FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! 第一章 領主の証-5 2018年11月14日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




68 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:00:00 ID:E9x8Eecm
一279.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――
  キル夫が部屋を出て行って一時間以上が経過。
―――――――――――――――――――――――



     ||;;;/■ヽ ;;||        | ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||
     ||∩・∀・).||   .从从w!| ||==========||
     ||;;;;;;;;;;;;;; ;;;||   ,ハvVvwリ..||[[[[[[[[[[[[[[[ ||
       ̄ ̄ ̄ ̄   /ルwwV ヽ|==========||
               WwwW . ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||       |ヽ
 _          __|  ::| !. .i|==========||       | ヽ  .|\
   i⌒⌒⌒⌒⌒i    .ヽ_ノ.\||[[[f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ   | \ | |O ヽ
   i'--、_______, -'、              | ……………。 .|   ヽ  | | Ni |
   i丶_丶  丶\\:. , -―- 、    乂______ ノ.      ヽ| ヽ\ |
   」\|:::|-----丶|:::| .l:::::    l             \        \ |
    |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::::::::  |              \
    | | .\_____ヽ   .ノ                \
       | |---------/   .ヽ                    \
          .i~⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒i               \
      .(ヽ~ヽ:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                 \
       ヽ.\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ヽ:::::.....               \
        \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::.....              \
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


――――――――――――――――――――――――――――――
  ソファに座ったままのやらない夫は
  未だ、自分の心の中に巣くった混乱を消化できないでいたりする。
――――――――――――――――――――――――――――――











69 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:01:00 ID:E9x8Eecm
一280.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  何しろ自分がどうしたいのか分からない。

  これまで他人には与えるばかりで―――形の無いものは沢山貰ったが―――
  具体的に何かを求めた事が殆ど無い、
  期待されるのは大抵自分で、相手に要求する事などついぞ無かった彼だ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |    (………自分が分からない………)
. |       u  |
  | u   u     |
.  ヽ u  u  ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  旅の目的とて、ただ父親の作った道筋の残滓を辿っていただけに近しい。
  金も、実力もこの年にしては有り余るほど持っている。

  名声は不足していたとしても、殆どの場合においては状況に流されて、
  ただ純粋に、周りの者が喜ぶようにと生きてきただけのやらない夫にとっては、
  自分がどうしたい、と言うのは余り考えたことが無い欲求でもあり―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

70 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:02:01 ID:E9x8Eecm
一281.
――――――――――――――――――――――――――――――
  そして、それをしても良いのか分からなかった。
  自分が、他人に何かを求めても良いのかも判断が出来なかった。
――――――――――――――――――――――――――――――



              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ            「こういう場合、親父はなんて言ってたっけ?
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、       ―――いや、教わってないな」
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これもまた、彼が一人で生きてきた事の、
  そしてすでに、多くのものを手に入れて来た事の証明と弊害なのかも知れない。

  いつぞやのメイドとのやり取りは相手を手の届く距離に置くことまでは了承したが、
  仕事については結局、相手任せで具体的な要求するには至らなかったし、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

71 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:03:00 ID:E9x8Eecm
一282.
―――――――――――――――――――――――――――
  大勢の未来を拓き、それを守るために
  己を殺して身を退くことすら迷わなかった経験を持つ彼は、
―――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |   u   (__人__)           「これまで読んだ書物には?
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }             ―――戦術や帝王学、
           ヽ、      ソ             その他学問や知識諸々には無かったかなぁ………」
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  結局の所、知らないのだ。
  ―――生きる事以外に自分がどうしたいのか、を。

  そう言った欲求が希薄な―――むしろ知らないと言った方が近い無垢な状態だからこそ、
  雪華綺晶は彼の中に汚れも、染みも見つける事が出来なかったのかも知れなかった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


73 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:04:01 ID:E9x8Eecm
一283.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  己を殺し、大義のための礎となる事が出来る。
  それは英雄としても必要な考え方だ。

  しかしながら、相手が求める以上の実力と知識、経験を積み重ね、
  常に他人を思い遣りながらもどこか人間味のない幻想のような存在が、
  これまで接してきた人々の心に違和感を残し続けていたのも確かだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――


                         , ------ 、                   / ヽ
                        /      \              /ヾ /
                       i             i           /ヾ/
                        |  \    /  │         ./ヾ/
                        | ( ●) (● ) | 、-- 、   /ヾ/
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||
               ,  ―;;;;;;;―´ | |、` ――― ´.,| |  `-;;;;;--  、`弋 |
             / ヽ   ▽  ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /  ▽/ \  ´
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |       \  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´  <^ ^>  |         `ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´....   Ⅴ   |         ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i;;;;;ヽ. ヽ              /  ,/;;;;;;ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::/;;;;;;;;|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|;;;;;;;;i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|;;;;;;;/    |         |   ヽ;;;;;;;.!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i;;;;/\     !         !   /ヽ;;;;i――――‐ ´i
       .|------i   .|/   `ー―――――――― ´   .|   .r‐‐‐‐‐|
      .|    .|    .|         / :::::::::::::∧          |   .|    .|
        |----- .!   .!\     ../:::::::::::::::::::∧     ../.|   .|-----|
       |     .i   .|  .\     /::::::::::::::::::::::::∧    ./ . . |   .|    |

74 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:05:01 ID:E9x8Eecm
一284.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼にはまだ夢が無い。
  希望と呼べる物も、明確な目標も無い。

  絶望した事や、悲観したことはある。
  だが、他の大勢のように渇望した経験があまりなく、
  また己が大きな力や影響力を持ちつつある自覚が芽生え初めているからこそ、
  それをしても良いのか分からない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',     「参ったなぁ………」
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今の自分は、概ね父の教育により形作られているだけの張り子でしかない―――

  そう言った『中身の希薄な自分』に気づきつつあったやらない夫は
  再び眉間に手を当てて、これからどうするべきかの堂々巡りを徒に繰り返していたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

75 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:06:01 ID:E9x8Eecm
一285.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  混乱の原因は見えてきたが、根本的解決には至りそうにもない時間が唐突に破られる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||         <  失礼しますよ。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||           \________
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:   ガチャッ…
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

76 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:07:01 ID:E9x8Eecm
一286.
――――――――――――――――――――――――――――――
  ノックと共に談話室に入ってきたのは執事のアストナージだった。

  人気の殆ど無い室内を怪訝そうに見回して
  唯一残っていたやらない夫に不思議そうな視線を向けてくるので
――――――――――――――――――――――――――――――



                                            _.--- 、_
                                          r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                           }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                  .        ヽ/       lノi、     ヽ
                                         /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
                  「あれ、やらない夫君の  .       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
                   一人だけですか?」            {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
                                         ',  、__      レ ヮ' l  /
                                         ',  ー '       __/ ./
                                          ヽ `     ノ  r'"´
                                          丶   _ ____|
                                           ヾ ̄/      |
                                           {`/          |
                                              /  _.-―一 、L_
                                        _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                      /              ',   \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)      「はい。
  |      |r┬|}      ニューホンコンの証が奪われたとの情報があって、
  |      | | |}      雪華綺晶、エル、コナタの三名は役所に向かいました」
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



――――――――――――――――――――――――
  己の混乱は取りあえず余所へ追いやり、
  少なくとも三人は役所に向かっている事を答えると、
――――――――――――――――――――――――

77 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:08:01 ID:E9x8Eecm
一287.
――――――――――――――――――――――――――――――
  さすが冒険者、と感心した彼は
  この分なら最新の情報も持っているのだろう、と
  先ほどキル夫からももたらされた非常事態宣言について触れた。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                              _.--- 、_
                                            r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                             }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                    .        ヽ/       lノi、     ヽ
                                           /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
   「さすが冒険者は行動が早いですねぇ、         .       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
    国の騎士団も見習って欲しいものです。                 {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
                                           ',  、__      レ ヮ' l  /
   ………では、非常事態宣言が出た事もご存じで?」         ',  ー '       __/ ./
                                            ヽ `     ノ  r'"´
                                            丶   _ ____|
                                             ヾ ̄/      |
                                             {`/          |
                                                /  _.-―一 、L_
                                          _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                        /              ',   \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   「ええ。まだ具体的にどうなるかまでは
. |     (__人__)    聞いていませんが………」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

78 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:09:01 ID:E9x8Eecm
一288.



                                          ______
                                       ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                                  く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                  彡:.:.:.:.:.:.:.:.:イミ彡=、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:\
                                  イ/:.:.:///´     ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\
                                     \//ハ         Ⅵノノ:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.}
「それなら話は早い。                          Y ー 、    r==‐ 、   く:.:.:.:.:.:.: /
                                     i ィヘ     , -、  ヽ  }:.:.:.:.: /
 実は、王都からアンマンとソロモンに向けて、         }  ・/    ・ ヽ   ミr‐、ノ
 証の護衛を増強するために                      l イ      ー′   ミこ} !
 中央騎士団が派遣されるのだそうです。               l   ヽ _,,        //ノノ
                                      ',  ヽ ____ ,   〈/ イ
 明日か明後日にはこちらに到着するでしょうから、       ',  ,,、       / l
 昼も夜も護衛が不足するような事態には                ',          ノ  :l
 ならないでしょうし、その………」                        ' 、__..........:.:.:.:   イj
                                            く j     , - ― ′ !
                                       i.: : :`ヽ /: : : : : : : : j、
                                       _j: : : : : :Y: : : : : : : : イ: : `: : : : . . . .
                                  . . . : : :´: : :\: : : :.|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :` : :
                           _. : : : :´ : : : : : : : : : : : : :ミヽ:.|:.:.:≦彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                              / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                          /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                             /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)      「ああ、金を掛けてまで
. |     (__人__)      冒険者の手を借りる必要が無くなった。
  |     ` ⌒´ノ      ―――そう言う事ですね」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  申し訳なさそうに言ってはいるが、早い話が契約終了による解雇だ。
  
  冒険者は国が動かない、あるいは動けないような事や
  それほど大がかりでない事を埋める隙間産業的な意味合いもあり、
  領主の証を守るために公的機関が動くとあれば出番が無くなるのも当然だろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

79 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:10:01 ID:E9x8Eecm
一289.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自慢ではないが、現在の契約は破格の待遇と言っても過言では無い。

  だから、執着されるかと思っていたアストナージは、
  あっさり了承した少年の反応に驚きながらも発生した分の報酬はきちんと払うと言い、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                              _.--- 、_
                                            r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                             }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                    .        ヽ/       lノi、     ヽ
 「何分急な事で相済みません。                        /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
 結局やらない夫君は短期の事となってしまいましたね。  .       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
                                            {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
 契約金についてはご心配なさらずとも、                   ',  、__      レ ヮ' l  /
 日割りですからきちんとお支払いしますよ」                 ',  ー '       __/ ./
                                            ヽ `     ノ  r'"´
                                            丶   _ ____|
                                             ヾ ̄/      |
                                             {`/          |
                                                /  _.-―一 、L_
                                          _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                        /              ',   \



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( 一)(●)     「いえいえ。
   |     (__人__)      国が動いたのであれば
    |     `⌒´ノ      余程の事が無い限り冒険者の出番は無いでしょうし」
    |   ,.<))/´二⊃
    ヽ / /  '‐、ニ⊃
    ヽ、l    ´ヽ〉
 ''"::l:::::::/    __人〉
 :::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
 :::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
 :::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
 /: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  お気遣い無く、と片目を閉じたやらない夫は
  自分は良いにしても、エル辺りが文句を言うかも知れないな、とちょっと思った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

80 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:11:01 ID:E9x8Eecm
一290.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  と、契約解除についての規定は無いとは言え、さすがに急すぎると思ったのか。
  彼らの収入を心配したのだろう、アストナージは何気なく今後について触れたのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                             _.--- 、_
                                           r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                            }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                   .        ヽ/       lノi、     ヽ
                                          /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
      「確か、エルさんとコナタさん以外は        .      i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
      皆さん単独の人達でしたよね。                   {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
                                          ',  、__      レ ヮ' l  /
      やらない夫君は今後予定でもあるのですか?」        ',  ー '       __/ ./
                                           ヽ `     ノ  r'"´
                                           丶   _ ____|
                                            ヾ ̄/      |
                                            {`/          |
                                               /  _.-―一 、L_
                                         _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                       /              ',   \



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    「特には何もないですね。
        !  (__人__)  |     取りあえずは宿屋にでも………」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /     (あれ?
      ./ ノゝ     /      雪華綺晶とキル夫も単独?
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |      元から組になってた訳じゃない?)



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  想定外の情報に頬をかいたやらない夫がキル夫の発言に疑問を持った所で、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

81 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:12:01 ID:E9x8Eecm
一291.
――――――――――――――――――――――――――――――
  白髪交じりの執事は若いってのは良いですねぇ、と気楽に言った。
  三角関係も彼にとっては他人事でしかない。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                       ______
                                   ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                               く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                               彡:.:.:.:.:.:.:.:.:イミ彡=、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:\
                               イ/:.:.:///´     ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\
                                 \//ハ         Ⅵノノ:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.}
  「そう言えば公から聞いたのですが。           Y ー 、    r==‐ 、   く:.:.:.:.:.:.: /
                                  i ィヘ     , -、  ヽ  }:.:.:.:.: /、
  雪華綺晶さんが随分ご執心のようですから         }  ・/    ・ ヽ   ミr‐、ノ
  この後は彼女と組になるのですか?            l イ      ー′   ミこ} !
                                      l   ヽ _,,        //ノノ
  ああでも、キル夫さんも雪華綺晶さんに         ',  ヽ ____ ,   〈/ イ
  組にならないかって誘ってましたっけ」          ',  ,,、       / l
                                      ',          ノ  :l
                                       ' 、__..........:.:.:.:   イj
                                    く j     , - ― ′ !
                                    i.: : :`ヽ /: : : : : : : : j、
                                    _j: : : : : :Y: : : : : : : : イ: : `: : : : . . . .
                              . . . : : :´: : :\: : : :.|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :` : :



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l           「先の事は、まだ分かりませんよ。
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /            王都からの騎士団到着を待っての
       l   // 、ゝ       / ヽ_          護衛の引き継ぎ及び契約の終了については了解しました、
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \       俺から四人にも伝えておきましょう」
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \   (あぁ………もしかしてキル夫、
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ  そう言う事なのか?)
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !


82 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:13:02 ID:E9x8Eecm
一292.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  実際に三角形かは分からないが、
  ようやくにしてキル夫に睨まれていた理由が分かったので言葉を無くしていると、
  後は任せました、とアストナージは部屋から出て行ってしまい―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                           _.--- 、_
                                         r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                          }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                 .        ヽ/       lノi、     ヽ
                                        /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
                                 .       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
         「それじゃ、お願いしますね」               {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
                                        ',  、__      レ ヮ' l  /
                                        ',  ー '       __/ ./
                                         ヽ `     ノ  r'"´
                                         丶   _ ____|
                                          ヾ ̄/      |
                                          {`/          |
                                             /  _.-―一 、L_
                                       _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                     /              ',   \



        ______________
      | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
      | |      ||           |l    | :|
      | |      ||           |l    |_,|
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |  バタン
      | |      ||           ||    |_|
      | | l| ̄l ||           |l    | :|
      | | l|: ; l ||           |l    |_,|
      | | l|(,0 ||           ||    | |
      | |   ̄  ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    |_|
      | |      ||           |l    | :|
      | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
      | |      ||           ||_,.. -‐''"
      | |      ||     _,.. -‐''"
      | |     _||,.. -‐''"
      |_|,. -‐''"
  _,.. -

83 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:14:01 ID:E9x8Eecm
一293.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  また一人残された彼はソファからテーブルに備え付けの椅子に移動すると
  窓の外が見えるように逆向きに跨り、
  背もたれに肘をついて足をぶらぶらさせながら思考を再開させた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                       __
                  /    \
                     | \_    .|
                     | (●)   |            (さて、どうするか………)
                 __(人__) __|,二ヽ- 、
              ∠爪∠!´ ̄    .`l    \
                  (___∨  ヽヽ、/      ∧
               ∨  ∧ .`ー ‐ヽ、´ヽ      ∧
               ∨  ∧     \ ヽ    ゙∧
               ∨  ∧      .∨ |      ∧
                     ∨  ∧      ) `ヽ     |
                     ∨  ∧       /_   .|  ゙\|
                   _∨_, -`─::´ ̄::::::\/.   \〉
                  /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_  \/
                   |::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::,\__ゝ
                 X/:::::::::::::,!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                /:/::::::::::::/ .T'.TT ̄ ̄ ̄ ̄ ̄TT'.T
          /::::/ ::::::::: /  .| | |           | | |
.    ,- 、__/` :::::/::::::::::: /   | | |           | | |
.    \   l `ヽ、__」::::::::::::/    .| | |           | | |
.     \_\   ∧:::::::::/     | | |           | | |
          ゙i__\_ ∧::::/      .| | |           | | |
             ゙i__∨        | |_l           |_| |
                        ̄.            ̄



――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分がどうしたいのかは未だ分からないが、
  アストナージのおかげでキル夫の気持ちと、
  何を思ってああ言う事を言ったかは何となくではあるが予想がついた。

  しかしながら、一番優先すべき事は何なのだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――


84 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:15:01 ID:E9x8Eecm
一294.
―――――――――――――――――――――――――
  未だはっきりしない自分の気持ちか、
  自分に温かい反応をしてくれる雪華綺晶の気持ちか、
  自分に冷たい反応を向けてくるキル夫の気持ちか。
―――――――――――――――――――――――――



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉     「どうすればみんなが上手くいくんだろ?」
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



――――――――――――――――――――――――――――
  ―――ため息混じりの彼はまだ気づいていない。
  そう言う事に、全てを丸く収める答えなど無い、と言うことを。
――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

85 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:16:05 ID:E9x8Eecm
一295.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もう昼時である。

  食事はどうしようかなと立ち上がった所で扉が開かれて、
  窺うように中を覗き込んできたのは、少しは落ち着いた様子のキル夫だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                _____.|┃┃
                                      .         /       |┃┃
                                           /        |┃┃
                                          /   (●) (●)|┃┃
             「何だお前、まだここに居たのか」       .   |.  (トェェェェェェェェイ|┃┃   ガチャッ…
                                      .     \ \ェェェェェ/|┃┃
                                          /          .|┃┃
                                          / i       (.二つ┃
                                         { ミi      (.二⊃┃
                                         l ミii         ト、二)┃
                                         | ミソ      :..`ト-'. ┃



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     「お帰り」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



―――――――――――――――――――――――
  いきなり怒鳴られることはなさそうだ、と
  迎えたやらない夫の様子に片眉を動かした彼は、
―――――――――――――――――――――――

86 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:17:01 ID:E9x8Eecm
一296.
―――――――――――――――――――――
  ずかずかと中に入り込むとテーブルの上へ
  詰め所で預かった封筒を放り出す。
―――――――――――――――――――――



                                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                |  衛兵から調書を預かってる。   |
                                乂______________ ノ
                                          _____
                                         / ヽ____//
                                         /   /   /
                                        /   /   /
                                        /   /   /
                                       /   /   /
                                       /   /   /
                                      /   /   /
                                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    「ああ、詰め所行ってたのか。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     ありがとう、確かに受け取った。
.  |         }     ―――どれどれ」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


87 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:18:00 ID:E9x8Eecm
一297.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  昨日仕入れ損なった情報を確認しようと、早速目を通し始めたその様子を
  キル夫はふんっ、と鼻を鳴らして面白くなさそうに眺めていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |           「……………」
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ



                                               ____
           (………見かけは落ち着いてるな。             /     \
            あるいはもう嘘がばれたか?              /         \
                                              / (●) (●)    \
            今の内に謝って、                         | (トェェェェェェェェイ)     |
            雪華綺晶には言わないでくれと―――)         \ \ェェェェェ/    /



――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん、心中は言ってしまった嘘の事で一杯であったが―――
――――――――――――――――――――――――――――――

88 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:19:00 ID:E9x8Eecm
一298.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ここで頭を下げる事が出来たら苦労しねぇんだよ、と内心唾を吐いてしまう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                               ____
                                             /⌒  ⌒\
                                           /         \
                  (言えるわけがねぇだろ、クソ!)     / ;(◯)::::::(◯);;;;;; \
                                             |   (トェェェェェェェェイ)   |
                                          \  \ェェェェェ/   /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)     「女神の噂話と
. |     (__人__)      盗賊団の幹部待遇、か………」
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



―――――――――――――――――――――――――――――――
  一方、調書の情報を一通り確認して顎に手をやったやらない夫は、
―――――――――――――――――――――――――――――――

89 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:20:02 ID:E9x8Eecm
一299.
―――――――――――――――――――――――
  神頼みに釣られる連中の事を疑問に思っていた。
―――――――――――――――――――――――



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \     (何か欲しい物があれば、
  \          |      自分で手に入れれば良いと思うんだが。
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩      何で女神に頼ろうとするんだろう?)
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



                                                 ____
                                               /      \
                                              /         \
                  (ああもう。                    /           \
                                            |     \   ,_   |
                  女神でも何でも良いから、          /  u  ∩ノ ⊃―)/
                  この性格も何とかしてくれねぇかな)    ..(  \ / _ノ |  |
                                            .\ “  /__|  |
                                              \ /___ /



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  対照的にキル夫は、目の前の小僧と自分とを比べてまた、
  劣等感に苛まされる羽目となっていたりする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

90 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:21:01 ID:E9x8Eecm
一300.
――――――――――――――――――――――――――
  だが一瞬後に、彼にも迷いが生じてしまった。
  自分の手から零れてしまった命が脳裏を過ぎったのだ。

  忘れてしまう事は出来ない傷を思い出してしまい、
  良くない考えを振り払うよう拳を顔に押し当てる。
――――――――――――――――――――――――――



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j       (あぁでも、
                ,.イ 、    V     /         死んだ人を蘇らせられる事が出来るって言われたら、
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r         俺だって迷うな―――)
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



                                                 ____
           (イヤイヤ待て待て。                       /      \
                                             /         \
            結局はこの見た目が                    /  (○)  (○)  \
            原因なんじゃねぇか?                   |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
                                          .  \ Lェェェェェェェェ._l  /
            こんなツラじゃぁ無ければ俺だって―――)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  やらない夫とキル夫、それぞれの葛藤は
  それぞれが歩んできた道を反映しているかのようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

91 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:22:01 ID:E9x8Eecm
一301.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでもやらない夫は、噂話に縋ろう、その可能性に掛けてみようとは一分たりとも思わなかった。

  一人で踏みしめてきた道には多くの事があった。

  それらは父から教えられた事では無い。
  自らが選び、経験し、乗り越えて来た事柄から目を背けたく無かったし、
  それらこそが希薄な自分をそれでも何とか形にしている、大事な記憶達なのだから。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く     (だけど………俺が奪った命も、
   l               l    ノ!     守れなかった命も、
   l               `ー‐ f r'     俺が背負って生きていかねばならない事だ。
   l                  ノ'
   !                     /       その呵責から逃げてはならない。
   ,'                   /        俺が選んで良いのは、俺の手でできる事のみなんだ―――)
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                                 ____
                                                /      \
           (いや待てよ?                          /         \
            だから神様が居るのか?                       /  (○)  (○)  \
                                             |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
            人にはどうしようもない事を改変する為に………)  .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  逆にキル夫は、大いなる存在が居る意味を考え始めていた。

  この世界に神聖魔法と言う奇跡がもたらされる以上、
  神々は実在するのは確かで―――
  宝具の願いも神聖魔法も同じではないか、そう思ったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

92 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:23:01 ID:E9x8Eecm
一302.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかしやらない夫の推測からすれば、噂話が何らかの真実から零れ出たとしても
  『何でも願いを叶える』と言うのは誇張だろうと考えられた。

  様々な効果のある神聖魔法は、それぞれ力の源となる神が異なる―――
  つまり、一柱の神にもできる事、できない事があると言う証明に他ならず、
  よって宝具を集めて何かが可能だとしても、せいぜい大地の女神が司る奇跡の範疇と予想される。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)         (それにリフの事も鑑みて、
           |,      ` ⌒´ノ          女神の宝具の話に
          │         }          ある程度の信憑性があるとしても―――
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;             それは大地の女神の奇跡の中での事じゃないのか?)
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



                                                 ____
                                               /      \
                    (だぁ~か~らぁ~~~。             /         \
                     そんな与太話に                  /           \
                     何を妄想してるんだ、俺は。       |     \   ,_   |
                                            /  u  ∩ノ ⊃―)/
                     都合の良い話には罠がある、     ..(  \ / _ノ |  |
                     そうだろう?)                .\ “  /__|  |
                                              \ /___ /



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  そんな風に、女神の噂話を目の前にしても冷静に自分を保っているやらない夫を見ていたせいか、
  キル夫もやがては自分の根源に立ち返り、都合の良い話を振り払って頭を冷やすことができた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

93 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:24:01 ID:E9x8Eecm
一303.
―――――――――――――――――――――――――――――
  もしかしたら宝具集めの糸を引いている誰かは、
  そこまで把握した上で魅力的な嘘で扇動しているのではないか。
―――――――――――――――――――――――――――――



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',    (しかも、大地の女神は
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬     闇と月の女神と並んで女神の中では代表格だけど、
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ    あんなリフでも信者で居られたんだ―――
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!   どちらかと言えば鷹揚な神様なんじゃないだろうか?)
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l ! 
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l 



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  問題はその手段であるが―――

  例えば理力魔法の道具である魔符が、魔力を有さない者でも利用できる事の様に、
  何かしらの道具を介在しての奇跡は
  司祭が行使する場合や神々の意思が直接宿る聖遺物とは異なり、
  行使条件がかなり緩和されるのでは無いだろうか。

  それこそ盗んだり、奪ったりした宝具であっても、
  大本の発動条件に関わらないのであれば
  悪党や邪神の信者ですら利用できる可能性があるとしたら。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


94 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:25:01 ID:E9x8Eecm
一304.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そこまで考えこんだ所で、はっと気がついた。
  自分がそれを心配しなければならないのも、あと数日の事になってしまったのだ。

  調書を持って来てくれたのに役に立たないかも知れない、と
  申し訳なさそうに言うと、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    「ああ、そうだ。
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |     さっき執事のアストナージさんから連絡があって、
       / ミ)      /     非常事態宣言が出た事により、
      ./ ノゝ     /      王都から証護衛の騎士団が近日中に到着するそうだ」
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



                                               ____
                                             /     \
            「………つまり俺達はお払い箱って事か」      /         \
                                          / (●) (●)    \
                                          | (トェェェェェェェェイ)    |
                                          \ \ェェェェェ/    /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  さすがキル夫も察し良く、この仕事の終わりが突発的に訪れた事を理解したようだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

95 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:26:01 ID:E9x8Eecm
一305.
―――――――――――――――――――
  それでこれからの事にやんわりと触れ、
―――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |            「いきなりのことで申し訳無いと思ったのか、
            |   ` ⌒´  |             この後、俺達にそれぞれ仕事があるのか心配してた」
          .  |         }
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



                                                ____
                                              /      \
                                             /         \
                                           /           \
                                           |     \   ,_   |
                     (ばれてるな、こりゃ………)    /  u  ∩ノ ⊃―)/
                                          (  \ / _ノ |  |
                                          .\ “  /__|  |
                                            \ /___ /

96 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:27:01 ID:E9x8Eecm
一306.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  先ほどの事は言う相手が違うだろう、とある意味とても正当に切り返す。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)      「今後の事は、
.   |     (__人__)      三人が戻ってきたからもう一度話せば良いだろう。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }       何か要望があるのなら、
.   ヽ   L     }        俺にじゃなくて雪華綺晶に伝えるべきだと思うぞ」
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



          
             「……………」                            ____
                                                /      \
             (黙っておいてくれるってか。                /         \
                                             /  (○)  (○)  \
              随分とお優しいこって!                 |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
              その余裕は勝者の確信からですかぁ!?)    .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ところがそれがキル夫には信じられなかった。

  一人の女を取り合っているのだ、自分が見せた弱みを利用しても当然なのに、
  それを手札から外したばかりか同じテーブルに着いても言いとまで言われたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

97 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:28:02 ID:E9x8Eecm
一307.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  こいつは俺の事を歯牙にも掛けていない。
  むしろ勘違いしていただけで、雪華綺晶の事も何とも思っちゃいないんじゃないか。

  そうとすら思えた彼はもはや、乾いた笑いを無理矢理に押し出すことで
  呪詛にも近い言葉を何とか胃の中に押し込むことしか出来ず、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                             ____
       「ハハハハハハ」                             /⌒  ⌒\
                                          /         \
      (あれだけチヤホヤされて反応がそれだけか!?     /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \
       どんだけ恵まれた存在なんだ、テメェ!!)        |   (トェェェェェェェェイ)   |
                                         \  \ェェェェェ/   /



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |        (あれ、言い方まずかったかな?
. |        |
  |        |         いやでも、じゃあなんて言えば良かったんだ?)
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



―――――――――――――――――――――――――――――――
  予想外の反応を返されたやらない夫は、
  自分の選んだ言葉があまり上手くなかったのかも知れないと思った。
―――――――――――――――――――――――――――――――


98 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:29:00 ID:E9x8Eecm
一308.
――――――――――――――――――――――
  しかしそれはある意味、彼の思い違いである。
  男女のこじれた関係に正解も間違いも無い。

  あるのは勝者か敗者か―――
  あるいは両方敗者になるのか、なのだ。
――――――――――――――――――――――



       __
     .,/,-、  \
   / ノ:/ ノfヽ.. \
   | /:/ /...| |  |
   l レ ./..ノ .,''´} i    「………ははは」
   l   ' ´ .〃 / |
   ヽ.     . 〈 .ノ    (魔法を覚えるより難しいな、
     \.,_  ._ノ /     こう言うの………)
      /  /  ヽ
     ./  /   |
     i ./  .  |



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分が勝ちたいのか、負けたいのかもまだ分かっていないやらない夫は
  方向性を間違ったか、と顔を手で覆ったのだが、
―――――――――――――――――――――――――――――――――

99 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:30:03 ID:E9x8Eecm
一309.
――――――――――――――――――――――――
  結局満ちた沈黙に居たたまれなくなって、
  外の空気を吸おうと部屋から出て行ってしまう。
――――――――――――――――――――――――



    /||ミ
  / ::::||
/:::::::::::||____
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::||        ||
|:::::::::::::::|| / ̄ ̄ヽ|| ガチャ
|:::::::::::::::|/      ヽ
|:::::::::::::::||       |    「散歩にでも行ってこよう………」
|:::::::::::::::||       |
|::::::::::::::|||        |
|::::::::::::::||ヽ_    _/
|:::::::::::::::||/    ヽ|
|:::::::::::::::||  i   } |
|:::::::::::::::||ノ |   } |
\:::::::::::||  |  i  |∪
  \ ::::|| ̄|  ||ー| ̄
    \|| (_/_ノ

100 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:31:01 ID:E9x8Eecm
一310.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  残されたキル夫は呆れた苦笑いで頬杖を突くと、
  深呼吸と変わらないぐらい大きな大きなため息を遠慮無く吐き出し―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――



         ____
         /     \
.     /        \
    l^l^ln;;;(○)::::::(○);;; \       「くぁ~、やだやだ。
    ヽ   L(トェェェェェェェェイ)  |        なんなんだ、アレ?
     ゝ   \ェェェェェ/ /
   /   /         \        無自覚すぎて気持ち悪いわ」
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))




―――――――――――――――――――――――――――――
  理解できないわ、と自分とは別の生き物である事を確定させた。

  別に綺麗な事に違和感を感じて不愉快なわけではない。
  そう生きられなかった自分に対する劣等感は多分にあるが、
  『自分が綺麗だと自覚が無い』から気持ち悪いのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――

101 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:32:00 ID:E9x8Eecm
一311.
――――――――――――――――――――――――――――――
  綺麗である自覚があっての態度か、
  綺麗であろうとする姿勢があるのならむしろ格好良いとすら思う。

  だが、あの少年の場合はそうではない。

  『綺麗で居ろと言われたから綺麗で居ます』の様な、
  お人形のような綺麗さが感じられたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――



                      ____
                     /     \
                    /        \      (ある意味危なっかしいぞ、あいつ)
                    / (●) (●)    \
                 | (トェェェェェェェェイ)     |
                     \ \ェェェェェ/    /
                    / ̄        ̄ ̄)___
                  / //       /'/ /  〃 ⌒l
        _____/⌒\./       /∧し'___|;;;;;;;;;;;;|
        l'⌒゙l  ( ゙̄^  ヾ  /⌒ l\ /    |'⌒゙|;;;;;;;;;;;;;|
        |  |──=`──‐/  /────|  |;;;;;;;;;;;;;|
        |  |         ノ_  /       |  |;;;;;;;;;;;;;|
        |  |        iヘ__ソ         |  |;;;;;;;;;;;;;|
        |__|_______ ̄_______.|__|;;;;;;;;;;;;;|



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  そう言うのが好きな奴だって大勢いるだろう。
  潔癖症の人間なら歓迎するだろうし、
  別の何かに視点を奪われたのなら気にならないほど僅かな違和感だ。

  だが、そう言った裏付けの無さ、芯の細さは、
  ふとした拍子に反転する危うさを秘めている事をキル夫は知っていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

102 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:33:00 ID:E9x8Eecm
一312.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  何しろ今現在、当の自分が抗いがたい反転衝動に駆られているのだ。

  甘い妄想に浸る回数が多くなりつつあるキル夫は
  仕事のことだけを考えてより現実的考えを保とうとしていたのだが―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /      \
   /         \     「まぁ俺は、他人の心配している場合じゃねぇんだけどな」
  /  (○)  (○)  \
  |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
.  \ Lェェェェェェェェ._l  /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  急に終わりを告げられて雪華綺晶との別れが明確になった今。

  女神に救済を頼んでも良いのではないか、
  そんな風に自分を誤魔化そうとする意識が膨れ始めたのを自覚せざるを得ない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

103 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:34:01 ID:E9x8Eecm
一313.



     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |     「しっかし、あと数日か………
/  u  ∩ノ ⊃―)/      一か八かで組になってくれって、
(  \ / _ノ |  |       もう一度誘ってみるしかないか………?」
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



――――――――――――――――――――――――――――
  せめてもう少し時間があれば。
  せめて、やらない夫が現れなければ。
  あるいは何とかなったのではないか。

  キル夫もまた気づいていない。
  そう思うことがすでに、希望的観測に縋っていると言う事を。
――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


105 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:35:01 ID:E9x8Eecm
一314.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――
  悩ましい男達とは無関係に時間は進み、夕暮れ時―――
―――――――――――――――――――――――――――



                           ..........................................
   ⌒Y⌒                  ...::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::.............
        カァー         .......::::::::::::::;;;; ''''          '''''' ;;;;:::::::::::............
                  .......::::::::;;;;;''''                 '''';;;;:::::カァー:.....
         ⌒Y⌒   .........:::::::;;;'''               ⌒Y⌒  '' ;;::::::::........
           (´(;;;⌒;;;⌒ ) ;;'''     カァー      >>>       ..... ..:::::''.;;::::......
               .....:::::::;;''             (:::::∋:)    ..... ......... :::::.'';;:::::......
             .........::::::::;''     ⌒Y⌒      彡´^:::::〉   ... . ........:::::: :::::::::';::::::....
(;;⌒;;;⌒ ) ... ....::: ::::::::::::::::::::::;'            __|√_________;;:::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.......            / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(´(:: ⌒ / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
::::::::::::::(´(;;;⌒;;;⌒ ):::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 三三三三三三三三三三三三三三三三三≧! へ || ̄ ̄| ̄ ̄||:.:.::;::.:.:.:.:.::;;|| ̄ ̄| ̄ ̄||:
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:# :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    |    ||:
 :.:.: :.: .:.I/l⌒l\I:;; .:.:.:.: : . I/l⌒l\I .:.:.:.: :|  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    |    ||:
 :. .:.:.:.:. |  |  |  | .:.:.:.: : .:.: |  |  |  | .:.:.:.: :|  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.||    |    ||:
 :. .:.:.:.:. |==|==|==| .:.:.:.: : .:.: |==|==|==| .:.:.:.: :|  |:.;.:.:.:.:||__|__||:.;,:.:.:.:.:,:.:.:.:.||__|__||:
 :. .:.:.:.:. |  |  |  | .:.:.:.: : .:.: |  |  |  | .:.:.:.: :|  |┏───────────┓:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 :. .:.:.:.:. |==|==|==| ;; .:.:.:.: : .:|==|==|==| .:.:.:.: :|  |∥:.:.武具 是得太の鼓動 :.:.∥"゙ ̄ ̄ ̄
 √:.:.:.:.:|_|_|_| .:.:.:.Χ.:.: |_|_|_| .:.:.:.: :|  |┗───────────┛:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 :. .:.:.:.:.  ̄ ̄ ̄ ̄:. .:.:.:.:.::..:.: ̄ ̄ ̄ ̄ .;.:.;,: :| [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 :. .:.:.:.:. :.:.#;:. .:.:.:.:. :.;;:. .:.:.:.:. :. .:.:.:.:. :. .:.:.:.:. :. .:|  | )~( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:)~( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


106 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:36:00 ID:E9x8Eecm
一315.
―――――――――――――――――――――――――
  役所から戻る際に寄り道をしていた雪華綺晶は
  館に戻るなりやらない夫の部屋の前に立っていた。
―――――――――――――――――――――――――



                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                   |  やらない夫、居る?  |
                   乂__________ ノ

             , ¬―‐、
            /   \ }
          /  ヽ`ヽ ノヽ    コンコン
        /     \人_/
      /     tく_//
     ./   _ノー'’
     l    Y
     l      |
     l      |
     l      |
     l      |
     l      |

107 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:37:01 ID:E9x8Eecm
一316.
―――――――――――――――――――――
  ノックをしても返事はないし、
  室内の気配を探っても人の居る様子はない。
―――――――――――――――――――――



                                       ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                      {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                    /./       辷ニソ
                                   / /   l  l l  l (( \
                                     / / l  l| /i| i| i| | | l \
                     .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                                   /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
           「………あれ? .             /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
           お出かけ中?」             /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
                     .           /  /   / ノ八  _     / /  i!
                               /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                               .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                              / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                            / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                            i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                            // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                           /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /

108 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:38:01 ID:E9x8Eecm
一313.
―――――――――――――――――――――――――――
  別にショックでもなかった彼女は
  少なくとも館の中に居るだろうと考えて彼を捜すことにした。
―――――――――――――――――――――――――――



        __         |∬|:.       __         |∫|:.       __         |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
     ||―|―||        |∬|:.    ||―|―||.     |∫|:.    ||―|―||.     |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
         ̄ ̄         |∬|:.        ̄ ̄         |∫|:.        ̄ ̄         |∬|:.
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======: :
  ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∫| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======:

            
                 _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
                 /   ,′  ´ ̄、`Y  l
               /    /   、    l くハ |
               ,′ , l !   , |  、 |  l l|    「―――やらない夫はどこかな~♪」
            .   l  | | | /| ∧__ハ| | | |
              | |  l | l7/斗‐r、 | | | |
              |∧ |Nヘ、!/ヘ::.::.::.} 〉  ,′l|
              ´ ハjミYシ′  `ー' /  /  l| \
               / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
            .  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、
              l  /  / {^ーメ‐┤ | |\   `ヽ、 l
              |/ / rく_∠__」 「ヽヽ \_ l ! |
              / /{_)'′   / ∧ ト、| |  / ノ |/ /
            . / / //乙ヘ__/_/  〉 V| |イ7′ l||
            / ,ハ// ハ _| `ヽ_爪 ∨| | | ,  l| |
            ヽヽ〈く  | {∧x 「交7 | } | Vl |ノ| ∧{
             `ヽ\`ヽ`ーヘ」爻ハ__j// `ヽヽレ'´ `ヽ
             ー'∠/  ̄ ̄|__/´ 〈〈    ` ̄ ̄ テクテク


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  軽い歩調に鼻歌交じり。
  懐に入れている物の事を思うだけで、温かい気持ちで心が満たされるのが分かる。

  半分スキップするような足取りで廊下の曲がり角を曲がった時だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

109 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:39:02 ID:E9x8Eecm
一314.
――――――――――――――――――――――
  全く予想もしなかった人物がそこに居て、
  全く予想もしなかった反応をするので―――
――――――――――――――――――――――



    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !:::::::l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! :::/:::::!:::::::::::!: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,':::::::!:::::::::::::!: : : !:::::::l: |:::::ヽ: ヽ: : : : :
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、::::::::::::::l: : l:::::::::', l:::::::::ヽ: ヽ: : : :
         | : : : : |: :/l:::::|__   |::::::::::::::!: |:::::::::__'|:::::::::::ヽ;!、: : : :
        |: : : : :,!: !: l:::::r '  i !:::::::::::::::| |:::::::::::/`''―- 、ヾヽ: : :
          !: : : イ|/: :,!:::::!ヽ-'/::::::::::::::::::l:!:::::::::::!_      /l: :∧: :   「…………」
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ! :/: :! : :!
         ヽ:| | |: :{               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l
           '.| | |: : \    、__         ` '´ /:/ : : : ,!: |
              | |: : : : |ヽ、 __,.、 `ー'         ・ /:/: : : : :/!/
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: : クスッ
              | |: : : : |/ / / ,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :
              | |: : !         |/::::::::::::::::: , ': : : : : , ': : : : |: :



                              _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
                       _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
                      //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
                       / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
                       | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
                       | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
                        | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
                       / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
 「うっわ!                   ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
  いつから見てたの!?」     / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
                    / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
                  / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
                 / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
                ../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
                /  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
                |  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  数十センチ以上飛び上がって驚いた彼女は、そのまま取り乱しそうになったのだが。

  相手が反応の薄いコナタであった事もあり、
  冷静さをぎりぎり保ったまま何処まで痴態を見られていたのかと問いただし―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

110 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:40:09 ID:E9x8Eecm
一315.
―――――――――――――――――――――――――――
  結果として後悔する羽目になる。

  自分の鼻歌の全てを聞かれていたばかりか、
  彼女は辿々しいながらも、見ているだけで笑いたくなるほど
  浮かれた様子まで詳細に再現してくれたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l   「『あ~なた~のお悩みキラッ☆と解決!
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V    良いもの良いもの、あ・り・ま・す・よ~♪
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/       やらない夫はどこかな~♪』」
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



                                         _(( ,  ´       `  、  ( /
                                        _{(>y.X                r--.、
                                        / 辷ニイ                {く } }=-、
                                          /  /   /  /  /    l、       ̄\
                                      /  /   /i  |l  | |   | l  li  ヽ     ヽ て
                                        /  / li  / .|___|l  | |   | l  | \  l!    |  て
                           .            /  .′ .li i 厂`ヘ,ノ)| |   | l  |  l l!    |
                   「全部!?」            /  i l li |〈 T>λソハlハ, ノγ‐=ミ.| l!   iリ
                           .          /   l l .li | >入イ .イ      {{     ハ.l!   / .|
                                    /   八/ハli |((`ー -彳     弋   ,リ./.   /  |
                                    "  / / r-、_.! lllll  .   ,:----、 'U‐'rく\/    |
                                /  / /// / )r-、    {::::::::::::::} (`ヽ\ヽ \.   !
                               /  / / // .′/ / )   ヾ::::::::::ノ  i ノ `     l   |
                           . /  / /  / {    ' iく > . _ _/      /  |
                           .イ  / /   /< \     ヽ(r、/__) n/      イ、_.r-、 |
                             / /    /  ノ Ζ    } //⌒U(     イ、__ノ⌒ .\
                           /. /       ./  /  { r─z rイフ//\ }_几ィ⌒´|

111 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:41:04 ID:E9x8Eecm
一316.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  客観的に見せられて思った。
  これが広まったら何を言われるか分かったものでは無い。
  むしろ、キル夫とやらない夫に余計な騒動を巻き起こす可能性だってある。

  実は時すでに遅かったのだが、知るよしも無い彼女は口外しないよう願い、
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                          /  r--i、 .          i < r- //
                          l  / } |/             \ヘノノ ∧
                           l  Y/               il     l
                           l (( l     i     l       l    つ
                           l   l     l l     l l l l l   l    っ
                           l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
 「で………出来れば、             l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
  見なかったことにして欲しいなー?     l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
  なんて………」                 l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l
                           l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l
                            l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l
                            y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
                             l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
                            l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
                            l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
                            l l i` トィ--!‐~ ___ ~i: irー -r-----i'´__
                            l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7



               //
              〃       ,r:、
              ,⊥.-.. ..、 ..,/.::.::|_
           , .::'".::.::.:;.::.::.::.::.::.::.::.::.:l.::.::.::`_`::‐-. .、
          , ' : : : ; :.'.: :: :: :: ,! /::.::.::.l.::.::.::. : :`ヽ ̄``丶
        /  ./ノ.::.::._::_::./.:;{:;!.::.::.|:.:;.::.::.:.ヽ:. . ヽ
.         i..:..:..//::.::.::´::.::/.;7 l'.::.::.:ハ:.:|、::.::.':;.:'、、:.`.、
        l.::.:/イ:.::.::.::.:;∠/∠ ,!:.::.:/ .!个l.::.::.::';:.:、ヾ::.:',
          |::/:/.::.::.:;:ィ「「示芥 /::.::/ _、|ハ:l.::.::.::.';.:i. ヾ:.i.
          /:/.::.:/::|:| ト-イ! /:.:;/ ^}≧ォ!|.::.::.::.:l.:!  ゙'}
       /,ィ;:イ`!.::.::.!! └-'' /, '   /ー/∧::.::.::.::.:!l
        /' l':;.:人.!.::.::.|   /'゛  ' ヾ‐゙/::.j|::.:l!::.::.l!
       l:/::.::::::}.::.::.l     ∠!   j.::.:l !:/ !::.:;l    「?」
         !'.::.::::::ハ.::.::l`ト 、   _ .. イ.::.:l l/ |.:/
        ,'.::.:::::/:::::;l.::.:K、 乃「:::|::::::::||.::.:;!   l/
      /.::.:::::ム<. l::.:l \_ゝト、!::::::|l.::.:ハ
      /.::.:::/ニ、ヾミミ.l.::.i. ヽ | \:|'::./:::l   コクコク
      /::.::::/′ `丶ヾ:!::l.、 `、l   /l::./::::::!
     ,:.:.:::::;'      |`ヾ:トミヾ、| //!∧::::::|



―――――――――――――――――――――――――
  コナタは不思議そうな表情ながらも了承の意を示した。
―――――――――――――――――――――――――

112 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:42:01 ID:E9x8Eecm
一317.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  それから、恥のかきついでに捜していた相手の所在を問うてみたが、
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                 ((‐  __      __     ))__
                                /  (必)'´            `  ミイ茫ハ  ヽ
                                 / /  / /            乂Y》ノ   i
                              i   / /   ′.′|  |   | |   ヽ   ((     |
                              |  ′      |  |   | |     |  | ))     |
                              | { |     |   |  |   | |     |  | |     |
                                   | | |  |  | ((| .ハ`ー┼┼‐-ハ |  | |     |
                                   | | |  | x--ノノ      x==ミ l |  | |     |
 「えーと、その………                      | | |  {f芯ハハ     んu:l| 》 l|  | |     |
                                   | 八人ハ[ 辷ソイ}    弋とつo八八丿    |
  やらない夫が                          |  八 r| ::::::::   '    :::::::: -- 、 |八   八
  どこに居るか知らない?」                ,  /   ヽ     r - ‐ 、  /     ヽ  \   \
                             / /   Y.人     ー   ′{ r─rr─r‐'⌒ヽ \   ヽ
                              /  / )  >    _(⌒{  ||   } },   ト、 \
                             /   .′ _{ 乂       { } τ v  ヽヽ   丿   )   }
                           :   {  {`ーっ 乂_    ノ/           ヽ. /   人
                          ハ  ヽ | 匕⌒) i  //ー' {            } ′ /   \
                         /  }   ノ  { └'⌒(_r─z匁、             /  /
                         /   /二ニ <   /     {  } \ ヽ  !  〃 /  (  \     }
                        ′   (/ r─    ``{ ̄冖=‐<_   Υ          \   \  \   ′
                      {    (_/_/ ̄__     廴_      ̄ `<        ヽ   )  ) /
                       、     (/゛r┐> _r─‐         \      丿 / /  {
                        ヽ   r‐「 | .|   \ }                  { / /(    \
                        丿  r┤ |__Lノ\  ( |        /           |{  (   \    \



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!  ブンブン
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



―――――――――――――――――――――――
  一秒も考えなかった相手は即座に首を横に振る。
―――――――――――――――――――――――

113 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:43:01 ID:E9x8Eecm
一318.
―――――――――――――――――――――――――――――
  知らないのであれば、一刻も早くこの場から離れたい。
  未だ、動悸の収まらない雪華綺晶は焦った様子で伝手を頼み、
―――――――――――――――――――――――――――――



                                 ト/ニヘ((__       _  )) __
                                /ミY//_}-         `._ {λZ i ヘ   つ
                               / //               ヾ、_ツイi  っ
                                  / /    i  i  i   i   i    l ))  i
                                / / /   /  i l  i l   l     l((  i
                            /  i i   i i  i_! l  l _!l   l     l   li
                            i   l l  i iァナアl_ l  l iナナー!l    ll    i
 「じゃ、じゃあ………その、          i  /i l  l il T >ヘ     l_il l  l_  l  l   i
  もし見かけたら私が捜してたって      7 / l l l il i>ン_シ      了:::::::ア ! l l  li   i
  伝えてくれるかな?」               /  i  l l l i l  ゞ イ      弋;;..ノ l l / l  l    l
                          l  l  l     l """   ,    """ //i7   !    i
                         l  l  l      \      __    ..イl  l   l   l l
                         l  l l   r 、.    >. ‘   ’:r、.:イ:  l.  i   !   ! i
                           i  l l rf-- ゝ、__ \t`ゝ-- y|  /  /l  l  l   l  i
                      ___  l  l l トイ!    `´ )  Y   入_l / l  _!_ l   l   l
                    f⌒| ヘァ l  l l / {_,        _       ̄ ´  -ァl   l   l
                    f ! i__l ト、-i  l /   ≫       >          ヘ    i  . i__
                   f i_ i-' r--'  f i_r-i __ }イァ    / i        r 乙__|i   i /´)''´ }
                   >、_ir-iノ    i  `''′i// T-i /XXヘ  ,r、 _i`-i-′   !__ iーi / i ./ .}
                   }yT\      l   i'´⌒i/r-iX^XXXヘ/X i´_|_ノr-i__r-イ  ∨ ヘf⌒!/i
                   i-'′       l   l  l`´ \/-iXXi亠i_/ ノu_l      7    f'"_イ



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l   コクコク
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l

114 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:44:01 ID:E9x8Eecm
一319.
―――――――――――――――――――――――――
  何を考えているのか全く読み取れないコナタの前から
  逃げ出すようにその場を離れた。
―――――――――――――――――――――――――



      j  |:l     !:: :.,    :l:::l    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       j  l」_r―┐|__ l.  ::|::::l    |  よ、よろしくね!   |
     /j  l| 〒テ 「   |  :::|:::::!    乂_________ ノ
      /   /l /|| l lハ   l  :::|:::::|
    ,/\ / l {_ハ_| lメ〈  l .:::|/l
    \./ーl l乂l l∨〈  lー/   |
      {_l l乂l l V ハ |‐/ /
       j l乂l l  ∨:l l /'´
       l l乂l l   lヽl l
        l l乂l l  lく l l
         l l乂l l  l∠| l
         l l乂l l  l∠l ハ
         l j乂/ / / ヘ _/  タタタッ
        | 乂 lー'   / :|
       l    { __/ _」
       |    〈 ̄ ̄
       l   ノ}
       ゞ==='イ

115 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:45:01 ID:E9x8Eecm
一320.
――――――――――――――――――
  階段を一段飛ばしで駆け下りる途中。
――――――――――――――――――



               ___      ______     ))
         _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ   「あぁ驚いた。
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }   ………私もいい加減浮かれ過ぎね、
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l|、、i⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′   気をつけなきゃ………」
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .  ///// / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((           イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  -‐(   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \



―――――――――――――――――――――――――――
  見られたのがコナタで良かった、と幾分頭が冷えた彼女は
  どうやら気づかなかったようだ。
―――――――――――――――――――――――――――

116 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:46:01 ID:E9x8Eecm
一321.
――――――――――――――――――――――――――――
  自分達のやり取りを眺めていた、二対の視線があった事に。
――――――――――――――――――――――――――――

┌──────┐
│廊下の影    │
└──────┘



               /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
          /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´
         //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
        /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄     (驚いたのはこっちですよ!
        |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\
        |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄      コナタが長文を喋ったんですよ!?
        }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、     寝ぼけた状態じゃないのにも関わらず!)
        |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
        / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
          .l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
          r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
        /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |



┌──────────┐
│反対側の曲がり角   .│
└──────────┘


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l     「くそ………
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |      くそっ………!」
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :: ::|
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :. :./
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\

117 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:47:01 ID:E9x8Eecm
一322.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  困惑のエル、絶望のキル夫を残して二階を見て回った彼女は最後に、
  一階の玄関近くまでやってきていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――



        __         |∬|:.       __         |∫|:.       __         |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
     ||―|―||        |∬|:.    ||―|―||.     |∫|:.    ||―|―||.     |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
         ̄ ̄         |∬|:.        ̄ ̄         |∫|:.        ̄ ̄         |∬|:.
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======: :
  ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∫| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======:

            
                 _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
                 /   ,′  ´ ̄、`Y  l
               /    /   、    l くハ |
               ,′ , l !   , |  、 |  l l|    「自室に居ない、
            .   l  | | | /| ∧__ハ| | | |     食堂にも居ない、
              | |  l | l7/斗‐r、 | | | |     お風呂とかお手洗いではなさそう、
              |∧ |Nヘ、!/ヘ::.::.::.} 〉  ,′l|    となると………」
              ´ ハjミYシ′  `ー' /  /  l| \
               / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
            .  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、
              l  /  / {^ーメ‐┤ | |\   `ヽ、 l
              |/ / rく_∠__」 「ヽヽ \_ l ! |
              / /{_)'′   / ∧ ト、| |  / ノ |/ /
            . / / //乙ヘ__/_/  〉 V| |イ7′ l||
            / ,ハ// ハ _| `ヽ_爪 ∨| | | ,  l| |
            ヽヽ〈く  | {∧x 「交7 | } | Vl |ノ| ∧{
             `ヽ\`ヽ`ーヘ」爻ハ__j// `ヽヽレ'´ `ヽ
             ー'∠/  ̄ ̄|__/´ 〈〈   
                          テクテク

118 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:48:07 ID:E9x8Eecm
一323.
――――――――――――――――――――――――――――
  他に可能性があると思われる場所は全て見て回った後なので、
  おそらくここに居るだろう。
  高鳴る心臓を落ち着かせるように深呼吸を二度してから
  ノブに手をかけてゆっくりと扉を開いてみる。
――――――――――――――――――――――――――――


f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  あとは談話室ぐらいよね?    |
乂______________ ノ

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ガチャッ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

119 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:49:01 ID:E9x8Eecm
一324.
―――――――――――――――――
  声が上ずらないように、
  笑顔になりすぎないように、
  至って平静を装って呼びかけた。

  しかし―――
―――――――――――――――――



    `ミレ_____/三ニ   -    ヾ ミヽ___
   _ _ >//K/f´               \ `ー`ヽ
   `゛=っノノ                   ヽ  `| |
    / >/        /    ;  ;      |ヘ  | |
   i´   /  ,     ,  / /   |  |  ;     | |  | |
   |   /| ; |     / / /  ; __ノ=+- 、|  ;   | |  | |
   | ; | || | ;___ . | | /i  / //_/__ ノ`ハ |  | | | |
   | |  | ヘi  ||`iレミヘiハli // //,=テ=ミノl ノ ノi l  | |    「やらない夫、居る?」
   | |  i ミ  |ト i ilト哀ノ>イ´ ´f::::::ハ jメノハノ//i i  l l
   ;| |   | ヽlヾミfニ及彡ノ ,  弋:.:ソノ /y/イ l    |
   | ハ   ヾ  ト゛´-Z/        ノ l  i  ヽ   |
   |ノ i   |  | `>`)  ー -   /;;;ill  | | ヘ   |
   |  |l   |  | //ト=i-= 、_ _ イミノil l |  | |     |
   |  ||  |  |ソノ/ノつ= ≧≦三ハ_ム  ilY      |
   /i  . l  | | |-ミ彡ー-゜/ii iiヽ`、ミrル  ) li      |
  / li  l i  l ノ/   `/oフ> `´<l oヽ  ノ  il     |
 /  i il   //  ヽ -ノo/< <> >ioヘノ/       /



 |\                                 /7
 |  |                                /  /
 |  |            ___               /  /
 |  |          / __ \      __      /  /
 |  |         (__/   \ \__/ )     /  //⌒i
 |  |      ∧          \___/     /      |   ∧
 \ \__ノ ノ                     /    /|  \_ノ ノ
   \___ノ                     (___/  \____ノ
     ||;;;/■ヽ ;;||        | ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||
     ||∩・∀・).||   .从从w!| ||==========||
     ||;;;;;;;;;;;;;; ;;;||   ,ハvVvwリ..||[[[[[[[[[[[[[[[ ||
       ̄ ̄ ̄ ̄   /ルwwV ヽ|==========||
               WwwW . ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||       |ヽ
 _          __|  ::| !. .i|==========||       | ヽ  .|\
   i⌒⌒⌒⌒⌒i    .ヽ_ノ.\||[[[[[[[[[[[[[[[ ||       | \ | |O ヽ
   i'--、_______, -'、            ::::::::::::::::::\      ヽ  | | Ni |
   i丶_丶  丶\\:.            :::::::::::::::::\      ヽ| ヽ\ |
   」\|:::|-----丶|:::|::..                  \        \ |
    |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                  \
    | | .\______\                  \
       | |-----------| |::..                  \
          .i~⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒i               \
      .(ヽ~ヽ:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                 \
       ヽ.\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ヽ:::::.....               \
        \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::.....              \
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



―――――――――――――――――――――――――――
  がらん、とした談話室には人の居た気配は残っておらず、
  沈黙と冷たい空気が彼女を出迎えただけ。
―――――――――――――――――――――――――――

120 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:50:03 ID:E9x8Eecm
一325.
―――――――――――――――――――――――
  明らかに落胆した自分が居ると分かる。

  ここでは誰も見ていないので
  遠慮無くため息を吐いて粘り強く室内を見回すも、
  やはりやらない夫はここにも居ないようだ。
―――――――――――――――――――――――



             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/   「おっかしいな?
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l    館の中に居ないのかな?」
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ / ' / / /    !
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  / / / /    l
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / / //    |
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |     |
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |       |
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ   ヽ
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |    \
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ        \


121 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:51:01 ID:E9x8Eecm
一326.
―――――――――――――――――――――――――――――
  もしかしたらまた訓練しているのかも知れないと庭に出てみたが、
  背が高く目立つはずの姿は見あたらず―――
―――――――――――――――――――――――――――――



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ____________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|                   |  |    |          |
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|                   |  |    |          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|                   |  |    |          |     ||  ||  ||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}    |  |    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|     |  |    |          |     ||  ||  ||
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::|    |l     ∥     l|     |  |    |          |
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::|    |l┌ Ⅱ∥Ⅱ ┐l|     |  |    |          |
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ ∥   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijkn.ィ>ヘ_.  ´  ̄ `  r=ト-- 、      wliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
;;;;; , ' ´~ lilii / {必/ソ        ((〈{廻 }\ \
 wwliilwnw_/ /((/´|    i     |  |))ハ \ \
__,,.. -‐''  / /   /》 | l l  |  l  |  |  l i  / /
      {  {   i|ハ l| |  | l  !ィ:十 / l lハ( /
       i |   | l | | ト-ト、l,リ!ハ.!ィ=チ/ / ト、 i\\      「庭にも見あたらないし………」
       | |  λト、!r{<r>ツ   廴ソ/ / | | i } \\
       ヽ \ //// 八´  _,  / / i | | ||   \\
        >./ / / rir--≧m-≦i/ /rケ | | |/    / /
      /// / / /ニクr、._____人__.| |_ノ. ! !.∥.    /./
     // / /  /l イ .><`‐-||爻イ!|⌒i //.∥    //
    /ノ  / /i  l { 弋/ ノ  \  ヽ, /ヘ ヘ/..∥   .//
    l,!  / / |  {   /   ∠´___ノ_辷ァィ>/    ((
      ( (  \ /^フ  ,イ´  ̄  fケ \ノシ   /ノ
       )\ //r‐‐′ /   fケ    )     //
      /  ソ l i  \ /  / rクノ \  `> l,/
    //|,/ | | \!)入二辷.ニ孑 込辷ーイ⌒
 .   l/    \\   /x/    |.x|  ̄
           / /   /x/.     |.x|
          (ノ    /x/       |.x|
              '-´      ゝ-'


122 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:52:03 ID:E9x8Eecm
一327.
――――――――――――――――――――――――――――
  寂しさに似た感情が我慢できず、とうとう大声が飛び出した。
――――――――――――――――――――――――――――



                                         ,____,.廻}`lii_,,..、∥
                                        ,,-''"´´ ̄``!K呈/ゞ、''-、
                                      .,/´    -、  .`i゙""i..} ! l `',
                                     ././   i   i  'i  i }  'i li , .l\
                                    / .|   |i   ii  l .! .i   i ll i .|\\
        |\     /\     / |   //  /      l ,.ii   | l  !i  l .l |  i .i ii l .l .\\
      _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///       l i.lu  ./ll`''ii-l=、l_ / λ  li i.ヽ、! `i  i ,/
      \   やらない夫!          /       li li i、 ..//!_/ ! ! /`l''i/i  .li  .|i.\, \ l l
      ∠   聞こえてたら返事をして!   >        ヽi{シ/´. '行勿ッ/ / / .l  .! il  i\ `ゝ、``'_'
      /_ 一体、どこに居るの!? _ \         ゙<   `ー'´.//'!./入 ! l ..| ヾ i`\ li ``
       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄           .`.、-、. .,//l..! /-∧ヽ !、 il ..l .l ii| i`-i
        //   |/     \/     \|            /./..!._,i、,__,,,l /!i``''.!入!>i!! l l il  l li
                                     / /  .i iii/、l l''''y!‐''>.-.!! .l .|i Il l / il
                                    //  .l .iil/.Ll l!=ン-'./´ `'i i\i li .li l l
                                    l./    .l .il-ンl .!,   !   `il i / il ..! !
                                    l.l  .,,/ i l Z-/i.\  .!ィli   ゝil l il l  i



――――――――――――――――――――――――
  それは、今すぐ会いたい―――

  そんな感情がありありと込められた呼びかけだった。
――――――――――――――――――――――――

123 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:53:02 ID:E9x8Eecm
一328.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一秒して、やっちゃったと舌を出した彼女は自己嫌悪して目を閉じる。

  別に緊急の用事でもなく、仕事仲間の一人を捜すだけにしては
  明らかに自分の態度は熱を帯びすぎている。

  浮かれていた様子をコナタに見られて一度は自重しようと考えたのに、
  結局抑えきれずに大声まで出した事が恥ずかしく、
  そして今までの自分からは考えられない事だと冷静な自分が指摘しているのが分かった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                  ___
                                          >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
                                         γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
                                         / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨
                                          〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
 「―――って。                                ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i
                                          / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!
  食事の時でも今夜の見張り番の時でも良いじゃない。     イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!
  なに逸ってるんだろう、私………」                   |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|
                                       从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|
                                         !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,、__,j/  / '  } j   i|
                                         Ⅵハcぅツィ    ´ ̄どう / /  / ∧   iト,
  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                             `从(~  、   xx ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
  |  雪華綺晶? |                               j ))、  r 、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
  乂______ ノ                               ハi  \ ´ /       \ 、
                                            j    >ァ'          \ヽ



―――――――――――――――――――――――――
  だが、結果としてその呼びかけが正解だったようだ、
  彼女の声を聞きつけた相手から返事があったのだ。
―――――――――――――――――――――――――


124 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:54:02 ID:E9x8Eecm
一329.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでまた、先程までの自己嫌悪も何処へやら。
  ぱっと表情を輝かせた雪華綺晶は、声の主を捜して視線を庭に巡らせる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



        (( ,  ∠   ̄   ̄  `ヽ、((
      /{薔}辷           〈(薔)辷ヽ、
     ∠ / ))              ((`ヽ、 `ヽ、
    / /   / /       ヽ、ヽ`ヽ、   ヽ   i
    / /   / .i  /       ヽ ヽ、ヽ、   i .|  l
    ∧ 八  / .i ../i i i  |     |  |  i  .|  i  i    「やらない夫!?
   |  |    i | | i .| .| | .∧从ヽ八i  i  ./i  i  |  .|    どこに居るの?」
   |  .| i  i i i∨ヽN、.iリ Nr=ミ .i ,'i / ..|  .|  i  i
   ヽ、.| i.リ、|/バY^ト.リ   イr:::ハ |ノ/ ∧ ..i  i  | . ヽ
    (  | i  ヽ|ゞ弋ソ     `冖' ∧ / i |  |  i  八
    `i .| i   ト ))   '      // /  | i  i   |  l  ヽ、
     .| .| i   八   マ  フ  イ/ ./ i⌒y⌒`ヽ.、 .i  i    i
    / | i   i . >、 -  </ /yラ.(、     .`ヽ‐-、  .|   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   ノ / /  / /  ,厶(⌒)ハ(| .|},ゝ   r)         )  i   |  こっちこっち。上だよ。 |
    i/i ./  / / .,ゝ、 ,- 、,- | |\  ,.ゝry          /  |   乂__________ ノ
   / /  丿 / 〈  (  ><.| |  `Y  (       へ  i



――――――――――――――――――――――――――
  しかし、そっちではないと指摘する声に導かれるままに、
――――――――――――――――――――――――――

125 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:55:01 ID:E9x8Eecm
一330.
――――――――――――――――――
  館を振り返り、視線を窓に走らせると。
――――――――――――――――――



                       ,ィ''´_二----`' - 、__
                   /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                  /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                 // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                 {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                  Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                  {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
                   __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
    「―――上?」    i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
                 }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
                  'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
                 i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                  ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                 | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                 l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                  i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \



―――――――――――――――――――――
  さらにその上、三階建ての建物の屋根から
  やらない夫の顔が逆さに覗くではないか。
―――――――――――――――――――――



___________________________
///////////////////////////
///////////////////////////
///////////////////////////
___________________________
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :/.:.:.:.:.:.:.:,/     \:.:..:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:      ===
: : : : : : : : / : : : : ,./,        \.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:              ===ァ7  ∥ ∥ | |
‐- __: : /´: : : :, /;   -──-    \.:.:..:.:.Y  ̄     ===== ===//==     //
     ̄!:: :, /´                   \.:.:.i                            〃
       V/:::                    V
        .l                      |
      |                     |
      |          ⌒         |
      |     -一-   -ー-、     |
      |     (     Y     )    .|    「屋根の上だよ」
      |      `      i     ´     |
      |   、_,. ‐__` .}:{  ´.__- 、_,.  |
      |  、' ̄(¨,),ノ'/!  ヽヽ.(¨,) ̄ヽ  |
      |   .`¨''',彡'´    `ヽミ¨'''"´  |
      |    ̄          ` ̄   |
      \                   /
        \                /
         \_______/


126 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:56:01 ID:E9x8Eecm
一331.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これは予想できなかったのも無理はない。
  建物の中でも庭でもなく、普通の人が行かないような屋根に上っているとは
  誰が考えつくであろうか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



  |\     /\     / |   //  /
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
\                     /
∠ そんな所で、何してるの!?  >
/_                 _ \
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  //   |/     \/     \|
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            /
           /
          /                      .ノ 、 、
         /                           ● ●)l   「考え事さ。
        /                        (人__) |    今降りるよ」
       /                          ヽ   ノ
      /                         /-r-.、 〉
     /                          | |  |-'.|
    /                           r┴┴.┤ノ
   /                           ̄ ̄ ̄
    ⌒⌒⌒|⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
          |
          |                  _____________
          |                  |::::::::::l::::::l::::::::::::l::::::l:::::::::::l::l:::::::l:ll::::



――――――――――――――――――――――――――――――
  館の中にまで届きそうな大声を出すと、
  手を振って答えたやらない夫はそれで屋根から立ち上がり―――
――――――――――――――――――――――――――――――

127 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:57:01 ID:E9x8Eecm
一332.
――――――――――――――――――――
  躊躇無く、地面に向かって身を躍らせる。
――――――――――――――――――――



               _γ⌒ー^= _   r'//)
    , - ァ‐、―-  __/`、  \  `ヽ、////     !          「よっ」
  /  ) |●, 'ヽ 、  `Y  `ー-一<ノ_ノ \.(っ    ||
  |    ;ニ、‐< .7   l 〃      ヽ、   ヽ 、_ ..,i_i___
  |   ) |● 、ノ ′  l            ヽ~'  〉  ̄ //    Y、
  \   ー'         ノ         /   / Y        l}
    `/ / /‐ <¨´   ー- _  _. /   // } //  /    l}`¨ ー- .,
   ノ ノノ   ` 、 〃     ,r‐-ヘ=、./l! / / //      l}_     `¨ ー- .,
              ̄` ーγ´  ,-ァ 〉 '=´/ , //       /   ̄  、      `¨ ー- .,
                 /ノ〈〈〈 ー'__  .Z;ー‐//--./-=ニ./      〉、ー- .,    Y⌒ ̄ =-,,
                   ′. UU   \/に___    ム____///へ    `ヽ、  //////ヲュ、
               !i               // ¨/ ¨¨¨¨´..   气///.////ム    `ー∨//////ヲ7ュ,
             .|i            //  /          /∨///////|       \////////心
               { { .\        //  /           ///////          ////////∧
              ,  、  、     /  /               //             ∨//////∧
                >-=二=-‐<  /                               ∨///////!    .:
                                                            ///////|    .’  ,
                                                            / /////   /   ′
                                                               `¨´   ノし/
                                                                }  て__ ,
                                                                  _ノ  √ ̄
                                                             ,.。-一…´¨ (⌒ヾ
                                                            ⌒'Y'⌒乂ゞ`  `\


128 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:58:01 ID:E9x8Eecm
一333.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  危ないと思う暇も無く、反射的に落下操作の魔法を使おうとした雪華綺晶の目の前に、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                __
       .-――z^^7 ̄`((⌒ ._
    /    /   }(勾},ト、   `ー ._
   /    /     ((乂ミ=       ヾミ .   _
 /             _)}   .-‐        λ--__))
´     /7 /      /   -~ __     ゞ勾ハ
   / //  /     /    ((⌒' /    Ⅵ i
_ノ  '       イ /   //`).l /! / ,  Ⅶ !
.  /        /    //l\ レ'/ / } / //  :. !
 ̄´            {./ // r==>ミ / // 〃ル  i l      「えっ!?
    /     /ス//{,// 7rッそ》}  八、/ } l  } |
   /     ∠ゝ、ン    _《 ゞト=ン γ=ミ / リ ./ ノ!      ―――フォーリング・コントロー………」
 /     /__.У::.     ((⌒ーv_ソ"  辷ソⅣ/ノ  l|
      / ト、_ ハ::.            、   ハ /|    l|
_   /   {   ̄ト、::.    , r‐=z 、 ′/ /i l|    l!
7} `ー- ._ノ   ム 丶:.    l  ヽ:/   イ:.   | l|    l!
/          {__ヽ、ヽ:.   `ゝ=ァ’ イ !:.  | l|r―-lト、
i           /}  ≧x.._ ィ~zリ √ ̄ ̄〃    ⌒ヽ‐z



                    __
              /    \
        ,--,──-|       \___、_____
       /| .|::::::::::::::|\_  _ノ   |:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /  ,ヽ-゙'──(●) (● )  |:::::/::::::::::::::∠二二/
  _/  /        |::(_人__)   |::_」/`ー-´__/
 i´´  .「         \::\_   丿::ヾ〈〈〈〈_ ノ´        「とっ」
 ヽ〆〈/            ヽ、::::ヽ、/:::::::::::::::::| 
                 ゝ:::::::ヽ::::::::::::::::::\ 
                   __/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::\
             /-、:::::::::::::/ヽ/,二二二ゝ
              ̄ヽ ヽ:::::::::/:::::|/:::::::::::::ヽ
                /´::\二_//|::::::::::::::::::::::|
              /::::::::::::::::::::/  =;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
                /:::::::::::::::::::/   ノ:::::::::::::::/
            /::::::::::::::::./    .|:::::::::::::::|
             /::::::::::::::::/     /:::::::::::::::/   スタッ
            /:::::::::::::::/     ノ`¨~´|`
          ;;;;;;;;;;;ヽ、:::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;| 三 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ;;;;;;;;;;;|::::::::::::::〉;;;;;;;;;;;;;;;;|  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ;;;;;;;;;;;〈:::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;`¨~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/___ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ミ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;|_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



――――――――――――――――――――――――
  危なげもなく、大きな衝撃もないまま着地してしまう。
――――――――――――――――――――――――

129 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:59:01 ID:E9x8Eecm
一334.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  この館は三階建てだ。
  しかも、一階一階の天井の高さも通常の家屋よりかなり高い造りになっている。

  マナは動いていないので、浮遊の魔法や落下操作の魔法などを使って、
  落下の衝撃を軽減したり、速度を緩和した訳では無いようだが―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                        _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
                                 _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
                                //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
                                 / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
                                 | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
                                 | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
 「………ル………                      | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
 って、平気なの?                      / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
                                ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
 三階建ての屋根から飛び降りて………」.       / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
                              / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
                            / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
                           / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
                          ../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
                          /  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
                          |  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
                          |  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    「ん?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



――――――――――――――――――――――――――――――――
  平然としている彼の、頭からつま先までを眺めて硬直する雪華綺晶に
  ちょっと首を傾げたやらない夫は、
――――――――――――――――――――――――――――――――

130 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:00:01 ID:E9x8Eecm
一336.
――――――――――――――――――――――――――
  親父の訓練のおかげだな、と
  他人には全く説明にならない理由を当然のように言った。
――――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)        「このくらいは平気だな。
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ          小さい頃は親父に、もっと高いところから何度も
        |         }          放り出されたぐらいだし」
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l



                                      //y        _          \
                                    r''´Xメ}) / /  /           \\
                                   ./ /(/┘ ./  /  / ノ  /          X糸
                                  / | // ./  / / - ´  / / /      | ≧┤ヽ
                                  | //  /  ./ /    /  / / 、 |   ノ/KZソア
                                  | |/  ./  .//   /  // ./  ト/ |   ≦xくノ|lハタ)、
 「どんなお父さんよ………」                    |/ //  /   //  /、 ノ  / /| || /  XK<ニミ彡 ヽ
                                  |  |/|  / |  / / / / `'-/、_// /  / /ヾーミテン   )
 (お父さん?                               |/|/|/| レ´アミゝく ./ミ=、_ /ヽ| /  / / / |     i
                                       | |li レ | K薔>イマ   イテ ゚̄ミ、/  / / / / .    /
  やらない夫の実力の―――                   | | |l | | ト=ケソ    廴o゚ソ/ ./  / / /  /  .,'´
  いいえ、考え方の下地もお父さんが作ったのかな)  .i | ..| | i  K´ ` ヽ     ̄/ /  // / /    i
                                   ハ|   | |  |(ヽ  、 _      フ´/ .//    /    /
                                   |/  i  i  |)(i.\ ' `   // / ./    /  /  i
                                   il    | | ) ilハ、>.- ‐<仝/ / ./       /   i
                                   |    }| |メ )、,(⌒)、,/⌒ / / ./       /    i
                                   | -―´/| |-、 ,- 、  ,、 /   / `'''- 、_ノ /    i
                                   /    ゝ i`-´`-´`-´`/   /      ヽ      i



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それで彼が十五歳までは父と二人きりの旅をしていたと聞かされた事を思い出し、
  訓練から垣間見えた並外れた戦闘力と外連味のない白い心の根本が
  そこで育まれたものなのかも知れない、と推測してみる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

131 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:01:01 ID:E9x8Eecm
一337.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  あるいはやらない夫は、父の教えに従っているだけ、
  与えられた知識や目的に沿って行動しているだけとしたら。

  彼自身が希薄に思えて、欲求などが薄く無垢な部分があり、
  目的が見えず、違和感を感じていた事の理由の一部はその辺りにあるのかも知れない―――

  真っ白に見えた理由について、そんな考察を組み立てていた所で
  止まった会話を動かそうとやらない夫が呼んだ理由を尋ね、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |         「それでどうした?
            |   ` ⌒´  |          何か仕事で不都合か進展でも?」
          .  |         }
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



                                   , へrァォ7フx- ´  ̄ - 、
                                 /  イゞン7ハ__         ヽrァ7、__
                               /   i ゞアン'ー,          vシ}  、
                              i    ト、   //  , /      ド'   i
                              |     |  、 /./ /, //, /|//  .|  ドミ、  |
                              |,ノ ,  .|  V /////r'/ //| | | | \ .|
                             //   |   }|rァォメヾ/ノ //-ト|、| /ト、ヽ ` 、
                            //   , '  / トK乃ッリ)   ,r=ォx'ノイ |  ハ   )
                          //   /,'/ゝi トゞアンツ    J | ノ/.| |/ 人メ、
  「あ、違うの。                /   / ,','   .,|  \wx.   , じ' / .| |, イ/\  、
   仕事は関係ないんだけど―――」   ///ヽ.//  ,ヘゝ 、  \ 、_ , w イ/| |  |   \ \
                          . (/  // 、ノ ̄ へ⌒ヽ、 )_r 、_ ィヘ ノノ |,  ゝ、   ) .)
                          ヘ \   | |  )\    \_ソ/ミ,| i / / (/ノ   \/ /
                           \ \ノノ/ く´ _ ., …´/  .} !/ /,/ , ヘ\.  / /
                             ) Y  , イニ____,ノ   ノ ,'  ' _,∠_ヽ,/ /  \
                            ,/  / /  |  しー   /     ,ー-='(  (      )
                          / , イ  i    、 `ヽ⌒ 、r^丶    ノ /  / ,\ \  /
                           /  \ ` 、 ゝ ノ  イ    ゝ'^y  //  )  )'



――――――――――――――――――――――――――――――――
  緊張を隠すようにぱん、と手を叩いた雪華綺晶は、
  落ち着くように、と自分に言い聞かせながら懐へと手を差し込み―――
――――――――――――――――――――――――――――――――

132 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:02:00 ID:E9x8Eecm
一338.
―――――――――――――――――――――――――
  少し照れくさそうに頬を染めながら差し出されたのは
  正方形に畳まれた青い布だ。
―――――――――――――――――――――――――



                                                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                                  |  はいこれ、どうぞ。  |
                                                  乂_________ ノ
                                  ┌───────┐
                                  │\           y.│
                                  │  \      ./.,-┴-、_
                                  │   \  / ./ ,r    `ヽ、
                                  │     /   〈__/│ ヽ
                                  │    /        │  ゝ
                                  │  /          │    _,,、
                                  │/            ├-'''¨´
                                  └───────┘



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    「ハンカチーフ?」
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く__,-ュ__
   |    ___ 三)
    |    |       ̄

133 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:03:01 ID:E9x8Eecm
一339.



                                    /`ヽ、
                                      /´ ̄伐戎癶)ー―- -―- ..    _,,,,__)
                                  / :(⌒/: : .,入            >く(⌒Y⌒ー 、
                                    / .:ノ: : .                . : ミ氷冬、   :.
                                 { . ′/       :i           . : 伐戎厶:.   .:i
                                  У :/  /:    :|     `.    :.  :/ /ハ`Y:.  .:|
                                .' :/: .  :!  /   :|       .:i    :.  / .: }ノi:.  .:|
                                  i:.〃.:. .:|:|:! :|   :| .:!    .:| :i   i  .:((__)|:.  .:l
 「バンダナよ。                         |:.:|:!:| :|:.:|:|:! :| i i | |__|:!_!:|  .:| :|    :!   . ′ !:.   .:i
  きっと似合うんじゃないかなって」            ! :|:!:| :| ノ从.:| l l | i :从乂`ヽ :リ:  , ;  .:/:.  |:.  .:|
                                 ∨ハん笊ハ,乂乂ノィfテ云メ、:/| /// , :/ i  |:.  .:|
                                 Y:丈戈匁      {が`Y刈/ .:Ⅵ!/.:/ :/  :|  i   .:|
                                    | しイ爻'^    ,圦::ノノリ′ :/:/.:/イ.:   :|  |   .:|
                                    |Y)八 ヽ         /:. .:/:/.:/: :.| |   :|  |   .:|
                                   .:.八: : \ 、 _     /:/ .:/:/.:/: :i :| |   :|  |   .:|
                                 .: / .:)) :/ )     .: / .:/:厶>―< /.:|  |   .:l
                                .: :/ / :/ /: :`ー┬=/:/ .:/´: .      .:∨ ∧ !   .:i
                       .       . : :/ /.:/ //`Yしfて)/:/ .:/.: .         .:∨ ∧:!   .:|
                            , : .:/ / .:{ / /⌒Yて)|.:ハ/: .         .:∨ ∧:.   ',
                       .   / .:/  .: :∧   /⌒Yて,!:|i :′:          .:∨ ∧:.  :ト、
                         . :  .:/  .:   i ∧     イくミY'Ⅵ:| : : .         .:∨: .:ヽ .:ハ \
                        〃   .:,′  i: . :l ハ    Ⅵ彡ミⅣ : : .         . : \:. \:.丶\\
                        {{   .:{   | : . `Yし-、   j^Y^てリ : : .              . :/\:. \  \\
                        ’,    :.    ', : .  :\(⌒Yて(__八 : : .              . :/ヽ :\:. \  \丶
                         \: . \  \ : . / )〃/7   j\: : . .     / :厶イ . . :\ : \:. \  丶


134 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:04:02 ID:E9x8Eecm
一340.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ハンカチーフにしろバンダナにしろ、彼女から何かを貰う理由が思い当たらない。
  思わず反応に迷い、硬直しながら何故、と尋ねると、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |     「これを―――
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/      俺に?」
   .|             ,/    |      \
    |            |     |     |
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        ) ドクンドクン
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ


135 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:05:01 ID:E9x8Eecm
一341.
―――――――――――――――――――――――――――――
  断られちゃうかな、と不安に思いながら
  今となっては言い訳の方になってしまった理由を彼女は答える。
―――――――――――――――――――――――――――――



                                       _ , - ― - 、 _
                                  _, - ''' ´          ` ''' -、
                              (ハ //          `    ゝ \_ ,_
                             X<>ァフ⌒}                   /イx入__
                           /ゝ=5ソ                    タX=ヾ)  ヽ
                          // ト_、圭ヲ      ,   /   |  ,     \三ノTソヽ \
                         / / .| |-´      , /   .|    |  | |  |  ノソilヲ  ト  |l
                        ,| /  | |  /    //    |   |  | |  |  / ノil i _  | |
 「う。                     | | i  | || |l    | |     |   | lヽ | |  | ヽ /| | |  |  | |
                         | | |  | |  |    /_||    ハ   .|x|  | |  |  / | | |  |  | |
  無理にとは言わないけどさ、       | |l   | | | .|    トX.|   / .|   +代 ̄ ‐-、|  || | | |  |  ||
  汗とか目に入らないと思うよ?」     | |  .| | | |    | |r=X ./  i、   |ハ \| |  || | |   .|  .|
                         | |   | | ヽ   | |アメ V_  ヽ  .|-´ヽ  \i  |  | |  .| /|
                         .| |  |  |  |ヽ <<ィゥ薔ヌ/、  ヾソ彡三=、V / 、//   |  ||
                         .| |    || ヽ`、 て互Xノ┘   ` ´ ̄ ̄`|i/ / | |   /|
                         | |    |  |  斗ヽハノ   、  """"" イ  | |    | |
                         | |    |ヾ \  |i ((           ノ i   | i |   | .|
                         |    ヽ |     { |i \   ー-─  /i |  /  |    |
                         .| |    | ヽ   | ヽ ト>、    /  | .|  /   |    |
                          | |  |  | i    |  |/⌒ハ >< /⌒) i   |   |     |
                         /  /       |  | (⌒)ハ(⌒}、_,/⌒ヽ,|  |   |     \

136 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:06:01 ID:E9x8Eecm
一342.
――――――――――――――――――――――――――――――
  えっ、とやらない夫は驚いた。

  訓練を見られていた事では無い、
  僅かな隙とその理由を一度見ただけで見切ったことがその理由で、
  内心、戸惑いながらも実力を計るように問うと―――
――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)     「もしかして、今朝の訓練………
  |      |r┬|}     見てた?」
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、



                                   、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
                                     l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
                                   .  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
                                   . 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
                                    f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
                                    ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
                     「うん。          .  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
                                     \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ
                      汗が目に入った所で    ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ
                      隙が出来てたね」      /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
                                     / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
                                   .   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
                                    /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
                                   . i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
                                    i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
                                    l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
                                    l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



――――――――――――――――――――――――――――――
  事実、一流の力をその細腕と華奢な身体に宿している相手は
  確固たる自信を以て頷いた。
――――――――――――――――――――――――――――――

137 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:07:01 ID:E9x8Eecm
一343.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  考えてみれば、生半可な実力では生き抜けないであろう女性の一人旅を
  自分と同い年でこなしている雪華綺晶である。

  それが事実である事を確認させられてしまい、だから、
  女性が戦う事が大嫌いなやらない夫の胸に、苦しさと切なさが去来したのも当然のことだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く    「未熟な所を見られたなぁ。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'    とは言え、なるほど。
   l                  ノ'     防御力前提で考えていたから
   !                     /      バンダナは思いつかなかったよ」
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /       (ああ。
        `  、        /         本当に、女性の冒険者なんだな―――)
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                      ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                      / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                     i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                     ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                    .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
 「防御力の事も考えてあるよ?                  li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
                                     ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
  その布の中に、                          ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
  魔法の鎖でも護符でも御守りでも、                !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
  何か効果が付加された物を挟んでおけばいいのよ。    ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                     //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
  私はこの髪飾りの中に本当は首飾りである鎖を      / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
  一つずつ仕込んでるわ」                  / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                               /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                              ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、



――――――――――――――――――――――――――――
  そんな―――彼本来の―――内心の複雑さには気づかず、
  解決出来るのは汗の問題だけでは無いと言うと、
――――――――――――――――――――――――――――

138 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:08:01 ID:E9x8Eecm
一344.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  しばらくの間悩んでいた問題への
  最適解を渡されたと知ったやらない夫は心からの感謝と感心を述べ、
―――――――――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)      「参りました。
        |      ` ⌒´ノ       君の発想力に脱帽だろ」
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |



                                           __     _
                                         / ̄>t=ヘ_/ムイ-
                                        /   イ{し}V≠  ̄  ―- __  _
                                       ./ />┬そ__     == ⌒しイ¬キ―‐、
                                      / 〃 t(⌒´  ̄     ̄ __,.. {{ 乃ノ i ハ
                                     /   {し_)     /  i          ヾ一;、/ | ,
                                        ././ / / 〃     ハ | i  ∥ ヽ ノイ  ′ !
                                       // , ,  ″: | |i  Ⅵ| |∥ ,  ゙, ∨ /  j|
                                     / .イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥  | i ' /|   〃
               「そ、そう言われると照れるよ」      | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/ / |  ||
                                        | 八 ∨{ ィrァミくヾ  イ | |∥ |! / /, i| l|
                                        ヽ |ヘ、トヽいYレ'ノ  ノ/ |_l_/jノ /  i l  l|
                                         | 「ヽ!ヾ二 イ     ミ、、_ ノ/ イ i|  l
                                        イ | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ / /|  |   |
                                      // .| ヽ \    !ーァ   ::: /:///| |  |
                                      __/イ .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉 / |   |
                                     K⌒Y´  }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /// | |  |
                                     | ヽjし  >-、_ 7―、`/      ノト |┌ 、|   |



―――――――――――――――――――――――――――――――
  予定以上の反応を返して貰えた雪華綺晶は嬉しさに身悶えしつつ、
  赤くなる頬を沈めようと掌を押し当てる。
―――――――――――――――――――――――――――――――

139 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:09:02 ID:E9x8Eecm
一345.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それから。
  器用にバンダナを巻いたやらない夫は少し照れくさそうにどうかな、と感想を尋ね、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                ̄ ̄   、
                           ´         ,, /T
                  .       /         _..r''’` ';;;ョコ
                        /      _r‐"     ノl''ヽ
                         i    ..x‐'´    ..r‐’   丶
                         l  ,,x‐´    ,,ノ'"        丶
                        _ノ'"     _..r''"     ヽ        丶
                         ヽ   _..r‐'´   i イ`丶 l         丶
                          `ー'´   ヽ ゝ _            ',
                         丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
                           ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
       「似合うだろうか?」        ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
                            ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
                             \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
                               \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                 ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                    ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



                   ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__
             ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y
           r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i |
           トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !
                | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ
                レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、          「うんっ、とってもよく似合ってる!
           /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi          やらない夫には青がぴったりよ」
             /   /  ヽ卜辷r" :  "" { ! ハ    ト-ミ: ____
           √ァ’ /   トミ Ⅵ(  ‐.‐  人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
          /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
       人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/
  .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
 /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
/    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ
    .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ
 / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /
く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
 ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八



――――――――――――――――――――――――――――――――
  渡した本人は、頭の中で想像したとおり濃い青のマントと調和し―――
  この空のように大きな彼によく似合っていると頷いた。
――――――――――――――――――――――――――――――――

140 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:10:01 ID:E9x8Eecm
一346.
―――――――――――――――――――――――――――
  ところが。
  急に真剣な表情になった彼が何かに気づいた様子なので、
―――――――――――――――――――――――――――



                        ___
                  /       \
                 ∑≦二二二二二
                       |   (●)(●)|              /勹
                       |   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/  「ん………?」
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                  / lヽ     /    /`弋ll
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|



                      / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
                      ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
                  .   {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
                     ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ 'ー-」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
                  .    从从八;ゝ=:)) `` '´!ハ`ヽ/:/: / . : : :,′
      「ど、どうかした?」      〉〉〉 〈(必リ    .じ' ノ: /: / .:/ : /: :
                       j ij : : j{((′_'__ ,xxx/: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
                      ,','///'}n  |/´ `ヽu'. : ::;' : : : :', : :', : : : :
                  .    / /イ / /./,n、 、  _.ノ{: : :::{ : : : : :ヽ.: :、: : :
                  .  ノ /.: | ' / '|// `¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :
                        |   .イ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もしかしてもう半分の理由に気づかれたのか、と慌てた雪華綺晶が問いかけると。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


143 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:11:01 ID:E9x8Eecm
一347.
―――――――――――――――――――――
  僅かに頬を赤らめたやらない夫が
  言わなくて良いことを口から滑らせるので、
―――――――――――――――――――――



                 ̄    、
            ´          \
     /_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ヽ
  <ミ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
∠三(|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く                   _/\/\/\/|_
   l           //// l    ノ!    「少し、温もりが――― \          /
   l               `ー‐ f r'                   <  ちょっと!  >
   l                  ノ'                    /          \
   !                     /                      ̄|/\/\/\/ ̄
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



               _  -― …   __
              ´     _       ` 、
           /   , '            `--、  ハ
          ´          ―        `rム、ミ、
         |i /     , '          \<Y薔゙ハ  |、
         ,  (  /         - ´    て ヾv, .| ';
        /  ハ  --―           ヽ ハ ) リ |丶
       i ,rvイノ.、   ,        l     丶 | |Y   i| j
          |i フ廻 リ.  /          | , ヾ i  | |i , --、L ̄.ヽ
          |i、Y ´./ i|        |  | .|i  | .i i´ `l i |っ. \ 、_ __      「やめてよ、この助平!」
        |i.ノ  i|  .|    | |  )) | il | j__| (´、`i    Y   il.    \ __
         |  i.).li、 .| l  i| l | | il(( |./li |/ ,;ィ=-、ヽ)'.    / _f⌒丶r⌒i     \
         l| l _.| i |.| ノ~)、r‐及リ  彳'   /    ./  i ヽ  l| / 、    ヽ
        丿| .|/   | └// .i |{.ヒj心ミ、>  ////i    ./  '⌒  v.   /     ;
      /  | .|l   ノ // .< ヽ丶彡/// _  ,.-、 丶  .' \`、 _     \    /
     / / .l .||   \\ ` ` ~ ̄`.、i ̄ _. ' ./ \    \/ .)      ヽ  (_
    / ,/  .i.∧    .`ー -- 、   |_ ̄_//   \   て \  _ _/_    ̄ `
  /    /  ノ ∧ _,、_)ヽ l ヽ  i `   |__/  i__l丶 \  ( \ \― 、  .)     ヽ
  |    ./ // そ'  | .\| > .|   |.  / ̄ ̄   丿  \__)      ヽ ,ゝ     ./
  ヽ  / / /    > 丶j,   i|  |    |ノ⌒j_f-'⌒)/ち f´ー          < \      /
   i .(  /  i.     |i      /て_    |       /  ( _i             ,ノ    (
  ノ   (  l     i|      >  ふ_ .人 ヽ,    (  弋`ー           /      )



――――――――――――――――――――
  火を噴きそうな程赤くなった顔を手で覆い、
  それ以上言わないでと大声で遮った。
――――――――――――――――――――

144 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:12:01 ID:E9x8Eecm
一348.
―――――――――――――――――――――――
  それでやらない夫も、自分が触れなくて良い所に
  触れてしまった事に気づいて謝罪し、
―――――――――――――――――――――――



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |    「あ、ごめん………」
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



                                          .ノ     _ , _`´ヽ ,、 , - 、
                                        _ _ |_ , - ´    ̄` >(x )_,,- ヾ、
                                       /ノ|l /_`      ̄/=|l `| 、 |`、
                                      /_ /ソヘ,   , ,   、  \ ソ|.| | | .|
                                     .| |l /|/  |  | | 、 ヾ\ `y ハ|  |、
                                    ノ|  |ヽ|  .|  .| |  ヽ \| / / |l 、ヾ`、
    「そう言う冗談は、                     /./   ) ヽ |l| | ソ .|ハ .|___.ソ | .八 \\)
     仲の良い女の子としなさい。                  / ||l   ノ |l |  | |ヘ、,ソレヾ__ _ヾ| .| /  ノヾ、\ヽ
                                       .|  |l   ||/ || /テアヽ `´ イ::..::ハ |l  | || 人 ) |lノ
     ―――ね?」                           |  |lソ /  /、 >=刻ソ   弋;;ソ .|  .| | |l |レ
                                    ` /  |  |l>ー、 xxx     xxx/ハ  |l ヾ|l +|
    (それとも―――                          /   ヽ、 ハソ , >、._.` ´  i´てノ、 |   \ |
     そう言う距離に私をおいてくれてるの?)      //  |  |ゞ、 Y、ヽ、<ヽ ` ´<>)⌒( ヾ .ト 、   \
                                   l| | | .|  \ソ=<ソ`ア<,  >  及| |ヾ    ヽ、
                                   |ゞ、\ |l   y ̄` -=-, 、_ , 、ノー´ ノ |l  |ヽ   |ヽ



―――――――――――――――――――
  君の距離感次第では有りだけどね、と
  暗に含ませるものの―――
―――――――――――――――――――

145 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:13:04 ID:E9x8Eecm
一349.
――――――――――――――――――――――――――――
  困り顔の彼は本当に解らない様子だ。

  どうやら随分女受けしそうな見た目と性格にも関わらず、
  今までそう言う事に発展した相手に心当たりが無いらしい。

  自覚が産まれなかっただけの可能性も多分にあるだろうが。
――――――――――――――――――――――――――――



                 ̄    、
            ´          \
     /_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ヽ
  <ミ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノヽ
∠三(|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_ー_´:_:_:_:ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!     「仲の良い?
   l               `ー‐ f r'      そう言うの、難しいな」
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


146 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:14:01 ID:E9x8Eecm
一350.



                        / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
                      ./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
                          /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
                          //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
 「難しいんだ?」               ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
                        /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
                      _/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
                       /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
 (初なだけ、か。            ´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
                               / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
  興味が無いんじゃ女の子との          /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
  距離感を掴むのもまだ下手そうね)     /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
                         , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
                       /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
                      __ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
                         ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
                      ´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
                          /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
                      、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
                      ´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  逆にこの外見と性格とあってこれまで大勢の男から言い寄られた経験があり、
  その全てを華麗、あるいは何とかに回避してきた彼女は
  少なくとも経験値だけならとんでもない量を積んでいるし、
  そう言った事への理解や判断もかなり聡い事になる。

  だからこそ、キル夫の事は一定の距離と態度を保っているのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

147 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:15:01 ID:E9x8Eecm
一351.
――――――――――――――――――――――――
  少しずつではあるが今までに無かった経験を積み、
  自分らしさを模索し始めたやらない夫と―――
――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ        「ともあれ、ありがとう。
      .  |         }         誰かから物を貰うなんてあまり無くてさ、
      .  ヽ        }         正直どう反応していいか分からないぐらい嬉しい」
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



                                  ヾ       _ _ _          /ゝ
                                  ノ } , - ' ´      ̄`ヽ      <'´r‐'    ,
                               /入y'´              ` ー 、_≧彡>┐、/ V}
                              /≧/     /               ヾ廴{i}.」ヾil´"
                              V /     ./i  i               ト=イ´  ト
                              /./      / .l  l     i        i { r‐'´   i i
                              Ⅵ     /  l  l     l        l ゞ、      il l
                             /  i _  .i  l  l  i   ハ  .|   :i    | i      ハヘ
                               i   { ゝ、_ |   l  l  l  _ヘ. l  .l    | l      i l ヘ
                       .      {   l   ./ ハ  l  l 升´  i ヽi  /    / il      V.ハ
     「どういたしまして。              |  .l  /.// >┐_ハ i .lハ  il  \/     Y/      i ハ
      喜んでくれたなら嬉しいよ」        K  l  .K<イ- 、 } ゝハヾハ_ ilヾ 人   //       i . |   .ヘ
                             /V ハ  ト/ <=_ノ/K   -===、i / / ./イil .      l ∧    }
                       .     / i ハ  Ⅶミ_,ィ┘ ,    ""  ././i イi i.      |   V  ノ
                           /  .l   ゝ ミ  ノ/        /ィ // |.l |.       l   レ'´
                       .   /   i  Kハハ \{<  ー -   -=彡 .//  Ⅶ.      i   i
                          i     //  V /.\.         イ.┤/.ハ  i       l.    |
                          l/    //    /__.≧、_  < ヽ il\─ 、 l       |.    |
                          /    // i ̄ ̄\  i}=v| ̄ ̄  /_ ─<       ヾ    ハ
                         ./.     レ/'´\    > V / /  Ⅶ⌒/ .ハ           i
                         i.    //人_ \-<_ ∧./ \_/  /  /  ` ヽ     i .、 _  l
                         |    //  ヽ  ̄ >//    // .   /  /   <´⌒ヽ   |    |



―――――――――――――――――――――――
  少しずつではあるが彼の違和感の正体を掴み、
  ますます興味を深めていく雪華綺晶―――
―――――――――――――――――――――――


148 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:16:01 ID:E9x8Eecm
一352.
――――――――――――――――――――――――
  そんな二人を窓から見下ろす者が居た。

  雪華綺晶の、やらない夫を呼ぶ大声を聞きつけて
  またあいつかと庭を見に来ていたキル夫だった。
――――――――――――――――――――――――



 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  : : : _________ : : : : : : : : : :
 : : : ./_________ヽ : : : : : : : :
 : : : ||       ||.       || : : : : : : : : :
 : : : ||       ||.        || : : : : : : : : :
 : : : ||       ||.        || : : : : : : : : :
 : : : ||       ||.        || : : : : : : : : :
 : : : ||       || ,. -―- .、|| : : f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 : : : ||       ||/ ( o)(o).|| : : |  くそ………!  |
 : : : ||       ||ゝ{トェェェイ}.,|| : : 乂_______ ノ
 : : : ||       ||  ` ̄´  .|| : : : : : : : : :
 : : : | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| : : : : : : : : :
 : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



―――――――――――――――――――――――――――
  なにやら楽しそうなやり取りを睨む視線には殺気すら宿り、
  口から漏れる苦々しい声には絶望が溢れている。
―――――――――――――――――――――――――――


150 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:17:01 ID:E9x8Eecm
一353.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  これ以上見ていたら胸が張り裂けて死んでしまう。
  もしくは、この両目をえぐり取ってしまいたくなるだろう。

  会話が聞こえていたならば、耳だって切り落としたくなるに違いない。
―――――――――――――――――――――――――――――――



______________┌:───:┐    __   __
______| | |________| | ̄ ̄ ̄| |     |    | |    |
______| | |________| | [二] | |     |    | |    |
.     |     .| | |  |   | .   |  | |。     | |     | // | |    |
.     |     .| | |  |   | .   |  | |      | |     |    | | // |
.     |     .| | |  |   | .   |  |_|___|_|    \.  | |    |
.     |     .| | |  |0  .| .   |//     \\.     \| |    |
.     |     .| | |  |   |  //       \\ .       \.  |
.     |     .| | |  |   |// ___       \\ .
.     |     .| | |  |  //_,. '´      ̄`、    \\
.     |     .| | |  |///          \
.     |     .| | |.// |     ,-、          |
.     |     .| |//   、   {  ヽ   r  ァ /
.  ̄  ̄  =― ー ̄ ゙゙̄`ヽ、  トェェェェェェイ '´ `、
.  =―――                      ゙ヽ、
.  ゙`゙-- ̄ ̄__ ̄                    ヽ
   ./ / ̄   ̄ ̄----ー、           ハ
  ./ /            'l           l ヽ
/ / .,-イ .,,,、、 ,,,,、       |           |
/   .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|    ,i            l、
  ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""    /              ヽ
  .ト'",l゙ l゙ l゙ │      /       ,r´ヽ      `,
    l゙ ,l゙ .l゙‐'"
   .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
       {-!ト''゙l゙,i´
         ,レ"
         l"


152 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:18:00 ID:E9x8Eecm
一354.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫を見てではない。
  雪華綺晶の、あいつに対する表情を見てしまい心に大きな亀裂が走った。
  大きな、音を立てて。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    ___
                _,. '´      ̄`、
               /          \
              |                |
                 、  {  ヽ   r  ァ /        「なんでこんなに違うんだろうなァ………
             γ `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ、
              /      `、ェェェェ,,´      \     あいつはいいなぁ、何でも持っていて………」
             ,|              _    l、
            l "-'''" ̄ ̄三    三´   ̄"''` l
             ゝ    _ノ      ゝ_   __ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  持ってはならないはずの、他人に対する明確な嫉妬が首をもたげ、
  割り切ったはずの、諦めたはずの自分に対する絶望が産まれようとしている。

  心の中のどす黒い感情はやがて彼の全身を満たし、
  そして―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


153 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:19:01 ID:E9x8Eecm
一355.
――――――――――――――――――――――
  とうとう、泣き言となって口から溢れ出てしまう。
――――――――――――――――――――――



         ---‐ ― 、
    , H  H|       \
   ,' l H  H│       \
  ,'  {,,H, H|         , \
  ,'   \H.H|      , 、`丶 \          「―――なぁ、アテナ。
       `ー"        ii,    ヽ \
                   |il       、 \       外見も、内面も綺麗な奴にゃ、
                i|i|       ,   \      俺はどうやっても叶わないのか?
               、_,..       i     ` 、
                              i    どうして俺は、残念なツラで
                              │   産まれちまったんだろうなぁ………
                               ′
                               どうすれば俺は、持たざる者から
                               脱却出来るんだろうなぁ………」



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  最後の、せめてもの抵抗にと涙がこぼれないよう天井を振り仰いだキル夫は、
  唯一の拠り所である女性に問いかけた。

  何度も、何度も。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


156 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:20:01 ID:E9x8Eecm
一356.



 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。
. 。       o  ゚       .   ゚   . 。       o  ゚       .   ゚    ::
      。       .             *    ::;;::            ゚  。   .   ::;;::  ゚
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;.     . 。    ゚     ::;;;::
   *                           ::;;;:  *    ::;;::  ゚  ;       *    ::;;;:
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;     ゚     ::;;;::   ` :.  ; f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
o     + ::  ,    ;    o  ゚     o     + ::  ,    ;    |  教えてくれよ………  |
                        ____            乂__________ ノ
   _,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,__,_,_,_,_,_,_,_/~\\\,\\______________; ...|
  /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/ニ日ニ\\/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;.//ヽ
  /;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/!|      |/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,// ヽ\
 /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/|      |,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;// 三 ヽ\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :|王||王i |ニi ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |三三三|
 ゞ;ミゞ |王|王| .  ||   |王|王| . |      |ニi  |王|王| .  ||   |王|王|.   |三ノヽミゞ;;;
 ソミゝ:ミゞ!LLLi   .||  .'LLLLLLi. .|      |ニi :.LLLLLLi  ||  LLLLLLi  |三;;;ミ;;ヽミゞ;;
 ;ノ:;:ヽミ;:;ミゞ;;;    ||        i=======i====i  .  .  . . ||  .    .    .|:ニノミヽミゞ;;;
 ソ;ノ:;ミ;;ゝミ;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ソミヽミゞ;;;ミゞゞ
 ソミゝミゞ;;;;    ..    .i^^ii           .i^^ii                      ;ノノii;;;ヽミゞ;::;;
 i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄|: |i         |: |i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 .~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i~i: |i'''''''''''''''''''''''''''''''''|: |'~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   '" '':'.'   .   .   ::  :     ''  "  '    .''    " : ' ."'



――――――――――――――――――――――――――
  だが。
  持たざる者の、悲痛な声に答える者は居なかった―――
――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


157 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:20:23 ID:E9x8Eecm
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手をありがとうございました。

次回は第一章その6(ラスト)になります。










【漫画全巻セット】【中古】ローゼンメイデン ヤングジャンプ版 <1~10巻> PEACH-PIT【あす楽対応】

価格:910円
(2018/9/24 08:59時点)
感想(0件)






ローゼンメイデン0-ゼロー 1 (ヤングジャンプコミックス) [ PEACH-PIT ]

価格:669円
(2018/9/24 09:09時点)
感想(4件)
























次の話






目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1257-a0067739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)