FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode.二人の騎士 第七章 成そうとする者達-4 2018年10月28日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




243 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:00:10 ID:BDAJ5cBN
七239.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

時刻はすでに真夜中。

一通りの情報交換を終えたやらない夫は
集中して考えるときの体勢―――目を閉じて腕を組み―――になると、
頭を忙しく回転させていた。



   r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ
  (真紅が起つ為の戦力はこれで整ったが)
    )城に未だ残る人達の安全をどうやって(
  (確保しつつエンジュ様の汚名を濯ぐかだ)
   )敵の戦力配置も確認しておきたいし、(
   丶~'⌒'〇'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
         O
           o
            ゚
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



城外の情報はかなり出揃った。

あとは城を落とし、真紅を復権させ、人質や城に残った者達を無事に解放しつつ
エンジュの汚名を濯がなければならない。

その為の方向性は決めてあるが
なるべく迅速かつ被害が少なくなるように細かい作戦を練る必要があり、
マコトやロイも思い思いの格好で考えを巡らせる最中。












244 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:00:18 ID:BDAJ5cBN
そっ、とドアが開き―――



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ギギィ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


245 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:01:05 ID:BDAJ5cBN
七240.
足取りも重く、疲れた表情のアリアが治癒を終えたと報告してくる。



          //       ◎     \\
        //        / 7      .\\
.        | |    ┌─ー─' /_       \\
.       /| |   └─-ァ _   ̄7      / /
.       |  | | __ ,. rーy-/ /    ̄`''      / /
        |  |/: : : : :/: : :∨\へ        / /\
       |/:/: : :/: : : : : : :ヽ:\ \    ./ /  ./
      /: / : : : / : : : /ヽリ:',: ', : : : : ヽ //  ./    「やらない夫さん。
     /: :/ / : / /: : : :/   j ハ: ',: ', : : : ヽ/   /     この隠れ家に居る五十八名、
.    //:/ : / : /,./ム--/  //_} : l: :! : : : :ヽ  /       全員回復しました………。
    ハ!/: : ,' : ,ィ{ N: : :|  .// /`メ、:l: : ', : :ヘ/
.    !: : : l : :!|:,ィ云示  // /_:/|: :ハ: : ! : :ハ         余った魔石をお返しします」
.    l: : : :l : :l,ハz:::::リ     え圷ミ :! : :j: : : :!
     l: : : :', } ゞニニ´    弋z::::リ〉,': :,': :l : !
     ',: :,.A ハ ::::   .  ゝニン./: :/ : j : :l
      ∨. ヽ ゝ、.  ‘ '  :::: ノハ/: : :,': : :!
     /    { {  >、._,. <///`ヽ/: : : :|
    ヾ、    ヽヽ 、_   ,.-' //   ヘ : : !
     /ヾ、 i   ヽヽ      ノノ     ヘ: : l
    ,'  ∨    ゞニニニニニ彡    /  /〉 : |
    |  /               l  // : : :l
    l  {      ┌┐      .,'/. ',: : : :l
    l  .ゝ. ┌---┘└---┐  ノ   l: : : :!



魔石が術者の精神力の代わりに消費されると言っても、
魔法を制御したりする一部が消えるわけではない。

かなりの負担だったはずの彼女を労い、もう休むように言うと、



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ    「いえ、魔石はそのまま持っていてください。
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く     大勢の回復大変だったでしょう、
   l               l    ノ!    ありがとうございました」
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


246 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:02:05 ID:BDAJ5cBN
七241.
ぶんぶんと首を振ったアリアはあなたに比べれば、と
口の中だけで呟くと、強く明るい笑みを浮かべ―――



.     ┌;;ニニニニニニニ;;;;┐
      | |::::::::::@:::::::::::| |
.    r:| |:::.:::┌┐::::::::| |`i
     l::| |:┌┘└┐:::! !::!
.     !:| |.└┐┌┘::| |::|    「いいえ、おやすい御用です。
.     l::| |::::::└┘:::::::| ト;!    
      Y,r'T瓜「下マ宀'┤    ……………。
    ー彳i Nrィハヽ!fイハゝ: !    では、また何かあればお申し付けください」
     {:iヾ:代ツ  ゞツ:! :l
.      `ハ:ト",._ワ,."イ/:八
      ハ !: !「{ト__,リY ハ ヽヽ
     /: ノハ l::`二::{:!{ .jヽ-、ヽ
.    /r‐へ,Nr┘└iN:ヽ、,-{、 ヽ
    {:ハ-、,ri |:'┐┌':! !: :ハ: } ヽ:}
.    !{.ヽヽ| |:::::|__.|::::| |:ノ }ノ  ソ
     ` ヽ| L_____j |、 "
        `-tー┬弋彡ヘ
           }ニニ{  \_ノ
        l__,,ノ



一瞬、何か言い悩んだ素振りをしたが、そのまま部屋を出て行った。



       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |  パタン…
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|: ; l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -


247 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:03:05 ID:BDAJ5cBN
七242.
閉じた扉の裏側で、熱い吐息が自然に漏れる。



           |:::::::::::::::::::::::::::::l   l::::::::::::└─┐      |::::::l l
           |::::::::::::::::::::::::::::::l   l:::::::::::::::::::::::::|    l`ヽ、l:::::l l
           |:::::::::::::::::::::::::::::::l   l:::::::::::::::::::::::::|    l::::::::::::::l l
            ゝ-ー───┴─┴-r-ー─y-=へ、┘::::::::::::l l
          /: : : : : : : : : :/:/: : /: : : /: / : : ヽ-、_::::::l |
         ,. ' : : : : : : : : : : /: ,:': : :/: : : / /: : ,: : : :}: :!: :ヽl l
        ./: : : : : : : : : : : :/: / : : /: : : :イ: :,イ : : : /: : l .j: : : : : :ヾ
       /: : : : : : : : : : : :/: / : : / : : //: :/,': : : :,イ: : j: ,': l: !: : : :ヽ
       ,' : : : : : : : : : : : ,': :/: : /: : //.l: / l: :_: /,!: :ィ: :j: :! :i : :',: : ',
      l: : : : : : : : : : : : l: :!: : ,': : :/!/-!/ー丁:/ l /} /.l、,': :l: : :l: : : !    「………ふうっ。
      j: : : : : : : : : : : : :!: : : : !/ァ≠チテ示ミ .!/!:/ }ハ:! l : : :}: : : l
      ,': : : : : : : : : : : : : l : : :l : :lヾ{::::::::::::c/  " j/ -、!:ハ:/ : : ,': : : :}    言いそびれちゃった………」
     ,'.: : : : : : : : : : : : : :i : : :l : :l ゝ----’      ィfテハ,'/: : ,イ::ハ: : l
    ./: : : : : : : : : : : : : : : | : : :! : l //////      /::c/〃 : :〃:/ }: ,'
    /: : : : : : : : : : ,: l :l: : : :! : : ',: :l          丶ヽ' /: : / ! / l /
   ,.': : : : : : : : : : :,' : !: !: : : l.: : : ',: l、     ,-,   //ノ,':/ l /  l/
 /: : : : : /: : :,': /: : :!: :! : : :l: : :l: ヽ!. \      , ィ': :l   レ'
: : : : : :, ': : :/: /: : :,' : :l: : : :l: : : ! : | ̄ ̄``<: : !: :l: : :|
: : : : : / : : /: / : : イ : : l: :l : l : : :l : l       ヽrァ---、
: : : : / : : /: / : : /j: : : l : l: :l: : : :}: :j       ヽー、 ヽ
: : : / : : :/ / : : :/ l: : : j: : j: :|: : : j : l          ト、 ヽ ヽ
: 〃 : : :/ / : : :/ !: : :,': :,イ: :!: : :,': :ハ        l /    }
//: : : :/:/ : : :/  j: : :/: :/l : l: : / ,.1 l        l\   !
/: : : : l/ / /  ,': : :/: / l : l : /イ: {  .l         l::. ` 、 |
/: : : : : : //!.  /: : /:/ j: : l :/ l : :l  l          l::..  ヽ
: : : : : // l   /: : : :/  ,': :l:/  l lヽ!   l       l:::..   `、
: : : : ://  l /: /: :/  ,': :l/  ヽ!   ./l       l::::.   ..:l



第一騎士団が、一度は大臣に与した自分を受け入れてくれたのは
偏にやらない夫のおかげである。

あの空気では裏切り者の誹りを受け、処刑されてもおかしくなかった自分。
それ以前にも、第二騎士団と共に行動していた自分を、正しき道に連れ戻してくれた彼。

恩人の一言では言い表せないあの人にお礼を言いたかったのだが、
何故だか、ロイやマコトの前では言い出せなかった。


248 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:03:12 ID:BDAJ5cBN

            //  ィうヾ        \ヽ
            | j     >=彳       ::::l |
            | l  ___|   |__     ::::l|
             /l | |        |   .::::l l::\
           | .| | └─┐ ┌─┘  .:::::l l:::::::.\
            l ! |    :::|  |     .::::::j ,'::::::::::. l
           | l|  ::└ー┘    .::::::::j ,'::::::::::: ,'     「寝ましょう寝ましょう、そうしましょう」
             ', ', l _,;:ァ-rーヾー 、_.:::::::://::::::::::: ,'
            ,.-'´::::::::::::;::::::::::::::-、::::::::::::\:::::ヽ /.
         ,.- ア;:::::::::::::;::::;:!:::::::::::::::::::`ヽ::::::::::ヽ:::::::':,`ヽ
        / /:;ィ::::::::!::::/::/l::::';:::::、:::::::::::::ヽ:::::::::ハ::::::ハ  ',ト、
.        ;':/ ,':::|:::|:::::|:;'  ヽ::;ト::::',‐、._::::::::ト.::::::::::';:::::::l..  l l `i、
        l;' !:::|:::|:::::Nソ 、  \::',ヽ::メ:_;:ノィ‐}:ヽ::::|::|:::|::l  | l、 `l__
          ,'l:::|、:';:|,r  ̄`ヽ   ヾ|ァ^¬ヘ. ハ:::l:::ノリ::::l:::|、-,.l   ', ` ー 、
.       ノ::lヾ:ト:::l l     l   l′    l.  l:::ノ:'フ:::::::';::|::、|   l.    ヽ
     ,.,イrlィ:´:/:/ ヽ、  ノ     、    ノ /..::::'く::::::::::へ:|:ヽ ´| l-一 ´
    (...__| '/://.、' '   ̄      ` ー ´ /リ::::八:..:ヽ::::::7/`ヽ一 '′
       /'ヽ:.:{、.:.` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィ::::;::::/::ム::::.:.:ハ⊥ -'
        ' "´ `        `¨ ¨´  l:!:/}:/i.::.イ:/
                          ´ :/ ソリ/



胸が苦しいのは疲れているせいに違いない。

悶々とした気持ちを抱えたまま宛がわれた部屋に戻ったアリアは、
そう自分に言い聞かせて毛布に潜り込むと一分もしないうちに眠りへと落ちていった。

249 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:04:06 ID:BDAJ5cBN
七243.
一方、大部屋。

葬儀の日にマスタングに渡した分もそうだが、
騎士であるお前が魔石を使う事なんかないだろ、とマコトが首を傾げた時だった。



.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|   「そういや、
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V    なんでお前が魔石なんて持ってるんだ?
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |     使わないだろ?」
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::

250 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:04:10 ID:BDAJ5cBN

                    (:; :; ;, :: :: :: :; :; :; :; :; :: :; :;L _
        ||        |     , -‐:: :: :: :; :;  _ _ _  :; :; :; L_
.       _  i⌒i    !   i:; :; :: :: ::   ,  ´     ` ヽ :; :; ヽ
      f ヽ | l  _ !    〉:; :: :: , ´            ヽ :; )
      _\ `┘ .V´ /|    r:; :; :. /               \ っ
     ヽ_____      {     ):; :; /   i ヽ      、   ヽヾ`´       「それは!
     f二二  て-‐イ了   「:; :; /   , |  |丶 、丶\ \`ヽ ヾ丶      やらない夫が理力魔法も使える、
         ヽ⊿廿庁 :; :;\ ヽ:;;|i  i | l |  ヽ ヽヽ \ ヽ ` i 丶      魔法騎士だったからよ!」
、      :|l  Z丁:; :; :; :; :; :; ヽ`i | |  ト 、丶  ヽ |ヾ,ゞ、ヽ.`  l | _ -::-::-、
:.\      ||    \ :; :; :; :; :; ヽヾヽ! |ゝF::ミ丶 ヾ!タ::レトヽハ ノiノ` ‐ - - - L
  \    ||      \ :; :; :; :; :; :;  レ! ゝ!ヒ:::ソ`  ´ヾ::ソ /::  ̄:: \‐::―::-- 、丶.
    \  ||     ミ  \:   ; :; ::  |  ヽ     ,     /:: :: :: :: :; :;ヾ :; :; :; :; :`))‐┐
      \||        |_\:; :: :: :; l  !ヽ\_,. rー-y_,イ‐;;-;、:; :; :; :; ;ヾ:; :; :; :; //::,. - -、
              |:; :; / :: :; ::丶 i >、 、丶- イ:; :; :; ;; ;; ;):; :; :; :; )L_//_/;:_!-、_ソ
              |:;< :; :: :: :: :: :ヽ ヽ;; ;; ;;`:;ヽ ヾゞ;;_;;/i:;,;-;;‐⌒フ-,て , - ‐ つ     ,
           / ̄|||:; :;〉:; :; :; :; :; : :: :丶ヽ/:;; ;; ;: :) /:; :; /;; ;; :; :; :; :; //_. /   く. _  _ _ ノ
           /  ||   | ̄|| | || | ||; :; :;\ヽ、_;; ;; |ノノ、 :;(;; ‐:; -;.、:; :;.i  ̄
          /  ||   |  || |_|| |_||: :; :; :;,>‐-=、´;; ;; `:;(;; ;; ;; ;; :; :ヽっ         ,. -:: ‐::-:: 、
          /  ||    |  ||:; :; :; :; :; :; :; :; :; :: :: :: :; );; ;; ;:; ヽ;; ;; ;; :;;/     , ‐ ::´:; :; :; :; :; :; :; :; :;ヽ
        ../__||    .|  ||:; :; -´::`、:; ; :; :; :; :; :;/;; ヽ、:;_:; ;;|/`‐´    ,  ´:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;.i
         ̄      .|_|:; :; :; :: ::,. ´ヽ:;_:;_:;_:;_ノ:; `:;‐-)):;`´丶、   /:: :: :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;;|
              |:; :; :; :_    || ̄|| :; :; :; :; :; :; : ノノ:; :; :; :; ;ヽ. /:: :: :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;;|
              |  :; |_||   / // ,´:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; 、:: :: :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;/
              | ̄:; ̄:; ̄:; ̄/ //:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :::|;:.ヽ:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;ノ
              |:; :; :; :;__/ // \:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;; ;: :\:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;く.
              | :; :; :|___//; :; :: 、:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; ::/;;; ;; :: :: `:; :; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ` 、



もう休んだと思われていた真紅が勢いよく扉を開け、
飛び込んでくるなり衝撃の事実を告げる。


252 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:05:05 ID:BDAJ5cBN
七244.
当然マコトは、完璧超人も過ぎるだろうと驚いたのだが、



    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  <   ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!    >
  <    cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・    >
    VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV


     /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 ○ |/  レ ○ }|:./ヽ: : | ━━┓┃┃
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|     ┃   ━━━━━━━━
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((    ┃               ┃┃┃
      \_!     ,. ‘-,,'   ≦ 三        。                  ┛
        ヽ   ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
      ___,r| \。≧         三 ==-
    /:/::::| \  -ァ,          ≧=- 。
  /::::::/::::::|  \ イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
/:::::::::::/::::::::|     ≦`Vヾ        ヾ ≧
               。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・



冒険者にしても理力魔法の戦術に精通している、と不思議に思っていたロイは
それで納得がいったようだ。



                                 ,.-ァ^''"´ ̄ ̄ ̄`"''ヽ、
                                 '.,:'.::.::::;:;::;:;:;::、:::::::::::::::::::::ヽ
                                 /;:::::::/!i.!ヽヽ,,..、ヽ::::::::::::...ヽ
                                .//;::::::i_,!j i ´'-’ヽ ヽ::::r-、::i
                                 !'i::::::!か       ヾ;):ノ:;!
                                 ' !'!'ii  i       ::i'":/
   「ほう。                            !、 .ー      .:::jィ'
    どうりで、あの状況で                    ヽ  ''"~´  .:;/i::ト-、
    的確な戦術を導き出せるはずだ」             ヽ ___,,,,...-''::;/;:-'.,:::ヽ
                                    _,.-''ゝ、 :::::::::::iiヽ.:::::::::::ヽ
                                    .!,ヽ.::!r'ヽ :::iヾ!!::ヽ、:::::::/==- .....,,,,,_
                             _,.... --,-,ー:!i:::ヽj ;i´::::::/:i、!:::::::::`ー'::::      .:ヽ
                            / .ヽ  /./:: ノ-‐::ヽ、ヽー!::!,-'::::::::::::::::::::..     .:::;':i
                           / .:::ヽ/_,'-..,,,_    /:!/::::iヽ、:::::::::::::::::、::::..   .::::/:/
                          .ノ _,.-‐"´:::::::::::::::::`i  .ノ../.::::/  ::ヽ、:::::::::::::、::::.. .:::::;';:(
                        ,.;"-'..........:::.:::::::r_、:ヾ!::i、/::/: ..::/   :::::。ヽ:::;--‐、:、:::::;:;:;:;ヾ


253 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:06:05 ID:BDAJ5cBN
七245.
そのまま、部屋の中に入ってきた真紅はやらない夫の隣にとん、と座り込み、
『職』について教えて欲しいと顔を覗き込む。

魔法騎士と言う複合職の名は良く耳にしていたが、
体術、剣術、理力魔法の三つを備える彼が本来何を名乗るのかが気になったのだ。



        ,.---r--'  lヽ../                `ヽ `ー 、
         〈 、-{   /} .}                   \.   ヽ
      ./ゝ. ヾ)  〃!:´ノ                   、 ヽ  .ィ’
      / ,..ィ"´  .ハ!} ,'       ,      、        ヽ ヾヾ.
     .// /l_   ,' {l ヽ.   /  .!      ',  、     、 ', ',  )
    /.{ /    ) .!  !  ノ   ,'   {       ト. ト、    ', ヽ Yi
   ハ Ⅵー''1´  {  i (   i l i ト、!     ,,.!-!‐-!、!    ト. i! }:|   「でもやらない夫は体術も使えるのよね、
   .ハ  `T゙∧   {  !  `i  i!_ム-!<:l´ト.    从! lj l` 、  }:} !i ;:|    この場合、職は何になるの?
   ハ  //Ⅳ.Kフ. ', {  ノ,.-〈、 ! ヽN、 ゝ.  .//レ'¨心レ{、! ,' i / } /:|
  ′ .// ' i::{   '.__ヽi ト、 レ'f=心、   ヽ'  弋zソ " } ./ ヘ// :!
  ,'   // ,'  |::|ヾ、_ f 、 `ト! ヾ 弋zソ         ̄   /ィ/ォ  i´  :|    剣術と魔法の魔法騎士?
 ,'   〃.Ⅳ  .|::| ',. {:{) ∨ `.、ハ.  ̄       !     ´〃 !|  !  :|    体術と魔法の魔法拳士?魔法武闘家?
 !  /   .i   !::!  Ⅶi゙ヾi   ト、.ハ             ,'/! :!',  ',.  :!    ………そんなの、聞いた事はないけれど。
 ! ,/    !  .|::l  l| |  |  :ト∧. ',       ´ `    ,.イ」 | :| ',  ヽ. :|
. ハ’    .i   レ’ 1 .|  |  :| `ヽ ト.、        ,.ィ≒ュ_..| :| ヽ  ',.:!    それとも三重職の何かがあるの?」
/     .l      | |  |  :|r≦:} }'´¨` ー‐r:r<     | :ト、 ',  }|
      |      | |  |  :|ソ´ | |     ヾ.        ヽヽ. \. !|
      |      } }  |  :|  ノノ    f"三三゙ヽ.    \\ノ }|



                                         / ̄ ̄\
                                       /  ヽ、_  \
                                      (●)(● )   |
                                      (__人__)     |
   「魔法騎士は剣術のみではなく、                (          |
    理力魔法と武器、近接戦闘技術を持つ者の総称だ」    {          |
                                      ⊂ ヽ∩     く
                                       | '、_ \ /  )
                                       |  |_\  “ ./
                                       ヽ、 __\_/



―――戦う力を持つ者、魔法を使える者や特殊な技能を修得した者は『職』を名乗る。

それは主に大きく分けて二つあり、
『何かと契約する事で得られる超常的な力』と、
『先天的、あるいは後天的に得られる能力と、付随する資格』が挙げられる。

すなわち、神や邪神と契約する事で神聖魔法、暗黒魔法を修得し、
契約が失われた場合はその能力も消失する司祭、暗黒司祭は前者であり、
複数の職に就く事は出来ない。

戦士や魔法使いが後者のうち『条件無し』に当たり、
複数の職に就く事が出来る。

そして、騎士は後者でかつ『付随する資格を有する者』が名乗る職であるのだ。

254 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:07:05 ID:BDAJ5cBN
七246.
やらない夫の答えで、
『魔法騎士』が国や人に忠誠や誓いを立てる『騎士』に近しい、
と気づいた真紅が言うと、



                /      _ .. - 、--──- 、    \
              '     , '"           ゙ヽ     L
             ,′   /                \   ノ
           _ l   j//  /       丶        ヽ /
        ___  (._  |  ノ ,   '  ,         '         ' ヽ
     ___/r_- '  ̄  イ (__/ /  /          |  i 、      V
   r :::__:::: {    /:!   ヽ    ,'  │!.    │ !   V      ',
   |:::|  イ^て  イ::::!   ノ .!  l.  │!     ハ  !   l  !  ハ !   「どうして?
   L/イ  「    |:::::!   (_ | l ハ   | | |!   l | |  ノ| !   ! | |   ………あ、魔法戦士ではなく、
  .   /!  ハ____. |:::::!    ヽVハ__ヽ__Nヽ|!  l/ j ,.ィl‐j 'T リ イ レ    魔法騎士と言われる事にも関係してるの?」
    /::!   l    ヽヽ:::ヽ  ノヘ´ ヽ==ゝl、 `ヾノ' j/ィ´j::V レイ|
    !:::!  !   (  ヽ,=:Vハ ヽ イiナ:ハ        、'-ノ ' l | ヽ
    ゝ!   !    ー-..{@jil!| !   ゝ‐ '            ハ ハ. |
      |  !         ´ゞィ'!| |            _′   / | | ヽ
      |  !       `ナ'| ト          '-'     ∠_.l  !  \
.      ,|  ::!         /'  l  !_>-_、, ―-、     /⌒Y ,′   lヽ
    /│ ::::!         /   l  ! ' ´ : : : : : : .ヽ-<: : : : :V ハ.    | !
  . /:/  :::::!      /   ,l  !: : : : : : :__ {ゞン}─ - 、:.| ! ノ  / '
   / l ::::i      /    /! i!: : : : /: : : : . Y´: : : : : :L_.! / /
  :/.  | ::::!       \ ,.'   ! i!:__:/: : : : : : :.:.| : : : : : ::_.ゝ-─── ァ
  '   | ::::l       ゝ ノ ノ: イ: : : : : : : : :ノiヽ: : : : : ゝ_.. -─r─/



さすがは王女様、と肯定したロイと



                                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                         ,.イ:::::::::::::://!∧:ト、::::::::::.:.:.',
                                        ´〃::::::::://i/ l! ヽ',ヾ'、::、:::::::'、
                                         /l:::::::://rェr、i! < メィェヾ',!:::::ト!
                                         ハilr‐!′        `jr,ト!
                                            lト_l    l .     l)j!′
                                           ' l'l   r====、   lr'
 「その通りです王女様。                             ヽ、  `ー‐ '  ,ィ'´
                                            r-j->、_ ,.r<l_
  古くは古代魔法文明の崩壊後、         .             l 、 ∧!-、r∧   l
  理力魔法を悪用しないとの教えを説いた                 ,/ 。ll i! l∧l/ l   ,.ヽ、____
  『理想の導師』の提言で始まった事で―――」        ,._、,;-‐''"´`ヾ'、/ ヾ./ ,.ゝ,.∠-- 、__r並ニヽr=r--、__,.
                                  _,.ィ'"´7./         r'ヘrfヽ 、,.、       `l    l!
                                 / l'´ //    _.     /. {l ! l,. ⌒!       l    l!
                                l  ! //    //    , '.  }l.ヽ、`¨ソ  、_ノ  l    l!


255 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:08:05 ID:BDAJ5cBN
七247.
頷いたやらない夫がその理由を説明した。



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |    「理力魔法を悪用しないとの誓いを以て戦う者の総称―――
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |     つまり、騎士の名が相応しいって事になったんだ」
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  |
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



                                 /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >て`:: :: :\   ハ  ___
                                5、:: :: :: :: :: :: :/´      ヾ:: :: テ| ̄|,、_ ゞ//┐|
                                ノ:: :: :: :: :: :/         ',:: :: ::|  | < X__ | |
                                廴:: :::: :: :: /           `):: ::|  |:: ::} V/ | |
   「なるほどね。                     /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ
                                 てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
    魔法騎士やらない夫=D=ビップ、か。      <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_
    素敵じゃない」                    //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\
                               <<V/、_:::',  lヽ_,-+-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ
                             .   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'
                                 L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、     イ |´`V´ ̄`ヽ、_\
                                 // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
                             .   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}
                                | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
                                ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
                               / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ



通常、複合職に就く者は器用貧乏になりやすいと言う。
魔法騎士で言えば、剣術も理力魔法も平行して伸ばしていく必要があるからだ。

そして恐ろしい事に理力魔法の魔法原動力となる『マナ』は一般の金属に動きが阻害されてしまう為、
魔法使いが重装備を求めるのであれば、
ミスリルなどの、とても高価な魔法金属製で揃える必要がある。

すなわち―――
天賦の才、血の滲むような努力、そして金。
その全てが揃わないと大成しない、と言っても過言では無いのである。

256 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:09:05 ID:BDAJ5cBN
七248.
魔法騎士にはそう言った事情が有りながら、
少なくとも剣術と装備については超一流であるやらない夫に興味が出てきたロイは
理力魔法はどの程度のものか、と尋ねたのだが、



                                /"  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::
                                  /,,ラ::::::::::::::::::::;:::::::::::::/ |:::::;::::::::::::::::::::::
                                 ///::::::::::::::::::イ:/!::/  l::::/|:::::、:::::::::::::::::::::
                                -" ./::::;イ:::::::/>:/ //   !:::i .l::::|ヾ::::::::::::::::::::::::::::::
                                  /:/ l::::://'^X"    l:::/ |:::| ヾ::::::;:::::::::::lヾ::::::::
                                  /  /::イ  _ ヽ丶    l::i  |:::| i::::::::|ヽ::::::i,、
「しかし、アンデルセン殿を凌駕する程の            レ|/ "⌒ヾ,,     |:l 一|::|ー-i::::::| ヽ::::::::::ヽ>::::
剣の腕を持ちながら、              _,,,,__       /     ~     i/ =--l:|  ヾ:::l^`ヾ::::::::::::::::::::
理力魔法も使えるとは素晴らしい。    ''". .'' .<三` =-.,,_/             | _,,-┿=、 ヾ:|  ヽ::::::::::::::::::::
                         ヽ.. . . .\ ゙゙̄'''=i     ,             ヾヾl   !:::::::::::::::::::::::::::::
良ければどのような魔法が使えるのか   ゙. . . . .\ . .{     r"               |  i:::ヘ::::::::::::::::::::::
教えてくれないだろうか?」          . . . . . .). . ',   、_                     |;/ ヾ|)::::::::::
                            . . . ./,-"  .',    ゙''-,,_               ノ  〉ノ::::::::
                           . . . /" /. .'、     ゙゙'' ー- ,,_         ,/_//:::::/
                           . . / /. . .//:'.、                ,=-- <:::::k"
                            / /. . . //:: : ' 、       _,,,,,,, --─'''''"" ̄ ̄
                             /. . . /// :.| l.ン- ,,_/⌒). . . . . . . . . .
                           /: . . . ( ノ . . :.:i::t.K | /./::7 /. . :/'''""" ̄⌒
                          /: . . . . . .  . :.:.l:) ) `// // /. ./. . . . . . . .



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   「各系統のつまみ食いの他は、
  |     ` ⌒´ノ    日常生活や冒険者として便利なものばかり
.  |         }    親父に教わりました」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


腕を組んだ彼は大きな事は言わずに、基本を抑えている程度ですよと答えた。

257 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:10:06 ID:BDAJ5cBN
七249.



                            , -‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'' ‐、_
                        ,、‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                         ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;‐、
                        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
  「親父?                 ‐'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ;イ;;;;;l
   父上も魔力を持っていたのか?」  ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;メ/ // l;;;;ト;|
                        イィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///;;;;イ/ ト/、X, l:イ l
                          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l '´///'´   ┘ !リ
                          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト,. Y         '、
                         rイ;;;;;;;;;;;/  'ー'           ン
                        ノ ヽ='´'             /
                        く   ``ヽ、_   、    -‐‐r<
                        ;;;ヽ、  ,、 ,、 `ヽ、_ヽ.,_   ,イ´  L..
                        ;;;;;;;;;\ヽ ソ `〉 /小ー、` 〉ノにソ `ヽ_
                        ;;;;;;;;;;;;;;`ヽ`ー' / ハ | /、'"   / 、ノ



と、理力魔法の技術云々よりも気になる情報が隠れていたので
思わずそこに食いついた。

先天性の才能である『魔力』は遺伝性のものではない、
数千人に一人とは言わないが、それなりの低確率と思われる。
それなのに二世代続けて発生するなど、奇跡的な確率のはずだ。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    「ええ。
. |     (__人__)     でも親父は体術、俺は剣術が本職ですから」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


258 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:11:05 ID:BDAJ5cBN
七250.
それについて、何かどこかで聞いた事がある―――と考え込んだロイの横では、



                                   ,.-ァ^''"´ ̄ ̄ ̄`"''ヽ、
                                   '.,:'.::.::::;:;::;:;:;::、:::::::::::::::::::::ヽ
                                   /;:::::::/!i.!ヽヽ,,..、ヽ::::::::::::...ヽ
                                  .//;::::::i_,!j i ´'-’ヽ ヽ::::r-、::i
                                   !'i::::::!か       ヾ;):ノ:;!
                                   ' !'!'ii  i       ::i'":/
  「ふむ。                               !、 .ー      .:::jィ'
  魔力は血筋に因らず                        ヽ  ''"~´  .:;/i::ト-、
  突発的に発生する                          ヽ ___,,,,...-''::;/;:-'.,:::ヽ
  先天的な才能のはずだが―――」               _,.-''ゝ、 :::::::::::iiヽ.:::::::::::ヽ
                                      .!,ヽ.::!r'ヽ :::iヾ!!::ヽ、:::::::/==- .....,,,,,_
                               _,.... --,-,ー:!i:::ヽj ;i´::::::/:i、!:::::::::`ー'::::      .:ヽ
                              / .ヽ  /./:: ノ-‐::ヽ、ヽー!::!,-'::::::::::::::::::::..     .:::;':i
                             / .:::ヽ/_,'-..,,,_    /:!/::::iヽ、:::::::::::::::::、::::..   .::::/:/
                            .ノ _,.-‐"´:::::::::::::::::`i  .ノ../.::::/  ::ヽ、:::::::::::::、::::.. .:::::;';:(
                          ,.;"-'..........:::.:::::::r_、:ヾ!::i、/::/: ..::/   :::::。ヽ:::;--‐、:、:::::;:;:;:;ヾ



全く会話について行けないマコトが頭を抱えていたりする。



                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
              /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
              /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
              |: : |: : : : : |: /  \: : /|: : r 、 : : :.|.: : : ト、:|
              |: : |: : : : /!/    | :/ |:.:(ヽ、`\:|.: : : | V     (やべぇ。
             < : 」_: : /  _   _|/   レ. \ \ \ : |       何言ってんのかさっぱり分からん)
             <:: |. 小{  `゙''''''        ‐-\ \ \_
              厶ヘ ハ U      、 r--‐-、 >、    `ヽ
                \_!          ' ` ‐-、 ``      `、
            _, r´:/ : :| ヽ    r‐--っ   /\         `、
        _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.::| | \    ̄   /ヽ :`ヽ         ヽ
     _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ ヽ _ , ィ ´ |::.:.:ヽ: : `、        `、
  _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、 __ ___i__
 /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,
l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l


259 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:12:05 ID:BDAJ5cBN
七251.
また、彼と落ちついて話すのはこれが初めてのやらない夫は、
魔導師で有りながら錬金術にも精通している宮廷魔術師に畏敬の念を込めて言ったのだが、



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)     「そう言えば、マスタング殿の噂はかねがね………
          |     ` ⌒´ノ      セッケンの技術を復活させたお方だと」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



                                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                 ,.イ:::::::::::::://!∧:ト、::::::::::.:.:.',
                                ´〃::::::::://i/ l! ヽ',ヾ'、::、:::::::'、
                                 /l:::::::://rェr、i! < メィェヾ',!:::::ト!
                                      ハilr‐!′        `jr,ト!
                                   lト_l    l .     l)j!′
                                   ' l'l   r====、   lr'
 「その通りだ!                          ヽ、  `ー‐ '  ,ィ'´
  しかしあんな物はほんの一握り、               r-j->、_ ,.r<l_
  ただの通過点に過ぎない!   .               l 、 ∧!-、r∧   l
                                   ,/ 。ll i! l∧l/ l   ,.ヽ、____
  私の研究はこの国を豊かにするために   ,._、,;-‐''"´`ヾ'、/ ヾ./ ,.ゝ,.∠-- 、__r並ニヽr=r--、__,.、
  日々進歩しているっ!」          _,.ィ'"´7./         r'ヘrfヽ 、,.、       `l    l!
                        / l'´ //    _.     /. {l ! l,. ⌒!       l    l!
                       l  ! //    //    , '.  }l.ヽ、`¨ソ  、_ノ  l    l!
                       l  l l l  _(r-)__  , '    ヾニy'´    ,.イ´T`l    l!
                       r‐!  l l l   /‐/  /     ( r'クェニr几 l  ヾl___〃
                       〉、ヽ  l! l   / ,イ  , '       `´〃  l!  ヽ、  /  >―---、



ギラリと目を怪しく輝かせた彼が、
そのまま錬金術の講釈を始めそうだったので話題を変える事にした。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)    「そ、そうですか。
  |      |r┬|}    ところで………」
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


260 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:13:06 ID:BDAJ5cBN
七252.
そしてその対象は、隣に座り込んで彼の太ももに手を乗せ、寄り添っていた真紅だ。



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    「休まなくて良いのか?
        !  (__人__)  |     疲れてるだろ?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



エスメラルダから強行軍だったし、と心配すると、
一度は毛布に潜り込んだのだが、やらない夫の顔がぐるぐると回って眠れそうになく、
結局戻ってきてしまった―――とは言えない彼女は、半分だけ本当の事を言った。



                                        /      _ .. - 、--──- 、    \
                                           /      _ .. - 、--──- 、    \
                                         '     , '"           ゙ヽ     L
                                        ,′   /                \   ノ
                                      _ l   j//  /       丶        ヽ /
                                   ___  (._  |  ノ ,   '  ,         '         ' ヽ  ,
                                ___/r_- '  ̄  イ (__/ /  /          |  i 、      V  て_
 「えっ?                         r :::__:::: {    /:!   ヽ    ,'  │!.    │ !   V      ',    そ
  えっと、ずっとやらない夫に            |:::|  イ^て  イ::::!   ノ .!  l.  │!     ハ  !   l  !  ハ !    (
  背負われたままだったし………          L/イ  「    |:::::!   (_ | l ハ   | | |!   l | |  ノ| !   ! | |
                             .   /!  ハ____. |:::::!    ヽVハ__ヽ__Nヽ|!  l/ j ,.ィl‐j 'T リ イ レ
  三人が起きて相談してるのに、           /::!   l    ヽヽ:::ヽ  ノヘ´ x=jミ 、 `ヾノ' j//=ミ、レイ|
  私が休むってのも申し訳ないじゃない」      !:::!  !   (  ヽ,=:Vハ ヽ {{ んハ `     んハ }},l | ヽ
                               ゝ!   !    ー-..{@jil!| !  弋:゚ソ     , 弋:゚ソ .ハ ハ. |
                                 |  !         ´ゞィ'!| |  ////       //// / | | ヽ
                                 |  !       `ナ'| ト、       ⊂つ   ∠_.l  !  \
                           .      ,|  ::!         /'  l  !_>-_、, ―-、     /⌒Y ,′   lヽ
                               /│ ::::!         /   l  ! ' ´ : : : : : : .ヽ-<: : : : :V ハ.    | !
                             . /:/  :::::!      /   ,l  !: : : : : : :__ {ゞン}─ - 、:.| ! ノ  / '
                              / l ::::i      /    /! i!: : : : /: : : : . Y´: : : : : :L_.! / /
                             :/.  | ::::!       \ ,.'   ! i!:__:/: : : : : : :.:.| : : : : : ::_.ゝ-─── ァ
                             '   | ::::l       ゝ ノ ノ: イ: : : : : : : : :ノiヽ: : : : : ゝ_.. -─r─/



261 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:14:06 ID:BDAJ5cBN
七253.
それを額面通りに受け取り、
緊張するのも無理はない、と微笑んだのだが、



              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ
       i                 丶         「頑張り屋なのは知ってるから、
       l       /  ̄           丶        今日の所は休んでおけよ。
       |  __         _ ヽ        丶
       ヽ/       i イ::::ヽ l        丶       出番はもうすぐなんだぜ?」
        ヽ       ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',
       丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
         ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



それがまた真紅の心臓を激しく高鳴らせる。



                            _〕     //    \      ヽ      _
                          {.      / /      〔         \ー‐rイ    く ―┐
                            つ   /  ,   .|   . \_        l:::::::l     |二二1
                 .         └‐t  /   |   | l  |   ].      .l:::::::l    イ〔V  | |
                            L. | l l l |  .l | N   廴 ィ    l:::::::|      | ∨/
                 .              | l   {fハN ナ斗=弍㍉!    ,ィヱヘ   匸 | l
    「は、はい………」              lヽ| .ヘ .V:j|ハノ  V゚/ハ |_  〈ヘ{そリ    | l |
                               |  |.} ゞ'      r込ソ 八.L  ト-r'   r イ  !|ヽ
                                ヽj |/////// | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ|
                                  八 ` _         .l |l  !:::///.   | ! |
                                     \‘ '        l l |  !//    ! l |
                                      //|ヽ、__ ,  r'´ // ̄| lフ      .l l  !
                                   //| l / ̄, ィ、 .//::::::::l |ーt.      l| !
                                     //r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}::::::\   l | |
                                  /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|:::::::::::::ヽ  l/   !
                                 ヽ| /\:::::::::::::/:::::::>'´ ̄/::j:::::::::::::::::::l |   |


262 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:15:05 ID:BDAJ5cBN
七254.
自分の発言、行動が如何に相手の心を鷲掴みにするか自覚のない彼は
そのまま向かいの二人を見回して解散を促し、



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |   「そろそろ解散しようか。
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |    俺は良いが、ジュンも王女もだいぶくたびれているしな。
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  |    二人も魔法で回復したとは言え、だいぶ参ってたんだろ?」
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



           /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/::::::::::::: /::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i::::::::: /_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≧i::::::::::::i:!::::::!    「ああ、そうしよう。
        >:::::{ レ' |:::::7レ升::} /:::/|:/辻:}l::::::::::ハ:::::!     いきなり過ぎて、俺も正直整理しきれてない」
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
             \|\       _    /  ′
             _{i       ´   /
            // `\  > _ イ
         _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_



実際疲れ果てていたマコトとロイは、異論無くそれに同意した。



                           , -‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'' ‐、_
                       ,、‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                        ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;‐、
                       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
 「休息も成功の道筋には       ‐'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ;イ;;;;;l
  必要な事だ。                 ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;メ/ // l;;;;ト;|
                       イィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///;;;;イ/ ト/、X, l:イ l
  また明日から、今後について      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l '´///'´   ┘ !リ
  意見を交わし合おうではないか」    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト,. Y         '、
                        rイ;;;;;;;;;;;/  'ー'           ン
                       ノ ヽ='´'             /
                       く   ``ヽ、_   、    -‐‐r<
                       ;;;ヽ、  ,、 ,、 `ヽ、_ヽ.,_   ,イ´  L..
                       ;;;;;;;;;\ヽ ソ `〉 /小ー、` 〉ノにソ `ヽ_
                       ;;;;;;;;;;;;;;`ヽ`ー' / ハ | /、'"   / 、ノ

263 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:16:05 ID:BDAJ5cBN
七255.
じゃあ休憩するよ、と椅子を立ったやらない夫は剣を掴むと
大部屋の出口に向かったのだが。

ふと立ち止まるとマコトの名を呼び―――



               |   |                    |               |
               |   | ○                 |               |
               |   |                    |               |
      ,.         |   |                    |               |
    ,;:' ゙        |   |                    |               | :.;'
               |   |.                 |               |   :.
               |   |                    |               |
               |   |                / ̄ ̄\             |
               |   |:           /       \           |
               |   |              |        |           |
              .::' |   |              |         |         |
               |__|_______|         |______|
            /             |        }           \
            /               ヽ       ノ           \
         ,/                  ヽ    ノ
      /                  /      \
      /                    |         |
:   /                     |  |.      | |
:';./                       |  |      | |   「マコト」
                         |  |      || |
                         (__)   |   |__)
                           |   |  |
                           |   | |  |
                           |   | |  |
                         (__|(__|


264 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:17:05 ID:BDAJ5cBN
七256.



                             _,,,..-.ー.─.-.-....、._
                        二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                      /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
                    /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、 _:::::\::::\:::::',
     「なんだ?」        i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
                    l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
                    l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
                    i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
                      l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
                     ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
                        \|\!\  ′          ∨
                         ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
                             `  、      , ′  /  \_
                                 ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                                  _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
                             :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
                             :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l    「突っ走るなよ。
.    l              冫.ー く     言葉さんが心配なのは………俺達も一緒だ」
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


静かな、しかし未だ手の届かない仲間がいる事に
我慢がならない事への怒りを滲ませた声で、大部屋が緊張に包まれた。

265 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:18:05 ID:BDAJ5cBN
七257.



   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |   (そっか、マコトは言葉の事が………)
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |



真紅とロイは、それぞれの思いでやらない夫の言葉に感じ入ったが、



      /::::::::::::::::::::::::::::::::::` 丶、:::`ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::\    (何という慧眼、そして周囲への気配りだ。
     /:/:::::::::::::::::::::|ヽ::``丶、\`ヽ、>、:::::::::::::::ヽ`ヽ:::、ヽ    これだけの事をこなしつつなお、
     // /::::::::::::::::::|l::|  \   >'´, -‐ァ`丶、、::::::ヽ、 ';::',\   イトウ殿を気遣う余裕があると言うのか………)
     /' ':::::::::::::::::::::| ',|   \ /r'ヘzソ    ` \::ゝ, ',::',
    /  |:::::::::::::::|:::::| ',                ヽ|ノ }::ヽ
      |::l::::::::::::',',:::|  ヽ__               __/::::l
      l::|;:::::::::::ヽヽ| '´= ヽ              ヽ:::::::;::|         _   , - '
      ',:|',::|::::::::::ヽ メヾノ                |、:::::ト、       r'::´:::::::>'´::;;;;;;;
      ヽ',::lヽ'、:::::\     、            l ヾ|       ノ:/::::;;/:::;;;;::::::::::
       ヽ '、\\:.ヽ、    └、´   ,. -      /  \ ,. - ' <:;;;//::;;;;;;::::::::::::/
         ヽ\ \`      , -'´        /  , - '    , 、>::::;;;::::::::::::::::/:/
              ヽ、              / , -'´    /::;;;;/::;;;;:::::::::::::::;;;;:::/::::
                ヽ、          /'´      /::;;;;;;;;;/:::;;;;:::::::::::::::;;;;;;;:/::::;;
                  `丶 、    ,.../´       /::;;;;;;;/:::;;;;:::::;::::::::::;;;;;;;;::|;:;;;;
                     `` ヾ´ ノへ      /::;;;;/:::::::;;;::::;;;;::::::::;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;
                     _ /,へトヽ',\    /::;/::;;;;:::::;::::;;;;;;:::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;
                    / \ト、 '、 ',',:::\   |:::/:::;;;;;;;:::::::::;;;;;;|:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                    | (:\ヽ_>,J } }::::::\._.Y:::;;;;;;;;;;;:::::|::;;;;;;|::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                    ', ',::::::\ヽ:く.,| | :::::::/::/::::;;;;;;;;;;;;;::::/:;;;;;;;|::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                     ', ',:::::::::::>、.| |  ::|:: l:::::;;;;;;;;;;;;;;;:/::;;;;;;;;;|::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                     /! ',:::::/::::::」.」  ---l:::;;;;;;;;;;;;;/:/:;::;;;;;;;;;|::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                    ノ:::l /!:に二 -‐―‐|:::;;;;;;;;;;;/:/:;;;;::;;;;;;;;:|::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  //:::;;;;;;;;;;|:|        |::;;;;;;;;/:/:;;;;;;;;::;;;;;;;;;|::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

266 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:19:05 ID:BDAJ5cBN
七258.
拳を握りしめたマコトはしばし目を瞑り、



             ⌒ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ--::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/:::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    l:::./.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     (言葉―――)
    |/|:::::::::::::::::::::::::::::::: ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |:::::::::::::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |::::::::::::::::::::::ゝ/L  l:::::::::::::::::|   \斗‐:::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::/l /  `メ::::::|\::::lィ´  \:::::::::::::l:::|
    |::::::::/|::::/ リ  ,__、 ヽl  \l;,__   |l |人::::::::|∨
.    |::::/ |:::fzll ^`=='´     ^===‐'´ljlノ::::::::/
     |/  ヽ::::|ヘ              /ィ<"l/
         ゝ;八      ;       /イ
           x > 、    ─     イゝ:::`>-、
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ     /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l



大切な預かりものがあるんだ、と覚悟を決めた。



              ̄ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ--::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/:::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
    l::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     「………分かってる。
    |/|:::::::::::::/::::::::::::::::: ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     さっき話していて思い出した。
    |::::::::::::::::::::::::_:::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|
    |:::::::::::::::::::::::::/≧、 l::::::::::::::::::|  \斗::::::::::::::::l:::::::::l     俺は団長から国と未来を託されている。
    |:::::::::|:::::::::/l::/イ⌒゙`メ::::::|\::lィ千代`:::::|:::::::::l:::::l〉リ    言葉一人の為にそれを投げ捨てるような
    |::::::::/|:: / リ弋、 _ノl ヽ|  ヽレ; __ソ l j|人:::::::l:::::|      真似はしない―――」
.    |::::/ |:::fzll ^ー‐'´     ^ ‐-'´ jlノ:::::l::l::て
     |/  ヽ.:::|ヘ              /ィ<"j メ_/
         ゝ;八      ;      /イ
           x > 、   ー ー    イゝ:::`>-、
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ    /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l

267 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:20:10 ID:BDAJ5cBN
七259.



     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|    「―――多分な!」
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 {}   |/  .レ {}  } |:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /
      ___,r| \  `二二´ /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、



ところがすぐに、俺らしくねぇなと表情と態度を崩すので、
やらない夫は一抹の不安を覚えてしまうが。



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉     「おいおい………」
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

268 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:21:05 ID:BDAJ5cBN
七260.
もう一度真面目な顔になった彼は、己の立場と器を良く理解していた。

無力感に苛まされていた今日までの自分が、今こうして希望を持てるのは
王女の登場とやらない夫の力でしかない。



             ⌒ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ--::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/:::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    l:::./.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    「言葉の事は心配だが、
    |/|:::::::::::::::::::::::::::::::: ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    突っ走りはしねぇよ。
    |:::::::::::::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |::::::::::::::::::::::ゝ/L  l:::::::::::::::::|   \斗‐:::::::::::::::::::::|    お前が来るまで八方ふさがりだった俺一人に、
    |:::::::::::::::::::/l /  `メ::::::|\::::lィ´  \:::::::::::::l:::|    今更出来る事なんか高が知れてる。
    |::::::::/|::::/ リ  ,__、 ヽl  \l;,__   |l |人::::::::|∨
.    |::::/ |:::fzll ^`=='´     ^===‐'´ljlノ::::::::/      お前の指示に従うさ」
     |/  ヽ::::|ヘ              /ィ<"l/
         ゝ;八      ;       /イ
           x > 、    ─     イゝ:::`>-、
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ     /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l



ならば単独で暴走した所で犬死にをするだけだ、とはやる気持ちを
無理に抑えつけたマコトは見事、言ってのけ―――



                                / ̄ ̄\
                             /  ヽ、_  \
                            (●)(● )   |
                               (__人__)     |
    「とにかく一晩時間をくれ、          (`⌒ ´     |
     何か手が無いか考えてみる」  .      {          |
                             {         ノ
                          mm   ヽ      ノ
                         (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                             ̄ ̄ ̄|    |



大切な女性よりも使命を優先する、と覚悟を告げた彼の気持ちに
やらない夫は少し胸の痛みを覚えた。

269 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:22:05 ID:BDAJ5cBN
七261.



            ___
           /       \
          / 、__ノ      \
          |   ( ●)      \ ,,..,.,,...,..、..
          ヽ   ⌒)_   ,,..,,'"''.''":.:.:;.;;',.,,,,;.",,   「じゃあ、俺は休むよ。
         `(__厂,′.,,"';;''''""^.:.:.:.:.:.:.:.::.....|    お休み」
            `-、_,,'' ,,ヾ:_;; ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                   "'r.:.:.:.: ̄."''ヽ、_____/    (使命―――
                ∨.:.:.:.:.:.:.Y.:.:.:.:.:..:.l     マコトにとって、それは言葉さんよりも
                     レ.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:::.:.:.l     大切な事なのか)
                    |.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:::.::.:l
                  |.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:...:.|
                 |.:/.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:..:.|
                レ.:.::.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:|
                 |.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:::.:.:.|
                   |.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:::.:、|
                    |.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.|
               人.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:..:|



┏───────┓

   おやすみ。

┗───────┛
                                     ┏─────────────┓

                                        私も寝ます。
                                        お休みなさい、やらない夫。

                                     ┗─────────────┛
┏──────────────┓

   お疲れ様、やらない夫殿。

┗──────────────┛


270 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:23:05 ID:BDAJ5cBN
七262.



      | |   |                   | |   |
      | |   |                   | |   |
      | |   |                   | |   |
      | |   |                   | |   |
      | |   |                   | |   |
      | |   |                   | |   |
      | |   |                   | |   |
      | |   |                   | |   |
───'、|__|─────────────'、|__|─────
         , -―- 、
      /     \
      /  \_   |
      (●) (●)   |    (ジュンはもう戻ってきてるんだろうか?)
      (_人__)    /
      l`⌒´    /
      |      ヽ
      __!、____/  \
    /、 ヽ     r 、 ヽ
    ハ ヽ Y`l     |  >  Y
   { ヽ_ゾノ     | レi i i}
   `¨´  ヽ    ハ  `'''
         >   / ヘ
        /  /ヽ  ヘ
        _,/  / ご_ノ  
      ( ヽ /
       \__ノ



そう言えば上に行ったあとのジュンを見ていなかった事を思い出し、
宛がわれた部屋のドアを開けると



    /||ミ
  / ::::||
/:::::::::::||____
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::||        ||
|:::::::::::::::|| / ̄ ̄ヽ|| ガチャ
|:::::::::::::::|/      ヽ
|:::::::::::::::||       |
|:::::::::::::::||       |
|::::::::::::::|||        |
|::::::::::::::||ヽ_    _/
|:::::::::::::::||/    ヽ|
|:::::::::::::::||  i   } |
|:::::::::::::::||ノ |   } |
\:::::::::::||  |  i  |∪
  \ ::::|| ̄|  ||ー| ̄
    \|| (_/_ノ


271 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:24:05 ID:BDAJ5cBN
七263.
色々考えながら寝てしまったのだろう、
書類とペンを持ったままベッドで熟睡している彼の姿があった。



                      l: : : : : |, イ__, -= '´ /
                      !: : : : /l: : : : : : : : : . . . .\
                      /ヽ: : / !: : 、: : : : : : : : : : . 丶 _
                  , -. :l   ヽ  V  ト - 、.   、_     _`ゝ
                _ヽ: :   ,/ /!    ト、   `  : .T  ̄
                /   / \ ' //  /!|_-- 、  `丶、
            / ̄ 〈   | ̄ l /´|/ , -- ¬ト、 ,- '´
              /   l /|/ - 、 __」      |ハ|
                  /    l r'´    ', ヽ、__ノ!イ zzzzz
__                 ̄ ヽ r'ハ   ノ ,      !
    ̄   --    __   ̄ 丶T ´    _,-、 , イ_/ヽ
                     ̄ ¨ 二 ゝ.、_ 'ー_'/-‐'゙  _\
                 /    ̄ ¨ヽ!/-‐i'´  ̄    l
                     /       / l/  |



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)   「もう寝てたか。
  |     ` ⌒´ノ   ………って毛布がずれてるぞ、
.  |         }   しょうがない奴だな」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


272 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:25:05 ID:BDAJ5cBN
七264.
ずり落ちていた毛布をかけ直してやり、鎧を脱いだ彼は
剣を手の届く場所に立てかけると、横にならずに目を閉じる。



                   / ̄ ̄\
                 / ⌒  ⌒ \
                 | ( ー) (ー) |
                . |   (__人__)  |     「ふぅ………」
                  |   ` ⌒´  |
               _入 |        }人
             , イ  / ヽ       }  l\
           /    |  |ヽ     ノ!  |  ヽ.
           | ヽ、  |  .V::::` ー ':::::.;.  |  ∧
          「´  `i. /__,厂V::::::::::::::::.:/ィヘ」  /  
          /     | ´     ヘ、::::::::::/.    ,' ,ィニ`ヘ
         / ____   |        \_/    r/   ∧
.        〈ィ´  `ヽ」j       「        {以イ´ ̄`ヽ、
        r'       `¨¬-、_   |   r‐‐-ィチ´       〉
        `ゝュ,,__        `¨亠'"´ ̄ ̄ヘ   __,ィ=≦ヽ
       f´ i . . .:`寸=ー----ュ、,___ ,、 , , 〉ャ'´/.: : : i  ',
       | :i . . .: : :} \   /    ,斗ク,々y′ ,.′ : : : :i::. ∧
       !  :i . .: : : ::V ソゝヘ/   T′`^__ソ.: : :/  .: : : :i::. : : :,
        〈.: i.: :i . : : : : :} '.:: : /    ト、,f壬イ.: : :,ハ  .: : : ::i:. : ::/
        .V .:: i . : : : ::iy.: : :ハヽ __ィニ′.,'.: : : : : : j .: : : : i:. : :{
         ’.:.::i  . : : : l.: : : : :`^´.: : : :,イ/.: : : : : : :l .:,'.: : :i:. : :|
         |.:.:.i  . : : ::|.: : : : : : : : : :.,'/. : : : : : : :i /.: : : i:. : ;'
          .i.:.:.i  . : : ::|.: : : : : : : : .::′. : : : : : : : :l /.: : : : i:. :;'
______|.:.:.i  . : : ::!ゝ __________/l/.: : : : ::i.::,′_____
―――――一|.:.:.j  . :ヽ├―――――――――┤.: : : : : !〈ー―――――‐
         ./.:.,'__, . :ュ_.∧             ,ノ.: : :,: :ュ_:∧
        {.:.:,≧--‐‐'ニ 〉            .〈.: : ;イ-‐‐.: :.;}
         \r‐-' `ヽ,'             .}.: : :≧、.:イ
        , イ-‐マ、__,ハ              〈.斗ァ´ ̄`L
       仁二ニニヽヾY′             {__yイ,仁二ニム
―――――ゝ====ー┴―――――――――┘--≦二二ニー――――



二つ、三つほど考えをまとめ、疲れた頭を癒すように思考を止めた。

そのまま呼吸を低く、深くして身体の中で気を練り、
ゆっくりと循環させて体力の回復を促進させる。

そしてやらない夫はようやくにして、数日ぶりの眠りへと落ちていったのだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……


273 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:26:05 ID:BDAJ5cBN
七265.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どれぐらいの時間が経ったのだろうか。
時折、扉の外を通り過ぎる足音に目を覚ましながら、
訓練されたやらない夫の身体は浅い眠りのまま体力を回復させている。



  | :::::::|    ::::::::     :::   |:  ::::::::|
  .| ::::::|    :::::::::    :::::  |:   i⌒
  !__::::::|    :::::::::    ::::::::  |--'''~
     ̄i__,,,,,,--,,_ _,,--"i""~ |
        |   |~    |   i
        |,,,,,,,, |     !;==i
        !'  ''i:|     i)   '!,
        /   .i:|     ii___'!,
       ./   .//!     'i,_  ノ  コツ…
      / ̄ ̄∨/''      ~'''   コツ…
     ./    //
     ゝ---='''



あるとき、微かな足音が近づいてきたと思ったら扉の前で立ち止まったので、
目を開けた彼は剣を掴むと



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           /    \         ノ      .',
            /     ,  ゞ.._,, ー "   、    ',
            l     l {::::::::} l  l {::::::::} l     l  (………立ち止まったな)
          . l     ` ー ' '  ` ー ' '      l
            l      /    .!    ヽ       l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





ゆっくりと開いていく隙間に視線を向けた。

274 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:27:05 ID:BDAJ5cBN
七266.
鯉口の留め金を外した所で小さな囁きが滑り込んでくる。



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:________________
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||             /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||           <   やらない夫………起きてる………?
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||             \
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ギィ………
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.



それが真紅のものだったので、剣を手放したやらない夫は起きているよと答え、



   / ̄ ̄\
 /     _ノ \
 |      ( ●))    「真紅か。
. |       (__ノ_)    どうしたんだ?」
  |       `⌒ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


275 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:28:05 ID:BDAJ5cBN
七267.
もう少し開いた戸口から顔を覗かせた彼女は、



                              )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
                               (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
                              >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
                                て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
                                 しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
    「どうしても寝付けなくて………           l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
     入ってもいい?」                      ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
                                    ハ v)       l l | リ /:://   |  |
                                    ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
                                    |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
                                    l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
                                    ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
                                    /'   ノl j/ ㍉ト(  ノ l (   \  |  |
                                   ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)      「ジュンが寝てるから、
. |     (__人__). rm、   静かにな………」
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´



分かったわと頷いて中に入り込み、後ろ手に扉を閉めると
彼の隣、粗末な寝台の上にそっと腰を下ろす。

276 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:29:05 ID:BDAJ5cBN
七268.
沈黙の中、ジュンの寝息だけが部屋に響いていた。

言葉のないやらない夫が
以前もこんな事があったよな―――と思い返した時だった。



                r‐冖冖ー、      / ̄ ̄ヽ    (緊張してるのかな?
               f´ ,.-―- 、 ヽ    /   _ノ  \,
 「……………」       (_/  / ヽ ヽ_)     |    (ー)(ー)  そう言えば、最後の夜………
              介|l トl|、 ,|ィ リ介    |    (__人__)  慧音さんも部屋に押しかけてきたっけ)
                   l l YTj ̄Tj'^ Y l l    |     `⌒´|
                  l l |lヽ._-__ ノ!| l l!   ヽ       }
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄ l l/Z[>i<]_Zヽ l  ̄ ̄ ヽ    ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              l lヽ._ノニ)-(ニ<._ /l l   /     \ _
              | |  /' /  l ヽ | |  / /\     /  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | |//   人 l i.| | ̄.| |  \    /⌒'i \__ ̄ ̄ ̄
              K(___.(___(―、_lソ ! (⌒ノ   ゝ,__,∠/|  |\__)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄弋ノ弋ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,___) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



その翌日に、護りたかった人を失い約束を破る事となった記憶が蘇り、
胸の奥に隠している傷口がズキン疼く。

だからだろうか。

約束が先か、後かは分からない。
だけど国のために起とうとする彼女を支えたい、護りたいと言う強い気持ちが
溢れるように心の底から湧き上がってくる。



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ     (―――そうだ。
.   l              l 弋心 l      マコトにとっての使命と同じように、
.    l              冫.ー く      俺には守らなければならない約束がある!
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'     もう二度と、あんな思いはしたくない。
   l                  ノ'      たとえこの身を投げ出そうとも―――!)
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /                  ┏─────────────┓
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /                       ………やらない夫?
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ                            ┗─────────────┛
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


277 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:30:11 ID:BDAJ5cBN
七269.
気持ちを高めていた所で
囁くように呼ばれている事に気づき、隣に視線を向ける。



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \    「ん?」
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



                 _〕       //    〔      \ー‐rイ  く ―┐
                 {      / /     l \_     l:::::::l    |二二1
                  つ   /  ,    l  |   ]     l:::::::l   イ〔V  | |
                 └‐t  /   l    | l  |  l {      l:::::::|     | ∨/
                    L. l !  |    l| N  l_廴 ィ   ,ィヱヘ   匸. | l
                     | l  l l | N ナマ彡ャ‥Y|_ 〈ヘ{そリ   | l |
   「寝てなかったの?」        !l  トl,イ、.| jノ  ハrい 八 L. ト-r'  r イ !| ヽ
                      l|ヽ ヽiYf:ハ     ゞ‐'  | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ|
                          liヘり    .:::::::::::. .l |l  !:::/ //   | ! |
                          l l.::::.ヽ _ 、     l l |  !//     ! l |
                          | ヽ、 ′    _//イ  |´       | l l
                         / /| ` 、  r'´ // ̄| lフ       l l  !
                         //| l / ̄, ィ、 //:::::::l |ーt.     l| !
                          //r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}  \   l | |
                       /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|    ヽ. l/   !
                       ヽ| /\:::::::::::::/:::::::>'´ ̄/::j |    l |   |



自分はやはり寝付けなかった真紅に尋ねられ、

278 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:31:05 ID:BDAJ5cBN
七270.
一流の冒険者の前提、休息を取れるときはどんなときでも寝られる事、
しかし気配には反応が敏感である事を答えると、



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    「一応寝てた、かな?
        !  (__人__)  |     冒険者の時の癖で、
          , っ  `⌒´   |     気配ですぐ起きてしまうんだ」
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



                   f⌒Y :. :. :. >个ダヮ.:. :. :. :. :.\::::::::::∨  )\\\
                   :. :. :. :. : : /:. :. :. :. :. `ーx_:. :. :. \::::::::∨:.:`ヾ;:Vヽ::〉
                   :. :. :. :. :. ,'     |i   |i |iT≦_\::::::∨:.:〈:∧イ `l
                   : : : : :. :. ;       |l   |ト、|lノ |i |i\ヽイ-、ノ:{<|..|  |
                   : : : : :. :. |    i |ト、.丶.|ト、|lレイ !!  ヾ:. :. :)}:ト、\ `ヽ
                   : : : : :. :. |    ト、|l ヽ ,X千んf‐ミ、li ゞ- 什ト、ト、\ }
   「ごめんなさい。       : : : : :. :八 |i  l |l_,  \ 丶代,ゞイ}! }ト、 ∨.:ハ::| ヽ::) \
    起こしてしまったのね」  : : : :. :. :. ∧|l 小.イ \      `'ー'゙  |! '. |「(_}:| /人   \
                   : :. :. :. :. : : 从 iト、'f升ヽ       u |i  f´  `ヽ/  }
                     ̄`'ー一´丶 |  ゞx.ノ '、   __   |  |ー‐ 、  ヽ
                             `ト、\)ヽ    `ー′  イ i|r┴‐'゙   ∨
                              /  )>- ──イ´ヽ! イ /       }
                                /  / /::::::::::::::::人/'  Y      |
                   .            /  / 〈 :::::::::::::::::/  /个x_,__ム
                              /  /    ̄}:::::::::///::::::〉-、_ノ\/\{
                          /   厶イ¨ ̄イ:::::::::)./ ̄ ̄`ヽ:. :. :. :. :. :.



せっかくの時間を、と申し訳なさそうに彼女は俯いた。


279 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:32:05 ID:BDAJ5cBN
七271.
しかしやらない夫は優しく微笑むと大した事じゃないよ、と答え、



              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ
       i                 丶       「多少寝なくたって、大丈夫な程度には鍛えているさ。
       l       /  ̄           丶
       |  __           ヽ        丶     それよりも、眠れないお姫様の話し相手になる方が
       ヽ/         i イ`丶 l         丶    よっぽど有意義で大切な事だろう?」
        ヽ     ヽ ゝ _            ',
       丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
         ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



         ___  (._  |  (_                          ヽ
       ___/r_- '  ̄  イ   ノ                       V
    /::::::::|      /::!  (           ! l  |  |   .! l    .ハ
   r :::__::: {     イ:::::!  ヽ | l ハ | | |!  l  |  |   ノ| .! .! | | | |
   |::| イ^て    |::::::!    ノヘ´ / '´ ̄`ヾ ` ヽ ハ レ'⌒丶レレ イ レ
   L/イ  「   |::::::!  (_  〃   ,イうK   ,′レ′ ´,ィぅ、 ∨ハ.l|      「……………」
  .   /!  ハ____. |::::::!    ヽ{{   { { ::j }       「{::j } 小リ|
    /::!   l    ヽヽ::::ヽ  ノ ゝ  `ー‐'′         .゙ー'′/ ! |
    !:::!  !   (  ヽ,=:Vハ ヽ   -‐'       ′  ー-   .| |
    ゝ!   !    ー-..{@jil!| !   / / / , '´ ̄ ̄ ヽ / / /  | |ヽ
      |  !         ´ゞィ'!| |      /        |     ノ | ハ\
      |  !       `ナ'| ト.    .,′      | _  ´  |  \ハ
.      ,|  ::!         /'  l  !_>-_、, ―-、      //⌒Y   ,′   l .|
    /│ ::::!         /   l  ! ' ´ : : : : : : : ヽー┬ <: : : : :V  ハ    | .!
  . /:/  :::::!      /   ,l  ! : : : : : : : ___{ゞン}─ - 、: : | ! ノ  / '
   / l ::::i      /    /! i! : : : : :/ : : : : : : Y´: : : : : : : L_.! ./ /
  :/.  | ::::!       \ ,.'   ! i! :__:/ : : : : : : : :.:.| : : : : : : : : _.ゝ-─── ァ
  '   | ::::l       ゝ ノ ノ : イ: : : : : : : : : : ノiヽ: : : : : : : :ゝ_.. -─r─/



彼の言う「お姫様」が王女という立場ではなく、
童話や物語にあるようなヒロインを指しているのだと分かった真紅は呆気に取られ―――

280 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:33:05 ID:BDAJ5cBN
七272.



                                      /         /
.                               グイッ         /         /
                                      / _        /
                            .         / ̄   ̄ヽ、   ./
                     _ -‐- _          /        ',  /
                 _  -‐       ー _     ト,─--.....、    ! /
                  /  __,,,         x-‐'    ::::::ヘ   Y
                /  _∠/          /        :::::::::Y j
              .( ̄               /           :::::::|ヘ}
               | ーァ、一、- 、 _     /    ,_:::.....     :::::::|;;;}
               、_ノ \ j\_)ー-- ィ  /     ヽ、   :::::レ
                   `~       /  人       ヽ   ::::::|
                          `ー'  .|         ヘ.  ::::|
                             |          ハ  ::j
                             |         ハ::....:ノ



緩んだ表情を見られまい、と彼の腕を引き、
その広い胸の内側に抱きかかえられるような位置に座り込む。



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\    「お、おい?」
 |. u. (__人__) |
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ



もちろん、密着する距離にやらない夫は抗議の声を出しかけたのだが、


281 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:34:05 ID:BDAJ5cBN
七273.
薄暗い中でもはっきり分かるぐらい真っ赤になった真紅が
一瞬早く、拒否は許しませんと特権を発動し、



                                       )  )   )
                                       (  (   (
                                       )  )   )

                               r::v⌒ァィ7::::::::/{`し厶ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'
                              (`レニ.:.:.:.:/::::::/ァ⌒'       `丶.:.:.:.:.:.:.:.:`う
                            __「二X)ニ.:.:./::::::/rー’i   l  i  ヽ \.:.:.:.:.:.:.:.>
                            [{~ヾ彡ぅ.:.:.:/::::::/rv'  !  :|   |  ハ  '.:.:.:.:.:.:`ニ)
                           `ー ' イィ).:.:.:{::::::,':`┐ :|   !  j|    i  ハ.:.:.:.:.:し、
   「静かに。                   /ィ:{;ぅ.:.:.|:::::{:{ニ´   !  i|   |    |  }.:.:.:.:.ニく  -=⊃-=⊃
    ジュンが起きちゃうでしょ」         /´ ∧!Yア.:.!.:.:.!rイ:  j|  ハ  i|    |  |.:.:.:.インく  -=⊃-=⊃
                          /´  // 乂ヾ:.Lrソt丁大┼ハ! !  |___tL  j.:.:ぅ’1{ヾ}
                     .    乂 //∧:} 延リい{ //////`"ーィkィz从ィ乂r:く i!:レソ
                        イ:!  .イ  / 〉!  ヾ:{ トi! /////////////!イ/  1i  |:「
                        L{// / 〈/   /ハゞ!//////////// / i:{  {ハ. jト{
                        ///     rソ/大ヾァx.__  ‐-   イl リ_ ! ! l!
                     .ィ彡//        ///::::::}ト、ヾ::::L__ _ ..彡八 ハ:{  : ト. {_
                     . //         //イ≦:::ハ }! 〉:::{〈ァ):::::::::::::::ヽ. ヽ ヽヾ ト、:、
                     . イ         ,ィ斗= ニ=-L_!j/:::::::`介:ヾ、::::::::::::_」、ハ  \ \ヾ\
                             厶=ュ:≡=ミx  ≧=彡:ハ:r=ニ三 ̄Z ̄¨7   ヾ ハ }\ヽ
                              /才ニ-ァ…‐テ::::::::/ }:>≦三≧ァ=く    } iリ  ゝ}



こう言うのには本当に慣れていない彼は、
汗をかきながらもされるままになってしまう。



            「し、真紅さん?」

                _
                   /"  "ヽ、
              / u  ノヽ _ , -ー 、,__
               i     ( -);´ノ;;;;;;;;;;;;;';;;`⌒^;;;'ア
               |   u (_ノ){;;;;;;;;;´;r‐;;;ァ~,'.ソ;;ノ
              i u    7ィiヘ ,-!シ{,イル',ノllilツ
             /¨ヽヽ__u_,ノ !ll!L|,イi| Tァ"り川   「静かになさい」
            /  ̄ ヽヽ〉 i/'lli!',.ィlli|/// (イノワ
           /   -―ヽヽ`¨,|lli| 〈 |ilト、_ン1!l´
           /      ̄∧γi^ゝ.≦|l!Lヽ._|il|
              ′ _ヽ、     Y. ', li|#¬ |lik
           l    _/\  // ̄ ̄~^フー、,`ー''フ
          l       入_,____,Z__ソン‐ '
          l        l       __.ヽレヽ



282 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:35:05 ID:BDAJ5cBN
七274.
ジュンが寝返りを打った。

余程疲れているのだろう、普段の彼ならば目を覚ましてもおかしくないのだが、
どうしても今日は身体が睡眠を欲しているらしい。



                      l: : : : : |, イ__, -= '´ /
                      !: : : : /l: : : : : : : : : . . . .\
                      /ヽ: : / !: : 、: : : : : : : : : : . 丶 _
                  , -. :l   ヽ  V  ト - 、.   、_     _`ゝ
                _ヽ: :   ,/ /!    ト、   `  : .T  ̄
                /   / \ ' //  /!|_-- 、  `丶、
            / ̄ 〈   | ̄ l /´|/ , -- ¬ト、 ,- '´
              /   l /|/ - 、 __」      |ハ|
                  /    l r'´    ', ヽ、__ノ!イ     「う、う~ん………」
__                 ̄ ヽ r'ハ   ノ ,      !
    ̄   --    __   ̄ 丶T ´    _,-、 , イ_/ヽ
                     ̄ ¨ 二 ゝ.、_ 'ー_'/-‐'゙  _\
                 /    ̄ ¨ヽ!/-‐i'´  ̄    l
                     /       / l/  |



まさか夢の中の彼も、三メートルも離れていない場所で
やらない夫と真紅が―――一方的にとは言え―――、
恋人同士のようにくっついているとは思わないだろう。

283 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:36:06 ID:BDAJ5cBN
七275.
また、規則正しい寝息が部屋に伝わり始めた頃。



         , -/ ̄ヽく
       r ノ __  ´゙ヽ
      _ 」_, '--- 、 `丶、}\
    _ / '´      `丶 ヽ7 |    「………どうして、
   ∟ YーL. --冖,_」-、\!.}     あなたはそんなに優しいの?」
   〈_少         、└イ┴i
  // / l |        ´ | 卜ノ
  / ,' ゝ ヽ l       / |
  ,   | |\ヽ ヽ    / l |
  l  |  l   ト、,、,、,、,/l /  |
  |  l  l _, -‐'ー一'¨/ ,  :l
 |  l  !´      / /  人
  :l  l /      / /  /   \
  !   j      / /  /    |



前を向いたままの問いが分からず、
やらない夫は回答を避ける。



                            / ̄ ̄\
                           /      \
                          |         |
                          |        │
                               |         |
   「………突然、どうした?」         |        |
                               ヽ       /
                                ヽ      /
                                  >     <


284 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:37:05 ID:BDAJ5cBN
七276.
しかし顔を傾けた彼女が、吐息がかかりそうな距離で再度尋ねてくるので、



.   /      ,           ヘ   ヾ:.:.ヘi:i:i:iヘ:.:.:.:.:(_
  /      {        ', ',ハ   ! ┌┘:.:.:|i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.〕
. /    ,' ,  l|      ,} ! |    |  {:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:i|:.:.:.:.:く
 j   ! {_ l|  ハ     j | l.ノ   人 L_:_:.:.:.:|i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:.}
 |l!  :| ヘl| ヘ ゝ、   {ノ /「≧ニ=‐-/ハ _〕:./i:i:i:i:i|:.r―イ
 ',ヘ :|   l|ト、_少イ\ l|レ'了 x=≠テミ|レイ(:.:.:r=ミ、iノ:_:] .l |    「教えて、やらない夫」
 ハ ヘ ト、 l|ハ,フテ≠ミヘ{  〃iリつ:::)l// : }:.{薔リ ./ | |
  マ {\メ\K {アっ:}     ゞニィ' / ハ ∨ゞイ./  j ハ
   ヾゝ./ l| ハ ,ゞ=イ      xxxx / /:i:i| |:i://  /イ '.
    l /  :l| ハ xxx ヽ         ! |:i:i/ j/ノ  / /  l
    K  :l|  .入    ‐-     | |:i/ ,l|/   / /
    l    l| イ .才`;=x、  ,x≡三| |/ / |   { {
    |   |  !∧三三三ミ/三三三l ! / j   .| |
    |   | ,j三∨三r=彳ヘ三三∧ .|/ ./   | |
    |   | /三ミ∧三{均{フ三≫三ヘ   |    ! !



    __
   /ノ ヽ\
 /.(●)(●)\
 |  (__人__)  |   「そんな事、ないさ。
. |        |   みんなの方が優しく接してるだろ」
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



視線を外し、思った事をそのまま答えた。

285 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:38:05 ID:BDAJ5cBN
七277.
彼の真意を測るようにじっと目を覗き込み、それから前に向き直った王女は
私なんて王女じゃなかったら、何も出来ないただの娘だわと自嘲気味に言い、



        ,r::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./    /::.::.::.::.::.::/____/_
        マ_,ヘ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./     ./::.::.::.::.::.::.:く;;;;ィヽヾーr:、`ーァ、
            r゙::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./     ./::.::.::.::.::.:_::.::.:)l ト、 ヾ≦`У,.く
            /ゝ-'")::.::.::.::.::.::.::. ′   /::.::.::.::.::.〈 ゝ' l ト, マ i゙〈 / ,<_
        /  / ゝ_r、::.::.::.::.:;'     /::.::.::.:/`し’   /.ハ | .ト ∨v' r′
        〃  ′ :! ゝ-'1::.!    ,'::.::.::.::.:ヽ.      ! | .}.! .|i  K    「みんなが優しいのは、
         { {  l   :l ! !i k r「ト、 /::.::.::(⌒ー'  ./ .| l  !.! :l !.  ', ヽ   私が王女だからだと思うの。
        マト、|:、  :lム-テナi|'〉〈〉 i{,'::.::r-┘   / / ! ! / .! :| |  .ハ
        ヽヾ! \ヒ,ィア'i|' /ヘ,]テゾ::.::.:)     ,     | |/ .! :| |   |    そうじゃなかったらあんなに
              ノ ij ,イ //′/ ¨}"´  ,./     .| |  ! :| |   |    ちやほやして貰えないわ」
            〈    l i ,亅 / , ̄ ´     ,/! !   ! :| |   |
             ヽ __  `i  | |;フ、7 ,;,-  , ニ_/  l__〉 .! :! !   !
                 \   li ! |__"´"_二†二、        .| :| |   |
                   ,:-―'|i  !|∠-:'::.::.::.::.::.冫       | :| |   |
                 <r,<ヽ i , ' /-―::.::.::.::.:::.::.:ヾ、.     | :| |   |
                 `i'ゝィ ヽ,,/::.::.::.::.::./::.::.::.::.::.::.:\.    | :| |   |
                    `七//:.::.::.::.::.::.:/::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ  | :| |   |



                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  \
               |    ( ー)(ー)
              . |     (__人__)
    「そう、かな?」   |     ` ⌒´ノ
              .  |       nl^l^l
              .  ヽ      |   ノ
                 ヽ    ヽ く
                 /     ヽ \



否定する材料はあったが、うまい言葉が見つからなかったので
濁した返事のやらない夫。

286 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:39:05 ID:BDAJ5cBN
七278.
こうして密着している今、真紅には分かる。
やらない夫は特別だ。

冒険者としての強さも、
騎士としての考え方も、
一人の男性として、自分にとっても。



                  /::: ィ  /  ,    / /             ヽ ヽ    /::/`ー‐|::::::lヽ     ヽ
               /::/ /,/ /   /   / /         !        ! |  /::/    |::::::| \,.    ゙
     .         /::/ ,/ / ,. ,'    ' ,/!         i!  !       / l!  /::/    |::::::|   !     |
             /::/ /' / / ,'   ,' / !        i /!    /!  | /:::::|      |::::::|   |    /
              /::/ / / '  /' !   / /  | !     ./ /'|    ./ 〃 l /,'|:::::!    |::::::|  /   /
               /::/ /,ィ i /'|! |  i! |  | l     / /、_!___ ,./_/;-//ナ!::.: |    /::::::/ /    /
            ヾ' / /!  ! l l  | l |__!___|ノ|    /! / / ィ ̄丁 T 十 ヾ::::|   /':::: / /    /  「そうよ。
               i /!|  l ! ∧ !/! | .j   l |   / j/  j/ -\ ! jl /   /\  /|::::::::! /    /   ………でもあなたは違うの。
             V ゝ | 乂 ヽjヽ.ィf !      ヽ'´                 / /.i l  ,' ヽ:::::/   /
                /  /\!|   \ハ!                      / / ,//   ./    /     私を、ただ一人の女として
                 /  / /: !   / ∧ ッ=z=彡       -ゞ-=≠″/ / |/ |     /    /     見てくれる、接してくれる。
             /  / /::::l!  /  !ヘi //////////////./ /. /,!  |    /    /
               /  / /レ ´  /   / 八.       '           / /. //  .ノ  /    /       ………どうして、かな?」
             ./  , //    , '  , '    ゝ、              / ///  ∧  /    /
            /  ,./    /, イ/_    __..>   `     イ'/  /  / `:/    /
          \ ヽ   _/‐/: //: : : : : :\ {\::::::::个ー-- ‐<   :|:/,x/  /: : :/    /\
               ゞ\ ヽ く:::::l |::: : : : : : : \: :ヽ:::∧      // ::/  /: : /    /: : : ヽ



その理由が知りたくて三度問いかけると、
しばらく唸った彼は―――



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l     「う~~~ん………」
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

287 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:40:06 ID:BDAJ5cBN
七279.
しばらく考えた末に、真紅の求める答えかどうかは分からないが
自分なりに思う事を伝えてみた。



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ      「俺は………身分の上下とか………貧富の差で、
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',      人を計りたくないんだ。
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ     たとえば人間的には大した事が無い奴でも金持ちだから、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l     年上だからと威張っている事もあれば、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!    年下でも、金が無くても尊敬できる人は大勢いる。
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !    ………貧富の差や身分は、
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l   人の大きさを決める基準には―――ならないはずなんだ」



                         _〕     //    \      ヽ      _
                       {.      / /      〔         \ー‐rイ    く ―┐
                         つ   /  ,   .|   . \_        l:::::::l     |二二1
              .         └‐t  /   |   | l  |   ].      .l:::::::l    イ〔V  | |
   「うん………               L. | l l l |  .l | N   廴 ィ    l:::::::|      | ∨/
    うん………」   .              | l   {fハN ナ斗=弍㍉!    ,ィヱヘ   匸 | l
                          lヽ| .ヘ .V:j|ハノ  V゚/ハ |_  〈ヘ{そリ    | l |
                            |  |.} ゞ'      r込ソ 八.L  ト-r'   r イ  !|ヽ
                             ヽj |/////// | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ|
                               八 ` _         .l |l  !:::///.   | ! |
                                  \‘ '        l l |  !//    ! l |
                                   //|ヽ、__ ,  r'´ // ̄| lフ      .l l  !
                                //| l / ̄, ィ、 .//::::::::l |ーt.      l| !
                                  //r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}::::::\   l | |
                               /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|:::::::::::::ヽ  l/   !
                              ヽ| /\:::::::::::::/:::::::>'´ ̄/::j:::::::::::::::::::l |   |


288 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:41:05 ID:BDAJ5cBN
七280.
言葉は選びながらで、自分を確認するかのようなゆっくりとした話だった。

だが、彼が考え方や気持ちをそのまま誰かに伝えると言うのは
今まで余り無かった事で―――



        / ̄ ̄\
      /      \
      |::::::: :      |    「真紅にはちょっと信じられない話かも知れないが………
     . |:::::::::::::     |    俺はそう言う感覚で―――一人で生きてきた。
       |:::::::::::::      |
     .  |:::::::::::::::     }    だからかな、人を使う事も大嫌いでさ。
     .  ヽ____    }     城に入った後も、翡翠にお願いするのが苦手だった」
        r'ニニヽ._\. ノ
      r':ニニ:_`ー三`:く._
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l



なんだかうまく言葉に表せず、頭に手をやって眉をしかめてしまう。



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l       「えっと………
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l        全然答えになっていないな。
.       /   ハ !.!          !        何を言っているんだろ、俺」
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !

289 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:42:05 ID:BDAJ5cBN
七281.
しかし、一番重要な部分は伝わったようだった。



/: : : /::_::;:::::::::::::::::i /  /         \ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : /´::::-:::::::::::::::::lイ〃 /         ;,    ヾ/::::::::::::::::::::::::::::::
: : /ヾ:::-::─< フ / ,〃  / /       i    Vノ:_:_:_:::::::::::::::::
: :{ー:::::-:::::::ノ/ ,; /  / /         |     .V:::::::::::::::::::::::::
: :i>::-::::_ノ゛/ 〃/ ,,;'  /  ,;'    ,;i      ',:ィ::-:::::::::::::::::
: :lミ=::::/ ̄,ィ  / ,;' /  〃  /     ,;'!i   i   i::_:::-::::::::::::::_
Ⅳ::::rイ  /,;  ハ / /i  //  ,;/     ,;i;'   ,l   i::::::::::::::::/     「分かるわ、何となくだけど。
i}ソ:ノ ,;/i /ハ,; i ,;/i l /.;i ィ,;/      /;   ,;'    l:::::::::::::{       あなたは殆どの人とは違った価値観を持っているのね。
Yノ i il il 升- /_/,;ハ /,;' i   ,;'  /,;   ,;   , i:::::::r─'
ノil  il ,;i≧=-ミ;;,  ヽiハ ,;i il   / /,;' /  ,;   / ,;'::::ノ         いいえ、違うかな。
i il  il i! i/::芯:::ケミ、  i;,ハ;;,  ,;/_;/;;' .;  イ  /〃ノ ̄          それは本当に心が強い人、
i il  il i! ゞ、:z=ン`;,     iレ,;;/=、 ̄,;ヽ,;; /,;  ./.;/''            権力やお金なんかに縛られる事のない―――
川  i i!    ̄゛       ィ,;:烈ゞ,,;/〃イ,;' イ/              自由な人の価値観なのかも知れない」
小.;  i             ,;::t::ィ ア /,,;;i.小イ i
イ i  li            `ー''´/il ,;i川,;;il l
.i il  ト      、   '    人 ,;i  i l,lミ ,i
.i il  |: `: ,     ` _ _ イ  i,; il  ,;i 小;;..il
.| il;;, i: :- :、:>、_  , , ;': : : : : `: ̄: Y i;  i;;.';,  ';,
:| ;;. i: :-=Y rイミil}=-: : : : : : :: : :.::i ,;i  l;,ト,   ;,
:i ;,  i: :イ人廴Yソ、: : : : : : : : : : : ,i il;,  ,ハ ミ,  ヽ
:i il  i: : :/: : Y小ミ、-: : : : : : : : : :i川  i..i il、  \
:| il  l; ;/; ; / ii;i; : : : : :ヾ: : : : : : :ハ;;,  ;l ヾ ヽ;,   ';,
ミ;;,il i!: :i: :ィ: : 小: : : : : : : : : : : : : : ;,   il: :', ヾヽ   \



                   / ̄ ̄\
                 /  ヽ、_  \
                (ー)(ー )   |
                (__人__)     |
   「価値観、か」     (          |
            .    {          |
                ⊂ ヽ∩     く
                 | '、_ \ /  )
                 |  |_\  “ ./
                 ヽ、 __\_/


290 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:43:15 ID:BDAJ5cBN
七282.
王族に生まれ、王位継承者として育てられた自分とは対極に立つ存在。

だが、たとえ立場が同じだったとしても、それ以上の宿命を課せられていたとしても、
やらない夫はその大きな心の翼で何処へでも飛んでいけるだろう。



                                     r:::/ ,   `´ }`::-::、_::.::.:.:.:.::.::.::.::.::il    il
                                  // /   / r'´::.:_::._::.::≧::.::.::.::.::-::.il    il:
                                // ./.   i  ト-vハ::.::. ̄::.`::.-::.、::.:il    リ:
                                .il イ    il  イ ハ 廴r-、-:.:.::..::.::.::.:/    /::
                                l ハ  i il  ∧i l  イ /ノ::.::.`-::、::/    /:::::
                                    ゞ、  .il .ト- 升- ―イ/ ヾ::.::/::.:.:/    /:::::::
                                    \ il ilヾュ=ミ V/ / イ`´フ::::/r-t、_ /:::::::::
   「やらない夫―――                      .ノゝ i:.j} >イ/イ  ハr={y - }:::::{´
    あなたは、何事にも縛られない               /    v''  / /  / ./廴イュミ:ノ::;;;='
    自由な人なのね」                    ヽ         / イi  .Ⅳ   / ̄
                                        ゝ_     / / il  il  ./
                                         ヽ`   / / .il  i /≧、,,, ,, - '' ´
                                         ∧  .{ {=-イ  Kr=──-、
                                   _,,,,;';;;´:::::フ升 .i::::/i  .il/::.::.::.::.::.:/
                                   <:::::::::::::::V´`iil ..l:://|  |K::_::_::_::_イ
                                   V;;;;;;;;;;il  il ...|il .|  ||::.::.::.::.::.::.::ヽ



それが羨ましくて、それが惹かれた理由かも知れない、と
真紅は答えが分かったような気がした。



                      l: : : : : |, イ__, -= '´ /
                      !: : : : /l: : : : : : : : : . . . .\
                      /ヽ: : / !: : 、: : : : : : : : : : . 丶 _
                  , -. :l   ヽ  V  ト - 、.   、_     _`ゝ
                _ヽ: :   ,/ /!    ト、   `  : .T  ̄
                /   / \ ' //  /!|_-- 、  `丶、
            / ̄ 〈   | ̄ l /´|/ , -- ¬ト、 ,- '´
              /   l /|/ - 、 __」      |ハ|
                  /    l r'´    ', ヽ、__ノ!イ     「ぐおぉ~」
__                 ̄ ヽ r'ハ   ノ ,      !
    ̄   --    __   ̄ 丶T ´    _,-、 , イ_/ヽ
                     ̄ ¨ 二 ゝ.、_ 'ー_'/-‐'゙  _\
                 /    ̄ ¨ヽ!/-‐i'´  ̄    l
                     /       / l/  |



292 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:44:05 ID:BDAJ5cBN
七283.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    「いや、俺も縛られてるよ。
  |     ` ⌒´ノ    と言っても、親父の言いつけや
.  |         }     自分で決めた事だけどさ」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄



やらない夫の事なら何でも知りたい気持ちになっていた彼女は
意外な発言を受け、好奇心に目を輝かせて突っ込んでみた。



                                      
                /      _ .. - 、--──- 、    \   
              '     , '"           ゙ヽ     L  
             ,′   /                \   ノ  
           _ l   j//  /       丶        ヽ /
        ___  (._  |  ノ ,   '  ,         '         ' ヽ
     ___/r_- '  ̄  イ (__/ /  /          |  i 、      V    「良かったら聞かせてくれないかな。
   r :::__:::: {    /:!   ヽ    ,'  │!.    │ !   V      ',    あなたが、どんな事を
   |:::|  イ^て  イ::::!   ノ .!  l.  │!     ハ  !   l  !  ハ !    自分に課しているのか知りたいの」
   L/イ  「    |:::::!   (_ | l ハ   | | |!   l | |  ノ| !   ! | |
  .   /!  ハ____. |:::::!    ヽVハ__ヽ__Nヽ|!  l/ j ,.ィl‐j 'T リ イ レ
    /::!   l    ヽヽ:::ヽ  ノヘ´ x==ミ l、 `ヾノ' j,x==ミヽレイ|
    !:::!  !   (  ヽ,=:Vハ ヽ〃,_ノ::ハ     ,_ノ::ハ 》} ,| ヽ
    ゝ!   !    ー-..{@jil!| !  V//ソ     V//ソ  ハ ハ. |
      |  !         ´ゞィ'!| |             ′   / | | ヽ
      |  !       `ナ'| ト           rァ   ∠_.l  !  \
.      ,|  ::!         /'  l  !_>-_、, ―-、 ´   ./⌒Y ,′   lヽ
    /│ ::::!         /   l  ! ' ´ : : : : : : .ヽ-<: : : : :V ハ.    | !
  . /:/  :::::!      /   ,l  !: : : : : : :__ {ゞン}─ - 、:.| ! ノ  / '
   / l ::::i      /    /! i!: : : : /: : : : . Y´: : : : : :L_.! / /
  :/.  | ::::!       \ ,.'   ! i!:__:/: : : : : : :.:.| : : : : : ::_.ゝ-─── ァ
  '   | ::::l       ゝ ノ ノ: イ: : : : : : : : :ノiヽ: : : : : ゝ_.. -─r─/


293 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:45:08 ID:BDAJ5cBN
七284.
が、沈黙が満たされたので、調子に乗りすぎたかなと俯かざるを得ない。



             「……………」

                _
                   /"  "ヽ、
              /    ⌒ヽ _ , -ー 、,__
               i     ( -);´ノ;;;;;;;;;;;;;';;;`⌒^;;;'ア
               |     (_ノ){;;;;;;;;;´;r‐;;;ァ~,'.ソ;;ノ
              i      7ィiヘ ,-!シ{,イル',ノllilツ
             /¨ヽヽ____,ノ !ll!L|,イi| Tァ"り川
            /  ̄ ヽヽ〉 i/'lli!',.ィlli|///(イノワ   「駄目、かな………?」
           /   -―ヽヽ`¨,|lli| 〈 |ilト、_ン1!l´
           /      ̄∧γi^ゝ.≦|l!Lヽ._|il|
              ′ _ヽ、     Y. ', li|#¬ |lik
           l    _/\  // ̄ ̄~^フー、,`ー''フ
          l       入_,____,Z__ソン‐ '
          l        l       __.ヽレヽ


294 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:46:05 ID:BDAJ5cBN
七285.
ところが、ややあって返ってきた答えは小さな条件付ながらも
言っても構わないとの内容で、



        / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (●)(●) |     「………笑うなよ?」
.      |  (__人__) .|
       |  . '´n`'  .ノ
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)



彼が心を開いてくれる事がとても嬉しい王女は
これ以上ないぐらい真剣に誓った。



                   └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
                   __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
              .     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
                    ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
                   r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
    「笑いません」  .      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
                     ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
                      /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬
                   /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
                    /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
                    ヽ|l ',ヽ \ !,イ `` ト  '′   ,イ"´ lヽ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:
              .        |   ト、ト.`弋..ン        弋..ン ' | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:
                    |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:
                     |   / / | ト、     ,.、     | l| |/      ヽ:| |l    !
              .      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |
                    l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   !
                     !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
                  _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
                <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |



295 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:47:05 ID:BDAJ5cBN
七286.
普段ならもちろん言わない事なのだが、
今のやらない夫は話しても良いかと言う気分になっていた。
半身に感じる、真紅の温もりのせいであったのかも知れない。



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ     「そうだな………
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く      相手の意見を大切にする事、
   l               l    ノ!     交わした約束を絶対に守る事、
   l               `ー‐ f r'     自分よりも弱い者を護る事。
   l                  ノ'
   !                     /       それから………」
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



それでもこういう話をするのは恥ずかしい、
だんだんと声が小さくなっていき、最後は呟くほどの大きさだ。



                 つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
                (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
                 `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
                  (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
                  r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
                  `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
    「それから?」       ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
             .      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
             .       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
             .       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
                    ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |
                      ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      `ー'゙ .|  ∨//    |    !
                       }  |ヘ `ー'゙  、          |   {ノ´     |    |
                       川 | 丶     マフ      ノ  } !        |    |
                       //}  ! _≧-..、   ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
                        // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |


296 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:48:05 ID:BDAJ5cBN
七287.
父親に言われた事。
自分に課した事。
自然に思った事。

そして、いつかそう心に決めた事を言った時には、
真っ赤になっている事を自覚して顔を手で覆ったのだが、



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( mn)(mn)
. | ////.|  |人|  |      「泣かないように、だな」
  |    |  |⌒|  |
.  |     |  |. |  |
.  ヽ.   / / }  /
   ヽ  / / ノ ノ
   / ノ,,ノ    |
   |        |
    |       |



                          {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
                      ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
                     (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
                      ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
                    r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
                    { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
                      ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   「あら、可愛い………」     (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
                      `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
                        ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
                         |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
                          |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
                          |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
                         | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
                        !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
                           !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
                         ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
                       _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
                      `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
                       <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
                        |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i

297 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:49:05 ID:BDAJ5cBN
七288.
意外な反応に少し大きな声を出してしまった。



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |   「かかか、可愛い?」
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



慌ててジュンを見れば、寝息を立てる彼に起きる気配は見られないようだが。



                      l: : : : : |, イ__, -= '´ /
                      !: : : : /l: : : : : : : : : . . . .\
                      /ヽ: : / !: : 、: : : : : : : : : : . 丶 _
                  , -. :l   ヽ  V  ト - 、.   、_     _`ゝ
                _ヽ: :   ,/ /!    ト、   `  : .T  ̄
                /   / \ ' //  /!|_-- 、  `丶、
            / ̄ 〈   | ̄ l /´|/ , -- ¬ト、 ,- '´
              /   l /|/ - 、 __」      |ハ|
                  /    l r'´    ', ヽ、__ノ!イ      「う~ん、ムニャムニャ」
__                 ̄ ヽ r'ハ   ノ ,      !
    ̄   --    __   ̄ 丶T ´    _,-、 , イ_/ヽ
                     ̄ ¨ 二 ゝ.、_ 'ー_'/-‐'゙  _\
                 /    ̄ ¨ヽ!/-‐i'´  ̄    l
                     /       / l/  |



                            /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >て`:: :: :\   ハ  ___
                           5、:: :: :: :: :: :: :/´      ヾ:: :: テ| ̄|,、_ ゞ//┐|
                           ノ:: :: :: :: :: :/         ',:: :: ::|  | < X__ | |
                           廴:: :::: :: :: /           `):: ::|  |:: ::} V/ | |
                           /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ
                           てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
   「だって。                    <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_
   ………泣かないようにって、何?」    //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\
                          <<V/、_:::',  lヽ_,-+-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ
                        .   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'
                            L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、     イ |´`V´ ̄`ヽ、_\
                            // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
                        .   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}
                           | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
                           ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
                          / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ


298 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:50:08 ID:BDAJ5cBN
七289.



        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|       「男が流して良い涙は、三つしかないんだ」
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|



父親に聞かれていたら、尻の青いお前が言いそうな事だと笑われそうな気がする。

それでも男は涙の安売りなどするべきじゃない、と心の中だけで続けると、
興味津々な様子で振り返った真紅が顔を寄せて続きをねだってくるので、



                         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、
                        _ノ.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;入
                        (;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ;:;:,ヽ、
                       `).:.:.:;:;;;;;. '"´     ̄`¨¨);:;:;`ヽ、_ _
                        「.:;:;:;:;/         (;:;:;:;:;:;:;:;.;ト、;:;:;:〕
                        (;:;:;:/              ``);:;:;:;.lヽl;:;:;:)、
                        ):/  .:i .::l    .:.::::|.:.:.l::|:::::(;:;:;:;:;:ト、l;:;:;:;;) \
                        V:l.:i.:.i .:| .:l!  .:.:::l.:l.:.:::l_|.:.::::);:;:;:;ト、l;:;:;:〔 ノノ
    「その、三つって?」        i.:l.:l.:.l .:l_; l-ヽ、  }レ'  ヽ (;:;:;:;:;! l;:;:;:;:)ネヽ
                        Nトト.:ト.::V{ トハ \/ 下rテY} );:;:/ /,;:「  i
                          ハ ヽヘ八リ    V うル':ハ;/__/.;:ハ:i i
                         ,' ヽ、ト、ハ   '    ` ´ ハリネ薔シ′|  |
                           l  |.レヘリ 丶、` ´ , '{ /ーァ⌒ヽ .|  |
                           l  | ./ノ ハ} /`7j´  ,イ /: :r′   ハ|. |
                           l  | l/ ´ 〈: : :.ヽ>´::レ′:.{      }ニ |_
                           l  | l   く: : : :f薔j: : : : /    イ:::::ヽ :`ヽ
                           l  |./    厶才介辷ァ        l::::::::::} : : :ヽ
                           |  |.〉       /.: .:. ハ        |::::::::/ : : : : ',

299 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:51:06 ID:BDAJ5cBN
七290.
未だ二つ目しか流した事が無い男は、そこだけははっきりと答えた。



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ     「一つ、嬉し涙。
    l              ,‐-,.._ ゞ      二つ、大切な仲間を失った時。
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く     三つ。
   l               l    ノ!     愛する人を失った時、だ」
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


302 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:53:05 ID:BDAJ5cBN
七291.



;:;:;:;:` \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:/;:;:;:;:〉
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-  ̄ ̄ ̄  - 、;:;:;:;:./;:;:;:;:;:;:\_
;:;:;:;:\.;:;:;:;:;:;:,. ´              ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:/                 \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
;:;:;:;:;:;:;:;:/                       ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:{
 \ ./ /             ヽ       ∨;:;:;:;:;:;:;:;: 〉
;:;:;:;:;:.′/               \  、       };:;:;:;:;:;:;:;:/
;:;:;:;:;:i .i .′ / , ,. /     ヽ  l ヽ       l:;:;:;:;:;:「|     「……………」
;:;:;:;:;:| |  i!  i! .! .! .i      } 、 i i、 .l    l!;:;:;:;:;:|. |
;:;:;:;:;:! i! |! .ハ! l l {       | l .l ト、 | l  l!;:;:;:;:f′|
 、;:;:'.. {! l!/!r┼┼┼    j┼┼┼ 、| |  j!;:;:;:;:i  |
 ノ;:;:;:;:|人人ノ rテ井ミヽ   / |/rラ冬ミ|/∨\|;:;:;:ノ   |
 `ーァ;;::;|  | 《 {_fuハ ヽ  ,′ イ {_fu.ハ 》.|  |;:;:;:て|| !
  〈;:;:;:;:|  | 弋zラ  ∨   弋zフ |   | リ/ .| |  |
  |. て;:;|  | xwx          xwx |  |    | | |
  |.   ̄|  |、      ′      |  |    .| i |
..  |    |  |.\    ⊂⊃    / |  |_  | ! |
  |.    |  |―>         イ  ̄|  |   }.   |   |
  |    |  |    r仁Z`iヽ   .|  |  /   .|| |
  |     |  |    ヒンニュウ′  |  | .'≧.  |   |



だが、超至近距離、真向かいでこんな顔をされてしまっては
恥ずかしさが勝り、頭から湯気が立ち上ってしまう。



      ) ) )
     ( ( (
      ) ) )
      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |   「くぁ~、何言ってんだ俺」
  l レ ./..ノ .,''´} i
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |



言い過ぎた事に気づいて手で顔を覆うのと同時に
真紅はバッ、と凄い勢いで前を向いたのだが、
その体温が数度上昇したのが伝わってきた。

303 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:54:05 ID:BDAJ5cBN
七292.



          r::v⌒ァィ7::::::::/{`し厶ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'
         (`レニ.:.:.:.:/::::::/ァ⌒'       `丶.:.:.:.:.:.:.:.:`う
       __「二X)ニ.:.:./::::::/rー’i   l  i  ヽ \.:.:.:.:.:.:.:.>
       [{~ヾ彡ぅ.:.:.:/::::::/rv'  !  :|   |  ハ  '.:.:.:.:.:.:`ニ)
      `ー ' イィ).:.:.:{::::::,':`┐ :|   !  j|    i  ハ.:.:.:.:.:し、
       /ィ:{;ぅ.:.:.|:::::{:{ニ´   !  i|   |    |  }.:.:.:.:.ニく    「じゃあ、じゃあ―――
       /´ ∧!Yア.:.!.:.:.!rイ:  j|  ハ  i|    |  |.:.:.:.インく    もし、もしもよ?
     /´  // 乂ヾ:.Lrソt丁大┼ハ! !  |___tL  j.:.:ぅ’1{ヾ}
.    乂 //∧:} 延リい{ //////`"ーィkィz从ィ乂r:く i!:レソ   もしも、私が………その、死んだりしたら………
   イ:!  .イ  / 〉!  ヾ:{ トi! /////////////!イ/  1i  |:「
   L{// / 〈/   /ハゞ!//////////// / i:{  {ハ. jト{    やらない夫は………あなたは、
   ///     rソ/大ヾァx.__  ‐-   イl リ_ ! ! l!     涙を………流して、くれるのかな―――?」
.ィ彡//        ///::::::}ト、ヾ::::L__ _ ..彡八 ハ:{  : ト. {_
. //         //イ≦:::ハ }! 〉:::{〈ァ):::::::::::::::ヽ. ヽ ヽヾ ト、:、
. イ         ,ィ斗= ニ=-L_!j/:::::::`介:ヾ、::::::::::::_」、ハ  \ \ヾ\
        厶=ュ:≡=ミx  ≧=彡:ハ:r=ニ三 ̄Z ̄¨7   ヾ ハ }\ヽ
         /才ニ-ァ…‐テ::::::::/ }:>≦三≧ァ=く    } iリ  ゝ}



やらない夫の口が緩くなっていたのと同様に、
真紅も気持ちが抑えきれなくなっていたようだ。

耳まで真っ赤になった彼女の言う意味が分からず、
眉を動かしたやらない夫は耳を疑うように



   / ̄ ̄\
 /       \
 |          |
. |         |    「………え?」
  |          |
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽニニニニノ 、_
  /::::::::::::::::::::: ̄`ー
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
   ヽ::::::::::::::::::::::::i



と問い返すが、

5 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:55:05 ID:BDAJ5cBN
七293.
ずっと掴んでいた彼の手を放し、飛び上がるように立ち上がった真紅は
大慌てで部屋を飛び出して行ってしまう。



                    (:; :; ;, :: :: :: :; :; :; :; :; :: :; :;L _
        ||        |     , -‐:: :: :: :; :;  _ _ _  :; :; :; L_
.       _  i⌒i    !   i:; :; :: :: ::   ,  ´     ` ヽ :; :; ヽ
      f ヽ | l  _ !    〉:; :: :: , ´            ヽ :; )
      _\ `┘ .V´ /|    r:; :; :. /               \ っ
     ヽ_____      {     ):; :; /   i ヽ      、   ヽヾ`´      
     f二二  て-‐イ了   「:; :; /   , |  |丶 、丶\ \`ヽ ヾ丶     
         ヽ⊿廿庁 :; :;\ ヽ:;;|i  i | l |  ヽ ヽヽ \ ヽ ` i 丶     
、      :|l  Z丁:; :; :; :; :; :; ヽ`i | |  ト 、丶  ヽ |ヾ,ゞ、ヽ.`  l | _ -::-::-、         「ご、ごめんなさい!
:.\      ||    \ :; :; :; :; :; ヽヾヽ! |ゝF::ミ丶 ヾ!タ::レトヽハ ノiノ` ‐ - - - L         今の無し!
  \    ||      \ :; :; :; :; :; :;  レ! ゝ!ヒ:::ソ`  ´ヾ::ソ /::  ̄:: \‐::―::-- 、丶.
    \  ||     ミ  \:   ; :; ::  |  ヽ///// , ////./:: :: :: :: :; :;ヾ :; :; :; :; :`))‐┐     私、もう寝るね!」
      \||        |_\:; :: :: :; l  !ヽ\_,. rー-y_,イ‐;;-;、:; :; :; :; ;ヾ:; :; :; :; //::,. - -、
              |:; :; / :: :; ::丶 i >、 、丶- イ:; :; :; ;; ;; ;):; :; :; :; )L_//_/;:_!-、_ソ
              |:;< :; :: :: :: :: :ヽ ヽ;; ;; ;;`:;ヽ ヾゞ;;_;;/i:;,;-;;‐⌒フ-,て , - ‐ つ     ,
           / ̄|||:; :;〉:; :; :; :; :; : :: :丶ヽ/:;; ;; ;: :) /:; :; /;; ;; :; :; :; :; //_. /   く. _  _ _ ノ
           /  ||   | ̄|| | || | ||; :; :;\ヽ、_;; ;; |ノノ、 :;(;; ‐:; -;.、:; :;.i  ̄
          /  ||   |  || |_|| |_||: :; :; :;,>‐-=、´;; ;; `:;(;; ;; ;; ;; :; :ヽっ         ,. -:: ‐::-:: 、
          /  ||    |  ||:; :; :; :; :; :; :; :; :; :: :: :: :; );; ;; ;:; ヽ;; ;; ;; :;;/     , ‐ ::´:; :; :; :; :; :; :; :; :;ヽ
        ../__||    .|  ||:; :; -´::`、:; ; :; :; :; :; :;/;; ヽ、:;_:; ;;|/`‐´    ,  ´:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;.i
         ̄      .|_|:; :; :; :: ::,. ´ヽ:;_:;_:;_:;_ノ:; `:;‐-)):;`´丶、   /:: :: :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;;|
              |:; :; :; :_    || ̄|| :; :; :; :; :; :; : ノノ:; :; :; :; ;ヽ. /:: :: :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;;|
              |  :; |_||   / // ,´:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; 、:: :: :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;/
              | ̄:; ̄:; ̄:; ̄/ //:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :::|;:.ヽ:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;ノ
              |:; :; :; :;__/ // \:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;; ;: :\:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :;く.
              | :; :; :|___//; :; :: 、:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; ::/;;; ;; :: :: `:; :; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ` 、
          | :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :: 、:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; ::/;;; ;; :: :: `:; :; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ` 、



6 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:56:05 ID:BDAJ5cBN
七294.



                      l: : : : : |, イ__, -= '´ /
                      !: : : : /l: : : : : : : : : . . . .\
                      /ヽ: : / !: : 、: : : : : : : : : : . 丶 _
                  , -. :l   ヽ  V  ト - 、.   、_     _`ゝ
                _ヽ: :   ,/ /!    ト、   `  : .T  ̄
                /   / \ ' //  /!|_-- 、  `丶、
            / ̄ 〈   | ̄ l /´|/ , -- ¬ト、 ,- '´
              /   l /|/ - 、 __」      |ハ|
                  /    l r'´    ', ヽ、__ノ!イ      「……………」
__                 ̄ ヽ r'ハ   ノ ,      !
    ̄   --    __   ̄ 丶T ´    _,-、 , イ_/ヽ
                     ̄ ¨ 二 ゝ.、_ 'ー_'/-‐'゙  _\
                 /    ̄ ¨ヽ!/-‐i'´  ̄    l
                     /       / l/  |



後には、結局目を覚まさなかった様子のジュンと、
腕に残っていた感触に戸惑うやらない夫が残されていた―――



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉     「えーっと、真紅が死ぬわけ無いだろ?
                   ノ U   { )     j      俺が護るんだから………」
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r 
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……


 7 ◆FrtuoSIf66 10/10/21 21:56:35 ID:BDAJ5cBN
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手ありがとうございました!

次回は第七章その5(ラスト)になります。










【漫画全巻セット】【中古】ローゼンメイデン ヤングジャンプ版 <1~10巻> PEACH-PIT【あす楽対応】

価格:910円
(2018/9/24 08:59時点)
感想(0件)






ローゼンメイデン0-ゼロー 1 (ヤングジャンプコミックス) [ PEACH-PIT ]

価格:669円
(2018/9/24 09:09時点)
感想(4件)
























次の話






目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1231-d2c83484
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)