――――――――――――――――――

670 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:52:01 ID:ktnehK76
二52.
―――――――――――――――――――
  始まりに―――過ぎなかったのである。
―――――――――――――――――――



    _                                  _.  _   _
  | | ロロ                              | | | | | |
  | |_   __ロロ   _       _     _      _    | | | | | |
  | __|   |   |.  _| |_  _| |_   _| |_   l二l | |   |_| |_| |_|
  | |       ̄| |  l_   _l   l_   _l  l_   _l   __| |     _   _  _
  |_|      | ̄ |.  </|_|   </|_|    </|_|    |__|   |_| |_| |_|
          ̄ ̄
                                                              ‘
                                                (⌒`)⌒  ‘、⌒`)) //     ;
                                                ((⌒`);`) `)、⌒`)`)  `;`))
                                            `)、⌒`   ⌒        (;⌒`
                                          ....`);`         :::::::::::⌒⌒))
                                           )..‘  ⌒     :::::: :::::::::⌒`);`⌒)
                                          .` `          :::::::::(⌒` (⌒;`
                                             ((          ::::::::::::..:::::::::⌒`);`
            △                                `)、ヾ   :::::::::::::::::..::::::::::::⌒`)⌒))
   △      |王|,,,,                                ⌒));`)  ::::::::::::::((⌒`))"‘
  ノ合|      ||甲□》___含合ヽ,,,,,,                               (⌒ ,;;`)   从 ))゛
  │;;;;|▲   | ̄|ヾ ̄ヾ:;:;:ヾ:;:;ヾl △┐......、、                       ‘  ;((  ,;;   7‘
  │;;;;| |┌△田.lΠl△田.;;;;;;;;;;;亜│::∥、ΠΠ△,,,,                     ⌒、从 ,;`)))、,;
  │;;;;| |゚゚O||二|゚゚゚|''''''''''∥:::::::::::::::::::||亜 |゚゚゚|二||゚゚゚|:::::::|┐                  ‘ ∵从 ⌒`)、⌒`);   、   ヾ
 ┌iii7'''''''''''冖∥亜l_〔ニニ〕│||⌒|| 〔ニニ〕亜^^^^^lー、、;;;;;;┐            ‘  ;(⌒));`)从‘ 从
==lュ、   rl========lュ、柱].ミミミミミ |乂[柱]____i_  ‘  ,;      ((   从`,;从‘  ⌒`)、⌒`)
  rl=========ュ    ヽrl==========lュ...:;| | へ ヘ へ .|.         (⌒`)(从 ‘ ∵从 (⌒);`)从∵从⌒;  ‘  l7
  /          ∧    /         ヽ rl========lュ  rl=====;; ,,,,,;;'从'ヽ";;,,;:"'  ,,)"⌒`)'从'ヽ";;,,;:"'  ,,)"⌒`)===
. /         /  ',rl===============lュ /        ヽ/    |;;;;;;; ヽヽ;;;;;;;从;;从;''''''ソイ.(_ヽ;;;;;;;从;;从;''''''ソイ.(_
/_____/__/             ∧__rl=============从;;从;;从''",; . ;.: ::.....,,::::::::;;从''",; . ;.: ::.....,,::::::::__
三三 三三三|三/               /  ', 三/          入 .,;; ;,: .ヾ;:);, .:::: );";⌒゚:;"'' ),ソヾ;:);, .:::: );";⌒゚:;"'' ),ソ===
三三 三三三|::/__________/__, /           {.:;.:;:,,.:;:...:)⌒`)''.;,il||i l;;从:;;"',:;:...:)⌒`)''.;,il||i l;;从:;;"',__



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

671 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/11/06(日) 21:52:40 ID:ktnehK76
本日の投下は以上になります、
閲覧、合いの手まことにありがとうございました。


次回は第二章第二話の予定です。










【中古】 機動戦士ガンダム0083-ジオンの残光- ガンダム30thアニバーサリーコレクション /矢立肇/富野由悠季(原作),堀川亮(コウ・ウラキ),佐久間レイ(ニ 【中古】afb

価格:1,958円
(2018/12/16 14:16時点)
感想(0件)






HGUC 1/144 RX-78GP01Fb ガンダムGP01フルバーニアン (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY) バンダイ

価格:1,150円
(2018/12/16 14:15時点)
感想(0件)




























目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1306-72efe10b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)