FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! 序章 夜風の中で 2018年11月09日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




375 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:00:08 ID:Bzh1DU7h
序1.
剣と魔法のこの世界には、四つの大陸と多くの島々が存在する―――



【主な大陸、有名な島など】
┌─────────────────────────────┐
│シアード大陸                                 .....│
│北半球の半分以上を占めているこの世界最大の大陸。       ......│
│                                           .│
│マーリナード大陸                               ...│
│シアードから東に位置する二番目に大きい大陸。            ..│
│                                           .│
│ドギーラ大陸                                 .....│
│シアード大陸からちょうどの正反対の南半球に位置する大陸。   ......│
│                                           .│
│ミリオン大陸                                  ..│
│シアード大陸の裏側、赤道近くに位置する大陸。やや小さい。      .│
│                                           .│
│ノースエンド                                   │
│北極点にある島                               .....│
│                                           .│
│サウスエンド及び五つ目の大陸は海中に没したと言われている。  ....│
└─────────────────────────────┘










377 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:01:06 ID:Bzh1DU7h
序2.
そして最大の面積を誇るこのシアード大陸の中央から見て、
少し東に位置するエゥーゴ王国―――



┌────────────────────┐
│シアード大陸 総歴一九九三年現在Ver1.0   .│
└────────────────────┘
             __________
        ....--‐'''' ̄     ヽ_..-.__.-冖'ー、                                   _..r‐'''つ'' ..-n 、
     _..--‐'"       _..x___|,_         ヽ、             ..r―- 、              ,,r‐’   `゙゙ニ..rl′
       ̄ ゙゙̄―ー-‐'⌒゙Y´    `゙ヽ_      丿ゝ..,,__    ___........--‐''  _....r宀―‐‐''ーー------Al''"       〈l
          /’   ./       ~~''ナー一'"    ` ̄マ^ ̄        "゙'''ゝ、_           ヘ、       ヾ、
       __ノ′   │         ノ          ]            ,,-キ          /´`ー‐---xr‐‐'"’
 |''''''''''''' ゙゙̄       ヾ、       │          丿         ,,..r‐’ "1..-----一‐'''个       !、
 ヘ.._             ヾl‐ゝ、 __..上_        _ノl....-―一―‐''''''''キ    /´       {        !
   "''ーx..         ┌‐’   ̄   ⌒ヽ_,,..一‐冖 ̄"           ヾ.._ 丿          l    _-‐''´
      ヾ、       亅           !                _r=j;;;;;ljjjjjjjjjjjjョョョョョ==ョ彡=、 _r‐'´
       l       !’           ノ---―‐ 、       ..-〃:::::::::::::::::::::‐'ヘヘヘx..___
       l      /コl、           !、    ゙゙冖‐‐ー-../::::::::::: タオ砂漠 :::: ’ヘヘヘ |   ̄~~冖ュ 、
      r宀‐ー 、,,..r'∨゙ヘl_          丿    ____.l:::::::::::::::::l―――'"     |        │
      ヘ、      _ィl'"ゞ          !、 ..r‐'"´     ⌒ヘ::::::::::::::l′          ! ファイブリア 」
       l     ゙'"  !、           下            ゙'ー―'"  丿             │     丿
      r'´      __./ `'          │             ]     |              キ‐---゙゙--勺
      !      ‐" `ヘA、         │    聖刻の地   」    │   エゥーゴ      丿ダンボルト /
      ]       ノx  `ー'''''''ー―ー‐''"゙゙ヾ              ! フリート_ノ             !’  ___/
     丿       ` _J'ヘ           ヘ、           ノ’   \           _ノ一'''"    !
     ゙ゝ       丿丿          丿´`ー--..,,__    _..rjl ....---......../_..........---一‐ヽ' ̄         ./
      キ        !ll ''ゝ、  _..、  /       `"゙''个‐''"´  ;;;;;;;;ぅ        \_ フォーセリア  丿
      ├‐''''''ヽ__ノlrハt_ ゙'''''''´ \/           !      ;;;;;;;;ヘ        ノ'       /′
      │       r‐ョフ    ∠| ヽ、         .|     ;;;;;;;;;l、       \、      _/′
      ノ        二上   ノ  |  \         |      ;;大湿原;   ローゼン  丿   _..x4ll’
 Oノゞ  !      _n_ ‐ヘ ´ ノ'’  ノ    ヽ       亅     ;;;;;;;;;ヽ、      └_ ノ'"   ゙゙ゝ   !゙ヽ
ヾl];;;l   !     ,'’ `''''''冖<    │    \      !      ;;;;;;;;;;ノ        \      !  ヾ_ ヽ
 lゝ  丿’     !      !------┼----..___ l-‐--七二匸  .........;;;;;;;;;;l'"         ノ 三神  ノ   _コ !
  ノ''゙     _ノ      ヾ.._   │   ../"   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└----------..J      ヽ   !   l
 ノ  ノへ_r‐'          勹 ./  ノ   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           l、_   /  │ ィ''′
└ー''’         .. 、   _..../ ! 丿     `''::::::::::::::::未開の森:::::::::::::::  バーズ連邦  ォ―――'''" │ /’   ヾ !
         ..-v-‐'"丿   !   l ./  !' ̄"゙゙゙'く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ┌―----ノ        'ゞ’   丿./
       _..ノ    `ーu、 "''''ヽ__Y__..--’      `ーーーーー、       /_                  r ノ
    ..―''"" _,,-一‐''''''''"                         ̄'''''''゙''ゝ、r‐´                    ̄
      ̄ ̄

379 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:02:07 ID:Bzh1DU7h
序3.
肥沃なグリーンノア平原とアクシズ大河の豊富な水量のおかげで
豊かなこの国の南部にアンマンと言う町がある。



      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  山山山
      :::::::::.┌───────┐::::::::::::::::::::::::::::::::  /   山山
  :::::::::::::.│ タオ砂漠   ...│:::::::::::::::::::::::::::::::: /       ヽ
 :::::::::::::: └───────┘::::::::::::::::::::::::::::::: /         |
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::________/          | ....┌─────────┐
 ::::::::::::::::::::::::::ーーーーーーーーーーー” .┌─────────┐      |  │ファイブリア王国  ....│
 ::::::::::::::::::::::::::                      │ エゥーゴ王国     .│      |   └─────────┘
 ::::::::::::::::::::                      └─────────┘         |
            /                                                 |
           ノ        グリーンノア平原     _==================================
┌─────┐================= ̄     アクシズ大河            |
│フリート   .│ |                                               |
│神聖王国  │ |         ◎王都グラナダ                            |ーーーーーーーー
└─────┘ノ                                                 |
       __ノ                                                    |
         \                                          N       /  .┌───────┐
          \                                            Δ      /   ..│ダンボルト王国...│
             /                                       │     /   ...└───────┘
         /                  アンマン                   ─┼─   |
ーーーーーー┴ー-..、                ○                      │   |          ____
┌───────┐..、       __                          │   ノ ____,----ノ
│ローンデルギア .│ )''''"丶---‐''   ' 、_..-..__________....-...._______..-
│  大湿原    .│/            ◎               /
└───────┘         マリアンデール               _..ノ   .┌──────────┐
           ./    ┌─────────┐         _..-‐'"      │ フォーセリア王国    .│
           ヽ     │ ローゼン王国   ...│       <          └──────────┘
                └─────────┘



380 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:03:07 ID:Bzh1DU7h
序4.
一年の始まり祝う復活祭の日から遅れること数日、
濃い青のマントと背中の両手剣が印象に残る少年がこの町の大通りを歩いていた。



                                 ,l ゞ:〃            ______
                                    ,l ゞ:〃 :::::::::::::::::::::::::::::::r" |∥∥∥∥∥
 ゚゙'ー、,,,                               ,l ゞ:〃        ,,,r'" l|  |∥∥∥∥∥
 ゚゙'ー、,, ゙゙`ー、,                         ,,l ゞ:〃:::::::::::::::::::::;r゙゙|::::::::::l|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゙゙゙゙',ー、,. ゙゙'ー、_                         ,l ゞ,.〃      ,r''|::::::|;;;;;;;;;;l|
     .ll  .゙゙''ー,,, ''ー、,_ _              ,l゙ゞ;〃:::::::::::;;rl|::::::|;;;;;;|::::r''''l| ̄ ̄ ̄
     .ll いら  ~~゙lー、、:i┿l|              l:ゞ〃 . ,,,r'" l|;;;;;;|::r''|;;;;;;;;;;l|
     .ll  しゃい   lミミl*li温l|ヽi:ー,、        彡~〃彡'"''',,r''' l|::r''|;;;;;;|::::::::::l|
     .l:──--、、、...lミミl*il丿l|__li゙゚態N、、 ,       l l㌍'''"、__r''__,、、l|;;;;;;|::::::|;;;;;;;;;;l| ::::::
 , l l l llll|ミミミミミミミlミミl*ll泉l|~~トlー-i゙l~~冫     ~ |゚l、.丿彡彡彡l|::::::|;;;;;;|::::::::::l|
   lj,,',,',,',,',,',,',,',,',,',,',,',lミミl*ll丿l| llヾヾiー ゚l゙~i:!』,,    l『』i゙゙゚゙:lヽ ̄ ̄l|;;;;;;|::::::|;;;;;;;;;;l| :::::::
   l|  l   .l    lミミl*ll卵l| ll .l il!ヮ ';li,''ll l㌍l゙li....ll ll i~ll"|..| ̄~l|::::::|;;;;;;|::::::::::l|
   l|  l   .l__..lミミl*ll冖l| ll l.ill ̄~~~''゙`゙'''`   "l|、l.l |..|____,l|;;;;;;|::::::|;;;;;;;;;;l|
   l|  l---i .l _,,,,,wil"~l*ll/ ̄ ̄\           l| l |   l|::::::|;;;;;;|::::::::::l|
   l|  ,,l,,、-'' ~     "/  ⌒ .⌒\     .      ゙=゙ヽ|__l|;;;;;;|::::::|;;;;;;;;;;l|
   ll゙`    .: ..       |   (●)(●)|              /勹、 l|::::::|;;;;;;|::::::::::l| :::::::::
                |   (_人_)│         /ヾ/ ヽ |~ヾl::::::|;;;;;;;;;;l|
               |     ` ⌒´  |        /ヾ/      ヽ、,l~ヾl::::::::::l| :::::::
              |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/           ヽ、 l~ヾ;;;ll___
                 .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                  / lヽ     /    /`弋ll
         _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
    ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
   /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ   「良い町だな。
   l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |   しばらくここでのんびりしても良いか………」
  ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
  〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
  !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
. }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
  〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈        ┌─────────────┐
 /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ..     │ 魔法騎士           ....│
..l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l.       │ やらない夫=D=ビップ   ..│
..ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿.        └─────────────┘


誰とは無しに呟いた少年の名はやらない夫。

整った目鼻立ちと、
百八十五はあろうかと言う、人間の成人男性の平均から頭一つ飛び抜けた身長、
そして少し低いがよく通る声。

町行く娘達の視線を確実に集めながらも、それに気づかない様子の彼は
黒曜石のように艶やかで底の見えない瞳を巡らせ、
小綺麗な町並みや穏やかな雰囲気の街路を見回していた。

435 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/01 21:34:14 ID:Ygkq3u7X
>整った目鼻立ちと

 ! 

452 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/01 21:44:26 ID:TINL4ilh
追いついた。しかし、やらない夫、
>整った目鼻立ち
だったのか。今までで一番衝撃を受けたぜ。

383 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:04:06 ID:Bzh1DU7h
序5.
街路を吹き抜ける風は少し冷たいが午後の日差しは温かく、
夕べの雨で地面は少し濡れており、水たまりが陽光を反射してきらきらと光っている。



        †
        ||    |iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii||    .|======
      /'i,ヽ   |";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";";" ';" ' ";;" ' "|    |  _,__.___.
 __ / ..;;;i::: . \ |       ,,.''ヽ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;::;;;;ゞゞ:;ゞ .:;.;.|  |≡|  |≡|
.:.|≡≡|| ̄ ̄| ̄ ̄| | |[][]|  |[][ゞ:;ヾソ   ゞ:; :;ヾ ゞゞ:; ゞゞ:; :|  |≡|,,_.._|≡|
.:.|≡≡|| l⌒l | l⌒l | | |[][]|  |[][]|ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ヾ ソゞ   :::ゞ:;ヾ.;;.; ヽ.|γ,,|≡|
iiiiIIiiiI IiI| |...::l | |;;;;;l |;;:ヽミゞ;;    ゞ;:;:ヽ:;ヾ :::ソゞ :ゞゞ:;;:;ヾ ゞ ゞ:;.: |≡|iニi;;|≡|
  ミゞ;;;|  ̄ |  ̄ |;:;ミ__ヽミゞ,,_;;:ヽ_;:ゞ;;_ゞゞ:;ヾ ソ_._ゞゞ:; ミゞ;;ミゞ;;  ̄
ヾ;:;:ヽミ;;| l⌒l | l⌒l |;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;; ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;:
  ミゞ;;;| |....:l | |;;;;;l |;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;
 ヾ;:;ゝ | |;;;;;l | |;;;;;l |;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;;:
 ヾゝソ | __ | __ |;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;
  ミゞ;;;| LLl | LL;;;|    __    .__    __    .__    .__  |ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;: _____
   |i| | LLl | LL;;;|   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l | |iソ ヾ;:;;:i;i ';" ' ";;"
   |i| | LLl | LL;;;|   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l | i;i;:.:.:.ヽ.:i;i ====
iliiliiliiliililiiliiiiliiliiliiliililiilii|         |iliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliiliiliiliili|
iliiliiliiliililiiliiiiliiliiliiliililiilii|         |iliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliililiiliiiliiliiliiililililiilili|
' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' "' ";;" ' ";;" ' ";.:..i
;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";"' ";; ' ";" ' ";" ';" '" ' ' ";; ' ";" ' ";" ';" '" ' /
==================================''

                     , -―- 、
                  /     \
                  /  \_   |
                  (●) (●)   |
                  (_人__)    /       「っと。
                  l`⌒´    /        宿屋の前に魔法学院で魔法書を買って、
                  |      ヽ        薬師の店で霊薬を買って………
                  __!、____/  \
                /、 ヽ     r 、 ヽ     食料品は明日市場に行ってみればいいか」
                ハ ヽ Y`l     |  >  Y
               { ヽ_ゾノ     | レi i i}
               `¨´  ヽ    ハ  `'''
                     >   / ヘ
                    /  /ヽ  ヘ
                    _,/  / ご_ノ
                  ( ヽ /
                   \__ノ



歩きながら大体の町の構成を見て取った彼は
宿の集まる区画へ向かう前に消耗品の補給の他、
そろそろ本格的に魔法の修行も始めようと思っていたので魔法学院にも寄る事にし、

384 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:05:06 ID:Bzh1DU7h
序6.
十五分後には町の北西にある学院の門の前にたどり着いていた。

    タリスマン
ネギの御守りと呼ばれる、鈴を紋章にした金属製の看板が掛かっている門柱をくぐった彼は、
剣術や体術を使って戦う戦士であると同時に、『マナ』を魔法原動力とする理力魔法を
行使する事が出来る複合職に就いているのだ。



                    ,ィ爪 ノ乃、
        ___    _,. -‐ァァ'!fT}l{Tf'!ァァ‐- 、_    ___
_________________|_____|  ,.ィ´i l | | | | |乂|||乂| | | | | l i`ヽ、  |_____|______
______________ |┬┴|/l | | | | | | | | |乂|||乂| | | | | | | | | l\|┬亠| ________
_l__l__|┴┬||| | | | | | | | | |乂|||乂| | | | | | | | | |||┴┬|__l__l_
__l__l_|┬┴||| | | | | | | | | |乂|||乂| | | | | | | | | |||┬亠|____/ |____l
_l__l__|┴┬||| | | | | | | | | |乂|||乂| | | | | | | | | |||┴┬|/´<_`´_ゝ`ヽ
__l__l_|┬亠||| | | | | | | | | |乂|||乂| | | | | | | | | |||┬亠||=========|l
_l__l___ |┴rー|,」_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|込|||込|_|_|_|_|_|_|_|_|_|,」_|┴rー|ヽ______¶___ノ_
__l____l___「 ̄ ̄|,」_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|,」_|||,」_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|,」_「 ̄ ̄|_l__l__l


      / ̄ ̄ ̄\
    /         \
   ./          ヽ
   .l           l
    l             l
    .l           l
    ヽ          l    「あんまり大きな学院じゃないな………
     ヽ         l    王都でもないし仕方ないか」
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l
 .l i         l     l
 l .l        l     l
 l l       . l     l
 l l       . l    l
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l



魔法学院は理力魔法を学ぶ施設であり、各地に存在する。

大陸中の学院は連絡を密にやり取りしていて、
何処の学院に誰が所属しているかが書いてある
魔導師年鑑なるものまで毎年発行されているほどなのだ。

ここでは魔法理論の研究、実戦教義の他、講義や発表会などが行われたり、
新しい魔法の開発や昇格と呼ばれる試験の様な事まで行われている。

385 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:06:06 ID:Bzh1DU7h
序7.



                               r‐- 、  _, -──- .、 /  ,'
                              !  冫'´        丶、_,.ノ
                                 ヽ/,  ,    ヽ     ヽヾ丶、
                                / ,〃' i| i!、 ヽゝミー   ハ ',  \
                   .            / //l l∥ || ヽ ヽヽ== ´/i! i 、  ヽ
                             ,' 〃i l ハ.l !ト ヽ,..!-!ヽ彡‐/ } ヽ丶  ',
                             ! イ! |!r┼-!、」_ヾ i, r=ミ、ヾ=、ハ  '、 丶!
     「アンマン魔法学院へようこそ!」    `'j ケ!尤fiR    ´ ヒ':ハ.〉 レリ i   ヽ
                                7 ,' |ト!.ゞ:}     `ー'  ィ‐ヘ ヾ  ヽ 、
     (魔法騎士かな?                /〃 i| ゝ、 r '´}  ィ く-、 i  ヽ  丶`、
      カッコイイ!)                  / 7  li|! ∥,>`- '=/ , -─¬  i   ヽヽ
                            / 〃  i !| ,ル二ヽ//∠´._´ ̄``i} |ト,   ヽ丶
                              /, ' i  ,' レ=r' ¬/7く彡--、丶   i |! ! iヽ.  `! 丶
                           //  i| /'´'´ ̄ ̄フ‐'´    !!    |∥!! ! ヽ  i \ヽ
                             i/   !| 〈.     /      i|   │! || |   ヽ,!   `!
                             |!   !i !〉、   /、      ハ.   !! !|| |    |!   /
                             |!    ∨ /ヽ/ ヽ、__,イ  i   |Lリレ'   /  ´
                            ヾ  / , ' /        {  !   ヽ \   ′



                    / ̄ ̄\
                  /  ノ ヽ、\
                       |   (●)(●)|              /勹
                       |   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/    「ども、お邪魔します」
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                  / lヽ     /    /`弋ll
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|




受付で名前を書けばあとは基本的に出入りは自由である。

386 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:07:06 ID:Bzh1DU7h
序8.
早速、様々な魔法書を売りに出している『知識の間』へ向かった彼は、
棚の本を適当に物色し始めた。


―――普通、新しい魔法を覚えようとしたら先輩の魔導師などに教わるのが一番手っ取り早い。

しかし彼のように各地を流れる冒険者は長期に誰かを師事する事もままならないため、
基本誰かの書いた魔法書を買い求め、そこから新しい知識を得なければならないのだ。



────── -、=|! !             ||_, -──────
============、ミ/!:::|| |            ||_|ヽr============
[|]_|_|」|_|,j_|_|_|_|]||::||=|| |            ||_||::|||_|_]」_|_|_|_|_|_|」]
三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三
|_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||::||=|| |            ||_||::||!|_]」_|_|_|_|_|_|」」
三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三
|_| |_|]」_|_|_|_|」]_i||::||=||/                ヾ||::||i[l| |_|]」_|_|_|_|」]_
三三三三三三]||::|| ̄              ||::||[三三三三三三
|_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||/                 ヾ:||:|_|_]」_|_|_|_|_|_|」」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    「えーっと………」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



なお、理力魔法の構成要素は先天的な才能である『魔力』、
魔法原動力である『マナ』を誘導する為の印と呪文の詠唱、
そして魔法に対する知識が上げられる。

何しろ目に見えない『マナ』を目に見えない才能である『魔力』で操作する訳なので
単純に印と呪文だけを教わった所で、
上手く魔法の操作が出来るかというと必ずしもそうでは無く、
ある程度の熟練や慣れ、そして魔法に対する知識がが必要になってくるのだ。

387 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:08:08 ID:Bzh1DU7h
序9.
もちろん同じ魔法の魔法書でも著者によって難易度や修得への道筋は大きく異なるし、
人気のあるなしなどにも関連して一冊の値段は大きく異なる。

さらには魔法の級に寄っても桁が大きく変わり、
初級はと別として、下級から中級程度でも一冊金貨数百枚が平均的相場であるのだが―――



       __________
    r´ ´\                \
    (    \                \
    \     \              \
    r´\     \              \
    (   \     \                 \
    \   \    \                 \
    r´\    \    \_________\
    (   \    \   r´=========r´
    \   \    \ 《 三三三三三三三三三=
    r´\    \    ヽゝ==========ゝ
    (   \    \   r´=========r´
    \   \    \ 《 三三三三三三三三三=
    r´\    \    ヽゝ==========ゝ  __
    (   \    \   r´=========r´  \ \  ./\  l ̄l l ̄l
    \   \    \ 《 三三三三三三三三三=       \ \/  /  l_l l_l
    r´\    \    ヽゝ==========ゝ     ヽ   ./
    (   \    \   r´=========r´      /  /
    \   \    \ 《 三三三三三三三三三=        〈   ' ̄ ̄/
    r´\    \    ヽゝ==========ゝ       ̄ ̄ ̄ ̄_
    (   \    \   r´=========r´              / /
    \   \    \ 《 三三三三三三三三三=               / /
    r´\    \    ヽゝ==========ゝ         /  ヽー、 /ヽ
    (   \    \   r´=========r´         / /`ー、 ヽ /
     \   \    \ 《 三三三三三三三三三=         / /    \,/
      \    \    ヽゝ==========ゝ          ̄
        \   \   r´=========r´
          \   \ 《 三三三三三三三三三=
          \   ヽゝ==========ゝ
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ

388 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:09:06 ID:Bzh1DU7h
序10.
カウンターに山積みにされた魔法書を確認して、
合計はとんでもない額になりますよと言う見習いの娘にしかし―――



                                   / ,. -─‐ - 、 `ヽ
                                ,.ィ7 フ'´/`, ̄ ̄ ミヽヽ  ヘ
                                /, f 〃// イ! ! i 、  ヽヾ ,  l っ
                                `' ∨'/ i l li ヽ ヽヽ  i l:!  !  つ
                                   !イ| lィ=‐|トヽ く‐トト、! !| /
       「こ、これ全部買われるのですか!?」   |ト!l |,r=ミヾ\ィふ,`'| !j_/
                                  ! ト |! ヒj    じ! } ,!: l \
                                  ,! !i"" ' _ """/i|: トミ! ̄
                                   /ヘ. |l > `_'_ ィ'´ リ! l ヽ
                                 〃 i |ト、/}   ト、' | ハ ヾ'
                                 `ヾハ.lく  i   l /ク l、"´
                                  , ヘ!ド=、ヘ /彡',ィリ ヽ
                                   |   ヾ -、_∨'// ′ .i
                                   |   ヘフ'台、ア    l
                                  !  __〉 ハ !_  ノ
                                   `く -¬  ! ! /¬、斤
                                     ト、   ト.」 レ  ,/ !



平然と頷いた彼は、更に高額な消耗品についても見せてくれと言った。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    「あと魔石と白符と、
  |     ` ⌒´ノ    何か精霊球はあるかな?」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


390 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:10:06 ID:Bzh1DU7h
序11.
極々まれに、大金持ちの冒険者や大魔導師がこういう買い方をするとは耳にしていたが、
まさか自分が店番の時に来るとは思っていなかった。



         /       l   /     ,l    i l.l ヽ   !.\ \、    \ヽ.  ヾヽ.     i.    \::::ヽ
        /          i.  ./ ,    i.l   l !.l iヽ.  ヽ. \ \ 、    \ヽ. `i i.      i     ヾ:::l
        /,'            | / .|     |.|   |  ii. '!ヽ.  ヽ.  \ ヽ.\   ヾヽ. l.i.      i        ヾ
.      /.i           l /  l'    l l   !   i、 i. ヽ.  ヽ  \_,.>、-、- 、..ヾヽ. l.l     |        |
.       / .l             l/  i    l l.  i   !.i. i. ヽ.  ヽ.-''"´ \.ヽ.ヽ、 ヾヾ l.|       |        |
      i .|             l  /i    | .i.  l     i、.i.   ヽ. ヽ.     ヽ、ヽヽ、 ヽ`、|       |      |
      ヽ l、    ,         | .i l    | | i,.-|‐‐‐ ヾ.ヽ   ヽ、ヽ.       ヽ、_ヽ、i. l.l     |.       |
       ヽ!、_ノ          | l i.l.    | |"i. l    ヽヾ、   ヽ.ヽ.,.-",;;ニニ:::;;、..ヽヾ、|      |       |
'                   l .i  l .i  .|.| ヽ |   ...__ヽヾ、     `ヽ.:!'",,.--.、 `ヾ:;;、. il     |.      |
                   i.i  |、i   |.|  ヽ.i ,,;:ニニi:;, ヽヽ、        l::::O:::::ヽ  ヾl、|       |     ノ
                    l.   | 、  ||ヽ  ヽll' ,:::ヽ.     `         l::::::::::::::::ヽ.  !;!|.     |    /、     ノ
                       !  | |、 ||||ヽ. .i::i l::O:ヽ.             ヽ:::::::::::::::::i  i.|l     |,ソ  //./`‐-‐、'"
                    !  ||.ヽ | || |ヽ.!:i. i:::::::::ヽ  / / /   ヽ:::::::::::::ノ  |.||    |  /' / ヽ、 、``‐-
  (お、お、お                   || ヽ i l |、ヽ'ヽ ヽ::::::::i. / / / / /  `-'" " /  |.||    |//-くヽ、 \ ヽ、
   お金持ちさんだぁぁぁ~!)     ||  ヽ.il l |ヽ..i/ /`'''''"/ / / / / / / / / /| ||    | ,イ   ヽヾ、 \、`
                         ||   ヽi. i. `.!./ / / / `              | |.|     |,/   ヽヾ、  ヾ、
                       ||    'i| i . i. / /                  ,l | |    .|ヽ    ヽヾヽ.   `
                           ||    .i l ヽ. .ヽ、.        ( ̄ ̄)      /.| | |     .| ヽ.    ヽ iヾ.、
                         ||     l. |  丶  ,/',‐- 、.   `         /  | | |    |  \.   i. lヾ、ヽ.
                        |.|    l.l i.     ,' /  .i ``7‐-、 _,,. - 'ヽ.    | | |    |    \ ,ゞ、ヾ、/
                            | |    ll. |   ///   /  | | ‐--  ,. -"∧.  .|.il |    |       /  ` ‐、
                        | |    l l.l   |//_   /l  i. |  ,..-"  i'  ヽ  l.l.|.|     |   /
                           | |    | i.i.  ' " \/ |   |,..-'"    i     !.!.|.|   ,!  /


391 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:11:06 ID:Bzh1DU7h
序12.
冷やかしではなく、本当に白金貨できっちり支払った少年は
自分と数歳しか代わらないだろうはずなのに。

どんな有名人かと彼をまじまじと見回すが、
買い求めたたくさんの魔法書や道具をホールディング・バッグに突っ込む姿にはしかし、
今のところ聞き覚えがなかった。



            ,, -─- 、._ 〃"
        "ミ /      ヽ
           |  ⌒ ⌒  ヽ
           | (●)(●)  |
          |  (__人__)  |
          ヽ  `⌒´   ノ
          /        ヽヽ, ) )"
      "( ( ( ヽ     /./
          \ \ ゛//
          / / ヽ \   ゴソゴソ
          |       |
          ヽ___/



―――彼女ら学院の者が、その存在だと知るのはもう少し後の事になる。

392 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:12:06 ID:Bzh1DU7h
序13.
学院を出たやらない夫は次いで、町の商業地区へと足を運んでいた。



 |==|==|==|  |==|==|==|  |==|==|==|  |ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |=l====l====l====l====l====l====l====l_
 |_|_|_|  |_|_|_|  |_|_|_|  |  }三三三{  }三三三{  }三三三{  |
  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |
 二二二二  二二二二  二二二二  |  ||==||==||  ||==||==||  ||==||==||  |
 I/l⌒l\I  I/l⌒l\I  I/l⌒l\I  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |
 |==|==|==|  |==|==|==|  |==|==|==|  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |二二二|  |二二二|  |二二二|  |
 |_|_|_|  |_|_|_|  |_|_|_|  |___________________________|
  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  |ニ二二二二二|二二二二二|二二二二二|
三三三三三三三三三三三三三三三三三≧          | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
====||======| |l二l |l| l二l| |======||======|         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |二二二二二二|三三三三三|二二二二二|
__||___| |l二l |l| l二l| |___||___|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
二二二二二=l|三三三三三|l=二二二二二二|                           \
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==========================================================================================
                       , -―- 、
                    /     \
                    /  \_   |    「次は霊薬か」
                    (●) (●)   |
                    (_人__)    /
                    l`⌒´    /
                    |      ヽ
                    __!、____/  \
                  /、 ヽ     r 、 ヽ
                  ハ ヽ Y`l     |  >  Y
                 { ヽ_ゾノ     | レi i i}
                 `¨´  ヽ    ハ  `'''
                       >   / ヘ
                      /  /ヽ  ヘ
                      _,/  / ご_ノ  コツコツ…
                    ( ヽ /
                     \__ノ



冒険者にとって回復や治癒の中心となる技術、
光の神々と契約をする事で行使出来るようになる『神聖魔法』を、彼は使うことが出来ない。

なので回復の代替手段は専ら消耗品である霊薬頼りにならざるを得ず、


393 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:13:06 ID:Bzh1DU7h
序14.
何かあった時の為に行く先々で、少しずつ買い集めているところなのである。



.: .:::.. ... :. .::.. ....: .: ... .. . .                 ll               .   .. .:...:... .. . .  ... ....:::::.
: .:::.. ... .:... .. . .                    , -┴- 、                    .... ...:.:.::::..... ...:::.
 ..::::. ...::                     /-──‐-ヽ                    .:...:... .. .:::::.:.
\\::...                         (.   (  ,)   )                       .... ...:.::..
:.. \\::::...                     ̄      ̄                           /
..   \\::...                                                   /
/ ̄ヽ  . \\                                              /
l:.  .|    .\\_____________________________,/
l:::..  |      \\                         | |                . ||    .    /
`丶、.|.   | ̄| ̄| \\                          | |二二二二二二二二二二||      /
`丶、`丶、|  |  |   .\\______________| |                 .||.    /|
    `丶、`丶、 .|   / ヽ.\\____.__________| |                    ||  /.  |: ・ .,,
. l^l.    `丶、`丶、l::. |   \,l    .                 | |                    |/    .:l ,,-''
/ ヽ        `丶、`丶、 ̄ ̄.|.  _________,    :| |              /  :l: ・ ,,-''
|::.  |   l⌒l      `丶、`丶、|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |_______    / |   :|,, -'' : |: ・   ,,
`'' ー- 、|..,:;l . l⌒l    `丶、|  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::: :::::::::::::: :::|   |l :l:・,,-''l: ・ ::| ,,,-''"
`'' ー- 、`'' ー- 、.:,:|..|  ̄ ̄ ̄ |  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |:::::: ::::::::::::::::::::: |   |l,,-|'   l  ,,-'''|
 ̄| ̄l  `'' ー- 、`'' ー- 、| ̄| |  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::::: :::::::::: :::::|   |l :|: ・,,-l'"  .:|: ・
  |  | . / ̄ヽ  fl''' ー- 、`''ー|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||   . | |::: ::: ::::::::::::::::::::,|   |l,,-|'"  :|: ・  | __,,-‐''
_|  | l:..   |.. / ヽ''──`''ー|  || ̄ ̄__. ̄||_,━_,||    :| |::::::: :::::: :::::::/ |   |l :|: ・ :l__,,,-‐''"
_  ̄`""ー-- 、|_|| | ̄| ̄| |  |l_,・ l || l_||_,━_,||    .| |:::::::::::::::::/   .|   ||__,|-‐''"|    |: ・
   ̄`""ー-- 、 ___ ̄`""''ー|  || ̄ l__||_,ゞ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,,| |:::::: :::/     |   |l :|: ・ :|. ・ _,,|_,,,, --─
r‐''┬‐r‐‐、 ───┬─`""ー|  ||_,━_, .|l___ iー_' ̄- 二_ ,| ̄`|::::/      |   |l_,,,l--─'''' ̄ . |
|::. . | .|::. . | | ̄| ̄|.|┌┬‐┐|_||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     |   |l :| ・ |: ・  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:     |                  i____,|   || ̄

394 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:14:09 ID:Bzh1DU7h
序15.
もちろん陳列されている霊薬を全て買い占める事は出来ない、
他の冒険者達にとっても霊薬は命綱の一つであるのだ。



                                         / ̄ ̄\
                                      /  ヽ、_  \
                                     (●)(● )   |
                                     (__人__)     |
         「再生………は無いのか。              (`⌒ ´     |
        じゃあ体力回復と解毒と治癒と………」      {           |
                                      {        ノ
                                       ヽ     ノ
                                       ノ     ヽ
                                        /      |



それでもこの店の在庫の五割近くを一人で買い取った少年に、店番の少女も驚きを隠せなかった。



            ,、       ∩ ∩
        __」 ヽィ             ,
          冫7 ヽ,j-──ァ==、 r 、/ |
         / ,' //⌒ヽ!  ``ヽヽィTヾ!
       i / //  , ィ'Y   ヽ ヽ` ヽ
       `7 //   // レ| l i   i  、! !
         !7! !  ,く/ u l トヾ、  !  lY
       〃 i |  / /ヘ   ! ∥ トヽ_L ! |
       // ∥!  r' アミト  l│ィ行テ! ハ !     「まままま、毎度ありがとうございますっ!」
.      / i  i| ト l i じj  ヾ! iイ// /!| |
     / '  l !|ヾ | ` ´      ‐'/ /|l:| |
   //i  il∥ |ヾ、 ,r'⌒ ー┐ イ7 l川!!
  彡ィ/ | l.!∥ |K´ ゞ_  , ィ'‐'´ | j!-、r‐o
   '´  |リ‐' | ! ヽ  `7 l ヽ _ l /  }!|
     , -ヘ、 l |   ヽ,/ l   ,r┴--、/ヾ
    /    l  ! .ト、 /イト、/   ノ⌒¬ ヽ
  /     i !  l∥ク //!j ヽ  i、     i



―――今日一日だけで半年分の売り上げが達成された事になるので、
仕方が無い事かも知れないが。


397 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:15:06 ID:Bzh1DU7h
序16.
来た道を少し戻って、一つ手前の曲がり角を曲がれば今度こそ宿屋の建ち並ぶ通りである。

『刻の涙』亭と言う名の、それなりに高級な宿に目星を付けて
入り口をくぐる際にちょっと言い訳めいた事を呟いた。



 |==|==|==|  |==|==|==|  |==|==|==|  |ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |=l====l====l====l====l====l====l====l_
 |_|_|_|  |_|_|_|  |_|_|_|  |  }三三三{  }三三三{  }三三三{  |
  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |
 二二二二  二二二二  二二二二  |  ||==||==||  ||==||==||  ||==||==||  |
 I/l⌒l\I  I/l⌒l\I  I/l⌒l\I  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |
 |==|==|==|  |==|==|==|  |==|==|==|  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |二二二|  |二二二|  |二二二|  |
 |_|_|_|  |_|_|_|  |_|_|_|  |___________________________|
  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  |ニ二二二二二|二二二二二|二二二二二|
三三三三三三三三三三三三三三三三三≧          | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
====||======| |l二l |l| l二l| |======||======|         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |二二二二二二|三三三三三|二二二二二|
__||___| |l二l |l| l二l| |___||___|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
二二二二二=l|三三三三三|l=二二二二二二|                           \
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
=========================================================================


                                 / ̄ ̄ ̄\
                               /         \
                               /           ヽ
                               |             |
    「選ぶ宿の格が高くなったなぁ。        |               |
     まあ良いか」                    |              l
                               |          /
                               |        〃/
                               \、__     (
                                  _)_ ===\
                                 /          \
                                /            ヽ
                                |    ,        i
                                |     |        l.|
                                |     l         | |
                                |     |.        |. l




彼は少し前の経験から、数日以上逗留する場合の宿には高級な店を選ぶようになっていたのだ。

それ以前は宿の格など余り気にせず、
場末から中級あたりまでを適当に利用していたのだが―――

食事の内容はともかく、安全度や提供される役務、
寝台や備え付けの家具の質が大きく異なる事、
そして何よりも臭いの違いに気づいてしまったのだ。


398 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:16:06 ID:Bzh1DU7h
序17.
自分の稼いだ金で泊まるんだし別に良いか、と
少しだけ自分を納得させるように言いながら入り口をくぐれば、



  二二二二二二二二二二二ll]  ;;'             #       | |_____| |
    §  П  Т  Λ  Η  ||   ┏━━━━━━━━┓,:ζ .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
  ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡||/ ;;┃|三|l≡l  □□□□┃   .:| |_____| |
    Ⅳ  Ν  大  ∃  ♭  ||   ┃|三|l≡l┌─┐┌┐┃   .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
  ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡||   ┃|三|l≡l│  │└┘┃   .:| |_____| |
    目  〓  Ё  ∇  廿  ||   ┃      └─┘[=]┃   .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| Κ┗━━━━━━━━┛   .:| |_____| |
  ─────―――――――|        ;;;           ト  .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::| |_____| |
  ━┳━     ━┳━    :|                    .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
  ̄ ┻ ̄ ̄ ̄ ̄ ┻ ̄ ̄ ̄ ̄                       .:| |_____| |
                                          .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
                                          .:| |_____| |
___...、     ii      ii     ,. ____..、     ii       | |::::::::::::::::::::::::: | |
       )    ||      ||    (          )    ||     .┴-----------┴
 ̄|l ̄ ̄´  __||      ||__  ` ̄ ̄|| ̄ ̄´  __||
_|l_    |l   ||      |l   ||    _||_    |l   ||



カウンターの中に居た女将がちらり、と彼を値踏みする。



       /            _        ヽ
       /          / l         ',
      ,'          / ヽ、        ',
       l          /    \         l
        |     , - ' ´       `ヽ、    |
     │   ,、,'-‐ー 、    , -ー ヽ     |
       |   lrl| ゙.弋_テァ   , 'ィr ア゙`f /r,   l    「いらっしゃいませ」
      l   !(.l| `゙ ´   i ``´ ´ /,/   ,'
       '、  ヽl       !     ,'ノ   /
       ヽ   ',    、_`´_    /   /
        ヽ、  ヽ、   ‐    , ' _ , '
           ` ‐ ァl ヽ、     /l´
               | ヽ ` ‐ '´, ‐' |
          , -j    ̄  ̄ r0 |
  _  ,  -‐ ' ´  \        /`ー -- 、_

401 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:17:06 ID:Bzh1DU7h
序18.
誇張でも何でもなく、ここは普通の冒険者が連泊出来るような宿ではない。



                          / ̄ ̄\
                          _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
                        .( ●)( ●)  ..| / |
                        (__人__)     .|./   /
    「一人です。              i⌒ ´ .r-、  |/  /
     しばらく泊まる予定です」      {     ヽ, ',. .,/ :/',
                         .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
                          .ヽ . |   / , --'i|
                          /   {  V , --ヘ
                          |   ヽ  L| r= |



しかし彼女はやらない夫を一瞬見ただけで、平然と宿帳をカウンターの上に取り出した。
一流の宿には一流の女将が居る、と言う事なのだろう。



                       _ . . . . . . _
                    . . : ´: : : : : : : : : : :` : .
                 / : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : \
              / : : : : : : : : : : : : : :.}、: : : : : : : '.
                  ; : : : : : : : : : : : : : : / ヽ: : : : : : '.
             i : : : : : : : : : : : : : /    \ : : : i
             | : : : : : : : : : : : /       /ヽ: :l
             | : : : : : : : : :./ーー- 、  /えア}: /
             l : : : : : : : :./  ミ戈癶     |'′     「では、宿帳に記名を。
                 ! : : : : : :/Y!          ゝ  l       こちらが鍵になります」
               ; : : : : : {2リ          __,  /!
.                ',: : : : : :`:ーヘ       ̄ー′/: !
              ヽ : : : : : : :.:j  ` ー-  _ イ.:丿
                ヽ.:_:_:_:_:「`ヽ_/.:.:.:.:.:.:.:.|"
                   ,、,、,、___,トゝ:|||:.:[ ∞ ]:.:.:!、_
                  ,イ//.:.:.:.:.:ヾ:.:jjj:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.…ーxrrx、、
.                  {三=≧、:.:.:.:.:.:}}}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://仁ニヘ
                  }7三ニ|:.:.:.:.://:.:.:.:.:/ニニ三三三三7三ニハ
                    j/三ニ |:.:.: //:.:.:.:./ニ三三三三三ニ/三ニニ |
                  /三ニ= |:.:.//:.:.:.:./ニ三三三三三三/三三三ニ|
              /〔 ̄ ̄〕 !://:.:.:/ニニ三〔 ̄ ̄ ̄〕=/三ニニニニ!
             {三三三ニ!l l:/三三三三ニニニニ/ニニ三「Tita}
               ∨二二二{{ニ三三三三三三ニニ{三三ニ|=手┤

403 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:18:06 ID:Bzh1DU7h
序19.



                               / ̄ ̄\
                              / ヽ、_   \
                            . ( (● )    |
                             . (人__)      |
               「はい」          r-ヽ         |
                            (三) |        |
    (………まぁ、平気だろう)         > ノ       /
                           /  / ヽ     /
                          /  / へ>    <
                          |___ヽ  \/  )
                              |\   /|
                              |  \_/ |



魔法学院でもそうだったが、一瞬自分の名前を書くことに抵抗を覚えた。

だが、前の国を離れてからまだ一月と経っていないし、
詩人の少女が追いかけてきている様子もない。



     ______________  __________
   {\              `\               \
     \\  Kamille=Bidan     .\                 \
      \\  Katsu=Letz=Kikka ..\                \
        \\  Yaranaio=D=Vip    \               \
         \\                \                   \
           \\               \                  \
            \\__________\ ___________\
             \ソ三三三三三三三三三三ミ彡三三三三三三三三三ヘ
               `く三三三三三三三三三三入三三三三三三三三三三ゝ



404 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:19:06 ID:Bzh1DU7h
序20.
結局、偽名などを使う事もなく記帳すると
自分をじっと見つめていた女将から鍵を受け取った。



                           _ ...... _
                      ..:.:一'´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、
                   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                 /.:.:.:.:::::::::::ハ:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.、
                  .′:::::::::::: /  ヽ、 ::::::::::::::::::::::::::.,
                ::::::::::::::::: /    `  、、:::::::::::::::::.,
             i:::::::::::::: /      ,ィ斥ミY :::::::::::::,
             |::::::::::: /才=ミヽ  ヘ汐癶 |i_::::::::::: i     「男らしい、素敵なお名前ですね」
             |::::::::::イ 癶汐 :)      ||_}!:::::::: |
                  !:::::::::ハ    ヾ'     リ丿::::::: |
                  :::::::::::{ハ.     ー ´    八::::::::::::!
                :::::::::::`ーへ.    "    イ::::::::::::::: ′
                  '::::::::::::::::::::::i>   __/ |::::::::::::::/
                 ヾ:::::::::::::::くj______..ト、:::::::/
             __  \:::::::| : : : : : : : : O:{{::/
            _「|__|`ー─==j : : : : : : : : : :_j_jヽ、、__r─-、、
         / || : : : : : : : : : 八: :____彡'//: : : : : : └一'"入、



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)       「ありがとう」
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ


406 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:20:08 ID:Bzh1DU7h
序21.
そのまま階段を上がって鍵に付いている札と同じ番号の部屋に入り、
久しぶりの屋根のある部屋にほっと息を吐き出す。



              [,、、、ニニニニニニニニニニニニニニニニ ,、、、]     |
                l l l,l  |lニlニlニlニlニl,| |、|  ,__;ノ,__;ノ,__:ノ,__l,l l l     |
                l l l,l  |lニlニlニlニlニl,| |、| .i'ー! !ーl i'ー! !ーll,l,l l     |
               l l ll.  |lニlニlニlニlニl,| |、| .| | | | | | | |ll l l     |
              l l l!─────,、 lニ d |、| ,| | | | | | | |,l!l l     |
                [``! 田 田 田 | .|ニl,| |、| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l"´],    |
              l `l, 田 田 田 |`|ニl,| |、| |lニl lニl lニl lニl'´ l     |
               l l,ll,─lニl─────────────‐ll l ,l    |
                '、l,lj───────────────‐l,l、l_j    _,,|
                       ,、-─────────-, ___l゙\'、
                     ,/  ノ     ..::::::::::......   /   、-、'、   l |::
________________/ ,、 ´    ..::::::::::::::::::::::....'、 '、、   .__r'‐┐_|::
                    l、_____________l─ー/└‐┘ \:
                       /l_______________,| ̄~ (`ヽ ̄|:
                   l l,______________,,| ,、- 」r'   |:
                   |_|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 'ー、r'´ ::::|::
                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_,.」L, _____|:::::
                                         :::::::゚::゚::゚::::::::::\::
                                         :::::::::::::::::::::::::::::\
                                             :::::::::        \



408 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:21:06 ID:Bzh1DU7h
序22.
すると、つい今先ほど女将の目すら惹いた彼の雰囲気が、十八歳の―――
年相応の物へと変化した。



                       -‐ ‐- 、
                   /      \
                   i ヽ、._       |
                   ソ(● )     |
                  (人__)       /
                     |      .r‐. |
                    |     /│ 「 7`!
                    ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、
                      _/    >、 」!    \/
                , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ
               /      /´ /      ≠ニ=」
             〔      /  ∨     /    |!    「さて、風呂入るか」
             \ ー‐ ´   /      /      |
                   ` ー‐=ニ二/      '        |
                       |       | ヘ       |
                       |   /  ∨ト、   /,イ
                    \/    `|   /イ|j
                        〈      │   i' │
                        |__      |     l
                         厂`   ∧     |
                     /       ' /!  、 ィ′
                   /      ' /   Y
                  _冫-=     /   リ
                 /7/ , ‐-=ニ_ __/   /′
                  〈// /     / //   /
                    厶/ ニ=ー- .イ //   /
               / y/      7    /
                / /∠_   __ ノ   /
                  /./ ̄  / /  ,   f´
             /    ./ 〈/ /   /
           _/_      / // ,  ≠/
          / ̄`    /  `` ^z'^7´



常人の数倍、数十倍の密度の生活を送り、
どれ程の実力と風格、英雄の可能性を秘めようともまだ彼は少年期の終わりかけにいるのだ。

まだ少しだけ幼さの残る表情を浮かべたやらない夫は、
ここしばらくの緊張を解すように腕を振り回してから装備を外すと
軽い足取りで風呂へと向かったのだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


412 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:22:06 ID:Bzh1DU7h
序23.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前の町ぶりにゆっくりと風呂に浸かり、旅の疲れと汚れを洗い流した後。
夕食までの間勉強しようと、先ほど購入した魔法書の一冊を早速読み始めていた。



               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |                       メズマライズ
         /        \ ._|_____      (………なるほど、催眠の魔法は
       , --'、             /         `〉     対象のメラトニン分泌を加速させて………)
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ



            / ̄ ̄\
           /   _ノ ヽ \
           |  ( ●) (●)|                                 スリープ
           |    (__人__) |              (精神に働きかける精霊魔法の『眠り』とは違うんだなぁ。
           |    ` ⌒´ |               飽くまでも物理的な影響による効果が中心で………
           |         }
           ヽ        }                ああそうか、だから大昔は『物理魔法』って呼ばれてたんだな)
            ヽ     ノ
          /       \
          |          |
          |  |      |  |
          (  ̄\     / ̄)   カリカリカリ
    ____ (((_||    , ( )))、__
    \  \ ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \
      \  \                 \ . \
       \  \                 \  .\
         \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    \
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



彼の生活に余暇など存在しなかった。
空いた時間は全て修行、鍛錬へと費やす生活が当たり前になっており、
だからこそ若くしてこれだけの実力を備える事となったのだろう。


414 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:23:06 ID:Bzh1DU7h
序24.
町の時計台が午後七時を告げた所で、一息入れようと食堂へ降り―――


<ゴーン…ゴーン…ゴーン…ゴーン…ゴーン…ゴーン…ゴーン…………



    /||ミ
  / ::::||
/:::::::::::||____
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::||        ||
|:::::::::::::::|| / ̄ ̄ヽ|| ガチャ
|:::::::::::::::|/      ヽ
|:::::::::::::::||       |    (さて、飯にするか)
|:::::::::::::::||       |
|::::::::::::::|||        |
|::::::::::::::||ヽ_    _/
|:::::::::::::::||/    ヽ|
|:::::::::::::::||  i   } |
|:::::::::::::::||ノ |   } |
\:::::::::::||  |  i  |∪
  \ ::::|| ̄|  ||ー| ̄
    \|| (_/_ノ


417 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:24:06 ID:Bzh1DU7h
序25.
いつもの習慣から剣だけは持っていたやらない夫が、
テーブルに付いて食事の注文をした時だった。



┏───────────────────────────┓
│  ………今日、町の噂を聞いた所によると、            .│
│  ティターンズって盗賊団が領主の錫杖を狙ってるにゅ!     │
┗───────────────────────────┛



             / ̄ ̄\ ′‐
            / ノ     ヽ `
            |  (●)(●) |    (ん?)
            |  (__人__) |    .
            |   ` ⌒´   |            〔ll〕
            ヽ        }             |!l|
          __,, -ヽ     ノ -、              |!l|
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .          .!Kl
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }     .〈wl≦《》≧lw〉
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ       l》 《l  _,,. -‐''"
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }      _,_|,,.-‐''"
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,,. -‐''"
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"


419 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:25:06 ID:Bzh1DU7h
序26.
気になる会話が耳に飛び込んできたのでそっと見てみれば、
エルフ(※1)の男性とグラスランナー(※2)の男性が向かい合って話し込んでいる、
どうやら彼らも冒険者のようだ。



                                              __,,--''´ ̄ ̄`--、ノ)
                                           ,.-''´           \
                                         /                `.、
                                        /                   ヽ
                                       /   /                ヽ
                                      /   /                   ゝ
    「しっ!                             .i / /l ヽ                  i
     声が大きいぞ、カツ。                    | | / ヽヾ、ヽ,,__、,,,,_     ヽ     l
     何処に奴らの手先が居るか分からないんだ。     丶ヽ l、_ \  _..,,--'~^ ̄ソ    i     .|
                                      \`ゝラ;;::、   /てゥヽ  イ   |/|     i
     少し前からこの町の領主様も護衛を雇ったらしいぞ、   \i,'、しi    `--´  i   i . |    ヽ
     ゼダンやオーガスタの証を盗まれたとあっては         .l  /       .__ノ´ ,ノ  i    ノ'
     さすがに楽観視出来なくなったんだろう………」       _ノ'l `、 -     `ゝ,,_,,ノ O丿   .ノ
                                        \,i、 _,,__       /ノ  _..ノ
                                          ヤ\  - `      ´`彳-´
                                          `ヾヽ           i
                                             ヽ、__..,,-||´~ ̄ ̄ ̄ ̄`-.,
                                           <´~   ,ゝ-||         l
                                            ヽ   ヽ ||         l



        ,. -‐―-、,)
      /         ゙' 、
     /     ハ       ヽ
    /    イ/ |ヘ        i     「にゅう。もう雇っちゃったのか………
    {   / _{   |._ ヽ、     |     良い金になりそうだったのに残念にゅ」
    } .{  ,   、  ヽ、    |
    i  }  .  =   |.r、 リ
    ヽ{         !ノ ./
     ヽ __ 、    _ノ〃
       -‐「.__ ̄}‐- 、
.     /、   ||    ハ




※作者欄外コメント
 ファンタジー的小人族はグラスランナー、ハーフリング、ホビットと色々分派がありますが、
 この作品ではグラスランナーとして取り扱っております。


421 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:26:06 ID:Bzh1DU7h
序27.

.∧,,,∧
(´・ω・)  「長くてすみません、
( つ旦O  以下三枚は読まなくても多分影響ありません」
と_)_)
..作者



┌────────────────────────────────────────────┐
│※1 エルフ(森妖精族)                                                .....│
│                                                                │
│黄金樹と呼ばれる妖精界を統べる存在に生み出された種族で、                        .....│
│主に森に住んでおり、容姿の美しさと長寿性から人間の羨望を受けている。                   │
│                                                                │
│肉体的な特徴としては大きくて尖った長い耳と細身の身体があげられる。                     │
│体毛は薄く、男性でも髭が生える事がない。                                     ..│
│赤外線視力と呼ばれる暗視能力を持っている。                                  .....│
│平均寿命はおよそ人間の五倍。                                             │
│華奢な身体からは余り力が出せないが、その分身軽で素早い。                        ......│
│エルフ肌、と呼ばれるほど白く滑らかな肌は、常に白く日に焼けても赤くなるだけで黒くなる事はない。   .│
│                                                                │
│彼らはエルフ種としては人間にかなり近づいているので、両者の間で子供を作る事が可能。          │
│産まれた子供は半森妖精と呼ばれるが、クォーターは生まれることがない。                 ......│
│                                                                │
│ハーフ・エルフと人間、ハーフ・エルフとエルフ、ハーフ・エルフとハーフ・エルフの夫婦の間には、      .│
│人間かエルフかハーフ・エルフしか生まれない。(1/4(クォーター)のエルフは生まれない)        ....│
│(時折、人間同士の子供にも、隔世遺伝によってエルフやハーフ・エルフが生まれる事がある。       .│
│こうした子供は「取り替え子」と呼ばれ、忌み嫌われる)                              ....│
│                                                                │
│                                                                │
│彼らは非常に閉鎖的で外来者を好まず、森への侵入者にはしばしば攻撃的な態度をとる事もある。   ....│
│                                                                │
│非常にプライドが高く、階級思想が無いので高飛車に見える事もあるが、                   ....│
│一度信頼した相手は大切な仲間として扱うと言われている。                            │
│                                                                │
│光側の神々を信仰しておらず、神聖魔法を身につける事が出来ない。(暗黒魔法も同様)           │
│生まれながらにして精霊との相性が良く、精霊魔法を身につけている者が少なくない。             │
│          エンシェント・エルフ  ハイ・エルフ                                      ...│
│エルフ種にはかつて古森妖精と高森妖精が存在したが、                              .│
│エンシェント・エルフは絶滅、ハイ・エルフも絶滅寸前らしい。                            │
│                                                                │
│この二つのエルフ種は、妖精界より届くテラの力が足りないと生きていけない。                ...│
│ハイ・エルフの寿命はさらに長く、数百年から一千年以上生きている者も居るという。             .│
│                                                                │
│また、妖精界との関係を断ち切り、魔界の闇の力に身を染めた                           │
│           ダーク・エルフ                                               .│
│黒い肌のエルフは闇森妖精と呼ばれ、エルフ種の仇敵となっている。                       │
│エルフとダーク・エルフは強く憎みあっており、お互いの種族を根絶やしにしようと考えている。       ...│
│                                                                │
│(テラ:妖精界に満ち、黄金樹を経由して主物質界に流れ込んでくる力の一つ。                 .│
│ 白魔術、黒魔術の魔法原動力でもあり、一部の妖精族の活力源でもある)                  .│
└────────────────────────────────────────────┘

423 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:26:17 ID:Bzh1DU7h
序28.



┌───────────────────────────────────────────────┐
│※2 グラスランナー(草原妖精族)                                                .│
│                                                                   .....│
│エルフ種やドワーフ種と同じく、黄金樹と呼ばれる存在に生み出された妖精族。                     .│
│元々草原に住む妖精であったのが、大変強い好奇心の為に妖精界を捨てて主物質界の住人となっている。  ......│
│                                                                   .....│
│テラの力を必要としない代わりに、妖精界へ還る力も失っている。                              │
│肉体的な特徴としては、成人しても人間の子供のような体格で、平均1mほど。                     │
│耳が多少尖っている他は人間と殆ど代わらず、肌は濃い肌色。                               .│
│                                                                   .....│
│大変視力が良く、遠くのものもはっきり見て取ることが出来る。                                │
│                                                                   .....│
│彼らは一カ所に定住する習慣はなく、僅かに子供を育てる場合においてのみ、どこかに住み着く。          .│
│単独か家族単位での放浪生活を送っており、部族概念もなく都市で生活する事を好まない。            ....│
│性格は大変明るく楽天家で、おめでたいものがある。                                   .....│
│なので、神々を信仰したりする事はなく、神聖魔法を身につける事は出来ない。                     .│
│                                                                   .....│
│野外の生活に慣れており、昆虫や植物と意志を通じ合える事が出来る。                          │
│全ての魔法を修得する事が出来ないが、すばしっこく、手先が起用なので盗賊や野伏に向いている。       ...│
│                                                                   .....│
│彼らには古種や高種は存在せず、人間との間に子供を作ることは出来ない。                       │
│シアード大陸にはあまり住んでいないらしい。                                         .│
└───────────────────────────────────────────────┘



       ∩
     ⊂⌒(  _, ,_)  「長いよ!」
       `ヽ_つ ⊂ノ  
        作者

424 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:27:06 ID:Bzh1DU7h
序29.
それきり会話は途切れてしまい、耳を傾けていたやらない夫も眉を動かしただけで
運ばれてきた食事に取りかかる。



                      __
                    /   \
                   / ノ  \ \
                  | (●)(●) .|
                       |  (__人__)  |    (領主の錫杖?
                    l  ` ⌒´ |     何だろうな)
                    .{      /
                        {     /
                   _ __{-`ーrr一'´ -}、___
              〃-──ム、___}{__, -<`ー─ミヽ
              /    _/__-う__とこヽ ヽ   }>l
             ,′ l  { ( l三三三彡'}  l   /l l
              /   ヽ_〉 ヽ/ ∥  ヽ{  {_ /  } }
            j    =/ヽ___/> ∥   \/ヽ_  { {
            /  〃 ヽ___,イ  ∥   く__/ヽ\ ヽ
         r==┐      j _∥ _  {   \\}
         │   |))__ /__|\;;∨\;;\\_____\ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<.ゝ、_ノ> x―' /\;\∨__\;;\` ‐-、  ̄ ̄ ̄ ̄
          ̄ ̄ ̄  {. ‐/_____\;;ヽー─‐  ̄   }
               `ー────────‐─ '

426 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:28:06 ID:Bzh1DU7h
序30.
しばらくして。

のんびりと夕食を終えたやらない夫は酒を飲むこともなく―――別に未成年の飲酒を禁ずる法律は無いが、
良くないとは言われている―――自分の部屋に戻って勉強を再開したのだが。



                   ./ ̄ ̄\
                  ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
                  |     ( ―)  λ   ヽ
                ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
              __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬    「………今日はもう寝るか」
            /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



野宿続きだったせいか、集中して催眠の魔法を勉強しているせいか。

妙に眠くなってきたのでさっさと切り上げる事にし、
まだ二十一時過ぎだと言うのにベッドに潜り込んでしまい―――



       / ̄ ̄\  zzzz
._     /   _ノ  \   __
| |======|    ( ー)(ー)===| |
| |     |     (__人__)   .| |
| |     |     ` ⌒´ノ   | |
| |____|        }__| |
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \



時折廊下を行き来する足音が伝わってくる程度の暗い部屋に、
寝息が聞こえ始めるまではものの数分もかからなかった。

427 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:29:06 ID:Bzh1DU7h
序31.



┏┓                                ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋──────────────────────╋┓
┃|  ~ やらない夫は                     |┃
┃|      約束を守るようです ~               |┃
┃|     Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! .|┃
┗╋──────────────────────╋┛  :::::
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓ ::::::   :::
┗┛                                ┗┛:::  :::::
                 | :::::/::::::::::::  :::::::::     ::::::::::::::  ::::::   ::::
                 | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::
                ,/  :::::゙<´::::::::::::::::;;;;;;;;;::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__
                 \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.::::::: __,. -ァ  ∠._,'  /
                  \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.    ̄   _,.r- !/
                    / :::::/::::::::::::| |:;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::  :::::_,.;r=
              .     / ::::/ :::::::::,' ,':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ::::::::     ::::/、::::::::::::::::::
           \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、.:,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_:;;;;─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ./;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´:::::::::::::  序章  夜風の中で
      <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ.──-ト、   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
        ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、..   '{  ≦=≠                :::::{
     ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ                /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \j
   --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}    ,.---- 、       /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
    ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く   /     ヽ    ../: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
  /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',  .{  .出   }  ./: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
../---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ .ヽ.  ||   ノ   : : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
.    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|   ||||==||||    : : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l  _,-ー、
    /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj....   |::|        : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |/'、=--ー: :メ,
   _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/.       |::|     : : : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :/: /' _.,,=-ー`´i
    ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'.        |::|      : : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'ー/ /´,_=-ー'': : :)
        /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/         |::|     \: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/ 'ー(,,r'"_,--一,ー ,.゙(,
.      __,-,ニ二ニ=、   \  ゙゙゙/  .ソ.           |::|     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\  ゝ: : ̄.:゙i,: : :: : :,r': ヽ
     .//         /ヽ- '                   |::|              ,ィ''´_二----`' - 、__ : \ ``-" \,_、: : :: : : :
   //:/ ヽ、     _ イ                  |::|          /, イ_, _, - '´     ```'‐、:\   ``ヽ: : :: : ::
 / ヾ`、  ヽ、   Y                       |::|      /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
     >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/          |::|     // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
   /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´            |::|     {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
  ../: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\           |::|       Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
  l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ.          |::|       {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
  /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ        |::|       __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
  l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ        |::|       i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
  l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、        j::!       }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
  l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l.         ` ´      'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
 .l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l        __     i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
 l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V.       /    .\   r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
 l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl           /       ヽ  `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \、
 l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/         |          |   ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \
 l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l            |          |    | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \
/: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l             |          |     l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、
                              ヽ        /                       ,.-、
                                  ヽ      /                    _,.、/:∠_
      ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
     ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
     /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
     '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/:'シ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
              `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
                   ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´


430 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:30:07 ID:Bzh1DU7h
序32.
何時間か経った頃。
ふと、何かを聞いたような気がしたやらない夫は目を覚ましていた。



                                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                 |  ………!………!   |
         |       |- -|───┬───|- -|  .乂__________ ノ
         |       |:::::::| // |      |:::::::|
         |       |:::::::|      |      |:::::::|
         |       |!!!!|"      |]   ./."|!!!|
         |       |:::::::|    /|  //|:::::::|
         |       |:::::::|  //|      |:::::::|
         |       |:::::/.───┴───ヽ::::|
         |       .~~             ~~
         |
         |
         |________________
       /
      /
     /
  /

431 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:31:06 ID:Bzh1DU7h
序33.
身体を起こして耳を澄ませても怪しい音はそれきり聞こえては来ず、
体内時計はすでに日が変わった真夜中である事を告げている。



              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_  \
           (●)(● )   |
           (__人__)     |
           (`⌒ ´     |      (今、何か聞こえたか?)
            {         |
            {        ノ
        __    ヽ      ノ          __
        | |=====>    く=============| |
        | |   / l      ヽ        | |
        | |  / /l     丶 .l        | |
        | |  / / l      } l ̄ヽ____| |
      / ̄ーユ¨‐‐- 、_    l !__ノ   /| |
   _ /     ` ヽ__  `-  {し|     /  | |
  /    ヽ        `ヽー、}   ./  /| |
 ノ               ヽ__  `ヽ./  /  .|_|
/                   ノ |  /
                     /  |/

432 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:32:06 ID:Bzh1DU7h
序34.



       / ̄ ̄\
._     /   _ノ  \   __
| |======|    ( ー)(ー)===| |
| |     |     (__人__)   .| |    「空耳か―――」
| |     |     ` ⌒´ノ   | |
| |____|        }__| |
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \           |   ………!………………!   |
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ         乂______________ ノ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \



空耳かな、と寝直そうとしたところでもう一度誰かの大声を聞いた様な気がして、
ベッドから起き上がると窓際に向かった。



  / ̄ ̄\
/       \
|        |
|         |
|         |    「やっぱり聞こえるな。
|        }     女性の声、か?」
ヽ       ノ
  ヽ    ノ
/      \
|         |
|  |.      | |
|  |      | |
|  |      || |
(__)   |   |__)
  |   |  |
  |   | |  |
  |   | |  |
(__|(__|

433 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:33:06 ID:Bzh1DU7h
序35.
見れば夜空は綺麗に晴れ渡って蒼い月がアンマンの町並みを静かに見下ろしており、



::::::::::::: ::. :. .: :  -‐-  :. .:.: ...: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::.....: .. : ,r'´.     `ヽ: .. ......:..:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::.:: .: ..: :' ..:.       ゙; :... ...:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.: ..: :. ::..       .: :. .:.::......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.......: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :.. :. :............:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.::::. ::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... ... ..: :..:.::::.::::::.:::::.::::::.:::::::.::::::.:::::.::::::.:::::::.::::::.:::::.::::::.::::::::::::::::::.:::::::::::::
:::::: :::::: :::::: :::::: ... ... .... :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: ::::::.::::::..::::::..::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: ::..... :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: :::: :::: :::: ::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: _____:: :: :: :: :: :: 「|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :: :: :: :: :: :: :: :::
./三三三\   |-_.__=_ __=| /三三三\    |FF|ニ|   |!_____i|   /⌒\
| ̄同 ̄同 ̄|  |= |+| |+| |+| |  | []_[]_|  /二二ニ,ハ /=‐::::::::::::::::::: ∧ ]皿皿[
|==/\==\_ | _ ‐=‐   =-| ./[Atelier.C]ヽ |E E E|日|  | ̄田 ̄田 ̄| | /≡≡≡
                 ____
/ ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\ /_____ヽ i|三三三三三三三三|i |二二二二二! /
| | 田|「| 田 田  |「|[[[!| | ロ ロ ロ ロ ロ | .|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|. |ロ ロ ロ ロ ロ ロ| |:::
:::::: :::::: :::::: :::::: ... ... .... :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: ::::::.::::::..::::::..::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: ::..... :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: :::: :::: :::: ::



窓を開けると、冷たい夜風が頬をそっと撫でる。



     |┃三   / ̄ ̄\
     |┃三 /  \,_.  \
     |┃  (●)(● )    |
     |┃  (__人__)      |
 ガラッ .|┃  ヽ`⌒ ´     |
     |┃   {         |
     |┃三  {        /
     |┃    ヽ     /
     |┃  .   ン    ヽ
     |┃三   /     |
     |┃(⌒二_/|   . |


434 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:34:06 ID:Bzh1DU7h
序36.
その時だった。
三度、夜の町に若い女性の声が響き渡り―――



                                                        ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 |==|==|==|  |==|==|==|  |==|==|==|  |ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||     <  誰か!            >
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |=l====l====l====l====l====l====l====l_      <   そいつを捕まえて!    >
 |_|_|_|  |_|_|_|  |_|_|_|  |  }三三三{  }三三三{  }三三三{  |        VVVVVVVVVVVVVVVVV
  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |
 二二二二  二二二二  二二二二  |  ||==||==||  ||==||==||  ||==||==||  |
 I/l⌒l\I  I/l⌒l\I  I .ノ 、  .I  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |
 |==|==|==|  |==|==|==|  |● ●) l.|  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |
 |  |  |  |  |  |  |  |  |(人__) .|.|  |  |二二二|  |二二二|  |二二二|  |
 |_|_|_|  |_|_|_|  |ヽ   ノ..|  |___________________________|
  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  |ニ二二二二二|二二二二二|二二二二二|
三三三三三三三三三三三三三三三三三≧          | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
====||======| |l二l |l| l二l| |======||======|         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |二二二二二二|三三三三三|二二二二二|
__||___| |l二l |l| l二l| |___||___|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
二二二二二=l|三三三三三|l=二二二二二二|                           \
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==========================================================================================

436 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:35:06 ID:Bzh1DU7h
序37.
怪訝な表情を浮かべたやらない夫が窓の下を横切っている街路に視線を走らせれば、
向こうから二人の人影がこちらに向かって走ってきているようで、



                 \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
        , ^:::::::::::::^、      )                  >
       !iノ从ノ))))     <     待ちなさい!    >
       ノ从 ::::::::;从      <                 (
      ( ( tつ::::つ      /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
     ⊂く,::::::::ノ)
     ) ) ) ∪ ))  タタタタタッ



滑るように疾走する前の影を追う、声からしてまだ若い女性の影が叫んだ。



                             \人_人,_从人_从_从,人,人_人__从,人人,_从,/
                /:|:::::::::i::::;iく ゙i;:lll!::::|||!     )  待てと言われて待つ馬鹿がいるか!(
                  i::::::i::::::|;ィi|liリ  l::ii|:i:lil!   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
                  ゙-|--イilliil/   |||:||:|:l
                 ゙ー!´    ll:::i||:|!                          __
                           |:|::l:!|    ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
                          |:||!!:    |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
                           l iil!    |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
                          ||i!    └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘
                             |l                  └┘



437 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:36:10 ID:Bzh1DU7h
序38.
追う者も追われる者も一般人ではない速度で走り続けており、
彼は集中を高めて二人を見ていたが、次第にその距離は離れつつあるようだ。



                ___
              ∠´   `ヽ、、
                /          ̄ `ヽ
          /                  }
           〃    i            `ヽ_
          リ                   \
          ト    ∨      ノノ、       `ヽ
         ヽ    ソ    /   `ヽ       ヽ
           ヾ、 /"\.,ノ        ∨       }
            ノ /            ミ       ノ
              {   i             }    {   「ノロマめっ!
           ヾ .l      }    _,   彡ヘ    }   この俺様が捕まるかってんだ!」
            ミ、 ー。-、 {、<゚ イ   l K }  ノ
              `i ` イ      ノ  jオノ 〃
               ヽ  j_     j   イ  ヾ
                ', 、_`´_ イ     ノソ ソ
                ', `ー ´    /  "ト彡
                 ヽ  `    /    レ `> 、
               ,、r<ゝー‐‐<   , ‐ イ⌒ .>イi
              /ゝ、_⌒⌒〃´  ̄_`__ >-ー:.´:.:.:.:.:.|



              ‐――――‐‐ 、
         /           \
       /              \
.       /                 ヽ
      /                     i
      |                    i
      |                    |
      l   ___ ノ     ^ー―-   |
        l   /     ヾ    Y    ヽ   l   「―――あれは………」
      !  | {:::::::} |     | {::::::} |   l
      l.  ヽ ,  ノ     、    /   '
        ',   /    |    ヽ    /
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::



はっきり見えてきた前の男が、錫杖を握って走っている事を
驚異的な視力で見出した時にはもう―――



                 ,.---- 、
                /     ヽ
               .{  .出   }
                    .ヽ.  ||   ノ
                  ||||==||||
                  |::|
                  |::|
                  |::|
                  |::|
                  |::|
                  |::|___
                 . ,f\孑=ァ),__
                〈ヾ、ム,. 》 : \
                    `ー'─(,     \
                       |::| .\     `\
                       |::|  `ヽ
                       |::|
                       |::|
                       |::|
                       |::|
                       |::|
                       |::|
                       |::|
                      j::!
                  ` ´

439 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:37:06 ID:Bzh1DU7h
序39.
彼は二階の窓から街路へと飛び降りていた。

                                    __
                              /    \
                        ,--,──-|       \___、_____
                       /| .|::::::::::::::|\_  _ノ   |:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                     /  ,ヽ-゙'──(●) (● )  |:::::/::::::::::::::∠二二/
                  _/  /        |::(_人__)   |::_」/`ー-´__/    
                 i´´  .「         \::\_   丿::ヾ〈〈〈〈_ ノ´
                 ヽ〆〈/            ヽ、::::ヽ、/:::::::::::::::::|
                                     ゝ:::::::ヽ::::::::::::::::::\
    「おっと、ここは通行止めだ」            __/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::\
                             /-、:::::::::::::/ヽ/,二二二ゝ
                              ̄ヽ ヽ:::::::::/:::::|/:::::::::::::ヽ
                                /´::\二_//|::::::::::::::::::::::|
                              /::::::::::::::::::::/  =;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
                                /:::::::::::::::::::/   ノ:::::::::::::::/
                            /::::::::::::::::./    .|:::::::::::::::|
                             /::::::::::::::::/     /:::::::::::::::/ トッ
                            /:::::::::::::::/     ノ`¨~´|`
                          ;;;;;;;;;;;ヽ、:::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;| 三 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                        ;;;;;;;;;;;|::::::::::::::〉;;;;;;;;;;;;;;;;|  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                        ;;;;;;;;;;;〈:::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;`¨~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/___ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ミ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                      ;;;;;;;;;;;;;;;;;|_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




慌てて急停止した男は邪魔が入ったと舌打ちをしたが、
相手が何も武器を持っていないと知って腰の短剣を引き抜く。



          }                 }.:}:.:. (
        ノ        ィ彡"⌒ヽ    !:.|:.:.  )
        /         {     ヾ、_ ノノ:.:.  j
.    ,イ/!        イ          `V:.:  イ
    | リ        彡'          ∨彡′
    l       __ ミ   、__   ヘ,    ∨
    ゝ、    /てハ j    ヽ _゚ ゝ  ノ,__ }
      ゞ     いくi 八           \゚イ/    「邪魔だ!
     彡    ヘ ヘ!|  `ヽ       、ー.,,/ j      どけっ!」
        `ヽ    トイi   ;   、 ____ /
       ノ ノ ミ彡 :|    !   ` ー‐' ,'
       彡イイ  ヾ;         `"´ i チッ
          ノム、、..._\>....        !
        l: : : : : :_: : :`: :...<`_ー― ′
         l: : : :.:/。_。_。 7: : : : X〕




音もなく抜かれた短剣が、暗闇の中で目立たないように黒く塗られている事を―――
つまり、盗賊や暗殺者が良くやる手だと知ったやらない夫は、

440 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:38:06 ID:Bzh1DU7h
序40.
やれやれと思いながらも、口の中ですでに唱え終わっていた魔法を解放する。



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ     「―――メズマライズ!」
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::
:::::::::::::::              , , ::::::::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::        , , ,-'   ~ ゝ_      :::::::         ::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   //,'        ⌒ ~ , :::        ::::::::     :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.i.i   r'  ,,,_     ヽ:              :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   |!|!|i、  |i ,',-==- 、    ヽ      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::       )ゞヾ、 (_(' _-=- 、ヾ    |              :::::::::::::::
::::::::::::::::::        γ `./        |    !            :::::::::::::::::::::::
_________| /    , '     |     ゝ____________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ゝi, ___  / __,,, ,,_  ゝ     ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「う、うお!?」 :::::::::::::::::!'' -`')  ` ―`` γヽゞ ノ     ピキーン
       ::::::::::::::::::::::  i、 ノ_     _ノ iλ ! i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::     } ヾ'、ゝ   i'   ν/ ソ     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::      | ,-―---    し /        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        |  ''''      / | ゝ:::::::         ::::::::::::::::::::::::::::::::
              ::::::!、     __--''' レ彡 :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::      :::::::::`┐ー''''  ノ  レ   :::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::       ::::::::λ、,,,,,,、、---'''⌒!i       ::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::         :::::::::ノ>πiiiiiii!!!!!  ::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::



それは今日魔法書を読んだばかりの初めて使う魔法であったが、
元々彼は複数の系統の理力魔法をすでに会得し、父から叩き込まれた基盤があった。

441 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:39:07 ID:Bzh1DU7h
序41.
さすがに無詠唱と言うわけには行かないが
確かに発動した呪力は何も知らない相手に襲いかかり、
結果、男は崩れ落ちるように街路に横たわる。



          ,r‐ 、
   z'Zr─~''''彡 ̄ ̄⌒ミーv─ -tf'.z
      ̄`'''''─ム/'⌒' ⌒ヽ_>'''  ̄ ̄  zzz………
         /  彡、 ノノ:::
        / _,;彡'´⌒(´ ミ}:::
    _/ フ::::      Y ヽ:::  バタッ
  (⌒こ))≧:::        jfう》:::
    ̄::::::::::        (_ノ::::::



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ     「一丁上がり。
          │         }      さて………」
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



向かい合った時間は数秒程度だったろう。

その手から短剣と錫杖を取り上げたやらない夫が視線を向ければ、
ちょうどこちらへ駆けてきていた女性が、すぐそこで立ち止まった所だ。



442 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:40:08 ID:Bzh1DU7h
序42.



      j  |:l     !:: :.,    :l:::l
       j  l」_r―┐|__ l.  ::|::::l
     /j  l| 〒テ 「   |  :::|:::::!     「はあっ、はあっ、はあっ………」
      /   /l /|| l lハ   l  :::|:::::|
    ,/\ / l {_ハ_| lメ〈  l .:::|/l
    \./ーl l乂l l∨〈  lー/   |
      {_l l乂l l V ハ |‐/ /
       j l乂l l  ∨:l l /'´
       l l乂l l   lヽl l
        l l乂l l  lく l l   ピタッ………
         l l乂l l  l∠| l
         l l乂l l  l∠l ハ
         l j乂/ / / ヘ _/
        | 乂 lー'   / :|
       l    { __/ _」
       |    〈 ̄ ̄
       l   ノ}
       ゞ==='イ



ようやく追いついた彼女は彼と同じぐらいの年齢か。

見事としか言いようがない、淡雪のように純白で汚れのない色の髪が緩やかに流れており、
澄んだ金色の瞳は眠りこける男と静かに立つ少年とを見比べている。



                  __                 /   //
.           ,、-― ' '´ ̄  _ ̄`'-、   )) _       /   //
      ((.  /             ̄`'ー `,ィ" '´  .ヽ,     /  /
   ,ィ'`ヽ、.))/                ,ィ又ト,    .i`ー.'.´     /
.  /   ,ィ仝、_,、-‐          ー-、_弋少    .lヽ、    / .,、-
  i!   弋少ー-、            -‐''´ ̄((     l   `ー-‐´  /
  ヘ   ((   i      |   l!   i!  l!   .))     i!      /  ,
  i!    ))  .l    l l l   l!|   i!  i!  ´.l    l  `、     /  ./
.  l   l.´ l  l    l!| l   l!|!  .i!  i!l l  l    l   `ー-‐.'´  /
  l!   /  l  i!   l!l!. l  l!l!l!  |!l  l! l!  i!     .l     、  /
 /  / l  l  l! .)) i!l!l l  /l!.i! l! l l!l! l .i! l!l /     .l       `'、´ _,
./  / /  l  i!((  .i!从ll!/!l 从!l!丗仄!-!ll! /     `、     '´
 /  / l .i! i!,ィセケヘ  ` ´´ `  ` ` l!./       \
.´    / / ` トイトyソハ     `==-'  /          `ー-――-、
   / /    ゞヤィルイ  ,          /   .ハ,             ノ   「はあっ、はあっ………」
. /  /   ハ ヘ ̄))          ./l  ,、/、_. '.、            i
'  `、__,、-‐'´ ヽ_  ` 、  ` ' ´  , .< /.l`'´イ ノ  `ヽ、  `ー-、.      l
  / ̄    l /, `'イ`´j、` ー-‐,.'´_`´ l l ,イ ̄/     `!    `ヽ,  /
  /      ヘ /`'´/ノ r-、 〉.|.ヽ i .l.ゝ‐、      i!  l    / ./
. /        ∨  /。ゝ_ノ `´_ .〉l。ゝ! .l' /       .i! ./  ./ l
〈       ,r‐、 ./。/-‐'´  ̄   .|。| l  !         / ./  ./   l
 ヽ      ヽ〈_,イヽ' r‐、  r‐-、lィ'´ト、 ヽ    l / ./ ./   /   l
 /          ト,‐´ ノ ハ_!  ゝ‐´ .ヽ ヽ  i!  》 .〈    i   `、
./     /!      ノ.   ̄        ヽ  \  ト、.  ヽ  ヽ    ヽ



おそらく戦士なのだろう、青いスケイル・メイルを装備している彼女の腰には
だいぶ使い込まれた様子のレイピアが吊されていた。

444 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:41:07 ID:Bzh1DU7h
序43.
やらない夫は黙ったまま、呼吸を整えるのに必死な彼女を見ていたが、素直に



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)        (綺麗な人だな………)
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



と感じた。

そう言う方向に口が達者と言うわけでもないので、
この娘をどう表現すれば良いのか分からないが―――

彼女が町を歩けば十人中十人の男が確実に立ち止まり、見とれてしまうほど可愛いと思ったのだ。

445 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:42:06 ID:Bzh1DU7h
序44.
普段の彼ならばその中に加わらず、振り返らない。
つい先程までそう言う方向に興味がなかったも同然なのだ。

しかし―――今のやらない夫は自分でも振り返るだろうとはっきり感じている。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)     「……………」
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



明確な理由は分からない。
ただ、彼女の美しさに惹き付けられて、と言う理由だけではない事は確かだ。

447 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:43:06 ID:Bzh1DU7h
序45.
二人が見つめ合った瞬間―――



::::::::::::: ::. :. .: :  -‐- ..:. .:.: ...: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::.....:.... : ,r'´.    `ヽ: .. ......:..:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : /7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7/\: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : /_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_,/  ,\: : : : : : : : : : : : : : : : :
: : /7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7/ /   |: : : : : : :。 : : : : : : : : :
: : |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|     __| : : : : : : : : : : : : : : : :
: : |   ____    ____     ___    ,   |   //|二二二二二二二二
_| .  :|| ̄|| ̄|| ゙  , || ̄|| ̄||   || ̄|| ̄||         | ///
  |,;   ||===||   ||===|| ,:  ||===||         |...| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |   ||_||_||:.   ||_||_||   ||_||_|| 、 .     |..:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |   {三三三三}  {三三三三}  {三三三三}   .,  |..:| '  .   ;       '
  |   ____                      ;  .   .  |..:|   ___      ___
. ; | ,:  || ̄|| ̄||         ,ノヽ、  ! ̄ ̄ ̄|      ;|..:|  |i三三!| , " |i三三!|
  |   ||===||  :  ,   {open}  |   ,o |  ,    |..:|  |i三三!|    |i三三!|
  |   ||_||_||         .     |     | :     |..:|  : ` ̄ ̄     ` ̄ ̄
,.__|、,_.__,_._,_._.___,_、__,_._,_._.___,;_.__、_{二二二二二}__,_._,_,|..:|、,_.__、_、,_.__,_._,_._.___,_、_、,_.__、
        ........,              ........,          ....,,,,,


448 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:43:09 ID:Bzh1DU7h

              ,.ィ ーュ.
           r=}7´ . : ハ∧
           l! //, . :l! 」l|i :∧
          } l rッハrt_j,k: :∧   「……………」
          / :ゝゞ' _ /: :ヾ《
       __rく -=彳> イハ_,、 : .`ヽ              -┼ーヽヽ  -┼-
      >  ゝ1/Xx xX7 ハ : : ハ              ヽ、    ,-┼/-、  、_
         ⌒.:ーイト.   ̄`7{ ,イ: :イ´             ヽ_    ヽ__レ ノ    __)  ・  ・  ・
        _レ'.::::::}   ,イ .イ {: : : ヽ
       . ´ ..:ト-イ /´ (::::  i: : : r '
     / . : /`ー=彳ハ  ヘi  l: : : L .
    《{: :く    _/   }  !: : : : : ハ
     ヾ: :ハ  /´     /、_ム : : : /
     ノ}/ }  \   ハヽー ': : : {                         / ̄ ̄\
    / `ー=彳⌒ー1,ィ彳: : : : : : ノ                       ../      \
    `ヽ : : : :ト∨{:::::.  : : : : ; ´                          |      : :::::::|
        },イ: : | X |::::∧x ∨て              .「……………」    |     :::::::::::::|
       ム,: :| X l::::::∧x:.∨{`ヽ             .             |      :::::::::::::|
         ) l X |::::::::∧x為!                            {      :::::::::::::::|
           | X i/´  ⅥIIi                             {    ____/
          l X |     ⅥIi                           (, ./_.,r'ニニ'r
          | X i     Ⅵi                           ン:`三ー`_:ニニ:'r
         l x :|      Ⅵ                        <:::::::::::、ニ,´::::::::::::::::\
         |  i|      `                        ,.-''´::;:、::-;::::::::::::::::::::::::rlッ
         ゞ彳                    .         r{:::⊂-='"::::::::::::::::::::::::::::fァ
                                          r!:::::r:::{ロ}::っ:::::::::::::::::::::/
                                           l::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::l
                                          /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::;::l
                                         /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::;::::l
                                         /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::;:::::!
                                        /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::j:::::!
                                        f::::::::::::/_,. -――''"T::::::;'
                                        /:::::::::::/__,,,..、-r‐''´';:::::;'
                                      /::::::::::::/::::::::::::::::::::l:::::::::';::;' .
                                .     /::::::::::::/ゝ:::::::::::::::::::l::::::::::Y.



温かく優しい夜風が街路を吹き抜けて
娘の長髪を大きく、やらない夫の服を小さく揺らす。


450 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:44:06 ID:Bzh1DU7h
序46.



                                _r-f⌒ 、   ̄ へ_! li  li l l i l i! l l li li l/!ll l  l il l
                                ' |    ヽ 、__   ヽ ll ヘl l ll l l l ェi≦三三≧ュ ;-ii.ム
                                  !  λ  >  i   7、 l\li l l7 !j j豸{ ζfi}` ,ヾ}气 l l
                                } .弋/ ヘ   }   l >! V !i i    .!i!ヾ'、“,, ' ,!i! }i! ll
                                !  、_ヘ_         l /          癶、,,,,, '' 豸 ′ i
                                .ヘ  _..,,      __ノ           `゙゙゙゙゙,゙″    /
                                 .`´  \ ___,ィ  !_            :::::::::::::::    / l
                                .ヘ、____  r、  __..イ            .::::::::::::::::::   / 7
                                ヘ/イ \|  ` ´      .:::.       ::::::::::::::::  /  l
                                 !、!                           /  l
                                ..  \           _. .. ._           ./ l/ l
                                  l l i\          ` .'´          /  l   l
                                     へ                   /  ii \



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|             ,/    |      \
    |      //////// |     |     |
    |      ///////// |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ






455 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:45:06 ID:Bzh1DU7h
序47.
魂と魂とが引きつけ合うような感覚。
懐かしい、とすら感じられる何か。

心の中に湧き上がってくる、そんな感覚に戸惑ったやらない夫は
不思議そうな表情で自分の胸を見下ろした。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)      (―――なん、だろう………?)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



どうやら彼女は冒険者か何からしい。

自分も各地を流れる旅の者であるので、
もしかしたらどこかの町ですれ違った事でもあるのかも知れない。

そんな風に彼が軽い困惑から立ち直った時には、
もう息を整え終わっていた彼女は、汗で額に張り付いた髪をかき上げていた。

459 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:46:06 ID:Bzh1DU7h
序48.



             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !   「ありがとう。
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           l:::し::j j|ノイ / ' / / /    !    君が、こいつを取り押さえてくれたのね」
      / | |  ! / . ヘ `冖''           `ー ' '' レ'  / / / /    l
/  / /   | |  ! /  ハ    ヽ  __        イ/  / / / //    |
     ,. -人 |!  γフ\           // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
   '      ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |      |
 /          V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |      |
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ   ヽ
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |    \
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ        \



その優しげな、しかし芯の強さを窺わせる声を聞いた途端、
またしても理解できない感覚がやらない夫の中に湧き上がる。



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!   「………?」
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ドキンドキン……
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



自分はこの声を聞いたことがある、よく知っている。
記憶には残っていないのに、そんな感覚が胸の鼓動を早くさせ―――


460 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:47:06 ID:Bzh1DU7h
序49.
まるで言葉が通じていないかの様に立ち尽くす彼に、
娘も不思議そうな視線を向けていた。



                                 / ̄rv-ーく,.  -‐…‐-  .
                              / ..=くУ''"´,ノ          `
                                / ( /   (             ゙Y^ヽ^Y⌒ヽ
                             ' //                 (く笏Y   :,
                               {/ //    /                 `アフ爪   '
                               〃 //    /             ヽ     ハ]ハ  i
                               ;  i;      '           }   ハ  / ノ′i  |
                   .          i  i|  !    i    |,」| _ !   } }    i|  (_;_) |  |
     「あの、君………?」             i| ii|  || ,i|  i| l「丁 T  /|    i|.  //| |  |
                            八 八,i人|ミ刈  i| ナナニ八///|    i|: .//, | |  |
                             ヽく((笏Y)Y从从 行テミメ、/ ノ    リ:/,   | |  |
                               }人`Y´ブ     lr'..::::ノリ刈′  ////,  | |  |
                                 从 ィ~ ,     ^゚ ー=/    //イイ,  | |  |
                               / /八         ::://,  // // | |{  | |  |
                   .           / /(  i\/)ー    // // 厶=ミ| |{   | |  |
                             / //. :i i/ .く ____ // //´     `ヽ   | |  |
                   .         / // ; / x=、 i((⌒刈//  l/         ':. | |  |
                          / ,. / .:/   /`ヽ)) ノノ'   /         ' 八 .|  |
                   .    / / / .:{    /`Y(((i  ;′          V /\:. |
                   .   /  ,  /   i|ヽ.    ク ))| l i;゙               \  \人
                     ,'   /  ;   i| . ハ     ∨((__| l {           _ ..ヽ  ヽ. \
                     !   ;   i  :八,.~}    }~ヘ从     ,..    '"~´     |    ヽ \
                     人  {   | 〃  \`⌒し~)   ノ《,.  '"           ∧    ヽ  \
                      \ ヽ | i{   /   、/ / /  \ \       , / / }       ヽ.  \



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |   「………んっ?
. |        |   ………ああ、すまない。
  |        |
.  ヽ      ノ    それが正しかったのかどうか、
   ヽ     /     考えてしまった」
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



まるで、たった今思いついた言い訳をするような表情と、
返答を待つまでもなく答えを知っていそうな彼の雰囲気に―――


464 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:48:06 ID:Bzh1DU7h
序50.
目を丸くした少女はくすりと微笑んで頷いた。



                                              _ ,, -=_‐‐‐-、,
                                        __,, ==-‐''´,..ィラ'''..`'''、)) 'i,
                                      ./` / ., 、  !,,-'已\ l,  ∧
                                     ,,-'-,   i i  i !, {l .炒  l'´! 、  l
                                   ./7'"i`/ , / .i、ヽ l,ヽ__T_='__/ i l  .l
                                   !./后/ l  l li.、ヽ, \ i  l .l\ l .l  l
    「ふふふっ、大丈夫。                   "ヒl  .l  .l l i, l、入_,,i--- l.l  i l .l  l
     こいつは領主の館に忍び込んだ盗賊だから」     l l  .li ! ヽ,  iゝlゝ、 _ ____, l.i .i l l l   l
                                    l l  .l,,'"--、    〃´ ̄ l.l .l l, l  .|
                                    ヽ,、, l l{秘}i     ""  l  .l l i .l  .|
                                      . l ヽ,ミ彳" '   _ ,   .l.  l! l .l ,  .|
                                      l .l lゝ     i,´  .,! ,.ィ  ./ !/ l  l
                                     'l l l `'-、_ .`''‐'_/-'--'-、 ./ l  |
                                      l.. l l l_,,--'''´_´/ ̄`'、 __.f'´ !  .il
                                     i l  l,/   ヒ/      i `l   /i



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   「………そうか」
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

467 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:49:06 ID:Bzh1DU7h
序51.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   じゃあ、この錫杖が………

┗──────────────────────────────────────────────┛



`"''─‐-,..、____
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ ̄`"''r――――――-- ..、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l              ヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l              _____________________
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|           Υ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l           (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l            ∟::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l           ̄ ̄T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`- ., ___, ァ..,,_     !
―――-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    `"´ `ヘ__,.- ´
        ̄`"'' ―‐-.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                ̄ ̄



呟いて持っていた錫杖に視線を落とすと、
暗闇でしか分からない程度だが鈍い光を放っているそれは
確かに普通の錫杖ではなさそうである。

やらない夫は魔力を有する者であるので
理力魔法関係の魔法の道具なら放たれる力などで判別が出来るのだが、
石で出来ている錫杖からは魔力を感じられない、おそらく別系統の力なのだろう。

471 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:50:07 ID:Bzh1DU7h
序52.



               _ __     ((
          ,ィヽ、  ,.ィ'´ヽ  l l /  ̄ `'ー-ィ'))、___
         //`ー、 ̄     ' ' ――- `ーィュ ヽ、 `!
     / イハ                ゞイ)) ヽ.∧
    i'´ /  ゞイ!   ./ l l! l   l!  l l!  l (( ヽヽ∧
    l .l    リ /  .i! i! l l l! i!  l!l  l!ll l l!  l`  .lヽ.ヽ,
    l ./! l! l l l  .i! l i! l!l l! .l! l l! l  l!l! l .l l l .l / .lヽ l
.  /l./ l l i! l l l!   i! l l! .l! l! .l! .l l! l! l! l!.l l .l l l /  l ト、
. /  / l l!、l l l l!(( .i! l l! ))l!l l!l l! l! l! l! l! l l .l .l .l!  /  l ヽ
/   l  l! l l l l .)) l l(( i! l l l l l! i! l!.l! l l l!l l l /  l  .l  l    「ご協力感謝します。
l   l  l  l l!l l (イニエーヒ.ィ l从!i!从!ム从! l l!l i!. l  .i!  l   .l    そいつの身柄と錫杖を引き渡してくれるかしら?」
l   l  l   l l!l ノ ハイゝソリ    イた:ハヽll!l l l  .l!  ヘ  .l
.l  ll l ヽ  l ヽ 弋ヘメ.イノ     弋:::ソ  l! l  l!  l!.   \ ヽ
..l /  l .ヘ .ヘ  ヘンー、ノ          ̄  ./.、  l  ヽ    ヽ
. l/  .l!  ヽ、 ヽ.∧ ((.  _ ' _     ./ /ヽ .l   ヽ
/   /l     ヽ, i i\ ))  ` ‐ '´ ._// / / /  l  i ヽ
   /l ヘ  ,、-‐-、l l ,ィ'> _   .,i´、 /,、l .l / .,ィ'`'i l  l  ヽ
   /  l >  ノ,、 ,二>イ >`´r' l  '´ ノ! // ゝ、 〈 .l  l
   /  .,ィ'´    `´ 〉l _ l /ヽ、イ > 〈´.//'´ゝ'  .\! l
.  / /        〈,、ゝ' ゝ.〈  ̄ノ ,_ヽ'´〈.  l      \



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }     「了解した。
        ヽ     ヘミ|      どうぞ」
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



頷いたやらない夫は持っていた錫杖と短剣を少女に手渡し、
微笑んで受け取った相手は腰のホールディング・バッグからロープを取り出すと
未だ眠りこけている男を手早く縛り上げてしまう。



          ,r‐ 、
          (========z
            (========)
         /  彡、 ノノ:::
        / _,;彡'´⌒(´ ミ}:::
    _/ フ::::      Y ヽ:::
  (⌒こ))≧:::        jfう》:::
    ̄::::::::::        (_ノ::::::



その手慣れた様子、持ち物からしてやはり彼女は冒険者のようだ。

473 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:51:06 ID:Bzh1DU7h
序53.
立ち振る舞いから、それなりに実力を備えた剣士と予想していたやらない夫が
眉間にしわを寄せた時だった。

ぽんぽん、と手を叩いて埃を払った少女が魔法を使った事を知っていたので、



、_     _   _
  riヘ,.´        ` :  .
.  {Yシ                  ` 、
7  |))                 `: 、 ((
  / //  ∥               {雪} ̄`i
/ //.  ∥   / //           `))    |
  /〃  ∥.   / //  i          |   |
、/ i  .∥   / ./ i   |    !i  i   i | |
./ l   |!,   / / .l    |    /|  | |!/.  | |
i  l! i  |!  / /  l  ./|   ,' .|  ! !'  i| |
!  l! l  |!.、((ァ7  l  / !|   / |!  l! |  l | !
!  l! !rィト|ヘ`i-|  l /  !|  /  |!. l! l  l .|/
!  lf:て >!\ノ |:  l/   リ.ノ-  |i  l! l  | .|!
  !、マ <iノノニイ     .,ィ==i、|! / /l  |     「それにしても、
  | i二ュシ      i bU::7: // / l  |     魔法使いが居てくれて助かっちゃった。
  ノ               弋_シ ∥イノ  l  |
 \          .::::::::::::::: !   l  l  |     あのままだったら逃げられちゃう所だったもの」
 从.ヘ.    、__..       .イ´!   l  l  l
  !ノ  { `‐-、   _ ... <⌒!   \. l  l  l
! } イ |  fてノ⌒レi⌒!  ) .|:     \!: l  l
! / |┌  ∨ノ    i´(    ノ      ) l  l



                                    / ̄ ̄\
                                  / _ノ  ヽ、.\
                                    |  (●)(●) .|
                                  !  (__人__)  |
     「あの距離からよく分かったな?」           , っ  `⌒´   |
                                 / ミ)      /
                                ./ ノゝ     /
                                i レ'´      ヽ
                                | |/|     | |



頬をかいたやらない夫はあれ、と首を傾げるも―――

476 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:52:06 ID:Bzh1DU7h
序54.



               _ ,, -=_‐‐‐-、,
         __,, ==-‐''´,..ィラ'''..`'''、)) 'i,
       ./` / ., 、  !,,-'已\ l,  ∧
      ,,-'-,   i i  i !, {l .炒  l'´! 、  l
    ./7'"i`/ , / .i、ヽ l,ヽ__T_='__/ i l  .l
    !./后/ l  l li.、ヽ, \ i  l .l\ l .l  l
    "ヒl  .l  .l l i, l、入_,,i--- l.l  i l .l  l
     l l  .li ! ヽ,  iゝlゝ、 _ ____, l.i .i l l l   l
     l l  .l,,'"--、    〃´ ̄ l.l .l l, l  .|     「当然よ、
    .i`i.ヽ,、, l l{秘}i     ""  l  .l l i .l  .|     私も理力魔法が使えるんだから」
    .| .l .// ヽ,ミ彳" '   _ ,   .l.  l! l .l ,  .|
   .,-!、!//l .l lゝ     i,´  .,! ,.ィ  ./ !/ l  l
  /_`,、''!''l l l `'-、_ .`''‐'_/-'--'-、 ./ l  |
  !ニ='´'  l l l_,,--'''´_´/ ̄`'、 __.f'´ !  .il
  ..ゝ- ''´i l  l,/   ヒ/      i `l   /i



凄いでしょ、と可愛らしい微笑みを浮かべて片目をつむった彼女につられ、
思わず微笑み返しながら納得する羽目になる。



                                       / ̄ ̄\
                                           / ヽ、_    .\
                                    (⌒)(⌒ )     |
                                          (__人__)  u   |
                      「魔法騎士なのか」    {|┬r|      |
                                     {| | |      |
                                      {ニ´     ,r
                                      !、     ,r'
                                       ン    ゙i
                                        /     |
                                    、(⌒二 ,.,r'|    |



478 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:53:06 ID:Bzh1DU7h
序55.



         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l    「そ。
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./ 
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /     ………さて、みんなが心配しているから戻らないと。
  /,,_   }li ゝ、i, )).   __,,  lil .li l i ,l .{      君、明日領主の館まで来てよ、このお礼をしたいわ」
 l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l



                                          / ̄ ̄\
                                       /  ヽ、_  \
                                      (●)(● )   |
                                      (__人__)     |
                                       (`⌒ ´     |
                                  .      {          |
               「いや、お礼をされる程          {         ノ
               大した事はしていない」       mm   ヽ      ノ
                                   (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                       ̄ ̄ ̄|    |



大した事はしていないと、彼は首を振ったが―――


480 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:54:06 ID:Bzh1DU7h
序56.
相手も笑ったまま譲らない。



                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \     「いいから。
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l         約束したからね?」
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ



腕を組んで少し考えたやらない夫は、
先ほどこの少女に感じた感覚の理由を知りたくなったので今度は誘いを受け、



                                          / ̄ ̄\
                                        /  ヽ、_  \
                                       (●)(● )   |
                                       (__人__)     |
                      「………分かったよ」     (          |
                                   .    {          |
                                       ⊂ ヽ∩     く
                                        | '、_ \ /  )
                                        |  |_\  “ ./
                                        ヽ、 __\_/

481 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:55:06 ID:Bzh1DU7h
序57.
満足そうに笑った彼女―――雪華綺晶―――は錫杖を道具入れに収めると次に、
その細腕に似合わない力強さで、縛られた男をよいしょと担ぎ上げた。



                        , '´ ̄f令y、__
                          /  /rヘミイヽ  `丶、
                    / / //// {{ /    \
                  , '´ /〃////〃 / / / ,   Y7
                    ,  '´  ///〃/{//^X / // / , /  {レ示、
              , '′,  / //〃/rク不=彳// / //  ハミ処}ヘ
             /  / / //〃7=ゞ杉'′〃 /‐く /  /`7  ヽ
.           /  /  /f了 /〃ハ         r采/}// /    |
        / , イ //__〉廴几// rヘ  r、 '  〈沙'}彡'´/ /   l |
       / /// / , ! {/ └ク`ー′ハ `ー'     / / / ∧   |  |
.      /// // / / l 〕   しrヘ ┌┘`¬ァ冖7´  / / /   l  |
     |/ // / / |/ 7⌒) //―廴rヘ、└勹  / / /  l|   l  |     「私、雪華綺晶。
      |,' / l / ,′ ,'レ'´   ` ̄}_〉 ̄\/7Z_人  厶__ i  ハ  l|  |     館の誰かに私の名を言えば通じるから。
      | ,′|  /、 / j       `ー―く/     }'´ / l  | |  `、
      | ! ル / ∨ /   ,   ,     ┌ ┴‐z__r'⌒フ   |  !| |  }    じゃあ、明日ね」
     ,ハ「 / / / レ′ /  /   _ノ   j ノ / / |  / | |  〈
    (   l/ 厶-‐'´     ___ノ     ノ  /  /}   | | ,' l |  |  `、
      〈 {            }     , '´  /  / l|  リ /  | |  l   ヽ、
         ヽ>⌒7  r冖、乂       ,′   /  ,  / ,   }/  l} |  |      \
       /    `ー┘  r┘    l   イ  / / / , /   ,' |  ヽ     ヽ
      /       ,    `⌒)     |  | / / / / /   /  ハ  \      }
    /         /     /`ヽヘ__〉  !  / / / /   /  /  l    }    /
.     i        /       `ヽ  ヽ   |  / / / /  , ′ /  l|   /   (
   |    //         /    ト、! ,' / ! ,′/  /   八  ,′    ヽ
    l     l  ′       __/      Vヘ∨ { // {    /   /  `ヾ
    /         、 `Y´      ,  } ヽ\ ヾ、  `ヽ
_/   /       }   )     / /   l l
`ヽ、  _/_   ┌个ぐー'´    ′`ヽ、_ l |
   ` ┘|  `ヽ_ノ |  }  __」_   \   / ! 〉
     l        |  ` ̄| 厶-、/丁ー′ レ'′



この腕力、そして先ほどの回復力からして
繰気技術―――おそらく内功もそれなりに積んでいると見受けられる。

482 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:56:06 ID:Bzh1DU7h
序58.
驚いているやらない夫にひらひらと手を振った彼女は
それで去っていこうとしたのだが―――



      j  |:l     !:: :.,    :l:::l
       j  l」_r―┐|__ l.  ::|::::l
     /j  l| 〒テ 「   |  :::|:::::!
      /   /l /|| l lハ   l  :::|:::::|    「―――あっ!」
    ,/\ / l {_ハ_| lメ〈  l .:::|/l
    \./ーl l乂l l∨〈  lー/   |
      {_l l乂l l V ハ |‐/ /
       j l乂l l  ∨:l l /'´
       l l乂l l   lヽl l
        l l乂l l  lく l l
         l l乂l l  l∠| l
         l l乂l l  l∠l ハ    ピタッ
         l j乂/ / / ヘ _/
        | 乂 lー'   / :|
       l    { __/ _」
       |    〈 ̄ ̄
       l   ノ}
       ゞ==='イ

484 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:57:06 ID:Bzh1DU7h
序59.
思い出したように振り返ると、照れくさそうにぺろりと舌を出した。



               ___      ______     ))
         _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l|、、i⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //    「いっけない。
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′    君の名前、聞いても良いかな?」
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .  ///// / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((           イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  -‐(   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \



             / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)
           l     (__人__)
          l     ` ⌒´ノ     「やらない夫だ」
            |           |
          ヽ       l
            _,ゝ、   _,ノ
        ,、-='l \_,ン g<\
     / \ └〆\ i=i|\'\
    丿   ゙i   \ \=il / i!
     l    l    \\| /=|l
     |    |     \i/   ||

487 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:58:06 ID:Bzh1DU7h
序60.



                                         ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                        {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                      /./       辷ニソ
                                     / /   l  l l  l (( \
                                       / / l  l| /i| i| i| | | l \
                       .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                                     /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
                       .             /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
      「やらない夫ね。                   /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
       ちゃんと来なきゃ駄目よ? .           /  /   / ノ八  _     / /  i!
       約束したんだからね?」            /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                 .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                  i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                              / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                              i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                              // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                             /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /



余程次の機会を失いたくないのだろう、
しつこい程に繰り返し確認する彼女にやらない夫は嬉しくもあり―――



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ       「分かってるよ」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



またこの人に会いたい、と思い始めている自分に戸惑ってもいる。

488 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 21:59:06 ID:Bzh1DU7h
序61.
それで今度こそ雪華綺晶は去っていき、
夜闇にその姿が完全に溶けて消えるまで見送っていたやらない夫も
薄着で肌寒くなってきたので窓から部屋に戻っていった。



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |
            |   ` ⌒´  |      「俺も戻るか………」
          .  |         }
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|


491 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 22:00:10 ID:Bzh1DU7h
序62.
誰も居なくなった街路に、もう一度夜風が吹き抜ける。



::::::::::::: ::. :. .: :  -‐- ..:. .:.: ...: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::.....:.... : ,r'´.    `ヽ: .. ......:..:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : /7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7/\: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : /_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_,/  ,\: : : : : : : : : : : : : : : : :
: : /7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7_7/ /   |: : : : : : :。 : : : : : : : : :
: : |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|     __| : : : : : : : : : : : : : : : :
: : |   ____    ____     ___    ,   |   //|二二二二二二二二
_| .  :|| ̄|| ̄|| ゙  , || ̄|| ̄||   || ̄|| ̄||         | ///
  |,;   ||===||   ||===|| ,:  ||===||         |...| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |   ||_||_||:.   ||_||_||   ||_||_|| 、 .     |..:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |   {三三三三}  {三三三三}  {三三三三}   .,  |..:| '  .   ;       '
  |   ____                      ;  .   .  |..:|   ___      ___
. ; | ,:  || ̄|| ̄||         ,ノヽ、  ! ̄ ̄ ̄|      ;|..:|  |i三三!| , " |i三三!|
  |   ||===||  :  ,   {open}  |   ,o |  ,    |..:|  |i三三!|    |i三三!|
  |   ||_||_||         .     |     | :     |..:|  : ` ̄ ̄     ` ̄ ̄
,.__|、,_.__,_._,_._.___,_、__,_._,_._.___,;_.__、_{二二二二二}__,_._,_,|..:|、,_.__、_、,_.__,_._,_._.___,_、_、,_.__、
        ........,              ........,          ....,,,,,



新しい出逢いは、未だ英雄未満の彼に何をもたらすと言うのか。

今宵、新しい物語の幕が開けた―――











  ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        序章  夜風の中で
                            END
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────












492 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/01 22:00:38 ID:Bzh1DU7h
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手ありがとうございました!

次回より第一章に入ります。









【漫画全巻セット】【中古】ローゼンメイデン ヤングジャンプ版 <1~10巻> PEACH-PIT【あす楽対応】

価格:910円
(2018/9/24 08:59時点)
感想(0件)






機動戦士Zガンダム Define シャア・アズナブル 赤の分水嶺 (14) (角川コミックス・エース) [ 北爪 宏幸 ]

価格:626円
(2018/11/5 21:19時点)
感想(0件)




























目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1250-26c10b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)