FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode.二人の騎士 第六章 剣の騎士と盾の騎士-4 2018年10月22日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




291 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:10:11 ID:ecndC5w8
六149.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

手配書が出回ってから三日。

そのたった三日間、絶えず王都から届いてくる知らせは
エスメラルダの人達が何かの間違いではないのかと、
簡単に信じられない内容ばかりだった。



:.:l..":`:;:;;;` /:|, : |,-i|,-i|┴┬┴,, .-'i::::::::::::::::::::||┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
..:#.:.:...":/   |  |, 'i|,-i|┬┴/イ :l|::::::::::::::::::::||┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
:;;:;'、i/     |; ' |, 'i|,-i|┴┬||:| :| l|::::::::::::::::::::||┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
.”,;/    ,.'ヽ| ,; |, 'i|,-i|┬┴||:| :| l|::::::::::::::::::::||┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
/    ./|/、|  |, 'i|]lii|┴┬||:| .| l|::::::::::::::::::::||┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
   . /| :||ヽl|  |!i]i;illl| ̄ ̄||:| .I/        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ../::::::| :||/、|  |iIlil]Ii,|    ||/
/:::::::::: | :||、 ,|  |iil]iI/
|:::::::::::::: | :||ヾ,|  |i]ll/
|::::: :と^ | :||、, |  |ii/
|__:| ii ,| :||/、|_|/
|  ヽii_| :||、/
|    .|_,|l/  「おいおい、国王様が
|     /   毒殺だったって本当かよ」
|    ./                           「第一騎士団長が関わってたんだろ?
|   /                            息子が王女を誘拐したって言うけど………」
|  . /
| ./                        ∧,,∧ ∧,,∧
| /                    ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧
|'                    ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )
                     l U l (  ´・) (・`  )l と ノ
                     .u-u (   l). (l   ) u-u'  「それよりカーディナルがやばいらしいな。
                         `u-u'   `u-u'      再編された騎士団の権限が強すぎてやりたい放題とか」

         「俺ぁサクラダ様を知ってるが、
         そんな事をするお人には見えなかったなぁ」












292 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:11:08 ID:ecndC5w8
六150.

一日目。

国王が毒殺されていた事。

国王毒殺犯人は第一騎士団長エンジュ=サクラダであり、
その息子と仲間が王女を誘拐してカーディナルから逃げた事。

王女誘拐犯が親衛騎士であり、薔薇騎士団は即刻解散、
全ての権限を剥奪された事。

王女が居ない現在、改革派の官僚達の後押しで
大臣である麻呂=イチジョウが臨時の国家元首となった事。

逆賊の指揮していた第一騎士団は解散され、
ギャブレット=ギャブレーの指揮する第二騎士団が
王城、王都警備の任に着いた事。



        ;':.:.:.:.:.:.:.:.      !   l          i
        !:.:.:.:.:.:.:.:      ! l  .li 、 、  !    !
        〃:.:.:.:.:.:    l i l .l l i .l l li l l l l    l
       /':.:.:.:.:.:.:.  / / l l l .l l l l !l l /ナ.ノ! l   ヽ、
     ,..、;':.:.:.:.:.:.:  ./ / l /'_/' /ノ/' /''/_、" レ     lヽ   「逆らう者はその場で処刑せよ」
     {、.ヽ:.:.:;:: -‐、 l /-'"-tュ='' ノ '  、O弐 /      l
      ヽ ./  , ,...L!.l:.!   ̄  ` .lヽ    ;       l
      lヽ/ ,-'" /ヽ、!.      !. ,    ;'       l
      .l/ ~  / /`ゝ、    ,、,ノ    l      イ
  , -ー'''~{ ,  '''   "  /''/、  丶==ッ  ./l     l .l
. /    丶  ̄ ー― 、{ノ l.\  `ニ~  //!     l ヽ
〈    ヽ  ヽ.、      l l l  \   /~  ll     l l__ヽヽ
.l   l  ヽ  ヽ丶.     l l./、  l .ー '    リl    //  ̄`''''ー、
 !  l   ヽ ヽ「~'''l    }.l ヽ  !     _,,.-/   /        ̄
 l  l      /ヽ ̄   / l  「二i _,,. - '' /  /
 .l  !     /'  `丶、_,,..-イ   / ―   イ //
. /      /0       l   /     /l/~

293 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:12:09 ID:ecndC5w8
六151.

二日目。

第一騎士団の残党がカーディナルの町に潜んでいるとの事。

残党狩りの為に第二騎士団は大きな権限を与えられたのだが、
略奪や暴行などを繰り返し、治安が一気に悪化している事。

麻呂が非常事態を理由に、正式に国家元首に着いた事。



          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、       「これより麻呂の言葉が絶対である。
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}        共和制?
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /        この非常時に検討や代表者の選出などと
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /         悠長な事は言ってられぬであろう。
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /          元大臣である麻呂が国政を引き継ぐ事に
            ',    /.:             ミツ/ー'′          何の問題があるというのじゃ?
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、           残念ながら王女の無事は期待できぬようであるしな、
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ          ほーっほっほっほっほ」
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /



295 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:13:09 ID:ecndC5w8
六152.

そして、三日目。



    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈   (麻呂の甘言に踊らされていた多数の改革派が
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i    真意に気づいてももう遅い。
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙   今では大騎士団長となったギャブレットと、
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ    神殿の代表者であるリフと共に実権を完全に掌握、か)
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



魔法学院は何とか中立を表明しているが
代表者であるロイ=マスタングが保守派だった事もあって発言力は無きに等しく、
こんなはずでは無かった、と改革派の官僚達が後悔した時にはすでに
抵抗した者は即座に失脚か粛清される恐怖政治ができあがっていた。


296 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:14:09 ID:ecndC5w8
六153.
今は権力の集中と反対勢力の芽を摘む事に躍起になっているが、
王国法にまで手を付けられたらどうしようもない。

学生であった頃の良き好敵手であり、官僚として城に入った友の訃報を受けたウェンリー=ヤンは
家に戻る気分にもなれなくて十八時過ぎの町を歩いていたのだが―――



        ,r'Zヽ     _,,,;:-、s-──--ミ,,_
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}   「やれやれ。
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ    ラインハルトの奴まで粛清されたとあっちゃ、
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ    居ても立ってもいられませんってね。
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|        おや、あれは―――」
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _-     /
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''
              \,-、_,:-ー、`ー-'''7ー:、__
             \  `ヽ `ー''''"'<,,_ `ヽ、


297 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:15:09 ID:ecndC5w8
六154.
町の南の出口付近、乗合馬車の停留所のある広場で
教え子が声を張り上げているのを見つけ、そちらに足を向ける。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::・:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::(;;ヾ;ミ;;;;(::
:::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,;;ヾ;;;, ;;;;;;ミ;;;;(::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ;;;;(;;;:::;;;ミ;;;;(::;;::;;ミ;;;
ヽ:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::: .,, :::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.(;;;;ミ:;;;;ゞ;;;;(;;;;;ミ;;;;;
:: ヽ;,,、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ;;;; :.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(;;;;;ゞ;;;(::;;::;;ミ;;;;;;〃;;ゞ;;;;;
:: ;;i ..i...... ..... ......... .......... ..;;:::,,   ,;;;/ニ ,へ.ニニニニ/ヽ  (;;;;ヾ;;;;;;;〃;;ゞ;;;;;(;;;;;ミ;;;;;
'' " ,, ;:'':: :: :: :::: ::::::: ::::;'::: :: ::.'';,:: ,,, ii | 「 |i^il 「 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
,,. ;:'''::   ::. ..::. ..  ::;':: . ::: :: ''、  ;; ̄ ̄ .,, 、|::
. :  : . :  . : /. :  . :   ,::.\:: .:::::::(;;;ヾ;|:
  ,,  , . ..  :/.,,       . .. . ,\. (;;;ゞ;;;|
;      ,, . /              \,(:;;;ゞ|
 :       ,/       ,. -- --  .
       /     .  ´       `  .
      /    /             ヽ
     /    / /           ヽ    ヽ
 .        / /    /        ヽ   ',
   /    /  i     ! l  i     i l   i  !   \
  /    /   !    l i,. --ト.    /H- 、l ハ    \
 .     /     /l    iイ´又リハ  / ,ィ.r / /リ
   /    //    i ifY:::;ト.  ヽ./ fr.<ト.iイ⌒ヽ、     「ただ今、東区画の『髭オヤジ亭』はお客様感謝期間!
 ,.イ./     /    /i八cr::ノ    ヒイ リ lト、ヽ. >     飲み物、食べ物全て半額となっております!
  レ!      /    //⊂⊃      ⊂⊃.| ヽヽ
  N  ハ  /i   ,.イイ\    r‐、  / l |  〉 〉     この機会に是非お立ち寄りください!」
   lハ ヽi !  /~7ハ > .__ _ー’イ   | |  ん'
   '   \j. レ' /  ト. Vレフル'´   ノ.ノ
          / /⌒V ー'フ       ´
         /  ヽ  !. ,ィ´
        ゝ.   i  i/ リ
         l`ー‐'i  ! 「 ̄ ̄ `丶、
         |   ト._,l |       \
         |    \ヲ       /´/
         |      \    / ,. '
         |  __ ,. -rヘハ  ハ_/
         |/  ヽ  ヽiN.ノ \
         `ー‐‐ ヘ  ヽ \  \
              \  \ \  \
                \  \ \--へ
                 \--ヘ `ー‐'
                   `ー‐'

300 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:16:09 ID:ecndC5w8
六155.
髭オヤジ亭には何度か行った事があるが儲かっている印象は無かった。
しかもこのご時世に、割引をしてまで客寄せをしている事に違和感を感じていると、



    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i    (この状況で割引?
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l     人集めをして何を―――)
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



彼の姿を見つけ出したサクラが小走りに駆け寄ってくる。



                                   _ -‐ ‐- _
                                   / -‐       `ヽ、
                                  / /      \  ヽ ヽ
                               /  i   | i レi ト、  ', ハ
                                   i  |ハ  ハ-‐ ノi |.,   rヘ }
                               |  iヽN 、 レイハリ|ミ   | ! ヽ、
                               |  | fス ヽ! イ了ラ リ メヘ| ',  ヽ
                                |  | じ   ヒソ   s ノ| 〉____〉
   「あっ!                        |  |i  、       ri´ |く__」
    ヤン先生、こんばんは!」            i  |ハ  r‐ァ     イi   L」 |
                               |  i|i \ `    / _ヽ_ i i !
                                   !  | i  `ー f‐‐'´  __ 」 i i |
                                 |  i ヽ、 /ヘ|  / ,.-‐ヽ! i i!
                                |  |   `{ rf|i/ ,:'    ヽi |
                               |  i    ノ}/  !      i ハ
                                  ! i ハ イ/    i!      i|ルi
                                リ / レ´     | i        i
                                  / 。       ヽ',   ;  i|
                                   i ':        ヽ.     !
                                 ヽ 。:.        i       |
                                  Y´ ー        |      i
                                   |           __」、    |


302 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:17:09 ID:ecndC5w8
六156.



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ   「こんばんは。
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i    学級を休んでお仕事かい?
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ    随分と精が出るねぇ」
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_



入学してからこの間まで無遅刻無欠席、成績はまだまだであるものの
やる気は人一倍の彼女が休んでいるので、
てっきり体調でも崩しているのかと思っていたウェンリーに言われサクラは恐縮するが、



                         _,-―.:´ ̄ ̄.:ヽ、
                       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                      //.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                    / ./.:.:/.:.:.:/∧.:.:ヽ.:.:ヽ、ヽ ミ[]二\
                      |.:./|.:.:.:|_.|_|ヽ.:.:ヽヽ_ヽ_ヽ:.|ヽヽ\\
                        |.:/::.|.:.:|イ⌒、ヽヽイ⌒トヽ|.|.:.:i ! | |、
    「ご、ごめんなさい」      /ヽi.::.:.|.:| b:::j     b:::j |」ノ.:.:.\\\|
                     /.:.:.:.:/iヽ! `´  '  `´//.:.:.:.:.:ヽ\|
                    ./.:.:.:.:/.//.:.:\. ( ̄) ./.:.i|.:.:.:ヽ.:ヽヽ
                   /.:.:.:.:/.://.:.:/|.:,‐'、二,イ_、.:.:!|.:.:.:.:ヽ.:ヽヽ
                   /.:.:.:/.:.:/.:.:.:.:,―' i  ! ! i ―,ヽ.:.:.:ヽ.:ヽヽヽ
                  .!.:.:.:/ |/.:.:/~:::|  / 0 \  .|::~ヽ,.:.:ヽ.:ヽヽヽ、
                .  |.:.:/ i.:i,_i\::::ヽ/./∧\.ヽ/::::/i_.:.:|.:.:|ヽ.:|ヽ!
                .  i.:.:!  i.:iヽ、 ∨.//│.\\.∨ /..:.:!.:.:| |.:|
                  ヽヽ i.:i.:.:|  |:::i/ ̄┬ ̄.\i::|  |.:.:/i.:.:| i/
                    ヽ! i:∧i  ヽ::::::::::::::|:::::::::::::::/  i.::/ |/
                ゙         |  ヽ、:::::o|:::::::::::,/  |/
                .         |    |:::::::::|:::::::::|    |
                         |   |:::::o|:::::::.|   |
                .          |   |:::::::|:::::::|   |

303 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:18:09 ID:ecndC5w8
六157.
親の資産を食いつぶすまで勉学研究に没頭していた過去を持つ男は
働く事は重要だよ、とちょっと自嘲気味に笑った。



        ,r'Zヽ     _,,,;:-、s-──--ミ,,_
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}    「いやいや、没落貴族の僕が
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ    人の事を言えた義理じゃないんでね。
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"      今更ながらに、勉強するにも金がかかるって
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|        思い知らされてるよ」
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _-     /
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''
              \,-、_,:-ー、`ー-'''7ー:、__
             \  `ヽ `ー''''"'<,,_ `ヽ、


304 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:19:09 ID:ecndC5w8
六158.
授業中にも何回か、金が無いので研究職を辞めて
エスメラルダで教師をしているんだと聞かされていたこともあって、
ウェンリーの財布が寂しい事を知っていたサクラはこれ幸いと呼び込む事にし、



              /                     \
             , '                        ヽ
                /                           .
            /                         .   ,
             '     / / / / / /         i       l   l i
          i    ,' ,'  ,' / / /       l   i i   i _ __人__ _
          |.    i ll   l i l i        /  l !  /l   `Y´    「あ、じゃあうちに来てください!
          |i     l ll   l l l l        /  / !  /∧  リ} l
          |l    l ll   l 十 l‐‐ト、      /!  / /i /∧ \「ト、    今、半額期間中なんです、
          |l    { lト、´lノレ''\j \   , '十 ァ メ./ //r'ー~{. |ハ    お財布がぴーぴーの先生でも
          |l   八 j V       \/  ,レ'/ レ'//j___ ノil |  i    十分楽しめると思いますよ!」
          | i    | x==== 、       _____  ' ' j . イノ| |  |
         _ __人__ _ |             ´ ̄ ̄``ヽ. /f⌒i | |  |
          |`Y´   |                   /ノ / .⊥r'rr''
          | l    ト.         !          / ./  | | l |
          |l    i il l\       r‐‐ ,        , ' イ     | | l |
          |l    l ll l  i\    ` ´      / l ll  i   | | l ト、
          |l    l ll l  l  \        . ィ i  l ll  l   | | l |ハ
          |l    l ll l  l __ |    __ .  ´  j_. l  l ll  l   | | l |_!
          |l    l ll l  lf´ `ー‐ 、 ,.vr──' `ヽ l ll i   i` ┴'l
          |l    l ll l  リ    //ハヽ      | l._ __人__ _l  l |
          |l    l ll l ノ    ///  l i     , ' \__l.`Y´  l  l |
.     __      |l   l 「     ///   | |  /   / 〉-l 、 l  l | __ __
  /´   ̄ ``「lll   l ト、     ///r-- ァ; |     / /    ` ー‐r '´   `ヽ
 /          | |l   l | >====|| //`ー=== 、/ /      /       ヽ.



307 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:20:12 ID:ecndC5w8
六158.
珍しく酒の飲みたい気分であった彼は、もう一つの目的もあって行ってみる事にした。



            ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
        ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
      ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
     〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
     レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
     l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}
     リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}     「折角だし、行ってみようかな」
   、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
   彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ    (この分なら冒険者を含めた大勢が居るだろう、
     V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(     何か新しい事が分かるかも知れない)
        ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV
       ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ
            ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
            .゙、        /   _ノノ:\
           ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
            `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
           ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
             / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
          {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
             い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
         ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l
        /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i
         /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l
      /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|


308 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:21:09 ID:ecndC5w8
六159.
それで東区画へ向かったウェンリーを見送り、
心から笑うサクラの表情にはもう奴隷だった頃の、
暗殺者の真似事をさせられていた頃の陰りは残っていない。



                      ,,.. --――--、,-―--.,,,_
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                  /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/:/:::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::/::::!:::::::::::::::::::::::::::::ハ
                     /::::::::::::/::::::::::::/::::::/:::::/::/:!:::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                /::::::::/:/!::::::::::::!::::::/::::::/:/::::!:::::::::::!::::!::::::::::!::!::!
                /::::::::/:/:!::::::::::::!:::!:! !:::::!!::! !:::!::::::::::!!:::!:!::::::::!:::!::!
               /::::::::/:/ノ:::::::::::::!::!!!-!::::!_!:! !::::!:::!!:!!!!::!:!!::::::::!!:!:!
               /::::::::/:f´!::::::::::!::! !! ! 丶:!丶!. !:::!ノ:!ノ !:!!:::!:!:::::!!:!:!
                 /::::::::/::::! !::::::!!::!::!-―-、丶 !. `::::::/_.!ノ!:ノ:!:!.!!:!:!
             /::::::::/::::丶!:::::!:!:!::!    `     .!ノ  ソ`ノ!:ノ:!:::ノ !    「わぁいっ!
              /:::::::ノ:::::::::::!:::::!:::!!:!         ⌒ヽ、/:::/!~!      一名様、ごあんなーーい♪」
              ノ::::::/:::::::::::::::!::!::!:::::!:!       、   /:::::| | !
         . -─- ./:::::::::::::::/!::!:::!::::::!!   r‐‐-、 ´   /::::!:!:| |__」
       /     !ヽヽ ̄  !:::!:::!:::::!:!   `ー- '   /:::!::!::!:| |
      /       ! !:!   !::!:::!:::::!:!ゝ、___ ,. -‐''´ :::::::::!:!:!::|ノ!
     /. /      ! |;|   !::!:::!:::::!::!_/   !;;!`ヽ:-へ、:!:!:!:!| 丶
     i  /     |  ! |;|   ヾ!:::!:::::!::!..   |;;|  ヽヽ.丶!:!:!!!|  |
     |  !      ! . ! !;;!..   !ヾ!::`!::!!     |;;|   ) ..ノ!:!::!:!!../
     ノ  i      | |  !;;!   _|;;|::::`!::!   ノノ  /  /:::!:!::!::!
   /.  !    .: ! ノ  .!└一´;;;;;;;;ヾ::::!i;;ゝ、_.|;|.  /  /::::!:::! !:!
   ノ.   i    :: i/   , ̄´;;;;;;;;;;;;;/ヽ:ii;;;;;;;ゝ、」 /  ./::::!!::! !::!
  /       ..::::: |/  (;;;;;;;;;;//;;;/ !ノ !;;ゝ、;;ゝ,/  /:/ !ノノノ
  /     ...:::::"/    \/ /;;;;/ヾ /  !;;;;;!ヽ/___ノノ 丿
. /       /          !;;;;;;!○!   !;;;;;!. !
/       /           .!;;;;;;!  !   !;;;;;!. !
       /            !;;;;;;!  !   !;;;;;!ノ
.       /             !;;;;;!/    !;;;;;;!
.     /                >'   _,,..r''!;;;;ノ



光の当たる道。
幸せを掴む旅路は真っ直ぐ、彼女の目的地まで続いているに違いなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……


309 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:22:11 ID:ecndC5w8
六160.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東区画、スラム街の手前にある髭オヤジ亭。
店の前まで来ると中から活気が伝わってくる、
半額のうたい文句に釣られた大勢が楽しくやっているようだ。



<ワイワイ
<ガヤガヤ


(;ノ";";~);;/  (ヾ ;";(;;";)
     ((;ノ ;;;";"ヾ';''ヾ;( ̄```' ‐ .、._,,
             (;ノ ̄```' ‐ .、._,, ̄```' ‐ .、._
            ヾ人);;;::::::.......    ̄```' ‐ .、._"'ヽ
              |(;ノヾ;;;::::::......          ヽ ヽ
              | (;ノ;;;::::::......           ヽ,..;;'、
              |((;ノ;;;::::::......           , i.;:::|
              |(;ノヾ;;;::::::.......         /二二二二二/i
              |((;;;;:::::.....,           | 髭    ..;;| |
______________,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l       |:   親 G ..:| |
__|__|____|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l;;;   |_____;|/
_|__|__|__|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   |:|∥.;:| |:| ∥
__|__|__|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ,|:|∥.::| |:| ∥
"""'''           """'''~  """'''" ""'''"""'''"""'''"""'''"""'''



軋む扉を開けてオヤジに声を掛ければ、



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ  「こんばんは、お邪魔してもいいかな?」
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_



忙しい厨房をてきぱきと切り盛りしていた主人はこりゃ珍しいお客さんだ、と喜び、
洗い物をしている手を止めていくつか残っている空席を顎で指し示す。



                                _,,--''''''---,,,__
                              /         \
                             /            \
                            /         /⌒\/|
  「こいつぁヤン先生!             | /\    /⌒\ /|||||.
  どうぞどうぞ、空いてるところに        |  /⌒\||/    | ||||/⌒|
  座ってくんなせぇ!」              | |  θ___θ   / └ 9 |
                           . |    /〇\      <___/
                           /\/     \_ノ  /--,,,
                           |  /   /⌒\  \_/    \
                             |,.,.,.,./'''---''''ヽ,.,.,.,.ヽ

311 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:23:09 ID:ecndC5w8
六161.
それでざっと店内を見回して首謀者の姿を捜すと―――



        (ヽ、00  ∩
      ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
      ( ⊂ニニ   / /⌒) )            (ヽ、00  ∩
       `ー――'′ し∪  (ノ           ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
                               ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
                              ( ⊂ニニ   / /⌒) )
                               `ー――'′ し∪  (ノ
/  /     ̄ ̄ ̄| | ロ ̄(∞-) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄c(__ア 旦 ̄ ̄ ̄/┗(;;;;;;;;;;;) /|__
.   |ニニニニニニニニ.ニニニニニニニニニニニニニニニ.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニξニ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/  /|
     ∧_∧   ∧_∧ 、,,  /■\     ∧∧  ξ   ζ   cヽ_フ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  //
     (,, ・∀)cU ( ´∀`)∀ (∀`  )c■ ( ,,゚Д) c目  c□ ∧∧.  ̄          //
ニニニγ   つニニ(    つニニと  \ニニ /   つニ(-   ) ニ(ω^=).ニニニニニニニニ |/
    oゝ_.⌒)   .(    )   ( ___.) ~(__ノ   ( ∪)_  ( ._)~          |
     (_____し    .( ̄ (_)   .し__)  (__)    U ̄ _)  U__)/            .|
     ∥ ∥     || ̄||      ∥ ∥   ∥ ∥     || ̄||   ∥∥              |




    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i   (これはまさしく情報の坩堝。
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   誰がこの状況を望んだ?)
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


312 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:24:09 ID:ecndC5w8
六162.



「ここんところの事件で
 どの店も湿気てるから                「ほんとだねぇ、
 気が滅入っていた所モナ」              王都の事は気になるけど
                     |    ...:;;|    たまにはぱーっとやりたいよね」
                     |    ...:;;|
                     |    ...:;;|    O   O     O
                     |    ...:;;|二二i | ||  || |ヽi二二i | ||
            .      ∧_∧|    ...:;;| .∧_∧ i ̄i  ||  i ̄i
                (  ´∀`)     .. :;;| .(・∀・*,)
                (     )    ...:;;| (    )
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾフ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\
                ∧_∧  ┴      ∧_∧    \
               (   *‘)        (    )     .\
            二二(    )二二二二二:(    )二二二二|


 「でも、王女様………            「王女様が見つかった時、
 まだ見つかって居ないのでしょう?」    麻呂がどう出るか見物だゴルァ」




居た。
酒場の一番奥、階段に隠れるかのように一人で座った背中が
ひたすらに耳を欹ててペンを走らせている。



        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ    カリカリカリ
        /:::::::::::: く
-―――――|:::::::::::::::: \ -―┃――――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)




あるいはその姿も、共通の目的を持つ者への誘いなのだろう。

313 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:25:09 ID:ecndC5w8
六163.
鬼が出るか蛇が出るか。
椅子を引いて向かいに座れば、



            ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
        ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
      ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
     〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
     レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
     l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}          「ここ、失礼するよ」
     リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}
   、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
   彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ          (若い。
     V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(           まだ二十歳前の、こんな少年が?)
        ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV
       ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ
            ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
            .゙、        /   _ノノ:\
           ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
            `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
           ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
             / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
          {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
             い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
         ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l
        /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i
         /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l
      /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|



テーブルの上で腕を組んだ少年は一瞬、自分を値踏みするような視線を走らせる。



             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |         「どうぞどうぞ」
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }
          __,, -ヽ     ノ -、
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"

314 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:26:09 ID:ecndC5w8
六164.
まずは相手の出方を待とう、と手を挙げていつものを注文すると、



                ッ-‐…ー-、
               , -'゙. : :: :::::: :: .`ヽ
             / . : :: ::;:::::::::::::::: : ト      r、.,.、
             { : : ;;、厶ヘヘ;;、、;: : ゙!     ゙! ゙i、 >:、
            ラ _;「´セT' f゙セト ):: {      ゙! !i-タ┐     「オヤジさん、紅茶とブランデー」
           ,r‐ ゙! l、';   ; !、  Tフ:;!.._  r‐、 l,  <,.イ|
            /   ゙!;:::゙!   ,ニ、 /゙:;(  ヽ ヽ.`ー'、、 '  {
         /     ,〉::l゙ 、 `ー' ,:'}:::{    ', `ヽ、 ! ,、 >、
         ,'    ,」∧ヽ_`ー‐''゙_ノi::::ト、_  _',__  `Fニノ゙.::..`、
        _l__,,.、-''"...:::::`'| i_| i」 l/::lコ:.`ー""ニ':, ̄`゙';:::::::::::::::..`、
      ,r''" .....::. ...::::::::::::!、  ノ ,|::::::::;' .::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::..゙:、
      / .::::::::::::::::::::::::::::::_:;;:二ニニ,::::,=、:::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::. ゙:、
     ,' :::::::::::::::::::;、-ニ"`ュ_  _,.、-'゙l, }-{ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゙i
     ,' :. ::::::::::::::/,: -'ニニァ' ̄ _,..l,リ | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    / ::: ::::::_;:/ '  ,、<- ''::"::::::::::{ /::::::::::::::::;r──t─-- 、、;;;:、'゙
    / ::::_;、-''゙.:::!、_ /.:::::::::::::::::::::::::::::レ'゙:::::::::::::::;'/    ',
   ,/ -''"....:::::::::::::.. ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'.;'     ',
  / .::: ..::::::::::::::::::::;;::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ,ハ      i
  i゙ .:::::::::::::::::::::;、t'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' .|; i     l
  ゙!::::::::::::::::;、-i゙  〉 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |.l i     l
  `'┬-‐''゙  ll ./ .:: ..::::::::::::::::::;;、-''"´ ̄`ヽ::: l l l     .l

315 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:26:12 ID:ecndC5w8
                 _,,,,-―――-、,,_
                ,,,-ッ=''"`        ` -.,.、
           ,/゙,/               `'.ヽ、
          ,i´;;;;;;:゙l                 `、\
            /: ;;;;;;;;;;:,!                  ヽ.ヽ
            |: ;;;;;;;::;;│                  ,―- !:l゙    「先生そればっかりなんだろ?
         ゙l.: : ;;;;:丿 ,,、---、、     'i、,    ,,/ ゙、 .|.,     ポットとボトルを置いておくから
           r'"''-、/   .l゙  ` '-、,,_  ,!( .,,,/   .| リ`i、    適当にやってくんな」
        .,!-、.ヽl゙   .|      〈`|"  l、l゙    ,i´ L ゙l 
        .l゙  ,i´‐!    "      ゙'"  __`"`   ′`l゙.l゙    (なるほど、奇跡の人と名高い先生なら―――)
        ヽ '.,        、.――ッ″`ッー-、、    |
         `、、l゙      ,、'";;;;;;;;;;;;;;;`''''";;;;;;;;;;`'-、  |-.
        _,/゙/.|     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ,|. `'-、,、
    .,,,、.‐'"゛  ,l゙ .ヽ    ./`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:v-''゙,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ 'i、   `゙'‐、、
: _,.-''″     .l゙  .゙,i、  .,i´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙''"^ ゙l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ `      `-、
."        ,l゙  .l゙ ',!、,_l゙;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;:|   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:゙l         ヽ
           │ `'、|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!    .'、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙l         : `i、
            |.丶 `l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.|__,,,-|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|          `i、



やらない夫から真意を聞いていたオヤジは、人は人を引きつけるものなのだな、と納得し
昼間に王女が要望した銘柄と淹れ方で作った紅茶のポットと、
そこに座った客に出す用に分けておいた中から新品のブランデーを取り出した。


317 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:27:10 ID:ecndC5w8
六165.



                                         ,-.
                                         |--|
                                         |〆|
                                         |--|
       ,,.r∩‐;、                                 / .`、
       ======                            ,:.´   `,
      ,r'´´´´´´´ヽ,                            i     i
 ;=、   ,!》》》》》》》》》》:!===;;、                        i     i
  ヽヽ,.. ,!巛巛巛巛巛.:!.......∥       r;:'ニ:ヽ、___,          i     i
   ヽ ゙゙゙,!》》》》》》》》》》:!.......∥       |` ー 彡|旦i          i     i
    \,!       ;;,:!==="      /!、._.___.;;!\          i     i
     ヽ、    :;:;:;:''         \`゙゙゙゙゙゙゙゙゙ /             i..  ̄  i
       ゙`''''''''''''''             ̄` ̄            :、_._._._._.;



酒飲みにとって、酒瓶の開封と最後との一杯は胸が高まるものだ。
以前とは違うボトルに、仕入れでも変えたかと簡単に考えたウェンリーは
うきうきとしながら紅茶のカップに垂らし―――



         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ソ;:;:;:;:;:;:;:ゝ、
       〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:Yイ|;:;:ヘ;:;:ヽ:;:ヽ
        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾヽ;:;:;:ハ
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
     ノイ;:;:ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノノ ハヘ ∧;:;:;:;:;:;:;:ヽ
      ルノノ;:;:;:;:ノノ;:;:ノ彡'ソ/ノ ヾミハ;:;:;:;:从リ         (――――!)
      /彡彡ニ彡イ彡ニニ"   __ ヘ;:;:ハル'
       ト彡イ イ.l|   ̄`   ´fォッ` /ソ''
      ヾ;;;;ヾ. ソ         {    ,'
       ル;;;;ヽヘ      ー-'   ノ
       从;;;;;;;;;|    / ̄ ̄ ̄`ミ辷ニニヘ
         >ハルj ヽ  l´        |  i `ヽ、
       |>ー--、.ヽヘ           /ニニ≧.  |
        |.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ゝミ、      zヘ、___.  、 |
     /.:.:|φl.:.:.:.:トY´ ̄`Yニニ>ヾ::(    、 |___
--一'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.   ハ ヘ   |.:l´ ̄  、  ∨.:` ̄`ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人   |::  J  j.:.:ヽ、       }.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ト、___∠.:.:.:.:.:ヘ、.   /.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミヽ='.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:



一口飲んで、慌ててラベルに目を走らせる。

319 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:28:09 ID:ecndC5w8
六166.
ポットに入っていた紅茶も特級品、種類までは分からないが
淹れ方も完璧で王室御用達の品と比べても遜色がないだろう。

そして驚いたのはブランデーだ。
ファイブリア王国テールグレープ産、総歴千九百六十七年産ヴィンテージ。
こんな場末の酒場には存在してはならない、
一本金貨数百枚は下らないはずの銘柄である。



                 ,====、
                  |;:.:.:.:.:.:.:.:;|
               |;`` ´´.;|
               |; :::::::::: ;|
               |; :::::::::: ;|
               |;二 二.;|
               |;     .;|
               |;     .;|
               ノ;    ;ヽ
              /;         ;\
            ,';           ;',
            |;               ;|
            |;               ;|
            |',───────, '|
            |i ̄ ̄ ̄.ww ̄ ̄ ̄i|
            |i     └-┘     .i|
            |i  Fiveria     i|
            |i   Tail Grape   i|
            |i  VINTAGE    i|
            |i    -1967.-   i|
            |i ___34/445_i|
            |.`───────'.|
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
 ───── ─. |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|─── ────── ─────── ──
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|
            |;:.:.:.:.:.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.:.:.:.:.:;|
            |;:.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.,:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |;:.:.,'.:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:. '、:.',:;;|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           `'、::_';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
               ` ̄``´´ ̄´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



320 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:29:09 ID:ecndC5w8
六167.



          _,.、-‐''''"""""""'''ー- 、
        ,、-''゙             ヽ
        /  ,へ     ____..:.::::l
     /    ゙ー' ,、-‐''"´、 、__ 、_ ``'〈
      l     ,.-'゙、 、 ゝ、`  、` `、 ゙:、
     ゙、_,.-'゙ ,小、ミミ、'ー゙ニ'ー`ー`:::`ヾ:ヽ,::';
      リ,  r<,'_゙、`` _ッ=,ニ,、`゛`!::::,:- 、:::::::l  「オ、オヤジさん!?」
      'ハ、、ト (で!>i ´ 、:゙‐'::'  リ ,!/'i l:::::/
.         l  ´ノ 、  `    ノリ > !:::i゙
         l  i.. ,...':      /゙,ニ-'゙::::ト、
.         ゙、  r─- 、     / !、:::::リ
          ゙、  l,Z二ノ   / ノ;''"^:、
           ゙、 `二´   / ,.r'゙..:.:.:.:::::::゙:、
        ,、-',ニ\__,.、-'ニr''゙  /゙、:::::::::::.`ー- 、
    _,,.、-''",ィ 「  f" `7´   |゙:、 ゙、/.::::::::::::::.:.:...
  ー''" '''"´  l ハ !        l::::゙:、 ':;:::::::::::::::::::::
          l,' ヾー- ..,,,.. -‐'゙::::::>;'/`ー-- 、,,_


しれっとこんなものを飲まされて、いざ支払いを要求されても
素寒貧に近い懐では払いきれる訳がない。

焦ったウェンリーは罠か、と椅子から腰を浮かせたのだが、
ペンを置いた向かいの少年が大丈夫ですよ、と声を掛けてくる。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    「ああ。
  |     ` ⌒´ノ    どれでも値段はいつもの半額ですから
.  |         }     大丈夫ですよ」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm (物の価値を知る人か。
   /    ̄ ̄ ̄ つノ 貴族、かな?)
   |    | ̄ ̄ ̄


321 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:30:09 ID:ecndC5w8
六168.
それで試されていた事を知った彼はやれやれ、と腰を下ろし―――



                _,,.、、、、、、.,,_
              ,、-'´ . : ::::::::::::::::::::ヽ;ヽ、
              / . : : :::::::::::::::::::::::::::::゙ミ、::ヽ、
           / . : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミヽ::::ゞ、
          i ; ; ;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::lリゞ;;:::ゞ
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノイ,/;;;;/::;;〃i/いリ;;;;;;:::::`、
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ,/;;;;/ノ;;/;ノノハノハw;;;:::::';      「それを聞いて安心したよ。
            !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ,ノノイノハノノノイノヽ、ノハ;;;::::!
           l;;;;;;;;r'ヽ;;;;!  -─ノノ-ノ '´─-ヽ;;:;:;:::/       しかし、金貨何百枚もするような酒を
          ハ;;;;;!リ〉リ'   r-rェァ'`  ,rェッ  !;;;;:ソ       こうして振る舞うなんて、一体何があったんだい?」
          ,リ;;;;;;),  ヽ           l    /;:ノ
          ,/)ぃ,l:リ  l        ,_」   /
      _,.、-‐!  ヾ:!、Y       ___   /`ー -、_
_,.、-‐' ̄''ー- 、 l    \  ヽ     ー   /`ー-、_ i`ヽ、_
``ヽ、_,.、-ー-‐'ヾ 〔《l \ \     / \     `ー-,l ';
   ヽ、      ヽ      r'、  `ー‐',i ,r-‐'゙}        l! !
    .ヽ、     `、   /.、 \   / 〉\/          / ,}
      ヽ ゙l、  ヽ/、;:;:;:゙:、 \_/_,.r'             / / ク
`''‐-:、,_  ^:、 !       `ー、;;ヽ、,.ィ':;/          i / イr'゙ \
    ``''‐-:゙i ,|           `!;:;:;:;:〉     ___{_/ィレ'゙ _,.、‐':
ー─- 、___ミi、           ,}:;:;:/,-‐'" ̄ヽ、ヽ  ヽ、 ̄ヽ、   \
         `ヽ、   _,,..、-一''"         ゙i `l    `ヽ,.ー-ヽ、
         _,.、-‐'"                |  | ,ノー-、,    ヽ
      _,、-'"/                     |  イ'r 



英傑同士の探り合いが始まった。



                                     / ̄ ̄\
                                     /  ヽ_  .\
                                    ( ●)( ●)  |
                                   (__人__)      |
   「さて。                             l` ⌒´    |
    王女誘拐犯でも                      {         |
    捕まえたんじゃないですかね?」            {       /
                               _. -: ´Λ     _.へ` 、
                              r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
                            /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
                            |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
                            〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
                            /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



まず初っぱなから、要求に適う相手かとやらない夫が大きな手を打ちにかかる。
彼は酒場の戸口で中を見回した相手が、真っ直ぐ自分の向かいに座った事を知っていたのだ。


322 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:31:09 ID:ecndC5w8
六169.
それでこの場の目的と、彼が首謀者である事を把握した自分こそ、
まんまと呼び込まれた獲物であると知ったウェンリーの顔がさっと真剣味を帯びた。



    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i     「――――!」
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ     (この少年………
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′      手配書の?)
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


┌─────────────────────┐
│             / ̄ ̄\            .│
│           / _ _ \           .│
│           |   ・  ・   |          ..│
│           |@ (__人_)◎ l           .│
│           |   ` ⌒´   |          ..│
│           |         }            │
│           ヽ        }            .│
│            ヽ     ノ            │
│             /    く            ..│
│    ┌──────────────┐   .│
│    │   やらない夫=D=ビップ   │   .│
│    └──────────────┘   .│
└─────────────────────┘


               / ̄ ̄\
              / _ノ ヽ_ \
             |  (●) (●) |
              |  (__人__)  |
              |    `⌒´  |
             |        }
             ヽ       .}
            __,_,,.ヽ_   ノー- 、        〔ll〕
           ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:           |!l|
           } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_      |!l|
        r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||    !Kl
       .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||.〈wl≦《》≧lw〉
       .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||   l》 《l
      ―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――───────────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'


脅しなのかもしれないが、少年の隣には素人目にも業物と分かる両手剣が立てかけてある。



323 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:32:11 ID:ecndC5w8
六170.
だが、剣ではなく論理戦であれば自信のあった彼は
毒を食らわば皿までよ、と同じ大きさの手を打って返し
話に食いついて見せた。



         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ソ;:;:;:;:;:;:;:ゝ、
       〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:Yイ|;:;:ヘ;:;:ヽ:;:ヽ
        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾヽ;:;:;:ハ
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
     ノイ;:;:ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノノ ハヘ ∧;:;:;:;:;:;:;:ヽ
      ルノノ;:;:;:;:ノノ;:;:ノ彡'ソ/ノ ヾミハ;:;:;:;:从リ           「いや、それはないだろう。
      /彡彡ニ彡イ彡ニニ"   __ ヘ;:;:ハル'            王女様が王都に戻られたなら
       ト彡イ イ.l|   ̄`   ´fォッ` /ソ''              イチジョウが降りて体制が元に戻るはずだ。
      ヾ;;;;ヾ. ソ         {    ,'                         ・ .・ .・ .・ ・ ・ ・
       ル;;;;ヽヘ      ー-'   ノ                それに―――君はここに居るじゃないか」
       从;;;;;;;;;|    / ̄ ̄ ̄`ミ辷ニニヘ
         >ハルj ヽ  l´        |  i `ヽ、
       |>ー--、.ヽヘ           /ニニ≧.  |
        |.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ゝミ、      zヘ、___.  、 |
     /.:.:|φl.:.:.:.:トY´ ̄`Yニニ>ヾ::(    、 |___
--一'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.   ハ ヘ   |.:l´ ̄  、  ∨.:` ̄`ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人   |::  J  j.:.:ヽ、       }.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ト、___∠.:.:.:.:.:ヘ、.   /.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミヽ='.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:



それで、自分の望む相手が現れた事を知ったやらない夫は気持ち剣を遠ざけて、
敵対心のない事を示してからじわりと本題に入る。



                              / ̄ ̄\
                            /   _ノ  \
                            |    ( ー)(ー)
    「そうですね。                |     (__人__)
     たとえば王女が王都に戻ったとして、  .|     ` ⌒´ノ
     イチジョウは退くでしょうか?」     . |       nl^l^l
                           .  ヽ      |   ノ
                              ヽ    ヽ く
                              /     ヽ \



325 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:33:10 ID:ecndC5w8
六171.



    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈    「今、王都から伝わってくる話が全て事実であれば、
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i    退かぬ道理はない。
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙    だがもし、そうでないのであれば―――
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ     正統な王位継承者は目の上のたんこぶ。
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙       のこのこと現れた所で消され、
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、       罪は誘拐犯に着せて終わり、だろうね」
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



                               / ̄ ̄\
                            /  ヽ、_  \
                           (●)(● )   |
   「俺もそう思います。            (__人__)     |
    正味の話、もうこのクーデターって     (`⌒ ´     |
    成立してますよね?」       .     {           |
                            {        ノ
                             ヽ     ノ
                             ノ     ヽ
                              /      |

326 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:34:09 ID:ecndC5w8
六172.
     ク     ー     デ       タ      ー
暴力的な手段の行使によって引き起こされた、非合法な政変。

王都から伝わってくる情報を根底から覆す、
しかし別のつてからの情報を得ていたウェンリーにとっては至極納得できる一言。


┏────────┓

   …………。

┗────────┛



                             ,、  _
         ,、  _               ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
     ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__         '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬
     '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬         '-' / /   .゛´   / /
        '-' / /   .゛´   / /        //         //
       //         //         `´          `‐´
       `´          `‐´
         |    ...:;;|
         |    ...:;;|
         |    ...:;;|    O   O     O
         |    ...:;;|二二i | ||  || |ヽi二二i | ||
.      ∧_∧|    ...:;;| .∧_∧ i ̄i  ||  i ̄i
    (  ´∀`)     .. :;;| .(・∀・*,)
    (     )    ...:;;| (    )
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾフ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\
    ∧_∧  ┴      ∧_∧    \
   (   *‘)        (    )     .\
二二(    )二二二二二:(    )二二二二|

327 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:35:09 ID:ecndC5w8
六173.
しばしの沈黙の後、肩の力を抜いた一人が
化かし合いも楽しいが、せっかくの機会なのだし
もっと有意義な場にしないかと持ちかけ、



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ   「それを答える前に、
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i    なぜこんな事をしているかを教えて欲しいな。
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ     僕はウェンリー=ヤン。
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"      貴族崩れの教師だ」
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_



頷いたもう一人もそれに乗った。



                                           / ̄ ̄\
                                      rヽ  / ノ  \ \
   「俺の名前はご存じですよね。                 i !  |  (●)(●) |
                                    r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
    ご想像の通り、情報集めですよ。            〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  |
    ここまで成ったイチジョウの革命を、         l` ( ``/ .  |        }
    再度ひっくり返す事が出来るのか―――」     ヽ   l  .  ヽ       }
                                   |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

328 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:36:09 ID:ecndC5w8
六174.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   あるいは、王女はローゼンを忘れて、別の国に亡命した方が良いのか―――

┗──────────────────────────────────────────────┛



       ゝ     _ _...L            ヽ   ヽ        )
      (  __   ´    `  )         |   |       _イ:ヽ
       「    /         「  __         |   |     (::、::.  \
        ゝ _ /   /     V´___)        |   |      )ヾ\  ヽ
          '/  .′     | (  _      |   |     イヾ::: ヽ:.ヽ |
          //   !      |  「.:.:.:..:)ヽ.._  _j   レ'    ( ハ:  |: :| |
        イ    !       .  ..:.:.:.( __     ,| _ | 、___ .) |::|::. |: :| |
        ∥|    |:  |    / /. ィ :/  )  、γ, -、Y   _.)   |::|::. |: :| |
          i! |    |:  │  ,ィ 升j/_j/ | |ゝし { { fひj j √.:.:    |::| | |: :| |
          i! N. |  、 从ヾ/ j/勿fぅ/ | |   |ゝゝr_少':.: .:.:.:..::  |::| | |: :| |
          ヽト ..._ ゝト-ゝ  ゝ'  | |   |:.:./  /:.:/::.:.,   人| |  ~~ |
                  .          | |   | /  //  /  . '   │    !
               /          , イ   |'  /-‐ァィ'  /     │    !
              ヽ         / |   | /    ,'イ___     |    i
                  / \ 、っ   /   |   |,/  - ‐ ¨   /     |    i!
               '/ | :\    i!__.|   |´    _.. ー >     |    i!
                i|  |:::::::|>‐┤  |   |\ . ´       \   |    i!
                i|_|::/   |  │  !  \         .  |    i!
                「          r|  │  !   /   /!       \    i!


329 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:37:09 ID:ecndC5w8
六175.



                                   / ̄ ̄\
                                   /  ヽ_  .\
                                  ( ●)( ●)  |
                                 (__人__)      |
                                  l` ⌒´    |
  「その見極めをしたいんです」             {         |
                                 {       /
                             _. -: ´Λ     _.へ` 、
                            r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
                          /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
                          |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
                          〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
                          /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



三日間のうちに伝わってくるあまりの情報に、
さすがのやらない夫も判断を迷っていたのだ。

親衛騎士が解散させられ、第一騎士団も壊滅こそしていない物のその権限を失っている。
公的には無職になっている彼から見ても、王女よりの勢力はもはや残っていないに等しい。



        ,r'Zヽ     _,,,;:-、s-──--ミ,,_
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}   「なるほど」
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ    (つまり王女は今のところ無事で、
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"      手配書の二人は誘拐犯などではなく
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|        イチジョウの手から護った護衛と言うところか)
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _-     /
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''
              \,-、_,:-ー、`ー-'''7ー:、__
             \  `ヽ `ー''''"'<,,_ `ヽ、



亡命か復権か。
その瀬戸際に立つ彼らの状況を大まかではあるが把握できたので、

330 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:38:11 ID:ecndC5w8
六176.
本気で考えるときの癖―――
行儀悪く、椅子の上に足を乗せたウェンリーは逆賊は大臣、との前提を加味し
これまで得た情報を頭の中でかき混ぜる。



                ,.'"´  ̄ ̄ ``ヽ
             ,、-''´           \
              /;:::.: . . .        _ _ ノ,
             /;;:;:;:;:;:.:.: . .<カ〕.  ,.' ´  ``ヾ
          !;:;;:;:;:.:.: .:. . :. . ,,、 '´      .:..::`,          (最高決定力は掌握されている。
          ゙、;:;: ;:.:.:.:.: .::,、‐'´;、ィイム、;、 .:.、;.;.;.;ヾ!
          ,イ>--‐''゙´.;,ィイノン'i'`ヾトヾ,,::.::::.ヾノ           軍事力は―――元第二騎士団が基盤、か。
          7;.;.;.;.;.;.;, ,ィシ'7_ ,,,、' ゙ 、_,,>トヾ、;::;:.リ           ただ時間が経てば他の騎士団も
          _」;;;:;:;イ;;j"´,r-デ:;> ,イ^モ7 `i;;;;:;ソ            追従せざるを得ないだろう。
  _ , - ー'''´,ハ;;;;;;!/j;;;ト    ´ .  i ´  ,イ;イイ
.:.:. :.:. :.:. :.:. :.:.:./;:..ゞ仆ヾlリ      ,   ,!   jソ/′            魔法学院は中立、
;;:.:;.,. -─一'/;;:.: .:.`゙ゞヘ_ト、      `ー'   / ヽ ̄``ー- 、       リフが代表である神殿は大臣より。
:.:.:.:;.:. :.. :.: . . i;;;;.: .:. .  Yj '、    -ー‐:- /  i   ー - 、_`ヽ、    
:.:.:.:.:. :.:.:. :. :.. .\.:.: .. ,ヘ \ヽ __ ´ ̄ ,イ ハ _」;,      ¨``ヽ,   あのラインハルトがやられるほどの暴虐が行われている。
:.:.:.:.:.. .:.:. .: . .:. .:. \:./ -‐'"´    ``ーrァ'ー'-、_,::;:;          i  官僚達は粛清、あるいは無理矢理従わされ―――)
,. -‐ ─ ''''"´ ̄             ij||       ̄ ``ヽ     |
.:.: .:.: .: . . .:. :. . . . .           1||.   ¨` ー -、 、`,     ヽ
.:.:.:.:::. :. :. .:.: ..: : : : : : : . . . . .,     j i!         i i,1 /   j !
.: .:. :.: .:. :..: .: ,,r'"´  ̄  ̄ `ヽイ;:'´  _,レ^ー-、_   ,r‐y `i j,リ /     ! |
.:.:.:.:.:..:.:.:;:;:;/     `,   ヽ:;: ;:,イ.: .: . . . . ̄`ゝ‐'T二レ'゙ /    ,! 」
:::::::::.::;;:;:;:/        j     ト、''´.: . .: :. : :.: . . .: . . ,.   /    | 1



331 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:39:09 ID:ecndC5w8
六177.
数分して、空のカップをおいた彼は極めて正解に近い結論を出し、



        ,r'Zヽ     _,,,;:-、s-──--ミ,,_
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}   「言いにくいが、
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ   『ほぼ成った』と判断するべきだろう」
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _-     /
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''
              \,-、_,:-ー、`ー-'''7ー:、__
             \  `ヽ `ー''''"'<,,_ `ヽ、



同じ考えであったやらない夫は、指を一本立てて確認する。



                                 / ̄ ̄\
                                 _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
                               .( ●)( ●)  ..| / |
                               (__人__)     .|./   /
    「正統な王位継承者が残っている、         i⌒ ´ .r-、  |/  /
     その一点を除いて?」                 {     ヽ, ',. .,/ :/',
                                .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
                                 .ヽ . |   / , --'i|
                                 /   {  V , --ヘ
                                 |   ヽ  L| r= |


332 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:40:09 ID:ecndC5w8
六178.
やはり彼もその見解に行き着いたか、と
再度紅茶とブランデーをカップに注いだウェンリーは
二口分を胃に流し込んでから頷いた。



         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ソ;:;:;:;:;:;:;:ゝ、
       〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:Yイ|;:;:ヘ;:;:ヽ:;:ヽ
        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾヽ;:;:;:ハ
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
     ノイ;:;:ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノノ ハヘ ∧;:;:;:;:;:;:;:ヽ           「そうだね。
      ルノノ;:;:;:;:ノノ;:;:ノ彡'ソ/ノ ヾミハ;:;:;:;:从リ           暴君により国が荒れるなんて
      /彡彡ニ彡イ彡ニニ"   __ ヘ;:;:ハル'            良くある話だ。
       ト彡イ イ.l|   ̄`   ´fォッ` /ソ''
      ヾ;;;;ヾ. ソ         {    ,'                人民は不満を覚えつつも、
       ル;;;;ヽヘ      ー-'   ノ                結局はそこで生きるしかない」
       从;;;;;;;;;|    / ̄ ̄ ̄`ミ辷ニニヘ
         >ハルj ヽ  l´        |  i `ヽ、
       |>ー--、.ヽヘ           /ニニ≧.  |         (王女が立てば
        |.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ゝミ、      zヘ、___.  、 |          支持はあつまるだろう。
     /.:.:|φl.:.:.:.:トY´ ̄`Yニニ>ヾ::(    、 |___        だが―――実際には戦力がなさ過ぎる)
--一'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.   ハ ヘ   |.:l´ ̄  、  ∨.:` ̄`ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人   |::  J  j.:.:ヽ、       }.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ト、___∠.:.:.:.:.:ヘ、.   /.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミヽ='.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:



壇上に立って権利を主張するには力が必要だ。
いかに王女が王位継承者と言えど、場を作るための戦力がなければ
蟻のように潰されて終わりだろう。

そう言う意味では、第一騎士団長を毒殺犯に仕立て上げて有無を言わせずに処刑し、
親衛騎士の関係者も巻き込んで両方を解散、権限を剥奪しつつ、
最大の人数であり、王都を拠点とする第二騎士団を抱えていた麻呂のやり口は賢かったと言える。

334 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:42:09 ID:ecndC5w8
六179.
ところが。



             / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)       「王女の覚悟と、それを主張できる勢力があれば、
           |,      ` ⌒´ノ        復権は不可能ではない、か」
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈      (見た目だけの勢力で良いと?
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i      地方警備の騎士団を集めるのではないのか?)
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



戦力の不足は考えていない様子の少年に、三十歳の天才は驚きを隠せない。
冒険者か傭兵でも募るのかと別案を考えてみるも、
金や時間の兼ね合いから手遅れになると思われる。

335 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:43:09 ID:ecndC5w8
六180.
自身が革命を再度ひっくり返すだけの戦力である事はおくびにも出さず、
苦笑いで飲み物を口にしたやらない夫は相手の聡明さに驚いており、



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    「それにしてもヤンさん、でしたか。
. |  u  (__人__
  |      |r┬|})     俺や目的に気づいた事と言い、
  |      | | |}      そこまで見通せる事と言い
.  ヽ     `ニ}      とんでもない人ですね」
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



ウェンリーも、復権のための切り札を見せない少年に畏敬の念を抱き始めていた。



                                          ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
                                      ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
                                    ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
                                   〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
                                   レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
                                   l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}
                                   リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}
                                 、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
     「ははは、そいつはお互い様だろう?」     彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ
                                   V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(
                                      ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV
                                     ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ
                                          ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
                                          .゙、        /   _ノノ:\
                                         ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
                                          `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
                                         ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
                                           / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
                                        {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
                                           い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
                                       ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l
                                      /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i
                                       /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l
                                    /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|

337 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:44:09 ID:ecndC5w8
六181.



            /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
          /: : : :          \
         /: : : : :           '.,
         |: : : :                 :|
         | : :u : : : : : .,           :|             「王女が復権した後、
         |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|             あなたみたいな人が大臣になってくれると
         |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|             この国も安心なんですけどね」
         |: : : ´"''",        "''"´ :l
          ',: : . . (    j    )   ./
       _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
     /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
     : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
     : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
     : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
     : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
      : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
     : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
     イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|



一応の方向性は見えたので、その後の事まで考えて言ってみると、



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ   「そいつは随分と飛躍しすぎだろう。
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ    復権の目は今のところ皆無だ。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ     それに僕自身、国政に携わる事に
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"      興味が無い訳じゃないが、
   `i, `r、    ..__`_  ,リ       生粋の面倒くさがり屋でね」
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_



それは皮算用が過ぎるだろう、と彼は呆れるが―――


340 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:45:09 ID:ecndC5w8
六182.
いくつかの条件が満たされれば、やってみせる算段は付いていたやらない夫が勝負を持ちかけた。
せっかく網にかかった天才を、ここで離してしまうにはあまりにも惜しい。



                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l      「じゃあ、俺と賭をしませんか。
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/       もし王女が復権し王位に就いたら、
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/        あなたは王都へ上がり大臣になる」
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



そこまで買われて悪い気はしないウェンリーは、
自分が見えない道筋を通ってみせるのならとその条件を呑み、



                    ,.-──‐- 、
                 ,.'´        \
                 /         _,,、-ーヽ
                 /          ,ィ<    ゞ`,
              !   <カ  ,.'´  `ミt、   ゙i
              ,>、 _ _,,ィ´ ヽヾ      、_イ!
             ,イ   ,ィイハ、 ト、`三ゞ、  ミ彡ij           「………面白い。
               l/l/ ,N'゙ _,ィ ` 、__,ニヾー-、 ,r、,i〈            この状況をひっくり返す策があると言うのなら、
              l/Vハ, 冖イ  `≡=、  ル' / j !           僕だってものぐさを返上して粉骨砕身、
                  `i   j       '゙,イ ,ィイ            国のために働いて見せますよ」
                  ヽ 、 ゝ<      / ノ爪リ
                /^(、  ̄`'ー=' /  イ/、
                 /   \_ _,/  _/Y  >、
             _, イ´      /!`ヽイ`\! ,/ |
     _,,、-ー<二´ (´  ̄ ̄`ヽ  / i  j 「  ,!/  L _ _
   / ー-、    丿`ー----‐イ_/ 、」 ___,,、ィいヽ ヽ    ̄`''ー-、
  ,/     ヽ   ノ ` ̄つ   |ヽ       !  ゙,    ̄``ー- 、 _ト、
  /         L (  ` ̄つ   |´         !            / ヽ
. /           _,イ  `二つ   |        i  「にk        /  i
/      ,ィ''" ̄  ,,、ーつ  _」        !            /    |



大臣になれるかは分かりませんけどね、と気楽に笑って見せた。

342 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:46:09 ID:ecndC5w8
六183.



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ       「約束、ですよ?」
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i   「ああ、約束しよう。
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   美味い紅茶とブランデーのお礼にね」
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

343 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:47:09 ID:ecndC5w8
六184.



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)       「オヤジさん、今日の昼間に
        |     ` ⌒´ノ       紅茶の淹れ方を教わったんですよ。
      .  |         }
      .  ヽ        }        その先生に会っていきますか?」
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



その先生が王女である事を確信した上で、椅子を立ったウェンリーは首を振る。



                                       ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
                                   ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
                                 ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
                                〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
                                レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
                                l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}
                                リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}
                              、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
   「いや、今日の所はこれで失礼するよ。    彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ
    でないと、賭が面白くない」             V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(
                                   ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV
                                  ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ
                                       ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
                                       .゙、        /   _ノノ:\
                                      ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
                                       `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
                                      ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
                                        / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
                                     {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
                                        い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',

344 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:48:09 ID:ecndC5w8
六185.



        __   __
        /   ` ̄  ヽ
.       上二二二二`┤
     ⊂ニ,-r‐-、──-`二⊃
.     {ィ|| {   {jーlj⌒) |k}      「おや先生!
.     ヽl  ,. -(つ- 、  レ'       もうお帰りですかい?
    ,⊂⊃∨  , -、  ∨⊂⊃、
   / i  / レvv/ー‐レv、| ヽ  i ヽ
 /  |  >L.二⊥⊥二.」<  |  \
(   |   \|  \/  |/ │  )
. \  |     |    ○‐  |   | /



随分早いねと言うオヤジに、財布を取り出した彼は
落ち着いて飲めたもんじゃないよと苦笑いで言い、



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ   「ええ。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ    オヤジさん、次は普通ので頼むよ」
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_



髭を震わせて大笑いした主人はそう言う夜もあるさ、と意味の通じないごまかし方をした。



         _,,--''''''---,,,__
       /         \
      /            \
     /         /⌒\/|
     | /\    /⌒\ /|||||.   「ハッハッハ、
     |  /⌒\||/    | ||||/⌒|  すまんね」
     | |  θ___θ   / └ 9 |
    . |    /〇\      <___/ 
    /\/     \_ノ  /--,,,
    |  /   /⌒\  \_/    \
      |,.,.,.,./'''---''''ヽ,.,.,.,.ヽ

345 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:49:09 ID:ecndC5w8
六186.



                           ̄    、
                       ´          \
                /                ヽ
                 /           、_  ヽ
               '               ` 、ヽ
               l              ,‐-,.._ ゞ     「凄い人って何処にでも
           .   l              l 弋心 l     居るもんだ―――」
           .    l              冫.ー く
              l               l    ノ!
              l               `ー‐ f r'
              l                  ノ'
              !                     /
              ,'                   /
            ̄ `ー -               /
                   `  、        /
           :.:.:.:.:.:...        、      /
           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
           ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
               ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                  ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                 ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



酒場を出て行った背中を見送り、もう少し情報を集めるかとペンを持ち直した瞬間だった。
いつもはチリチリとしか感じない嫌な予感が痛いぐらいに首筋を突き抜け、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              l               `ー‐ f r'
              l                  ノ'
              !                     /
.______∧,.   ,'                   /__ ______
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'`'`.  `ー -              / ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄
                   `  、        /
           :.:.:.:.:.:...        、      /
           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
           ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
               ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



剣を掴んだ彼は考える前に酒場を飛び出していた。



      ―― [] ]      / ̄三\
     | l ̄ | |      /   \三/\
     |_| 匚. |     三   ( ○) ( ○)   (この感覚!?)
        | |     三 u    (__人__)
         |_|     ≡      ` ⌒´ノ
               二        }
             r⌒ヽ       }
[] [] ,-       三       __ ノ
  //      三   /      )≡
匚/      三  ニヘヘヘ      /  ≡
          三ーヽJJJJ     / ̄、⌒)
             三      / ̄  ̄
             ニr     / ̄ ̄ ̄ヽ
            三    ニ_/    |
            三   三 三   /
     '     .三.  . 三 三 三 ̄ヽ
         三三    ニ≡ ニ _ノ
        二 三    /  三_ノ
  ヽ    ニ ニヽ_ ノ
     ノ  二
  ヽ
     ニ
    ヽ l
  ヽ\ | ノ/
 ヽ\   ノ/



346 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:50:11 ID:ecndC5w8
六187.
取りあえず目の前には何の気配も無いようだ、
暗い街路を見回せば北へ遠ざかっていくウェンリーの背中とは逆方向、



(;ノ";";~);;/  (ヾ ;";(;;";)
     ((;ノ ;;;";"ヾ';''ヾ;( ̄```' ‐ .、._,,
             (;ノ ̄```' ‐ .、._,, ̄```' ‐ .、._
            ヾ人);;;::::::.......    ̄```' ‐ .、._"'ヽ
              |(;ノヾ;;;::::::......          ヽ ヽ
              | (;ノ;;;::::::......           ヽ,..;;'、
              |((;ノ;;;::::::......           , i.;:::|
              |(;ノヾ;;;::::::.......         /二二二二二/i
              |((;;;;:::::.....,           | 髭    ..;;| |
______________,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l       |:   親 G ..:| |
__|__|____|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l;;;   |_____;|/
_|__|__|__|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   |:|∥.;:| |:| ∥
__|__|__|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ,|:|∥.::| |:| ∥
"""'''           """'''~  """'''" ""'''"""'''"""'''"""'''"""'''



南の方から走ってくるのは息を切らせたサクラではないか。



<やらない夫さーーーん!



              / ̄ ̄Y ̄ ̄\
             /  ヽ,_.   ノ  \
            (●)(● )  ( ●)(●)
            (__人__)     (__人__)    「………サクラ?」
            {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ
             {             }
              {      彡    }
              ヽ、    /   ノ
                .ン    ヽ
               //    |
           (⌒二_/ |  .  |

4 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:51:10 ID:ecndC5w8
六188.
南の広場から駆け通しだったのだろう、汗だくの彼女は
張り付く髪を鬱陶しそうにかき上げながら何があったのかを知らせ、



      _.. -‐……‐-  .. _, '´    `   ‐- .._
    ´          _/    ,   ,      `ヽ
     _..二ニ=-‐…ニ´     /  // , / /
    ´     _.. -‐≠    /  / /\〃 /
 /       ´        /′// {斗-x/   ィ| l     「やらない夫さん!
〃    /           //〃  ヽ{::/ { /ノノ ノ      大変、大変です!
′    ′   /    // 〃 / { u       ′{::j イ|
    /   /    / / 〃 /`∧   , '⌒ヽ  / !|      町の外から南の広場に、入ってきた、騎士団が………!」
      /   /  ,′″ ,' ,′   {_ ノ ,   リ
    /    //   ,  ,  / ノ…‐-\_  イ _ノ
    {   /〃{  ,イ / /_r┘、    フ⌒/  ハアッ ハアッ
             / ∨¬{     ー / / ̄`ヽ
         /    j_ 二ニァ=={  {>、    ` <
        _」  ,≠´   く,小_}  \ \\-‐=ニ二
          _{ /     /l」」    ヽ \\
       / ,′      ,′          }、  \\ ̄
        /  {      {            l、\ }\\
.       /   \                 ハ  ∨  \
     /   /{` ー- ⌒ヽ、  _ /  } /

5 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:52:09 ID:ecndC5w8
六189.


┏──────────────────────────────────────────────┓

   騎士団が、あなたの知り合いらしい女性を!

┗──────────────────────────────────────────────┛



切羽詰まった言葉を聞くなり、やらない夫は走り出していた。



      ―― [] ]    / ̄三\
     | l ̄ | |    /   \三/\
     |_| 匚. |   三   ( ○) ( ○)
        | |   三 u    (__人__)   「店を閉めて緊急時に備えろ!」
         |_|   ≡     ` ⌒´ノ
             二        }
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ



すぐ見えなくなった背中に声を掛けたサクラも、
指示通りにするために酒場へ飛び込み
主人へ緊急事態を告げながら階段を駆け上がる。



         _,-―.:´ ̄ ̄.:ヽ、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      //.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    / ./.:.:/.:.:.:/∧.:.:ヽ.:.:ヽ、ヽ ミ[]二\
      |.:./|.:.:.:|_.|_|ヽ.:.:ヽヽ_ヽ_ヽ:.|ヽヽ\\
        |.:/::.|.:.:|イ⌒、ヽヽイ⌒トヽ|.|.:.:i ! | |、   「は、はいっ!
     /ヽi.::.:.|.:| b:::j     b:::j |」ノ.:.:.\\\|    気をつけて、相手は大勢です!」
     /.:.:.:.:/iヽ! `´  '  `´//.:.:.:.:.:ヽ\|
    ./.:.:.:.:/.//.:.:\. ( ̄) ./.:.i|.:.:.:ヽ.:ヽヽ
   /.:.:.:.:/.://.:.:/|.:,‐'、二,イ_、.:.:!|.:.:.:.:ヽ.:ヽヽ
   /.:.:.:/.:.:/.:.:.:.:,―' i  ! ! i ―,ヽ.:.:.:ヽ.:ヽヽヽ
  .!.:.:.:/ |/.:.:/~:::|  / 0 \  .|::~ヽ,.:.:ヽ.:ヽヽヽ、
.  |.:.:/ i.:i,_i\::::ヽ/./∧\.ヽ/::::/i_.:.:|.:.:|ヽ.:|ヽ!
.  i.:.:!  i.:iヽ、 ∨.//│.\\.∨ /..:.:!.:.:| |.:|
  ヽヽ i.:i.:.:|  |:::i/ ̄┬ ̄.\i::|  |.:.:/i.:.:| i/
    ヽ! i:∧i  ヽ::::::::::::::|:::::::::::::::/  i.::/ |/
゙         |  ヽ、:::::o|:::::::::::,/  |/
.         |    |:::::::::|:::::::::|    |
         |   |:::::o|:::::::.|   |
.          |   |:::::::|:::::::|   |

7 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:53:09 ID:ecndC5w8
六190.
あれは、護りたかった人を失った時の予感に似ていた。

嫌な考えが頭から離れず、知り合いの女性が誰かも分からず、
それでも空気抵抗すら邪魔、と全身の力を振り絞り町を駆け抜ける。



`'-、       \     ヽ    ..l   l       |       /        /      /          ,/
   \       .\    ヽ.    ..l.  ..l      │      l       . /      ,/      . /
     ゙'-、      .\    .ヽ    .l,   !      !      l       ./     /      . /
       `'-、     \.   ヽ,   ...l   !      !      l      /     ./     . ,/゛
`'‐、、      ゙'-、     \   .\   ヽ  .l,     .|     l      /    ./     ,, '"      _..-''
   .`''-..、     `'-、   .\   ヽ,  .ヽ  l.    :!    ./     /    /    . /      _..-'″
      .`''-、、    `'-、   `-.  ヽ  ヽ .l.    :!    !    /    /    . /     .,..-'"
- ..,_       ゙゙'-、、   .`'-、   \  `!、 ヽ l.   ,!   /    ./   ./   _/゛   ._..-'″
   .`'''ー ,,_     `''-..、   \   .\  ヽ .ヽ l   .!   !   /   /  . /    ._..-'"           _,,
       `''ー ,,    `'-、、  `'-、 .\ .\   l  .|   l   ."  /   /   . _..-'″       . _,,.. -''''"゛
              `''ー ,,.   ゙゙'-..、 . \ `'‐ .ヽ  ."  :!  .i′  ./ .,/゛ _..-'"      ._,, -''''"
‘''''―- ..,,,,_,            `''ー ..,,. `   `'-、        ノ  ./ / ,..-'"    _,, -''''"゛           _,,
        `゙゙"''―- ....,,,_     `゙''ー ...   ` / ̄ ̄\      ‘ ._,, ー'''"゛     . __,,,.... --ー'''''''゙゙ ̄゛
                `゙゙"''―- ....,,_、  /      \   ー''"_,,,,.... --ー'''''''''゙゙゙´
_________________ ″|         |    "゙_______________
                       _、    . |         |   ..,,_,,
         _,,,,.... -―'''''''^゙ ̄.._,,.. . . 、 |        ノ   : ー..,_ `゙゙''''― ..,,,_
..... --ー¬''^゙ ̄      _,,.. -‐''"゛ ._.. ‐'" .  |        }   -、  ,`゙'ー ..、   `゙゙''''― ..,,_,
         _,,, ー'''"゛   ,.. ‐'"     .  ヽ      、     `'-,,゙''-、、 `''ー、,,,           `゙"''― ..,,,_
    _,,, ー'''"゛     ,.. ‐'"    ,/ ,,.. .-‐'        .l ..l.'、  .、 . \ .`'-..、  `''ー ..,,
-‐''"゛       ._.. ‐'"     . /  <"   ,__,,_        .l  ヽヽ \  `'-、 `''、,   `゙'ー .._
       ._..-'"´      . /    .ヽヾ丿  |          i  ヽ  \   `''-、 `''-、、    `''ー .._
   . _..-'"´       . ,/゛    ./  ヽ&  |         |   ヽ   \    `'-、  `'-..、     `゙''- .
.. -'"             /      ./   /     |, ,_        i''ヽ、  )ヽ  \    `'-、   .`'-、、
             /      ./    ./      i        , -ii、^゙''" ヽ.  .\     . \     `''-、、
        /       ./    /       l|    へ  i    i   ヽ .ヽ   .\.      ゙'-、     `''-、
      /        ./     ./       .|   /  \|    | .  ヽ  .ヽ.   \       \
   . /         ,./      /        ,!|  /      |    | .  ヽ  ヽ    \       . \
 /            /      ./        │|  /     `--- ´     ヽ  ヽ    \        `'-、
                            __                           __
      ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]   ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
      |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐  .|└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
      |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄  .|┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
      └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘     └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘
                    └┘                           └┘


間に合え、間に合えと、祈るような呟きを漏らしながら―――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……

10 ◆FrtuoSIf66 10/10/02 22:54:07 ID:ecndC5w8
本日の投下は以上になります。
合いの手と閲覧をありがとうございました!

次回は第六章その5になります。










銀河英雄伝説 Blu-ray BOX スタンダードエディション 1【Blu-ray】 [ 堀川亮 ]

価格:15,519円
(2018/10/15 20:56時点)
感想(3件)






銀河英雄伝説 Blu-ray BOX スタンダードエディション 2【Blu-ray】 [ 堀川亮 ]

価格:22,536円
(2018/10/15 20:57時点)
感想(4件)
























次の話






目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1222-f8858a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)