FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode.二人の騎士 第三章 避けられなかった戦いは-3 2018年10月04日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




138 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:00:10 ID:Bhg/BwMB
三146.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――時間は戻る。
雛苺が往来と往来の間、路地裏が交差する場所に差し掛かった時だった。



.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア         「ちょーっと待ちな、
   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒V ´ ̄`ヽ       お嬢ちゃんよ!」
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l /こヽ│
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ | {(とノ)|
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | `ー‐  |
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ    ヘ
         ∨  `、   \ r        ,∨ {     \
              ヽ      _, ィ1  / :|  ヽ    ___ヽ    _
             \ -<-‐~ / /  |_   }/´    ̄ ̄ ̄ \
               ヽ、  ̄ ̄ /'  /ヽ /            ヽ
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      人_,,,  -―――――
                   / ∧ |   \    / {



ダミ声と共に暗がりから人影が飛び出して来たので、
突然の事にびっくりした彼女は悲鳴を上げてその場に立ち止まってしまう。



          イィ-' /   / /     l ヽ  ヽ ヽjヽ
              l   j ,イ|     || ヽ!   |   |\
              ! l  ハ| {l.ノ   ヽリ| ノl|   l    !ヽ
「ひゃっ!?」  ト、  {弋ト_エj≦トヽ  /ノ ノ7ナ十‐イ'  //
          \ヽ、ヽ 7,<:ヽヽ `´ /,<:ヽjく ノ_ イ'′
          _ ソ T l::T:}.:|     {::T:}.:} ノ'7ヽ/ _ -
          - {二ヽl、 ゞ--'   、  ー‐'- /‐_ 二{ _
          二}ニー<〈 '''''  / ー ヘ  ''''' /r‐_'_-j‐--'
          ./>>`ノヽ、  {    }  , く'-ァ>r_ーニ=
            ̄     ,.>‐`_ー_´<、   ̄   `} ̄
          、 、   //ィ  ̄/ Hヽ ̄ヽ\ ,













139 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:01:06 ID:Bhg/BwMB
三147.


                    f´   `Y´`ヽ
                    |     リ    ハ
                     |    /     l
              ィチ ┴─‐ r< i i |
           ,. ´´フ´ 〉_/   `  、つ'´/`ヽ
        ,   ´  / / /    ,/  /  \/     〉
    ,.   ´    /   l i   //   /    ヽ  /     (誰、なの?)
   /        /     | | l 〃i  /l      ∨
  /       /      l | トLL_',  !_l |      lヘ{
  ∨    / _ === Y彡ノ 斗Tヽヽ| |∨   /  l `
   ミミhYて´  ____ ミミh、 hソ     ヽlノ/  ノl
   | ̄ ̄> ´     (にニ   `       r、/彡´/
   \-─ヽ  _____ノ<´        , /ソ '´     ┌────────────────────────┐
     ` ─=-==ィノノヘ.       c   ∧)..     │  身なりは普通なの → 浮浪者ではなさそう       .│
          / /´    ヽヽ  __  <辷)...      │  貴族学級の知り合い? → 年齢が合わないの    │
            / /       )   ミ辷≧ソ.       │  家族の誰かの知り合い? → うーん           .│
         / ` 、    < ll\、           └────────────────────────┘
        /    /      〉=〃
       ',    (_     〈 l!



暗がりで確実と言うわけでは無いが、少なくとも自分の知り合いではない事を確認した雛苺は次に、
こんなところで自分を呼び止めた理由を想像しようと思ったが―――





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
         、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::
        \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::
          <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::
          .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





相手の、嫌らしく値踏みをするような視線を見た瞬間に本能が警告を発した。


140 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:02:06 ID:Bhg/BwMB
三148.
今すぐにでもこの場を離れたくなった彼女は後ろを振り返るが、


                            .               ___ _
                                      ,.--r^Y^r<: : : : : \
                                   に二ブ⌒| ̄\: : : : : :\
                            .        レ'て_)(_弋___), ==‐-ト、
                            .         _/´ li   、 、`¨¨{: : : : :_: : |ヽ
                                 f´/il |l | i l | iヽ  ゙、: :./ l ヽ| } 
                 「あ………」          ノ'i l||l | l_|__l_|1ハ ハ/ '! /,小
                                 {_| l人|x| l l,ニ、川}/// l// 入
                                   7ニヽヾ;  Lハ 厶ィ´─〈/ /_〉
                                  {´三ヽ八 _  u ∠二二下(廴))
                                    ̄)ノ7))\_ ィ f三三〕ゝー‐'
                            .          ィ ニ圷、ヽ/: : :_ソノ:\
                                     /:〈〈 //{: : 〉〉: : : : : : : :〉
                            .       r‐!/:.V/:ゞニ'ノ」: : : : : : :/
                            .         j: 」: : :}/: j/: :f: : : : : : :.:ハ
                                   /:/: ,.イ: :〃: :.:∨: : : : : :ノ
                                 /:/:./:::/: /|: : : :.,′ : : : : |
                                / : /:./:::/: イ::|: : : /: : : : : : :.|
                            .  /: : : /: :|/:./:|:::|: : / : : : : : : : |
                            /: : : : :/: : : : :.:{ : ヽ!: /: : : : : : : : :|



反対側からも誰かが現れて、退路を塞がれてしまう。



               _
       _,、-‐ '' ~ ̄  _`ヽ、_
     /´  /  r'ニ三ヽ\} ^ヽ、
    /    /    | ̄ ̄¨`ヾム;_=ニヽ
   /    /    |        `lヾ|l
   // !  /   ‐7 ̄`''‐、,_     | レ|
   l | |  /    f      ,ィ‐‐〈/ l|
   |l /   /    ,| '´ ̄`  〈マヽ/|! ||!   「ばっかお前、
   |! /   /   / ,l       ヽ` | ! |′   脅かしたらかわいそうだろ?」
  / l  /   / ,/  ,.._   =ィ''’/ ! |
  / ! /   / ,/   ヽ、二,ァ  / | |
 / / /   / / il|    '' ‐   /   | !
./ / ,.イ   // i: il|il|i  州  /|   !l
l  / '| l  l/、.,,_ !   il|l|ili|l|,i /     |
! /  | | /  /``'‐、,ィ!´il|  , /  /|
ゞ‐、i| ! | l|  /   /Y } ,/ /  イ|
   `\| |‐<_   / 7l l,/ /  / l /
      >!'゛  `_ 〈∠ill| l--'イ| / !/
   /     ^`ヽ\ll「lヽ、_'´ノ′
             ヾ,リ| \`t.、_
               ', |   \ヽヾ'‐t-、


141 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:03:08 ID:Bhg/BwMB
三149.
男達は見かけ上は笑顔を張り付かせているが、暗くよどんだ視線までは隠そうとしていない。
一歩、
                                |::::::::::::::::::::::::::ノ:::〈 :::::::::::::::::::::::::::::|
                                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::l
                                   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::ヘ:::::::::::::::::ノ:〉
                                    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::!
                                     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::::::::::!
                                |:::::::|!::::::::::::::::::::::::::::;i :::::::::::::::::::::::::::!
                                  |:::::::|!:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::|
                                  |:::::::|!::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
                                   |:::::ノ::::::::::::::::::::::::/_:ノ! :::::_:_:::_:::_:::_:_|
                                    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ :::::::::::::::::::::〉::〈  コツーン
                               |:::::::::::::::::::::::::〉::::::::::::;l ::ヽ:::::::::::::ノ:::::::〉
                               〉:::::::::::::::::::::/:::::::::::::;〈 :::/:::::::::::::::::::::〈
                               /,,..-ー-- ;; ..,,_:::::::ノ:::;〉ー〈'=-   ‐-=ヾ
                              〈,;':::::::       ,/`-イ!: :r' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                              /:::::::::::::::::::::::::...... / : : :/ `ヽ;:_;:;:;:;:_::::..,,,,,_ノ
                                  r── ────、: : :/
                             |::::::::::::........     i :./
                             `ー─────ー' "



また一歩と



                 |:::::::::::::::::::::::::|  |::::::::::::::::::::::::i
                  |:::::::::::::::::::::::::|  .|::::::::::::::::::::::::l
             |:::::::::::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::::|
             |:::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::::::::::::::::::|
             |:::::::::::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::::::|
             |:::::::::::::::::::::::::|  /:::::::::::::::::::::::::::〉
             |:::::::::::::::::::::::::| ./::::::::::::::::::::::::::y'
             |::::::::::::::::::::::::: レ:::::::::::::::::::::::::::/
              |:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
             |::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
             |:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
             |::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/
             |:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/  コツッ
             〈::::::〈二二二\:::::/〈
             /\/::/::/::/::∧ \:::::::〉
               〈::::::::∨::/::/::/::∧ ∨ ̄\
             `─‐∨ /::/:::/ /\     〉
             .:.;::;.:;.; ..;:`ー─--- ───′



距離を詰めてくる二人に、人気のない路地裏と言う場所も相まってか、
心の警鐘がますます危険を告げている。

142 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:04:06 ID:Bhg/BwMB
三150.
このままでは良くない、と思った雛苺は前後の男達をきょろきょろと見比べていたが、



                     ,,.._
                   /\`'ー-‐=y
           _   __   /    `j    )
         Y´_`'ー'" ヽ__// ∠´ } : : /
         .{  .ト、_,,=宀ト iヽ=v=ノ   〈
          >、<~てjー し'へとケヽ==-.ζY
    ___,. '´,ゝ ゙T ,  ',  ,  ヽ  `丶, .{
    .\   / .,' i i!  i」__ ',   }   ,ヘ、,}ヽ        「な、なんなのー?」
      `ゝ.,',' /_|_,,].ェ、 'i ヽ「Τ ノ_,.kK" ヽ、 `>‐-、
       /_i i .T「',ヽ、| \ ェ示抃ゝ¨ 》 ヾ、、  \、゙ヘλ_
        | !, .|丶汽》!  `' k州j゙ii ル  !ヾ、,_  ヾ,ー _  ,)
        ',.|ヽ.!ヾ!狄j    ゞ=″j)ミ`'x 二ニ=‐-、ヽミ、k
        .N_ >ゝ|`¨ 、      !ミーヘ ヘ彡 ニ.‐ ニ `}ミ,),〕
         )ミ- .!  ∈つ    乍ミ≧「j´,", キ ミ }ミソ
         `>-‐ ゙ゝ、,_    _,,.. ソ≡ゞ!、i' y彡 ミ jτ
         .ヽ,彡_儿ミ>≦┐_ _ _いミノヘ((_@、)
           ζ( ξ/´ ̄`\,    ̄j、_    ノ
          、=-一へi      ヽ:.:.. - ´ Y
          Lニ/丿      ::..     . |
    _,,..≦ニ>イ" < .:.    :.:: ノ   ,' !,
   <'" ,ィ´ _  ゙',イ   へ ::.. .::. .:: :::i"   ./  )
   !/  ヾ7'    ./´  ::   ':' ゙>  ./ .::./
        .)'    へ、 ..:   く  /  '':ヽ
       /    .... . .`{,   '' .{´::/ ..  . )



つい漏れた言葉に一人が反応した。



__ /.:-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:i.:.:.:.:_,,.:.:..:.:.:.:.:.:`ヽ
ヽニ.:.:.:.:.:.:.:.:フ.:.:.:.:,_,_,,,_`yi/,_,,_,,,、_.:.:.:.:.:.:.:.:|
,,,>ー/.:.:.::/.:.:|~^`   `^~'´ ´ `~^|.:.::.:.:.:|
ー- /_,.ィ´:.:.::|   ___,,   、_    ト、.:.:.::|、   「なに、聞きたいことがあるだけさ。
;;;;;;;;;;''´ /,.:.:.:.::| r=‐''"'ヽ   `ン==、_.|::ヽ:.:.:ト   お嬢ちゃんの名前は雛苺=サクラダだろう?」
    ソ,rイ ,ェ| ,ィ‐=、    ;´r=-、 レ、;ィ|`i
   _,, r'´i|r;;;|       i      ト´.|
 /    \{:| ..::::::...  ::|  ..::::::... .レ'/
/       `ヽ          ./~
ー,  __.     ヽ   ー --‐  ./
  ト'´ `''、_    `i 、     , イ
i :i  ./   `''、_..r'|. ヽ、_,, ' .ト、
i  i  /    / / `-、_  .__ /r |‐、
:i  i ./   / /   / .V´、   / `i、
:`  /   /   /i  / ~ー‐'ヽ  /   i ヽ、



相手の狙いが自分だと確定した。
問題はその目的だが、こんなところで呼び止めるぐらいである、
多分まともな内容じゃない事は彼女にだって推測できる。


143 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:05:06 ID:Bhg/BwMB
三151.
自分が雛苺とばれたら何をされるか分からない。
緊張と恐怖で握りしめた拳が震えている事を気づかれないよう、
裾の中に隠してから努めて平然と答えた。



    _r'ニVニXニV^V^Vヽr冖、_
   (>'´: : : : : : : : -‐兀  ̄ ̄`¨¨: : :ニゝ
   ヽ: : : : : : : : :_/厶く:: : : : : : : : : :厶
  __rク′: : ;:r<>'´ / ヽ>、 : : : : : ∧ム
 {∠ : : : /ノ了 / ,' l l 「ヽ>、 : : ノ: :ヽ]      「違うのよ?」
   ! : //l /l l |  | l||l | | l!`マ: : : :_:_〉
    ∨ノ川 { | ィ¬ハ l | | r廾 l| l }) /
    /, ' |l | l | ,ィfた j l l,ィf心 リ| / V\
    〉〈  ヽソハ V:丿 ,  V::ノ八V / / 〈
   ヽY^ヽ、>彡    .   く二>彳 ∨
  . く_≧ミゝ`てニ>r - ィ升≦ <ミン´



       /:::/:::::::::::\//:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |::::::::イ~~~`"~~~~~~~~ヘ::::::::::::::::|::::::::|
       |::::::/            |:::::::|::::::::::::::::|
      |:::::/ u          |::::::::::::::::::::::::|         「あれ?」
      |::::|            _|:::::::::::::|:::::::::|
      |::::|~―-、 ヽ   ,,-―~   |:::::|:::::::::::::::::|
      |::::::| ,-―-、`/、、_,ノ-―--、 |::::::::::|::::::::::|
      |::::::::| -゚―` |  、 `-゚―"|:::::::::::::::::::::|
      |:::::::ヽ    |        |::::::::::|:::::::::::|
      |::::::::|     |      u |:::::::::::::::::::::::|
       |:::::::|    / 、       |:::::::::::::|::::::::::|
       |::::::::ヽ  -`--― 、    |::::::::::::::::::::::::::|
        |::::::::::l|il|i ヽ_ ̄ ̄ /  l|i/ |::::::::|:::|:::::::::|
        |:::::::::::::::l|i 二 ̄   l|i|:::::::::::::::::::::::::::|
         |::::::::::::::::::|\州__l|i/  |:::::::::::::::|:::::::::::::|



やはり確証があって自分を呼び止めているわけではなさそうである。
このまま他人のフリでやり過ごす事は出来ないだろうか―――

144 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:06:06 ID:Bhg/BwMB
三152.
マジかよ、と呟いた前方の男が当然の流れで尋ね、



             /::::::::::::::::::::< ̄¨`  `'^゛^`ヽiヽ:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::
          i:::::::::::::::::::∠´             V!/イフィ::::::::::::::::::::::
           i::::::::::::::::/                   ̄i::::::::::::::::::::
            i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
         、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::
        \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::    「じゃあ、お嬢ちゃんの名前は?」
          <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::
          .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `
           `ト.ヽ_,|                  i::       /    ̄¨`
              i:`>イ                 i:::    /
           i:::! !                 i::.    /
           i/: : : ',          ‐ ,_ノ:    /
.        ┌-イ: : : : : ',                /
      ,;;、 ノ.`〈: : : : : : :\  ∠ニ_‐‐---,  /
     /;;;;く   \.: : : : : :.:ヽ     ̄ ̄ /
    /;;;;;;;;;;;;;ヽ   `゙ー-:,:,: : :\_      /
,.,:;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.     ¨ヽ : : ¨7‐-‐'



               ,‐-lゝ'ヘ
             ,,/''´   ヽ
          ,、、=/  , ‐=ゝ、-,
         ,=//- ,-'llll|/ ̄` ヘ ゝlll:.::l:.
      ..,,、/llゝ@<〆l/`´     |  、< -―-、
     ,:ll;/  〆'´ゝノlll/llll/;;;/;;;;=  ヽ'´'´ /(
  ,..,:ll/  /ノ)‐-'´/ヽヽ ヽ `='ゝ=‐-ゝ/ /
  :ll/   /ノ'/ノヽヽ lヽ丶 丶ヽヽ ヽヽ`'´`l / ./┐    「あ、その………」
  \  /丿/ノ`´l ヽl ヽ ヽ _〆l l l l / // //>
   .:ll>、/:ノ /:)l l l l l  l-' ,==t l / l /l` // //
  ,:l|/ l |ノ l||)| l l l l ll ´(:::::ノ`/l'´( `┤/'/ __
  |/_ l ll) /ll) l | l l〆l l    ` ´ >/<=/|_//
     ヽヽ‐ゝ' l l '´ ,r=t、 、    。|,ヘ=/'´`- '´
      ヽ/ノl/ヾl l ll '(:::::)   r ,  , U,ー/
      /'´l  \ヽゝ,-´     ノ  ヽ=ー'´` 、
     (ー‐)===///ゝ‐- =ソ  _,-ゞ`'``ゝ,`ヽ
       ̄),='´=l/、/'´ ̄  ヽヽ/' 、 ̄`ヽ'  lー-`l
        ̄   (( / `'´ ヽ  ヽ'´`-l、lll:. )'´/、-、/



雛苺は頭を巡らせるが、とっさに偽名など出てこない。

145 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:07:06 ID:Bhg/BwMB
三153.
彼女が言い悩んでいる間に、男達もどうする、と目配せしあっていた。



                     :::::::::::::::::::::::::::::\::ヽ:::;イレ´^"^´´ ´¨ ̄>:::::::::::::::::::::ヽ
                     ::::::::::::::::::::::::ゝ\!ヽ!V           `ゝ:::::::::::::::::: i
                     ::::::::::::::::::::i ̄           ,-,-‐   \ :::::::::::::: i
                     :/::::::::::::::i            //       く::::::::::::::: i
                     ::::::::::::::::::i ‐-=ミ 、      //__       \,.-=、::i__,
                    .:::::::/¨!::::i    \ヽ {、<_/´フ ゝ;::::i>     i ハ. Y::/
                    ::/   !:::::ヘ   ィ┬-、::.       ¨ ̄      i⌒、 i:>
                         /::::__∧  ` ゝ‐'ヘ               |)  i .iヽ、
    (おい、どうするよ?)     '´¨ ̄   ',       ::i              |、_ノ,.イ ̄
                               ',    :::i              ト-<::i
                              ',    .::i                  !  !:i
                 .               '、   :ゝ、 -               /  ヾi
                               \               /    ゝ┐
                                     \  ,.──-、     /    ノ´ ヽ、,、
                                     \  ̄`     /     /    〉;;\
                                     \     _/ ,. -一' ´     /;;;;;;;;;;;\
                                      `ー-‐T¨  /       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;、



夕方前後に、落葉の門から一人で戻ってくる十四歳ぐらいの金髪の貴族の娘。
絞り込みの情報としてはそれなりに特定出来るが、
間違っていたら依頼者も迷惑がって自分たちを切り捨てるに違いない。



        /:::/:::::::::::\//:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |::::::::イ~~~`"~~~~~~~~ヘ::::::::::::::::|::::::::|
        |::::::/            |:::::::|::::::::::::::::|
       |:::::/ u          |::::::::::::::::::::::::|
       |::::|            _|:::::::::::::|:::::::::|     (多分この子だと思うんだけど、
       |::::|~―-、 ヽ   ,,-―~   |:::::|:::::::::::::::::|     違っていたらやべぇ)
       |::::::| ,-―-、`/、、_,ノ-―--、 |::::::::::|::::::::::|
       |::::::::| -゚―` |  、 `-゚―"|:::::::::::::::::::::|
       |:::::::ヽ    |        |::::::::::|:::::::::::|
       |::::::::|     |      u |:::::::::::::::::::::::|
        |:::::::|    / 、       |:::::::::::::|::::::::::|
        |::::::::ヽ  -`--― 、    |::::::::::::::::::::::::::|
         |::::::::::l|il|i ヽ_ ̄ ̄ /  l|i/ |::::::::|:::|:::::::::|
         |:::::::::::::::l|i 二 ̄   l|i|:::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::::::::::::|\州__l|i/  |:::::::::::::::|:::::::::::::|



自分達がやろうとしている事がもちろん犯罪で、
依頼通りに行われた場合のみ罪にも問われず、厚遇して貰えるとは分かっていた。

ただでさえ狙いは騎士団長の娘である、
失敗するぐらいなら人違いで済ませて通り過ぎた方が良いに決まっている。

146 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:08:06 ID:Bhg/BwMB
三154.
男達が葛藤する間、雛苺もあれこれと考え込んでいた。
変に知り合いの名前や誰かの名前に近い偽名をだしたら、そちらに迷惑がかかる恐れがある。

誰にも近くない名前、もしくは近くても何とかしてくれそうな名前。
そう条件を絞り込んだところで、ぱっとあの男の顔が思い浮かんだ。


  
                             ,...--─- 、
                            /   :::::::::::::::ヽ、
                              /     ∠ :::::::::::ヽ
                           l     /;;)) ::::::::::::丶 
                           l    ヽ`´  ヽ ::::::::::丶
                             ヒヾ)  ,   _,ノ ::::::::::::丶
                            ヾ ,  ゝ‐ ´ ...::::::::::::::::::`
                            `l. /   :::::::::::::::::::;;::::l .,、__
                             ヾ     :::::::::::::::;;;;:::::l〈.ll `ヽ
                               ヽ ./l ., ヘ :::::;;;;;;;;::::丶ll l Ⅱl
                              /  l´ ヾ.、;;;;;;;;:::::::::〉,!ゝ‐‐ゝ─ ´ ̄
                 /            〈    l, -,.l.〉.、;;;;:::::::::l∧:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:   ヽ
                 (             丶 ‐´O lゞヽ ヽ::::::::::l  ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:    )
                 )           ,_´-:;:;:;:;:;:;:;lヽ  ` ヽ、 l / .丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:   (
                 (        ,、_ - ´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l ヽ、 ─- l/ / .丶:;:;:;:;:;:;:;:;:;   )
                 )                                    ノ
                 ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒~
                                         O
                                        o
           fzfzィ彡、-‐ァ´           ヾツfz
         fzイ¨"  .:.:{ .:.ixz、..__       .:.:.: Yゞfzfzx
        fzツ     ,ィf厂丁`ヾfzゞfzx:、     .:.:.:.:|:. `ヾミz
        Y    xfツイ' ハ ヾ:、 ヽゝ八fz小、  .:.:.:.:.|'  ____
.        |   xfツ"く ム┤ トスノ´   fz圦  .:.:.:.:.|  「ヾ、
         ,ィ!   イfxレ1辷i  し’ 、 :、     ゙fzX .:.:.:人_.:|\ `
    fxzレ"|! ,f才ン   ヾ  i! i| ハ ヾ:、   八fz}_/  ヾリ ヽ
  ,ィxfイ.: .:| rf;{" i   ハ  i! |i ハ  ヽ:、 イ j;}i   /'   ) ノ
  {f∠ィ' ¨ヾ:イァ'  l   i! il  i| i|!  }!ヽ )} i! {i从 ′  / }
        /,イ{  i{  i| !i  i! l!i  ハヽ_j斗! jヾ ヽィ  ,イ{
.       //i {!  i| i il i|  |j、l iァナ乃工ノリ イ )} /'  イ i,ィ
      〈' {i八 い:、ヽ i!_,.!i; リハリjイ;乍夾ハ〉リ イ〃 /  //     (………!)
      /メ{  ヽ ヽミ;匕ヾハiノ リ ソ ヾニ''’厶┴ュ/ / ーァ
      ,:/ 大ー:、 ヾ ヾミ;イ示ミj        "" ら≡≠)/ムく二_
    ;厶-―‐-、`ヾ. _リ"ヽ ゞ’  ,    -=≦ヲ く<==ァ/ム
     r‐-`二ニ} ノ ノ /'/ 、""  - ‐   /、_;ノ てムハ(_ノj
       ̄`ヾーャ-ァ、{斗ァZ>≧=ー- ..__..イ:.  /´: : : : : : : :`ヽ
      ゞ==ミュ、〉〃ム三≧ヾく二ゝ _j''   /: : : : : : : : : : : :
           半ァ/: `てラ’_.=≠>个≠!: : : : : : : : : : : : : :
             ({/: : : : : : : {:r''" /,イ:i トヽ |.:.:.:.:.、: : : : : : : : : :
             〈.:.:. .:.:. .:.:.:.:. |:{: ://:./リ }:jヾヽ.:.:. :ヽ: : ヽ.:.:.:.:. :


147 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:09:06 ID:Bhg/BwMB
三155.



                    ___ _,, -‐、
              「 ̄ ̄ ̄`ーー'__,,.  |
              ヽ   ´ ̄`〉-l、_   / \
              / !   / |l ヽ\_  /  く´
            < /_ ヽ _//-─ー''´ ヽ`   _〉                    カ
                 |\i  ノ、 l !|  lヽ 、\ /ヽ        「や、やらない華」
             /´「 レi | | ,|-!|lハ  |l ̄l`! Y | l|_
             /   l   !|/l冫、|;ヽ∨ f,~テ|!/ lノ `ー-、
          |     \ |ヽl仆い     ヒ_ソ |く´     /
            ヽー-──人|_ゝ-'   、    人>-=ァ/
          r‐''ニ二三f>ヽ、  (_フ  /-‐'ニフ<二7
          L_二_ 、ノーァ/_. `iー‐ ´|/ ̄フ」_/ノ
           <_// ̄) フ´\__r=z´ ̄ `\
                /    |l `>トi|r‐' |〉     )
              !   i  `´ /|l |lヽ-‐'  /  /
               冫  |   //l| |l ||    |  /
               /   ,'   ///l l| !|   l  |
                /   /  // l| | |l |:!  |  |
            /   /  /:.l |l | || |:|  |  |



葛藤を途中で中断させられた前方の男が、なんだそりゃと聞き返す。



                               /::::::::::::::::::::< ̄¨`  `'^゛^`ヽiヽ:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::
                            i:::::::::::::::::::∠´             V!/イフィ::::::::::::::::::::::
                             i::::::::::::::::/                   ̄i::::::::::::::::::::
                              i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
                           、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::
                          \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::
                            <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::
                            .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `
   「やらないかぁ?」               `ト.ヽ_,|                  i::       /    ̄¨`
                                i:`>イ                 i:::    /
                             i:::! !                 i::.    /
                              i/: : : ',          ‐ ,_ノ:    /
                  .        ┌-イ: : : : : ',                /
                        ,;;、 ノ.`〈: : : : : : :\  ∠ニ_‐‐---,  /
                       /;;;;く   \.: : : : : :.:ヽ     ̄ ̄ /
               .       /;;;;;;;;;;;;;ヽ   `゙ー-:,:,: : :\_      /
                  ,.,:;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.     ¨ヽ : : ¨7‐-‐'



148 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:10:09 ID:Bhg/BwMB
三156.


                    f´   `Y´`ヽ
                    |     リ    ハ
                     |    /     l
              ィチ ┴─‐ r< i i |
           ,. ´´フ´ 〉_/   `  、つ'´/`ヽ
        ,   ´  / / /    ,/  /  \/     〉
    ,.   ´    /   l i   //   /    ヽ  /
   /        /     | | l 〃i  /l      ∨      「そう。
  /       /      l | トLL_',  !_l |      lヘ{      私は、やらない華=D=ビップよ」
  ∨    / _ === Y彡ノ 斗Tヽヽ| |∨   /  l `
   ミミhYて´  ____ ミミh、 hソ     ヽlノ/  ノl
   | ̄ ̄> ´     (にニ   `       r、/彡´/
   \-─ヽ  _____ノ<´        , /ソ '´
     ` ─=-==ィノノヘ.       c   ∧)
          / /´    ヽヽ  __  <辷)
            / /       )   ミ辷≧ソ
         / ` 、    < ll\、
        /    /      〉=〃
       ',    (_     〈 l!



ある意味攻撃的なイントネーションとやらない夫の姓。
これ以上ないぐらい素敵な偽名ね、と自讃した彼女は
癖になっている一人称、語尾を出さないようにと気をつけている内に、だんだん勇気が湧いてきた。
先程の俯いていた少女は何処へやら、胸を張って堂々と言い切る彼女の勢いで男達の確信がますます鈍る。


149 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:11:08 ID:Bhg/BwMB
三157.
微妙な緊張を湛えた沈黙が、かなり長い時間流れた。
隣の路地では一人の娘の人生に光が射し込んだ頃―――

雛苺は一か八か逃げてみようかとも思ったが、
ここで逃げては嘘を言っていたと自分で白状するようなものである。
人違いでしたと穏便に終わってくれればと言う彼女の願いはしかし、
後ろの男の余計な閃きで適わないこととなった。


             |            '" "   ¨"'''了  |  |
             |___                   i   |  |
            |   `丶、               |  ||  |
            .lー==―-、 、_    /         ノ  |   |   「おい。
            iz=_(:)_,. ヽ // '   i       i|   |   |    てぇ事は、こいつはやらない夫って奴の
           /              /ナ-==z.._ {.|  .|   |    妹って事だよな?」
         ../              { ヽγ, 、   .〉   |   |
         /               `、 `'..__ヽ /|   |   |
        /             / /     } ||   |   |
       /            ////      .リ ノ   .|    |
    /  /       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;           ./ i i .|   .|
   /  ノ        ,丶ー-_    ;;;;;;   ./   l |  |   |
   t /l|lil|i         \──     ̄ `/    / | ./  i|   l
  i/    |l|||          ̄ ̄     /    /  .|  |   i
  / `丶、  ili|l|              ./     /  |   |  /
 |    丶、|l|ili|l            ,ilil     ./   |    |  |
..{     /~\Yillili|l|     州il、  ilil     ./   .|   .}  i
.l   /    \ li| li|l|ili|l||||l|lil|i ililillil         /   / /
{  /        ヽ,ilililli|l||||l|liilililil"         ./   / /



                           /::::::::::::::::::::< ̄¨`  `'^゛^`ヽiヽ:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::
                        i:::::::::::::::::::∠´             V!/イフィ::::::::::::::::::::::
                         i::::::::::::::::/                   ̄i::::::::::::::::::::
                          i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
                       、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::
                      \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::
「ああ、そう言う事になるが―――」 <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::
                        .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `
                         `ト.ヽ_,|                  i::       /    ̄¨`
                            i:`>イ                 i:::    /
                         i:::! !                 i::.    /
                         i/: : : ',          ‐ ,_ノ:    /
              .        ┌-イ: : : : : ',                /
                    ,;;、 ノ.`〈: : : : : : :\  ∠ニ_‐‐---,  /
                   /;;;;く   \.: : : : : :.:ヽ     ̄ ̄ /
                  /;;;;;;;;;;;;;ヽ   `゙ー-:,:,: : :\_      /
              ,.,:;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.     ¨ヽ : : ¨7‐-‐'






151 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:12:06 ID:Bhg/BwMB
三158.
無理もないが、彼らの依頼者はやらない夫と言う男がどういう人物かを
きちんと伝えられなかったようだ。
そこに手を出すという事か、どれだけ危険かという事を。



                         .   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
                           // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|
                              /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア
                            / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒V ´ ̄`ヽ
                           <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l /こヽ│
                               / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ | {(とノ)|
                         .     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | `ー‐  |
      「関係者なら            .     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ    ヘ
       どっちでも良いだろ、多分!」         ∨  `、   \ r        ,∨ {     \
                                       ヽ      _, ィ1  / :|  ヽ    ___ヽ    _
                                      \ -<-‐~ / /  |_   }/´    ̄ ̄ ̄ \
                                        ヽ、  ̄ ̄ /'  /ヽ /            ヽ
                                          `ト--‐< /_/   {
                                             /| r< ̄      人_,,,  -―――――
                                            / ∧ |   \    / {



               _
       _,、-‐ '' ~ ̄  _`ヽ、_
     /´  /  r'ニ三ヽ\} ^ヽ、
    /    /    | ̄ ̄¨`ヾム;_=ニヽ
   /    /    |        `lヾ|l
   // !  /   ‐7 ̄`''‐、,_     | レ|
   l | |  /    f      ,ィ‐‐〈/ l|
   |l /   /    ,| '´ ̄`  〈マヽ/|! ||!
   |! /   /   / ,l       ヽ` | ! |′   「だよな、だよな?
  / l  /   / ,/  ,.._   =ィ''’/ ! |     試合の邪魔するんだから同じだよな!」
  / ! /   / ,/   ヽ、二,ァ  / | |
 / / /   / / il|    '' ‐   /   | !
./ / ,.イ   // i: il|il|i  州  /|   !l
l  / '| l  l/、.,,_ !   il|l|ili|l|,i /     |
! /  | | /  /``'‐、,ィ!´il|  , /  /|
ゞ‐、i| ! | l|  /   /Y } ,/ /  イ|
   `\| |‐<_   / 7l l,/ /  / l /
      >!'゛  `_ 〈∠ill| l--'イ| / !/
   /     ^`ヽ\ll「lヽ、_'´ノ′
             ヾ,リ| \`t.、_
               ', |   \ヽヾ'‐t-、



―――彼の関係者に手を出す事は、魔獣の巣穴に石を投げ込むのと変わらないという事を。


152 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:13:06 ID:Bhg/BwMB
三159.
また距離を詰め始めた二人に、恐怖を感じた雛苺は尖った声を出すが、



イィ-' /   / /     l ヽ  ヽ ヽjヽ
    l   j ,イ|     || ヽ!   |   |\
    ! l  ハ| {l.ノ   ヽリ| ノl|   l    !ヽ
ト、  {弋ト_エj≦トヽ  /ノ ノ7ナ十‐イ'  //     「な、なんなの!?
\ヽ、ヽ 7,<:ヽヽ `´ /,<:ヽjく ノ_ イ'′     私に何かあったら
_ ソ T l::T:}.:|     {::T:}.:} ノ'7ヽ/ _ -    お兄様が黙ってないのよ!」
- {二ヽl、 ゞ--'   、  ー‐'- /‐_ 二{ _
二}ニー<〈 '''''  / ー ヘ  ''''' /r‐_'_-j‐--'
./>>`ノヽ、  {    }  , く'-ァ>r_ーニ=
  ̄     ,.>‐`_ー_´<、   ̄   `} ̄
、 、   //ィ  ̄/ Hヽ ̄ヽ\ ,



男達にも犯罪を覚悟する理由があったのだろう。
裏道に入ってくれた幸運を感謝しなきゃな、と呟いた後方の男は、
相方に目配せをすると雛苺の注意を引きつけるように言った。



             |            '" "   ¨"'''了  |  |
             |___                   i   |  |
            |   `丶、               |  ||  |
            .lー==―-、 、_    /         ノ  |   |
            iz=_(:)_,. ヽ // '   i       i|   |   |
           /              /ナ-==z.._ {.|  .|   |   「うるせぇよ。
         ../              { ヽγ, 、   .〉   |   |   こちとら最後の年なんで焦ってんだ。
         /               `、 `'..__ヽ /|   |   |
        /             / /     } ||   |   |   これ以上、マコトの野郎に水を開けられて
       /            ////      .リ ノ   .|    |   たまるかってんだよ」
    /  /       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;           ./ i i .|   .|
   /  ノ        ,丶ー-_    ;;;;;;   ./   l |  |   |
   t /l|lil|i         \──     ̄ `/    / | ./  i|   l
  i/    |l|||          ̄ ̄     /    /  .|  |   i
  / `丶、  ili|l|              ./     /  |   |  /
 |    丶、|l|ili|l            ,ilil     ./   |    |  |
..{     /~\Yillili|l|     州il、  ilil     ./   .|   .}  i
.l   /    \ li| li|l|ili|l||||l|lil|i ililillil         /   / /
{  /        ヽ,ilililli|l||||l|liilililil"         ./   / /




153 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:14:06 ID:Bhg/BwMB
三160.
.               ___ _
          ,.--r^Y^r<: : : : : \
       に二ブ⌒| ̄\: : : : : :\
.        レ'て_)(_弋___), ==‐-ト、
.         _/´ li   、 、`¨¨{: : : : :_: : |ヽ
     f´/il |l | i l | iヽ  ゙、: :./ l ヽ| }     「近づかないで!
      ノ'i l||l | l_|__l_|1ハ ハ/ '! /,小     大声を出して人を呼ぶのよ!?」
     {_| l人|x| l l,ニ、川}/// l// 入
       7ニヽヾ;  Lハ 厶ィ´─〈/ /_〉
      {´三ヽ八 _  u ∠二二下(廴))
        ̄)ノ7))\_ ィ f三三〕ゝー‐'
.          ィ ニ圷、ヽ/: : :_ソノ:\
         /:〈〈 //{: : 〉〉: : : : : : : :〉
.       r‐!/:.V/:ゞニ'ノ」: : : : : : :/
.         j: 」: : :}/: j/: :f: : : : : : :.:ハ
       /:/: ,.イ: :〃: :.:∨: : : : : :ノ
     /:/:./:::/: /|: : : :.,′ : : : : |
    / : /:./:::/: イ::|: : : /: : : : : : :.|
.  /: : : /: :|/:./:|:::|: : / : : : : : : : |
/: : : : :/: : : : :.:{ : ヽ!: /: : : : : : : : :|


震える声は、実は人を呼ぶに十分な大きさとなっているが近づく者は居なかった。

本当はどこかで話しかけて、暗がりに誘導してから拉致しようと思っていた彼らは
自分達はついている、との妄想を疑う事もせずに実行に移り―――


                              .,-イ .,,,、、 ,,,,、
                              .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|
                           ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""
                           .ト'",l゙ l゙ l゙ │
                             l゙ ,l゙ .l゙‐'"
          \                 .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
           \                    {-!ト''゙l゙,i´
            ,,=――-.... ,,                   ,レ"
          ,,ノ"' .,       `'-、              l"                 _,,,.. -‐''"゛
             'ミ―'''_..- ..,,、    ヽ,                  _,,,,.. -―ー'''"゛
.i,,__            ̄゛     .\    \       __,,,.... -ー'''''"´
..!  : ⌒'''''=、            `'-、   `''‐ '''" ̄´
. '! ..____..`゙゙''ii、            `'ー、、
    1 ゙~. ̄'―-- ..、           `'-、
     ゙'ー ,,.   ..i⌒''.lr- 、          `''-..,,,,,,,_________、
       `'''''l'''"゙゙゙″.、゙,゙>-、                  ..,,,_ ̄ ̄ ゙゙̄^´゙7              _,,,.....
          `―-r'''"゛  .',゙>                 ⌒"''―――――--===ニ'ニニ 、
                `'ー'ヘ,´                                     ーー/゛
                    `\                       -..,_.. ---――ー‐ー一'''″
                   ヽ                      `゙'''ー ,,,,_
                       ヽ                 、 ,..,,,,_           `゙'''ーー-、
                        `'-、.            .゙'ゝ、,,_  ゙̄'''''ー- ..,,、   `フ″
                        `'-、、     .,,v、、     .`''ー..、    `゙゙''''"゛
                             ヽ     l.  `''ー ,,,_    .\
                            ヽ    ヽ      `'ヘ、  ., \
                             ヽ.   ヽ       `'''‐“'''"
                              l、   .l
                                  ヽ   ゙、


154 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:15:06 ID:Bhg/BwMB
三161.



                                           /::::::::::::::::::::< ̄¨`  `'^゛^`ヽiヽ:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::
                                        i:::::::::::::::::::∠´             V!/イフィ::::::::::::::::::::::
                                         i::::::::::::::::/                   ̄i::::::::::::::::::::
                                          i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
   「構わないぜ。                           、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::
   こんなところに誰かが通ると思ってるのかよ」        \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::
                                        <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::
                                        .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `
                                         `ト.ヽ_,|                  i::       /    ̄¨`
                                            i:`>イ                 i:::    /
                                         i:::! !                 i::.    /
                                         i/: : : ',          ‐ ,_ノ:    /
                              .        ┌-イ: : : : : ',                /
                                    ,;;、 ノ.`〈: : : : : : :\  ∠ニ_‐‐---,  /
                                   /;;;;く   \.: : : : : :.:ヽ     ̄ ̄ /
                                  /;;;;;;;;;;;;;ヽ   `゙ー-:,:,: : :\_      /
                              ,.,:;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.     ¨ヽ : : ¨7‐-‐'



腕を捻り上げられた雛苺は痛みと恐怖で悲鳴を上げる。



               ,‐-lゝ'ヘ
             ,,/''´   ヽ
          ,、、=/  , ‐=ゝ、-,
         ,=//- ,-'llll|/ ̄` ヘ ゝlll:.::l:.
      ..,,、/llゝ@<〆l/`´     |  、< -―-、
     ,:ll;/  〆'´ゝノlll/llll/;;;/;;;;=  ヽ'´'´ /(
  ,..,:ll/  /ノ)‐-'´/ヽヽ ヽ `='ゝ=‐-ゝ/ /
  :ll/   /ノ'/ノヽヽ lヽ丶 丶ヽヽ ヽヽ`'´`l / ./┐    「いや!いやあっ!
  \  /丿/ノ`´l ヽl ヽ ヽ _〆l l l l / // //>    お兄様!お兄様、助けて!!」
   .:ll>、/:ノ /:)l l l l l  l-' ,==t l / l /l` // //
  ,:l|/ l |ノ l||)| l l l l ll ´(:::::ノ`/l'´( `┤/'/ __
  |/_ l ll) /ll) l | l l〆l l    ` ´ >/<=/|_//
     ヽヽ‐ゝ' l l '´ ,r=t、 、    。|,ヘ=/'´`- '´
      ヽ/ノl/ヾl l ll '(:::::)   r ,  , U,ー/
      /'´l  \ヽゝ,-´     ノ  ヽ=ー'´` 、
     (ー‐)===///ゝ‐- =ソ  _,-ゞ`'``ゝ,`ヽ
       ̄),='´=l/、/'´ ̄  ヽヽ/' 、 ̄`ヽ'  lー-`l
        ̄   (( / `'´ ヽ  ヽ'´`-l、lll:. )'´/、-、/


156 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:16:06 ID:Bhg/BwMB
三162.


                         :::::::::::::::::::::::::::::\::ヽ:::;イレ´^"^´´ ´¨ ̄>:::::::::::::::::::::ヽ
                         ::::::::::::::::::::::::ゝ\!ヽ!V           `ゝ:::::::::::::::::: i
                         ::::::::::::::::::::i ̄           ,-,-‐   \ :::::::::::::: i
                         :/::::::::::::::i            //       く::::::::::::::: i
                         ::::::::::::::::::i ‐-=ミ 、      //__       \,.-=、::i__,
                        .:::::::/¨!::::i    \ヽ {、<_/´フ ゝ;::::i>     i ハ. Y::/
                        ::/   !:::::ヘ   ィ┬-、::.       ¨ ̄      i⌒、 i:>
      「うるせぇ!                /::::__∧  ` ゝ‐'ヘ               |)  i .iヽ、
       キャンキャンわめくな!」     '´¨ ̄   ',       ::i              |、_ノ,.イ ̄
                                   ',    :::i              ト-<::i
                                  ',    .::i                  !  !:i
                     .               '、   :ゝ、 -               /  ヾi
                                   \               /    ゝ┐
                                         \  ,.──-、     /    ノ´ ヽ、,、
                                         \  ̄`     /     /    〉;;\
                                         \     _/ ,. -一' ´     /;;;;;;;;;;;\
                                          `ー-‐T¨  /       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;、



女性を嗜虐する事に慣れていた男は、ためらいなく腕を振り下ろし、



         /^l  r i /ニヽ
          / /   ! i | |.| |
        / /   | .| | U |
       / ./   | .| `ー'
        / /    .| |
     //       J
      "
       r-- ―-、
       ~.= フ /
       ,' /ー"
       レ
   (二ニ
    __,,、 -‐ ニ
 (二~ -― ''"



路地裏に甲高い音が響いた。


158 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:17:06 ID:Bhg/BwMB
三163.
頬を打たれた痛みと、隠す事のない悪意にさらされた衝撃。



  ___
  {l:.:.... : ̄:l}^^'ヽ、   ,ィ= 、_
.   {l:.:    :.:l}:.:、:.:.:.:.ヽ_〃 /.:`^冖=.、、
  〃   ..:〃-:-`‐:.:.:{|:.Y__:_:_:_:_:_:.:.:.:〃
,.ィl     :.l} , ィア´丁フヽしヽ丁ス:.:.:.:.l}
 ア  ̄``┴/          ヽヽj}
:,:フ:.:‐.、 :.〃/       /       ヽ>
    .:/ヽ'' /:      / /       ヽ
  ..:.:.l:l.:.: l:.:   :  / /:       i   ',     「ふええぇ………」
、:.:.:.:.:.:|:l:.:.:..!l.:  :.: !l l.|.:  :     l    |
:.:\:.:.:l:l:.:.:.:l !.:__:._:_l_l_l_レ .:|   / :/.:.!|
:.:.:.:.:Y_ヽヽ、ヽヽト、N l:l l:.:.:/:/、〃:.:/:.:/リ
ニ._-}二二ア c==ュ` ∨_/∠7/イ、
‐-:.:.:_Y二ア、  " " "  '////ヽーァ:.:.\
三-_  て\_丶、   ‐-_ヽ!」」ノ_ l、 ̄:.>′
'       ヽヽ/T二´:..`Y|ヽュ lヾく
:.:... :. l.;.:.. ./ /Llノフ´ヽ,く |ヽ ヾュ!. ヾュ
へ/:.:`   </_/|ノュ   } ,l :.:ヽ、:ヾュl}
、/:.    .: /`ヽヽヽノ l l :.:.:.:.:.:ヽ/
,:ヽ、:.:.......;.-/    .ヽヽト:.:.l   .:.:.:/
:.:.:.:.:ヽ:.://   ..:.:.:.:.:.|::|:l}、:.:.:.:.:.:.:/
  :.:.:.〈:.:     ..:.:.:.:.:|::|:|}、`` ー′



これまで生きてきて経験した事のない恐怖にとうとう雛苺が泣き出してしまったので、
そちらにやってきた男がやり過ぎるなよ、と自分本位に制止する。



               _
       _,、-‐ '' ~ ̄  _`ヽ、_
     /´  /  r'ニ三ヽ\} ^ヽ、
    /    /    | ̄ ̄¨`ヾム;_=ニヽ
   /    /    |        `lヾ|l
   // !  /   ‐7 ̄`''‐、,_     | レ|
   l | |  /    f      ,ィ‐‐〈/ l|   「おいおい、あんまり怖がらせるなって。
   |l /   /    ,| '´ ̄`  〈マヽ/|! ||!
   |! /   /   / ,l       ヽ` | ! |′  こっちはお前みたいに、
  / l  /   / ,/  ,.._   =ィ''’/ ! |    嫌がってる女を無理矢理ヤるのが
  / ! /   / ,/   ヽ、二,ァ  / | |    好みって訳じゃないんだからよ」
 / / /   / / il|    '' ‐   /   | !
./ / ,.イ   // i: il|il|i  州  /|   !l
l  / '| l  l/、.,,_ !   il|l|ili|l|,i /     |
! /  | | /  /``'‐、,ィ!´il|  , /  /|
ゞ‐、i| ! | l|  /   /Y } ,/ /  イ|
   `\| |‐<_   / 7l l,/ /  / l /
      >!'゛  `_ 〈∠ill| l--'イ| / !/
   /     ^`ヽ\ll「lヽ、_'´ノ′
             ヾ,リ| \`t.、_
               ', |   \ヽヾ'‐t-、



159 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:18:06 ID:Bhg/BwMB
三164.


                                /::::::::::::::::::::< ̄¨`  `'^゛^`ヽiヽ:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::
                             i:::::::::::::::::::∠´             V!/イフィ::::::::::::::::::::::
                              i::::::::::::::::/                   ̄i::::::::::::::::::::
                               i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
                            、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::
                           \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::
                             <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::
  「言いやがる。                  .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `
   ガキの奥まで突っ込んで             `ト.ヽ_,|                  i::       /    ̄¨`
   使い物にならなくするのが               i:`>イ                 i:::    /
   お決まりのクズの癖によ」            i:::! !                 i::.    /
                              i/: : : ',          ‐ ,_ノ:    /
                   .        ┌-イ: : : : : ',                /
                         ,;;、 ノ.`〈: : : : : : :\  ∠ニ_‐‐---,  /
                        /;;;;く   \.: : : : : :.:ヽ     ̄ ̄ /
                       /;;;;;;;;;;;;;ヽ   `゙ー-:,:,: : :\_      /
                   ,.,:;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.     ¨ヽ : : ¨7‐-‐'



鼻を鳴らした男に、違いないと下卑た笑いを浮かべた相手はしかし、
こんな俺達でも騎士になれるなんて世も末だねぇ、と愉快そうに肩を揺すらせた。



             |            '" "   ¨"'''了  |  |
             |___                   i   |  |
            |   `丶、               |  ||  |
            .lー==―-、 、_    /         ノ  |   |
            iz=_(:)_,. ヽ // '   i       i|   |   |    「ハッハッハッハ、
           /              /ナ-==z.._ {.|  .|   |     未来の親衛騎士様相手に
         ../              { ヽγ, 、   .〉   |   |     クズは言い過ぎだろ、クズは」
         /               `、 `'..__ヽ /|   |   |
        /             / /     } ||   |   |
       /            ////      .リ ノ   .|    |
    /  /       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;           ./ i i .|   .|
   /  ノ        ,丶ー-_    ;;;;;;   ./   l |  |   |
   t /l|lil|i         \──     ̄ `/    / | ./  i|   l
  i/    |l|||          ̄ ̄     /    /  .|  |   i
  / `丶、  ili|l|              ./     /  |   |  /
 |    丶、|l|ili|l            ,ilil     ./   |    |  |
..{     /~\Yillili|l|     州il、  ilil     ./   .|   .}  i
.l   /    \ li| li|l|ili|l||||l|lil|i ililillil         /   / /
{  /        ヽ,ilililli|l||||l|liilililil"         ./   / /



160 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:19:06 ID:Bhg/BwMB
三165.
作戦は成功した。
後は依頼者へ報告し、監禁した少女を二日間なぶり者にすればいい。



               _
       _,、-‐ '' ~ ̄  _`ヽ、_
     /´  /  r'ニ三ヽ\} ^ヽ、
    /    /    | ̄ ̄¨`ヾム;_=ニヽ
   /    /    |        `lヾ|l
   // !  /   ‐7 ̄`''‐、,_     | レ|
   l | |  /    f      ,ィ‐‐〈/ l|     「あー、やらない華ちゃん?
   |l /   /    ,| '´ ̄`  〈マヽ/|! ||!    別に殺そうって訳じゃないんだ。
   |! /   /   / ,l       ヽ` | ! |′    ただジュンとお兄さんが
  / l  /   / ,/  ,.._   =ィ''’/ ! |      明日の騎士試験を辞退してくれれば良いんだよ」
  / ! /   / ,/   ヽ、二,ァ  / | |
 / / /   / / il|    '' ‐   /   | !
./ / ,.イ   // i: il|il|i  州  /|   !l
l  / '| l  l/、.,,_ !   il|l|ili|l|,i /     |
! /  | | /  /``'‐、,ィ!´il|  , /  /|
ゞ‐、i| ! | l|  /   /Y } ,/ /  イ|
   `\| |‐<_   / 7l l,/ /  / l /
      >!'゛  `_ 〈∠ill| l--'イ| / !/
   /     ^`ヽ\ll「lヽ、_'´ノ′
             ヾ,リ| \`t.、_
               ', |   \ヽヾ'‐t-、



気分を良くした男がそろそろ眠らせて運ぼうか、と薬の入った小瓶を取り出したその時、
彼らの運命が奈落へと転がり始める。



161 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:20:06 ID:Bhg/BwMB
三166.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   それで、得をするのはシンジ、と言う訳か―――

┗──────────────────────────────────────────────┛


闇の中にいんいんと響いた声で、慌てた男達は暗がりに視線を巡らせた。



           / ̄ ヽ―-- 、_
         _ // ̄` -―-、:::::::::::`゙ - 、
        //:;:;:;:Y;:;:;:;:;:ー---、__ヽ、:::::::::::::::::\
  .      //:;:;:;:;:__/       _ \:::::::\::::::::ヽ、
      /::|;:;:;:;r'      __∠_  ヾ、:::::\::::::::\
        |::::|;:;:;:l    l_∠)__,- '`   ゞ-ヽ、::::丶、i           「だ、誰だっ!?」
      |:::|;:;:ノ_,-┤ '''          く .个i、:::::::`\
      !:::ヾヽ f) /             ノノ/;\::::::::::::\
      ト::::::::i:〉く::::....  _         _/;::;:;:;\::::::::::::::\
       | ヽ:::::!   ヾ /_ >、      / !;:;:;:;:;:;:;:;::;:\::::::::::::::::\
      |::::::ヽ::ヽ、ヽ/    l     i|i| /   |;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;;:ヽ:::::::::::::::::ヽ、
        |:::::::::::::∧  ',   ノ   i|i|/   |;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;.:;:;:丶:::::::::::::::ト!
      |,::::::::::::∧ ヽ-‐'  i|i|i|i|    ',;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;: |:::::::::::::|
       |;:;:;:,::::::::::::i|  州 li|i|i|      ',;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;:;:;:;: ト,:::::::::|
         !;:;:;:;:;:;:,::::::::i|il|l|ili|l|i|i|__,.┬―┐ ├‐┐;:;:;:::,;:;:;:;:| |ノ~V
        l;:;:;:;:;:;:;:;:,:::::::::::li|l|ili ̄    l    l  ヽ  ',;:;:;:;:;:|ヽノ
       \;:;;|\iヽW::::/      l   | ̄ ̄ i  ',_,、ノ
         ゝ'r -ー' ̄  ̄`--、_ l   |    l__  ヒfi_




               :::::::::::::::::::::::::::::\::ヽ:::;イレ´^"^´´ ´¨ ̄>:::::::::::::::::::::ヽ
               ::::::::::::::::::::::::ゝ\!ヽ!V           `ゝ:::::::::::::::::: i
      「チッ!」    ::::::::::::::::::::i ̄           ,-,-‐   \ :::::::::::::: i
               :/::::::::::::::i            //       く::::::::::::::: i
               ::::::::::::::::::i ‐-=ミ 、      //__       \,.-=、::i__,
              .:::::::/¨!::::i    \ヽ {、<_/´フ ゝ;::::i>     i ハ. Y::/
              ::/   !:::::ヘ   ィ┬-、::.       ¨ ̄      i⌒、 i:>
                   /::::__∧  ` ゝ‐'ヘ               |)  i .iヽ、
                '´¨ ̄   ',       ::i              |、_ノ,.イ ̄
                         ',    :::i              ト-<::i
                        ',    .::i                  !  !:i
           .               '、   :ゝ、 -               /  ヾi
                         \               /    ゝ┐
                               \  ,.──-、     /    ノ´ ヽ、,、
                               \  ̄`     /     /    〉;;\
                               \     _/ ,. -一' ´     /;;;;;;;;;;;\
                                `ー-‐T¨  /       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;、



まさかの通行人。
いや、依頼者の名が出た時点で明らかな敵対者。
腰の剣を抜いた二人は油断無く四方に注意を払うが―――


162 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:21:06 ID:Bhg/BwMB

三167.
ハッ、と顔を上げた雛苺の表情が対照的に輝く。



       `l '` :/l //  //     ヽ   ヽ l\ ./l,.l
       ll /l ̄ //  / l'     |ヽ   ヽ ̄ l' ヽl
       /.`/   ./,l'   l' .l       l    |  l, ヽ
     /  |    l   |, l |    /||  ,   l,  l  \
    /   l l,   |l   .|ヽ l .l    //l' /l  /  /    \
  /     ヽl、  .l‐l 、l、 l ヽl、ヽ  , '/.l//_/l  / /    \    「お兄様!?」
  /      l, /ヽ l. ゝ,r==t ``ヽ//',r==t、、 ,'l/' |/      ヽ
  l       .l,/ /ヾl`'´| l;;;;l !       | l:;;;l iヾ / l /_       l
  l===、、 .ヽ="==',l-、ヾ、,ノ     ヾ、,ノ _,/==/  , === l
  \___ ゛`ヾー==ハ´           ヽ==ゞ、〆"  _/
     ゝ`ヽ、ヘ__>>、     r‐,     /l< ´_`ーゝ=(´
     ー〆`   `7_,へ` 、  ` '  ,、_'´へゝ'´  ヽ==‐
      `ー'´  , 、    ̄ `.l ー -‐l´    `, -、  '"`
         , '´  `ー≡ゝ='´   _`ー==;:-'´  丶
       /     / ,-‐- 、`ー@',´-‐'´ヽヽ    \
      /´     /,    _`ゝ"<     l l      ヽ



偽名の事を意識して言ったのか。
あるいは、本当の血縁を期待して言ったのか。

瞬間、数メートル先も見通せなかったはずの路地裏を切り裂くかのように、
月光が剣のように降り立ち―――



      ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|        /  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;
      ;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |       /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;
      ;;;;::::::::::::::: :::: :: |        |  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;
      ;;::::::::::::: _____        |/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;
      :::::::::::,任三三ミ、        |;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;
      :::::::::::|三三三三l          |   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
      :::::,イ',三三(三ノ、)       _|     ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
      ::::/|| ',ミ=三=ミ/      |::::|    ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ::::!ミ', ',三三ミ《 ,ィ==‐- .,,_|:;::|    ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ::::!ミミv〉三三|,xイ三彡'´...   |    :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      r===三三三三三>'´    _|   ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /三三三三三三三> 、    .|   ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     (三三三三三三三三三i    |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ゙、三三三三三三三三ヨ    \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
      ;;'|三三三三三三三三ミ、     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
      ;;;\三三三三三三三三!、::::::::    \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
      ;;;;;;:゙、三三三三三三三ミヘ::::::::::::::: :::::::\:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;::/',三三三三三三三三》;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::\:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /;;;;;;',三三三三三三三ソ ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          ',三三三三三三ミリ'
         ム三三三三三三リ'
         /三三三三三三ミ',



その姿を照らし出す。



164 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:22:06 ID:Bhg/BwMB
三168.



                                 _ _ _
                                ´      丶
                             /         丶
                            /             丶
                             /             |
                          /           _..,,ノ   |
                           /          (● )   ノ    「やらない夫の兄貴―――
ヽ                        /           /   |ヽ      ただいま参上」
:::::`ヽ、                       !           丶_ / /
_, ‐、:::::: ̄ )           | ̄ ̄ ‐ '─ !_               ノ ´
:::::::::::レ'  ̄            |::::::::::::::::::::::::::::::`‐ _        /
:::::::::::|              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、 _   /
:::::::::/       __ _ -‐' ̄`‐- 、_::::::::::::::::::::::::::::`‐ <
:::::V        |::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-、 _:::::::::::::::::::::::::::>
::::::〈       __|::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _:::::::::::::::/
::::::::}_r──´ ̄::::|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、/
::::::´::::::::ヽ:::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐-、
::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::\:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
、_______|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::: {:::::::::::-‐‐‐:::::::::::::::::::::::::/
_          l::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::`‐-、_     __ キ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、
:::::::::::::::::__ >-‐´::::::::ヽ:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
:::::::::-‐´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



ジュンとお兄さんが、と言うやり取りも聞いていたやらない夫は、
大体の事情を察してそう名乗った。
別にここで雛苺の偽名が露呈しても結果は変わらないのだが、
せっかく彼女が自分を頼りにしてくれたのである、乗ってみるのも悪くない。

165 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:23:06 ID:Bhg/BwMB
三169.


             /::::::::::::::::::::< ̄¨`  `'^゛^`ヽiヽ:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::
          i:::::::::::::::::::∠´             V!/イフィ::::::::::::::::::::::
           i::::::::::::::::/                   ̄i::::::::::::::::::::
            i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
         、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::
        \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::
          <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::   
          .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `   「お前か、やらない夫ってのは!」
           `ト.ヽ_,|                  i::       /    ̄¨`
              i:`>イ                 i:::    /
           i:::! !                 i::.    /
           i/: : : ',          ‐ ,_ノ:    /
.        ┌-イ: : : : : ',                /
      ,;;、 ノ.`〈: : : : : : :\  ∠ニ_‐‐---,  /
     /;;;;く   \.: : : : : :.:ヽ     ̄ ̄ /
    /;;;;;;;;;;;;;ヽ   `゙ー-:,:,: : :\_      /
,.,:;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.     ¨ヽ : : ¨7‐-‐'



剣の腕が立つとは聞いていたが、人質は自分が押さえている。
戦いとしては有利だろうが誘拐現場を押さえられては意味が無い、
口封じの必要があると男は考えた。

166 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:24:06 ID:Bhg/BwMB
三170.
しかし、膨れあがった殺意を意にも介さず
雛苺の様子を見たやらない夫はその右頬が赤く腫れている事を知り、
遅れた自分への怒りを募らせる。



    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)   「遅れて済まない」
   |::::::::::::::   ⌒ノ
.   |::::::::::::::    }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |




                        _r'ニVニXニV^V^Vヽr冖、_
                       (>'´: : : : : : : : -‐兀  ̄ ̄`¨¨: : :ニゝ
                       ヽ: : : : : : : : :_/厶く:: : : : : : : : : :厶
       「間に合ったのよ?」   __rク′: : ;:r<>'´ / ヽ>、 : : : : : ∧ム
                     {∠ : : : /ノ了 / ,' l l 「ヽ>、 : : ノ: :ヽ]
                       ! : //l /l l |  | l||l | | l!`マ: : : :_:_〉
                        ∨ノ川 { | ィ¬ハ l | | r廾 l| l }) /
                        /, ' |l | l | ,ィfた j l l,ィf心 リ| / V\
                        〉〈  ヽソハ V:丿 ,  V::ノ八V / / 〈
                       ヽY^ヽ、>彡    .   く二>彳 ∨
                      . く_≧ミゝ`てニ>r - ィ升≦ <ミン´



言っている意味が伝わらない雛苺にとっては、
これ以上ないタイミングで、これ以上ない救援者が現れたと言っても過言ではない。

まるで、おとぎ話の王子様か勇者か英雄なの、と心の中で考える余裕すら出来た彼女は、
だからだろうか、やらない夫の顔を見るなり不思議なほど落ち着いてしまっている。

168 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:25:06 ID:Bhg/BwMB
三171.


                     :::::::::::::::::::::::::::::\::ヽ:::;イレ´^"^´´ ´¨ ̄>:::::::::::::::::::::ヽ
                     ::::::::::::::::::::::::ゝ\!ヽ!V           `ゝ:::::::::::::::::: i
                     ::::::::::::::::::::i ̄           ,-,-‐   \ :::::::::::::: i
                     :/::::::::::::::i            //       く::::::::::::::: i
                     ::::::::::::::::::i ‐-=ミ 、      //__       \,.-=、::i__,
     「聞けよ!         .:::::::/¨!::::i    \ヽ {、<_/´フ ゝ;::::i>     i ハ. Y::/
      変な動きをしてみろ   ::/   !:::::ヘ   ィ┬-、::.       ¨ ̄      i⌒、 i:>、
      殺してやるぞ!」          /::::__∧  ` ゝ‐'ヘ               |)  i .iヽ、
                      '´¨ ̄   ',       ::i              |、_ノ,.イ ̄
                               ',    :::i              ト-<::i
                              ',    .::i                  !  !:i
                 .               '、   :ゝ、 -               /  ヾi
                               \               /    ゝ┐
                                     \  ,.──-、     /    ノ´ ヽ、,、
                                     \  ̄`     /     /    〉;;\
                                     \     _/ ,. -一' ´     /;;;;;;;;;;;\
                                      `ー-‐T¨  /       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;、



やらない夫はおろか、自分が押さえつけている娘すら
自分達を無視するように会話をしているので、
カチンとなった男は雛苺の腕を強く締め上げるが。


169 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:26:06 ID:Bhg/BwMB
三172.
気丈にも、痛くないフリをする雛苺は平然と続け、



                                             ___ _,, -‐、
                                       「 ̄ ̄ ̄`ーー'__,,.  |
                                       ヽ   ´ ̄`〉-l、_   / \
                                       / !   / |l ヽ\_  /  く´
                                     < /_ ヽ _//-─ー''´ ヽ`   _〉
                                          |\i  ノ、 l !|  lヽ 、\ /ヽ
                                      /´「 レi | | ,|-!|lハ  |l ̄l`! Y | l|_
                                      /   l   !|/l冫、|;ヽ∨ f,~テ|!/ lノ `ー-、
                                   |     \ |ヽl仆い     ヒ_ソ |く´     /
        「ぜ、全然痛くないのよ?             ヽー-──人|_ゝ-'   、    人>-=ァ/
        だって、すぐ助けて貰えるもの」        r‐''ニ二三f>ヽ、  (_フ  /-‐'ニフ<二7
                                   L_二_ 、ノーァ/_. `iー‐ ´|/ ̄フ」_/ノ
                                    <_// ̄) フ´\__r=z´ ̄ `\
                                         /    |l `>トi|r‐' |〉     ) ;
                                       !   i  `´ /|l |lヽ-‐'  /  / ;
                                        冫  |   //l| |l ||    |  / ;
                                        /   ,'   ///l l| !|   l  |;
                                         /   /  // l| | |l |:!  |  | ;
                                     /   /  /:.l |l | || |:|  |  |



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)      「ああ、そうだな。
  |     (__人__)       お兄ちゃん、ちょっと暴れるけど
   |     `⌒´ノ       びっくりしないようにな」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



その健気さが、やらない夫の胸には痛い。


170 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:27:06 ID:Bhg/BwMB
三173.





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              '               ` 、ヽ
              l              ,‐-,.._ ゞ
          .   l              l 弋心 l
          .    l              冫.ー く
             l               l    ノ!
             l               `ー‐ f r'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




そう言う間にも男達の立ち位置、装備、両手の動きは全て把握済みである。
声を出す前に立てた作戦通りでいけそうだ、と判断したやらない夫は
右手に握っていた小石を指先にずらし―――

172 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:28:06 ID:Bhg/BwMB
三174.
―――平静を装う事をやめた。



                                        , -────--、
                                      /;:;:;:;:     ;:;:;:;:;:;:\
                                     /;:;:;:;:         ;:;:;:;:;:ヽ、
                                    /;:;:;:;:           ;:;:;:;:;:ヽ
                                   /;:;:;:;:             ;:;:;:;:;ヽ
                                   /;:;:;:、i!i!i!i!i!`、            ;:;:;:;::.l
                              .    l __ノ' i!i!i!i!i!"ー--        ;:;:;:;:.|
 「さぁ選べ。                           L!0 )li!i!i!i!i!|(0 )l      ;:;:;:;:;:|
  その子を離しておとなしく逃げ帰るか           j`ー’i!i!i!i!i!i!i!`ー "       ;:;::;;:;:|
  後悔しながら地面に転がるかだ。              /;:;:;:  j   ;:;:;:;: ヽ、       ..;:;:;:;:;:|
                                 丶、___ノ"ヽ、_____ノ,ノ'!}   ;:;:;:;:;:;:|
                                     ヽハ</Vヽ jv-,_,.ィノv'リ   ;:;:;:;:;:;:;:|
  先に言っておく、                          ゝ-、} ,.´-‐ァ¬‐,,'/   ;:;:;:;:;:;:;:./
  俺は今機嫌が悪い。                        |l /  / ,、r7    ;:;:;:;:;:;:;:/
  手加減は殆どしないつもりだから               j∨   ,}ヽj/     ;:;:;:;:;:;:/
  そのつもりでかかってこいよ?」                 ハfvヘハノゝ'_,.   _____ノ |_
                                     ヽr ´      厂..:..:..:..:..:..:..:.::.::.::.:: ̄
                                 ,. -rr:ォ  ヽ;:;:;:   ,..イ..:..:..:..:..:..:..:..:..:.::.::.::.::.::..
                                j:..:..:!|::.|  丶_..ィ.:::/..:..:..:..:..:..:..:..:..:.::.::.::.::.::.::.:.
                                /..:..:.:!|::.L_    |リ.:/..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.::.::.::.::.::.::.::.:



ちなみに。
やらない夫が戦いを避けようとする為に威圧的な態度を取りがちなのにも理由がある、
父の教えによるものだ。


173 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:29:06 ID:Bhg/BwMB
三175.
┏──────────────────────────────────────────────┓


      , ,.ノ  、    「父さん。
      l (● ●     何でも戦いで解決するのは良くないと思うんだ。
      |  (__人)    話し合いで何とかならないかな」
      ヽ    ノ



                                     ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                                 ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
                              iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
                              ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
                             t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
                             、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
                             i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
                             't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
                             ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ
                              'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
      「フム―――」                t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                               '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
               .                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                                ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                                 i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
                             ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
                         ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
                      ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
                  ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
               .  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::
                / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
               ./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               """           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"


┗──────────────────────────────────────────────┛

やらない夫の父は、年齢としてはとても不相応な実力を持ち始めた我が子が、
しかし極力戦いを避けようとする優しい性格である事を見抜いていた。


174 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:30:08 ID:Bhg/BwMB
三176.
┏──────────────────────────────────────────────┓


                                          /l/ |/!/ ̄/
                                      /!/^         フ
                                     ∧!             `¨>
                                  ト、|ヽ               <__
                                  l             _         /
                                _iヽ         /ヘヽ彡ァ     ¨>
                                \    ∧     ,.=-〈〈  /、      `>
 「ならば―――                       _>::レwト〈-、w-'"^   〉)  77_     /
  実力の差をまざまざと見せつけてやるがよい。     7::::::l ` 、 i    '´ ,/7 i  ,ヘ  ゙7_
                                  ゙レ:::l_  、 i 〈 /   /__^゙ ゙l 〉゙〉〉  /
  それでも、お前の優しさを分からない愚者は        {::〉ニ、=、゙j /__,.=ィ弋ソ¨   ', ト‐ j  ヽ、
  憤怒にて追い払うがよかろう」            .      ¨ヘヾ='>li ¨ー=¨    /∨フ/  ヾ、
                                      ',   ll           ' ├‐ヘ   バ
                                      ヘ   ll            l   ヾヾ、¨ヽ--、_
                                       ',  ゙ヾフ _      j       ヽ、 `
                                      /ヽ, ヽ,¨─,>    /:::j    ト、   ヽ、
                               .       /  l ヘ _,ニ´ _ノ //i:::/  }  ヾ,ヽ,
                                   /   i. l ',ヘ、__,/:::/ //   j   ヾ,`ヽ、_
                                  /    l. l  ',:::::::::::::::__/ /   /l    `ヽ=-
                               . /⌒ヽ、 _/ '  ',:::::::::〔    /    /::ヽ、_,.-‐'"/





                   , ノ  、 、
 .                l(● ●)|   「脅かせって事だね。
 .                | (_人_) |
 .                 ヽ    ノ    ―――ああ、だから父さん
                   〔__≧<__〕   いつもあんな態度なのか」
                   |      |
 .               |      |
               .し   J


┗──────────────────────────────────────────────┛


175 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:31:06 ID:Bhg/BwMB
三177.
┏──────────────────────────────────────────────┓


                                        ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                                    ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
                                 iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
                                 ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
                                t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
 「ば、馬鹿者。                      、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
  私がその様な情けを                  i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
  かけるわけがなかろうっ」               't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
                                ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ
                                 'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
                                 t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                                  '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
                  .                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                                   ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                                    i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
                                ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
                            ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
                         ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
                     ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
                  .  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::
                   / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
                  ./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  """           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"



                    .ノ 、 、  「あー、照れてる照れてる」
                    > <) l
                 (人__)/,|
                 ヽ    ノ

┗──────────────────────────────────────────────┛

だが、さすがの父もその怒りの矛先が、義憤や許されざる敵へのものではなく―――


176 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:32:06 ID:Bhg/BwMB
三178.
┏──────────────────────────────────────────────┓

                                         ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                                      ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
                                   iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
                                   ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
                                  t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
                                  、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
「父をからかう余裕があるのなら、              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
今日の修行は厳しくしても構わぬという事だな?     't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
                                  ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ
ならばあの岩をそこの小枝で斬るまでは          'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
食事を取る事、適わん」                     t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                                    '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
                            .        t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                                     ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                                      i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
                                  ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
                              、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
                                  :::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
                                  ::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
                                  .  :::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::
                                ::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
                                   '' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                     ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"


                    .ノ 、 、    「父さんの無茶ブリがまた始まったーー!」
            。゚゜。○ ○)。l゜゚。
                 (人__) |
                  ヽ‘ー′ノ

┗──────────────────────────────────────────────┛

自分の未熟を恥じて発する事もあるとは、想像出来なかっただろう―――


179 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:33:06 ID:Bhg/BwMB
三179.
気圧されしないのは実力差が感じられないほど無能なせい。
その肉刺一つ無い綺麗な手が示すように、剣の修行などまともにした事が無い。
そう見て取ったやらない夫は、



               _
       _,、-‐ '' ~ ̄  _`ヽ、_
     /´  /  r'ニ三ヽ\} ^ヽ、
    /    /    | ̄ ̄¨`ヾム;_=ニヽ
   /    /    |        `lヾ|l
   // !  /   ‐7 ̄`''‐、,_     | レ|
   l | |  /    f      ,ィ‐‐〈/ l|    「ハッハッハッハ、
   |l /   /    ,| '´ ̄`  〈マヽ/|! ||!    随分頼もしいお兄さんだ―――」
   |! /   /   / ,l       ヽ` | ! |′
  / l  /   / ,/  ,.._   =ィ''’/ ! |
  / ! /   / ,/   ヽ、二,ァ  / | |
 / / /   / / il|    '' ‐   /   | !
./ / ,.イ   // i: il|il|i  州  /|   !l
l  / '| l  l/、.,,_ !   il|l|ili|l|,i /     |
! /  | | /  /``'‐、,ィ!´il|  , /  /|
ゞ‐、i| ! | l|  /   /Y } ,/ /  イ|
   `\| |‐<_   / 7l l,/ /  / l /
      >!'゛  `_ 〈∠ill| l--'イ| / !/
   /     ^`ヽ\ll「lヽ、_'´ノ′
             ヾ,リ| \`t.、_
               ', |   \ヽヾ'‐t-、



虫酸が走る口上など聞くつもりはない、とばかりに指弾を放った。



                                           ,. -- 、
                                         ,. '´イ   }
                                      ,  ' _,. '
                                     ,. '´         , '
- ―― 、                      ,. 、 __ --‐ ' ´        ,. '         ビッ
.       `丶 、        _  -―ヤ´               ,. '
             ` ー-/ _/` ー-                ,.  ' ´      `
            /           { / / _ -‐´           \ ,,_人、ノヽ
           /  __            ∨ / ̄       ,. ' ¨ヽ       )ヽ    (
`丶、 -、     /     \   ヽ{.      `〈ー一' ー― '´      }    - <       >─
    `"ヾ、   /             ヘ、      \          ,.イ       )     て
        ヽ、      ヾ      ヘヽ.       \      , '        /^⌒`Y´^\
        ∧      ヽ.     ヘ. \      ト----‐ ´
        ∧       ヽ      ヘ_,\      ∨
         `丶 、      ヽ    }   ∧    ∨
             `丶、   ヽ ''"" .l   ∧     ∨
                    ヽ. -‐ ヽ   l    ∧    ∨
                      `丶-ヽ.  j       ヽ 、__ 〉
                        ̄      ` ー‐ '



181 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:34:07 ID:Bhg/BwMB
三180.
僅か十数グラムの小石はしかし、恐るべき速度で空気を引き裂き、
脅しに剣を振り上げた男の左目を的確に撃ち抜く。




             |            '" "   ¨"'''了  |  |
             |___                   i   |  |
            |   `丶、               |  ||  |
            .lー==―-、 、_    /         ノ  |   |
            iz=_(:)_,. ヽ // '   i       i|   |   |   「―――どうやら
           /              `             |    妹の命が惜しくないと見え」
         ../              { ヽ \ ,,_人、ノヽ     |
         /               `、 `')ヽ    (    |
        /             / - <       >─ |
       /            ////   )     て    |        「 ̄!._ ._
    /  /       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;        /^⌒`Y´^\    .|        |  .| | | | |
   /  ノ        ,丶ー-_    ;;;;;;   ./   l |  |   |       |  .| | | | |.
   t /l|lil|i         \──     ̄ `/    / | ./  i|        |  !  ̄ . ̄
  i/    |l|||          ̄ ̄     /    /  .|  |   i        |  |__
  / `丶、  ili|l|              ./     /  |   |  /         |   ___/
 |    丶、|l|ili|l            ,ilil     ./   |    |  |          |   |.
..{     /~\Yillili|l|     州il、  ilil     ./   .|   .}  i          |  |
.l   /    \ li| li|l|ili|l||||l|lil|i ililillil         /   / /          |   |
{  /        ヽ,ilililli|l||||l|liilililil"         ./   / /          └‐┘
                                  _____
                                   |____   |
                                      /  /
                                     /  <.
                                   / ./\. \
                                  .\/   \ `>




183 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:35:06 ID:Bhg/BwMB
三181.



          ノ
   rt  「l [ト,   )  ギャアアアアアッ!!!/
   i i  l i Y   ノ                (
  l' i   i l     `l  /⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
  i' ,'  '" rl^レゥ  .| ./__
  i/    "7'/∠コ/::::::::`.ヽ
       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/



胆力のある戦士であれば、片目が潰れたぐらいで物怖じしない。
一流の戦士であれば、この瞬間に敵から目を離すような隙は作らない。



             /::::::::::::::::::::< ̄¨`  `'^゛^`ヽiヽ:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::
          i:::::::::::::::::::∠´             V!/イフィ::::::::::::::::::::::
           i::::::::::::::::/                   ̄i::::::::::::::::::::
            i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
         、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::   「くそっ!
        \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::    魔法か!?」
          <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::
          .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `
           `ト.ヽ_,|                  i::       /    ̄¨`
              i:`>イ                 i:::    /
           i:::! !                 i::.    /
           i/: : : ',          ‐ ,_ノ:    /
.        ┌-イ: : : : : ',                /
      ,;;、 ノ.`〈: : : : : : :\  ∠ニ_‐‐---,  /
     /;;;;く   \.: : : : : :.:ヽ     ̄ ̄ /
    /;;;;;;;;;;;;;ヽ   `゙ー-:,:,: : :\_      /
,.,:;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.     ¨ヽ : : ¨7‐-‐'



だが、やらない夫の予想通り一人は激痛に身もだえ、
雛苺の腕を掴むもう一人は突然の事に訳も分からず、
視線をそちらに向けてしまっている。

185 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:36:06 ID:Bhg/BwMB
三182.
人質をとっている有利さも忘れた男が何をしやがった、と視線を戻した時にはすでに、



                                        /\  /\ /\      /| /|
                                        /  | く  | |  |      .| | / |
                                        |  |  |  | |  |     | | | |
                                         |  |  |  | |  |  |~| .|/ |/
                                         |  |  |  〉 | /   | |      /| /|
.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒    -‐''´           |  |_ヽl    |\_| |      | | |/
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^      ミ=-::::, -‐'''´               |    \    L_└┐    |/
     /::::::::::::厂       ,ィ≦__,.. -‐'''´ / /    r         .|   i、_  \_  i、_ | i‐┘
   / :::::::::::::| 〃|彡 γ--'´ ̄    / //i  |     __/i          .|   | \ .~| |_ `└-、
  <._::_;::::::::ハ -''゙,ニミ' )        ,'   l l |  |   ⌒(            `|   |  \|   ̄! i、,_| 〈~|
      / ::::/| :', ト/゙◎i        l   | | l  |                   |   |      | | ,,,__〉 !‐二 〉
.     |:::::/: |::∧、ゞ ノ } !       l    | 丶 丶                  \  |      | / |__,.ヘ〈 く/
.     l/  |/:::ヘ r  |             丶 丶'                \|      .|/    | |
         ∨  `、、ゞ }               \'                           |/
              ヽ _ミY           ,. -'´  ∠ミーニ丶、
             \ )     ノ  /   r;┬':
               丶、_ _/ ̄>-'⌒ー‐'´
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      ノ
                   / ∧ |   \    /



容赦のない拳が埋め込まれた後だった。

187 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:37:07 ID:Bhg/BwMB
三183.
殆ど上下せず、地面を滑るように壁際まで吹っ飛ばされた男は運良く
―――あるいはそれすらもやらない夫の狙い通りに―――
積んであった木箱に突っ込み、派手な音を立てた後は
地面に転がるだけの置物となる。



               |\,      ,/|          _           /
               |   \, ,/  |  _      ,.-'_ ゙゙ピクピク,,,,,     |''‐-,,
               |     | / ̄  ̄ ;=));フi /,,='‐;;;;''-、,  /|    |   ''‐-,,
              \,    レ'   ,,-'゙゙ ,)'/ レ, l;;゙゙;;;;;''''/;;ヽ. /. |     |
                 '-/   ,ノ;;;/ / ,,,..'.ゞ-'`,;;;;;;;,-‐,/_/  .|     |
  ,,....- ''^ヽ           l―--,-'_ム,,,,,--';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;< ―--....,, , |     ''‐-,,
 ̄     \          |   '-:::::;;;;;;;;;;  ;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"`l   /|        ''‐-,
\       \        |        ̄`y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ__ / | ,,-''^'‐,,
  \   ,,....-― ゙|.      . |        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.‐ュ,,;;;;;;;;;;;;;`-'--,i';_.,  \
.   | ̄      |       ゙ー --.....,,,,,,__,.,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/--.,,,,"‐―,--―'-,,_彡   >
.   |        |.              r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/"""‐-..,,,| <        /|
\ .|        |             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'i      /l | .\      /  |
 .\|_,,,.....-― ゙            / ̄ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;'i   /  | |   \   /.   |
             ,, -'^''--,,,, /;;;;;;;;;;;;;/"l ̄ ̄|' /  . | |    ヽ/    ノ
          ,, - ''      /;;;;;;;;;;;;/ ̄''' |;;;;;;;;;;|      |  \   |   /
        , -''       /;;;;;;:;;;_-""    |;;;;;;;;;;|7!   /    \   |  /
        |'''ー- ,,,,    l;;;;;;;:r""       ヽ;;;;;;;'i, .|. /      \.,|/
        |      '''ー|;;;;;;;|'''‐‐-- ....,,,,    入;;;;;;'i,|/
        |   .     ,|;;;;;;;|        ''''‐- ' ヽ;;;;;;'i,
..        |       ,l;;;;;;l'.          |   ヽ;;;;ヽ
        '-,,      r';;;<||           |   / ヽlllヽ       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
          ''ー-...,,/;;;; ||           | /   ヽlll)      |    二    |  /
              /^'l'-'. '-.......,,,,,v-‐‐ー--!ム,,,,,,, ,             |          | /
              l;;;ノ      /         /|




188 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:38:06 ID:Bhg/BwMB
三184.
僅か一秒と三分の一で決着がついた。
一人は左目を失い、一人は鼻骨が粉々になっただろうが命には別状が無いはずである。
意識を取り戻した後、恐怖に戦きながら家に逃げ帰り、
余裕があれば神殿の司祭に癒してもらえば元に戻る程度の話だ。



               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |
             | (ー)(ー)  |
             |  (__人__)   |         「言っただろ?
.             l  `⌒ ´   }          手加減は殆どしないって」
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
      l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
      i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
      〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
     /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
     .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|
     ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|
       ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \
      }/ }: : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : 〉



と言っても、訓練用の力しか出していなかった。
これがもし戦闘用であったなら指弾は眼球のみならず頭蓋を易々と撃ち抜き、
鉄拳は首から上を容赦なく肉塊に変えていただろう。

189 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:39:06 ID:Bhg/BwMB
三185.
怖がらせちゃったかなと雛苺を見れば、
地面にへたり込んでぽかーんと目を丸くしている彼女は
何があったのか分かっていない様子である。



       l      ノ           \_E!ノュ___
     /      L. -ァ ‐‐ -(⌒(ニ=<,ネfニェ'ェェ!ッ
    ムェェェェァ='ヲラ'´ / , -‐_.. (/>' rヘ!下.ヽ    `ヾ!ッ_
       / /〃 / ,/ ,ィ'´ / ,ィ `ァr'ノ ゞヾヾ、    `ヾ!ッ_
     . / / 〃,/ 〃/ !! ///〃ll   ! llヾヾ、     ヾ!、
     / / 〃',ィ 〃' ._,イ! /,ィ /〃/ll   l !l {:{:{ト、     /´
     !、 ! レ',へ! ll !/`!>'〃/〃/,'ll   ! ! l }:}:f:}l  _..-<ッ_
     ヾ、 V /   !jゞァ‐ミ< ll/〃ィ、'_!!   / l ! {:{:{:{‐'´   lム
      ヾソ/l. ,、くリ (┘)l  ! レ l/〃ヽ./ / l }:}        !ム、
       くヽヾー>!  `´      .ァ-ミ、_/ / /∠,{:{:、  ,へ、lム>
      _ゝヽヾネ   ,     (┘)リ-ァ' ,r'´ ̄ノヾゝ. ! ,ィ'^>レヘ
    r'´ `-^ー'‐' ヽ、 o     `´ rニ r‐'/r‐‐'' ̄!_ゞゝl〃 / /
   __」 ヘ::::  ┌ナ'ヽト、_  _. .へ_!  !'´-===ミ'__ュ(_ ! /,イ
 r‐'´匚 /  r:::::ヒ____、!_._  ̄ ,ニ=‐、/‐ェ---、/ニ三ュ  !レ/
. ノ::: / /l `Y _, -‐'〃ト `Y´'-=ニ´ミミ、_`二ユ'r ´___   (( ,,
/j'''    ,,  , -‐'´  〃 j `v‐' > }二ヽ‐,、ヾ.` ̄(_{_//    `´
::l    '';;; /     ノ/  ! /  ̄  `ー´ 、L_ヾ!    ̄´



                                       / ̄ ̄\
                                     /  \    \
                                    .(●)(● )  u. |
                                    (__人__)  u   |
       「あぁ、その………。                   .(`⌒ ´     |
        大丈夫か?                           {         |
                                     {      u. /
        巻き込んじゃって申し訳無い」            __\     /リ 厂`'‐- .._
                                 / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                                  | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                                 | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                        .           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |


190 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:40:09 ID:Bhg/BwMB
三186.


    「: : : : ̄ : <>h<>'´: : : : : : |
  _r| : : : : : : : : ; イ」: : : : : : : : : : ト、
r夕: ヘ: : : : : :.:/>'びヘ>x : : : : : : l: :\
` ̄ | :ヽ: : :/>イ  l ヽ ドY>、: : /: r彳       「……………」
   ハ_:_>ク l |l  ! | l l `YZ: :/ ト、
 ∠└べ^ヽ 'T !| |l ! 'T| ノ }ハ / `ヽ
└ァニミヽ\ r;=ミヽj∨r;=ミxY! /   Vニ二|
  了⌒\ ハ 〈::_:}   {:_::} 八(二三仁>′
  └'⌒ヽノ小 "   '   " /{彡ク7∠Y´
    ̄`))らノ>- /)  イrく^)) }厂 ノ
      /: : {L/、`Yヘ_l}: :`ヽ、
       〈: : : : !: : :`ヽ!く: : : : : : :}
      /: ノ : | : : : : : \) : : : く
      ∨: : :′: : : : : :ハ : : : :/
      〈 : /: : : : : : :/:|l : : : |
       | /: : : : : : :/: |l| : : : |
       ∧: : : : : : :/: :」lハ: : : |



声をかけられ、木箱に埋もれる男と、うずくまって嗚咽する男を見比べた雛苺は
しばらくして―――



  ___
  {l:.:.... : ̄:l}^^'ヽ、   ,ィ= 、_
.   {l:.:    :.:l}:.:、:.:.:.:.ヽ_〃 /.:`^冖=.、、
  〃   ..:〃-:-`‐:.:.:{|:.Y__:_:_:_:_:_:.:.:.:〃
,.ィl     :.l} , ィア´丁フヽしヽ丁ス:.:.:.:.l}
 ア  ̄``┴/          ヽヽj}
:,:フ:.:‐.、 :.〃/       /       ヽ>
    .:/ヽ'' /:      / /       ヽ
  ..:.:.l:l.:.: l:.:   :  / /:       i   ',    「ふえぇぇぇぇ、
、:.:.:.:.:.:|:l:.:.:..!l.:  :.: !l l.|.:  :     l    |     怖かった、怖かったのよ………」
:.:\:.:.:l:l:.:.:.:l !.:__:._:_l_l_l_レ .:|   / :/.:.!|
:.:.:.:.:Y_ヽヽ、ヽヽト、N l:l l:.:.:/:/、〃:.:/:.:/リ
ニ._-}二二ア c==ュ` ∨_/∠7/イ、
‐-:.:.:_Y二ア、  " " "  '////ヽーァ:.:.\
三-_  て\_丶、   ‐-_ヽ!」」ノ_ l、 ̄:.>′
'       ヽヽ/T二´:..`Y|ヽュ lヾく
:.:... :. l.;.:.. ./ /Llノフ´ヽ,く |ヽ ヾュ!. ヾュ
へ/:.:`   </_/|ノュ   } ,l :.:ヽ、:ヾュl}
、/:.    .: /`ヽヽヽノ l l :.:.:.:.:.:ヽ/
,:ヽ、:.:.......;.-/    .ヽヽト:.:.l   .:.:.:/
:.:.:.:.:ヽ:.://   ..:.:.:.:.:.|::|:l}、:.:.:.:.:.:.:/
  :.:.:.〈:.:     ..:.:.:.:.:|::|:|}、`` ー′



緊張の糸が切れたのだろう、しくしくと泣き始めてしまう。

192 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:41:06 ID:Bhg/BwMB
三187.
こうなると、やらない夫に出来る事と言ったら―――



                                    ―― 、
                                 / 〉 ´      \
                                / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
      「大丈夫。                 / //〉  ( ー) (ー )  l
       もう、大丈夫―――」           l  ´ イl   (___人___)  l
                    .        l    iYl    ` ⌒ ´   l
                    .       /   ハ !.!          !
                    .        /  /  ' ヽ           /
                           l   // 、ゝ       / ヽ_
                          ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
                    .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                    .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
                        / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                    .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                    .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                      /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



彼女を優しく抱き寄せ、泣き止むまで待つ事だけだった。



                     __
                  ┌<^^^^⌒ヽ:
                  | : \ : : : : : Yl
               rぅ冖-J_: : : )}:_:_:_;ノ
             _/: {|: : : : :` く)イf^V∨.     「分かってる、分かってるの………」
           {7′ : : ヽ : : ==んヘ厂 ̄ `ヽ、.       !:.:.:.:..:.:.::. !
           {l : : : rv=》===彳  `ヽ、 `ヽ∨.    !:.:.:.:..:.:.::. !
           {|: : : :j: : : : : / , l     丶    }     !:.:.:.:..:.:.::. !
          _≫‐'´: : ; '´/ , ′l|    l| }、ヽ j       !:.:.:.:..:.:.::. !
         ┼‐一冖′  { /   八   __ lノ|ム     !:.:.:.:..:.:.::. !
         ,′      〃  { ヽ/ /_ ノ ´ Y    !:.:.:.:..:.:.::. !
         ー―- 、    ハ   ヽ ハ 〃^  ィ ハ     !:.:.:.:..:.:.::. !
         ―-- 、 \_ノ>ヽ、 /厶二乙イ └'/ }   乂シ-‐ァ7了  二)
         `二ニヽソ }く==、 /:  ̄ ̄`>:' ⌒ヽ〈厶-‐'´: : : : : :l::| /) ,ィ‐┘
          ((__>‐くこニ>'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l:j l }:´ j
            ̄ r―<:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:/〉: :/)
          ̄`ヽ、人: : : : : : : : : : 、: : : : : : : ___: : : : : : : : : :/ 'ノ):ィフ,
         : : : :/: : :`ヽ、: : : : 、: \:_:_:_:/::.:::`>‐ 、_: : //: 厶くノ:
         : : :´ : : : : : : : ` ___;>'´               !:.:.:.:..:.:.::. !
         : : : : : : : : : : /:: :: :: :/               !:.:.::.:.::. !
         : : : : : : : : : ;..;..;..;..;ク7::                !:.:.::. !
         : : : : : : : : : : : : / ∧:_:                   ! !
         : : : : : : : : : :.// : : : /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……


193 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:42:07 ID:Bhg/BwMB
三188.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サクラダ家への帰り道―――
やらない夫に抱きかかえられたままなので、
否が応にも人々の注目を集めていた雛苺がもじもじと身体を揺すらせた。



           fzfzィ彡、-‐ァ´           ヾツfz
         fzイ¨"  .:.:{ .:.ixz、..__       .:.:.: Yゞfzfzx
        fzツ     ,ィf厂丁`ヾfzゞfzx:、     .:.:.:.:|:. `ヾミz
        Y    xfツイ' ハ ヾ:、 ヽゝ八fz小、  .:.:.:.:.|'  ____
.        |   xfツ"く ム┤ トスノ´   fz圦  .:.:.:.:.|  「ヾ、
         ,ィ!   イfxレ1辷i  し’ 、 :、     ゙fzX .:.:.:人_.:|\ `
    fxzレ"|! ,f才ン   ヾ  i! i| ハ ヾ:、   八fz}_/  ヾリ ヽ
  ,ィxfイ.: .:| rf;{" i   ハ  i! |i ハ  ヽ:、 イ j;}i   /'   ) ノ    「は、恥ずかしいの………」
  {f∠ィ' ¨ヾ:イァ'  l   i! il  i| i|!  }!ヽ )} i! {i从 ′  / }
        /,イ{  i{  i| !i  i! l!i  ハヽ_j斗! jヾ ヽィ  ,イ{
.       //i {!  i| i il i|  |j、l iァナ乃工ノリ イ )} /'  イ i,ィ
      〈' {i八 い:、ヽ i!_,.!i; リハリjイ;乍夾ハ〉リ イ〃 /  //
      /メ{  ヽ ヽミ;匕ヾハiノ リ ソ ヾニ''’厶┴ュ/ / ーァ
      ,:/ 大ー:、 ヾ ヾミ;イ示ミj        "" ら≡≠)/ムく二_
    ;厶-―‐-、`ヾ. _リ"ヽ ゞ’  ,    -=≦ヲ く<==ァ/ム
     r‐-`二ニ} ノ ノ /'/ 、""  - ‐   /、_;ノ てムハ(_ノj
       ̄`ヾーャ-ァ、{斗ァZ>≧=ー- ..__..イ:.  /´: : : : : : : :`ヽ
      ゞ==ミュ、〉〃ム三≧ヾく二ゝ _j''   /: : : : : : : : : : : :
           半ァ/: `てラ’_.=≠>个≠!: : : : : : : : : : : : : :
             ({/: : : : : : : {:r''" /,イ:i トヽ |.:.:.:.:.、: : : : : : : : : :
             〈.:.:. .:.:. .:.:.:.:. |:{: ://:./リ }:jヾヽ.:.:. :ヽ: : ヽ.:.:.:.:. :
            ヾ:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ヾ彡': :i:/ i:::!.: :ヾ>: 〈::': : .::::\.:.:.:.
           /: ノ: : : : : : : i : : :,メ l:::i : : ノ: : :イ: :i : : : : : : :
          く: : :': : : : : : i : :{!: :./!  |:::! :Y:::::/: j: ::|: : : ::ヘ: :
            キ: : : : : : : :|: : i! /::j   !::{ : |:::/: :': : :|: : : : :::j : :
           入: : i: : : :.:|: : ': {:::{   |:::| : Ⅵ: : : : :.!: : : : : : : :



             / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)
           l     (__人__)    「仕方ないだろ。
          l     ` ⌒´ノ      腰、抜けちゃったんだから」
            |           |
          ヽ       l
            _,ゝ、   _,ノ
        ,、-='l \_,ン g<\
     / \ └〆\ i=i|\'\
    丿   ゙i   \ \=il / i!
     l    l    \\| /=|l
     |    |     \i/   ||



もちろん苦笑いのやらない夫はなるべく街路の端を歩いているし、
街灯(※)の影を選んで雛苺が特定されないようにと気をつけている。


※毎日、魔法学院の見習い魔法使いが明かりの魔法を灯して回る。


194 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:43:06 ID:Bhg/BwMB
三189.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   あの後。
   ちょっとやり過ぎたかな、と思ったやらない夫は二人に回復の霊薬をぶっかけてから
   家に帰ろう、と雛苺を振り返ったのだが。



       
       イィ-' /   / /     l ヽ  ヽ ヽjヽ
           l   j ,イ|     || ヽ!   |   |\
           ! l  ハ| {l.ノ   ヽリ| ノl|   l    !ヽ
       ト、  {弋ト_エj≦トヽ  /ノ ノ7ナ十‐イ'  //     「た、立てないの~」
       \ヽ、ヽ 7,<:ヽヽ `´ /,<:ヽjく ノ_ イ'′
       _ ソ T l::T:}.:|     {::T:}.:} ノ'7ヽ/ _ -
       - {二ヽl、 ゞ--'   、  ー‐'- /‐_ 二{ _
       二}ニー<〈 '''''  / ー ヘ  ''''' /r‐_'_-j‐--'
       ./>>`ノヽ、  {    }  , く'-ァ>r_ーニ=
         ̄     ,.>‐`_ー_´<、   ̄   `} ̄
       、 、   //ィ  ̄/ Hヽ ̄ヽ\ ,



   情けなさそうに足をぺしぺしと叩いた彼女が助けを求めた為、
   抱きかかえてサクラダ家へ向かう事になったのである。

┗──────────────────────────────────────────────┛



195 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:44:10 ID:Bhg/BwMB
三190.
ヒナばっかり緊張しているのはずるいの、と平然としている理由を問うたが、




                             /       /       !    }ミメ、: :/: : ::ィ: '::´:{{ハ
                               /  /     i         l     ゞ:V:_:ィ'´: : _: : : :メハ
                           //  i     乂.        |      ヽ: : : : /iヽ ̄ `  i
                             iイ   l    __ハ        / ィ     >./  ,|ハ    \
                             {'i .  l   从八ヾ  、__ィ_/_i  /  | ̄    |  \    \
                               ',    .li ィ=ミメ、    .//イ / ̄〃  /    /    \
    「むぅ~。                   ゝ、ハ  ト、ilけk}ヽ  /彳ミメ、 ィ'   ./    /      `ー 、 _
     やらない夫さんは              > >、', 弋ソ  `"  {{けオミ、イ./ ,  /
    恥ずかしくないの?」           /-'´ ̄ ト' ""       辷ツ  〃彡''_./イ       __ _
                          /  ヽニ彡、   、     ""   イノイ≦  il_ ,, ィ ''´ ̄  ̄ `
                          { -=彳_ィハ   -(         ノ_    > ̄
                           Y´ ,,_≠〃フ>、        イー<>_/ハ ̄ >- 、    /
                           ヽイ三=≠=-、 ー -,―  ´  |>、ノフ`ー -ミ''ー 、 _ ` ー'
                              >=/: : : : : : >イi      >=-''´ ̄ヽ_}}     >
                               /: : : : : : : ´: : :il _. . .ィ: ':´/: : : : : : : : :ヾー=-'' ´
                             /: : : : : :ィ==v=ミメ、: : :r': ´: : : : : : : : : : : ヽ



彼女の気持ちが分からないやらない夫は、端的に善悪のみで答える。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)        「いや別に、
  |     (__人__)         悪い事している訳じゃないし」
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

196 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:45:06 ID:Bhg/BwMB
三191.



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)           「それに、ピンチに現れた王子様は、
          |     ` ⌒´ノ            お姫様を抱いて凱旋するもんだろう?」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
 __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



そしてこれは、彼自身としては災禍に巻き込んでしまった、先程まで泣いていた少女の気を安らげようと
おとぎ話に喩えての精一杯の気遣いのつもりだったが、



                                  fzfzィ彡、-‐ァ´           ヾツfz
                                fzイ¨"  .:.:{ .:.ixz、..__       .:.:.: Yゞfzfzx
                               fzツ     ,ィf厂丁`ヾfzゞfzx:、     .:.:.:.:|:. `ヾミz
                               Y    xfツイ' ハ ヾ:、 ヽゝ八fz小、  .:.:.:.:.|'  ____
                       .        |   xfツ"く ム┤ トスノ´   fz圦  .:.:.:.:.|  「ヾ、
      「そ、そう………なの?」           ,ィ!   イfxレ1辷i  し’ 、 :、     ゙fzX .:.:.:人_.:|\ `
                           fxzレ"|! ,f才ン   ヾ  i! i| ハ ヾ:、   八fz}_/  ヾリ ヽ
                         ,ィxfイ.: .:| rf;{" i   ハ  i! |i ハ  ヽ:、 イ j;}i   /'   ) ノ
                         {f∠ィ' ¨ヾ:イァ'  l   i! il  i| i|!  }!ヽ )} i! {i从 ′  / }
                               /,イ{  i{  i| !i  i! l!i  ハヽ_j斗! jヾ ヽィ  ,イ{
                       .       //i {!  i| i il i|  |j、l iァナ乃工ノリ イ )} /'  イ i,ィ
                             〈' {i八 い:、ヽ i!_,.!i; リハリjイ;乍夾ハ〉リ イ〃 /  //
                             /メ{  ヽ ヽミ;匕ヾハiノ リ ソ ヾニ''’厶┴ュ/ / ーァ
                             ,:/ 大ー:、 ヾ ヾミ;イ示ミj        "" ら≡≠)/ムく二_
                           ;厶-―‐-、`ヾ. _リ"ヽ ゞ’  ,    -=≦ヲ く<==ァ/ム
                             r‐-`二ニ} ノ ノ /'/ 、""   ー ´   /、_;ノ てムハ(_ノj
                              ̄`ヾーャ-ァ、{斗ァZ>≧=ー- ..__..イ:.  /´: : : : : : : :`ヽ
                             ゞ==ミュ、〉〃ム三≧ヾく二ゝ _j''   /: : : : : : : : : : : :



まさしく自分の危機を救ってくれた王子様みたいなの、と緊張していた雛苺を驚かせるのに十分だった。



198 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:46:06 ID:Bhg/BwMB
三192.
それから会話が無くなった二人は暗い住宅街を抜け、やっとサクラダ家へとたどり着く。



              .|
              A
           | _γ ⌒ヽ_
           A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
          龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
           ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
          ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ
            .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |
            .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |
            .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  _____ |
            .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
    :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
     :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
      :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




201 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:47:06 ID:Bhg/BwMB
三193.
門限を過ぎても戻らない雛苺を心配したのだろう。
玄関の外に立っていた執事とメイドが二人の姿を見て驚きの声を上げ、



         , -─-─- 、
        , ':::::::::::::::::::::::::::::::`、
      /:::::/、\、, ,/\ ::::ヽ、
     /:::::::::|        | ::::::`、
     |:::::::::|        |::::::::::|           「お嬢様!?
.     |:::::::::|─-   ,-─|:::::::::|            一体どうされたのですか!」
      |:::::::|=ェェ-  -ェェ=|:::::::|
..      |:::::|⊂⊃'⌒⊂⊃|::::::|
       |::::|    l    |::::|
..       |::|\  ー  /|::|
.        |  lヽ _ 'l  |
,.         /\../\
        /| /Y\ |\
    __,,-'''|:::::::|レ ムムV|:::::::|`-、
  _,,-'   |:::::::::\ | | /::::::::::|  `-、
 |ヽ    |:::::::::::::::\/:::::::::::::::::|   /`、
 | l   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  /  、
 |  |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| /   `、
 |  |__|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/    ヽ
 |    | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\     \
 |    | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  \_   \
 |    || ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   /     /
 |    | | .............::::::::::::::::::::::::::::::::|  /     /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    「いえ、病気や怪我ではありません。
. |     (__人__)    エンジュ様をお呼びしてもらえますか」
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \




やらない夫の言葉で何かあったと察したメイドが館へと飛び込んでいった。

203 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:48:06 ID:Bhg/BwMB
三194.
残った執事に広間へ案内されたやらない夫はソファの上にお姫様をそっと下ろし、



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)          「はい、到着」
          |     ` ⌒´ノ
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



                          竺i}: : : : : : : : : : __/竺i\: : : : : : : :
                  .       /:竺ト:_:_:_:_:=:=≧竺i竺i/'kヲ'kヲ'k{: : : : : :
                         /: : : 竺i竺i竺i竺iイゝ、  ゞハツ ̄ メ'竺
                        ,{: : :,'kヲノ /"゛ ./   ̄て_i  ヽ,イ   ̄
                      / Vkヲ} //  /, '     /ゝ-'  〉 ヽ
                    , '   弋ツ/ ,'  /, '      '     `~' ̄
                  Y        // //. , ' / ,'    , '  '
                  . ヽ     /ミ/ //, '  /, /i.    /  /  :
     「ありがとうなの」      Y  {ミミi  i i,'  /,'/ l   /i  /i :  ;
                     ヽ__卦人 l/ , /i | _i  , ,' / | i  i ;
                    ___),=/- ' / ,' .「 「 ̄トi | / N __/_/ .,'
                  __)) ̄ _ノ  i'、 ,' イ|| ト_士≧li. !i  /∧ノ /`メ|、/
                   ̄, ‐ '"  / \|i ノ,'行;;;;;;;ヾトi、i イ/ ,テ手ソイノ >/,
                  Y    /   , ' ノyノ|弋っノ   ´  ' イ;;;;;;;;;;i トヾく
                  弋   (ミヽ、 / 代 ハ ニ´       弋フ;;;ノノ /
                  ::::__≧ヾミミ` y' {圭Vイ:::::::  ,       `=二-/.//
                   }   ̄ヾ;人____ 人    、      :::::/ //
                   ´=ミミ\ノ/三≧"´:ミミ> 、    ̄´    { //
                     ノ/ `ヾ≦-= 、キ迂ヾY> 、__, 一, 、てミヾ
                    ( ( ノ /Y , -一" : : : ”迂ハ圭}/    'ヽYノ
                      ̄  {人(_ノ: : /: : : : : : :”迂Y      ' }竺i
                         ゝ 「: : :/: : : : : : : : : : :”迂Y    イ竺i
                           〉 l: : /: : : : : : : : : : : : : ”迂Y-<圭i


お姫様は王子様に感謝の意を述べる。


205 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:49:06 ID:Bhg/BwMB
三195.
そこで魔法が解けてしまった。
知らせを受けたエンジュとノリが部屋に飛び込んできたのだ。



              _,   ~ ̄ ̄ ̄¨   、
          . -=ミ            \
        /           ⌒\    \
       /   /        ヽ  \ \   ‘,_
    ー=彡' /   ′       八          ∨ミメ
      / /   i      | l     \  \     |  ハ
       ′   |l  |   リ ト   \   、 ヽ乂_ リ   リ
.       } i   | 八 |   '/ 八\ _   、\ 介廴'   /     「一体何があったのだ!」
.     ノ人  戈トミ人 /_以rセ爪ヽ | \ 介ト /   {
      〃  } l  弋均ハ/ / 法功㌃ } |  爪ト /    、
         ノ人个ト /          ノ ノ /ノリ /     i|
.            }乂_ /         _彡イ厶ィ  {     j从
            八人 ヽ             / 乂从ハ }  |
               \`~`'       ,   /   ̄V八リ
                \    . イ   '`       ∨/
                    `´ r‐ '"          '¨ ̄\、
                  厶_..  -‐' '`         } :ヽ
                 _,厶;_: : : : \         { : :lヘ
                  /    \ : : : \       | : :} '
             _/         \ : : : \      | : :|   ,
           /´ ̄ `丶      \ : : : \     | : :|  ′



              /.: : : :.:.:.::l.:.:./.:ミミ、ィイ彡i.:.:.::l:.:.:.: : : : :、ヽ
           / . : : :.:.::l.:.:.l.::/ 1:lミミV/彡l.:.:.:.l.:.:.:.:.:..:. : : ヽヽ
             / : : : :.l.:.l:.:.:l.:l  |.:l´``'"´ |.:.:.:l:::::::::::::.:.:.:.: : : :',
             ,′. : : l:.:l.:.l.:.:.l.:l  |.:l       |.:.:/l.:.ト、:::::::::l.:l.:l.:.:.:!
          i.:l.:.: : : l:.:l.:.l.:.:.l:.l_|:.lノ    、_|./_.j.::! i:::::::.:l.:l.:l.:.:.:|
          |.:l: : : : |.:.l.:.K´l:「二l/     l' ̄l./`|::::::./.:l.:l.:.:.:!
          |.:l: : : : |:.:l.:.l.ィ行〒`ヽ    / ィ行〒テ.::/i.://:.:.;′
          |:ハ. : .:l:.:ト、l/ l f:11  !ニニニ!  iト‐イ! l:/ l//:.:./   「帰りが遅いから心配したのよ?」
             __ヽ.:.l.:.|ト、. ヽりノ ノ    ',  リノ  ノ ハV
         ,.'´. : : .`Yい `ー‐一'  .    `ー---‐' ,ヘく::i
       / . : : :.:.:.:.:.:.::\ヽ      '         /_ノノ.:',
        l : : ::::.:.::.::::::::::::「`ヽ     - ‐‐-      .イ.:.:.:.:.:.:.ヽ
        |: : :::.:.:.:::.::::::::;. '"´ \         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
        |: :.:.:.:.:.:.:.::/      |`ヽ、 __ _,. ィ ´ ̄`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.i
        ∧:.::.:.:.:.::/          |         ノ    /.:.::::::::::::::i
        l: :`ヽ.:.:.:l  ̄`ヽ    L      !     ム─-、.::::::l
         ⌒ヽレ'^フ´    \   \      !   /  ト、  l.::::/
      ,. '"´        `7     \   l  ,.イ  /  V.:/
     /            / ̄ `ヽ、 \__| /∧/:::.:.:.:.:K

206 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:50:10 ID:Bhg/BwMB
三196.


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)   「エンジュ様、
    |     ` ⌒´ノ    実は………」
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



何処までを話すべきか悩んだやらない夫はゆっくりと、
言葉を選びながら説明し―――




207 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:51:06 ID:Bhg/BwMB
三197.
かいつまんだ説明ではあったが、またしても子供を助けられたエンジュと、
妹が危険な目にあったと知ったノリは目を丸くして顔を見合わせる。



                          rf( ̄ヽ -― ´ ̄ ̄ ` ヽ
                        ,へく入/ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、   \
                  .    / イ                 \
                  .、  ∠  /     } ヽ   `ヽ、       \
                    ̄.フ´./       /  ハ   V  \    ヽ.    ヽ
                   / /      /    {   ヽ、      ヽ    :.
                  . '/{/         i {     \ \ \_.ノ   \   }
  「………なるほど。     .八 }  /     ! V     \ }  ̄`  _ \.ヽ. l
   そう言う事であったか」    /  ,イ.   i /\_ヽ_.、.   ヽ! _ ノ    、.、リ
                  . 厶.イ八  i | ,イ ̄ヽ.\\i ヽー―く ̄  ̄ ヽ、∨
                     ヽ{ ヽ. {八 { テt::: ァヾ. 、.!  }、 >) `ヽ___ ヾ{__
                      `  ヾ! ヽ、  ̄     ノハ ノ ) //      ̄`Y `ヽ
                         /            ノく._〃-――   , イ   〉
                         ヽ.          ´   / ̄フフツxz、/ .ノヽ  /
                           \ _ _       /: : : : : :   {ト、     ソ人
                            ヽ      ノ: : : : : :   ∧. }!   (’
                                ヽ -― く´: : : : : : :    ∧ノ
                                  }_______∧_
                                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..}
                               ∠ ___:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヽ.
                             /:::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::ヽ



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |   「確証や彼らの言質がある訳ではないのですが、
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |    おそらくシンジの手先だと思います。
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }    一人、左目を負傷させてしまったので
     ヽ   l  .  ヽ       }    神殿の再生希望者か、再生の霊薬の購入者を洗えば
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ  足取りは掴めるのではないでしょうか」



ギャブレットの手先、サクラの事は言わなかった。
約束をした彼女の行く先を曇らせるような事はしたく無かったし、
その分自分がサクラダ家を護れば良いのだ。

そのぐらいの選択を許されるぐらいの力が、彼にはある。


208 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:52:06 ID:Bhg/BwMB
三198.



                                    _ __ _ _
                                ,.'"´       、`ヽ、
                               /   i    リ ヽ 、  \
                              /    .:レ′   j  i !.:.   i
                               l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
     「ありがとう。                 ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、
      君には何度も助けられているな」    彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
                             |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
                             ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
                               ヾ::、    ,        !/::/
                                仆    :j 、      イ:/
                                   `、   _ _     /i,ハ
                                  ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
                                   `ト、 ___ /   !;;:/、
                                    /.::::| ヽ   /   l::::.:.L



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |          「やめてください。
            (__人__)      | ../}        俺だって無関係ではないのです」
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ



209 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:53:06 ID:Bhg/BwMB
三199.



                            ___
             _ -―――――-< ̄} }!
            ´      -――7  く.7./-、
        ,  ´      ̄  ,. -―/   Y´ \\
       /     ,   ,  イ   /        ヽ.` 、_.ノ
     /     ,/  /  ,/    {   {       \ ̄
     /    /        ,ノ    }  ハ  }     、ヽ.
     |!     /     _./ ,ィ / /   }  !      ヽ.}ヽ、   「やらない夫………」
     |   /     `才  /:/ ,    / /    ヽ.  ヽ. }
      {   /  、 .___./ / / ,. __/ ハ  ハ   }! i {
.     Y /   ` .ナー-r七´ //7 :/二.!_/}! }  ハ ハ!
     | / , -― 〈 /  {!  ,イ | / ´tテ::ナ}ノ ./ / リ ノ
   ,イ⌒Y´ ̄ ̄  ハヽ (ヽ. i ヾ 、_    ̄ ノイ}/ 
  〈   人  ――- ヽゝxくヽ、        ∨
   }!  ∧_ ヽ. ,xxzrく⌒´ヽ!             /
  八 {〈   ,.イ}   `    {        ,   _ '´
    }ハリ {´ i       ヽ       /
   ノ'  }!  ヽ/        {ヽ. ___/
        _∠_____    ヽ.
     /: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄\
     入 _ _____   _厶、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:\



とんでもない、と手を振ったやらない夫であるが、エンジュには分かっていた。
当事者の自分達と、協力者の彼には大きな責任の隔たりがあると。
しかしそれを超越して中心に立ち、周りの者を護りながらさも当然のようにふるまう彼に言葉が無い。


210 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:54:06 ID:Bhg/BwMB
三200.



       / ̄ ̄\
       _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
     .( ●)( ●)  ..| / |    「取りあえず、
     (__人__)     .|./   /      今日のところは野営地に戻ります。
      i⌒ ´ .r-、  |/  /
      {     ヽ, ',. .,/ :/',       明日の朝にはジュンを連れて参上しますよ」
      .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
       .ヽ . |   / , --'i|
       /   {  V , --ヘ
       |   ヽ  L| r= |


                             / / / '         l     l       ヽ\   丶  \!
                            / // /       !   |    |       \丶   \  |
                           ‐十'′/ /       l  ト、   |     \  \     ヽ、 L
                            |l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、
                            ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l
                                l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |
                                 l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |
       「ああ、期待して待っている」          \ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト
                                   ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
                                       /                 /        V了\   り
                                      └-- 、     ,        l       ∨   〉
                                          `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
                                           ヽ     , く     l   /   / ヽ
                                            `一'´/ ∧   / /    /   \
                                              , ィ  //!   ' /      /       \


いよいよ明日か、と期待を抑えきれないエンジュは彼を見送り
ノリも会釈をしてそれに続いたのだが、



211 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:55:08 ID:Bhg/BwMB
三201.



     |┃三   / ̄ ̄\
     |┃三 /  \,_.  \
     |┃  (●)(● )    |    「では、失礼します」
     |┃  (__人__)      |
 ガチャッ |┃  ヽ`⌒ ´     |
     |┃   {         |
     |┃三  {        /
     |┃    ヽ     /
     |┃  .   ン    ヽ
     |┃三   /     |
     |┃(⌒二_/|   . |



広間を辞そうと重いオークの扉を開けたところで雛苺に呼び止められる。



             .               ___ _
                       ,.--r^Y^r<: : : : : \
                    に二ブ⌒| ̄\: : : : : :\
             .        レ'て_)(_弋___), ==‐-ト、
             .         _/´ li   、 、`¨¨{: : : : :_: : |ヽ
                  f´/il |l | i l | iヽ  ゙、: :./ l ヽ| }
                   ノ'i l||l | l_|__l_|1ハ ハ/ '! /,小
   「ま、待って!」      {_| l人|x| l l,ニ、川}/// l// 入
                    7ニヽヾ;  Lハ 厶ィ´─〈/ /_〉
                   {´三ヽ八 _  u ∠二二下(廴))
                     ̄)ノ7))\_ ィ f三三〕ゝー‐'
             .          ィ ニ圷、ヽ/: : :_ソノ:\
                      /:〈〈 //{: : 〉〉: : : : : : : :〉
             .       r‐!/:.V/:ゞニ'ノ」: : : : : : :/
             .         j: 」: : :}/: j/: :f: : : : : : :.:ハ
                    /:/: ,.イ: :〃: :.:∨: : : : : :ノ
                  /:/:./:::/: /|: : : :.,′ : : : : |
                 / : /:./:::/: イ::|: : : /: : : : : : :.|
             .  /: : : /: :|/:./:|:::|: : / : : : : : : : |
             /: : : : :/: : : : :.:{ : ヽ!: /: : : : : : : : :|



      __
    / ~\
  / ノ  (●)\
. | (./)   ⌒)\     「ん?」
. |   (__ノ ̄   \
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


落ち着いたわけではない、まだ腰には力が入らないはずの彼女は、
全身全霊の力を込めてソファから立ち上がると―――

212 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:56:06 ID:Bhg/BwMB
三202.
そんな事を感じさせない力強さで深々と一礼し、
まさしく貴族の娘たる堂々さで御礼を伝えた。


                                                  . .ェx ..
                                            /´ ̄}{      ̄`7,
                                   rェェュx ..   //    }{      //
                                   ヾ「 ̄¨ヾ `7//__  }{     //
                                    /  >''" ̄廴ノ`ヾミミx..__,、 }:{
                                      レ´ー-イ ̄.′      . \  __`ヽ
                                   /      |   :   |  ! /   ̄\
                          .         /         l i l|   /  | |   、 `ー→、
                                 .′  iト、    : | リL.._イ  ,イ ′  \   \
                                 ト、 、 l|ハ\  ハノイi! 「! | / |/  :     ヽ.. __ ヽ
                                   ハハ\リイ孑 ヾ/ 乂_ノ/イ iL.  i     ハ「 ̄ ̄}
                                  ノ .>i ` "      _/  ̄`. /     ilト、_/_
                                  ∠_/ _」          }___,.ノ/_,..-─‐/__/
 「やらない夫さん。                     「  ヾ..ノi人   ー‐   ∠.-─{ __,ィ≦彡'< ̄
  助けて頂いてありがとうございました」        弋____`ヾ/ > 、   ‘ー‐テ{ 《___/ ̄}/
                                     }_/フ彡”  ̄]   人{__>}
                                            _/´ノ_/  /´ ̄`ヽ.
                                      / ̄ /,ィ:::r:::.`ヽ、 ′    ∧
                                     /   ///∧:.  \/        ∧
                                   /    |:.{ // |:.i /         |
                                    |     入∨/  l! L入  、    /_/
                                  }≧x:.ィ一1`7/7ー- .≧x::..   「
                                 .イ 7:7/  | //:.′      ̄`ー   !
                                  / /:/∧_/ }{::/            ト、
                                  .′..:/ i_,.イ: }{i:|            | \
                                  i  ::| |:  /,イ}{l::|             /    ヽ.
                                \_}! }{_// l! }{ |       ,.ィr<       i


213 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:57:06 ID:Bhg/BwMB
三203.
それが、今彼女に出来る最大最高の感謝だと分かったやらない夫は
これまたふわっと音がしそうなぐらい優しく微笑んで応え、



              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ
       i                 丶         「また、明日」
       l       /  ̄           丶
       |  __         _ ヽ        丶
       ヽ/       i イ::::ヽ l       丶
        ヽ    _  ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',
       丶i イ:::ヽ l    `ヽ            ヽ
         ゝ ゞ ', ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



今度こそ部屋を出る。



       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||:        ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |  バタン
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|: ; l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -



214 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:58:06 ID:Bhg/BwMB
三204.
やらない夫が部屋を出て一分。
彼の気配が遠ざかるのを待ち構えていたエンジュが怒りに顔を赤くして娘に向き直った。



                            ___
             _ -―――――-< ̄} }!
            ´      -――7  く.7./-、
        ,  ´      ̄  ,. -―/   Y´ \\
       /     ,   ,  イ   /        ヽ.` 、_.ノ
     /     ,/  /  ,/    {   {       \ ̄
     /    /        ,ノ    }  ハ  }     、ヽ.
     |!     /     _./ ,ィ / /   }  !      ヽ.}ヽ、   「最近家を抜け出しては帰りが遅いと思ったら
     |   /     `才  /:/ ,    / /    ヽ.  ヽ. }    そんなことをしていたのか!?
      {   /  、 .___./ / / ,. __/ ハ  ハ   }! i {
.     Y /   ` .ナー-r七´ //7 :/二.!_/}! }  ハ ハ!     やらない夫が居なかったらどうなっていたと
     | / , -― 〈 /  {!  ,イ | / ´tテ::ナ}ノ ./ / リ ノ     思っているのだ、大馬鹿者!
   ,イ⌒Y´ ̄ ̄  ハヽ (ヽ. i ヾ 、_    ̄ ノイ}/
  〈   人  ――- ヽゝxくヽ、        ∨          しばらく外出禁止だ!」
   }!  ∧_ ヽ. ,xxzrく⌒´ヽ!      ノ(     /
  八 {〈   ,.イ}   `    {.     . ⌒ , _ '´
    }ハリ {´ i       ヽ       /
   ノ'  }!  ヽ/        {ヽ. ___/
        _∠_____    ヽ.
     /: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄\
     入 _ _____   _厶、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:\




                               ,、,vjrュ、rュ、     rェュvュ、,、
                                  ヽ ̄    ヾィ⌒トv'′    ̄}
                                〉  __ ェ、ヽ|二jr' _    /
                                   {ァ‐'ー^^´くブー<{^^'ー`=ェ、_{
                                、ァ^'´`}!_ィァ'^´´/   `^'=ュ、_rェ'^'>
                                } ,_ィj^´/   l    ヽ  ^ヽュノ{
                  .              /7^ :/  :/ l!    l! l   ヽl
   「ご、ごめんなさいなの」              /イ  :| l:.ハ:.|{: :..  ::}|:./!:    i\
                             / { l l |__l!{-士くト、.:`ァェ-}、 イ: }:.}  \
                            _/ {. ハト{>イろ::ヽ  ´ `ァぅ< メノj/:./   `,
                          {   ヽ|‐<__l_ ゞ―゚'    ヾ::_:ソ^ハ_/__/
                          ト´  ̄ `_ア==くl′    ''''     Y二Z´_ ̄`,
                           ヽ -ニ┴三ァト=く  r―-- ‐ 、 Vァブ-┴-、 `,
                             \`フ'マ{ {/ぅ > 、 ̄ ー '_イ、{ヽ弋ー、--,'
                             ー{::. 1. V/ニ、つ_二ラ〒ニr、jト,ヽ,}    ヽ
                             >:/r| fT<   /イトヽr-ヽ` !、ヽj ノ
                             ノ ,.イ |jヘィ,ノ ヽ.Z イ/! !| トラ{`_rイ!|ヽ ヽ
                           ,// | ! !}  j}    | !l || | 7{  } !| ハ  \
                          { ´  l ヽl{く 〈    ! !| || | } `Y j l l ^ヽ- i
                         l   ..:ヽ::l Y r'   l | | || | ヽ j ///:.    |



父が本気で怒っており、自分の軽率が危険を拡大したと分かっている雛苺は
素直に謝ったが、やり取りを見ていた姉が助け船を出してくれる。

215 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 21:59:06 ID:Bhg/BwMB
三205.



                                     ヽ\イヽ ヽ l, - 、!|  , - 、    冫、_
                                    /ゝー\/  ,ヘヽ /,ヘ,  \_ ‐'/ \
                                〟==ィ ̄冫 ̄゛  /  ヽ〃  ',  ヽヽ⌒ヽ  ヽ
                              〃  /            |~ゝ〃~ーl ヽ     ヽ ヽ
                             〃  イ           !       ! lヽ 、   ヽ ヽ
                            /   イ /      ,ィ l | |       ! | ヽ l    ヽ  !
      「まあまあ、お父さん。        l|   ///  l    / | 」 」 」       | / ヽ | 、  、 ヽ |
       怪我も無かったんだし       l  // ! j  !   l ,イ´l |「 !|      ナ=-|、ハ |  |ヽヽ'
       そんなに怒らなくても………」     l |  | ||  ト、 彳 ゝ=从ヾ、    ,-二- |/|ト、|  | ヽ|
                          .   !|  l | ヽ ヽヽ、| ィ7てうゞ l __ / ,ィ⊂ゞト、 /〉 ,/  リ
                              ヽ ヽ  ト、〈 |`ト7 l、`‐'_》 リ' ̄`lj  i| ゞ´》 ゞ/ノ-、 /
                          .        l ゝへ',  -ニ´ / ,  ヽ  ニニ´ '´ノr^ |/
                                     〃ヽ、ゝー---‐'  〈l   \_   _,/ヾ、〃
                                , - -!|〈\`ーヽ     、― -,    ̄ /_, ィ |l、_
                               ヽ、 || ヾ、>ー\    ` ´     /ゝ彡イ|| `ヽ、
                                 | ヾ、  |   `ヽ、  ´   ,.ィ ´ r '   ∥ ,  ,ゝ
                               ヽ=ィ  ィ ,― '     | ` ー ' ´  ト、 `ー-、〃 ヽ〈_
                                 ヽ〈ヽゝ    , イ´l     / ヽ、  ノイ〉 ノ`ー ′
                                  ヽ    / /  l    /   / \  ヽ- '
                                    , -‐/  /   !  /    /   /`-、



              _,   ~ ̄ ̄ ̄¨   、
          . -=ミ            \
        /           ⌒\    \
       /   /        ヽ  \ \   ‘,_     「しかしノリ。
    ー=彡' /   ′       八          ∨ミメ    今、ジュンややらない夫、そして我々は
      / /   i      | l     \  \     |  ハ   陰謀の標的となってもおかしくないのだ。
       ′   |l  |   リ ト   \   、 ヽ乂_ リ   リ
.       } i   | 八 |   '/ 八\ _   、\ 介廴'   /    私自身甘く考えていたが、やらない夫だけが
.     ノ人  戈トミ人 /_以rセ爪ヽ | \ 介ト /   {    それを理解し、我々を護ってくれているのだぞ」
      〃  } l  弋均ハ/ / 法功㌃ } |  爪ト /    、
         ノ人个ト /          ノ ノ /ノリ /     i|
.            }乂_ /         _彡イ厶ィ  {     j从
            八人 ヽ             / 乂从ハ }  |
               \`~`'       ,   /   ̄V八リ
                \    . イ   '`       ∨/
                    `´ r‐ '"          '¨ ̄\、
                  厶_..  -‐' '`         } :ヽ
                 _,厶;_: : : : \         { : :lヘ
                  /    \ : : : \       | : :} '
             _/         \ : : : \      | : :|   ,

216 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 22:00:13 ID:Bhg/BwMB
三206.
興奮して肩で息をする父を落ち着かせるように、腕に触れたノリはそうですねと小さく頷くと
まだ余り話していない、弟と同い年の少年の事を考えた。



                                 /.: : : :.:.:.::l.:.:./.:ミミ、ィイ彡i.:.:.::l:.:.:.: : : : :、ヽ
                              / . : : :.:.::l.:.:.l.::/ 1:lミミV/彡l.:.:.:.l.:.:.:.:.:..:. : : ヽヽ
                                / : : : :.l.:.l:.:.:l.:l  |.:l´``'"´ |.:.:.:l:::::::::::::.:.:.:.: : : :',
                                ,′. : : l:.:l.:.l.:.:.l.:l  |.:l       |.:.:/l.:.ト、:::::::::l.:l.:l.:.:.:!
                             i.:l.:.: : : l:.:l.:.l.:.:.l:.l_|:.lノ    、_|./_.j.::! i:::::::.:l.:l.:l.:.:.:|
                             |.:l: : : : |.:.l.:.K´l:「二l/     l' ̄l./`|::::::./.:l.:l.:.:.:!
                             |.:l: : : : |:.:l.:.l.ィ行〒`ヽ    / ィ行〒テ.::/i.://:.:.;′
                             |:ハ. : .:l:.:ト、l/ l f:11  !ニニニ!  iト‐イ! l:/ l//:.:./
                                __ヽ.:.l.:.|ト、. ヽりノ ノ    ',  リノ  ノ ハV
 (でもそれって………              ,.'´. : : .`Yい `ー‐一'  .    `ー---‐' ,ヘく::i
  騎士の範疇じゃないわ)          / . : : :.:.:.:.:.:.::\ヽ      '         /_ノノ.:',
                           l : : ::::.:.::.::::::::::::「`ヽ     - ‐‐-      .イ.:.:.:.:.:.:.ヽ
                           |: : :::.:.:.:::.::::::::;. '"´ \         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                           |: :.:.:.:.:.:.:.::/      |`ヽ、 __ _,. ィ ´ ̄`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.i
                           ∧:.::.:.:.:.::/          |         ノ    /.:.::::::::::::::i
                           l: :`ヽ.:.:.:l  ̄`ヽ    L      !     ム─-、.::::::l
                            ⌒ヽレ'^フ´    \   \      !   /  ト、  l.::::/
                         ,. '"´        `7     \   l  ,.イ  /  V.:/
                        /            / ̄ `ヽ、 \__| /∧/:::.:.:.:.:K



誓いと主君を護る者が騎士なら、国民を護る者が国王である。
では、全てを護ろうとする者はなんと呼ばれるのだろう。

愛国心や功名心、家名など、騎士を目指す者が抱える目的が彼には無いように思えたノリは、



    / ,ィ´-イ{ ,、 }ヽ`  ̄ヽ、 `  ヽ
   {i  ゝ、ヽ, -/ |ミⅦム   ヽ ヽ\ 小、
   ヽヽ ..{ `マ  ,’|`~´ }.| i.  }、 } } . \
    ` ̄7 , i| i   ,リi.i-┼‐i-’ヌ= _ .}
      /, ,{  iハ、_   //’_」」、} ̄、 }/-、  (そう言えば、どうして騎士になりたいのかしら?)
      ,’,イ i|ヽ / ‐ 、_ ゝ.'´ ̄ .ノ  }〉'、ヽ
     { iハ i{ゝ、ー-ィ'¨ リ ,  `ー''´、 ,i-' i}
      ヾ ヽゝ{少 _/ `_ -,   ゝニィ 〃
         {i/{. ヽ._ ` ´   .ィ {/.、
          ヽ、{   ヽ¨ 匕   ` .V } /
         、_ノ/  }.ヒ'  .|    ,, -ヽ、
     _   ̄ { {  イ’ ̄ / 才´∠ ̄ ヽ
     {::::ー ̄ ̄≧-ゝ{ヽ /// /´


その理由を聞いていなかった事に気づく。


217 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 22:01:06 ID:Bhg/BwMB
三207.
もちろんずっと弟の良き友人であって欲しいが、この国に骨を埋める気はあるのだろうか?



                                       ヽ\イヽ ヽ l, - 、!|  , - 、    冫、_
                                      /ゝー\/  ,ヘヽ /,ヘ,  \_ ‐'/ \
                                  〟==ィ ̄冫 ̄゛  /  ヽ〃  ',  ヽヽ⌒ヽ  ヽ
                                〃  /            |~ゝ〃~ーl ヽ     ヽ ヽ
                               〃  イ           !       ! lヽ 、   ヽ ヽ
                              /   イ /      ,ィ l | |       ! | ヽ l    ヽ  !
                             l|   ///  l    / | 」 」 」       | / ヽ | 、  、 ヽ |
 (若いのにとても気が回って強いからと     l  // ! j  !   l ,イ´l |「 !|      ナ=-|、ハ |  |ヽヽ'
  考えすぎよね?)                   l |  | ||  ト、 彳 ゝ=从ヾ、    ,-二- |/|ト、|  | ヽ|
                            .   !|  l | ヽ ヽヽ、| ィ7てうゞ l __ / ,ィ⊂ゞト、 /〉 ,/  リ
                                ヽ ヽ  ト、〈 |`ト7 l、`‐'_》 リ' ̄`lj  i| ゞ´》 ゞ/ノ-、 /
                            .        l ゝへ',  -ニ´ / ,  ヽ  ニニ´ '´ノr^ |/
                                       〃ヽ、ゝー---‐'  〈l   \_   _,/ヾ、〃
                                  , - -!|〈\`ーヽ     、― -,    ̄ /_, ィ |l、_
                                 ヽ、 || ヾ、>ー\    ` ´     /ゝ彡イ|| `ヽ、
                                   | ヾ、  |   `ヽ、  ´   ,.ィ ´ r '   ∥ ,  ,ゝ
                                 ヽ=ィ  ィ ,― '     | ` ー ' ´  ト、 `ー-、〃 ヽ〈_
                                   ヽ〈ヽゝ    , イ´l     / ヽ、  ノイ〉 ノ`ー ′
                                    ヽ    / /  l    /   / \  ヽ- '
                                      , -‐/  /   !  /    /   /`-、
                                  _, -‐'´  /  / _ |r亠ー- 、 /   /   `ヽ 、

218 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/25 22:01:12 ID:Bhg/BwMB
きりがない、とそこで思考を停止させた彼女はしょんぼりしている妹を見て―――



                , -== 、ヽ
                 /     ', }
              ,、_        j/
         , -―∧ ̄ヽ,へ-‐ッ┐ /'
     ___∠ ィ  ,、. /ヘ  ヽ、/ヽ==. 、
.   _//     .へ∨/.へ  i \ \  ヽ .
   jソ   /   {‐┴┴―} .    ヽ  、i
.  /  ,  . {:. .::. |     i. .:::. : ..  丶  i
.  /.: j: .i .i:::.::i、:.{  ,     }:::;ィ:.::: }:   i 丿   (ヒナちゃんと結婚させちゃうってのも………
  {.:: .::i::.:::i. ハ::::!_'、','´   、/:/ }:::i:::::.  . li       アリよね?)
  i::i:.::::、::::、{-ヽ{__ ``   /'´`ソ:/}::::: イ/i
 .ヘ:ト、:::ト、:iイニ下 ヽ   /不;ノイノィ:イ/ /
  ヽ{ >iヘ`  ̄`゙  rノ⌒{ッ'ー-'ゝイ }く
 / //--ゝ.. ```-'′ , \ ```/'ノ:::i}
 、 ,、{::::::::::\  {`ー-ッ    ̄'゙´、::ノ{
 ノノ .:\::::::::::}丶、``rh、.. <:::::::::...⌒ヽッ'
 7 ...::::::::;-‐''´ }  ソ | | V  \::}:::::::. }、}
 },. -―┼--ッ'7 { i|| }\i{-'::__r―'-、
 ′    '、 /:::{_ } '    !〉::「 ̄ /O   ヽ
   r , O ゙ヽ、:| ノ    ハ::>'´   O  ',
  r ,゙´..     ̄} __,,,.ィ /´     .i: O  {



悪くないかも、と自分の思いつきに一人ほくそ笑むのだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……











【漫画全巻セット】【中古】ローゼンメイデン ヤングジャンプ版 <1~10巻> PEACH-PIT【あす楽対応】

価格:910円
(2018/9/24 08:59時点)
感想(0件)






ローゼンメイデン0-ゼロー 1 (ヤングジャンプコミックス) [ PEACH-PIT ]

価格:669円
(2018/9/24 09:09時点)
感想(4件)
























次の話






目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1198-7e71b40e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)