FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! 第一章 領主の証-3 2018年11月12日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




438 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:00:02 ID:bGJX8R/H
一125.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――
  朝練を終えたやらない夫は、自分の部屋に戻る前に
  後番が居るはずの談話室に寄ってみた。

  中の気配を探ればまだ警護は続いているようだ、
  やはり領主が公務に就く八時半まではここに居るのだろう。
――――――――――――――――――――――――――――


                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /
|    ./ '       /
|   /        /       / ̄ ̄ ̄\
|,/        /        ./         \
        /        /          ヽ
      /         l           l
    /               l             l   「ま、お互い頑張ろうぜ」
.  /             .l           l
./                ヽ          l
                 ヽ         l
                  .)     __,,../
                 /===、_〈
               /       \
              /            ヽ
             .i       、    . l
             .l i         l     l
             l .l        l     l
             l l       . l     l
             l l       . l    l
             l .l       、   .ヽ
             ヽ .l       ヽ   ヽ
              ヾ、__  ___ヽ_, ')
               l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
               l   l   l  l   l



―――――――――――――――――――――――――
  それで、小さく呟いた彼が立ち去ろうとした瞬間だった。
―――――――――――――――――――――――――











439 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:01:02 ID:bGJX8R/H
一126.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  室内の気配が尖ったと思ったら入り口に詰め寄って、乱暴に扉が開かれ、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



   \       \ \     | ,,,--''''' ̄ | // _,,,,--┐   | /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l \┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、  .ィ-ァ| | 「 ̄'   |
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | | |    |
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~.     |  | | |_,,,,--|--''''
====┐ .||/. | | |l.      | | |               |  | | |    |
    ||  ||/ .| | '!      .| | |               |  | | |    |
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
――||―||  | |         | | |               |'.―|‐.| |-,,,,,__ |_,,,,
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |--'''' ̄|'''''--
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |‐-,_____|
    ||  ロ(()==|         | | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /.   | | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..|..\... ___|,,,,,,,,,,

440 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:02:02 ID:bGJX8R/H
一127.
――――――――――――――――――――――――――――――
  顔を覗かせたのはレイピアを構えたエルだ。

  油断無く両側を確認して廊下にいるのがやらない夫のみだと知り、
  なんだ、と拍子抜けした様子。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                   , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
                                 _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                                _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                              ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
                                 ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
                                〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
         「君、でしたか。              ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
         ティターンズかと思いましたよ」       i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
                                    l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
                            .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
                                    " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
                                       '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
                            .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                          !'i   j       ~ヽ
                                          リ 、 /  ―ー '''"""f,
                                          / _冫'''~            ',
                                        / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
                                       l!~    /         ヽ. !
                                       ソ.    /   ン      、 ', l
                                       /    /   /          ', ', 'i
                                      /    '   /            i. ', l



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm
  |     ` ⌒´ノr川 |  「悪い、脅かしたか?」
.  |         },.!  ノ
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

441 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:03:02 ID:bGJX8R/H
一128.
―――――――――――――――――――――――
  と、そこに居たのがやらない夫と知ったキル夫が
  中から低い声を投げかけてくる。
―――――――――――――――――――――――



         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\        「エル、簡単に信用するな。
    ヽ   L \ェェェェェ/  |        そいつがティターンズの一味じゃないと言う保証が何処にある?
     ゝ  ノ         /
   /   /         \         前の事だってここに雇われる為の芝居かも知れないぞ」
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



                                               /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                                              /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
                                             //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
                     「それはあり得ませんね、         /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                      あの時点で錫杖は完全に       iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
                      敵の手に落ちていました。         リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
                                                ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
                      わざわざ取り戻してまで           リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
                      ここに取り入る理由がありません」    !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
                                                 i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                                                  リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                                                   `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                                       ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                                         ヽ'  /     i         ',



――――――――――――――――――――――――――
  これには五人目となった彼を信用してではなく、
  論理的に変です、と室内に視線を戻したエルが反論し、
――――――――――――――――――――――――――

442 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:04:02 ID:bGJX8R/H
一129.
―――――――――――――――――――――――――
  それ以上この意見を押し通せなくなったキル夫は、
  不機嫌そうに鼻を鳴らしただけだった。
―――――――――――――――――――――――――



       ____
     /      \
   /         \
  /.  (●) (●)  \     「はん、どうだかな?」
  |   ハェェェェェハ   |
.  \  |_ェェェェェェェェ_|  /



IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII



                                                   / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                                               (__人__)     |
                                  「邪魔したな」      (`⌒ ´     |
                                           .     {           |
                                                {        ノ
                                                 ヽ     ノ
                                                 ノ     ヽ
                                                  /      |



―――――――――――――――――――――――――――
  気まずそうに室内と自分とを見比べるエルにそう言い残し、
  足早にその場を離れるやらない夫の耳に―――
―――――――――――――――――――――――――――

443 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:05:18 ID:bGJX8R/H
一130.


┏─────────────────────┓
│ 大方、隙あらば別のものまで盗もうと         │
│ 目を光らせているのさ。               .│
│                              ..│
│ 人畜無害な面をしちゃ居るが、            │
│ その仮面の下に何が潜んでるんだろうな?   ..│
┗─────────────────────┛
                          \.      |.              ┏────────────────┓
________   ________.    | ̄ ̄| |.              │ そんな言い方は無いでしょう。    .│
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄| .│ 見回ってくれているのかも     ......│
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    | .│ 知れないじゃないですか。     ......│
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    | .┗────────────────┛
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /           / ̄ ̄\
|    ./ '       /            /   ノ  ヽ \
|   /        /             |  ( ●) (●)|
|,/        /                  |    (__人__) |   (キル夫には嫌われてるみたいだな………
        /                 |     ` ⌒´ |    何でだろ?)
      /                      |       |
    /                     ヽ      /
.  /                      _,,ゝ    (,_
./                    /´  `ー-一´`ヽ
                      /  、      , |
                     /   ノ        |  l
                     (  y'l       l_ |
                     ヽ ヽ.        |' }
                      \ソ`ー─‐一ヾ/
                        |    ij  ノ
                         |   |.   |
                        |    |   l
                          i'  ,}  ,ノ
                         l   | /
                         |,_、|,/  カツン カツン カツン………
                          (゙  ))



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  更に届いてくる言い合いは、廊下を進むにつれて遠くなった。

  階段を上がってから、珍しくやれやれとため息を吐いたやらない夫にはまだ、
  彼らの気持ちは分からない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

444 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:06:02 ID:bGJX8R/H
一131.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  思えば十一歳の頃、町で父親を待っている際に首を突っ込んだ
  シアード大陸南東の島―――ファスト=フー島―――の二国、
  マクダーナル王国とサンダース王国の諍いの事件の他には―――

  殆ど他の冒険者と協力して仕事を受けたことが無い彼にとって、
  今回の仕事は初めての事が多すぎる。
―――――――――――――――――――――――――――――――



          ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
      ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
   iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
   ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
  t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ       (良いか息子よ。
  、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ        父はお前にありとあらゆる技術、学問、
  i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'        知識を植え付けることは出来る。
  't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
  ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ        されど『人の心』―――
   'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i        相手が何を想い、お前が何を感じるのかだけは、
   t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|        お前が自分で一つ一つ知っていかなければならぬのだ)
    '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i
    t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '
     ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'
      i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"
  ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
:::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
:::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::
:::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
             ○
             о
               。
                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l    「親父もこればっかりは
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l     教えてくれなかったしなぁ………」
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今までの経験や父親からの教育により、
  単独で事に当たる場合や人の上に立つ場合はどうすれば良いか知っていても、
  冒険者として対等な立場でのやり取りというのは殆ど皆無に近しいのだ。

  少し前にいた三神国やローゼン王国では重要人物の後ろ盾や、
  元冒険者という異分子たる肩書き、緊急の事態も相まって自由に動くことが出来たが、
  ここでの自分はただの雇われ冒険者でしかない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


445 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:07:02 ID:bGJX8R/H
一132.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  まだ彼は、自分の活かし方を知らない。
  周りも、彼の活かし方を知らない。

  長い間続いた父と二人きりの生活。
  それからは殆ど単独で、戦いと鍛錬のみを繰り返してきた彼にとって、
  雪華綺晶との出逢いは全ての意味で転換点となった―――

  そう言っても言い過ぎでは無いのではないか。
――――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)       (雪華綺晶の事も頭から離れないし………
           |,      ` ⌒´ノ        時々胸が苦しいのはなんかの病気か?)
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



―――――――――――――――――――――――――――――
  事実、彼はこの辺りから少し変わっていった様に見受けられた。

  まるでその無垢な心に掛けられていた加護と封印が消え、
  これから産まれ育っていくかの様に。
―――――――――――――――――――――――――――――

446 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:08:02 ID:bGJX8R/H
一133.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  類い希なる力と才能は未だ限界を知らず。
  内に秘めた理想と想いは父の願い通り、真っ直ぐ貴く育ちつつある。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く    (神殿か治療師に相談に行こうかな?)
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  されど、人として―――人界で生きるには未だいくつかの欠片が不足している、
  どこか浮世離れしたこの希代の英雄候補が―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


447 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:09:02 ID:bGJX8R/H
一134.
―――――――――――――――――――――――――
  しっかりと地に足を着いて立つ為の鍵。
  英雄として開眼し、その宿命に目覚めるための使者。
―――――――――――――――――――――――――



               ___      ______     ))
         _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l| ,」li⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .       / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((   _ ._     イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  ` ´   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \
    / / ィ )(⌒ヽ/ ゝ ゝぅ   ゝ-、 ,、__」 {    r¬ ) ) ',  ヽ
. / / // //⌒){__厂)⌒ . . . . . . 弋__八ヽ、___) {_ .イ  i i|
  /   '/./    ゝ_r‐-、 ' . .. . .. .. .'. . ..   >ー ニ、ー- 、| lハ
' /   / /          .'   ' r‐、. : '   ' (      ヽ } } ヽ丶 '、
/    / ′        ィ⌒:  :'  「|/  : :   : ⌒)     } ' ハ ヽヽ.\
    / !       く   :' .: . . .`' . '  :   :. f´    / .イ i  i }  \
   {    ヽ/⌒ヽ / ヽ  '  '        '   '   / / / /  !   l ノ   ヽヽ
  ∧   〈     / _ノ--、' . .'.. .. .. . '. . '  K_  { { 〈  /  / 、  i|
  / ト、  ∨   l   / } ヽ --、        / ̄{ ヽ. ニニ=≠ー  ', ||
 '  ノ ヽ   l   /l /  // }  -、Y , ‐ァ  /   ∧   ∨ /{   i }  l!
 /   ∧  l   {|'  //  //  /_レ /  ∧ ,/ ∧   ∨ ハ   / ' / l l
'    / }   |/ ハiト、_ '/  /イ  /   /   {__! ' / ∧   ∨ } イ  | / l l
    /  ノ  人 ハゝ-ゝ .イ′/!辷'´ \    ヽ {  ∧   ∨ / !  l/  l  l
.   /  / / '/\ \\`フ´ 八 `´ ̄) )ヽノ ヽ ∧    ∨ / ./   l  l
  /  / /   /  /`ー‐>、丶 /⌒)     ̄  \ ∨ }    ∨ /   l   ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それが特異な能力を持っていた、雪華綺晶=セラフ―――彼女だったのではないかと。

  誠に勝手ながら、そう謳い手は類推せざるを得なかった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

450 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:10:02 ID:bGJX8R/H
一135.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――
  朝食の後。
  廊下の窓から、公務に向かうベッケナー公の乗る馬車を
  見送っていたやらない夫の肩を誰かがそっと叩いた。
―――――――――――――――――――――――――――



                                             / ̄ ̄\
                                           /   _ノ  \
                                           |    ( ●)(●
                                  .         |      (__人__)
            (領主の証………錫杖………               |,      ` ⌒´ノ
             盗賊団………                       │         }
             目的は何だ………                     ヽ、      ソ
             力押しでは来ないのか………              イ斗┴r┐` .;
             昼間は本当に大丈夫か………)      / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
                                     /     \ ∨\  |,ベ._ / |
                                     {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
                                     |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
                                     :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
                                      ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
                                      `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
                                       }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
                                        }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
                                         〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
                                       {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



                        _
                      /-/,-、
                    /  / ーイ
                  ,イ  /  /
                      /.l . /  ./         ┏──────────────────────────┓
                  ,イ .l  |.   l          │ 大丈夫よ、町の衛兵達が護衛してくれるわ。           .│
               l .|.| |  l    ,ィ=、    .│ 四六時中冒険者頼りだと沽券に関わるだろうし―――   ....│
                l .lリ .ノ  ',   /`-イ     ┗──────────────────────────┛
                l         i   / . l
               |        `シ   /
                   ',              /
                   ,            /    ポン
                   i、        /
                   /       /
                /      ./
              ./      /´
            ./        ./
             /       ./
           /       ./

451 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:11:02 ID:bGJX8R/H
一136.



  ,イ冖!/てヾVYjヽ_, l、 ,  ',斗七  '.,ヽ 人,,リ
 从r'弋心ノ',イj从i   l....ヽ/ '; :::\  l ::/イ
.<  ゝ._`フノノハ、 .i  l::::''ゞ从_i⊥、;\j .i          「昼間は任せましょう?」
  弋 _、.>√勿/ヽi. ハ   V{ィrャミ <  丶_
  )) /´  `.i`...'.,::、 '、 ハ  `.辻,ィ'}      ̄|
    l    :::   ::',::\ iヽ   |下乙     /
    l    ::     ;;; ::ヽ| ゞ         /
    ,'  ..::    ,:'::, :::|           (
    ,'   ::    .::  ::: ::|`(  Y ヽ、     /
   ,'  .::  .:: .::..  ::: :| ,ゝ‐イ .ノゝ___,,ノ
  ,'  .:::  ..::: .:::  ::: :::!" `丶、s ̄`)
  ,' .:::/  ::: .::    :: ::/   l  .l ヽ ̄)
 ,' ::; '  .:: :::    ノ,/ ヽ、 ヽ / /、ゝ
.  / ..::: :::   // `丶、`  '彡,廴`;;;;;
  ..,,,_::,,__.:,,,,::://‐-、__   `丶 .ヽ /∧/|
 Y        ̄ -  ,,,, ` ‐ - 、 .Y..∧/|
               `ヽ     ヽ|∧//|



                                                  / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                                               (__人__)     |
                                    「そうだな………」     (          |
                                           .    {          |
                                               ⊂ ヽ∩     く
                                                | '、_ \ /  )
                                                |  |_\  “ ./
                                                ヽ、 __\_/


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  役目では無い以上、自分の手の届かない場所の事を懸念しても仕方が無い。

  顎に手をやったやらない夫は信じてやらなければ騎士団に失礼だな、と
  気持ちを切り替え、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

452 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:12:02 ID:bGJX8R/H
一137.



  / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
    /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
    //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
    ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
  /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
_/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|     「ところで、時間があるなら少し話そうよ。
 /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !     私、自分の他に魔法騎士ってあんまり見たことなくて、
         / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |     他人がどんなのか興味あるんだ」
       /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
      /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
   , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
 /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
__ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
   ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
    /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \



―――――――――――――――――――――――――
  違和感の事も含め、彼の事をもっと知りたくなっていた
  雪華綺晶の申し出に快く頷いた。
―――――――――――――――――――――――――



                                  / ̄ ̄\
                                /  ⌒ .⌒\
                                     |   (●)(●)|              /勹
                                     |   (_人_)│         /ヾ/
                                    |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                                |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
  「良いよ。                            .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
   談話室に行こうか」                  / lヽ     /    /`弋ll
                           _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
                      ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
                      /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
                     l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
                     ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
                     〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
                     !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
              .      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
              .       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
                   /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
              .     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
                    ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
                   ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、


453 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:13:02 ID:bGJX8R/H
一138.
┏──────────────────────┓

  確かに俺も、他に魔法騎士って滅多に見ないな。
  親父ぐらいか?

┗──────────────────────┛

                                       ┏────────────────────┓
                                       
                                         へえっ?
                                         二世代続けて魔力持ちなんて聞かないよ?
                                       
                                         すっごい珍しいね。
                                       
                                       ┗────────────────────┛



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:   ガチャ…
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


454 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:14:01 ID:bGJX8R/H
一139.
――――――――――――――――――――――――――
  肩を並べて談話室に向かい、扉を開けると先客がいた。
――――――――――――――――――――――――――



                                    ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                              .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                              .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
            「――――なんですね」          ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
                                     li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
                                       ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
                                       ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
                                          ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                            ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                              l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                            ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                                      ヽ ヽソ



          / '´  `ヽ
         //
          !i     /:ヽ-.‐: : :ニ二=‐
        ゙、 ,. : ':": : : : : : 、: :、 _ .`.ヽ、
          ゝ゛: : : : : : : : . .:i、:ヽ: :`ヾ、_:.\
       , ':i: : /: : : : :ト、: i: : :.i x-゙i: : : :.ヽ ``
       /: :.!:/ . .,.-|:.| ∨!: : :l ヾ:i,: :ヾ:. `、
.       i  }l. : : /: i'| |  !|、: | _,,⊥!: : i;::: :`、
        !. : :l: : : : : :! |:|,,.、l|ヾ:| 彳ハ`ト、:.|`ヾ:.i
       l: : !: ;l: : : :!ッi"、ハ   リ  、_j! l ヾ!  ヾ
         V:|:/:.!: : :!ヘ' 、__j!    `゛ ・|i    「………この町にも目撃談は無し、か」
       ヾ": : !: :,! i `''"   。  /:|
          i: : !: l ハハ.___,./)|:: : |
        |: :!: : {: : :ヾ;| r く,/ ム:.!: : |
        j:/: : :∧: : : :\ヽ_ {.:ト: :.!
         l/: : /==`ー、: <!三ミミヾj Υ
        /: : : |====≧シl二`ヾミミ}|
         /: : : : !、     |   `ヾミ! !、
.       /: : : : : :}ヽ     |     ノ`ヽ`、
       !: /: : : :.∧」:、         /   ,l
      l: /: : : : ;': /.ハ \    ,/   /
.     l.:,!: i : : :i!:.(  \_〕ト、_ノl_,.ィ'「
     l:.!|: :!: : :.!|: ;>、    |`ァ''^ヽ |く
     |:l l: l: : : l/ / `ーr-l∠ィ"^ヾ、ヽ

455 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:15:02 ID:bGJX8R/H
一140.
―――――――――――――――――――――――――
  珍しく口を開いて話していたらしいコナタと
  穏やかだった表情を一変させたエルは会話を止めて、
―――――――――――――――――――――――――



                               /,.. .:-ニ''"__ _
                           〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
                           (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
                          ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
                          /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
                        /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
                          ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
                        ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
  「………おや」            _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
                    ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
                    ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
                 _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
              _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
            ‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
            ´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
              ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
                >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
               _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
            ‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
                 〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
                 ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >



                 ,. ‐,ニニ丶、
            //´   `ヾ:
            j.:/
            {:{          _,.,
             ,. -:`: :": ̄:゙゙: :'':‐- :'": :|
         /: : /: : : : : : : : : : : ; : : : :「 ̄二: :_‐.、
       , ': : : :/:./: : : : :,: : :.ィ::!: : : : j: : : :`ヽ、``丶、
        ,': : : :./, ':::; : : : :./: :, ':|::!: : : : ;{: : . . 、 ` 、
       i: : .:: :,!':::::/: : : ;/: ; '::::::!l: : ; : :ハ: : : : :、: : .ヽ
        !: : :::/::::::/: : :7フア'‐::::::l!: /: :.,'_;;;j: l: : : ヾ::、: :゙:
      .|: ; /::::::;,': : :/_l/___::::::j.:/ : /::::::::i:.|: : :i: l`ヾ: :l
.      ,!',/:;:イ,': :./!{T示干':::::;!/: :/ィ夫ォキ|: : :l: :!  ヾ}
      /イj/:/_|:!: /::|::.!_ l|::::/イ:./::l_ l | lハ{: : :{: :|    「……………」
     / !: :゙ ' ||;/::l:|:::ヽ-' .::::::::::!/:::::iー' :::!:l'|: : ハ:|
       .!: :: ゙l'||:::: i:|::  ̄    '′  ̄ ・l::l !: ,' ゙:,!
       j: : : l::l :::: :i:ト,、      ,,  _,..ィ:.|. |/
      /: : :/::;l ::: : iヘ. ` 7 、-‐ァ:'/|:l::::: :|
     /: : ;!く . l: :: : :i.゙:、 い`ヾ、/ |:|:: : :|
     /: :./\\.!; ; ; ;.i ゙:、-┤ || ト.||: : :.|
     /: :.{'^ヽ ヽ.ヾ: : : :l ゙:、 |  || |ハ|: : :.|



―――――――――――――――――――――――――――
  戸口に立つ二人に何か用か、と無言の圧力を放ってくる。
―――――――――――――――――――――――――――

456 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:16:03 ID:bGJX8R/H
一141.



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |     「おっと、使用中だったか。
            |   ` ⌒´  |      別の部屋に行こう、雪華綺晶」
          .  |         }
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/     「………いえ、気にしないで良いですよ、
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'      別に重要な話をしていた訳でもないですし。
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ         幸いキル夫も居ません、
         /\          /ヽ- '             お互いの事をもっと話し合いましょう」
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |

457 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:17:02 ID:bGJX8R/H
一142.
―――――――――――――――――――――――――――――
  コナタは何も言わなかったが、エルを肯定するように頷くので、
―――――――――――――――――――――――――――――



                                           ,,===、、
                                           //    ヾ、
                                              l:|      ヾ.
                                           __!__/:ヽ、___l|_
                                   ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
                                   /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                                   /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
                                  /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
                                ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
                               / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
                       「……………」        /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l  
                                   l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x
                                    V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N
                                      `  N: :ゝ、_   _    .ノ : : N : : l
                                  コクリ  .│: : :|  ≧ t - <: : /: : :ハ: : :l
                                         .l : : :|./ |,─ 、./ //: : : l: l: : :l
                                        .| : : :|   |ィ ヽ/ // : : :/彡l、: l
                                          |: : : |  .| ⌒/ //: : : /〃彡l l
                                         |: : : |  .| / // l l /,´/  |l



    `ミレ_____/三ニ   -    ヾ ミヽ___
   _ _ >//K/f´               \ `ー`ヽ
   `゛=っノノ                   ヽ  `| |
    / >/        /    ;  ;      |ヘ  | |
   i´   /  ,     ,  / /   |  |  ;     | |  | |
   |   /| ; |     / / /  ; __ノ=+- 、|  ;   | |  | |
   | ; | || | ;___ . | | /i  / //_/__ ノ`ハ |  | | | |
   | |  | ヘi  ||`iレミヘiハli // //,=テ=ミノl ノ ノi l  | |    「そう?
   | |  i ミ  |ト i ilト哀ノ>イ´ ´f::::::ハ jメノハノ//i i  l l     じゃあ遠慮無く」
   ;| |   | ヽlヾミfニ及彡ノ ,  弋:.:ソノ /y/イ l    |
   | ハ   ヾ  ト゛´-Z/        ノ l  i  ヽ   |
   |ノ i   |  | `>`)  ー -   /;;;ill  | | ヘ   |
   |  |l   |  | //ト=i-= 、_ _ イミノil l |  | |     |
   |  ||  |  |ソノ/ノつ= ≧≦三ハ_ム  ilY      |
   /i  . l  | | |-ミ彡ー-゜/ii iiヽ`、ミrル  ) li      |
  / li  l i  l ノ/   `/oフ> `´<l oヽ  ノ  il     |
 /  i il   //  ヽ -ノo/< <> >ioヘノ/       /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やや微妙な雰囲気ながらもエルの隣にやらない夫、コナタの隣に雪華綺晶が座って
  沈黙が五秒。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

458 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:18:02 ID:bGJX8R/H
一143.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  テーブルの上のポットから、自分のカップにだけ紅茶を注いだエルが最初に口を開いた。
  隣のやらない夫には、視線を向けないままで。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、       「ちょうど私達も知りたかったんですよ。
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.     新しく関係者になった、
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i     やらない夫君の事をね」
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i



                                                   / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                        「俺の事はやらない夫で良い。     (__人__)     |
                                                (`⌒ ´     |
                         知りたい事とは?」       .     {           |
                                                {        ノ
                                                 ヽ     ノ
                                                 ノ     ヽ
                                                  /      |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  仲間や協力者とは言わない彼が、まだ自分を信用していない事を暗に告げるので
  何が知りたいんだと尋ねると、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

459 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:19:02 ID:bGJX8R/H
一144.
――――――――――――――――――――――――――――――
  そこでやっとやらない夫を見たエルは、
  思いっきり顔を近づけて至近距離から彼の瞳を覗き込んだ。

  それは嘘を言っても見抜く、そう言わんばかりの真剣な眼差しだ。
――――――――――――――――――――――――――――――



                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、         「………ではやらない夫、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、          君の職業は何ですか?
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.          夕べは魔法使いと聞いていたのですが」
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /



                                                  / ̄ ̄\
                                             rヽ  / ノ  \ \
                                             i !  |  (●)(●) |
               「魔法騎士だ。                     r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
                今のところ剣が本職だけどな」         〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
                                         l` ( ``/ .  |        }
                                         ヽ   l  .  ヽ       }
                                          |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  もう、自分の持つ能力を隠そうとはせず、きちんと理力魔法も修行して
  それを名乗る覚悟を持ったやらない夫が答えると―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――

460 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:20:09 ID:bGJX8R/H
一145.
―――――――――――――――――――――――――――――
  何故か壮絶な、そして冷徹な表情のコナタがちっと舌を鳴らす。
―――――――――――――――――――――――――――――



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V  チッ
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



                         , -┐_rュ     ,-v- 、 _, -z__,
                         _ / ,ィ´ ..斗-z―r-l f:! __r'_ィ7、 __ト、
                        {!」_/ / _ ノ  、_ヾ=' l !`ヽi__ノ } ヽ
                     ,ィレi  ´ /   、_  ̄ ヽ:!_ー<-'´ヽ i!
                        (/ レ′ ,     i    ヽ ̄、_ノ´i`iLィ´  l
                      /  〃    |     l  ヽ r' (」_    |
                         ′ /    , = 、_ノ  |  }  「`iノ    !
 (また―――!)             l i l _{_>-、{{ ! -――!‐i !  l ´   |
                        Lハ,イ_r'_ヘ.! 'r'└'ィチ孑z ル'l  l      l
                      {iY ゞ'_ノ_ノ   辷シ /  l  l     |
                        7ト仟'´ '       ;  r'  、      ト、
                      /  iT>、  ^   ,. イ  l:    i      l ヽ
                        /   く  t>-r__7-l l   !、   l     ヽ
                          /  /`:、_) ヽ (_   〈ヽ._ 、j   !
                    / __,ゝヘ  _ノ 「 、 r< :! ノ、 }  ′ ;'
                    / く‐-L.. _ 7 !>ニ<`l 厂__ ; / ,イ
      .           /  , --'_ ート rヽ」>ニ<ノ_」'´ ( ル′ / l
             _ . ´ r‐' ィ- { z'Y´ト、ヽ.辷'⌒Lz'´ _r‐y┴z,  {  、   :、
        ―- '´    , ヘム 、ノヽr'__}_},ィ ヽ.厂`Yヾ. /r'⌒Y_ーュ  ヽ  ヽ
                  レ ´  ! } _.「 rくiL../´フv'´f'ヽ Yi/ ,r' ノ `Yヾ!  〉  \
               /    レ´!ノ_ノfレハi L.L、ト、v'_j`ヽ._リイK`Vリハ {
        ,      〈    ' ハ _.ノ L.ム-v !l ヽト、`Y ! レ'_r‐ ' r )ヽ `ヽ.
               ∧r- 、  〈 !r-「(_  >リ ` ̄`ヽ=≧、>、__rに`!_.ノ    \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分が魔法騎士だと名乗った時や、夕べやらない夫が―――勘違いだったのだが―――
  魔法使いだと告げた時も同じだったと記憶している雪華綺晶は、
  一体何が不満なのかと彼女を見るが、
  感情の起伏がかなり薄いその目からは何も読み取れない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

462 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:21:02 ID:bGJX8R/H
一146.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一方エルも、全く凄いとは思っていないのがありありと分かる棒読みで驚いたフリをし、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/      「へぇ~、凄いですね~。
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/          雪華綺晶もそうですし、
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ           以降ティターンズが手を出してきても
         /\          /ヽ- '               簡単に事は運ばないでしょうね」
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
              「大体、そのティターンズとやらは              (●)(● )   |
              何のために領主の証を盗んでいるんだ?         (__人__)     |
                                                (          |
              町で聞いた話では、                  .    {          |
              すでに他の町の証も被害に遭っているようだが」     ⊂ ヽ∩     く
                                                 | '、_ \ /  )
              (………この反応はなんだ?)                    |  |_\  “ ./
                                                 ヽ、 __\_/



――――――――――――――――――――――――――――――――
  これにはやらない夫も違和感を感じてその原因を考えてみるが、
  もちろん分かるはずもない。

  取りあえずは、自分が思っていた疑問の方に話題を誘導すると、
――――――――――――――――――――――――――――――――

463 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:22:02 ID:bGJX8R/H
一147.
――――――――――――――――――――――――――――
  君の意見が聞きたいな、と雪華綺晶とエルがそれに乗った。
――――――――――――――――――――――――――――



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ    「まだ、分からないの。
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―‐ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i     奴らが活動を活発にしたのは一月ぐらい前からで、
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zブ ,  i   i!  │     それまでは何処にでもあるような
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ'     ' 冖` /  |   |   !     盗賊団だったんだけど―――」
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '      /,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{  ゝ.   ´=`    イ /   リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ  j⌒}r、  -  <iム,'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \  ⌒)__r- '^Y´ 7 ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.)     ))   ム  i ヽ      `ヽ、  .!



                                      /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                   /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                     /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                   ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
  「突如として規模を拡大し始め、              /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
   組織的で計画的な行動を始めました。        /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
                                      i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
   やらない夫はこれをどう思いますか?」          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
                                    'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
                                        ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                      ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                           リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                               ``ヽ、 //  〃         ヽ

464 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:23:02 ID:bGJX8R/H
一148.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  いつもの考える体勢。
  目を閉じて腕を組み、しばし頭の中で情報をかき混ぜてからの推測。
―――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー            「………統率力のある人物の台頭、
.         |      (__人__)           そして規模を拡大出来るだけの美味い話………
           |,      ` ⌒´ノ           あるいは、出資者の目的。
          │         }
           ヽ、      ソ            ―――それは領主の証に繋がっている」
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



                                             ,イ∠.-7_
                                              i::::::::::::::::::::ミー
                                            r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                           n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     「同意見です。                           r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
                                             {__. i レ/ 丶        ヽ
     ただし、国王から与えられる領主の証が             ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
     美味い話とどう結びつくのかが分かりません。            〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
                                           ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
     ベッケナー公も、特に詳しい話を                    λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
     ご存じな訳でもありませんでした」                  | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                           ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                             \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                             '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
                                               \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
                                                 〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  考えた時間は短かったが自分達が得た答えと同じだったので、
  適切な推理です、と親指を立てたエルは持っている情報をやっと出し始め―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:24:02 ID:bGJX8R/H
一149.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  どうやら同じテーブルに着くことが出来たようだ、とやらない夫は内心息を吐いた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)         「エゥーゴは大地の女神信仰が盛んで、
  |     (__人__)          聖遺物だか宝具だかに関する噂も多く残っていると聞いたが、
   |     `⌒´ノ          領主の証が関係している可能性は?」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃         (でもこの世界に残された、大地の女神の聖遺物の噂話に
   ヽ、l    ´ヽ〉           錫杖なんてあったかな?)
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                                           ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                          i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                        i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                           !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
  「それが問題です。                 .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                           i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
  やらない夫の言うとおり、                         !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
  この国には大地の女神に関する話が多い。                  /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
                                           '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
  しかし諸説紛々、噂話から真しやかな伝説まで                `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
  無数にありまして―――」             .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                                ヽ、、      /::::    : //
                                                    i    ., '""'-、,,__.._ //
                                                   ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                           |.  ヾ、:/



―――――――――――――――――――――――
  真実は国王ぐらいしか知らないかもしれませんと
  手詰まりである事を答えられ―――
―――――――――――――――――――――――


5 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:25:03 ID:bGJX8R/H
一150.



    `ミレ_____/三ニ   -    ヾ ミヽ___
   _ _ >//K/f´               \ `ー`ヽ
   `゛=っノノ                   ヽ  `| |
    / >/        /    ;  ;      |ヘ  | |
   i´   /  ,     ,  / /   |  |  ;     | |  | |
   |   /| ; |     / / /  ; __ノ=+- 、|  ;   | |  | |
   | ; | || | ;___ . | | /i  / //_/__ ノ`ハ |  | | | |     「そもそも聖遺物であれば、
   | |  | ヘi  ||`iレミヘiハli // //,=テ=ミノl ノ ノi l  | |     徳の高い契約者しか触ることも出来ないはずだし、
   | |  i ミ  |ト i ilト哀ノ>イ´ ´f::::::ハ jメノハノ//i i  l l     宝具だったらわざわざ領主に渡さないで
   ;| |   | ヽlヾミfニ及彡ノ ,  弋:.:ソノ /y/イ l    |      王城の宝物庫で厳重に保管しているんじゃないかな」
   | ハ   ヾ  ト゛´-Z/        ノ l  i  ヽ   |
   |ノ i   |  | `>`)  ー -   /;;;ill  | | ヘ   |
   |  |l   |  | //ト=i-= 、_ _ イミノil l |  | |     |
   |  ||  |  |ソノ/ノつ= ≧≦三ハ_ム  ilY      |
   /i  . l  | | |-ミ彡ー-゜/ii iiヽ`、ミrル  ) li      |
  / li  l i  l ノ/   `/oフ> `´<l oヽ  ノ  il     |
 /  i il   //  ヽ -ノo/< <> >ioヘノ/       /



                                           / ̄ ̄\
                                          / ヽ、_   \
                                        . ( (● )    |
                                          . (人__)      |
                         「なるほど」          r-ヽ         |
                                        (三) |        |
   (………リフが言っていた話とは無関係?            > ノ       /
    いや、市井の噂話を都合良く解釈しただけか?)      /  / ヽ     /
                                      /  / へ>    <
                                      |___ヽ  \/  )
                                          |\   /|
                                          |  \_/ |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶の補足になるほど、と腕を組む。

  神々の所有物が大地に残された聖遺物と異なり、宝具と言っても様々だ。
  人間が勝手に言い出した物もあれば、神が何らかの啓示をして宝具となる場合もある。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

6 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:26:06 ID:bGJX8R/H
一151.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし、状況に違和感を禁じ得ない。
  ティターンズの起こしている事は大きいのに、それに釣り合う理由が見つからないせいだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l           (確証のない噂話を餌に
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l            盗賊団を拡大、組織だった活動をするなんてあり得るのか?
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /            あるいは伝承や書物を調べて、
       l   // 、ゝ       / ヽ_          国王ぐらいしか知らないはずの真実に行き着いた者が居たら?)
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



――――――――――――――――――――――――――――
  こめかみに手をやって深く考え込んだやらない夫はふと、
  もっと直接的な可能性を思いついてテーブルに腕を下ろし、
――――――――――――――――――――――――――――


7 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:27:02 ID:bGJX8R/H
一152.



             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |    「金銭との引き替え要求は?」
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |            〔ll〕
            ヽ        }             |!l|
          __,, -ヽ     ノ -、              |!l|
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .          .!Kl
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }     .〈wl≦《》≧lw〉
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ       l》 《l  _,,. -‐''"
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }      _,_|,,.-‐''"
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,,. -‐''"
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"




                                          ,ィ''´_二----`' - 、__
                                      /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                                     /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                                    // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                                    {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                                     Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                                     {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
             「今のところ、出てないよ」           __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
                                    i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
                                    }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
                                     'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
                                    i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                                   r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                                   `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                                     ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                                    | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                                    l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                                     i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \


8 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:28:05 ID:bGJX8R/H
一153.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  素早く答えてくれた雪華綺晶にありがとう、と頭を下げると、
  注目を集めるように指を一本立てて、これからの活動指針を決めようとした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



      / ̄ ̄\
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
    .( ●)( ●)  ..| / |  「奪えるだけ奪ってから要求するつもりなのかも知れないが、
    (__人__)     .|./   /   それが行われないとなると証その物の、何らかの価値を狙っての事だろうな。
     i⌒ ´ .r-、  |/  /
     {     ヽ, ',. .,/ :/',     高々盗賊団が国を相手にするには余程の理由があるだろうが、
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',     それが分からないとなると―――」
      .ヽ . |   / , --'i|
      /   {  V , --ヘ
      |   ヽ  L| r= |



                                               /,.. .:-ニ''"__ _
                                           〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
                                           (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
                                          ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
                                          /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
                                        /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
                                          ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
  「専守防衛にならざるを得ません。                 ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
   そのおかげで私達はこうして                  _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
   仕事にありついているわけですけどね」          ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
                                    ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
                                 _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
                              _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
                            ‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
                            ´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
                              ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
                                >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
                               _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
                            ‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
                                 〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
                                 ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >



――――――――――――――――――――――――
  だが、何杯目かも分からないお茶を啜ったエルが
  余計な事は不要のはず、とやんわり否定し―――
――――――――――――――――――――――――

9 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:29:02 ID:bGJX8R/H
一154.
――――――――――――――――――――――――――――
  現状に受動的なままで良い、と暗に言われた彼は
  別の視点から情報を固めようと聞き取りを続ける事にした。

  国王が真に伝説を知る者であり、
  単純に領主の証を奪われる以上の影響があるのであれば、
  何らかの大きな動きがあるはずだと思ったのだ。
――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)     「なるほど。
  |     ` ⌒´ノ      ちなみに、証を奪われた領主はその後?」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



                                 ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                  |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                  /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                    { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                      ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
 「さぁ。                                   |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
  王都にお呼び出しでもされているのでは?」            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                      ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
 (………なるほど。                               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
  国王の動きで重要度が推測出来るはず、ですか。          リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                     __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
  これは盲点でしたね)                       ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                            ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                              | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                            、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



―――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、その情報を調べていなかったエルは内心舌を巻きながらも、
  再度、立ち位置はあくまでここの防衛のみなのだと答える。
―――――――――――――――――――――――――――――――

10 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:30:03 ID:bGJX8R/H
一155.



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    「失職と何らかの処罰ぐらいはありそうだな。
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |     それにしても相手の目的が分からないと何だな、
       / ミ)      /     ひたすら錫杖を守るだけじゃ後手に回るどころか
      ./ ノゝ     /      対策のしようがないぞ」
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |


                                              ,   ,,,.:-‐,,..... -
                                            , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                                             r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                                          r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                                             /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                                            ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                                            /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
                                        /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
 「国王様が何とかするでしょう。                        i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                                          / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
  私達は、それまで錫杖を守っていれば             rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
  大もうけなんですよ」                     / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
                                   |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
                                   /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
                                  〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
                                 /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
                                  /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
                                /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
                          .      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
                               リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
                              /r'  ii"     /               /  l  、   i
                             く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
                              |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
                              !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルが期間が長ければ長いほど良いんですとばかりに断言するのも当然だ、
  それが一般の冒険者として当たり前の考え方であり、
――――――――――――――――――――――――――――――――――

11 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:31:02 ID:bGJX8R/H
一156.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  この場の防衛をより有利にするためと言うより、
  根本原因を突き止めて改善を図ろうとしている様子のやらない夫が逸脱しているのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',      「まあ、そうなんだけど」
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



                                          /,.. .:-ニ''"__ _
                                      〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
                                      (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
                                     ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
                                     /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
                                   /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
                                     ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
                                   ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
 「何か不満でも?                      _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
                               ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
  盗賊団を根絶やしにして               ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
  ご褒美でも狙うつもりでしたか?」       _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
                         _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
                       ‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
                       ´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
                         ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
                           >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ
                          _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
                       ‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ
                            〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、
                            ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  確かに盗賊、山賊、海賊の類は壊滅させて首を挙げれば国から褒美が出る。
  それを狙ってのことか、もしくは勇者様か英雄様のおつもりですか、とエルが皮肉ったので、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

12 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:32:02 ID:bGJX8R/H
一157.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  理解は得られそうにないな、とやらない夫はそこまでにしておいた。
―――――――――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
           (__人__)      |         「いや、何でもない………」
            l` ⌒´    |
           {         |          (そうだ、冒険者は契約した仕事以上の
           {       /           結果を望んではならない。
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_       親父に、そう教わったっけ)
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                              ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                             {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                           /./       辷ニソ
                                          / /   l  l l  l (( \
                                            / / l  l| /i| i| i| | | l \
                            .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
  (―――まただわ。                             /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
                            .             /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
   君が何のために                          /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
   冒険者をしているのかが分からないよ、  .             /  /   / ノ八  _     / /  i!
   やらない夫―――)                        /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                      .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                       i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                     / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                   / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                   i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                   // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                                  /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一方、金に興味を見せない、名声に執着すると言うわけでもなさそうな、
  まるで純粋な人助けを目的としているかのような彼の素振りに
  疑念を膨らませていたのは雪華綺晶だ。

  あるいは戦いを好んでと言うより、自己研鑽の類なのだろうか。
  もしくは遺言か捜し物か。

  ただ、自分自身も他の冒険者とは全く違う理由で冒険者をしていた彼女である。
  だからやらない夫を否定する気もないし、
  むしろ目的を教えてくれれば手伝いたいとさえ思えるが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

13 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:33:02 ID:bGJX8R/H
一158.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  時間はたっぷりあるのだし、ゆっくり進める事にした。
  ひいき目なのかも知れないが、やらない夫はそれで良いと思わせる風格がある。

  おそらく自分以前に彼と出会った人達も、
  同じようにあるがままを受け入れさせられたのだろうなと何となく思った彼女は
  くすっ、と笑うと自分の中の好奇心に、より素直になる事に決めた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



  / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
    /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
    //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
    ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
  /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
_/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|     (まあ―――
 /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |      これから追々教えてもらうよ、やらない夫)
´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
         / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
       /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
      /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
   , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
 /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
__ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
   ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
    /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}  「……………」
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ところでその時のコナタと言えば、
  全く彼らの会話に興味がなさそうに窓の外を眺めていただけだったりする。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

14 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:34:02 ID:bGJX8R/H
一159.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  元々、エルと二人組で冒険者をしていると言う彼女が
  無味乾燥な人物である事はここしばらくで知っていたが、
  もう少し反応が欲しかった事、やらない夫の事をもっと知りたかった事もあって
  雪華綺晶は話題を変えてみた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          _  、  _  __  ,r __
        ,.ィ´yヽノ)'´  `´    `'ゞ、イyヽ.ヽ、
       / 辷_ソ            辷ツ) ヽ
        /l  )) ゞ=-'/  l l  l l  、 (( 、ゝ=-' ヘ
     / l '´ l   l l l l l l l l! l  ヽヽ` 、 ヽ  ヘ
     ,'  /!  l   l l l l l l l l ll 、 ヽ l l! l',   ヘ
    ,'  / l  l _l l!(( l l l l l´l`l' 、 l l l! l.ヘ  ヘ      「話は変わるんだけど。
.     ,'  ,' .',.  l´ ̄/示´`ヽl从!ィョョュ、、l l /lヽl ヽ   ヽ     やらない夫ってすっごい良い装備だね」
.   ,'  ,'   l  l   〉jY リノソ   辷ツ' l! '´  ヽ ヽ  ',
.   l   l  ト、  ! ゝ-、ノ_ノ '    ̄ !l   l   ヽ. ',  ',
    !   ! / ヘ l.  ヘ、(( ー ‐ _ / l l  l    `ヘ  ヘ
    l   l /  ∧ ヽ ヽr‐`z,ィ'ー'´ノ`´〉.l l  l  ヽ    ヽ  ヽ
    l   l'  ./ ヘ ヽ ヽ ヽ /〉ノヽ___`〉、 ヽ、_  ヽ   ヽ
    l  l   / i´ ヽ   ヽ_ノ 〉__/。l、ノ´ ゝ--、-、ヽ ヽ   ヽ
.   /l  l ./ r‐'‐t‐ヽ   ヽ><.l。l r‐/`ー‐十 ヽ ヽ     ヽ
   l l  l / ヽ  /ヽヽ   ヽー'`ー'´ノ  l /`ー-、 ヽ   ̄
   l l  l'  /ノ  `/`/\  \ ヽ〈 ノ     /、  \
   l l  l 〈   ゝ / 、 \  \ ノ /  ´t‐‐'     \



                                / ̄ ̄\
                              /  ノ ヽ、\
                                   |   (●)(●)|
                                   |   (_人_)│
                 「ん?             |     ` ⌒´  |
                  ああ」         |          |
                                  .  ヽ      /
                              / lヽ     /
                         _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=
                    ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
                    /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
                   l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
                   ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
                   〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
                   !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
            .      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
            .       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
                 /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
            .     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
                  ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
                 ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
                {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|

15 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:35:02 ID:bGJX8R/H
一160.



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {         「その剣も魔剣だし、
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ         鎧も魔法の掛かったミスリルでしょ?
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧        グローブとブーツもそれなりの値段みたいだけど………
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \      兜は装備しないの?」
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今朝見た彼の訓練からの疑問を問うと、やはりやらない夫は予想通りの事を答え―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                   / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                                               (__人__)     |
                「ご多分に漏れず情報の遮断が嫌だしな。       (`⌒ ´     |
                魔法金属の兜も今まで見たことないし」           {           |
                                                {        ノ
                                                 ヽ     ノ
                                                 ノ     ヽ
                                                  /      |

16 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:36:03 ID:bGJX8R/H
一161.



、_     _   _
  riヘ,.´        ` :  .
.  {Yシ                  ` 、
7  |))                 `: 、 ((
  / //  ∥               {雪} ̄`i
/ //.  ∥   / //           `))    |
  /〃  ∥.   / //  i          |   |
、/ i  .∥   / ./ i   |    !i  i   i | |
./ l   |!,   / / .l    |    /|  | |!/.  | |
i  l! i  |!  / /  l  ./|   ,' .|  ! !'  i| |
!  l! l  |!.、((ァ7  l  / !|   / |!  l! |  l | !
!  l! !rィト|ヘ`i-|  l /  !|  /  |!. l! l  l .|/
!  lf:て >!\ノ |:  l/   リ.ノ-  |i  l! l  | .|!    「まあ、分かるわ」
  !、マ <iノノニイ     .,ィ==i、|! / /l  |
  | i二ュシ      i bU::7: // / l  |      (じゃあ、ちょうど良いよね)
  ノ               弋_シ ∥イノ  l  |
 \          .::::::::::::::: !   l  l  |
 从.ヘ.    、__..       .イ´!   l  l  l
  !ノ  { `‐-、   _ ... <⌒!   \. l  l  l
! } イ |  fてノ⌒レi⌒!  ) .|:     \!: l  l
! / |┌  ∨ノ    i´(    ノ      ) l  l



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  解決策を提示してあげよう、と後で買い物に行く事にした彼女が頷いた時だった。
  
  理力魔法の魔法原動力である『マナ』と同様に、自然界に満ちる精霊の力を行使する精霊使いが
  本当に面倒くさそうに口を挟んできたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

17 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:37:03 ID:bGJX8R/H
一162.



                                     /:/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                     /::/:::i::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                    /:::/::::i:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                   ./:::/:::::l:::/::::::::::::::::i::ヽ::::::::::::::::::::\::::::::::\::\::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::
                                   |::::i::::::l:::l::i:::::::::::::::::l::人::::::::\:::::::::::\::::::::::\:ヽ:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::
                                   |::::ii:::::i:::::i:::::::::::::::::l:||__ヽ::::::::::ヽ:::::\ヾ:r======ヾ::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::
                                   |::::i i::::l::::::i::::::::::::::::i「:::i ヽ:::ヾ::::\::ヽヾ|:;;;l|  :/ \:::::::::::::ヾ::::::::::::::
                                   |::::l i:::l::::::i:::::li:::::::::::i;::;:il /i\ヽ  \丶ミ=≡彡´  \:::::ヽ::::\:::::::
                                   |:::i l::i::::::i::::l:::::::::::::iミ彡´/  ヽ\  ヽ  ̄      ヾ:::::ヽ:::::::ヽ::
   「精霊も銀以外の                      i::i  l:li::::::l  l;::::::::::i   /        \        i::::i::i:::ヾ::::::::
    通常金属を嫌うから困りますよ。             il  l i:::i  i::::::::i  く                   i::i l:l:::ヾ::::
                                    i   i:::l  l:::::::::ゝ  ヽ `丶              i::i i:l::::::ヽ::
    このブレスト・プレート一つ買うのにも               i::l   i::::::;丶                    i:i i:l::::::l::::::
    どれだけ苦労した事か」                      ll   l::::i::::丶.   . ____            :::i::;:;l;;:::l::
                                        l  /  i::::l:::iヽ.  ゙ヽニニニ=`__       :::::::l/l::::i
                                       /    l:l l:::丶 .::::..---‐‐        ::::/::::::::i:l
                                     /      i:  i::l \           :::::/:::::::::::::::::i
                                   /        i  i:i   ヽ        :::::;/:::::::::::::::::::::::
                                 /             i    ヽ.     .:::/::::::::::::::::::::::::::::
                                  |                   ト、___::/\::::::::::::::::::::::::



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼の言うとおり精霊も多くの金属を嫌うために、精霊使いは装備の材質を選ぶ必要がある。

  ただ、マナの様にベルトの金具にも影響が感じられる程の完全な阻害と言うわけでは無く、
  装備に使われるような高硬度、高耐性の銀合金であれば大丈夫であるのだが―――

  銀合金の装備も通常の鉄、鋼鉄の数倍の値を覚悟する必要があり、
  だからエルが仕事の報酬に執着を見せるのも、非常に冒険者らしいと言えた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

18 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:38:02 ID:bGJX8R/H
一163.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん、装備に関する苦労話なら雪華綺晶だって負けられない。

  銀合金の更に数倍はする、ミスリル銀のスケイル・メイルをそっと撫でた彼女は
  至って良くある、女性特有の苦労もある事を告げて深い深いため息を吐き、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ / ' / / /    !   「男性用は平均的な大きさなら
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  / / / /    l    ある程度幅があるから良いじゃない。
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / / //    |
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / /     |   私なんか、大きさが合う
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |   女性用を探すだけでも大変だったよ?
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |     |
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |       |   やっと見つけたこれを、
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |   お金が貯まるまで売らないでって
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |   頼み込んでさ………」
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ   ヽ
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |    \
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ        \


19 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:39:02 ID:bGJX8R/H
一164.
――――――――――――――――――――――――――――
  紅茶を二口飲んで、唇の滴を指先で拭き取ってから―――
――――――――――――――――――――――――――――



                               .  /  /  i  / i     i   i        iミ>
                                /  イi  il  /  .il  i   il   .il    i  i   lイフ
                               . レ イ ./   i|  i ))il  .il  .il   .il    il  .il  .K/
                               {     i   .i!((.il  ハ  .il  、⊥   il  .il  .i彡
     「やらない夫だって、              ..V    i! i! ,-ミゝ=、i ハ  \ il ` ー Ⅶ .il   lr::
     こんな見事な剣と鎧を手に入れるには    ゝ     i! Vイ≧ェア┐ \ハ ヾ≧= 、_V /  |il
     凄く苦労したでしょう?             ..人    VYK {ヾ=)>ナ   `  イ芯zカアYイ  .il
                               '   ヾ   ⅦゞミK _ /ノi}      ゞ=彡/./  /i
     君は背も大きいんだし………        ゞ   Y   ト、ハ  ̄))/  i       /イ   // i
                               ::... )  \  }  ゝ ((           彡  ./ i l
     あ、それとも古代遺跡とかから        r‐ 、   ≧__(´`ーv / )-、   / ̄{  / ノ 彡
     見つけたの?」                 .)  >'´ (    }  / ,<     イ /i レ'´イ / /
                               i  .(_  ヽ_.∧ /  /_` ニ _´rK /.イ レ ./ /
                                   ヽ   | ./     , -─'´イ  \  \ / 彡
                               _,-=-、_  \ i '      ──ァ ) (⌒)\  \/ ili
                                    , ノ |      ィ> ̄ (_ ) .(_ )   ヽlil
                                    ヽ .ノ      />><<|  |i  \  Ⅶ



―――――――――――――――――――――――――――――――
  とても居心地が悪そうに、彼女らの会話を聞いていたやらない夫に
  同意を求めた。
―――――――――――――――――――――――――――――――



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |    「えっ………」
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



21 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:40:10 ID:bGJX8R/H
一165.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分は全く金に困っていないし、この鎧も見つけてすぐに買った―――
  とはとても言えない雰囲気である事は分かる。
――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)      「ハハハハ」
  |      |r┬|}
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  嘘は言いたくない彼が何とか乾いた笑いで濁すと、うんうんと頷いた雪華綺晶は
  じっと相手のプレート・メイルを見て、改めてその造りに感嘆の吐息を吐き出した。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                         ___ _
                                     _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
                                  ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
                             _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
                           ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
                          '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
                          |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
                          |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
                          |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
 「本当に凄いよ……….              |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ
                          |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ
  竜の紋章も素敵だし、               |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \
  ミスリルも惜しみなく使われてる。..    |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \
                          |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \
  下地は遺失炭素繊維?          '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ
  古代魔法文明の一級品じゃない」   /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
                               ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
                              レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
                             /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
                        '    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
                          i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
                          '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
                         /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |


23 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:41:02 ID:bGJX8R/H
一166.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分は革鎧主体の軽装であるコナタは三人の様子に興味ない、と肩をすくめており、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ---
          _.  ' ´        ` 、
         / /            \
       / //             ` ー-
.      //ィ'   ./ __ _,./  | |
      ,ィ' /   / ´,  ' ^ ′   ,| |
     '´ l′  _/ .__/    /    7ト/.
.      / . ィ'/  「'7女ァr /   / !'| lヽ |
     //,r1' ,.イ ム.  / / / ぇ、リ |  |
.     ´ l.{ |/ | [_/  //   ' ヾ:、  |
       | ヽ|   |     '    ん /|  / |
       | |   |         ヽ、/,r´|/  ,ハ  「……………」
       | |   |\   ´’      /  ,  , ' l/
       | |   | j` ー--‐ャ  ´ / |/
      '. ハ.   |/   / /  , <   !
 ⊂,. ̄`ヽ∨ ∨ | ̄`/   / , /,r⌒.ー、
 /     ゙l   V' |  /   //'´ i´   `ヾ
 }',. , /  |   ヽl. /  /'    !     )



                                     ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                    i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                  i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                     !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                        .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                     i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                    !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
      「やらない夫、                          /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
       剣を見せてくれませんか?」              '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                        `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                        .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                          ヽ、、      /::::    : //
                                              i    ., '""'-、,,__.._ //
                                             ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                     |.  ヾ、:/



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それを見て取ったエルが、やらない夫の横に立てかけてある立派な両手剣に視線を向けた。

  冒険者達は相手を信用できるかどうかを見極めるための一つとして、
  まず、主たる武器を検分する事が多いのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

24 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:42:02 ID:bGJX8R/H
一167.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    「いいよ、ほら」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄




                         ゴトッ
                   ,┐
                 ,ム|
   ,、_______,..、 ,、/ ̄|ZZZニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、ヽ、
  ○|||||||||||||||||||l l l工 ll.◎ | くl=[三= σヘτニy二エ=ツ       乏シ二竺勺√                  ))
    `´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`´  `ヘ,_|ZZZニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ´-''´
               ヾ'"|
                 `┘



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  普通の人が片手で扱うにはやや長い柄と刃渡り。
  それなりの筋力や実力を持った剣士が、片手・両手を自在に切り替えながら扱うはずのそれは、
  背の高いやらない夫にはとても釣り合って見える。

  柄頭と鍔本に埋め込まれた二粒の宝石は魔剣だからだろうか、自ら光を放っており、
  蒼銀に輝く鞘の表には六本爪の存在―――飛翔する龍神と、翼を広げた神竜―――が
  彫り込まれていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

25 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:43:02 ID:bGJX8R/H
一168.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  コの字型に刃を挟むだけの鞘は左右どちらからでも刃を抜く事が可能なようで、
  ひっくり返してみると鞘の裏、つまり背中に当たる部分には不可思議な文字が彫り込まれている。

  芸術品とすら言っても良さそうな外観をうんうん、と見ていたエルは
  いざ剣を抜こうとしてから眉をしかめ、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                        ,
                                       ,r/ ,;-ー_
                                     /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
                                     ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
                                     ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
                                  //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
                            .       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
                                   i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
              「抜けません」           l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
                                 !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
                                   l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
                                  !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
                                .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
                                    i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
                                     _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
                               ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
                               /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
                              l   \      \  '     //          /    i



、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
  l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
.  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
. 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
 f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
 ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
.  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
  \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ     「やらせてやらせて?」
   ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ
   /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
 / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
.   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
 /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
. i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
 i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
 l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
 l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



――――――――――――――――――――――――――――
  私にやらせて、と代わりに雪華綺晶が手を伸ばし―――
――――――――――――――――――――――――――――

26 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:44:02 ID:bGJX8R/H
一169.
――――――――――――――――――――
  鞘を持って、柄に手をかけた瞬間だった。
――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  きゃっ!?   |
乂_______ ノ



                        /) / )
                   ハ  / / /
                  / ノ / / /  ______       パチッ
                 / /ヾ/ ,.'-‐''"´ __,.ノ  {
                 / ´ / / ,. -‐'\    |l|w/L ,r_/
                 /      /     \\{w└ ¨ ´ /
                , '      〈    _,. -‐ 、\´     彡x
              ,. '         ` ̄´  _/ >  ; ’  ∠─
            /          _,.-‐''"´  /      }|
            /          /     /´ヾ,  r、r‐|^`
          /         /          //  }´
         /      __,.- '´           /
        /      /



―――――――――――――――――――――――――――
  手と柄の握り革の合間に白い火花が散り、
  突然の衝撃に驚いた彼女は目を丸くして手を引っ込める。
―――――――――――――――――――――――――――


28 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:45:02 ID:bGJX8R/H
一170.



                           /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                               /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
                         //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
 「おや、静電気ですか。          /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                         iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
  冬で乾燥してますし、          リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
  雪華綺晶は髪が長いですしね。    ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
                          リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
  そう言えばコナタも             !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
  最近よくパチパチ言わせてますね」       i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                               リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                               `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                   ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                     ヽ'  /     i         ',



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルに頷きながらも、静電気でないのは雪華綺晶が一番よく分かっていた。
  痛くもなく、むしろ手で手を払われたような感触だったのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  ,、  _ . --- ‐-  .,_
             ,r' `ー、 ,ハ `ヽ/(⌒       `ミ 、
            l   rァォ7ハフー'    ,        ヽ
            l i   イゞン7ハ!_  /  /         フ、 ̄了
            /   ゞアン'  /   /         ヽヽフ ヽ
             /   // `Y  '   /            ヽ'  i
             ソ   ./.l    )/   / -/-/─ / ,  /`   ヽ   l
        ,/,     i   ̄ /  /  / / / / / /l、   ヾ i  l
       ///    |    i i  ,'r{辷ト、/ / / /リ \ l   i .l l
       (  i    i. l l  l l l  .バY^ド{ // / / /   i  l i .l    「う、うん………」
          l   l  l  l  l. !   ゞ弋ソソ    ,ィfテト、 リ  |l l l
.          ヽ  / i.  l  l  l. !  .| `))        込ン/ 、 .i.  l l l    (違う、これは………
           i /. /  i  i  l    | .((     ,   /,.イ /   i lノ     何かの防衛本能に拒否された?)
           // i  ヽ l  ヽ   l             / ,' /  ./  i゙
        / /i  l   ヽ      |     ´ ̄ イ l/.イヽ  ヽノ
       ./ /  i/ /    l      |  ‐- t‐<  リリ ,ハ  \ ヽ
      / /    / //  l   .从ノ~ヽ~'. /  .// /  ヽ l  l



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 インテリジェンス・ソード
  知性ある剣の類かとも思ったが、意識や思考のようなものは無いように思えたし
  僅かな感触には禍々しいものは全く感じなかった。

  むしろ、やらない夫のような単純な白い感覚に近かったような気がする。

  普通に差し出したやらない夫や、エルが柄を握れた事を考えると
  自分の持っている特異な能力に関係していると考えるのが一番納得できるのだが―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

29 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:46:02 ID:bGJX8R/H
一171.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  悩んでいる姿を見せて、何かと推測されるのも嫌だった雪華綺晶が
  持ち主に抜き方を教えてとお願いしたので、
  柄の根本を握ったやらない夫はそのまま親指を伸ばして鯉口の留め金を外すと、
  少し手首を捻ってから刃を横に抜きだした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     「ここの留め金を外して少し捻りながらこう………
  |     ` ⌒´ノ     横に滑らせるんだ」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


                   ,┐   チャキッ
                 ,ム|
   ,、_______,..、 ,、]―――――――――――――――――――――――――――――――――丶
  ○|||||||||||||||||||l l l工 ll.◎ | く/ ̄|ZZZニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、ヽ、
    `´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`´  `.] | くl=[三= σヘτニy二エ=ツ       乏シ二竺勺√                  ))
               ヾ'" .ヘ,_|ZZZニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ´-''´
                 `┘



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/     「なるほど、背中に背負ってるだけあって
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'      工夫してるんですね」
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  鞘の造りとしては取り回しに全く問題ないだろう。

  狭い場所でも素早く抜刀出来そうな構造に、素直に感心したエルは
  半分まで抜かれた剣を鞘ごと受け取り、改めてその全体を抜き放ち―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


31 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:47:02 ID:bGJX8R/H
一172.
―――――――――――――――――
  剣に、三対の視線が集まった。
―――――――――――――――――



                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_| _i .|_ |  i  │ │  ハ
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j.l | | ,ハ     | │    ヽ       (うっわぁ!
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--.ゝ.ゝ ┏━━┓l‐| ゝ \|  ゝ \      何この剣!?)
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j U    ┃┏┓┃lヽ  \      \ 
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ       ┃┗━┛l│ |  \. \   \
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト .  ヽ.  \ 
 /     , / ' /  ハ) )   U    ′  し . ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_      ヘ    .,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー- 、 `´  ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ



               //
              〃       ,r:、
              ,⊥.-.. ..、 ..,/.::.::|_
           , .::'".::.::.:;.::.::.::.::.::.::.::.::.:l.::.::.::`_`::‐-. .、
          , ' : : : ; :.'.: :: :: :: ,! /::.::.::.l.::.::.::. : :`ヽ ̄``丶
        /  ./ノ.::.::._::_::./.:;{:;!.::.::.|:.:;.::.::.:.ヽ:. . ヽ
.         i..:..:..//::.::.::´::.::/.;7 l'.::.::.:ハ:.:|、::.::.':;.:'、、:.`.、
        l.::.:/イ:.::.::.::.:;∠/∠ ,!:.::.:/ .!个l.::.::.::';:.:、ヾ::.:',
          |::/:/.::.::.:;:ィ「「示芥 /::.::/ _、|ハ:l.::.::.::.';.:i. ヾ:.i.
          /:/.::.:/::|:| ト-イ! /:.:;/ ^}≧ォ!|.::.::.::.:l.:!  ゙'}
       /,ィ;:イ`!.::.::.!! └-'' /, '   /ー/∧::.::.::.::.:!l
        /' l':;.:人.!.::.::.|   /'゛  ' ヾ‐゙/::.j|::.:l!::.::.l!
       l:/::.::::::}.::.::.l     ∠!   j.::.:l !:/ !::.:;l   ポカーン
         !'.::.::::::ハ.::.::l`ト 、   _ .. イ.::.:l l/ |.:/
        ,'.::.:::::/:::::;l.::.:K、 乃「:::|::::::::||.::.:;!   l/
      /.::.:::::ム<. l::.:l \_ゝト、!::::::|l.::.:ハ
      /.::.:::/ニ、ヾミミ.l.::.i. ヽ | \:|'::./:::l
      /::.::::/′ `丶ヾ:!::l.、 `、l   /l::./::::::!
     ,:.:.:::::;'      |`ヾ:トミヾ、| //!∧::::::|
    ,:.:.::::::i      ヽ、 ``ヾミ、!//イ'| l.::.::|
   ,:.:..::::::!         ``>ヾレ <  l::.::|
    !.:..::::::l     |   /  〃j 、 `!|:.:|

32 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:48:02 ID:bGJX8R/H
一173.
―――――――――――――――――――――――――――
  剣聖ダグラス=カイエンの言葉にある。
  
  ―――武器は他人の命を奪い、自分の命を護るものだ。
  だから少なからず持ち手の心が宿り、持ち主の心を映す。
  相手の人となりを知りたければ、まず武器を見ろ―――と。
―――――――――――――――――――――――――――



                            /::::::::::::::/!:::ヽ::::::::::::::::::::::::::!:::::::`ヽ、`ヽ二ニニ==‐‐--、__:_:::::::::::::::`゙‐-、__:::::::::::::
                            /::::::::/:::::|!::::ヾ、::::::::ヽ::::::::::i`゙‐--、_ヽ∠´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙`ヽ、,,_`゙ヽ、ヾ‐、_:::::::::::`゙‐-:
                            '::::イ/:::::::::::i !:ト::ヽ:::::::::::ヽ:::::::::l    //`‐゙ニ=‐ __       `゙ヾ、, ゙!::`゙‐ニ=‐-:::::::::
  「素晴らしい………!             :/::ソ::::::::::::::ハ.l! !:::l!::::::::::ヽ:::::::::ヽ   //    r'´(;;)゙)      /ツ'' |:::::::::::::::::::::::::::
   傷一つ無い刀身、               :::::::::::::::::::/:::ハ ト、:\ヽ:::::ヾ、::::::ヽ. | !    `‐-‐"     /彡" U !::::::::::::ハ:::::::::::
   鏡のような光沢を失わない刃、       ::::::::::::::::/::/___ ヘ ト、::::::ヽ、::::::ヾ::::ヽ::ヽ|           /彡''    |:::::::::::| !:::::::::
                            ::::/:::::::/:(´r‐‐ヾ.ヾト、\::::\::::\:::\ゞ、,,_     __,,. '"彡"     |::::::::::i  |:::::::::
   鍔元と柄頭の宝石も大粒で………!」   /!:::::::::|::::V;}  / |! \ヾ::::ヾ\:\:::\ヾ、ー‐--‐''"彡''        |::::::::|   !::::::::
                            /::::::::::i:::::{;ij/      \::::::ヽ、\:::::'::ヾ、≡=三彡           |::::::::i  |::!::::
                            〃:::::r‐''´          \:::ヽ.  ゙‐-、_ヾ、              |::::::/  |::|!:::
  (全く血の臭いや曇りも無いとは………   |!::|:::::|              ヾ、      ` ̄          i     |:::/    !:|i:::
                            li::|::::::ヽ、                              l !  |:/    |:!|:::
   ―――なるほど、「そう言う人」でしたか) ::::|!:::::|::lヽ、   ー‐-、.                       し'  ,リ    |:i|::::
                            ::::|i::::i::::|  ヽ、    ゙       ヽ.                   |!    |:l|::::
                            ヾ|!::::i:::::l   `!           ヾヽ、_                      |:|l::::
                             ゙i:::::l::::::l、   '              `ヽヽ                     リ::::::



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  剃刀のように鋭利な刃、鏡面のような光沢もそうだが、
  随分使い込まれているにも関わらず血の臭いや染み、曇り一つ無い事にエルは驚愕した。

  それらは魔剣、喩え聖剣であっても持ち主がそう言う人物である限りは決して拭えないもので、
  少なくともこの剣は、今の持ち主が戦いを手段にする者では無い事を雄弁に物語っている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


33 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:49:02 ID:bGJX8R/H
一174.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  鞘から抜かれた途端、まるで意識を持っているかのように存在感を放つバスタード・ソードに
  コナタすら目を奪われており、エルと同様、血の跡が全く無い事を知って感心し―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|   「ふぅん………」
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
  l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
.  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
. 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
 f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
 ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|       「さぞかし銘のある剣なんでしょ?」
.  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
  \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ      (綺麗な剣―――
   ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ      神々しいほどに清廉で、嫌味も怖さの欠片もない―――)
   /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
 / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
.   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
 /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
. i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
 i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
 l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
 l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



――――――――――――――――――――――――――――――
  鎧と同様、古代魔法文明の名品かなとかいのやらない夫を見るが、
――――――――――――――――――――――――――――――

34 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:50:05 ID:bGJX8R/H
一175.
―――――――――――――――
  彼は首を振って肩をすくめた。
―――――――――――――――



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)        「十六の頃だったか、
       |     ` ⌒´ノ        エゥーゴとファイブリアの国境にある
     .l^l^ln        }         神峰ロストロギアの古代神殿跡で見つけんだ。
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ          鞘はしばらくしてから、
     /   /     \         バーズ連邦の一、マース公国に居る
    /   /        \        知り合いの鍛冶屋に造ってもらった」
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))



                   _,,. - ;/
              _, -' ´:::::::::::/
          ,.ー-<:::::::::::::::::::::::::::`'ー‐::_;‐=‐
         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ       「拾い物じゃ素性は分からないですねぇ。
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、    ………しかし材質も見たことがない。
    !         ヽ,           )ノ_   /   |l  / /         \   ミスリルやアダマンタイトの類でもなさそうですし」
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ / /
    i!       \ `、  亅   / _,. - '´          K,/     jL/       (制作者が別?
     !       \、 ヽ    「           !  / /  / /⌒〈        嘘でしょう?)
    l          `\`|    |   _,. '´   l  〈,/  /レ/ /  /
     !          |   |_,.-'´     / !  /  j// /
     !         / /|      「´     /  / /  /,  /
      !       / /{|    ト 、  /  / _,/ i // ! /l  /
       ヽ    〈 / ヾ    |i !/  /‐'' /  !.// l//! /
       ヽ     |l   \____j_」 〉    ,.ィ  j//  / l/
         \  |!        /___//   //ハ  ∨
           ` ‐ヘ ヽ        /     / 「// ハ /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そこでエルは、剣と鞘の作製者が別と言う事にまた驚いた。

  二つはまるで、元から組み合わせだったかの如き一体感を見せているし、
  剣の肉抜きされた部分の刻印と、鞘の裏側の刻印も同じ体系の文字に思えたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


35 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:51:02 ID:bGJX8R/H
一176.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし困り顔で腕を組んだやらない夫も嘘を言っているわけではない。

  ホールディング・バッグに入れられなかったり、
  剣の構造に影響を与えるような魔法などは一切効果が現れなかったりと、
  明らかに尋常ならざる素性を持っている事はこれまでの経験上知った事であり、
  本当に何物なのかは知らないのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    「理力魔法が使えるから魔法金属なんだろうけど、
.  |         }     識別の魔法を使っても識別できないんだ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      まあ、かなりこの剣には世話になってるよ」
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



                                        ___      ______     ))
                                  _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
                                / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
                         .       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
                               / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
                         .     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
                              ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
 「いいなぁ。                     〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
  私のレイピアとは比べ物にならないね」     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
                               ハ i {   il| l| l |, =彳|! l|、、i⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′
                             / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!
                         .  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //
                         / /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
                         . /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .  ///// / }ハ ハ  ' |
                          ′ (     } / // ∧ ((           イ イ '、ハ l  !
                               ヽ  / /  {   /  > 、  -‐(   イ ノ/,小、 \j l  、
                               丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  遺跡や洞窟からの発掘物の多くはそう言う物なので素性についての興味はさほどではなく、
  純粋に良い武器を持っている彼がちょっと羨ましかった雪華綺晶は
  冗談めかして頬を膨らませる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

38 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:52:01 ID:bGJX8R/H
一177.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、それに敏感に反応したやらない夫が困り顔で話題を変えるよう促したので、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    「そ、装備の話はこれぐらいで良いだろう?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



                                             .. -─  ─ --{ { rく Fヘ ト } \
                                      ___{人シ-}ノ´           辷{ーイノi  \
                                    /  `ナ '´              ((ー'⌒))ヽ   \
                                    /    /      |  |l   l|       |   \  .ハ
                                  〃   /  /  l!  |  |l  l, l| ヽ \   |    ハ  i
                                  i     /  /   |(ヘ |  |l  |i l|  l  |.  |   / .ハ  l
              「あ、うん。                  |   .:′ .{ l   !/ ノ|  |l  |i l|  |  |         } {
               そうだね」                 |   i   | |  {r′|  |l  |i 爪丁`メ.!   |     ハ.\
                                  |   |   | レ─ェヘ.|人リ八!ハ从/ハ/ !|   |      /  ',  ヽ
                              .    八.  |   | ノX 必\λイ─  .,:ィだ心t、|  .'     /   i   )
       (あれ、なんだろ?                  /   } |   |く λYシノf ノ     .之z少 ./  / ,    /    ノ ./
        何か後ろめたいの?)             .  /   /  ヽ,从!弋rマ辷彡         , , , , /  / /   /  / /{
                              ./  ノ   }  \. !))   ,         =彡イ   / ./ /{八
                                ./    ノ  / ∧    __     r─l/  r‐─--、,/ /\ \
                                /    /  / ./ }丶.   `´    l⌒レ./ /     .八  /\ \ \
                               {   /   {  /  ノ  > . _ . ィ _|  / /    <  \  \ )  )
                                }  〃    / { r──-マ r~7ノ  / /       へ、ハ.  /  /\
                               /  {i / /  / /  `ニニ┤-l {  / /             } /   ハ   \
                              ./  八{ .(   ./.   ‐─、_) ノ / /! /              |    / }   )
                              .  /  \{⌒Y    > )-'. / // /      /\     /  /  /   /
                               /  \  ト-!r-.、     / /./ /      /  ノ     / /   人  {
                              '  ノ   \} [   |_ イ7/  / ./  /\  -一'      / \  /   )  }



――――――――――――――――――――――――――――
  何か隠し事か後ろめたい事でもあるのか、と疑問に思った。
――――――――――――――――――――――――――――

40 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:53:02 ID:bGJX8R/H
一178.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  眉を動かしつつ、ようやく戻ってきた剣を鞘に収めて再びテーブルに立てかけたやらない夫が
  自分に視線を向けたところを見計らって、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                            、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
                              l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
                            .  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
                            . 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
                             f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
                             ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
   「………もちろん、              .  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
    その剣に見合った腕なんだよね?」     \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ
                               ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ
                               /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
   (まぁ、私は見ていたけど………       / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
    もう少し話題が欲しいよね)        .   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
                             /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
                            . i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
                             i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
                             l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
                             l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



―――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶は別の話題を作ろうと、身を乗り出して彼の顔を覗き込む。
―――――――――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |    「何か見せればいいか?」
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |            〔ll〕
            ヽ        }             |!l|
          __,, -ヽ     ノ -、              |!l|
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .          .!Kl
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }     .〈wl≦《》≧lw〉
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ       l》 《l  _,,. -‐''"
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }      _,_|,,.-‐''"
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,,. -‐''"
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"



42 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:54:02 ID:bGJX8R/H
一179.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ある程度戦える事を証明するのも、見知らぬ冒険者同士が同じ仕事に就くには必要な事だろう。
  新入りの自分が四人のお眼鏡に適うと良いけどな、と
  不敵に笑ったやらない夫は剣を持って椅子から立ち上がった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||__
───────‐- 、 : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     |l\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i--- 、──────────────|     ||\\
             |    |────―─────────|\   ||:.:.:.\
_________,i´ ̄`i                      \\  ||:.:.:.:.:.:
             |    |               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|    |          __    |  えーっと、じゃあ………      |
             |    |        /    \ 乂______________ ノ
────- 、 _____|_.          |      |
        |      .            |      |                |\
        |      .            |   _,..-┴、                        〔ll〕
______,ノ                 X´:::::::::::::::::∧_______________|!l|
      | |                 」__,..-‐'´ ̄ ̄´\、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ||l三|
      | |                  r‐'´:::::::::::::::::∨::::::::::::::ヽ,-―――――――――‐‐'.|l二|
                        |\ ::::::::::::::::::::∨:::::::::::::::|                 !Kl
                        |::::゙\:::::::::::::::::::| ::::::::::::::|              〈wl≦《》≧lw〉
              .        /::::::::::/::::::::::::::::::|::::::::::::::/                  l》 《l
              .         | :::::::/} :::::::::::::::/ ::::::::::::|                〔l〈〉l〕
              ..      / :::::/ 〉:::::::::::::::| ::::::::::::::|                    }│{
                      |::::::::|  |:::::::::::::::゙|::::::::::::::∧                   | l |
              .      |::::::::| / :::::::::::::::|゙:::::::::::::::::|                  | l | スチャッ
              .       / :::::::| / :::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|                   | l |
                   |::::::::::|「:::::::::::::::::::゙|:::::::::::::::::∧                  | l |
                   |二.X/ ::::::::::::::::::::| ::::::::::::::::::∧                   | l |
              .      {,l,l,l,l ,ゝ:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::∧                   | l |
                   ` ̄´l__, -―┴―-- 、__:∧               | l |
                        /::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::`了               | l |
              .         /::::::::::::::::::::::/ .∨ :::::::::::::::∧                 | l |
                     /::::::::::::::::::::::/   ∨:::::::::::::::::∧                  | l |

43 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:55:02 ID:bGJX8R/H
一180.
―――――――――――――――――――――――――――――
  何か剣技でも見せれば良いか、と懐から金貨を一枚取り出して
  種も仕掛けもありませんと三人に見せる。
―――――――――――――――――――――――――――――



                                           ̄ ̄   、
       「取り出しますのは一枚の硬貨………」         ´          \
                             .       /              \
            *                      /                   ヽ
           /´ ̄ `ヽ +                i                 丶
           l i ´ ̄ヽ .ij                  l       /  ̄           丶
           l .!//ノ ii                      |  __         _ ヽ        丶
            ヽ` ─,. -                   ヽ/       i イ::::ヽ l        丶
          ,. ⌒/ 丿                    ヽ       ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',
       _,.  '´  /  /                    丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
       |  _,. ‐'´  ,.イ                       ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
       |  | /  / ,r'─、                     ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
       |  ノ'  / '´   /  ̄}                    ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
       j    /    /   j、                     \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
      /            ハ〉、                     \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
      、               {`ヽ}}                        ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
       `¨⌒丶、_         ノj                           ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



46 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:56:02 ID:bGJX8R/H
一181.



                                               _____
                                              __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                                             /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                                           ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                           /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    「金貨なんてもったいない!                     __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
                                      / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
     なんかやるなら、銀貨か銅貨にしてください!」     / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
                                     |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
                                     |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
                                    /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
                                   /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
                                  /    |      \_____/レ´   //    ヘ



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  途端にエルから文句が飛んだ。

  むしろ銅貨以外は有り得ないでしょう、と厳しい声を出す彼の勢いに圧されて
  金貨を道具入れに入れる様子を、
――――――――――――――――――――――――――――――――――



               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|    「あ、そうですね」
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´



49 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:57:02 ID:bGJX8R/H
一182.
――――――――――――――――――――――
  さすがの雪華綺晶も呆れた様子で眺めていた。
  これは彼女も弁護のしようがない。
――――――――――――――――――――――



                              / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
                              ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
    「やらない夫、君………」       .   {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
                             ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ ⊥..」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
    (もしかしてお金持ちさん?      .    从从八;ゝ=:)) `` Tij:7ヽ/:/: / . : : :,′
     取りあえず金銭感覚が変なのは        〉〉〉 〈(必リ, || | ||゙ー'/: /: / .:/ : /: :
     間違いないわね)                j ij : : j{((′   u /: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
                              ,','/. : :八   ー  ,'. : ::;' : : : :', : :', : : : :
                          .    / /. : :/.: :j\    {: : :::{ : : : : :ヽ.: :、: : :
                          .  ノ /.: :ノ. : :ノ :ノ:`¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :



               //
              〃       ,r:、
              ,⊥.-.. ..、 ..,/.::.::|_
           , .::'".::.::.:;.::.::.::.::.::.::.::.::.:l.::.::.::`_`::‐-. .、
          , ' : : : ; :.'.: :: :: :: ,! /::.::.::.l.::.::.::. : :`ヽ ̄``丶
        /  ./ノ.::.::._::_::./.:;{:;!.::.::.|:.:;.::.::.:.ヽ:. . ヽ
.         i..:..:..//::.::.::´::.::/.;7 l'.::.::.:ハ:.:|、::.::.':;.:'、、:.`.、
        l.::.:/イ:.::.::.::.:;∠/∠ ,!:.::.:/ .!个l.::.::.::';:.:、ヾ::.:',
          |::/:/.::.::.:;:ィ「「示芥 /::.::/ _、|ハ:l.::.::.::.';.:i. ヾ:.i.
          /:/.::.:/::|:| ト-イ! /:.:;/ ^}≧ォ!|.::.::.::.:l.:!  ゙'}
       /,ィ;:イ`!.::.::.!! └-'' /, '   /ー/∧::.::.::.::.:!l
        /' l':;.:人.!.::.::.|   /'゛  ' ヾ‐゙/::.j|::.:l!::.::.l!     (変な奴………)
       l:/::.::::::}.::.::.l     ∠!   j.::.:l !:/ !::.:;l
         !'.::.::::::ハ.::.::l`ト 、   _ .. イ.::.:l l/ |.:/
        ,'.::.:::::/:::::;l.::.:K、 乃「:::|::::::::||.::.:;!   l/
      /.::.:::::ム<. l::.:l \_ゝト、!::::::|l.::.:ハ
      /.::.:::/ニ、ヾミミ.l.::.i. ヽ | \:|'::./:::l
      /::.::::/′ `丶ヾ:!::l.、 `、l   /l::./::::::!
     ,:.:.:::::;'      |`ヾ:トミヾ、| //!∧::::::|
    ,:.:.::::::i      ヽ、 ``ヾミ、!//イ'| l.::.::|
   ,:.:..::::::!         ``>ヾレ <  l::.::|
    !.:..::::::l     |   /  〃j 、 `!|:.:|

52 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:58:02 ID:bGJX8R/H
一183.



                                            ,ィ''´_二----`' - 、__
                                        /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                                       /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                                      // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                                      {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                                       Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                                       {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
   「で、それで何を見せてくれるのかな?              __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
                                      i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
   投げた硬貨を刃で受け止めた後、              }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
   そこから切るぐらいなら私にも出来るよ」            'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
                                      i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                                     r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                                     `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                                       ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                                      | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                                      l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                                       i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |    「あれ、なんで分かった?」
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



―――――――――――――――――――――――――――――――
  室内で出来る事なんて多くないでしょうし、と
  自信満々の雪華綺晶が簡単に言うのでやらない夫は眉を動かすが、
  それだって並の剣士にはとても出来た事ではなく―――
―――――――――――――――――――――――――――――――

53 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:59:02 ID:bGJX8R/H
一184.



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/    「ほう………」
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  まだ知り合って日が浅く、
  彼女の実力の多くを見る機会が無かったエルとコナタも顔を見合わせて、
  雪華綺晶もなかなかやるのだなと感心していた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                       ____
                                     /::::___:`ヽ.
                                    ./:/   ヽ;:',
                                   /:/ __,.ヘ、___!___
                                   ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、
                               ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
                              '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::',
                               /:::::::::::::::::::/| ̄i::::::::::|\ ̄i`ヘ::::::::\i
                 「……………」    ,'::::::::/::::::/:/__!_.ハ::::::::|  \!__ハ::::::::::::::ヽ.
                              i:::::::/!::::::i/「i ̄'T ヽ::::|. イ" ̄「'!ヽ\:::::::::',
                              !::::/::i::::::::ハ. ヒ__r!  ヽ! ヒ___r! !\::::!へハ!
                              V'! イi::::::/!:!""       ""・ハ:::ヘ:::!:|
                                ヽ! ヽ!::|::i>、.    __   ,.イ:::|:::::レi::|
                                   |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|
                                  .|::|::::|:::;:イヽ!__/::::`>.,|::::|:::::::|::|
                                  |:::|::::|く\::::::!/:::::://|::::ト.:::::|::|


54 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:00:02 ID:bGJX8R/H
一185.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それで別のをやることにした彼は、
  天井がかなり高く、思い切り剣を伸ばしても届かない事を確認してから―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                     :;:;       /         丶:;:;:;:;   :;:;:;:;
                     :;:;:;      /       :;:;    丶   :;:;:;:;:;
              :;:;      :;:;:;       ,'        :;:;;::;:;    \ :;:;:;:;:;:;;:;:;
              :;:;:;:;    :;:;:;:;     l;:;       `ー_ ヽ      .丶 :;:;:;:;:;:;:;
               :;:;:;   :;:;:;:;:;:;:;:;    │;:     i イ::::ヽ l :;:;:;    ', :;:;:;:;:;:;:;:;:;
                :;:; :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;    l ::ノ^_ ヽ ゝ _ゞ::ノ ' :;:;:;:;:;:;:;  ;.;ヽ     ,'"
                :;:;:;:; :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  l:. 、i イ:::ヽ l    `ヽ ;::;:;      丶;.;
 :;               :;:; ', `./ヽ ___  i ゝ ゞ ' ヽ _  丿 ;:;     .;.;.;.;..;.;.;.;   .:.:.:.:   「ただの芸だけどな。
:;:;:;:;                :;:;:;:;.', ./ ./`、  ! \ ヽ.;:;   ゝ ノ , ‐ ´         .;.;.;.;.;.;.;.;;.;.;      良く見てろよ?」
:;:;;:;:;:;:;:;:;              '/ /   ヽ. ` .゙i/ヽ\,_     .,.,.,.,       .;.;.;.;.;.;.;.;.; :.:.:.:
:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;        :;:;:;:;   __ヽ,, ' 、-‐、 \  `"  \      .,.,:.,      .;.;.;.;.;.;.;/:.:.:.:
-、r―、:;:;:;:;:; :;:;:;:;:;  -‐ '' "`  `  `、 `  ヽ  \_.、 ;:_,,"ヽ   .,.,.,.,.,.,:      .,.,.;.;.;.;.; :.:.:.:.:
  .i.(~ `ヾ、''i´ ',  ',  ',     !   !   ! .!  i   / \. `" ̄ヽヽ.,:  .,.,    .,.,.,., .;.;.;.; .;.; .;.;:
.__ .|._ヽ、,  `i  !  .!   !   ノ  " __ノ_'__.ノ. /   `>.-―‐ `''、' ,  .;.;.;.;.; .;.;.,.,.,;.;.;.; :.:.:.:.:.:
i__iノ'i__'/‐-、.| __' ,, " -‐   '''   " ̄   .\. /   //' , ̄ ̄  ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
., '"  ー--、|                   ヽ.    //  ヽ    ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.
゛ _,,,, 、:;:;:; ,:;:;       :;:;:;:;:;         \ ./ ' 、   ',  __, ',,_:.:.:.:.:.:.:.:.:., ":.:.:/:.:.:.:.:.:/
,"   `ヽ、/         :;:;:;:;:;            ゛ ̄ ,` 、 .'、/:.:.:.i !:.:.:.,  '":.:.:.:, ':.:.:.:.:.:/
.- -、 /:;      :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; :;:;:;      ,ノ:: ̄:::::/ l `/:.:.:.:.l !/:.:.:.:.:., '":.:.:.:.:.:.,'
- -ー‐ヽ:;:;:;    :;:;:;:;:;  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; :;:;:;:;:;, " ._,,   '" ヾ{二ニ ,,_| -ー '":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ

55 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:00:32 ID:bGJX8R/H
一186.
―――――――――――――――――――
  持っていた銅貨を真上にはじき出した。
―――――――――――――――――――




                             
                             
                                \ ,,_人、ノヽ
                                 )ヽ    (
                              - <       >
                                 )     て
                                /^⌒`Y´^\ ピンッ
                                   ./  ;!
                                  /  /__,,..
                                 /  `(_t_,__〕
                                 /    '(_t_,__〕
                                /    {_i_,__〕
                               /    ノ  {_i__〉
                             /      _,..-'"
                                   /


56 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:01:01 ID:bGJX8R/H
一187.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一度、天井近くまで上がってから、重力に引かれて落ちてくる硬貨。
  雪華綺晶、エル、コナタが注目する中、小さな風切り音が聞こえたかと思えるだけで、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                     |
                                     |              ,,、
                                     |       .,l` ,,,ll゙゙"
                                     |       ,l,,,lll゙゙`
                                              ll゙"
                                     ○       .ll  _,,,,illー
                                              .゙゙゙゙゙゙~ .,,,illll'
                                                  ゙`.,,,,,,illlヘ
                                                .,illlll゙゙゙~
                                                    ,,.,、,,
                                                   ゙'゙,,l゙゙
                                                    ,i!`
                                                   ,l゙
                                                   .'゙




57 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:01:32 ID:bGJX8R/H
一188.
――――――――――――――――
  ぽとり、とそれは絨毯に落ちる。
――――――――――――――――




: ': ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' : : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' : : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; :/´ ̄ `ヽ  : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; :l i ´ ̄ヽ .ij : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; :l .!//ノ ii : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ヽ` ─´ ノ; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: '; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: '; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: '; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ':; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :





59 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:02:02 ID:bGJX8R/H
一189.
―――――――――――――――――――――――
  何もしなかったよね、と雪華綺晶は目で確認し、
―――――――――――――――――――――――



         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l    「?」
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
  /,,_   }li ゝ、i, )).   __,,  lil .li l i ,l .{
 l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l



               /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
             //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
             /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
             iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
            リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
 「?」        ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
              リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
               !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
                 i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                   リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                   `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                       ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ



――――――――――――――――
  二人も同様に首を傾げただけ。
――――――――――――――――



        /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.;イ:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /:.:/    ../::/::/|:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.    \::\           ─
     /:/ / .....:.:._/∠/::/ |:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.l:.:.:.....  \:.:\     r´      ヽ
    j//:.:.:/:.:.:.:.:./ /:./ |:.:.:.:.:./|:i__|:.:.:ル:.:.:.ト:.:.:......ト、::::.,       (⌒)    l
    /:.:.:/:.:/.:.:.://  j/  |:.:.:.:/ j:j N/:.:.:.:.|:.:.:l:.:.:.:.l \',        「
   /:.:,イ:./:.:.:./i テ==ァ  |:.:./   j/ |:./X:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.:.l       〉   ・   ノ
   /:ィ':.:レ:.:.:.イ| l!{o辷ル!  j:./  テ=土__|:.:.:j:.:.:.:|、:.:.:.:|    // ー  ´
  ,'ィ' !:.r|:.:./:. ! ゞ,__ノ/  /    {o辷ル'テ !:./:.:.:.:.ハ:.:.l
     |:.ゝ!/:.:. |  ¨ ̄´    、   ゞ,_ノ/ ' ィ::/.:.:.:./  l:/
     |:.:.Y:.:.:.: |            ` " /:.|/|:.:.:./
     |:.:.:|:.:.:.:.:.|\     (_ノ       ・/:.:.:.:.|:.:./     __
     |:.:.:.|:.:.:.:. |:.:: >、       _ イ:.:.:. :. |:./  _ -t_ ̄___ノ
     |:.:.:.:|:.:.:.:.:|r' ̄|  `  7≦ ´:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:|  __l ヽ _j⌒,
.    ル:.:.:.l:.:.:..: l: :r'´    ゝj: ヒ_;.:.:. l:.:.:.:.:.:.:l ,〈 :|     }
    j:>、'´l:.:.:.:.:.l: :l   _  j: : : : :.ヽl:.:.:.:.:.:.j人ゞ\ __ノ
  /ヘ\ヽl:.:.:.:.:.l: :「 ̄   ̄7: : : : : : : l:.:.:.:./ヘ、\ `ヾ )
 / \\\|:.:.:.:.:.l: :|    ,' : : : : : ://l:.:.:/ \\ \_/


61 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:03:02 ID:bGJX8R/H
一190.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、何もしていないわけでは無かったようだ。
  その証拠に、やらない夫が銅貨を拾い上げてエルに投げてよこせば、
―――――――――――――――――――――――――――――――



                          / ̄ ̄\
                        /ノ \   \
   「分からなかったか?         (● )(●).  │
   ほら」                 (__人__)     │
                           {` ⌒´     │
                 ポイ       {       │
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、.,__ __人
               ( _ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \



――――――――――――――――――――――――――――
  放物線を描いて迫る硬貨を、慌てて受け止めた彼の手の中で、
  一枚だったはずの銅貨がひらりと三枚に剥がれたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――



                     /    |   .|    |
                 |     |   .|    |
                   |ー |   l ー-  l
           /⌒ヽ   |    |   l     l
           l   l    |    |  |    |             _/\/\/\/|_
            |   l   | ー-  |   l   - l             \          /
             |  -‐|    |    |  |      |    /⌒ヽ       < こ、これは! >
           |    l    |    |  |      l   |    ヽ      /          \
             l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、      ̄|/\/\/\/ ̄
         /⌒ヽl  ‐ \  |,    . .      l    〉-‐  l
         l〉   )ヽ、   ヽノ.../´ ̄ `ヽ    ヽ、 |     |
        /  人 ヽ、    l i ´ ̄ヽ .ij     ヽノ     |
          l     ヽ、\,    l .!//ノ ii / ノ/     l
        ヽ  ノ \,/ .../´  ̄ `ヽ ノ         ヽ  l
         \    /   l       j .../´  ̄ `ヽ       |
          ヽ、      l       i  l       j      |
           ヽ、  / ヽ    ノ   l       i    l
            ヽ、          l ヽ    ノ    /
             ヽ、            |          /
              ヽ          l        /

63 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:04:02 ID:bGJX8R/H
一191.



.        /   ,_{:::__ )ヽ、_                 ,,イ、ヽ_,-、ノ
     /  /   ゝ_jヽ   `                 r-r_イ\
   / :/   f r- '              ,、             ト-、.ヽ  \
  / :/      ゝ二ゝ'    /      / |   i    j      !  ノ ノ\ \
  ::/       / //     / ,    / /_ l  /   /!     ! ` T     ヽ ヽ
 /        / //i    / /  ,イ  λf' j ,ィ   / |!   /│ |     |  |
/          / ///  ,,/j_/- /-l、i_/,ノj / / l j_/!_|_  //l |  |      |  |
        / / l   / /∧ /-f,j│fイ/ / iリ+/,. =j_/!/,リ   |.     |  |
     ./ /   !∧ !,ノ  トヘ_`少V j/   イ´ir,ノ/ / l     |     .|  |    「『飛燕剣』………
.    //      `' ´   /、jfLー- '_/     ` ̄   ∧,│  、, i    │ |     しかも無準備、ね」
  / ''            /\_f~ζ´    <i        /ノ| |   |、ヽ   ノ /
,,/            /: : : : ヽ.       _      /: : .| |   |-! |  ̄_,/
             / : : : : : />ーr  ` ´  ..ィー-'ゝ: .| !   ト| |\  ゾクッ
            /: : : : : : : / \   `ー-、<ノ  /: : リ|   |│|ヽ `ー -、
        /⌒`ヽ-、_/´ヽ  ノ\.   .ノ   ::く: : : : : : ! __.│| |   ̄ ̄\\
       (,,rーr-、__     ̄ ̄ ̄''    (      ̄ ̄´  ` ´ ̄ ヽ   ノ/
    , ー─ゞ-{     . /    _    _ノ 、        ―- 、_ r、ノ___∠、
    (:::::::::::___::::.ゝ- r-' ´⌒ヽ_イo/ゝ''::_/ ヽ_ノ ⌒ヽ_ノ´ ` ーく ̄:::::::::::::::::::::jl
    \´   `ヽ,       / / -―' _/\ \ _ j !      \::::::::::::::_ノ/、
     )ヽ    ノ::!  __ r-,/o/ 、 <      >  |o|   _     ト, ―'  /\\
     `ゝ   ト_::|__ノ: : : |ヽー--、> ` ‐ ´ < ´|__|∠_(へ__ ∠:ノ   ノ   \\



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ぞくり、と雪華綺晶の背中を戦慄に近い物が走り抜ける。

  彼女もその剣技を修得しているし、一応無準備に近い状況で繰り出すことは出来る。
  だがそれは軽く素早いレイピアだから出来る事で、重くて長いバスタード・ソードで
  これほどまでに自然に繰り出す事などもちろん出来そうになかった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

64 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:05:02 ID:bGJX8R/H
一192.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  手の中の三枚をしげしげと見つめるエルから、先ほどとは違う―――
  本当に感心した声が無意識に漏れる。

  雪華綺晶同様、レイピアを使う彼は落ちてくる硬貨を四分割する事ぐらいはは出来るが、
  三枚に下ろす事には技術が足らなさすぎる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                 ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                              i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                 !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                    .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                 i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
     「これは凄いですねぇ」                  /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
                                 '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                    `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                    .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                      ヽ、、      /::::    : //
                                          i    ., '""'-、,,__.._ //
                                         ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                 |.  ヾ、:/



              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l     「もっかい」
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N
         `  N: :ゝ、_   _    .ノ : : N : : l
         │: : :|  ≧ t - <: : /: : :ハ: : :l
            .l : : :|./ |,─ 、./ //: : : l: l: : :l
           .| : : :|   |ィ ヽ/ // : : :/彡l、: l
             |: : : |  .| ⌒/ //: : : /〃彡l l
            |: : : |  .| / // l l /,´/  |l



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これなら十分どころか、私達よりも戦力になりそうですねとエルが納得しかけた所で、
  コナタが再度見せるよう要求した。

  普段は半開きの目を見開き、今度は絶対に見逃さないとの気合いを見せているので、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


66 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:06:02 ID:bGJX8R/H
一193.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  初めて彼女から、意思の疎通を持ちかけられたやらない夫は嬉しくなって快諾し、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



     / ̄ ̄\
   /   ⌒  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)    「良いぜ、良く見てろよ?」
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



                                ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                          .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                          .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                          .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
                                ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
   (おや珍しい。                      li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
    コナタが他人に興味を示すなんて)           ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
                                   ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
                                      ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                        ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                          l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                        ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                                  ヽ ヽソ



――――――――――――――――――――――――――
  滅多に無い事に、エルも驚きの視線をコナタに向ける。
――――――――――――――――――――――――――

67 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:07:03 ID:bGJX8R/H
一194.
――――――――――――――――――――――――――
 じわり、と先ほどよりも一呼吸間を取って、集中を高めた。
――――――――――――――――――――――――――



                                   ______ :;:;:;:;    :;:;
                     :;:;       /         \:;:;:;:;   :;:;:;:;
                     :;:;:;      /       :;:;    \   :;:;:;:;:;
              :;:;      :;:;:;      │        :;:;;::;:;    \ :;:;:;:;:;:;;:;:;
              :;:;:;:;    :;:;:;:;    │      :;:;:;:;:;:;::;:;:;       \  :;:;:;:;:;:;:;
               :;:;:;   :;:;:;:;:;:;:;:;    │       :;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;       \:;:;:;:;:;:;:;:;:;
                :;:; :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:   │     :;:;::;:;:;:;:;:;○;:;:;:;:;:;:;:;:;  .;.; \   ,'"     「いくぜ?」
                :;:;:;:; :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; │         :;:;:;:;:;:;:;::;:;       .;.;\
 :;               :;:; ', `./ヽ ___ \        :;:;:;::;:;      .;.;.;.;..;.;.;.; \  .:.:.:.:
:;:;:;:;                :;:;:;:;.', ./ ./`、  ! \ \.        :;:;        .;.;.;.;.;.;.;.;;.;.;
:;:;;:;:;:;:;:;:;              '/ /   ヽ. ` .゙i/ヽ\,_     .,.,.,.,       .;.;.;.;.;.;.;.;.; :.:.:.:
:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;        :;:;:;:;   __ヽ,, ' 、-‐、 \  `"  \      .,.,:.,      .;.;.;.;.;.;.;/:.:.:.:
-、r―、:;:;:;:;:; :;:;:;:;:;  -‐ '' "`  `  `、 `  ヽ  \_.、 ;:_,,"\   .,.,.,.,.,.,:      .,.,.;.;.;.;.; :.:.:.:.:
  .i.(~ `ヾ、''i´ ',  ',  ',     !   !   ! .!  i   / \. `" ̄ヽ\.,:  .,.,    .,.,.,., .;.;.;.; .;.; .;.;:
.__ .|._ヽ、,  `i  !  .!   !   ノ  " __ノ_'__.ノ. /   `>.-―‐ `''、\  .;.;.;.;.; .;.;.,.,.,;.;.;.; :.:.:.:.:.:
i__iノ'i__'/‐-、.| __' ,, " -‐   '''   " ̄   .\. /   //' , ̄ ̄  ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
., '"  ー--、|                   ヽ.    //  ヽ    ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.
゛ _,,,, 、:;:;:; ,:;:;       :;:;:;:;:;         \ ./ ' 、   ',  __, ',,_:.:.:.:.:.:.:.:.:., ":.:.:/:.:.:.:.:.:/
,"   `ヽ、/         :;:;:;:;:;            ゛ ̄ ,` 、 .'、/:.:.:.i !:.:.:.,  '":.:.:.:, ':.:.:.:.:.:/
.- -、 /:;      :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; :;:;:;      ,ノ:: ̄:::::/ l `/:.:.:.:.l !/:.:.:.:.:., '":.:.:.:.:.:.,'
- -ー‐ヽ:;:;:;    :;:;:;:;:;  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; :;:;:;:;:;, " ._,,   '" ヾ{二ニ ,,_| -ー '":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ


69 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:07:32 ID:bGJX8R/H
一186.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして弾かれた銅貨は、先ほどと同じ軌道で天井近くまで舞い上がり―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                             
                             
                                \ ,,_人、ノヽ
                                 )ヽ    (
                              - <       >
                                 )     て
                                /^⌒`Y´^\ ピンッ
                                   ./  ;!
                                  /  /__,,..
                                 /  `(_t_,__〕
                                 /    '(_t_,__〕
                                /    {_i_,__〕
                               /    ノ  {_i__〉
                             /      _,..-'"
                                   /


71 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:08:02 ID:bGJX8R/H
一187.
――――――――――――――――――――
  硬貨の通り道を、剣閃が四度駆け抜ける。
――――――――――――――――――――



                         ______________________
                 _,,.. -ー''''"゙´ ,_..................-.-――――――――――――――¬ーxi..,,、 .>
                 `゙゙゙''''''''¬―-- ..二,゙¬- ..,,、                      ,./ . /
                             `゙゙'''ー`-ニ-..,,_                   / ./
                                   `'''-ミ\、              / /
                     ニニニニニニニニニニニ二二二二二゙_\         / /
                                     |          / /
                                     |        ,/./
                                     |      / /        ,、    <フ    ,、  ./ 7 / 7
                                     |    / /        <二、ニ>     / /  /_/ /_/
                                         / /          <二、 ニ>  <二_/  <> <>
                                     ○/ .,/            `┘
                                    / .,/
                                  / ,/
                                 / /
                              _/゙./                                 _.
                           _/゙ /                        _.... -ー''''"゙´
                         ,/゙ /                _,,,,.... --ー¬''''"゛     ___,,,,、
                       /. / ゛        . _,,,.. -ー''''''゙゙゙´    __,,,,.... --ー¬''''"゙ ̄ ̄
                     / /゛    _,,,.. -ー''''"´ . __,,,.... --ー¬''" ̄´
                   ,//_,,,.. -‐'''"´,,,,.. --ー'''"゙´
                  ,/  .゙_.. -ー'''"´
                rシ‐''''"´


72 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:08:32 ID:bGJX8R/H
一188.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  ゆっくりとした一瞬の後、落ちた銅貨は今度は五枚に分かれて散らばり、
―――――――――――――――――――――――――――――――――




: ': ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :;/´ ̄ `ヽ : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' /´ ̄ `ヽ :; : ' :; l      i ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' l      i ' :; : ' l      i; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' l      i ' :; : : ヽ     ノ; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; :/´ ̄ `ヽヽ   /´ ̄ `ヽ: ' :  ̄ ̄ ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; :l i ´ ̄ヽ .i :  ̄l      i: ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; :l .!//ノ i : /l      i: ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ヽ` ─´ ノ; :l ヽ     ノ: ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; :l    ̄ ̄i:; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: '; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : 'ヽ     ノ : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' : ̄ ̄ : ' :; : '        :; : : ' ' :; : ' :; : ' :; : ' :
: '; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :  パラッ     ; :' :; : ' :; : ' :; : ' :
: '; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; :       : ' :; : ':; : ' :; : ' :; : ' :
: ':; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :


75 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:09:02 ID:bGJX8R/H
一189.



                                            _____
                                           __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                                          /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                                        ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                        /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             「三重飛燕剣!?」                __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
                                   / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
                                  / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
                                  |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
                                  |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
                                 /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
                                /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
                               /    |      \_____/レ´   //    ヘ



――――――――――――――――――――――
  エルは何度目になるか分からない驚きの声を、
  コナタはため息に近い呆れた声を出した。
――――――――――――――――――――――



            _          ,、     .ノソ
      -一=ニニ ,, ̄ ゙'一T ̄~! ヽー- '´'',,_
            ,, -‐ ゙´: : : : : : : :i!: : : : : : : : : : ::`゙:.、
        ,/: : : ;; : : : : : : i: : ::|: : : : : : : : : : : : : : 、ヽ
.       /: : _/     :i!::: /|: : : : : :i : : :     ヽ`,
.      /:,, ィ/    /: : : | : / .|: i: : : : |:ハ,: : : : . . .  ヘi!
      // ./ . : : : :/: : : ,,|-‐ト、.|: |: : : ::|!_⊥ _ : i: : : ::i: ハ
.    /  /: : :/: : :::i!: ://|: /  |::|i; : ::::|  ヽ`ヾ|: : : :i!: :|
         l: : ::i: : : ::l: : : ./ |/   !:| l! : : :|   Y: :|:::: : ::| : |
.        l: : /l: : ::::l: : :/  |     !| l.: ::::|    ヾ:}::: : : |};: |
       l: :/ |: : :::::l: : ! ___, i!  ヘ: ::|___i!;:: : ::l::i!::|
.        !/. l: : ::ハ:!: i!. ━━━    ヽ:|━━━ i!::::: l:::|ヘ!   「バケモンだ………」
         l.   !: ::{::!,X:|:i          .  `    ・i!::|::::l::::|
            ヘ:::|!:`ヘ| l               l::::|::i!:: |
          ヾ||:::::|:::::゙'s、.,  ⊂ニニ⊃   ,..ィ゙:::::レ' : :| ボソッ
            | ::::|: : : .|::::≧=‐----‐=≦::::|::: : :|:::::::|
.   _y⌒ヽ-一ッ  |:::::::l: : : :i!´  {~     ~}  `|::: : :|:::::: |
  ´      <´   .|::::::::}: : : :| . ヘー-一ノ  . l: : : i!、::::::|
 (        }   l:::::::ハ: : : lヽ  ',   /    |: : : l /,:::: |
  ヽ   _,,ノ   l ::::/ ヘ: : ::l 、ヽ ヽ /   .ノ|: : ://:ハ :: |
   ゝ一''      |:::::!   ヽ: ::l ヘヽ V  /´l: : /'   ハ:: |


80 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:10:06 ID:bGJX8R/H
一190.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  化け物扱いされるのには慣れているが、やはり気持ちの良いものではない。

  やらない夫は複雑そうな苦笑いを浮かべて椅子に戻ると試験は合格かな、と三人を見回し、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)    「取りあえず、納得できたか?」
  |      |r┬|}
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



                                                 ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
                                           _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
                                          ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
                                          l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
                                          l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
                                          l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
                   「うん。                   ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
                   でも、二度目は見えたよ?」    . // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
                                        //,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
                                        イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
                                          /,,_   }li ゝ、i, )).   __,,  lil .li l i ,l .{
                                         l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
                                            ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
                                           /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
                                           7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  これには三人を代表して雪華綺晶が参りました、と素直に頭を下げたが
  一度目との差違についてもついでに指摘する。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

81 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:11:02 ID:bGJX8R/H
一191.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)     「まだまだ、って事さ。
  |     ` ⌒´ノ     俺の親父は無準備で硬貨を十枚にしたぐらいだし………」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



                                    ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                     |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                     /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                       { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                         ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                           |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
     「世間は広いですねぇ………。                    |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                         ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
      その腕に加えて魔法も使えるのですか、                |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
      良い助っ人が増えました」                        リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                        __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                    ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                               ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                   l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                                 | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                               、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



―――――――――――――――――――――――――――――
  腕を組んだ彼が非常識なレベルを言うので、
  どんな超越者ですか、と彼の父に呆れたエルがしかし―――

  彼を部外者扱いせずに仲間として認めたので、
―――――――――――――――――――――――――――――


82 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:12:02 ID:bGJX8R/H
一192.
――――――――――――――――――――――――――――
  自分が受け入れられる事よりも嬉しかった雪華綺晶は、
  興奮した様子で椅子から立ち上がってしまった。
――――――――――――――――――――――――――――



                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \       「でしょでしょ!?
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \      私も初めてやらない夫を見た時から、
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \    この人は凄いって思ったの!」
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ



                                               / ̄ ̄\
                                             / ⌒  ⌒ \
                                             |  ( ●)(●)..|
                                            . |. //(__人__)//|
                        「『魔法使いが居て助かった』と    |   \_)   |
                        言っていたのは誰でしたっけ」  .  |         }
                                            .  ヽ        }
                                               ヽ     ノ
                                               /    く



――――――――――――――――――――――――――――
  と、彼女がとても喜んでいるので、
  内心は感謝しつつも照れくさいやらない夫が混ぜっ返した。

  これは本当に本当に珍しい事なのだが―――
――――――――――――――――――――――――――――

84 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:13:02 ID:bGJX8R/H
一193.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そんな彼の、内心の微妙な変化に気づかなかった雪華綺晶は何の仕返しよ、と
  頬をぷぅっと膨らませてしまう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



、_     _   _
  riヘ,.´        ` :  .
.  {Yシ                  ` 、
7  |))                 `: 、 ((
  / //  ∥               {雪} ̄`i
/ //.  ∥   / //           `))    |
  /〃  ∥.   / //  i          |   |
、/ i  .∥   / ./ i   |    !i  i   i | |
./ l   |!,   / / .l    |    /|  | |!/.  | |
i  l! i  |!  / /  l  ./|   ,' .|  ! !'  i| |
!  l! l  |!.、((ァ7  l  / !|   / |!  l! |  l | !
!  l! !rィト|ヘ`i-|  l /  !|  /  |!. l! l  l .|/
!  lf:て >!\ノ |:  l/   リ.ノ-  |i  l! l  | .|!
  !、マ <iノノニイ     .,ィ==i、|! / /l  |
  | i二ュシ      i bU::7: // / l  |      「むーーーー!
  ノ           弋_シ ∥イノ  l  |!      余計な事は言わない!」
 \           〃〃 i!:   l  l  |
 从.ヘ.     ‐--(      ノ´!   l  l  l
  !ノ  { `‐-、   _ ... <⌒!   \. l  l  l
! } イ |  fてノ⌒レi⌒!  ) .|:     \!: l  l
! / |┌  ∨ノ    i´(    ノ      ) l  l



                                   /  ,// _、-
                               , '/ /‐'::::,、ン'/
                            , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
                             _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
                         r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
                        /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
                       /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
                       //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
                        !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
                        /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
                       /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
  「おやおや………」          /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
                    _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
                 ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
                / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
                ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
                ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
                、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
              .  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
              .   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
                 i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――そのくすぐったくも、微笑ましいやり取りにエルが頬を緩めた時だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


86 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:14:02 ID:bGJX8R/H
一194.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  とある事情で自分と旅をするようになった幼少の頃から
  鉄面皮、無味乾燥とまで言われる程に表情の変わらないコナタが、
  僅かにだが微笑んだ気がして―――
―――――――――――――――――――――――――――――――



             ,ィ,"二、ヽ、
         /'′   `ヾ:、
          l!、__    _,.、
        ,. :':": : : ; : : : : :`: : :!--. .、
.      /: : : : :/: : : : : : : ,  ! `ヽ ̄``
    ,/: : : : : :,:'.:/: : : : : :,イ : . |. . 、\
   .i: : : : : :,:': /: : : :-ァ'゙ i.:j: :ハ: ::. :ヾ:、ヽ
   j: : : : :./: /: .:: : ;,''  j:,イ / V :::. :i
   .!: i: : ;': ;ィ.::::: :ォオ云r!' !:伝;ハ:!|!:. !
    ! |: :.レクイ::::;イ | トイ  / トイ::,!:ハ:|
    l:j: : .::! |:::/:l| └''   ゙'{:!::/ リ
    j:!: :.::: `!イ:::::!     ー'‐,ノ|/    「……………」
    jl: :.:::: i:::;!:: :.l ''r‐--r.1!::::|
    l!: .::::::|::/ !: : ! `ミ:、ノ: l:|::::|   クスッ
    !: ::::::::k'、、V:ヘヾ゙゙:、゙く,!::::!
   j: :::::::/ニミミミ:Vヘ`、 ゙、.|!:::j
   ! :::::::i    `ヾ`Vミ:゙、 i.l!;/
    ! ::::::;!        `ヾミVi{
  |::::/     ゙{    ,}ハ
   | ::ヘ、     ,ノ   / `ヽ
  ! ::::::l三三三!   〈  ,!、,!

87 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:15:02 ID:bGJX8R/H
一195.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  はっ、と背筋を伸ばしたエルは、何かの芽生えかと彼女の名を呼んだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                               、_、
                        `"ーニー- 、,_ ゛`=、
                        _,,,,-‐=二`:::::::`::‐、ミヽ
                    _,、-‐"´ ̄.::::::::_,::::::::::=、:::::::::::ヽ
                  ,/´,:-ー ..::::::::::  ̄::::::::::::::::::ミ:::::::,:: !、_
                 ,,=‐':´::::::::,:::::,::::::::::,:::∠´:: ..:::::::::::::ハ:::::::::`=、
               -"´/::/:/::::´::〃..:::: ..::::::::::::::ノ:::!::i:ヾ::::::::i,`、
                ,i':::彡:::,::::::/:::/.::: .,::::::::::::://:::::::::::::::i:::::リ::',
              ン:::::::::/::::::/:::::: ..:::::::::::::::::::::::::ン'"/::::::::::: /:::::: :::i,
            __,.='''゙´,/::::::::::l/::::::::::::./::::::::/-//'/:::::ノ:: ∧:::::: l::i
               /' /::::::: .::::::: .ィ::::::::::ン''! (;;;)i,丶:::./;ノ./、'i::::::l:::|
              / ,/:::: /:::::::/::::::/:/ `'‐-=  /,.:シi.(;)i|:::::ノ::i
               ,/::/i::/:::::::〃::::::!:::∧|        '::: ヽ =ノl::::l:h::l     「―――コナタ?」
             /'´,!/::::://:::::::::i::::,'リ       :::: ' ノ  i:::::!! l:|
             '  /::::/:::/:::::::::::::l::l             ,i::::|  !
                    / /::::::ハ::::h::::::::i゙l,      ‐=二7   /、::l' ´
              '",::::サ:::::::::::::リ,l:::ii::l ! ヽ、    '‐-   ,イ' '/
                 ,/: /::::/" 'i:l'l:::::!  :::::'i:、,     /!::i  !
          _,、=ー ,、''"´    !i ヾ:!   :::::::`'::、、,,,/  i!  '
       _,、=ニ、    ヽ\     ヾ丶    ::/!::/     '
      ,ノ    ヽ    \丶、         / !!i   ,-、    ,-‐-、
    /     、 `i    丶  `ヽ,、__   /ヽ、 ' !  ノ i_,,、〆´ , ‐、 ` ,
    /      \ ヽ    ヽ    ヽ`丶、_`  ヽ`ヽ、,=‐´ ̄   '''''ヽ `、 i
   /        \ヽ     \    `'-、_    i、/      ー 、 `‐、`′
   |         ヽ'i,    丶      `/′ \        `'-、 )
   /  、         )|     `、   /′    ヽ、   ''´⌒丶、 ヽ,
  ,|   l,        i/ ,   l   \  ヽ,       \   _,-ー-、、_`ヽl
  l   ヽ       /l ./  ,i::.   `  /     ..   \イ     i |
  /、 、   'l       '´ /    |:::.     i     ::::::..   ヽ!       'ー'


88 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:16:02 ID:bGJX8R/H
一196.



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V    「?」
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



――――――――――――――――――――――――
  だが、怪訝そうに振り返った顔はいつもの無表情。

  無自覚だったのかも知れない、と首を振ったのだが、
  見間違いでは無かったように思えた。
――――――――――――――――――――――――



                                    ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                   i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                 i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                    !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
   「ああいや、なんでもありません」 .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                    i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
   (気のせい?                        !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
    いや、今確かに―――)                     /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
                                    '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                       `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                       .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                         ヽ、、      /::::    : //
                                             i    ., '""'-、,,__.._ //
                                            ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                    |.  ヾ、:/


89 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:17:02 ID:bGJX8R/H
一197.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もう少し、やらない夫と雪華綺晶のやり取りを見せれば何か反応があるかも知れない。
  そう期待せざるを得なかった彼が、自分も何か話題を振ろうとしたときである。

  廊下を走る足音が近づいてきたかと思ったら乱暴に扉が押し開けられ、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   \       \ \     | ,,,--''''' ̄ | // _,,,,--┐   | /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l \┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、  .ィ-ァ| | 「 ̄'   |
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | | |    |
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~.     |  | | |_,,,,--|--''''
====┐ .||/. | | |l.      | | |               |  | | |    |
    ||  ||/ .| | '!      .| | |               |  | | |    |
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
――||―||  | |         | | |               |'.―|‐.| |-,,,,,__ |_,,,,
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |--'''' ̄|'''''--
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |‐-,_____|
    ||  ロ(()==|         | | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /.   | | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..|..\... ___|,,,,,,,,,,



          ___
       _,. '´      ̄`、
      /          \
     |  (●)   (●)   |        「お前等、のんびりしてる場合じゃねぇ!」
     、   トェェェェェェェイ    /
      ,"ヽ、 ヽェェェェェ/  '´ `、
     /               ゙ヽ、
     |   `-、、            ヽ
     \    ヽ        ハ
       ヽ    l       l
        ゝ_ノ        |
       ,i            l、
      /              ヽ
     /       ,r´ヽ      `,


90 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:18:02 ID:bGJX8R/H
一198.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  息せき切って飛び込んできたキル夫が、三つ目の証が奪われた事を告げた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



┏──────────────────────────────────────────────┓

   今連絡が入って、ニューホンコンの領主の証がティターンズに奪われたそうだ!

┗──────────────────────────────────────────────┛

      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  山山山
      :::::::::.┌───────┐::::::::::::::::::::::::::::::::  /   山山
  :::::::::::::.│ タオ砂漠   ...│:::::::::::::::::::::::::::::::: /       ヽ
 :::::::::::::: └───────┘::::::::::::::::::::::::::::::: /         |
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::________/ ○ソロモン   | ....┌─────────┐
 ::::::::::::::::::::::::::ーーーーーーーーーーー” .┌─────────┐      |  │ファイブリア王国  ....│
 :::::::::::::::::::::::::: ×ニューホンコン     │ エゥーゴ王国     .│.        |   └─────────┘
 ::::::::::::::::::::                       └─────────┘         |
            /                                                 |
           ノ        グリーンノア平原     _==================================
┌─────┐================= ̄     アクシズ大河            |
│フリート   .│ |                                               |
│神聖王国  │ |         ◎王都グラナダ                          ゼダン×|ーーーーーーーー
└─────┘ノ                                                 |
       __ノ                                                    |
         \×オーガスタ                                  N       /  .┌───────┐
          \                                            Δ      /   ..│ダンボルト王国...│
             /                                       │     /   ...└───────┘
         /                  アンマン                   ─┼─   |
ーーーーーー┴ー-..、                ○                      │   |          ____
┌───────┐..、       __                          │   ノ ____,----ノ
│ローンデルギア .│ )''''"丶---‐''   ' 、_..-..__________....-...._______..-
│  大湿原    .│/            ◎               /
└───────┘         マリアンデール               _..ノ   .┌──────────┐
           ./    ┌─────────┐         _..-‐'"      │ フォーセリア王国    .│
           ヽ     │ ローゼン王国   ...│       <          └──────────┘
                └─────────┘


92 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:19:02 ID:bGJX8R/H
一199.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  王都やニューホンコンの町から魔法転移で送られてきたのだろう、
  魔法学院から緊急で届けられた連絡書簡をテーブルに投げ出した彼が言うには
  奪われたのは今日の明け方ぐらいであったとの事。

  併せて王都から、国王が非常事態宣言を出したとの連絡があった事も告げ、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /     \
   /         \
  /     (●) (●)\    「これで六つの内、半分が奪われたことになる。
  |    (トェェェェェェェェイ) |     国王も動くことを決めたようだぞ」
  \   \ェェェェェ/ /



                      ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                       |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                       /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                         { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                           ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                             |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                             |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
    「ベッケナー公は?」           ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                               リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                          __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                      ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                 ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                     l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                   | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                 、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



93 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:20:02 ID:bGJX8R/H
一200.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  騎士達と協力して、昼間も護衛をする必要があると四人を見回した。
――――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /      \
   /         \      「まだ公務中だ。
  /   (●) (●)  \     あっちにも連絡が行っているはずだが、
  |   (トェェェェェェェェイ)   |    何にせよ四六時中………公務中でも錫杖を見張らないと駄目だろう。
  \  \ェェェェェ/   /
                    取りあえずコナタと雪華綺晶はこのまま役所に行け」



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|  「……………」
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.! コクリ
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



―――――――――――――――――――――
  その意見に賛成だったコナタと雪華綺晶は
  早速装備を調えに自室へと走っていき、
―――――――――――――――――――――



  / `ー〈  `` ヽ            '¨´ `ヽY/´ ヽ
/    ノノ         /  |    !    ,)) |  |
     ((´     /  /  ./1  !  .::,′   .((  |  |
    //    /./ ,イ .:/ | ,′.::/i::.   l.::| |  |  !
   .//,′ ,.イ:/__/_/ .:ノ) / /|_.:./_」:: .:/ /l.:| |  |  !
  // i  /.::ハ 7仁l7X / /´l//二「.:/l/ リ ',. |  |
 /l/ |/|/.:/′Vf.{.い.},':!〃  ィ.ヒiシフ:l::::l.:.   ! |  |    「行きましょう!」
/       /((ヽ こノ   ,     ̄`,'.::.:|::.  | | |  |
    .:/   /.:.::))了´   _ _     /.::.:::i |  | | |  |
   .::/   /.:.::/:::/\  `ー   , .イ.:.::::::| |  | |_/ /
  .:::/   /.:.::/.::/:.:ヽ  ̄`ヽ__∠ ̄`7.:.:::l/  | |<
.:.::::/´ ̄`ー─- 、.:::::>    ) _, イ.:.:.::::L_LL_ \
.:.:〈ィ^ヽ、      ̄     <      ̄      `) \
´ ̄``ヽ     _ _, ィ(__入 _>ュ、_, ─-、ノ<-─‐- 、
´ ̄``ヽ `7´ ̄``7。// , -- 、 \。',     \:.:.:.::::::::::/ 〉
     ハ r-、_,/ /   <     > ハ ',      L.:.:.::/ /:、
    (::::::.:ノ .:.:/。/ ̄\ \__/ / 」。V^Y⌒ヽ /:「 ̄  /丶\
      ̄ .:::::/ /    ハ ⌒ ハ / | | 人  /::/    \ ヽノ

94 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:21:02 ID:bGJX8R/H
一201.
――――――――――――――――――――
  エルも急ぎ足で談話室を出ていってしまう。
――――――――――――――――――――



             , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
              ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
         / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
       / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
       ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
.       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´
    ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._
   ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、
    メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
    イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´     「あ、私も行きます」
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                     /             ゙'ヽ、    ヽ
                     /              \ ヽ,     \
                        ゙|                   \ i       ヽ
                         l                 i   、.i.',     ヽ
                      i              !   ヽl ',     ヽ
                        !             ,' ,'.   ヘ : 、       \
                         ヽ            ,' ,'     ゙i! :      ヽ.
                         ヽ            / ,'      ヘ'       ,ヘ
                        ヽ、       / ,'     ', ヽ      ',ヾ.
                            `ヽ、     / / !     ',  ゙i        ', ヽ
                              ヘヽ    / /  !     'i ','i,         ', \
                               ゙iヽ   /  l      l  ヽ       ',  i',
                             'i ヽ ′  l       i   ゙i    、  ,'   ミ、
                             ゙i! \  ノ          l   ,\ , '  ,'     ヾ、
                                 i!  ゙i!          l   ゙,'\   '      ゙i!


96 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:22:02 ID:bGJX8R/H
一202.
――――――――――――――――――――――――――――――
  期せずして、キル夫とやらない夫だけが残されたその場の空気が、
  一瞬にして氷点下まで落ち込み―――
――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /⌒  ⌒\
   /         \
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \     「……………」
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /



                                                 / ̄ ̄\
                                               / _ノ  ヽ、.\
                                                 |  (●)(●) .|
                                               !  (__人__)  |
                             「……………」           , っ  `⌒´   |
                                              / ミ)      /
                                             ./ ノゝ     /
                                             i レ'´      ヽ
                                             | |/|     | |


98 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:23:02 ID:bGJX8R/H
一203.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  先制はキル夫が取った。
  ツカツカと歩み寄るとテーブルを殴りつけ、大声をやらない夫に叩き付けたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                    /|
┏─────────┓                                    / | ,!  !
                                                  .l  l  ! /
   おいテメェ!                                 /!     ,,.rァ .l ,l .lr'
                                     / l゙  ,,、r'´ /  l゙/
┗─────────┛                      |  l_,.r''´   /
                                      |    ,.、r'!  /
       /// // ///   ///                   ,,l   ,,r'’  l  /
      //// // ////   ///                ./   .l゙    l ./
     //// // ////   ///                  / ./!  l!    l゙/
     / ̄ ̄´`ヽ _  // // //             r'´  ./ .|  |
     (  ゝ/ ̄ ,   ̄ ̄ ̄ ̄             |   ./  |  |
     (`ー‐|  /!                          | ./   |  |
     (`ー‐し'ゝL _                       レ'     | /
     (--‐‐'´}    ;ー------                  |./
      `ヾ-‐' ーr‐'"                                       _,,.rァ
     )     て                                        r''´! ./゙ /
    /^⌒`Y´^\                                /| .| ,l / ./
      レY^V^ヽ                                    |  | |/./ . /
                                            .| ./  ./ ./
                                              l/   / ./
                                                    ;'_/



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   「何だ?」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  喧嘩慣れしているのだろうが、物理的な脅しなど意味はない。

  まずは相手の主張を聞いてみようと、平然と構えたままの彼は―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――


100 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:24:02 ID:bGJX8R/H
一204.



              ,. -─────────‐- .、
             /                  \
           /                     \
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::        \
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      .\       「雪華綺晶に近づくな。
    /       .|                        |      .\      アレは俺の女だ!」
   /         |\                    /|        .ヽ
  |            |  工工工工工工工工工工工工工工|         .|
  |           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          |
  |           \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             |
  |                 \エエ工工工工工工エエ/               |
  ヽ                                          /
    \                                    /
     \                                   /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――続いての言葉で、人生で初めて目の前が真っ暗になるほどの衝撃を受ける。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |     (__人__)     「………え?」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



103 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:25:02 ID:bGJX8R/H
二205.



闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇, --────-- 、闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇/           \闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇/              \闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇/                  \闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇/         ───     ──\闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇 /                        \闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇 |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶闇闇闇闇 (俺の、女………?) 闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇 |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇 |             ,/    |      \闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇 .|            |     |     |闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇 ..|            |     |     |闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇|             \__/\__/闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇|.             ヽ  , ─ 、 ノ '闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇.|                           /闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇 |                          )闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇 丶                         l闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇\                        )闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇.\                  /闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇ヽ                /闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇/                く闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇|                 ヽ闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇



105 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:26:02 ID:bGJX8R/H
二206.
――――――――――――――
  さらに畳み掛けるキル夫。
――――――――――――――



                                        , ' ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                       /           :::::::::::::::::::::::::\
                                    /             :::::::::::::::::::::::::::::::\
                                   , '       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                 │             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
                                │              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
                              .  │      、-_.===-ー}  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                                |      ,.,r'/  _.,  ,' : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                | (, `ン`〃,ィ" ̄Y!}》}i,r'   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
 「突然ひょっこり出てきて、                {  ′ トリイヘ;_゚__ノ'  '     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  粉をかけるようなマネしてんじゃねぇよ!     .  ',   ,.' ヾ≡彡'メ、        ! `i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                    ヽ    - = 彳,勿ァァ __/^Y:1i. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
 盗人猛々しいたぁこのことだな!」               . ゝ、       _ ノ\__ト-'_ i:|  :::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                         ヾ, 、  __ /^Y `!__ノr‐く_ノi:|   :::::::::::::::::::::::::::::,r'
                                       Y''く  `i |、_,ノrベ!_ } Y! /ハ ::::::::::::::::::::::}!
                                       \ハ___jニr'⌒ト、_}. `′ ハ_八_i :::::::::::::::/
                                          亡「\ `r:J r~',x'^⌒ヾJ| ::;_;:::イ! /
                                          ヽrヘ┘, _,x:+く    __,比ィイ //::::
                                            \.メ^      , ',∠=イ //::::::::::
                                                i.    // lYト,//::::::::::::::::
                                              ヽ -='-:'´   lレ' /..:::::::::::::::::::


108 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:27:03 ID:bGJX8R/H
二207.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  さすがすぐに思考能力を取り戻すも、理論立てて言い返す事が出来ないやらない夫。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                        ヽ
               ,,  、       l
         ゝ_    _/  .. >..、     l
          `''''''‐"  _ __ ニ:_丶     1
       / 、      ^''''ー 、__ ゝ   │
    / . l 丿  l'"! 、 、 '''-ー-、 ´ ^ー-..、 .
    | 」 |  | || !  ! l │ '   ,r _..,, f.
    `、  '、 ゝ ノ / l ..′ ,´  | l│l .i      「そっ………
       `- - ゙‐'′  --"  ,ヘ ∪ ノ l.       そんなつもりじゃ無いっ!」
                        ´ /
           /            `)
           f        丿   ヽ/
          入 ___ -'     ,′
         ( V v      "‐_ -'′
          ''-二ニ -=  `'`ソ /
            ´ ‐‐;ュ `' 、ノ  /...
              ニ   ′ 丿
                     !.
                     !.
     丶.._              /
       `゙ ‐--- ____-''
                 \
                   \
                     \


110 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:28:02 ID:bGJX8R/H
二208.



              ,. -─────────‐- .、
             /                  \
           /                     \
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::        \
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      .\     「分かったな!
    /       .|                        |      .\    俺………俺達の邪魔はするな!」
   /         |\                    /|        .ヽ
  |            |  工工工工工工工工工工工工工工|         .|
  |           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          |
  |           \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             |
  |                 \エエ工工工工工工エエ/               |
  ヽ                                          /
    \                                    /
     \                                   /



――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして彼が逆境を跳ね返す方法を考えている間に、
  この場を圧倒的有利に支配して要求を一方的に突きつけたキル夫は
  乱暴に扉を閉めるとどこかへ立ち去って行き、
――――――――――――――――――――――――――――――――



       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | | バタン!!!
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|: ; l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||           ||    |_|
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -



―――――――――――――――――――――
  談話室には殆ど言い返す事も出来なかった、
  困惑のやらない夫だけが残される。
―――――――――――――――――――――

111 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:29:02 ID:bGJX8R/H
二210.



   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::     :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::     :::::              :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      , n / ̄ ̄\ .n  :::::::      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、                :::::::::::::::
::::::::::::::::::              /,イ / (○)(○) .l i i i 
::::::::::::::::::          ::〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉    「なんだこれ………
                 ::::::', i.  ',   ` ⌒´ /   /     なんだ、これ………?」
          :::::::::::::::::::.i   l.      ,'  ./
       :::::::::::::::::::::: .  ヽ、_.イ、.    人 ノ  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::        ヽ     〈_ノ ノ        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::  |     ./           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        ::::::::::::: |    .   | ::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::  ::::::::      :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::  ::::::::::      :::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::::::     :::::::        ::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::     ::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::          :::::::::::::



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  昨日から感じていた、胸の中の甘酸っぱく心地よい感覚はキル夫の言葉にかき消され、
  言い様のない暗く濁った感情が、自分を満たしているのが痛いほど分かる。

  憎しみや怒りではない、初めて感じるその感情が何なのか分からなくて、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


115 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:30:05 ID:bGJX8R/H
二211.
―――――――――――――――――――――――――
  混乱した頭で情報を整理しようと努めるが―――
―――――――――――――――――――――――――



                  ┏───────────────────┓
                  
                     俺の女って何だ………?
                     俺はじゃあ、どういうつもりだったんだ?
                  
                     あれ………?
                     あれ―――!?
                  
                  ┗───────────────────┛
    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,        ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,      ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;      _________       ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,      /       'r r.r.r.i '''              '     ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,       ,,,;;;,,,         /        | | | | |                  ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,    /     u  .ノ.ノ.ノノノ  ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    ''';;;''              ,, ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ  '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
,,,,;;;;;;'''''''       ;'            ,,,,;;;,;''/ (○)(○ ) .(    l ヽー―ー-、'''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
            '          ,,,;;;''''''  /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ ';,    '''';;;;;''
     ''';;;,,,,,        ,,;;;;'''       ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l   ;,     '';,,,;';,,;''
        ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''       /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''           .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l     ,;
                         /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l;;; ,,,;;;''';;'
                     /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }'';;;;;    ,,,,;'';,
   ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'    ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''             ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ  ;'  ''';;;;,,,
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';                        ', |     /         ,' ,,,;;;    '''''';;,,,,
      ;;;'';                           ト、   ノ          ノ   ''''';;;;,,,,,,  ''';;,


――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶に感じていた感情の正体を知らず、
  一緒に居られて嬉しいとしか思っていなかった今の彼に、
  その答えが導き出せるはずも無かった―――
――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


117 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 22:30:40 ID:bGJX8R/H
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手ありがとうございました!


次回は第一章第四話になります。










【漫画全巻セット】【中古】ローゼンメイデン ヤングジャンプ版 <1~10巻> PEACH-PIT【あす楽対応】

価格:910円
(2018/9/24 08:59時点)
感想(0件)






らき☆すた(1) 【前編】【電子書籍】[ 美水 かがみ ]

価格:378円
(2018/11/6 00:01時点)
感想(0件)
























次の話






目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1253-8da361a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)