FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! 第一章 領主の証-6 2018年11月15日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




299 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:00:11 ID:s/0d74MR
一357.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――
  昨日とはまた別の空気が漂う夕食時―――

  早速やらない夫が執事から聞いた話を展開すると、
―――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)         「………と、言うわけだ。
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }          アストナージさんは明日か明後日には到着と言っていたし、
           ヽ、      ソ           王都からの距離を考えると明日の夕方ぐらいかもな」
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



                            , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
                          _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                         _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                       ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
                          ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
                         〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
「人生、楽して儲けられないように     ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
なってるんですねぇ。               i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
                             l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
私としてはもう一年ぐらい      .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
この状態が良かったのですが」          " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
                                '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
                     .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                   !'i   j       ~ヽ
                                   リ 、 /  ―ー '''"""f,
                                   / _冫'''~            ',
                                 / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
                                l!~    /         ヽ. !



――――――――――――――――――――――――――
  案の定、わざとらしいため息を吐いたエルが
  こんな好条件な仕事、滅多に無いんですけどねと言った。
――――――――――――――――――――――――――












300 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:01:06 ID:s/0d74MR
一358.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼の言う事にも一理ある。
  やらない夫が知る限り、この仕事の報酬は待遇も併せて破格であり―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ       (確かに、この仕事の報酬は相場の三倍近い。
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃      腕利きを集めた事と言い、値段の事と言い………
   ヽ、l    ´ヽ〉       何か裏があっても不思議じゃないんだが―――)
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  だからこそ―――喩え領主が自身の持つ証の詳細を知らなくても―――
  何らかの秘密が隠されている、そう思わせるには十分だったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

301 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:02:06 ID:s/0d74MR
一359.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――と考え込んでいたら、相棒に突っ込んだ者が居る。

  まるで、人間のおよそ三倍から四倍の寿命であるハーフ・エルフの時間感覚に付き合っていたら、
  やらなきゃいけない事をする前に婆になっちゃう、とも言いたげな声で。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V   「長いよ………
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl      あんたの寿命で考えないで」
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



                                     _____
                                    __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                                   /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                                 ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       「は、はひっ」                  /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
       (コナタが突っ込んだ!?)     / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
                           / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
                           |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
                           |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
                          /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
                         /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
                        /    |      \_____/レ´   //    ヘ



――――――――――――――――――――――――――――――――
  今までそんな経験の無かったエルは年甲斐も無く声を裏返らせて驚き、
  目を白黒させながら彼女を見つめ―――
――――――――――――――――――――――――――――――――

302 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:03:06 ID:s/0d74MR
一360.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  以前感じた通り、何らかの芽生えがコナタに訪れているのは確実だと判断した。

  自分を落ち着かせるためにお茶を飲んでから、
  精霊使いらしく、精霊視力で彼女の様子を確認してみれば裏付けが取れたので、
  金銭の事が無くても、コナタのためにこの仕事はもう少し長く続けたかったと思ってしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ:::         (フム。:
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、        ………今まで殆ど動きの見られなかった
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ        精神の精霊達に変化が見られますね)
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、     
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――
  集中して精霊の力を探るのは面倒だし疲れるので、
  滅多なことではやらない彼はそのまま視線を巡らせたのだが―――
―――――――――――――――――――――――――――――――

303 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:04:13 ID:s/0d74MR
一361.



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {       「でも、私ももう少し稼ぎたかったよ?
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ       そろそろレイピアを卒業したいし………」
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



            ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
            ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
       :::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
       ::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::
       :::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
       :::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::     :::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::: ____:::              :::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           /     \      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::        .     / (ー)  (ー)\             :::::::::::::::
         :::::::::::::::::           :::::::::::l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\         :::::::::::::::::::::::
      「魔剣は高ェからな………」     ヽ   L \ェェェェェ/  |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       :::::::::::::::::::: ゝ  ノ         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ::::::::::::::::::::   /   /         \
              ::::::::::::::::::::::    /   /            \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ::::::::::::::::::::::::::::     . /    /         -一'''''''ー-、.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::::::::::::::      人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒)):::::::::::::::::::::::::::::::::::



―――――――――――――――――――――――――――――――
  見た目は平然と、いつも通りの態度で話しているはずのキル夫から、
  怒りや困惑、哀しみの精霊の力が異常に放たれているのが分かる。
―――――――――――――――――――――――――――――――

304 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:05:07 ID:s/0d74MR
一362.



                                   ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                    |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                    /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                      { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                        ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
 (おやおや。                                  |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                          |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
  二人にあてられて何か思うところがあったのは、          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
  コナタだけじゃ無かったみたいですね)                     |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                            リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                       __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                   ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                              ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                  l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                                | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                              、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  何となくその理由も想像がつくが、やぶ蛇になるのは確実なので特に触れないでおいた。

  このままでは彼が爆発するのも時間の問題かも知れないが、
  エルにはコナタ以外の他人に気を割いている余裕など無いのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


305 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:06:06 ID:s/0d74MR
一363.
――――――――――――――――――――――――――――――
  特に感慨もなくキル夫から視線を外して集中を解き、
  爪を噛みながら今後の事に思考を向ける。
  
  彼らも旅の目的ぐらいある、収入のための用事が終わったのなら
  本来の道に戻るのが筋―――
――――――――――――――――――――――――――――――



',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、       「とは言え、終わりが見えたのなら
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i       次のことを考えねばなりませんね。
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l        取りあえずは町の宿にでも―――」
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ      f´ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `         |  エル。  |
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;            乂____ ノ
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、

306 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:07:06 ID:s/0d74MR
一364.
――――――――――――――――――――――――――――――
  そんな思考を破ったのは自分にだけ聞こえるような小さな囁きだ。

  他人が居るところでコナタに呼ばれる事など滅多に無いので、
  余程の事かと彼女を見れば、
――――――――――――――――――――――――――――――



                   ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                    |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                    /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                      { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                        ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                          |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
 「は、はいっ?」                |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                        ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                             |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                            リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                       __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                   ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
              ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                  l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
              、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.ー< ̄ ̄
        /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.;イ:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /:.:/    ../::/::/|:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.    \::\
     /:/ / .....:.:._/∠/::/ |:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.l:.:.:.....  \:.:\
    j//:.:.:/:.:.:.:.:./ /:./ |:.:.:.:.:./|:i__|:.:.:ル:.:.:.ト:.:.:......ト、::::.,
    /:.:.:/:.:/.:.:.://  j/  |:.:.:.:/ j:j N/:.:.:.:.|:.:.:l:.:.:.:.l \',
   /:.:,イ:./:.:.:./i テ==ァ  |:.:./   j/ |:./X:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.:.l
   /:ィ':.:レ:.:.:.イ| l!{o辷ル!  j:./  テ=土__|:.:.:j:.:.:.:|、:.:.:.:|
  ,'ィ' !:.r|:.:./:. ! ゞ,__ノ/  /    {o辷ル'テ !:./:.:.:.:.ハ:.:.l
     |:.ゝ!/:.:. |  ¨ ̄´    、   ゞ,_ノ/ ' ィ::/.:.:.:./  l:/
     |:.:.Y:.:.:.: |            ` " /:.|/|:.:.:./
     |:.:.:|:.:.:.:.:.|\     (_ノ       ・/:.:.:.:.|:.:./     __   クイクイ
     |:.:.:.|:.:.:.:. |:.:: >、       _ イ:.:.:. :. |:./  _ -t_ ̄___ノ
     |:.:.:.:|:.:.:.:.:|r' ̄|  `  7≦ ´:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:|  __l ヽ _j⌒,
.    ル:.:.:.l:.:.:..: l: :r'´    ゝj: ヒ_;.:.:. l:.:.:.:.:.:.:l ,〈 :|     }
    j:>、'´l:.:.:.:.:.l: :l   _  j: : : : :.ヽl:.:.:.:.:.:.j人ゞ\ __ノ
  /ヘ\ヽl:.:.:.:.:.l: :「 ̄   ̄7: : : : : : : l:.:.:.:./ヘ、\ `ヾ )
 / \\\|:.:.:.:.:.l: :|    ,' : : : : : ://l:.:.:/ \\ \_/



―――――――――――――――――――――
  何か言いたげに口をぱくぱくと動かしながら
  三人のやり取りの方を指さしている。
―――――――――――――――――――――

307 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:08:06 ID:s/0d74MR
一365.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その先には、キル夫の事を敢えて見ないようにしている雪華綺晶と―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                   ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                   / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                  i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                  ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                 .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                  li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
     「ね、ね?                       ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
     やらない夫はこの後どうするの?」        ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                   !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                  ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                  //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                 / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                               / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                             / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                            /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                           ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、



――――――――――――――――――
  今にも爆発しそうなキル夫と―――
――――――――――――――――――



         ____
         /     \
.     /        \
    l^l^ln;;;(○)::::::(○);;; \    「…………」
    ヽ   L(トェェェェェェェェイ)  |
     ゝ   \ェェェェェ/ /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

308 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:09:06 ID:s/0d74MR
一366.
――――――――――――――――――――――――――――
  甘えるような視線と、突き刺すような視線を違う角度で浴びて
  困り顔のやらない夫の姿があった。
――――――――――――――――――――――――――――



        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|         「………宿屋に戻って魔法の勉強かな」
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|

309 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:10:06 ID:s/0d74MR
一367.



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/     (やらない夫がどうしました?)
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- ' ボソボソ
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |
                            〃 ̄`
                            !|    , ィ
                            ヾ、_/:/--‐;ァ
                            /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
                           /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
                           ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
            (誘ったら?)       !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
                          l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
                            !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
                    .ボソボソ  .l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
                            λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
                            l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
                          j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
                           |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
                           !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



――――――――――――――――――――――――――――――――
  コナタが示しているのがその中の誰か分かったのでその理由を問うと、
  彼女はこの仕事が終わった後の事に触れる。
――――――――――――――――――――――――――――――――

310 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:11:07 ID:s/0d74MR
一368.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分同様、彼女もこれからの事―――共通の目的について考えを巡らせていたようだ。

  その提案を検討してみたエルは次に、
  終わりの見えない長期的な仕事にあれだけ腕の立つやらない夫を雇っておけるかどうか、
  財布の中身にも尋ねてみるが。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                     (( //  へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                                    /^\:::::\::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::
                                   丶\:::::\::::::::\:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                 /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::
                                │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
                                /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::
                               /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
                              │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
   「―――フム」                  │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::
                              丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
                                 /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
  (確かに相手の力は強大です。            ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
   戦力はあった方が確実でしょうが………)    ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
                                   ||:::::ゝ                ∧|/
                                   │入...___             /
                                    丶  \─ゝ          /   /
                                      |   |,           /| //
                                     /  |        ....////
                                   /= --┴-、    ...:::::::: /  /
                                  /       \<\:::::::/ /      ノ
                                /   , ----= 、 \// /      //
                               / >           /  /      /



311 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:12:08 ID:s/0d74MR
一369.
―――――――――――――――――――――――――
  正直、いくらあれば十分なのかも想像出来ません、と
  予算不足を理由に否定的な答えを言った。
―――――――――――――――――――――――――



                         ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                   .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                   .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
                         ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
                          li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
                            ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
    (彼を雇うだけの余裕が          ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
     ありませんねぇ………)           ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                           ボソボソ ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                   l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                 ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                           ヽ ヽソ



                ---
          _.  ' ´        ` 、
         / /            \
       / //             ` ー-
.      //ィ'   ./ __ _,./  | |
      ,ィ' /   / ´,  ' ^ ′   ,| |
     '´ l′  _/ .__/    /    7ト/.
.      / . ィ'/  「'7女ァr /   / !'| lヽ |
     //,r1' ,.イ ム.  / / / ぇ、リ |  |
.     ´ l.{ |/ | [_/  //   ' ヾ:、  |
       | ヽ|   |     '    ん /|  / |
       | |   |         ヽ、/,r´|/  ,ハ
       | |   |\   ´’      /  ,  , ' l/
       | |   | j` ー--‐ャ  ´ / |/
      '. ハ.   |/   / /  , <   !   ハァー
 ⊂,. ̄`ヽ∨ ∨ | ̄`/   / , /,r⌒.ー、
 /     ゙l   V' |  /   //'´ i´   `ヾ
 }',. , /  |   ヽl. /  /'    !     )



―――――――――――――――――――――――――――
  もちろんコナタだって自分達の財政事情ぐらい把握しており、
  やっぱりね、と肩をすくめて強くはねだろうとしない。
―――――――――――――――――――――――――――

312 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:13:06 ID:s/0d74MR
一370.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルは言わなかったがその他にも、
  やらない夫を雇うことに関しての懸念点があった。

  まず、自分達の目的にあの真っ直ぐで純朴そうな少年は似合わない。
  そして、彼が理力魔法を使う者である事も、
  場合によってはコナタにとって悪影響かもと思えたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――



                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.       (しかし、どうしてこんなに反応するんでしょう?
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-     彼も理力魔法使いだと言うのに―――)
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /

313 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:14:06 ID:s/0d74MR
一371.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし二つ目の事は杞憂かも知れなかった。

  理由は推測に過ぎないが、
  コナタは現時点でやらない夫に強い拒否反応を示していないのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                     (( //  へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                                    /^\:::::\::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::
                                   丶\:::::\::::::::\:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                 /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::
                                │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
                                /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::
                               /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
                              │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  (―――いや。                        |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
                              │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::
   むしろ子供同士がおっかなびっくり       丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
   距離感を探っているように見えますかね)      /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
                                 ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
                               ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
                                   ||:::::ゝ                ∧|/
                                   │入...___             /
                                    丶  \─ゝ          /   /
                                      |   |,           /| //
                                     /  |        ....////
                                   /= --┴-、    ...:::::::: /  /
                                  /       \<\:::::::/ /      ノ
                                /   , ----= 、 \// /      //
                               / >           /  /      /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  このまま時間を掛けることが出来ていたら、
  無味乾燥の代名詞である彼女もやがては年頃の娘っぽくなるのではないか。

  悪夢に魘されたり、暗い感情に灼かれながら旅を続けたりせず、
  別の目的や幸せを探せるのではないか―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

314 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:15:06 ID:s/0d74MR
一372.
―――――――――――――――――――――――――――――
  父親代わりも兼ねている男は、そう思わずには居られなかった。
―――――――――――――――――――――――――――――



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'     (本当に―――
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/        この仕事が終わってしまうのは惜しい)
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |

315 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:16:06 ID:s/0d74MR
一373.
―――――――――――――――――――――――――――――
  しみじみと思うエルの視線の先では頬をかいたやらない夫が、
  他の四人の中で初めて、俯きっぱなしのキル夫に触れ―――
―――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    「キル夫はこの後どうするんだ?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



                                           ___
                                           _,. '´      ̄`、
                                      /          \
                                     |                |
            「元居た宿屋に戻るだけだ」           、  {  ヽ   r  ァ /
                                    γ `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ、
            (お前に聞かれたって………       /      `、ェェェェ,,´      \
             嬉しかネェんだよ………)       ,|              _    l、
                                       l "-'''" ̄ ̄三    三´   ̄"''` l
                                       ゝ    _ノ      ゝ_   __ノ



―――――――――――――――――――――――――――
  何の感情もなく、淡々とした声のみを返されたりしている。
―――――――――――――――――――――――――――

316 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:17:06 ID:s/0d74MR
一374.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  みんなの前では言いづらいのかも知れない。
  もしくは、言わない事にしたのかも知れない。

  自分は取りあえず状況を見ながら判断、と考えていたやらない夫は
  キル夫の反応に思うところあって複雑そうに目を閉じ、
―――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)     「そうか」
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



                                  __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
                                ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
                                  l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
                          .       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
                                /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
                          .     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
                              /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
                「……………」 .    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
                             l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
                             V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
                              ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
                              ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
                            //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
                          ,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
                           /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
                           {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



―――――――――――――――――――――――――――
  彼らのやり取りがどういう事なのか分からない雪華綺晶は、
  探るようにやらない夫とキル夫を見比べただけ。
――――――――――――――――――――――――――

317 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:18:06 ID:s/0d74MR
一375.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  談話室の空気が固まる前にやらない夫は次の組のこれからに触れ、
―――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |    「エルとコナタは?」
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



                                    ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、、:::::::::
                                   i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                 i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                    !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                       .           l:! ki::、:ヽ::',ヽ|}`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、:::::::::::::::::::::::::::
                                    i! ヾ:、:::::::::、 ゙、.;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、::::::::::::::::::
                                   !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X"、:::::::ヽ:::::::
     「今まで通りに戻るだけです」                 /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、:::
                                    '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                       `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                                ,、..、         'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                f " ,`;ー 、      ヽ、、      /::::    : //
                                ーア::ヾミッ、` 、_       i    ., '""'-、,,__.._ //
                          ,:-、 ,x、, 〈::::::::::::r'^,ニ'ー `=r-、、. ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、::ソ/
                          /   iヽ `'ヾー "{ノ ノ    `  ヽ.         |.  ヾ、:/



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  話の流れから次は自分達だな、と思っていたエルは間髪入れずに答えた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

318 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:19:06 ID:s/0d74MR
一376.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今までの事―――
  つまり、目的には触れなかったがコナタも肯定するように頷きを繰り返すので、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                              ,..::;ニ=-、
                                              i::/     、
                                           ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ
                                         /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
                                        /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
                                          l:/::;'::::'オ/|::|:::/:廾!::::::::::゙:.ヾ:、
                                        ,!,イ:::::/ !':|:l::l::/::::::lハ:::::|;;::::l
                                         /i:::::!::/iTニT::,!;':::イニリ,!:::l`、:|
                                          !:(|:'!::l::゚‐':::/:::::::゚‐:!:}::!  ゙!
                                          |::::M::::!、   _   .ィ:i!リ  コクコク
                                          |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)
  |         ノ    「なるほど」
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }     (………みんな、
 ( ヽ  /  / ノ      何か目的があるんだな………)
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それぞれには、それぞれの旅をする理由があると再確認していたやらない夫は、
  未だそれを持たない自分が少し恥ずかしくも思えてしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

319 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:20:08 ID:s/0d74MR
一377.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  明確な目的を持たない冒険者。
  それは異端児も異端児、風来坊に近しい存在だ。

  安定した生活の為でも、栄光や名声を勝ち取る為でもない。
  言うなれば父の教え、血の声、そして本能に従って足を動かしている自分が
  酷く頼りないように思えて、腕を組んで考え込んでしまったのも無理はない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ         (俺は、何のために旅をしているのだろう?)
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}


320 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:21:06 ID:s/0d74MR
一378.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし、雪華綺晶は迷いが見られる彼の横顔を、真逆の表情で見つめていた。
  彼女はすでに、新しい目的を彼の中に見出していたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                        ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                       {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                     /./       辷ニソ
                                    / /   l  l l  l (( \
                                      / / l  l| /i| i| i| | | l \
    (さて。              .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                                    /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
     仲間にして欲しいと言っても、.             /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
     目的が分からなきゃね。                   /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
                                 /  /   / ノ八  _     / /  i!
     それが何なのか、                 /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
     まだ分からないけれど)              .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                 i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                               / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                             / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                             i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                             // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                            /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫は目的が不明確でも、立ち位置は明確だ。
  自覚が無いのかもしれないが、誰よりも綺麗で真っ直ぐな存在だ。

  探し求めていたそれを見つけてしまった今、彼が歪まずもっと大きく育つように
  見守りたい、支えたい―――

  そう決めていた彼女は迷わない。
  だから、悪いがキル夫には僅かでも答える事は出来ない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


321 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:22:21 ID:s/0d74MR
一379.
――――――――――――――――――――――――――――――
  陰と陽。
  光と影。

  己の輪郭がぼやけてしまい、
  何のために生きているかが分からなくなってしまったキル夫もまた、
  やらない夫と似たような状況だったのだが―――
――――――――――――――――――――――――――――――



                    ___
                _,. '´      ̄`、
                   /              \
                  |              |     (どうせ、俺の事なんぞ
                 、  {  ヽ   r  ァ /       誰も分かってくれないんだ。
             γ `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ、
              /      `、ェェェェ,,´      \   不幸な星の下に産まれた俺だ、
             ,|              _    l、  仕方ねぇやな………)
            l "-'''" ̄ ̄三    三´   ̄"''` l
             ゝ    _ノ      ゝ_   __ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  たとえどのような状況でも、決して諦めず前を向いて道を模索する者と、
  自分が一番不幸だと諦めて俯き、現状を受け入れてしまった者。

  その一点で、大きく道は分かたれる事となった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



            r,/''"´ ̄`
          l::|          /!
            l:!      /.::/
          ヾ:.  _/.::.:∠-.-::.::ァ
             , ゝ´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::<、
   .       /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヾー
.        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. .\
        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: i . :.:.i__::丶、
       ,' : : .::.::.::.::.::.::.::.::..::. : . . : l.::.::.::.!  ̄
        i.::.::.::.::.; ,::.::.::.::.::. . : ::.::.::.:l:.::.:i:.::|
       l.::.::.;:;';';';';';';:,.::.::.::.::.::.::.::i::.::j、::.;{::.:|
.        l:.::;';';';';';';';';';';';.;';.::.::.::.::.l::.::l Υ|::.:|     (負け犬っぽい………)
         l.::;';';';';';';';';';';';';';'.::.::.:.:/:.::ハノ.::|ヾ|
          !.;';';';';';';';';';';';';';';.::.::./::.::| |::.:|
.          l.';';';';';';';';';';';';';';'::.::/.::.::|ノ|::.:|
        },';';';';';';';';';';';';';'::./::.::.::l !.::.|
.        l.:l.';';';';';';';';';';';';';/::.::,::.::!_|.::/
         l.::.!.';';';';';';';';';';';'/::.::.;;.::.:|l!ヾ、
       l.::|::.::';';';';';';';';';'/.::.::.;;';:.::.|l!l!|゙!



―――――――――――――――――――――――――――
  奇しくも―――

  キル夫よりも壮絶な過去を持つ、コナタのその、目の前で。
―――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

322 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:23:11 ID:s/0d74MR
一380.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――
  時計台の鐘が二十時を知らせてからしばし。

  昨日と同様、前番の見張りとなったやらない夫と雪華綺晶は、
  錫杖を箱に入れて談話室で見張りの任務に就いていた。
――――――――――――――――――――――――――――



   ,=============,
   | r──、 r──、 |                            ______
   | | / / | |/∇ /| |                             |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   | |==== | |==== | |                            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   | | ∀  | | / / | |                            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l                  |::::::::::::::::::::::::::::o|
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉                 |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│                |:::::::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


          ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
            l i   +   +   +   l l:::|
          / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
          ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
        | l                l |/
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|.       .________________
       ./                     //|     ./------------------------------./|
..___/___________//| |     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
(_______________),‐─┬i' ゝ)    |================| .|
l:::          .   ..::::::::::| l^) .l│        |________________|/
|:::    ;.             ..::::::::::| ´|  ゝ)
|:::           ;  ..::::::::::| /
l:::.            .   ..::::::::::|/

323 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:24:06 ID:s/0d74MR
一381.



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |
            |   ` ⌒´  |            「見張りも今夜で最後かな」
          .  |         }
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



                                    ,ィ''´_二----`' - 、__
                                /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                               /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                              // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                              {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                               Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                               {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
     「そうだね。                    __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
      明日の昼は衛兵を             i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
     増やすって言ってたし………」       }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
                               'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
                              i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                             r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                             `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                               ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                              | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                              l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                               i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  明日の夕方か夜には王都からの派遣部隊も到着するだろうね、と同意した雪華綺晶は、
  取りあえず仕事の終了後は、やらない夫と同じ宿に行くつもりだったので
  財布の中身以外に不安点は残っていない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

325 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:25:06 ID:s/0d74MR
一382.



     |┃三   / ̄ ̄\
     |┃三 /  \,_.  \
     |┃  (●)(● )    |
     |┃  (__人__)      |     「夜の巡回も随分増えてるの、
 ガラッ .|┃  ヽ`⌒ ´     |      気がついたか?」
     |┃   {         |
     |┃三  {        /
     |┃    ヽ     /
     |┃  .   ン    ヽ
     |┃三   /     |
     |┃(⌒二_/|   . |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  魔法を使う前に窓を開けたやらない夫が広い庭園と、その向こうの街路に視線を巡らせれば、
  隊列を組んで哨戒にあたっている衛兵の姿が見て取れた。

  それは、昨日までは無かったはずの光景だ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     __________||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三三三三||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __;;  ||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||  ; ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   ;||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄   ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三三三|| ,, ||_|_||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   __   [二二二二二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  __  | |   || || ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  |_ :|: _|  | |   || || ||_|_|| ||_|_|| ||_
     __________,|_|  |:::゚|゚:::|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''

               「異常なーし」
             /        /         /         /
..           /..         /..         /        /
  / ̄〈     // ̄〈  .  / / ̄〈      // ̄〈     /
  l/",ニヽ~'ヽ/  l/",ニヽ~'ヽ/  l/",ニヽ~'ヽ/ l/",ニヽ~'ヽ/
  ノl_[,#゚ -) 0´|   ノl_[#゚ -) 0´|   ノl_[,#゚ -) 0´|  ノl_[,#゚ -) 0´|
  ( _ii_/_ノ   ( _ii_/_ノ    ( _ii_/_ノ   ( _ii_/_ノ
   |ヽ0´|      |ヽ0´|       |ヽ0´|       |ヽ0´|
  ノ/'i'i'iゝ     ノ/'i'i'iゝ     ノ/'i'i'iゝ     ノ/'i'i'iゝ
 /(/´"J     /(/´"J     /(/´"J     /(/´"J
                                   「異常なーし」
  ザッザッザッザッ


327 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:26:06 ID:s/0d74MR
一383.



       , へrァォ7フx- ´  ̄ - 、
       /  イゞン7ハ__         ヽrァ7、__
     /   i ゞアン'ー,          vシ}  、
    i    ト、   //  , /      ド'   i
    |     |  、 /./ /, //, /|//  .|  ドミ、  |
    |,ノ ,  .|  V /////r'/ //| | | | \ .|
   //   |   } .. |rァォメヾ/ノ//-ト|、| /ト、ヽ ` 、
  //   , '  /... . トK乃ッリ)  . ,r=ォx'ノイ |  ハ   )
//   /,'/ゝi  ... トゞアンツ    弋リ/.| |/ 人メ、       「最初からそうしていれば良かった―――
/   / ,','   .,|   \...))  .   ,    / .| |, イ/\  、      なんて言わないけど、ね」
///ヽ.//  ,ヘゝ 、   \  ‐-   イ/| |  |   \ \
. (/  // 、ノ ̄ へ⌒ヽ、 )_. 、_ .ィヘ ノノ |,  ゝ、   ) .)
ヘ \   | |  )\    \_ソ/ミ,',ニニシ ゝ、 l    \/ /
 \ \ノノ/ く´ _ ., …´/  y>ul--‐‐''¨.ヘ\.  / /
   ) Y  , イニ____,ノ  !乂ゝ__ゞ__! ヽ i ヽ,/ /  \
  ,/  / /  |  しー    io .l > i ,.l ( l  (  (      )
/ , イ  i    、 `ヽ⌒ 、,, .′′'^^_"_^i..  \ \  /
 /  \ ` 、 ゝ ノ  イ  ` ~   ′     )  )'



―――――――――――――――――――――――――――――
  肩を並べて外を眺めた雪華綺晶は苦笑するように言うも、
  おかげで君に出会えたんだし、なんて口からは出さないのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ         「はははは」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



329 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:27:06 ID:s/0d74MR
一384.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  窓をしっかりと閉じてから改めて魔法を掛けたやらない夫は
  厳戒態勢となった証の警護の事を考えて、
  盗賊団に大きな動きがあるかも知れない、とこの仕事の背景について考え始めたのだが、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



              / ̄ ̄\          |┃┃
             /   _ノ  \        |┃┃
             |     ( ●)(●)         |┃┃        「じゃあ魔法錠して、と………」
          |     (__人__)       |┃┃
              |     ` ⌒´ノ      三|┃┃ ピシャッ!   (しかし、国王が非常事態を宣言すると言う事は、
           |         }        |┃┃て       領主の証に関する話の何割かは
           ヽ        }         三|┃┃ て       事実の可能性が高い。
               ヽ     ノ         三|┃┃(
               /    く       γ⌒)|┃┃        そのうち、ティターンズが
            |       \____ノ ' ノ |┃┃        本腰を入れて奪いに来るかもしれないな………)
             |     ヽ  ___,,、   |┃┃



          _  、  _  __  ,r __
        ,.ィ´yヽノ)'´  `´    `'ゞ、イyヽ.ヽ、
       / 辷_ソ            辷ツ) ヽ
        /l  )) ゞ=-'/  l l  l l  、 (( 、ゝ=-' ヘ
     / l '´ l   l l l l l l l l! l  ヽヽ` 、 ヽ  ヘ               ハード・ロック
     ,'  /!  l   l l l l l l l l ll 、 ヽ l l! l',   ヘ       「さて、硬質化施錠の魔法の勉強しようかな。
    ,'  / l  l _l l!(( l l l l l´l`l' 、 l l l! l.ヘ  ヘ
.     ,'  ,' .',.  l´ ̄/示´`ヽl从!ィョョュ、、l l /lヽl ヽ   ヽ      魔法書、貸してくれてありがとう」
.   ,'  ,'   l  l   〉jY リノソ   辷ツ' l! '´  ヽ ヽ  ',
.   l   l  ト、  ! ゝ-、ノ_ノ '    ̄ !l   l   ヽ. ',  ',
    !   ! / ヘ l.  ヘ、(( ー ‐ _ / l l  l    `ヘ  ヘ      __
    l   l /  ∧ ヽ ヽr‐`z,ィ'ー'´ノ`´〉.l l  l  ヽ    ヽ  ヽー‐‐ ' ´    `ヽ、 __
    l   l'  ./ ヘ ヽ ヽ ヽ /〉ノヽ___`〉、 ヽ、_  ヽ   ヽ   \ _, -‐-、 _, -‐ '´    `ー- 、
    l  l   / i´ ヽ   ヽ_ノ 〉__/。l、ノ´ ゝ--、-、ヽ ヽ   ヽ   \__, -‐'´ _, -―、―――-、 `ヽ
.   /l  l ./ r‐'‐t‐ヽ   ヽ><.l。l r‐/`ー‐十 ヽ ヽ     ヽ    \ -‐ '´    l      lヽ l
   l l  l / ヽ  /ヽヽ   ヽー'`ー'´ノ  l /`ー-、 ヽ   ̄ ヽ     `ー――----、_    / /
   l l  l'  /ノ  `/`/\  \ ヽ〈 ノ     /、  \    \      _, -―-、 \ //
   l l  l 〈   ゝ / 、 \  \ ノ /  ´t‐‐'     \    `ー― ' ´      ヽ l'´



―――――――――――――――――――――――――――
  テーブルの上に魔法書を置いた雪華綺晶にお礼を言われ、
  気にしなくて良いよとそちらを振り返った。
―――――――――――――――――――――――――――



330 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:28:06 ID:s/0d74MR
一385.



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,         「良いって事さ。
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__       書き込みとかあるけど勘弁な」
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  普通、覚えてしまった魔法の魔法書は、
  学院などで下取りに出して購入価格の何割かを戻したり、
  更に別の魔法書を買う一部にあてるのが殆どだ。

  その為、買った本には補記や書き込みをする者は殆ど居らず、
  写本をしたり、自分用の魔法書などに書き写したりするのが当たり前だったりする。
  それをせずに取ってあると言う事は、かなり裕福である事の証明に他ならない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                         / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
                       ./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
                           /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
                           //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
                           ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
                         /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
 「ううん。                 _/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
                        /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
  ご飯の後ざっと目を通したけど、  ´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
  凄く理解しやすくなってる。               / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
  かなり勉強してるのが分かるよ」         /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
                             /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
                          , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
                        /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
                       __ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
                          ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
                       ´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だから装備の質、泊まっていた宿の格の事も合わせて
  どうやら彼がそれなりの資産家だと言う事も、雪華綺晶は分かり始めていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

331 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:29:07 ID:s/0d74MR
一386.
―――――――――――――――――――――――――――――
  それで彼女も勉強に移ったので
  目を閉じたやらない夫はもう一度、事件の背景に思考を向ける。
―――――――――――――――――――――――――――――



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l            (最初から同時に証を奪わなかった事、
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l             自分達の戦力を温存するために噂を流して
.       /   ハ !.!          !             野良の盗賊や護衛を動かした事―――
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_           これらは時間の経過を良しとする作戦だ。
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \         国王側が非常事態を宣言して
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、      防衛を固めても構わないとなると………)
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  そもそも盗賊団が国を相手取る時点で異常だ。

  領主の証を狙いつつも、未だ本格的に動こうとしないティターンズの作戦と、
  今後の動きを予想すると、どうしても鍵となる人物が浮かび上がってくる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

333 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:30:07 ID:s/0d74MR
一387.
┏─────────────────────┓

   その、パピプペポとやらが何者なのか―――
   そこが肝、だな。

┗─────────────────────┛



       /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::ヘ
      /  :::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:.     :::::::::::ヘ
.      /  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ::.    ::::::::::::ヘ
    / :::::::::::/::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
    |  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
.    | :::::::::/:::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|:::     :::::::::::::|
   | :::::::/::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::::|
   | :::::/::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
   | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
  ,/  :::::゙<´:::::::::::::::;;;;;;;;;:::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__}::::     ::::::::::::::|
   \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.:::::::: __ ,.   ∠._,'  /     :::::::::::::::/
    \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.       _,.r- !/      :::::::::::::廴,
      / :::::/::::::::::::| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::::::::::::::::::_,.;r=≠≦::::`ヽ
.     / ::::/ :::::::::,' ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  :::::::::::::::::::::::::::::/、:::::::::::::::::: ::::::::}
    / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;/___,.. -─ :::::::::::::::::::::: ~゙'-=  ̄::::::::/
.   / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::〈
  /::::::/  :::::::/.、-───-ト、     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::/
. /::::::/  :::::::/.::::》      '{  ≦=≠ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::{
. /:::::/  ::::::::/ :::::::\_,.==≠、/二 ̄  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::j
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
               ○
             о
            。
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ            (ただの盗賊とは思いがたい。
          │         }
           ヽ、      ソ              騎士達が防御を固めても
          イ斗┴r┐` .;               証を奪う事が出来る存在―――)
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}


334 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:31:07 ID:s/0d74MR
一388.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  世の中には希にではあるが、人と言う枠を外れた超越者が確実に存在する。

  自分は別にそうとは思わなかったが、
  確実にそのレベルにあった父親の事を思い出したやらない夫は、
  その領域に立つ者が敵に回った場合の事を考えて、つい頭を抱えたくなってしまった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉     (変化した魔族?
                   ノ U   { )     j      親父みたいな存在?
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r        ―――いやいや、勘弁してくれ)
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  何しろ超越者相手に戦術や戦略など無意味。
  同じ超越者による、純粋な力と力のぶつかり合いでしか立ち向かう事は出来ないのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

335 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:32:06 ID:s/0d74MR
一389.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  いつしか、勉強を中断して頬杖をついていた雪華綺晶は、
  あれこれと思い悩んでは身振り手振りを交えて考え込んでいるやらない夫をじっと見つめていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       __
      /ノ ヽ\                                         / ̄ ̄\
    /.(○)(○)\                                     /   _ノ  \
    |. u. (__人__) |                                     |    ( ー)(ー)
   . |        |                                     .|     (__人__)
     |        |               , n / ̄ ̄\ .n                 /     ` ⌒´ノ
   .  ヽ      ノ            . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、              /  ヽ ⊂二二 ̄\
      ヽ     /             /,イ / (○)(○) .l i i i          /     \  ⊂、'    ヽ
      /    ヽ              〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉          /        \_, `7  /
      |     |            ', i.  ',   ` ⌒´ /   /        /    へ     \ !/  /
       |    .   |             .i   l.      ,'  ./
                       .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
                           ヽ     〈_ノ ノ
                            |     ./
                             |    .   |
      __
    .,/,-、  \                            / ̄ ̄\
  / ノ:/ ノfヽ.. \                             /   _ノ  \
  | /:/ /...| |  |                        |    ( 一)(●)
  l レ ./..ノ .,''´} i                         |     (__人__)
  l   ' ´ .〃 / |                           |     `⌒´ノ
  ヽ.     . 〈 .ノ                             |   ,.<))/´二⊃
    \.,_  ._ノ /                              ヽ / /  '‐、ニ⊃
     /  /  ヽ                               ヽ、l    ´ヽ〉
    ./  /   |                           ''"::l:::::::/    __人〉
    i ./  .  |                           :::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_


336 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:33:07 ID:s/0d74MR
一390.
――――――――――――――――――――――――――――――
  まるで百面相。

  生真面目な彼の事だ、どうせ仕事について考えているのだろうが、
  一体、何処まで思慮を巡らせればあんな事になると言うのだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                 /  /{必}                r=ミ | |
                                   /  //)厂                ゞ彳i | |i
                               /  //(( /        i |   |    ))   ! i|
                                 /  //  /  / l l | l | |   | |  |丶i ' .'.|
                                "  /  .′ i | l| | | |/.i ハ .l  | | l l |  l  / |
                            /    /i  i  l.| l| | | i :!/:ハ┼-| | l | |  i/ / | |
                            /   / !  i l l ! 从r-、_)) /i i/ル'ハ!ル/! !i/i / /i ! !
    (………器用ねぇ) .           /   /   | l ハN nn{ィ示}}    r:行芯ヘ,レ |/ /i | ! !
                ..      /   /    / ./ | |.// )辷_ソノ    込zソイin./ / li | | 丶
                      /   /     / / i /i { /.)ーイ   ,      n| | 〉/ ハ.| |  \
                    (    (      / /  ハヽ|,| i } ))           / ノノノ ) ,  | 、    \
                     \   )     /./  /  l\ `  \   ⌒  ./.    /./l  |  ヽ      ,
                        )  :   / ./  / 仁へ._\   \   /    /./ l  ハ  ハ   人
                       /  /   (  /fニフ(_ / ⌒ `⌒ヽ }≧≦{    /_'  | i i /  \/  \
                .     /  /   ノ /rイ / ( //    / 人__i\r─'⌒ー'  トTフi| /  \ \
                    /  /  //r─{.`ー  i /     / _,イ }/        ノ、トイ}_   \ \
                .    /  /  (  i {     ノ .ノ      イ   八        //\/  )   .  }
                   /  /   |  |     /         /j__、\      い、厂/ 〈 i   ノ /
                  ./  /    {  } r─'´           イ≫<\      .∨イ   } i /  /
                 /  /    /  /          _ <二二二ニ| ト.      \   } i /  人


337 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:34:06 ID:s/0d74MR
一391.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  二十一時を回った頃だった。

  急に外が騒がしくなったので、ずっと考え込んでいたやらない夫は耳に神経を集中し、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  そっちへ行ったぞ!   |
乂___________ ノ                     _/\/\/\/|_
                                       \          /
                                       < イエッサー! >
                                       /          \
                                         ̄|/\/\/\/ ̄

          / ̄ ̄\ ' _
        / _ノ  ヽ、.\ -
          |  (●)(●) .|    「何か聞こえる。
        !  (__人__)  |     衛兵達か?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  素早く立ち上がって窓際に急いだ雪華綺晶が見れば、
  三人ほどの人影が松明と武器を持った衛兵達に追い回されているようだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                      、   _, .} ,メ    l   ',::   ヽ::::.   ',:  ヽ
                        ̄,´/F>`ミi_ i  i    ';::   ' ;:   ';::  ',
                       ,⌒Yiー<⌒ハL  i     '::;    ',、   ';::  }
                       ,イ冖!/てヾVYjヽ_, l、 ,  ',斗七  '.,ヽ 人,,リ
                      从r'弋心ノ',イj从i   l....ヽ/ '; :::\  l ::/イ
                     .<  ゝ._`フノノハ、 .i  l::::''ゞ从_i⊥、;\j .i
                       弋 _、.>√勿/ヽi. ハ   V{ィrャミ <  丶_       「三人ぐらい、
                       )) /´  `.i`...'.,::、 '、 ハ  `.辻,ィ'}      ̄|     庭に忍び込もうとしたみたいね。
                         l    :::   ::',::\ iヽ   |下乙     /
                         l    ::     ;;; ::ヽ| ゞ         /      衛兵に追いかけられてるよ」
                         ,'  ..::    ,:'::, :::|           (
                         ,'   ::    .::  ::: ::|`(  Y ヽ、     /
                        ,'  .::  .:: .::..  ::: :| ,ゝ‐イ .ノゝ___,,ノ
                       ,'  .:::  ..::: .:::  ::: :::!" `丶、s ̄`)
                       ,' .:::/  ::: .::    :: ::/   l  .l ヽ ̄)
                      ,' ::; '  .:: :::    ノ,/ ヽ、 ヽ / /、ゝ
                     .  / ..::: :::   // `丶、`  '彡,廴`;;;;;
                       ..,,,_::,,__.:,,,,::://‐-、__   `丶 .ヽ /∧/|
                      Y        ̄ -  ,,,, ` ‐ - 、 .Y..∧/|
                                    `ヽ     ヽ|∧//|


338 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:35:06 ID:s/0d74MR
一392.



         _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ
     ; i              〉   |
.     |.|       ,.:'"      `i   |
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |    「チィ!
      !.`i<´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j     こんなに警護が厳しいなんて聞いてねぇぞ!
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |   おいマッシュ、オルテガ!
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/    遅れるなよ!」
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|           _/\/\/\/|_
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l           \          /
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |           <   おう!   >
.        |          .::::::::::: ,....-'―          /          \
                                     ̄|/\/\/\/ ̄
                                                     _/\/\/\/|_
                                                     \          /
                                                     <  分かった! >
                                                     /          \
                                                       ̄|/\/\/\/ ̄





                                  /             \
                               ,,イ´     /l爪        ヽ
                              〃/  〃 /  | | |l        ミ
                               イl   /从l |    lハミ       l
  |\     /\     / |   //  /      〈{{  リ!    _.∠.._  ヾヽ      リ
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///        川 l¨≒y 'ヾ‘'´   Yf´`i   /
\                     /    .       |从!´ |_ _     /  |j´)l /
∠  逃がすなーーーーっ!!    >         〈ト、´ `` 丶      K_/ /
/_                 _ \             `┤r ニニ ッ'    } |´/
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄                |   ー    ,.   |/
  //   |/     \/     \|                |   ___ イ´    |
                                   `丁 ̄        |
                                     _| :.    _ _力^ヽ、
                                 _r「宀< ̄       /    \ __
                             _ ィ´/     入    /     /
                            ̄ / ハリ    /  ヽ._/      /
                          .  /  / '/⌒Y´     イ   、     /



340 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:36:06 ID:s/0d74MR
一393.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  二人並んで窓の外を見やり、別方向からの本隊突入などを警戒したが、
  しばらく経ってもその様な動きは見られない。

  どうやら先日と同様、噂に釣られた連中が証を狙いに来たようだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――



  |\     /\     / |   //  /
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
\                     /
∠   そっちに逃げたぞーー!   >
/_                 _ \
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  //   |/     \/     \| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
             : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
             : : : l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二l: : : : : : :
             : : : . |             |             |: : : : : : :
             : : : . |             |             |: : : : : :: :
          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ.   |             |: : : : : : :
          |  陽動では無い、な。  .|..  |              |: : : : : : :
   / ̄ ̄\  .乂__________ ノ...  |             |: : : : : : :
 /       \     : : . |             |             |: : : : : : :
 |          |    : : : . |             |     //.       |: : : : : : :
. |         |   .: : . |             |   .//         |: : : : : : :
  |          |   : : : . |             | //             |: : : : : : :
.  |         }  ....: : : . |                  |             |: : : : : : :
.  ヽ        }    : : ,─-、,. ─-、r'f__      |              |: : : : : : :
   ヽニニニニノ 、_  : :/  y     :.  ハ二二二二二二二二二二二二l: : : : : : :
  /::::::::::::::::::::: ̄`ー  : : }  .:        i   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._: : : | .:i      |:  .′ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   ヽ::::::::::::::::::::::::i  : :/ ,;: 、      :i:. i : : : : : : : f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
             ./  .;i ヾ   /, .:l: |      |  さすがにこれは違うと思うよ。  |
             l   .:;| `  / " .:l: ∧       乂______________ ノ
             |   .::! .     :|:.  iヽ
             7  :|  i:      :|::  | 〉
             ゞ:.  |:.        ム  { ヽ

341 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:37:06 ID:s/0d74MR
一394.
―――――――――――――――――――――――――――――
  仮眠中だったエルが苦労してコナタを起こそうとしていた所で、
  どうやら連中は衛兵達に捕まったようである。

  無念そうな悲鳴が庭園を飛び越えて、館の中まで伝わってきた。
―――――――――――――――――――――――――――――



\_人_人∧从_人_∧_人_从_//
 )                  >
<  ぬわーーーーーっ!   >
 <                 (
 /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^

                                    /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                                     /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
                                  //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
                                  /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                                  iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
                「あ、捕まった」        リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
                                 ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
                                   リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
                                    !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
                                      i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                                        リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                                        `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                            ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                              ヽ'  /     i         ',



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\ 
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}   「……………」
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l  ボケーッ
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|

342 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:38:06 ID:s/0d74MR
一395.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろんキル夫も外を確認している。

  眠れなかったのだろう、焦燥した様子の表情と目の下のくまが相まって
  悲壮感すら漂っているその視線は―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  : : : _________ : : : : : : : : : :
 : : : ./_________ヽ : : : : : : : :
 : : : ||       ||.       || : : : : : : : : :
 : : : ||       ||.        || : : : : : : : : :
 : : : ||       ||.        || : : : : : : : : :
 : : : ||       ||.        || : : : : : : : : :
 : : : ||       || ,. -―- .、|| : : f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 : : : ||       ||/ ( o)(o).|| : : |  ……………。  |
 : : : ||       ||ゝ{トェェェイ}.,|| : : 乂_______ ノ
 : : : ||       ||  ` ̄´  .|| : : : : : : : : :
 : : : | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| : : : : : : : : :
 : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



―――――――――――――――――――――――
  現実と妄想の狭間を行ったり来たりしているようだ。
―――――――――――――――――――――――



       ____
     /⌒  ⌒\
   /         \       「これだけ狙う者が現れるんだ、
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \      女神の噂は本物―――か。
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /      何でも願いを叶えてくれるってのは夢のある話だなぁオイ」

344 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:39:06 ID:s/0d74MR
一396.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  再び静まりかえった庭園と街路。
  もう動きは無いようだ、と椅子に戻ったやらない夫は中断されていた思考を再開させ、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



    / ̄ ̄\
  /    \ /\
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)        (これはティターンズの挑戦だ。
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃       護衛が強固になる前に本腰を入れない―――
   ヽ / /  '‐、ニ⊃        怖いな、その余裕が)
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大事になった場合は、仕事とは無関係に―――個人、やらない夫として―――
  動く意志を固めつつあった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

345 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:40:06 ID:s/0d74MR
一397.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  英雄の可能性を秘めた器が国の危機を察して、それを受け止めようとしている。

  新たな目的を見出し始めたその表情は、この町に来てから初めて見せるもので、
  雪華綺晶はごく自然に彼の横顔に見惚れてしまっていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                    / ̄rv-ーく,.  -‐…‐-  .
                                 / ..=くУ''"´,ノ          `
                                   / ( /   (             ゙Y^ヽ^Y⌒ヽ
                                ' //                 (く笏Y   :,
                                  {/ //    /                 `アフ爪   '
                                  〃 //    /             ヽ     ハ]ハ  i
                                  ;  i;      '           }   ハ  / ノ′i  |
                      .          i  i|  !    i    |,」| _ !   } }    i|  (_;_) |  |
                                 i| ii|  || ,i|  i| l「丁 T  /|    i|.  //| |  |
 (どうしたの―――?                 八 八,i人|ミ刈  i| ナナニ八///|    i|: .//, | |  |
  急に、男らしい顔になっちゃって)           ヽく((笏Y)Y从从 行テミメ、/ ノ    リ:/,   | |  |
                                  }人`Y´ブ     lr'..::::ノリ刈′  ////,  | |  |
                                    从 ィ~ ,     ^゚ ー=/    //イイ,  | |  |
                                  / /八         ::://,  // // | |{  | |  |
                      .           / /(  i\/)ー    // // 厶=ミ| |{   | |  |
                                / //. :i i/ .く ____ // //´     `ヽ   | |  |
                      .         / // ; / x=、 i((⌒刈//  l/         ':. | |  |
                             / ,. / .:/   /`ヽ)) ノノ'   /         ' 八 .|  |
                      .    / / / .:{    /`Y(((i  ;′          V /\:. |
                      .   /  ,  /   i|ヽ.    ク ))| l i;゙               \  \人
                        ,'   /  ;   i| . ハ     ∨((__| l {           _ ..ヽ  ヽ. \
                        !   ;   i  :八,.~}    }~ヘ从     ,..    '"~´     |    ヽ \
                        人  {   | 〃  \`⌒し~)   ノ《,.  '"           ∧    ヽ  \
                         \ ヽ | i{   /   、/ / /  \ \       , / / }       ヽ.  \



346 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:41:08 ID:s/0d74MR
一398.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  まだ護衛は終わっていない。
  むしろ、これは何かの始まりでしかない。
  そんな予感すらあった彼は、自分を動かす事に違和感は感じていなかった。

  強い力を持つ者には責任がある。
  それを活かして弱き立場の者の平穏を守り、期待に応えると言う責任が。
――――――――――――――――――――――――――――――――――


              / ̄ ̄\
         /   \ /\
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)        「取りあえず最後の夜だ、
           |,      ` ⌒´ノ         また狙ってこないとも限らないし………」
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



―――――――――――――――――――――――――――――
  強い力を持て余した者がどうなるか、
  または他者の期待に応えられなかった者がどうなるか―――
―――――――――――――――――――――――――――――



                                 i´` 、
                                 `  )     _ _
                                 i:,// - ´  ̄   ̄` - 、     ,_、
                              __;,.〃y/            \   `´ヾ
                            ,__ >/ノi   /            `\ /´´
                            iしe/フ ̄ /  |  |        ;   /イ>i
                         _ 〃´ ̄//  /   |  |   |     | ヽ Y>=レ>
                       ,-´ /   /イ/ /   |  |    |     |  | |\fノ,、
                      / //    //  ;; ,, , |  |    | ;  ; |  |   | iヽ``ヽ
                     / / /    //   i  ` |  ; | i  | l i ll |  | | |` _|ノノ
 「うん。               /   /    //  l/ `ー-、_|l l | ヽ ├-- 、l ; l  l l ´(ヽ
  油断無く勤め上げようね」   |   l    / /  l | |,、/r、ゞハヘ` |=_ノ |/| i|` / イ/,, | |l |
                    |   |   / // // |rハヒ妥>y>` `ヘ|イテ〒ノ // /lヽ    |
                    ヽ  ヽ / / /  il  |トミ=>ソノ    くゝ'シ_| / / /i     |
                     \/  /  //  l  i"`(ヾ   .    ̄゜ / // /i ヽ    ヽ
                     //  /  /ノ  イ -ヽ r´´ 、_ ___,    / / / i il   ヽ  `、
                   /  /  /  イ   /l、 ト \、      //,/´ ̄フ __ノ"i      \
                 / /   |   | ; il  ,__) ` ン  ミ 、 _ イ / // /y´_-ノ       ヽ
               / // l   /  ノ i /l -つ、-  ヽヾ  `><   l i/ /   ´〃-´        i`、

347 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:42:06 ID:s/0d74MR
一399.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  他人を守って戦い続け、しかし力をひけらかしてしまい、
  強すぎた故に掌を返した人々の反応に絶望し、自ら命を絶った『ヘラクレス哀話』。

  人並み外れた力を持ちながらも立場や目的を見いだせなかったり、
  逆に国のために尽力したことで時の君主に危険視されて抹殺された者達の詩。

  酒場で詩人達が謳う詩には、そんな話も枚挙に暇がない程なのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


                         ‐、‐:、
                     ,,,..-‐‐-..,,i:::i、
                        //::::::;::::::::::;:::;::ヽ.)ヽ
                    ! !;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::i!/
                       ノ;;;;;;:/ ', ,'.'ヽ;;;;;:`ヽ  _ ,.... 、_
                       /:/::::;、>ィ。.><;o`,-i;;;;;iヾV    `<゙'ヽ
                   i:/i::::;{ i.',.ノ,ーイY:i/;;;;;;-''¨ `゙゙゙゙:::..  ', ゙i
                      ! ,〉;;;;ヽ',i 'ニ`〉i:∀´i..::...     ::.   :. ゙i
    i\                  /:;;;;;;ノ : ヾ、___ノ ̄.....::::::::::::::.......,、:::::....:::. |
.     i:::::\                i::;;;;//i;:〆         `::::;:::::::´ ヽ. `゙゙゙'、i
.     ヽ、:::::\        _ノ-'"-' /ζ..:       .::::i::´   :: `',:..`i
      了:::::::::\,     /  }'"  'コ >'        .::::::i::   ヽ`:.. `'. ',
      ヽ;::::::::::::i\  /.: ....:    .`7.ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::.    :. .   ' ,
       〉:::::::::::\ \i.:: ::/  ....::::/i'    ̄`゙::::"""":::'〉:::::.. ....:::.::. ::  :. :.'i
       \:::::::::::::!、 \ :i:::..::::::;'"  i...     .:::'   .:::::::::\::::::::::::::: ..ノ : ...',ノ
         ヽ;:::::::::::i   \:::::/ ...::"i'゙゙゙゙'''' :::::く::::::::::::  .::::::::::`゙''>、:/ /   : .>
            〉:::::::::\.   \..:::" :i. ...   :::::  ..::::::::::::::::::::::/ .(/ ./i   ヽ〉
          ヽ;::::::::::::',.     \,,..::::'"´`'':::::::ノ'"´:::'"゛:::::::::::::/  .}   .!  ', ヽ
            ゞ::::::::::',.     \:i   .:::)   ..::" ..:::::::;/  i   :  :.  i

348 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:43:07 ID:s/0d74MR
一400.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  あるいは彼の、これまでの我の希薄さや欲求の無さ、
  場合によっては違和感を感じさせる程の綺麗さなどは―――
                             ・ ・ ・.・ ・ ・. ・
  明確な、自分としての目的を見いだす前にそうならない為に、
  人として見られないよう、父や誰かが施した防衛的封印の意味もあったのかも知れない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;     ゚     ::;;;::   ` :.  ;
                        ____           
   _,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,__,_,_,_,_,_,_,_/~\\\,\\______________; ...|
  /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/ニ日ニ\\/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;.//ヽ
  /;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/!|      |/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,// ヽ\
 /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/|      |,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;// 三 ヽ\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :|王||王i |ニi ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |三三三|
 ゞ;ミゞ |王|王| .  ||   |王|王| . |      |ニi  |王|王| .  ||   |王|王|.   |三ノヽミゞ;;;
 ソミゝ:ミゞ!LLLi   .||  .'LLLLLLi. .|      |ニi :.LLLLLLi  ||  LLLLLLi  |三;;;ミ;;ヽミゞ;;
 ;ノ:;:ヽミ;:;ミゞ;;;    ||        i=======i====i  .  .  . . ||  .    .    .|:ニノミヽミゞ;;;
 ソ;ノ:;ミ;;ゝミ;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ソミヽミゞ;;;ミゞゞ
 ソミゝミゞ;;;;    ..    .i^^ii           .i^^ii                      ;ノノii;;;ヽミゞ;::;;
 i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄|: |i         |: |i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 .~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i~i: |i'''''''''''''''''''''''''''''''''|: |'~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   '" '':'.'   .   .   ::  :     ''  "  '    .''    " : ' ."'



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  未だ自分の為ではなく、誰かの為の目的を選び続ける彼を、
  闇と月の女神の映し身が遙か天空から優しく、そして興味深そうに見守っていた―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


357 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:50:16 ID:s/0d74MR
一401.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
  ―――結局、その後何も起こらなかった翌朝。
  やらない夫はいつも通りに起き出すと、庭で訓練を行っていた。
―――――――――――――――――――――――――――――



               _/\/\/\/|_                     /  ̄ ̄\
               \          /                   /二二二二≧3彡
               <  ハアッ!! >                     ((● ) u    |
               /          \                    (ノ、__)   u  |、__
                 ̄|/\/\/\/ ̄                       |⌒´   u   |:ハ<⌒7`ー -- 、
                                           ..<´{   u      !:|:.:.|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、
                      _____ .... へ、_ へ、--─ 、<:.`>:.:.:.:ヽ       u /ノ:.:.厂 ̄ ̄`ヽ、/:.:. \
.              ___r┬< ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:. \:.`>:.":.:.:.ヽ、、.  イ .ヾノ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.://へ
    弋ー―= '' "    }ト.\\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`Y三才:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /∠彡イ/:.:ヽ.
     厶≧≠ー-ノ __丿ー\\\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィテテハ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:彡ヘへへ、__r‐、-=二二ニ=─:.ハ
       ノ厶く//______ ≧──====ニニニニ二二二 ̄ ̄ ̄入(( いZZZZZZ7 / / / r┬  `ヽ:ヽ:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }
  ∠二二二二二二ニニニニ=== ──    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー"´`ヽ:.:.:.:r‐ヘヽヽヽ入_>=彡|:.:|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                      ∨:.: ̄ ̄{ ̄ ̄:.:.:.:.:.:`V:./:./:.:.:.:.:.:__三二才
                                                ∨:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄/ ̄
                                                    ∨:.:.:.:.:.:.:.>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′
                                                     く二二才{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
                                                <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉__彡′イ
                                             _____j\、、_〈:.:.:.:.:.: ィ「 ̄|入__,ハ
                                             \:.:.:.:.\圭{{_}}圭彡|   `ー〈,,,∧
                                           厂 ̄二ニ=─/\─=彡ヘ、__∨:∧
                                             . .<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:∨:∧
                                    . .<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:∨:∧
                                 . .<:.:.:.:.:.:.:. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.: У:∨:∧

358 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:50:35 ID:s/0d74MR
一402.



                 / ̄ ~/   __ __
            /   /___./  //  /
        / ̄ ̄       /  //  /
         /__   __ /  //  /
           /   / / /._M//_M/
             /   / /   /
         /   / /   /
        ./   / /   /
        /μM/ /   / _ _ _
           ./μM/ / // // /
               ./M//M// /
                        / /                                  /´   ム -イ;‐ァ
                    /M/                                 ,!      〃 /
                                                      /      ィ! |l i¨7
                         `     '                      /     ;'´ i  l| | |
                           、   ノヾ     '               l  /|   !: !  |L/| !〉
                           )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´                 |./  l   |! l  |  .|__|
                            `r      r'                      |   l! |  |
                            )     (                         !  |l' |  |
                          , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /          |  |! .|/
                             ,              キ人_,/        |/
            `                                )  て                     rーi
             \ ,,_人、ノヽ                       /´⌒Y,.                   i´  | | | 「 ̄!
              )ヽ    (                             \               |   | i!  ! , |  |
           - <       >                                        レハ」,ハ  ! l|´|  |
              )     て                                                  ー' |  |
             /^⌒`Y´^\                                                    |  |
                                                                      |  |
                                                                        l_」

       .,-イ .,,,、、 ,,,,、
       .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|
    ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""
    .ト'",l゙ l゙ l゙ │
      l゙ ,l゙ .l゙‐'"
     .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
         {-!ト''゙l゙,i´
              ,レ"
             l"

359 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:51:06 ID:s/0d74MR
一403.
――――――――――――――――――――――――――
  設定は昨日と何ら変わりがない、父親相手の影剣闘。

  相変わらず余裕綽々の父は攻めには転じず、
  自分の攻撃を受け払っては出方をただ窺ってるのみだ。
――――――――――――――――――――――――――



                                           、   ,,,,,,、-'"t     ..:::::
                                、,,ni、rj、,,r、,     r' ~~~     `'ー'| .:::'' ..::::..'''::
                              (レ'"     ~''-,   i'~          |.::: ,ry'''i/)::
                             ,{''` ,,, ,, ,,,,、 从  イ,  |  そ    フ  |r'Y ノ./ー,' ::
                             ミj,ミ、,iツ(Y、iirリイ''ノ、,}  ノ  .の    ン  |,ノ''リ ノ ,,r ::'' ::
                             'i ミ' ::~'':'、iir''イ"''〉"リ  |  程    //  |{ ~j .リ__ i ,,'~'i ::
                             i{,i| ;;、ti;(从ノ,_,'、''j,,イ ノ   度    ・・  | ー',,"-ー't(  ', ::
                           ,r/ヽ't`""'ミ|~ミ''''''"イ)/ー-ヽ   //        〉}  ,、 ''~  / ::
               ,, 、、、、,,、r-ー――r―';/'"i |t " 、,j,/" ''/イヽ' 、;;;;i  ・・        /'i/)ヽ'"  r' ::
            ,、-'"::::::::::::::::~' 、''"""''ヽ|;;;;'i ,、'":ヽ ー==- ,i':::リ;;;;;)'ヽ,|        ,、-'./ー,':::::  / ::
            (;;;:::::::::: ::::::::::::::::~'ー、三ーヽ;;t  ::::::'、"、~ /:: ::リ|ii;;;| ,t|,、-'),、-―、/'リ ノ ,,r::: / ::
            ,r'~'''''ー- 、、;;;;;;;::::::::::ヽ,三=::;ヽ ::::: :'''''''":::''::: :::リ;;;;ヽ"::ヽ ,ry'''i/) ~j .リ__ i ,'~'i ::
            iリ ::'"    ::::: ::::,~ー、 ,、ー、 ,i;;`'、;;;;,、、、、 , -、 ,ー、;;;;;;|ir ,r'Y ノ./ー,''. ー',,"-ー't,i  i ::
       , ー、 ,,、ー、:::   ::r'''i  /、,,,ノ/、, ノ:::::,,、 、;;r'~'i /、,,,ノ/、, /~)リ ,' ,ノ''リ ノ ,,r~''"} :::,、 ''~ / ::
   r'''i  /、,,,ノ/、, ノ:::::,,、 、:j ;;イ. /,,, //, ,r",、 '~ ノ;;j ;;イ./,,, //, /,、/;/ i ー{ ~j .リ__ i ,'~'i /:::: r' ::  r''ヽ
   j ;;イ. /,,, //, ,r",、 '~ ノ:i、,-tj r'''レ::~'/,r'"、,、 '";;;;;j、-tj r'''レ::~'/ /;ノ'=i -' ー',,"-ー't,i  ',、 ,、-'" r''ヽr''ヽ( ヽ
   i、,-tj r'''レ::~'/,r'"、,、 '"::::,〉ー' ー'' 二,,,,,,'ーリ ー(、,,,,iー' ー'' 二,,,,,,(~ ヽ,,ノ ~''"}  ,、 ''~ /''";;; ,,ti''ヽr''ヽ, ヽ
   ,〉ー' ー'' 二,,,,,,'ーリ  :::::j ~'''''''""  ,,,、-~ノ    j ~''''''"" ,,,、-イヽ ''||   ヽ /   r'::::::, '( . '、 ''t,, ', r 、',
 ,r"j ~'''''''""  ,,,、-~ヽ ::::::::/:::  :::::~'''~   ヽ-("~,)/:::  ::::~''~  t /、(:、,,,,ソ、、 ,、-"::,、 '"  ヽー',〉-.〉 |.| .i
,、"'/:::  :::::~'''~   ア~'Y'"~_,) ),,;;;; ,,,;;;  ,',,,,、ー'"   t,,;;;; ,,;;; ,,、 '"'、;;;;`''ーー,、-'":::,,、 "_、,'''' 、 {ー ''ー t,,,,ii'ー|:
: 从;;;;;;;;,,,,,,,;;;; ,,,;;;  ,',,,,、、ー'"~'ー-- ーヲ''''ヲー'i ::::~'ー-- ーヲ''''ヲ'" '、,,,,,, ,、-ー'"::::::,、'"  (  ' 、,,,、''~ ~'''''ー、  :
:ヽミ;;`'''ー--- ーヲ''''",('''"(~'ー---ー''''"-'"从:::' 、;;;;;;r、;;;;;; 、-'"'ー 、~'''''',、 '":::::::::::,、 '"    `'-、   ~';;、 '' リ:: :



361 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:52:06 ID:s/0d74MR
一404.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし、今日の自分はひと味違う。

  だから今日こそその余裕を消してみせる、と気炎を吐いたやらない夫は
  全身の気を一気に爆発させ―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                    /_`゙ヽ
                                                /   }リ    , '⌒ヽ
   _/\/\/\/|_                                /   〃   /     }
   \          /      ,                        .ヘゝ、_/'  /`゙ 、_/
   <  そこだ!   >                            /    `7′,く_   /
   /          \                           . ,'   __ ∠ァ'`ゞー";',/
     ̄|/\/\/\/ ̄                  / ̄ ̄\  、フイト、_,.イ   ` ゙ 、   ∠ ='´- -ー- - - .、
                            二二二二二≧ィ1:!::jjr'´  :イ ノミ、==、  ̄´(    {   /   `ヽ
                           ( ●)(●)イ::i|:;!:i::jj::レ'  ,:, ノ .ヽ.i `ヾヽ ``、ーrェt冖- ィ 、. ,,.._ノ
                    {        ゙(__人__) u  l 儿ム'´  ヽ,ィ'‐ヘ..ノノ   } ヽ ヾ―- 、,, __
                             |   u    }l{     .ノ     "'ヾ.人 ,,_  、 ,.,_,'  ,' .`")
                      f'r{ト|ト---ri´:;ト、 ヽ   u    } "'' - ''"           \ >、.  ̄"'''-‐'´
‐- = ============= ==={{ (エ|「`7灯:/|:;:::  ヽ    u ノ                 ヾ、_.)
                  ``={.]∟!{ |;ヘノ,!::::::::{:: `ー'_,.ィ


362 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:53:06 ID:s/0d74MR
一405.
――――――――――――――――――――
  二人に分身して、一気に間合いを詰める。
――――――――――――――――――――



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_______________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄u ヽ ────────────
___________________               =≦二二二二 ̄u ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  >-=――――- 、  /   U (●l /二二二  ________
__________________  ./              〉/     (__ノ,U (●l /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  _ /   ィ  ̄ ̄ ̄ ≧ ///  u    /  (__ノ,   _________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ チ ̄  /   //         < /_二ニ=‐ 一'  u  /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________  /    ∠__/;;;;《      r‐=ヱテ  < /_二ニ=‐ 一'    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________<    〈巛ム'   \ロヽ -ー=// ̄  r‐=ヱテ ________________
|!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!                   \;;;>、 ‐/ /   // ̄  __________________
ゝ、ー=ニ二──――――――――― -  ニ 二 _  |/  ‐/ /   ‐─────────────────
───────────────――――――― イ .`Y  |/   ‐──────────────────
____________ |!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!_ ノ  イ .`Y   ‐─────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ゝ、ー=ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i!i!i!i!i!_ ノ  ___________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ゝ、ー=ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___________ || .|.__________________________________
─────────── ||.| |. |────|\───────∧────────────────────
           |ヽ    ||.| | | |.      \\           /∨
           | `,    | | | | | |        \\       /∨
           l  `、/ ! |j |j         \|      /∨
           l      |                      / /
         |` ,/  ,、/|  |                / /
         |  .,/   |  |                   / /
         \ \    |  !                / ,/
           \ ヽ,   | |              < _ /
              \j   .| .|
                  | .|
                | |
                 | |
                   {j


363 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:54:05 ID:s/0d74MR
一406.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  分身だけならある程度体術、繰気技術に長け、素早さの高い者なら身につける事は出来る。
  しかし、分身中に戦技を使うとなれば話は別だ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                             |\     /\     / |   //  /
                           _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                           \                     /
                           ∠ 今日こそ勝たせて貰う、親父! >
                           /_                 _ \
                            ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                             //   |/     \/     \|
    /  /  /                                         /  /  /
    /  /  /                                          /  /  /
   /  /  /                 / ̄ ̄ ̄ ̄\               /  /  /                 / ̄ ̄ ̄ ̄\
   /  /  /       ,/゙ ̄"'/ u        \             /  /  /       ,/゙ ̄"'/ u        \
゙ ゚'X.  /  /         /   /         u   \         ゙ ゚'X.  /  /         /   /         u   \
\ `─-、'        /    |  U                |丶       \ `─-、'        /    |  U                |丶
/⌒'y"`ヽ.\______,,;,/ r''\ ├―――――――――┤:::::\.     /⌒'y"`ヽ.\______,,;,/ r''\ ├―――――――――┤:::::\.
/゙ヽ(_,X., ゙r、\_    | _) |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|. : ::.:::.:.ヽ.     /゙ヽ(_,X., ゙r、\_    | _) |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|. : ::.:::.:.ヽ
/゙`‘,' _  /、\_,〉 . : ::| く   ├―――――――――|. : : : ::::::,r'ヽ.  /゙`‘,' _  /、\_,〉 . : ::| く   ├―――――――――|. : : : ::::::,r'ヽ
 ̄⌒ソ`;、i : , ': : : : : : : :!  \ |  ( ●)  ( ●)   U ,|.: :: :: : ::::.::::ハ. . ̄⌒ソ`;、i : , ': : : : : : : :!  \ |  ( ●)  ( ●)   U ,|.: :: :: : ::::.::::ハ
  ,r''゙,r"⌒゙ヽ;_:_; : : : ::::|  : ::;;\}      j、     u /.: :: :: .:::::::::::::.::i    ,r''゙,r"⌒゙ヽ;_:_; : : : ::::|  : ::;;\}      j、     u /.: :: :: .:::::::::::::.::i
:;;" /       `・、_::::|  : :;: : :,i:} u ヽ _ ノヽ___ノ  ,/ : : :: ::: :::::::::::.:::'、 :;;" /       `・、_::::|  : :;: : :,i:} u ヽ _ ノヽ___ノ  ,/ : : :: ::: :::::::::::.:::'、
_!_,r′        :ヽj : : :;;::./ ヽ   ` ⌒ ´    /: :: :: :: :: .::/ .:::::::_! _!_,r′        :ヽj : : :;;::./ ヽ   ` ⌒ ´    /: :: :: :: :: .::/ .:::::::_!
 {、         _,,..,`-、;;:/   l ̄ ゙゚゙̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄”゙`'''" .:' ..::::::::::|  {、         _,,..,`-、;;:/   l ̄ ゙゚゙̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄”゙`'''" .:' ..::::::::::|
  `r::      ,;'" ''゙゚゙ ̄⌒ヽ、.,,__\ ,; : ; : ; : : : : :`'':; , '   ..::::::::::::j  `r::      ,;'" ''゙゚゙ ̄⌒ヽ、.,,__\ ,; : ; : ; : : : : :`'':; , '   ..::::::::::::j
  {: : : :              \  ̄ ̄.:'⌒゜ ̄ ゙`'': :: :/: : : ..::::::::::::::'|   {: : : :              \  ̄ ̄.:'⌒゜ ̄ ゙`'': :: :/: : : ..::::::::::::::'|
   \::::::゙ヽ.      ;、 、   \ ゙' 、      ,r:: /: : : ..:::::::::::::::';;;|   \::::::゙ヽ.      ;、 、   \ ゙' 、      ,r:: /: : : ..:::::::::::::::';;;|
    \::::゚、 ゙ヽ.   , ヽ. ヽ   ゙ヽ `・、,_   /: :/  ..::::::::::::::::::::::i.     \::::゚、 ゙ヽ.   , ヽ. ヽ   ゙ヽ `・、,_   /: :/  ..::::::::::::::::::::::i.
      \::::゙,、 `.、 ,    . : : : 、   \   ヽ, /: : i ..:::::::::::::::::::::::::::::i,      \::::゙,、 `.、 ,    . : : : 、   \   ヽ, /: : i ..:::::::::::::::::::::::::::::i,

365 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:55:05 ID:s/0d74MR
一407.
――――――――――――――――――――――
  どちらか一方が力のない囮ではない。
  等威力の衝撃波が二筋、同時に放たれ―――
――――――――――――――――――――――



              ili!!!!゙゙       .ヾ                       ′                         ッ.       ゙゙!!!!ili
           `'''ー ..,、   `''-..、  `'-、      \         |.「         /      、-'´   ,...-''´    ,.,.. ー'''´
=xii_,_           `゙''ー、,,,  `'ー、、  ゙'-、     .\      |.!        /.     、-'゙   ,.、ー'´  ,,,、ー''゙´           _,_
    `゙"'`-=t;;ii ..,,_        `゙''ー .  "    \     .\     i.!         /.     /    ゛  . ー''゙´        _,,.. ii;;t=-´'゛゙´
_、         `゙''''´゙''ii,,;;.,,,、      .丶      `'=i、   \   i.!     /    ,.i='´      , ' .       ,.,,,.;;,,ii''゙`''''゙´
`゙''“'┴- ..,,,,,_           ,┤. :                 ゙\   `..  !.   ..`   /゙                 : .├,           _,,,,,.. -┴'
,,,,___     . ゙゙゙̄''''''―‐./ !,,_、                           丶           .,..-'"゛         ,._,,! ゙i.‐―''''''゙゙゙ ̄.     _
'''¬ー`-`-ニニニ';;';;ー-.- /   !、  . ̄"'''―- ..,,,,_                                _,,,,.. -―'''゛ ̄.  ,.!   ゙i -.-ー;;';;'ニニニ-´-´
             ゙./   ,!            `゙゙"''―-.、.,.., _/\/\/\/|_  ,..,.、.-―''゛゙゙´            !,   ゙i.゙
            /    |                    \          /                     |    ゙i
_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,. /     .,!                   < 閃空斬!×2 >                    !,.     ゙i .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
--ー‐ー‐ ―‐¬''/     .!`                       /          \_                       `!.     ゙i''¬‐― ‐ー
        /}/      ヒi.y-‐'.,i.          _,, -''"゛  ̄|/\/\/\/ ̄  "゛''- ,,_          .i,.'‐-y.iヒ      ゙i{゙i
   . _,,,,.. -./ 〃       ! l゙.!  /.l       _,, -''"゛                      "゛''- ,,_       l.゙i  !.゙l !       ゙ッ ゙i.- ..,,,
二`-‐'''"゙´ l゛ .l゙       ,!,! .! l  !  _,, -'"´    .,..‐  /     l   l     \  ‐..,.    `゛'- ,,_  !  l !. !,!,       ゙l. "l `゙゛''
       !          |l゙ .! !  l''″.,      /  ./     ./    ゙i.     \.  \      ,.″''l  ! !. ゙l|          !
 _._..ぃー'''フ          ]  ″  . l. .! !  ._.. |「.! .,ii."       ./    、゙i.       ゛.ii,. !.1| .._.  ! !. .l .  ″  ]          フ'''ー
゙~     l                    ヽl゙ l..'./ /  l.〃,! _..-ッ   /  !.    ゙i   ヾ-.._ !,゙ッ.l  ゙i ゙i.'..l ゙l,r'                    l
    , .!                        l".l″ .ゞ ゙'" _ilゝ  ./  !.      ゙i.  ゝli_ ゛'゙ ゙ィ. ″l.゛l                        !. ,
   ,l! !                               r|i.   ./   |.   !   ゙i.   .i|r                               !
. -'''゙/.!│                              '"'^,゙/" /   .l     l.   ゙i ゛゙i゙,^'゛'                              │
   .! .!.!                            ,..‐"  ./   .l゛     l.   ゙i.  ゛‐.、                           !
 :l,│ |}                             /     ./   l      i.     \                                {|
 .l.l.! .|                         ;;lゞ     ./    l       i.     ゙ィl;;                            |.
 .| ゛                         '!>     /    .!        ゙i     <!'                         " |.
'、.|                         ,x/゛      /    .,!        ゙i      "゙ix,                         レ
l .゛                            /       /    l          ゙i       \                           ". l
               ,,,,、-∠                                             ,,,,、-∠
               )   /  ,、'て ,,、ィ                                       )   /  ,、'て ,,、ィ
                フ /_,,、-イ /./ /                                        フ /_,,、-イ /./ /
               ,, /  ´   / / / /    ,,,、-ーァ                                ,, /  ´   / / / /    ,,,、-ーァ
          ィ, 、- '"   r''ー "/__l. / 」 ,,イ /   /                            ィ, 、- '"   r''ー "/__l. / 」 ,,イ /   /
       ノ'''´  ,,、-'"/ /  ,,イ   /// .| / /,,,、イ                        ノ'''´  ,,、-'"/ /  ,,イ   /// .| / /,,,、イ
        .イ ,、-'"  ノ  / ,r'" (     )  (///´  /                         .イ ,、-'"  ノ  / ,r'" (     )  (///´  /
      /'´" /(  ) / ノ  /    ノ /  /  /                        /'´" /(  ) / ノ  /    ノ /  /  /
          }  / /. /  )  |    //   / /                            }  / /. /  )  |    //   / /
           イ  } /  /  / /        //                              イ  } /  /  / /        //
          / /  | /   //                                         / /  | /   //
        ./,/  |/                                            ./,/  |/


367 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:56:06 ID:s/0d74MR
一408.



                             _/\/\/\/|_
                             \          /
                             <  気功掌!  >
                           _ /          \                  _   _   _
             ,‐  ̄ ヾ、       ィ彡 ̄ `i ̄|/\/\/\/ ̄レ// /             //  r' }/ /
             ミ´    ミ、     l|l゙      l|        | | |__|_/                  } i/ | |! /
             ', li!   ミ    l|i      }       <´    {/ `ヽ               _| '´/レ|  }
                 ミ, |l!|llil!ll! ,ミ   l|   /// ィ       /             ヽ       ,、 /  r'´ィチ |/
              ミ l|l!|!l|lチ´ミ   ,l| ,ィ///レ/      /              ∧    / / | | }  |
              ミ ll    i|,,ィ彡l / `ー',;;/      / /ニ‐--、 r==、      ',.  _/ /イ | 〉ヘ  }
        _ -──イl l|} _,ィチレ' ;' ムミ彡イ/   _/ r'、_ニニニ }' r甲rヽ rー‐、-、|  { /´/  | | i,  ! /
     ., <´  彡二''ヾヘ  ̄ ´ l|  /    ,イj-‐  ̄  ヘ ヽ_人_フ二ヾ、 {} ー/=ニニ く|  レ  フ  { _}  | |/
   /   __彡ケ´ ̄ ヽヾ二,ィチ  ヾー--‐''ン        ヘ / ̄ }ー--=土=--‐r'_ソ_ノノヽ_   |  {_ヽ /      __ _
  /  ,,=≡ ̄  ミミ、ソノ  ̄ __ 从__=≠±≡        } (「::=‐-,,,(_(__)ノノ∠__く^‐// > { ン´ |/       r'´.//  /
. /  ニ      ミミ__ノミ", ≦≠三三ニ三二=三       ,心:::::辷o''ツ:::k_'''o''ラ::::}_      }. /        ,' //_,,∠ -/
/   ヾ、     ソ三≦≠三三三三≦'´    三 ̄ フ - {l !j  .. ̄:::::::::|`::: ̄:::::/ ^}      |/ ヽ       // 'r'´ /
     >‐--三==三二_: : : :,≦ニ      ニ三_===≧   :::イ...::| ::::.  /イ ノ           ',          / ,'´
     ;ミ く三三二三三≧: : : :イ三二    ィ´   ニ'´   ≡= r= ヽイ-、  /(/ |ヽ==- 、       |        //
    ;ミ  彡三三三二≠´: : : :ゞ三二   ミ    ニ_      ミ ゝ 二ニア  /|^' |ケ', __,チ   ノ_     ´
    彡   ミ三三二'´   ノ ィミ、 ̄`   ヾ≡= 三_   ,ィチ .:::::::::  , ' ゝ_ノ/ }ヽ、 __ >' ´    ヽ
  ,ィチ .,;:;:;:; 彡ヾチ´ヾミ;:;:;:;''´,少'=‐`゙`ミミミミ≠=≡≡三二≡ ヘ_ ::::::: _∠//レ '  ∧    ゝ、__
 /    ';; /   ゝ;:;:  .,.,ィヂ´        人   _ _ヽ __ __二二 -‐ ''"    / |   , ⌒ヽ
 ゞ___,, /       `ー' ´         /   ̄ ヘ、                 /   |   ゝ_ ノ
ヘ  ̄


―――――――――――――――――――――――――――――
  だがラオウは避けず、掌から気の壁を生み出して相殺してしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――

368 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:56:36 ID:s/0d74MR
一409.



                                 _,,, ‐'"゙''ー ....,,.._,,,
                               ,,‐´           ゙'- ,
                  _、          /                 |,
               ''" ̄゛ ̄´゙"'ー ..、   .l′                   フ
                         `''-、_./                 /
                             7                 /
                             |、             /゛
                      _,,....,,,_,       l               __彡 -―― ,,、
              .. /⌒i'゛    .`l_.     .`゙゙./   __     /            `ヘ、
        、,、  _,,..、 .|  / ,..-、          /`l _/ .`‐゙'、 ,/゛            `'、
          `''ー l   l | /´ l,、_ノ         l  |/ 〉ー-'"゙゙''、.゛                l
               ,|  i' '´_,,、    . ,-、,-‐'''"\ l  |レ'                _,,..、       ,..、
           /.|  し''´ 」    . l  ._‐t  .|   '                  ヽ `ー、    / ア
              l゙ |  ,,.-''´      ヽ┘ l  /      r‐、,,,-----――-、   ヽ、  'l  / /
-ー'''''''^゙゙゙ ̄ ゙゙゙゙゙゙̄'l  | .|                !  l       `――''''''''''''''''''''′    `ー',/  /
           `>..l、_ノ        、 .__/  l                       /  /´
    _,,,,.... -―'''''^l  ,      .`‐ | ̄  __,l                     「  /..,,
            ゝ ヽ、  ..   └-...‐''゙ .                     `''"  .,,,,_ `' 、
              i′   .゙'  ヽ、             \、             /      .,./  `'ー ,,.`^''ー ,,.
            , / .`'''―i ,,    |      .'、_._,,,.  .  ̄`'--               ,i /       `''-、. `'‐
        /      ,l゙ /    `-、                         ,i ....-゛            ゙''-、
      /        ! }                          ,!  ,,|,、
    /            `''i ..l     ,,, .゙;;r-            '.l゛    `'、
  ./              ヽ_ `'''、   .´゛  `゙'^´ .ー       ‐'"     `'、
/                  ヽ、 `.`  .'-..,,..、  、  ._....>  .,..-    -ii'"''''-、
                       / . ,..    .i-‐゙゙'-,   ̄           ,.、 ゙>   `'-、
                      /  / `''''、/    .`i ..,,.... ,,__.     ,,..,,ノ \ヽ    . \
                     /  ./    .!      !      ゝ 〟_...″    `〈;;、    \


369 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:57:06 ID:s/0d74MR
一410.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それは想定通りだ。
  空中でぶつかり合い、弾けた衝撃で巻き上がった土埃を目眩ましに跳んでいたやらない夫は、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                    ____
                            _.. -‐''" ̄゛   ゙゙̄''ー、、
                         _..-'"゛ ._,,...... ..,,、        ゙''、
                         _ / ._..-''"゛     .`'、        \
                    ,/゛_ /                  /ヘ、     l,
                  / _/´                 /::::::r'     _  __
                / ,/                   {_::::/     /:/ /:r'
              ,/./                      //     〈;;/ /:::i             /ヽ
               ,/,/                  .    //     r':ヽ /:::::l           ./::::::::|
             /,/                       //      7:/ `ヽ'           /::::::/
         /./                    .    /::l     /:/   ,._           .i::::/
       /,./                           l::::l     /:/   r'::ノ r'ヽ       ./::/
               _γ⌒ー^= _   r'//)    .   j::::l     /:::l   l::i  /::/        i::/
    , - ァ‐、―-  __/`、  \  `ヽ、////       .   /::::::l     l::::::l   L:j 「:ン;へ     ./::l
  /  ) |●, 'ヽ 、  `Y  `ー-一<ノ_ノ \.(っ        |::::::::l   .ヽ/     _/:/   .ヽ/
  |    ;ニ、‐< .7   l 〃      ヽ、   ヽ 、_ ,、  ヽ::/          ヽー '     ,ィヘ
  |   ) |● 、ノ ′  l            ヽ~'  〉  ̄``                         ヽ/
  \   ー'         ノ         /   / Y  /                  !
    `ー -―‐ <¨´   ー- _  _. /   // }  /                !
          ` 、 〃     ,r‐-ヘ=、./l! / /  /                !
 _______、 ̄` ーγ´  , ,. ‐′=´/ ,′/                   l`¨ ー- .,
 ` ‐-  ____ 二ニニ=/ /ノ〈〈〈〈    Z;ー‐  /                 / Y⌒ ̄ =-,,
          ̄ ̄ ̄¨¨ム/ ̄ ー!_!_! \/に_ /                 l`ヽ、  //////ヲュ、
                 '/             /                  l゙    `ー∨//////ヲ7ュ,
               ̄           /                  !        \////////心
                             /                     l        \///////∧
                         /                   /          ∨//////∧
                        /                   ,!              ∨///////!        .:
                       /                   l               \//////|       .’  ,
                                                           \////       /   ′
                                                             `¨´     ノし/
                                                                }  て__,
                                                                  _ノ  √ ̄
                                                             ,.。-一…´¨ (⌒ヾ
                                                            ⌒'Y'⌒乂ゞ`  `\
                                                              |

371 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:57:37 ID:s/0d74MR
一411.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  背後から神速の突きを放とうと、ラオウの後方に着地するのと同時に
  剣技の始動に入った。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                  / ̄ ̄\
                 二二二二二≧        |\     /\     / |   //  /
                ( ●)( ●)   |      _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
               , - 、 (__人__)     |       \                     /
          ∠二_ヽヽ(,`⌒ ´     |       ∠   ここだ!牙と―――      >
         l´>,へ`lヘ {        |       /_                 _ \
        ,/ /:::.::|ラ, \{      ..:/⌒ヽ.      ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
       /  ./:.::.::.|   ヘ`ー      |    \ _--..,  //   |/     \/     \|_
     /;  ヽ¨゙゛'' ―- ...、、  _______,⊥ -ー"´´     `'‐ゝ
    ./::::::':;..  !、        ̄           ≡三  ⌒\
    /'::;:::::::::::'::,l! \              ....._≡三三,r'   ミミ\.
   ;!  '::;::::::::::::l:.:.:....゛'''‐- ...___.... -ー \ : : : : :/    三三ン―- 、
   l.   ''::;;/\:.::.:..:.:.i!             } : : :/    .三、 r`    !、
    |:.:..  /   \:::.:.:.:!            l: :/     /  ゙,     ゛''‐-、
   :!::::./      . \::゙:、 .  ______、,,r'/      /: : : : : :|    :ll     ゙i
    ゙く          ゝ ゙ :  ̄  : : : : : : :/     / : : : : : : :!      l|l    ヘ
  .   ` 、     /       ー-----/     /:: : : : : : : : :|    ,r'',    | |
        `゙ ‐ /             /     /: : : : : : : : : : :l    | : :',.    !  ゙i
                      /     /  ̄゛'' ―- ..._l    |: : :l   |




――――――――
  しかし―――
――――――――

372 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:58:06 ID:s/0d74MR
一412.



                 从 从,、、、、、,,
              j,、-''~~iiiiー'~;;""""'''~''-、
         从,,从、r"iiii、、;;;;''"~'-、,, ,,、 '~~~iiiii,,
         ,r'~ ''ヽ 、,,:::::  ,、 '"" iiii'"'''""""'iiiii
    从,,、 ''' " '''"""  ヽ:::::'";;;;;;''" '|ii" ;;;;:::::::::" i|
   ,r''"    iiii、  ,、 "~'t ;;;;::: '' iii  :::::::::  i|
   i~ 、     ''iii"":::::::::: iii| :::::  ' ii,,,,、、、ー '' "" 't;;,
   t;;   、 ,、'ニ"サi '';;;;;;;;:  i| :::,rヽ'"~,,,,,,ヽ :::::,,,::::  t;;
   リ、,}tii、'}iii;;;::  ii ::: ::  i :::t  `'、,,,,,,、ノ  :::;;;;::,, t;;
   i、,,''';;;;t  iiii   ii :: :  リi :: ヽ, 、、、,,  '''"";;r"::::: ヽ;;
   t''~;t ヽ :::   ,i'ー--- '";;~~~;;;;~::'''''''''''t''"";;;;;;;;;;;;;  );
   r;;; ::t::~''ー-ー''";;;;;;;;;;;;;;;;、'";;"";;;;;;;;;;;;;;;;;;''"~'ー-ー '''::::::::リ;;
   i;;; | ii、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、''''''''" ;;;;;  ;;;;;;;;;;       ::::::::::j;
    i;; | i;;;~'' -―''"    ;;;;;            ii ,,iijii|;;
    i;;;; t'"" '''""             ,,,,iijji '''"iii||||""
    t;;;;,,;;''iii}}},,;;      ,,,iii|i     ''''|||iii,,iii''"     i|
     iiiiiii } iiii、、,    iii||ii}}|_|ii,,,'''';;;;''"|||iiii''"     ノ|    /;;|   ,r'|
     |iii |''''ii{{i 、,,iiiiijj,,,ii}}||i||||ii'i '''iiii|||'iii||||i||      r";i'   ,r";;;|  r";;;|
.     iii | ,, iiii、 ';;;; ;;;;|||||||||| i||||||||||| |||||| |;;     /;;;;;ヽ  ,、';;;;;;;|  |;;;;;;;|
     |ii||||| |||j  ;;iiiii}}||||||i''  "''iiiii|||| |||||| |;;;    /;;;;;;;;;;|_ ヽ;;;;;;;;;;| i;;;;;;;;;|
     |ii ||| ii''iiii ||||| ''ii||||、  i '|||| | | i||||||i;;;   //」;;;;;;;i'  i;;;;;;;;i i;;;;;;;;;|
     |ii ||从|||ii||||i  |||| |  || |||, ''i  ||||||;;;;    ヽ;;;;;;;;;|  i;;;;;;;| i;|;;;;;;;;|
     从ヽ||}} iii|||||||iii  ''';;||i  || |||iiiiiii| i|||||i;;;;    (;;;;;;;;;i、'i i;;;;;;;;;|'"|;rー''
    从,  i  ii||||||;;;; | ii ||||  |||||||||| |||||||ii;;;;;;  ,, ,r';;;;;;;;;;r'ノ;;;;;;r'" |i
    从从  :ii||:::||:|;;; | |||i;;|;;ii,, |||||||||| ||||||||i;; ,r'"";;;;;;;;;;;;;i、'''"
   从从 ,,::::::::::''''':::i||| '';;;;;|;;;iiii ,,iii||||||||||||i ,、 ';;;;;;;;、-ー|;;;;;;;;|  ,,,,,,,、 ''i
   从   :::::::::: ::  :::::|::| ;;;;i;;;;::: ||||iii'' | ,,r'";;;;;、 '", i" |;;;;;;;;|  ヽ;;;;;;;;;;;|
  从从 ::::::    ::::::::::i ||||||''i iiiiiiiii |;;;、-',,  /| i  i;;;;;;;i   i;;;;;;;;;;;;i    ,'i
 ii||| i  :::::     :::: :::i| |||||i iiiii|| /'"iiiii /;;;i ii|i| i;;;;;;;i   i;;;;;;;;;;;;|  ,、-';;|
 ;;;   ::: ::       :::::iiiiiiii||||ii||||||||||||||||||'i;;;;;;;;;|. |tt j;;;;;;;j   |/t;;;;i |;;;;;;;;;|
 ;;;;   ;;;         '':||||||||||||||||||||||||||||| |;;;;;;;;|. |;; 'i;;;;;〈     ヽ' |`;;;;;;;;;|
 ;;;;   :::          iiiii||||||||||;;;;;|ii''"  "、;;;;;;;|  |;; |;;;;;t    |'"i |;;;;;;;;;;;i  //
  ;;;;   :::::        :::::: ii||||||;;;;;;;;     |;;;;;;;ゝ,,i|;; |;/  ,,、-';;;;i, |;;r"",rー';;;i
  ;;;;;  :::::::       ::::::::::  |||||;;;;;;;;     |;;r'"iiii||;;; ||   |;;;;;;;;;;;;;| i| ,r";;;;;;;;|
   ;;;;;;;;  ;;;;;:::     :::::::::::::  ''''iiii;;;;;;;;,,ii,,,,,,|| |i'iiiiiiiiii''" '''   |;;;;;;;;;;;;t  |;;;;;;;;;;;|
   t;;;;;;;  ;;;;;;;; ;;;:::::::::::::::::::''    ''' '''ii||、|||||、 i |||jj"      |;;;;;、ー"''  |;;;;;;;;;;;|
    ヽ、;; :::::  ;;;;;;;;;;::::::::::::  :  ,,,,,  ,,,,,, ,,,,, i ||'       |/'     |;;;;;;、ノ
.      | ::::::::   ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;::::;;;;;;ii|              |;r"
.      i  :::::::::::::   ;;;;;;;;::::::::::::::::::::;;;;;;;;;'''"  ;;;;|||,             |i
      t;; ::::::::::::::   :::::::::: ;;;;;;;;;;;;;;;;::::     iij}}}        ,,、 、,,,、j ,  、
       t;;; :::::::::: :  ::::::::::  {;;;;:::::::::::::      ;;;;|     ,,r'(v" '"  '"" "''"'j-  ー'          て
       t;;;;  :::::  ::::::::::  ii、::::::::::       iiリー、,   i、t vii            )           (
        t;;;;;;  :::  :::::::::: iiii::::::::::        ii}  ヽ, ( 从 ,,!!ヽiii,,,,,、z、      ヽ    昇     (
        t;;;;     ::::::::::: iii:::::::::::::       ijj  tt从ソ  リiハii ,,r,、-,,,"''''',,""   )    ・    . |
        ::|::;;;; :::::::::::::::::::::::::::iit:::::::::::::::     iii   ミ,/ i" i::リ}},,;;;;'-、ー'''"ラー   )    龍     |
       :::::;i;;;;;;;  ::::::::::::::::::::::::iit::::::::::::: :::::   ,iii|   、,i j't-,i、iyiiYー|;;/7 辷ー   |    ・     (
.       ヽ::;;;;;      :::::::::::::::iit:::::::::::::: :::::::  }}   :: |,リ ~'´'-)≧;r'旡-、,z,,之    |     拳     |
       ヽ:::;;;;      :::: :: :::::::::t::::::::;;;;;;;:::::::iii  彡 ::リ;;| :::::r'",, ,r;;;"`'''" `'ii    ./     //     |
       ヽヽ ;;    ::::::::::::::: ;;;;;:::::t::::::::;;;;;;::::::   彡彡i''| ::::'、;;;、);;      ツ,/r  ノ     ・・      /
        ヽヽ  :::::::::::::::::::::::: t;;;;、,;;i:::::::;;;;;;::::::::  ,,,イ''''" | |~'=ニ、,   ::""リ "ニ  ´ゝ..ィ'!ヽ  /`Y´
         ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;i} ''' 、;;}}} }i、  ;;;;;;;;iiii| i ~''''''''〉  ''""j'-、、、       )/
          :::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ii;;;リ    "' """ "フ;;;;;;i '、ェ、 ,,ノ    ,ソ彡 ,,
           ;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ii;;;i,         ii}}};;;i ~''-、"   ,,、- '";;;;彡}}}
             ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::ii t     ,    iiリ;;~'' 、;;,、- ''":::'" iii}"  iiiii
              ;;;;;;;;;;;;::::::::::r"';;;      |    iii iiヽiii;;;;;;;::''",,,、'" ,、''
                ::::::::::::::i   ;; ’   |  、   } ''}}|  ,,rノ  ,,"iij}、
                |~::''::、;;|   ;;  ヽ  iヽ、,,j、  ''iii、、 ,、-'"ー、,''"  ''jj,,,,,,,,,,
                i:::::::::::::|      ヽ''|:::::::::::ヽ" "'''iii{{ii、、,,,  ~~~~''''''''"""
.                it:::::::::::i    ~' 、y:::::::::::::::::::ヽ、iiii''" 、       ii
                 t ' 、:::::t   、, t::::::::::::::::`'';;;;ii{{::::::::::::~'' ー- 、   ヽ、、,,
                 t  ~' ii    ~i'''"`::::::::::::,,,;;リ:::::::::::::::::::::::::::、,,,,~''    "
                  ヽ  ::tiii  ヽ<::::::::::::::::::`''y::::::::::::::::::::::::::::::\
                   ヽ :::iiiii   ~'、:::::::::ヽ;;;;ii:::、::::::::::::::::::::'-、""ヽ

374 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:58:35 ID:s/0d74MR
一413.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  無準備と言うわけには行かなかったせいで、迎撃に父が放った体術技に巻き込まれてしまい、
  力負けして天高く弾き飛ばされてしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



\_人_人∧从_人_∧_人_从_//
 )                  >
<     ぐはっ!!      >
 <                 (
 /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^


      \\/⌒)             | || !| |
\\   、,、-'  /            | || || | !   ./
  _,、-'     (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
( ̄_        ヽ、             | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.  ̄ ~¨'' 、       ヽ、,_            || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
     ヽ、    _,、―--、,__)       ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\  .ヽ  /    \ \\    || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \  / .f |      \      ! | || | /    /   / /   /
      し   ヽ      ノ     | |  !  !    /   / /   /
         .   \_,、-'´ .\    !   !    ./   / /   /
      \\      ¨¨・・,    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \     ;,     し'/      ./μM/ / // // /
                           て_         ./M//M// /
                         て                / /
                        ~               /M/




375 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:59:14 ID:s/0d74MR
一414.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  素早く飛び起きて剣を構えたが、
  用意してあった連続攻撃が上手くいかなかったのでまた考え直しだな、と中断した時だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉   「くっそ………」
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     / ハアッハアッハアッ
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,    |   くすくす………  |
                                     乂________ ノ



                                        ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                        / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                       i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                       ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                      .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                       li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
                                       ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                                       ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                「また、負けちゃった?」          !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                       ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                       //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                      / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                                    / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                  / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                                 /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                                ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、



――――――――――――――――――――――――――――
  いつの間に起き出して来たのだろうか、
  完全装備の雪華綺晶が残念だったね、と声を掛けてくる。
――――――――――――――――――――――――――――


376 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:00:07 ID:s/0d74MR
一415.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  さすが、影剣闘をしている時は周りに目が行かないので
  観客が居た事に気がつかなかったやらない夫は、
  無様に弾き飛ばされた所を見られたと知って恥ずかしくなり、顔を手で覆ってしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |    「また未熟な所を見られた………」
  l レ ./..ノ .,''´} i
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |



                                    ヾ       _ _ _          /ゝ
                                    ノ } , - ' ´      ̄`ヽ      <'´r‐'    ,
                                 /入y'´              ` ー 、_≧彡>┐、/ V}
                                /≧/     /               ヾ廴{i}.」ヾil´"
                                V /     ./i  i               ト=イ´  ト
                                /./      / .l  l     i        i { r‐'´   i i
                                Ⅵ     /  l  l     l        l ゞ、      il l
                               /  i _  .i  l  l  i   ハ  .|   :i    | i      ハヘ
  「とんでもない。                      i   { ゝ、_ |   l  l  l  _ヘ. l  .l    | l      i l ヘ
  凄い実力者だと思うよ、君は」     .      {   l   ./ ハ  l  l 升´  i ヽi  /    / il      V.ハ
                                |  .l  /.// >┐_ハ i .lハ  il  \/     Y/      i ハ
  おかしかったのは、                 K  l  .K<イ- 、 } ゝハヾハ_ ilヾ 人   //       i . |   .ヘ
  想像上の攻撃を受けた時に            /V ハ  ト/ <=_ノ/K   -===、i / / ./イil .      l ∧    }
  わざわざ自分から飛び上がった所かな」    / i ハ  Ⅶミ_,ィ┘ ,    ""  ././i イi i.      |   V  ノ
                             /  .l   ゝ ミ  ノ/        /ィ // |.l |.       l   レ'´
                         .   /   i  Kハハ \{<  ー -   -=彡 .//  Ⅶ.      i   i
                            i     //  V /.\.         イ.┤/.ハ  i       l.    |
                            l/    //    /__.≧、_  < ヽ il\─ 、 l       |.    |
                            /    // i ̄ ̄\  i}=v| ̄ ̄  /_ ─<       ヾ    ハ
                           ./.     レ/'´\    > V / /  Ⅶ⌒/ .ハ           i
                           i.    //人_ \-<_ ∧./ \_/  /  /  ` ヽ     i .、 _  l
                           |    //  ヽ  ̄ >//    // .   /  /   <´⌒ヽ   |    |
                           |  ノ.ハ  /   ゝ升、___升≦ ̄ ̄/∧__ >   \ .l .    ',



――――――――――――――――――――――――――――
  もちろんその必要はないよ、と彼女は微笑んで未熟を否定し、
――――――――――――――――――――――――――――

377 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:01:07 ID:s/0d74MR
一416.
―――――――――――――――――――――――――
  そこは確かに、と納得がいった彼は
  腕を組んでちょっとだけ言い訳めいた事を口にした。
―――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)     「あーーー………
  |     ` ⌒´ノ     夢中になってるとつい、な」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろんそれも超集中の裏返しである事を雪華綺晶は知っているので
  分かってるよ、と頷いてやり、
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                                    、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
                                      l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
                                    .  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
                                    . 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
                                     f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
                                     ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
             「見てて迫真だし、            .  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
             それだけ集中してるって事だよね。    \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ
                                       ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ
              それよりも―――」              /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
                                     / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
                                    .   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
                                     /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
                                    . i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
                                     i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
                                     l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
                                     l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l


379 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:02:07 ID:s/0d74MR
一417.
―――――――――――――――――――――――――――――
  何よりも気になっていた事について、真っ赤になりながら尋ねる。
―――――――――――――――――――――――――――――



                                           .ノ     _ , _`´ヽ ,、 , - 、
                                         _ _ |_ , - ´    ̄` >(x )_,,- ヾ、
                                        /ノ|l /_`      ̄/=|l `| 、 |`、
                                       /_ /ソヘ,   , ,   、  \ ソ|.| | | .|
                                      .| |l /|/  |  | | 、 ヾ\ `y ハ|  |、
                                     ノ|  |ヽ|  .|  .| |  ヽ \| / / |l 、ヾ`、
                                     /./   ) ヽ |l| | ソ .|ハ .|___.ソ | .八 \\)
        「バンダナ。                     / ||l   ノ |l |  | |ヘ、,ソレヾ__ _ヾ| .| /  ノヾ、\ヽ
        ………早速使ってくれてるんだ?」      .|  |l   ||/ || /テアヽ `´ イ::..::ハ |l  | || 人 ) |lノ
                                    |  |lソ /  /、 >=刻ソ   弋;;ソ .|  .| | |l |レ
                                    ` /  |  |l>ー、 xxx     xxx/ハ  |l ヾ|l +|
                                     /   ヽ、 ハソ , >、._.` ´  i´てノ、 |   \ |
                                    //  |  |ゞ、 Y、ヽ、<ヽ ` ´<>)⌒( ヾ .ト 、   \
                                   l| | | .|  \ソ=<ソ`ア<,  >  及| |ヾ    ヽ、
                                    |ゞ、\ |l   y ̄` -=-, 、_ , 、ノー´ ノ |l  |ヽ   |ヽ



         / ̄ ̄\
      ミ≦二二二二二
       |    (⌒ )(⌒)       「凄い気に入ったよ、
      . |   ///(__人__)        汗が全然目に入らないし………
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }        その、ずっと装備していたいと思う」
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、          ┌──────────────────┐
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、     │  頭装備:雪華綺晶のバンダナ     .....│
  /     /  |  /\  / /    / ヽ      │  (特殊効果:集中力・士気の上昇)   ....│
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}      └──────────────────┘
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



―――――――――――――――――――――――――――――――
  頷いたやらない夫も自然に頬が赤くなった。

  先ほどの訓練ではあれほど動き回ったにも関わらず
  全く汗に悩まされる事は無かったぐらいに物理的効能は高いし、
  言葉に出して言うのは恥ずかしいが―――

  何よりも装備しているだけで集中が高まり、気持ちが温かくなるのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――

┌────────────────────────────┐
│【作者欄外コメント】                             │
│以降、やらない夫は風呂と寝ている時以外、               │
│明示されない限りは基本バンダナを装備したままとなります。    │
│AA的に見えていない時もあるかも知れませんが装備中です。   ..│
└────────────────────────────┘

380 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:03:06 ID:s/0d74MR
一418.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  後は魔法効果のある小物を仕込んでおけば、これ以上ない頭防具になるだろう。
  彼が喜んでいるようなので、バンダナを送った本人も嬉しくなって胸の前で掌を合わせ、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                            , へrァォ7フx- ´  ̄ - 、
                                          /  イゞン7ハ__         ヽrァ7、__
                                        /   i ゞアン'ー,          vシ}  、
                                       i    ト、   //  , /      ド'   i
                                       |     |  、 /./ /, //, /|//  .|  ドミ、  |
     「嬉しいな。                           |,ノ ,  .|  V /////r'/ //| | | | \ .|
     ………ね、私と試合をしてみない?」           //   |   }|rァォメヾ/ノ //-ト|、| /ト、ヽ ` 、
                                     //   , '  / トK乃ッリ)   ,r=ォx'ノイ |  ハ   )
                                   //   /,'/ゝi トゞアンツ    J | ノ/.| |/ 人メ、
     (見た感じ君は、                    /   / ,','   .,|  \wx.   , じ' / .| |, イ/\  、
    剣士と殆ど変わらない戦い方だけど―――)    ///ヽ.//  ,ヘゝ 、  \ 、_ , w イ/| |  |   \ \
                                   . (/  // 、ノ ̄ へ⌒ヽ、 )_r 、_ ィヘ ノノ |,  ゝ、   ) .)
                                   ヘ \   | |  )\    \_ソ/ミ,| i / / (/ノ   \/ /
                                    \ \ノノ/ く´ _ ., …´/  .} !/ /,/ , ヘ\.  / /
                                      ) Y  , イニ____,ノ   ノ ,'  ' _,∠_ヽ,/ /  \
                                     ,/  / /  |  しー   /     ,ー-='(  (      )
                                   / , イ  i    、 `ヽ⌒ 、r^丶    ノ /  / ,\ \  /
                                    /  \ ` 、 ゝ ノ  イ    ゝ'^y  //  )  )'



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それから、気になる事があったので試合を申し込んだ。

  やらない夫が多技術使いなのは見て分かる。
  おそらく剣術、理力魔法の他に少なくとも体術も通じているはずだが―――
  魔法を活かした戦い方をしていないのだ。

  先程の分身から牙突までの流れ、自分だったら理力魔法を使って
  着地までの時間の短縮と姿勢の制御を行い、相手に迎撃の余裕を与えないだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

381 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:04:06 ID:s/0d74MR
一419.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  こう見えても結構できるのよ、と自信ありげな彼女がもちろん
  かなりの腕前である事は予想がついていたやらない夫は良いよ、と了承したのだが。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      / ̄ ̄\
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
    .( ●)( ●)  ..| / |
    (__人__)     .|./   /
     i⌒ ´ .r-、  |/  /   「良いよ。
     {     ヽ, ',. .,/ :/',     でも、そのレイピアじゃ危ないな、
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',    刃が欠けるか最悪折れちまう」
      .ヽ . |   / , --'i|
      /   {  V , --ヘ
      |   ヽ  L| r= |



                                                  ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                                 {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                               /./       辷ニソ
                                              / /   l  l l  l (( \
                                                / / l  l| /i| i| i| | | l \
                                .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
             「え?                            /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
              一応、ミスリルの魔剣だよ?」 .           /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
                                            /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
                                .           /  /   / ノ八  _     / /  i!
                                          /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                          .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                           i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                         / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                       / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                       i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                       // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                                      /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  代わりか訓練刀は持っているか、と
  自分の腰のレイピアを指さした理由が分からなくて、
  そう簡単に折れる物じゃないよ、と知らないはずのない彼に反論すると。
―――――――――――――――――――――――――――――――――


382 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:05:07 ID:s/0d74MR
一420.
―――――――――――――――――――――――――
  持っていたバスタード・ソードを背中の鞘に戻した彼が
  ホールディング・バッグの中に手を突っ込むので、
―――――――――――――――――――――――――



            ,, -─- 、._ 〃"
        "ミ /      ヽ     
           |  ⌒ ⌒  ヽ
           | (●)(●)  |   「じゃあ、俺は訓練刀を使うか」
          |  (__人__)  |
          ヽ  `⌒´   ノ
          /        ヽヽ, ) )"
      "( ( ( ヽ     /./
          \ \ ゛//
          / / ヽ \   ゴソゴソ
          |       |
          ヽ___/



                                       ___      ______     ))
                                 _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
                               / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
                        .       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
                              / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
                        .     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
                             ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
   「どうせ私じゃ君には適わないよ。     〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
                             , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
    そんな嫌味をしなくても、            ハ i {   il| l| l |, =彳|! l|、、i⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′
    手加減してくれればいいじゃない」    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!
                        .  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //
                        / /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
                        . /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .  ///// / }ハ ハ  ' |
                         ′ (     } / // ∧ ((           イ イ '、ハ l  !
                              ヽ  / /  {   /  > 、  -‐(   イ ノ/,小、 \j l  、
                              丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \



―――――――――――――――――――――――――――
  単純に腕の差と誤解した雪華綺晶は
  そんなあからさまな真似をしなくても、とふくれっ面になった。
―――――――――――――――――――――――――――

383 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:06:06 ID:s/0d74MR
一421.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  可愛らしくもあるその様子に、ちょっと焦った様子のやらない夫は
  決して君の腕を馬鹿にしている訳じゃないともう一度レイピアを指さしたが、
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .| u ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/     「そ、そんなつもりじゃないんだよっ。
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/       その………せっかくの剣を壊したくないだろ?」
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



                                .,  -‐‐   / /> ヘ  \     ┛┗
                       ))   , -'  ´ -‐    ‐- 、 ゞヘ_ソ_/   l  ┓┏
                      r-))-ノ、/ /       l    \ (( _i    !
                     / { トコ} /          l     ヘ  l.   l
                    /  i-イ 7/ i i  ヘ  i ヘ  l   l l  l  !   \_
                    ヘ   i  l ! l l   :ヘ  i ヽ  lヽ ,_! l  l  ヘ    i
                     }  l l  l l i    ヽ l  ヽ,.イ´i ;l l l  l  \   l
                     7  l  l l  l ヘ  )) \ァイ´ lrェェlュl    l   ヘ l
 「だーかーらー。         /   i!  l l  _..r-、((  \r  イ::fj:::::   l    l  l
                    {  /  / i l { /r-\ }    込zzノ i   l    ヘ,
  ミスリルの魔剣だってば」    !  l  i  \! f i_トー} )-i        l    l      l
                    \  l l    i--=、___ノ '  ___     }   l      l
                      l   l    l  ))     '´ ´   /-!  l __     l
                     l   l     l   ` ‐--___  イノ /____ j l  \_   `
                     {   l         `''' }  ノ __r-ト---、   \
                      \ l     r-_--i _ノ-イll><l l   (_
                        i へ,   / l  ̄コ    ll><l l    /
                       {  r、/ / r-l   ニト.  r-i i--i i-}⌒{_
                        ∨ l l  マ---i ilノ--<  --    7  )



――――――――――――――――――――――――――――――――
  硬質化の魔法は付加されていない物の、レッサー・ドラゴンの鱗とだって
  互角に渡り合えるはずの剣の柄を握りしめた彼女はやはり、
  納得がいかない様子だ。
――――――――――――――――――――――――――――――――

384 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:07:07 ID:s/0d74MR
一422.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  自分の剣の詳細を説明していない分、その反応も当然かも知れない。

  そう思ったやらない夫はだったら実際に見せれば良いか、と
  道具入れに突っ込んでいた手で予備の魔剣を取り出して鞘から抜くと、
―――――――――――――――――――――――――――――――



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)       「えっと、じゃあ
   |     `⌒´ノ        百聞は一見にしかずって事で………」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



――――――――――――――――――――――
  地面の固そうな所を選んで深々と突き刺した。
――――――――――――――――――――――



                           r===く,
                           ゝ'ー彳
                           ヽ─く
                          ム___ゝ
                           |   |
                           |   |
                           |   |
                           |   |
                           |   |
                        _、-‐‐'´ ̄ ̄`ー─-、
                      / tニニニニニニニユ \
                     //〇r<´T 二二二イ⌒ヽ〇)
                    ヽヽ-┘  ̄| |  | ||   `‐'
                         ̄く┬-、_| |  | ||
                           .| ト、. |//!
                           | ト、ヽ!/||
                           | ト、ヽi/ ||
                           | ト、ヽ|/ ||
                           | | ヽ、レ' ||
                           | |  .Y ||
                           | |  |  ||  ザクッ
                           | |  |  ||
                           | | /,|ヽ,|||
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
///////////////////////////////////

4 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:08:15 ID:s/0d74MR
一423.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  無論、彼が何をしようとしているのか、想像も出来なかった雪華綺晶はただ、
  複数の魔剣を所持している彼の裕福さに驚くばかりで、
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                            __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
                          ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
                            l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
                    .       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
                          /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
     「やらない夫?」       .     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
                        /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
                    .    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
    (これも魔剣だね。         l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
    二千枚はするかな………)   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
                        ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
                        ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
                      //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
                    ,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
                     /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
                     {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      「まあまあ。
. |     (__人__)       ちょっと下がって」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄



―――――――――――――――――
  指示に従って数歩、後ろに下がる。
―――――――――――――――――

5 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:09:10 ID:s/0d74MR
一424.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  地面の剣と対峙したまま、背中の剣を抜いたやらない夫が確認するように振り返っても、
  まだ―――何をするのかが分からない。

  いやむしろ、分かった気がするのだが頭がそれを拒んでいる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                   「じゃあ、見てろよ?」

                                                  ,ヽ、 ノ
                                                .  (● ●)|
                                                .  | (_人_) |
                                                .  ヽ   ノ
                                                 ,=,-|  ̄ll~|- 、
                                                 !::i ..:::。 ..::i::.. ヽ
                                                 i ::!::...。 ..:::::ヽ::.
                              V                  ハ::!〉::。.. .::::〈 ソ:::
                              ||                  /.:::/i:: ,i:. . ..:::/.:::/
                                  へ||                ,'、_:/ ノ:/:|::: _'テ`ン´
                               \\             ∠ ' ._',,-、! /:/::: i ..:: ̄i
                                |_|               `〉、\ノ::/.!.::: | . ...:::l
                                | |              〈/. ´::::ノ .| :::.i| . .::::::|
         (( ____ ))                 | |             .// .ヽ.i´ー-.l...:::l|.r―-ゝ
       _√ィ´    ` ヽ\           ̄ ̄ ̄ ̄           .//.       |:: .:l  i. ::::!
      ,イ / ,' l  |   } ト、                          .//         l..::::|  .l: ..::|
      j / ,  |  !  / | !                        //       !:::::.!   !...:::l、
      / ,' /   |  ハ   { 〈 /                        //       _ノ`ヽ!  !`ー'、
      | { /ト、 ノ、/  ,イ   ,ヘ                     //       ー '´   ``ー-'
      ', ∨ l }丶 l|   {'  ∧ヽ、                    //
     ハ i! ∨ _ノ   ヽ  j! \丶                    |/
    ./ l|  |  ヘ    l|ノ   jl }
   / 彳  ゝ  i   /ト、  ハソ
    { 〃 !   《 ヽ ム  j i| ヽ/  \
   \ヽ/   l|    } / リ   l|    }
     ヽ\  //  l! /  '   ハ    ノ    「え―――?」
    /}_」ハ/ ヽ  {ト、    }∧  jヽ、
    !///ハ }  ノ ヽ  イ/ '. /  |
    / ./  l| ∨ l|    Y  ソ  '/  i!
--イ   / ノ  ヘ ハ   /  i!ヘ  l|   リ
_ -‐ ′(     '人i  j  '  \i!  /|
     \i    〃  '  ,'      l ∧{
       }   ノ!   l|  \    ,' ' ト、
      ゝ、 l|  ハ    ,' .ノリ\ノ j
        レ'仆、/ヘ从ノ\l!ソレ′
        |   / ヘ- =∨ { \
        |ミ≡彳  《彳 Y' \ `ー 、_
        |    !  j|   |   ゝ- 、
        !    |  l|   j       ̄




6 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:10:11 ID:s/0d74MR
一425.
―――――――――――――――――――――――――
  立ち尽くす雪華綺晶の前で、
  深くは考えなかったやらない夫は集中を高め、そして。
―――――――――――――――――――――――――



                         __
                    /    \
                      |二二二二|
                      |( ●) (●)|
                    _| (__人__) |       「せーの………」
                ,-ヽ、ヽ `⌒´ />..、
                   r ´::::::,::-ヽlゝ  /ゝl:::::::`>、
.                /:::::::::::\::::∧ ∧ /ヽ|::::::::::::l
            / ::::::::::: 「´:::::/∨ `|:::<゙:::::::::::::\
           /:::::::::,/| ::| ::::/ //  |::::::/:::::::,、::::::::::\
           /:::::::::/   | ::|:::/ . |.| /|::::/::::::/ .\:::::::::\
.       /:::::::::/   /::::|/  |.| /|::/ :::: |     \:::::::::\
.       /:::::::::/     | :::/`  |.|   |/ :::::: |      \:::::::::\
    /:::::::::/    /´:::/    |.|   |::::::::::∧      \:::::::::\
.  /彡\ /     /:::::::::/:l.     |.|   |::::::::::::∧       \::/ ゝ、
  (/\)/      /::::::::::::/ ::|   // . ∠|::::::::::::::∧        | l, , , , |
  /ヽ/゙´     |:::::::::::/ ̄|    .|.| ―‐|::::::::::::::::∧        `' ̄ ̄
. / /        |::::::::/   〈   二|.|二´ ∨:::::::::::::::`\
/ /         .∨ /   ∠、_/l\__∨:::::::::/ ̄
 /         ∨   /::.::::::::::::::リ:::::::::::::::∨/
./              /:::::::.:::::::::::/∨::.:::::::::::::∧
                 /:::::::::::::::::::/  ∨:::::.:::::::::∧
             /::::.::::::::::::::/   ∨::::::.:::::::∧
               /:::.:::::::::::::::/      ∨::::::::.:::::∧

7 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:11:06 ID:s/0d74MR
一426.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  結果として、余りにも常識外れの為に制止が遅れた。

  まさか、と声を出したのとほぼ同時、
  気合いと共に振り下ろされたバスタード・ソードは地面の魔剣を粉砕して、
  そのまま通り過ぎてしまったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  え、ちょ………!  |
乂_________ ノ
                                    \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                                     )                  >
                                    <   はああっ!!!     >
                                     <                 (
                                     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
                                 __,ィァ..,─、   ./::\ィヘ ,,
               r===く,      .        Ⅴ:::/ ./::::::」,.-、|:::::_/.|::::〉
               ゝ'ー彳              /:::::〉 レ'´ ー'.レ'_,.ィ ̄ ",勹
               ヽ─く       .      f::::::レ<´|.   _/:::::/;; _」:::::二>
              ム___ゝ        ,イ _」::::::::_;>‐'_/:::_::::::::|./´:::::_:::「
               |   |      .  /::'<:::_::::::Г __ .「:::::/ .|:::: l.レ'./:/|:::|
               |   |       /:::::_;.匕..|:::::| .「::::|レ'´  ._」:::::{ /:/ .|:/
               |   |      . レ'´ /::::| |:::::| .|:::/  ./::::_/ .レ′.´
               |   |      .   /::::: | |::::::〉レ′_/:: /
               |   |         |:::/ |:::/   f:::::/
           i _、-‐‐'´ ̄ ̄`ー─-、    レ′  l/    .|/〃
            / tニニニニニニニユ \               _,,.... -ーー'''_,゙゙二―ー'''''"`"` ̄ ̄
         //〇r<´T 二二二イ⌒ヽ〇)       _,,.. -ー'''",゙,,,.. -ー'''"
         ヽヽ-┘  ̄| |  | ||   `‐'  _,, -''''"´_,,.. -‐''''"゛
.           ̄く┬-、_| |  | ||!!,_,, ‐''"  _,, -''''"
            ヽi };i|! :| ; _.. ‐'"゛  .,.. ‐''″
     、         ヽ`ヾ,..-'"   _..-'"゛/
      .\      /    ,, .'"  /
     `ヽ; ヽ ヽ . /     /   : / /  /
        >、ミ、≧l゙     l   ;'  ,’.//
         >ヽゞ.l,     \、   イ <
            \,      `''ー- .,,_
              `'-、,           `゙゙'━== ....,,,,__
               | ト`''ー ..,、              ̄ ゙゙゙̄'''''''''¬――+―-------------------------―‐
               | ト、ヽ|/ ||`゙'''ー-..,,,_
               | | ヽ、レ' ||      `゙゙"''―- ....,,__
               | |  .Y ||                ゙゙゙゙̄"''''''――-............,,,,,,,,___
               | |  |  ||                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               | |  |  ||
               | | /,|ヽ,|||
―――――――――――――――――――――――――――
///////////////////////////



9 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:12:06 ID:s/0d74MR
一427.
――――――――――――――――――――――――――――
  早朝の庭園に、驚きと悲しみの入り交じった大声が響き渡る。
――――――――――――――――――――――――――――



          ∠乂ニヅ´             ヽ、_((_
           /{{  (( /               ∨辷ヘY `丶
         ′ / )) ′  .′!    l |  `   弋ニツ` ヽ ヽ
        /  / / / ! |  | l| i l |l | !   l|  | ))ヽ  |  |
       ./  / ,   ′!  )) | l| i l |l | !   l|  | ((  l  !   |
      /  / /   l! | |{{ | l| i l |l | !   l|  |   il  l   |       |\     /\     / |   //  /
.     /  / /    ! ⌒\ト| l| i l |l l /⌒l|  |   il  |   |     _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
     ′ ,'  l  |  l|ィセニミベ}从八|ノ|lィ彡=ミ l|  |   il  l  |     \                     /
    /  /  Ⅳ八从K( くノ 》       { ! } 》lN从   i  |   |     ∠     あーーーーっ!!     >
.   /   '     l   !ゝ二_ツ         :.=' 彡i|   !   :.  i   i     /_                 _ \
   ′ /    ノ  ∧ ((     .:i          l   i    l  l   |      ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  /  /   /   / ∧ ))             ハ  !   .|  l   |       //   |/     \/     \|
  ,'  /   / , 〃 / i、     r―‐ュ      イ i |    {  ヽ ヽ
ノ  ノl   ,'  i /  /  l| ヽ    ` ̄    /_ ! i 八   丶  \
{ / l!   i  l./  /   i _{> 、     ィヘ /.i  ゞ ヽ
i,/  ノ  /( 〃 ノ    .i ト、` ̄} r'⌒ーレ7 イ ハ     \   ヽ
′    /  ゞ  (r‐、  / ノ  ̄不´>   / 〈  ヽ     ヽ
 / / √~ ゙̄ ̄’   ̄ ̄ `  {「ヽ√     `ー 、_, ,..-―‐¬,
 /  く,               ノリ       __  `´  7'" ̄
 r――く入  /⌒ヽ     /ヾ           ゙ー~ュ/`


19 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/05 22:16:46 ID:Z1uTNIAL
>>9
エルがここにいなくて良かったw

21 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/05 22:17:18 ID:Inox7V1n
>>19
キレてるな確実にw

10 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:13:06 ID:s/0d74MR
一428.
―――――――――――――――――――――――――
  目を大きく見開き、信じられないと呟いた雪華綺晶は
  一目散に折れてしまった魔剣に走り寄ると、
―――――――――――――――――――――――――



                       i     ;        /
                        l       ;       /
                    l     ,'      /     ,..、、
                     |    ,'       /ー- 、. -=― .、ヽ
                     l.    ,′     /       ,: ゙i|
                   i    i    /ヾ:     ,,.:'  |l
                    ,! ,  !、   ' ノ,' __  '"_,_;_,..-',イ
                        ,'   |`ー--‐"'''´    ̄i`- '" l
                  /     |             l     ,!
                    r'´ ̄`ヽ、!           ゙、   /
                  ,'      |            `''''"
                 ,'     ,:'
                   /     /
               /     ,,.:' /
              、-゙''   '''" /             _
        ,:''⌒``'''<゙ヽ、、    '{             /:::7 _
          !,. - 、    \ヽ、` 、.,!            /::::/_r':::| / ̄|
        ゙ヽ、  ` ‐ 、...ヽ、_``'く           /:::::::::::::::::::|/::::::::|
          ``''‐- 、_ `` ``r'′          ::::::::r-、:::::j |::::::::|
               `丶、ノ             ::::::/─::::/ |:::::/_
                               ::::/ヾ-::::| |://:::|
                               _/  |::::|.  └┘
                                  |::::|     _
                                  .|:::::|   /| |:::::}    ,,-┐
                                  |:::::」  |:::| |::/_   |::::::|
                                  |/   L:ノ /:::|  |::::::|
                                         |:::/  |::::::|
                                         |/   |:::::/
                                            .|:::/
                                            |/,-┐
                                             |::::|
                                              ̄

12 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:14:06 ID:s/0d74MR
一429.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分が―――
  自分だけではない、剣士であれば皆夢見て憧れる、
  されど多くの者にとっては手が届かない存在であったはずのそれの前に、
  ぺたんと座り込んでしまった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



      ,─-、,. ─-、r'f__
       /  y     :.  ハ
      }  .:        i   /
      | .:i      |:  .′   「あ………
     / ,;: 、      :i:. i     ああああ………」
    ./  .;i ヾ   /, .:l: |
    l   .:;| `  / " .:l: ∧
    |   .::! .     :|:.  iヽ
    7  :|  i:      :|::  | 〉
    ゞ:.  |:.        ム  { ヽ       _ _
     ∧ 》:.       i::  ノ;.∧.        |  |
     /.::| /.::.        }:, ( i : ヽ   __|_|__
    ./.:::/'.::.:.         ゞ:..)| i、_>  ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
   l::. )!::..        )ノ::|.ハ
    !:::.、   :    /.:ノ, .′
    ::::::..ゞ..,,   ,.;: ´ 人 :i  ペタン…
    i::.:.. .   ¨    ; ノ::::∨
    ∨.:::l、, / ,;ル/:::::::::
     `ヾ.// イ::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::
  :::::::::::::



                                     / ̄ ̄\
                                    / _ノ  ヽ、.\
    「この通り、このバスタード・ソードだと、       |  (●)(●) .|
    硬質化されてないと角度によっては折れるんだ」 ..!  (__人__)  |
                                   , っ  `⌒´   |
    (あれ、                             / ミ)      /
     なんか別のことに驚いてる?)              ./ ノゝ     /
                                 i レ'´      ヽ
                                 | |/|     | |



―――――――――――――――――――――――――――
  彼女の驚きが何処にあったか分からないやらない夫は、
  並大抵の剣士では再現不可能な事を簡単に言った。

  もちろん剣の質と、彼の腕が伴っての事であるが―――
―――――――――――――――――――――――――――


15 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:15:06 ID:s/0d74MR
一430.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  魔剣が折れた事ではなく、魔剣を折ってしまった事に感情を高ぶらせた雪華綺晶は
  出逢ってから初めて、やらない夫に対して怒りを叩き付ける。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                __
       .-――z^^7 ̄`((⌒ ._
    /    /   }(勾},ト、   `ー ._
   /    /     ((乂ミ=       ヾミ .   _
 /             _)}   .-‐        λ--__))
´     /7 /      /   -~ __     ゞ勾ハ
   / //  /     /    ((⌒' /    Ⅵ i
_ノ  '       イ /   //`).l /! / ,  Ⅶ !
.  /        /    //l\ レ'/ / } / //  :. !
 ̄´            {./ // r==>ミ / // 〃ル  i l
    /     /ス//{,// 7rッそ》}  八、/ } l  } |
   /     ∠ゝ、ン    _《 ゞト=ン γ=ミ / リ ./ ノ!    「ちょっと!
 /     /__.У::.     ((⌒ーv_ソ"  辷ソⅣ/ノ  l|     もったいないじゃない!
      / ト、_ ハ::.            、   ハ /|    l|
_   /   {   ̄ト、::.    , r‐=z 、 ′/ /i l|    l!    壊すぐらいなら、私にくれれば良かったのに!」
7} `ー- ._ノ   ム 丶:.    l  ヽ:/   イ:.   | l|    l!
/          {__ヽ、ヽ:.   `ゝ=ァ’ イ !:.  | l|r―-lト、
i           /}  ≧x.._ ィ~zリ √ ̄ ̄〃    ⌒ヽ‐z



                                                   __
                                                  /ノ ヽ\
                                                /.(○)(○)\
                                                |. u. (__人__) |
                                   「……………あ」  . |        |
                                                 |        |
                                               .  ヽ      ノ
                                                  ヽ     /
                                                  /    ヽ
                                                  |     |
                                                   |    .   |



――――――――――――――――――――――――――――
  それでやっと、彼も思い出した。
  夕べ雪華綺晶は新しい魔剣が欲しいと言っていなかったか。
――――――――――――――――――――――――――――


17 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:16:06 ID:s/0d74MR
一431.



             -        ‐-、  ((__、__
          ,. '        ┏┓┏┓ \ ノ rミ<|
        /          ┏┛┃┃┗┓  マλ }7_
       /     l   l ┗━┛┗━┛   ヾニ/ヽ、
    ((   /  l l    l  l  ┏━┓┏━┓  . トイ) ∧
 r-、__))r7  l l  l l   l l┗┓┃┃┏┛l  l ∧((  ヘ
  マlフワ7   l l  l l   l l ┗┛┗┛  l  l  l    l
  7 L_| |   l l  l l   l l  l  l  l _.. l  l  l    l
  \r-f | |   l l  .__ ll   l l  l  、」ィi´ l l l ヘ  l   l
  l  l ll   l 、l  、_ ̄_、 ヘ マ  l  l  l!_!l lヘヘ  l   l
   l  l  l   ll  rノ r-、 ヘ \ V Ⅵ lf"だ;::狄l ヘヘ  l   l      「ミスリルの魔剣の価値を
   l  l  l l   l  マ/ミシ } /      込;;;;彡 l l   l∨  ∧     知らないとは言わせないよ!
   l l   ll   ヘ f=--ノ !_}       ̄~   l l   l ∨  ∧
  l  l  、 l   ヘ \ツ ))           !  l   l .∨   ∧    どういうつもり!?」
  l  l  ヘ マ   ヘ                   イ l  l   l  ∨   ∧
  l  l   l ヘ   .∧、     r:=:ァ    / l  l  l   l.  ∨  ∧
 l  7   l l ∨.  ∧`. 、.    ̄   /l l_..__ノイ l   l   ∨  ∧
 l  l    ll  ∨  ∧l l `  . _. イ r、 {   ノ  l   l   ∨  ∧
/  l     l    ∨  ∧-f⌒}_ r-ァ ム `'′  イ--'´゙ l   l   ∨ ∧
l   l    l l   } \  \\  {_.{   l        l   ト-i.  ∨ ∧
!  l    l l   イ- 、_\  \    \  \     l   l  l  _V ∧
  l    l  l )ー---テ \  \    \   ` >、_ノ ∨  f⌒`'´フ ∨ ∧
  l      l-!        _\  \   r-、  l-! l ( ∨  l   {  ∨ ∧



                                              . __
                                             ./::::::. \
                                             /::::::ヽ;;:   \
                                           . (:::::(::::冫    |
                                           . (:人;;;) .    |
                                           r‐-;::::::. .     |
                            「……………」      (三)):::::.. .   |
                                           >::::ノ:::::::::.    /
                                          /::: / ヽ;:::::::::   /
                                          /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                          (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                            . |\::::::::::::;;:1
                                            . |:::::\;;/:::|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  食ってかからんばかりの勢いに、考えが足りなかった事を思い知った彼は、
  それこそ一国の王や大陸を股に掛ける大商人すら比較にならない程の大金持ちである。

  しかし、それ故に―――価値観が変わってしまったのも確かだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

20 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:17:12 ID:s/0d74MR
一432.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  考えてみれば―――魔法が付加されていないミスリルの剣一振りを求めて、
  冒険者同士が血を流す例だってあると言うのに。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



             ,,   ´  ̄ ̄ `   、,__r--、
          r''ュ-/´           .fl昼q  ヽ
         /  {r3!}             !=彳li  il
       |  /`´                l l  il、
      /! /     ii  i i i  i i  i i i    | il
      / l .i  |   |i ll li l  l li  ll  l  , .l  il
      / | li  | ll l li  !l ll l li、l_ハ__l_;_ |  / l  il
.    /  l  ll  ! l !l 7ニ-ri l l .l l l___ l l / /  l  l il     「私だって、レイピアなんかじゃなくて
    .li.  ! l l. ヽl <_ く廻_' } V. i'l:::ii:d`i / /  l   l il     ちゃんとした直剣が欲しいよ!
    li   l  l! ヽヾ 'r、Y__r‐′  .ゝ辷っ!l ./   l   l il
    li    ∥  l  l,""    '    """,ll /   l    l  il   でも………」
    l   //   }  ヽ、   c-ュ  イ!_λ   l    l  i l
    l  / l  r 、 、__ゝ  !=r‐‐' 、┘''´/  _ ァ l   l  l .l
     l l l   } .| |__,_ ___ ./__`_ミr'  `--,/. | ヾ  ;  /
    / l l /  |__r ユf ..ヒ二,' `i__fて/l  ヽ  i |  /
   / l  l /      l l  ⊂ニ   i r `'''′  \ l l /
  / l  /        /   ヒ' ̄!_  ,-l-r 、   l   ヽl lヽ
 ./  l   ゝ    / /   _f'´´U ''´ /       /  ヽヽ
../  l    入  // /    \,     ヽ,    /    } \
l   l     く //     /  \     ヽ  ∫     /.  }



                                               , ´  ̄ ̄ ` 、
                                              /        ヽ
                                                /    _,ノ_ `ヽ-、
             「すまない………」                    /   (√丶丶´v 〉
                                             ノ U   { )     j
            (やっちまった………)                 ,.イ 、    V     /
                                       _,/(:::ヽ.ヽ   {     r
                                _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
                               /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
                              丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
                             r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
                            / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
                            / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やっちまった、と項垂れるやらない夫にはもう、
  涙目の雪華綺晶に反論する術もその気も残っていない。

  自分の金だから何をしても良い、
  他人はいつもそう思ってくれる訳では無い事を、今更ながらに思い知らされた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


22 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:18:06 ID:s/0d74MR
一433.
――――――――――――――――――――――――――――――
  やるせない、落ち込んでいるのが有り有りと感じられるその声で
  頭に血が上っていた雪華綺晶もはっ、と冷静さを取り戻していた。

  今まで何度も、彼が裕福である予感は感じていたではないか。
  そして彼自身の持ち物を壊そうが捨てようが、
  他人である自分には、何も言う権利は無いではないか。
――――――――――――――――――――――――――――――



              _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
       _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
      //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
       / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
       | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
       | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
        | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
       / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |       「あ………」
      ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
     / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|       (やっぱり凄いお金持ちさんなんだ。
    / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|        って言うか―――
  / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|       これって八つ当たりだよ、ね?)
 / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
/  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
|  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
|  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、


24 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:19:06 ID:s/0d74MR
一434.
―――――――――――――――――――――――――――――
  自分は彼の家族でも、まだ組になった仲間でもない。

  今の立場で先程の事を言うのは僭越だった、と反省した彼女は
  落ち込んでいる様子の彼に気にしないでと言った。
―――――――――――――――――――――――――――――



                                    /  r--i、 .          i < r- //
                                    l  / } |/             \ヘノノ ∧
                                     l  Y/               il     l
                                     l (( l     i     l       l    つ
                                     l   l     l l     l l l l l   l    っ
                                     l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
                                     l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
                        「その………     l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
                         言い過ぎたよ?   l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l
                                     l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l
                         やらない夫?」     l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l
                                      y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
                                       l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
                                      l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
                                      l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
                                      l l i` トィ--!‐~ ___ ~i: irー -r-----i'´__
                                      l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7
                                      l l  l   ノ ´ r┴‐:、\-!´           /
                                      l l  l  `-i  `r--、` i i    l     l
                                      l l  l /   l_ r |r‐ ⌒- l \  l     l



                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/
          |     ::::::::::::::::::::l    「ごめんなさい………」
          |   ::::::::::::::::::/
           \__  :::::::::く      (ごめん、親父。
.            ,イ   :::::::::ヽ     俺はまだまだ修行が足りないみたいだ)
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/



27 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:20:06 ID:s/0d74MR
一435.



                                       ト/ニヘ((__       _  )) __
                                      /ミY//_}-         `._ {λZ i ヘ   つ
                                     / //               ヾ、_ツイi  っ
                                        / /    i  i  i   i   i    l ))  i
                                      / / /   /  i l  i l   l     l((  i
                                  /  i i   i i  i_! l  l _!l   l     l   li
                                  i   l l  i iァナアl_ l  l iナナー!l    ll    i
 「わ、私に謝られてもこまるけどさ。           i  /i l  l il T >ヘ     l_il l  l_  l  l   i
  えーっと、その。                      7 / l l l il i>ン_シ      了:::::::ア ! l l  li   i
                                   /  i  l l l i l  ゞ イ      弋;;..ノ l l / l  l    l
  そ、そんなに凄い剣を持っているんだし、      l  l  l     l """   ,    """ //i7   !    i
  お金持ちみたいだし、仕方ないかなっ?」     l  l  l      \      __    ..イl  l   l   l l
                               l  l l   r 、.    >. ‘   ’:r、.:イ:  l.  i   !   ! i
                                 i  l l rf-- ゝ、__ \t`ゝ-- y|  /  /l  l  l   l  i
                            ___  l  l l トイ!    `´ )  Y   入_l / l  _!_ l   l   l
                          f⌒| ヘァ l  l l / {_,        _       ̄ ´  -ァl   l   l
                          f ! i__l ト、-i  l /   ≫       >          ヘ    i  . i__
                         f i_ i-' r--'  f i_r-i __ }イァ    / i        r 乙__|i   i /´)''´ }
                         >、_ir-iノ    i  `''′i// T-i /XXヘ  ,r、 _i`-i-′   !__ iーi / i ./ .}
                         }yT\      l   i'´⌒i/r-iX^XXXヘ/X i´_|_ノr-i__r-イ  ∨ ヘf⌒!/i
                         i-'′       l   l  l`´ \/-iXXi亠i_/ ノu_l      7    f'"_イ
                          \       l  l          ̄~    i  7    /       `' \
                           i \      l  l          _  rー  }、   /        r-i´



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i    「いや、軽率だった。
  l   ' ´ .〃 / |     反省してる………」
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |



―――――――――――――――――――――――――――――
  それでも、少なくともやらない夫は
  何でそんな事を言われなければならないんだとは言わなかった。

  他人である雪華綺晶の気持ちを受け止め、至らぬ所を反省し、
  謙虚に自分を戒めようと心に刻みつけているようだった。
―――――――――――――――――――――――――――――

28 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:21:06 ID:s/0d74MR
一436.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  その素直な反応が好ましくもあり、
  自分の声をきちんと聞き入れてくれている事が嬉しくもあった雪華綺晶は、
  ならばこれ以上自分が謝っても違和感が残ると考え、
―――――――――――――――――――――――――――――――――



  / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
    /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
    //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
    ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
  /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
_/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
 /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |    「じゃあ、エル達には内緒にしてあげるから。
´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
         / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |    ―――ほらぁ?
       /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'    反省し終わったなら、試合しよう?」
      /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
   , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
 /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
__ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
   ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
    /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ



          , n / ̄ ̄\ .n
       . / / j.´_ノ  ヽ、 'l lヽ、
       /,イ / (>)(<) .l i i i そ
        〈 .r {   (__人__) .i. } } 〉 て  「………そうだな」
      ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
       .i   l.      ,'  ./
     .  ヽ、_.イ、.    人 ノ  バシッ
         ヽ     〈_ノ ノ
          |     ./
          |    .   |



―――――――――――――――――――――――――――――
  努めての明るい声に、思い遣られていると分かったやらない夫は
  両手で顔をバシン、と叩いていつもの自分に切り替える。
―――――――――――――――――――――――――――――



30 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:22:08 ID:s/0d74MR
一437.
―――――――――――――――――――――――――――
  今度こそ、道具入れから訓練用の長剣を取り出して渡せば、
―――――――――――――――――――――――――――



                「じゃあ、これを使ってくれ」

                   /,〉                 / ̄ ̄\
               /,/                  /  ヽ、_  \
          ∠ニー-' /                    (●)(● )   |
               `〉Y>、\                 (__人__)     |
            〈__/⌒l,ソ                (`⌒ ´     |
           ./, ,/                  {          |
             .// /                    {         ノ
         .// /                     mm   ヽ      ノ
         /ri /                (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
          // /                     ̄ ̄ ̄|    |
          // /
       // /
        // /
     ..// /
     // /
    .// /
    レ'´



                   / ̄`f ミ、__
 ̄ ̄`ー'⌒ヽ.       /   {必 )   ` 、
        \    //   ゞvイ       \
          ー '  /   /  | |  l  / l lハ
            /  /   / l  | |  | / l ハl l i          ,、
.           /   /   /  l _ | |ィTへ ノ// 川 !        /, |
.       /    /  /  {う八 {く必シヾ// /l l           / / /
_   ,  "   /  /  / 二ハ ヽ!》-イ  , f;/ハ/       / / /
   ̄.    /  /   /  )  `ァ.八   . ィ .|         / / /
      /  /      _( ̄   (_ \>:イ  ノ\      / / /   「うん、ありがと」
      /  /     ./   \   {}≫-{} /  ノ.       / / /
.   /  /        i     i  {}≫≪}ー イ      / / /
 /  /        /     ノ- ゞ>ー  {.        / / /
.  /          /  ,.rー ' { フ     i )       / / /
_/         , '  /    l(__     / ___.へ./ / /
         /  , ´      } レ⌒j  |イ (__</>< }フ
         /  /ィ  ̄` 、 /    (__ }    ノ ケミミ彡 ノ
        /   . '             )λ\ (_ /ミミ/__ソ
 .    /⌒i  ∥       ヽ       (  ゝ--ミ/



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  素直に受け取り、しばらく振り回して重さやバランスを確認していた彼女は―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

31 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:23:06 ID:s/0d74MR
一438.
―――――――――――――――――――――――――
  挑発的に指を一本突きつけて、試合の開始を促した。
―――――――――――――――――――――――――



                                 ,, - ‐==《tryー-- 、
                             _r《'´      ({必}》   ヽ、
                             //          》 ヾ=、  ヽ、          r‐ 、
                              l/     /   l.    l ∨    .        l  .l
                             / / / / /!  ハ   l  l ∨       ヽ   l  .l
                           / // / l/レ'ーニニ!ハ  /  .!    ハ     \  l  .l
                           l ハl i 》  ≠f"oチ´l /   l \   ヽ、      l  !
                           《|/〈{必}r'    '"´ ル'/  /   ヽ、  r‐ 、  _,_ l  |
     「よし、かかってきなさい!」  ー=≠''/  ゞ≠、      /イ / ./  ー   ー', ヽ /  `‐-'、
                          // 《 ∧ ー =ァ'  イ' / //ヽ_>=―=-.l   ソ  __,,  ヽ
                         / /  /   ヽ    ´ r'/ /r'     '´    l .〈  /     .}
                       / /  /     `ー―‐r'/ /_l          ヽ', .ヽ/ __,, -   !
                        / /      r='⌒./ /t、ヽ、 /        .l  V´   __ |
                       / /       (/ / /  ノ  \l     .   {  〈  /´`  .l
                       .(           / /./ / .イ_    \_>=z-、 ヽ  .し′   . !
                               / / / ,'   r'    ) /  ∨ `ー/ヽ {´    l
                               //し)./ l    ヽ_  イ    .    ,' / 〉-ミ_ __ィ7
                                /'  .V,  l    _ノ"´     ニ∧     ノ ヽ  /
                             /     l  lヽ_ ゛ー 、      ヽ    /  /_/
                             (     ヽ. lヽ 、  r J        ヾ  .\/l
                                   ノ / \t  _)          ヽ、_ l
                                 / /   \(_         r⌒!__/
                               / /      ノ!    r⌒コtー'  /
                              / /       //   r=v' (        ̄
                              (´        _)ヽ_ノ    )
                                     ィ'´       /
                                   /     /    ヽ_
                                   /     /     _ノ
                                ,,,-イ     /     〈       //
                              /⌒ヽ   /        >     /


33 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:23:36 ID:s/0d74MR
一439.
――――――――――――――――――――
  立場が逆かもなぁ、と思ったやらない夫は
  ならば、と一気に集中を高め、
――――――――――――――――――――



            \\                      ___
.               \\                  /     \
        .       \\                    | \  / |
                  \\                   | (● (●) |,,.____          「よし―――」
                        \\                 |  (._,、_,) jヾ/::::ヽ、,,,
        .             \\              |  {:::::::} ム/:::::::::::∨/`ゝー....、
                        \\           ヽ、 ̄//´::::::::::::::::j//:::::::::::::ヽ
                        \\_,∠>        `/:::::::l!:::::::ヽ::ヾ::!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソ
                         ,>X;,;く、          /:::::::::j::::::::::::!:::::∧ノ´
                          <;シべマ;ゝ、     ム-==¬、j;;;;/
                                 `マ;;ゝ、r― 、  k:ノ:⌒:ヽ::/;;;く
                                `マ';} レ ヽく:::::::::::::::::::!;;;;;;<
                                    `>ー/ /  ヾヽ:::::::::::j;;;;;;;;!
                              く__ ヘノ__ノ }}:}::::/L;;;;;(
                                  `ヽ<>く;j::j/::ヽ   \
                                 ノ´::::::::/::j;;ヽ:::`\_ノ::::ゝ
                                     く:::::::::::/:::::人;;:::::::::::::::/\.
                                  /:::::\::::::::::/;;;;ヘ;;:::::::/::::::::::::ヘ.
                              /:::::::::::::::::ヽ/;;;;;;;;;;;;;ヽ∠:::::::::::::::::::::ヽ.
                          /:::::::::::::::::::::::::::>"´    `ヾ;:::::::::::::::::::::ヘ.
                         /:::::::::::::::::::::::>"´         \:::::::::::::::::::ト.、
                         ノ;;;;;;;;::::::::::::/              \:::::::::::::j;;;;`ゝ、
                            /;;;;;;;;;;::::::::j/                    `゙<;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                           /::::::::::::::::/                     ``ヾ、;;;;;;;;;;;ヘ
                          /::::::::::::::/                               ∨;;;;;;;;;ヘ
                        /:::::::::::::::/                             };;;;;;;;;;;;;;\
                      /::::::::::::::::/                            ``¬j三三r、
                   /::::::::::::::::::l                                ヾ三三≧r、
                      /:::::::::::::::::::::l                                 ``=ー"´
                  ム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j
                   ,ィj|三彡/
                ,、イ三三三!j
               ,イ三三三彡≠
              ヾ≡≡='''"´



34 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:24:07 ID:s/0d74MR
一440.
――――――――――――――――――――――
  まずは訓練用の集中で彼女に飛びかかった。
――――――――――――――――――――――



─ ̄─ ̄_─ ̄_ ̄─_ ─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄── ̄─ ̄_─ ̄_ ̄─_ ─
─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─  ̄ ─ ̄ ─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄── ̄─_─ ̄─_─ ̄─

                        ,...::´::三三三二二二二――――――
                 ___   /::::::::::::::::::::::\         _          _/\/\/\/|_
             /     \-、....-‐::':::: ̄ ̄ ̄:::::`゙'::::-‐ィi´:::::::`ヽ       \          /
            /        ヽ::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、      <  行くぜ!  >
            |ヽ  ,/ 三三三二二二二―――――― :::::::::::::::::::::ヽ    /          \
                (●) (● )     i::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',      ̄|/\/\/\/ ̄
             (_人_)     !:::::::i:::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::三三三二二二二―――――――――――――――――――
                ヾー ´     _ ヽ、/:::::/::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
               ` 、 _ , '´  ゙ヽ;::::/:::::::::::::::::::::゙::::、‐ - 、:::::::::::::::::::::::::::/
                     //ヽ、::::::::::三三三二二二二――――――――― _______  / ̄/
                    //  /`゙' 、::::::::::::::::::::::::::`.,-‐´ ヽ ,ィi´  ヽ      /          / / /
                   //   /       `゙' 、::::::::::::::::::::',\        '、   /          / /レ/ / ̄/
                    //    .'         /-.';::::::::::::::::::|  \   三三三二 /_____   /     / /   _从
                    //    ..i       ゙`   i:::::::::::::::::|、   \       \       /  /     iY/    / / _从__
             //       .ヽ ,           |:::::::::::::::::|ヾ、.   \       \     /  /           /,.,// //  /
             //          ‐--= .. _ |:::::::::::::::::| !i      \   _____/  /            " /,、/'´ /
             //                        | ̄ ̄ ̄'!        \ /             /               ゙ //
        /三三三二二二二――――――     U| , , , ノ        .  /_______/三三二二二二――――――
        //                         !              \       \

─_ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─   ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄──_ ̄─_─  ̄─_─
─ ̄ ─_─ ̄  ─_ ─ ̄─_─  ̄─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_── ̄ ─_─ ̄  ─_


35 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:24:36 ID:s/0d74MR
一441.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  電光石火の早業で斬撃を繰り出すも、雪華綺晶はそれをあっさりと見切り―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                             ____
                                           ,..-'''" ̄    ゙゙̄''''ー ,,,
                /´                            /゛        _,,..........,,_ .`'''-..、
             .′                          /            /     `゙'ー ,,, ゙ヘ、
          /  /,.イ                          /゛           :′         `''-、.`'-、
          /     .                          /          l              `'-、. \
         /    ,.ノ                        /             |       _______  / ̄/
       ′   .´             ,. .-─一''       l          │     /          / / /\、
     /     :           (   ( ̄          /              |     /          / /レ/ / ̄/
      .      ,ノ       __,,.. -──f  ̄`:        l            l    /_____   /     / /\.\
    /     {   ,. .'           ,,..ノ           !               l          /  /     iY/
    .′    /  r→z:     ,,.. -一              !               !         /  /
    i   ,..-一''ヾ..ソ  r一''"                     !                _____/  /
    rムi7        ノソー- .. _ __ _ _         |               /             /
    L.ソ:.     il リ|  /、___  \─             1          .  /_______/
      ∨:.r'yヽハ イ丁i  | \    `ヽ 丶              |              l  _从
     ∨ゞ.ソ    ∧ ゝ、ハ、__   L. ハ               l               l / / _从__
       .∨ ゝ.. _,.イ  > `ー─- ..  匕!─ -        l                 ./,.,// //  /
       \__三≧x .     \  `ヾ.              │                  ." /,、/'´ /
           `1  ̄\ `ー─- 、 `ー1── ─       !               ゙ //
              | `ヽ  \ ̄ ̄`ー一イ、 ____ _       !                   l,
              l    >、 丶.,  「三XXxxxxxxx ∧─      |                   l,
             .′    \  `7   ̄  ̄ ̄ ̄`ヽハ ̄ ̄   !                      l
             i     イ 1フ´ー- ...  ,,__  `      !                 l
            `ー- .. ノXXXXXxxxxxx   テ          }                    ヽ
                  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄`ヾ. {__ _        !                  ヽ
       __                      i_ 」─           !                  ヽ
       / /   /| _                        │                  ヽ
       / / /ヽ |/ / /   _ /|                 !                      ヽ
      / / \ |    ̄ /| | / / /
      / /   ヽ |     | | |/ / /
     / /    | ヽ    |/  / /
    .//      | 〉      |/
             |/


36 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:25:06 ID:s/0d74MR
一442.
―――――――――――
  追撃の薙ぎ払いを、
―――――――――――



                          /../
                      \ /../
                         人/
                   .汐`ヽ/\                      ゙''ゞニ-,,,  . \,
                  /∨\lソ                           `'''ニ;;-,,. `'-   \,
                  ∨   l\                              `''ニ;; ,,  'i、 `ラ-、
                     ∨ソ二ゝ、                               `''ミ-、∨、  `
                    ∨ /二ヽ / ̄ ̄ \                         `'-,゙ \.
                    l__/ / ̄/       \                           \. `
                       ヾ_ノ/ ̄|   \, ,/  |                            `‐
                         Y´ ̄|  (●) (●) .|                  /'i
                           l   |   (__人__)  .|                  /. i        /i
                       ∨r'|    `⌒´    |                 j  |   .,、-'//|r" リ
`'ー..、                      / l  {          }                 |  |、-'" ,/:|  || /
   `''ー..,、                _|_ゝ .ヽ      ノli                  |   ,,、- '" | r'.|/"
       `''ー ,,、            /     ̄ `ヾヽ_/lソi              ,、-'"   ii ,/ | |/ /|
           `''ー、,,,       /  ヾ      l  `ヽ、 l            r'" ,、-'|.  ノ |  |  ,! |. |
              `゙'ー ..,_  /           li_   ∨            j  /  .|. / .|  | r".| |. //|
                  `'''ー ..,_      .リ  `ニソノ             // ,ri  |. i  .|  r' |  |.レ''|  |
                      `゙''ー ..,,、  ̄ ̄フ/               /. |  | |   |/  .| /   |. r'
                           `゙'''ー ,,,_               |.  |  .| 〉       .|/    |/
                                `゙'''ー- ..,,_          |  |   | /
                                      `゙"''―- ....,,_、|. /.   |i        _,,..
''ー、,、                                            |/´゙゙^'''''''''''''''''''''''''''゙゙゙゙´
   `''-..,Yー ,,
,~''-、       .`''- ..,,_  ._ :
..`'-,,,゙\、           `''ーミi,゙''ー..、                       ,,..,,,,_
    `゙'!・              `  `''‐、、   / ̄ ̄´゙゙''''― ,,,_`ニ"'ー ミ;; 、 .`゙'''ー ,,,、     .__i--........,,,,,_,i.... .
          l  ̄ ̄   ̄ヽ      / `''- ,, \     ー..i..,,,y二'′   `"   ._  `゙゙''―/゛           ゙、
     , r '"´/|       l   /      `゙'''ハi.    .`'― .,゙,゙゙';;i_.      `''ニ¬-..,,_    '''ニコ━=i,゙,´
     ̄ ̄//|       | /             \  ヘ  ゝ―´ .`"       `゙''ー ..,゙''-、,
       / / l______ノイ                `´   \ . ヾ   /l         `''''ニュ、
     /l /  ムイ /                            ∨ ヾ / l



37 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:25:36 ID:s/0d74MR
一443.
―――――――――――――――
  後方に跳び退る事で回避する。
―――――――――――――――



                                                 /ヘ、
                                               /::::::r'     _  __
 ‐´ /   ./  `フ´ `‐‐- ..,_  ,,,.._    ,__、                  {_::::/     /:/ /:r'
   /    /  /  、 :::..: : : :丶  ‐--`-' ´: : : ヽ                 //     〈;;/ /:::i             /ヽ
  /   /  / : : : : : r ―- 、: : : ヽ___: : : : : : : : ',          .     //     r':ヽ /:::::l           ./::::::::|
  l   ./  /......: : : : /       \: : : : : :  ̄`~~¨''''' ゝ               //      7:/ `ヽ'           /::::::/
   ―-/ /:::::::::::::::::::/          `、: : ...: ::.: : : : :.: : : : {         .   /::l     /:/   ,._           .i::::/
  /∨: : : ヽ: : ::/          `、: : : ''''''^ 、 `丶 i             l::::l     /:/   r'::ノ r'ヽ       ./::/
 ´  `、 / :::::'´|               `、: : : :{‐-‐'´ ̄\             j::::l     /:::l   l::i  /::/        i::/
      /::' : : : : |     、          `、: : .}.       \             /::::::l     l::::::l   L:j 「:ン;へ     ./::l
     ゝ: .::: : : :{     ::`、          `、/::        \        |::::::::l   .ヽ/     _/:/   .ヽ/
    /: : {::: : : :`、       `、       ハ            \      ヽ::/          ヽー '     ,ィヘ
    ヽ: : :.: : : : : \     `、     /  `、          \                           ヽ/
     }: : : : : : : : :/        `、―― '    `、、           \
      } :..: : : :::: /         -\.        \丶、        `丶..,__
     /: : : : : : : ::`>-―‐' ' ´:::::::::\        `、 丶、           ̄`マ"'''-.、_
      ̄~`、: : : ::f´             \       \  丶、          l     `゙- 、
        `ー'´             丶、      `、   `丶、       ノ        ` 、
                           `丶       \    ` ー- 、,/            丶、
                                `丶     \         `"''- 、 ,_         ` ‐-、
                              \     \、                `~"''‐-、,_        `丶-ィ=-..,,,_
                                ',     \、                 ` ‐- ...,,_       }三三三ェェエz、
                                 lミュ   ,ィチえ、                    丶、_ イ三三三三三三Zぇ、
                                   マぇ、チ三三三z.、                          ヾ=三三三三三三三三㎞
                                    `マ三三三三三えt、                     `¨¨弋三三三三三三}
                                        `マ三三三三三キ、                        ヾニ三三三㍗
                                        `マ三三三三三キ                               ̄ ̄
                                          マ三三三三三キ、
                                           マ三三三三三キ
                                          `丶=ニ三彡'´

                                                                           `、\N\
───────────────────────────────────────────────────→    >
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 /7/
                                                                            //

39 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:26:06 ID:s/0d74MR
一444.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だがこれは悪手だった。
  一度地面を離れてしまえば着地までの姿勢制御は適わず、易々と追撃を許してしまうからだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                              _-イ / ̄ ̄\    '´         ヽ
                           _/_ '/  ヽ_  .\ .           、
                          / / ( ●)( ●)   | ‐- __      ヽ    (―――不用意に跳んだ?)
                        _/ 〃  (__人__)      |  ヘ      `  、    `ー-- 、_
                     ,+‐x'XXl 〃    l` ⌒´    | ヽ、_    \ \         >
                    ヘゝ ゝXXゝ レ  ̄{         |   ´   ` 、   ヽ        /
                -‐ ' ´>ヽ> ̄ ̄´ `y  ノ{       /へ`'´リ      ゝ_  l      /
          -‐ ' ´  -‐ ' ´         /  /ノヽ     ノ/ イ l    / /   `ー、 _ -‐'-―一
     -‐ ' ゜  -‐ ' ´              l //´人 ヽ.  y ´ / /l l   ! //        `  、_
‐ ' ´ -‐ ' ´                    !/ /\:::`::、∠. _,y一´l l 、 l 〃  ,..::'::´::>‐,__ __  7
' ´                          ゞ l  ヽ:::::::::::::::::::::::::::! l ヽl l l /, -‐'´ .,-' , -‐'´ /
   _                         \l   l:::::::::::::::::::::::::::ヽ.ヽ,-- ‐‐''´  ヽ ̄ ̄二`--´、
  /:::7 _                       l  lレ::::::::::::::::::::::::::::::::\`+一'、、_ 、 ` ‐、 `=、ー'    /
 /::::/_r':::| / ̄|                    ! l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\`-` 、 `ー一、ヽ 、` 、    /
/:::::::::::::::::::|/::::::::|                    l l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`7ー--‐`‐- 、  ヽヽ ´_ ノ
::::::::r-、:::::j |::::::::|                    >、\::::::::::::::::::::::::::::::::::l /
::::::/─::::/ |:::::/_                  , '´: : : `: ∩)`ー-- 、:::::::::l /   l\_
::::/ヾ-::::| |://:::|                , '´: : : : : : : : :l ヽ、二`ー、ニ二>   /  /
_/  |::::|.  └┘             / : : : : : : : : : : : : \\  ̄` ー----一'´//
   |::::|     _               /: : : : : : : : : : : : :、: : :ヽヽ -‐ '´: : : ̄l ̄ ̄´
   .|:::::|   /| |:::::}    ,,-┐     l: : : : : : : : : : : : : : :\: :lヽヽ: : : : : : : : l
   |:::::」  |:::| |::/_   |::::::|      !: : : : : : : : : : : : : : : : ヽl: :ヽ ヽ: : : : : : :l        l\
.  |/   L:ノ /:::|  |::::::|         l: : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : \ \: : : : !        l   l
          |:::/  |::::::|       ゝ: : : : : : : : : : : : : : : :/l: : : : : :`   ‐-'  ___/ノ l
          |/   |:::::/        \: : : : : : : : : : : : :/ l: : : : : : :  ̄`┬- 、__∠__」
             .|:::/            、: : : : : : : : ::ノ  !: : : : : : : : :: :/
             |/,-┐
              |::::|
               ̄



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろんその隙を見逃すはずも無く、
  着地の呼吸を見計らっての攻撃を放とうと、彼女を追いかけるように前方に突き進む。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

40 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:26:36 ID:s/0d74MR
一445.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  ところが。
  口元に笑みを浮かべた雪華綺晶は一瞬だけ魔法を発動させると―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――



  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'      (―――と、思うでしょ?)
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │      「―――レビテーション」
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |

41 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:27:06 ID:s/0d74MR
一446.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一瞬だけ重力の影響を離れ、魔法により得られた揚力を足がかりに空中で跳んだのだ。
  ―――全く異なる角度へと。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                      〈::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:>ヘヽニ二ニニ,,〃´:i;:;:ワ
                       丶=.,、、_;:;:;:;:;:;:;:;>-":;:;:;:;:;:;:フ不不,!~:;:;i:;ハ/
                        ¨`∨:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;/;:;:;:;:!;:;:;:ゝ
                         ,' ∨へ;:;:;:;:;:;:;:;:_シ-、_,-‐っ‐;:;:;:;:/;:;:!;:;:;〈
                         !:,:,:,:,:,:,:,:ヽ-‐′    '',:,:,そ、;:;:;:;:;:;j:;:;/
                         i;'    /         ':,:〈:;:;:i''~/~
                         l  /           ,:,:,>‐′
                         l /            ,>"
                        y'             >‐"′
                       /        ><
                      ∨       ,-ヘ‐"ll !;;;;;;`-,、_   ,、
                       ヽ _ __   ,ノ′ム !;;;;;;;;;;;;;;;;;三;;〕}>-n=、
                      / / ヽ、~´:::::::..〆====三=;ジ;;;;;;;;;l |}}|
                      ∨ \_>^`-‐i'¨ .` ̄ ¨ `平`.oヾ<_>′
                       ∨::...........:::/        `=一 '"
                       ヽ‐-─チ'′
                        !:|;;;;;;;;;|
                        ∨;;;;;;i′       __
                        _∨;;;;ト、       \ \  ./\
                        ヽヾ、/ i         \ \/  /
                        を、_ ラ             ヽ   ./
                        !、  ,_ゝ_            /  /
                     \  ∨、==ニ! ,r_/       〈   ' ̄ ̄/
                       \\∨  ハ、 /        ̄ ̄ ̄ ̄_
                        \∨、_,,ソ 彡x              / /
                         > `¨¨¨~  ∠            / /
                        /      }|              /  ヽー、 /ヽ
                      /´ヾ,  r、r‐|^`           / /`ー、 ヽ /
                         //  }´               / /    \,/
                        /                  ̄

42 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:27:36 ID:s/0d74MR
一447.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これにはやらない夫も面食らった。

  慌てて移動を止めたその目の前で、
  華麗に二回宙返りをした彼女は大きく離れた安全地帯に無事着地し―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |
. |        |     「えっ!?」
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



                                             ((_.... ...._、))
                                            ィ薔}     ((rヘ
                                           /ゞ彳     ゞ彳!
                                           }  l l _/l l ,_!__、l } :l
                                          7_  :{秘}V:弋ソ/ l l l
                        「油断してると、怪我するよ?」  / ∩  ! ._ _. / /  l  l      
                                            l  | |r-i kr-、_ri ii \ l  l
                                        ⊂ニ′`ー-ァ  l l }:  l   !r:i
                                       / ノィ ノ´ ̄~ < >l l r 、 \ //  _
                                     / `フ'.!ノノ l l ~ rl l/  l./´∠ -っ
                                    /   /    } / }   つV  l ___三ア
                                    /   7    :} l l r、ノ´  ! チイ { /~l l ヘ
                                   /    /    > ]^  `!_rァ l { { >   l  ヘ
                                 /  /     7´ :     (⌒ヘ l./    l  l
                               ::/  /       l      r-イ  / ^     l  l
                               l   l         }    r-イ   7      l   l
                                  l       /______)-fノ" )_r-、_ヘ      l   l
                                  l l      /  r--/ _ノ !、l l__ 、_≧     l   l
                                 / /l l   --イ ' l /-'′   l ノl l`''      l  l
                                //  l:/    /   }      {` ´ }.      l
                                          / X: /         Ⅶ X∨     l   ストッ
                                       / X /         ∨ X∨    l
                                     /~ X. /           ∨X∨   /



―――――――――――――――――
  甘く見すぎだよ、と警告を放ってくる。
―――――――――――――――――

43 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:28:35 ID:s/0d74MR
一448.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  一瞬だけマナが動き、魔法が使われたのは感じられた。

  それで今の、物理法則を逆手に取るような動きの仕掛けを理解した彼は、
  確かに雪華綺晶の総合的な実力を大幅に見誤っていた事を恥じ―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――



              __
               /    \
          /         \
          |     : :::::::::::|
          |     :::::::::::::::|         「―――なるほど。
          |    ::::::::::::::::::|           レビテーション
          |   ::::::::::::::::::::::|ヽ        浮遊の魔法の揚力を利用しての二段跳躍、か」
             ヽ       /_./|:\
               \__,-‐´~/:::::::\
           ∠___ ,-‐'~.:::::::::::::::)    (凄いな。
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     無詠唱での発動、タイミング、
           /::::__::::::::::::::::.::::::::::::::/      そしてその動き―――並じゃない)
        //:::::::::::::\::::::::::::::::::::::/
        |:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::|
        ヽ:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::|
         |\::::::::::::::::.:::::::::\:::::|._
          |::::\_::::::::::::::::::::\|:\
         〈:::::::::::\:::::::::::::::::::::::|::::::::|
            /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|::::::::\
            /:::::::::.::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::`|
           |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::/、
             \:::::::::::::|::::__/|_/:::::ヽ
            /__| ̄____/::::::::::::::::::::ヽ
              ヽ::::::: ̄|   |::/\_:::::::::::::\
_________ヽ/|/   \___\:::::::::::::::ヽ
              | | | ̄〉 〉 〉〉〉_|  \:::::::::::::ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ| ̄::´::´´´ヽ    \:::::::::::ヽ
          .       ヽ:::::::::::::::::::ヽ      ヽ:::::::::::ヽ
                  ヽ::::::::::::::::::::ヽ     ヽ:::::::::::ヽ



45 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:29:35 ID:s/0d74MR
一449.
―――――――――――――――――――――――
  一目で見切られた彼女も、
  同じ手は通用しなさそうだと頭に叩き込んでいる。
―――――――――――――――――――――――



                                    _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
                             _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
                            //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
                             / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
                             | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
                             | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
                              | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
   「ありゃ~。                   / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
    さすが、魔法騎士相手だと         ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
    一目で見抜かれちゃうか」        / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
                          / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
                        / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
                       / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
                      ../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
                      /  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
                      |  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
                      |  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、

46 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:30:05 ID:s/0d74MR
一450.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  同じく魔法騎士であった父は、剣なら剣、魔法なら魔法、体術なら体術で
  それぞれに特化した特殊技術や戦術は数多く教えてくれたが、
  このような複合技術は殆ど見せなかったと記憶している。

  どのような流派の物か、と剣を止めて問うと。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                 ̄    、
            ´          \
     /_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ヽ
  <ミ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
∠三(|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l     「随分面白い戦い方をするんだな。
.    l              冫.ー く      誰に教わったんだ?」
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                       ,ィ''´_二----`' - 、__
                                   /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                                  /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                                 // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                                 {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                                  Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                                  {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
         「どうなんだろ?                __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
          他の魔法騎士の戦い方は        i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
          よく知らないけど―――」         }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
                                  'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
                                 i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                                r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                                `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                                  ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                                 | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                                 l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                                  i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \



――――――――――――――――――――――――
  顎に指を当てて、視線を上にやった彼女は―――
――――――――――――――――――――――――


47 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:31:06 ID:s/0d74MR
一451.
―――――――――――――――――――――
  とんでもない事を、さも当然のように言った。
―――――――――――――――――――――



              ,.ィ ーュ.
           r=}7´ . : ハ∧
           l! //, . :l! 」l|i :∧
          } l rッハrt_j,k: :∧
          / :ゝゞ' _ /: :ヾ《
       __.「¨!彳> イハ_,、 : .`ヽ            「無詠唱の魔法を利用した
    ‐=f」」」j| |三三三三三三三三三三三二>    三次元戦闘の方が得意かな、私。
         ⌒.:!_」ト.   ̄`7{ ,イ: :イ´
        _レ'.::::::}   ,イ .イ {: : : ヽ             昔っから出来たのよ」
       . ´ ..:ト-イ /´ (::::  i: : : r '
     / . : /`ー=彳ハ  ヘi  l: : : L .
    《{: :く    _/   }  !: : : : : ハ
     ヾ: :ハ  /´     /、_ム : : : /
     ノ}/ }  \   ハヽー ': : : {
    / `ー=彳⌒ー1,ィ彳: : : : : : ノ
    `ヽ : : : :ト∨{:::::.  : : : : ; ´
        },イ: : | X |::::∧x ∨て
       ム,: :| X l::::::∧x:.∨{`ヽ
         ) l X |::::::::∧x為!
           | X i/´  ⅥIIi
          l X |     ⅥIi
          | X i     Ⅵi
         l x :|      Ⅵ
         |  i|      `
         ゞ彳



                                                / ̄ ̄\
                                              /  \    \
                                             .(●)(● )  u. |
                                             (__人__)  u   |
                                             .(`⌒ ´     |
                     「簡単に言うなぁ………」          {         |
                                              {      u. /
                     (才能があると言うか………       __\     /リ 厂`'‐- .._
                      天才肌?)              / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                                           | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                                          | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                                 .           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



――――――――――――――――――――――――――
  これには素直に驚くしか無かった。
  彼女は、このような戦術を独力で編み出したと言うのだ。
――――――――――――――――――――――――――



49 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:32:06 ID:s/0d74MR
一452.



                                ̄ ̄   、
                             ´         ,, /T
                        /         _..r''’`: : ';;;ョコ
                       /      _r‐": : : : : :ノl''ヽ
                        i    ..x‐'´: : : : : :..r‐’   丶
                        l  ,,x‐´: : : : : :,,ノ'"        丶
                       _ノ'": : : : : :.:.r''"     ヽ        丶
                      ヽ: : : :r‐'´    i イ::::ヽ l        丶
                         `ー'´    ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',
 「存外―――                    丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
  前世は天使様だったりしてな」          ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
                           ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
                            ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
                             \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
                               \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                 ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                    ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::



―――――――――――――――――――――――――――――――
       セラフ
  それが熾天使の姓の通り、翼ある者の戦い方に思えたので言うと、
―――――――――――――――――――――――――――――――



               ィ⌒ヽ
                   )  __
               iV/r' ´  ̄     ` ' 、     ,-、
             ィv┘./  /         ` 、  .r'´
           r  >イテ   i             \/v
          >フ/  /  l  l        l   {人レ、
        , ィ' ´  /  /  l  l   i     l .i  ゞV/廴
      / /   ./   i _ l  l   :l    ! l  l ハ`´ ヽ
     /  /   ./ィ   r'´ ` il  ト 、 .|  i  l |  | i .| _V )
   / イl/   イ.イ   廴 _ 人 .ハ  ヾ ト +- 、| .|i ./ .l .| rヘ
   {  .i l   / il  il  ≧iVハi .\ _V_ハ /.i V  .∧   ヘ
   V il .  / /   ノ Ⅶt人ァ ヽ \ィ≧テ-L/  /ili .V   ',      「お、煽てたって手加減なんかしないからねっ」
    V \/ /  ./ ハミY /ノ  ,  ┴=斗/  ./ 人 V  .',
    V./  /   ./  i ゝ  )      """ / イ / l  i   ト
    /i .  /   ./  .イ┌人il  ` ー '   .//././  l      ヽ
  ./  .レ  /  i  / lr )、 \、     イ // ̄ス─-┐    i \
イ/   /  i   ∧ 、_// 入  ≧- イ⌒i l  /   /、    l   \
../i  /  イ ./  V>-    ⌒) Y. {  :l | イ   ./ /、 i   l     ト
il V./  / :l ./  < `ー─┐ ィつ i   r弋、─-─≦ イ     |     V
  y  /   {    \_  `i i<`  ̄>i i  \    >イi    |     i 
../  / i  Yゝ    彡 } . l l>><<l.l  r ' ´ ̄    ヘ   i     l



―――――――――――――――――――――――――
  孤児の出自であり、姓は自分で付けた雪華綺晶は
  そんな大層なものじゃないよ、と
  照れくさそうに―――けれど、本当に嬉しそうに笑う。
―――――――――――――――――――――――――



50 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:33:07 ID:s/0d74MR
一453.
―――――――――――――――――――――――
  他愛もないお喋り。
  自分をもっと知って貰う事。

  それが、とても大切な時間に思えた彼女はしかし、
  今は試合中なのだと気合いを入れ直し―――
―――――――――――――――――――――――



  / `ー〈  `` ヽ            '¨´ `ヽY/´ ヽ
/    ノノ         /  |    !    ,)) |  |
     ((´     /  /  ./1  !  .::,′   .((  |  |
    //    /./ ,イ .:/ | ,′.::/i::.   l.::| |  |  !
   .//,′ ,.イ:/__/_/ .:ノ) / /|_.:./_」:: .:/ /l.:| |  |  !
  // i  /.::ハ 7仁l7X / /´l//二「.:/l/ リ ',. |  |
 /l/ |/|/.:/′Vf.{.い.},':!〃  ィ.ヒiシフ:l::::l.:.   ! |  |      「今度は私から行くよ!」
/       /((ヽ こノ   ,     ̄`,'.::.:|::.  | | |  |
    .:/   /.:.::))了´   _ _     /.::.:::i |  | | |  |
   .::/   /.:.::/:::/\  `ー   , .イ.:.::::::| |  | |_/ /
  .:::/   /.:.::/.::/:.:ヽ  ̄`ヽ__∠ ̄`7.:.:::l/  | |<
.:.::::/´ ̄`ー─- 、.:::::>    ) _, イ.:.:.::::L_LL_ \
.:.:〈ィ^ヽ、      ̄     <      ̄      `) \
´ ̄``ヽ     _ _, ィ(__入 _>ュ、_, ─-、ノ<-─‐- 、
´ ̄``ヽ `7´ ̄``7。// , -- 、 \。',     \:.:.:.::::::::::/ 〉
     ハ r-、_,/ /   <     > ハ ',      L.:.:.::/ /:、
    (::::::.:ノ .:.:/。/ ̄\ \__/ / 」。V^Y⌒ヽ /:「 ̄  /丶\
      ̄ .:::::/ /    ハ ⌒ ハ / | | 人  /::/    \ ヽノ



――――――――――――――――――
  全身に蓄えた気を両足に集中させる。
――――――――――――――――――



              l         |       |l          ト、_
              ト      }       l          \ハ
            ノ }       j      ' 、           } ',
          { \     /        ∨         l }ト、
.            ノ  \__ノ}         ∨          / ノ ハ
         /\    ,イ         ト、        /    \
           /i        ノ          \ >──‐ ′ ノ     }\     「せーの………」
.           八         j              Yー─── '  i       ハ_
          ,′       /             \       ノ      }
       ハ 、      {|                    `ト、           ハ
       ,′  \   八                l \       _ ノ:::l
       l  、   \_ハ               \、__/   ̄/_, ヘ::::::|
       L_  ヘ       l                 \__,∠ ノ:::::::::::::::l
        `ト、       j                     ゝ=={f≦彡´::::|
          Y::`ー─-イ                     }:::::::::::::::::::::::::::::::|   ググッ
.             |::::::::::::::::::::ハ                      /::::::::::::::::::::::::::::::::j
            ',::::::::::::::::::::::j                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::/
            `ー── '´                      /::::::::::::::::::::::::::::::/
                                 {:::::::::::::::::::::::::::/
                                     `ー──一 '

52 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:34:06 ID:s/0d74MR
一454.
――――――――――――――――――――――――――――――
  ロング・ソードを構え、弾けるような勢いで一気に間合いを詰めた。
  それは、先程のやらない夫よりも素早い突撃だ。
――――――――――――――――――――――――――――――



      `"'― ..,,_.     `''ー..,,.   ゙'-、  \  ,!    ./   ,/゛     ._,, ー''"゛     _,,,,.. -ー''''"´
               `゙゙'''ー ..,,_.  ..`''ー..,、 ゙'-、 .\ |   ./ . ,/゛   ._,, ー''"゛ . _,,,,.. -ー''''"゙´
                   `゙゙'''ー ..,,゙~.        ‘  )) -'二.. -ー''''"゙´
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             、((_r≦ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        _,, ー       __, -‐─ -{f以}〉)゙゙''''― ..,,,_
                _,, -'''__     ___.   ´ \   ‐‐`ベ((_)"".)-‐"""""ヽ― ..,,,_
             _,, ー'''"゛ -‐ ´ .r 、 _ _√ィ⌒)),    ヽ     \  (       |     `゙゙''''― ..,,,_
     _,, -''''"     Ⅹ-‐‐-、\\ 厶=ミ ∠_             \!   )  _./   |ミ‐- _        `゙゙'''
,,.. -‐''"゛       ‐---/| |==──‐ 《ゞツ辷ー       \   `=‐--´ ̄"| / /     ヽ
            ,..-'"゛/ _| |-‐──>‐-((¨´                ト、 \ \´、. ∨ 人      }'ー ,,_
   .          , -‐≦--‐´ _≦´---(__)) /    ,/ /l |     | )\ !\ ゝ、! l ./  !三三≡-´    `''ー、,、
   ._.        // .//` ‐- ____/ /.   | ! l |\\ \/、/ヽ!  ! ! .! Y  |-‐´ヾ、             `゙'‐
..-'"゛      /   //-‐==ニニニニ< /   /| !ヽ》ト、|ゞト、イ^マ) ルレイ从/,=‐、 }     )    \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
   .      / //     _  -< ./   / 仆、 !r{雪》,  弋.タ X. \r,-、ミヽl/    (  \   )                  >
     . / レ__/ , -‐  ̄ __ ==´   / /∧ゞ\`ζ´ ゝ  / ) _ -‐┐| /||    .\   `<  ―――フライト!     >'-、
   ,,/   ./ / , -‐,""         / / .{/ | \仆 _ , .- -‐'≦ > ´∠′/==ュ  `'-,   <                 ( . \
. /    . /   | イ  /  _ -‐  ", "   |. .|. . .., ≦´    > ´  ./(  |三./イ     \  /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^   .`'-、
    /    / \.! -‐ ,  -‐ ´     ( ̄/´     > ´     /  |`、 , ´../          \    `'-、
  . /        ///(´       _ -‐`/     /     /マ‐-ハ  Y. . //`゙ 、      `'、.
.,/          / レ´\!.\    / __{//    /      /(  /.ヽ  .|. イ/´     !、        \.
        /      /    /__/    ∧l     /     /.  ).〃__,,,,-'/     /@>      \
       /       ./   ナ ̄ ̄     ∧ l    .!    /、_  (/"(   r─ ´__,,, -- ´""´
      ,./       ./ニニニイ          |  |     !   ./-、_/"-'   .)   ) ̄       ヽ  .\
     /       x´               /|  |     !   /       /.r-‐´ l               _______  / ̄/
   . /      /                ( |  |    ! /       r' )    l           /          / / /
  /       (                )∨∧    ∨   |    |イ"    l          /          / /レ/ / ̄/
./           \              (. .∨∧   /    | _ -‐'|         l         /_____   /     / /
゛           /   )               \∨∧_/ /   |(    |       l,               /  /     iY/
                           ∨ / |  _./    |                         /  /
                            ∨  |/         |              _____/  /
                              ̄ \        |             /             /
                                                    /_______/
                                                           _从
                                                         / / _从__
                                                        ./,.,// //  /
                                                        ." /,、/'´ /
                                                          ゙ //



――――――――――――――――――――
  さらに、その刹那に魔法を解放し―――
――――――――――――――――――――

54 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:35:06 ID:s/0d74MR
一455.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫の脇を掠めるような一撃を放ち、受け止めた彼を翻弄するように
  高速で移動するその姿が、次第に二人へと分かれ始めるではないか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
                ,. ´ ̄                        ,. ´ ̄
              /   , ,.. ´ ̄     ,.             /   , ,.. ´ ̄     ,.
            ,     //  ,,..   ,. x<            ,     //  ,,..   ,. x<
         ,..    /   ,. x<              ,..    /   ,. x<
         .      ,.. x<         ,,.. -       .      ,.. x<         ,,.. -
     /   _/´ ,.へ、        /  ,..-一    /   _/´ ,.へ、        /  ,..-一
    /  / ̄ ̄ ̄`ヾ..ソ      '  /       /  / ̄ ̄ ̄`ヾ..ソ      '  /
    .′、/        、    <__,,...´        .′、/        、    <__,,...´
    i ム |  k k 、ヾ\丶     ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄i ム |  k k 、ヾ\丶     ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄
    ヾ、j  r ーx\__,. / )      - ──一  ヾ、j  r ーx\__,. / )      - ──一
      i : ムYノハ 弋ソ/ / /)              i : ムYノハ 弋ソ/ / /)
      | ヽゞ ___  .ノ {//`x             | ヽゞ ___  .ノ {//`x
     弋,_ \`ーェ.     ー一 、           弋,_ \`ーェ.     ー一 、
        `ヾ\   i`ヽ.. < ̄\             `ヾ\   i`ヽ.. < ̄\
            `ヽ |     `ヽ)  》z..,,              `ヽ |     `ヽ)  》z..,,
           :  ̄\/´ ̄    `7 > 、            :  ̄\/´ ̄    `7 > 、
           ゝ...,,_  _> / ̄`ヽ.  ハ  、         ゝ...,,_  _> / ̄`ヽ.  ハ  、
              「..ノ ‘ー''      ハ  |   \ \        「..ノ ‘ー''      ハ  |   \ \
               _/              /  / ̄`ヾ \       _/              /  / ̄`ヾ \
           ´             /  ,(     \丶     ´             /  ,(     \丶
          _/            ,,..ノ /  \        _/            ,,..ノ /  \
         廴> 、弋,_ _   /´    ′ /        廴> 、弋,_ _   /´    ′ /
          /x`ー イ_,. 、_,ノ  、_/⌒´::::\        /x`ー イ_,. 、_,ノ  、_/⌒´::::\
            /x  /      ‘ー''    ` <::::::\      /x  /      ‘ー''    ` <::::::\
        /x  /             __           __              ` <::\
          /x  /                 / /   /| _    / /   /| _           ` :::\
       /x  /                / / /ヽ |/ / /   / / /ヽ |/ / /   _ /|
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄/ / \ |    ̄   / / \ |    ̄ /| | / / /___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━__/ /   ヽ |       / /   ヽ |     | | |/ / /_ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―  / /    | ヽ     / /    | ヽ    |/  / /___ ̄―
                    .//      | 〉     //      | 〉      |/
                             |/               |/


55 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:36:06 ID:s/0d74MR
一456.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫の分身が純粋に身体能力のみで行うのに対し、
    フライト
  飛行の魔法を併用する事で重力を操作し、慣性を無視した雪華綺晶の分身は変幻自在、
  通常の剣士の行動体系に当てはまりそうにない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            i ;
         :ii | | ;                            , /
       { 从| | i                            , ///ハ
.       { Ⅵ   | i ;       i                 , ///    }
      、Ⅵ     | i ;r-、  |                   |i  //     j , /
      Ⅵ  :{ |i.i   ヽノ | i ;  i           ;jl∨し、/   ,////
.         ミ   .:乂li.i.|:!     `⌒7  |  / ̄ ̄\ii/Y⌒Y/  ,,////
.       ミ  .:{i.i.i.i从:.    |ii/iヘ、|i;/      ∨/`ヾ//,, , /////
       ミ . .:乂{⌒ヾヘヘヽ |/!!   l ヽ、 _ノ  l / , ///////
          ミ . :.:.:.{    \|:i:i|!i !;    l (○) (○) l;/ , ///// ' ′     (―――!)
         ミ`ー=ヘ.     \|:i:i:i i   { (_人_)  },' ,'////∨ / :,′
.        ミ`ー==〉       ∨:i i  人 ´⌒` / , // ∧ ∨ / ',
         {ー‐<      Ⅵi{   {个ー‐=个 , /'′/ ,∧ ∨ /
           八   ヽ__    ∨ / ,  ⅥⅣ /,' /    ' ∧ ∨ ,
.         〈〈 } /⌒ー′    ∨,/ / , V/ , ,..//{,    / ,∧ ∨          __
          `Y ノ           `Ⅵ/ / /V,/,///゙/      ' ∧ ∨         / /   /| _
          ヽつ          __彡イ彡イ彡イ//彡イ       ∧∨          / / /ヽ |/ / /   _ /|
                       __彡へ、///}}///}}イイ/`ヽ   '∧∨       / / \ |    ̄ /| | / / /
                  \ `ヾミニ=─{{_}}─<_/::::::/, /  ∧∨      / /   ヽ |     | | |/ / /
                丶\\\     ノ厶    `ヾ'//// ヘ     / /    | ヽ    |/  / /
               、\\丶       く<          //, / ,ヘ   //      | 〉      |/
.               、ミヽ\  \\     /\.        ///, /              |/
.            、ミヽ    ヽ   \\/ `Y´ \    /     '//' ,
           、ミヽ            、\\/\> ヽ /          ' \
          /               /::/´    `'<> ..             \
.       /            /:::/         `' <> ..           \
    /               /::::/                `' <> ..         ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それを察したやらない夫の集中が、強制的に訓練用から試合用へと切り替えさせられた。

  攻撃の型を予測して、ある程度の手を絞り込んでから防御と言う案が全て破棄させられ、
  純粋に反応速度のみの防御に移行させられたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

56 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:37:06 ID:s/0d74MR
一457.



                                           / ̄ ~/   __ __
                                          /   /___./  //  /
                                      / ̄ ̄       /  //  /
                                      /__   __ /  //  /
                                         /   / / /._M//_M/
                                             /   / /   /
     `゙''― ,,,"'ー、、         ヽ   ./l  / ,i′       _/   / /   / ..,,_     _,, ー''"゛.,,, -''"
        ,  `゙''ー.ミヽ..、       ヽ  l ! ./ . /       . /./   / /   /   ..二=ミ,,、 _..-'"゛
        /      `'-、ヘ..、     l .| !,iゞ ./      ./゛ ,./μM/ /   / _ _ __..-“゙''ー ..,、
       /      、   \ `'''゙‐''、  ll゙lゞ / ,i .,..=". /     ./μM/ / // // /      `゙''ー ..、
       /     ヽゝ ''=i..、`'-、 .\/゛  .! i|.┘  ,/     _..-''"   ./M//M// /
       !          `''ミ"ー.\      |./    /      .'",i‐7     _,,,,ィニ- / /¬''''''''゙゙゙゙゙゙゙ ̄ ̄ ̄ ̄
      l                \ .l ヽ        l゙         ilr'"._..-‐'''" /   /M/
      .!               ゙广         `'ーて         .'"
      !             ─=二_             `'''ー-....--┐_,, -'ア -.---..........,,,,_
     l                   )            ( `゙゙''ー ..、  ___く            ⌒"''― ..,,,_
     .l    、              ,/.              ヽ.   `゙´ 、,´゙゙''ー-..,,,               `゙''''
     l  .,/゛           ∠           r‐,,r、.    ..\     `''-、   .`゙'ー ..、
    ,|-'´                 /    ,r‐-、  .!  ゙! l   ,i、 \       `'-、    `゙'ー、,、
  .,/゙.!          、     ,.rシァ   て  .!   .\   .|, .,∧ l、\ .\ `'-     .`'-、      `''ー、、
/  .|      : -"    ./'",,‐_x'''厂゙″  ┐ ,..―=、 ゙'ゞ l|  `へ,゙.、       `'、、  ゙'-、   `''-..、
   │             / .,,‐/ .}./      l, 'i     ゙'-. .、    ゙' \         .\.    \     .゛
    !      ,. ./   .iジ  / ヽ      l .!        ヽ     ヽヽ         \.    `'-、
   .! ._.  .,/ ./    .〃  ./   ヽ     ! !        ..l     ヽ'、             \     \
   .,|-'゛   ゛ ./     ./   ./     .ヽ    | ,!       .、 . l,     ヽヽ      、.   .\     .゛
  '" !    /     .  l   ./   ,、  ヽ   ,!.|   ヽ   .、 ゙'- l      ヽ.l   '、,  . \    \
   .l   ./     ./ . l   ./  / │   .ヽ  .| !   .ヽ  ..l   l      ヽ.l,   .ヽ,    \   .\
  │ ,/      ″ /   /  .‘       .ヽ .l.|       ,  ..l   .l,    . 、  lヽ    .゛     .\.,,, ノ=''"
   l‐゛   ..     ./   l、          ヽ:!|      ゙''-、,    !   .l .ヽ .ヽ.l      _.. -''"゛.\  `



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一人の斬り下ろしを剣で受けた所で、懐に飛び込んできたもう一人の雪華綺晶は―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

57 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:37:36 ID:s/0d74MR
一458.
―――――――――――――――――――――――――
  剣を持つ右手ではなく、徒手の左手を突き出している。
―――――――――――――――――――――――――



                    _,,.. -─一
                ,. ´ ̄
              /   , ,.. ´ ̄     ,.
            ,     //  ,,..   ,. x<
         ,..    /   ,. x<
         .      ,.. x<         ,,.. -
     /   _/´ ,.へ、        /  ,..-一
    /  / ̄ ̄ ̄`ヾ..ソ      '  /
    .′、/        、    <__,,...´
    i ム |  k k 、ヾ\丶     ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄
    ヾ、j  r ーx\__,. / )      - ──一
      i : ムYノハ 弋ソ/ / /)
      | ヽゞ ___  .ノ {//`x              「気功掌!」
     弋,_ \`ーェ. iヽ:''"゙゙'':.,一 、
        `ヾ\   i;:     :; ̄\   ヴヴン…
            `ヽ | :、,. ..,::'、‐  》z..,,
           :  ̄\/´ ̄    `7 > 、
           ゝ...,,_  _> / ̄`ヽ.  ハ  、
              「..ノ ‘ー''      ハ  |   \ \
               _/              /  / ̄`ヾ \
           ´             /  ,(     \丶
          _/            ,,..ノ /  \
         廴> 、弋,_ _   /´    ′ /
          /x`ー イ_,. 、_,ノ  、_/⌒´::::\
            /x  /      ‘ー''    ` <::::::\
        /x  /               ` <::\
          /x  /                   ` :::\
       /x  /



――――――――――――――――――――――――――――――
  そしてその左手に気が収束して、やらない夫を飲み込もうとした。
――――――――――――――――――――――――――――――






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             l   ___ ノ     ^ー―-   |
               l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l
             !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l
             l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '    (体術技!?)
               ',   /    |    ヽ    /
              ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  軽い動揺を覚えつつも、彼女が内功をそれなりに積んでいる事は、
  盗賊を―――大人の男性を―――軽々と片手で抱えた事から察していたやらない夫は、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

58 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:38:06 ID:s/0d74MR
一459.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  同じく剣を持たない左手を突き出し、彼女の何倍もの速度で掌に気を収束させ―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



.        ___     「気功掌!」
      /      \                          ____
.      |  _ノ    |                        _// ̄ ̄ \.     / ̄i
.      |) ( ●)   |                   /:://゙~/ ̄ ̄ ̄.¨\./   /
      (_人__)     |-..、                   / :::: l l. / /  ヽ-/   /
.      |`⌒´   ,-┴::::'l_,.-―-..、       _ ,-/:::::::::::///. / ヽ、___/ヽ、_, - ─=ヽ
       \_   l´:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`ー‐::':::::::::::::::::::: // `Y ヽ、_ ,-ミヽ、             /
       /. ヾ| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: //\_/  l  / ̄\\`゙ ー─‐< ̄ ̄
      ,ヽ/`x} :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: //- '´ .Y.. `i-'    `-\ \    `` ―- 、
      {::::ヽ,| /::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄`ヽ- 'ヽ// ::, - ‐|.   !.         ∨ `ゝ - 、__/
      \/ l.lヽ ::::::::::::::::::::::::::: |          ~`´   /.   /.          ∨ ∧
      /:|./:::::::::::::::::::::::::::::::::|                ゝ ノ. ο   O     / 。
       |:::::| \:::::::::::::::::::::::::::::::/                  ヽ。 O     /      ο
        |:::::| ol |:::::::::::::::::::::::::: /               ο   ヽ  。  //  O_,  。
        !:::////::::::::::::::::::::::::::〈                      iヽ:''"゙゙'':.,/
.      / ::l〈〈「:::::::::::::::::::::::::::::::\            -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
     / :::リ o||:::::::::::::::::::::::::::::::::<_             。  'O   :、,. ..,::'、‐-   。
  〈`゙ゝ ::/ //∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\            O   //`v:: 、j  。 O_,
  〈`゙ゝ ::/ // .∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         || .|.|   //。  |   ヽ
 /_l`ゝ:/ o/ /.∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、         | |.| .|      |\            ∧
 /` ゝ/ ////  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|ヽ    ||.| | | |.      \\           /∨
                            | `,    | | | | | |        \\       /∨
                                l  `、/ ! |j |j         \|      /∨
                                l      |                      / /
                              |` ,/  ,、/|  |                / /
                          |  .,/   |  |                   / /
                         \ \    |  !                / ,/
                                \ ヽ,   | |              < _ /
                            \j   .| .|
                                | .|
                                | |
                                | |
                                   {j


59 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:38:37 ID:s/0d74MR
一460.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  結果、二人の間でぶつかり合った気と気は、はじけ飛んで大きな音を立てた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                             i
            l\        ┌:,    ,!'|   ` .
             ! | !ヽ. ,、 |\_|| ’ j  i! i    ,-、、
              ! .| l l.|゙i |「`ヽ`i   { ||   /  /
             l | l |! l └′/,/ :、,ィl! l! {′/  ;/
              ! ヽ、 ̄ `'''  , `   Yl!|:  | |. /  /
               ! r 二コ    | 、 ゙リN: ; !li└ヽ/ /゙:、
              | |      }'′    i  ;}|! ,/ ,/
              ``'     ,:;:;:,!     ''′ ,. !/ _,,.-''   ヽ
                      (''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l .
                 〃’ :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}
                       j∨il!ィ' {’      へヾ;;イ
                 ’ λ' ,j、l! / 、     ., ,il{ ,゙!j!;|   :
                    ゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′ ,
                      じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/
                   丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Z
                  __   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄
                _  ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -
                  二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       / / /    / / / l (( !  l l  .l l   ノ l  ! l    l  .l
      / / /   , ' ./ /―i--l))| l .l-、-l―l― ,l .l l  l  l    l  l
     /././   /,' / /-,-、-,/┐! .l lノ_,.-=',"-,ノ.lノl レ'  .l   l  l   (綺麗に相殺された!
    ノ./ l ,  / l ∧.l〈`_∂ノ,} ノ レ'  '(::i:::ノ/ l .|     .l   l  l    でもそれも囮!)
    /.  ∨∨  i/ /i((`<^_ノ      ̄``  l ! .l    .l l_,.-'" /
            /\l`)〉     〉       lノl .l    ll l_,.-'"
           /   ゝヾ     _ __     イ  l l    l l l''-.,_
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

60 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:39:12 ID:s/0d74MR
一461.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  あれだけの一瞬で、威力を見切って合わせるだけの実力があるのなら
  遠慮無く剣技を繰り出しても問題ないはずだ。

  そう判断した雪華綺晶は、もう殆ど全力で剣を水平に薙ぎ払い、
――――――――――――――――――――――――――――――――




61 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:39:14 ID:s/0d74MR
                                       _..,..,,....... .---.------------
                                 _,,.... -ーー'''_,゙゙二―ー'''''"`"` ̄ ̄        _,,.. -─一
                       _,,.. -ー'''",゙,,,.. -ー'''"                 ,. ´ ̄
                    _,, -''''"´_,,.. -‐''''"゛                      /   , ,.. ´ ̄     ,.
            _,, ‐''"  _,, -''''"                          ,     //  ,,..   ,. x<    _/\/\/\/|_
           _.. ‐'"゛  .,.. ‐''″                           ,..    /   ,. x<         \          /
      ,..-'"   _..-'"゛                             .      ,.. x<         ,,.. -    <  地平斬!  >
    /    ,, .'"                               /   _/´ ,.へ、        /  ,..-一  /          \
  . /     /                                 /  / ̄ ̄ ̄`ヾ..ソ      '  /        ̄|/\/\/\/ ̄
  l゙     l                                .′、/        、    <__,,...´
  .l,     \、                              i ム |  k k 、ヾ\丶     ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄
  \,      `''ー- .,,_                          ヾ、j  r ーx\__,.          .- ──一
    `'-、,           `゙゙'━== ....,,,,__                 i : ムYノハ 弋ソ !
       `''ー ..,、              ̄ ゙゙゙̄'''''''''¬――+―-----| ヽゞム    _ /     `x―‐
              `゙'''ー-..,,,_                         弋,_ \ >─ .| |, ─-、
                    `゙゙"''―- ....,,__    <ニニニニニニニニニニニニニニニニニ}i | 」 」」j≡≡i}
                           ゙゙゙゙̄"''''''――-............,,,,,,,,___  `ヽ ||_| ̄       》z..,,
                                            ̄ ̄ ̄:  ̄\/´ ̄    `7 > 、
             ┓┓                                ゝ...,,_  _> / ̄`ヽ.  ハ  、
      ┃     ┛┛         ┓     ┓                    「..ノ ‘ー''      ハ  |   \ \
      ┏━━┛            ┛    ┃                     _/              /  / ̄`ヾ \
      ┃           ━┃           ┏┛  ┛┛┃           ´             /  ,(     \丶
      ━━━┛     ━━┛    ━━┛      ┃          _/            ,,..ノ /  \
                                             廴> 、弋,_ _   /´    ′ /
                                              /x`ー イ_,. 、_,ノ  、_/⌒´::::\
                                             /x  /      ‘ー''    ` <::::::\
                                            /x  /               ` <::\
                                           /x  /                   ` :::\
                                           /x  /

62 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:39:36 ID:s/0d74MR
一462.
―――――――――――――――――――――――――――――
  切断に特化した衝撃波は抵抗なくやらない夫を突き抜け―――
―――――――――――――――――――――――――――――



                                              /'i
                                              /. i        /i
                                             j  |   .,、-'//|r" リ
                            /    \           |  |、-'" ,/:|  || /
                              |二二二二|           |   ,,、- '" | r'.|/"
                              |( ●) (●)|        ,、-'"   ii ,/ | |/ /|
                            _| (__人__) |      r'" ,、-'|.  ノ |  |  ,! |. |
                        ,-ヽ、ヽ `⌒´ />..、   j  /  .|. / .|  | r".| |. //|
                           r ´::::::,::-ヽlゝ  /ゝl:::::::`>、 // ,ri  |. i  .|  r' |  |.レ''|  |
        .                /:::::::::::\::::∧ ∧ /ヽ|::::::::::::l  /. |  | |   |/  .| /   |. r'
                    / ::::::::::: 「´:::::/∨ `|:::<゙:::::::::::::\|.  |  .| 〉       .|/    |/
                   /:::::::::,/| ::| ::::/ //  |::::::/:::::::,、::::::::::|  |   | /
                   /:::::::::/   | ::|:::/ . |.| /|::::/::::::/ .\::::|. /.   |i             `、\N\
────────────────────────────|/────────────→    >
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 /7/
            /:::::::::/    /´:::/    |.|   |::::::::::∧      \:::::::::\          //
        .  /彡\ /     /:::::::::/:l.     |.|   |::::::::::::∧       \::/ ゝ、
          (/\)/      /::::::::::::/ ::|   // . ∠|::::::::::::::∧        | l, , , , |
          /ヽ/゙´     |:::::::::::/ ̄|    .|.| ―‐|::::::::::::::::∧        `' ̄ ̄
        . / /        |::::::::/   〈   二|.|二´ ∨:::::::::::::::`\
        / /         .∨ /   ∠、_/l\__∨:::::::::/ ̄
         /         ∨   /::.::::::::::::::リ:::::::::::::::∨/
        ./              /:::::::.:::::::::::/∨::.:::::::::::::∧
                         /:::::::::::::::::::/  ∨:::::.:::::::::∧
                     /::::.::::::::::::::/   ∨::::::.:::::::∧
                       /:::.:::::::::::::::/      ∨::::::::.:::::∧

63 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:40:06 ID:s/0d74MR
一463.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  目の前の姿が残像だと知った雪華綺晶は全身で気配の流れを探り、
  絹糸よりも細いそれが、後方に回り込んでいる事を何とか探知する。
――――――――――――――――――――――――――――――――




__―_____ ̄ ̄ ̄__―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
      .-――z^^7 ̄`((⌒ ._
 ̄__/    /   }(勾},ト、   `ー ._=  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
   /    /     ((乂ミ=       ヾミ .   _
 /             _)}   .-‐        λ--__))=  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
´     /7 /      /   -~ __     ゞ勾ハ
 ̄ ̄/ //  /     /    ((⌒' /    Ⅵ i  ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
_ノ  '       イ /   //`).l /! / ,  Ⅶ !
.  /        /    //l\ レ'/ / } / //  :. !―_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
 ̄´            {./ // r==>ミ / // 〃ル  i l
__―/     /ス//{,// 7rッそ》}  八、/ } l  } |      「残像!」   ― ̄___ ̄―
   /     ∠ゝ、ン    _《 ゞト=ン γ=ミ / リ ./ ノ!
 ̄/     /__.У::.     ((⌒ーv_ソ"  辷ソⅣ/ノ  l|      (気配は―――後ろ!)   ̄ ̄‐―
      / ト、_ ハ::.            、   ハ /|    l|
_   /   {   ̄ト、::.    , r‐=z 、 ′/ /i l|    l!  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
7} `ー- ._ノ   ム 丶:.    l  ヽ:/   イ:.   | l|    l!
/          {__ヽ、ヽ:.   `ゝ=ァ’ イ !:.  | l|r―-lト、 ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
i           /}  ≧x.._ ィ~zリ √ ̄ ̄〃    ⌒ヽ‐z
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=


64 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:40:36 ID:s/0d74MR
一464.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  剣をもう一度振りかぶっていては到底間に合わない。

  薙ぎ払いの勢いを活かしたまま、右手を懐に引くことで回転力を上げると、
  鉈のような蹴りを気配の中心に向かって叩き付けた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



      , '
     〆
   // :::::::::::::::::::|
.  ノ /:::::::::::::::::::::::|
  /  i::::::::::::::::::::::::l
  ,i  |i:::::::::::::::::::::::|
 ,'  |i::::::::::::::::::::::::|
i|   |i::::::::::::::::::::::::l            ,,ィ='  ̄`>- 、《
i|   .|i::::::::::::::::::::::l         ィ必≦/        ハ必≧、
|    .i、:::::::::::::::::|        /  /            ヽ、 ヽ
ゝ     i、::::::::::::::|        ,'  /    l     ノl  /  l   ハ       _/\/\/\/|_
.i|      ゝ::::::::::::|          l  l// / l∨ヽ  イ´l_/l/  l   /       \          /
...i|      丶:::::::l  (、    l ハ l  !ー》ォ 、 イセoチl l  ノ  /{ ry__   <  ヤアッ!   >
 .i|       \::',  ヾヽ、 /  i/ヽハ!{必}〉    ー≠ルイ  / // 〈_」_」_」〉  /          \
  .i|        丶::',  ヽニニニー==   《´  '     /;  / / l `⌒  〈    ̄|/\/\/\/ ̄
  .i|        丶丶、、,,   ァ' ̄ ̄/^ゝヽ  ‐=  ,イ l/  l   ヽ__/(
―==i|            \ゞ`--ァ'   /   `ふー 、_//l    l   ∨    ∨
     i|、       `\ 、 、,  l /          〈 !_  l   / ヾ    ',
      ゝ       `丶`\ゞ ! l /      ヽ   ヽ、 \!  /   ハ     l
      ヾ::\  ,.   ミ\丶 `V__i!       l     7  `==―--'ヾ    ∨
   _y=〉ヽ:::`;丶_  /し'/`丶´ ヾ       i     l           )   /
 ̄ ̄ r'  ,':,r'⌒''"´:::::j /::::::::/丶∨        /       ,'             /
二>/  ./::::::::::::::::::::,く(:::::::{`l  \      /´ヽ、    /     ____/
ー/.  /::::::::,,:::::::,イ:::::l|:::::::/  ヽ、       /    `〈 ̄.ヽ== ̄
/    /:::://::::/ l:::::l|::::::」 `r:、.ヽ、         ,,, ィ'´て  ヽ
ゥ  /::/ /::::/ l::::::l レ′  ,'i:::', ハ、      /    /   l
} / "′/:::::ヽ レ、ゝィ.__.. -‐zハ、l ヽ  __>'' /    /    ハ
}/    /::::ハ:::ヽ、 /::::::::::::::::::/::l ヽ', !/   /   /    /
ハ   /::::/  ヽ::::::{ l::::::r''7゙// ,':,'  ヽ〉  /   / ./    /
ふ /l:::/   ヽ-' {/ /::∠ノ:l   /_/   ー='´/.   /
 〉'  レ′       /::/,r‐r 、l.  ,'!       /   /
.〈    / |       l::/ l:::/ ノ〉\〈 ヽ      / /
 ヽ、 /  l       レ | ル/´}   ∨ヽ、   //
   ゝj   lヽ       " /::::/∨  \/  ー'"´
    ヽ    ',       /:::/  l   ./
      \_!_ハ==== i:::/==;kヽ /
        ヽl::::::::::::::::::::::レ′:::::::l ./
         ∨::::::::::::::::::::::::::::::::'!'
           ',:::::::::::::::::::::::::::::::::l
          ハ::::::::::::::::::::::::::::::::'!
           ヽ:::::::::::::::::::::::::::::i
             \::::::::::::::::::::::;l



65 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:41:06 ID:s/0d74MR
一465.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  果たして彼はそこに居た。
  驚きか、恐怖かは分からないが、何らかに衝撃を受けた表情のやらない夫は
  びくりと身体を震わせて立ち尽くしており―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|             ,/    |      \
    |            |     |     |
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '    ビクッ
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ

67 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:41:36 ID:s/0d74MR
一466.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  されど、遠慮のない蹴りは再び手応え無く、その映像を突き抜けるだけに終わる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



         ,,、                  、
         `'ミ'‐ ,,、            リ、
          , -\ `''ー ..,_   .゙ミ'ー ,,,、 .|.ヽ
        /   \    .`゙"''''''゛   `゛ ヽ      i、
       /      \                ヽ,    ,バ,
     /         ヽ                `'-  ‐゛ ..l,
    ./  _______ゝ           _、         ヽ
   /       ̄'''''ー ,,_           ,i'´  \´゙'''.ー      l,
  |         //___>     │/::::丶丶    `''‐、.       ,,,,、-∠
  .|      -ニ二 ̄ ̄        ! {:::::::::::::| |      `'‐     )   /  ,、'て ,,、ィ
   |         `''-、.        .l ヽ:::::::ノ/.             フ /_,,、-イ /./ /
   .|            `'-,       l,    \            ,, /  ´   / / / /    ,,,、-ーァ
    |            |`┐      ゙'、   |           ィ, 、- '"   r''ー "/__l. / 」 ,,イ /   /
    |            |、i|_      ゙'、.   |      ノ'''´  ,,、-'"/ /  ,,イ   /// .| / /,,,、イ
    .|             \_`''-、    .ヽ/     .イ ,、-'"  ノ  / ,r'" (     )  (///´  /
    |.             ヽ  , _,ゝ    \      /'´" /(  ) / ノ  /    ノ /  /  /
    .|                    ゙゙'ニr     .ヽ        }  / /. /  )  |    //   / /
     |            _,,.. -‐''"゛        \     イ  } /  /  / /        //
      丶            ゙゙゙゙゙̄"''''―- ..,,,_     \   / /  | /   //
      \                       `゙'''ー ..,、 .\ ./,/  |/
       .\                  /    `'-、 .\
        ヽ                /      ,,....>  \
        /                く         `゙'''ー _ \
        |                 ヽ               `\ \
                                         \\
                                               \


68 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:42:06 ID:s/0d74MR
一467.



          ∠乂ニヅ´             ヽ、_((_
           /{{  (( /               ∨辷ヘY `丶
         ′ / )) ′  .′!    l |  `   弋ニツ` ヽ ヽ
        /  / / / ! |  | l| i l |l | !   l|  | ))ヽ  |  |
       ./  / ,   ′!  )) | l| i l |l | !   l|  | ((  l  !   |
      /  / /   l! | |{{ | l| i l |l | !   l|  |   il  l   |
.     /  / /    ! ⌒\ト| l| i l |l l /⌒l|  |   il  |   |
     ′ ,'  l  |  l|ィセニミベ}从八|ノ|lィ彡=ミ l|  |   il  l  |     「っ!」
    /  /  Ⅳ八从K( くノ 》       { ! } 》lN从   i  |   |
.   /   '     l   !ゝ二_ツ         :.=' 彡i|   !   :.  i   i     (違う、これも残像―――!)
   ′ /    ノ  ∧ ((     .:i          l   i    l  l   |
  /  /   /   / ∧ ))             ハ  !   .|  l   |
  ,'  /   / , 〃 / i、     r―‐ュ      イ i |    {  ヽ ヽ
ノ  ノl   ,'  i /  /  l| ヽ    ` ̄    /_ ! i 八   丶  \         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
{ / l!   i  l./  /   i _{> 、     ィヘ /.i  ゞ ヽ              |  残念でした。  |
i,/  ノ  /( 〃 ノ    .i ト、` ̄} r'⌒ーレ7 イ ハ     \   ヽ         乂_______ ノ
′    /  ゞ  (r‐、  / ノ  ̄不´>   / 〈  ヽ     ヽ
 / / √~ ゙̄ ̄’   ̄ ̄ `  {「ヽ√     `ー 、_, ,..-―‐¬,
 /  く,               ノリ       __  `´  7'" ̄
 r――く入  /⌒ヽ     /ヾ           ゙ー~ュ/` ヽ




―――――――――――――――――――――――――――――――――
  完全に虚を突かれて対戦相手を見失った所で、真横から声が掛かった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

69 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:43:06 ID:s/0d74MR
一468.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  気がつけば、すぐ隣に立っていたやらない夫が剣を背中に突きつけており、
  やっと、身動きが取れない状況に追い込まれていると分かる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                              __
                                               /    \
                                               /         \
           (( ____ ))    「!」                   |     : :::::::::::|
         _√ィ´    ` ヽ\                            |     :::::::::::::::|
        ,イ / ,' l  |   } ト、                      |    ::::::::::::::::::|
        j / ,  |  !  / | !         「俺の勝ちで    |   ::::::::::::::::::::::|ヽ
        / ,' /   |  ハ   { 〈 /          良いか?」      ヽ       /_./|:\
        | { /ト、 ノ、/  ,イ   ,ヘ                       \__,-‐´~/:::::::\
        ', ∨ l }丶 l|   {'  ∧ヽ、                      ∠___ ,-‐'~.:::::::::::::::)
       ハ i! ∨ _ノ   ヽ  j! \丶                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ./ l|  |  ヘ    l|ノ   jl }                     /::::__::::::::::::::::.::::::::::::::/
     / 彳  ゝ  i   /ト、  ハソ                    //:::::::::::::\::::::::::::::::::::::/
      { 〃 !   《 ヽ ム  j i| ヽ/  \                   |:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::|
     \ヽ/   l|    } / リ   l|    }                  ヽ:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::|
       ヽ\  //  l! /  '   ハ    ノ                    |\::::::::::::::::.:::::::::\:::::|._
      /}_」ハ/ ヽ  {ト、    }∧  jヽ、                    |::::\_::::::::::::::::::::\|:\
      !///ハ }  ノ ヽ  イ/ '. /  |                    〈:::::::::::\:::::::::::::::::::::::|::::::::|
      / ./  l| ∨ l|    Y  ソ  '/  i!                     /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|::::::::\
  --イ   / ノ  ヘ ハ   /  i!ヘ  l|   リ                 /:::::::::.::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::`|
  _ -‐ ′(     '人i  j  '  \i!  /|                     |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::/、
       \i    〃  '  ,'      l ∧{                    \:::::::::::::|::::__/|_/:::::ヽ
         }   ノ!   l|  \    ,' ' ト、                     /__| ̄____/::::::::::::::::::::ヽ
        ゝ、 l|  ハ    ,' .ノリ\ノ j                   ヽ::::::: ̄|   |::/\_:::::::::::::\
          レ'仆、/ヘ_____________________ヽ/|/   \___\:::::::::::::::ヽ
          |  <                                 | | | ̄〉 〉 〉〉〉_|  \:::::::::::::ヽ
          |ミ≡彳  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ| ̄::´::´´´ヽ    \:::::::::::ヽ
          |    !  j|   |   ゝ- 、                  .       ヽ:::::::::::::::::::ヽ      ヽ:::::::::::ヽ
          !    |  l|   j       ̄                        ヽ::::::::::::::::::::ヽ     ヽ:::::::::::ヽ

70 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:44:06 ID:s/0d74MR
一469.



             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l     「………参った」
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ / ' / / /.   |     (横、か。
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  / / / /    l      分からなかったなぁ)
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / / //    |
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |     |
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |       |
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ   ヽ
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |    \
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ        \



――――――――――――――――――――――――――
  これには素直に負けを認める他ない。
  完全にしてやられた彼女は無念そうな視線を投げかけ、
――――――――――――――――――――――――――


73 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:45:06 ID:s/0d74MR
一470.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  内心、大きく動揺している事はおくびにも出さず、何とか平静を演じるやらない夫は
  とんでもないレベルだった実力への感想を素直に述べた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (○)(○) .l i i i    (女の子がなんてはしたない!
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉    いや、アンダーアーマー(※)だから違うけど!
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /     いやいや、そうじゃなくて!
           .i   l.      ,'  ./
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ        ああもう!)
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./
               |    .   |
     ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
                  ○
                о
               。
         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ        「凄いな。
        |  u      }         攻撃魔法を絡めたら、
        ヽ     ヘミ|         もっと多彩な戦術を採れるんだろう?」
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__     (危なかった………
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ     一瞬遅かったらまともに喰らってたな)
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

┌──────────────────────────┐
│※鎧の下に着る綿入れや下地の総称。             ...│
│ 重ね着前提で作られており、                    │
│ 金属から皮膚を保護して動きやすくするための物なので  ....│
│ 下着と違い見られても恥ずかしくない。             ..│
└──────────────────────────┘



76 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:46:06 ID:s/0d74MR
一471.
――――――――――――――――――――――――――
  もちろんやらない夫の予想通り、
  雪華綺晶とて持てる手札の全てをさらしたわけではない。
――――――――――――――――――――――――――



                                          / ̄rv-ーく,.  -‐…‐-  .
                                       / ..=くУ''"´,ノ          `
                                         / ( /   (             ゙Y^ヽ^Y⌒ヽ
                                      ' //                 (く笏Y   :,
                                        {/ //    /                 `アフ爪   '
                                        〃 //    /             ヽ     ハ]ハ  i
                                        ;  i;      '           }   ハ  / ノ′i  |
                            .          i  i|  !    i    |,」| _ !   } }    i|  (_;_) |  |
 「そうねぇ………                            i| ii|  || ,i|  i| l「丁 T  /|    i|.  //| |  |
                                     八 八,i人|ミ刈  i| ナナニ八///|    i|: .//, | |  |
  余裕があるなら事前に敏捷上昇や筋力上昇、         ヽく((笏Y)Y从从 行テミメ、/ ノ    リ:/,   | |  |
  物理防御上昇とかも掛けるかな。                  }人`Y´ブ     lr'..::::ノリ刈′  ////,  | |  |
                                          从 ィ~ ,     ^゚ ー=/    //イイ,  | |  |
  他に無詠唱で使えるのはボルト系ばかりだけどね」      / /八         ::://,  // // | |{  | |  |
                            .           / /(  i\/)ー    // // 厶=ミ| |{   | |  |
                                      / //. :i i/ .く ____ // //´     `ヽ   | |  |
                            .         / // ; / x=、 i((⌒刈//  l/         ':. | |  |
                                   / ,. / .:/   /`ヽ)) ノノ'   /         ' 八 .|  |
                            .    / / / .:{    /`Y(((i  ;′          V /\:. |
                            .   /  ,  /   i|ヽ.    ク ))| l i;゙               \  \人
                              ,'   /  ;   i| . ハ     ∨((__| l {           _ ..ヽ  ヽ. \
                              !   ;   i  :八,.~}    }~ヘ从     ,..    '"~´     |    ヽ \
                              人  {   | 〃  \`⌒し~)   ノ《,.  '"           ∧    ヽ  \



77 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:47:06 ID:s/0d74MR
一472.
―――――――――――――――――――――――――――
  だから思わずにはいられなかった。

  彼女は強い。
  一介の剣士など足下に及ばない程の実力を持っている。
―――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)        「しかも実は、体術も使える………か。
           |,      ` ⌒´ノ         畏れ入った」
          │         }
           ヽ、      ソ          (簡単に言うけど、
          イ斗┴r┐` .;            実際はかなりの鍛錬を積んでいるんだろうな。
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |        ―――嫌だな、女性が戦うのは。
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_      女性が―――戦う力を身につけなければならない、
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ    と言うのは………)
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



―――――――――――――――
  だからこそ、切ない―――と。
―――――――――――――――


79 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:48:08 ID:s/0d74MR
一473.
――――――――――――――――――――――――――――
  褒められて嬉しい雪華綺晶は、
  まだやらない夫がどれほど女性が戦う事を嫌うかは知らない。
  どれほど、戦闘区域に女性が居る事を嫌がるかを知らない。

  なので、褒め言葉を額面通りに受け取り、
  それでも大きく差があった彼の実力に触れた。
――――――――――――――――――――――――――――



                                 ィ⌒ヽ
                                     )  __
                                 iV/r' ´  ̄     ` ' 、     ,-、
                               ィv┘./  /         ` 、  .r'´
                             r  >イテ   i             \/v
                            >フ/  /  l  l        l   {人レ、
                          , ィ' ´  /  /  l  l   i     l .i  ゞV/廴
                        / /   ./   i _ l  l   :l    ! l  l ハ`´ ヽ
                       /  /   ./ィ   r'´ ` il  ト 、 .|  i  l |  | i .| _V )
                     / イl/   イ.イ   廴 _ 人 .ハ  ヾ ト +- 、| .|i ./ .l .| rヘ
                     {  .i l   / il  il  ≧iVハi .\ _V_ハ /.i V  .∧   ヘ
 「よく言うよ。             V il .  / /   ノ Ⅶt人ァ ヽ \ィ≧テ-L/  /ili .V   ',
  終始余裕だったくせに?」     V \/ /  ./ ハミY /ノ  ,  ┴=斗/  ./ 人 V  .',
                      V./  /   ./  i ゝ  )      """ / イ / l  i   ト
                      /i .  /   ./  .イ┌人il  ` ー '   .//././  l      ヽ
                    ./  .レ  /  i  / lr )、 \、     イ // ̄ス─-┐    i \
                  イ/   /  i   ∧ 、_// 入  ≧- イ⌒i l  /   /、    l   \
                  ../i  /  イ ./  V>-    ⌒) Y. {  :l | イ   ./ /、 i   l     ト
                  il V./  / :l ./  < `ー─┐ ィつ i   r弋、─-─≦ イ     |     V\
                    y  /   {    \_  `i i<`  ̄>i i  \    >イi    |     i  .\
                  ../  / i  Yゝ    彡 } . l l>><<l.l  r ' ´ ̄    ヘ   i     l    ヽ



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     「いやいや。
   |      (__人__)     本当に凄い」
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    (今の装備じゃ全然物足りないだろうに。
  /     ./ _ノ      つくづく、魔剣を折るなんて馬鹿な事をしたもんだ………)
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  腕を組んで俺の事はどうでも良いんだ、と謙遜したやらない夫が見る限りでも、
  彼女は頭の髪飾りに仕込んだ魔法の鎖、魔法は付加されていない様子のミスリルのスケイル・メイル、
  それから普通の革グローブとブーツと言う出で立ちだ。

  レイピアもミスリル製品ではあれど魔力を持っている程度で硬質化などは付加されていない様子であり、
  彼女の実力からして不足しているのは確実。

  だからこそ、自分が折ってしまった魔剣の価値が今更ながら胸に痛い。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

81 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:49:16 ID:s/0d74MR
一474.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶はそれにしても、と先程の試合内容の検討に移っていた。

  これまで連戦連勝と言うわけではなかったが
  ここまで大きな実力差を実感させられた事は皆無に等しく、
  少なからず自尊心を凹まされてしまったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                        r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
                                       /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
                                      |  Σン三ノ         -フノヽ  |l
                                      |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入
                                     /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
                                     / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、
           「二度も残像に引っかかるなんて     / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
            思わなかったな。             /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ
                                   |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
            裏をかいたつもりだったのに」      |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .   ゚゛゚ |i /      |  |
                                   |   /   | ノ ト   rっ   /ik   |    | i |
                                   ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
                                    | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
                                   / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
                                   / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ
                                  / il y  /   /`  ´´`ヽ   ヽ    )  ヘ  \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  理詰めの戦術はなく、もっと感覚や勘に任せた本能主体でやれば良かった、と
  後悔する彼女はしかし、まだまだ伸びしろを余していそうな様子。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)      「裏の裏って奴さ」
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ

84 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:50:06 ID:s/0d74MR
一475.



                                         ,ィ''´_二----`' - 、__
                                     /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                                    /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                                   // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                                   {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                                    Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                                    {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
          「………それじゃ、表じゃない?」       __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
                                   i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
                                   }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
                                    'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
                                   i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                                  r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                                  `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                                    ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                                   | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                                   l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                                    i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \



                ―― 、
             / 〉 ´____
            / /' ≡≡≡≡≡≡
         / //〉  ( >) (ー )  l      「あ、そうか」
          l  ´ イl   (___人___)  l
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



86 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:51:43 ID:s/0d74MR
一476.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  バンダナを動かした彼の表情が面白かったので、
  遠慮無く笑った彼女は後で今のを教えてもらおうと思った。

  勝っても負けても検討を欠かさない事、相手の良い所は吸収しようとする所は二人ともそっくりで、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                    (( ,  ∠   ̄   ̄  `ヽ、((
                                  /{薔}辷           〈(薔)辷ヽ、
                                 ∠ / ))              ((`ヽ、 `ヽ、
                                / /   / /       ヽ、ヽ`ヽ、   ヽ   i
                                / /   / .i  /       ヽ ヽ、ヽ、   i .|  l
                                ∧ 八  / .i ../i i i  |     |  |  i  .|  i  i
                               |  |    i | | i .| .| | .∧从ヽ八i  i  ./i  i  |  .|
          「ふふふ、変な顔。             |  .| i  i i i∨ヽN、.iリ Nr=ミ .i ,'i / ..|  .|  i  i
                               ヽ、.| i.リ、|/バY^ト.リ   イr:::ハ |ノ/ ∧ ..i  i  | . ヽ
           ね、今のどうやるの?           (  | i  ヽ|ゞ弋ソ     `冖' ∧ / i |  |  i  八
           私にも出来る?」               `i .| i   ト ))   '      // /  | i  i   |  l  ヽ、
                                 .| .| i   八   マ  フ  イ/ ./ i⌒y⌒`ヽ.、 .i  i    i
                                / | i   i . >、 -  </ /yラ.(、     .`ヽ‐-、  .|
                               ノ / /  / /  ,厶(⌒)ハ(| .|},ゝ   r)         )  i
                                i/i ./  / / .,ゝ、 ,- 、,- | |\  ,.ゝry          /  |
                               / /  丿 / 〈  (  ><.| |  `Y  (       へ  i



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)       「すぐ出来るよ、
        |     (__人__)        分身が使えるんだから。
          |     ` ⌒´ノ
        |         }        コツは気配をわざと強めに残して
        ヽ     ヘミ|        餌として残像を置いておく事ぐらいかな」
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



――――――――――――――――――――――――――――――――
  どこが本体かを誤認させるのが肝さ、と顎に手をやった彼は、
  太股に目を取られて一瞬始動が遅れた事が、
  結果として大きな効果に繋がった、とは―――もちろん言ったりしない。

  バンダナを巻いたときの会話で、一つ成長していた証拠だろうか。
――――――――――――――――――――――――――――――――

87 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:52:09 ID:s/0d74MR
一477.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その辺りが無頓着なのか、あるいは割り切っているのかは分からないが、
  ズボンやタイツを履いているわけではない雪華綺晶はやらない夫の衝撃に気づかないまま、
  私には少し難しそうだと頭を悩ませている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                             ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
                                        _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
                                       ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
                                       l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
                  「う~ん。                l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
                   魔法頼りで何とかの私には    l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
                   難しそうだけど………」      ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
                                     . // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
                                     //,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
                                     イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
                                       /,,_   }li ゝ、i, )).      .lil .li l i ,l .{
                                      l    7 i! !i)..ゝ..,_. ⌒",./il  il \\\
                                         ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
                                        /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
                                        7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |    「連発は出来ないか。
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ    今は切り札として持っておくぐらいか?」
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ


89 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:53:06 ID:s/0d74MR
一478.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  結局、フェイントや幻の技は、実力が高位の相手には殆ど効果を上げられない。
  地力の向上から始めなきゃ駄目そうね、と納得した雪華綺晶は自分の課題にそれを追加し、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                  ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                                 {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                               /./       辷ニソ
                                              / /   l  l l  l (( \
                                                / / l  l| /i| i| i| | | l \
                                .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
          「そだね。                              /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
           内功をもう少し積まないと駄目みたい」            /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
                                            /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
                                .           /  /   / ノ八  _     / /  i!
                                          /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                          .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                           i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                         / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                       / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                       i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                       // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                                      /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)  「さて、結構時間も経ってるし、
 . |     (__人__)   ここいらで上がろう」
   |     ` ⌒´ノ
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ
    .>    <
    |     |
     |     |



――――――――――――――――――――――――――
  検討が一段落したようなので、
  時間を見計らったやらない夫が訓練の終わりを促した。
――――――――――――――――――――――――――

90 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:54:06 ID:s/0d74MR
一479.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  気がつけば日が昇って結構な時間が過ぎていたようだ。
  頷いた雪華綺晶は剣を返したのだが、緊張を解くと全身が疲れ切っている事に気づき、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                   _  、  _  __  ,r __
                                  ,.ィ´yヽノ)'´  `´    `'ゞ、イyヽ.ヽ、
                                / 辷_ソ            辷ツ) ヽ
                                 /l  )) ゞ=-'/  l l  l l  、 (( 、ゝ=-' ヘ
                              / l '´ l   l l l l l l l l! l  ヽヽ` 、 ヽ  ヘ
                 .              ,'  /!  l   l l l l l l l l ll 、 ヽ l l! l',   ヘ
     「あ、剣ありがと」  .            ,'  / l  l _l l!(( l l l l l´l`l' 、 l l l! l.ヘ  ヘ
                 .        .     ,'  ,' .',.  l´ ̄/示´`ヽl从!ィョョュ、、l l /lヽl ヽ   ヽ
                         .   ,'  ,'   l  l   〉jY リノソ   辷ツ' l! '´  ヽ ヽ  ',
    (………朝からこんなに       .   l   l  ト、  ! ゝ-、ノ_ノ '    ̄ !l   l   ヽ. ',  ',
     動くつもりは無かったんだけどな。    !   ! / ヘ l.  ヘ、(( ー ‐ _ / l l  l    `ヘ  ヘ      __
                             l   l /  ∧ ヽ ヽr‐`z,ィ'ー'´ノ`´〉.l l  l  ヽ    ヽ  ヽー‐‐ ' ´    `ヽ、 __
     正直、疲れたかも)             l   l'  ./ ヘ ヽ ヽ ヽ /〉ノヽ___`〉、 ヽ、_  ヽ   ヽ   \ _, -‐-、 _, -‐ '´    `ー- 、
                              l  l   / i´ ヽ   ヽ_ノ 〉__/。l、ノ´ ゝ--、-、ヽ ヽ   ヽ   \__, -‐'´ _, -―、―――-、 `ヽ
                         .   /l  l ./ r‐'‐t‐ヽ   ヽ><.l。l r‐/`ー‐十 ヽ ヽ     ヽ    \ -‐ '´    l      lヽ l
                 .           l l  l / ヽ  /ヽヽ   ヽー'`ー'´ノ  l /`ー-、 ヽ   ̄ ヽ     `ー――----、_    / /
                            l l  l'  /ノ  `/`/\  \ ヽ〈 ノ     /、  \    \      _, -―-、 \ //
                            l l  l 〈   ゝ / 、 \  \ ノ /  ´t‐‐'     \    `ー― ' ´      ヽ l'´



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)       「良いって事さ」
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



――――――――――――――――――――――――
  対してやらない夫は平然としているので、
  持久力や回復力にも数段の差がある事が分かる。
――――――――――――――――――――――――

92 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:55:06 ID:s/0d74MR
一480.
―――――――――――――――――――――――――
  色々常識外れな人なんだね、と認識を改めた彼女は
  戻りましょう、と彼の背中を押して館を振り返り、
―――――――――――――――――――――――――



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|                   |  |   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|                   |  |   |  今日の朝食、何だろな。  |
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|                   |  |   乂____________ ノ
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}    |  |    |          |     ||--||--||
; f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ ┌┐l|.   |  |    |          |     ||  ||  ||
.:.|  何だろうね?              |  .│l|.    |  | / ̄ ̄\       |     }三三三{
:.:|  お腹すいたし、             |  .│l|.    | /       \  ....|
:.:|  パンじゃなくてご飯がいいかな。 .| . ┐l|.    | |          :|  ..|
:::乂______________ ノ   │l|.   | |        .:| ......|;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ ∥   . ┘l|,___,,__|_...|         .::|‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijkn.ィ>ヘ_.  ´  ̄ `  r=ト-- .     |        ...::::|  wlilijlijwlijw
;;;;; , ' ´~                              ヽ   .......:::::/
 wwliilwnw_  (( ____ ))                 ヽ.......:::::::::::/
__,,.. -‐''   _√ィ´    ` ヽ\               _, - ''" ̄  ̄` ー、
      ,イ / ,' l  |   } ト、            ヽ_..:::-=―--:..、>
      j / ,  |  !  / | !         _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
     / ,' /   |  ハ   { 〈 /        斤ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
     | { /ト、 ノ、/  ,イ   ,ヘ       .<:::::::::: 丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::i
     ', ∨ l }丶 l|   {'  ∧ヽ、       .〉:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;::::::::',
     ハ i! ∨ _ノ   ヽ  j! \丶       i:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::/
    ./ l|  |  ヘ    l|ノ   jl }      !::::::::::::::::〉'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'/::::::::!
   / 彳  ゝ  i   /ト、  ハソ     <:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;i'::::::::::::::|
   { 〃 !   《 ヽ ム  j i| ヽ/  \     !::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l:::::::::::::::〉
   \ヽ/   l|    } / リ   l|    }    〈::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ:|::::::::::::::!
     ヽ\  //  l! /  '   ハ    ノ     /::::::::::::::!/::::::::::::::::::::::::::\:;'〈::':::::::::::::::',
    /}_」ハ/ ヽ  {ト、    }∧  jヽ    ヽ::::::::::::/:::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.ヽ::::::::::::::ノ、


93 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:56:09 ID:s/0d74MR
一481.
―――――――――――――――――――――
  肩を並べて戻っていく二人の様子を、
  館の窓から興味津々に眺めている者が居た。
―――――――――――――――――――――



/: : : : ,,-'':::゙゙:`>、: ;::l: : : : : : : :j.:l_L⊥: : : : :!: :ヽ: :.ヾ:、: :.`:、
: : : /: ::: : :./.l: :/|:l: : : : : : : :ll/ !:j、`ヾ: : :l: : :゙、: : `、ヾ :`、
.: : : : ::: : :./ l :/ !!: : : : : : :,':l′ |j ∨ : : : |: : : ゙,: : : ゙、 \ 、
: : : : : : :./  l:/  .|: : : : : : /;.'  |′ V: : : |::. : : i.: : : :゙.   ヾ:、
.: : :.rー='ニニ'゙二ユj: : : : : :/.' r二'ニ=: : : |:::. : : l、: : : :!
: : : :゙l「丁::. ̄ ̄l !: : : : /'′ '厂:. ̄「∧: : l:::::. : :.| V: : :i
.: : :.イl||:.:. : : .::| .|: : : /   |::. : : .:| |.ハ: :,{:::::: : : ! V: :.!
: : /::!  つ。 . :::| !: :/    つ。. :j ,':::!:ハ:::: : :.j  V.:|    「……………」
.:/:::l::i   !:::.....:;;」. レ'       」;;....:::/ ,'::::И::! i:: : :j    V!
/::::::l::i "´ ̄       ,     ``・ !:::::::::l/ l: : l.    ゙!
::::::::::l::! 〃               〃 l:::::::: |   l.:.!
::::::::::::l:i.          '^        イ:::: : :|  ∨



                       .  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
                        / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
                       ./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
                         |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
                         | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
                         | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
                         |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
       (………凄まじい。          |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/
                            | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i
        二人とも若いのに          |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.
        とんでもない実力者です)         |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
                                |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
                                     l     ` ̄´    l、
                                ,. '´            ヽ、_
                          __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
                       -‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
                           ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
                         ヽ  \                         / /       | ヽ
                             \                   /       /     ',
                               `'ー-  _         _  -‐ '´        /      l
                         /           `'ー----‐ '´         /    l     l   !



――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶の悲鳴が聞こえた辺りからコナタが窓の外を覗いており、
  訓練が始まった辺りでエルがそれに加わったのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――


96 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:57:08 ID:s/0d74MR
一482.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  対照的に―――

  何となく、どんな光景が繰り広げられているかが予想できたキル夫は
  歯を食いしばりながらただ、時間が過ぎゆくのを待っているのみ。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                    ___
                _,. '´      ̄`、
               /          \
              |                |     「……………」
                 、  {  ヽ   r  ァ /
             γ `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ、
              /      `、ェェェェ,,´      \
             ,|              _    l、
            l "-'''" ̄ ̄三    三´   ̄"''` l
             ゝ    _ノ      ゝ_   __ノ



98 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:58:06 ID:s/0d74MR
一483.
―――――――――――――――――――――――
  二人が玄関に消えた後。

  ぽつり、とコナタが漏らした呟きの意味が分かり、
―――――――――――――――――――――――



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄   「………私らも………
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|     修行した方が良くない?」
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



                               ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                  { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                    ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
      「奇遇ですね。                       |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
       同じ事を考えていました」                 |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                    ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
      (しかし―――                          |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
       戦う力を得れば得るほど、                  リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
       コナタは引き返せなくなるのでは)         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                               ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                          ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                              l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                            | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                          、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



――――――――――――――――――――――――
  同じ事を考えさせられていたエルはそれを認めるも、
  実行に移すには幾ばくかの迷いがあった。
――――――――――――――――――――――――

99 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 22:59:06 ID:s/0d74MR
一484.
―――――――――――――――――――――――
  元々正攻法でいくつもりは無かったが、
  確かに、目的の達成には実力向上も一つの手だ。

  ではあるが―――
―――――――――――――――――――――――



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/     (何故私は、それを迷う様になったんでしょう?
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/         ―――ああそうか。
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ         急にあなたが感情を持ち始めたから、ですか)
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



――――――――――――――――――――――――――
  違和感を覚え始めた理由が彼女の変化にある事を知り、
――――――――――――――――――――――――――

100 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:00:10 ID:s/0d74MR
一485.



               //
              〃       ,r:、                   ┌─────────────────────┐
              ,⊥.-.. ..、 ..,/.::.::|_                 │ 足取りの殆ど掴めない仇を捜して三十年。     │
           , .::'".::.::.:;.::.::.::.::.::.::.::.::.:l.::.::.::`_`::‐-. .、.        │ コナタを加えて、更に十年―――         ..│
          , ' : : : ; :.'.: :: :: :: ,! /::.::.::.l.::.::.::. : :`ヽ ̄``丶.    └─────────────────────┘
        /  ./ノ.::.::._::_::./.:;{:;!.::.::.|:.:;.::.::.:.ヽ:. . ヽ
.         i..:..:..//::.::.::´::.::/.;7 l'.::.::.:ハ:.:|、::.::.':;.:'、、:.`.、
        l.::.:/イ:.::.::.::.:;∠/∠ ,!:.::.:/ .!个l.::.::.::';:.:、ヾ::.:',
          |::/:/.::.::.:;:ィ「「示芥 /::.::/ _、|ハ:l.::.::.::.';.:i. ヾ:.i.
          /:/.::.:/::|:| ト-イ! /:.:;/ ^}≧ォ!|.::.::.::.:l.:!  ゙'}
       /,ィ;:イ`!.::.::.!! └-'' /, '   /ー/∧::.::.::.::.:!l
        /' l':;.:人.!.::.::.|   /'゛  ' ヾ‐゙/::.j|::.:l!::.::.l!     (お腹すいた)
       l:/::.::::::}.::.::.l     ∠!   j.::.:l !:/ !::.:;l
         !'.::.::::::ハ.::.::l`ト 、   _ .. イ.::.:l l/ |.:/
        ,'.::.:::::/:::::;l.::.:K、 乃「:::|::::::::||.::.:;!   l/ ポケー
      /.::.:::::ム<. l::.:l \_ゝト、!::::::|l.::.:ハ
      /.::.:::/ニ、ヾミミ.l.::.i. ヽ | \:|'::./:::l
      /::.::::/′ `丶ヾ:!::l.、 `、l   /l::./::::::!
     ,:.:.:::::;'      |`ヾ:トミヾ、| //!∧::::::|
    ,:.:.::::::i      ヽ、 ``ヾミ、!//イ'| l.::.::|
   ,:.:..::::::!         ``>ヾレ <  l::.::|
    !.:..::::::l     |   /  〃j 、 `!|:.:|

101 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:01:06 ID:s/0d74MR
一486.



                             ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                              |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                              /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                  ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                    |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                    |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
 (それが唯一の道、                     ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
  そう思って生きてきましたが―――)                |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                      リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                 __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                             ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                        ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                            l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                          | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                        、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



――――――――――――――――――――――――――――――
  自分もまた、変わらなければならないのかも知れない。
  もしかしたら彼女と別れる道もあるのかも知れない。

  あの二人と変わり始めたコナタを見ていたら、何となくそう感じた。
――――――――――――――――――――――――――――――


102 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:02:06 ID:s/0d74MR
一487.
―――――――――――――――――――――――――――――
  選択と言う名の分岐点は、誰の人生にも無数に存在する。

  自分で作る場合もあれば与えられる場合もあり、
  それを一つ一つ選び、あるいは選ばされて歩んでいくしかない。

  その切っ掛けは誰かとの邂逅や、
  環境や身近な者の変化である事が殆どだ。
―――――――――――――――――――――――――――――



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\    (女神は幾つ願いを叶えるんだろうなァ………
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l     一つ?二つ?好きなだけ?)
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :: ::|
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :. :./
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\





    .________________
  ./------------------------------./|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
  |================| .|
  |________________|/



―――――――――――――――――――――――――――――
  時間と共に変わっていく状況と四人に揉まれ、
  これまで停滞と現状維持のみを望んできたキル夫にも
  否応なしに分岐点が与えられる事となる。

  錫杖の入った箱を睨め付けるその視線が選ぶ未来とは―――
―――――――――――――――――――――――――――――

103 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:03:06 ID:s/0d74MR
一488.
―――――――――――――――――――――――――
  無意識のうちにふらふらと箱に歩み寄り、手が伸びた。
―――――――――――――――――――――――――



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \                (いやいや、そんな都合が良い訳ねェ。
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\                一番最初に願いを言っちまうぐらいで
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l  _,-ー、          良いのかもなァ?)
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |/'、=--ー: :メ,
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :/: /' _.,,=-ー`´i
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'ー/ /´,_=-ー'': : :)
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/ 'ー(,,r'"_,--一,ー ,.゙(,
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\  ゝ: : ̄.:゙i,: : :: : :,r': ヽ  スッ…
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\ ``-" \,_、: : :: : : :ヽ
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\   ``ヽ: : :: : :: : :ヽ





    .________________
  ./------------------------------./|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
  |================| .|
  |________________|/


108 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:04:07 ID:s/0d74MR
一489.
――――――――――――――――――――――――――
  ―――と、ちょうど室内を振り返ったコナタに声を出され、
――――――――――――――――――――――――――



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|     「………何してんの」
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.! ボソッ
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



                                            ____
                                          /      \
                      「いや、何でもねぇ!」     /         \
                                       /  (○)  (○)  \
                                      ハッ |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
                                     .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



――――――――――――――――――――――――――
  びくっと震えたキル夫は我に返った表情で数歩後ずさる。
――――――――――――――――――――――――――

109 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:05:06 ID:s/0d74MR
一490.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  そろそろ時計台が八つを告げて、見張りも終わりとなるはずだった。

  敢えて、箱を開けて錫杖を領主の下へ持って行く為かと尋ねると、
―――――――――――――――――――――――――――――――



                               ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                  { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                    ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                      |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
 「……………。                            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                    ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
  そろそろ八時です、                            |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
  ベッケナー公の所に持って行きますよ?」             リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                   __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                               ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                          ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                              l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                            | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                          、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



       ____
     /⌒  ⌒\
   /         \     「ま………任せた!
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \    持ってってくれ!」
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼は珍しく―――
  そして明らかに動揺した様子で、
  もはや一秒たりとも錫杖の側に居たくない、とさらに壁際まで下がってしまう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

110 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:06:08 ID:s/0d74MR
一491.
―――――――――――――――――――――――――――――
  色々思うところもあるが、この仕事も今日で終わりだ。

  余計な事に首を突っ込むのは真っ平ご免だったエルはだから、
  特に反応をせずに合い言葉を唱えて中から錫杖を取りだし、
―――――――――――――――――――――――――――――



                                         /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                      /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                        /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                      ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
                                      /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
               「行きましょう、コナタ」        /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
                                         i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
                                       'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
                                       'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
                                           ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                         ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                              リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                  ``ヽ、 //  〃         ヽ



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l    コクコク
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



―――――――――――――――――――――――
  何を感じ取ったのかも分からないコナタと二人で
  談話室を出ていった。
―――――――――――――――――――――――

111 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:07:19 ID:s/0d74MR
一492.



       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |  バタン
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|: ; l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -



――――――――――――――――――――――――――――
  扉が閉まり、静まりかえった部屋に一人残される。

  雪華綺晶とやらない夫が二人で居るのを見る度に、知る度に、
  自分が制御できなくなりつつある、と
  僅かに残された冷静な一部分が警鐘を鳴らしていた。
――――――――――――――――――――――――――――



                    ___
                _,. '´      ̄`、
               /            \
              |             |     「やべェ。
                 、  {  ヽ   r  ァ /      頭がおかしくなっちまったみてェだ………」
             γ `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ、
              /      `、ェェェェ,,´      \
             ,|              _    l、  (冷静になれ、忘れろ、
            l "-'''" ̄ ̄三    三´   ̄"''` l   俺が乱される理由など無かった事にしろ………)
             ゝ    _ノ      ゝ_   __ノ

112 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:08:06 ID:s/0d74MR
一493.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ここの仕事は悪い夢だった。
  雪華綺晶もやらない夫も、その中の幻だ。

  そう思うことに決めた彼は仕事の終わりまでは何とか自分を律する事を誓い、
  良くない選択肢に唾を吐きかけて背を向ける。
  それは今まで一人で生きてきた彼の、精一杯の強がりだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



              ,. -─────────‐- .、
             /                  \
           /                     \
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::        \
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \       「さっさと仕事を終わらせて宿に戻ろう!
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \      こんな日は酒かっくらって寝ちまえばいい!」
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      .\
    /       .|                        |      .\
   /         |\                    /|        .ヽ  (あと半日程度だろ、
  |            |  工工工工工工工工工工工工工工|         .|  それさえ我慢すれば―――
  |           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          |
  |           \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             |  また、いつもの気怠い毎日に戻れるはずだ)
  |                 \エエ工工工工工工エエ/               |
  ヽ                                          /
    \                                    /
     \                                   /

113 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:09:06 ID:s/0d74MR
一494.
――――――――――――――――――――――――
  されど運命は―――
  時に残酷なまでに道筋を歪め、人々を追い詰める。
  
  誰かの他愛のない一言が別の誰かを傷つけ、
  何気ない一言が他の誰かを追い立てる。
――――――――――――――――――――――――



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ     「そう言えば、あの三角関係の結末―――
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j     気になるなぁ」
       ',  、__      レ ヮ' l  /
       ',  ー '       __/ ./
        ヽ `     ノ  r'"´
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \



―――――――――――――――――――――――――――
  そんな、無慈悲な流れに抗える者は多くない。
  大抵は流され、翻弄され、そして散っていく事になる―――
―――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


114 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:10:07 ID:s/0d74MR
一495.



        _,,..,     _,,.....,......,,_     ,,_
        / ./\ ,.-''´ _i _. ` ヽ.、 / ! l
       / ./ニ=/ -   -‐'‐-   _,,..!, =| .!ヽ
      /i:,::::ヽ'/ヽ,          、、 '; /:::;/ !
      .!/ ヽ:::::! .!//         ヽヽ' i'::::/  !
      ./  ヾ:| .// / , ,  .,   ., ,  ヽヽ|-'i   .|
      i   l .| !./ ./| i l  l   l.|.l i.ヽ i :li |   .l
     l   .| l .i ./ Ll-|-! .|  -lr-|、,|:, .l | l   |     「二つ目の物語は―――」
     .|   .l  .!l .l .!,,,,,,,l、':,.l  ./ ,,,,l,,、l ! .i.l |   .l
    .l   |  | l |` ゙゙゙゙` ヽ'゙ ´゙゙゙゙´ !':/.!|;| l    .|
    !   l  .l゙iヽ!,ヽ、   _'_   ,/;// .l |    .l
    .!   |  .l | ヽ,.!..,.., - ..__.. .r ''´/./  .| .l    |
   /   l   | .l  ヾ>-'- ,...,.-' .!、'゙    .l .|    l
   /    !  .l .|,. -i'"l.! ,, ./;~;!, ,, /;"iヽ.、  | .l    .|
  /    .!  ,!.,:'  | ゙ヾ;/;i' ‐|ヾ;' ' |   ヽ !.|     .!
  /    /  / !   l   ,..l.__,.l.,   l    !  !     !
 /    /  / ,|   l   へヽ---',_ .|. 01|  .|     .!


116 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:11:06 ID:s/0d74MR
一496.



                    ┌───────────────┐
                    │  ―――この、物語は―――  ....│
                    └───────────────┘



       ,r-''´入^>''´ ''''ヽ、/,`',_,_                          __
     ,_ tYソヲ/        >ヾKミ `i                       /´;;;;;\\;;;\
    / /  フ  r     i  ゞ Vvi .人                      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
    i '  il l   >   V |  |  .l   `',                      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
    ',  / .|i |',r、il__  /__i_.i_.l  .| i   ヽ、___                /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
     ',  ゝ Vil/λ=j、iノ´__iハ_i/ il ',    x、__, - -               {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(●)ヘl;;;;;〉
     i _ /jrvX薇.ノ  イtjアハイ/ 入   廴__                 ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/
     / ti, -Y^ト     ` ´//j i     ` ,  ー- 、               λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
    y´Yi 廴t>、 ー- /,、y/フ   i   ',                   イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
  r''´  >i tノ ヒr` - <ソ ,/ ̄ソ、  i   .i  `'、                /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
  \  __`<i l.il' 、-、 _ ,r-コ i  /フ \ i   i   i            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
   .卍/´` ''=''ニ'、`- ´<i.l ./、  / `''、、_ ゝ、_  ヽ           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
    itj、_、_ -'ミン´´゜`'> v、/  ./    / `'- 、 `', .           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
    i  / /`''´X>`´<ソY   ,'i   ./    i ´            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
    ',  ハ  `ァx, -''´    / `> '' ´i                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
    ト、,イ i    i      ,'  ヘ /ハ                L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7



117 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:12:06 ID:s/0d74MR
一497.



         ┌──────────────────────────────────┐
         │  ―――そんな産まれや境遇、状況に流されていた四人の冒険者と―――  ....│
         └──────────────────────────────────┘



、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、                      ,,===、、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!                      //    ヾ、
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i                        l:|      ヾ.
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ                     __!__/:ヽ、___l|_
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、             ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ            /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ              /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i            /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i          ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!         / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!.             /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!               l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !              V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '                  `  N: :ゝ、_   _    .ノ : : N : : l
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i                    │: : :|  ≧ t - <: : /: : :ハ: : :l
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k                    .l : : :|./ |,─ 、./ //: : : l: l: : :l
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i                    .| : : :|   |ィ ヽ/ // : : :/彡l、: l

118 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:13:06 ID:s/0d74MR
一498.



             ┌──────────────────────────────┐
             │  ―――他者の運命を徒に歪め、失わせる心無き存在と―――   ...│
             └──────────────────────────────┘



                         /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::ヘ
                        /  :::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:.     :::::::::::ヘ
                  .      /  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ::.    ::::::::::::ヘ
                      / :::::::::::/::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
                      |  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
                  .    | :::::::::/:::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|:::     :::::::::::::|
                     | :::::::/::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::::|
                     | :::::/::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
                     | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
                    ,/  :::::゙<´::::::::::::::::;;;;;;;;;::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__}::::     ::::::::::::::|
                     \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.::::::: __,. -ァ  ∠._,'  /     :::::::::::::::/
                      \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.    ̄   _,.r- !/      :::::::::::::廴,
                        / :::::/::::::::::::| |:;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::::::::::::::::::_,.;r=≠≦::::`ヽ
                  .     / ::::/ :::::::::,' ,':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  :::::::::::::::::::::::::::::/、:::::::::::::::::: ::::::::}
                      / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_:;;;;;;;;;/___,.. -─ :::::::::::::::::::::: ~゙'-=  ̄::::::::/
                  .   / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::〈
                    /::::::/  :::::::/.、-───-ト、     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::/
                  . /::::::/  :::::::/.::::》      '{  ≦=≠ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::{
                  . /:::::/  ::::::::/ :::::::\_,.==≠、/二 ̄  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::j


119 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:14:06 ID:s/0d74MR
一499.



                  /  ̄ ̄ ヽ
                    二二米二二
                |   リ ヾ   |
                     |       |
               │       |,-'i,,_,,、
                 __、ヽ        /j .l,,ゞヽ\ .____
            ..ュ、|r‐ヒ‐クii,,_、  ┤! / l .ヽ.l, '、 ../ .l
        ,..イ〈llィ'´\\ \ .''q ̄.´.,ノ'/ l 〔 .l .l \ .,!
        i′`-゙\ヽo.\   `ぐ㍉;;'゙_/  l |、 l.l  ゙;;/
       │.,    \ヽ ヘ   .\    ! l. l.′ |
       .,i         \ヽムヽ   ヽ   ! ..l. l /.         ┌───────────────────────┐
     , ーyハ、         \ヾ i \   .ヽ, |  .l  リ         │  ―――その流れに抗った、               │
   ,,i'゛  ヽ, .´`ー ..、./,  \ヽスヽ、、  ` ! !、 .!           │              一人の英雄の物語―――    │
   |ヽ、  `'、、   、┤    \ヽ)`ヽ.゙、   l  .l            └───────────────────────┘
   l  `- 、  ゙'ニ广≪      \ ソヽ、   !、 ヽ
   [く、  .""ー ...,,"..,l′.        .\'くゝヽ'、、    ヽ
    〉゙''!ッy,,,,ii.. イ゙:;;;./;;:         .   \マ 、ヽ、    ヽ
    .l゙  ,!  .__,!.._.,{;;;               \\ヽゝ..    \
    .|   |.r'" . `、. |;;;:               \マ.llヽ.    \
    .|,,,,,,..イ|    .゙'l;;;                \'く. \     \
     .l .i"ミー;;./ ~l丶             ヽ   \丶l\    ヽ
      ゙‐''、   ;:"l";;                    l    \゙く心、     |
        ゙l,  ,;:.l;  .、      ′       ヽ.     \ .{大 、  |
        ! -ヾ .l゙  !      ヽ        ヽ     \くりゝ |
              │  !         l           `、.     \丶、\
           /   .!       ヽ            ヽ       \゙く_ \
          /    !         ! ゝ            \      /\_ノ
          /  .,i   .!      .| l              ヽ-  /
         ,i′  l   .!      ゙、 .l             l  `|
        ,/    |   l       ヽ l           1  |
       l、    |   /    ,   | ゙、  .'i        ヽ./
        .!   ,"   .l゙     !   ヽ .ヽ, .ヽ        /
        .│ ./     ,!     .'L  ..l  .`  .\    _,, ‐´
        l/゛    ./      t   ヽ     ゙ヽ ./
         `!、   i′         l   .゙!、    . ゙'{
          ヽ,  ./   i     ‘.、   "    ,/
            `゙--- ..,,,.l_,,,,, _ ヽ   _ -‐″
                       `゙''""゛

120 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:15:09 ID:s/0d74MR
一500.



        _,,..,     _,,.....,......,,_     ,,_
        / ./\ ,.-''´ _i _. ` ヽ.、 / ! l
       / ./ニ=/ -   -‐'‐-   _,,..!, =| .!ヽ
      /i:,::::ヽ'/ヽ,          、、 '; /:::;/ !
      .!/ ヽ:::::! .!//         ヽヽ' i'::::/  !
      ./  ヾ:| .// / , ,  .,   ., ,  ヽヽ|-'i   .|
      i   l .| !./ ./| i l  l   l.|.l i.ヽ i :li |   .l
     l   .| l .i ./ Ll-|-! .|  -lr-|、,|:, .l | l   |     「―――私は、そう思っています。
     .|   .l  .!l .l .!,イテミ':,.l   /イテミ l ! .i l |   .l     喩えそれぞれが、どのような結末を迎えたとしても………」
    .l   |  | l |`ゞ='` ヽ'゙ ´ゞ=' ,!',/!l | l    .|
    !   l  .l゙iヽ!,ヽ、   _'_   ,/;// .l |    .l
    .!   |  .l | ヽ,.!..,.., - ..__.. .r ''´/./  .| .l    |
   /   l   | .l  ヾ>-'- ,...,.-' .!、'゙    .l .|    l
   /    !  .l .|,. -i'"l.! ,, ./;~;!, ,, /;"iヽ.、  | .l    .|
  /    .!  ,!.,:'  | ゙ヾ;/;i' ‐|ヾ;' ' |   ヽ !.|     .!
  /    /  / !   l   ,..l.__,.l.,   l    !  !     !
 /    /  / ,|   l   へヽ---',_ .|. 01|  .|     .!


121 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:16:06 ID:s/0d74MR
一501.









                      ┌──────────────┐
                      │私は、そう信じています――  .....│
                      └──────────────┘

















                 ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                       第一章  領主の証
                                            END
                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────














122 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 23:16:36 ID:s/0d74MR
本日の投下は以上です。
長時間の閲覧、合いの手誠にありがとうございました。

次回より第二章に入ります。











【漫画全巻セット】【中古】ローゼンメイデン ヤングジャンプ版 <1~10巻> PEACH-PIT【あす楽対応】

価格:910円
(2018/9/24 08:59時点)
感想(0件)






ローゼンメイデン0-ゼロー 1 (ヤングジャンプコミックス) [ PEACH-PIT ]

価格:669円
(2018/9/24 09:09時点)
感想(4件)
























次の話






目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1258-fa03dde1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)