FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! 第一章 領主の証-4 2018年11月13日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




226 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:00:09 ID:0YwzkVuN
二212.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一方。

  やらない夫を困惑の淵に叩き落として廊下に出たキル夫はと言うと―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――





              .      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
                    /;    . . : : : :\       ┃|
                  /        : : : : : :\        ┃|
              .   |         . : : : : : : : :| .       ┃|  バタン!!
                  \_    . : :〃: : : :,/         ┃|
                   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|
                  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
              .   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |














227 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:01:09 ID:0YwzkVuN
二213.
―――――――――――――――――
  その表情を見ていたにも関わらず、
―――――――――――――――――



______________┌:───:┐    __   __
______| | |________| | ̄ ̄ ̄| |     |    | |    |
______| | |________| | [二] | |     |    | |    |
.     |     .| | |  |   | .   |  | |。     | |     | // | |    |
.     |     .| | |  |   | .   |  | |      | |     |    | | // |
.     |     .| | |  |   | .   |  |_|___|_|    \.  | |    |
.     |     .| | |  |0  .| .   |//     \\.     \| |    |
.     |     .| | |  |   |  //       \\ .       \.  |
.     |     .| | |  |   |// ___       \\ .  _/\/\/\/|_
.     |     .| | |  |  //_,. '´      ̄`、    \\ \          /
.     |     .| | |  |///          \      <  クソがっ!  >
.     |     .| | |.// |     ,-、          |      /          \
.     |     .| |//   、   {  ヽ   r  ァ /        ̄|/\/\/\/ ̄
.  ̄  ̄  =― ー ̄ ゙゙̄`ヽ、  トェェェェェェイ '´ `、
.  =―――                      ゙ヽ、
.  ゙`゙-- ̄ ̄__ ̄                    ヽ
   ./ / ̄   ̄ ̄----ー、           ハ
  ./ /            'l           l ヽ
/ / .,-イ .,,,、、 ,,,,、       |           |
/   .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|    ,i            l、
  ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""    /              ヽ
  .ト'",l゙ l゙ l゙ │      /       ,r´ヽ      `,
    l゙ ,l゙ .l゙‐'"
   .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
       {-!ト''゙l゙,i´
         ,レ"
         l"



―――――――――――――――――――――――
  いや、だからこそ言い合いに勝った気がしなくて
  感情の爆発するままに壁を殴りつけていた。
―――――――――――――――――――――――

228 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:02:09 ID:0YwzkVuN
二214.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  哀しいが怖面には自信がある。
  傭兵として多くの経験を積み、命のやり取りだって数多くこなしてきた。

  一部の国では尋問官として仕えないかと誘われたこともあるし、
  町を歩けば通りすがりの子供が余裕で泣き出し、
  気の弱い女性なら吐き気を催す可能性だってあるこの顔で睨み付けたのにも関わらず、
  相手が平然としていた事が驚きでもあり―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



               ____             「マジでなんなんだあの野郎は!
                 /⌒  ⌒\.
               /         \           ビビリもしねぇと思ったら、
              /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \         雪華綺晶の名が出るなり
          |   (トェェェェェェェェイ)   |         この世の終わりみたいなツラしやがって!」
              \  \ェェェェェ/   /
             /    :::::::::::::::::::    \
        /                 \  〈〈〈 ヽ
                              (〈⊃  } }



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでいて、自分のついた嘘に余りにも簡単に引っかかった事が意外だったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

229 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:03:09 ID:0YwzkVuN
二215.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  心にもない嘘をついてしまったのにも理由がある。

  自分が懸想する雪華綺晶の反応だけではない、
  未だ自分が馴染めていない他の二人までも、
  昨日会ったばかりのあの少年を認め始めている空気が感じられて我慢ならなかったからだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          ___            「おまけにあの空気は何だ!?
       _,. '´      ̄`、
      /              \        曲者のエルと人形みたいなコナタとも
     |  (○)   (○)   |       もう打ち解け始めたってのか!?
     、   トェェェェェェェイ    /
      ,"ヽ、 ヽェェェェェ/  '´ `、       俺ァ未だに会話は殆どねぇってのによ!」
     /               ゙ヽ、
     |   `-、、            ヽ
     \    ヽ        ハ
       ヽ    l       l
        ゝ_ノ        |
       ,i            l、
      /              ヽ
     /       ,r´ヽ      `,


231 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:04:09 ID:0YwzkVuN
二216.



                    /\  /\ /\      /| /|
                    /  | く  | |  |      .| | / |
                    |  |  |  | |  |     | | | |
                     |  |  |  | |  |  |~| .|/ |/
                     |  |  |  〉 | /   | |      /| /|
                      |  |_ヽl    |\_| |      | | |/
                      |    \    L_└┐    |/
                      .|   i、_  \_  i、_ | i‐┘         |\     /\     / |   //  /
                       .|   | \ .~| |_ `└-、        _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                       `|   |  \|   ̄! i、,_| 〈~|      \                     /
                        |   |      | | ,,,__〉 !‐二 〉  ∠    どチクショウめ!      >
  \\             | | |      \  |      | / |__,.ヘ〈 く/  /_                 _ \
.  \\\           .| | |        / \|      .|/    | |      ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
     \\          | |       /'!     /       |/       //   |/     \/     \|
       \\..        | |      ./ !    //
        \     |\   |     //| |___         ____,,..、-―‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         \    |  \ |  ,.. --――――――r''"´ ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ____| |\\ /           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        \  ____|  \j             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         \ \       /   | /       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          \ \  __l/  ,- 、Y        l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           /  / , >'、  _,.-'        ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             /  ///  Y ア´           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         /  /./   !     _,,.. ァ、___ ,. -';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           / / //  /! ` ‐、__7´`"´      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-―――――
        // ..// / ...! l l  \     |       \ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-―‐ ''"´ ̄
         /   //// | .l l l    \   |         \ ̄ ̄
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\



――――――――――――――――――――
  再び、全力の拳が壁に叩き付けられた。
――――――――――――――――――――

233 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:05:09 ID:0YwzkVuN
一217.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  手の皮が剥けて骨が震える程の衝撃と共に、痛みが全身を突き抜ける。
  興奮に肩を上下させる程、荒く息を吐いていたキル夫はそれだけやって、
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    ___
                _,. '´      ̄`、
               /          \
              |     ,-、          |     「……………」
                 、   {  ヽ   r  ァ /
 ̄  ̄  =― ー ̄ ゙゙̄`ヽ、  トェェェェェェイ '´ `、  ハアッ、ハアッ、ハアッ
 =―――                      ゙ヽ、
 ゙`゙-- ̄ ̄__ ̄                    ヽ
      ̄   ̄ ̄----ー、           ハ
                'l           l ヽ
                |           |
                ,i            l、
               /              ヽ
              /       ,r´ヽ      `,



――――――――――――――――
  やっと頭が冷えてきたのだが。
――――――――――――――――


234 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:06:09 ID:0YwzkVuN
一218.
―――――――――――――――――――――――――――
  有り得ないぐらい取り乱していた自分が情けなくて―――
―――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /⌒  ⌒\
   /         \       「ああ、どうせ俺はこのツラのおかげで
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \      嫌われ者ですよ。
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /      俺みたいな奴がやっていくには
                     仕事で結果を出すしかないんだ………」



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  言わなくて良い嘘を、感情任せに口から出してしまった事が恥ずかしくて、
  眉間に指を当てて俯いてしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



     ____
   /      \
  /         \
/           \    「おまけにつかなくて良い嘘までついちまった。
|     \   ,_   |     あんな小僧相手に何やってんだ………」
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



236 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:07:10 ID:0YwzkVuN
一219.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自己嫌悪に駆られる彼も、今年で二十五歳になる。

  九年近くも傭兵稼業をやってきただけあってそれなりの実力と知識を備えているし、
  何より自分と言うものを良く理解していた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /         ____
|    ./ '       /         /      \
|   /        /         /         \
|,/        /         /.  (●) (●)  \
        /           |   ハェェェェェハ   |      「取りあえず結果だ結果。
      /           .  \  |_ェェェェェェェェ_|  /       仕事で結果を出すしかねぇ。
    /                   / ゝ         ィ'ヽ
.  /                 /                 \      傭兵らしくなきゃ、な………」
./                /   ィ          r   \
                 |   `||           |ヽ  ヽ
                 /⌒ヾ|          | |,  |
                 ヾ___,ソl          │(、__,ノ
                     |          |
                     l    Y´     /
                     ヽ,   (     ,/
                      ヾ  |   |
                       ≒;|   |  スタスタスタ…
                       (.("_`゙_)



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その人間離れした外見とは裏腹に冷静沈着が売りのはずで、
  仕事に対する意識も高く、これまでに数多くの依頼をこなしてきた実績もある。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


239 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:08:10 ID:0YwzkVuN
一220.
――――――――――――――――――――――――――――
  そもそもキル夫はシアード大陸の南西、
  ハーイ諸島にあるポルトと言う国の貴族の家柄に産まれた。

  それも美男で有名な父と―――
――――――――――――――――――――――――――――



                                  ハ::::::::::::::::::,|:::::::::::::l、       l             /:/::::::::::l:::::::::! 
                                   'l:::::::::::::/ |:::::::l::::::ハ       l            //l:::::::::::ハ:::::::l'
                                    'l:::::::::/ 'l:::::::!:::::::::'、     `- _         〃 ,l::::::::/,ィ::::::!
                                    ',:::::l'  l:::::ハ:::::::::ハ`::.、     、_ ー __.. -'   / ,l':::::::/´ l:::::l
               「男なら立派な跡継ぎになるぞ!  ∨   l:::/ l::::::::l ',:::::> 、    ̄__. -     ,イ::::::/   l:::l'
                女なら君に似て器量よしだと良いな」   |/ l:::::::l'   、::::::::/ ` 、         / l::::/    |::!/
                                           ヘ:::::l   ヽ:::;′   {\    , '′ 'l:/    ノ'′
                                            ヽ:!     ヽ!     \` ーイ     l′   /
                                             `       __ イ/ ヽヽ ヽ       /
                                               __  - '´  //   }ヘ }     /



       | :::l :: ::|、        ,'      -'イ::::::::/::::; '
      ,'::::::l :: ::|ヽ.    r‐‐- 、      /::, -"::; '
      /:::::::l  : ::l ヽ.   ヽ__,ノ     , 'イ:::::; '"
    /:: :::::l  :::',  ヽ.      _,. - '´  { "      「まぁまぁ。
   /  .::::::l  ::::',   ヽ..__,, -/::::: :::   l        男の子だって、きっとあなたに似た
 /   ..:::::::::.l   ::::',      /:::::: ::   l        凛々しい子に決まっていますわ………」
'"   ..:::::::::::::::::l   :::::',      l::::::::: :    l
  ..::::::::::::::::::::::,.|   ::::::ヽ    ゝ、__,;.     l



――――――――――――――――
  美女で有名な母の間に、である。
――――――――――――――――


241 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:09:10 ID:0YwzkVuN
一221.
――――――――――――――――――――――――――――――
  だが運命か偶然のどちらかが悪戯をしてしまった。

  母の不貞か先祖返りか、はたまた何の因果かは分からないが、
――――――――――――――――――――――――――――――



           !'{ !::::::::ト;:ヽ|||i ̄´  ..:::::. !  ` ̄ ̄/イ::::::::::! ヾ!  ヽ
           ヽ|::::::::| `ヽ     ::::. ,   U '´ !:ト::::::::::| '
            i::;:::::::i U       _       イ:::iリ|::::::}
            !ハ;::::iヽ      rニ二ア   ,/!;:::;! i::/           「な、なんだこれは………
            '  リ,r'ヽ`ヽ、     ‐    r' 〉  ∨  !'            一体、誰の子だ?」
               }.:.:.:.:``'‐`, 、.   ,r '´:.:.:{
           __,,..-イ|.:.:.:.//´``ヽ,,.><´>:.:.:.:.:.:.ヽ、
    __,,..--‐'´ ̄::::::::::::| |.:.://   {   } }.:.:.:.:.:.:.://''‐‐-..,,__
-‐'´ ̄:::::::::::::::__,,..-‐'''´| |://    |   //.:.:.:.:.://___:::::::::::::`''‐‐-.,_
:::::::::::::::::::┌'´       |'y/     |   { {.:.:.//   ``''、__::::::::::::::::::`ヽ、
:::::::::::::::::::::}        |/ `ヽ,,_  {  ,r'ヽ∨/´        /::::::::::::::::::::::::::::``'' 、,_



.   /(o)  (o)\
  ( {トェェェェェイ} )  「おぎゃぁ!おぎゃあ!」
.   \ヾェェェェv'/



       | `ーi-、,_`゙、ー`、       .:::::::::: !          /  |    |    |
       |   |  |_.l"'''         :::::::::::l         /|  |    |     .|
.  |    |   |  |,~ヽ、            ′         / |  |    |      |
  l.   |   |  |, 'ク >、           ,r─--─、    /  |   |.   |.      |    「わ、私は不貞など!」
 ノ     |   |  | { i´(,i`ヽ、       ヽ'⌒ ̄ ,ソ   /, ,,  |  | i   !     |
. ノ l   | |i. |  | `  j   `ヽ、    `ニニニ   /| レ/ |  |  |,'!  ノ       |
/ ノ    |. | !|.  |,.-‐''"      `ヽ、.     / | `ヽ、!__|  !' ! /      l
      |. | i|   |   ハ        |゙ ー-‐'i   .l     |    l |         l
 ,, -‐''" !|! |   |    ! |          |  |  |   {     l    l |`'''‐- 、.,,   |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  待ち望まれて産まれたはずの跡継ぎは父と、そして母とも全く似ても似つかぬ、
  恐ろしくて人間離れした容姿をしていたのである。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

243 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:10:11 ID:0YwzkVuN
一222.
―――――――――――――――――――――――――――――
  夫は妻の―――よりによって人外との浮気を疑って正気を失い、
―――――――――――――――――――――――――――――



        {: :/ i{ :l: |: :リ  =≠彡       ` ̄ ̄ イ:/: :!: /
        |:/  ヽ|: ト、l               /イ: :/}/
        ′   ゝト、!        ゝ           |:/ノ
               |、    { { 厂 ̄ ̄`)     /j′       「はは、はははは。
               |: :ト、    `二二´    /
               |/ |: :ト、          / |            何を言っても無駄さ、
                |/ !  丶、     /  |ヽ           僕らからこんなのが
                厂 ̄ 7} `二二´r<´  }          産まれるはずがないじゃないか。
                {    ,',′  |    l l   l
               ノ    j j   !   l l    '、         君の相手はオーガか何かだったのかい?」
          _  -‐ ´ { {、  / /   |     l l    } 、__
      , -‐ ´    /ハ.\/ /    j     l l  / ノ ヽ `丶、
  , -‐ ´         //  \_/.   `Y     l レ / ヽ ヽ    丶、



                                      | : >:ハ 、       ' : : |:|/: : : : :ヽ
              「私を………                |/: : : ヘ   ,'-‐-   i  : :i|:|: : : : : : : : \
              信じてくださらないのですか………」   ヘl: : : : |>、 ´     .l |  :i|:|!: : : : 、: : : : . \
                                       /,l : : :|:| | \_  '´ !.! : |i:lV: : : : :\: : : : . 丶、_
                                      i:l | : : |l| | : : : : :ヽ  ||l : :|l' V: : : : : :\: : : : : . ー
                                      i:| l : : !リ | : : : : : :ハ |l| : :|  `ヽ、   __>ッ――‐
                                      i:!|: :|   | : : : : : : : 〉lハ : : | _ -‐  ̄/ /
                                      リ 、: :|  | , -―一' l V: :|´      / /



――――――――――――――――――――――――――――――
  妻は、自分の弁明を全く聞き入れようとしない夫に絶望し―――
――――――――――――――――――――――――――――――

244 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:11:09 ID:0YwzkVuN
一223.
――――――――――――――――――――
  一月もしないうちに哀しい惨劇が起きた。
  妻が、夫もろとも心中を図ったのだ。
――――――――――――――――――――



            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"



┏───────────────┓

   だ、旦那様!?
   奥様ああああああっ!!!?

┗───────────────┛


246 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:12:09 ID:0YwzkVuN
一224.
―――――――――――――――――――――――――――――
  幸い、と言うべきか。
  赤子であったキル夫は被害を免れて、すくすくと育つことになる。
―――――――――――――――――――――――――――――



               ,. ' ´  ̄ `' 、
            , '´       _.0._ \
            /,. - ' ´ `` - 、'´_, - )
          ('´  _ , 、 --‐`‐ 、.., ‐ r'´
          `Y'二..-+ Tフ"´/フ7か
           ,ィ´ iノ| | /‐= ジ,ナl.|
           / l  ,イシ| |Y'f_ヲ'  fア'!|
         {  |  /,ィ | |      l ||     「坊ちゃま、
         ` | i/' i l| |   .,_ィ´/i|      学級へは行かれないのですか?」
           l l 、 l l '、 |- .,, _ ィリノリ
           >ヽ\lヽ|   !iヾ、'´
        ,r<ヾ:::...   ヽ/\l  ...::`:‐;.、
       i´'、 \ヽ ::::..... . ヽ ノ. .:: '/´ /゙i
       |  ヽ i ` ' ‐- 、、:(○j‐'´  V |
       ト、 ヽ'|   i   ノ デ、  i  } ,l
       /-ゝ ヾ  l   /ト、 .i、  l  l ヾi
       /こj  /   /  \ '、ヽ//   '、 l  |



                                               ____
                                             /      \
                                            /         \
                   「行かない。                   /  (○)  (○)  \
                   お前が教えてくれるからいい」     |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
                                        .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  外見や両親のことについては不幸だったが、館の全員が去っていった訳でもなかったし、
  生活に困らない程度の遺産はあったからだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


249 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:13:10 ID:0YwzkVuN
一225.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  特にベビーシッター兼メイド、後にメイド兼家庭教師になってくれた女性が居た事で、
  ―――家の外では雑音は酷かったが―――幼少期の彼は境遇に絶望することもなく居られた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       /:::/  : : : : : ::::::::/: : :./ .l:::l: : : :i\::::\::::i
      /::/ : ::::.:| : : : ::/: : : /::::::l:::l ,: : ::::i::::\:::: \i
        /: : : ::::::| : : /   /::::::/l::l ヽ : : i\::::\:: : \
     /: : : : :::::::::|i./: : : /:::::::/ l::l   ! : :.l  \::::\:: :.\
     /: :: : : ::::::/ ::/: : :/l:::::::::/  l::L._  !. :l ,;.ー-\`、l\: \
      i: : :: : ::/ .::|::/: : :/:::::l / ,,..-'''l:l    .l: l/  ,.λ\l  \\
    l::| / .:::::::::|/: : /:::::::::l /   .l:レ    l: F斤卞l::::l:ヽ   \、
      | |:| |::::|::::::::i: : /:::::::::::::l  _,,.-卞、..    ヘ|、ン l::|:::l::l     `、
.      | || .|::::|:::::/::/:::::::::::::彡<(,::丿'          l::|:/::i
      |: ヘ.|:::l:/λ :::::::、::::::l           丶 l:::l:::::i      「坊ちゃま。
       { .ヘ:∨|:: | ::::::::ヘ:::::l          / /::::::::|       外見で人を判断する様な者を
         ヘ::{ |ヽ| :::::::::|ヘ::l        _ ,  /|:::::::::|       まともに相手する必要は御座いません。
            |::::| ::::::::| ヘ      ー`../ /:! |:::::::|
            |:/{:::::::::|-、 \      ´ /}/  |::::|        同様に坊ちゃまも、
            '_,,、〉:::::::|  > ,   __, '  !   |::!        人を外見で判断しない方になってくださいまし」
            / i lヘ::::.{        { \    !
             /  | | ヘ:::!        .ト、}  \、_
          /   |'   \      l  }    ` ー , _



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼女の存在に、キル夫が大いに救われたのは疑いようがない事実だろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――


251 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:14:14 ID:0YwzkVuN
一226.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  そんな生活が十六年も続いただろうか。

  当代が心中をした没落貴族に国が手を差し伸べてくれるわけでもなく、
  両親の遺産も残り僅かとなった。
――――――――――――――――――――――――――――――――



            /           <〇> \
           / -―   ̄ ̄  ー―‐- ...__ \
         /'´       _二>、___ノ    \\
         ヽ  _, -― ^ ̄__________ ̄`丶、  `/
.           Y  _,イ´了/     / // 丁>、\/
           「 丁l| |  |  / / // / 小  |ヽ」
            l  | /|  |/// `/   //⌒ト\:| |
             |  |〃:|  |,_斗=ァミ'    /斗=ァxj ヽ| |
              |  //|  |ヘ込;リ_     ´込;リ_癶 リ |    「坊ちゃまも十六歳ですか、
          |   | |  |                 ム| |    ご立派になられましたね………」
           | l | | |  |          j       /ノ| |
           | l | | |  | 、     r   ァ    , イ l | |
           | l | | l  | \   `ニ ´   イ |: l | |
           N八 ! ヘ |≧= >  _ , ィ升:j|: |: l | /
                ヽ{\{大_  ̄ ̄ ̄川∨Ⅵノj:∧ノ'
             ノ─―-、\     |l|| |入
            /     \ \ 〃⌒ヽ|\
             /           \ ゙Y{   }|  `丶、__
        /            \ゞr=‐く       \
       / ̄ ̄`ヽ          `|| \\      }ヽ
      /       ヘ             |ヽ    \    j |



                                              ____
                                            /     \
                                          /         \
                  「アテナ、話がある………」       / (●) (●)    \
                                         | (トェェェェェェェェイ)     |
                                         \ \ェェェェェ/    /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  元々居づらい町に未練はなく、多少残っていた資産を全て食いつぶす前に売り払ったキル夫は、
  三割を世話になった彼女に、残りの四割を他の残っていた者達に分け与えた後、
  国と家を捨てて野に生きる者となったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

253 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:15:09 ID:0YwzkVuN
一227.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん異形の十六歳が生き抜くにあたり、世間の風は冷たく厳しかった。

  しばらく泥水を啜り、地面を這いつくばるような生活を送った後、
  やがて彼は他人を信じる事、自分に期待する事をやめた。

  それは『絶望』では無かったが、『諦め』に似た境地だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(●)ヘl;;;;;〉          「キル夫、傭兵だ。
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/           ………姓なんぞ捨てた。
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ           仕事は選ばねぇ、何でもやるぜ」
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分をそう言う者だと決めつけ、それならそう言う生き方をしようと選んだのだ。
  その考えは他人をますます遠ざけ、彼の心を次第に凍り付かせて行く事になる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

254 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:16:09 ID:0YwzkVuN
一228.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そう言う意味では、傭兵という生き方は楽だった。
  ある意味この外見も役に立つことがあったし、結果さえ出せば誰も文句は言わないからだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      _____/^Vヽ
    /        ,,,,,,  ヽ
    /   ___,,  / 川  〉
   /    l    //l/l/|/
   |    |   \, ´ ,/ |
   |    |  ⌒    ⌒l      「見ろ、この醜悪なツラを!
   |     l       〈  |      まるで鬼の血を引いているかのようだ!
   |  ( ~  /     __〉  |
    |   |  i  ,ー―一, l       報酬はくれてやる、さっさと目の前から消え失せろ!
    l .|ヽ   l____ノ /       はーっはっはっは!」
    ヾ |  \_____ノ
  __/ヽ\      | l\_
 ̄     λ ヽ     / .|



                                         ____
                                       /     \
                                     /         \
                    「毎度あり」         / (●) (●)    \
                                    | (トェェェェェェェェイ)    |
                                    \ \ェェェェェ/    /


255 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:17:09 ID:0YwzkVuN
一229.



       ____
     /     \
   /         \
  /     (●) (●)\    「おい、この辺に………」
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /



        _,,... ........ _
      /::::::::::::::::::::::`ヽ
     /:::::/`^ヘヘ/レヘリ
     |::::::', ''''"   `'''l
     ヾ;::::l ,(. ・)  (・)|     「うわあああっ!?
     ( ^ ` : : __  〉 ::: !     ば、化け物!」
      `ハ  l´ー三:ヲ /
     ノ ` 、 ー''''"/
  ‐ '´ ヽ     ̄rー 、
        ヽ `  '7    `ヽ、
  i     ヽ  /     , ',
  l ;     ヽ /     | / |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし生きていけるだけの力を身につけたとは言え、
  幸せだと胸を張れる生活ではなかった事も確かだ。

  身の回りで何かが起きれば真っ先に疑いを掛けられるし、
  人には言えぬ仕事を請け負った結果、逃げ出すようにそこから離れた事もある。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    ___
                _,. '´      ̄`、
               /          \
              |                |       「……………」
                 、  {  ヽ   r  ァ /
             γ `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ、
              /      `、ェェェェ,,´      \
             ,|              _    l、
            l "-'''" ̄ ̄三    三´   ̄"''` l
             ゝ    _ノ      ゝ_   __ノ


258 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:18:09 ID:0YwzkVuN
一230.
―――――――――――――――――――――――――――――
  あちこちの国を転々としてこの町に流れ着き、
  一つの宿屋を拠点に仕事を始めたのが数ヶ月前。

  最初は不審者として衛兵に任意同行を求められた事もあったし
  ―――おかげで衛兵は顔なじみになったが―――、
  町の子供からは指さされたり、いきなり泣かれたこともあった。
―――――――――――――――――――――――――――――



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!      「ちょっと詰め所まで同行願えますか?」
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉     (何という凶悪な顔!
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V       こいつは悪党に違いない!)
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :



                                               ____
                                             /      \
                               「へいへい」     /         \
                                          /.  (●) (●)  \
                                 (またか)    |   ハェェェェェハ   |
                                        .  \  |_ェェェェェェェェ_|  /



259 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:19:09 ID:0YwzkVuN
一231.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、淡々と仕事をこなす彼に次第に周囲が慣れていき、
  宿の主人から優先的に良い仕事を回してもらえるようにもなっていた。

  ―――そんな矢先の事である。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



        _ ,,... , - 、,、 ,,,,_
       /  〃  _ -、  ``ヽ、
      /  〃  /        ヽ
     !  l l!  /    __       ',
    /   ヽ   rー'´  ゝ      .|
    1 / ヽ   // \"''ヽ     |
     ヽ!  ',  /'     ヽ      !    「おいキル夫さんよ。
      |   ヽ '      ヽ   ー、!     領主の館で護衛を募集してるぜ?
     ,r'     ,       !,  r‐_l
    t''ー- 、_ / __,、-‐''"´`l  7_´ !     興味があるなら紹介状を書いてやるが、どうだ?」
     `Tヾ了!' ´"ヾ_T:フ"´/ / `!
      1  ´|       ノ  l‐1 |
      ト, i' _,,_   、‐'_,, lr ' /
      く!  `___, ヾ__,ィ , イ、
     , -ゝ´_,,_          l  | rヽ
    / r'''l       ,..... /  ,'=l  !
    i ア, -ヽ、--― '´ / __r ''"ヽノヽl
f '"r´!フレ , - ゞ--‐rー ' ! !   /r'´ ト、__
'  1ノ!  く/  `´ /   ハノ / j / / , `ー, -、_
  1 l、  ヽ..,, __(   ,.イr、_ノ‐^.ク´ ./` ー' -ィ__,r-リヽ、
 イ  l ヽ、     ̄ ̄ ´  _, イ /   ,r-     `' ! \



                                            ____
                                          /     \
                                        /         \
                                       / (●) (●)    \
                   「金になるなら何でもやるさ」   | (トェェェェェェェェイ)    |
                                       \ \ェェェェェ/    /



260 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:20:10 ID:0YwzkVuN
一232.



                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(●)ヘl;;;;;〉          「キル夫、傭兵だ。
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/           ここで護衛を募集していると聞いた。
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ           宿の紹介状もある」
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")



               _ _
            ,.-‐''"´   `ヽ_
        ,r‐'゙´    `ヾjir /  .:.:.\
      /ィィ彡, ,; _/^ヾr'^ヾリ」r.:.;;:;;l
     /.:.:.:.:.::::::r''''"´      `ヾ;;;;;:ソ
      !;,;,;,;;::::::/   _ _ ,  r‐-、};;;「
     l;;;;:;:;:;::::l   ´r_。ン  ノ。< .l/´
     ヾ;;〈^ヾ!        「´ !      「い、いえ!間に合ってます!」
     `ゞY7    r   r‐、ノ ,′
      `i;;ハ   ' `ー==‐ /
        _リ.__ヽ_   ´ ̄ /
      /       \ _ _,イ
     _/        V「´ |
    ̄   ̄`¨`ー - 、__}j  」_
                                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                          |  待ってください。  |
                                          乂________ ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  領主の館に行ってみれば、出迎えた執事はいつも通りの反応を見せた。
  ああ、またかと何の感情もなく引き返そうとした所で―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――

262 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:21:11 ID:0YwzkVuN
一233.



、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
  l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
.  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
. 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
 f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
 ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
.  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
  \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ         「アストナージさん、
   ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ         冒険者の宿の紹介状を持って来た人を
   /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ       門前払いは良くないと思いますよ」
 / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
.   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
 /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
. i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
 i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
 l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
 l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



                                                 _.--- 、_
                                              r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                              }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                       .        ヽ/       lノi、     ヽ
                                              /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
                    「ええまぁ、雪華綺晶さんが   .       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
                     そう言うなら………」            {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
                                             ',  、__      レ ヮ' l  /
                                              ',  ー '       __/ ./
                                              ヽ `     ノ  r'"´
                                               丶   _ ____|
                                                ヾ ̄/      |
                                                {`/          |
                                                /  _.-―一 、L_
                                             _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                           /              ',   \



――――――――――――――――――――――
  ごく自然に、それを差し止めた者が居たのだ。
――――――――――――――――――――――

263 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:22:09 ID:0YwzkVuN
一234.



                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ       「仕事を請けられて良かったね。
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \    私は雪華綺晶=セラフ、
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \   一緒に領主様の証を守りましょう」
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ



       ____
     /      \
   /         \
  /  (○)  (○)  \      (天使だ………!)
  | //┌ェェェェェェェェ┐/// |
.  \ Lェェェェェェェェ._l  / ズギュウウン



――――――――――――――――――――――――――――
  そして、自分の外見を全く気にしなかった雪華綺晶の反応と
  彼女の余りの美しさに―――考える間もなく、恋に落ちた。
――――――――――――――――――――――――――――


265 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:23:09 ID:0YwzkVuN
一235.



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj    「エルとコナタです。
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/      よろしく」
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V   「……………」
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l



                                     ____
                     「キル夫だ。       /      \
                      よろしくな」     /         \
                                /  (●)  (●)  \
     (ハーフ・エルフと不機嫌そうな小娘?    |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
      てぇか、俺を見ても反応しないのな)   .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  また、次の日に雇われたエルやコナタの、自分の外見に無関心な様子も楽に感じられた。

  他人に興味が無いのは自分も同じ。
  だからこそお互いの距離感が一致し、居心地は決して悪くは無かったと言える。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

268 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:24:09 ID:0YwzkVuN
一236.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これまでまともに女性を接した例など片手で数えられてしまうキル夫にとって、
  何故冒険者を、と思える程に美しく、朗らかで社交性のある雪華綺晶は衝撃だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /     \
   /         \      「一緒の見張り番だな………
  /     (●) (●)\     その、よろしく」
  |  //(トェェェェェェェェイ)//|
  \   \ェェェェェ/ /



                              / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
                            ./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
                                /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
                                //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
                                ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
                              /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
                            _/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
      「高い契約料を貰ってるんだし、    /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
      頑張らないとね」            ´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
                                     / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
                                   /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
                                  /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
                               , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
                             /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
                            __ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
                               ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
                            ´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
                                /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
                            、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
                            ´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ


269 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:25:09 ID:0YwzkVuN
一237.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だから―――彼女自身、あるいは言い寄る男のあしらい方には慣れているのかも知れなかったが―――
  それほど自分を毛嫌いしていない様子だった事もあって、積極的に接点を持とうとしていたのは事実で、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\
   l^l^ln//(トェェェェェェェェイ)\       「雪華綺晶はその………
    ヽ   L \ェェェェェ/  |       冒険者って言うけど、一人なのか?」
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



                               、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
                                 l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
                               .  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
                               . 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
                                f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
      「うん。                      ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
       女一匹だから、色々面倒だけど――― .  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
                                 \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ
       気兼ねしなくて楽だよ」              ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ
                                  /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
                                / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
                               .   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
                                /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
                               . i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
                                i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
                                l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
                                l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



270 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:26:09 ID:0YwzkVuN
一238.
―――――――――――――――――――――――――
  エルやコナタの、事務的かつ端的な反応もやりやすい、
―――――――――――――――――――――――――



                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::          「メイスとヒーター・シールドですか。
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::          随分使い込まれているようですね」
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|   「……………」
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\         「どっかの道場に居たわけでもないんでな、
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\        力任せに装甲の上から叩けるこれが
    ヽ   L \ェェェェェ/  |        一番しっくり来るんだ」
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))




――――――――――
  そう思っていた。
――――――――――

271 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:27:09 ID:0YwzkVuN
一239.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  ところが、つい先日のことだ。

  調子に乗って錫杖から目を離し、雪華綺晶を起こしに行こうとしたところで
  証を奪われると言う失態を犯したばかりか―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――



_r-f⌒ 、   ̄ へ_! li  li l l i l i! l l li li l/!ll l  l il l
' |    ヽ 、__   ヽ ll ヘl l ll l l l ェi≦三三≧ュ ;-ii.ム
  !  λ  >  i   7、 l\li l l7 !j j豸{ ζfi}` ,ヾ}气 l l
} .弋/ ヘ   }   l >! V !i i    .!i!ヾ'、“,, ' ,!i! }i! ll
!  、_ヘ_         l /          癶、,,,,, '' 豸 ′ i
.ヘ  _..,,      __ノ           `゙゙゙゙゙,゙″    /     「聞いて聞いて!
 .`´  \ ___,ィ  !_            :::::::::::::::    / l     すっごく素敵な人が錫杖を取り戻してくれたの!
.ヘ、____  r、  __..イ            .::::::::::::::::::   / 7
ヘ/イ \|  ` ´      .:::.       ::::::::::::::::  /  l      私、あの人この仕事に誘う!
 !、!                           /  l      決めた!絶対なんだから!」
..  \           _. .. ._           ./ l/ l
  l l i\          ` .'´          /  l   l
     へ                   /  ii \



                                               ____
                                             /⌒  ⌒\
                                           /         \
                                          /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \
                            「……………」     |   (トェェェェェェェェイ)   |
                                          \  \ェェェェェ/   /



―――――――――――――――――――――――――――
  証を取り戻して戻って来るなりの、彼女のこの反応である。
―――――――――――――――――――――――――――


274 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:28:09 ID:0YwzkVuN
一240.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして本当に雪華綺晶が連れてきた少年を見て、キル夫も一目で分かった。
  自分とは正反対の生き方をしている人間だと。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    / ̄ ̄\
                  /  ノ ヽ、\
                       |   (●)(●)|              /勹
                       |   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/      「やらない夫です、よろしく」
                  / lヽ     /    /`弋ll
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l      (くそが…………!)
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :: ::l
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : ::/
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  才能に恵まれているのだろう、実力がありそうなのは構わない。
  装備に金が掛かっているのもまあ良しとしよう。

  だが、においが圧倒的に違う。

  自分は日陰を選び、他人から目を背けられながら、闇の中で息を潜めるように俯いているのに、
  あいつは陽光の中を歩み、他者の注目を集め、光の中で胸を張って生きている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


276 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:29:09 ID:0YwzkVuN
一241.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一体、人は何故これほどまでに違うのか。
  産まれも容姿も自分で選ぶことが出来ないのに、余りにも不公平ではないか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |                 ____
.  |           |               /      \
.  ヽ       /              /         \
   ヽ      /               /   (●) (●)  \
   >     <              |   (トェェェェェェェェイ)   |
   |      |              \  \ェェェェェ/   /
    |      |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それを決めるのは神か、魂の持つ業か、はたまた単なる運でしかないのか。

  今まではそう言う考えを捨てて、『仕方ない』と自分に言い聞かせ、
  何とかやってきたキル夫にとってその格差は我を見失わせるに十分であったし、
  何よりも雪華綺晶の反応が我慢ならなかった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

277 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:30:13 ID:0YwzkVuN
一242.
―――――――――――――――――――――――――――
  ただ、容姿はともかくとしても、
  結果としてその他の全てはキル夫の僻みでしかなかった。

  彼は知らない―――
―――――――――――――――――――――――――――

┌───────────┐
│在りし日の修行風景  ......│
└───────────┘


           /l/ |/!/ ̄/
       /!/^         フ
      ∧!             `¨>
   ト、|ヽ               <__
   l             _         /
 _iヽ         /ヘヽ彡ァ     ¨>
 \    ∧     ,.=-〈〈  /、      `>
  _>::レwト〈-、w-'"^   〉)  77_     /
    7::::::l ` 、 i    '´ ,/7 i  ,ヘ  ゙7_         「甘い!
   ゙レ:::l_  、 i 〈 /   /__^゙ ゙l 〉゙〉〉  /         ファイア・ストーム!」
      {::〉ニ、=、゙j /__,.=ィ弋ソ¨   ', ト‐ j  ヽ、
.      ¨ヘヾ='>li ¨ー=¨    /∨フ/  ヾ、
       ',   ll           ' ├‐ヘ   バ
         ヘ   ll            l   ヾヾ、¨ヽ--、_
         ',  ゙ヾフ _      j       ヽ、 `
          /ヽ, ヽ,¨─,>    /:::j    ト、   ヽ、
.       /  l ヘ _,ニ´ _ノ //i:::/  }  ヾ,ヽ,
    /   i. l ',ヘ、__,/:::/ //   j   ヾ,`ヽ、_
   /    l. l  ',:::::::::::::::__/ /   /l    `ヽ=-
. /⌒ヽ、 _/ '  ',:::::::::〔    /    /::ヽ、_,.-‐'"/



                           |\     /\     / |   //  /
                         _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                 (:. ,:.     . \                     /
               .:从,)ノ':.:,    . ∠   うあああああああっ!?   >
              ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,    ./_                 _ \
            ,;,、 ,;ノノ .:;.(. ,.( ,     ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
     / ̄ ̄\  ,、 ,.:;(゙:  ,.:.人:. ヾ,、 (.  //   |/     \/     \|
   /   _ノ三ゞ ,ノ (,.ノ,、ヾ , .,;ノ (;. (:,  ,)        _______  / ̄/:.
   |   ( ○)( ,;. ,:ノヾ; . ,;) ,、 ヽ;,:.;):.从;.,       /          / / /
  . |     (__.,):.   ..:.(ノ 从ヾ;. '',人ヾ,´      /          / /レ/ / ̄/
    |     |i!i!i!i!|`..: . .::::)  (::..  (::.       /_____   /     / /
  .  |     |;;;;;;;;;|.:::: .:ソ  ,ゞ.:.   ,ゞ.:.               /  /     iY/
  .  ヽ    . .:::: .:ソ::..::..:(   (: :.   (: :.                /  /
     ヽ     :..::..:(        ):::...  )   _____/  /:::...
  ./ー-.l    :;;::::;:(::: ;;; ::; :; : ;:: );:::  :::;::)     /             /
  (   ⌒ /   \;;:::: ::;: : ; :: ; :; : :/  .  /_______/
   `´ー-、i´   /l .ト''ノ ヽ: :: :  : :: :/             _从
                                  / / _从__
                                 ./,.,// //  /
                                 ." /,、/'´ /
                                   ゙ //



―――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫がどれだけの血と汗を流し、鍛錬に人生を割いてきたか。
―――――――――――――――――――――――――――――――

278 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:31:09 ID:0YwzkVuN
一243.



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



――――――――――――――――――――――――
  どれ程までに自分に厳しく、他人を思い遣り、
  その腕に抱えられるだけの物を受け止めてきたか。
――――――――――――――――――――――――

279 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:32:10 ID:0YwzkVuN
一244.



                                 _ _ _
                                ´      丶
                             /         丶
                            /             丶
                             /             |
                          /           _..,,ノ   |
                           /          (● )   ノ
ヽ                        /           /   |ヽ
:::::`ヽ、                       !           丶_ / /
_, ‐、:::::: ̄ )           | ̄ ̄ ‐ '─ !_               ノ ´
:::::::::::レ'  ̄            |::::::::::::::::::::::::::::::`‐ _        /
:::::::::::|              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、 _   /
:::::::::/       __ _ -‐' ̄`‐- 、_::::::::::::::::::::::::::::`‐ <
:::::V        |::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-、 _:::::::::::::::::::::::::::>
::::::〈       __|::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _:::::::::::::::/
::::::::}_r──´ ̄::::|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、/
::::::´::::::::ヽ:::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐-、
::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::\:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
、_______|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::: {:::::::::::-‐‐‐:::::::::::::::::::::::::/
_          l::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::`‐-、_     __ キ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、
:::::::::::::::::__ >-‐´::::::::ヽ:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
:::::::::-‐´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



――――――――――――――――――――――――――――
  そして彼に背負わされている宿命の重さを知っていれば、
  自分の嫉妬がお門違いだと気づいたかも知れないが―――
――――――――――――――――――――――――――――


281 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:33:09 ID:0YwzkVuN
一245.
―――――――――――――――――――――――――――――
  それを今の彼に求める方が無茶という物だ。

  多くの人にとっては、その時見えた物が全てであるし―――
―――――――――――――――――――――――――――――



   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::     :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::     :::::              :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::    :::::::      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::       ,. -─────────‐- .、            :::::::::::::::
::::::::::::::::::        /                  \         :::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::      /                     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::        \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \      (何でも持ってるお前が
   :::::::::/      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      .\     妬ましいんだよ、クソが!)
:::::::::::::/       .|                        |      .\:::::::::::::::::::::
:::::::::/         |\                    /|        .ヽ:::::::::::::::
  |            |  工工工工工工工工工工工工工工|         .|
:::::::|           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          |
:::::::|           \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             |
 ::::|                 \エエ工工工工工工エエ/               |
:::::::ヽ                                          /::::::::::::
:::::::::::::\                                    /:::::::::::::::
::::::::::::::::::\                                   /   :::::::::::::



――――――――――――――――――――――――――――
  上辺だけを見れば全てを持っている相手への、
  キル夫の反応は一般の人間として至って当然の感情である。
――――――――――――――――――――――――――――


283 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:34:10 ID:0YwzkVuN
一246.
―――――――――――――――――――――――――――――
  ―――とは言え。
  それが一方的な嫉妬である事はキル夫自身が一番分かっていた。
―――――――――――――――――――――――――――――



_________________________________
  ________         ________  . |:.:.:.:.:.:.:|
 ::|i::,        ,|      ::|i::,        ,|.'  |:.:.:.:.:.:.:|     r==ニ==:、
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |::.:.:.:.:.:.| .   . |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |..:.::..:::.:|     |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |.:..::.:.:.:.|     |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |.:.:.:.:.:.:.|     |!_|_|_i|
 .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,l .      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,| .   |、.:.:. :.:.|  '   .|!_|_|_i|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~'  .l、\:.: :| .      ̄ ̄ ̄ ̄
                                !:.\\|
                                 |.:.:.. \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



________________________________
――――――――――――――――――――────────────
     ____
   /      \
  /         \
/           \    「しかし惨めだ………
|     \   ,_   |     嘘はいらねぇだろ、嘘は」
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



―――――――――――――――――――――――――――――――
  これまでの人生の苦しみと、溜め込んでいた不満と、
  見せつけられた三人の反応でついかっとなったが、
  そう言う生き方を選んだのは自分なのだ。

  それを引け目に思って、恋人でもない雪華綺晶をだしに使ってまで
  あの小僧を責めるのは大人げなさ過ぎる。
―――――――――――――――――――――――――――――――

285 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:35:11 ID:0YwzkVuN
一247.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼女の耳に入り、やらない夫が真実を知れば、
  間違いなく両方から軽蔑されるだろうが、これは自分が蒔いてしまった種だ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



      ヽ;;;||:::: |  ||    || |      /
       二||:::: |  ||    || ;;| ; ;;::::::/
        ノ::||:::: |  || 0  :||;;;;|;;;:::/
     ./ヘ.||:::: |  ;;||    ||;;;;|/
    /へ/;;;;;/|  ;;||   :;;;||/
     :/ ;/|/| ;;;||  ..::/,;l           ____
          /;;;::|;;;;;;;|| .:/::/          /      \
    ;;;;;;;  ;;;::::ノ|;;;;;;;||/::/         /         \
     ;;; ;;;::ノ  |;;;;;r;;;;/          /   (●) (●)  \
      ;;;;::ゝ    |/ゞ´           |   (トェェェェェェェェイ)   |  「仕事、するか………」
     ;;;ヽ   /               \  \ェェェェェ/   /
    ;;;;;;:ゞ;/                 |          |
   ;;;;;;;;;/                  ||        / |
                         ||       /||
                         (_|   r  /  (_)
                           ヽ  |/
                            >__ノ;:::......  スタスタスタ…



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今更無かった事には出来ないが、せめてこの場に居られるだけの役には立とうと
  気を取り直して衛兵の詰め所に向かった。

  この間捕まえた盗賊から、何か情報が得られないかと思ってのことである。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



286 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:36:10 ID:0YwzkVuN
一248.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  十数分後。

  なじみの詰め所で、先日捕らえられた盗賊の尋問をしたいと言って驚いた。
  自分よりも先に、同じ目的の先客があったと聞かされたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



              _ _
           γ´-─- ヽ
           ,レ', -─‐-、|
          〈, イ(//)( 7)       「尋問?
           K>.;:",;:;:;:.::}-┐      ………ああはい、あの盗賊ですね。
           ヾ;:;;:;;(固);!‐-′     昨日の背の高い人じゃ無いんですね?」
         ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
        /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
      /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
     / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
     / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
    ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|



                                              ____
                                            /     \
                                          /         \
                             「背の高い?」    / (●) (●)    \
                                         | (トェェェェェェェェイ)    |
                                         \ \ェェェェェ/    /




288 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:37:09 ID:0YwzkVuN
一249.
――――――――――――
  しかもそれが―――
――――――――――――



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!     「ベッケナー公の所で
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、     護衛に雇われた冒険者の人ですよ。
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V      キル夫さんと同じですよね?」
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :



                                              ____
                                            /      \
                                          /         \
                       「あいつ、来てたのか?    /  (○)  (○)  \
                        いつの間に!」         |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
                                       .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



―――――――――――――――――――――――――――――
  昨日の午前に雇い入れられたばかりのやらない夫とあっては
  もう一度驚いたのも当然だろう。
―――――――――――――――――――――――――――――

290 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:38:09 ID:0YwzkVuN
一250.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ただ、行動が早すぎた上に間が悪かったのか、情報の入手には至らなかったようだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',            「昨日の昼過ぎでしたかね?
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',            我々が尋問中だったので、
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ            また後で来るってその時は帰ったんですよ」
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l



                                                  ____
                                                /     \
                     「なるほど。                  /         \
                      で、何か情報は?」            /   (●) (●)  \
                                             |   (トェェェェェェェェイ)   |
                                             \  \ェェェェェ/   /
                     (素早い………                γ        ⌒|
                                               |         | |
                      やっぱり、                    | |        | |
                      ただの小僧じゃねぇようだな)       (_|  、    (_)
                                                ヽ  ヽ  /
                                                 ゝ__ハ__ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  申し訳無いことをしてしまいました、と言う衛兵に肩をすくめたキル夫が
  半分ざまみろ、と思いながらも
  もう半分は、早速行動を起こしていた事に感心していたのも事実で―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――

291 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:39:09 ID:0YwzkVuN
一251.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そのまま調書だけ受け取って帰ると情報の横取りに思えて少し気が引けたので、
  自分でも尋問してみる事にした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!       「こちらが調書の写しになります」
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :



                                              ____
                                            /     \
                                          /         \
           「ああいや、まずは自分でも話してみるわ。    / (●) (●)    \
           それは後でもらって帰る」              | (トェェェェェェェェイ)     |
                                            \ \ェェェェェ/    /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――あるいはここが、キル夫にとっての分岐点の一つだったのかも知れない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


293 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:40:10 ID:0YwzkVuN
一252.



    .  :"´ ̄`゙:
       ,i.ニニニニ.i、
      ;:i〇_〇i;、
     ,,.ハ.ヘ.ハ;/ソ,)._       「分かりました。
    /,.: .ヘ::;◎;:~ `;ヽ       まあ、すぐに分かると思いますが
    i'ヘ,:/;\ヽ、:ハ,: ;/.:j      期待しない方がいいですよ」
   .l: ,!l; . :\ヽ、;'.il,:..i
    i;o;ji..':, .: '"\ヽi;o;l;      (しっかしいつ見ても凄い顔だなぁ。
    i~:.;|、ィ:,、ソ:,.ハ,゙j.l;: 'i゙;      傭兵なんか辞めてうちの隊専属の尋問官になってくれないかな)
    .l.;;;il≡≡Ilコ≡il; ,:i:l
    .lニ:l_",;__.__`_゙__:l:ニj



       ____
     /     \
   /         \
  /     (●) (●)\    「………?
  |    (トェェェェェェェェイ) |     わかった」
  \   \ェェェェェ/ /



――――――――――――――――――――――――――
  自分達も大した情報は得られなかった衛兵に案内され、
――――――――――――――――――――――――――

294 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:41:09 ID:0YwzkVuN
一253.
――――――――――――――――――――――――――――
  自分の不手際の一因でもある盗賊の独房の前に立った彼は、
――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  こちらの独房です    |
乂__________ ノ


                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                      |  どれどれ。  |
                      乂______ ノ

  __                       ______
   :||                        ||┌────┐|| .φ
   :||           θ           ||│ ____,,│||::ミ
   :||                        ||│[∥∥∥]│|| ∞
   :||::   :;  ; ,,       ::     :||│.  ̄ ̄ ̄ ;│||  ::
   :||::   :;           :    ..;||◎ニニニニニ ||
   :||;::: #   ..:            ,, ;;....;:||│        │||;;:..::
   :||;:::      ..:   ..:   . ,,, ;;#....;:||│        │||;;;k、,,,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:


295 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:42:09 ID:0YwzkVuN
一254.
――――――――――――――――――――――――――
  大胆にも単独で領主の館に忍び込み、
  まんまと一度は錫杖を手にした相手に声を投げかけた。
――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /     \
   /         \      「おい、そこのティターンズ。
  /     (●) (●)\     何が目的で錫杖を盗んだか言え。
  |    (トェェェェェェェェイ) |     少しは罪が軽くなるかも知れんぞ」
  \   \ェェェェェ/ /



                                            ____
                                         /´    `ヽ
                                        /       彡、__
                                        /             ̄`ヽ
                                       ,'  /               `ヽ
                                       {  {{  //               ト、
                                       }   ∨{{  ノ _____         }
                                      ノ    乂、彡"´     `!     イ
                                     从  /          ヽ    彡
                                     ∨ /      }  __    ミ     (_
           「ウハッハッハッハ!               ヘ 〉 ____ゝ:::ム"´ ̄`    !     丿
            こいつはまた随分と凄いツラの         7´ ̄く          l /こヽ  イ
            お兄ちゃんがお出ましだなぁオイ!」      {   ______    ノ j/イ} }  j
                                       `ト に二ニニニ`ヽ j    丿/ _丿
                                        ', ∨      /     イ  ム
                                         ', j/  ̄ /    ノ  |  ノ
                                         ', `ー‐'′    /    !ミ彡
                                         !       / /   ト、 ___
                                       ___,,,,,,`コ=<´   __,,,、r┴──‐ヽ
                                      ト、二二≧≦二ニ≦ :::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                      |:::::::::|::::::::::l:::::|:::::::____::::i:.:.:.:.:.:.:.:.|_



―――――――――――――――――――――――――
  床に敷いた毛布に寝そべって目を閉じていた男は
  鉄格子を見るなり笑い声をあげ―――
―――――――――――――――――――――――――


296 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:43:09 ID:0YwzkVuN
一255.



       ____
     /⌒  ⌒\
   /         \      「うるせぇぞクソ野郎。
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \     お前はただ俺の質問に答えりゃ良いんだよ」
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /



                                        ___,,、-ー── ─ 、、
                                     /´            `ヽ
                                     {                ヽ、
                                     j                     `ヽ
                                    {       ヾ ノ             ヘ
                                     ヾ、ミ彡"´ ̄`ヾ彡           i l
                                       /      ミ              ! l
             「へいへい。                  /    __,   ヾγュ        リ
              同じ事の繰り返しになるが、         〉`<’´   リγj }       ノヽ
             せいぜい取りなしてくれよ?        /      /   6) }         ノ
                                     〈__,       j     イ        >
             つぅか、あいつ等にも言ったが        ヽ-‐ 、     jリ      γ
             そもそも俺はティターンズじゃねぇよ」     ゝ      /ノノ彡、    ゝ
                                        /     ∠     ヽ、__彡"
                                       ヽ‐- <           |
                                          .,r┴―───── ┴、
                                          i:|:.「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                          |:|:.|:::::[≒:≒]::::::::::::::::::: |
                                         _j |:.|    ________j
                                        //´ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                                       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                       //:::::://´ ̄\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ



――――――――――――――――――――――――――――――――
  いきなり調子を乱されたキル夫は、相手の意外な言葉に眉を動かした。
――――――――――――――――――――――――――――――――

297 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:44:09 ID:0YwzkVuN
一256.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  ここしばらくのアンマンの噂や他の町から伝わってくる情報からすれば、
  領主の証を狙う命知らずはティターンズ以外に無いはずなのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /     \
   /         \
  /     (●) (●)\    「なんだと?
  |    (トェェェェェェェェイ) |    じゃあなんで錫杖を狙ったんだ」
  \   \ェェェェェ/ /



                                         ___
                                       ∠´   `ヽ、、
                                     /          ̄ `ヽ
                                   /                  }
                                  〃    i            `ヽ_
                                  リ                   \
                                  ト    ∨      ノノ、       `ヽ
                                  ヽ    ソ    /   `ヽ       ヽ
                                    ヾ、 /"\.,ノ        ∨       }
                                    ノ /            ミ       ノ
                                    {   i             }    {
    「領主の証を一つでも持ってティターンズに       ヾ .l      }    _,   彡ヘ    }
    加われば幹部にしてくれる上に、             ミ、 ー。-、 {、<゚ イ   l K }  ノ
    女神が何でも願いを叶えてくれるって言うんでな」     `i ` イ      ノ  jオノ 〃
                                        ヽ  j_     j   イ  ヾ
                                         ', 、_`´_ イ     ノソ ソ
                                         ', `ー ´    /  "ト彡
                                          ヽ  `    /    レ `> 、
                                        ,、r<ゝー‐‐<   , ‐ イ⌒ .>イi
                                       /ゝ、_⌒⌒〃´  ̄_`__ >-ー:.´:.:.:.:.:.|
                                       |_::::_:::::|´ ̄`l:::|´:::::::::::::::::::::::::!:.:.:.:.:.:.j、__



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、鉄格子越しでも鋭い眼光を向けてくる盗賊はその手前である事をあっさりと白状し、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

298 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:45:11 ID:0YwzkVuN
一257.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  神が実在する事は知っているが、
  信仰心の欠片も持ち合わせていないキル夫は不愉快そうに唾を吐き捨てる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /      \      「ケッ。
   /         \     どいつもこいつも女神かぶれかよ。
  /.  (●) (●)  \
  |   ハェェェェェハ   |   女神が願いを叶えるってのはどういうこった?」
.  \  |_ェェェェェェェェ_|  /



                                                   , ,
                                                , , ,-'   ~ ゝ_
                                            .   //,'        ⌒ ~ ,
                                               |.i.i   r'  ,,,_     ヽ
                                            .   |!|!|i、  |i ,',-==- 、    ヽ
                                               )ゞヾ、 (_(' _-=- 、ヾ    |
                                              γ `./        |    !
            「国王と五つの町の領主が持っている証は         | /    , '     |     ゝ
            女神の宝具で、それを集めると女神が降臨して      ゝi, ___  / __,,, ,,_  ゝ     !
            何でも願いを叶えてくれるそうだ。               !'' -`')  ` ―`` γヽゞ ノ
                                                i、 ノ_     _ノ iλ ! i
            女だろうが金だろうがな」                     } ヾ'、ゝ   i'   ν/ ソ
                                                | ,-―---    し /
                                                |  ''''      / | ゝ
                                                 !、     __--''' レ彡
                                                  `┐ー''''  ノ  レ
                                                  λ、,,,,,,、、---'''⌒!i
                                                  ノ>πiiiiiii!!!!!



――――――――――――――――――――――――――――――――
  ところが、自分以上に信仰心など持ち合わせていないと見られる盗賊が
  まるで宝物を前にした子供のように言うので、
――――――――――――――――――――――――――――――――


300 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:46:09 ID:0YwzkVuN
一258.
――――――――――――――
  こりゃ重傷だ、と嘲笑った。
――――――――――――――



         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\        「まさかそんな子供だましに
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\       引っかかる奴が居るとはな」
    ヽ   L \ェェェェェ/  |
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



                                          ィ / 7"´'´ ´ `ー'ー'´ ̄` ヽ、
                                         / / /              \
                                        / l l    /             ヽ
                                        1 ヽ   l   /            i
                                        ヽヽ.,,r' i | r(      _,,,_      }
                                        _7'  ヽ lヽ ヽヽ   ,.ィr- ヽ      !'
                                       l´   ィ,.=‐` ー`ー '"´   ̄`ヾ    ヾ
                                       !    f              !     ヽ
                                       1    l      _       {    }       !
          「子供だましかどうかは               ヽーr  !    _  ヽ_  _,_ィ_   l    ,イ
          お前が決める事じゃねぇよ。             ヽ7 l -‐_''o_ゝ  r'ヽ┴'‐`  }ヽ-、_ノl
                                         ゝ-!       |  ヽ      !r  l /
          ただ、夢のある話だろう?               l -l、ヽ    r'_ ヽ   r'  ,l、l  !'
          お前だって女神に頼めば                ! ヽl  !     __,    |ン イ-,
          そのツラ治してもらえるかもしれないぞ?       ヽ !   rー'´― '"´    l/ /
                                           `!ヽ   ー― ''      ,ィ ノ 7
          ハッハッハッハッハ!」                   ヽ ヽ         / !- 'ノ
                                             ヽl\      / r'  !/
                                              ! ヽー― '´  ノ  ,.!、
                                             l'ゝ、_ `' __,.. -‐_,ニ- l
                                             ノ- 、 7'',´ r ''"´,.-‐i二!
                                            ヾ--/././ ヽ'、 ヾ‐≡ン'ヽ


302 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:47:10 ID:0YwzkVuN
一259.
――――――――――――――――――――――――
  しかし盗賊から手痛いしっぺ返しを喰らってしまい、
  余計なお世話だと目をむく羽目になる。
――――――――――――――――――――――――



       ____
     /⌒  ⌒\
   /         \    「女神に頼んだぐらいで美形になるなら
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \   百万回だって祈ってやるわ、ボケッ!」
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /



                                              ____
                                           /´    `ヽ
                                          /       彡、__
                                          /             ̄`ヽ
                                         ,'  /               `ヽ
                                         {  {{  //               ト、
                                         }   ∨{{  ノ _____         }
                                        ノ    乂、彡"´     `!     イ
                                       从  /          ヽ    彡
              「確かにそのツラじゃぁ、           ∨ /      }  __    ミ     (_
               女神様の手にも余るかもなぁ!       ヘ 〉 ____ゝ:::ム"´ ̄`    !     丿
                                         7´ ̄く          l /こヽ  イ
               ハーッハッハッハッハ!」           {   ______    ノ j/イ} }  j
                                         `ト に二ニニニ`ヽ j    丿/ _丿
                                          ', ∨      /     イ  ム
                                           ', j/  ̄ /    ノ  |  ノ
                                           ', `ー‐'′    /    !ミ彡
                                           !       / /   ト、 ___
                                         ___,,,,,,`コ=<´   __,,,、r┴──‐ヽ
                                        ト、二二≧≦二ニ≦ :::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                        |:::::::::|::::::::::l:::::|:::::::____::::i:.:.:.:.:.:.:.:.|_

303 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:48:09 ID:0YwzkVuN
一260.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  普段ならこの程度の挑発には反応したりしない。

  やらない夫に感じた劣等感がまだ心の中に残っていたせいか、
  乱暴に扉を蹴飛ばした彼は、不機嫌さを隠そうともせずに男を怒鳴りつけ、
――――――――――――――――――――――――――――――――――



          ___
       _,. '´      ̄`、
      /          \
     |  (●)   (●)   |      「うるせぇってんだよ!
     、   トェェェェェェェイ    /
      ,"ヽ、 ヽェェェェェ/  '´ `、     大体女神が女だの金だの、
     /               ゙ヽ、   そんな都合の良い願いを叶えてくれる訳がねぇだろ!」
     |   `-、、            ヽ
     \    ヽ        ハ
       ヽ    l       l
        ゝ_ノ        |
       ,i            l、
      /              ヽ
     /       ,r´ヽ      `,



                                        ___,,、-ー── ─ 、、
                                     /´            `ヽ
                                     {                ヽ、
                                     j                     `ヽ
                                    {       ヾ ノ             ヘ
   「だからよぉ。                         ヾ、ミ彡"´ ̄`ヾ彡           i l
    それはお前さんが決める事じゃぁねえだろ?         /      ミ              ! l
                                       / 、__,    ヾγュ           リ
    女神様以外にそれを否定する事はできねぇんだ、     〉`‘ ノ     リγj }       ノヽ
    だったら試してみるのも面白いじゃねぇか。         /      /   6) }         ノ
                                     〈__,       j     イ        >
    なんも起きなくたって、                      ヽ=ー ′    jリ      γ
    大盗賊団の幹部になれるだけで御の字さ」           ゝ      /ノノ彡、    ゝ
                                        /     ∠     ヽ、__彡"
                                        ヽ‐ _コ=──ー====¬-、
                                       i´:.:「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|



―――――――――――――――――――――――――――――
  浪漫と実益、結構じゃねぇかと似つかわしくない事を言う盗賊に、
―――――――――――――――――――――――――――――

305 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:49:09 ID:0YwzkVuN
一261.
――――――――――――――――――
  その情報の出所は何処だ、と問うと。
――――――――――――――――――



       ____
     /      \
   /         \     「大体てめぇは
  /  (○)  (○)  \    なんでそんな情報を持ってるんだ」
  |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
.  \ Lェェェェェェェェ._l  /



     ィ / 7"´'´ ´ `ー'ー'´ ̄` ヽ、
    / / /              \
   / l l    /             ヽ
    1 ヽ   l   /            i
   ヽヽ.,,r' i | r(      _,,,_      }
   _7'  ヽ lヽ ヽヽ   ,.ィr- ヽ      !'
  l´   ィ,.=‐` ー`ー '"´   ̄`ヾ    ヾ
  !    f              !     ヽ     「結構裏側じゃ有名な話だぜ?
  1    l      _       {    }       !
  ヽーr  !    _  ヽ_  _,_ィ_   l    ,イ      最近ティターンズに入った
   ヽ7 l -‐_''o_ゝ  r'ヽ┴'‐`  }ヽ-、_ノl       パピプペポだかなんだかって奴が、
    ゝ-!       |  ヽ      !r  l /       頭領のバスク=オムに
    l -l、ヽ    r'_ ヽ   r'  ,l、l  !'       女神の宝具の話を伝えて―――」
      ! ヽl  !     __,    |ン イ-,
     ヽ !   rー'´― '"´    l/ /
      `!ヽ   ー― ''      ,ィ ノ 7
      ヽ ヽ         / !- 'ノ
        ヽl\      / r'  !/
            ! ヽー― '´  ノ  ,.!、
        l'ゝ、_ `' __,.. -‐_,ニ- l
        ノ- 、 7'',´ r ''"´,.-‐i二!
       ヾ--/././ ヽ'、 ヾ‐≡ン'ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  いかにもスジ者風の笑みを浮かべた男は、蛇の道は蛇ってな、と愉快そうに答えた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


307 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:50:09 ID:0YwzkVuN
一262.



              __ _ _
           ,r'"´        \
          /     〈±〉     ヽ
            |   , -──‐‐- 、  |
             ! ,r'´.:.::::::::::::::::::.::.:.:.:\ !
          レ'.:.::::r'"´ ̄ ̄ ̄`ヾ、:::.:.!
          |;r'"´-‐`ヽ  ,/´-ー-、`^i          「野郎共!
          !jィ〔´(◯)`二´(◯)`ト、|          なんとしても六つの宝具を奪ってこい!
         ハレ' ゙ー='゙´.:;! ' `゙=‐'゙^レj、
         l ト、'..,   / .::;j,_  `ヽ ノイ !          持って来た奴は誰でもかまわねぇ、
         ! リj i    ^"^    l^iイソ          幹部にして願いを一つ叶えてやるぞ!」
         ヾU ',  ''ー==‐''´ ,! |ノi
       _ _」^i  ',  `ニ二"´ ,' ,! ト、_ _
   ,r'"´.:.:.:.:.::::::| ゙、  Y´     `) /  |:::::::::.:.:.``ヽ
   ,!.:.:.:.:::::::::::::::::j  \,ゝ‐---‐ '゙,イ  」::::::::::.:.:.:.:.:.:!       ┌──────────────┐
   |/\.:.:.:.:::::::::| ̄ ̄`¨`ヾ`二´イ"´ ̄ i:::::::::::::::::/|      │  盗賊団ティターンズ頭領   ...│
   |.:.::::::\.:::::::::|       `゙Yi"´     |:::::::::::::/::.:.:.|.     │  バスク=オム           .│
   |::::::::::::::i:::::::::| 「***j」  !l | 「***j」/:::::::::::/:::.:.:.:.:|     └──────────────┘
_,ノ.:::::::::::::|:::::::::!       | ||    /::::::::::::/::::::.:.:.:.:L_ _
::::::::::::::::::::::::!:::::::::ト、``二二ニj i | -ー'/:::::::::::/::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:



      /  :::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:.     :::::::::::ヘ
.      /  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ::.    ::::::::::::ヘ
    / :::::::::::/::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
    |  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
.    | :::::::::/:::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|:::     :::::::::::::|
   | :::::::/::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::::|
   | :::::/::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
   | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|     「そうだ。
  ,/  :::::゙<´:::::::::::::::;;;;;;;;;:::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__}::::     ::::::::::::::|     宝具が集まれば
   \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.:::::::: __ ,.   ∠._,'  /     :::::::::::::::/      あらゆる願いが思いのままだ
    \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.       _,.r- !/      :::::::::::::廴,
      / :::::/::::::::::::| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::::::::::::::::::_,.;r=≠≦::::`ヽ
.     / ::::/ :::::::::,' ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  :::::::::::::::::::::::::::::/、:::::::::::::::::: ::::::::}
    / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;/___,.. -─ :::::::::::::::::::::: ~゙'-=  ̄::::::::/
.   / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::〈    ┌────────┐
  /::::::/  :::::::/.、-───-ト、     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::/    │  ? ? ?   .│
. /::::::/  :::::::/.::::》      '{  ≦=≠ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::{     └────────┘

308 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:51:10 ID:0YwzkVuN
一263.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  この盗賊がティターンズの一味であれば、
  本拠地や幹部の名前などさらなる情報を得られる可能性があったが、
  単純に噂話に釣られただけとなると事情がだいぶ異なる。
―――――――――――――――――――――――――――――――



          }                 }.:}:.:. (
        ノ        ィ彡"⌒ヽ    !:.|:.:.  )
        /         {     ヾ、_ ノノ:.:.  j
.    ,イ/!        イ          `V:.:  イ
    | リ        彡'          ∨彡′
    l       __ ミ   、__   ヘ,    ∨
    ゝ、    /てハ j    ヽ _゚ ゝ  ノ,__ }      「―――ってな。
      ゞ     いくi 八           \゚イ/
     彡    ヘ ヘ!|  `ヽ       、ー.,,/ j        なんならおめぇ、
        `ヽ    トイi   ;   、 ____ /        宝具を持って行ってみればいいじゃねぇか。
       ノ ノ ミ彡 :|    !   ` ー‐' ,'
       彡イイ  ヾ;         `"´ i         俺なんかよりよっぽど盗賊団の幹部にお似合いだぜ、
          ノム、、..._\>....        !         ワハハハハハ!」
        l: : : : : :_: : :`: :...<`_ー― ′
         l: : : :.:/。_。_。 7: : : : X〕
_____,,l: : : :.′. . . ._/: : : : :小!
圭圭圭圭圭圭≧;、、: : : : : : : : : :/小!
圭圭圭圭圭圭圭圭≧;、、: : : : :// |:i|、
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭k、〈/ ::j:||圭≧;、、



                                                   ____
                   「あいにく俺は、                     /     \
                    そんな法螺話に付き合うほど          /         \
                    お子様じゃないんでな。             / (●) (●)    \
                                              | (トェェェェェェェェイ)    |
                    まぁいい、ちったぁ聞ける話だったぜ、   \ \ェェェェェ/    /
                    衛兵には口をきいといてやる」



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  勘でしかないが、今のところ嘘は言っていないと判断したキル夫は尋問をそこまでにしておいた。
  これ以上この男と話していると、下らない夢物語を繰り返し聞かされるだけだと
  嫌気がさしたのもその理由の一つだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

312 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:52:10 ID:0YwzkVuN
一264.



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  クク、頼んだぜ。   |
乂_________ ノ


  |  |┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃|    |
  |  |┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃|    |
  |  |┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃|    |
  |_|┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻|__|
/                     \
                        \
                         .\
                           \
          ____
        /      \
      /         \
     /.  (●) (●)  \
     |   ハェェェェェハ   |      「………何が女神だ、馬鹿馬鹿しい」
   .  \  |_ェェェェェェェェ_|  /
       / ゝ         ィ'ヽ
     /                 \
   /   ィ          r   \
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
   ヾ___,ソl          │(、__,ノ
       |          |
         l    Y´     /
         ヽ,   (     ,/  スタスタ……
          ヾ  |   |
         ≒;|   |
         (.("_`゙_)



――――――――――――――――――――――――――――――
  独房前から離れ、待機部屋に戻る最中も悪態が漏れる。

  闇側の邪神ならともかく、光側に属する大地の女神が
  都合良く人の願いを叶えてくれるはずなど無い、普通ならそう思う。
――――――――――――――――――――――――――――――

313 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:53:09 ID:0YwzkVuN
一265.



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、       「お疲れ様でした。
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉       どうでしたか?」
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :



                                                ____
                                              /      \
                      「ハズレだな。              /         \
                       簡単に口を割るだけあって     /.  (●) (●)  \
                       成り上がり希望のアホだ」     |   ハェェェェェハ   |
                                         .  \  |_ェェェェェェェェ_|  /


314 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:54:10 ID:0YwzkVuN
一266.



              _ _
           γ´-─- ヽ
           ,レ', -─‐-、|
          〈, イ(//)( 7)        「我々も同意見です。
           K>.;:",;:;:;:.::}-┐
           ヾ;:;;:;;(固);!‐-′      実際、オーガスタの領主の証は
         ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、     ティターンズとは無関係な
        /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!     盗賊団の仕業だったとの情報も入ってきています。
      /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
     / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,   その後合流したかどうかまでは
     / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|   現時点で聞き及んではいませんが………」
    ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|



                                                  ____
            「たかだか盗賊風情に情けないねぇ。                /     \
                                         .     / (●)  (●)\
             ―――しかし、奴さん達も                 l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\
             随分と上手いやり方を考えたもんだ。          ヽ   L \ェェェェェ/  |
                                              ゝ  ノ         /
             自分達の戦力は削らずに                /   /         \
             証が勝手に集まってくるんだから           /   /            \
             こりゃ楽なもんだぜ?                . /    /         -一'''''''ー-、.
                                         人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))
             守るこっちはたまったもんじゃねぇが」



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だがキル夫の予想よりも遙かに、その夢物語を信じている者は多いようだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

315 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:55:09 ID:0YwzkVuN
一267.



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!       「恥ずかしながら、ゼダンにおいては、
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!       護衛の者が奪って逃げたとか。
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉       ………幹部待遇と女神の噂につられたのでしょう」
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :




                                                 ____
                                               /      \
           「夢見がちな野郎が                      /         \
            多い国だなぁオイ。                     /  (○)  (○)  \
                                            |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
            そんなに女神様とやらを信仰してるのかよ」     .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



―――――――――――――――――――
  余りの盲信っぷりにさすがに呆れると、
―――――――――――――――――――

316 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:56:09 ID:0YwzkVuN
一268.
――――――――――――――――――――――――――――――
  急に態度を厳しくした衛兵は、少し声を低くして言った。

  都合の良い噂話はともかく、
  この国に住む者は皆、大地の女神の御力を信じているのですと。
――――――――――――――――――――――――――――――



              _ _
           γ´-─- ヽ
           ,レ', -─‐-、|
          〈, イ(//)( 7)         「お言葉ですが、大地の女神の御力は
           K>.;:",;:;:;:.::}-┐       確かにこの国を守ってくれているのです。
           ヾ;:;;:;;(固);!‐-′
         ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、      タオ砂漠の隣にあるこの国が、
        /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!      国境からすぐ肥沃な土地なのは
      /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、     不自然だと思いませんか?」
     / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
     / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
    ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|



                                                ____
                                              /      \
                                            /         \
                       「まぁ、確かに………」       /  (●) (●)   \
                                           |     r───-、     |
                                           \               /
                                               o
                                             O
                                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


318 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:57:10 ID:0YwzkVuN
一269.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  相手の言う事にも一理あった。

  実際に数ヶ月前、砂漠越えのキャラバンの護衛をしつつエゥーゴ入りしたキル夫も、
  サンド・ワームぐらいしか生息していない、生命の気配が殆ど無いタオ砂漠と―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                rォ-fヽ-fヽ__
                            __rイ´ 。゚r 。゚ 。゚。゚。゚`>x
                           rイ。゚/。゚/。゚/。゚  ゚。゚。゚。゚。゚。゚。゚`>x
        ..- ─── - 、         rイ。゚/。゚{。゚.{。゚/゚     ゚ ゚ ゚。゚。゚。゚。゚。゚。゚。/
      く._       、   \     _rイ。゚/。゚ !            ゚ ゚。゚。゚㌢ ̄ !
       `ヽ   \   ` ̄ ̄「/。゚ !。゚       ィ"⌒ ー─── ==r WWW.}
         }    ` </: : /: :ゝ.       ィ´             ハj   メ"
          |       `  ̄ ̄ > ─一 "   ___:.:.:.:>‐r─‐へ YYYノ
          | /   \               ィ":.:.:.:.:.:.:/ノ      ゞー-′
         ∨/     ゝ           /    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.レ'
          ` < 〃    ̄ ̄ ̄ ´   ./ /:.:.:.:.:.:.: ノ'
             ` <          / /:.:.:.:. 彡イ :::::::::::::::::..              ;ヾ,
                 ` ー────一 "  ̄ ´ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....        ,-‐ ' i´
                        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....    ...゙ lハi''゙ソ 比較対象
                             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..    "' "''"  馬
                                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┌───────────────────────────────┐
│【種族名】                                       .│
│サンド・ワーム(砂芋虫)                             ......│
│                                            ....│
│【怪物辞典より抜粋】                                ..│
│砂漠を旅する者の天敵、それがサンド・ワームだ。               .│
│全長十メートルから二十メートルにもなる巨大な怪物は             │
│好んで生きている者を喰らう。                           │
│                       サンド・アバランチ               │
│無きに等しい脳はとにかく貪欲で、時には砂雪崩と呼ばれる          │
│砂芋虫の集団による狂的な行進が行われ、                  ..│
│一つのオアシスが蹂躙され、食い尽くされて死滅する例もあると言う。    │
└───────────────────────────────┘



320 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:58:09 ID:0YwzkVuN
一270.
―――――――――――――――――――――――――――――
  青々と草が生い茂るグリーンノア平原との境目が、
  はっきり線引きされている様子を見て、驚いた記憶があるのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――



←タオ砂漠      エゥーゴ王国→

┌────┐    ┌─────────┐
│砂漠    │    │肥沃な穀倉地帯  ....│
└────┘    └─────────┘
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`^;  ....   ...     ...   ...       ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ゙;       .. ...          ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...,'    ...    ...    ...         ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::....,' ...  ...   .... ...     ...     ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::....',           ...    ...    ...    ....
:::::::::::::::::::::::::::::::::::......゙、   ...            ...
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:......ヽ ....   ....      ...      ...
::::.:::....:::::.:.::::::.:::.::::::::::.:::......ヽ      ...       ...
:::::.:...:..:::::.:.:..::...:::::.:.:::::...::........ヽ  ...     ...     ...     ...
::.::.:::..:....:...:...::::...:....:..:.:....:.:::.........!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^;  ....   ...     ...   ...       ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ゙;       .. ...          ...
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...,'    ...    ...    ...         ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....,' ...  ...   .... ...     ...     ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::...',           ...    ...    ...    ....
:::::::::::::::::::::::::::::::::::....::..゙、   ...            ...
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:......ヽ ....   ....      ...      ...
::::.:::....:::::.:.::::::.:::.::::::::::.:::......ヽ      ...       ...
:::::.:...:..:::::.:.:..::...:::::.:.:::::...::........ヽ  ...     ...     ...     ...
::.::.:::..:....:...:...::::...:....:..:.:....:.:::.........!

321 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:59:09 ID:0YwzkVuN
一271.



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!       「もともと荒れ果てた土地であったグリーンノア平原が
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!       今のような穀倉地帯になったのは、
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、       エゥーゴが建国された後と言われています。
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V        ですからこの国の民は女神をとても信仰しており、
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂        四方山な噂話まで信じる者が居ても不思議ではありません」
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :



                                                ____
                                              /     \
                                            /         \
                                「ふ~ん」       / (●) (●)     \
                                            | (トェェェェェェェェイ)    |
                                           \ \ェェェェェ/    /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  熱っぽく語る衛兵の様子に鼻白んだキル夫はあまり興味が無いふうを装って、
  さっさと引き上げる事にした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

323 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:00:12 ID:0YwzkVuN
一272.
――――――――――――――――――――――――――
  これ以上女神の話を聞いていると、
  自分まで余計な妄想に浸る羽目になると思ったのだ。
――――――――――――――――――――――――――



  __                       ______
   :||                        ||┌────┐|| .φ
   :||           θ           ||│ ____,,│||::ミ
   :||                        ||│[∥∥∥]│|| ∞
   :||::   :;  ; ,,       ::     :||│.  ̄ ̄ ̄ ;│||  ::
   :||::   :;           :    ..;||◎ニニニニニ ||
   :||;::: #   ..:            ,, ;;....;:||│        │||;;:..::
   :||;:::      ..:   ..:   . ,,, ;;#....;:||│        │||;;;k、,,,
       ____
     /     \
   /         \
  /   (●) (●)  \     「まぁいい。
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /      こちとら用事が終わったんで帰らせてもらうぜ。
   γ        ⌒|       調書は預かっていく」
    |         | |
    | |        | |
   (_|  、    (_)
     ヽ  ヽ  /
      ゝ__ハ__ノ                                     _,,,,,,,,__
                                             _,,∠ニ  丿ヽ,
                                            /彡ミミへ    ヘ,
                                           /  |::::::::.  \   ヘ
                                           ヘ  |, '" =≡゙::\ ノ  )  __,,,,,,,,,,,,,,
                                            ヘ ゝ,ュi ::゙゚'"  :/  ノ‐'"______,==i `i
                                             \ ヾ|_ ,,、‐ / 三_,,r‐''"___,,,,,,,,,,ノ
               「はっ。                          \\、,,=' l_,,r'" ,,r"´==   ミ'i
                お手数をおかけします」                 >、`、,/ /∠〃_,,r-‐'''''' ヘヘ
                                             r'"  ゙フ /´∠ (ミ‐-、,,,,,,,,,,,,,,,  }
                                             | r'''''i /__/   E | (三ミミミミミ≡ヾ、
                                            r''‐|,,,,/>‐ゝ 、 E | |、三三三三彡" 〉
                                            i 、 О i    )  E | |`'==≡==''" 〈
                                             ゝ-l`゙ '‐=-‐'   E / /´`゙''i    i  )
                                              |ヽ‐"´ヘ`゙'‐、 ,. / /   /    |/
                                              | ∧[] ヘ  `゙゙゙| `゙'''‐"     |i


324 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:01:09 ID:0YwzkVuN
一273.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  調書片手の帰り道。

  町の平和を守る衛兵と、町の治安を脅かす盗賊との両方が
  大地の女神を信じている様子を思い出し、無意識の呟きが漏れた。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                          ,,
                                         (;;ヾ
                                      ,,,;;ヾ;;;, ;;;;
                                     ミ;;;;(;;;:::;;;ミ;;;;
ヽ                   .,,                (;;;;ミ:;;;;ゞ;;;;(;;;
:: ヽ;,,、                ;;;;   .†_          (;;;;;ゞ;;;(::;;::;;ミ;;;;;
:: ;;i ..i...... ..... ......... .......... ..;;:::,,   ,;;;/ニ ,へ.ニニニニ/ヽ  (;;;;ヾ;;;;;;;〃;;ゞ;;;;;
'' " ,, ;:'':: :: :: :::: ::::::: ::::;'::: :: ::.'';,:: ,,, ii | 「 |i^il 「 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
,,. ;:'''::   ::. ..::. ..  ::;':: . ::: :: ''、  ;; ̄ ̄ .,, 、|::
. :  : . :  . : /. :  . :   ,::.\:: .:::::::(;;;ヾ;|:
  ,,  , . ..  :/.,,      . .. . ,\. (;;;ゞ;;;|
;      ,, . /             \,(:;;;ゞ|
 :       ,/     .____.  . ..   ,\ヽ|
       /    /      \       ヽ|
      /   /         \     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  .   /   /   (●) (●)  \    |  どいつもこいつも女神、女神か………   |
  .  /   |   (トェェェェェェェェイ)   |    乂__________________ ノ
  . /.     \  \ェェェェェ/   /          \
  /    :    /          ヽ.    .,        \
         / /|         i  i
          / / |       /|  |
          廴j  ヽ   r  / ハ .,)
            ヽ  |/  スタスタ
             >__ノ;:::......


326 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:02:09 ID:0YwzkVuN
一274.
――――――――――――――――――――――――――――
  キル夫はそう言った神頼みとか運頼みとかが大嫌いだった。

  今まで生きてきて、神も運も味方をしてくれた事はない、
  どちらかと言えば自分にとってそれらは敵だ。
――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /     \
   /         \
  /   (●) (●)  \
  |   (トェェェェェェェェイ)   |    (もし、願いが叶うなら―――)
  \  \ェェェェェ/   /
   γ        ⌒|
    |         | |
    | |        | |
   (_|  、    (_)
     ヽ  ヽ  /
      ゝ__ハ__ノ

          。
           о
             ○
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、実在する事は聖遺物や神聖魔法などで証明されている神々が、
  何でも願いを叶えてくれると言われて妄想しない者が居るだろうか。

  たとえどれだけ現実主義で冷めた考え方をしているとしても、
  一つでも、少しでも現状に不満を持っている者であればそれをしないはずがないだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

327 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:03:09 ID:0YwzkVuN
一275.
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶



     / ,/           /   |    ヽ
      / /            / /´|     ヽ
    'ク′  ,.           //  /      ヽ
     /  /            //  ,/、      |
   / ,/i′        ,   ´ ,/ /  ヽ  i    ゝ
   1 /  |    ,.  ,ノ  ∠_∠_   /! ヽ    |
   |/  |    / ∠_,/    _二´ |   ヽ  /
   ´|   |  / / ─-、ゝ、  ,.∠. -─' |    ゝ'ァ
    |  ヽ  |/ /ヾ:ツヽ    /ヾ:ツヽ レ   | |    「雪華綺晶………」
    ´レ `>、|       : :       |  |ノ
     ヽ | |         : :       ,!  /´
      ,ノ ∧ l        ,.、 ,.、     ,! i  |
    ∠.ノ ,! ∧      `´       / |ヽ l.
        /ノ ヽ.    -‐- -‐-   ∧ |  ヽゝ
        ´   /ヽ.    `ー‐ ´  , 'ヽ/ノ    ※キル夫
          |  \      /  \
         /ヽ、  ` ‐---‐ ´    _,ゝ
        ^ー  `ー─-------一 ´`



                                  _(( ,  ´       `  、  ( /
                                 _{(>y.X                r--.、
                                 / 辷ニイ                {く } }=-、
                                   /  /   /  /  /    l、       ̄\
                               /  /   /i  |l  | |   | l  li  ヽ     ヽ
                                 /  / li  / .|___|l  | |   | l  | \  l!    |
                    .            /  .′ .li i 厂`ヘ,ノ)| |   | l  |  l l!    |
        「きゃーっ!                /  i l li |〈 T>λソハlハ, ノ三三三.| l!   iリ
         キル夫さん、素敵!」         /   l l .li | >入イ .イ     三三三.|,/l!   / .|
                             /   八/ハli |((`ー -彳             /.   /  |
                             "  / / r-、_.! /i/i/i   ,:----、 /i/i_.rく\/    |
                         /  / /// / )r-、    {::::::::::::::} (`ヽ\ヽ \.   !
                        /  / / // .′/ / )   ヾ::::::::::ノ  i ノ `     l   |
                    . /  / /  / {    ' iく > . _ _/      /  |
                    .イ  / /   /< \     ヽ(r、/__) n/      イ、_.r-、 |
                      / /    /  ノ Ζ    } //⌒U(     イ、__ノ⌒ .\
                    /. /       ./  /  { r─z rイフ//\ }_几ィ⌒´|
                    ../      /  /   .| |   ̄ 7っ    )      |
                    .        イ  /    | |    /(_r─zハ..     トi
                         /  /\__   | |    i |   l   i     l   |
                    _    /  /    ハ | |    | `  /  / |.   l   |
                    .  /  /    /  | | |    |  メ  /.  |.   l   |
                    / ../    //  /| | |    | / \厂`ー!.    l   |



⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶



329 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:04:09 ID:0YwzkVuN
一276.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   街路のど真ん中で妄想に浸っていた事に気がつき、
   ハッと我に返った彼は脳内の甘い映像を追い払うようにぶんぶんと手を振った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          ___
       _,. '´      ̄`、
      /          \
     |  (●)   (●)   |
     、 ///トェェェェェェェイ/// /        「っ!
      ,"ヽ、 ヽェェェェェ/  '´ `、        馬鹿馬鹿しい!
     /               ゙ヽ、
     |   `-、、            ヽ    そんな都合の良い話、あるわけねぇ!」
     \    ヽ        ハ
       ヽ    l       l
        ゝ_ノ        |
       ,i            l、
      /              ヽ
     /       ,r´ヽ      `,



330 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:05:09 ID:0YwzkVuN
一277.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分はそう言う『弱さ』を捨てたはずだ。
  こんな事を考えてしまうのは、きっとやらない夫のせいに違いないと転嫁し、
――――――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /⌒  ⌒\        「チッ!
   /         \       あの野郎が来てから
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \     調子が狂いっぱなしだ!」
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /






              >   /ごノ   「忌々しい!」
           __,∠     /
          〈、    / 彡
           \、__ノ  彡  ダダダッ



―――――――――――――――――――――――――――――
  悪態をつきながら、立ち止まっていた足に急ぐよう命令を下す。
―――――――――――――――――――――――――――――

333 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:06:09 ID:0YwzkVuN
一278.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これまでの自分を否定するような妄想に追いつかれないよう、全力で走った。
  走って走って、都合の良い考えを振り払おうと必死になった。

  今まで全てを諦めてきたが故に妄想への耐性が低く、
  甘美な想像に浸る快楽が強すぎて急に恐ろしくなってきたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



\\ | |:::::::::::::::|;:| ∥ |\| ::::::::::::::::::::::|
:::::::\| |\ ::::::::|;:| ∥ |  |:::::::/⌒ヽ :::|
:::::::::::!| |:\\::!|;:| ∥ |\|::::::|.  .ヽ:::|
:::::::::::!| |::::::::\\. ∥ |  |::::::||\  |:::|
!:::ヽ::::::ヽ:::::::::::::::\\.|\|::::::||!;;;;\|:::|
α::::::ヽ::::::::::::::::::::::::\\ |::::::|| ;;;;;;;;;|:::|
π:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::\\::|| ;;;;;;;;;|:::|)=、__
::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::\\ ;;;;;;|:::|__|゙l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::\\:::| | l:ヽ\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ::::: \:| | l`ll.゙ミ\                      (゙;;(゙;;,,, ;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ::::| | l__ll`ll.゙ミ\                ,,,,  (,;;;; ,,,,,;;;;;;;;;;;);;;;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | | l │]|[]|ミ.\             (゙;;;,,,, (゙;;;;;;;;;;;;,,, ,,;;; ;;;;,;>)
___________ _ _ _ _ ! | |i|''''|i|  l“』 :'ヽ\        :::::) ゞ;,,;;;;,,,,ヾ ;;;;;;;;;,,,,,  ,,,,;;;)::;;llir)
:::::::::::::::| \             \!|i|'.'.|i|'.'.|i| 』l| 』;;;;ヽlll     (::::::::::)::(;;,, ,;;, ゙'、 ;;;;;;;;;; ,,,;;;;;li;;;;l;;;/
:::::::::::::::|   \_________\!.,|i|,,,,|i| 』l| 』 'lr-、゙ll    ゞ,,,;;;;;;,ノゞ,,,;;;;;;,,, ゞ,,;;;;;;リ(;;;;;;;;(丿
:::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ヽ~~~~~~~~~ヽ:..,,,,|i| 』l| 』!』l| 』|    ヾ_;iil;;' ゛ヾ_;;iil;;' ~゙ヾ;;:il;;;レ';''''''゙~
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |:: |/|l!i!i!|. lllllllll-l::l:::l | .|   ,,-、 |;:|.     |,ii!     l;l;ii;/
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |:: |_|l!i!i!|. lllllllll'll:.l:;;l,,''l,,-"   丶ヽ,|;:|ヽ     |;lil     |;i|ll|
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |".|  |l!i!i!i ̄~l;;;;;;;∩;,-"      \ヽ、~:;;,,,,、ーl;li;|ーァ、 l;iil;;!
__ .. .--|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | | |  |l!i!i!| ./ ̄ ̄ ̄\        r'''ヽ, ll~~ll~~ll~~ll|lil;;:l--ヽ,
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | | |  l:i!:!|l/        \       \γ'ヽ、,`ll\~~ll|;lli;;|~, ll\,
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | | |,,,.-"/           \       \γ'ヽ||,;; ll~~ll~~ll~~ll~~ll
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,| | ,.-- " . |              |           """""""~~~~~~~~~~~~~~
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,.. .-- "        \           /      |\     /\     / |   //  /
!.    |;;;,,,,.. .-- "           ,,.. .-‐'           \    _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
!,,,,.. .--                <"   ,__,,_               \   \                     /
                    ヽヾ丿  |             i  ヽ  ∠     ああ、忌々しい!      >
                      ヽ& i          , -ii、ヽ、 ) /_                 _ \
                          |     へ.  i    i^゙''"  ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                          |    /  \|    | .    //   |/     \/     \|
                          |   /     |    | .
                          |   /     `--- ´
                                       ダダダダダッ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  胡散臭い話、上手い話には裏があると何度も自分に言い聞かせながら逃げるキル夫。
  その背に迫る、これまで多くの人を飲み込んできた女神の噂話。

  果たして彼は、逃げ切ることが出来るのだろうか。
  神頼みという―――この世でもっとも都合が良く、楽で、他人任せの選択肢から。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……



335 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:06:45 ID:0YwzkVuN
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手ありがとうございました!
次回は第一章第五話になります。










【漫画全巻セット】【中古】ローゼンメイデン ヤングジャンプ版 <1~10巻> PEACH-PIT【あす楽対応】

価格:910円
(2018/9/24 08:59時点)
感想(0件)






ローゼンメイデン0-ゼロー 1 (ヤングジャンプコミックス) [ PEACH-PIT ]

価格:669円
(2018/9/24 09:09時点)
感想(4件)
























次の話






目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1256-0178ab31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)