FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! 第一章 領主の証-1 2018年11月10日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




615 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:00:10 ID:XaufQ0+k
一1.



┏┓                                ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋──────────────────────╋┓
┃|  ~ やらない夫は                     |┃
┃|      約束を守るようです ~               |┃
┃|     Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! .|┃
┗╋──────────────────────╋┛  :::::
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓ ::::::   :::
┗┛                                ┗┛:::  :::::
                 | :::::/::::::::::::  :::::::::     ::::::::::::::  ::::::   ::::
                 | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::
                ,/  :::::゙<´::::::::::::::::;;;;;;;;;::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__
                 \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.::::::: __,. -ァ  ∠._,'  /
                  \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.    ̄   _,.r- !/
                    / :::::/::::::::::::| |:;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::  :::::_,.;r=
              .     / ::::/ :::::::::,' ,':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ::::::::     ::::/、::::::::::::::::::
           \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、.:,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_:;;;;─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ./;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´:::::::::::::  第一章  領主の証
      <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ.──-ト、   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
        ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、..   '{  ≦=≠                :::::{
     ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ                /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \j
   --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}    ,.---- 、       /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
    ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く   /     ヽ    ../: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
  /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',  .{  .出   }  ./: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
../---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ .ヽ.  ||   ノ   : : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
.    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|   ||||==||||    : : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l  _,-ー、
    /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj....   |::|        : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |/'、=--ー: :メ,
   _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/.       |::|     : : : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :/: /' _.,,=-ー`´i
    ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'.        |::|      : : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'ー/ /´,_=-ー'': : :)
        /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/         |::|     \: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/ 'ー(,,r'"_,--一,ー ,.゙(,
.      __,-,ニ二ニ=、   \  ゙゙゙/  .ソ.           |::|     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\  ゝ: : ̄.:゙i,: : :: : :,r': ヽ
     .//         /ヽ- '                   |::|              ,ィ''´_二----`' - 、__ : \ ``-" \,_、: : :: : : :
   //:/ ヽ、     _ イ                  |::|          /, イ_, _, - '´     ```'‐、:\   ``ヽ: : :: : ::
 / ヾ`、  ヽ、   Y                       |::|      /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
     >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/          |::|     // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
   /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´            |::|     {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
  ../: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\           |::|       Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
  l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ.          |::|       {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
  /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ        |::|       __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
  l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ        |::|       i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
  l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、        j::!       }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
  l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l.         ` ´      'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
 .l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l        __     i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
 l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V.       /    .\   r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
 l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl           /       ヽ  `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \、
 l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/         |          |   ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \
 l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l            |          |    | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \
/: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l             |          |     l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、
                              ヽ        /                       ,.-、
                                  ヽ      /                    _,.、/:∠_
      ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
     ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
     /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
     '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/:'シ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
              `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
                   ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´











617 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:01:11 ID:XaufQ0+k
一2.
翌朝―――

午前八時前に朝食を終えたやらない夫は、
ちょっと早いかとも思ったが装備を調えて町に出ていた。



....................         ........:::::::::::............     .........................................:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............................                    ::::::::::::::::::::::
_,,|,,__,,|,,__,,|  ゙'';;;;|;   γ ̄| ̄ヽ        γ ̄| ̄ヽ   ;;'
,,__,,|,,__,,|,,_|;    '|   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!      [「二二二二二
_,,|,,__,,|,,__,,|;;    |   l!┼┼┼l! '7;,    l!┼┼┼l!    ';; || | ̄ ̄ ̄|| ̄
,,__,,|,,__,,|,,_|゙;;;,  | ;;  l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |┌─┐||┌
_,,|,,__,,|,,__,,|;;;;;; ゙:. |   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |└┐  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;;;;;;;;; |   [ ̄ ̄ ̄ ̄]      [ ̄ ̄ ̄ ̄]  #  ,;|| |  │Ⅱ||Ⅱ
_,,|,,__,,|,,__,,| ;;;;;;;;;;;|   `´ ̄ ̄`´   へ  `´ ̄ ̄`´     ::|| |└┘  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;; / |        メ        ;;     ;;'';     _|| |___||_
_,,|,,__,,|,,__,,|/../| ';,          ;;                ,,;;''| |ニニニニニニニニニニ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ニニニニニニニニニニ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Llニニニニニニニニニニ

                    / ̄ ̄\
____________ /  ノ ヽ、\______________
――――――――――――|   (●)(●)|――――――― /勹――――
     .....           |   (_人_)│         /ヾ/
...,,.......          .....   |     ` ⌒´  |        /ヾ/      ...,,.
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                 .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/    「済みません、
                  / lヽ     /    /`弋ll      領主の館はどちらになりますか?」
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
       /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
      ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
      〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
      !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
     ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|


619 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:02:10 ID:XaufQ0+k
一3.
町の人に尋ねれば領主の館の場所はすぐに判明し―――



                                                  ,.   ´  ̄ 丶  - 、
                                               ,. ´             \
                                             /      ー 、ヽ          ヽ
                                            /
                                          , ´        _   r‐- 、
                                          i      r'  ヾ,{//' }               ',
                                         ,'       i |        | i i           i
                                         !      i } !         | | |   ヽ       |
  「この大通りを真っ直ぐ東に行って、                 i    ノノ 士-、     ┼ヾ‐ヽ  \       !
   突き当たりを北に行ったら灰色の建物があるわ。         ヽ  _/ノ ,r=ュ、       ,r=ュ 、_,ヽ __, ー'′ |
                                          丶   ', ヾ_i;リ      、_i;ジ  i         |
   そこまで行ったらその辺の人に聞けばすぐ分かると思うわよ」    i  i             |        |
                                     .       l   ',     丶         ! i      l
                                           l i   、    、 _,.       ,'  l  i   l
                                           l.  !   ヽ     -      /  ,'   /    !
                                     .      |  | i  丶、     ,   ,'  /   /    |
                                           !   | |    _`T ´    ,i ,.'   /┐   !
                                           |  ! !/ ̄ヾ / ̄'⌒ i´l     /  |   i l
                                           | | ! 〉 .} y'   / / | 「!  ,/   │  |  !
                                        _,  | _ 」 |l  |/  / /  l|!  /   jヽ 、 l  |
                                       //二二 | /  /   / /  |||/  _/- 、  ̄ ー- 、
                                       '' ′    l |  l   ′ l_r‐'′|」 ′/      ̄` ‐-



             / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)
           l     (__人__)    「分かりました、
          l     ` ⌒´ノ     ご丁寧にありがとうございます」
            |           |
          ヽ       l
            _,ゝ、   _,ノ
        ,、-='l \_,ン g<\
     / \ └〆\ i=i|\'\
    丿   ゙i   \ \=il / i!
     l    l    \\| /=|l
     |    |     \i/   ||


620 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:03:10 ID:XaufQ0+k
一4.
十数分後には、館の前に立つ彼が居た。

少し古めかしい建物ではあるが大きさとしてはかなりの規模だろう、
さすが領主だな、と感心しながら玄関まで進んで戸板をノックすると。



                   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     __________||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三三三三||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __;;  ||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||  ; ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   ;||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄   ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三三三|| ,, ||_|_||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   __   [二二二二二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  __  | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  |_ :|: _|  | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     __________,|_|  |:::゚|゚:::|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''

      / ̄ ̄ ̄\
    /         \
   ./          ヽ
   .l           l
    l             l
    .l           l    「ここか」
    ヽ          l
     ヽ         l
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l
 .l i         l     l
 l .l        l     l
 l l       . l     l
 l l       . l    l
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l


621 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:04:11 ID:XaufQ0+k
一5.
現れた意外にまだ若い執事はいかにも冒険者風の彼を見て、
とっくに締め切ったはずの募集にまたやってきたのかと、一瞬不快そうな表情を見せる。



               _ _
            ,.-‐''"´   `ヽ_
        ,r‐'゙´    `ヾjir /  .:.:.\
      /ィィ彡, ,; _/^ヾr'^ヾリ」r.:.;;:;;l
     /.:.:.:.:.::::::r''''"´      `ヾ;;;;;:ソ
      !;,;,;,;;::::::/   _ _ ,  r‐-、};;;「
     l;;;;:;:;:;::::l   ´r_。ン  ノ。< .l/´
     ヾ;;〈^ヾ!        「´ !     「はい?」
     `ゞY7    r   r‐、ノ ,′
      `i;;ハ   ' `ー==‐ /
        _リ.__ヽ_   ´ ̄ /
      /       \ _ _,イ
     _/        V「´ |
    ̄   ̄`¨`ー - 、__}j  」_



                                               / ̄ ̄\
                                            /  ヽ、_  \
                                           (●)(● )   |
            「突然の訪問、申し訳ございません。         (__人__)     |
                                            (`⌒ ´     |
             冒険者のやらない夫と申しますが       .     {           |
             雪華綺晶さんはいらっしゃいますか?」        {        ノ
                                              ヽ     ノ
                                             ノ     ヽ
                                              /      |



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j    「………ああ。
       ',  、__      レ ヮ' l  /     お入りください、今呼んできます」
       ',  ー '       __/ ./
        ヽ `     ノ  r'"´
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \



しかし、突然の来訪を詫びてここに居るはずの彼女の名を出すと、
話が通っていたのだろう、ロビーに通された彼はそのままそこで待たされる事となった。

622 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:05:10 ID:XaufQ0+k
一6.
執事が廊下の奥に消えてからしばらく。



                       i     ;        /
                        l       ;       /
                    l     ,'      /     ,..、、
                     |    ,'       /ー- 、. -=― .、ヽ
                     l.    ,′     /       ,: ゙i|
                   i    i    /ヾ:     ,,.:'  |l
                    ,! ,  !、   ' ノ,' __  '"_,_;_,..-',イ
                        ,'   |`ー--‐"'''´    ̄i`- '" l
                  /     |             l     ,!
                    r'´ ̄`ヽ、!           ゙、   /
                  ,'      |            `''''"
                 ,'     ,:'
                   /     /
               /     ,,.:' /
              、-゙''   '''" /   タタタタタタタ
        ,:''⌒``'''<゙ヽ、、    '{
          !,. - 、    \ヽ、` 、.,!
        ゙ヽ、  ` ‐ 、...ヽ、_``'く
          ``''‐- 、_ `` ``r'′
               `丶、ノ


軽快な足音が近づいてきたと思ったら、小走りで現れたのは
ほっとした様子の雪華綺晶。



                   _
                   ´))       、__
                     {!´    ___`⌒}! __ _
               , -‐r仝ァ'´ ̄      `>(そ})  `ヽ
               /_/外ツー‐     ー'´ ノゞ匕ー'⌒ ト、
             /(⌒iー' / 〉´    l i   `ヽ    } l l |
           /|   ヘ  / /   |  | |  | l   \ /  .| l |
.           / リ    ∨ l ! |  | |  | |   /   | l 八
          / ./      ハ l l .|  | |  | |  | /    .|  ヽ\
           / ′    } i |斗 十  | l 十 ト V   八 \ 丶ヽ
.          /'  | l.   /  } |八__从 l 八 l 从リ|   /  l\  ヽ∨
         l!  | l  /  バ f仟ツミ〉   ィfた圷、   ,′ / リ \ ! }    「おはよう!
         l!   },′/  /_乂ニシ    弋zグ l   i   | ∧  ) ト'     ちゃんと来てくれたんだね!」
         ヽ ノ' /   '((⌒ヘ ̄^   ,   "" |  l   l/ 〉 V ノ
          /  八  V )} ノ丶   r丶   ィ |   ',  ∨ i´ |
        / /  /  \ ヽ く /r'≧ ´  <)ーァ∧  ヽ  \li |
.        / l   l    }\ }_`>く=ヘ'~^〉⌒^7'、__ \  丶 \}
       |  }  ∧   ハ>=‐く < f⌒´,ィ  λ  }=- 、丶     ヽ
       |  l l  ハ   r'      \l⌒ー仝、_} 'ー'´   \) ヽ     }!
       }  V'  } }  }      丶ヤ> __<リ      l      八
      人/   |/   |        V^L_〉 〈       }     /  ヽ
      /    /   ハ       / ヘ j  !         ′ ,'  /   ハ
     /  /  /  / \     /     }      /  / /   / }
    /   / /  /    ,'∧/  〈   、__ ∧-‐'  /″   |   / /
  / ′  l!/  /    /  ハ    ∨  /⌒レ'7   ハ     }  ′ |
  | l   |   ,'    /  ,' ∧    !  `~7 /   / l     V    {
  | l   }   !    /  /  ∧   レ'7__ノ ,′  / 八   ヽ  ヽ   \
  人 ヽ  j   ヽ   }  ′ / ∧   }    {   /   \  丶  \   \

623 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:06:10 ID:XaufQ0+k
一7.



                    / ̄ ̄\
                  /  ⌒ .⌒\
                       |   (●)(●)|              /勹
                       |   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/     「約束、だと言ったのは君だろう?」
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                  / lヽ     /    /`弋ll
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|



おいおい、と腰に手を当てたやらない夫が言うと、
ぺろりと舌を出してそうだったわねと呟いた彼女は目の前に立って、
何処をどう見ても戦士風の出で立ちである全身を見回した。



                                   ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                   / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                  i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                  ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                 .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
        「そんな事より、                 li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
        やらない夫も魔法騎士なの?」        ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                                  ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                   !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                  ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                  //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                 / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                               / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                             / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                            /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                           ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、

624 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:07:10 ID:XaufQ0+k
一8.



                         , ------ 、
                        /      \              /ヽ
                       i             i           /ヾ/
                        |  \    /  │         ./ヾ/
                        | ( ●) (● ) | 、-- 、   /ヾ/
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´      「まあ、な。
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||     本職は一応、こっちだよ」
               ,  ―;;;;;;;―´ | |、` ――― ´.,| |  `-;;;;;--  、`弋 
             / ヽ   ▽  ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /  ▽/ \  ´
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |       \  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´  <^ ^>  |         `ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´....   Ⅴ   |         ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i;;;;;ヽ. ヽ              /  ,/;;;;;;ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::/;;;;;;;;|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|;;;;;;;;i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|;;;;;;;/    |         |   ヽ;;;;;;;.!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i;;;;/\     !         !   /ヽ;;;;i――――‐ ´i
       .|------i   .|/   `ー―――――――― ´   .|   .r‐‐‐‐‐|
      .|    .|    .|         / :::::::::::::∧          |   .|    .|
        |----- .!   .!\     ../:::::::::::::::::::∧     ../.|   .|-----|
       |     .i   .|  .\     /::::::::::::::::::::::::∧    ./ . . |   .|    |



てっきり彼は魔法使いだと思っていた雪華綺晶だったが、
暗くないここで見てみればやらない夫の体格はがっしりとして
見た目から武器を持って戦う戦士だと分かる。

修行が足らないわね、とまた内心舌を出した彼女は自分の未熟さに苦笑すると、
年齢には不相応なほどに落ち着き払った様子の少年をじっと見つめた。

625 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:08:10 ID:XaufQ0+k
一9.



             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''!
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !    (―――かなり出来るって言葉じゃもしかして、全然足りない?)
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ / ' / / /    !
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  / / / /    l
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / / //    |
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |  ┌──────────────────┐
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |     |  │雪華綺晶から見たやらない夫の装備   ...│
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |       |  │                           .│
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |  │途轍もない両手剣              ....│
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |.....│凄そうな板金鎧                 .│
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ     │魔法のグローブ                ..│
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |...   │魔法のグリーブ                 .│
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ....   └──────────────────┘



自らも剣を持ち、理力魔法を操って戦う魔法騎士だからよく分かる。
ただ真っ直ぐに立っているだけのやらない夫は自然体だが、
放たれる一つ一つの雰囲気や身のこなしには隙と呼べるものが全く存在しない。

本人だけではなく装備の質もかなり高い。
グローブとグリーブは探せば同級品も見つかるだろうが、鎧と剣―――
特に剣については、尋常ならざる素性を持った超級品であると一目で分かる程の物である。


626 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:09:10 ID:XaufQ0+k
一10.



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |   ///(__人__)
          |     ` ⌒´ノ          「………ど、どうした?」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



見つめられるままだったやらない夫が、何となく顔を赤くして声を出すと、



                                             ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__
                                       ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y
                                     r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i |
                                     トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !
                                          | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ
                                          レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、
             「あっ、ごめんごめん………」       /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi
                                       /   /  ヽ卜辷r" :  "" { ! ハ    ト-ミ: ____
                                     √ァ’ /   トミ Ⅵ(  ‐.‐  人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
                                    /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
                                 人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/
                            .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
                          ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
                           /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
                          /    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ
                              .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ
                           / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /
                          く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
                           ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八



魅入っていた事に気づいた雪華綺晶も少し赤くなって視線を逸らし―――

628 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:10:12 ID:XaufQ0+k
一11.



     _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
     /   ,′  ´ ̄、`Y  l
   /    /   、    l くハ |
   ,′ , l !   , |  、 |  l l|
.   l  | | | /| ∧__ハ| | | |     「こ、こんな所で立ち話もなんだから………」
  | |  l | l7/斗‐r、 | | | |
  |∧ |Nヘ、!/ ==、〉 ,′l|
  ´ ハjミYシ′  ::::::::: /  /  l| \
   / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
.  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、
  l  /  / {^ーメ‐┤ | |\   `ヽ、 l
  |/ / rく_∠__」 「ヽヽ \_ l ! |



やや声が上ずっている彼女に連れられて、二人は談話室へと場所を変えた。



        __         |∬|:.       __         |∫|:.       __         |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
     ||―|―||        |∬|:.    ||―|―||.     |∫|:.    ||―|―||.     |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
         ̄ ̄         |∬|:.        ̄ ̄         |∫|:.        ̄ ̄         |∬|:.
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======: :
  ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∫| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======:
                        , -―- 、
                     /     \
                     /  \_   |
                     (●) (●)   |    (こういう所、久しぶりだな)
                     (_人__)    /
                     l`⌒´    /
                     |      ヽ
                     __!、____/  \
                   /、 ヽ     r 、 ヽ
                   ハ ヽ Y`l     |  >  Y
                  { ヽ_ゾノ     | レi i i}
                  `¨´  ヽ    ハ  `'''
                        >   / ヘ
                       /  /ヽ  ヘ
                       _,/  / ご_ノ カツンカツン
                     ( ヽ /
                      \__ノ

630 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:12:11 ID:XaufQ0+k
一12.
ロビーから少し入った所にあった談話室は品が良く、格調高い家具が並んだ
落ち着いた雰囲気の部屋だった。



   ,=============,
   | r──、 r──、 |                         ______
   | | / / | |/∇ /| |                             /7i          |
   | |==== | |==== | |                          //:::|           |
   | | ∀  | | / / | |                       //::::::|           |
   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l               「|::::::::|           |
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉            |:l::::::::|           |
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)             |:|O::::|           |
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│           |:|::::::::l           |
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:|::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      |:|:::/
                                       |」/

                    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
                        l i   +   +   +   l l:::|
                    / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
                      ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
                  | l                l |/
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
                /                     //|
            ___/___________//| |
              (_______________),‐─┬i' ゝ)
             l:::          .   ..::::::::::| l^) .l│
             |:::    ;.             ..::::::::::| ´|  ゝ)
              |:::           ;  ..::::::::::| /
              l:::.            .   ..::::::::::|/



やらない夫に取っては久しぶりの空間。
まだ離れてそれほど経っていないはずなのに、懐かしいとすら感じる空気。


631 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:13:11 ID:XaufQ0+k
一13.
取りあえず、と背中の剣を下ろしてからソファに浅く腰掛けると、



  / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
    /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
    //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
    ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
  /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |    「………もう一度お礼を言わせて。
_/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|    君のおかげで錫杖を守れたわ、ありがとう」
 /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
         / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
       /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
      /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
   , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
 /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
__ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
   ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ



その真向かいにぽん、と跳ねるように座った雪華綺晶がぺこりと頭を下げる。



                                                  / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
                                               (`⌒ ´     |
                       「いや、気にしなくて良いよ」   .      {          |
                                               {         ノ
                                            mm   ヽ      ノ
                                           (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                               ̄ ̄ ̄|    |


633 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:14:13 ID:XaufQ0+k
一14.



              .ノ     _ , _`´ヽ ,、 , - 、
            _ _ |_ , - ´    ̄` >(x )_,,- ヾ、
           /ノ|l /_`      ̄/=|l `| 、 |`、
          /_ /ソヘ,   , ,   、  \ ソ|.| | | .|
         .| |l /|/  |  | | 、 ヾ\ `y ハ|  |、
        ノ|  |ヽ|  .|  .| |  ヽ \| / / |l 、ヾ`、
        /./   ) ヽ |l| | ソ .|ハ .|___.ソ | .八 \\)
       / ||l   ノ |l |  | |ヘ、,ソレヾ__ _ヾ| .| /  ノヾ、\ヽ    「ふふふっ、ちゃんと自己紹介しないとね。
      .|  |l   ||/ || /テアヽ `´ イ::..::ハ |l  | || 人 ) |lノ
       |  |lソ /  /、 >=刻ソ   弋;;ソ .|  .| | |l |レ      私は雪華綺晶=セラフよ、
       ` /  |  |l>ー、 xxx     xxx/ハ  |l ヾ|l +|      この間十八歳になったばかりの冒険者。
        /   ヽ、 ハソ , >、._.` ´  i´てノ、 |   \ |      今はここの領主様に雇われているわ」
       //  |  |ゞ、 Y、ヽ、<ヽ ` ´<>)⌒( ヾ .ト 、   \
      l| | | .|  \ソ=<ソ`ア<,  >  及| |ヾ    ヽ、
       |ゞ、\ |l   y ̄` -=-, 、_ , 、ノー´ ノ |l  |ヽ   |ヽ



                                                 ―― 、
                                              / 〉 ´      \
                                             / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
                                          / //〉  ( ー) (ー )  l
                                           l  ´ イl   (___人___)  l
                                           l    iYl    ` ⌒ ´   l
              「やっぱり冒険者か。      .        /   ハ !.!          !
               なんで、そんな危険な事を?」         /  /  ' ヽ           /
                                        l   // 、ゝ       / ヽ_
                                       ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
                                 .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                                 .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
                                     / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                                 .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                                 .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                                   /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !

634 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:15:12 ID:XaufQ0+k
一15.



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {       「君だってぼ………」
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



夕べも見せた、気に入らない様子で眉をしかめたやらない夫の問いかけに首を傾げ、
君も冒険者じゃない―――と言いかけて気がついた。


636 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:16:10 ID:XaufQ0+k
一16.



.        /   ,_{:::__ )ヽ、_                 ,,イ、ヽ_,-、ノ
     /  /   ゝ_jヽ   `                 r-r_イ\
   / :/   f r- '              ,、             ト-、.ヽ  \
  / :/      ゝ二ゝ'    /      / |   i    j      !  ノ ノ\ \
  ::/       / //     / ,    / /_ l  /   /!     ! ` T     ヽ ヽ
 /        / //i    / /  ,イ  λf' j ,ィ   / |!   /│ |     |  |
/          / ///  ,,/j_/- /-l、i_/,ノj / / l j_/!_|_  //l |  |      |  |
        / / l   / /∧ /-f,j│fイ/ / iリ+/,. =j_/!/,リ   |.     |  |
     ./ /   !∧ !,ノ  トヘ_`少V j/   イ´ir,ノ/ / l     |     .|  |     「………女が戦う事、嫌い?」
.    //      `' ´   /、jfLー- '_/     ` ̄   ∧,│  、, i    │ |
  / ''            /\_f~ζ´    <i        /ノ| |   |、ヽ   ノ /
,,/            /: : : : ヽ.       _      /: : .| |   |-! |  ̄_,/
             / : : : : : />ーr  ` ´  ..ィー-'ゝ: .| !   ト| |\
            /: : : : : : : / \   `ー-、<ノ  /: : リ|   |│|ヽ `ー -、
        /⌒`ヽ-、_/´ヽ  ノ\.   .ノ   ::く: : : : : : ! __.│| |   ̄ ̄\\
       (,,rーr-、__     ̄ ̄ ̄''    (      ̄ ̄´  ` ´ ̄ ヽ   ノ/
    , ー─ゞ-{     . /    _    _ノ 、        ―- 、_ r、ノ___∠、
    (:::::::::::___::::.ゝ- r-' ´⌒ヽ_イo/ゝ''::_/ ヽ_ノ ⌒ヽ_ノ´ ` ーく ̄:::::::::::::::::::::jl
    \´   `ヽ,       / / -―' _/\ \ _ j !      \::::::::::::::_ノ/、
     )ヽ    ノ::!  __ r-,/o/ 、 <      >  |o|   _     ト, ―'  /\\
     `ゝ   ト_::|__ノ: : : |ヽー--、> ` ‐ ´ < ´|__|∠_(へ__ ∠:ノ   ノ   \\



                                    / ̄ ̄\
                                  /       \
                                  | _ノ  ヽ、   |
                                  | (ー)(ー)  |
                                  |  (__人__)   |
                     .             l  `⌒ ´   }
                      「ああ」         ヽ      ./
                                  /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
                              ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
                               //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
                            ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
                           /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
                           |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
                           l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
                           i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
                           〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
                          /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|

637 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:17:12 ID:XaufQ0+k
一17.



       ,r-''´入^>''´ ''''ヽ、/,`',_,_
     ,_ tYソヲ/        >ヾKミ `i
    / /  フ  r     i  ゞ Vvi .人
    i '  il l   >   V |  |  .l   `',
    ',  / .|i |',r、il__  /__i_.i_.l  .| i   ヽ、______
     ',  ゝ Vil/λ=j、iノ´__iハ_i/ il ',    x、__, - -─、 `ヽ
     i _ /jrvX薇.ノ  イtjアハイ/ 入   廴____|  .i     「頭が固いのねぇ。
     / ti, -Y^ト     ` ´//j i     ` ,  ー- 、 _  ヽ/      今時そう言う考えの人が、
    y´Yi 廴t>、 ー- /,、y/フ   i   ',     `'、 ,'      冒険者に居るなんて思わなかったな」
  r''´  >i tノ ヒr` - <ソ ,/ ̄ソ、  i   .i  `'、   ノ /
  \  __`<i l.il' 、-、 _ ,r-コ i  /フ \ i   i   i  ,´ i
   .卍/´` ''=''ニ'、`- ´<i.l ./、  / `''、、_ ゝ、_  ヽ ヾ ヘ_
    itj、_、_ -'ミン´´゜`'> v、/  ./    / `'- 、 `', - 、_  ヽ__
    i  / /`''´X>`´<ソY   ,'i   ./    i ´    ` ' ,   `i
    ',  ハ  `ァx, -''´    / `> '' ´i             ,'   i
    ト、,イ i    i      ,'  ヘ /ハ           '、   ト、_



町の人達ならともかく、平等に自分の命は自分で守らなければならない
冒険者の世界で男女に差などない。

しかし、一般的にはそうかも知れないが、
少なくとも自分は一生その考えを変えるつもりがなかった
やらない夫はますます眉間のしわを深くして、
珍しく不機嫌さを隠そうともせずにソファから腰を浮かしかける。



                                 /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
                               /: : : :          \
                              /: : : : :           '.,
                              |: : : :                 :|
                              | : :u : : : : : .,           :|
                              |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
       「悪かったな。                    |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|
       それだけなら俺は帰るぞ?」      |: : : ´"''",        "''"´ :l
                               ',: : . . (    j    )   ./
                            _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
                          /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
                          : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
                          : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
                          : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
                          : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
                           : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
                          : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
                          イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|


638 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:18:11 ID:XaufQ0+k
一18.



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {         「まだ、やらない夫の事を
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ         何も聞いてないよ?」
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



                                                   / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                                               (__人__)     |
                         「………何故俺の事を          (`⌒ ´     |
                         話さないといけないんだ?」  .     {           |
                                                {        ノ
                                                 ヽ     ノ
                                                 ノ     ヽ
                                                  /      |


4 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:19:11 ID:XaufQ0+k
一19.



                        ,-、_
         /ヽ    _ ‐ ´`‐´ ´人)‐、‐、
       /ニトイミソ ̄´´ // ヾ/lくl(tJ>}) ヽ
      / ili(Gゞ)ト    ´     \ヘ彡イ  il
      i tト=ミ彡          \ヽ lし\l il
       il ノノl  l  . ヽ . i   il ヽヾ\  lil i
       iヘ  /  l  i ヾ、ヽヘ \  ヾ\ l iヾ        「あ~っ。
      ノ l i   i  i l フアヽヾ>七´ヾ ヽil l il\ヽ       私の事は聞いておいて、
      i   i i   l l l〉ソ」i\iくヽ〉=-、`l il i l i \`       自分の事は内緒なの?」
     / /l l ハ l il l彡´X>`ヽ〉il弋yソl 斗l   lヘヽ \
    / i´  il l l  ilく薔仝〈》  ´`ー⊂⊃ l  ilミ=-、 ヽ
    / /    l i 〉`〉《トVvイ´      /il ヾ  ヽ`\\ ヽ
   / /   ノl  il lヾ ⊂⊃  < フ /〉\Yミヽ ヽ ヾ \ `、
  l  il  / l  il l /`ノ`トヽ _ _/イミK  ) \  \ ヽ ) `ヽ
  il  l /  / / i//ー´`  tート三//,,_



                                                 / ̄ ̄\
                                               / _ノ  ヽ、.\
                                                 |  (●)(●) .|
                                                    !  (__人__)  |
                    「そ、そっちが勝手に                 , っ  `⌒´   |
                     話したんじゃないか………」        / ミ)      /
                                             ./ ノゝ     /
                                             i レ'´      ヽ
                                             | |/|     | |


5 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:20:12 ID:XaufQ0+k
一20.



    `ミレ_____/三ニ   -    ヾ ミヽ___
   _ _ >//K/f´               \ `ー`ヽ
   `゛=っノノ                   ヽ  `| |
    / >/        /    ;  ;      |ヘ  | |
   i´   /  ,     ,  / /   |  |  ;     | |  | |
   |   /| ; |     / / /  ; __ノ=+- 、|  ;   | |  | |
   | ; | || | ;___ . | | /i  / //_/__ ノ`ハ |  | | | |
   | |  | ヘi  ||`iレミヘiハli // //,=テ=ミノl ノ ノi l  | |    「どっちでも一緒。
   | |  i ミ  |ト i ilト哀ノ>イ´ ´f::::::ハ jメノハノ//i i  l l     さ、君のことを何でも教えてよ」
   ;| |   | ヽlヾミfニ及彡ノ ,  弋:.:ソノ /y/イ l    |
   | ハ   ヾ  ト゛´-Z/        ノ l  i  ヽ   |
   |ノ i   |  | `>`)  ー -   /;;;ill  | | ヘ   |
   |  |l   |  | //ト=i-= 、_ _ イミノil l |  | |     |
   |  ||  |  |ソノ/ノつ= ≧≦三ハ_ム  ilY      |
   /i  . l  | | |-ミ彡ー-゜/ii iiヽ`、ミrル  ) li      |
  / li  l i  l ノ/   `/oフ> `´<l oヽ  ノ  il     |
 /  i il   //  ヽ -ノo/< <> >ioヘノ/       /



主導権を掴んだ事を確信した雪華綺晶は上目遣いに、
腰を浮かしかけたままのやらない夫にちゃんと座るようさぁどうぞ、とソファを指し、
片眉を動かした彼は、せめてもの抵抗にと口を尖らせてから座り直して言った。



                                             / ̄ ̄\
                                           / _ノ  ⌒ \
                                           | ( ●) (●) |
                                          . |   (__人__)  |
                                            |   ` ⌒´  |
                  「何でもと言われても困るな」          |         }
                                          .  ヽ        }
                                               ,、ヽ     ノ-、
                                             /;;;i/      '、!\
                                         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
                                    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
                                .   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
                                   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
                                .   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
                                  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|


7 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:21:12 ID:XaufQ0+k
一21.



                            /`ヽ、
                              /´ ̄伐戎癶)ー―- -―- ..    _,,,,__)
                          / :(⌒/: : .,入            >く(⌒Y⌒ー 、
                            / .:ノ: : .                . : ミ氷冬、   :.
                         { . ′/       :i           . : 伐戎厶:.   .:i
                          У :/  /:    :|     `.    :.  :/ /ハ`Y:.  .:|
                        .' :/: .  :!  /   :|       .:i    :.  / .: }ノi:.  .:|
                          i:.〃.:. .:|:|:! :|   :| .:!    .:| :i   i  .:((__)|:.  .:l
                          |:.:|:!:| :|:.:|:|:! :| i i | |__|:!_!:|  .:| :|    :!   . ′ !:.   .:i
                         ! :|:!:| :| ノ从.:| l l | i :从乂`ヽ :リ:  , ;  .:/:.  |:.  .:|
                         ∨ハん笊ハ,乂乂ノィfテ云メ、:/| /// , :/ i  |:.  .:|
      「そうねぇ。             Y:丈戈匁      {が`Y刈/ .:Ⅵ!/.:/ :/  :|  i   .:|
      ………何歳?」             | しイ爻'^    ,圦::ノノリ′ :/:/.:/イ.:   :|  |   .:|
                            |Y)八 ヽ         /:. .:/:/.:/: :.| |   :|  |   .:|
                           .:.八: : \ 、 _     /:/ .:/:/.:/: :i :| |   :|  |   .:|
                         .: / .:)) :/ )     .: / .:/:厶>―< /.:|  |   .:l
                        .: :/ / :/ /: :`ー┬=/:/ .:/´: .      .:∨ ∧ !   .:i
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ      .       . : :/ /.:/ //`Yしfて)/:/ .:/.: .         .:∨ ∧:!   .:|
|  十八。   |           , : .:/ / .:{ / /⌒Yて)|.:ハ/: .         .:∨ ∧:.   ',
乂_____ ノ        .   / .:/  .: :∧   /⌒Yて,!:|i :′:          .:∨ ∧:.  :ト、
                 . :  .:/  .:   i ∧     イくミY'Ⅵ:| : : .         .:∨: .:ヽ .:ハ \
                〃   .:,′  i: . :l ハ    Ⅵ彡ミⅣ : : .         . : \:. \:.丶\\
                {{   .:{   | : . `Yし-、   j^Y^てリ : : .              . :/\:. \  \\
                ’,    :.    ', : .  :\(⌒Yて(__八 : : .              . :/ヽ :\:. \  \丶
                 \: . \  \ : . / )〃/7   j\: : . .     / :厶イ . . :\ : \:. \  丶


8 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:22:16 ID:XaufQ0+k
一22.
これには雪華綺晶も少し驚いた。

見た目ではなく、纏っている落ち着いた雰囲気や風格から
若く見える二十歳以上と思っていたのだ。



                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ        「あら、同い年なんだ?
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ       ………冒険者なんでしょ?」
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l          |  ああ。    |
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |            乂_____ ノ
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ


9 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:23:10 ID:XaufQ0+k
一23.



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  家族は?   |
乂______ ノ
                             / ̄ ̄\
                           /       \
                           | _ノ  ヽ、   |
                           | (ー)(ー)  |
                           |  (__人__)   |
              .             l  `⌒ ´   }
                            ヽ      ./
      「誰も残ってない」           /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
                       ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
                        //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
                     ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
                    /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
                    |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
                    l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
                    i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
                    〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
                   /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
                   .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|
                   ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|
                     ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \
                    }/ }: : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : 〉


10 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:24:10 ID:XaufQ0+k
一24.



                 /  /{必}                r=ミ | |
                   /  //)厂                ゞ彳i | |i
               /  //(( /        i |   |    ))   ! i|
                 /  //  /  / l l | l | |   | |  |丶i ' .'.|
                "  /  .′ i | l| | | |/.i ハ .l  | | l l |  l  / |
            /    /i  i  l.| l| | | i :!/:ハ┼-| | l | |  i/ / | |
            /   / !  i l l ! 从r-、_)) /i i/ル'ハ!ル/! !i/i / /i ! !
.         /   /   | l ハN nn{ィ示}}    r:行芯ヘ,レ |/ /i | ! !     「………そっか、一緒だね」
..      /   /    / ./ | |.// )辷_ソノ    込zソイin./ / li | | 丶
      /   /     / / i /i { /.)ーイ   ,      n| | 〉/ ハ.| |  \
    (    (      / /  ハヽ|,| i } ))           / ノノノ ) ,  | 、    \
     \   )     /./  /  l\ `  \   ⌒  ./.    /./l  |  ヽ      ,
        )  :   / ./  / 仁へ._\   \   /    /./ l  ハ  ハ   人
       /  /   (  /fニフ(_ / ⌒ `⌒ヽ }≧≦{    /_'  | i i /  \/  \
.     /  /   ノ /rイ / ( //    / 人__i\r─'⌒ー'  トTフi| /  \ \
    /  /  //r─{.`ー  i /     / _,イ }/        ノ、トイ}_   \ \
.    /  /  (  i {     ノ .ノ      イ   八        //\/  )   .  }
   /  /   |  |     /         /j__、\      い、厂/ 〈 i   ノ /
  ./  /    {  } r─'´           イ≫<\      .∨イ   } i /  /
 /  /    /  /          _ <二二二ニ| ト.      \   } i /  人



そこで、自身は親の名前も知らない孤児である彼女は少し親近感を覚え、
その寂しそうな表情にやらない夫は胸が切なくなってしまう。



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!   (………家族の居ない女性の冒険者、か。
   l               `ー‐ f r'    どうして―――戦う事を選んだんだろう?
   l                  ノ'
   !                     /      ここに居る他の冒険者が仲間なのか?)
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


11 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:25:10 ID:XaufQ0+k
一25.



         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }     「出身は?」
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
  /,,_   }li ゝ、i, )).   __,,  lil .li l i ,l .{           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\        |   知らない。  |
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\        乂______ ノ
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l


13 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:26:11 ID:XaufQ0+k
一26.



     _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
     》ゞそヅ/                        \乂v匕人
    ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
  ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
_)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
. / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
 l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |     「………そんなに、私と話すのって
 }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |     つまらないかな」
  \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
   ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
   / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
.  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
 / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
  /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )



余りにも端的な返事が連続したので、雪華綺晶は哀しそうに首を傾げてしまった。

だが、自分の出身について本当に知らないやらない夫は両手を挙げてそれを否定し、



                                              / ̄ ̄\
                                             _ノ  ヽ、  \
                                           ( ●)( ●)   |
                                           (__人__)      | ../}
              「違う、                       _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
               本当に知らないんだ」      (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
                                ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
                               .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                                 ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                                  i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                                  ヽ. `ー '/   /           /\ \
                                     `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ


14 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:27:11 ID:XaufQ0+k
一27.
彼にとても興味を持っており、何でも知りたい気持ちになっていた彼女はそれでも
浮ついた気持ちを自覚しながら、尋ねる内容に気をつけようと思った。



                  ,、  _ . --- ‐-  .,_
             ,r' `ー、 ,ハ `ヽ/(⌒       `ミ 、
            l   rァォ7ハフー'    ,        ヽ
            l i   イゞン7ハ!_  /  /         フ、 ̄了
            /   ゞアン'  /   /         ヽヽフ ヽ
             /   // `Y  '   /            ヽ'  i
             ソ   ./.l    )/   / -/-/─ / ,  /`   ヽ   l
        ,/,     i   ̄ /  /  / / / / / /l、   ヾ i  l
       ///    |    i i  ,'r{辷ト、/ / / /リ \ l   i .l l
       (  i    i. l l  l l l  .バY^ド{ // / / /   i  l i .l
          l   l  l  l  l. !   ゞ弋ソソ    ,ィfテト、 リ  |l l l    「そう、なんだ。
.          ヽ  / i.  l  l  l. !  .| `))        込ン/ 、 .i.  l l l    ………ごめんね」
           i /. /  i  i  l    | .((     ,   /,.イ /   i lノ
           // i  ヽ l  ヽ   l             / ,' /  ./  i
        / /i  l   ヽ      |     ´ ̄ イ l/.イヽ  ヽノ
       ./ /  i/ /    l      |  ‐- t‐<  リリ ,ハ  \ ヽ
      / /    / //  l   .从ノ~ヽ~'. /  .// /  ヽ l  l



                                                   / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                                               (__人__)     |
                                                (`⌒ ´     |
                             「良いよ、        .      {          |
                              気にしてないから」        {         ノ
                                             mm   ヽ      ノ
                                            (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                                ̄ ̄ ̄|    |



赤子の頃から孤児院で育った自分ですら出身国ぐらいはおおよその推測が付くのに、
自身の素性を知らないと言う事は地に足が付いていないと言う事に近しい。

きっと気にしていないはずはないのだが、あっさりとそう言ってくれた彼に感謝し、
そろそろ本題に入るべく次の質問に移った。

15 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:28:11 ID:XaufQ0+k
一28.



         , 、 __   ____
       , -i fjfiンl    ``lrf-} }_ヽ,
      /  /-i-''      `=="i l .l
.     l l i  ll/ l  l  l .l .l. l  l l .!
     弋 '、 l l l l l li  /l __l l // //     「冒険者になって、どのぐらい?」
.        ヽ、.ヽ ,ィ竺ョ.  l:::::::i / ,i´
       | i、 .,!些∥ 弋ツl / ,|
      /l  } /ゝ   ,、 "ィll l、 !l
     //_/ ィ `!ri_/l_r、r`、`i、__`ー-、



                                                 ―― 、
                                              / 〉 ´      \
                                             / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
                                          / //〉  ( ー) (ー )  l
                                           l  ´ イl   (___人___)  l
    「んー。                                  l    iYl    ` ⌒ ´   l
    ………物心ついた時には              .       /   ハ !.!          !
    親父と旅していたしなぁ。              .        /  /  ' ヽ           /
                                        l   // 、ゝ       / ヽ_
    親父が死んだのが十五の時だから、             ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
    それから考えても三年ぐらいかな?」       .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                                 .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    (途中、別のことをやってた時もあるけど)        / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                                 .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                                 .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                                   /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !


16 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:29:10 ID:XaufQ0+k
一29.



       /ィ ヲr-,ヘノノ " ´     ` ' ‐‐ r:γf⌒い)
      __∥ |/ iヽ,:} }              ト 7 ハi`フ
     //!_ { !_Yシi り       |   |   弋イ_ 川 )
.  ///乂辷ニツ´/  /    i|   | ヽ ヽ ゝ彡イ
. /// ((/ | | /  〃! / ∥  / |   |  i  ヘ \
/ / /   /  l y   / l// ∥ / / | |   |   i  iヘ   ヽ
!/ /   //  |/i / //   | / /. | ))i  / i  li  | i  |
! {   .//!  |!/  i   /rィ⌒二ヘ |,/ | .ハ   | i   |
 i  // |   l  / .|  {λrテ弌. i }|./ 7 ナ.┤ l  l /
. l  l l |   l ./  |  |ヘヾ 辷シノ」   行:卞i  ノ|  |/
! l  l | |   ハi  |  |ノノ--ニ_ソ   弋,汐7/ .|         「ふぅん。
!. ノ ノ l |  i ゝ、l  l  :::::::     ' :::::::l′  |          じゃあ、今は何をしているの?」
イ イ l |  l   l l  !、       ー::‐'    ノλ| |
⌒`ー-ノ_  l   iノ  |ィ` 、      . イフ l ヘ |
       `‐--‐'´    | |、.  ` ‐-<´ /  l ヽ\
-──- 、_     ノ  l ト、r‐ァ  ゝノ  ⌒ナ\\ \.\
     ,_、`----'´  ノ | |てr、 (__ィ⌒レ′ヽ.\\ \.\
   /r( ⌒r-、__.イ  | |-    ≪| |   iヘヽ. \ \ヽ
 /  /     `´⌒i__  | | // >| | ん' / ヽ  ヽ. ヽ )
/i   /        -イ ⌒.| |/ // |,ン゜ヽ. \  i  i イ
ノ  {  /       i )  ⌒ー 、_ィ⌒´    i   l |  l ノ
   i  l       lノi     /⌒      l   l l  リ
  (⌒         /     l        ノ  / l _ イ
   乙r~i       人      l       /  /  l /



                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                                                (__人__)     |
                      「特には何も。                  (          |
                      アンマンに着いたのが昨日なんだ、 .    {          |
                      しばらくここでゆっくりしようかと」       ⊂ ヽ∩     く
                                                 | '、_ \ /  )
                                                 |  |_\  “ ./
                                                 ヽ、 __\_/

17 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:30:13 ID:XaufQ0+k
一30.
その言葉を待っていました、とばかりに身を乗り出す雪華綺晶。



                  / __癶ぅ) /            癶ぅ{\  ハ
                       ′ {fγ{f ア }          ((_杙必〉}  ヽ i
                    / 込辷ソ            癶辷り   V
                   |  i (( /         l  |  |     ({ \   
                     ハ    }′|  |   | |  |  |  | | i \ ハ,  |
                   / ',   |  |  |   | |  | T .ト _| | |   } ノ 人
      .            /   }   |  |  | }}_.⊥_| ハ/ / 从/  ,  / / /  \
                 /  .′/ |  |  |/だTt}ァ'/ /  r=ミ,/ / / ∧   丶
      .          /  / /  ,}ハ人_{メ { 必 k 〉   弋zソ/ / {  { \     \     「そうなんだ!?
               /  / /  ノ|}  ((ヽ弋辷ソ  ,   .:.:.:./ / 八 八  ハ    ヽ    じゃあ、良い仕事があるんだけど………
      .        /, -‐ ¨   / /  / } ハ((     _ ..,   { { /  ハ \ } \       どう、かな?」
            /, -‐─… ´  ′ / | (介 .  ` ´  , ィい Y  /  .  y   \  
           //  /    ノ/   / ∥ / } rz_>  <γf\\_ __} .∨ \   ヽ }
          { {   ,   / i   / / イ./ Y^YひfてノY^\ハ ヽ  ヽノ 人 丶  } ハ
          ヽ {  i   /  |   !/   { /)う  乂Y {ニニ .} } }   ∨´  ハ ハ /  }
           .} |  | ( {,  人  |     ∧ "´r」几几{f─‐ | } /    ハ  /'  }  /
           .} |  .ハ ハ     \ノ    / ∧   ヽ ⌒ { ヲ  ///     /' V  ./ ′ /
           {リ / Y  }    ′   ,    ハ   }_fてノ|   / { {       } / ′ /
      .       {  \ ヽ   {       /i  /   {| {, 八 \     ノ / ′ /
                \  \\   ゝ-‐┐ /ノ  /)  (}|  }V \ \厶イ ′   ,
                \  \\   / V´ (  / (    リ 勹ハ  ヽ }   /  /
                   ヽ  ハ } /   {   } /  ノ   / f´   i   ノi}   .′/
                     |  / / { ̄`ヽ,} 丿 幺厂    \/ /  / (



                             / ̄ ̄\
                           / _ノ  ⌒ \
      「………なんだ?」          | ( ●) (●) |
                            . |   (__人__)  |
 (あれ、誘導されたかな?)          |   ` ⌒´  |
                            .  |         }
                          .  ヽ        }
                               ,、ヽ     ノ-、
                             /;;;i/      '、!\
                         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
                    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
                .   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
                   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
                .   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
                  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|

18 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:31:12 ID:XaufQ0+k
一31.
微少な違和感を感じながらの会話はやはり、やらない夫が予想した展開であり―――



                                              ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
                                        _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
                                       ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
                                       l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
                                       l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
           「エゥーゴに来たばかりじゃ知らないかな。  .l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
           最近、ティターンズを名乗る大盗賊団が    ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
           各地で騒ぎを起こしているのよ。       . // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
                                     //,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
           この国は国王様から領主に対して、     イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
           その証が預けられるのだけど………」     /,,_   }li ゝ、i, ))    。   . lil .li l i ,l .{
                                      l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
                                         ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
                                        /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
                                        7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l



      / ̄ ̄\
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
    .( ●)( ●)  ..| / |   「それを盗まれる事件が続いていて、
    (__人__)     .|./   /    アンマン領主も証を護る護衛を雇った。
     i⌒ ´ .r-、  |/  /
     {     ヽ, ',. .,/ :/',      つまり、君と同じ仕事に?」
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
      .ヽ . |   / , --'i|
      /   {  V , --ヘ
      |   ヽ  L| r= |

21 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:32:14 ID:XaufQ0+k
一32.
彼が現在、仕事を請けていない事の確認さえ済ませてしまえば問題ない雪華綺晶は
話が早いわね、とあっさりと認めた。



                                                  _ ,, -=_‐‐‐-、,
                                            __,, ==-‐''´,..ィラ'''..`'''、)) 'i,
                                          ./` / ., 、  !,,-'已\ l,  ∧
                                         ,,-'-,   i i  i !, {l .炒  l'´! 、  l
 「うんうん。                                ./7'"i`/ , / .i、ヽ l,ヽ__T_='__/ i l  .l
 話の早い人って好きよ。                        !./后/ l  l li.、ヽ, \ i  l .l\ l .l  l
                                       "ヒl  .l  .l l i, l、入_,,i--- l.l  i l .l  l
 ご存じの通り私もその一人なんだけど、               l l  .li ! ヽ,  iゝlゝ、 _ ____, l.i .i l l l   l
 腕が立つ人が足りないの。                        l l  .l,,'"--、    〃´ ̄ l.l .l l, l  .|
                                          .i`i.ヽ,、, l l{秘}i     ""  l  .l l i .l  .|
 夕べだって君が居なかったら盗まれていたわ」            .| .l .// ヽ,ミ彳" '   _ ,   .l.  l! l .l ,  .|
                                        .,-!、!//l .l lゝ     i,´  .,! ,.ィ  ./ !/ l  l
                                     /_`,、''!''l l l `'-、_ .`''‐'_/-'--'-、 ./ l  |
                                     !ニ='´'  l l l_,,--'''´_´/ ̄`'、 __.f'´ !  .il
                                     ..ゝ- ''´i l  l,/   ヒ/      i `l   /i



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    「………偶然だよ」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

24 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:33:10 ID:XaufQ0+k
一33.



                                        ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                        / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                       i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                       ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                      .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                       li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
                   「それは謙遜でしょ、        ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                   私には分かるわ」          ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                        !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                       ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                       //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                      / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                                    / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                  / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                                 /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                                ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、



本当かな、と思ったやらない夫はしかし、取りあえず逆らわないで話を進めてみる事にした。

別に仕事をしなくても暮らしていけるだけの金は持っているが、
こう言った『縁』みたいなものを彼はとても大事にするのだ。



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |    「夕べのお礼に
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ    実入りの良い仕事に誘ってくれるのは嬉しいけど、
     l` ( ``/ .  |        }     君が認めても領主が雇うとは限らないだろ?」
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ


26 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:34:11 ID:XaufQ0+k
一34.



                                                 _...__ __((r-、_r、
                                         ((  _.. -= ── - yT へ-、 }∧
                                      r‐‐-fニY_ /    ̄ ` { て ノ 7-: ∧
                                      l  {人_>:/          ゞエソ:   ∧
                                      l lゝ-ソ=′           ヘ     ∧
                                       l l l /    l          ヘ    l ヘ.
                                        l l 7/   l  i l i  ヘ  lヘ !_l  l  l  l   ゝ、
                                        l l / l  li  l l l   ヘ l __l l   l  l  l    ヽ.
                                        l i!l  !,  l_r-、_l_\_i l, ,イ:V卞l   }  l  i    ヘ
         「あら。                         l  ll  l i l f-、へ7-!   弋少 /: 7   l  i     i
         夕べ君のことを話したら、                l  l  li:∨\-/.}  ,     /  i    l   i    l
         二つ返事で雇うって言っていたわ」           l  l l  l  ̄-'':、.   _ .. .イ   i    i!   i     l
                                          !  i  l  l l    >. ....イ !   i   i    i   7
                                     7  7   i  l l   { ̄ |.r--l    l   l       i!
                                      /  /   l l } ヘ   l 、  `'"、 :ヘ    l  7  l     l
                                     /  /    ィl l:/  i  :k    /   i   i  i、.   ヽ.    i
                                  7 :/    / i /   l /-i     /- '´l    l ヘ    i    l
                                     / /     /-/ /     /  `--、__/   /   7   }    i    l



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)    「……………」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

27 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:35:11 ID:XaufQ0+k
一35.



                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ        「ね、ね、ね?
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \       良いでしょう?
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \    どうせ落ち着いたら仕事を探そうと
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ  思っていたなら、ちょうど良いじゃない」
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ     「―――はめられた、か」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


28 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:36:12 ID:XaufQ0+k
一36.



             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ==、j|ノイ / ' / / /    !   「失礼ね、
      / | |  ! / . ヘ `冖''                レ'  / / / /    l    そんな言い方ってないでしょ」
/  / /   | |  ! /  ハ    ヽ  __        イ/  / / / //    |
     ,. -人 |!  γフ\           // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
   '      ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |      |
 /          V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |      |
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ   ヽ
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |    \
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ        \



拗ねたふりをしつつも彼女の表情はしてやったりと勝ち誇っている。

やれやれと、それでも楽しげに肩をすくめたやらない夫は、
この人の事だから反論しても無駄になるに違いないと思って頷いた。



              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ
       i                 丶
       l       /  ̄           丶     「分かった、手伝うよ」
       |  __           ヽ        丶
       ヽ/         i イ`丶 l         丶
        ヽ     ヽ ゝ _            ',
       丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
         ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

29 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:37:10 ID:XaufQ0+k
一37.



                    i´` 、
                    `  )     _ _
                    i:,// - ´  ̄   ̄` - 、     ,_、
                 __;,.〃y/            \   `´ヾ
               ,__ >/ノi   /            `\ /´´
               iしe/フ ̄ /  |  |        ;   /イ>i
            _ 〃´ ̄//  /   |  |   |     | ヽ Y>=レ>
          ,-´ /   /イ/ /   |  |    |     |  | |\fノ,、
         / //    //  ;; ,, , |  |    | ;  ; |  |   | iヽ``ヽ
        / / /    //   i  ` |  ; | i  | l i ll |  | | |` _|ノノ
       /   /    //  l/ `ー-、_|l l | ヽ ├-- 、l ; l  l l ´(ヽ
       |   l    / /  l | |,、/r、ゞハヘ` |=_ノ |/| i|` / イ/,, | |l |      「それでこそ、私が見込んだ人ね」
       |   |   / // // |rハヒ妥>y>` `ヘ|イテ〒ノ // /lヽ    |
       ヽ  ヽ / / /  il  |トミ=>ソノ    くゝ'シ_| / / /i     |
        \/  /  //  l  i"`(ヾ   .    ̄゜ / // /i ヽ    ヽ
        //  /  /ノ  イ -ヽ r´´ 、_ ___,    / / / i il   ヽ  `、
      /  /  /  イ   /l、 ト \、      //,/´ ̄フ __ノ"i      \
    / /   |   | ; il  ,__) ` ン  ミ 、 _ イ / // /y´_-ノ       ヽ
  / // l   /  ノ i /l -つ、-  ヽヾ  `><   l i/ /   ´〃-´        i`、
../  // il l  /  / l  / \>_`___   ,-、 <il   ヾ  --- 、i´-フ         i ヽ



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}    「よく言うよ、まったく」
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く   
   |     \    
    |    |ヽ、二⌒)、



それでも『縁』は『絆』になる可能性を秘めている。

まだ無意識の内ながら、金でも名声でもない何かを求めて旅をする彼にとって
それは仕事の報酬よりも余程魅力的な事で、

30 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:38:11 ID:XaufQ0+k
一38.
宜しく、と右手を差し出したのだが。



                                      ┏──────────────────────┓

                                         まあ、こう言うのも何かの縁か、よろしく頼むよ。

                                      ┗──────────────────────┛





                                          __      _,. -‐' ¨´
                                         (_,_` `ー<^ヽ
                                      (⌒ー " ,.(    ヽ ヽ
                                      ヽ(⌒r-ー ソ     _Lj
                                        (⌒r--,,     /ヽ
                                         ヽ⌒_-ー´"    `¨´



          ∠乂ニヅ´             ヽ、_((_
           /{{  (( /               ∨辷ヘY `丶
         ′ / )) ′  .′!    l |  `   弋ニツ` ヽ ヽ
        /  / / / ! |  | l| i l |l | !   l|  | ))ヽ  |  |
       ./  / ,   ′!  )) | l| i l |l | !   l|  | ((  l  !   |
      /  / /   l! | |{{ | l| i l |l | !   l|  |   il  l   |
.     /  / /    ! ⌒\ト| l| i l |l l /⌒l|  |   il  |   |
     ′ ,'  l  |  l|ィセニミベ}从八|ノ|lィ彡=ミ l|  |   il  l  |
    /  /  Ⅳ八从K( くノ 》       { ! } 》lN从   i  |   |    「―――!」
.   /   '     l   !ゝ二_ツ         :.=' 彡i|   !   :.  i   i
   ′ /    ノ  ∧ ((     .:i          l   i    l  l   |
  /  /   /   / ∧ ))             ハ  !   .|  l   |
  ,'  /   / , 〃 / i、     r―‐ュ      イ i |    {  ヽ ヽ
ノ  ノl   ,'  i /  /  l| ヽ    ` ̄    /_ ! i 八   丶  \
{ / l!   i  l./  /   i _{> 、     ィヘ /.i  ゞ ヽ
i,/  ノ  /( 〃 ノ    .i ト、` ̄} r'⌒ーレ7 イ ハ     \   ヽ  ビクッ
′    /  ゞ  (r‐、  / ノ  ̄不´>   / 〈  ヽ     ヽ
 / / √~ ゙̄ ̄’   ̄ ̄ `  {「ヽ√     `ー 、_, ,..-―‐¬,
 /  く,               ノリ       __  `´  7'" ̄
 r――く入  /⌒ヽ     /ヾ           ゙ー~ュ/` ヽ



びくり、と目に見えて分かる程身体を震わせた雪華綺晶は、
まるで今までの笑顔が仮面だったのだと思わせる程の、恐怖に歪んだ表情を浮かべていた。


32 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:39:11 ID:XaufQ0+k
一39.
戦士にとって利き手での握手は信頼を意味する。

無意識に右手―――彼は両利きではあるのだが―――を差し出していたやらない夫は、
軽率だったか、と所在ない手をぷらぷらさせて謝った。



                                                  / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
                                               (`⌒ ´     |
                                          .      {          |
                              「ああ、ごめん」        {         ノ
                                            mm   ヽ      ノ
                                           (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                               ̄ ̄ ̄|    |



                           ___  _    r -‐‐‐- 、_
              ,. -、_      ,   ´       ニ=、 l r-/ヘクl .、 .ヘ
            /f′__n、`--! /                \Y古} / .l .i
             /  f'~rlr、7∧/  /        、  \    ヘ  ヘへ-! l l
           l ./ }入=-! .}   /         ヘ   ヘ   ヘ Υl  l l
           l l ゞ!_____/~  /               ヘ   ヘ   ヘ  l  !l
              l !         l l     l       l  l  l   l  il   l
              l l  /   l l   l  l    l   l   l  l   l   l  l
           l  l  l     l l    l  l    l  λ   ! l  l .l   ヘ !
          il  l l    l  l  l l   l l l l .y !l  l/!l   l l l  l  ヘ
          il  l l l    !  l  l ll  l l/7/!/  !______!l   l  7  l  l ヘ
         / /  l  マ   l l 、ヘ l! lへ l-、Y.  rイ:::rレリ  7 7  l  .ヘ ヘ
           / /   l  lゝ--ヘ l l l マ!ニ ̄、} }   込::::沙イ 7! /l  !   l lヘ    「ちが………!」
         / /!    l /   l、  ! l l{ !_ >っ }シ、      //7/ l  7    l l l
       / 7'i l    l/   l ヘ l  l l! Z、ノイ/′ '       / 7 ! 7l    l l }!
      l .7 7 l    /   7l  \ l l l`"") )′ .--.、    /  l l / l    l 7.}
      l l l l    /     /.l l  l l l ヘ.     ヽ - ′  / l  l l./l l    / .ノ
      !ヘl l   li   /  l l  l l lへ `ュr-、_    . イ !--、 ll y/ ! l l    /
       ヽ、l   l l   l   l l  lr! ヘ( 、_f ⌒ i_i>⌒<!ノ ⌒ノ.y !-fl!.--、 r'´
         l  l l  ll   l l  {|ヘ\_\_}  . .   .  . γ! l  l   ヘ
         マ  ヘ!  l l   Ⅵ  l } \_ヘ´ r--、 .e--ァ、 rfl⌒! l r.′   ヘ
          \ `  マ l   l  rイ =ノ´`/ /-(__)/イィーl l l l {,      ヘ
           ヽ i- 、  \!  r{-, -ノ  7 .7 ∠<  >  ! l l l 、!_      \_
              }l   \ \  }イ\イ 7 7<、..____ ..ィ イ l l \\ )       ``i
               l l  /  } フ{__ iヘr-!、! _....ィ ィ ‐-r-、__l r‐‐d\ヘ     ... -i  l

34 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:40:11 ID:XaufQ0+k
一40.
だが、彼にはそうは思って欲しくなかった雪華綺晶は必死に誤解を訴えた。
その表情はとても真剣で、とても哀しげで―――



                                             ト----- 、_
                                           |    )) ̄`i
            /    /                             \rュ-、   l
.         /     /                               ヽ{必}}   |
      /     /     /       /                   辷メl   |
      /     //    . イ    /   /  /    /      /        l))|   |
.   /   . ィ//   / /.  /   /  /   /      /         ヽ.|   |
 /   / イ /  /  /. /.  // / / /  / / / /             l|   |
..   /  / / /  /  /  .〃/ / / /  / / ハ /  /         |  |
..  /  /  ,//  // / / /  イ ///  // /./ノ /i /   /         |   |
.   /  / /  / // / / //// / //./.// / i /   / /      l  |  .|
  /   / /)  / /  / / ./ / /_ィ仁二ヘ、) )/ / ./ // / ./ / / i i  |  |   |
イ   / i/ / / /. /l / ル' rf´ / Tニ `ュ へ ル':  //// / / / /  |  |   |
/  .//:::::ノ l/:::::!,///  l / / / / /  | f⌒ス/イ i´   ///,/ / / /  | l  l.   |
 /l::::::::(::::::l:::::::::           :| i i { { ├i{ ソ | } ///.ヘ.,/./i/ /  i | ,  .l    |
イ  l:::::: \::::.:.::           ヽ\l \ i入_ン/ } ノ  ̄    入_.ハ/ // / l /   l    |
,λ::::::\__:::):::::        ,,r─--..\\ 人 Y-シ /     ィ示ミミ/ // / /  | /   |
/\ ::::::::::::::::          // ̄ ̄`ーl辷ニ-γ ツ     /:::fiij:::豺/ / / /  / /     !
   ト、___::::::       (/        ー-イ         {:::::li!:::::ソ //i/  /i /     |
-──-/ i:::::::                              廴:ソフ//   /  / ll |     |    「違うの!
.    /::::i:::::::.                           ¨:i  /   i ,//  .|   .|     そうじゃない!」
、   /:::::::i::::::::.                        ..,...   .'  i  // ./  | i |     /
 ト-/_:::::::::::::::::.               __      :/:   l / /  /   | i |   /
     ̄ヽ,::::::::.                ,ィ´..` -、` - 、_     ./ i,/   /i   | l |   /
       )::::::::..          /⌒:::: 、    `-/    ./  /    / |   |/ | ./
  _... - イ´|::::::ヽ::..            |::::::::::::::::\.. /    ..'  l / | ./ .|   |i  | /\
 (     }::::::::::\:::.        \、:::::::::::::::∨    /   i / l /|  .|   |i  li   \
  ト 、_  l:::::::::::::::\:::..         `-`__-.、_/   . イ    |/  |/ .|  .|   |i  |___\
  \   ̄`ー-.、::::::::::`::、;.      ::::.  ¨´  イ  .|     r───--- 、_/
           ):::::::::::::::.へ..        イr─z,  |    /       / /
         / }:::::::::::___ノ- 、___..:イ イ   ソ  |    {
       (   }::::::::/    /   /      /-r───イ_
        ー-イ、_::{ )            ゝ,::|    _ -┴─



心の内に、何らかの闇や傷を抱えている。

やらない夫がそれを察するに十分過ぎた。

35 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:41:11 ID:XaufQ0+k
一41.



                  ト/ニヘ((__       _  )) __
                 /ミY//_}-         `._ {λZ i ヘ   つ
                / //               ヾ、_ツイi  っ
                   / /    i  i  i   i   i    l ))  i
                 / / /   /  i l  i l   l     l((  i
             /  i i   i i  i_! l  l _!l   l     l   li
             i   l l  i iァナアl_ l  l iナナー!l    ll    i
            i  /i l  l il T >ヘ     l_il l  l_  l  l   i
            7 / l l l il i>ン_シ      了:::::::ア ! l l  li   i        「お願い、もう一度―――
              /  i  l l l i l  ゞ イ      弋;;..ノ l l / l  l    l        ね?」
           l  l  l     l """   ,    """ //i7   !    i
          l  l  l      \      __    ..イl  l   l   l l
          l  l l   r 、.    >. ‘   ’:r、.:イ:  l.  i   !   ! i       (見たくないのに―――)
            i  l l rf-- ゝ、__ \t`ゝ-- y|  /  /l  l  l   l  i
       ___  l  l l トイ!    `´ )  Y   入_l / l  _!_ l   l   l
     f⌒| ヘァ l  l l / {_,        _       ̄ ´  -ァl   l   l
     f ! i__l ト、-i  l /   ≫       >          ヘ    i  . i__
    f i_ i-' r--'  f i_r-i __ }イァ    / i        r 乙__|i   i /´)''´ }
    >、_ir-iノ    i  `''′i// T-i /XXヘ  ,r、 _i`-i-′   !__ iーi / i ./ .}
    }yT\      l   i'´⌒i/r-iX^XXXヘ/X i´_|_ノr-i__r-イ  ∨ ヘf⌒!/i
    i-'′       l   l  l`´ \/-iXXi亠i_/ ノu_l      7    f'"_イ
     \       l  l          ̄~    i  7    /       `' \
      i \      l  l          _  rー  }、   /        r-i´



余りにも必死なので、無理しなくても良いのにと思いつつももう一度手を差し出すと、



                                                    / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                           「じゃあ、よろしく」           (__人__)     |
                                                 (`⌒ ´     |
                                            .      {          |
                      (なんだ?                     {         ノ
                       手が怖い?                ,n    ヽ      ノ
                       いや、男が怖いのか?)       (三  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                                   ̄ ̄ ̄ ̄|    |


36 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:42:10 ID:XaufQ0+k
一42.
ごくり、と喉を鳴らして唾を飲み込んだ雪華綺晶の右手がおずおずと伸びて、
テーブルの上でやらない夫の手に触れた。



┏────────────┓

   よ、よろしく、ね………

┗────────────┛



    _____                                           _ -‐ . : . : . : . : . : . :
\      ー‐‐--、_____                    , ---―- 、     _ .. -‐  . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : \          /⌒ー‐-、_____    _____  _ -‐ッ'       `ー--、} : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : ヽ        ,'        ( ̄ ̄ ̄   ̄   「   ,.-、        ', . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : ヽ       ヽ、       丶          }   /  \       、 . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : ' ,        |        )           jノ ノ    `丶、    ヽ . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : :  ',        丿       /         `゙´        ヽ     } . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : i      (        ', _______                 ヽ   | . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : |      )        ',   )   ヽ, -‐-、,r"ヽ        丶 .ィ´:、  . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : .|      /         )  /   〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、  . : . : . : . :_ .. -‐  ̄
: : : : : : : : : |     (         /   )    `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
: : : : : : : : : !      ',        (    /     `¨´、 /- 丿丶、 >‐'
: : : : : : : : ,'       ',       ',  ノ         `゙'、__/`--' ̄
                                        キュッ


38 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:43:11 ID:XaufQ0+k
一43.



                       ,、.
                     ,l |
                      ,! L.-ヾ
                   _,.-'´  _, - '_
                   |_,.- '´| L-'´_|
                    ,.-'´  ,.-'"
                   |,.- '´| |    />
                      |,i   / r´  __
                          く/Ll  //
                              レ'!_l    __
                                 //
                                 レ'!_l


                  \                    /
                    \  丶       i.   |      /     ./       /
                     \  ヽ     i.   .|     /    /      /
                       \  ヽ    i  |     /   /     /
                    \
                                                   -‐
                   ー
                  __                                --
                      二    (見たく、ないのに―――!)   = 二
                    ̄                                 ̄
                     -‐                            ‐-

                     /
                             /               ヽ      \
                     /                    丶     \
                    /   /    /      |   i,      丶     \
                  /    /    /       |    i,      丶     \





39 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:43:40 ID:XaufQ0+k
一44.















                                (………え?)

















40 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:44:10 ID:XaufQ0+k
一45.



_,-´// イノ/ /,  /l  /l | | /     ハ l'、 i、  i  、   '、'ヽ ヾ ヾ ::::::
../ ,', -´ /´イ /l  /l| / | |:| l |     lハ |i ', |:',  .|、 |',  '、  iヽ  \ ::::::
:::::::::::::::  / ,',i  ,'.| / |'l , |l | l || ,'i    ,' |i l |l .l | i  ハ |'、  i  |、'、 :::::::::::::::
::::::::::::  / /,.|  i | i i | l ,i i|/, | i   , l| ノl |、l /i | il .l  i|l l| '、、 ::::::::::::::::
ニニ''-、' // ||i .| |、/イ'i .ハ 丶 |,,,-'、 / i,,,|,/,,|,,,i,,i_|//,| l.| | l ||,'l ',| ::::::::::::::::
:::::::: 7 / ,' | | |,,(('''|""|"',.|""|ヽi、 、/ ,' /'  リ |~/"i''-' l / l '/l .,'ハ :::::::::::::
.  /λ / '、'、 '、 |,.>',ニ_ヽ'"~'、、ヽ / '"'''/'ニ,,ノ',, ,' . イ lノ / イ ' ソ '、 :::::::::::::
.// |l / ,' ヽ,'、ヽ / |Vrォゝl!        , -7",,"i'ヽソノ  ノノ' l / ', ', ,, - ::::
./  ' /, /  ' ∨ハゞしjイ! `           l _'' リ ノ' ,' イ  ||  | '、 '、'、`ー ::     「―――えっ」
´::::::: // ,'    ,| { lヘゝ二ノ            '- '、 i'  ./|   .|',  i .',', '、、  :::::
:::::::: //  ,'    ,'ハ ゝニ、、      .::i        | |  / l   i.'、 ', '、'、'、 ::::::
:::: ,' /  /  /  ト、'''',`冖''.        :'         | | ./''~i   | '、 '、'、 '、'、 ::::
./ /  ./  // / 7l''、                 ,ソ./-´ ',   l '、 '、'、 '、' :::
 , '/  / .// / // ゝ、     ⊂=⊃      // ' |   '、   i ',  ', '、  '  :
ノ./  /  // / ノ i  |_,,> 、     :::     ノ '- 、 |i  '、  i ',  '、 '、、 ::::
./_,,, /-- ' '-、 ノ  |に  \"~''i-、     , -"" ノヾヽ | l   '、 l '、  '、 '、  ::::
''        ''- 、 | '、 ̄"''`-、'、' ~'''、- ,'  ̄/ /::、-' | 、_,, - '- '- ,, '、 '、 ::::
           "'、| iヽ   ヾ`、   '、 __/_'_ノ// _,,ー"       "''-、 ::::.
:::::::            >.:::\  ヾ,'、_  >'  /イ_,,-'              :::::



沈黙がしばしあってから。
困惑の声が漏れた雪華綺晶の目から、涙がすっと零れる。



                                               / ̄ ̄\
                                              /  \    \
                                            .(○)(○ )  u. |
                                             (__人__)  u   |
                               「えっ!?」       .(`⌒ ´     |
                                             {         |
                                              {      u. /
                                              \     /
                                              ノ     \
                                             /´        ヽ


44 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:45:10 ID:XaufQ0+k
一46.



                       _
           , , )) 斗  <   ̄_,.== ̄ ミ `ヽ> 、((
          斥 .(( >' ,' /        `ヽ、ミ、.ヽ)) ⌒>
         .∧ rァォフ                  イ[薔]7、 .`ヽ
           ∧ イ[薔]7 ,'                  ゞアソ   |
          |  ゞア  ,' ,' .,'    i     i      .∧(( i   .|
        .|  ((  ,' ,' ,' ,' ,'. .i     i i  .i .i  .∧  i    |
        |  /  .i .i i ,' .i リi  i i .ハ i i i i   ∧  i     |
        |i  | i i i  i .i i )).i | | i i i i i i i i  i .i 从 i     |
        .リ .| i i i  i .i i (( i リ 乂i i /__リ_从_i_i  i .i | i i   .|
        ./  | iリ . i〉' リ,笊-ゝ从 ソi/リ ェ=≠、V .,' ソリ .i i   |
       / | ∨从/|Yイrォ{薇}}j      斥:::::::リ リiヾ/  i i   |
       / /  |  ∨从ハ.ゞツy.フ      C:::::::ソ Vイ ハ  .i  i  人        「………そんな、まさか………」
    .. / /  | i ∨yi ((`~`´'  ,       ̄、 i' |ry) i  i  i ,'  ゝ
   ./  , '    | . i  ,'ヾソ))    `       .| | r孑  i  i  i     ヽ、
   /  ,.'    | .,'  ,'  乂     r ==っ     .|ソ  i . i  i  .i    ∧
  ./  ,'    ./ノ ,'    ,'.〉.、   `⌒′   .イ ヽ、i  . i  i  i i   . ヽ
 厶 .,'   ..// ,'    ,'   >.、     < 气 .i  . i  i  i i.     ヽ
 (   (   / /  ,' r⌒ヽ、>r⌒y ⌒Y⌒r, '    `ヽy⌒‐フゝ_  i i    ∧
  ゝ、ヽ  く /  ,'∠弋         / Yフ          . (  `.ヽ、i    )
   ヽ、i  .|l   ∧  .フ        `ヽ、      `ヽ、   )   |/   /
    .)  弋,  |    `ヽ、ソヽ、  ,ノ弋 _r-.、、  フ ~丿   |   .人
    ノ    ∠⌒|   、   //`ヽ彡\__//| 廴ノ        .|  /  `ヽ、
   /   /iヽ、 |     Vi  | |    〉 .     ..〈  | |         ゝ|  (    `ヽ、
  /   ./(  i (r- -.、 .rヽ、| |  // ̄ ̄\.\| |   ヽ、 r- 、ノ / / `ヽ、  )
..(   く  乂 丿   r-ノ  く_ _ _(⌒)_ _ _(⌒)_ _ _ _(⌒r^ヽ、_)ヽ   ./`ヽ    )
 ヽ   `ヽ r- レ   ,'                 .)    )   |



戸惑うやらない夫の事も忘れて呟いた彼女は、


48 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:46:10 ID:XaufQ0+k
一47.
そんな事は有り得ない、と今度は力一杯やらない夫の手を握りしめる。




    _____                                           _ -‐ . : . : . : . : . : . :
\      ー‐‐--、_____                    , ---―- 、     _ .. -‐  . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : \          /⌒ー‐-、_____    _____  _ -‐ッ'       `ー--、} : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : ヽ        ,'        ( ̄ ̄ ̄   ̄   「   ,.-、        ', . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : ヽ       ヽ、       丶          }   /  \       、 . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : ' ,        |        )           jノ ノ    `丶、    ヽ . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : :  ',        丿       /         `゙´        ヽ     } . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : i      (        ', _______                 ヽ   | . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : |      )        ',   )   ヽ, -‐-、,r"ヽ        丶 .ィ´:、  . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : .|      /         )  /   〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、  . : . : . : . :_ .. -‐  ̄
: : : : : : : : : |     (         /   )    `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
: : : : : : : : : !      ',        (    /     `¨´、 /- 丿丶、 >‐'
: : : : : : : : ,'       ',       ',  ノ         `゙'、__/`--' ̄
                                        ギュウウウウ



50 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:47:10 ID:XaufQ0+k
一48.
しかし、伝わってくる映像はやはり純白。
一点の曇りも、染みも、影もない、柔らかく温かい光の空間。










                       (嘘でしょ!?

                        光に満たされた白―――だ、なんて―――!)












52 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:48:10 ID:XaufQ0+k
一49.



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |
. |        |     「き、雪華綺晶!?
  |        |
.  ヽ      ノ      どうした!?
   ヽ     /         大丈夫か!?」
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



                         /  !        ,'  i|                        |    ヽ
                       /      /      |   |ソ 从     |    .|i! !.i  |i   !      |  、  i
                           /    i!     i! i! ! | |     i!    !| | |  !!.  |   |    !  ヽ  i!
                       .  /     |   イ ,i A .|  ! i!    |i  ィ廾从―/、 |   |   ハ   ハノ
 「信じられない………           /       !  / | | ! | ! トヽハ !    .| i!  ./t彡宀リ廴   i!  !  ,'     |
  真っ白の人が居るなんて!      ,'   ハ  i!  i! ! ! |广_}| フt ヽ  i || /fソ 行芯及ァイ   i!   i,      |
                        i    ! i  ', .ハ {⌒{必}个  '} ヘ/ リレ'   {辷t jrリ. ィ レ/ |  ハ    iヽ、
  こんなに、温かくて           . ハ.    | i!  ∨ ヽ< レ〃  !_/          ど二つ .ソス   |   !   /  ヘ
  優しい人が居るだなんて―――!」 ∧   ', ヘ、 ',,tハ   宀,,Y                / /    !   kL__   ヾ
                          >、 |  >、i  i!  V《 じ      ;ァ        /_/ i !  !    ',    `!  i
                       . /  ヽ!  < ヾ ,' ,   i'ー           ,ィ 'ー<, i | ,'   /  ∧  | __ノ
                       i'    /j ノ >ノ ノ i ! /y-,     ャ=⊃ r‐‐7 ,'i ー'ュ_ ./  イヽ 'レ' !  '‐' 'i
                       >   ///  /< / V リ{  ー ^ヽ   、,∠   ,'     //, ',        /
                        \  / .  /   /  i!ハ  V    ',  ̄ i´   //    / ハ ハ      /
                           ,' i.   ,'   /  ./  ノ/入ーァ ーゥ/       イ ./  i! ヽ、ヽ >―ッ!ヾ< ┐
                           ! i!  !    /  入7./L_ユ/{  ヽ   t>i  // i   ``ヾ、  ヘ / i


53 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:49:11 ID:XaufQ0+k
一50.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|      「えっ?」
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、



やらない夫が、感極まった声に再度驚いた所で、
やっと我に返った雪華綺晶は弾かれるように手を引っ込める。



                           _rfヲ"   i! | !l |i ヾ、 \丶    !}  ! ハ
                          ィ{匂 i l   | i! |il |l  トヾ. ヽ ヾ:、  ||  |  ヽ
                         { ((´i  l l   | i! |il !|  i! !|ハ、 \ ハ 八 ヾ.   \
                     .     | j))il  !ハ  i! | ハ! jム斗ァト、i! ト、 ヽ い、ヽ \  ヽ
                     .     | ハ !| 川  |! !i!才i|_Lzxjハil| i! ヾハノ ヾ!i }i   ヽ  }
                          八 il i! ヾi|  !i ト! jィf乏ヽヾ! | j リ  N 从 ノ \  ト、`
                        / ,イi i!ハ  lLi_l!ハリイ 乂゚_ノ ,  |/,ィt _! ヾ廴ハ\ ヽ ヾ ヽ
                         { ハ.!ト㍉ }}Xヾj)`バ!  .;;''°o | バ:、{ Yヾ 、リ  ヾ i ノ ヾ:、
    「あ、あわっ………         | ! i!ハ ヾ((fチ卞ミ:x     ゚:。   !{ _`圦 ヽ ヽヽ _ イ ヾ、ー、
    ご、ごめんなさい………      八ヽヾト:ヾx圦均 }ト、   __   |i}弋 `Yハ. ‘,! V !ヽ.  \
                         } ハヽ Y゙辷彡{   r'  )  }ハ. r':、 ヽ:} '   i }  \  入
    ごめんなさい!」       .    //   ヾ 人 Yヽ.))  ` ¨  ゜|iリィソ.:.} `’    人___ ヾ  )
                        { {     廴_) j / Y寸=- .. _ ィlイrぅ.イ    __ ムャr'⌒y`1 {!
                         ヾ:、   ‘,いゞ! ム }、{! Y^Yひ7 { {  __ r' 乙.イ   ′ハ
                          \  }i{  ilゝ{ ゞ`ー’ ヽ { / r≦´ Yリ ` ノ : : :/.∧
                              i|! __川入 `ー''⌒  Ⅵi_ \  : :}/   : : :_;イ r' ヾi
                              Ⅵ}x乙j⌒r'⌒y'Zィ^「i7!`) ヽ: :{! __.x≦_ / ノ、: |ト
                              ∨  {/  /  | ヾソく  / Yヽ_. :ィ´  ,イ  ヾリ
                              〈   ヽ  .イ   '  〃 ノ 〈:i ハ |、    /.:{   /
                               }    }〃      "{   {トxⅥハ   /: : ハ {i
                               i     ヽ.  〈::ヽ 、 |   } ヾ、  ′ : : }i! ヾ
                                ヽ ` ーヘ._  ヾ:ハ ` i   〉   jく´: : : : : : |ハ ))
                                 \ ーァ入   ヾ:、ハ  {   :{: :ヽ: : : .  川 《
                                  )、 爪( ヽ  マ }::. ヽ   : :   . ;イ ;リ ヾ



そのまま大粒の涙をこぼし、子供のように取り乱しながら謝り続ける彼女の後ろに回り、

55 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:50:11 ID:XaufQ0+k
一51.
そっと背中をさすってやると―――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)        「大丈夫大丈夫、落ち着いて。
  |     ` ⌒´ノ         深呼吸するか?」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄



肉刺だらけでゴツゴツしているけれど、とても優しくて温かいものが
そこから流れ込んでくる事を雪華綺晶は感じ取っていた。



                                              ,,   ´  ̄ ̄ `   、,__r--、
                                           r''ュ-/´           .fl昼q  ヽ
                                          /  {r3!}             !=彳li  il
                                        |  /`´                l l  il、
                                       /! /     ii  i i i  i i  i i i    | il
          「………あぅ~。                   / l .i  |   |i ll li l  l li  ll  l  , .l  il
                                       / | li  | ll l li  !l ll l li、l_ハ__l_;_ |  / l  il
           だ………大丈夫、うん………」    .    /  l  ll  ! l !l 7ニ-ri l l .l l l___ l l / /  l  l il
                                     .li.  ! l l. ヽl <_ く廻_' } V. i'l:::ii:d`i / /  l   l il
                                     li   l  l! ヽヾ 'r、Y__r‐′  .ゝ辷っ!l ./   l   l il
         (やっぱり―――                  li    ∥  l  l,""    '    """,ll /   l    l  il
          勘違いなんかじゃない、よね)          l   //   }  ヽ、   c-ュ  イ!_λ   l    l  i l
                                     l  / l  r 、 、__ゝ  !=r‐‐' 、┘''´/  _ ァ l   l  l .l
                                      l l l   } .| |__,_ ___ ./__`_ミr'  `--,/. | ヾ  ;  /
                                     / l l /  |__r ユf ..ヒ二,' `i__fて/l  ヽ  i |  /
                                    / l  l /      l l  ⊂ニ   i r `'''′  \ l l /
                                   / l  /        /   ヒ' ̄!_  ,-l-r 、   l   ヽl lヽ
                                  ./  l   ゝ    / /   _f'´´U ''´ /       /  ヽヽ
                                 ../  l    入  // /    \,     ヽ,    /    } \
                                 l   l     く //     /  \     ヽ  ∫     /.  }
                                 !   l    て l     / r-'' l      !  l    /   }

56 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:51:10 ID:XaufQ0+k
一52.
しばらくして。

落ち着いたようなので向かいに戻ったやらない夫は、先ほどよりも深くソファに腰掛けて、
かなりの間を取って、さらには刺激しないようにそっと問いかけてみた。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)        「どうしたんだ?
   |     `⌒´ノ         ただ事じゃない様子だったが………」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉        (やはり握手?に何かあるようだな)
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                                 _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
                                 》ゞそヅ/                        \乂v匕人
                                ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
                              ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
                            ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
                            _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
           「………あの、ね?」     . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
                             l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
                             }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
(この人だけには、言わなきゃ―――)       \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
                               ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
                               / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
                            .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
                             / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
                            ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
                              /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )



そして、決意するように頷いた雪華綺晶は自分の掌を恨めしげに見つめながら
ぽつり、ぽつりと語り始めた。


59 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:52:10 ID:XaufQ0+k
一53.
未だ誰にも言った事のない、己の秘密を―――



                        )ヽ _ _
                     ,-y' ィ‐' ̄_-─-、`  、
                 , -‐_三、,-/ニヽ_ _` -、 \ ` ‐ 、
              , '  ̄   、 `.Σュト ル.)、‐-、  \ ヽ  ヽ       「私、私ね―――
             /       \tУィ_ノフ \ ヽ、 \ ',   ヽ       誰かに触れると、決して隠せない
               '    、      \`モ彡、_ \ ヾ、. ヽ',   ヽ      その人の心の在り方が見えちゃうの。
           /     \      ヽ .`'`‐-.`、、ヾ、ヽ   ',    ヽ
             / ./        ヽ  、   ヾ、     .)) ヽヽ  ',    ',     信じて、くれないだろうけど―――」
          '  '   !.    ヽ ヽ    ',    ´    ', ',  ト、   ',
         l  l    l l  l 、 ', ヾ、   !        ', ',  ! !.    ',
         !. l   l l」  l l l  ',  ',ヽ  l        l l  ! ',    ヽ
          !  !  ! !〃!l .l ト ', 、',  ',l    !   ヽ    ! ヽ ', ',    ヽ
         l  !  !.l }}.l l !l l ! ! 、.',  !  .〃    .l    !  ヽ. ヽヽ    \
          ', .!  ! リ/l l l斗1ソ!l     //     !   l.   ヽ. ヽヽ     ` 、
              ', ! l l彳.l l、'l リ l l'.!l、  ,  / /   /    !  , ヽ ヽ.ヽ.     、ド=、、
            ',', リ`l l l ',l l'、>、フ  '   ノ !   /   / !  l ', ヽ ヽヽ     ヽ!  ` `、
            ',l', ト、レユ.ヽ´弋ジノ! /  .イ ソ  /   /  l  ! ヾ、\.ヽ\     !l   ヽ 、
               ! ',トゞ.モ)ヽ ´ // ./ ル    '  /    ',  !  ヽヽ \\\  リ     ', !
                  `ヾ(/    ,'/ / //    !  l.     ヽ l   ヽヽ. ヽ. \\ ゝ‐ 、_.  l l
                 ! 、   / l 〃 /   /!   レ‐ ' ` 、 \   ヽヽ ヽ. ` \.  ヽ ノノ
                    `ヽ_, ィ.!λ! /   .爪  /     )  ヽr―-、丶ヽ ヽ   ヽ  ソ/
                         ヽ、.リ ヽl    !.l l  ゝ、    ヽ‐-‐'    ヽ ヽ 、.、.   ヽ / '
                      l ヾ__ィ    ',.l ゝ_ l)    ヽ       !.  ヽヽ、    ', !
                        ` ,'、  !    ヽ' (‐'´        、  ノ   ヽヽヽ   !. ヽ
              l ̄ ` 、_    / ', 、',    \ `          ` 、 !     l l !  l  ` 、
           __ゝ、_   `、./  / ヾ\  ヽ  ヽ           ヽ 、   ', !. l  レ   `、ヽ、
     γ-─´ ̄     `    `、/ _ !l ヽ  ',  ヽ           / / ヽ  l ! !  l     ヽ、、
       `ー─--─、        __ ! / /ノ  /!  l.  l l          /!_  ', /' /   /      l.ヽ.、
      _ _,--‐'´          l  (_)  ハ  /   '  ! !          ,l  ヽ イ'  /  /     .ノ  リ
     (_ _ __ -‐      ___ ) l l l、 ./ / /  / /          l  l l'  /   ハ     /   !
      `‐-、___     (.  ',   / ヽ /  /  //           l  /ノ  /  /     /    ./
           `‐--─、<)       ヽ  l、 r、l       /   ノ //   /  !     '    (
                     ゝ_       ',  !ヽ !ゝニヽ   /    / イ ! ヽ  !  !     ゝ_    ヽ



こんな突拍子もない話、誰に言ったって信じてもらえないよねと
自嘲気味に顔を上げる。

60 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:53:10 ID:XaufQ0+k
一54.
だが目の前にあったのは、信じて納得した優しい笑顔だった。



              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ
       i                 丶           「へえ。
       l       /  ̄           丶           それは凄いな」
       |  __         _ ヽ        丶
       ヽ/       i イ::::ヽ l       丶
        ヽ    _  ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',        (………人の負の部分を
       丶i イ:::ヽ l    `ヽ            ヽ        嫌って程見てきた―――
         ゝ ゞ ', ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\  そう言う、事か………)
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



                         ∠乂ニヅ´             ヽ、_((_
                          /{{  (( /               ∨辷ヘY `丶
                        ′ / )) ′  .′!    l |  `   弋ニツ` ヽ ヽ
                       /  / / / ! |  | l| i l |l | !   l|  | ))ヽ  |  |
                      ./  / ,   ′!  )) | l| i l |l | !   l|  | ((  l  !   |
                     /  / /   l! | |{{ | l| i l |l | !   l|  |   il  l   |
               .     /  / /    ! ⌒\ト| l| i l |l l /⌒l|  |   il  |   |
                    ′ ,'  l  |  l|ィセニミベ}从八|ノ|lィ彡=ミ l|  |   il  l  |
                   /  /  Ⅳ八从K( くノ 》       { ! } 》lN从   i  |   |
  「し、信じるの!?」 .   /   '     l   !ゝ二_ツ         :.=' 彡i|   !   :.  i   i
                  ′ /    ノ  ∧ ((     .:i          l   i    l  l   |
                 /  /   /   / ∧ ))             ハ  !   .|  l   |
                 ,'  /   / , 〃 / i、     r―‐ュ      イ i |    {  ヽ ヽ
               ノ  ノl   ,'  i /  /  l| ヽ    ` ̄    /_ ! i 八   丶  \
               { / l!   i  l./  /   i _{> 、     ィヘ /.i  ゞ ヽ
               i,/  ノ  /( 〃 ノ    .i ト、` ̄} r'⌒ーレ7 イ ハ     \   ヽ
               ′    /  ゞ  (r‐、  / ノ  ̄不´>   / 〈  ヽ     ヽ
                / / √~ ゙̄ ̄’   ̄ ̄ `  {「ヽ√     `ー 、_, ,..-―‐¬,
                /  く,               ノリ       __  `´  7'" ̄
                r――く入  /⌒ヽ     /ヾ           ゙ー~ュ/` ヽ



まさか信じてもらえると思って居なかった本人が言うと、


61 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:54:10 ID:XaufQ0+k
一55.
首を傾げたその少年は、心の底から不思議そうに問い返し―――



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \    「え?
  \          |     だって本当なんだろう?」
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



                                         / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
                                         ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
                                     .   {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
                                        ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ 'ー-」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
                                     .    从从八;ゝ=:)) `` '´!ハ`ヽ/:/: / . : : :,′
            「う、嘘は一つも言ってないけど………」      〉〉〉 〈(必リ    .じ' ノ: /: / .:/ : /: :
                                          j ij : : j{((′_'__ ,xxx/: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
                                         ,','///'}n  |/´ `ヽu'. : :;' : : : :', : :', : : : :
                                     .    / /イ / /./,n、 、  _.ノ{: : :::{: : : : :ヽ.: :、: : :
                                     .  ノ /.: | ' / '|// `¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :
                                        i: : : |   .イ⌒'‐|`i´ ̄`7 , ‐-、: : : : |: :
                                        |: : :,|  ノ"´ ̄/'  '´ 、`'´   ヽ : : :|: :
                                        |:,〈/  /_〉、_, '_,-‐、_,‐、i´     ): : :|: : :
                                        ./,','`‐'´,'/ヽ_`´××_ /       / : : :|: : :
                                       /,',',',' ,',',/‐'´ `'、,‐'"´./     _ノ : : : :|: : :
                                      /´ ' ' ' '`i      /    ,/"ノ´:|: : :|: : :


65 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:55:10 ID:XaufQ0+k
一56.
いとも簡単に言ってのけた。



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ      「世の中広いし、
      .  |         }       不思議な力を持った人ぐらい、居るだろうさ」
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



                                           .  ´          r-ト、
                                         /            { {:必 }、
                                        /   |l      |    ゞ辷シ \
                                .       / ,   |l      |       i|   |\
                                      .′i|  | ハ    |   |.       八  ヽ \
                                       |  l|  | / |  | |   |   l   |,  \  }\. \
                                       |  l| ∥ 厶./l |   |   |   |    ノ ハ. \. \
                                      ト、 l|ヘイrぅュ、_!ハ|   |   |   |  / /  }  )  )
                                        ノ.  }c::::リ /  /  /    | / / / / /
             「そ、そんな簡単な事なの?」         r   {沙'"./  /  /    {{  (   / (  (
                                       | _       /   /  /   \ \ \{   \  \
                                       ヽ`ヽ   /   /  /      :  \ \   \  \
                                        ヽ .}  /   /rzr─ ァ   i  i   \ \   \  \
                                          ー/  /    /    }  }    \ \   )   )
                                          /_/ _,厶イ⌒!   /  /   /  } }  )  /  /
                                    ィ ⌒ Y⌒!7フ7ァ/   /  { / /    / ノ  / /  /
                                    (\   }_/////_トァ      | /  .  イ /  / /  /
                                   弋 三.r┴ミ了く/ノ      |   /.  //  /  ./  /
                                     (__rイ  兀け      |  /   く   {   /  /
                                          |\、. イ ⌒i、   __j /    { \  ヽ {  
                                         /  \   人 / ̄/  { .\    \  \ }/  ノ
                                      / / r‐ {  /  /  /   \  \    )  \} /
                                    ∠厶⊥!.  \ /  /       \  \ /   / {


66 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:56:10 ID:XaufQ0+k
一57.



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!    「簡単か難しいかじゃない。
   l               `ー‐ f r'     君は嘘は言っていない―――それだけだ」
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



何を信じれば良いか、何を赦す事が出来るのか、そして何が真実かを見極め、
より良い答えを選び抜いていく漆黒の双眸。

いかなる理由があろうとも、いかなる事象であろうとも、
信じるべき人を信じ抜き、欠片たりとも疑わない心。

これは―――彼自身が育ててきた資質、そして信念だ。



                                             _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
                                      _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
                                     //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
                                      / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
                                      | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
                                      | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
                                       | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
                     「……………」        / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
                                     ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
                 (どうしよう―――         / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
                  本物だ………)        / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
                                 / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
                                / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
                               ../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
                               /  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
                               |  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
                               |  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、



その心に直接触れ、中を覗いてしまった雪華綺晶だから分かる。
彼は『本物』だと。

存在し得ないと思っていた人物との遭遇に、思わず反応を迷っていると。

69 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:57:11 ID:XaufQ0+k
一58.



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l      「まぁ、俺は優しくなんかないけどな?」
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



君は信じるがそこは納得できん、と眉間にしわを寄せた表情がとても面白かったので、



                                                     ,,-
                                        _       __  {i  _r─ 、-  _
                                       {{ ̄ヾ  , - ' ´     ヾミ={ ィtュ}入ァ=、 ヽ
                                     _}}ヘr=/            Yヽ _ ィノ ノ i
                                     i<イri ノ        ヽ    ;, `tr''´ - '´  l
                                   r==YKニン   ';,       \    ';,  ̄〃\ ,'
                                   廴才彡'' /   ヽ       'i   ',;, -'´ ';, ヾ、
                                    /У  i     ';,     i  l __ム    li ハ ヽ
                                   /   i   i!     ,, \  i  'i,´il   升`  i! ;i ヽ ';,
                     「くすっ………」     il  l   i!     {{  \,;i  'i, |   川i    | ,;| ';, }
                                   ヽ i   i  /  ヾ;, ';,  !  ,;iィ,ーイケミ、  / ,i  i ,ノ
                                    Vイ   ',     _〃zュ、 l  ノハ::rilj...:i 小 ;/  l //
                                    //ゝ   ';,  r=≧>ーァュヾ/  レz::ソ /川レ'  V/
                               .    // ヽヾ   ';,  i {フr )y/イ      ̄  ノ┤il  /∧
                                   i i   \ヾ、 ';,ミ;ゝ辻ニ/   '   ノ  イ.ノi! } //  ヽ
                                   l l    ヽ ー''´ /八ヽ{{    ̄   // / ノ;, i i   ';,
                                   ヾ;,    }   ハ     ̄`)>`⌒/{  /<⌒i:l |    ';,
                                     \    i    / ̄`つ/ニ化≦ i  ir''´ イ i ヽ    i
                                      \;,ノ    _/    } //><ハYヽ \  マi,, \ ,;;'
                                       /∧ヽ  {    У⌒`´⌒´`⌒{ ̄ヾ  }\  \i



素直に笑顔を浮かべた。


71 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:58:11 ID:XaufQ0+k
一59.
応接室に、微妙な沈黙が満ちる。



   ,=============,
   | r──、 r──、 |                            ______
   | | / / | |/∇ /| |                             |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   | |==== | |==== | |                            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   | | ∀  | | / / | |                            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l                  |::::::::::::::::::::::::::::o|
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉                 |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│                |:::::::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      
                                      

                    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
                        l i   +   +   +   l l:::|
                    / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
                      ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
                  | l                l |/
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
                /                     //|
            ___/___________//| |
              (_______________),‐─┬i' ゝ)
             l:::          .   ..::::::::::| l^) .l│
             |:::    ;.             ..::::::::::| ´|  ゝ)
              |:::           ;  ..::::::::::| /
              l:::.            .   ..::::::::::|/

74 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:59:12 ID:XaufQ0+k
一60.
しかし完全に場が止まってしまう前にやらない夫が口を開き、



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    「で、取りあえず
  |     ` ⌒´ノ    領主様に挨拶したいんだが」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄



                                           ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__
                                     ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y
                                   r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i |
                                   トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !
                                        | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ
                                        レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、
    「そうね、行きましょう。                 /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi
    今なら公務に出られる前のはずよ」           /   /  ヽ卜辷r" :  "" { ! ハ    ト-ミ: ____
                                   √ァ’ /   トミ Ⅵ(  ‐.‐  人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
                                  /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
                               人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/
                          .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
                        ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
                         /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
                        /    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ
                            .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ
                         / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /
                        く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
                         ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八



彼女が同意をして二人は部屋を出る事になった。

77 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:00:12 ID:XaufQ0+k
一61.
肩を並べて領主の部屋に向かう互いの距離。



______________┌:───:┐    __   __
______| | |________| | ̄ ̄ ̄| |     |    | |    |
______| | |________| | [二] | |     |    | |    |
.     |     .| | |  |   | .   |  | |。     | |     | // | |    |
.     |     .| | |  |   | .   |  | |      | |     |    | | // |
.     |     .| | |  |   | .   |  |_|___|_|    \.  | |    |   ┏───────────────┓
.     |     .| | |  |0  .| .   |//     \\.     \| |    |   │ ところで、領主様のお名前は?  │
.     |     .| | |  |   |  //       \\ .       \.  |   ┗───────────────┛
.     |     .| | |  |   |//              \\ .       \|
.     |     .| | |  |  //                \\
.     |     .| | |  |//                 \\ / ̄ ̄\
.     |     .| | |.//                         /       \
.  ┏──────────────┓             |          :|
.  │ ベッケラー公。             .│             |        .:|
.  │ ヘンケン=ベッケナー公爵よ。....│           |         .::|
.  ┗──────────────┛          |        ...::::|
   ./ /                                  ヽ   .......:::::/
  ./ /                                ヽ.......:::::::::::/
/ /                                _, - ''" ̄  ̄` ー、
/             ,─-、,. ─-、r'f__          ヽ_..:::-=―--:..、>
                /  y     :.  ハ       _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
               }  .:        i   /      斤ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
               | .:i      |:  .′    .<:::::::::: 丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::i
              / ,;: 、      :i:. i      .〉:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;::::::::',
             ./  .;i ヾ   /, .:l: |      i:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::/
             l   .:;| `  / " .:l: ∧     !::::::::::::::::〉'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'/::::::::!
             |   .::! .     :|:.  i     <:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;i'::::::::::::::|
             7  :|  i:      :|::  |     !::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l:::::::::::::::〉
             ゞ:.  |:.        ム  {     〈::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ:|::::::::::::::!
              ∧ 》:.       i::  ノ;.     /::::::::::::::!/::::::::::::::::::::::::::\:;'〈::':::::::::::::::',
              /.::| /.::.        }:, ( i :    ヽ::::::::::::/:::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.ヽ::::::::::::::ノ
             ./.:::/'.::.:.         ゞ:..)| i     i、:::::ノ/::::::::::::::::::::::::::::::::、/ ` ー-イ
            l::. )!::..        )ノ::|.ハ    | ヽィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',、



それが、談話室に行くときよりも縮まっている事に
雪華綺晶は気づかなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


80 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:01:10 ID:XaufQ0+k
一62.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

領主の私室前。
ちょうど公務に出かけようと、部屋から出てきた公爵を捕まえた雪華綺晶は隣のやらない夫を紹介し、



               _ __     ((
          ,ィヽ、  ,.ィ'´ヽ  l l /  ̄ `'ー-ィ'))、___
         //`ー、 ̄     ' ' ――- `ーィュ ヽ、 `!
     / イハ                ゞイ)) ヽ.∧
    i'´ /  ゞイ!   ./ l l! l   l!  l l!  l (( ヽヽ∧
    l .l    リ /  .i! i! l l l! i!  l!l  l!ll l l!  l`  .lヽ.ヽ,
    l ./! l! l l l  .i! l i! l!l l! .l! l l! l  l!l! l .l l l .l / .lヽ l
.  /l./ l l i! l l l!   i! l l! .l! l! .l! .l l! l! l! l!.l l .l l l /  l ト、
. /  / l l!、l l l l!(( .i! l l! ))l!l l!l l! l! l! l! l! l l .l .l .l!  /  l ヽ
/   l  l! l l l l .)) l l(( i! l l l l l! i! l!.l! l l l!l l l /  l  .l  l     「領主様、彼が夕べお話しした
l   l  l  l l!l l (イニエーヒ.ィ l从!i!从!ム从! l l!l i!. l  .i!  l   .l     やらない夫です。
l   l  l   l l!l ノ ハイゝソリ    イた:ハヽll!l l l  .l!  ヘ  .l
.l  ll l ヽ  l ヽ 弋ヘメ.イノ     弋:::ソ  l! l  l!  l!.   \ ヽ    彼も協力してくれるそうです」
..l /  l .ヘ .ヘ  ヘンー、ノ          ̄  ./.、  l  ヽ    ヽ
. l/  .l!  ヽ、 ヽ.∧ ((.  _ ' _     ./ /ヽ .l   ヽ
/   /l     ヽ, i i\ ))  ` ‐ '´ ._// / / /  l  i ヽ
   /l ヘ  ,、-‐-、l l ,ィ'> _   .,i´、 /,、l .l / .,ィ'`'i l  l  ヽ
   /  l >  ノ,、 ,二>イ >`´r' l  '´ ノ! // ゝ、 〈 .l  l
   /  .,ィ'´    `´ 〉l _ l /ヽ、イ > 〈´.//'´ゝ'  .\! l
.  / /        〈,、ゝ' ゝ.〈  ̄ノ ,_ヽ'´〈.  l      \



                         , ------ 、                   / ヽ
                        /      \              /ヾ /
                       i             i           /ヾ/
                        |  \    /  │         ./ヾ/
                        | ( ●) (● ) | 、-- 、   /ヾ/     「お初にお目にかかります。
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/       やらない夫=D=ビップと申します」
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||
               ,  ―;;;;;;;―´ | |、` ――― ´.,| |  `-;;;;;--  、`弋 |
             / ヽ   ▽  ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /  ▽/ \  ´
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |       \  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´  <^ ^>  |         `ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´....   Ⅴ   |         ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i;;;;;ヽ. ヽ              /  ,/;;;;;;ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::/;;;;;;;;|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|;;;;;;;;i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|;;;;;;;/    |         |   ヽ;;;;;;;.!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i;;;;/\     !         !   /ヽ;;;;i――――‐ ´i


82 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:02:11 ID:XaufQ0+k
一63.
頭を下げた背の高い少年に笑顔を浮かべたのは
人の良さそうな中年の男性だった。



             /       / / ,.-'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛ヽ-、   `、
             ,'       ,' // ,'´               ゛!    l
             ,'      ,ヘ(/ノ                   l   |
           ,!     /                    `ヽ  |
           ,'     ,'                      } |
            l: :    'イ                       |  l
            |: : :     /             ヽ             | ,'/    「おお、君が!
            |: :/´ヽ、 i   ,. -――--- 、  ノ            リ,'
           ∨/´ヽ| ,'  ´ _ "´ ̄`゛ヽ, `"  /―--―-、   ,'/      夕べは本当にありがとう、
           ! / /,' |  ;;;'''      `  ''  ,'( '"´ ̄ヾ   /ヘ      キル夫君から錫杖が奪われたと聞いた時には
          /', ! l| l                 l ヽ     =   lィ l      心臓が止まるかと思ったよ」
          /.:.:.:.!ヽヽ`! ノ              l   l      ,'l ,'
     ,. -'"´:.:.:.:.:.:i l (ヽ_≦              , -、_ノ '´      ,'//
  ,,-'": : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽゝ:.:.彡    , --―- 、,,,,`‐''´__     ,'ン'^ヽ、
 //: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : :.:.l´|    "´´, ̄ ̄`""  ヾ―‐-゙ヽ  /:.:.: : : : \
//: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.,|: : :.:.:.:| ',      ´ ̄`ヽー――‐,=-ィ     /!.:.:.:.: : : : : :\
/: : : : : :.:.:.:.:.:.:.:./:.:./,'   :l i           ` ̄ ̄´      //:.:.:.:.:.:.: : : : : : :\
: : : : : : : :.:.:.:.:.:.,'/     ヽ,,'',,         "゛      ,' i:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :
: : : : : : : : :.:.:.:.,'       |  ヾ、"ヽ,,            _ / /:.:.:,.--、: : : : : : : : :
: : : : : : : : : :.:.:|         ヽ   ヽ、`ヽ、__,,_       _// ̄ヽ/:::::::::ヽ.: : : : : : :
: : : : : : : : : :.:.:|       ヽ    ヽ,,_,,_ ゛"` ̄゛_,!:::::/::::::::::::::::/.: : : : : : : :
: : : : : : : : : :.:.:l        ヽ       `゛^´ ̄´  |::/:::::::::::::/::::!/`ヽニニ


84 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:03:10 ID:XaufQ0+k
一64.
時間がないのだろう、挨拶だけして仕事の依頼を出したヘンケンからの握手を
やらない夫も返し、これで契約成立である。



┏─────────────────┓

   条件は雪華綺晶君達と同じとする。
   よろしく頼むぞ、やらない夫君。

┗─────────────────┛
                                              ┏────────────────┓
                                              
                                                 お任せください、ベッケナー公。
                                              
                                              ┗────────────────┛


               
                                                         _ -―
               、_                                   _ -‐
                 _ >一ー―――- 、__       , ---―- 、     _ .. -‐
                ̄                }  _ -‐ッ'       `ー--、}
                              「 ̄  「   ,.-、        ',
                              |     }   /  \       、
                                i     jノ ノ    `丶、    ヽ
                             |    `゙´        ヽ     }
                             /               ヽ   |
               : . . .            /ヽ, -‐-、,r"ヽ         丶 .ィ´:、    . : : : :
               : : : : : : : : : : / 〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、. : : : :_ .. -‐  ̄
                ̄ ―-  __: : : : /   `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
                        ̄ ―┘    `¨´、 /- /丶、 >‐'
                                   `゙'、__/`--' ̄



窓から見れば、すでに昼間の護衛である衛兵と馬車が玄関前に待っている。
もう一度任せたぞ、と言い残した領主はそれで足早に廊下を去っていき、

87 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:04:11 ID:XaufQ0+k
一63.
二人は次いで、他に雇われている者が集まっているはずの広間へ向かった。



                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /                            ┏─────────────┓
|    ./ '       /                              │ 雇われた冒険者は     .....│
|   /        /                               │ 私の他に三人居るわ。   ....│
|,/       ┏──────────────┓             ┗─────────────┛
         │ じゃあ、挨拶しておこうか。  .....│
      / ┗──────────────┛
    /             / ̄ ̄\
  /             /       \.
./             | _ノ  ヽ、   |.
             | (●)(●)  |
             |  (__人__)   |
.             l  `⌒ ´   }
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、                ,r-''´入^>''´ ''''ヽ、/,`',_,_
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.             ,_ tYソヲ/        >ヾKミ `i
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.           / /  フ  r     i  ゞ Vvi .人
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i        i '  il l   >   V |  |  .l   `',
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,,         ',  / .|i |',r、il__  /__i_.i_.l  .| i   ヽ、___
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、       ',  ゝ Vil/λ=j、iノ´__iハ_i/ il ',    x、__, - -─、
      l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,       i _ /jrvX薇.ノ  イtjアハイ/ 入   廴____|
      i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}.       / ti, -Y^ト     ` ´//j i     ` ,  ー- 、 _ 
      〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ.       y´Yi 廴t>、 ー- /,、y/フ   i   ',     `'
     /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|     r''´  >i tノ ヒr` - <ソ ,/ ̄ソ、  i   .i  `'、   /
    .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|    \  __`<i l.il' 、-、 _ ,r-コ i  /フ \ i   i   i  ,´i
     ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|      .卍/´` ''=''ニ'、`- ´<i.l ./、  / `''、、_ ゝ、_  ヽ ヾ 
       ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \       itj、_、_ -'ミン´´゜`'> v、/  ./    / `'- 、 `', -

89 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:05:11 ID:XaufQ0+k
一64.
ここよ、と雪華綺晶が扉を開けるなり、椅子に座っていた三人の男女が戸口を振り返り、



                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ



           ___
     .    /:::::::::   \
        /:::::::::::::::     \
      /::::: (●) (●)  \
      |::::::::::(トェェェェェェェェイ)  |
      \::::::\ェェェェェ/   /
        /:::::::::::::::::::::::::::::: く
-―――――|::::::::::::::::::::::::::::::::: \.――――――――
         |:::::::::::::::::::::::::::::|ヽ、二⌒)



ぴりっ、と緊張した空気が硬質な雰囲気を醸し出す。



         /'"⌒ヽ
          _,,. . /'. .,.へ
        ,. :'':´: : : : : : : : : |`:`丶、、
      , ': : : : : : : : : ,!: : : :ji  . .ヾ´
     ./: : :./: : : :/: /j: ;!: :/A、: : : :`:、
    .i: : : /: ; : :ィ''/`l:/|: /.!| V : i: : :ヘ
    l: : :./: ; : :// _,,l' !:/ jLx.}: :.!: |`ヾ、
   .|: : /:'゙:|: :イT示「 j/ l刊.ハ: :!ヾ!
    !: : : :/:l:/:.iヾシ    `''!l:/
   !:i: :l: :゙{: :.ヘ    - ,.イ|
     !:.l: :|: : :ヘ: :ヽニ'iー<. |: :.|
    l:.!: :|: : : :ヘ: :\`!vミ |: :.|
      !|: :|: : :/   ヾ、Y^i! !: ;!
      l,!: |: : :!    ゙i i i |;人     /´
    /: :.!: : | ` ー::-..ヽ i ij. ,.<   /
    /: : :!: :,:| '::,    〉.i i ト、 ヽ厶
   /: : :.l: :i::|  ヘ、 /^`ー┴-`'⌒Y
   /: : : :!: :!:i{   ` ``┬---::ッー''
  ,!: : : : : :.!: :|   _,:::'  ゙i . :::/
  !: : : : `:、: : |    ̄   ヾ/



93 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:06:10 ID:XaufQ0+k
一65.



          _  、  _  __  ,r __
        ,.ィ´yヽノ)'´  `´    `'ゞ、イyヽ.ヽ、
       / 辷_ソ            辷ツ) ヽ
        /l  )) ゞ=-'/  l l  l l  、 (( 、ゝ=-' ヘ
     / l '´ l   l l l l l l l l! l  ヽヽ` 、 ヽ  ヘ
     ,'  /!  l   l l l l l l l l ll 、 ヽ l l! l',   ヘ
    ,'  / l  l _l l!(( l l l l l´l`l' 、 l l l! l.ヘ  ヘ         「みんな。
.     ,'  ,' .',.  l´ ̄/示´`ヽl从!ィョョュ、、l l /lヽl ヽ   ヽ        夕べ錫杖を取り返してくれた、やらない夫よ。
.   ,'  ,'   l  l   〉jY リノソ   辷ツ' l! '´  ヽ ヽ  ',
.   l   l  ト、  ! ゝ-、ノ_ノ '    ̄ !l   l   ヽ. ',  ',       今日から一緒に働く事になったわ」
    !   ! / ヘ l.  ヘ、(( ー ‐ _ / l l  l    `ヘ  ヘ
    l   l /  ∧ ヽ ヽr‐`z,ィ'ー'´ノ`´〉.l l  l  ヽ    ヽ  ヽ
    l   l'  ./ ヘ ヽ ヽ ヽ /〉ノヽ___`〉、 ヽ、_  ヽ   ヽ
    l  l   / i´ ヽ   ヽ_ノ 〉__/。l、ノ´ ゝ--、-、ヽ ヽ   ヽ
.   /l  l ./ r‐'‐t‐ヽ   ヽ><.l。l r‐/`ー‐十 ヽ ヽ     ヽ
   l l  l / ヽ  /ヽヽ   ヽー'`ー'´ノ  l /`ー-、 ヽ   ̄
   l l  l'  /ノ  `/`/\  \ ヽ〈 ノ     /、  \
   l l  l 〈   ゝ / 、 \  \ ノ /  ´t‐‐'     \



元から不穏な緊張が漂っていたと感じ取れるが、
自分から動こうと中に入ったやらない夫が会釈したので、



      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)    「やらない夫です、よろしく」
    |     ` ⌒´ノ
    |         }
    ヽ       /
___イ.ヽヽ、___ _ノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ
    |  \/゙(__)\,|  i
    >   ヽ. ハ  |   |

94 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:07:11 ID:XaufQ0+k
一66.
一様に不機嫌な表情をしていた三人も自己紹介を始めた。



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/     「エル=ローライトです。
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/         ハーフ・エルフで精霊使いをしてます」
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



短くそう言った男性の耳は髪に隠れて分からない。
エルフと人間の合いの子であるハーフ・エルフは迫害を受けやすいと聞いたことがあるので、
もしかしたらその自衛の為に髪を伸ばしているのかも知れないとやらない夫は思った。

身に纏う雰囲気と動作は静かで知性的なものを感じさせるが、
内面に何か秘めている物が感じられる。

一筋縄ではいかない相手だなと評した所で、

95 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:08:11 ID:XaufQ0+k
一67.
エルの向かいに座っていた、やらない夫達よりも二、三歳は若そうな少女が小さく呟いた。



            r,/''"´ ̄`
          l::|          /!
            l:!      /.::/
          ヾ:.  _/.::.:∠-.-::.::ァ
             , ゝ´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::<、
   .       /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヾー
.        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. .\
        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: i . :.:.i__::丶、
       ,' : : .::.::.::.::.::.::.::.::..::. : . . : l.::.::.::.!  ̄
        i.::.::.::.::.; ,::.::.::.::.::. . : ::.::.::.:l:.::.:i:.::|
       l.::.::.;:;';';';';';';:,.::.::.::.::.::.::.::i::.::j、::.;{::.:|
.        l:.::;';';';';';';';';';';';.;';.::.::.::.::.l::.::l Υ|::.:|
         l.::;';';';';';';';';';';';';';'.::.::.:.:/:.::ハノ.::|ヾ|     「………コナタ」
          !.;';';';';';';';';';';';';';';.::.::./::.::| |::.:|
.          l.';';';';';';';';';';';';';';'::.::/.::.::|ノ|::.:|
        },';';';';';';';';';';';';';'::./::.::.::l !.::.|
.        l.:l.';';';';';';';';';';';';';/::.::,::.::!_|.::/
         l.::.!.';';';';';';';';';';';'/::.::.;;.::.:|l!ヾ、
       l.::|::.::';';';';';';';';';'/.::.::.;;';:.::.|l!l!|゙!



                                     ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                    i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                        i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                     !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
       「ああ。              .          l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
       彼女はコナタと言います。               i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                      !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
       盗賊技能に長けていまして、                  /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
       戦いもそれなりにこなせます」              '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                         `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                         .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                           ヽ、、      /::::    : //
                                               i    ., '""'-、,,__.._ //
                                              ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                      |.  ヾ、:/



会釈をしたやらない夫が見れば随分身軽な格好をしており、
                                  マイン=ゴーシュ
ベルトのように腰に巻かれた鞭と右肩に装備されている護拳付短刀が目を引く。

続いたエルの説明に、それ以上口を開こうとしないコナタは椅子を立って頷いただけである。
無口な人なので、と彼が付け加えて彼女の紹介は終わった。

97 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:09:11 ID:XaufQ0+k
一68.



         ____
         /     \
.     / (●)  (ー)\ フンッ
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\       「キル夫、傭兵だ。
    ヽ   L \ェェェェェ/  |
     ゝ  ノ         /        偶然錫杖を取り返したからと言っていい気になるなよ?
   /   /         \
  /   /            \      夕べは交代の隙を突かれただけなんだ、
. /    /         -一'''''''ー-、.    縦長い顔をしてないで屋敷の哨戒でもやってな」
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



最後に、戦士風の男性が椅子に座ったまま口を開いた。
                                                  メイス
忌々しそうにやらない夫を睨む彼がふん、と鼻を鳴らして側に置いてあった鎚矛を掴み、
失礼にもその先端を彼に向けたので、



                __
       .-――z^^7 ̄`((⌒ ._
    /    /   }(勾},ト、   `ー ._
   /    /     ((乂ミ=       ヾミ .   _
 /             _)}   .-‐        λ--__))
´     /7 /      /   -~ __     ゞ勾ハ
   / //  /     /    ((⌒' /    Ⅵ i
_ノ  '       イ /   //`).l /! / ,  Ⅶ !
.  /        /    //l\ レ'/ / } / //  :. !
 ̄´            {./ // r==>ミ / // 〃ル  i l
    /     /ス//{,// 7rッそ》}  八、/ } l  } |     「キル夫!
   /     ∠ゝ、ン    _《 ゞト=ン γ=ミ / リ ./ ノ!     あんたの不注意で錫杖を奪われた癖に
 /     /__.У::.     ((⌒ーv_ソ"  辷ソⅣ/ノ  l|     その態度は何よ!?」
      / ト、_ ハ::.            、   ハ /|    l|
_   /   {   ̄ト、::.    , r‐=z 、 ′/ /i l|    l!
7} `ー- ._ノ   ム 丶:.    l  ヽ:/   イ:.   | l|    l!
/          {__ヽ、ヽ:.   `ゝ=ァ’ イ !:.  | l|r―-lト、
i           /}  ≧x.._ ィ~zリ √ ̄ ̄〃    ⌒ヽ‐z



明らかな喧嘩腰に雪華綺晶は腹を立てたのだが。


98 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:10:11 ID:XaufQ0+k
一69.
彼女を手で制したのはやらない夫だった。



                        _
                      /-/,-、
                    /  / ーイ
                  ,イ  /  /
                      /.l . /  ./
                  ,イ .l  |.   l
               l .|.| |  l    ,ィ=、
                l .lリ .ノ  ',   /`-イ
                l         i   / . l
               |        `シ   /     「まあまあ」
                   ',              /
                   ,            /
                   i、        /
                   /       /
                /      ./
              ./      /´
            ./        ./
             /       ./
           /       ./



                                             ,____,.廻}`lii_,,..、∥
                                            ,,-''"´´ ̄``!K呈/ゞ、''-、
                                          .,/´    -、  .`i゙""i..} ! l `',
                                         ././   i   i  'i  i }  'i li , .l\
                                        / .|   |i   ii  l .! .i   i ll i .|\\
                                        l ,.ii   | l  !i  l .l |  i .i ii l .l .\\
                                        l i.lu  ./ll`''ii-l=、l_ / λ  li i.ヽ、! `i  i ,/
                   「ちょっと、やらな………」      li li i、 ..//!_/ ! ! /`l''i/i  .li  .|i.\, \ l l
                                         ヽi{シ/´. '行勿ッ/ / / .l  .! il  i\ `ゝ、``'_'
                                          ゙<   `ー'´.//'!./入 ! l ..| ヾ i`\ li ``
                                           .`.、-、. .,//l..! /-∧ヽ !、 il ..l .l ii| i`-i
                                          /./..!._,i、,__,,,l /!i``''.!入!>i!! l l il  l li
                                         / /  .i iii/、l l''''y!‐''>.-.!! .l .|i Il l / il
                                        //  .l .iil/.Ll l!=ン-'./´ `'i i\i li .li l l
                                        l./    .l .il-ンl .!,   !   `il i / il ..! !
                                        l.l  .,,/ i l Z-/i.\  .!ィli   ゝil l il l  i



不満そうな彼女がどうして、と文句を言おうとしたら、
こんな表情も出来るのかと思えるほど薄ら笑いを浮かべた彼は
キル夫の顔を指さすと―――



   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |    「あんたの邪魔はしないから、
  |   \_)  |     こっちの邪魔もしないでくれよ?
.  |         }
.  ヽ        }     それから―――」
   ヽ     ノ
   /    く

99 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:11:11 ID:XaufQ0+k
一70.
振り返り際、ため息混じりに教えてやったのだ。



                                 _ _ _
                                ´      丶
                             /         丶
                            /             丶
                             /             |
                          /           _..,,ノ   |
                           /          (● )   ノ
ヽ                        /           /   |ヽ    「―――随分鼻息が荒いせいか、
:::::`ヽ、                       !           丶_ / /     鼻毛が飛び出してるぜ?」
_, ‐、:::::: ̄ )           | ̄ ̄ ‐ '─ !_               ノ ´
:::::::::::レ'  ̄            |::::::::::::::::::::::::::::::`‐ _        /
:::::::::::|              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、 _   /
:::::::::/       __ _ -‐' ̄`‐- 、_::::::::::::::::::::::::::::`‐ <
:::::V        |::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-、 _:::::::::::::::::::::::::::>
::::::〈       __|::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _:::::::::::::::/
::::::::}_r──´ ̄::::|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、/
::::::´::::::::ヽ:::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐-、
::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::\:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
、_______|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::: {:::::::::::-‐‐‐:::::::::::::::::::::::::/
_          l::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::`‐-、_     __ キ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、
:::::::::::::::::__ >-‐´::::::::ヽ:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
:::::::::-‐´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

101 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:12:11 ID:XaufQ0+k
一71.
慌ててメイスを離したキル夫は真っ赤になると、手で顔を押さえて向こうを向いた。



          ____
        /      \
       / ∩l^l^lnnl^l^|\
     / .//ヽ   ∥  ノ/.\    「なっ!?」
     |   /   人   l   |
     \ /   /ェェェ\ \/
.      |    / ̄ ̄ ̄\ |  バッ



    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !:::::::l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! :::/:::::!:::::::::::!: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,':::::::!:::::::::::::!: : : !:::::::l: |:::::ヽ: ヽ: : : : :
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、::::::::::::::l: : l:::::::::', l:::::::::ヽ: ヽ: : : :
         | : : : : |: :/l:::::|__   |::::::::::::::!: |:::::::::__'|:::::::::::ヽ;!、: : : :
        |: : : : :,!: !: l:::::r '  i !:::::::::::::::| |:::::::::::/`''―- 、ヾヽ: : :
          !: : : イ|/: :,!:::::!ヽ-'/::::::::::::::::::l:!:::::::::::!_      /l: :∧: :
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ! :/: :! : :!    「ダサッ」
         ヽ:| | |: :{               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l
           '.| | |: : \    、__         ` '´ /:/ : : : ,!: |
              | |: : : : |ヽ、 __,.、 `ー'         ・ /:/: : : : :/!/ プッ
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: :
              | |: : : : |/ / / ,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :
              | |: : !         |/::::::::::::::::: , ': : : : : , ': : : : |: :



同時に、それまで不機嫌そうな表情だったコナタとエルも思わず吹き出している。

実はこの二人、先程からそれに気づいてはいたのだが、
緊迫した室内の空気から言い出せずに悶々としていたのだ。



                       ,イ∠.-7_
                        i::::::::::::::::::::ミー
                      r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
                        n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
              .     {__. i レ/ 丶        ヽ
    「プクク………」       ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
                      〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
                     ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                      λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                     | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                     ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                       \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                       '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
                         \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
                           〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |


102 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:13:10 ID:XaufQ0+k
一72.



    /||ミ
  / ::::||
/:::::::::::||____
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::||        ||
|:::::::::::::::|| / ̄ ̄ヽ|| ガチャ
|:::::::::::::::|/      ヽ
|:::::::::::::::||       |   「邪魔したな」
|:::::::::::::::||       |
|::::::::::::::|||        |
|::::::::::::::||ヽ_    _/
|:::::::::::::::||/    ヽ|
|:::::::::::::::||  i   } |
|:::::::::::::::||ノ |   } |
\:::::::::::||  |  i  |∪
  \ ::::|| ̄|  ||ー| ̄
    \|| (_/_ノ



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {    「あ、やらない夫!」
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



それでやらない夫は部屋を出て行ってしまい、
中の三人と扉とを見比べた雪華綺晶も、彼の後を追いかけて広間を退室する。


104 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:14:11 ID:XaufQ0+k
一73.
廊下で待っていた彼を見上げて尋ねると、



             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ノ'
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !     「やらない夫、待ってってば。
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ / ' / / /    !
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  / / / /    l      ………最初は丁寧だったのに
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / / //    |      急に態度を変えるんだもん、びっくりしたよ?」
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |     |
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |       ||
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ   ヽ
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |    \
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ        \



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |
     |      (__人)   「礼を尽くす人には礼を以て、
     |        ⌒ノ    無礼を働く奴には無礼を以て対応する質でね」
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ



歩き出した彼は聖人君子じゃないんでね、と肩をすくめ、

105 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:15:10 ID:XaufQ0+k
一74.
とは言いつつ、突きつけられた悪意をさらりとかわす余裕を持つ彼は、
悪意を以て対応する事なんて無いんだろうな、と何となく感じた。



                                                        ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                                       {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                                     /./       辷ニソ
                                                    / /   l  l l  l (( \
                                                      / / l  l| /i| i| i| | | l \
                                      .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                                                    /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
                                      .             /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
                  「相互主義者なんだ?                   /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
                                      .           /  /   / ノ八  _     / /  i!
                   ふぅん、なんだか『らしい』ね。            /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                   ところで………」                   .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                                 i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                               / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                             / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                             i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                             // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                                            /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /



    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /           ヽ
  |             |
  |               |
  |              l
  |          /
  |        〃/
  \、__     (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /  スタスタ
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
      j l   |



これから何処へ、と尋ねようとしたところで彼が玄関から出て行ってしまうので、

107 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:16:11 ID:XaufQ0+k
一75.




: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ____________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|                   |  |    |          |
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|                   |  |    |          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|                   |  |    |          |     ||  ||  ||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}    |  |    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|     |  |    |          |     ||  ||  ||
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::|    |l     ∥     l|     |  |    |          |
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::|    |l┌ Ⅱ∥Ⅱ ┐l|     |  |    |          |
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ ∥   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijknwn      ̄:.:  ̄ .. ̄:.  ̄     wliwliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
;;;;; , ' ´~ liliiwliliwil :. :.   : ::.. .:. .. ,, ,,.. .-‐ '''" "゙WililjlilijWwwliil゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙ wwWliliwjlilijlijlw゙゙



庭先まで追いかけた雪華綺晶は遠ざかる背中に慌てた声を出した。



              _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
       _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
      //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
       / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
       | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
       | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
        | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |     「ちょ、ちょっと!?
       / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |      帰っちゃうの?
      ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
     / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|      仕事は!?」
    / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
  / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
 / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
/  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
|  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
|  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、

109 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:17:14 ID:XaufQ0+k
一76.



              / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
            .( ●)( ●)  ..| / |
            (__人__)     .|./   /
             i⌒ ´ .r-、  |/  /     「宿を引き払って、ついでに買い物に行ってくる」
             {     ヽ, ',. .,/ :/',
             .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
              .ヽ . |   / , --'i|
              /   {  V , --ヘ
              |   ヽ  L| r= |



だが、振り返って指を立てた彼が当たり前の事を言うので、
慌てていた自分が恥ずかしくなった彼女は真っ赤になって俯くほかない。



                  ,、  _ . --- ‐-  .,_
             ,r' `ー、 ,ハ `ヽ/(⌒       `ミ 、
            l   rァォ7ハフー'    ,        ヽ
            l i   イゞン7ハ!_  /  /         フ、 ̄了
            /   ゞアン'  /   /         ヽヽフ ヽ
             /   // `Y  '   /            ヽ'  i
             ソ   ./.l    )/   / -/-/─ / ,  /`   ヽ   l
        ,/,     i   ̄ /  /  / / / / / /l、   ヾ i  l
       ///    |    i i  ,'r{辷ト、/ / / /リ \ l   i .l l
       (  i    i. l l  l l l  .バY^ド{ // / / /   i  l i .l
          l   l  l  l  l. !   ゞ弋ソソ    ,ィfテト、 リ  |l l l
.          ヽ  / i.  l  l  l. !  .| `))        込ン/ 、 .i.  l l l    「あ、そっか………」
           i /. /  i  i  l    | .((/l/    ,/l/l/l/,.イ /   i lノ
           // i  ヽ l  ヽ   l             / ,' /  ./  i
        / /i  l   ヽ      |       ´  イ l/.イヽ  ヽノ
       ./ /  i/ /    l      |  ‐- t‐<  リリ ,ハ  \ ヽ 
      / /    / //  l   .从ノ~ヽ~'. /  .// /  ヽ l  l
      l i   ノ//   ,i  ,ノ:::::-、____゙ノ // />、,ァ´,ィ、 i
      ヽヽ,-'/ノ    r'_/´ ̄     ヽ_  ー'_/ ///人\i
     /  /    ( ̄           ヽ、 _:  //' / ,.ィ\\
    /   /、 l     `イ、             // ∠>'.人`<_ヽ
    /   / \l   _/,.У          .ノ /       r≦_ト.、>‐'7
   l   l   ヽ /:::::::`ー' ̄)     __   ,/         .x---、ヽ:\'7
   ヽ   ヽヽ  i::::::::::::::::::::(__r^(__〉~ ソ∨       /       ヽ
    ヽ  ヽ ー ヽヽ、 _,,-、:::::::::::::::::::::::::::::/!     ./::::ハ        〉
      ヽ  ヽ  ヽ_   ヽ__,::::::::::::::::::::/l   ,ィ´::::::::-H-       /
      l / .l   .ヽ     ヽ、 _,,-、/.!    |    リ      /
      ノ. /  l  ,ー.  ヽ ______ ノ :l.    l    /ll:>─‐< |
 ー-tー'  //  l ´            ノ:::l     l   イ:::ll     | j

110 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:18:10 ID:XaufQ0+k
一77.
それでも、一瞬で開き直って自分に出来る事を伝えると、



               ___      ______     ))
         _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l|、、i⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′   「じゃ、じゃあ………
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!    執事のアストナージさんに
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //     君の部屋を割り振ってもらっておくね」
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .  ///// / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((           イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  -‐(   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)    「ああ、頼むよ」
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



少し笑いかけて右手を振ったやらない夫は、そのまま町へと消えていった。


112 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:19:11 ID:XaufQ0+k
一78.
執事に言って、自分の隣の部屋をやらない夫用に宛がってもらってから、
自室に戻った雪華綺晶。

椅子に座ってテーブルに頬杖を突けば、
頭の中を回るのは彼の事ばかりだ。



                 /  /{必}                r=ミ | |
                   /  //)厂                ゞ彳i | |i
               /  //(( /        i |   |    ))   ! i|
                 /  //  /  / l l | l | |   | |  |丶i ' .'.|
                "  /  .′ i | l| | | |/.i ハ .l  | | l l |  l  / |
            /    /i  i  l.| l| | | i :!/:ハ┼-| | l | |  i/ / | |
            /   / !  i l l ! 从r-、_)) /i i/ル'ハ!ル/! !i/i / /i ! !      (どうして真っ白なんだろう………?
.         /   /   | l ハN nn{ィ示}}    r:行芯ヘ,レ |/ /i | ! !
..      /   /    / ./ | |.// )辷_ソノ    込zソイin./ / li | | 丶      これからもずっと、真っ白なのかな………?)
      /   /     / / i /i { /.)ーイ   ,      n| | 〉/ ハ.| |  \
    (    (      / /  ハヽ|,| i } ))           / ノノノ ) ,  | 、    \
     \   )     /./  /  l\ `  \   ⌒  ./.    /./l  |  ヽ      ,
        )  :   / ./  / 仁へ._\   \   /    /./ l  ハ  ハ   人
       /  /   (  /fニフ(_ / ⌒ `⌒ヽ }≧≦{    /_'  | i i /  \/  \
.     /  /   ノ /rイ / ( //    / 人__i\r─'⌒ー'  トTフi| /  \ \
    /  /  //r─{.`ー  i /     / _,イ }/        ノ、トイ}_   \ \
.    /  /  (  i {     ノ .ノ      イ   八        //\/  )   .  }
   /  /   |  |     /         /j__、\      い、厂/ 〈 i   ノ /
  ./  /    {  } r─'´           イ≫<\      .∨イ   } i /  /
 /  /    /  /          _ <二二二ニ| ト.      \   } i /  人



ここしばらく感じていた白い予感は、彼との出逢いを意味していたのだろうか。

冗談でも何でもなく相手の心を感じ取れてしまう彼女にとって、
真っ白と言う存在は初めての事だった。

115 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:20:13 ID:XaufQ0+k
一79.
喜怒哀楽や憎しみ、嫉妬などの正負に寄らず、
様々な感情は一時心を別の色に染め上げる。

だが、背景とも言うべき大本の色は簡単に変わる物ではない、
余程の事が無い限り変調を来さないのだ。



   )) i ..___ //                  ヽ...r 、___  ))
    {- ヲf.,/ , ´                    liコi>テ彳_
   {>、_i./ /       ∥     ll    l!   i!  ヾア>シ‐-i!   r.ト.L
    i-///   ∥ ∥ ∥.     l!  i l!   i! / iンエi  l!.  `′l
    !///   li  l!  li   i      l!   i! !   i!   fイ iゞ l. l!    メ、
:   !/∥ i!  li  i!  i!  |    l_.l!  i!. l   i!  ∥|| !  lリ.   ' '′l
   l ll  l   l  l   l:  |    l. l  /.l i!  l  ∥ || l 〃   ヽ  l,-、_.,
   l ll  l   l  l!.  l:  |    i! !_∥/./   /  /  || l i    `ノ
   l ll  l   l r-ァf ーl !   7/:ィテ≡.ュ__./  /   l! l λ ヽ_ノ
   l l!  l  ソテ/riヘ\| ∨ノj fo:::::::::rリ〃 7 l    l!入 ゝ. (乂 )
   l  ゞ ヽ 〈 { Yーイl ノ     弋二歹/./  l   l! ノ  ノ  __ヽ
   l  l \ |\!ヘノ- フ´        ノイ∥  l   l! l  lヘ    レ~    (もし、ずっと真っ白なら―――)
   l  l  l  l \ ((                ∥.   l    l! l  l l!  νv
     i!  l i! . ヘ、  __r i_ _ __   . イ7     l   lヽ、l  l l!   VV
     l   l /    `f/ / | .| |, ヘへ___/ __ _..L..........., ゝ l ,l!    vv
    ∥  f  ̄ T フ┤f⌒フ_r ァ_l_ ヾ_ヽ\!        i|   \ ゝ、
   ∥  l′   }  `′/ / i/ >┘ `--イヘ__       l     \  \
   ∥  |    ノi  ̄  ゝ ヽ /\_ \| ' //     i′ヽ.     ヽ、  ` 、
  ∥  ノ     /      / Vイ      〉   /  !_.ヾ ゝ.    i}    ー
  ∥  〈       /      i≫|       i|  /    } \ \  ノ    _
 ∥ / 、`i 、   /       i!r-、i、       i、_ ー  /    \/    /
..∥ /   i   ノ       l! フ |!       l    入   /    / 、_
∥ _   }  i´          l ~ .|!       l!     / /       {  >  >



どんなに立派な司祭や騎士、出来た人と言われる人でも
大抵が灰色を基調としており、濁りやくすみ、染みがたくさんあった。

それは人間、エルフ、ドワーフなど種族に寄らない『人』の心とは言え、
目を背けたくなる、見えてしまうとどうしても辛くなる現実だ。


118 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:21:11 ID:XaufQ0+k
一80.
その為、人と接する事が恐怖にも思えて、
人を心から信用することが出来ない彼女にとって、
やらない夫の存在は異質と言うよりも安住の地に思える。



           ヾ       _ _ _          /ゝ
           ノ } , - ' ´      ̄`ヽ      <'´r‐'    ,
        /入y'´              ` ー 、_≧彡>┐、/ V}
       /≧/     /               ヾ廴{i}.」ヾil´"
       V /     ./i  i               ト=イ´  ト
       /./      / .l  l     i        i { r‐'´   i i
       Ⅵ     /  l  l     l        l ゞ、      il l
      /  i _  .i  l  l  i   ハ  .|   :i    | i      ハヘ
        i   { ゝ、_ |   l  l  l  _ヘ. l  .l    | l      i l ヘ
.      {   l   ./ ハ  l  l 升´  i ヽi  /    / il      V.ハ   (これからの事なんて分からないけれど、
       |  .l  /.// >┐_ハ i .lハ  il  \/     Y/      i ハ    この仕事が落ち着いたら―――
      K  l  .K<イ- 、 } ゝハヾハ_ ilヾ 人   //       i . |   .ヘ
      /V ハ  ト/ <=_ノ/K   -===、i / / ./イil .      l ∧    }  仲間にしてもらえないかな?)
.     / i ハ  Ⅶミ_,ィ┘ ,    ""  ././i イi i.      |   V  ノ
    /  .l   ゝ ミ  ノ/        /ィ // |.l |.       l   レ'´
.   /   i  Kハハ \{<  ー -   -=彡 .//  Ⅶ.      i   i
   i     //  V /.\.         イ.┤/.ハ  i       l.    |
   l/    //    /__.≧、_  < ヽ il\─ 、 l       |.    |
   /    // i ̄ ̄\  i}=v| ̄ ̄  /_ ─<       ヾ    ハ
  ./.     レ/'´\    > V / /  Ⅶ⌒/ .ハ           i
  i.    //人_ \-<_ ∧./ \_/  /  /  ` ヽ     i .、 _  l
  |    //  ヽ  ̄ >//    // .   /  /   <´⌒ヽ   |    |
  |  ノ.ハ  /   ゝ升、___升≦ ̄ ̄/∧__ >   \ .l .    ',



だから―――
物心ついた時、孤児院にいた時から他人に恐怖を覚え、
孤独に苛まされていた雪華綺晶がそう思ったのも当然だった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


119 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:21:33 ID:XaufQ0+k
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手ありがとうございました。

次回は第一章第二話になります。










【漫画全巻セット】【中古】ローゼンメイデン ヤングジャンプ版 <1~10巻> PEACH-PIT【あす楽対応】

価格:910円
(2018/9/24 08:59時点)
感想(0件)






機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー ーカイ・シデンのレポートよりー(1)【電子書籍】[ ことぶき つかさ ]

価格:583円
(2018/11/5 21:45時点)
感想(0件)




























目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1251-1694bce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)