FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! 第二章 歪められていたこれまでのこと、歪められていくこれからのこと-5 2018年11月21日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




667 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:00:01 ID:bov0KbVo
二270.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――
  結局、魔剣の他に細かい物をいくつか買い終えたやらない夫が
  武具屋を後にしたのは、三つの鐘が鳴ってから少し後の事だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――



ヽ..  ::::|  ,i´ヽ
ヽヽ.  :::|  |   \
  i i 、:::|  〕____\    ノ;ヽ                           †____
  `: `: |  |;;;;;| ̄| ̄|   _/;;;;;;;;;\_           †__                  /ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    `: `: .| ;; |_|;;; |    | ̄ ̄ ̄~|        /ヽ/山                //ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ` ゝ |ソ└ ┘;;;|   .|:::| 口 |::::|       //iiヾ ̄ヽ             // √;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      .|  |;;;ゞ;;;;;;;/≡ヽ |:::|::.*.::|::::|       //:皿:ヾ ┌i         //    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ,-.、  |  |;;ゞ== /// /ヽ::|  . |::::|┌───// ト=イヾヽ| |         ヽ | || | | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,i:::::::i. .|  |(( ─ ))ノ 〔()〕::|  |::::|_ノ;;;;;;;;;;;/L/四 品 四ヾ| |ヽ  ‡       / | || | | ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
l i::::::l  |───┬┬─ ̄|@.~ ̄  ||ノ| /|/イ─────ヽ ゝ/\   /    _,,.. -;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|;;;i:::::| .|ゞヽ .┌┴┴┐ | |ヽ _   |;| Kノ/ || ||ロ||ロ||ロ|| / ̄ ̄\ ̄ヽ  /‐エ''"´──
|;;;i:::::| .|l;;  │Cafe.| | |@/;;;;;;ヽ |;| |ム-|‐|||──┬ /  ー  ‐\;;;ヽ─┌|┌┐l┌┐
|;;;l:::::| .|;|ヾ;ソ└──┘ | | .|   | |;| |_.| .||ト ─ .┴ |   ( ●) ( ●)..;;ヾ l|;;|││|││
|;;;|.....| .|;| ;;ゞ ...:::::|| .|≡| |┘  └!;|| 乍.| ||┌田 田 |     (__人__)|l─ノ|ヾ;;;i::;;ゞ;;;ヽソ
|;;;|  | .|;; ヽヾ .. ::::|| .|三| | |    ヽ. ヽi_,-,-,-,- ヾ;;;i:| u    ` ⌒´ノ||| / ヽ────
|;;;|  | .|;; | | ゝゝ.─┘//      ) ) ! ! ! ! ! |─ |        }丿|/─ヽへ [ ̄ ̄]
|;;;|  |  | |:|=     //       \\──[.ir⌒ヽrヽ,    } .ヽ─|[][| |;;;|.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|;;;|  |  | |:|三三 // /          `'‐.、_/  i/ | __  ノヽ ...| .|;;;;;| |;;;|.|  参った参った、                 |
i;;;|  .|  | トヽ    l l .l             ./  /  /      ) ト‐--.、_____ |  まさか三時までかかるとは………   |
i;;;|─.|-'`| ̄    .| | |             ./ /  /     // ト‐--.、_____ 乂________________ ノ
i;;;|  .|  |      | lヽ            /   ./     / ̄、⌒)、     ̄ ̄ | | |
ヽ|  .|  .|_     | l ヽ          .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄  .``'‐‐‐‐‐‐‐| | |
. l|_ | //     ヽ ヽ \             r    /     |
. ||///       i、 i、 i、           /          ノ
  / /        ヽ. ヽ. ヽ.         /      /    /
                          ./    //   /
                         /.   ./ ./  /
                         i   / ./ /
                         i  ./ .ノ.^/
                         i  ./  |_/    タッタッタッタ
                         i /
                        / /
                       (_/



――――――――――――――――――――――――――――――――
  さすがに昼食会は終わってしまっただろうな、と空きっ腹を抱えながら、
  なにやらざわついている町を駆けていたのだが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――












668 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:01:02 ID:bov0KbVo
二271.
―――――――――――――――――――――――
  整列する衛兵の隣を通り過ぎた時、
  耳に飛び込んできたのは緊迫感を孕んだ大声。
―――――――――――――――――――――――



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、     ヽ人_从人__从_从人__从人_从人_人_从人__从人__从人ノ
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉    <                                >
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V    <   検問の設置、急げーーーーっ!             >
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂    <   容疑者の名前はキル夫、赤い外套の傭兵だ!   >
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{       <                                 >
           〉「二三三三コ,/:.:.i         Y⌒YW⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WYWY
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :



                _
             / ̄ ̄\\
           /     ヽ ヽ、
           |、       ゙i ゙iヘ
          〔\`'‐-∪   └' i
          |∩ \_     _|      \_人_人_∧_人_从_//
          |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|       )            >
         / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/      <  は、ハイッ!  >
         |         ,-l l l        <           (
         \iiiiiiiii   ///  ヽ___      /^Y ̄∨ ̄∨^Y^^Y^
        /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
    / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ
   /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
  /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
  |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
  | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
  l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈
  └―--、,-‐l|     ,--‐'_        |/ ̄ ゙i

670 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:02:01 ID:bov0KbVo
二272.



           / ̄ ̄\
         /       \
         |        |
         |         |     「………え?」
         |         |
         |        }
         ヽ       ノ
           ヽ    ノ
         /      \
         |         |
         |  |.      | |
         |  |      | |
         |  |      || |
         (__)   |   |__)
           |   |  |
           |   | |  |   ピタッ
           |   | |  |
         (__|(__|

671 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:03:02 ID:bov0KbVo
二273.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  耳を疑って立ち止まり、慌てて駆け戻った彼は
  町中に散っていく衛兵達に指示を与えていた、小隊長らしき男に詰め寄った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



              ‐――――‐‐ 、
         /           \
       /              \
.       /                 ヽ
      /                     i
      |  二二二二 三 二二二二    i
      |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |
      l   ___ ノ     ^ー―-   |      「すみません!
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l       今、何と!?」
      !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l
      l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
        ',   /    |    ヽ    /
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                                              ,r'"´ ̄ ̄ ̄`\
                                             /          ヽ
                                             !, -‐''´ ̄ ̄`¨`ー,ハ
                                             「  _,,.-──‐- 、 ハ
                                            ,レ'"´__,.-‐rェュ,-、「 `ヽ
                            「ああ?           i! / ( ゙ー',j) ,lゝ‐='ハ   ,!
                             なんだお前。        i!(!    ̄ ____   jト、_,イ
                                                ヽハ  /r===、ヽ //_>‐-、、
                             我々は忙しいのだ、     `ヾ、! i /二ソ_ノ フ,ィニゝ ̄`ヽ
                             邪魔をするなっ!」      ,イΛヽ`二´,イ/ ̄ ̄ヾ二二ヽ
                                             ,イ/  !ヽ ,ィ´ i/ /´ ̄ ̄ヽ ̄ヽ l
                                            「j i  ! ,l/   }イ  〔 GATE 〕  `!
                                            リ  \ l/    _」 !          !



―――――――――――――――――――――――――――――――
  最初相手は、見知らぬ冒険者らしき少年に話せる内容ではない、と
  手を振って追い払おうとしたのだが、
―――――――――――――――――――――――――――――――

672 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:04:11 ID:bov0KbVo
二274.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |  U  (__人__)    「俺はベッケナー公に雇われている冒険者です!
  |     |r┬-|       何かあったんですか!?」
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  公爵関係の所属だと明らかにすると、
  チッ、と舌打ちをした相手から知らされたのは知らぬ間に起きていた襲撃の情報。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                          _ _
                                                       γ´-─- ヽ
                                                       ,レ', -─‐-、|
                                                      〈, イ(//)( 7)
                                                       K>.;:",;:;:;:.::}-┐
          「先頃、公の館が襲撃されて錫杖が奪われたのだ!              ヾ;:;;:;;(固);!‐-′
           容疑者は雇われた中の一人、キル夫だぞ!                ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
                                                    /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
           それでお前、こんな所で何をしていたのだ!?」             /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
                                                 / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
                                                 / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
                                                ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|

673 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:05:01 ID:bov0KbVo
二275.
―――――――――――――――――――――
  鼓動が早くなり、一瞬目の前が白くなった。
―――――――――――――――――――――



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|             ,/    |      \      「な………?」
    |            |     |     |
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ

674 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:06:03 ID:bov0KbVo
二276.
――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし呆然と立ち尽くす事はしなかった。

  その反応の素早さが、容疑者の身近な一人であるやらない夫を
  尋問しようと考えていた隊長の、制止の声を振り切らせる。
――――――――――――――――――――――――――――――



    ―― [] ]   / ̄三\
   | l ̄ | |   /   \三/\
   |_| 匚. |  三   ( ○) ( ○)
      | |  三 u    (__人__)
       |_|  ≡      ` ⌒´ノ        ヽ人_从人__从_从人__从人__从人ノ
          二        }        <                    >
 [] [] ,-     ニ      rヽ,     <   ありがとうございましたっ!   >
   //   r⌒ヽ     / |      <   すぐ館に戻ります!         >
 匚/     三  ヽ  三   /       <                    >
          三  ヽ三  /          Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YWY⌒⌒
         三三 三  /|
         三 ≡、__./ |
           r       |
         三       |
         三   |三  |
      ニ へ三  .|三.   ヽ          \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
     二 | ≡   / 三   ヽ          )                  >
     ニ_ノヽ__ノ  三   ヽ        <   あ、おい!お前!!  >
                 三  )         <                 (
               三  /          /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
              三  /
              ニ  ーヽ
               \_ ノ

675 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:07:14 ID:bov0KbVo
二277.
――――――――――――――――――
  雪華綺晶は無事なのか。
  キル夫は一体どうしてしまったのか。
  そしてエルとコナタ、ベッケナー公は。
――――――――――――――――――



      .`''-、、    `'-、   `-.  ヽ  ヽ .l.    :!    !   \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
- ..,_       ゙゙'-、、   .`'-、   \  `!、 ヽ l.   ,!   /    ./)                  >
   .`'''ー ,,_     `''-..、   \   .\  ヽ .ヽ l   .!   !   / <  雪華綺晶!みんな!   >   _,,
       `''ー ,,    `'-、、  `'-、 .\ .\   l  .|   l   ."  /<                 ( -''''"゛
              `''ー ,,.   ゙゙'-..、 . \ `'‐ .ヽ  ."  :!  .i′  ./ .,/^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
‘''''―- ..,,,,_,            `''ー ..,,. `   `'-、        ノ  ./ / ,..-'"    _,, -''''"゛           _,,
        `゙゙"''―- ....,,,_     `゙''ー ...   ` / ̄ ̄\      ‘ ._,, ー'''"゛     . __,,,.... --ー'''''''゙゙ ̄゛
                `゙゙"''―- ....,,_、  /      \   ー''"_,,,,.... --ー'''''''''゙゙゙´
_________________ ″|         |    "゙_______________
                       _、    . |         |   ..,,_,,
         _,,,,.... -―'''''''^゙ ̄.._,,.. . . 、 |        ノ   : ー..,_ `゙゙''''― ..,,,_
..... --ー¬''^゙ ̄      _,,.. -‐''"゛ ._.. ‐'" .  |        }   -、  ,`゙'ー ..、   `゙゙''''― ..,,_,
         _,,, ー'''"゛   ,.. ‐'"     .  ヽ      、     `'-,,゙''-、、 `''ー、,,,           `゙"''― ..,,,_
    _,,, ー'''"゛     ,.. ‐'"    ,/ ,,.. .-‐'        .l ..l.'、  .、 . \ .`'-..、  `''ー ..,,
-‐''"゛       ._.. ‐'"     . /  <"   ,__,,_        .l  ヽヽ \  `'-、 `''、,   `゙'ー .._
       ._..-'"´      . /    .ヽヾ丿  |          i  ヽ  \   `''-、 `''-、、    `''ー .._
   . _..-'"´       . ,/゛    ./  ヽ&  |         |   ヽ   \    `'-、  `'-..、     `゙''- .
.. -'"             /      ./   /     |, ,_        i''ヽ、  )ヽ  \    `'-、   .`'-、、
             /      ./    ./      i        , -ii、^゙''" ヽ.  .\     . \     `''-、、
        /       ./    /       l|    へ  i    i   ヽ .ヽ   .\.      ゙'-、     `''-、
      /        ./     ./       .|   /  \|    | .  ヽ  .ヽ.   \       \
      ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]   ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
      |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐  .|└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
      |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄  .|┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
      └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘     └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘
                    └┘                           └┘



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分の居ない所で事件が起こった焦燥が胸を灼き、地を蹴る足をますます早めさせる。

  しかしどんなに早く走っても―――
  時流を遡り、選択の前に戻る事は決して出来ないのだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

676 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:08:04 ID:bov0KbVo
二278.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  _.,.
              .:.:::"´
              i.:.::
             j    . .:´
             {   .:.:´
             ノ  {´
            {  :.:.
             `ヾ: :..  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     ______ `:. :、、..||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三 `:.. .:: ||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __:.:....||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| }. ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|ノ|...||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄{. . ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三.ヾ. . ''>.l..、/゙||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   _: .: : ;;;'\_ ゛  二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|.! |.....| |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     ________..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-:|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''


           ,、  _                          ,、  _
       ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__                ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
       '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬             '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬
          '-' / /   .゛´   / / __              '-' / /   .゛´   / / __
         //         //  凵. 匚!          //         //  凵. 匚!
         `´          `‐´                 `´          `‐´

     ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
    (    )(    )(,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(,    )
   ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
  (    )(    )(,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(,    )



――――――――――――――――――――――――――――――――
  すでに騒ぎを聞きつけた町民達が領主の館を遠巻きに見物していた。
  彼らの注目は大穴の空いた玄関横に集まっており、
――――――――――――――――――――――――――――――――

677 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:09:02 ID:bov0KbVo
二279.
――――――――――――――――――――――――――――
  公式発表が無くても何があったのか大体予想出来る者達は
  好き勝手に色々囁きあっていたが、
――――――――――――――――――――――――――――



      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___              「随分派手にやられてるな………」
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __              「戦技?魔法?
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\             どちらにせよ怖ぇな………」
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |   「この町の証も奪われちまったか………」
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'



                                     ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノ、ノv1人.ィj、ノv1
                                      )
                                   ‐=、´   済みません、通ります!
                                     )
                                    , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!y、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ

                           >   /ごノ   ダダダッ
                        __,∠     /
                       〈、    / 彡
                        \、__ノ  彡



―――――――――――――――――――――――――――
  その人垣を縫うように、疾風の如く駆け抜ける人影が一つ。
―――――――――――――――――――――――――――

678 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:10:01 ID:bov0KbVo
二280.
―――――――――――――――――――――――――
  遅れてきた主役が門をくぐり抜けて庭園に飛び込めば、
―――――――――――――――――――――――――



      ―― [] ]    / ̄三\
     | l ̄ | |    /   \三/\
     |_| 匚. |   三   ( ○) ( ○)
        | |   三 u    (__人__)      \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
         |_|   ≡     ` ⌒´ノ        )                  >
             二        }       <   みんな、無事か!?  >
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }        <                 (
     //   三    i/ | ノヽ        /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ

679 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:11:02 ID:bov0KbVo
二281.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  右往左往するメイド達と、座り込んで膝を抱えている雪華綺晶の姿があった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                        \_人_人∧从从_//
                         )           >
                        <  雪華綺晶!  >
                         <           (
      ,─-、,. ─-、r'f__  | /     /^Y ̄∨ ̄^YY^^Y^
       /  y     :.  ハ   ̄
      }  .:        i   /
      | .:i      |:  .′
     / ,;: 、      :i:. i
    ./  .;i ヾ   /, .:l: |
    l   .:;| `  / " .:l: ∧
    |   .::! .     :|:.  iヽ
    7  :|  i:      :|::  | 〉
    ゞ:.  |:.        ム  { ヽ
     ∧ 》:.       i::  ノ;.∧
     /.::| /.::.        }:, ( i : ヽ
    ./.:::/'.::.:.         ゞ:..)| i、_>
   l::. )!::..        )ノ::|.ハ
    !:::.、   :    /.:ノ, .′
    ::::::..ゞ..,,   ,.;: ´ 人 :i
    i::.:.. .   ¨    ; ノ::::∨
    ∨.:::l、, / ,;ル/:::::::::
     `ヾ.// イ::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::
  :::::::::::::


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分の声に気がついて、ゆっくりと立ち上がったその仕草だけで、
  彼女が精神的にも肉体的にもかなり疲労していると見て取れたやらない夫の胸に
  様々な感情や想いが去来する。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

680 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:12:02 ID:bov0KbVo
二282.
―――――――――――――――――――――
  しかしその全てを押し殺して―――
  静かに、落ち着きを失わないままに問うた。

  まずは彼女の安全を。
  そして、優先度の高い項目を。
―――――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : : :ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_|
./:/V   l              ,‐-,.._ ゞ
.V.     l              l 弋心 l
.     l              冫.ー く     「怪我はないか?
.     l               l    ノ!     それから、今すぐしなければならない事はあるか?」
.      l               `ー‐ f r'
     l                  ノ'
     !                     /
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                     __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
                                   ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
                                     l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
                             .       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
                                   /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
     「お帰り。                   .     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
                                      /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
      私は平気。                     .    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
      重傷者は残っていないよ。           l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
                                V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
      色々あったけど、                 ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
       今の状況は落ち着いてるかな………」      ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
                               //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
                             ,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
                              /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
                                {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



――――――――――――――――――――――――――――――
  一番取り乱したいのはやらない夫だろうに、
  雪華綺晶は遅刻に対して文句の一つも言いたかっただろうに。

  彼らは一流の冒険者だった故に、個を捨てて情報の伝達を優先し、
――――――――――――――――――――――――――――――

681 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:13:01 ID:bov0KbVo
二283.
―――――――――――――――――――――――――――
  切羽詰まった状況ではないと確認したやらない夫はそして、
  次に遅くなった事を詫びる。
―――――――――――――――――――――――――――



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i     「………済まない、遅くなって。
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ      落ち着いているのなら、
    \.,_  ._ノ /      何があったのか教えてくれるか?」
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |



                                       r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
                                      /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
                                     |  Σン三ノ         -フノヽ  |l
                                     |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入
                                    /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
                                    / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、
                                   / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
                   「あの、ね―――」    /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ
                                  |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
                                  |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .    ゚0.|i /      |  |
                                  |   /   | ノ ト ェニ=-―=ェ-/ik   |    | i |
                                  ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
                                   | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
                                  / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
                                  / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ
                                 / il y  /   /`  ´´`ヽ   ヽ    )  ヘ  \



――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶は小さく二度、首を横に振って仕方ないよ、と呟いた。

  引き継ぎの時間が狙い目かも知れないと思ってはいたが、
  誰もが本当に襲撃があるなどと思っていなかったのだ。
――――――――――――――――――――――――――――

682 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:14:35 ID:bov0KbVo
二284.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それから、何があったのかを伝えようと唇を動かしたのだが―――

  待っている間、どこからどういう風に伝えようかとずっと考えていたはずなのに、
  彼の顔を見るなりどこかへ行ってしまったようだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                               _
                                   , , )) 斗  <   ̄_,.== ̄ ミ `ヽ> 、((
                                  斥 .(( >' ,' /        `ヽ、ミ、.ヽ)) ⌒>
                                 .∧ rァォフ                  イ[薔]7、 .`ヽ
                                   ∧ イ[薔]7 ,'                  ゞアソ   |
                                  |  ゞア  ,' ,' .,'    i     i      .∧(( i   .|
                                .|  ((  ,' ,' ,' ,' ,'. .i     i i  .i .i  .∧  i    |
                                |  /  .i .i i ,' .i リi  i i .ハ i i i i   ∧  i     |
                                |i  | i i i  i .i i )).i | | i i i i i i i i  i .i 从 i     |
                                .リ .| i i i  i .i i (( i リ 乂i i /__リ_从_i_i  i .i | i i   .|
                                ./  | iリ . i〉' リ,笊-ゝ从 ソi/リ ェ=≠、V .,' ソリ .i i   |
                               / | ∨从/|Yイrォ{薇}}j      斥:::::::リ リiヾ/  i i   |
  「みんな、頑張ったんだけど―――」       / /  |  ∨从ハ.ゞツy.フ      C:::::::ソ Vイ ハ  .i  i  人
                            .. / /  | i ∨yi ((`~`´'  ,       ̄、 i' |ry) i  i  i ,'  ゝ
                           ./  , '    | . i  ,'ヾソ))    `       .| | r孑  i  i  i     ヽ、
                           /  ,.'    | .,'  ,'  乂     r ==っ     .|ソ  i . i  i  .i    ∧
                          ./  ,'    ./ノ ,'    ,'.〉.、   `⌒′   .イ ヽ、i  . i  i  i i   . ヽ 、
                         厶 .,'   ..// ,'    ,'   >.、     < 气 .i  . i  i  i i.     ヽ
                         (   (   / /  ,' r⌒ヽ、>r⌒y ⌒Y⌒r, '    `ヽy⌒‐フゝ_  i i    ∧
                          ゝ、ヽ  く /  ,'∠弋         / Yフ          . (  `.ヽ、i    )
                           ヽ、i  .|l   ∧  .フ        `ヽ、      `ヽ、   )   |/   /
                            .)  弋,  |    `ヽ、ソヽ、  ,ノ弋 _r-.、、  フ ~丿   |   .人
                            ノ    ∠⌒|   、   //`ヽ彡\__//| 廴ノ        .|  /  `ヽ、



――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫よりも先に来て、事情を聞いてすぐ町に行ってしまった
  この町の騎士団長であるウォン=リーには上手く説明できたはずなのに、
  今は無力感と罪悪感があふれ出し、金緑の瞳を濡らして頬を伝う。
――――――――――――――――――――――――――――――――

683 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:15:02 ID:bov0KbVo
二285.
――――――――――――――――――――――――――――――
  時々しゃくり上げる雪華綺晶を真っ直ぐに見つめ、
  流させてはならなかった涙と向き合い、その気持ちを受け止める。
――――――――――――――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : ノ:ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/ー ´_:_:_:_|
./:/V   l              / .,.....、ヽ
.V.    l              l {::::::} l
.  .    l              冫.ー く
.     l               l    ノ!!    「うん、うん………」
.      l               `ー‐ f r''
     l                  ノ'
     !                     /
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



―――――――――――――――――――――――――
  小さく頷きを繰り返すやらない夫であったが、
  己への怒りは無意識のうちに血が滲むほど唇を噛み、
  手首から先が青黒くなるほど拳を握らせていた―――
―――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

684 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:16:02 ID:bov0KbVo
二286.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――
  変貌したキル夫の事。
  おそらく裏で糸を引いていた妖術師の事。
  生き残りの安全と引き替えに錫杖を渡した事。
  逃げたキル夫を追ってエルが飛び出して行った事。
―――――――――――――――――――――――――



                                ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
                               __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
                            . /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
                            |  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !
                             、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
                              ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|
                              ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!(| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
  「―――で、錫杖を渡したら             ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l,,ヽー冊―代, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   キル夫はすぐ出て行って。             l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', , ' !,'li llV)/ ヘF/l/ l |  / / l l|
                               | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨ `.\il__ /}リ/ノ l , -┼y' l|
   エルがその後を追っていったの………」     | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j '    _ 彡==、イ/ /ん/  / /}  |、
                               |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ      `"   。○ /ソ |' /`ー;' ,'| ハl
                                '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7         。 ' ,' ハ/   l / 、 / l|
                               ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     、    o  ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
                              /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´                /´l|//イX!  |   (_土--― 、
                              ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、   r⌒  )    /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
                            . / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ ヽ    ー    /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
                            /   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`  ヽ 、、_ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
                               ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
                              ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、

685 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:17:02 ID:bov0KbVo
二287.
――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶の説明で、頭の中に情景を思い描いていたやらない夫は
  邪悪な妖術師に捕らわれてしまったキル夫のことを思う。
――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ     「……………」
          │         }
           ヽ、      ソ       (キル夫―――
          イ斗┴r┐` .;         何とか助け出さないと)
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  複雑な間柄である。
  嫌われているのは分かるし、自分に心配されても彼は嬉しくないと言うかも知れない。
  それでも、腕を組んで目を閉じた彼にとっては別問題なのだ。

  だから―――
  文句は後で受け付けるが、まずは助けよう。
  そう決めるのに時間はかからなかった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

686 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:18:01 ID:bov0KbVo
二288.
―――――――――――――――――――――――――
  説明は終わりだよ、と締めくくった雪華綺晶がもう一度、
  錫杖を渡してしまった事を詫びると。
―――――――――――――――――――――――――



                                          r-、  r- ー、
                                          ヽ `ヽ-.、  ヽ _
                            //y        _     ヽ  ヽヽ   ヽ`ヽ、    スッ
                          r''´Xメ}) / /  /       ',  `''   `゙  ` ー、
                         ./ /(/┘ ./  /  / ノ  /     }               ',
                        / | // ./  / / - ´  /,- 、  |               ',
                        | //  /  ./ /    /  ',  ',_  l                ',
                        | |/  ./  .//   /  / {   ` -'        ,.-‐――┴- 、
                        |/ //  /   //  /、 ノ `ヽ.         /         \
                        |  |/|  / |  / / / / `'-/、_ヽ       /            ヽ
  「ごめん。                |/|/|/| レ´アミゝく ./ミ=、_ /ヽ| \   /               \
   錫杖、守れなかっ―――」      | |li レ | K薔>イマ   イテ ゚̄ミ、/  `ヽ、/                     \
                        | | |l | | ト=ケソ    廴o゚ソ/ ./  //         _,.-‐ '''''''ヽ     \
                        .i | ..| | i  K´ ` ヽ     ̄/ /  / {        , '       \     \
                         ハ|   | |  |(ヽ  、 _      フ´/ .// ヽ        /         \
                         |/  i  i  |)(i.\ ' `   // / ./     \.    /            ゙ー―-
                         il    | | ) ilハ、>.- ‐<仝/ / ./         \
                         |    }| |メ )、,(⌒)、,/⌒ / / ./         /. \
                         | -―´/| |-、 ,- 、  ,、 /   / `'''- 、_ノ /    \
                         /    ゝ i`-´`-´`-´`/   /      ヽ       \
                                                          \



――――――――――――――――――――
  グローブを外した大きな右手が伸ばされ、
――――――――――――――――――――

687 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:19:02 ID:bov0KbVo
二289.
――――――――――――――
  そっ、と彼女の頭に触れる。
――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  ―――やらない夫?    |
乂___________ ノ

             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 r-、  r- ー、
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ      ヽ `ヽ-.、  ヽ _
              /   ,朴_二_ノ   / / /       ヽ  ヽヽ   ヽ`ヽ、  ポンポン
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー',  `''   `゙  ` ー、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /       }               ',
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! ,- 、  |               ',
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ',  ',_  l                ',
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l!  {   ` -'        ,.-‐――┴- 、
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l!`ヽ.         /         \
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // ヽ       /            ヽ
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! \   /               \
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /`ヽ、/                     \
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,/         _,.-‐ '''''''ヽ     \
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ /{        , '       \     \
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  /ヽ        /         \
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / \.    /            ゙ー―-
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / / \
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ| \
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |   .\
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ       |  君が、無事で良かった。  .|
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |         乂____________ ノ
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  上目遣いの彼女に嘘偽りなく伝わってくるのは優しさ、労り、心配、そして安堵。

  自分を責める気持ちなど微塵も含まれていない、
  純粋に無事を喜ぶ裏には、それを失った場合の恐怖みたいな物と―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

688 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:20:02 ID:bov0KbVo
二290.
―――――――――――――――――――――――――
  笑顔の裏に隠された、己への怒りが透けて見える。
―――――――――――――――――――――――――



                                       ̄ ̄  、
                                  ´          \
                               /         __....--':ヽ _
                                   ,,...-‐''"´\; : : : : : :,;:-ヽ_:::\
                               |,,..-f"´: : : : : : : : : :\ :,;-'"  丶\|
                              i": : |: : : : : : : : : : :, ,ノ'"       丶
                              |: : :|: : : : : : : :.r''"     ヽ       丶
                              ヽ._:|_:_:_:..-'''"´ i イ::::ヽ l        丶
      「コナタも、公も無事で良かった」        ヽ      ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',
                                丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
                                  ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
                                  ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
                                   ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
                                    \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
                                      \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                        ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                           ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

689 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:21:02 ID:bov0KbVo
二291.
――――――――――――――――――――――――
  その証拠に―――
  堪えきれずに後ろを向いた首筋には血管が浮かび、
  下ろした右腕は怒りに震えている。
――――――――――――――――――――――――



                    / ̄ ̄\
                   /       \
                     |          :|
                     |        .:|
                   |        ...::|       「アストナージさんの事は残念だし、
                      | ノ(   ....::::::|        キル夫も、追っていったエルも心配だが―――」
                      ヽ⌒ ......:::::::::::/
                  _, - ''" ̄  ̄` ー、
                 ヽ_..:::-=―--:..、>
               _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
              斤ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             .<::::::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;}
             .〉:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             i:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
             !::::::::::::::::〉'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
             <:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;i
             !::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
             〈::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ ;
             /::::::::::::::!/::::::::::::::::::::::::::\:;' ;
            ヽ::::::::::::/:::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ. ;
             i、:::::ノ/::::::::::::::::::::::::::::::::、/ ; ブルブル
             | ヽィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ;

690 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:22:02 ID:bov0KbVo
二292.
――――――――――――――――――――――――――
  声色は低く空気をビリビリと震わせ、
  握りしめた拳からは骨が軋む音が聞こえてきそうな程だ。
――――――――――――――――――――――――――



                    i| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    l| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |     「錫杖を渡した判断は間違っていない」
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |i
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    :|::;:;:;:;:;:,.        .,:;:;:;:;:;::|:     (間違っていたのは、俺だ―――)
               :/:::.                 |:
                 :/:                  |:
            //:        ノ (        |:
              //:         ノ (      |:
           :/:       //⌒ヽヽ    |i
             i,':                     ||
             l|:                  |:
             :|:        ,::..             |:
             :|:      /::.:.:.             |i
             i|:     / ̄`ヽ::.            || グググッ
             :|:      |   .::ノ:::.         |:
             :|:      | :/ \    /:  /: //:
             :ヽ___人._____/:. /_/´
                      ̄ ̄ ̄ ̄



            _   __
         ,   ´     `` 、 __   ___
   , -‐r=-= ´,           f千ミlfl´  `''i
  / /`l f>}フ、)          lif廻l l !´'i  l
. / l/`'-=='″           `==´   l.  l
. l  l  / l  l  l i l  i i i__    ! l   l  .l
  !  !  i i i -li‐-l l .l li i´ l_ ` l  /. | |  /  l
  !  l l l l l.r千三ミ、i,lヽl . i灯 i    l l  l   !
  li  l l l l {ft廻}ンl   弋 汐l   l ,l .. !  l      「やらない夫………」
   li  l ! !i  !ー))-´  ,     l i i l !  i |.|
    !i  l ,i i l '、     ‐    ! / l l l  .l lli l
   li  li  i il. `     __ . ィ // l  l l  ! l il
   l l  l l .lr‐f `f'' i__,、,____ / l l  l l  l l i l
   /l l  .l l l l  'r-′ '-‐/ l  l  l l  l l 入 !
  /l l i  i .i i i\  ヽ    l l  l  l l  .l .l  liil
// i  / i l r  ` /  r、l l  l  l   ! .!   ゞヽ
../ .∥ i / / /-、__f <l__,--、l l  l  ! .l 、  i l   入\
 //  / / i r-,-l  l`'> '<´ l l  l  l l i  入弋   ヾヽ
/ /  / / / /  '-f`い/\\l l  l  l l 入 \\\  l



――――――――――――――――――――――――――
  それでもやらない夫は状況を、不運を、選択を恨まない。
  ただ、無力で至らない自分を呵むだけなのだ。
――――――――――――――――――――――――――

691 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:23:01 ID:bov0KbVo
二293.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  この世の中にはどうにもならない事が多すぎるが、
  自分だけは自分の好きで変えていくことが出来る。

  可能性を信じ、弛まぬ研鑽を積み、前を見続ける事が出来る信念があるからこそ、
  切り替えが早く、折れる事も諦める事も無いのだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            ,. ‐―――――‐ - 、
           /            \
          /                    \
       /    \         ノ      .',
        /     ,  ゞ.._,, ー "   、    ',
        l     l {::::::::} l  l {::::::::} l     l
      . l     ` ー ' '  ` ー ' '      l      (後悔している場合じゃない、
        l      /    .!    ヽ       l       念のために司祭様を呼んで二人を診てもらおう。
        l      ヽ__/ \__/.       l
        . l       `  ⌒  ´        l         アンマンに妖術師が侵入している可能性も高い、
       .l                     l         衛兵と学院に連絡をしてから
        l                   l       俺も錫杖捜索に―――)
       . l                        l
         . l                    l                  \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
        !                     !                   )                  >
        /!                    ,'^ヽ                 <  この有様は何事だ!? >
       /{ |ヽ                 /| / \                <                 (
     /  ∨| ヽ            / | /                   /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
   / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /
 /\   \  \        /   _ /
"ヽ  . \  ヽ  ` ー──一'   /
  \  \  \        //
  ,  ‐┬─‐'フ⌒ヽ` ー── ´ /
/    ̄ ̄     }  \     /
  /  ̄`ヽ/ ̄ ヽ   \
 /     /     | ̄`ヽ ̄ ̄/
./     . /      |    | ̄ヽ
      /     |   |   }



―――――――――――――――――――――――――
  ―――今は、不足しているものが多々あるとしても。
―――――――――――――――――――――――――

692 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:24:02 ID:bov0KbVo
二294.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫がこれからの事を考えて早速行動に移ろうと思った時だった。

  大勢の軍靴が石畳を叩いたと思ったら人垣が割れ、
  庭園の中に大勢の兵士達が入ってきて、彼に状況の説明を命じた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´      「自分はエゥーゴ王国中央騎士団
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |         第二小隊隊長、リュウ=ホセイである!
                  /   l        ――‐-、   j
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /         そこの者、状況を説明せよ!」
              /         /-、,,__      /
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_             ┌──────────┐
        \    、―--- 、 ,,,_  `ヽ 、  ヽヽヽ     `ヽ、r-、_       │  王国騎士       .│
         l     ヽ ⊂ ◎.⊃`"''-、 `ヽ、ヽヽヽ  /~ ̄`"''-、ヽl lトi       │  リュウ=ホセイ   ..│
           |     ヽ-- 、 ..,,,_    !   `'ヽヽヽ_/  ,,_ ___ , l l l.|    └──────────┘



                                           / ̄ ̄\
                                         /  \    \
                                        .(●)(● )  u. |
                                        (__人__)  u   |
                                             .(`⌒ ´     |
              (王都からの騎士団、か。               {         |
               予定通りとは言え、遅かったなぁ)       {      u. /
                                        __\     /リ 厂`'‐- .._
                                     / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                                      | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                                     | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                                          | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



――――――――――――――――――――――――――――――――
  庭園を見回して大声を出した、先頭に立つ恰幅の良い騎士の胸には
  輪を持つ星と衛星を現したエゥーゴ王国の紋章があり、
  やっと到着した王都からの応援部隊である事を示している。
――――――――――――――――――――――――――――――――

693 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:25:02 ID:bov0KbVo
二295.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一瞬。
  自分が騎士団に指示を出せる立場だったらもっと早く派遣したのに、との考えが脳裏を過ぎり、
  やらない夫は打ち消すように拳でゴシゴシと顔を擦る。

  その可能性を置いてきた自分がそれを思っても意味が無い。
  むしろ、その選択肢では手の届かない場所を目指して、こうして野に立つのではなかったのか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ  ゴシゴシ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉      (おいおい、なに言ってんだ!
                   ノ U   { )     j       遅れた俺が何様だ!?)
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

694 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:26:02 ID:bov0KbVo
二296.



                                           ,____,.廻}`lii_,,..、∥
                                          ,,-''"´´ ̄``!K呈/ゞ、''-、
                                        .,/´    -、  .`i゙""i..} ! l `',
                                       ././   i   i  'i  i }  'i li , .l\
                                      / .|   |i   ii  l .! .i   i ll i .|\\
                                      l ,.ii   | l  !i  l .l |  i .i ii l .l .\\
    「騎士様。                             l i.lu  ./ll`''ii-l=、l_ / λ  li i.ヽ、! `i  i ,/
     彼は当時、現場に居りませんでした。           li li i、 ..//!_/ ! ! /`l''i/i  .li  .|i.\, \ l l
                                       ヽi{シ/´. '行勿ッ/ / / .l  .! il  i\ `ゝ、``'_'
     現場に居たのは私の他、公を含めて六名で         ゙<   `ー'´.//'!./入 ! l ..| ヾ i`\ li ``
     内一名が死亡、一名が逃走、                   .`.、-、. .,//l..! /-∧ヽ !、 il ..l .l ii| i`-i
     一名がこれを追跡中です」                    /./..!._,i、,__,,,l /!i``''.!入!>i!! l l il  l li
                                       / /  .i iii/、l l''''y!‐''>.-.!! .l .|i Il l / il
                                      //  .l .iil/.Ll l!=ン-'./´ `'i i\i li .li l l
                                      l./    .l .il-ンl .!,   !   `il i / il ..! !
                                      l.l  .,,/ i l Z-/i.\  .!ィli   ゝil l il l  i



―――――――――――――――――――――――――――――
  背を向けた可能性に並ぶには、冒険者の自分はまだまだ未熟。

  やらない夫がそうした葛藤に複雑そうにしていると、
  説明に困っているのだと思った雪華綺晶が前に立った。
―――――――――――――――――――――――――――――



696 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:27:02 ID:bov0KbVo
二297.



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |.
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
     !   i  ー-- ノ~ r--- レ!
    ヽ,r‐、|           |     リ|
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄
                                            ┏──────────────────────┓
                                       │  もう一人は気を失われている公と共に      ......│
                                       │  向こうで館の者に診てもらっておりますので、   ..│
          ,,  、、                           │  私からのご報告でも宜しいでしょうか。       ..│
        /_;,.: : : ;,\                            ┗──────────────────────┛
        //     ヾ:, ,,.-:''": ̄: : :`:`: : :<
      〃        , :': : : : : : : : : : : : : : : : :\
      i′     /: : : : : : : : : : : :-: ;,: : : : : : `:.
       {      ./: : : : : : : : : : : : : : : : :`丶、: : : :ヘ
         _, -:'": : : : :.!: : : : : : : : : : : : : : : : `: 、.:.ハ-―- 、
      _,, ‐': /: : : : : : : i: : : : : : \: ヽ: : : : : : :_: :`:、゙‐ /:::゙:、
    _,:,':-‐'' / : : : : : : : : : i: ゙、: : : : ヘ\:`:、: : : : : :ヾッ,、く  `ヾ:、
.   '´   ./. . : : : : :./: : : :i: lヽ: : : : ヘ::`::、ヾ:、: : : : ヘVノ`    \、、
        /: : /: : : :./: : : : !i: l:::ヽ: : : : i::::::::\、`:i、: :.ハ〈    /  ヽ `丶
        /: : /: : : :./:.::. : :.ハ:.l::::::ヽ: : : i:::::::::::::`::::!\: i !  /       /`ヽ、
   _/⌒j: ; :./: : : :/: ::::. : /:::::゙;:i::::::::丶: :.!::::::::::::::::::j/:.ヾ!| ,.∠ _   /_,,.-― ` 、
_j´   、 !ヘ/: : :::/:;:::::::::.: i、:::::::゙:{:::::::::::ヽ:.|    /: : : :/´/ ,.  `丶、"´      ヽ__
 j 丶、 \/: :.:::/:/i:::::::::::.K:::>.、ヽ   ヾ!  /: : : : : / i /  /          ノ
 !、丶_,ンァ: :::::;人{へ:;;::::::{::゙く._ ` ---‐ァ'''"´  ̄ ̄```ー^-(...(_,,.z_ノ---‐ ''"

697 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:28:02 ID:bov0KbVo
二298.



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |        「良かろう、報告せよ」
                  /   l        ――‐-、   j
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /
              /         /-、,,__      /        (こんな若い娘が護衛をしていたと言うのか?
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´          腕は立つのかも知れないが―――)
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  じろり、と値踏みの視線で見回した騎士は納得がいかないながらも了承し、
  これまでの経験で相手が何を考えたかが分かった雪華綺晶はそれでも、
  気づかないフリで報告を始める。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                                _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
                                》ゞそヅ/                        \乂v匕人
                               ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
                             ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
                           ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
                           _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
                           . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
                            l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
     「先頃おいでになりました         }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
      リー団長への報告と              \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
      同一になりますが………」          ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
                              / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
                           .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
                            / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
                           ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \

698 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:29:03 ID:bov0KbVo
二299.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶がはきはきと報告をする最中。
  ホセイの後ろに立っていた騎士達は興味深そうに冒険者達を見回していたのだが、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                _
             / ̄ ̄\\
           /     ヽ ヽ、
           |、       ゙i ゙iヘ
          〔\`'‐-∪   └' i
          |∩ \_     _|
          |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|     「あの小僧、良い装備してやがんなぁ………」
         / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/
         |         ,-l l l
         \iiiiiiiii   ///  ヽ___
        /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
    / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ
   /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
  /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
  |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
  | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
  l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈
  └―--、,-‐l|     ,--‐'_        |/ ̄ ゙i



          _冖___
.          / | |  ヽ
       /   | |   ヽ
.         |∪      └|
.         ( ニニニニニ l
.         〕l l-‐‐i i‐‐--l〔          「どういう手段で手に入れたのか、
        . (  ヽ .,,,,ll,,,.. / )          分かったもんじゃないけどな!ハハハハハ!」
.     / ̄ト、  ヽ   ,'  /--、
.    /  ,'|  i\(0)只(0)// ̄`ヽ、
.    |__/ | ヘ__/  |      ヽ、
.    |\_|   ,'     |\     ヽ
.    |   |   i     ヘ \―----'゙
.    |   |   |      \|     |
  ..| ̄ ̄ヘ ̄ ´`''‐‐----,'  ヘ     |
.   |    |ヽ          ヽ __--i
.   〈 へへl/___,----、      ヘ´___   |



―――――――――――――――――――――――――――――――
  居たのが少年一人、少女二人のたった三人と知って揶揄が漏れた。
  わざと、彼らに聞こえるような声の大きさで。
―――――――――――――――――――――――――――――――

699 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:30:02 ID:bov0KbVo
二300.



        _,,......-........ ..、
      / ,,,,,,,- -- -.... _ `''ヽ、
     / /´       `'' 、`ヽ、
    ノ/              、 ゙i
   /                  ̄ヽ、
   /                   ゙i
   |   __,,.._...._               ,,..ヽ
   r‐‐‐'';;;;;;;;;;;;;;;;丶  ___......-‐‐''ニ二二゙i          「おいおい。
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ニニ_ -r─''''' -、;;'〈           あっちにいる奴なんか、まだ十五歳ぐらいの小娘だぞ?
   |丶..---‐―''""` イ";;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ヽ;;ヘ
   | /\\       ヽ;;;;;;;;;;.r'´     ヘヘ          冒険者ってのは因果な商売だねぇ」
   |(⌒) ))......、    丶‐'´         ヘヘ
    |  ノ ノノ\ 、 `''''‐-、,,,,        / ヘ
     | ̄´    ヘ       ``'' ‐  //´  ヽ
     |ヘヘヘヘ    ヽ-------ィ  //     ヽ
    / ヘヘヘヘ _......_......_,,,,   //       /j
    |     ,'//////////7            ( )
    ヽ_ ,'丶       ´         ,r/
      ` ゙i...._、_____〈        //
   __/:::: :::::::::::::::::::::::: ''‐-......_.. |( )   ,―――--、
//    ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄\\      ヽ
/     '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     \\        ヽ
        \....:::::::::::::::::::::::::::::::/        \\     ヽ
         ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´



                        __
                       _/_,,.......,,,,..ヽ_
                 .,,i_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
                   /;;|   (ー)(ー)|              /勹
                     |;/|   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/        「……………」
                  / lヽ     /    /`弋ll
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、 ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  目を閉じたやらない夫は、これが普通だと知っていたから何も言わなかった。

  女である苦労が身に染みている雪華綺晶同様、
  冒険者が町の者にどう思われているかなど、とうに思い知っているから。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

700 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:31:35 ID:bov0KbVo
二301.



                  r'~⌒            ヾ
               _r"~               ヽ
              / '´                  λ_
             τ                     z,
             ノ´                      〉
            1'                       ζ
             レi               ,          <´
.             ソ      , i ノ レ-ι'1_ノヮノν´ヾレ,   ノ
              {      r' ,, -.、   ´     ,;'==;.L r'         「こんな女子供に警護を任せていたとは。
              ゝ    Ξ - ''"_'=-、 __ノ,,_∠_,,.  |r '、          ベッケナー公は何をお考えだったのだ………」
.             ヾ、r'~ヽ〈   ヽ!二' "   .ヽ,゜‐,,,.  |lウ l
               | ベl {. u ,,,       ヾ. ""ヽ./
                ヽ ヽY   u    (     ,,.ノ     i
               r'\-`      `"  ~´       ト、
                  |.ヾ, ヽ、 _     ___,,..ィ    i .r'┐
               /´| ヘ_ r< i___ ´   _,,      / /ヘ\,=.、
            l' ~'. ∧  .V |~ ' --i |         / i/ .ii/ハ ヽ`ト rヽヵ_
         ,, r' 7  | .!   ヽ |   | ト 、,,... ----- '-'´ハ ,/イ  !  |. \ L\
      , r' ~´,, -ヶ.  !     |ヽ   | |        ,,/ | ∧  !  |  L|_|_}、


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶の報告が終わった後、抑えきれなかった呟きがホセイから漏れる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                   _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
                   》ゞそヅ/                        \乂v匕人
                  ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
                ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
              ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
              _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
              . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
               l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
            「……………」    }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
                \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
                 ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
                 / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
              .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
               / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
              ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
                /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  俯く雪華綺晶は、この場にエルが居なくて良かったと思った。
  この上ハーフ・エルフが居たと知れたら、どんな誹謗中傷を言われるか分かったものでは無い。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

701 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:32:06 ID:bov0KbVo
二302.



                    _,, -――――- 、
                _,, - ''"           `ー-、_
               /                   \
              /                      \
             /                         ヽ
             ノ          r―― 、            ノ
          /          /     \    ___     l´
           |    __    /   ___   ヽ  /二ヽ`   ヽ
             |  / ヽ  /    、_,\   `Yー 、ヽ       l
             |   l r.ソ/ /  ._ ー、 o、\ 、 ノ ノ |    /
          |  | |( / /   ´ ̄  `` ┘ ソ __  |  /
           /  ヽヽイ l          .  fー。、` |,/
         / /  ゝ, `'"            ヽ`ー'/
          | l / ノノ/         __. -ノ  .l    「しかも自分から渡しただと!?
        レレ'"   l.        / ̄ー、\     /
       /;;;`ヽ、   '、     .l|::::::::::::::::::「/  /     なぜ命を懸けて錫杖を守らなかったのだ!?」
        /;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、 '、     ヽ、_::::::/ /
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、'、     _ ̄  /
___/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r;;〉、     ̄  /         ┌──────────┐
;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ/  `ーr、___/_          │  王国騎士       .│
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;|/`ー、__/;;;;;;;;;;;;;;:/;|             │  ジェリド=メサ   ....│
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;|     \;;;;;;;;/;;|          └──────────┘
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;/;;;;;;;;|       Y;/;;;;|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして話題は当然、雪華綺晶が渡してしまった領主の証に移っていった。

  ホセイの後ろに立っていた血気盛んそうな若い騎士が大声を張り上げたので、
  目を開いたやらない夫が弁護するが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                  / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
         「戦技使いを相手に、意識を失ってその場に残った       (●)(● )   |
          公をお守りしながら錫杖を奪われずに済む、             (__人__)     |
          確実な手段がなかったのですよ。                  (`⌒ ´     |
                                          .     {           |
         しかも相手は、洗脳されている仲間ですし………」        {        ノ
                                                ヽ     ノ
                                                ノ     ヽ
                                                 /      |

702 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:33:05 ID:bov0KbVo
二303.



          _,.. -― 、_,-、
        , ‐'´       ヽ
      /       , -,  ヽ
     /        / / , -j  lj
   /    , = 、ヘ _j  イ 〃`´ !
    !      〃ヽ、   ヘ'ヽ  !
.   |      /   〃ーrー'   ! |
   !     /     ヽ     l !
   ヽ    {  _,,__    _,._‐''リ
    l,  r 、 l '´-ニt'テ''  !┴' |
     i { r、l l       '、  !         「その場に居なかった貴様は口を挟むな!
      ! iヾーl j       - '  !
     _j人l Tl    ー―,,'  ト- 、
    lく   Tヽ`ー- 、     l   〃      ………そもそも、お前達全員がグルで、
    ヽヽ  ! \ヽ、,-ミェ- くトi  〃       演技をしているだけの可能性も我々は疑っている」
     >ヽ ヽ /7  ハヽヽヽl 〃、__
_, -‐ ''´  `´l  ヾ/  リ !  l! lヾく     `
       ヽ\ \   '  l /ィ7 '
 ̄ ̄ ̄ ` ー 、ヽ \ ヽ  /イ/    , - '
        l ヽ ヽl// レ  ,. -‐'´



―――――――――――――――――――――
  鼻で笑った騎士はお前とて容疑者なのだと
  やや乱暴に、一括りにしてしまう。
―――――――――――――――――――――



                                                  / ̄ ̄\
                                                 /  \    \
                                               .(●)(● )  u. |
                                                (__人__)  u   |
         「ティターンズに黒ローブの者が………                    .(`⌒ ´     |
          おそらく妖術師とおぼしき者が加わっている事は             {         |
          お耳に入っているのでしょう?」                     {      u. /
                                                 \     /
                                                 ノ     \
                                                /´        ヽ

703 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:34:01 ID:bov0KbVo
二304.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん黒ローブの情報は、早々に彼らの元へも届いていた。

  しかし妖術師や暗黒司祭に詳しい者が居るわけでもなく、
  魔法を使われていたからと言って、取り調べも無しに周辺の者を解放する訳にもいかない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´    「うむ、それは聞き及んでいる。
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |
                  /   l        ――‐-、   j       しかし、確かな身元の証明もない者を
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /       取り調べないまま、解放する訳にもいくまい。
              /         /-、,,__      /
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´         君達は重要参考人であり、容疑者キル夫の仲間なのだ」
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_
        \    、―--- 、 ,,,_  `ヽ 、  ヽヽヽ     `ヽ、r-、_
         l     ヽ       `"''-、 `ヽ、ヽヽヽ  /~ ̄`"''-、ヽl lトi

704 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:35:02 ID:bov0KbVo
二305.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  確かに、公的に身元を証明する術がない、
  保証人となってくれる後ろ盾があるわけでもない。

  単純な雇用契約しか自分達の立場を示す物がないやらない夫は、
  騎士の言い分ももっともだったので、困ったようにバンダナを触って頷くほか無かった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ―― 、
             / 〉´.,,,,,-----,,,,...ヽ_
            / /_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l           「それは、分かりますが………」
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /           (何日足止めされるだろうか?
       l   // 、ゝ       / ヽ_          長引くとまずいな………)
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



                                           ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                          {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                        /./       辷ニソ
                                       / /   l  l l  l (( \
                                         / / l  l| /i| i| i| | | l \
     (仲間って、認めるんだ?                 / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                                       /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
      元から組んで居たわけでもないし、  .          /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
      公の証言があれば                    /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
      現場に居なかった君だけは      .        /  /   / ノ八  _     / /  i!
      すぐ釈放される可能性が高かったのに)      /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                   .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                   i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                 / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                               /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /

705 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:36:02 ID:bov0KbVo
二306.



              厂           `>、 _
                 ノ´             `> 、
           .,.イ                   `ヽ
           / /                        \
            〈 {                         ',
             ∨ヽ、   ⌒ヽ、                   l
           }  `     .,ヘ     }   __       l
            {         / ゞ    ノ ノ´  ` ,:      l
              ゝ、      /  {〃イ , - '"     ∨:    j
            ミ    /   ヽ !リ           ∨:  ,'
            ∨   ,'      {             ミ:  ,'      「隊長!
                ∨ l <≧-.、,,_   {_,,、-≦千> j: ,'       すぐにでも拘束して
              ∨lj  ー tァー ヽ ヾ"¬tァ ー  lヘ,'        尋問しましょう!
              !K:!    ̄´   l     ̄´   j_)}
              l(l:!       j        |)/         神殿の検査官を手配します!」
              ∨j        ヾ;>         j イ
                ヾ、      ______       /|:リ
                リヘ    ´  ,,,  `  r‐<j、ノ,,,____
            ____| l|\          |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
             i´::::::::::::::リ| \ ____/|:.:.:/,、,、7:.: /
             |:::::::::::::::::::::|  ,、r─ 、____ /:.:.:ム゙'゙'/:.:./
             |::::::::::::/⌒/::::::::/::::::::::::く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
             |:::::::::///::::::::/:::::::::::::/´:.:.:.:.:.:.:>:<_______



                  r'~⌒            ヾ
               _r"~               ヽ
              / '´                  λ_
             τ                     z,
             ノ´                      〉
            1'                       ζ
             レi               ,          <´
.             ソ      , i ノ レ-ι'1_ノヮノν´ヾレ,   ノ
              {      r' ,, -.、   ´     ,;'==;.L r'
              ゝ    Ξ - ''"_'=-、 __ノ,,_∠_,,.  |r '、         「落ち着くのだ、ジェリド。
.             ヾ、r'~ヽ〈   ヽ!二' "   .ヽ,゜‐,,,.  |lウ l          彼らは曲がりなりにもベッケナー公が契約した者達だ、
               | ベl {. u ,,,       ヾ. ""ヽ./          公にお話しせずに勝手な事は出来ん」
                ヽ ヽY   u    (     ,,.ノ     i
               r'\-`      `"  ~´       ト、
                  |.ヾ, ヽ、 _     ___,,..ィ    i .r'┐
               /´| ヘ_ r< i___ ´   _,,      / /ヘ\,=.、
            l' ~'. ∧  .V |~ ' --i |         / i/ .ii/ハ ヽ`ト rヽヵ_
         ,, r' 7  | .!   ヽ |   | ト 、,,... ----- '-'´ハ ,/イ  !  |. \ L\
      , r' ~´,, -ヶ.  !     |ヽ   | |        ,,/ | ∧  !  |  L|_|_}、



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ホセイはいきり立って聖騎士の手配まで言い出す部下を窘める必要があった。
  事情はどうあれ、抵抗する素振りも見せていないのに
  公人との契約を持つ者を乱暴に扱うわけにはいかない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

706 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:37:03 ID:bov0KbVo
二307.



                   __
           ,,. -─‐ ''"´ ̄   `ヽ
        ,. ‐'´              \
      /                  ,リ
   /                   ,.ゝ
    !                  // 〈
    |         /⌒>yヽ  fr'"'、 }
   |          , '   ´ ('´ `ー'´  l ノ
   │      /      `      レ'
    |      (._               |
    |       / -─- 、._      __,..ヘ!
   |    r‐、 {  ーヮニニ`ー'  〈ゥニ'‐.|          「その中から略奪者が出ているのですよ!?
   ヽ   | ,ゝ| !         ヽ、 |
     }    ヽ(、Ll           r:ン' l           ………ハッ、所詮冒険者などこの程度!
    { ! { { /`ーi      _,. -─‐ァ  l  ̄ ̄`!        しかも二人はまだ年端もいかぬ小娘、
    ,ゝト、ヽ{  {        `ー-- '   ,'    |           一人は見てくればかりの小僧ではないですか!」
   i(  ヽミ`ヽ  ヽ、       ー   l      |
.   | `'''┴-- 、.._  `''‐、       ,!、    亅
   |   _____ ̄ ̄~ヽ` ー-r-‐ヘ ヽ く´
.   !  |=<>=<>=|    ト、-、r=ニ⌒ヽ.) ヽ
  _,r=ゝ、  ̄ ̄ ̄     | ヽ. \ `ヽ } /
      `ヽ ー-----‐‐┴、 }   ヽ レ',ノ./`ー-



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  冒険者を目の敵にする騎士は、かつて辛酸を嘗めさせられた経験でもあるのだろうか。
  真価や内面を知ろうともせずに、見た目のみで評価を下して嘲笑う相手にしかし、
  やらない夫は一切反論をしなかった。

  ただ、心の中で感じている苦みに眉をしかめているだけだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ      「……………」
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}

707 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:38:03 ID:bov0KbVo
二308.



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |         「とにかくこの場には数名を残し、
                  /   l        ――‐-、   j          手の空いている者はリー団長と合流して
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /          検問にあたれ!」
              /         /-、,,__      /
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_
        \    、―--- 、 ,,,_  `ヽ 、  ヽヽヽ     `ヽ、r-、_



――――――――――――――――――――――――――
  見かねたホセイが場の空気を入れ換えようと指示を出し、
  敬礼で答えた騎士や衛兵達が武器を持ち直す。
――――――――――――――――――――――――――



                   ,.-===、、
                 /イ   ヽヽ、
                 :l匚ユ_____l
                 jΘ-|l__-‐l.l‐i|        「分かりました!」
                 リ ..ム\ 」∟i
                 ( ( ─,' ヽ'´ ム
             ,,....___,,,〉-!、_O 只0),--- 、
            ./  / / `'''‐‐,‐‐'' ̄ .| (   ヽ
            l / ./     /      ヽ ゝ、  ヽ
            l/  j  ,.-‐∧,     卜  \_|
           '゙Y Y/´    `゙'''‐-、_rイ / ̄`ヽ
            | イ    _,,....,,,,    ^ 'リヽ     ヽ
             ∟│ ノノー‐‐ヽゝ、   │  、___..,,/
            ..テ─レ' '´| | | | ヽヽ、__|   ヘ----`、
            にニ| ̄|-冂冂-|´ ̄|冂~l   i─个)
           ,'   |  |-凵凵-|   |凵 |    厂   )

708 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:39:01 ID:bov0KbVo
二309.



          _,.. -― 、_,-、
        , ‐'´       ヽ
      /       , -,  ヽ
     /        / / , -j  lj
   /    , = 、ヘ _j  イ 〃`´ !
    !      〃ヽ、   ヘ'ヽ  !
.   |      /   〃ーrー'   ! |
   !     /     ヽ     l !
   ヽ    {  _,,__    _,._‐''リ
    l,  r 、 l '´-ニt'テ''  !┴' |         「隊長!
     i { r、l l       '、  !          ここの手勢を減らすのですか!?」
      ! iヾーl j       - '  !
     _j人l Tl    ー―,,'  ト- 、
    lく   Tヽ`ー- 、     l   〃           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    ヽヽ  ! \ヽ、,-ミェ- くトi  〃            |   かまわん。    |
     >ヽ ヽ /7  ハヽヽヽl 〃、__         乂________ ノ
_, -‐ ''´  `´l  ヾ/  リ !  l! lヾく     `
       ヽ\ \   '  l /ィ7 '
 ̄ ̄ ̄ ` ー 、ヽ \ ヽ  /イ/    , - '
        l ヽ ヽl// レ  ,. -‐'´



―――――――――――――――――――――――――――
  容疑者を目の前にして手ぬるいとの反論の声を遮ったのは、
  意識を取り戻したベッケナー公だった。
―――――――――――――――――――――――――――



                                    ,.-─‐‐ - 、
                                     /        `ヽ、
                                    /   , ‐-、      \
                                 /   / ,人  Y^ヽ     \
                                j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                   l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                                  `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                                  /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
                                  ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
          「ここはもう良い。                 !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
           検問の方に注力してくれ」          `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
                                        |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                                      ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                    / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                                 __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                            _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                          //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                         ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
                        /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i
                        /  /        ヾ.:.:.l |  //.:.:.:.:.:.:.:.:/             /     」

709 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:40:02 ID:bov0KbVo
二310.
―――――――――――――――――――――――
  その場の注目が一気に集まり、
  外傷も無く、意識もはっきりしている様子の領主に
  やらない夫と雪華綺晶もほっと息を吐き出す。
―――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │    「ベッケナー公!
  |   `⌒ ´   |      お体の具合はいかがですか!?」
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



          .r-、_,, - ''´ ̄ ̄``'-、, _,,
        〆´__t=lニニ     ̄``'ー l .\
        l __,,fゝ }==-     --==--r-,  l
       l  /   i ,    、     i`ー'l  li
        l ./ | i i l i l i  l l .li l i  |、l l .l、
      / ./ l .l ll l l  l l  l .l l l l i /l l l/. }
       ノl 7 ll  l l.l l l _!_ l ((l l .l l l/ i  l l λ
     7λli  ` i lヽli.ノr-. 、=l))l .l l l / ./ l iλ .| `ー、
  . / i l l   i l lく レ` r′lⅥ V7l l  l li 入乂  l      「証を………守れませんでした」
   /  l/ヽヽ .! i (( F、,,i_/ '   ヽ{li l.i λ .|ヽ`l l
  l  ,  l  i l lヽ! !l.ゝ、   -  ,,イll./、.l.i   i  i .l .入
  .l  l l  l__l l } i i┌>- , イ´└l {./ } r-, .l l   `ヽ,
 λ  i .l、 入'´|Ⅵ λ、_)  つ   7l l / l-z,) !、 .l ヽ  l  l
..7 ` .7 l ../   フ / .l lーz )´乙__凡\ll .l   .ハλ l  l  l
    { .Y    {.! l__.l l/´   \ .| .| .l } }   / 入.  .l  .l
  /  \.\-、...._i .y L >i_f‐ァ< ,l、_f// /____ ./ ;  l  l  l
 i      l ゝ  ノ }     `'''゚と- /i l l   !、!l   ヽ ヽ 入
 !     l l  / /     て、ろ  !l l .l-- ,, 《 .l    ゝ, `  \

710 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:41:02 ID:bov0KbVo
二311.



                                    ,.-─‐‐ - 、
                                     /        `ヽ、
                                    /   , ‐-、      \
                                 /   / ,人  Y^ヽ     \
                                j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                   l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                                  `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                                  /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
 「奪われた―――か。                    ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
                                       !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
  仕方あるまい、                           `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
  応援も到着していなかったあの時間帯、           |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
  誰が居ても結果は変わらなかっただろう」           ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                    / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                                 __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                            _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                          //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                         ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
                        /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i
                        /  /        ヾ.:.:.l |  //.:.:.:.:.:.:.:.:/             /     」



――――――――――――――――――――――――――――――
  その場に居たからこそ領主も割り切ることが出来た。

  下手にキル夫を退けた所で、
  近くに居たであろう妖術師までも出てこられたら
  証は奪われて更に犠牲が増えていた可能性が高いと分かるから。
――――――――――――――――――――――――――――――

711 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:42:03 ID:bov0KbVo
二312.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  それでも自分の判断で錫杖を渡してしまった重圧は相当なもので、
  深々と頭を下げた彼女の両目から、また大粒の涙が溢れてしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――



    ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
   __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
. /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
|  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !
 、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
  ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|
  ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!(| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
   ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l,,ヽー冊―代, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', , ' !,'li llV)/ ヘF/l/ l |  / / l l|     「―――申し訳、ございませんっ………!」
   | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨ `.\il__ /}リ/ノ l , -┼y' l|
   | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j '    _ 彡==、イ/ /ん/  / /}  |、
   |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ      `"   。○ /ソ |' /`ー;' ,'| ハl
    '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7         。 ' ,' ハ/   l / 、 / l|
   ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     、    o  ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
  /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´                /´l|//イX!  |   (_土--― 、
  ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、   r⌒  )    /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
. / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ ヽ    ー    /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
/   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`  ヽ 、、_ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
   ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
  ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、

712 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:43:02 ID:bov0KbVo
二313.
―――――――――――――――――――――――――――――
  言葉の無くなった雪華綺晶が下がった後。
  やっと来たか、と見慣れぬ騎士達を振り返ったベッケナー公に
  王都からきた騎士達は一糸乱れぬ整列、最敬礼で応えたのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |.
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |        「君達は応援の者だな?」
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|        (今更だな。
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_        もう一日、せめて半日でも早く来ていたのなら―――)
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



                                            /                  ヽ,
                                           /"                    ヽ
                                          /"    ,-、,-‐-,,/⌒-‐っ,       ゙!
                                          (   ,ノ~^~ ~  ,,ョョヨヨヨョュ,,ヽ,      ゙!
                                          (   j ,,ョョ⇒>ュ  ゙゙゙(゙ヒリ )ゞ !      ヽ,
                                          ゙(  ヾ゛ ((゙;;リ )    ~~~~::::::::\  ⊂ス  ,,!
            「ハッ!                          \ ヽ  ~(   ,,,,;;    :::::::{  ノ丿 )
                                               ゝ !    ヽ=彡″    ::::゙!   ~~  ア
             自分はエゥーゴ王国中央騎士団                ( V             :::ヽ_,ノ入⌒く,,
             第二小隊隊長、リュウ=ホセイであります!」    ゛ !   └‐---‐‐ーつ  :::::::::;;;;;;|;;;;;;;ヽ
                                             ヽ.    ~ヾ---‐^~´  ::::::::::;;;;;;ノ;,,-‐^~ヽ
                                              ヽ    ゙゙゙゙ヾ:::::::   :::::::::;-‐^~     \
                                               ゙ヽ    ゙゙゙゙~   ;;;_,ノ^~         ヽ
                                               /^~~ヽ-,,______,,--‐^~ヽ,,           ゙ヽ
                                               !   /--、∥┌‐^~~ ヽ     __,,,,-‐^~~~~
                                              !゙   !  .!.∥..|     ゙ヽ-‐‐^~
                                              人______!   !.∥ |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その杓子定規っぷりが今の領主にはもどかしかった。
  普段はその規律の厳守が心地よいが、この国には緊急時までそれを持ち込む悪癖がある。

  今回の事も、どうせ手続きだなんだとやっている内に
  王都からの出発が半日、一日と延びたに違いない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

713 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:44:02 ID:bov0KbVo
二314.
―――――――――――――――――――――――――
  対照的に、契約外の時間や情報収集までも
  臨機応変に対応してくれていた彼らに感謝こそすれど、
  余計な疑いまでかけられるのは面白くない。
―――――――――――――――――――――――――



       ,,;;;-―'''''"'ヘ;;;;,,,
      /      _,,ノ-、.,)、
     i    ,从iリ'    ヾl
      l  r''' ヾゝ      ||
.     |  i.   ___゙ヽ,  ___ .l|    「彼らが真面目に取り組んでくれていた事を保証しよう。
      !  i -< ・>ノ~ r<・>ii
     ヽ,r、|   ""  |~"" iノ    契約外の日中に奪われたのは
      !ゞ|   ,,,,,,,_ ソ;;,,,,_ i       私やリーを始めとしたこの町の警護の不手際であり、
   / `ゞ!     r‐'"""y;; /     彼らを責めるのは筋違いである」
  ,((    i ト,,、   ̄二"';./
   ヾヽ  | ヾ"''ゞ,,___,,,,,ノ;;"
.    `i i  !  """'''''''''''''"



                    _,, -――――- 、
                _,, - ''"           `ー-、_
               /                   \
              /                      \
             /                         ヽ
             ノ          r―― 、            ノ
          /          /     \    ___     l´
           |    __    /   ___   ヽ  /二ヽ`   ヽ
             |  / ヽ  /    、_,\   `Yー 、ヽ       l
             |   l r.ソ/ /  ._ ー、 o、\ 、 ノ ノ |    /
          |  | |( / /   ´ ̄  `` ┘ ソ __  |  /
           /  ヽヽイ l          .  fー。、` |,/
         / /  ゝ, `'"            ヽ`ー'/
          | l / ノノ/         __. -ノ  .l      「しかし、公!
        レレ'"   l.        / ̄ー、\     /
       /;;;`ヽ、   '、     .l|::::::::::::::::::「/  /       実際に錫杖を渡したのは
        /;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、 '、     ヽ、_::::::/ /         この小娘なのですよ!?」
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、'、     _ ̄  /
___/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r;;〉、     ̄  /
;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ/  `ーr、___/_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;|/`ー、__/;;;;;;;;;;;;;;:/;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;|     \;;;;;;;;/;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;/;;;;;;;;|       Y;/;;;;|

714 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:45:02 ID:bov0KbVo
二315.
―――――――――――――――――――――――――――
  まだ若い騎士の反論を、領主は静かな声で封じ込めた。
  おそらく騎士団が居ても結果は変わらなかっただろうと。
―――――――――――――――――――――――――――



                                             ,.-─‐‐ - 、
                                            /        `ヽ、
                                           /   , ‐-、      \
                                          /   / ,人  Y^ヽ     \
                                         j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                             l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                             \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
 「逆に、君達が居ても状況は変わらなかったかも知れん。       `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                                          /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
  その場に居たからこそ言うが、                       ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
  あの状況をひっくり返せる者などそうは居らぬ。                !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
                                                 `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
  ―――それこそ、英雄でもない限りはな」                   |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                                                 ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                                / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                                             __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                                    _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                                    //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                                ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
                                /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i



――――――――――――――――――――――――
  その皮肉が実は、
  一番身近な可能性だったとは気づかないままに。
――――――――――――――――――――――――



          _,.. -― 、_,-、
        , ‐'´       ヽ
      /       , -,  ヽ
     /        / / , -j  lj
   /    , = 、ヘ _j  イ 〃`´ !
    !      〃ヽ、   ヘ'ヽ  !
.   |      /   〃ーrー'   ! |
   !     /     ヽ     l !
   ヽ    {  _,,__    _,._‐''リ
    l,  r 、 l '´-ニt'テ''  !┴' |
     i { r、l l       '、  !         「くっ………!」
      ! iヾーl j       - '  !
     _j人l Tl    ー―,,'  ト- 、
    lく   Tヽ`ー- 、     l   〃
    ヽヽ  ! \ヽ、,-ミェ- くトi  〃
     >ヽ ヽ /7  ハヽヽヽl 〃、__
_, -‐ ''´  `´l  ヾ/  リ !  l! lヾく     `
       ヽ\ \   '  l /ィ7 '
 ̄ ̄ ̄ ` ー 、ヽ \ ヽ  /イ/    , - '
        l ヽ ヽl// レ  ,. -‐'´

715 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:46:01 ID:bov0KbVo
二316.



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |.
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |           「今必要なのは、責任の所在を彼女らに押しつける事か?
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!           違うだろう?
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_           国王への報告、王都とソロモン残り二つの防衛見直し、
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、        追っ手を差し向ける事が優先ではないのかね。
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__     ―――なぁ、ホセイ君?」
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これ以上の対応遅延は許さぬ、と暗に含ませた言葉に思うところがあったのか、
  汗を浮かべたホセイは部下の失礼を詫びた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                   r'~⌒            ヾ
                                _r"~               ヽ
                               / '´                  λ_
                              τ                     z,
                             ノ´                      〉
                             1'                       ζ
                             レi               ,          <´
                 .             ソ      , i ノ レ-ι'1_ノヮノν´ヾレ,   ノ
                              {      r' ,, -.、   ´     ,;'==;.L r'
                              ゝ    Ξ - ''"_'=-、 __ノ,,_∠_,,.  |r '、
                 .             ヾ、r'~ヽ〈   ヽ!二' "   .ヽ,゜‐,,,.  |lウ l
        「仰る通りです………           | ベl {. u ,,,       ヾ. ""ヽ./
         部下の監督が              ヽ ヽY   u    (     ,,.ノ     i
         行き届いておりませんで」           r'\-`      `"  ~´       ト、
                                |.ヾ, ヽ、 _     ___,,..ィ    i .r'┐
                               /´| ヘ_ r< i___ ´   _,,      / /ヘ\,=.、
                             l' ~'. ∧  .V |~ ' --i |         / i/ .ii/ハ ヽ`ト rヽヵ_
                          ,, r' 7  | .!   ヽ |   | ト 、,,... ----- '-'´ハ ,/イ  !  |. \ L\
                       , r' ~´,, -ヶ.  !     |ヽ   | |        ,,/ | ∧  !  |  L|_|_}、
                   _/_ r'´   |.   !.      | . \.| !`' ―-- 、 =/.  | 〈. |  !.  |/´  | \
                 ,,r'´\\      |   !       |. `〉 /.\ 、         | ノ ||  !  |    |  |
                 \ \ヽ \_,--、|            |  ヽ.ヽ  \        | !   |.  ! |     |  ヽ

716 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:47:04 ID:bov0KbVo
二317.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  すでに冬空は夕暮れに覆われている。
  夜闇に紛れられては追跡も困難であろう、と検問強化と集合を指示した領主は次に、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                           ,.-─‐‐ - 、
                                            /        `ヽ、
                                           /   , ‐-、      \
                                        /   / ,人  Y^ヽ     \
                                       j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                          l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                       \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                                         `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
             「リー団長に伝令を。                /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
                                         ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
             『王都騎士団と合流、検問強化後に          !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
              役所に集合するように』」                 `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
                                               |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                                             ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                           / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                                        __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                                   _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                                 //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                                ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久



                   ,.-===、、
                 /イ   ヽヽ、
                 :l匚ユ_____l
                 jΘ-|l__-‐l.l‐i|
                 リ ..ム\ 」∟i
                 ( ( ─,' ヽ'´ ム          「ハッ!
             ,,....___,,,〉-!、_O 只0),--- 、      直ちに!」
            ./  / / `'''‐‐,‐‐'' ̄ .| (   ヽ
            l / ./     /      ヽ ゝ、  ヽ
            l/  j  ,.-‐∧,     卜  \_|
           '゙Y Y/´    `゙'''‐-、_rイ / ̄`ヽ
            | イ    _,,....,,,,    ^ 'リヽ     ヽ
             ∟│ ノノー‐‐ヽゝ、   │  、___..,,/
            ..テ─レ' '´| | | | ヽヽ、__|   ヘ----`、
            にニ| ̄|-冂冂-|´ ̄|冂~l   i─个)
           ,'   |  |-凵凵-|   |凵 |    厂   )
           /   l─-' ̄ ̄ ̄l─‐l┌┘   |   丿

717 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:48:02 ID:bov0KbVo
二318.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  妖術師に町中で暴れられては大事になる為、
  優先されるべきは人民の安全、錫杖の確保は二の次と
  徒に刺激しない程度に留めてから、王都からの者達にも協力を要請したのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |.          「家屋の強制捜査などは行わなくて良い。
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!           ホセイ君達も疲れているだろうが、
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|           この町の者と協力して
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_          錫杖を持ったキル夫君の捜索を―――」
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



                                   ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                    |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                    /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                      { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                        ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                          |:: ハ  `     u         }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
 「………残念ですが、                            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
  すでにこの町には残っていないと思います」                ノ ノ' l心  `ー‐一`   u  ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                             |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                            リ ヽ u     ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                       __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                   ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r     u      / / |、:! ヽ、
                              ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                  l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                                | |      ヽ  \   ヽ        i   u        ノ /  ヽ、
                              、  | |       、   \   u       ノ        / / r   ``丶、



――――――――――――――――――――――――――――――
  走りずくめだったのだろう、
  全身に汗を浮かべているエルが突然割り込んできてそう言った。
――――――――――――――――――――――――――――――

718 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:49:02 ID:bov0KbVo
二319.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      「エル、無事だったか。
  |     ` ⌒´ノ       ………やはり、すでに足取りは全く掴めない?」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く__,-ュ__ユ¨‐‐- 、_
   |    ___ 三) ` ヽ__  `-
    |    |       ̄    `ヽー、}



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  呼吸を整えるのを待ち、そのままじゃ風邪をひくだろうと手ぬぐいを差し出すと、
  頭から被った彼は初見の大勢を見回して頷き―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                _,.-'´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                              /___       \
                                            / ニ二______       ヽ、
                                            /,.イ´::::::::i::ヽ::\:::ヽ:`ヽ、      !
                                            | l::N::::::::!:::::\:::ヾ、\::ヽ.   i l
                                            l i::レ:::::::ハ::ヽ::::::::,ィ‐-、ヽ::i   l l
                                            | ノ:::::::::::ir‐t:、::ト、::::! {::)〉!::::l     l
         「ええ。                                  l ´i:::::::::::ト、_ソ  ヽ:!`‐´ |:::::l   i l
          あれほど目立つキル夫の目撃談が、                |ノ1:::::::::iゝ   、 _    リ!::l   l  !
          この館を出た直後から完全に途絶えていました。..    ! iハ::::::ヽ.     __    ノ,イi      l
                                            |  i:ハ:ト、::ヽ. ´ - ` /ノリ!   i  `l
          おそらくはこの近くに妖術師が潜んでいたかして、....   l  l! i ヽハ` 、 _,.イ   / |   l   }‐ィ、_
          テレポート  リコール・ポーテーション                      i     l   リV`ヽ.   /|   i  ノ/i   ̄`ヽ、
          転位の魔法や帰還の魔法で                    l    i   ,.イ   !  / i     i  l     / ヽ.
          キル夫ごと町を離れた可能性が高い」           |    l  (ヽ、  l  ,.-‐|   i  |  !    / i   i
                                            i      r‐'\\`゙__ ,.イi   l  |    /|  l   !
                                            |     _j    `‐--‐''イ/!  ソ‐、_l   / |   i  l
                                            l  ,.-‐'!  i /  \ // |  ノ   i   V   i   i  |
                                            レ'´i  ヽ l /         └‐'    ヽ、 !  l    l i
                                              l i   V!l                 ヽl  ハ   i |
                                              l !   i |                ゙i /  !   ! l
                                              l  i   l|     ー==- 、         l/! ,.ヘl   |

719 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:50:02 ID:bov0KbVo
二320.



                |/
          / ̄ ̄\    ̄
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |     「どちらもかなり高位の魔法だが………」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /      (相手の実力も知らずに判断出来る事じゃない、
      ./ ノゝ     /         エルはその妖術師に心当たりがあるのか?)
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



――――――――――――――――――――――――――――
  長距離の転位を可能にする理力魔法を挙げられて
  相手の実力を推し量ったやらない夫が気づいた様子なので、
  可能性の段階です、と彼にだけもう一度頷く。
――――――――――――――――――――――――――――



                                               ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                              i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                            i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                               !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                                  .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                               i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                              !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
    「ああ、もちろん聞き込みをした上での推測です。                 /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
     見逃した可能性や                                '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
     まだ潜伏している可能性もあります」                        `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                                  .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                                    ヽ、、      /::::    : //
                                                        i    ., '""'-、,,__.._ //
                                                       ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                               |.  ヾ、:/

720 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:51:02 ID:bov0KbVo
二321.



                          /:::!:::::::':,::::ヽ、:::::ヽ、:::::::::::ヽ、::::::::::::ヽ、::ヽ::::::::::::::::::::::::::フ
                          /::::::::::!::::::::::':;:::::::ヽ、:::::ヽ、:::::::::::ヽ、::::::::::::ヽ::::ヽ:::::::::、--く.
                          /::,':::::::::l:::::::::::::'::;:::::::::ヽ、::::ヽ、:::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::ヽ::::::::ヽ、:ヽ、.
                          /!::i::::::::::ハ::::::::::::::':;::::::::::::`ヽ、:ヽ:::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::ヽ、:::::::`ヽ、
                        //!::l:::::::/::::ハト、:::::::::::ヽ:ヽー、::::::ヽ::::ヽ、:::::::::ヽ:::::::::::::ヽ::::::ヽ:::ヽー‐ヽ、
                         l l::ハ::::;':::::|., =、::::::::ゝヽ. `ー,=、ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::::\::ヽ、
                          !:l:::!:,!::::::K(:::::}ヽヘ::::ヽ. ヽl!l::::::::} )、:::ヽ:::::::::ヽ:::::::::::::、::::::::::ヽ`ヽ
 「………済みません。            !:l:::l:}::::::::!ゝニ彡! ヽ、、 ヽニ´彡 !:::::::!:::::::::::!::::::::::::::ヽー、:::::::\
  キル夫を捕まえる事が          !ハ::!:::::::::!. `´ /    `ヽ   ̄   ヽ::::lヽ::::::::!:::::::::::::::、:ヽゝ`ー‐`
  出来ませんでした」               }!:::::::::{.   ,'            l!:::!::::ヽ、!:::::::::、::::::ト、ミヽTー――- 、
                           ,.」!:ハ::::::ト、  ヾ ‐-          l:::!::::!:::::ヽ、::::::ト、:!. / ヽl
                           / l::! ',:::::',.  _ ___         }::i:::∧::::::! ヽ、ヽ /  /
                        /    !l ヽ::::ト、  `ー―`‐      /!:i:/ ヽ::::l  `ヽ/  /l   /  /
                          |    ヽ  ヽ::! ヽ、 ー‐      , '  !/   ヽゝ、 /  / l      / |
                        !    ',   ヽ.  ヽ      ,....'::::    !  ノ   ヽ! / ./ l      / ,'
                        〉、    ,       ヽ __,∠:::::__  , --、,-、    //  ll     /  ,
                  , -― 7´        ,           r―‐'´r‐' ´   `ー‐く/       l    /



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ       「それは私じゃなくてベッケナー公に。
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧       あと、コナタにもちゃんと説明してあげてね?」
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大口を叩いておきながら、と謝るエルに首を振った雪華綺晶の視線の先には、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

721 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:52:01 ID:bov0KbVo
二322.
――――――――――――――――――――――――――――――
  領主と同じ頃に意識を取り戻してはいたが、空中を見つめたまま
  遠目から見ても分かる程に震えているコナタの姿があった。
――――――――――――――――――――――――――――――



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
    ; l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.! ;
.    ;λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l;
     ; l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ ;
    ;j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ;
    ; |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l|| ;
     ;!::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|; カタカタカタ………



                                 ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                  |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                  /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                    { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
 「ええ、分かっています」                       ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                        |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                        |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                      ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
 (あんな状態のコナタを放ってまで行ったのに               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!、
  手がかり一つ掴めないとは………!)                  リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                     __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                 ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                            ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                              | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                            、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

722 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:53:02 ID:bov0KbVo
二323.
――――――――――――――――――――――――――――
  手短に報告をしてさっさとコナタの側に行ってしまったエルの、
  線は細いが背負う物がある後ろ姿を眺めていた領主は
  しばし考えた後にやはり検問を強化する事に決めた。
――――――――――――――――――――――――――――



                                 ,.-─‐‐ - 、
                                  /        `ヽ、
                                 /   , ‐-、      \
                              /   / ,人  Y^ヽ     \
                             j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                             \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                               `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
  「手遅れかも知れんが               /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
  検問の強化は行う。                 ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
                                  !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
  ホセイ君、役所まで一緒に来てくれ」             `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
                                     |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                                   ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                 / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                              __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                         _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                       //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                      ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´     「了解であります」
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |
                  /   l        ――‐-、   j
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /
              /         /-、,,__      /
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_
        \    、―--- 、 ,,,_  `ヽ 、  ヽヽヽ     `ヽ、r-、_

723 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:54:02 ID:bov0KbVo
二324.



                  _,,..,_,..;  __
                 ,,-: '"      `'ー‐┐ _
               /'´            ´ <
              _/"               `ヾ
            r'        _  ,            )
          /      _,/´,;;..、ヾr'7 _,      〉
             !'      ,.' "´,_ヾ.、.; ´ーr' ,.    /
           シ  ,:-‐、  r''  〈o__ヾ.、ノ; _ ,,,,;'┐ ,.イ
           〈 .i )、ノ }. `'' ゙`゙  ,,:: r。ヽ`/ r'´
          ヽ;|´ !;.ヾ'~        ._  ヾ';:/r '´       「騎士団!街路に整列!
           ,,..-/ヽ'    ,.. -‐:、_    ‐'' .i
            /  ̄__~" ''ー-、'`'^-‐、`_ -、  |           打ち合わせ後、
           / /<>=,<>‐7  r=ヽ.,,__  ヘ l  〃、_       自分とジェリド班の五名は先に王都へ戻る。
.         / `"" ''‐‐=:-r'` ̄ ''_l ,!__ ,,シ ./ヾ、>、      休息を取っておけ」
      ┌`''" ̄''"~´     /"= _,,ヾ、 //. ヽ
|、       ./       _,,... -ヘ,,___ ‐''´    `゙''-、,  ヽ
. |      /   ,,. -‐''´     /           ヽ、 ;
 l    /  /.´         /              ヽ,
  l   i /          i                ヽ
  l.  |,/              l                ト 、.._
    l. |                |               ,,;:: ''´
    |.            ''               __,,,.....



                     __
                  _ノ´   `ヽ、
               厂           `>、 _
                  ノ´             `> 、
            .,.イ                   `ヽ
            / /                        \
              〈 {                         ',
              ∨ヽ、   ⌒ヽ、                   l
            }  `     .,ヘ     }   __       l
             {         / ゞ    ノ ノ´  ` ,:      l
               ゝ、      /  {〃イ , - '"     ∨:    j
             ミ    /   ヽ !リ           ∨:  ,'
             ∨   ,'      {             ミ:  ,'
                 ∨ l <≧-.、,,_   {_,,、-≦千> j: ,'
               ∨lj  ー tァー ヽ ヾ"¬tァ ー  lヘ,'    「了解しました!」
               !K:!    ̄´   l     ̄´   j_)}
               l(l:!       j        |)/
               ∨j        ヾ;>         j イ
                 ヾ、      ______       /|:リ
                 リヘ    ´  ,,,  `  r‐<j、ノ,,,____
             ____| l|\          |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
              i´::::::::::::::リ| \ ____/|:.:.:/,、,、7:.: /
              |:::::::::::::::::::::|  ,、r─ 、____ /:.:.:ム゙'゙'/:.:./
              |::::::::::::/⌒/::::::::/::::::::::::く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
              |:::::::::///::::::::/:::::::::::::/´:.:.:.:.:.:.:>:<_______



―――――――――――――――――――――――――――――
  承諾した隊長の号令で、騎士達がぞろぞろと出ていって―――
―――――――――――――――――――――――――――――

724 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:55:02 ID:bov0KbVo
二325.
――――――――――――――――――――
  ようやく静けさを取り戻した庭園の中央。

  前に出たやらない夫が複雑そうに言うと、
――――――――――――――――――――



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
.     |     (__人__)       「………ご無事で何よりでした」
      |     ` ⌒´ノ
      |         }
   _./:l ヽ        }
‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`::/::::::::l



                                        ,.-─‐‐ - 、
                                         /        `ヽ、
                                        /   , ‐-、      \
                                     /   / ,人  Y^ヽ     \
                                    j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                       l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                    \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                                      `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                                      /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
                                      ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
                                         !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
            「君達に、警護の延長と              `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
             日中対応の正式依頼を              |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
             相談しようと思っていた矢先に………      ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                        / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
             出し抜かれてしまったな」         __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                                _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                              //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                             ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
                            /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i
                            /  /        ヾ.:.:.l |  //.:.:.:.:.:.:.:.:/             /     」



――――――――――――――――――――――――――
  肩をすくめたベッケナー公は上手くいかないものだな、と
  髭を動かして苦笑いを浮かべる。
――――――――――――――――――――――――――

725 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:56:02 ID:bov0KbVo
二326.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  防衛の主体は騎士達が担うべきだと思っていたとしても、
  今とは別の結果になっていたであろうその選択肢を
  自分の寄り道で潰してしまったやらない夫にはもはや、謝る事しか出来ない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',     「遅れてしまい………
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬      申し訳ございません」
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



                                            _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
                                          /       _,,ノ-、.,)、
                                         ./       /'   `ヽ\
                                         i     ,从iリ'      ヽ l
    「過ぎたことは仕方が無い、                        l   r''' ヾゝ        i |.
     敵の方が上手だったと言う事だ。                     .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
                                          !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!
     どうやら騎士達の心証も良くないな、               ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|
     このまま君達を雇い続けるのは難しいようだ………」     ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_
                                        /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
                                      /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
                                     ,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
                                          ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
                                     .  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



―――――――――――――――――――――――――――
  街路に整列している騎士達をちらりと見やった領主に習い、
  視線を巡らせてみると―――
―――――――――――――――――――――――――――

726 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:57:02 ID:bov0KbVo
二327.
――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶は、錫杖を渡してしまった責任の重さに黙り込んでいる。
――――――――――――――――――――――――――――――



     _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
     》ゞそヅ/                        \乂v匕人
    ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
  ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
_)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
. / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
 l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |      「……………」
 }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
  \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
   ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
   / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
.  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
 / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
  /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )

727 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:58:02 ID:bov0KbVo
二328.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  重傷を受けたコナタは回復したものの、精神的な衝撃が大きいらしく、
  エルが落ち着かせようと必死になっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                            ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                      .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                      .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
                            ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
                             li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
         「コナタ………」             ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
                               ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
                                  ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                    ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                      l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                    ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                              ヽ ヽソ



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
    ; l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.! ;    「嫌い………
.    ;λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l;     魔法、嫌い………」
     ; l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ ;
    ;j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ;
    ; |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l|| ;
     ;!::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|; カタカタカタ………

728 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:59:02 ID:bov0KbVo
二329.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  アストナージは殺され、館は半壊し、メイド達も疲れ果てた顔で座り込んでいる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  _.,.
              .:.:::"´
              i.:.::
             j    . .:´
             {   .:.:´
             ノ  {´
            {  :.:.
             `ヾ: :..  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     ______ `:. :、、..||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三 `:.. .:: ||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __:.:....||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| }. ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|ノ|...||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄{. . ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三.ヾ. . ''>.l..、/゙||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   _: .: : ;;;'\_ ゛  二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|.! |.....| |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     ________..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-:|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''

729 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:00:02 ID:bov0KbVo
二330.



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :: ::|
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'/
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\



――――――――――――――――――――――――――――
  キル夫は敵の手に絡め取られ、護衛対象の錫杖も奪われた。
――――――――――――――――――――――――――――



                      ,.---ミ、
                      /     ム
                      {      }
                      V     リ
                      `||||___||||
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                         j-.!
                        ` ´



――――――――――
  それでも―――
――――――――――

730 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:01:02 ID:bov0KbVo
二331.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでも、まだ出来る事がある。
  歪められた流れを正しき方向へ戻すのに、何のためらいがあるものか。
――――――――――――――――――――――――――――――――



            ,. ‐―――――‐ - 、
           /            \
          /                    \
       /    \         ノ      .',
        /     ,  ゞ.._,, ー "   、    ',
        l     l {::::::::} l  l {::::::::} l     l
      . l     ` ー ' '  ` ー ' '      l
        l      /    .!    ヽ       l
        l      ヽ__/ \__/.       l       「―――あの!」
        . l      〈        〉       l
       .l        `ー――― '         l
        l                   l
       . l                   l
         . l                    l
        !                     !
        /!                    ,'^ヽ
       /{ |ヽ                 /| / \
     /  ∨| ヽ            / | /
   / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /
 /\   \  \        /   _ /
"ヽ  . \  ヽ  ` ー──一'   /
  \  \  \        //
  ,  ‐┬─‐'フ⌒ヽ` ー── ´ /
/    ̄ ̄     }  \     /
  /  ̄`ヽ/ ̄ ヽ   \
 /     /     | ̄`ヽ ̄ ̄/
./     . /      |    | ̄ヽ
      /     |   |   }



――――――――――――――
  双眸に燃えるは決意の炎。
  握りしめた拳は覚悟の証。
――――――――――――――



                         ,.-─‐‐ - 、
                          /        `ヽ、
                         /   , ‐-、      \
                      /   / ,人  Y^ヽ     \
                     j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                        l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                     \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                       `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                       /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
                       ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
                          !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
                         `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
     「ん、なんだね?」             |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                           ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                         / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                      __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                 _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
               //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
              ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
             /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i

731 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:02:03 ID:bov0KbVo
二332.
―――――――――――――――――――
  その言葉は、英雄の誓いに他ならない。
―――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : : :ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_|
./:/V   l              ,‐-,.._ ゞ
.V.     l              l 弋心 l
.     l              冫.ー く
.     l               l    ノ!     「錫杖は必ず取り戻します。
.      l               `ー‐ f r'      お約束、します」
     l                  ノ'
     !                     /
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

732 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:03:02 ID:bov0KbVo
二333.
――――――――――――――――――――――
  ところが。
  アストナージの家族に説明に行かなければ、と
  気の重いベッケナー公から返ってきたのは
――――――――――――――――――――――



             /       / / ,.-'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛ヽ-、   `、
             ,'       ,' // ,'´               ゛!    l
             ,'      ,ヘ(/ノ                   l   |
           ,!     /                    `ヽ  |
           ,'     ,'                      } |
            l: :    'イ                       |  l
            |: : :     /             ヽ             | ,'/
            |: :/´ヽ、 i   ,. -――--- 、  ノ            リ,'
           ∨/´ヽ| ,'  ´ _ "´ ̄`゛ヽ, `"  /―--―-、   ,'/
           ! / /,' |  ;;;'''      `  ''  ,'( '"´ ̄ヾ   /ヘ       「………ハハハ。
          /', ! l| l                 l ヽ     =   lィ l        まぁ、頑張ってくれたまえ………」
          /.:.:.:.!ヽヽ`! ノ              l   l      ,'l ,'
     ,. -'"´:.:.:.:.:.:i l (ヽ_≦              , -、_ノ '´      ,'//
  ,,-'": : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽゝ:.:.彡    , --―- 、,,,,`‐''´__     ,'ン'^ヽ、
 //: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : :.:.l´|    "´´, ̄ ̄`""  ヾ―‐-゙ヽ  /:.:.: : : : \
//: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.,|: : :.:.:.:| ',      ´ ̄`ヽー――‐,=-ィ     /!.:.:.:.: : : : : :\
/: : : : : :.:.:.:.:.:.:.:./:.:./,'   :l i           ` ̄ ̄´      //:.:.:.:.:.:.: : : : : : :\
: : : : : : : :.:.:.:.:.:.,'/     ヽ,,'',,         "゛      ,' i:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : :\
: : : : : : : : :.:.:.:.,'       |  ヾ、"ヽ,,            _ / /:.:.:,.--、: : : : : : : : : : : ヽ
: : : : : : : : : :.:.:|         ヽ   ヽ、`ヽ、__,,_       _// ̄ヽ/:::::::::ヽ.: : : : : : : : : : :ヽ
: : : : : : : : : :.:.:|       ヽ    ヽ,,_,,_ ゛"` ̄゛_,!:::::/::::::::::::::::/.: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : :.:.:l        ヽ       `゛^´ ̄´  |::/:::::::::::::/::::!/`ヽニニニニ'''



――――――――――――――――――――――――――――――――
  気休めをありがとう、と期待していないのが丸わかりの冷えた声だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|             ,/    |      \
    |            |     |     |
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ

733 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:04:03 ID:bov0KbVo
二334.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでようやく、先程からずっと感じていた苦みが何なのか思い出せた。

  その苦みは冒険者の自分の、存在の軽さ。
  言葉の軽さだと言う事を―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i      (ああ、そうだった―――)
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  後ろ盾のない自分の言動など、綿毛や羽毛程度に浮薄。

  前に居た国であれほど皆に受け入れて貰えたのは、
  偏に大きな信頼を寄せてくれた親友の父や上司、王位継承者の存在があってこそ。
  もう一つ前に居た国で自由に動けたのは、共に居た王族の存在があってこそ。

  本来、十八歳の冒険者はこれほどまでに軽いものなのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

734 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:05:03 ID:bov0KbVo
二335.



       ,,;;;-―'''''"'ヘ;;;;,,,
      /      _,,ノ-、.,)、
     i    ,从iリ'    ヾl
      l  r''' ヾゝ      ||
.     |  i.   ___゙ヽ,  ___ .l|
      !  i -< ・>ノ~ r<・>ii      「もう行きなさい。
     ヽ,r、|   ""  |~"" iノ      今日まで、ご苦労だった」
      !ゞ|   ,,,,,,,_ ソ;;,,,,_ i
   / `ゞ!     r‐'"""y;; /
  ,((    i ト,,、   ̄二"';./
   ヾヽ  | ヾ"''ゞ,,___,,,,,ノ;;"
.    `i i  !  """'''''''''''''"



―――――――――――――――――――――――――――――
  契約金の話はない。
  証を奪われた責を、それで不問にすると言ってくれているのだと
  察したやらない夫はただ頭を下げ―――
―――――――――――――――――――――――――――――



                                                     / ̄ ̄\
                                                  /  ヽ、_  \
                                                 (●)(● )   |
                                                 (__人__)     |
                                                  (`⌒ ´     |
                                「お力になれず、   .     {           |
                                 残念です………」       {        ノ
                                                   ヽ     ノ
                                                   ノ     ヽ
                                                    /      |


735 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:06:03 ID:bov0KbVo
二336.
―――――――――――――――――
  後ろにいた雪華綺晶を振り返る。
―――――――――――――――――



   !:::::::::::::::::::::::|          |:::::::::`‐-、:::!
  |:::::::::::::::::::::::l           |:::::::::::::::::::::::|
  i:::::::::::::::::::::::l             !:::::::::::::::::::::::l
  l::::::::::::::::::::::!            |::::::::::::::::::::::|
 /:::::::::::::::::::|               !::::::::::::::::::::l          「―――失礼します」
/_::::::::::::::::::::!                |:::::::::::::::::::|
ヽ、:::、:::::::::l                  i:::::::::::::::::::!
、ヽ、ヾ、:::|               |:::::::::::::::::::|、
:::\::\:::ノ               l::::::::::`ー==!
ヽ、:::ヽ:::!                  ヽ::::::::::::::::::::|         ザッ
 /`ヽ__/                  i:::::::::::::::::::l
 ̄´ ̄ j                   |::::::::::,ィ'=弌!、    ―≪(_  .:
¨ ̄´                    ヽ_ノ !ノ tf==、       \.,し
                        iニ`ヽ〃/  ̄`ヽ_       V
                           `ヽ、_゙ー‐‐'")      }
                                       /
                                     /
                                  ―≪´



―――――――――――――――――――――
  ―――未だ存在が軽くとも。
  言葉が軽くて、届かない事があったとしても。
―――――――――――――――――――――

736 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:07:05 ID:bov0KbVo
二337.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  この国で今はそうだとしても―――
  月下に立ち、宣言したのは英雄の素質を持つ男。
  場所が場所なら、すでに英雄と讃えられる道を歩んできた存在なのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――


       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,


                        __
                       _/_,,.......,,,,..ヽ_
                 .,,i_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
                   /;;|   (●)(●)|              /勹
                     |;/|   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                  / lヽ     /    /`弋ll         「俺は錫杖とキル夫を取り戻しに行く」
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、 ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|

737 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:08:02 ID:bov0KbVo
二338.
――――――――――――――――――――――――――
  それを受け、当然のように雪華綺晶は同行を申し出る。
――――――――――――――――――――――――――



      __     _
  ,. ,. ´  / ̄>t=ヘ_/ムイ-    ―- __  _
//    /   イ{し}V≠  ̄     == ⌒しイ¬キ―‐、
/     ./ />┬そ__        __,.. {{ 乃ノ i ハ
     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ∥   ゙,   ∨ /  j|
  /  / / , ,  ″: | |i  Ⅵ| |∥ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥ |! | |  /' |  ||
   /   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/  /  |  ||
 /   /| ∥ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|       「私も行く。
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l        剣は無くなっちゃったけど―――」
      //  | 下 乙  ,._    / / |  |     |
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l      (君一人に背負わせるつもりなんか、ないよ)
    .′| ヽjし―<  ー┘ Y´  / //   | |  |    |
  厶イ  丿   {_r<l 〈_  ;′ ト \ |┌ 、  |       !
/´     〔__r┬ 、 /゚厶 く__ イ |  | `ー┴' |         l
| ∧     丿 ,.У゚く ̄\   7|  |」  てヽ..ノ        
ヘ| ヽ  /   ー' ̄)ニ、 ニマ ゚ハ  '、_丿\         !
     /       (__r‐, >く゚/ ヽ  \   ___ヽ ̄\     l
  _r―y′          (__〉 <jヽ__)>、  `<_〈!  丿     l
/   /             >-、丿` ー―-- ニ ー      、
   |         /⌒ヽ_厂 ̄/         | \ ̄  `  、 ヽ
\__广 /7Tヽ   〈       /\       //    ヽ   \ \ \
     ゝ_/ ∨__,ノ      /| | ヽ    〈      '     ',  \
' ̄厂  /rヘ         / | | }┐   /        |     |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  肩代わりしようとしてくれている気持ちはとても嬉しい。

  だが、何の力も持たない町娘ならいざ知らず、自分は戦う力を持つ冒険者だ。
  ならば共に行かずしてどうしろと言うのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

738 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:09:03 ID:bov0KbVo
二339.



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)      「雪華綺晶………」
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



―――――――――――――――――――――――――
  もちろんやらない夫は複雑そうに片目を閉じたのだが、
―――――――――――――――――――――――――



                             / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
                           ./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
                               /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
                               //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
                               ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
                             /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
                           _/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
                            /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
   「待っていられる性格じゃない、よ?」.  ´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
                                    / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
                                  /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
                                 /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
                              , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
                            /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
                           __ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
                              ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
                           ´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
                               /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
                           、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
                           ´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  言い合いも辞さないよ、と不敵に笑う彼女を論破出来るとはとても思えなかった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

739 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:10:02 ID:bov0KbVo
二340.
――――――――――――――――――――――――
  だから、指を一本立てて交換条件を出す事にする。
――――――――――――――――――――――――



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |     「なら、一つ条件がある」
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



                                               ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
                                         _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
                                        ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
                                        l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
                                        l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
                                        l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
                           「条件?何?」    ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
                                      . // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
                                      //,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
                  (後衛に徹しろって事かな?)   イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
                                        /,,_   }li ゝ、i, ))    。   . lil .li l i ,l .{
                                       l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
                                          ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
                                         /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
                                         7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l

740 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:11:03 ID:bov0KbVo
二341.
―――――――――――――――――――――――――――
  あれほど悩んでも見つからなかったこの剣を渡す理由が、
  今ここで生まれた事にやらない夫は驚いたが―――
―――――――――――――――――――――――――――



  O
  ((@))
   ト彡ヽ
    ヽ彡 、
     ヽ彡ゝ__ ___ ノ}          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      )rk´∥nて`-´.           |  この剣を自分の物として     |
     r=‐X)).Y |´           |  使ってくれ。             |
  _ xイ彡チキ.、:::|ヽ|           乂______________ ノ
    ̄  ̄ \`i`' ヽ
         ヽ ミ:ヽヽ
          ヽ ミ:ヽヽ
           ヽヾ.ヽヽ,
            ヽヽ ヽ.' ,
             ヽヽ. ヽ\
              ヽヽ. \ヽ,.
               ヽヽ. \' 、.
                ヽヽ. .ヽヽ
                 ヾ \', ハ
                   \ ゝ |
                    \ヽ |
                     `丶



―――――――――――――――――――――――――
  これも、様々な選択が絡み合っての結果に違いない。
―――――――――――――――――――――――――

741 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:12:02 ID:bov0KbVo
二342.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  戦術でも立ち位置でも、心構えでも何でもない条件と差し出された魔剣。
――――――――――――――――――――――――――――――――



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ     「…………」
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―‐ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i      (まさか―――
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zブ ,  i   i!  │       それで悩んでいたの?)
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ'     ' 冖` /  |   |   !
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '      /,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{  ゝ.   ´=`    イ /   リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ  j⌒}r、  -  <iム,'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \  ⌒)__r- '^Y´ 7 ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.)     ))   ム  i ヽ      `ヽ、  .!



――――――――――――――――――――――――――――
  全く、女の勘という奴は恐ろしい。

  それだけで購入時に何を悩んでいたのかを知った雪華綺晶は
  じっと彼の目を見つめるが、
  困り顔のやらない夫は視線を逸らすと
  縋るようにバンダナに触れてもう一度繰り返す。
――――――――――――――――――――――――――――



                                    ―― 、
                                 / 〉´.,,,,,-----,,,,...ヽ_
                                / /_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|
                             / //〉  ( ー) (ー )  l
                              l  ´ イl   (___人___)  l
                    .        l    iYl    ` ⌒ ´   l
                    .       /   ハ !.!          !
  「その剣を使ってくれ」            /  /  ' ヽ           /
                           l   // 、ゝ       / ヽ_
  (気づかれた、か………?)      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
                    .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                    .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
                        / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                    .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                    .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                      /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !

742 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:13:02 ID:bov0KbVo
二343.
――――――――――――――――――――――――――――
  二人の間に微妙な緊張が満ち、
  先に解いたのはクスッと笑って剣を受け取った雪華綺晶だ。
――――――――――――――――――――――――――――



                         / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
                       ./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
                           /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
                           //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
                           ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
               ・ ・ ・            /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
 「―――分かった、借りるね。     _/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
                          /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
  折ったり無くしたりしても、         ´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
  恨まないでよ?」                     / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
                              /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
                             /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
                          , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
                        /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
                       __ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
                          ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
                       ´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
                           /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \



        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|              「いえいえ、決して恨みません」
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./               (ほんと、適わないな)
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ただ、受け取ってくれはしたが、
  その笑顔にも言葉にも含まれているものがある。

  顎に手を当てたやらない夫にはこの先もやられっぱなしの予感があったが、
  それも良いか、と享受する気持ちが生まれていたのも確かだったりする。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

743 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:14:02 ID:bov0KbVo
二344.
――――――――――――――――――――――――――
  と、やり取りが終わるのを見計らって、
  エルとどうやら落ち着いたらしいコナタが声をかけてきた。
――――――――――――――――――――――――――



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'     「すみません、こちらも落ち着きました」
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



                 ,. ‐,ニニ丶、
            //´   `ヾ:
            j.:/
            {:{          _,.,
             ,. -:`: :": ̄:゙゙: :'':‐- :'": :|
         /: : /: : : : : : : : : : : ; : : : :「 ̄二: :_‐.、
       , ': : : :/:./: : : : :,: : :.ィ::!: : : : j: : : :`ヽ、``丶、
        ,': : : :./, ':::; : : : :./: :, ':|::!: : : : ;{: : . . 、 ` 、
       i: : .:: :,!':::::/: : : ;/: ; '::::::!l: : ; : :ハ: : : : :、: : .ヽ
        !: : :::/::::::/: : :7フア'‐::::::l!: /: :.,'_;;;j: l: : : ヾ::、: :゙:
      .|: ; /::::::;,': : :/_l/___::::::j.:/ : /::::::::i:.|: : :i: l`ヾ: :l
.      ,!',/:;:イ,': :./!{T示干':::::;!/: :/ィ夫ォキ|: : :l: :!  ヾ}
      /イj/:/_|:!: /::|::.!_ l|::::/イ:./::l_ l | lハ{: : :{: :|
     / !: :゙ ' ||;/::l:|:::ヽ-' .::::::::::!/:::::iー' :::!:l'|: : ハ:|    「……………」
       .!: :: ゙l'||:::: i:|::  ̄    '′  ̄ ・l::l !: ,' ゙:,!
       j: : : l::l :::: :i:ト,、      ,,  _,..ィ:.|. |/
      /: : :/::;l ::: : iヘ. ` 7 、-‐ァ:'/|:l::::: :|
     /: : ;!く . l: :: : :i.゙:、 い`ヾ、/ |:|:: : :|
     /: :./\\.!; ; ; ;.i ゙:、-┤ || ト.||: : :.|
     /: :.{'^ヽ ヽ.ヾ: : : :l ゙:、 |  || |ハ|: : :.|



――――――――――――――――――――――――――――――
  見ればコナタの表情は今朝に比べてずっと暗く重苦しい、
  まるでやらない夫が来る前の日にまで戻ってしまったかのようだ。
――――――――――――――――――――――――――――――

744 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:15:02 ID:bov0KbVo
二345.



                                                    / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                          「コナタも無事で良かった。      (__人__)     |
                                                 (`⌒ ´     |
                           具合はどうだ?        .     {           |
                           怠いようなら霊薬あるぞ」        {        ノ
                                                  ヽ     ノ
                                                  ノ     ヽ
                                                   /      |



              ,..::;ニ=-、
              i::/     、
           ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ
         /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
        /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
          l:/::;'::::'オ/|::|:::/:廾!::::::::::゙:.ヾ:、
        ,!,イ:::::/ !':|:l::l::/::::::lハ:::::|;;::::l
         /i:::::!::/iTニT::,!;':::イニリ,!:::l`、:|
          !:(|:'!::l::゚‐':::/:::::::゚‐:!:}::!  ゙!   「………平気」
          |::::M::::!、   _   .ィ:i!リ
          |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|
          !::::|x<!:l  |―| ,l:::|:::!
        l::::::;!ヾl:トミヾ、l〃!:ハ:|
        ,':::::::|  ヾ>ミV∠}′ i|
         l::::::::{ ,r=-=ニL._〉,ノ l|
       ,!:::::::::l      |l!l!|´   |!
       !:::::::::::ト、   |< _/:|
        !::::::::::::゙7ー イ丁´「 〈::::::|
        l::::::::::::/ l  | |  l ゙、::::|
       l::::::::::/ l.  |  |  l  ゙、:|



――――――――――――――――――――――――――――
  ただ、話しかけられれば返事をする余裕はあるらしい。
  なら時間が解決してくれるだろう、と彼女から視線を動かすと、
――――――――――――――――――――――――――――

745 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:16:02 ID:bov0KbVo
二346.
――――――――――――――――――
  早速ですが、とエルが本題に入った。
――――――――――――――――――



                                                  ,ィ
                                                /  ,// _、-
                                            , '/ /‐'::::,、ン'/
                                         , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
                                          _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
                                      r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
                                     /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
                                    /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
                                    //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
                                     !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
                                     /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
 「それで、提案なのですが。                    /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
  私達も同行させてもらって良いですか?           /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
                                 _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
  戦力としてはやらない夫や雪華綺晶の     ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  足下にも及びませんが」             / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
                             ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
                             ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
                             、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
                           .  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
                           .   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
                              i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
                           .   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
                               ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
                               iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)       「いや、精霊魔法や盗賊技能は
   |     `⌒´ノ        喉から手が出るほど欲しい、
   |   ,.<))/´二⊃        願ってもないが………何故?」
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

746 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:17:03 ID:bov0KbVo
二347.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  金銭的理由もないのになぜ、と言うやらない夫の疑問は当然なので、
  ここまで来て隠しておく必要も無いと
  エルは自分達の目的が妖術師である事を告白する。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                    ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                     |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                     /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                       { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
 「私達の目的はキル夫でも錫杖でもありません、           ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
  ティターンズの妖術師です。                         |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                           |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
  二つの件の協力をしますので、                     ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
  妖術師の件も協力してください。                         |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
  それが条件です」                                 リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                        __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                    ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                               ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                   l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                                 | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ         「雪華綺晶、良いか?」
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;            (やはり、妖術師狙いか。
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、         どうやらかなり高位の術者のようだな)
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  どちらにせよキル夫、錫杖を狙う限り妖術師はぶつかるであろう相手だ。
  避けられないのであれば共闘した方が良いだろうと考えたやらない夫が意見を問うと、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

747 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:18:02 ID:bov0KbVo
二348.



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―-ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i      「もちろん。
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zzン /  i   i!  │                     ミュート
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ       ̄ /イ |   |   !      ああでもエルは、どこでも静寂が使えるように
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '     / ,.'z |   |   八      コントロール・スピリット
  \ 彡 /,'   |! !i{ ゝ、   - -_--  ./ /  リ   j ./  ヽ      精霊使役  でシルフを手元に置いといてね?」
    } / /   ∧ ヽ   }ト、      イ ,.'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \⌒}r、>-< i ム{ ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.) ⌒)__r- '^Y´ 7  i ヽ     `ヽ、  .!
   ,.'    ,.'  リ  ├ー'´     ))   ム ,∧  }       \,'
.  /    r=、_./_} !_     (  __   _ノ⌒i!   ヽ     Y
 /  /  /   ´ >i ̄`ーtt=''´ ̄`''tt=ーイ ⌒ヽ,, - 、ィ \   !
.,'  ,.'  /      | .!   jo!>Ⅹ<joi  } ト、   Y    V   ヽ. /
  {  /         ! ト、  ⊥ ヒニ=ニイ⊥r 人  .ノ     i     乂
  {!  i        | | `ー'⌒ヽ、__,ィ⌒ソ ,人        V     ヽ
  Ⅴ .|         | |   i   |!   / /⌒Vv/      }\    }



――――――――――――――――――――――――――――――――
  もう言い合いはご免だよ、と頷いた雪華綺晶は一つ条件を出し―――
――――――――――――――――――――――――――――――――

748 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:19:02 ID:bov0KbVo
二349.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  急にいたずらっ子の様な表情を浮かべると、とんでもない代案も出した。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                                         ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                         / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                        i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                        ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                       .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                        li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
          「それか、風の精霊石でもいいよ?」        ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                                        ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                         !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                        ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                        //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                       / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                                     / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                   / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                                  /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                                 ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、



            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ      「買えたら誰も苦労してません!」
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  精霊石は自然界の産物で、それぞれの精霊の力が宿る為に
  どこでも精霊力を利用する事が出来る精霊使い垂涎の品であるのだが、
  産出量がごく微量でお値段が超絶とんでもない。

  故に、エルが金切り声で否定したのも当然だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――


751 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:20:02 ID:bov0KbVo
二350.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その場には精霊石の一つや二つ、買おうと思えば買える富豪も居たが
  あいにく荷物には無かったし、
  今すぐ買おうと思っても店頭で販売されている部類でもない。

  精霊魔法は対魔法使いに効果的な魔法が多いとは言え、
  理力魔法にも対抗手段がある事から、頼りすぎないように注意する必要があるな、と
  心に留めておくだけにしておいた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |     「精霊石は俺も持ってないなぁ………」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /      (相手が相手だ、精霊使いが混じっていると分かっていたら
      ./ ノゝ     /        サプレス・エレメンタル  ニュートラライズ・エレメンタル
      i レ'´      ヽ        四大制圧の魔法か  精霊中和の魔法 をされるかも知れないし、
      | |/|     | |        慌てて買う必要はないか)



                               ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                  { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                    ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
   「上位精霊は希に喚べる程度ですので            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
    余り期待をしないでください。                 |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                    ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
    それから………」                           |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                        リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                   __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                               ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                          ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                              l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                            | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                          、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

755 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:21:02 ID:bov0KbVo
二351.



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'    「戦力の偏りも著しいですし、
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       指揮はやらない夫に任せます」
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y                         ,..::;ニ=-、
     /            ー┴、                       i::/     、
.    /               |                       ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ
   /            \     |、                    /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
    i   /        \     ハ                   /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
    |  /          ヽ   |                   l:/::;'::::'オ/|::|:::/:廾!::::::::::゙:.ヾ:、
    |  ,'             }  |                  ,!,イ:::::/ !':|:l::l::/::::::lハ:::::|;;::::l
                                     /i:::::!::/iTニT::,!;':::イニリ,!:::l`、:|
                                      !:(|:'!::l::゚‐':::/:::::::゚‐:!:}::!  ゙!
                                      |::::M::::!、   _   .ィ:i!リ  コクコク
                                      |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|
                                      !::::|x<!:l  |―| ,l:::|:::!
                                      l::::::;!ヾl:トミヾ、l〃!:ハ:|
                                      ,':::::::|  ヾ>ミV∠}′ i|
                                     l::::::::{ ,r=-=ニL._〉,ノ l|



               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|    「え?
        r、      |   ` ⌒´  .|     仲間なんだし、対等で良いじゃないか。
      ,.く\\r、   ヽ      ノ     意見を出し合って………」
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´



―――――――――――――――――――――――――――――
  年長者で思慮深いエルも居るのに、と突然の申し出に戸惑うと、
―――――――――――――――――――――――――――――

758 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:22:07 ID:bov0KbVo
二352.



       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',       「また戦場で言い合いもご免ですし。
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',       ですよね?」
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l
           /    /   /          ', ', 'i
          /    '   /            i. ', l



―――――――――――――――――――――――――――――
  襲撃の際に一悶着合った二人の間に、ピリッと火花が散った。
―――――――――――――――――――――――――――――



            , ィヘ ̄>y‐ァ-─ -、 _
            |/ 〈(薔)Y⌒ヽ      ``丶、
           / /( >‐< , /   !         \
         / // こ) / /  ! !        ((_/⌒Y⌒ヽ
          /  l/ , / / /   ! !     |  |   i| /Y ニYi i
       /   / // l/i /  l ,! ,  |   !   ||.:i 人式i| |
        /   /   ,イ /   l  )/   l  /   / l|::|! /^Y^i |
      ,/  / 1 !(( /  ,rr=' l/  /l  /  / / l::|  _ノノi |
      /  /  | |:.:〉こ二仆 l /1 / l /  / / |.:|(( _ ノ  |
    ,/ /   | |:〈{ (Y) ) )}l/ l / ─‐- 、./ / /^i^7     |
    / /     〉トト、ト、こ ニソ::::::::::::::r==ミ、 ヽ| ,/ / |/     ,′   「そうだね。
   ,/ /     // V^l/ ー‐'′::::::::::::{ ,f○} 〉i::/ / /   , /      やらない夫が適任だね」
  / /     //  l{ _)           ゞ‐‐ < :/ィイイ /   / / |
 ,/ /    //  |,.ヘ   ヽ _,      /   / /   / / .!
 ′/   人//  /(⌒) 、          ,.ィ:/   / /   / /  .:|
  / /    >イ   入L1 >‐──一<⌒/   / //!// /  . :.|
 _/    (  〉二ニ   / ⌒Y⌒ Y /   ,/ /  |/ /  .:.:::::|
        Vr‐-,  , 人_人_人/   / / ~~\ .:.:.::::::|
         ).::<_ノ入 _ _ノ入_/   //´        ヽ:::::::::|
   ─ <⌒Y´.:.:/。゚ /´ ̄`7弐く7 /   //           `,::::::|


759 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:23:02 ID:bov0KbVo
二353.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  少し迷ったが、幸い自分は父の教育のおかげで知識や戦術論をそれなりに備えている。

  何かあったら遠慮無しに意見を述べて欲しいと前置きをしてから
  その役に就くことを了承した彼に、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : : :ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_|
./:/V   l              ,‐-,.._ ゞ
.V.     l              l 弋心 l
.     l              冫.ー く
.     l               l    ノ!
.      l               `ー‐ f r'
     l                  ノ'      「ただ、言いたい事があったら
     !                     /       どんどん言ってくれな」
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                  ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                 i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                               i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                  !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                     .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                  i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                 !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
       「差し当たっては、                   /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
        何処に向かいますか?」            '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                     `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                     .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                       ヽ、、      /::::    : //
                                           i    ., '""'-、,,__.._ //
                                          ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                  |.  ヾ、:/



―――――――――――――――――――――
  早速、試すようにエルが目的地を聞いてくる。
―――――――――――――――――――――

760 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:24:02 ID:bov0KbVo
二354.



                       , -、
                  , -   / /
       / ̄ ̄\      / ノ/ /
     /ノ \_  \    / / /`ヽ
     ( ●)( ●)    |   {    (__/}
    (__人__)     |   {    (__/}
     (`⌒ ´     |   /     (__.ノ
      {        |   /   ,;-ー'´
      {         /  . /  . ノ        「王都か、ティターンズの本拠地か迷ったが、
       ヾ      /  / ./          王都に向かおうと思う」
       ソgヘ二ニ=7./  /
      ∧ii/ oィ/厂  /
     / .|//=≠. r'´
     l  |。     `~/
     /  |。      /



――――――――――――――――――――――――――
  これには間髪入れず、北西の夜空を真っ直ぐに指さした。
  彼の中では行くべき場所がすでに決まっていたのだ。
――――――――――――――――――――――――――



                                         ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                         / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                        i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                        ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                       .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                        li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
                      「その心は?」          ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                                        ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                         !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                        ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                        //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                       / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                                     / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                   / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                                  /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                                 ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、

762 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:25:01 ID:bov0KbVo
二355.



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       「盗賊ギルドなり、なんなりに尋ねれば
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ        奴らの本拠地がどこかはすぐ分かるでしょうが………」
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ                (まぁ、四人で踏み込むのも馬鹿のする事です)
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



――――――――――――――――――――――――――――
  キル夫、錫杖、妖術師の三つを追うのであれば
  錫杖が持ち込まれるであろう本拠地が優先のはずだ。

  何故王都を、と解説を求めるエルに腕を組んだやらない夫は
  自分の考えを告げ―――
――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;                「時間が無いのか分からないが妖術師が表に出た以上、
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、             残り二つも強攻策で奪いに来る可能性が高い。
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_           なら、確実に来るであろうどちらかの町で待つべきで、
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ         ここから近いのは王都の方だ」
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}

763 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:26:01 ID:bov0KbVo
二356.



                                ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                 |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                 /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                   { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                     ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                       |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
    「………ああ、なるほど。                    |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
     まずはキル夫を助けたいんですね」           ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                          |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                         リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                    __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                           ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                               l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                             | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                           、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルはそれだけで、襲撃の場に居たいと言う彼が何を考えて居るのかを察した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



              ,..::;ニ=-、
              i::/     、
           ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ 
         /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
        /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
          l:/::;'::::'オ/|::|:::/:廾!::::::::::゙:.ヾ:、
        ,!,イ:::::/ !':|:l::l::/::::::lハ:::::|;;::::l
         /i:::::!::/iTニT::,!;':::イニリ,!:::l`、:|
          !:(|:'!::l::゚‐':::/:::::::゚‐:!:}::!  ゙!   「?」
          |::::M::::!、   _   .ィ:i!リ
          |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|
          !::::|x<!:l  |―| ,l:::|:::!
        l::::::;!ヾl:トミヾ、l〃!:ハ:|
        ,':::::::|  ヾ>ミV∠}′ i|
         l::::::::{ ,r=-=ニL._〉,ノ l|
       ,!:::::::::l      |l!l!|´   |!
       !:::::::::::ト、   |< _/:|
        !::::::::::::゙7ー イ丁´「 〈::::::|
        l::::::::::::/ l  | |  l ゙、::::|
       l::::::::::/ l.  |  |  l  ゙、:|


765 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:27:01 ID:bov0KbVo
二357.



                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!     「そうだ。
      |         }/  .::::::::::::::::::::/      人前で利用された場合、遅くなればなるほど
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/       キル夫を助けられる可能性が下がる」
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



―――――――――――――――――――――――――――
  命を助けるだけではない。
  社会的な立場をも助けようとしているやらない夫の考えに、
  雪華綺晶もようやく話が見えた。
―――――――――――――――――――――――――――



                                _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
                                》ゞそヅ/                        \乂v匕人
                               ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
                             ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
                           ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
                           _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
       「確かに、王都強奪に        . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
        利用される可能性は高いね。    l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
                            }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
        そして、洗脳されているとは     \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
        誰も知らないわけで………」       ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
                              / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
                           .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
                            / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
                           ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
                             /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )


768 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:28:08 ID:bov0KbVo
二358.



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',      「それもだし、 洗脳されているからと言って
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬      やってしまった事が消えるかどうかが分からない。
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l     前例を殆ど聞いたことがないから、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!    余計な事をさせられる前に助けたいんだ」
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



                                          .r-、_,, - ''´ ̄ ̄``'-、, _,,
                                        〆´__t=lニニ     ̄``'ー l .\
                                        l __,,fゝ }==-     --==--r-,  l
                                       l  /   i ,    、     i`ー'l  li
                                        l ./ | i i l i l i  l l .li l i  |、l l .l、
                                      / ./ l .l ll l l  l l  l .l l l l i /l l l/. }
                                       ノl 7 ll  l l.l l l _!_ l ((l l .l l l/ i  l l λ
    「アストナージさんの件もあるし、ね………」       7λli  ` i lヽli.ノr-. 、=l))l .l l l / ./ l iλ .| `ー、
                                  . / i l l   i l lく レ` r′lⅥ V7l l  l li 入乂  l
                                   /  l/ヽヽ .! i (( F、,,i_/ '   ヽ{li l.i λ .|ヽ`l l
                                  l  ,  l  i l lヽ! !l.ゝ、   -  ,,イll./、.l.i   i  i .l .入
                                  .l  l l  l__l l } i i┌>- , イ´└l {./ } r-, .l l   `ヽ,
                                 λ  i .l、 入'´|Ⅵ λ、_)  つ   7l l / l-z,) !、 .l ヽ  l  l
                                ..7 ` .7 l ../   フ / .l lーz )´乙__凡\ll .l   .ハλ l  l  l
                                    { .Y    {.! l__.l l/´   \ .| .| .l } }   / 入.  .l  .l
                                  /  \.\-、...._i .y L >i_f‐ァ< ,l、_f// /____ ./ ;  l  l  l
                                 i      l ゝ  ノ }     `'''゚と- /i l l   !、!l   ヽ ヽ 入
                                 !     l l  / /     て、ろ  !l l .l-- ,, 《 .l    ゝ, `  \


769 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:29:03 ID:bov0KbVo
二359.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫の言うとおり、
  戦いに利用される可能性が高く、さらには単なる敵と認識されて殺されるか、
  捕縛される可能性が高く、
  洗脳されているからといって無罪になる可能性も分からないキル夫の身柄を優先すべきだろう。

  場合によっては妖術師との接触も考えられるので実に合理的です、とエルは納得し、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、        「良いでしょう、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_       その案で行きましょう」
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
    |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
    !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!
     `ー-、_ニィ_ 、 ニ ー   '''' ーー '  , - .メ∠、.      /

771 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:30:02 ID:bov0KbVo
二360.



                         , ----- 、               / ヽ
                        / ___ \              /ヾ /
                         i.ノ/: : : : : : `ヽ;-,           /ヾ/
                     |:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ:|            /ヾ/
                        | ( ●) (● ) |.、-- 、   /ヾ/
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||
               ,  ―;;;;;;;―´ | |、` ――― ´.,| |  `-;;;;;--  、`弋 |
             / ヽ   ▽  ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /  ▽/ \  ´
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i       「よし、早速―――?」
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |       \  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´  <^ ^>  |         `ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´....   Ⅴ   |         ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ           グウッ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i;;;;;ヽ. ヽ              /  ,/;;;;;;ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::/;;;;;;;;|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|;;;;;;;;i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|;;;;;;;/    |         |   ヽ;;;;;;;.!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i;;;;/\     !         !   /ヽ;;;;i――――‐ ´i
       .|------i   .|/   `ー―――――――― ´   .|   .r‐‐‐‐‐|
      .|    .|    .|         / :::::::::::::∧          |   .|    .|
        |----- .!   .!\     ../:::::::::::::::::::∧     ../.|   .|-----|
       |     .i   .|  .\     /::::::::::::::::::::::::∧    ./ . . |   .|    |



――――――――――――――――――――
  出発しようと促しかけた耳に届いたのは、
  腹の虫からの苦情だった。
――――――――――――――――――――


773 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:31:02 ID:bov0KbVo
二361.



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V     「………お腹すいた」
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l   グ~
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/   キュルルルル
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



――――――――――――――――――――――――――――
  どうやら音の出所は、お腹を押さえて蹲るコナタだったようだ。

  言われて気がついたが四人とも昼飯を食べ損ねており、
  このまま出発するには心許ないのも確かである。
――――――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)           「そう言えば昼飯食いっぱぐれたままか。
          |     ` ⌒´ノ          どこかで晩飯を食べて、
        |         }          準備をしてから出発しよう。
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,        せっかくだし、今日は俺がご馳走するよ」
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

774 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:32:08 ID:bov0KbVo
二362.
―――――――――――――――――――――――――――
  微笑んだやらない夫の申し出に、まず食いついたのはエル。
―――――――――――――――――――――――――――



                     , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
                      ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
                 / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
               / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
               ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
        .       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´
            ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._
           ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、
            メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
            イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
           ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
        .  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´
        .  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~
         ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、
            !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
        .   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
           '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
                    ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
                  !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
                       `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                             /             ゙'ヽ、    ヽ
                             /              \ ヽ,     \
                             ゙|                   \ i       ヽ
  「何処へでもお供します。             l                 i   、.i.',     ヽ
                              i              !   ヽl ',     ヽ
   ですが、せっかくなので              !             ,' ,'.   ヘ : 、       \
   高いところを希望します。             ヽ            ,' ,'     ゙i! :      ヽ.
                                 ヽ            / ,'      ヘ'       ,ヘ
   走り通しで血糖値が足りないんです」        ヽ、       / ,'     ', ヽ      ',ヾ.
                                    `ヽ、     / / !     ',  ゙i        ', ヽ




―――――――――――――――――――――――――――――――――
  冗談なのか本気なのか分からないが、
  すでに庭園から出ていこうとしているその顔は戦っている時よりも真剣だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

776 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:33:02 ID:bov0KbVo
二363.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  毎回奢りは問題だが、記念日にリーダーとなった者がふるまうのなら問題ないだろう。

  目的が見えて、前に進めるようになってやっと、
  明るい笑顔を浮かべることが出来た雪華綺晶も後に続き、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                /⌒フ薔}r -  ─ -  ─- .
                                  /  ≫'"             \((r-r── 、
                              /  / /                 {斤心}   ハ
                                 { / /                 辷炒、     :
                              /  /   /      |    |       ノハヽ   
                             ,'  .′         |    |  |     ´ | |   |
                              |  |    /| |     l  |    |  |  }      | |   |
                              |  | | i | |     l-‐|‐-  | ,  !      | |   |
                              |  | |ィ{{ヘ. !  , / / ハ  /| .  .′   | |   |
                             !ハ!{⌒くΧハl / /! r=ミ、_!//l/  /       .′|   |
                               | { { 必イソ`   f泛沁㍉/  /      |  |   |
                               | {込ニイ     ,込r:少 /  /  /    |  |   |
 「今日は甘えちゃおう、かな」              / l |/l '          /  /  /     .|  |   |
                                / ハ| ヽ  、 __      /  /  /      |  |   |
 (結成記念だし、まあいいか)  .          / /.// // )      /  / .ィ⌒゙\    |  |   |
                              / / /゙ / /`ー─‐t /  //     ヽ  ハ |   |
                            / / / / /⌒i(Y⌒Y´/  /´         ∨、∧|   |
                    .     /   / / {  ' /⌒l_沁t   }             ∨  |   |
                    .    /  / / ∧    / ,)沁t|  /            人  |   |
                    .. /  /  {  | ∧     イ⌒(_人 {           /  \!.  |
                    . /    /   | 八 ハ    |≫≪ンリ                ヽ  |
                    /    /    Y   \ハ_   |⌒Y⌒)|              /  |
                        /     |i     ) (ノ⌒卜-イ八              /l   |


779 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:34:02 ID:bov0KbVo
二364.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  食べられれば何でも良いが、とにかく空腹で辛いコナタが三番目に庭園を出る。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



            r,/''"´ ̄`
          l::|          /!
            l:!      /.::/
          ヾ:.  _/.::.:∠-.-::.::ァ
             , ゝ´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::<、
   .       /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヾー
.        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. .\
        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: i . :.:.i__::丶、
       ,' : : .::.::.::.::.::.::.::.::..::. : . . : l.::.::.::.!  ̄
        i.::.::.::.::.; ,::.::.::.::.::. . : ::.::.::.:l:.::.:i:.::|    「何でも良いから、早く………」
       l.::.::.;:;';';';';';';:,.::.::.::.::.::.::.::i::.::j、::.;{::.:|
.        l:.::;';';';';';';';';';';';.;';.::.::.::.::.l::.::l Υ|::.:|
         l.::;';';';';';';';';';';';';';'.::.::.:.:/:.::ハノ.::|ヾ|
          !.;';';';';';';';';';';';';';';.::.::./::.::| |::.:|
.          l.';';';';';';';';';';';';';';'::.::/.::.::|ノ|::.:|
        },';';';';';';';';';';';';';'::./::.::.::l !.::.|   グゥ~~~
.        l.:l.';';';';';';';';';';';';';/::.::,::.::!_|.::/
         l.::.!.';';';';';';';';';';';'/::.::.;;.::.:|l!ヾ、
       l.::|::.::';';';';';';';';';'/.::.::.;;';:.::.|l!l!|゙!

783 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:35:02 ID:bov0KbVo
二365.
――――――――――――――――――――――――――――
  この時、肩を並べて歩く四人の道は確かに重なっていた。

  生まれが、育ちが、これまでの道のりが異なっていたとしても、
  同じ目標を目指して歩を合わせていた。
――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  コナタは無口なのに、           |
|  腹の虫は雄弁なんだな、ははっ。    |
乂_________________ ノ
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:.
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:.
          : :. ::..       .: :. .:.::.
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :.
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:;     |  育ち盛り………   .|
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ:                 乂_________ ノ
|  やらない夫!                |. .. ;:   ,.,.,
|  甘味も頼んでいいですか!?   |
|  もちろん食前と食後に!     |
乂______________ ノ
                              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                            |  エルは甘い物好きなのに       |
                            |  身体の線が細くてずるい………   |
                            /乂_______________ ノ
                              / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
                          / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^
                           / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
三三三三三三三三三三三三三三三三三≧! へ || ̄ ̄| ̄ ̄||:.:.::;::.:.:.:.:.::;;|| ̄ ̄| ̄ ̄||:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:# :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    |    ||:
:.:.: :.: .:.I/l⌒l\I:;; .:.:.:.: : . I/l⌒l\I .:.:.:.: :|  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    |    ||:
:. .:.:.:.:. |  |  |  | .:.:.:.: : .:.: |  |  |  | .:.:.:.: :|  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.||    |    ||:
:. .:.:.:.:. |==|==|==| .:.:.:.: : .:.: |==|==|==| .:.:.:.: :|  |:.;.:.:.:.:||__|__||:.;,:.:.:.:.:,:.:.:.:.||__|__||:
:. .:.:.:.:. |  |  |  | .:.:.:.: : .:.: |  |  |  | .:.:.:.: :|  |┏───────────┓:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:. .:.:.:.:. |==|==|==| ;; .:.:.:.: : .:|==|==|==| .:.:.:.: :|  |∥:.:..【料亭】 ~新しい絆~ :.∥"゙ ̄ ̄ ̄
√:.:.:.:.:|_|_|_| .:.:.:.Χ.:.: |_|_|_| .:.:.:.: :|  |┗───────────┛:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:. .:.:.:.:.  ̄ ̄ ̄ ̄:. .:.:.:.:.::..:.: ̄ ̄ ̄ ̄ .;.:.;,: :| [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



――――――――――――――――――――――――――――
  このように互いの境遇に捕らわれず、
  力を合わせて戦う冒険者の姿に憧れる者は多い。

  ―――たとえその後、それぞれの道が分かれていくとしても。
――――――――――――――――――――――――――――

784 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:36:02 ID:bov0KbVo
二366.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  果たして、キル夫の道がこの四つに重なる未来はあるのだろうか。
  重ならずとも、暗い闇の中から引っ張り上げる事は出来るのだろうか。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(○)ヘl;;;;;〉
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")

786 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:37:02 ID:bov0KbVo
二367.
――――――――――――――――――――
  今言える事は一つ。
  英雄の手が、やがて差し伸べられるだろう。
――――――――――――――――――――



                                   (´`ゝ;_
                                   ヽ,   `ゝ、
                                     ゝ/  `;:,
                                      `ゝ、 ;;;;\、
                                      /(;;;;;;;:  ;;;;ヽ、
                 r'"::::::::::::::         __,,.:;,:;:;,:;:;.:; :゙´´゙゙\:::::;;;;   ::::;;;;`ヾ;;;;; ̄
               /   }/⌒;       (´ ::::::;; _;;__...,;;;  ::::ヽ;;\;;;;   ;;;;;;;:
             ,,/,,  ,、.,/ 丿       `´´ ̄ .,:;イ ::;  ::;::ゝ;;;;;;;;    :
           /~   ヾ::::ツ,、/        ,,;:;::;:´´`:::::;;;;入;:;;   :::ヽ;;;;;;;\:::::::::::::::  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         , '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;ツ        ( ....,,,,,;:;;;:;;:;:;::; ̄;;;;;;       ,.,,.,.;:;:;-‐゙´
     ,    ,.'      j゙,,, ´ 7          (  ,,,...:::;-‐゙゙゙゙^> :::;; ;;,:;:;:;-‐~´
         /    __,,.ノ:::::::: /_____          `´    ∠::;:ゝ´ ̄
        /  '''"/;;;;;;;;;r:::::::ゝ  丿              ,.;::;;/
       ,'     '、;;;;;;;;   / ̄              ゝソ
       ,'            /
     V           /
     /         /
     /   ,.、     /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その時掴むのか、振り払うのか、邪魔が入るのかはまだ―――誰にも分からない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


788 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:37:28 ID:bov0KbVo
本日の投下は以上になります。
閲覧と合いの手をありがとうございました!

次回は第二章第六話(ラスト)になります。










機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星(最終巻)【Blu-ray】 [ 池田秀一 ]

価格:6,284円
(2018/11/19 22:12時点)
感想(6件)






機動戦士Zガンダム Define シャア・アズナブル 赤の分水嶺 (14) (角川コミックス・エース) [ 北爪 宏幸 ]

価格:626円
(2018/11/19 22:12時点)
感想(0件)
























次の話






目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1267-8aaad9c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)