FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! 第二章 歪められていたこれまでのこと、歪められていくこれからのこと-2 2018年11月17日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




19 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:00:16 ID:mfiAMJSs
二34.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  午前十時過ぎ―――

  夕べ捕まった三人組との接見を終えたやらない夫と雪華綺晶の二人は、
  揃って険しい表情を浮かべながら詰め所を後にしていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



              ‐――――‐‐ 、
         /           \
       /              \
.       /                 ヽ
      /                     i
      |  二二二二 三 二二二二    i
      |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |       「……………」
      l   ___ ノ     ^ー―-   |
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l
      !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l
      l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
        ',   /    |    ヽ    /
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                                   _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
                                   》ゞそヅ/                        \乂v匕人
                                  ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
                                ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
                              ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
                              _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
                              . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
                    「……………」  l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
                               }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
                                \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
                                 ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
                                 / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
                              .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
                               / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
                              ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
                                /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )











21 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:01:15 ID:mfiAMJSs
二35.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大方の予想通り、奴らも噂に釣られたただの盗賊だった。
  錫杖をティターンズに持ち込み、願いを叶えると共に幹部待遇を夢見ての行動だった為、
  ただ一点を除いて新しい情報は得られなかったのだが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                   / `ー〈  `` ヽ            '¨´ `ヽY/´ ヽ
                                 /    ノノ         /  |    !    ,)) |  |
                                      ((´     /  /  ./1  !  .::,′   .((  |  |
                                     //    /./ ,イ .:/ | ,′.::/i::.   l.::| |  |  !
                                    .//,′ ,.イ:/__/_/ .:ノ) / /|_.:./_」:: .:/ /l.:| |  |  !
                                   // i  /.::ハ 7仁l7X / /´l//二「.:/l/ リ ',. |  |
                                  /l/ |/|/.:/′Vf.{.い.},':!〃  ィ.ヒiシフ:l::::l.:.   ! |  |
                  「黒いローブ………」   /       /((ヽ こノ   ,     ̄`,'.::.:|::.  | | |  |
                                     .:/   /.:.::))了´   _ _     /.::.:::i |  | | |  |
                                    .::/   /.:.::/:::/\  `ー   , .イ.:.::::::| |  | |_/ /
                                   .:::/   /.:.::/.::/:.:ヽ  ̄`ヽ__∠ ̄`7.:.:::l/  | |<
                                 .:.::::/´ ̄`ー─- 、.:::::>    ) _, イ.:.:.::::L_LL_ \
                                 .:.:〈ィ^ヽ、      ̄     <      ̄      `) \
                                 ´ ̄``ヽ     _ _, ィ(__入 _>ュ、_, ─-、ノ<-─‐- 、
                                 ´ ̄``ヽ `7´ ̄``7。// , -- 、 \。',     \:.:.:.::::::::::/ 〉
                                      ハ r-、_,/ /   <     > ハ ',      L.:.:.::/ /:、
                                     (::::::.:ノ .:.:/。/ ̄\ \__/ / 」。V^Y⌒ヽ /:「 ̄  /丶\
                                       ̄ .:::::/ /    ハ ⌒ ハ / | | 人  /::/    \ ヽノ



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)       「………順当に考えるのなら、
   |     `⌒´ノ        妖術師か暗黒司祭、か」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ティターンズに女神の宝具の話を持ち込み、
  頭領バスク=オムの片腕となった者は常に漆黒のローブを纏っていると言う。

  その一点が、二人に決して小さくない衝撃を与えていたのである。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

22 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:02:14 ID:mfiAMJSs
二36.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  古来より、黒いローブは葬式の参列者以外は着るものでは無いとされている。
  普段からそれを身に纏う者は、自らを邪悪な妖術師か
  邪神と契約をした暗黒司祭と認めた者だけなのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::ヘ
      /  :::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:.     :::::::::::ヘ
.      /  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ::.    ::::::::::::ヘ
    / :::::::::::/::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
    |  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
.    | :::::::::/:::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|:::     :::::::::::::|
   | :::::::/::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::::|
   | :::::/::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
   | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
  ,/  :::::゙<´:::::::::::::::;;;;;;;;;:::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__}::::     ::::::::::::::|
   \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.:::::::: __ ,.   ∠._,'  /     :::::::::::::::/
    \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.       _,.r- !/      :::::::::::::廴,
      / :::::/::::::::::::| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::::::::::::::::::_,.;r=≠≦::::`ヽ
.     / ::::/ :::::::::,' ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  :::::::::::::::::::::::::::::/、:::::::::::::::::: ::::::::}
    / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;/___,.. -─ :::::::::::::::::::::: ~゙'-=  ̄::::::::/
.   / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::〈
  /::::::/  :::::::/.、-───-ト、     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::/
. /::::::/  :::::::/.::::》      '{  ≦=≠ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::{
. /:::::/  ::::::::/ :::::::\_,.==≠、/二 ̄  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::j



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして妖術師と暗黒司祭は人の世に仇なす邪悪な存在であり、
  人権を含めたいかなる権利も認められておらず、
  人間、エルフ、ドワーフ、グラスランナーに寄らず文化を持つ全ての『人』から
  忌むべき存在と認識される。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

23 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:03:15 ID:mfiAMJSs
二37.
―――――――――――――――――――――――――――――
        ソーサラー
  ちなみに妖術師は理力魔法を邪悪な目的に使う者、
  つまり邪悪とされて研究や使用が禁じられたいわゆる『禁呪』や、
  利己的な目的に理力魔法を用いる者の総称である。
―――――――――――――――――――――――――――――



                                                    / ̄ ̄\
                                                  / _ノ  ヽ、.\
                                                    |  (●)(●) .|
                                                  !  (__人__)  |
           「お前等は黒ローブの者が居るかも知れないのに、          , っ  `⌒´   |
            ティターンズの幹部になりたいのか?」               / ミ)      /
                                                ./ ノゝ     /
                                                i レ'´      ヽ
                                                | |/|     | |



         _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ
     ; i              〉   |
.     |.|       ,.:'"      `i   |
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |
      !.`i<´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j      「別に用が済んだら
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ      消しちまえばいいだけだろ。
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/      奴らの首だけでも高い褒美が貰えるのは
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl      てめぇだって知ってるんじゃねぇのか」
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |
.        |          .::::::::::: ,....-'―



――――――――――――――――――――――――――――――
  そして総称であるが故に、理力魔法使いのような
        ウォーロック   ウォーロック    メイシ    アーク・メイジ゙
  『見習い魔法使い』、『魔法使い』、『魔導師』、『大魔導師』などの、
  どの程度の実力を持つかの目安が無かったりするのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――

24 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:04:14 ID:mfiAMJSs
二38.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  万一、ティターンズに情報を持ち込んだ者が大魔導師級や遺失となったそれ以上の者だったり、
  怪物すら操る事が可能な高位の暗黒司祭だったら、その辺の盗賊団が束になっても適う相手ではない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i     「理解できないわ………」
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
  /,,_   }li ゝ、i, )).   __,,  lil .li l i ,l .{
 l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l



                                                    / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                                                (__人__)     |
                              「同じ穴の狢なのかな」     (`⌒ ´     |
                                            .     {           |
                                                 {        ノ
                                                  ヽ     ノ
                                                  ノ     ヽ
                                                   /      |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  返り討ちに遭うのが関の山じゃないかな、と
  呆れた様子で肩をすくめて会話を打ち切った雪華綺晶も、頷いたやらない夫も、
  同じ理力魔法を使える者として妖術師の存在の可能性は看過できる話ではなかった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

25 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:05:14 ID:mfiAMJSs
二39.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ある意味、妖術師みたいな連中ばかりだったと言われる古代魔法文明期―――
  魔力のない、理力魔法を使えない者達を下級民族と蔑み奴隷以下の扱いを
  長きにわたって続けた歪んだ文明―――のせいで、
  理力魔法は前科者と言っても過言では無い。

  後の世の、『理想の導師』を初めとした大勢の魔法使い達の
  一千年以上もかけた多大なる努力により、ようやく疑惑や恐怖の眼差しが薄れ、
  魔力を持つ者への差別が少なくなってからまだ二百年も経っていない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                                                (__人__)     |
                             「黒ローブの正体は       (          |
                              分からないが………」 .    {          |
                                                ⊂ ヽ∩     く
                                                 | '、_ \ /  )
                                                 |  |_\  “ ./
                                                 ヽ、 __\_/



.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }   「実力も分からないし厄介ね。
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l| ,」li⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!     町中で破壊の魔法を使う事に躊躇わなかったら?
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //     人の心を覗いたり、操ったり、魅了したりする
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′    禁呪を使ってきたら?」
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  、       / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((   _      イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、       イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  たとえば妖術師だった場合はどうだろうとやらない夫が意見を求めると、
  雪華綺晶は軽蔑するような氷の眼差しを知らぬ存在に向け、吐き捨てるように言った。

  魔女狩り、魔法使い狩りと言った言葉すらまだ風化していないこの時代。
  妖術師は恐怖と侮蔑の対象であり、国や冒険者達も危険因子として共通の認識を持っているのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

26 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:06:14 ID:mfiAMJSs
二40.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                ネクロマンシー
  命の流れを歪めて弄ぶ死霊魔術や、
  魔界に通じるような邪悪な魔法だってこの世には存在する。

  もちろん存在したという知識や、大体どのような内容かの情報程度はあるものの
  対抗手段や詳細については未知と言っても良いそれらを使われた場合、
  果たして騎士団だけで防衛が可能なのか。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                               / ̄ ̄\
                                          rヽ  / ノ  \ \
                                          i !  |  (●)(●) |
                                          r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
      「衛兵さんは、すぐにベッケナー公や王都、         〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  |
     他の町への情報展開に走ったと言うが―――」     l` ( ``/ .  |        }
                                      ヽ   l  .  ヽ       }
                                       |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {      「うーん………」
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  詰め所の前から一歩も動いていない二人は現時点で誰よりも、
  状況への危機感を覚えていた。

  その気になった高位の理力魔法使いは、
  魔法の援護がない騎士の一小隊を一瞬で灰に変える事も出来ると知っていたから。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

27 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:07:14 ID:mfiAMJSs
二41.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  風説の流布のみならず、具体的な指示や暗躍の可能性も現実味を帯びてきた。

  すでに奪われた三つの証について、もしかしたらその可能性もあるんじゃないかなと
  不安が隠せない様子の雪華綺晶に、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



     _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
     》ゞそヅ/                        \乂v匕人
    ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
  ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
_)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))      「ね。
. / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
 l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |        見えなかっただけで、
 }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |        他の町の証が奪われた時に
  \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |        後ろから糸を引いていた―――
   ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
   / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\      とは考え過ぎかな?」
.  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
 / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
  /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )



                                                   ./ ̄ ̄\
                                                   / ヽ、_   .\
                                                 . ( (● ) .   |
                       「オーガスタ、                    . (人__)     |
                        ゼダン、                     r‐-、    .   |
                        ニューホンコン………                (三))   .   |
                                                 > ノ       /
                        三カ所全てとは言わないが、       /  / ヽ、 .   /
                        皆無だったとも言えないな」        /  / ⌒ヾ   .〈
                                                (___ゝ、  \/. )
                                                  . |\    ,.1
                                                  . |  \_/...|



―――――――――――――――――――――――――――――
  しばしの間考え込んでいたやらない夫は
  不安要素だけで偏った推測をするのは危険、と明言を避ける。
―――――――――――――――――――――――――――――

28 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:08:14 ID:mfiAMJSs
二42.



  / `ー〈  `` ヽ            '¨´ `ヽY/´ ヽ
/    ノノ         /  |    !    ,)) |  |
     ((´     /  /  ./1  !  .::,′   .((  |  |
    //    /./ ,イ .:/ | ,′.::/i::.   l.::| |  |  !
   .//,′ ,.イ:/__/_/ .:ノ) / /|_.:./_」:: .:/ /l.:| |  |  !
  // i  /.::ハ 7仁l7X / /´l//二「.:/l/ リ ',. |  |     「じゃあ、この町は?
 /l/ |/|/.:/′Vf.{.い.},':!〃  ィ.ヒiシフ:l::::l.:.   ! |  |     私達、本当に今日で終わりで良いのかな?」
/       /((ヽ こノ   ,     ̄`,'.::.:|::.  | | |  |
    .:/   /.:.::))了´   _ _     /.::.:::i |  | | |  |
   .::/   /.:.::/:::/\  `ー   , .イ.:.::::::| |  | |_/ /
  .:::/   /.:.::/.::/:.:ヽ  ̄`ヽ__∠ ̄`7.:.:::l/  | |<
.:.::::/´ ̄`ー─- 、.:::::>    ) _, イ.:.:.::::L_LL_ \
.:.:〈ィ^ヽ、      ̄     <      ̄      `) \
´ ̄``ヽ     _ _, ィ(__入 _>ュ、_, ─-、ノ<-─‐- 、
´ ̄``ヽ `7´ ̄``7。// , -- 、 \。',     \:.:.:.::::::::::/ 〉
     ハ r-、_,/ /   <     > ハ ',      L.:.:.::/ /:、
    (::::::.:ノ .:.:/。/ ̄\ \__/ / 」。V^Y⌒ヽ /:「 ̄  /丶\
      ̄ .:::::/ /    ハ ⌒ ハ / | | 人  /::/    \ ヽノ



――――――――――――――――――――
  可能性はゼロではない。
  自分達が護衛から外れてしまった後、
  果たして錫杖の防衛は本当に完璧なのか。
――――――――――――――――――――



                                               / ̄ ̄\
                                             /  \    \
                                            .(●)(● )  u. |
                                            (__人__)  u   |
                     「うーん………」              .(`⌒ ´     |
                                             {         |
                                             {      u. /
                                .             __\     /リ 厂`'‐- .._
                                         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                                          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                                         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                                .           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

29 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:09:14 ID:mfiAMJSs
二43.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分達の契約延長の方向で考えていた雪華綺晶に対し、
  やらない夫は防衛の主体はこの国の者達で担うべきだと言った。

  ここまで事が大きくなっている話を、一介の冒険者主体で進めるべきではないと考えたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                / ̄ ̄\
                                                _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
                                              .( ●)( ●)  ..| / |
              「騎士団、衛兵達だけじゃ                 (__人__)     .|./   /
               対応仕切れない可能性もあるし、             i⌒ ´ .r-、  |/  /
               彼らは魔法学院や神殿の協力を得るべきだ。     {     ヽ, ',. .,/ :/',
                                               .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
               俺は横から援護すれば良いだろう」            .ヽ . |   / , --'i|
                                                /   {  V , --ヘ
                                                |   ヽ  L| r= |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分の利益や名声ではない。
  国の面目を考慮した方針はしかし、一介の冒険者が出せるものでは無く、
  誰にも頼まれていないのに無償で援護すると言うのも通常の考え方ではない。

  そこに彼の根幹となる何かが潜んでいる事を知り、
  正体を掴もうと真っ直ぐに彼の瞳を見据えた雪華綺晶は、敢えて尋ねた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―-ヾ/   ;{ |   /       「放っておかないんだ?
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i        ただ働きになるよ?」
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zzン /  i   i!  │
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ       ̄ /イ |   |   !
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '     / ,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{ ゝ、   - -_--  ./ /  リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ   }ト、      イ ,.'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \⌒}r、>-< i ム{ ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.) ⌒)__r- '^Y´ 7  i ヽ     `ヽ、  .!
   ,.'    ,.'  リ  ├ー'´     ))   ム ,∧  }       \,'
.  /    r=、_./_} !_     (  __   _ノ⌒i!   ヽ     Y
 /  /  /   ´ >i ̄`ーtt=''´ ̄`''tt=ーイ ⌒ヽ,, - 、ィ \   !
.,'  ,.'  /      | .!   jo!>Ⅹ<joi  } ト、   Y    V   ヽ. /
  {  /         ! ト、  ⊥ ヒニ=ニイ⊥r 人  .ノ     i     乂

30 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:10:14 ID:mfiAMJSs
二44.
―――――――――――――――――――――――――――――
  それで彼女が何を言わんとしているのかを察したやらない夫は、
  少しだけ複雑そうに頬をかくと―――
―――――――――――――――――――――――――――――



                                                  / ̄ ̄\
                                                / _ノ  ヽ、.\
                                                  |  (●)(●) .|
                                                !  (__人__)  |
                      「まあ、ただ働きだな。                , っ  `⌒´   |
                       冒険者としては変だよな」         / ミ)      /
                                              ./ ノゝ     /
                                              i レ'´      ヽ
                                              | |/|     | |



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ      「そうね。
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―‐ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i       冒険者は慈善活動じゃない。
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zブ ,  i   i!  │        報酬も無しに働く事が、
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ'     ' 冖` /  |   |   !       他の冒険者に影響を与えることは分かってるよね?」
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '      /,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{  ゝ.   ´=`    イ /   リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ  j⌒}r、  -  <iム,'  /   八 {!    ヽ、   
    i ,' .,'   /  ヽ  \  ⌒)__r- '^Y´ 7 ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.)     ))   ム  i ヽ      `ヽ、  .!

31 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:11:14 ID:mfiAMJSs
二45.
―――――――――――――――――――――――――
  他の冒険者に影響を与える自覚はあるが、
  ここだけは自分に正直で居たいんだとばかりに言った。

  迷いを全く見せない口調と、とても―――
―――――――――――――――――――――――――



                                   ̄ ̄   、
                                ´         ,, /T
                           /         _..r''’`: : ';;;ョコ
                          /      _r‐": : : : : :ノl''ヽ
                           i    ..x‐'´: : : : : :..r‐’   丶
                           l  ,,x‐´: : : : : :,,ノ'"        丶
                          _ノ'": : : : : :.:.r''"     ヽ        丶
                         ヽ: : : :r‐'´    i イ::::ヽ l        丶
                            `ー'´    ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',
    「でも、放っておけないんだ」       丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
                              ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
                              ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
                               ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
                                \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
                                  \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                    ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                       ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



――――――――――――――
  ―――とても良い笑顔で。
――――――――――――――

32 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:12:14 ID:mfiAMJSs
二46.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自覚があるのなら良いわ、と釣られるように雪華綺晶も笑みを浮かべてしまう。

  彼の考え方は実に突き抜けており、良い意味でとんでもない。
  実力、胆力、財力、その他諸々の全てを得た者で無ければ出来ない理想だ。

  それは他の冒険者と一線を画する、称号を持つ者でなければ許されないやり方。
  万人に認められ、高き名声を持ち、人々を助け続ける者でなければ認められないやり方だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    i´` 、
                    `  )     _ _
                    i:,// - ´  ̄   ̄` - 、     ,_、
                 __;,.〃y/            \   `´ヾ
               ,__ >/ノi   /            `\ /´´
               iしe/フ ̄ /  |  |        ;   /イ>i
            _ 〃´ ̄//  /   |  |   |     | ヽ Y>=レ>
          ,-´ /   /イ/ /   |  |    |     |  | |\fノ,、
         / //    //  ;; ,, , |  |    | ;  ; |  |   | iヽ``ヽ
        / / /    //   i  ` |  ; | i  | l i ll |  | | |` _|ノノ
       /   /    //  l/ `ー-、_|l l | ヽ ├-- 、l ; l  l l ´(ヽ
       |   l    / /  l | |,、/r、ゞハヘ` |=_ノ |/| i|` / イ/,, | |l |    「お人好しだね。
       |   |   / // // |rハヒ妥>y>` `ヘ|イテ〒ノ // /lヽ    |     でもそう言うの―――私は嫌いじゃないよ」
       ヽ  ヽ / / /  il  |トミ=>ソノ    くゝ'シ_| / / /i     |
        \/  /  //  l  i"`(ヾ   .    ̄゜ / // /i ヽ    ヽ
        //  /  /ノ  イ -ヽ r´´ 、_ ___,    / / / i il   ヽ  `、
      /  /  /  イ   /l、 ト \、      //,/´ ̄フ __ノ"i      \
    / /   |   | ; il  ,__) ` ン  ミ 、 _ イ / // /y´_-ノ       ヽ
  / // l   /  ノ i /l -つ、-  ヽヾ  `><   l i/ /   ´〃-´        i`、
/  // il l  /  / l  / \>_`___   ,-、 <il   ヾ  --- 、i´-フ         i ヽ

33 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:13:14 ID:mfiAMJSs
二47.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶はまだ、彼がどのような称号を得るのか想像も出来なかったが、
  その道はやらない夫にとてもお似合いだと思える。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    (⌒ )(⌒)
         |     (__人__)        「ははは。
           |     ` ⌒´ノ         我ながら損な性分だとは思う」
         |         }
         ヽ     ヘミ|
         /,` 、` -`,--` ,
   __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
  /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
 ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
 |;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
 ;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
 ;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
 ;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



                                             ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                             / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                            i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                            ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                           .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                            li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
                         「そうね。              ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                          けど、お似合いよ」       ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                             !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                            ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                            //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                           / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                                         / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                       / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                                      /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                                     ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分はその白さを守りたい、育てていきたいと思い始めていた。
  だが彼自身はその白さと持てる力故に、他者を守ろうと考えていて―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――

34 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:14:14 ID:mfiAMJSs
二48.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  もし、雪華綺晶が未だこの地には届いていない
  やらない夫の積み重ねてきた実績を知っていたならば、
  彼の歩む道が、英雄候補のそれである事をすぐに理解しただろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――



  / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
    /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
    //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  
    ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
  /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
_/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
 /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |     「私は………
´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !     君を手伝おう、かな」
         / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
       /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'     (なんだろ?
      /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、       昨日の夜から、君が眩しくてしょうがないよ)
   , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
 /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
__ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
   ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
    /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが謳い手の声はまだエゥーゴには届いていない。
  彼女が、やらない夫の歩んできた道程の一部を知るのは今ではない。

  だから―――
  日常生活では違和感が多かったが、いざ有事に面した時の反応や考え方が妙に頼もしく、
  そして底が知れないほど大きい事に新鮮な感銘を受けていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    「えっ?
          , っ  `⌒´   |     でも………」
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

35 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:15:37 ID:mfiAMJSs
二49.
――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん、女性が戦う事に拒否反応を示していたやらない夫が
  どう言った反論をするかは予測済みだった。

  そうはさせまいと先手を打ち、
――――――――――――――――――――――――――――



                        , '´ ̄f令y、__
                          /  /rヘミイヽ  `丶、
                    / / //// {{ /    \
                  , '´ /〃////〃 / / / ,   Y7
                    ,  '´  ///〃/{//^X / // / , /  {レ示、
              , '′,  / //〃/rク不=彳// / //  ハミ処}ヘ
             /  / / //〃7=ゞ杉'′〃 /‐く /  /`7  ヽ
.           /  /  /f了 /〃ハ         r采/}// /    |      「おっと。
        / , イ //__〉廴几// rヘ  r、 '  〈沙'}彡'´/ /   l |      『女の子』とか『無関係』とかは無しだよ?
       / /// / , ! {/ └ク`ー′ハ `ー'     / / / ∧   |  |
.      /// // / / l 〕   しrヘ ┌┘`¬ァ冖7´  / / /   l  |      私も十分関係者だし、
     |/ // / / |/ 7⌒) //―廴rヘ、└勹  / / /  l|   l  |      君が影ながら援護するのと、
      |,' / l / ,′ ,'レ'´   ` ̄}_〉 ̄\/7Z_人  厶__ i  ハ  l|  |      私がそれを手伝うのと何が違うのかな?」
      | ,′|  /、 / j       `ー―く/     }'´ / l  |  |  `、
      | ! ル / ∨ /   ,   ,     ┌ ┴‐z__r'⌒フ   |  !| |  }
     ,ハ「 / / / レ′ /  /   _ノ   j ノ / /  |  / | |  〈
    (   l/ 厶-‐'´     ___ノ     ノ  /  /}   | | ,' l |  |  `、
      〈 {            }     , '´  /  / l|  リ /  | |  l   ヽ、
         ヽ>⌒7  r冖、乂       ,′   /  ,  / ,   }/  l} |  |      \
       /    `ー┘  r┘    l   イ  / / / , /   ,' |  ヽ     ヽ
      /       ,    `⌒)     |  | / / / / /   /  ハ  \      }
    /         /     /`ヽヘ__〉  !  / / / /   /  /  l    }    /
.     i        /       `ヽ  ヽ   |  / / / /  , ′ /  l|   /   (
   |     //         /    ト、! ,' / ! ,′/  /   八  ,′    ヽ
    l     l  ′       __/      Vヘ∨ { // {    /   /  `ヾ
    /         、 `Y´      ,  } ヽ\ ヾ、  `ヽ
_/   /       }   )     / /   l l
`ヽ、  _/_   ┌个ぐー'´     ′`ヽ、_ l |
   ` ┘|  `ヽ_ノ |  }  __」_   \   / ! 〉
     l        |  ` ̄| 厶-、/丁ー′ レ'′


                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j       「違いません。ハイ」
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r         (適わないな………)
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



―――――――――――――――――――――――――
  正論過ぎて反論する術の無かったやらない夫の中に
  この人には適わないと言う意識が芽生え始めたのは、
  おそらくこの辺りからだろう。
―――――――――――――――――――――――――

37 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:16:16 ID:mfiAMJSs
二50.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これで今の仕事が終わっても接点が保たれる事になる。
  それがとても嬉しくて、やっと安心できた雪華綺晶はつい―――
  気持ちが高ぶってしまい、期待する様な、甘えるような声で言ってしまった。

  初なやらない夫が、どういう反応をするのか知りたかったのがその理由の殆どだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                               , へrァォ7フx- ´  ̄ - 、
                                             /  イゞン7ハ__         ヽrァ7、__
                                           /   i ゞアン'ー,          vシ}  、
                                          i    ト、   //  , /      ド'   i
                                          |     |  、 /./ /, //, /|//  .|  ドミ、  |
                                          |,ノ ,  .|  V /////r'/ //| | | | \ .|
            「そ、それに―――                  //   |   }|rァォメヾ/ノ //-ト|、| /ト、ヽ ` 、
                                        //   , '  / トK乃ッリ)   ,r=ォx'ノイ |  ハ   )
             女の子が戦うのが嫌なら、          //   /,'/ゝi トゞアンツ    J | ノ/.| |/ 人メ、
             君が守ってくれれば良いんじゃ……….   /   / ,','   .,|  \wx.   , じ' / .| |, イ/\  、
             ないかな?なんて」              ///ヽ.//  ,ヘゝ 、  \ 、_ , w イ/| |  |   \ \
                                      . (/  // 、ノ ̄ へ⌒ヽ、 )_r 、_ ィヘ ノノ |,  ゝ、   ) .)
                                      ヘ \   | |  )\    \_ソ/ミ,| i / / (/ノ   \/ /
                                       \ \ノノ/ く´ _ ., …´/  .} !/ /,/ , ヘ\.  / /
                                         ) Y  , イニ____,ノ   ノ ,'  ' _,∠_ヽ,/ /  \
                                        ,/  / /  |  しー   /     ,ー-='(  (      )
                                      / , イ  i    、 `ヽ⌒ 、r^丶    ノ /  / ,\ \  /
                                       /  \ ` 、 ゝ ノ  イ    ゝ'^y  //  )  )'



          / ̄ ̄\  l _
        / _ノ  ヽ、.\ ヽ
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  対してやらない夫は、君は守る必要が無いぐらい強いじゃないか、とは欠片も思いもしなかった。

  実力の有無ではない。
  彼にとって女性とは全て護り、労るものであり―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

38 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:17:27 ID:mfiAMJSs
二51.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――さらにこの人は、自分にとっても気になる存在なのだ。

  だから全力で応える、と強い眼差しで頷いた。
  黒々とした瞳はこれまで護ってきたもの、護れなかったものの重みがあるからこそ
  底が知れず、磨き抜かれた黒曜石の様に輝きを放っており、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                 ̄    、
            ´          \
     /_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ヽ
  <ミ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
∠三(|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l      「そうだな。
.    l              冫.ー く       雪華綺晶の事も俺が護る。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'      ………約束、する」
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

                          /  !        ,'  i|                        |    ヽ
                        /      /      |   |ソ 从     |    .|i! !.i  |i   !      |  、  i
                            /    i!     i! i! ! | |     i!    !| | |  !!.  |   |    !  ヽ  i!
                        .  /     |   イ ,i A .|  ! i!    |i  ィ廾从―/、 |   |   ハ   ハノ
   「そ、そんな本気に            /       !  / | | ! | ! トヽハ !    .| i!  ./t彡宀リ廴   i!  !  ,'     |
    ならなくて良いんだよ?        ,'   ハ  i!  i! ! ! |广_}| フt ヽ  i || /fソ 行芯及ァイ   i!   i,      |
                         i    ! i  ', .ハ {⌒{必}个  '} ヘ/ リレ'   {辷t jrリ. ィ レ/ |  ハ    iヽ、
    私だって、戦えるんだし………」  . ハ.    | i!  ∨ ヽ< レ〃  !_/         弋z_ソ.ソス   |   !   /  ヘ
                         ∧   ', ヘ、 ',,tハ   宀,,Y                / /    !   kL__   ヾ
   (うわーーっ、うわーーっ!        >、 |  >、i  i!  V《 じ      ;ァ   xxx   /_/ i !  !    ',    `!  i
    なにそれ、ずるいよ!?)     . /  ヽ!  < ヾ ,' ,   i'ー           ,ィ 'ー<, i | ,'   /  ∧  | __ノ
                        i'    /j ノ >ノ ノ i ! /y-,    r‐--っ  r‐‐7 ,'i ー'ュ_ ./  イヽ 'レ' !  '‐' 'i
                        >   ///  /< / V リ{  ー ^ヽ` ̄、,∠   ,'     //, ',        /
                         \  / .  /   /  i!ハ  V    ',  ̄ i´   //    / ハ ハ      /
                            ,' i.   ,'   /  ./  ノ/入ーァ ーゥ/       イ ./  i! ヽ、ヽ >―ッ!ヾ< ┐
                  ドキンドキンドキン  ! i!  !    /  入7./L_ユ/{  ヽ   t>i  // i   ``ヾ、  ヘ / i



――――――――――――――――――――――――――――――
  その視線と、約束と言う言葉の重みに射貫かれた頬は朱に染まり、
  心臓は早鐘のように鼓動を全身に響かせる。
――――――――――――――――――――――――――――――

40 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:18:22 ID:mfiAMJSs
二52.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  同い年の少年からは想像も出来なかった重く熱い言葉、
  真っ直ぐ自分の心を撃ち抜くような視線。
  これは完全に不意打ちだった。

  無意識の成せる業なのか。
  落ち着かず、もじもじと身体を揺する相手の様子に気がつかないやらない夫は
  全力で頑張るさ、と顎に手をやって微笑み、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)       「いつだって本気さ。
          |     ` ⌒´ノ        手抜きは嫌いなんだ」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


                                   ヾ       _ _ _          /ゝ
                                   ノ } , - ' ´      ̄`ヽ      <'´r‐'    ,
                                /入y'´              ` ー 、_≧彡>┐、/ V}
                               /≧/     /               ヾ廴{i}.」ヾil´"
                               V /     ./i  i               ト=イ´  ト
                               /./      / .l  l     i        i { r‐'´   i i
                               Ⅵ     /  l  l     l        l ゞ、      il l
                              /  i _  .i  l  l  i   ハ  .|   :i    | i      ハヘ
                                i   { ゝ、_ |   l  l  l  _ヘ. l  .l    | l      i l ヘ
                        .      {   l   ./ ハ  l  l 升´  i ヽi  /    / il      V.ハ
                               |  .l  /.// >┐_ハ i .lハ  il  \/     Y/      i ハ
    「じゃ、じゃあ。                     K  l  .K<イ- 、 } ゝハヾハ_ ilヾ 人   //       i . |   .ヘ
     大船に乗った気で居るね………」       /V ハ  ト/ <=_ノ/K   -===、i / / ./イil .      l ∧    }
                        .     / i ハ  Ⅶミ_,ィ┘ ,    ""  ././i イi i.      |   V  ノ
                            /  .l   ゝ ミ  ノ/        /ィ // |.l |.       l   レ'´
                        .   /   i  Kハハ \{<  ー -   -=彡 .//  Ⅶ.      i   i
                           i     //  V /.\.         イ.┤/.ハ  i       l.    |
                           l/    //    /__.≧、_  < ヽ il\─ 、 l       |.    |
                           /    // i ̄ ̄\  i}=v| ̄ ̄  /_ ─<       ヾ    ハ
                          ./.     レ/'´\    > V / /  Ⅶ⌒/ .ハ           i
                          i.    //人_ \-<_ ∧./ \_/  /  /  ` ヽ     i .、 _  l
                          |    //  ヽ  ̄ >//    // .   /  /   <´⌒ヽ   |    |
                          |  ノ.ハ  /   ゝ升、___升≦ ̄ ̄/∧__ >   \ .l .    ',



―――――――――――――――――――――――――
  心が温かく満たされていくようだった雪華綺晶はただ、
  それだけを言うのが精一杯。
―――――――――――――――――――――――――

42 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:19:27 ID:mfiAMJSs
二53.
――――――――――――――――――――――――――――
  冬の街路の上で、温かくて優しい空気が二人を包み込んだ。
――――――――――――――――――――――――――――



                 ̄ ̄   、
            ´         ,, /T
         /         _..r''’`: : ';;;ョコ
         /      _r‐": : : : : :ノl''ヽ
          i    ..x‐'´: : : : : :..r‐’   丶
          l  ,,x‐´: : : : : :,,ノ'"        丶
         _ノ'": : : : : :.:.r''"     ヽ        丶
          ヽ: : : :r‐'´   i イ`丶 l         丶
           `ー'´   ヽ ゝ _            ',
          丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
            ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
             ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
             ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
              \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
                \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                     ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



                    「「……………」」
                    ィ⌒ヽ
                        )  __
                    iV/r' ´  ̄     ` ' 、     ,-、
                  ィv┘./  /         ` 、  .r'´
                r  >イテ   i             \/v
               >フ/  /  l  l        l   {人レ、
             , ィ' ´  /  /  l  l   i     l .i  ゞV/廴
           / /   ./   i _ l  l   :l    ! l  l ハ`´ ヽ
          /  /   ./ィ   r'´ ` il  ト 、 .|  i  l |  | i .| _V )
        / イl/   イ.イ   廴 _ 人 .ハ  ヾ ト +- 、| .|i ./ .l .| rヘ
        {  .i l   / il  il  ≧iVハi .\ _V_ハ /.i V  .∧   ヘ
        V il .  / /   ノ Ⅶt人ァ ヽ \ィ≧テ-L/  /ili .V   ',
         V \/ /  ./ ハミY /ノ  ,  ┴=斗/  ./ 人 V  .',
         V./  /   ./  i ゝ  )      """ / イ / l  i   ト
         /i .  /   ./  .イ┌人il  ` ー '   .//././  l      ヽ
       ./  .レ  /  i  / lr )、 \、     イ // ̄ス─-┐    i \
     イ/   /  i   ∧ 、_// 入  ≧- イ⌒i l  /   /、    l   \
     ../i  /  イ ./  V>-    ⌒) Y. {  :l | イ   ./ /、 i   l     ト
     il V./  / :l ./  < `ー─┐ ィつ i   r弋、─-─≦ イ     |     V\
       y  /   {    \_  `i i<`  ̄>i i  \    >イi    |     i  .\
     ../  / i  Yゝ    彡 } . l l>><<l.l  r ' ´ ̄    ヘ   i     l    ヽ
     .   {   / ゝ      イ.. l l<   >l.l  ∧ヾ       Y       l     ヘ
       / .V  /   >    /i┌ ‐/>><<l.l /          }         l     )



―――――――――――――――――――――――――――――――
  この安心、信頼は雪華綺晶が求め、憧れ続けてきたものだ。

  相手の心が見えてしまう彼女だからこその苦悩は
  他人においそれと理解できるほど簡単なものではなく―――
  また、見えてしまったからこその、
  やらない夫に対する信頼も他人が理解できるほど浅いものではない。
―――――――――――――――――――――――――――――――

44 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:20:15 ID:mfiAMJSs
二54.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そのまま永遠に時が止まってしまうかのように思えたが、
  時計塔が鳴り響かせた十一の鐘の音が、二人を現実に引き戻してしまった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                       i
                                       |
                                       ∧
                                      ノ..λ
                                      /…λ
                                         ====、、
                                      |.|IIII|.|l
                                      /∴∴ヾ、
                                         l,i,i,i,i,i,i,i,i,i,iili;,   ゴーン…ゴーン…ゴーン…ゴーン…
                                    _|I I I I I I_|;}、   ゴーン…ゴーン…ゴーン…ゴーン…
                                            | |γ⌒ヽ| |ll|   ゴーン…ゴーン…ゴーン…
                                            | |,.!、,__,ノ.| |ll|
                                            i''i;;:::;;:::;;:::;i'il|'
                                    =========、
                                        | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
           i     i       i      i           | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          ムi   ムi      ムi    ムi        i ill|
          I.Iム,__,I.Iム     I.Iム,__.I.I ム          | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
          |l,|I/ i^i |l,|I|     |l,|I/ i^i |l,|I;|         | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          |_,!__i山i.!_|l.| _ _ _|_,!__i山i.!_|l;|    ム    i ill|
i   .i    i   | i"゙∩゙" i |/;;||;;||;;;| i"゙∩゙"i |ll|.l l.i;;:_l_l_!______| |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
|ー―||ー―||ー―|| i__:;l」;:_,!.|凸凸凸| i__;l」;:_,! |;;,|)))))|;||;;;;;;;;;;;;| |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
|=ヘ=||=ヘ=||=ヘ=|I :冊:_ | I :冊:_ |-]]]]]];||=∧=.ロⅢⅢⅢロ|i
| ∩ || ∩ || ∩ ||  iⅢi : | iii iii iii..|  iⅢi : | .|:|:|:|:|;||'~|;;| | | | | | :| |ll|
|,.l」,,;||,.l」,,;||,.l」,,;||_|Ⅲ|__:_| lll lll lll..|_|Ⅲ|__:_| .|:|:|:|:|;||l_.l」;__|_| | | |_;| |ll|
I.[iii].,II.[iii],II[iii]_I ._冊_. | .I :冊:_ IIIllliiiiiii||iニニ[.二二二二]:|;.
| Ⅱ || ∩ || Ⅱ ||  iⅢi : | iii iii iii..|  iⅢi : | |:|:l:l:i_.!_iii_ .| | | | | :| |
|_Ⅱ_||_Ⅱ_||_Ⅱ_||_|Ⅲ|__:_| lll lll lll..|_|Ⅲ|__:_|_|,|,l,l,i_,l|   l ̄i__| | |
|_門_l|_門_l|_門_l|__!_而___!_|ΠΠΠ|__!_而___!_|__,;:--ー---------
 ̄ ̄ ̄i,i ̄ ̄ ̄ ̄;;; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄:´|;;'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

45 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:21:14 ID:mfiAMJSs
二55.
―――――――――――――――――――――――
  見つめ合っていた事に気づいた雪華綺晶は
  照れくさそうに視線を外すとこれからの事を尋ね、
―――――――――――――――――――――――



                                    ,ィ''´_二----`' - 、__
                                /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                               /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                              // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                              {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                               Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                               {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
        「あ、もう十一時。              __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
         そろそろ館に戻ろっか?」      i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
                              }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
                               'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
                              i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                             r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                             `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                               ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                              | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                              l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                               i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \



                   / ̄ ̄\
                 / ノ  \ \
                 |  (●)(●) |
                 |  (__人__)  |           「俺は武具屋に寄って行こうかと。
                   .|   ` ⌒´  .}            向こうの通りに一軒あるんだ」
                 .|        .}
                  ヽ     .  }
           ___._,r、   Yヽ     ノトj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l



―――――――――――――――――――――
  予定のあったやらない夫は目的地の方向、
  街路の西を指さして答える。
―――――――――――――――――――――

46 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:22:14 ID:mfiAMJSs
二56.



                                              ___      ______     ))
                                        _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
                                      / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
                               .       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
                                     / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
                               .     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
                                    ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
                                   〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
              「早速折っちゃった分の補充?      .', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
              余裕あるのねぇ………」           ハ i {   il| l| l |, =彳|! l|、、i⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′
                                   / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!
   (だんだん、君がどのぐらいお金持ちなのかも .  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //
   気になってきたなぁ)                / /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
                               . /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .  ///// / }ハ ハ  ' |
                                ′ (     } / // ∧ ((           イ イ '、ハ l  !
                                     ヽ  / /  {   /  > 、  -‐(   イ ノ/,小、 \j l  、
                                     丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \



―――――――――――――――――――――――――――
  少しだけ羨ましそうな声だけで
  胸が痛いやらない夫は申し訳ありませんと項垂れてしまい、
―――――――――――――――――――――――――――



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i    「その節は大変失礼を………」
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |

47 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:23:14 ID:mfiAMJSs
二57.



                           /  r--i、 .          i < r- //
                           l  / } |/             \ヘノノ ∧
                            l  Y/               il     l
                            l (( l     i     l       l    つ
                            l   l     l l     l l l l l   l    っ
                            l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
                            l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
             「わーわーわー、     l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
              それはもう良いから。  l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l
                            l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l
              行くなら行こう?」     l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l
                             y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
                              l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
                             l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
                             l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
                             l l i` トィ--!‐~ ___ ~i: irー -r-----i'´__
                             l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7
                             l l  l   ノ ´ r┴‐:、\-!´           /
                             l l  l  `-i  `r--、` i i    l     l
                             l l  l /   l_ r |r‐ ⌒- l \  l     l



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  せっかく二人で居るのだし、今はそう言う空気にしたくなかった雪華綺晶は
  慌てて出発を促したのだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

48 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:24:14 ID:mfiAMJSs
二58.



ヽ..  ::::|  ,i´ヽ
ヽヽ.  :::|  |   \
  i i 、:::|  〕____\    ノ;ヽ                           †____
  `: `: |  |;;;;;| ̄| ̄|   _/;;;;;;;;;\_           †__                  /ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    `: `: .| ;; |_|;;; |    | ̄ ̄ ̄~|        /ヽ/山                //ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ` ゝ |ソ└ ┘;;;|   .|:::| 口 |::::|       //iiヾ ̄ヽ             // √;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      .|  |;;;ゞ;;;;;;;/≡ヽ |:::|::.*.::|::::|       //:皿:ヾ ┌i         //    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ,-.、  |  |;;ゞ== /// /ヽ::|  . |::::|┌───// ト=イヾヽ| |         ヽ | || | | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,i:::::::i. .|  |(( ─ ))ノ 〔()〕::|  |::::|_ノ;;;;;;;;;;;/L/四 品 四ヾ| |ヽ  ‡       / | || | | ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
l i::::::l  |───┬┬─ ̄|@.~ ̄  ||ノ| /|/イ─────ヽ ゝ/\   /    _,,.. -;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|;;;i:::::| .|ゞヽ .┌┴┴┐ | |ヽ _   |;| Kノ/ || ||ロ||ロ||ロ||ロ||;| ̄|ゝ/ ̄ヽ  /‐エ''"´──
|;;;i:::::| .|l;;  │Cafe.| | |@/;;;;;;ヽ |;| |ム-|‐|||──┬──||  | /;;|[]|;;;ヽ─┌|┌┐l┌┐
|;;;l:::::| .|;|ヾ;ソ└──┘ | | .|   | |;| |_.| .||ト ─ .┴ ─ ┘___|_||~:[] ||;;ヾ l|;;|││|││
|;;;|.....| .|;| ;;ゞ ...:::::|| .|≡| |┘  └!;|| 乍.| ||┌田 田 田┐|  |..||~:[] ||l─ノ|ヾ;;;i::;;ゞ;;;ヽソ
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ .-,- ヾ;;;i::;ソ┘|  |..||~:[] ||| / ヽ────
|  今までの貯金とこの仕事の報酬で   |.. ! ! ! |───|─ ;;ゞ:::[] 丿|/─ヽへ [ ̄ ̄]
|  良い剣が買えないかなぁ?       .|──[.i───! i .| |ヾ  ヽ─|[][| |;;;| . ̄ ̄
乂________________ ノ、_ ||``'‐, ノ ヽ、. 、.、.._. ii .| .|;;;;;| |;;;| 〔〕〔〕
i;;;|  .|  | トヽ    l l .l                ``'.  (● ●)|、.、.._ | ト‐--.、_____   _
i;;;|─.|-'`| ̄    .| | |                .  | (_人_) |、、.._. | ト‐--.、_____ ̄ ̄| | |
i;;;|  .|  |      | __  _            .  ヽ   ノ   `'‐.、     ̄ ̄ | | |
       ,ィ=ト y ´    `Yf=}ト             ,=,-|  ̄ll~|- 、     ` `'‐‐‐‐‐‐‐| | |
       ゞミ彡 :::,  ::   ゝ=イ\ _          !::i ..:::。 ..::i::.. ヽ
       / / rく/  :::! :ll :', :ヾ', ヽ       i ::!::...。 ..:::::ヽ::. ヽ
     /ノ' /≧ト.! ::/,ィ/‐、 ::} ::l >ノ       ハ::!〉::。.. .::::〈 ソ::::〉  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   .  i {/ :::ト≡ノ ヽ' '弋卞/ :レ/´       /.:::/i:: ,i:. . ..:::/.:::/   |  雪華綺晶の腕に合う剣、か………   |
     ヽ(  ハノr'   _ ///} /!>` }     ,'、_:/ ノ:/:|::: _'テ`ン´   乂_________________ ノ
     /::> 、 > --_ -、イ´(_:', {r'´    ._',,-、! /:/::: i ..:: ̄i
     ヽ ( / ,ィ´. ~_~' ト7 (_::\\      ノ::/.!.::: | . ...:::l
     / 人 {<_ j   < } ノーっ∨      . ´::::ノ .| :::.i| . .::::::|人
     `ト\77 /-イ}j ̄ヽ {::r'彡(r       ヽ.i´ー-.l...:::l|.r―-ゝ|
   .      ヽY  r-イト-_}≦ヽ            |:: .:l  i. ::::!
   .      人t'x', x 「                  l..::::|  .l: ..::|
   .       \x', xヽ                  !:::::.!   !...:::l、
   .         ゝ_ >‐'                _ノ`ヽ!  !`ー'、
                             ー '´   ``ー-'

49 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:25:14 ID:mfiAMJSs
二59.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  仕事に就く事になったその日に、町のあちこちを見て回っていたやらない夫は
  迷うことなく一軒の武具屋の前にたどり着いていた。

  それほど大きな店構えと言うわけでもなく、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



     |==|==|==| ;;      |==|==|==|     |  |∥    再会の酒場      ∥"゙ ̄ ̄ ̄
√   |_|_|_|   Χ  |_|_|_|     |  |┗───────────┛
      ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ;;',; | [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     #;     ;;                |  | )~( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:)~( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
────────┐三三三三三三三三≧!゙( () )   ;;'        ( () )     
具 是得太の鼓動 |           ;;',; | ;; | {三} [二二二二二二]# {三}. }三三三{
────────┘   I/l⌒l\I    | ;; |7     |l . . . . . . .||      ||  ||  ||
________ Κ  |  |  |  |    | ;; |      ||: :. :. :. :. :. :. :. ||  ζ  ||--||--||
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |   |==|==|==|    | ;; |  ',;'; ||´二\ /二`||      ||  ||  ||
: : : : : : : : : : : : : : : : |   |  |  |  |    | ;; |      ||三三 l l 三三|| ;;':     ||  ||  ||
: : : : : : : : : . |   |==|==|==| ;;   | ;; |      || ≡≡l l≡≡ ||      }三三三{
                |   |_|_|_|    | ;; | ̄ ̄ ̄||三三_l l_三三|l ̄ <◎><◎><◎
                |  #; ̄ ̄ ̄ ̄   ;; | ;; |___||_;;_;;_;;_;;_;;_;;_;;_;|l_[::ヾ〃::ヾ〃:ヾ〃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|               |┬ ‐ ┴ ‐ ┬ ‐ ┴ ‐ ┬ ‐.┴ l二二二二二二
________| ̄ ̄ ̄ ̄,;; ̄ ̄ ̄,;#|┴ ‐ ┬ ‐ ┴ ‐ ┬ ‐ ┴ ‐ ┬ ‐ ┴ ‐ ┬ ‐ ┴
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄

___________________________________
───────────────────────────────────

                         / ̄ ̄ ̄\
                       /         \
                       /           ヽ
                       |             |
                       |               |
           「あったあった」      |              l
                       |          /
                       |        〃/
                       \、__     (
                          _)_ ===\
                         /          \
                        /            ヽ
                        |    ,        i
                        |     |        l.|
                        |     l         | |
                        |     |.        |. l
                        l    |       |.│
                       /    ノ        | |
                       /     /        l /
                      (ヽ、__,/____  __,У
                       ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
                            j l   |


51 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:26:14 ID:mfiAMJSs
二60.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼の後に続いて入店した雪華綺晶も、
  お世辞にも質が高いとは言えない品揃えに戸惑った表情を浮かべている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



            /::| |                /l、       {<二}=}
           /:.;.;; | |: ;   <>====l」=====l}.; .| l|  ;:.  メ;
           / ;   | |  ;.:;  ;:.  .:;         [i| l|i] .:;   #  {<二]=}
         /     /|| |   <>====l」=====l}  | l|   キ;,  :;
       /     /  || |   キ.              、'ー}  ζ . ;; {<二]=}
     /  ::;; ;i'゙   || |   <>====l」=====l}  |ζ
   /     ||    || | #.; , メ     ;.:/ `     ,__rk-o_ ,.__ ______
  /  /|l  ┏━━┓ |  .:;      `   ;;';   l二lニi_{i]=_ニlニi=、,ii>/●~●~●~
/  /  |l  ┗┯┯┛ |__________ /   l_l ̄i_j^  /●~●~[500]
  / \ |l   | ̄ ̄ ̄|\                 | ̄  ヘヴィランス] ̄| ̄[フラムー] ̄
/      |l   |      |/ ̄ ̄ ̄ ̄[ ̄i]/|    |           |
 \\   |l #::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \ /    |__________|/         、^@ ̄@^ ,
\  /    /                          ((从(((,,i! )  「えっと………」
  /    /                           ノ∂ヮ ゚从(,
/ #;  /                            ((とtξ,,,tつ)
    /                             ) )(,,,,ζ,,)( (
  /                              .( ( ( UU  ) ) )
/    _____________________________
     /<<<<<][ /.∠∠∠∠二l= /┻.┻.┻━.┻━/卍卍卍卍卍/|
   / <<][ [750]/∠∠二l=[1000]/┻.┻.┻[ 5000 ]/ 卍卍 [100]./ ..|
  | ̄ ̄[短剣] ̄ ̄| ̄[毛狩包丁]. ̄| ̄ ̄[トンファー] ̄ ̄| ̄[手裏剣] ̄|  /


53 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:27:14 ID:mfiAMJSs
二61.
―――――――――――――――――――――――――
  しかし、やらない夫が真っ直ぐカウンターへ向かえば、
  目立つ少年に気がついた店番の女性が
  見覚えのある客だと仕事の手を止めて声を出してくる。
―――――――――――――――――――――――――



        ,.-' 、ヽ        `ヽ、
       /   __ヽ!           ヽ
     /    ´ _`ヽ´          ヽ
     i    ,.r'´ `  ,.-、            i
    l   ´      ,、r 、 ヽ、       l
   l         ,ィ/   ヾト、 ヽ       |
    l     ,.ィ / i{     i} ヽ ト、     !
   jr.シ   /l !/l.! {!       }! } i,ハ    ,!
   l.イ/ _{. i!|!_|!__!_      } __!l_!__|!ヽ、l リ     「いらっしゃいませ」
   |! !/i´ハ´-‐tr;j-     rノ ‐t!リ-,!`トヽ!ノ
   ! lハ ゝ!         iヽ       リ/       (あれこの子、この間も来た子よね?)
    | ヽ、.l         ! ノ      !ノ
        !ハ       丶       / リ
       ノ゙l ト、    ー ;;;ッ'   ィ!、ト、
          ,ゝ|.ヽ、       /| ,ゝ
        f く!  ` ー   ´   !く
        ヽ ` ヽ、        ! ヽ、
     __,. -'´i    ヽ、    l _ノ 〉
 `´  ̄      `ヽ、    ` ー-'´  /`ヽ、



                                                  / ̄ ̄\
                                                 / ヽ、_   \
                                               . ( (● )    |
                                 「お邪魔します」      . (人__)      |
                                               r-ヽ         |
                  (魔剣は………                     (三) |        |
                   あそこに飾ってあるのだけ、だが―――)   > ノ       /
                                              /  / ヽ     /
                                             /  / へ>    <
                                             |___ヽ  \/  )
                                                 |\   /|
                                                 |  \_/ |



―――――――――――――――――――
  腕を組み、足を止めた視線の先―――
―――――――――――――――――――

56 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:28:14 ID:mfiAMJSs
二62.
―――――――――――――――――――――――
  カウンターの後ろの壁には、
  この店には明らかに場違いな品が飾られていた。
―――――――――――――――――――――――



  O
  ((@))
   ト彡ヽ
    ヽ彡 、
     ヽ彡ゝ__ ___ ノ}
      )rk´∥nて`-´
     r=‐X)).Y |´
  _ xイ彡チキ.、:::|ヽ|
    ̄  ̄ \`i`' ヽ
         ヽ ミ:ヽヽ
          ヽ ミ:ヽヽ             ┌────────────┐
           ヽヾ.ヽヽ,         │魔法の広刃剣         .│
            ヽヽ ヽ.' ,         │付加:硬質化、軽量化   ....│
             ヽヽ. ヽ\       │材質:隕鉄鋼          │
              ヽヽ. \ヽ,.      │価格:金貨一万六千枚  ......│
               ヽヽ. \' 、.   └────────────┘
                ヽヽ. .ヽヽ
                 ヾ \', ハ
                   \ ゝ |
                    \ヽ |
                     `丶



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  重厚感たっぷりの赤茶けた刀身は珍しい魔法金属で作られている事を意味しており、
  魔力源なのだろう、柄頭にはめ込まれた大粒の水晶が強い光を放っている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

57 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:29:14 ID:mfiAMJSs
二63.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  おそらくは古代魔法文明期に作られたものと推測出来るが、
  それにしても隕鉄鋼の魔剣とは珍しい。

  下手をすれば銘有りの一振りかも知れない、と
  感嘆の吐息を吐き出した雪華綺晶は吸い寄せられるように剣を見つめており、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



 、   _, .} ,メ    l   ',::   ヽ::::.   ',:  ヽ
   ̄,´/F>`ミi_ i  i    ';::   ' ;:   ';::  ',
  ,⌒Yiー<⌒ハL  i     '::;    ',、   ';::  }
  ,イ冖!/てヾVYjヽ_, l、 ,  ',斗七  '.,ヽ 人,,リ
 从r'弋心ノ',イj从i   l....ヽ/ '; :::\  l ::/イ
.<  ゝ._`フノノハ、 .i  l::::''ゞ从_i⊥、;\j .i
  弋 _、.>√勿/ヽi. ハ   V{ィrャミ <  丶_       「わぁ………!
  )) /´  `.i`...'.,::、 '、 ハ  `.辻,ィ'}      ̄|     メテオリック・クロムの魔剣なんて
    l    :::   ::',::\ iヽ   |下乙     /      初めて見たよ………」
    l    ::     ;;; ::ヽ| ゞ         /
    ,'  ..::    ,:'::, :::|           (
    ,'   ::    .::  ::: ::|`(  Y ヽ、     /
   ,'  .::  .:: .::..  ::: :| ,ゝ‐イ .ノゝ___,,ノ
  ,'  .:::  ..::: .:::  ::: :::!" `丶、s ̄`)
  ,' .:::/  ::: .::    :: ::/   l  .l ヽ ̄)
 ,' ::; '  .:: :::    ノ,/ ヽ、 ヽ / /、ゝ
.  / ..::: :::   // `丶、`  '彡,廴`;;;;;
  ..,,,_::,,__.:,,,,::://‐-、__   `丶 .ヽ /∧/|
 Y        ̄ -  ,,,, ` ‐ - 、 .Y..∧/|
               `ヽ     ヽ|∧//|



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ             「希少だよな。
          │         }              俺も今まで数振りしか見たことない」
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  腕を組んで少し横に避け、場所を彼女に譲ったやらない夫もその意見に同感だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


59 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:30:14 ID:mfiAMJSs
二64.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一方、二人の様子をカウンターの中から見ていた女性は若い彼らの―――
  特に、やらない夫の装備がとんでもない部類だと知り、
  冷やかしではなく購入を検討できる上客だと判断している。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



               __,,,,,  -‐‐‐-- 、 __
           ,,-'''''^   .           ̄''‐-、,
         // /, -''^ ̄__.              ^'、,
        { { , '^ ,.-'''^                  \
       ._,-ゝ、/ / ,    ''^⌒ヽ                  ヽ
     /   ヽ'((/  /⌒ヽ  ヽ.                  ヽ
    /      ヽ( .r' / /ヘ   ヽ               λ
   / ./   ./ /.r' .,-''^⌒'^^'⌒ ヘ  i. i i . !             キ
  .i' r'    ,{ i .i i'          λ  | 川 .|            |
  | ノi   ソi.||.{           i  | |.i| .|, '、,          |
  |/ |   /ノ !, ! |             | | .! || | \ ^' 、        |
  ! |  ノ /!  ヘ!i.             | .!.i ! !|.!   ミヽ、\      |    「あら、お目が高いのね。
    {   / |-^ ̄^'=、        ノソ ノ .ル'   !ヾ,\ ヽ     |
     | ノ .| ‐'冖i=‐、ヽ     __,,,--==‐、,   |、ヽ, ヽ、    i  |    ―――でも、あなたのその両手剣の方が
      i!i^i |    ̄^        -‐'冖i=-、 `  |. ヽ, ヾ ヽ、  i i     余程曰く付きの品じゃなくて?」
      i .| |                 ̄^ ̄   || ,― 、ヘ.   i |..|
      ! |.|                    i!//⌒}.}. i  i |!
      ! | .!     ,               ノ イノ./   }  } !
      ノ !、!.i     ゝ^'               ノ     ./|!
     ノ  .| ヘ.    、.= 、,,_         /'^       /
       .! j ヽ    `= ̄       ノ     ,/ソ ノ
      ノ'^ノ .i ヘ           ,,,-'/ / ノ // {
        ノiノ .i  iヽ、   __,, -‐''^ ノ ノ /  {  {ヽ、
         ヽ. .r  |    ̄       イ  (   >''^
          ノ,ル|               | ___ゝ‐''^
            __ノ|.               |^
     ,,,,,、-‐''''^  !               \



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)       「あぁいや、えーっと………」
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ        (俺の予備じゃなくて、
   |   ,.<))/´二⊃       これを、雪華綺晶に………)
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

60 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:31:14 ID:mfiAMJSs
二65.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ただの冷やかしなら絶対に触らせないが、
  それ以上の装備を持っており、購入に実現性がある相手となれば話は変わる。

  見ただけでは分からないだろうと壁から剣を降ろした女性はやらない夫にそれを差し出し、
  鞘はこちらになります、と戸棚から鞘も取り出してカウンターに置いた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                          ,.-‐= ̄  、 `~‐-、
                                         /     `      ~\
                                        /  /  ...../ ̄丶丶 ヽ   \
                                        | ////´  `l | |\\ヽ   ヽ|
                                        |、||/l┼   ┼|-|-|\ヽ \ |
                 「どうぞ、                   | |"l.ヽ  ‐、-,、 |/ 、\ヽ |
                  手に取ってお確かめください」       |  ノ    ̄~ l|ζ| | |
                                          ノ| ヽ      ノノ- ' /
                                           '\ `''''    /| | ||
                                            .ノ\.....    ノ||ll
                                          __,.─,-ソ| /   \__
                                        /~ |:::::::|  ´ ̄ ̄ ./::::::/ ̄~ヽ.
                                       ,'ゝ、._|:::::::::\____/:::::::::::| _......l,、
                                       {、_  ─:::::::::::::::::::::;---‐‐~~~   ノ |



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)         「すみません、
        |     ` ⌒´ノ          お言葉に甘えさせてもらいます」
      .  |         }
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



――――――――――――――――――――――――――
  慣れているのだろう、この値段にも全くたじろがない少年は
  お借りします、と剣を受け取り、
―――――――――――――――――――――――――――


63 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:32:14 ID:mfiAMJSs
二66.
―――――――――――――――――――――――――――――
  対照的な連れの少女はしかし、
  隣から興味津々に覗き込んでいるだけで手を伸ばそうとしない。
―――――――――――――――――――――――――――――



        <  r=-、  > ' ´            / /  rァ/ }v'´`i > ゝ
        >イ{r-j}ソ                     トv´ ゝイ.人K i
        廴Y/ ┘      /              ヒ=-ゞ イノ小 |
        ノiヾイ'´        /            i i   ≧三≦ .| ハ
    、 _/ィ //        i              il .il   i  升 ハ .ヘ
      ̄  ノ i .i           il     i.      i  il .il   il  |.i  ii  .ヘ
      / /       i    i  i   il       ハ .il .il   il   Ⅶ   ハ
     /            il i__ ハ.  il     .升 iⅦ   i   i.lハ  ノ ハ
      i     i    ナTl   il    il    -ハナilー -.i  il   ト ソ   i   i
      |       il    il il     il i  il i  /  il .il ilハ/ .イl   il     il {ハ     「うわぁ………
     人.     il    il ilゥ≦ミ=、 il il il / 行芯及ァイ//  小、 i  .il   ヽ     随分高位の術者が付加したんだね、
     ハ.    il     il ノ/<t 」ノ ゝハi .il ハ   {辷t jrリ./イ  / il  il.   il ( ミ;,、    魔力も随分強そうよ」
       V>‐  il  i  il人ゞ- 、 _ハノ ハ' ´   弋z_ソ.//  / .il  il  / ハ  ヽ
       } i ハ .il  ハ ト≧_>イ           イ.  /  il  il ./    i   ヽ
      ノ  .|/ Ⅶハ i i i ノ人(    _       -=彡イ   il   // i  人   ',
     , '´ /   /  ヾハ 人 (  `ヽ           /.< ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_il / il    ノ
   /   /        }人≧、    ー =-    イ} })    /  (  .il   (
  /ハ   /         il  ゞ >        イ∧_∧ /    /    ∧  il    ヽ
  iハ ゞ. i        ≧}人 K  /> ─ ´i   || | | .| i    .i    / ゝ i ヾ _ ヽ\
   i   .|        彡イ人ゞ  / /∧∨/ /  / / ハ     //  /ソ   \      ヽ

64 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:34:14 ID:mfiAMJSs
二67.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それで店番の女性も、やらない夫が何を思ってこの剣を見に来たのか察する事が出来た。
  超一流の冒険者が、新しい仲間の装備を調えに来たと考えれば辻褄が合う。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



        ,.-' 、ヽ        `ヽ、
       /   __ヽ!           ヽ
     /    ´ _`ヽ´          ヽ
     i    ,.r'´ `  ,.-、            i
    l   ´      ,、r 、 ヽ、       l
   l         ,ィ/   ヾト、 ヽ       |
    l     ,.ィ / i{     i} ヽ ト、     !
   jr.シ   /l !/l.! {!       }! } i,ハ    ,!
   l.イ/ _{. i!|!_|!__!_      } __!l_!__|!ヽ、l リ
   |! !/i´ハ´-‐tr;j-     rノ ‐t!リ-,!`トヽ!ノ    (………ああ、もしかしてこの子に
   ! lハ ゝ!         iヽ       リ/      買ってあげたいのかな)
    | ヽ、.l         ! ノ      !ノ
        !ハ       丶       / リ       「あなたも遠慮無くどうぞ」
       ノ゙l ト、    ー ;;;ッ'   ィ!、ト、
          ,ゝ|.ヽ、       /| ,ゝ
        f く!  ` ー   ´   !く
        ヽ ` ヽ、        ! ヽ、
     __,. -'´i    ヽ、    l _ノ 〉
 `´  ̄      `ヽ、    ` ー-'´  /`ヽ、



                               .. -─  ─ --{ { rく Fヘ ト } \
                        ___{人シ-}ノ´           辷{ーイノi  \
                      /  `ナ '´              ((ー'⌒))ヽ   \
                      /    /      |  |l   l|       |   \  .ハ
                    〃   /  /  l!  |  |l  l, l| ヽ \   |    ハ  i
                    i     /  /   |(ヘ |  |l  |i l|  l  |.  |   / .ハ  l
                    |   .:′ .{ l   !/ ノ|  |l  |i l|  |  |         } {
                    |   i   | |  {r′|  |l  |i 爪丁`メ.!   |     ハ.\
                    |   |   | レ─ェヘ.|人リ八!ハ从/ハ/ !|   |      /  ',  ヽ
                .    八.  |   | ノX 必\λイ─  .,:ィだ心t、|  .'     /   i   )
     「は、はいっ!」     /   } |   |く λYシノf ノ     .之z少 ./  / ,    /    ノ ./
                .  /   /  ヽ,从!弋rマ辷彡         , , , , /  / /   /  / /{
                ./  ノ   }  \. !))   ,         =彡イ   / ./ /{八
                  ./    ノ  / ∧    __     r─l/  r‐─--、,/ /\ \
                  /    /  / ./ }丶.   `´    l⌒レ./ /     .八  /\ \ \
                 {   /   {  /  ノ  > . _ . ィ _|  / /    <  \  \ )  )
                  }  〃    / { r──-マ r~7ノ  / /       へ、ハ.  /  /\
                 /  {i / /  / /  `ニニ┤-l {  / /             } /   ハ   \
                ./  八{ .(   ./.   ‐─、_) ノ / /! /              |    / }   )
                .  /  \{⌒Y    > )-'. / // /      /\     /  /  /   /
                 /  \  ト-!r-.、     / /./ /      /  ノ     / /   人  {
                '  ノ   \} [   |_ イ7/  / ./  /\  -一'      / \  /   )  }

65 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:35:14 ID:mfiAMJSs
二68.
―――――――――――――――――――――――――――
  一足先にカウンターの隣にある試着室横の広い場所で
  ブロード・ソードを構えたり振ったりしていたやらない夫は、
―――――――――――――――――――――――――――



                                        ,ィ7
                                       /,/
                                    / /
                                      / /
                        .             / /
                                    / /
                                   / ̄ ̄\
                                  /\  /  \
          「良い重さだ。      .         | (●)(●)  │
           釣り合いも悪くない」  .         /| (__人__)   .|
                                / ,| ` ⌒´     |
                        .    ィ´ /''ヽ      ノ
                           (⌒) イi一‐ヽ、   /
                            7 .K.`ー--→―― )
                            ヽ/ ヾ--‐―‐  /
                        .       /      /
                              /      /



                       i     ;        /
                        l       ;       /
                    l     ,'      /     ,..、、
                     |    ,'       /ー- 、. -=― .、ヽ
                     l.    ,′     /       ,: ゙i|
                   i    i    /ヾ:     ,,.:'  |l
                    ,! ,  !、   ' ノ,' __  '"_,_;_,..-',イ
                        ,'   |`ー--‐"'''´    ̄i`- '" l
                  /     |             l     ,!
                    r'´ ̄`ヽ、!           ゙、   /
                  ,'      |            `''''"
                 ,'     ,:'
                   /     /
               /     ,,.:' /
              、-゙''   '''" /
        ,:''⌒``'''<゙ヽ、、    '{
          !,. - 、    \ヽ、` 、.,!  タタタタタタッ
        ゙ヽ、  ` ‐ 、...ヽ、_``'く
          ``''‐- 、_ `` ``r'′
               `丶、ノ

66 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:36:14 ID:mfiAMJSs
二69.



            / __癶ぅ) /            癶ぅ{\  ハ
                 ′ {fγ{f ア }          ((_杙必〉}  ヽ i
              / 込辷ソ            癶辷り   V
             |  i (( /         l  |  |     ({ \  
               ハ    }′|  |   | |  |  |  | | i \ ハ,  |
             / ',   |  |  |   | |  | T .ト _| | |   } ノ 人
.            /   }   |  |  | }}_.⊥_| ハ/ / 从/  ,  / / /  \
           /  .′/ |  |  |/だTt}ァ'/ /  r=ミ,/ / / ∧   丶
.          /  / /  ,}ハ人_{メ { 必 k 〉   弋zソ/ / {  { \     \    「ね、ね、ね!
         /  / /  ノ|}  ((ヽ弋辷ソ  ,   .:.:.:./ / 八 八  ハ    ヽ    私にも触らせて!」
.        /, -‐ ¨   / /  / } ハ((     _ ..,   { { /  ハ \ } \
      /, -‐─… ´  ′ / | (介 .  ` ´  , ィい Y  /  .  y   \ 
     //  /    ノ/   / ∥ / } rz_>  <γf\\_ __} .∨ \   ヽ }
    { {   ,   / i   / / イ./ Y^YひfてノY^\ハ ヽ  ヽノ 人 丶  } ハ
    ヽ {  i   /  |   !/   { /)う  乂Y {ニニ .} } }   ∨´  ハ ハ /  }
     .} |  | ( {,  人  |     ∧ "´r」几几{f─‐ | } /    ハ  /' }  /
     .} |  .ハ ハ     \ノ    / ∧   ヽ ⌒ { ヲ  ///     /' V  ./ ′ /
     {リ / Y  }    ′   ,    ハ   }_fてノ|   / { {       } / ′ /
.       {  \ ヽ   {       /i  /   {| {, 八 \     ノ / ′ /
          \  \\   ゝ-‐┐ /ノ  /)  (}|  }V \ \厶イ ′   ,
          \  \\   / V´ (  / (    リ 勹ハ  ヽ }   /  /
             ヽ  ハ } /   {   } /  ノ   / f´   i   ノi}   .′/
               |  / / { ̄`ヽ,} 丿 幺厂    \/ /  / (



   / ̄ ̄\
 /    ⌒ \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      「ああ、雪華綺晶も握ってみると良い」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ   
   /    く__,-ュ__
   |    ___ 三)
    |    |       ̄ 



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  飛んできた彼女の勢いに微笑みながら、持っていた剣を手渡してやった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

67 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:37:14 ID:mfiAMJSs
二70.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  それからかなり長い間、雪華綺晶は魔剣を構えたり振り回したり
  重さやバランスを確認したりしていた。

  最後に自分の長い髪の毛の一本を刃に置き、
  置いただけでは切れないこと、
  微量な気を流し込んだだけで重力に負けて切れた事を確認してから
  納得がいったようにやらない夫を振り返る。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                   / ̄`f ミ、__
 ̄ ̄`ー'⌒ヽ.       /   {必 )   ` 、
        \    //   ゞvイ       \
          ー '  /   /  | |  l  / l lハ
            /  /   / l  | |  | / l ハl l i          ,、
.           /   /   /  l _ | |ィTへ ノ// 川 !        /, |
.       /    /  /  {う八 {く必シヾ// /l l           / / /
_   ,  "   /  /  / 二ハ ヽ!》-イ  , f;/ハ/       / / /
   ̄.    /  /   /  )  `ァ.八   . ィ .|         / / /    「メテオリック・クロムって
      /  /      _( ̄   (_ \>:イ  ノ\      / / /     確か鋼鉄より重いんだよね?
      /  /     ./   \   {}≫-{} /  ノ.       / / /
.   /  /        i     i  {}≫≪}ー イ      / / /       ………ああそうか、
 /  /        /     ノ- ゞ>ー  {.        / / /       だから軽量化が付加されてるのか」
.  /          /  ,.rー ' { フ     i )       / / /
_/         , '  /    l(__     / ___.へ./ / /
         /  , ´      } レ⌒j  |イ (__</>< }フ
         /  /ィ  ̄` 、 /    (__ }    ノ ケミミ彡 ノ
        /   . '             )λ\ (_ /ミミ/__ソ
 .    /⌒i  ∥       ヽ       (  ゝ--ミ/



                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                               「どうだ、その剣。       (__人__)     |
                                相性良さそうか?」     (          |
                                            .    {          |
                                                ⊂ ヽ∩     く
                                                 | '、_ \ /  )
                                                 |  |_\  “ ./
                                                 ヽ、 __\_/

68 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:38:18 ID:mfiAMJSs
二71.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  改めて確認するまでもなくその剣に惚れ込んでしまったようだが、それも無理もない。
  このレベルの魔剣ともなれば剣士、剣匠位の者が持っても不足ではない程なのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       /ィ ヲr-,ヘノノ " ´     ` ' ‐‐ r:γf⌒い)
      __∥ |/ iヽ,:} }              ト 7 ハi`フ
     //!_ { !_Yシi り       |   |   弋イ_ 川 )
.  ///乂辷ニツ´/  /    i|   | ヽ ヽ ゝ彡イ
. /// ((/ | | /  〃! / ∥  / |   |  i  ヘ \
/ / /   /  l y   / l// ∥ / / | |   |   i  iヘ   ヽ
!/ /   //  |/i / //   | / /. | ))i  / i  li  | i  |
! {   .//!  |!/  i   /rィ⌒二ヘ |,/ | .ハ   | i   |        「最高ね。
 i  // |   l  / .|  {λrテ弌. i }|./ 7 ナ.┤ l  l /         いつかはこんな剣を持ちたいな」
. l  l l |   l ./  |  |ヘヾ 辷シノ」   行:卞i  ノ|  |/
! l  l | |   ハi  |  |ノノ--ニ_ソ   弋,汐7/ .|
!. ノ ノ l |  i ゝ、l  l  :::::::     ' :::::::l′  |
イ イ l |  l   l l  !、       ー::‐'    ノλ| |
⌒`ー-ノ_  l   iノ  |ィ` 、      . イフ l ヘ |
       `‐--‐'´    | |、.  ` ‐-<´ /  l ヽ\
-──- 、_     ノ  l ト、r‐ァ  ゝノ  ⌒ナ\\ \.\
     ,_、`----'´  ノ | |てr、 (__ィ⌒レ′ヽ.\\ \.\
   /r( ⌒r-、__.イ  | |-    ≪| |   iヘヽ. \ \ヽ
 /  /     `´⌒i__  | | // >| | ん' / ヽ  ヽ. ヽ )
/i   /        -イ ⌒.| |/ // |,ン゜ヽ. \  i  i イ
ノ  {  /       i )  ⌒ー 、_ィ⌒´    i   l |  l ノ
   i  l       lノi     /⌒      l   l l  リ
  (⌒         /     l        ノ  / l _ イ
   乙r~i       人      l       /  /  l /



                                            / ̄ ̄\
                                              / ⌒  ⌒ \
                                          | ( ●) (●) |
                                         . |   (__人__)  |
                                           |   ` ⌒´  |
                                         .  |         }
                    「そっか」                    .  ヽ        }
                                              ,、ヽ     ノ-、
                 (さて―――)                   /;;;i/      '、!\
                                        _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
                                   ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
                               .   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
                                  |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
                               .   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
                                 /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|

69 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:39:18 ID:mfiAMJSs
二72.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  持ち手候補も文句は無いらしいので、いよいよ購入者が現れたかと
  店番の彼女も期待に満ちた目でやらない夫を見つめている。

  しかし―――
―――――――――――――――――――――――――――――――



        ,.-' 、ヽ        `ヽ、
       /   __ヽ!           ヽ
     /    ´ _`ヽ´          ヽ
     i    ,.r'´ `  ,.-、            i
    l   ´      ,、r 、 ヽ、       l
   l         ,ィ/   ヾト、 ヽ       |
    l     ,.ィ / i{     i} ヽ ト、     !
   jr.シ   /l !/l.! {!       }! } i,ハ    ,!
   l.イ/ _{. i!|!_|!__!_      } __!l_!__|!ヽ、l リ    「お買い求めになりますか?」
   |! !/i´ハ´-‐tr;j-     rノ ‐t!リ-,!`トヽ!ノ
   ! lハ ゝ!         iヽ       リ/
    | ヽ、.l         ! ノ      !ノ
        !ハ       丶       / リ
       ノ゙l ト、    ー ;;;ッ'   ィ!、ト、
          ,ゝ|.ヽ、       /| ,ゝ
        f く!  ` ー   ´   !く
        ヽ ` ヽ、        ! ヽ、
     __,. -'´i    ヽ、    l _ノ 〉
 `´  ̄      `ヽ、    ` ー-'´  /`ヽ、

70 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:40:14 ID:mfiAMJSs
二73.
―――――――――――――――――――――
  もう一つ、そして大きな問題が残されていた。
―――――――――――――――――――――



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',       「うーん」
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ      (問題はどうやって雪華綺晶に渡すか、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l      だよなぁ………)
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



                                       ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                       / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                      i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                      ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                     .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                      li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
                  「くすっ………」           ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                                      ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
    (さすがに、このお値段は悩むんだ?)            !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                      ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                      //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                     / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                                   / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                 / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                                /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                               ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、


72 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:41:37 ID:eHJguRSg
悩む部分が一味違うw

71 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:41:15 ID:mfiAMJSs
二74.



              -        ‐-、  ((__、__
           ,. '        ┏┓┏┓ \ ノ rミ<|
         /          ┏┛┃┃┗┓  マλ }7_
        /     l   l ┗━┛┗━┛   ヾニ/ヽ、
     ((   /  l l    l  l  ┏━┓┏━┓  . トイ) ∧
  r-、__))r7  l l  l l   l l┗┓┃┃┏┛l  l ∧((  ヘ
   マlフワ7   l l  l l   l l ┗┛┗┛  l  l  l    l
   7 L_| |   l l  l l   l l  l  l  l _.. l  l  l    l        ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
   \r-f | |   l l  .__ ll   l l  l  、」ィi´ l l l ヘ  l   l       <                             >
   l  l ll   l 、l  、_ ̄_、 ヘ マ  l  l  l!_!l lヘヘ  l   l      <  バンダナのお礼って言ったって         >
    l  l  l   ll  rノ r-、 ヘ \ V Ⅵ lf"だ;::狄l ヘヘ  l   l     <   物事には釣り合いってものがあるでしょ!   >
    l  l  l l   l  マ/ミシ } /      込;;;;彡 l l   l∨  ∧     <                             >
    l l   ll   ヘ f=--ノ !_}       ̄~   l l   l ∨  ∧      Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
   l  l  、 l   ヘ \ツ ))           !  l   l .∨   ∧
   l  l  ヘ マ   ヘ                   イ l  l   l  ∨   ∧
   l  l   l ヘ   .∧、     r:=:ァ    / l  l  l   l.  ∨  ∧
  l  7   l l ∨.  ∧`. 、.    ̄   /l l_..__ノイ l   l   ∨  ∧
  l  l    ll  ∨  ∧l l `  . _. イ r、 {   ノ  l   l   ∨  ∧
 /  l     l    ∨  ∧-f⌒}_ r-ァ ム `'′  イ--'´゙ l   l   ∨ ∧
 l   l    l l   } \  \\  {_.{   l        l   ト-i.  ∨ ∧
 !  l    l l   イ- 、_\  \    \  \     l   l  l  _V ∧
   l    l  l )ー---テ \  \    \   ` >、_ノ ∨  f⌒`'´フ ∨ ∧
   l      l-!        _\  \   r-、  l-! l ( ∨  l   {  ∨ ∧

丶~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'〇'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
                      O
                      o
                      ゚
                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉      「う~~~ん………」
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /        (ジュンの時のようには行かないだろうし、
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r         下手すりゃ怒られるかも知れないし)
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



――――――――――――――――――――――――――――――
  さすがの彼も、自分が買って渡そうとしたところで大いに遠慮され、
  怒られるのは容易に想像出来る。
――――――――――――――――――――――――――――――


74 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:42:15 ID:mfiAMJSs
二75.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  何か良い方法が無いものかと渡す方法をと考え込んでいると、
  彼が金額面で悩んでいるものと勘違いした雪華綺晶が助言をしてきた。

  さすがにこの魔剣は折ったりしないだろうし、
  自分が買えないとしても、やらない夫が持つ分には気持ちの面で整理できると思っていたから。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                       、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
                                         l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
                                       .  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
                                       . 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
                                        f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
         「ねぇ?                           ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
         予算はどのぐらいなの?               .  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
                                         \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ
         少しぐらいなら負けてくれるかもしれないよ?」      ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ
                                          /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
                                        / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
                                       .   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
                                        /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
                                       . i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
                                        i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
                                        l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
                                        l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    「予算?
        !  (__人__)  |     特に決まってないかな。
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /     別に値切る必要は無いし」
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ところが、彼女を振り返ったやらない夫は事も無げに言ったのだ。

  また、この店に不釣り合いなこの魔剣は誰かの委託販売の代物なのだろう。
  であれば店員が値下げ交渉に応対出来るとも思えない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


76 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:43:14 ID:mfiAMJSs
二76.
―――――――――――――――――――――――――――
  そしてこれがまずかった。
  金額に全く躊躇していないと知った雪華綺晶が驚いて尋ね、
―――――――――――――――――――――――――――



                                      / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
                                      ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
                                  .   {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
          「え?                        ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ ⊥..」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
           それって、上限無し………って事?」  .    从从八;ゝ=:)) `` Tij:7ヽ/:/: / . : : :,′
                                       〉〉〉 〈(必リu    ゙ー'/: /: / .:/ : /: :
                                       j ij : : j{((′    !i!i! /: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
                                      ,','///'}n. r-‐‐-、 ,'. : ::;' : : : :', : :', : : : :
                                  .    / /イ / /./,n、  ̄ ̄  {: : :::{ : : : : :ヽ.: :、: : :
                                  .  ノ /.: | ' / '|// `¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)     「そうだよ」
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  嘘やごまかしをする事を嫌うやらない夫はそれを、あっさりと認めてしまったのである。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


78 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:44:14 ID:mfiAMJSs
二77.
―――――――――――――――――――――――――
  なので彼女が、呆れた苦笑いで言ったのも当然だった。
―――――――――――――――――――――――――



                                              _ -  ´ ` `´ト`ヘヒ´\
                                        /\r-、/         ヽ゜七ミl、  ヽ
                                       /  〈土/             \ヒゞ、  \
                                      /  〉《/ //      i   l  il ..  ヽ i\  ヽ
                                     i  /)// l i l  l il ;  il ;   i i l   ` i ヽ  `.
                                     /  / /il l l l l  li l il  i ヽ  il i i    il l  \ `、
                                    ;/  / i il l l l/i  il li ili  レ升ト++;l    l il  ヽ `、
        「………莫大な資産を受け継いだ       /  i  i il l  il lヘ yヾ il l i l i_ニ土_ll il i  l l    i.  ヽ
         お坊ちゃんでしたかぁ」                /   i  ; il l  lilKヽilミア\ハソ ´":::::::゚アlノ   il l      `、  \
                                 /   ノ  ;  ヾi  i iK《ゞ}イト   `弋ソ i l  il l      l   l
                                /  /      ; u;ヽ》ヒ≦レイ )    ゛゛ /i   il l l      i  ;/
                              /  /       ノilヽトミヒ i´( `__ ,  ノノ/i  i l  l l      il /
                             /  /        / l  i)`ト、   `- ´  /// / il l  il    i il
                              /          ノ il  l `iレノl`K=- _彡ニil/.  .-/  il  il   i il
                             /           / //l ilK=ー`ミ三 il lレ/ / イレ´ ̄ヽヽ  〉 i
                             i          /  /  i il liフミ//) ( `、il  /ヒ/     ヾ 、  ヽヽ、
                                       / ノ  / /il i)l トttYX右//il / 、      X \ ソ/



   / ̄三\
 /;;;;  ノ三 \
 |;;;;;;;  ( ○)(○
. |;;;;;    (__人__)
  |;;;    ` ⌒´ノ
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

80 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:45:15 ID:mfiAMJSs
二78.
―――――――――――――――――――――――
  今の表情を見られたくない、と振り返って
  カウンターから少し離れたやらない夫は―――
―――――――――――――――――――――――



                                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                           |  ……………。    |
                                           乂________ ノ

                      |:::::::::::::::::::::::::|  /:::::::::::::::::::::::::::〉
                      |:::::::::::::::::::::::::| ./::::::::::::::::::::::::::y'
                      |:::::::::::::::::::::::::レ:::::::::::::::::::::::::::/
                      |:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
                      |::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/    クルッ
                      |:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
                      |::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/
                      |:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/
                      〈::::::〈二二二\:::::/〈
                      /\/::/::/::/::∧ \:::::::〉
                        〈::::::::∨::/::/::/::∧ ∨ ̄\
                      `─‐∨ /::/:::/ /\     〉
                      .:.;::;.:;.; ..;:`ー─--- ───′
                   ...:;.:;.:;;:.;:::;;;;;;;:: :;;;...:;;..;;;...:;;...:;;
               ...:;:;:;.:.;:.:;.:;.:;.:;.:;:.;.:;.;. :;;;;;;;:::; ;;;;;;:: ;......:;;
            ...:;:.;:.;:;..:.;:;.:.;::.;:;.;:.;:.:;.;:.:; :;;;;;;;: : :;;;...:;;...:

82 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:46:34 ID:mfiAMJSs
二79.
―――――――――――――――――――
  二度の深呼吸の後、背中越しに言った。
  肩を、これ以上なく小さくさせて。
―――――――――――――――――――



            ___
.         /     \
        |_ノ ヽ、_   |
        |●) (●)  |
        |(__人__)   |           「そんな言い方はしないで欲しいな。
       _| `⌒´   |、- 、__       俺が親父から受け継いだ物に金は混じってなかった。
.     r..´:ヽ      /:|:::::::/ヽ
.      | ::::::::|\  ./:::::/:::::/ ::::::|      それらも、少し後にホールディング・バッグを壊したせいで
.     !、 :::::l/|二|ヽ、/:::::/::::::::::|      全部消えてしまったし………」
       |::∨ ::::|  ∨::::::::/ :::::::::/
       ∨∨゙::|   .∨:::::|::::::::::/
.         | ::∨:|    | :::::|::::::::::|
.        |:::::l ::|  /| :::::|::::::::::|
.         | ::::|:::|    | :::::|::::::::::|
       | ::::| ::|  / .| ::: |::::::::::|
      /::::/::::|/  | :::::|::::::::::|、
      〈 ::/ :::/   〈 :::: |::::::::::|/
      |/::/ヽ、__| :::: |::::::::::|〉
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  御守り代わりに懐に入れていた遺髪と
  亡くなる前夜に渡された、通貨ではない一枚の硬貨以外にはもう、
  唯一の肉親であった父親を感じられる物は何も残っていないその声。

  そもそも肉親自体知らない雪華綺晶はそれでも、
  自分がとんでもなく失礼な事を言ってしまったと知り、慌てて謝ったのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                                ∠乂ニヅ´             ヽ、_((_
                                 /{{  (( /               ∨辷ヘY `丶
                               ′ / )) ′  .′!    l |  `   弋ニツ` ヽ ヽ
                              /  / / / ! |  | l| i l |l | !   l|  | ))ヽ  |  |
                             ./  / ,   ′!  )) | l| i l |l | !   l|  | ((  l  !   |
                            /  / /   l! | |{{ | l| i l |l | !   l|  |   il  l   |
                      .     /  / /    ! ⌒\ト| l| i l |l l /⌒l|  |   il  |   |
        「ご、ごめん………」       ′ ,'  l  |  l|ィセニミベ}从八|ノ|lィ彡=ミ l|  |   il  l  |
                          /  /  Ⅳ八从K( くノ 》       { ! } 》lN从   i  |   |
                      .   /   '     l   !ゝ二_ツ         :.=' 彡i|   !   :.  i   i
                         ′ /    ノ  ∧ ((     .:i          l   i    l  l   |
                        /  /   /   / ∧ ))             ハ  !   .|  l   |
                        ,'  /   / , 〃 / i、     r―‐ュ      イ i |    {  ヽ ヽ
                      ノ  ノl   ,'  i /  /  l| ヽ    ` ̄    /_ ! i 八   丶  \
                      { / l!   i  l./  /   i _{> 、     ィヘ /.i  ゞ ヽ
                      i,/  ノ  /( 〃 ノ    .i ト、` ̄} r'⌒ーレ7 イ ハ     \   ヽ
                      ′    /  ゞ  (r‐、  / ノ  ̄不´>   / 〈  ヽ     ヽ
                       / / √~ ゙̄ ̄’   ̄ ̄ `  {「ヽ√     `ー 、_, ,..-―‐¬,
                       /  く,               ノリ       __  `´  7'" ̄
                       r――く入  /⌒ヽ     /ヾ           ゙ー~ュ/` ヽ

84 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:48:14 ID:mfiAMJSs
二80.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼女には―――
  彼女だけには、自分をそういう風に見て欲しくなかったやらない夫は静かに振り返ると、
  苦い表情で小さく囁いた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)         「以前―――
   |     `⌒´ノ          プラチナ・ゴーレム  ジュエル・ビースト
   |   ,.<))/´二⊃        白金の魔像と、宝石の獣魔の集団を倒した事がある、
   ヽ / /  '‐、ニ⊃        と言えば、納得するか?」
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉 ボソッ
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                                        !´Y⌒ー一'((⌒' , - ´ ̄       __  VR 〕
                                       ! ! ノ   fノ/二 ̄     -一ニ-‐   !ヾニ
                                       j  /  fヲ^レ'´ ̄               !
                                     . / r'===(./    /         !   l   l
                                     / { }_  //    /      /   !! l! !!   !ヽ   l
                                       ノ!‐ニ/ /!    /   l  /! .  ll、 ll! l l    ! `、 !
                                     . / l / //  //!  _._ l !!l  l ll ヾ!l ! !  l ! ! ヽ !
                                     / l l  ! !  l ll ! '^,))! ll l  ! ll _!Ll...-! l ! !  ! !
                                       l !  !! l   l l! l 〃´ l !! l -!'f!´ ll ト! ! l l /  !/
                                       ! ! l ! l   ! !! { ム  lll`、ト、_,.-==-_≒ト、 l/   /!
                                         l  l. ト、. l 、 j !!└-ニ‐、ト、_`-=' 〃 ̄`)〉-. / //
             「どどどどどどど、何処で!?」       !  `、! ヽ`、ヾ、__ト-ニミリ     ''   '- // /!
                                     /   /ヽト、ヾ\ソィT元Y!      ' ー''`` ´/ /{l ト、
                                        /   ヾ`ト=-(}二ソンノ         |!|!|!/  / l ll ト、ヽ
                                       ,'     ! l  l _ヲ) ヽ         !  ヽ ヾl !
                                     \ !   l  ! l   Yr‐'    r‐-、    `ー、ヽ、 ヾ
                                       ヽ.   !  ! !    ノ`,‐、_  `ニ`     .ィ _>、!  \
                                     \ `、 l   ! !    / /  l`T'r 、 _.. r<´ !l  リ    \
                                       ヽ !  !  レ  //  __! l l ノ(_.l  ! ' ゝ
                                        !.ノ /  '     //  レ/!、ヽ   `´ヾ/
                                       /  ! 、    /  !   /!ヽ  `´!    /


86 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:49:14 ID:mfiAMJSs
二81.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶とて伝説級のお宝怪物、白金の魔像と宝石の獣魔の事ぐらい知っている。
  戦力的に倒せるかも分からないが、出会えたら良いなと想像した事も一度や二度では無い。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)      「マース公国の坑道でな。
. |     (__人__)       床が抜けた奥に、古代魔法文明の遺跡があって―――」
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



                                             _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
                                      _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
                                     //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
                                      / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
                                      | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
      「荒らされていない古代遺跡………           | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
                                       | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
       プラチナ・ゴーレムと                   / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
       ジュエル・ビーストの集団………」           ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
                                    / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
                                   / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
      (億万長者って桁じゃないよ、         / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
                                / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
       下手すればこの大陸を合わせた内の  ../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
       何分かを持っているって事じゃない)   /  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
                               |  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
                               |  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  様々な魔法の武具や道具も入手できたであろう未踏の古代遺跡、
  腕一本でも大いなる成功者として裕福で優雅な暮らしが約束される程のお宝怪物を複数。

  それがどのような桁の話なのか、上手く想像が出来なかった彼女は唖然としながらも、
  必死に頭に理解をさせようと努力していたのだが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

87 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:50:33 ID:mfiAMJSs
二82.
―――――――――――――――――――――――――
  極めて常識的な思考回路や価値観を持っていた故に、
  理解するなり色々な物が同時に弾け飛んだ。
―――――――――――――――――――――――――


                   ./⌒i
               _,,..、 .|  / ,..-、          /`l _
               l   l | /´ l,、_ノ         l  |/ 〉
               |  i' '´_,,、    . ,-、,-‐'''"\ l  |レ'                  _,,..、       ,..、
        .        |  し''´ 」    . l  ._‐t  .|  レ'                  ヽ `ー、    / ア
               .|  ,,.-''´      ヽ┘ l  /      r‐、,,,-----――-、   ヽ、  'l  / /
                | .|                !  l       `――''''''''''''''''''''′    `ー',/  /
                l、_ノ        、 .__/  l                       /  /´
                         | ̄   |                      「  /
                         └-‐'"'''‐'′                         `''"
                                 γ ⌒ ⌒ `ヘ
                                イ ""  ⌒  ヾ ヾ   .....
                               / (   ⌒    ヽ  )ヽ
                               (      、 ,     ヾ )
                       ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
                            :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
                                 .._....,,. .-ー;''!  i;;;~-ヽ_
                                γ ,~ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ
                        ::::::::::   ::( (    |l  |    )  ) :::::
                      :::::::::::::::    ヾ、 ⌒~"""''''''⌒~'"´ ノ;;'.:::::::::::::::::::::::::
                                  "   ""'''ー-┬ーr--~''""
                          :::::'         _:|   | _
                                  //   ̄ ̄ r'7ー-、
                                 /v,,.、∧ .、  ヽ   /
                               ´/}ムy)´∨ ∨i /  i
                               //´¨´   ○ ! ′ ∧
   (うあああぁ、うあぁぁぁ!              / ,(""    * l' i  ∧
                                ! /\( ̄ 7  《 l|   ∧
    それじゃ金貨二千枚ぐらいの魔剣なんて   : ! く .>──''' `! ヘ   ∧
    爪楊枝以下の価値じゃない!          i>/\_}ll{_/ \へ/.
                                r┘y  /!、.ヘ./`\  ,>、ゝ、
    私、事情も知らずに                 ̄`ー<´" " ー-‐ .>’u、_) ハ!
    勝手な事言ったんじゃない!)             ゝ.    _,ノ´   》"´
                                 /Xラ1^ 、___/
                                 `ー "   /X /
                                       `ー"


88 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:51:15 ID:mfiAMJSs
二83.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  混乱する彼女を落ち着かせるよう、やらない夫はただ淡々と言葉を続け、
――――――――――――――――――――――――――――――――



                 ̄    、
            ´          \
     /_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ヽ
  <ミ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノヽ
∠三(|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_ー_´:_:_:_:ヽ
    l              / .,.....、ヽ     「………他言無用で頼む。
.   l              l {::::::} l      本当は、君にも言うつもりは無かったんだ」
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                          /  r--i、 .          i < r- //
                          l  / } |/             \ヘノノ ∧
                           l  Y/               il     l
                           l (( l     i     l       l    つ
                           l   l     l l     l l l l l   l    っ
                           l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
          「う、うん、分かったよ。   l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
           その―――」         l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
                           l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l
                           l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l
                            l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l
                            y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
                             l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
                            l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
                            l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
                            l l i` トィ--!‐~ ___ ~i: irー -r-----i'´__
                            l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7
                            l l  l   ノ ´ r┴‐:、\-!´           /
                            l l  l  `-i  `r--、` i i    l     l
                            l l  l /   l_ r |r‐ ⌒- l \  l     l



―――――――――――――――――――――――――――
  何とか取り乱す前に落ち着くことが出来た雪華綺晶は
  これまでの、金銭面に関わる違和感の全てを納得し―――
―――――――――――――――――――――――――――

90 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:52:15 ID:mfiAMJSs
二84.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  であれば自分は明らかに言い過ぎていたと頭を下げかけたのを、強い言葉が遮る。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                          .r-、_,, - ''´ ̄ ̄``'-、, _,,
                                        〆´__t=lニニ     ̄``'ー l .\
                                        l __,,fゝ }==-     --==--r-,  l
                                       l  /   i ,    、     i`ー'l  li
                                        l ./ | i i l i l i  l l .li l i  |、l l .l、
                                      / ./ l .l ll l l  l l  l .l l l l i /l l l/. }
                                       ノl 7 ll  l l.l l l _!_ l ((l l .l l l/ i  l l λ
              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ        7λli  ` i lヽli.ノr-. 、=l))l .l l l / ./ l iλ .| `ー、
       「ごめんなさ|  謝らないでくれ。   |     . / i l l   i l lく レ` r′lⅥ V7l l  l li 入乂  l
              乂_________ ノ      /  l/ヽヽ .! i (( F、,,i_/ '   ヽ{li l.i λ .|ヽ`l l
                                  l  ,  l  i l lヽ! !l.ゝ、   -  ,,イll./、.l.i   i  i .l .入
                                  .l  l l  l__l l } i i┌>- , イ´└l {./ } r-, .l l   `ヽ,
                                 λ  i .l、 入'´|Ⅵ λ、_)  つ   7l l / l-z,) !、 .l ヽ  l  l
                                ..7 ` .7 l ../   フ / .l lーz )´乙__凡\ll .l   .ハλ l  l  l
                                    { .Y    {.! l__.l l/´   \ .| .| .l } }   / 入.  .l  .l
                                  /  \.\-、...._i .y L >i_f‐ァ< ,l、_f// /____ ./ ;  l  l  l
                                 i      l ゝ  ノ }     `'''゚と- /i l l   !、!l   ヽ ヽ 入
                                 !     l l  / /     て、ろ  !l l .l-- ,, 《 .l    ゝ, `  \

91 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:53:15 ID:mfiAMJSs
二85.
――――――――――――――――――――――――――――
  ハッ、と顔を上げるものの、申し訳無くてやらない夫を見れば、
――――――――――――――――――――――――――――



                                        ,____,.廻}`lii_,,..、∥
                                       ,,-''"´´ ̄``!K呈/ゞ、''-、
                                     .,/´    -、  .`i゙""i..} ! l `',
                                    ././   i   i  'i  i }  'i li , .l\
                                   / .|   |i   ii  l .! .i   i ll i .|\\
                                   l ,.ii   | l  !i  l .l |  i .i ii l .l .\\
                                   l i.lu  ./ll`''ii-l=、l_ / λ  li i.ヽ、! `i  i ,/
                    「で、でも………」     li li i、 ..//!_/ ! ! /`l''i/i  .li  .|i.\, \ l l
                                    ヽi{シ/´. '行勿ッ/ / / .l  .! il  i\ `ゝ、``'_'
                                     ゙<   `ー'´.//'!./入 ! l ..| ヾ i`\ li ``
                                      .`.、-、. .,//l..! /-∧ヽ !、 il ..l .l ii| i`-i
                                     /./..!._,i、,__,,,l /!i``''.!入!>i!! l l il  l li
                                    / /  .i iii/、l l''''y!‐''>.-.!! .l .|i Il l / il
                                   //  .l .iil/.Ll l!=ン-'./´ `'i i\i li .li l l
                                   l./    .l .il-ンl .!,   !   `il i / il ..! !
                                   l.l  .,,/ i l Z-/i.\  .!ィli   ゝil l il l  i



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   | 
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __    「君を不快な気持ちにさせたのは事実だ」
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /        
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ



――――――――――――――――――――――――――――――
  両手を大きく広げて気にしないで欲しい、と繰り返した彼は―――
――――――――――――――――――――――――――――――

92 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:54:18 ID:mfiAMJSs
二86.
――――――――――――――――――――――――――――
  ―――逆に深々と頭を下げ、長い時間そうしてから
  至らない俺を気づかせてくれてありがとう、とまで言ったのだ。
――――――――――――――――――――――――――――



                 ̄    、
            ´          \
     /_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ヽ
  <ミ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
∠三(|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l     「俺に教えるつもりが無かった事を、
.    l              冫.ー く      後から知った君が気に病むことじゃない。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'     むしろ俺が、これからも気をつけて
   l                  ノ'      いかなきゃならないだけなんだ」
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                                 ___
                                         >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
                                        γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
                                        / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨
                                         〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
                                        ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i
                                         / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!
                                       イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!
                                        |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|
                                      从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|
                                        !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,、__,j/  / '  } j   i|
                   「やらない夫………」         Ⅵハcぅツィ    ´ ̄どう / /  / ∧   iト,
                                         `从(~  、   xx ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
                                           j ))、  r 、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
                                          ハi  \ ´ /       \ 、
                                           j    >ァ'          \ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これには雪華綺晶も心底痺れた。

  どれ程までに自分の言葉を真摯に受け止めてくれれば、こういう反応が出来るのか。
  どれ程までに他人の気持ちを慮り、大切にしようと思えばこのような考えを持てるのだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

93 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:55:14 ID:mfiAMJSs
二87.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今は足りないところが多々あって、足下のおぼつかない無垢な白さだとしてもだ。

  常に前向きな強さと言う名の土壌には、
  気高い何者かになるための理想と言う種が埋まっている。
  苛烈な環境を嫌った温室ではなく、
  他人の考えや気持ちと言う名の風雨を受け入れるだけの覚悟が備わっている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                     //y        _          \
                                   r''´Xメ}) / /  /           \\
                                  ./ /(/┘ ./  /  / ノ  /          X糸
                                 / | // ./  / / - ´  / / /      | ≧┤ヽ
                                 | //  /  ./ /    /  / / 、 |   ノ/KZソア
                                 | |/  ./  .//   /  // ./  ト/ |   ≦xくノ|lハタ)、
                                 |/ //  /   //  /、 ノ  / /| || /  XK<ニミ彡 ヽ
      (凄いね、君は。                 |  |/|  / |  / / / / `'-/、_// /  / /ヾーミテン   )
                                 |/|/|/| レ´アミゝく ./ミ=、_ /ヽ| /  / / / |     i
       赤ちゃんみたいに無垢で、           | |li レ | K薔>イマ   イテ ゚̄ミ、/  / / / / .    /
       外連味のない理想を持っていて。       | | |l | | ト=ケソ    廴o゚ソ/ ./  / / /  /  .,'´
                                 .i | ..| | i  K´ ` ヽ     ̄/ /  // / /    i
       折れずに染まらずに歪まずに、        ハ|   | |  |(ヽ  、 _      フ´/ .//    /    /
       このまま行けたなら、きっと―――)      |/  i  i  |)(i.\ ' `   // / ./    /  /  i
                                  il    | | ) ilハ、>.- ‐<仝/ / ./       /   i
                                  |    }| |メ )、,(⌒)、,/⌒ / / ./       /    i
                                  | -―´/| |-、 ,- 、  ,、 /   / `'''- 、_ノ /    i
                                  /    ゝ i`-´`-´`-´`/   /      ヽ      i



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  冒険者には珍しい、女性が戦いの場に出る事を極端に嫌う考え方などからして、
  もしかしたら強い喪失感はすでに経験した事があるのかも知れない。

  今後、挫折や敗北、絶望的な状況、邪悪な思想を持つ者に絡め取られようとしても、
  たとえ大いなる宿命に翻弄されようとも、
  それでも芽吹いたものが真っ直ぐ大きく育つ事が出来たなら―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


95 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:56:15 ID:mfiAMJSs

二88.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――その枝に撓わに実るのは、大勢の笑顔に違いない。

  そしていつか精神的にもう一皮、二皮剥けた時に彼の中にあるのは白い空間ではなく、
  金剛石の如き強固さと、黄金の様な不変さを備えた何かなのだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                _ , - ― - 、 _
                                           _, - ''' ´          ` ''' -、
                                       (ハ //          `    ゝ \_ ,_
                                      X<>ァフ⌒}                   /イx入__
                                    /ゝ=5ソ                    タX=ヾ)  ヽ
                                   // ト_、圭ヲ      ,   /   |  ,     \三ノTソヽ \
                                  / / .| |-´      , /   .|    |  | |  |  ノソilヲ  ト  |l
                                 ,| /  | |  /    //    |   |  | |  |  / ノil i _  | |
                                  | | i  | || |l    | |     |   | lヽ | |  | ヽ /| | |  |  | |
   (うん。                           | | |  | |  |    /_||    ハ   .|x|  | |  |  / | | |  |  | |
    その白さを護るんじゃない―――          | |l   | | | .|    トX.|   / .|   +代 ̄ ‐-、|  || | | |  |  ||
                                      | |  .| | | |    | |r=X ./  i、   |ハ \| |  || | |   .|  .|
    支えるだけで良いんじゃないかな、私は)        | |   | | ヽ   | |アメ V_  ヽ  .|iイi弐カ\|  |  | |  .| /|
                                       .| |  |  |  |ヽ <<ィゥ薔ヌ/、  ヾソ 冫::::::ソ V / 、//   |  ||
                                       .| |    || ヽ`、 て互Xノ┘   ` 弋 ゚ ソ|i// / | |   /|
                                  | |    |  |  斗ヽハノ   、       イ  | |    | |
                                  | |    |ヾ \  |i ((           ノi   | i |   | .|
                                  |    ヽ |     { |i \    `ー ´  /i |  /  |    |
                                  .| |    | ヽ   | ヽ ト>、    /  | .|  /   |    |
                                   | |  |  | i    |  |/⌒ハ >< /⌒) i   |   |     |
                                  /  /       |  | (⌒)ハ(⌒}、_,/⌒ヽ,|  |   |     \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  また少しやらない夫の事を知って、考え方を修正した雪華綺晶の予想は当たっていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

98 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:57:14 ID:mfiAMJSs
二89.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  とある約束を守り続けた彼は、数年の内に無数の称号を得る事になるのだが、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  /  ̄ ̄ ヽ
                    二二米二二
                |   リ ヾ   |
                     |       |
                    │        |,-'i,,_,,、
                 __、ヽ       /j .l,,ゞヽ\ .__
            ..ュ、|r‐ヒ‐クii,,_、  ┤! / l .ヽ.l, '、 ../.l
        ,..イ〈llィ'´\\ \ .''q ̄.´.,ノ'/ l 〔 .l .l \ ,!
        i′`-゙\ヽo.\   `ぐ㍉;;'゙_/  l |、 l.l  ゙;;/
       │.,    \ヽ ヘ   .\    ! l. l.′ |
       .,i         \ヽムヽ   ヽ   ! ..l. l /
     , ーyハ、         \ヾ i \   .ヽ, |  .l  リ
   ,,i'゛  ヽ, .´`ー ..、./,  \ヽスヽ、、  ` ! !、 .! 
   |ヽ、  `'、、   、┤    \ヽ)`ヽ.゙、   l  .l
   l  `- 、  ゙'ニ广≪      \ ソヽ、   !、 ヽ
   [く、  .""ー ...,,"..,l′.        .\'くゝヽ'、、    ヽ
    〉゙''!ッy,,,,ii.. イ゙:;;;./;;:         .   \マ 、ヽ、    ヽ
    .l゙  ,!  .__,!.._.,{;;;               \\ヽゝ..    \
    .|   |.r'" . `、. |;;;:               \マ.llヽ.    \
    .|,,,,,,..イ|    .゙'l;;;                \'く. \     \
     .l .i"ミー;;./ ~l丶             ヽ   \丶l\    ヽ
      ゙‐''、   ;:"l";;                    l    \゙く心、     |
        ゙l,  ,;:.l;  .、      ′       ヽ.     \ .{大 、  |
        ! -ヾ .l゙  !      ヽ        ヽ     \くりゝ |
              │  !         l           `、.     \丶、\
           /   .!       ヽ            ヽ       \゙く_ \
          /    !         ! ゝ            \      /\_ノ
          /  .,i   .!      .| l              ヽ-  /
         ,i′  l   .!      ゙、 .l             l  `|
        ,/    |   l       ヽ l           1  |
       l、    |   /    ,   | ゙、  .'i        ヽ./
        .!   ,"   .l゙     !   ヽ .ヽ, .ヽ        /
        .│ ./     ,!     .'L  ..l  .`  .\    _,, ‐´
        l/゛    ./      t   ヽ     ゙ヽ ./
         `!、   i′         l   .゙!、    . ゙'{
          ヽ,  ./   i     ‘.、   "    ,/
            `゙--- ..,,,.l_,,,,, _ ヽ   _ -‐″
                       `゙''""゛



――――――――――――――――――――――――――
  その中の一つに、伝説の戦士が興した国から贈られた、
  黄金の如き理想と約束を以て戦う英雄の証―――

  『黄金の騎士』の称号も含まれていたのだから。
――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

99 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:58:14 ID:mfiAMJSs
二90.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫が未だ、剣を渡す方法について頭を悩ませていた頃―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



  ゴーン…


                   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     __________||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三三三三||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __;;  ||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||  ; ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   ;||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄   ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三三三|| ,, ||_|_||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   __   [二二二二二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  __  | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  |_ :|: _|  | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     __________,|_|  |:::゚|゚:::|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''

100 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:59:15 ID:mfiAMJSs
二91.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  十一時半を告げる一つの鐘が町中に鳴り響き、
  書類の整理をしていたアストナージは手を止めて椅子から立ち上がった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j    「おっと、そろそろ正午か」
       ',  、__      レ ヮ' l  /
       ',  ー '       __/ ./
        ヽ `     ノ  r'"´
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  部屋を出てまずは厨房に向かった彼はメイド達に食事の用意を始めるように指示し、
  そのまま階段を上がって三階に行くと、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                        |  そろそろ公や皆さんも       |
             |::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     |:::::::::::::::::::::::.: l.       |  戻ってくるだろうし………     . |
            l::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l     l:::::::::::::::::::::.:.:.!        乂______________ ノ
            |::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l     !::::::::::::::::::.:.:./
            l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l   !::::::::::::::::::.:.:.i
           |:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l   i::::::::::::::::::::.:.:.l
               l:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |.  |::::::::::::::::::::.:.:.:l
             !:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.  |::::::::::::::::::::.:.:.:l
            ',::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l   l:::::::::::::::::::.:.:.:l
            ',:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.   l::::::::::::::::::.:.: !
             ヽ:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   l:::::::::::::::::.:. !
               i::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: l     l:::::::::::::::.:.:l
              l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l    l::::::::::::::.: l
               !:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l    |::::::::::::.:. l
          ――' 、::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:l     l:::::::::::.:. l
        / ´  ̄ `  、 ヽ::::::::::::.:.:.:.:.l.    l:::::::::::.:. l
     / .ィ≦≧=- 、   、 ヽ.:.:.:.:.:.:.:l.   /:::::::::::::.:.:ヽ
      l<///////////ヽ、  ヽ `ヽ.:.:.:.l  〈::::::::::::::::::::/
.      !//////////////ヽ  ヽ  \:l   l- ´  `Y
       V///////////////ヽ \  l!   |     ',
.        \///////////////\ ヽ l   l     ヽ
        ` <//////////////>、 }!   !` ー― 1
            ̄`  <////////V   ` ー― ´    カッカッカッ
                  ` ー- ´

101 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:00:21 ID:mfiAMJSs
二92.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ひとり館に残っている者の部屋の前に立ち、ノックをしてそろそろ昼食ですと伝える。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                    |  キル夫君?                    |
                    |                           |
                    |  そろそろ昼食ですので              .|
                    |  正午になったら食堂に来てくださいね  .|
          , ¬―‐、      乂_________________ ノ
         /   \ }
       /  ヽ`ヽ ノヽ
     /     \人_/
   /     tく_//
  ./   _ノー'’
  l    Y
  l      |
  l      |
  l      |
  l      | コンコン
  l      |

102 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:01:22 ID:mfiAMJSs
二93.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  昨日までの繰り返しであり、『分かった』と一言返ってくるはずだったのだが、
  かなり長い沈黙の後に返ってきたのは、低く押し殺すような声。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | |      ||      |  ………いらん。
     | |      ||     <  終わるまでもう用事は無いはずだ、
     | |      ||      |  このまま部屋にいる。
     | |      ||      \________________
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|  l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -‐''"



                                   ______
                                  ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                           く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                           彡:.:.:.:.:.:.:.:.:イミ彡=、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:\
                           イ/:.:.:///´     ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\
                              \//ハ         Ⅵノノ:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.}
                                  Y ー 、    r==‐ 、   く:.:.:.:.:.:.: /
                              i ィヘ     , -、  ヽ  }:.:.:.:.: /
                                  }  ・/    ・ ヽ   ミr‐、ノ
                                   l イ      ー′   ミこ} !
                「あれ?」           l   ヽ _,,        //ノノ
                               ',  ヽ ____ ,   〈/ イ
                               ',  ,,、       / l
                                     ',          ノ  :l
                                   ' 、__..........:.:.:.:   イj
                                く j     , - ― ′ !
                                i.: : :`ヽ /: : : : : : : : j、
                                _j: : : : : :Y: : : : : : : : イ: : `: : : : . . . .
                           . . . : : :´: : :\: : : :.|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :` : :
                    _. : : : :´ : : : : : : : : : : : : :ミヽ:.|:.:.:≦彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : :

103 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:02:15 ID:mfiAMJSs
二94.
―――――――――――――――――――――――――――
  そう言えば、他の四人は護衛や情報収集に出ているのに
  一人だけ残っているのは体調不良か何かかと尋ねると、
―――――――――――――――――――――――――――



                                              _.--- 、_
                                            r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                             }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                    .        ヽ/       lノi、     ヽ
                                           /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
            「どうしたんですか?            .       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
                                            {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
             そう言えば皆さん出かけているのに         ',  、__      レ ヮ' l  /
             残られたと言う事は、                  ',  ー '       __/ ./
             身体の具合でも悪いのですか?」           ヽ `     ノ  r'"´
                                            丶   _ ____|
                                             ヾ ̄/      |
                                             {`/          |
                                                /  _.-―一 、L_
                                          _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                        /              ',   \



       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | |      ||     <  ………出かけた?
     | |      ||       \__________
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|  l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -‐''"



――――――――――――――――――――――――――
  知らなかったぞ、と訝しげな声が返ってきたので―――
――――――――――――――――――――――――――

104 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:03:15 ID:mfiAMJSs
二95.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  深く考えずに―――考えたところで、他の選択肢があるわけでは無かったが―――
  四人がどう言う予定になっているかを答えた。
  
  ―――余計な、おまけまで付けて。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                    ______
                                 ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                            く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 「ええ。                       彡:.:.:.:.:.:.:.:.:イミ彡=、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:\
  エル君とコナタさんは              イ/:.:.:///´     ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\
  公と共に役所へ。                   \//ハ         Ⅵノノ:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.}
                                    Y ー 、    r==‐ 、   く:.:.:.:.:.:.: /
  やらない夫君と雪華綺晶さんは           i ィヘ     , -、  ヽ  }:.:.:.:.: /
  夕べ捕らえられた盗賊の話を聞きに.          }  ・/    ・ ヽ   ミr‐、ノ
  詰め所へ行きました。                    l イ      ー′   ミこ} !
                                l   ヽ _,,        //ノノ
  ………そう言えば随分遅いですね、        ',  ヽ ____ ,   〈/ イ
  どこかで寄り道でもしてるのかな」             ',  ,,、       / l
                                      ',          ノ  :l
                                  ' 、__..........:.:.:.:   イj
                                 く j     , - ― ′ !
                                 i.: : :`ヽ /: : : : : : : : j、
                                 _j: : : : : :Y: : : : : : : : イ: : `: : : : . . . .
                            . . . : : :´: : :\: : : :.|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :` : :
                     _. : : : :´ : : : : : : : : : : : : :ミヽ:.|:.:.:≦彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                     / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                     ,,,,、                 ,,,,,、
                     ,! .,i´:iー匸l  ┬-、        /` ,l゙
                │.l_ ゙‐'゚″  .|,,,ノ  .,,,ο    | ,i´
                ,l゙ /i、`,!      _,,-'彡'"`    .|丿
                / / `"   ,―''''゙ン'"`      _レ゙
                   l゙丿     `'-‐"           ,i´丿
                   ``                 `"`
       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | |      ||     <  …………。
     | |      ||       \______
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|  l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -‐''"



――――――――――――――――
  壁を殴りつけたような音―――
――――――――――――――――

106 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:04:14 ID:mfiAMJSs
二96.
―――――――――――――――――――
  言葉を遮った、悲鳴に近い大声―――
―――――――――――――――――――



                                              _.--- 、_
                                            r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                             }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
   「最後ですし、                         .        ヽ/       lノi、     ヽ
    公も皆さんと一緒に食事をと                       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
    出がけに仰ってまし ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧   .        i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
              < うるせぇ!            >          {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
              < いらねぇっつってんだろ! >          ',  、__      レ ヮ' l  /
                VVVVVVVVVVVVVVVVV          ',  ー '       __/ ./
                                            ヽ `     ノ  r'"´
                                            丶   _ ____|
                                             ヾ ̄/      |
                                             {`/          |
                                                /  _.-―一 、L_
                                          _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                        /              ',   \

107 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:05:16 ID:mfiAMJSs
二97.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  それでアストナージにも分かってしまった。

  むしろこの館に居る者で分かっていないのはコナタぐらいであろうし、
  それなりに人生経験を積んでいる今年五十六歳の執事からすれば
  彼らの青いやり取りが微笑ましいという程度の認識でしかない。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                   ______
                               ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                           く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                           彡:.:.:.:.:.:.:.:.:イミ彡=、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:\
                           イ/:.:.:///´     ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\
                             \//ハ         Ⅵノノ:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.}
   「ああ、もしかして雪華綺晶さんに        Y ー 、    r==‐ 、   く:.:.:.:.:.:.: /
    ふられちゃいました?                 i ィヘ     , -、  ヽ  }:.:.:.:.: /
                              }  ・/    ・ ヽ   ミr‐、ノ
    この所、あの子はやらない夫君に      l イ      ー′   ミこ} !
    べったりですしねぇ」               l   ヽ _,,        //ノノ
                                 ',  ヽ ____ ,   〈/ イ
                                  ',  ,,、       / l
                                  ',          ノ  :l
                                     ' 、__..........:.:.:.:   イj
                                く j     , - ― ′ !
                                i.: : :`ヽ /: : : : : : : : j、
                                   _j: : : : : :Y: : : : : : : : イ: : `: : : : . . . .
                              . . . : : :´: : :\: : : :.|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :` : :
                      _. : : : :´ : : : : : : : : : : : : :ミヽ:.|:.:.:≦彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                     / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

108 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:05:27 ID:mfiAMJSs
IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII



         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨丶
       /::::::::::::::::::::::::::::             \
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::              \
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                丶              /ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::゙i::::::::::::  ミ-'''゙⌒゛''‐‐::::::::-、,,_      │           ./::::::::|
 /::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::i:::::::   __            │          /::::::/
 i::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i      ;ッ´:;:;::::;;;;;;;゛'''''''''''''''r;     │         .i::::/
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i      ッ;;;;;;;;;;;_、 -----r;;;゙i;゙i     |            ./::/
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i;゙i     シ;ブ゙       ' ,'r;;;i:゙'r    |           i::/
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!V\     ゙i;;゛'-、 ○  'r;;|:i::}    |        ./::l
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i:、l:::\     \;;\,__  ...::!;;;;j      |       .ヽ/
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|;i゙`<;r_::\     \;;;;;゛'‐-.,゙i;;゙i      l        ,ィヘ
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::!i!、イ,r'l゙Y゙r:__\      ゛'ヽ,_;;;;;;;;;゙i     |        ヽ/
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::!;iミクV:!ッiY‐vニr\        ゛''    |
 ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i:j,,,r'|,,r'|、i゙‐r__ ゛''-.,,_        |
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ク'`,l,r'、イV、レi゙'v:r__、ニ'-、,___  ノ
 \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'\;`,r',|イ `!,r'|´〉v‐v=vニ'-、,/
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'\j,r'イ、イ,r'!イ |,r'l 、;| ,l,,r'゙
     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'\y゙、 j,r'イ,|!,r' !,,r'
       \,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄,ノ´
       ,r''__\_       /ヽ ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     //(9}/::ヽ    /::::::ヽ.._... --┐
    /,.イ,ニY〃::::::::〉ーく:::::::::/        {
    / ヒ:シ//ヽ_/:::::::::::::::Y´         `、



――――――――――――――――――――――――――
  それでも、隔てているドアを飛び越えた何気ない言葉が、
  刃となってキル夫の全身に突き刺さるには十分で―――
――――――――――――――――――――――――――

109 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:06:16 ID:mfiAMJSs
二98.
――――――――――――――――――――――――――
  哀しい実体験を以て人生まだまだこれからですよと諭し、
  気持ちは分かりますと言った声は―――
――――――――――――――――――――――――――



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ     「元気出してくださいな。
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j     いえね、私も若い頃は全然女の人にもてないで
       ',  、__      レ ヮ' l  /      苦労した口でして。
       ',  ー '       __/ ./
        ヽ `     ノ  r'"´         若い頃にはこんな事もありました………」
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \



IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII



                    i| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    l| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |i
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    :|::;:;:;:;:;:,.        .,:;:;:;:;:;::|:
               :/:::.                 |:
                 :/:                  |:
            //:                |:
              //:                    |:
           :/:                  |i
             i,':                     ||
             l|:                  |:
             :|:        ,::..             |:
             :|:      /::.:.:.             |i
             i|:     / ̄`ヽ::.            ||
             :|:      |   .::ノ:::.         |:
             :|:      | :/ \    /:  /: //:
             :ヽ___人._____/:. /_/´
                      ̄ ̄ ̄ ̄



―――――――――――
  もはや、届かない。
―――――――――――

110 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:07:15 ID:mfiAMJSs
二99.



                                   ______
                                  ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                           く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                           彡:.:.:.:.:.:.:.:.:イミ彡=、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:\
                           イ/:.:.:///´     ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\
                              \//ハ         Ⅵノノ:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.}
                                  Y ー 、    r==‐ 、   く:.:.:.:.:.:.: /
          「やっと、今の妻………        i ィヘ     , -、  ヽ  }:.:.:.:.: /
           ケーラっつうんですけどね、   }  ・/    ・ ヽ   ミr‐、ノ
           あいつを射止めたのが        l イ      ー′   ミこ} !
           四十の時でしたから。       l   ヽ _,,        //ノノ
                               ',  ヽ ____ ,   〈/ イ
           まだまだ機会はありますって」   ',  ,,、       / l
                                     ',          ノ  :l
                                   ' 、__..........:.:.:.:   イj
                                く j     , - ― ′ !
                                i.: : :`ヽ /: : : : : : : : j、
                                _j: : : : : :Y: : : : : : : : イ: : `: : : : . . . .
                           . . . : : :´: : :\: : : :.|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :` : :
                    _. : : : :´ : : : : : : : : : : : : :ミヽ:.|:.:.:≦彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                      / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  私も大概でしょう。
  そう自嘲気味に笑ったアストナージが余り長話をしている場合でもない、と
  もう一度声を掛けたときだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j    「………って、長々と話してしまいましたが、
       ',  、__      レ ヮ' l  /     キル夫さん、聞いてました?キル夫さん?」
       ',  ー '       __/ ./
        ヽ `     ノ  r'"´
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \

111 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:08:14 ID:mfiAMJSs
二100.



   \       \ \     | ,,,--''''' ̄ | // _,,,,--┐   | /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l \┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、  .ィ-ァ| | 「 ̄'   |
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | | |    |
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~.     |  | | |_,,,,--|--''''
====┐ .||/. | | |l.      | | |               |  | | |    |
    ||  ||/ .| | '!      .| | |               |  | | |    |
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
――||―||  | |         | | |               |'.―|‐.| |-,,,,,__ |_,,,,
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |--'''' ̄|'''''--
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |‐-,_____|
    ||  ロ(()==|         | | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /.   | | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..|..\... ___|,,,,,,,,,,



               _ _
            ,.-‐''"´   `ヽ_
        ,r‐'゙´    `ヾjir /  .:.:.\
      /ィィ彡, ,; _/^ヾr'^ヾリ」r.:.;;:;;l
     /.:.:.:.:.::::::r''''"´      `ヾ;;;;;:ソ
      !;,;,;,;;::::::/   _ _ ,  r‐-、};;;「
     l;;;;:;:;:;::::l   ´r_。ン  ノ。< .l/´    「うわっ!?」
     ヾ;;〈^ヾ!        「´ !
     `ゞY7    r   r‐、ノ ,′
      `i;;ハ   ' `ー==‐ /
        _リ.__ヽ_   ´ ̄ /
      /       \ _ _,イ
     _/        V「´ |
    ̄   ̄`¨`ー - 、__}j  」_



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  蹴破らんばかりの勢いで開かれたドアに驚いていると、
  赤錆色の外套をまとって荷物袋を背負ったキル夫がのそり、と出てきて一言吐き捨てる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                /   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.            /      \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
            /         \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         /              \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /        -――   ̄:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        /       / _  ____..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       /     /, " .::::::::::::::::::::::::::::::\::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.      /    //         ::::::::::::::::::::\.:.:.:.:.:.:.:.:.
        !   ///    ̄ ̄``     ::::::::::::::::::::\:.:.::.:..::
      /, くl::::|   ( ◯ )    ( ◯:::):::::|:::\:.:;      「………どけ」
      { く::::::::ー─-、_         ...:::::::::::::::::i:::::::ノノ
       > \:::::::::::::::::::::::\ェェェェェェェェェェイ)::.::/::/´. :.
       /    7ニ三ミヽ::::::!:: .ェェェェェェ/:::::_;< :. :. :. :
.      /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:`\::\`_フ:::::::,ィ彡⌒´:.:.\ :. :. :.
     /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:. ヽ、::r‐冖´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ :. :.
.   /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.: >不、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.
   /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : 厶  Yヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..i

112 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:09:14 ID:mfiAMJSs
二101.
――――――――――――――――――――――――――――
  腰に吊しているメイスの柄を握りしめた手はブルブルと震え、
  今にも殴りかかってきそうな程に殺気は濃厚。
  そしてその表情は修羅。

  思わず道を空けたアストナージの横を通り過ぎた彼は
  そのまま階段の方へ行ってしまい、
――――――――――――――――――――――――――――



                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /         __              \,|
|     || . /      /         /´;;;;;\\;;;\           \
|     ||/     /         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
|    ./ '       /          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
|   /        /          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
|,/        /           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::ヘl;;;;;〉
        /             ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/
      /               λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
    /                 イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
.  /                  /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
./                   /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
                    /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
          .           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                 L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
                 /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
               /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
              `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   スタスタ
                ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
                   `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
                    __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                   〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                                    ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")

113 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:10:14 ID:mfiAMJSs
二102.



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j   「ちょっと、キル夫さん?
       ',  、__      レ ヮ' l  /    お出かけですか?」
       ',  ー '       __/ ./
        ヽ `     ノ  r'"´
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \



                              /   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
                  .            /      \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
                            /         \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                           /              \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
                           /        -――   ̄:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                  .        /       / _  ____..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       「ヤメだヤメ。          /     /, " .::::::::::::::::::::::::::::::\::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        契約は破棄だ」 .      /    //         ::::::::::::::::::::\.:.:.:.:.:.:.:.:.
                          !   ///    ̄ ̄``     ::::::::::::::::::::\:.:.::.:..::
                        /, くl::::|   ( ◯ )    ( ◯:::):::::|:::\:.:;
                        { く::::::::ー─-、_         ...:::::::::::::::::i:::::::ノノ
                        > \:::::::::::::::::::::::\ェェェェェェェェェェイ)::.::/::/´. :.
                        /    7ニ三ミヽ::::::!:: .ェェェェェェ/:::::_;< :. :. :. :
                  .      /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:`\::\`_フ:::::::,ィ彡⌒´:.:.\ :. :. :.
                      /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:. ヽ、::r‐冖´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ :. :.
                  .   /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.: >不、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.
                     /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : 厶  Yヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..i



――――――――――――――――――――――――――――――――
  慌てて追いかけてきた執事の問いをただ、鬱陶しそうに跳ね返すと
  ますます足を速めて階段を下り、玄関に向かって廊下を右に曲がった。
――――――――――――――――――――――――――――――――

114 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:11:14 ID:mfiAMJSs
二103.



               _ _
            ,.-‐''"´   `ヽ_
        ,r‐'゙´    `ヾjir /  .:.:.\
      /ィィ彡, ,; _/^ヾr'^ヾリ」r.:.;;:;;l
     /.:.:.:.:.::::::r''''"´      `ヾ;;;;;:ソ
      !;,;,;,;;::::::/   _ _ ,  r‐-、};;;「
     l;;;;:;:;:;::::l   ´r_。ン  ノ。< .l/´     「ええっ!
     ヾ;;〈^ヾ!        「´ !       破棄って………
     `ゞY7    r   r‐、ノ ,′
      `i;;ハ   ' `ー==‐ /        もうすぐ終わりの時間じゃないですか!」
        _リ.__ヽ_   ´ ̄ /
      /       \ _ _,イ
     _/        V「´ |
    ̄   ̄`¨`ー - 、__}j  」_



       ''' ゙  ,,,,,,,,,,,   :::::    .:::''         ゙''-
       三,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::   :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,, 彡
        'ヽ, |': :(●): :| 'ヽ:::  .::'.'/ |: :(●): :| ゙''-,,,,
      -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::  ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-ヾ
     ゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶 '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ''''         ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人
     ''|,  ゙                   ̄   ゙゙  |        )  うるせえ!!!!
     ゙ヽ,   ,,,,                    .,,,  ,|     ‐=、´   これ以上仲良しゴッコに
       i,,  1゙゙,,-ヽ,,,,             ..,,,,,゙゙゙リ          )   付き合ってられるかってんだ!!!
       ヽ ゙'' |ヽ''・,,,','-        ,,,,:/.,,,./:リノ  丿       , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト
        ゝ   fリt^-'',',,・-..,┬,,,,...--・・,゙゙_ リ//   /
         ゝ,,丶\::v || |:∥ -__w ヽリ゙リ゙|j:∥//  /
           ゝ''ヽヽ::,, --v,∥ :リ,,リ,゙,,,,,::://ノ /
          ヾ|ヽ,゙ヽヽ,,   ''|'''_  :::ソ/  /
           | ゙ヽ.\゙Vri ri | ∥iヾソノ  / |
           |   \,゙' ,,゙''''''゙゙''''''゙゙/ /   |
           |    \ ゙゙'''''゙゙'''''''゙ /     |

115 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:12:15 ID:mfiAMJSs
二104.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  爆発するような大声でようやく彼の抱えていた不満に気づいたアストナージは
  自分の言葉が過ぎたと思い、契約の破棄ではなく早期終了扱いにしようと
  少し待つよう言ったのだが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j     「ちょ、ちょっと!
       ',  、__      レ ヮ' l  /      じゃあ報酬をすぐ持って来ますから!」
       ',  ー '       __/ ./
        ヽ `     ノ  r'"´
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \



                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(●)ヘl;;;;;〉      「クソが。
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/       いらねぇよ」
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ  ペッ
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")

116 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:13:15 ID:mfiAMJSs
二105.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  もはや聞く耳は残っていない。

  廊下に唾を吐き捨てたキル夫はそのまま玄関から出て行ってしまい、
  後には困惑の執事一人が取り残されたのだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――



   .______________
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
.   |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::て     :|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::て バンッ!|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|::[||||](       :|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|______|:::::||:::::|______|:::::|
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j    「キル夫さんってば!
       ',  、__      レ ヮ' l  /
       ',  ー '       __/ ./      ………どうしよう、本当に出てっちゃったよ」
        ヽ `     ノ  r'"´
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \


117 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:14:56 ID:mfiAMJSs
二106.




:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|                   |  |    |          |
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|                   |  |    |          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|                   |  |    |          |     ||  ||  ||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}    |  |    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|     |  |    |          |     ||  ||  ||
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::|    |l     ∥     l|     |  |    |          |
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::|    |l┌ Ⅱ∥Ⅱ ┐l|     |  |    |          |
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ ∥   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijkn.ィ>ヘ_.  ´  ̄ `  r=ト-- 、      wliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::ヘl;;;;;〉      「クソがクソがクソがクソがクソがクソが
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/       クソがクソがクソがクソがクソがクソが………」
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、  ザッザッザッ
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")

118 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:15:23 ID:mfiAMJSs
二107.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  余りにも腹立たしくて、余りにも哀しくて、全てを憎む呪詛を吐き出した。
  吐き出しても足りなくて、庭の樹を二発蹴りつけ、花壇に唾を吐き、
  門の柵を殴りつけても駄目だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -―――――――――――――――- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                             \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                              \:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                                ':,:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                                      ',::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'                                   ',:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                                    |::::::::::::::::|\     /\     / |   //  /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     , -‐/: : : : : ヽ、             ,ィ: : : : : :、ヽ       |:::::::::::_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    く  l': :(●): |. \        / |: :(●):::l  >    |:::::::::::\                     /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     \ ヽ,: :'''': :,リ,,,,,,/       /.,,,,,,,|: : :''''' : リ/     |::::::::::∠ どいつもこいつも、クソめがっ! >
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      ミ三二ニ二彡       ヾミミ三三ニ彡'        |:::::::::::/_                 _ \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                                      |:::::::::::: ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                   、:::.::,                 |::::::::::::::::::://   |/     \/     \|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.       |::.、                     ノ::|         ,':::.::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      ',::::::‐---------------------‐::::::::,'        ,'::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.     ',:::::::::::::/⌒Y⌒Y''^Y'^Y ^Y'^Yヽ::::::::::/      /::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      ',:::::::::::ヽ__ノ、_ノ、_,ノ、_ノ、_ノ、_ノノ:::::::::/     /::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.       ',::::::::::/^Y^ Y ^Y`Y''^Y^ヽ::::::::/      /:::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.       \:::ヽ,ノ、_,ノ、_,ノ、_ノヽ_ノ、_ノ::::/    /:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::



――――――――――――――――――――――――――――――――
  もはやこの苦しみを癒すのは酒しか無い。
  さっさと元居た宿屋に戻ろうと、街路を歩き始めたその後ろ姿を―――
――――――――――――――――――――――――――――――――

119 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:16:14 ID:mfiAMJSs
二108.
―――――――――――――――――――――――
  すぐそこの、交差点の角から見つめる者が居た。
―――――――――――――――――――――――



                  _,..、-..――..-...、,,_
                   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>¬─<ヘ:}
                ,'.:.:.:.:.:.:> " ´_.,、:<:´: ̄`:ヽ、
                 {、∠....、:<´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:ヽ
               ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧ノ
                    ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. / ソ
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. イノ 〈
                 /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. K}  /      「フン。
             /:.:!:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ /       なにやら不安定な様子だが………」
              {:.:.|:.:.:!:.:. |:.:l.:.i:.:.:.:.i:|:.:.:.:.|:.|!:ソ; /
             ∨リ:.l|.:.:.:l:.:|:.:|.:.:.:{{ ̄` :<イー ′
             ヾヘ:,ヘ:.:.ヾ;.ヘへ:.ノ: : : : : : :>:.、
              ∨: :.:`ー'": : : : : : : : : : : : : :/
           __     `_ソ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`"ー=¬′
          ム7><´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、rェュ、
         .,/ /ー―、:.:.:./:.:.:.:/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ー‐<Kヾ、
        ,イ:{´:::::::::::::::ヽ:/:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ:.:`ヽ
       ハ{{::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: //:.:.:.:.:.:.:.:',
       ,'.:.:Y、::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
       ノ.:.:.:.:.ヘ:::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /.:.:.:.:.:.:.:.ヘ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ
.     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ;::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ { {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉;::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧
.   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ \:::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::jヽヘヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   {ヽ:::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::\:j.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧

120 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:17:14 ID:mfiAMJSs
二109.
―――――――――――――――――――――――――――
  明確な悪意と、純粋な好奇心と、邪悪な力を携えて―――
―――――――――――――――――――――――――――



             /                ヽ
             !_,..::::::::==:==::::;,,,        ヾ
            ,/"  ゞ_,.;:"`~`ヾ, ~`;:::,._      `;,.
           / ,.r-・”~~     ヾ   ~~=-;;:...    i
          /  ,.i           ヾ      `;:,,,   i
         /  ,.rii           ヾ      ~`;::,,i
         /  i,i ii       _,,,,:=-- .ヾ::       ヾ_
        ,/   i;i  ,,i     _,,.;'ゝ.-.-;;'  ヾ:::::....     ヾ
       .r  yii, =;,.. -;"  ,"~/'-'"ニ;'"   .ヾ ,.:"^;.    ヾ
       l :': ::::i.∠.,(ツヘ    "       . i: i r  i  : :  i    「面白い。
       .l ::: ::::::l  '  .,i            .i::i.iヘ i  :::.:::  |    憎悪は人を強くする。
      ,l :::: :::::::::;,   .:;" ,           .i:i  ,i ..:::::::::::: |
      l :::::: ::::::::'.    `      __.,,     .i!  /.::::::::::::::::::::::|    何処まで限界を超えられるか、
      ,l ::::::::.::::::::::{     -==二..ソ      =":::::::::::::::::::::::::|     あれで実験してみるのも一興だ」
       l :::::::::::::::::::ヘ      "`::.,       l::::::: i::::l:::::::::::::|
       ,l :::::::::::::::::::::::ヘ          ::::/  j::::::: l::::ll:::::::::::i
        ,l .::::::::::::::::::::::::::ヘ        :::::/   "";'ノj丿|:::::::::l
         ` ,,,,,::::::::::::::::::::::::ヽ      .::::/        ,j:::::ノ
            ~`=-;,:::::::.___;;i,m;,:::_::;.;:`_;,,/  _-==;""l ""
                  i\   _,...;;:::""     l
                ___,i ヘヾ,/"~          l<,.........____
              / ,i.,_ ][_}β       ___ゞ      ~~~~~~~~~~
            ,/   i.,_ .][_}β __,.-=ゞ"-"~~~~
          ,/    i_  =i i===,""~
        ,/       ` i, i
      ;//          ,i i
    /"~//

122 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:18:23 ID:mfiAMJSs
二110.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  光の中で胸を張って歩もうとする前向きな意志は、
  支持や未来を引き寄せる代わりに
  影に生きる者、心に闇を抱える者を色濃く浮かび上がらせる事がある。

  そして影の中から突然追い出されて驚いた者達は、
  立ち上がり辺りを見回して、どうするかを強制的に選ばされる事になるのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                    ,- 、_
                 ,...--─- 、           ( ,´ヽヽ_ ヽ、 ,-┐
                /   :::::::::::::::ヽ、        <ヽヽ .ヽ ヽ ヽ.( .ヽ
                  /     ∠ :::::::::::ヽ        ヽ ヽヽ  ヽゝ ヽ、 l
               l     /;;)) ::::::::::::丶      ,-ゝ、ヽゝ 、     l
               l    ヽ`´  ヽ ::::::::::丶      ヽ ヽゝ 、 ヽ     l  ,-、
                 ヒヾ)  ,   _,ノ ::::::::::::丶       ヽ、_      , -─´   丶
                ヾ ,  ゝ‐ ´ ...::::::::::::::::::`        ヽ、 ./        l
                `l. /   :::::::::::::::::::;;::::l .,、__         >´    , -‐ ´:;:;l
                 ヾ     :::::::::::::::;;;;:::::l〈.ll `ヽ     <  , -‐ ´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
                   ヽ ./l ., ヘ :::::;;;;;;;;::::丶ll l Ⅱl       >´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
                  /  l´ ヾ.、;;;;;;;;:::::::::〉,!ゝ‐‐ゝ─ ´ ̄ ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
                  〈    l, -,.l.〉.、;;;;:::::::::l∧:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
                  丶 ‐´O lゞヽ ヽ::::::::::l  ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
                 ,_´-:;:;:;:;:;:;:;lヽ  ` ヽ、 l / .丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
             ,、_ - ´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l ヽ、 ─- l/ / .丶:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;l

                                                 〃 ̄`
                                                 !|    , ィ
      ,─-、,. ─-、r'f__           ,イ∠.-7_                  ヾ、_/:/--‐;ァ
       /  y     :.  ハ         i::::::::::::::::::::ミー                 /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
      }  .:        i   /        r'::::::::::::::::::::::::::ヽ               /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
      | .:i      |:  .′        l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ               ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     / ,;: 、      :i:. i        !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ             !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    ./  .;i ヾ   /, .:l: |            レ/ 丶        ヽ           l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
    l   .:;| `  / " .:l: ∧            .|  ヽ  j       ゙、            !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
    |   .::! .     :|:.  iヽ           ゙!  / ノ        ヽ     .      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
    7  :|  i:      :|::  | 〉         |   |ヽ、                    λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
    ゞ:.  |:.        ム  { ヽ          i、 .l゙l,                     l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ



.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  それが光の射す場所へ戻る機会だと気づき、近づいていくのも選択。
  目を背け、より暗い闇を求めて離れていくのも選択だ。

  されど―――
―――――――――――――――――――――――――――――――



                           /´;;;;;\\;;;\
                          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
                         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
                        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
                       {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::ヘl;;;;;〉
                        ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/
                         λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
                         イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
                         /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
                        /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
                         /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\

124 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:19:14 ID:mfiAMJSs
二111.
―――――――――――――――――――――――――――――
  努々忘れる事無かれ。

  闇に近づけば近づくほどその中に住まう魑魅魍魎を呼び寄せ、
  己の流れが歪められていく事を。
―――――――――――――――――――――――――――――



,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ   Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代      |  ―――そこの赤い奴、.  |   ||圭
    ll/                            `'冬淤t、   .|  ちょっと待て。       |    ||洲
    lll                           》i淤〉   乂___________ ノ     Ⅶll
    {{                             ヘ㌢  _               '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                     /''''~ヽ.   /  ヾ              /ア          ヘ
     [ft                   /,___, r`i、 {'ー-' /.|              〃
     Νk           /~' - ._  ヽ,__,,/  'i >tー' |           7
       !垈           }   ,i  \.  |    'i  |   |          ノ
     .為llll}          /ー' /、  丶'ノ     ~    |
    .ィ圭洲;          `- '  >,             'i
   ,ィ劣圭:㌢        / ̄~''-ー'               |        λ
  ,ィ劣斧ア            .{   i        __,, -        '!、        {会ュ。.
f,/淤圭Ⅳ          ヽJ_ノ`-,    /           `'''' -ー,      `''寺ll≧ュ。.
/淤圭Ⅳ               )                    ,   .}       為圭圭丞
圭丞Ⅳ                   !、              _,,.. -!、  .{      為圭圭圭丞
圭i:洲{                  /ヽ、   ー--― ..,,,....-=ニ',    >ー'    ,炸,圭l圭l圭l丞
圭i:刈                     /             /'                  ,炸圭圭l圭圭刻
圭lil代                  /k        7   .λ                  焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t、              !垈          代            以圭圭圭淤jⅣ
圭圭:歪会ュ。              .為llll}      L  ',{I≧ュ。.         込i:圭l圭圭:Ⅳ
圭圭淤冰ik会ュ。           .ィ圭洲;      [代   `''寺l圭≧ュ。.      Ⅵ7:圭lll圭lⅣ
ll圭圭圭淤冰ik会ュ。       ,ィ劣圭:㌢      Ⅵ心   `''寺圭斧≧ュ。._  `''寺圭圭丞
圭圭圭圭圭圭圭ik会ュ。  ,ィ劣lll斧ア         Ⅵ会ュ。   .゙㍉丞圭圭会ュ。_ `'守圭ik会ュ。

125 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:20:25 ID:mfiAMJSs
二112.



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(●
.         |      (__人__)         「う~~ん………」
           |,      ` ⌒´ノ
       ゾクリ│         }          (―――ん?)
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



                                   /  /{必}                r=ミ | |
                                     /  //)厂                ゞ彳i | |i
                                 /  //(( /        i |   |    ))   ! i|
                                   /  //  /  / l l | l | |   | |  |丶i ' .'.|
                                  "  /  .′ i | l| | | |/.i ハ .l  | | l l |  l  / |
                              /    /i  i  l.| l| | | i :!/:ハ┼-| | l | |  i/ / | |
                              /   / !  i l l ! 从r-、_)) /i i/ル'ハ!ル/! !i/i / /i ! !
       「ね、どうするの?」        /   /   | l ハN nn{ィ示}}    r:行芯ヘ,レ |/ /i | ! !
                  ..      /   /    / ./ | |.// )辷_ソノ    込zソイin./ / li | | 丶
                        /   /     / / i /i { /.)ーイ   ,      n| | 〉/ ハ.| |  \
                      (    (      / /  ハヽ|,| i } ))           / ノノノ ) ,  | 、    \
 (お金があるのなら、          \   )     /./  /  l\ `  \   ⌒  ./.    /./l  |  ヽ      ,
  一体何を悩んでいるの?)        )  :   / ./  / 仁へ._\   \   /    /./ l  ハ  ハ   人
                         /  /   (  /fニフ(_ / ⌒ `⌒ヽ }≧≦{    /_'  | i i /  \/  \
                  .     /  /   ノ /rイ / ( //    / 人__i\r─'⌒ー'  トTフi| /  \ \
                      /  /  //r─{.`ー  i /     / _,イ }/        ノ、トイ}_   \ \
                  .    /  /  (  i {     ノ .ノ      イ   八        //\/  )   .  }
                     /  /   |  |     /         /j__、\      い、厂/ 〈 i   ノ /


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  歪められた流れに落ち込んだ者を救い出せる存在は決して多くない。

  流れが速ければ速いほど、英雄の手を以てしても掴み取れるかどうかは賭であり、
  または英雄の周囲に掬い上げられる事を祈るほか無い、と言う事を―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


126 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:21:17 ID:mfiAMJSs
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手ありがとうございました。

4096byte制限が無いからって余裕ぶっこいてたら
意外に引っかかりまくりで、結局分割だらけで済みませんでした。


次回は第二章第三話になります。










【漫画全巻セット】【中古】ローゼンメイデン ヤングジャンプ版 <1~10巻> PEACH-PIT【あす楽対応】

価格:910円
(2018/9/24 08:59時点)
感想(0件)






ローゼンメイデン0-ゼロー 1 (ヤングジャンプコミックス) [ PEACH-PIT ]

価格:669円
(2018/9/24 09:09時点)
感想(4件)
























次の話






目次


関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1260-1664245a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)