FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode.二人の騎士 第三章 避けられなかった戦いは-2 2018年10月03日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




56 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:00:13 ID:OPUwg8rq
三104.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                    f´   `Y´`ヽ
                    |     リ    ハ
                     |    /     l
              ィチ ┴─‐ r< i i |
           ,. ´´フ´ 〉_/   `  、つ'´/`ヽ
        ,   ´  / / /    ,/  /  \/     〉    「あ………
    ,.   ´    /   l i   //   /    ヽ  /      そろそろ帰らなきゃなの」
   /        /     | | l 〃i  /l      ∨
  /       /      l | トLL_',  !_l |      lヘ{
  ∨    / _ === Y彡ノ 斗Tヽヽ| |∨   /  l `
   ミミhYて´  ____ ミミh、 hソ     ヽlノ/  ノl
   | ̄ ̄> ´     (にニ   `       r、/彡´/
   \-─ヽ  _____ノ<´        , /ソ '´
     ` ─=-==ィノノヘ.       c   ∧)
          / /´    ヽヽ  __  <辷)
            / /       )   ミ辷≧ソ
         / ` 、    < ll\、
        /    /      〉=〃
       ',    (_     〈 l!



ジュンの予想通り、最終日にはやってきた雛苺は、
苺大福の無くなった皿をそっと置くと暗い空を見上げて岩から立ち上がった。












57 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:01:09 ID:OPUwg8rq
三105.

   __,>: : : : : ヽ: : :ヽノ : : : :_:_:_:ノィ
  ({ : : : : : : : : :_:_)辷不辷シ、)、)⌒ヽ
  ({: : : :__r<入ノ`ヽノゝ-ヘヘ.ヽ.ヽ 〔
 く(hィ´: :x rチ {   |  i ヽ \\}`ヽ
   Yフフフ ノ ! !  ! {  l x‐l‐ 、', jヽく
   ノlイ厂 i ヽ X´「从 jノ八ィ=ミハx彡く     「お兄様、明日には帰ってくるのー?」
. 〃 | { ', ヽ /ヽィ=ミ``´ rし'i 》jイr‐=ミx
. ,′ l| 八 ヽ. i 《 rし'l   , ゞ゚''ィニニ」二二}
. `ー=ミー=≧トー=xゞ゚''  r ‐┐  ハ三辷ラ´
    )Y´ ̄ゝ-=ラ、  ヽ ノ .イー‐‐<
   辷ゝ=ニ三ハ=≧=‐r‐ イ:_:j: : : : : : :ヽ、
     ` ¬くく乙( x‐rく <⌒ヽヽ: : : :.:.:.:::.: )
            〃`小. ヽ ー' ノ: : :.:.:.:::ノく
         人ー彡∧ 〈 ̄: :`:ー:r : : :ヽ: \
        (::.:.:./// iヘ.丶: : : : :.i : : : : :ヽ: 〉
            〉:.〈// | i\\: : :.i : : : : : : \
        /:.:./j_j   | i:.: :\.>: :i : : : : : : : : \
          /:.:.//   | i: : : : : : : :i : : : : : : : : : : \
.         /:.:.// i   | i: : : : : : : :i : : : : : : : : : : : : \



待ちわびた帰宅の日を確認すると、



                                  /|  , イ         ==‐
                            `、    / { /             `丶、
                             ヽ\  { |/                   ヽ
                              乂ヽ { |      \             \ 、、
                                /   、 |      ` 丶、       ヽ ヽヽ
                             , ',/ //   \|、   `` ‐  `_ヽ、    、ヽ ゙.
    「ああ。                     ノ / /// |i |``lヽ     \  `‐ `=-   \ヽ
     明日の朝、                   //|   レ! | 、ヾ 、ヤ \ ヾ\      ヾ }`
     家に寄ってから試験に向かうから」      i// /   | ヾ ヽぃ i iヽヽ\ヽ,,,\  \| | ハ!
                               |//   H Aト-仆ヽぃ ヽ! xィ勿 }}\   `レ′
                                /| ,,  キ,,x=≠=x, レ ヽ イ弋_歹 ! \ヽヽ.
                                 |/| | 代 勿 }}              ト ´|` ゝ
                                    | / ヽ `‐゛           ,′| | \
                                    ヾ!      ヽ     〃| |ヽ!  \
                                     ヽ\    -一  / /|/    _ ,-ン
                                      \ `ト 、_  _ / | /  _, ‐ ´  ノ
                                    /´`ヽ,.|     ̄ ____| )_-(_   , /
                               ___∠Y ′ ∠,ヽ ヽ _,-‐ ´´  )‐}    ̄
                            -‐ ̄   /   ̄_,´` ̄丶_  _/ /   , ヽ_
                           // ̄\ /   <__/ .` ー´ ̄ /   //     ̄ト、
                          ノ    /    ー 、 \   \ /  //     / \




剣を振りながら答える兄の横顔の、精悍さの増しっぷりと言ったら別人と言っても差し支えないだろう。

58 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:02:09 ID:OPUwg8rq
三106.
剣の腕の事はさっぱり分からない雛苺だったが、
もちろん修行前と比べたら今の方が良いに決まっている。
それでようやく、納得したように頷いた彼女は大きく手を振ると河の中の兄に別れを告げた。



    , ィi^ヽ、.    {リ:::::::::::::::.:.\    _/.:.:.:::::::::::::::::::jリ
    /l しJ!ヽ|    {リ:::::::::::::::::.:.:iヽ:只ソィ´  ̄``.:.:.::::::jリ
   .〈!jヽV/  Lェュ、 「{リ::.:,:ェェーェュJ⌒7>‐ュ、_    .:.:/
    ト、   〈.:::jリ ヽ ̄`フ"´ ̄         `ヽ _.::/^ヽ
    _j/ヽ ノT/.:ト、 レ'´     /    ヽ     \    \
   _j/.:.:.::ノ」// /  /  i   |      i   、  ト、 「 ̄      「おうちで待ってるのよ。
  i/.:.::::/7 // / / l / |   |  l |   |   l|   |ハ_」、        最後の夜を楽しむと良いの!」
  /.:.::::/7 //  ./1 /! i | /_」| -┼-、トト、 ┼- 、リ   jj 7::! \
  .:::::ノ7 //    |/ ト、 lN/l/リヽ|   `\/l / ハ ; イ//.:::'   \
 ``ヽ、 _ノ       `ト;〉 ,r==´  .  `≡=ュ _/ l:/.:.::'ー─- 、ヽ
     \         r‐'‐ュ  ' ' ' ' r─┐' ' ' {ニ二ミ}::,:'´ ̄ ̄``y'′
      \_      `二孑、    l.::::.:ノ   {二三ミ}´ ̄``ヽ,/
           \    `孑j >、_    ̄  (ヽ 孑そ´  ̄``<
          〈          ヽl〕 ー‐r<::/⌒ヽ二ニヽ_/
          ヽ     /   `ー一'ヘ-─- 、  孑´`
             `辷_j /  , -‐r‐r‐- 、    \
              レ′ /:,r' 7:介ト、`ヾヽ   /
              /   /:/ /:/ |:::|  i:::|  〈
                /   /:/  |:::|  |:::|  |:::|   |



                      ,//: :ヽ: : Y: /:、: : : : : : : :\: : : : : : : : \
                    /: :/: : : ∧: : ;′1: : : : : : : : : l: : : : : : : : : :∧
                   ∠二ィ: : : : l::∧: :!:::::l: : : : : : : : : :|: : :ヽ: : : : : : :∧
                      /.: : : : :|::::::∨::::::l: : : : : : : : : :l: : : : ∨: : : : : :∧
                    ,r': : : : : : 「¨¨`""¨1: : : : : : : : : l: : : : : ∨: : : : : :∧
 「もう暗いから、          |! : : : : : : l       l: :;ィ: : : :∧ : | : : : : : ∨: : :ヾ : ∧
  気をつけて帰るんだよ」    イ!: : : : :i: : !.      !:/ l: : :/ ヽ: ト、 : : : : ∨: : : :\;ハ
                   /l: : : :,∧:厶-‐、  レ' !‐ナ―-ゞ! ヽ、: : : :i: : : : : :l ヾ
                    !.:!: : ;ィ: : ト1===ミ:、   l.:/彡==`=ミ:、ヽ : : l.: : : : : |
                   .l.;イ : ;ハ イl:i゙ '乍ミ1L..../;」i ィ卞ぅx、 ! ヽト、:l: : : : : :|
                   .レ'l: :/  リ |:|  ヒ;リ |「 ̄"゙1l  ヒzリ` l l`ゞ- 、.: : :lヽ:.!
                    レ'’   ヾ ___ノ.'   ヾ: 、__.ノノ ´rハ !:、:| ヾ
                          i ̄ ̄ i       ̄ ̄ ̄  ムソ:.;ハノ
                           、             r彡;〃´
                           ヽ   ヾニフ       ノレ'´
                            \          ´ ,L. -‐ 、_
                              ヽ . _ ,   , ィ´   ,.、二ミ:ォ
                               ,.-‐=ニj,.ィ'´   / ̄ "¨ヾ\L、
                             _r'´  レ"   _ニ=′    二ニ=   \
                           rく ヽ   j ,-=ニ¨       イ=‐- 、    >"


59 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:03:09 ID:OPUwg8rq
三107.


                                    fzfzィ彡、-‐ァ´           ヾツfz
                                  fzイ¨"  .:.:{ .:.ixz、..__       .:.:.: Yゞfzfzx
                                 fzツ     ,ィf厂丁`ヾfzゞfzx:、     .:.:.:.:|:. `ヾミz
                                 Y    xfツイ' ハ ヾ:、 ヽゝ八fz小、  .:.:.:.:.|'  ____
                         .        |   xfツ"く ム┤ トスノ´   fz圦  .:.:.:.:.|  「ヾ、
   「子供じゃないんだから大丈夫なの。         ,ィ!   イfxレ1辷i  し’ 、 :、     ゙fzX .:.:.:人_.:|\ `
   やらない夫さん、また明日………」     fxzレ"|! ,f才ン   ヾ  i! i| ハ ヾ:、   八fz}_/  ヾリ ヽ
                           ,ィxfイ.: .:| rf;{" i   ハ  i! |i ハ  ヽ:、 イ j;}i   /'   ) ノ
                           {f∠ィ' ¨ヾ:イァ'  l   i! il  i| i|!  }!ヽ )} i! {i从 ′  / }
                                 /,イ{  i{  i| !i  i! l!i  ハヽ_j斗! jヾ ヽィ  ,イ{
                         .       //i {!  i| i il i|  |j、l iァナ乃工ノリ イ )} /'  イ i,ィ
                               〈' {i八 い:、ヽ i!_,.!i; リハリjイ;乍夾ハ〉リ イ〃 /  //
                               /メ{  ヽ ヽミ;匕ヾハiノ リ ソ ヾニ''’厶┴ュ/ / ーァ
                               ,:/ 大ー:、 ヾ ヾミ;イ示ミj        "" ら≡≠)/ムく二_
                             ;厶-―‐-、`ヾ. _リ"ヽ ゞ’  ,    -=≦ヲ く<==ァ/ム
                               r‐-`二ニ} ノ ノ /'/ 、""   ー ´   /、_;ノ てムハ(_ノj
                                ̄`ヾーャ-ァ、{斗ァZ>≧=ー- ..__..イ:.  /´: : : : : : : :`ヽ
                               ゞ==ミュ、〉〃ム三≧ヾく二ゝ _j''   /: : : : : : : : : : : :



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)        「ああ、また明日」
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



とうとうさん付けにまで格上げして貰えたやらない夫は、
出会った頃にはとても想像出来なかった雛苺の挨拶に微笑み返し、
振り返って町へと向かう彼女の背中を一定の距離まで見送った。

60 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:04:09 ID:OPUwg8rq
三108.
首筋にチリチリと感じる嫌な予感。
こう言う時はいつも何か起きていたやらない夫は剣を背中に装備すると、
留め金を外していつでも抜けるようにしてからジュンに声を出す。



                    ___
                  /      \
                /     、_,ノ  ヽ
               /       (● ) 丶
             /         (⌒  l                「行ってくる」
            /             ̄l__)     __
         r‐ ‐-- 、               ノ    |  ̄`》
         上: : : : : :>‐-.、__         /      〉二〈
     レ<>㍉、: : : : : : : : :>      /        |ニニ|
    /: : : : : : : : :ヽミ、: : : :/>ヾ,__ン         |三ニ|
  /;. -‐- 、: : : : : :=ド、ヽ//   j `.-、         /ヘニ7⌒)
 //_/ ̄ヽヽ |: : ニ||: }}: ≫≪=: : :_≫      / ィニにン-、
||`|`i⌒j |||二//: :}}: 二//: /           / ノ / _/-、
/∧ ゝ二 ノ ノ: !二ノ_ }}: =//: :\            |  (__,イ_,. -<
| ヽ` ー--イ : =∀ニ|r‐㍉、」」、}: : : ≫    (`ー‐┴ー┴‐ー┴---'‐'")
|: : :`:ー┬': : =/二 \: : :=}}ニVX´        ̄,《「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄
": : : :|=: |=: : =|ニ: : : : \ノ=三|:、\      ri´: : | ̄ ̄ ̄ ̄|
: : : : :|二|二二|ニ : : : : }}}=〉ニ=ト:二ユ__  /: i!: :_x≦'" ̄ ̄\
: : : : :ヽ=|二/ニ: : : : : }}}=|ニ=|ニ: : : : 〃´: : ;x<: :: :: ≧ \   |
: : : : : ヽ\/|二_: : : :}}}ニ|ニ=/<: : //: : :/:: : :: :://: :\___  ハ
: : : : : :、:\=〉‐-- 二_ー‐'ニ/二二|: |//:: :: _:: ::l=/:: ::=_:ヽ=、:: ̄:\__



                    >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
                  /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
                   〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
                     |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
                    / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
      「頼むよ」     / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
               ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
               レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
        rr‐、           レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
        ト' |                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
        |  |                 ̄ヽ       ー‐      /
       ..ノ  l'⌒!                \           _, ィ´
       ´ ノ^ヽ '、                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
         /`ヽ.ヽ、          _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
          ‐'´`ヽ. i、          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
       \   イ-'  ヽ       /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.
         ヽ.  ″    l     /-‐'´ | ./// ヽト-―/ニ,ノ  \|     /   \'、
          \      l. ,.-‐'     : レ' ′  く !  //          /       ヾ、



ちょっと頭を下げたジュンは自分の役割を全うすべく剣を振り続け、
任せておけと頷いたやらない夫は暗闇に溶け込みそうな雛苺の背中を追いかけた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……


61 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:05:09 ID:OPUwg8rq
三109.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

気配を消しているやらない夫は一定の距離を保ちながら雛苺の後を付けていた。
彼女はそんな事は夢にも思わないらしく、一度も振り返らずに家路を急いでいたのだが、



           ,,,,,,:,,  ,,,,,,,,
          ,,,',/ .,,,゙!l"   l
          >,l-‐゙゙"'-゙`‐-y,
     タ    ;'''',,ll|l゙゙゙゙ソ'゙/:,|l,`l
    タ    `゙゙',!!,,,,l|,,,,,,l,l"fノ
   タ     ,!'li'''',,''''il"/
   タ      ,/ ゙゙/l ゙゙ |
         ./| / |   |
    .レ-‐″ / |   |
    れ,,,,. /,,,, ,,,|i:、.、 l
     ‐″ザハ =,,:::i!yー'llli/
      ⌒'`/, /[.,,,!,ll/



ある路地に差し掛かったところでふと、そちらに視線を向けるではないか。



i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |:    :  :;    ; ,,  :
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |..: ┌────────────
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |.:::: │:::::::::::::::::::::: : : . .
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |..: │:::::::::::::: : : . .
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |::: │::::::::::: : : . .
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |::. │:::::::: : : . .
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |::: │::::::::::: : : . .
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |::: │::::::::::: : : . .
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..「フ. .l.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |..: │:::::::::::::: : : . .
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.` . ,.|:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |.:::: │:::::::::::::::::::::: : : . .
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:...l_ . ノ」:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |; # └─────────────
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |   :;           :
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |:   :;  ; ,,       ::
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|`''-、._:::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |,'';                   ...:;;;
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i| ;;:.:.   ''-、._:;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |;;;:
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|         `''-、._;;;;;;;;;;;;;|i   |::: #   ..:            ,, ;;...
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|            `''-、._|i   |;:::      ..:   ..:   . ,,, ;;#....;




63 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:06:09 ID:OPUwg8rq
三110.


    「: : : : ̄ : <>h<>'´: : : : : : |
  _r| : : : : : : : : ; イ」: : : : : : : : : : ト、
r夕: ヘ: : : : : :.:/>'びヘ>x : : : : : : l: :\
` ̄ | :ヽ: : :/>イ  l ヽ ドY>、: : /: r彳
   ハ_:_>ク l |l  ! | l l `YZ: :/ ト、       (近道しないと門限に遅れちゃうの………。
 ∠└べ^ヽ 'T !| |l ! 'T| ノ }ハ / `ヽ      ここ、通れたのよね?)
└ァニミヽ\ r;=ミヽj∨r;=ミxY! /   Vニ二|
  了⌒\ ハ 〈::_:}   {:_::} 八(二三仁>′
  └'⌒ヽノ小 "   '   " /{彡ク7∠Y´
    ̄`))らノ>- /)  イrく^)) }厂 ノ
      /: : {L/、`Yヘ_l}: :`ヽ、
       〈: : : : !: : :`ヽ!く: : : : : : :}
      /: ノ : | : : : : : \) : : : く
      ∨: : :′: : : : : :ハ : : : :/
      〈 : /: : : : : : :/:|l : : : |
       | /: : : : : : :/: |l| : : : |
       ∧: : : : : : :/: :」lハ: : : |



いつも通る大きな通りではなく、路地裏へと続く横道へ向かったので、
先程から、彼女の行く手に先回りするような複数の気配が現れていると気づいていたやらない夫は、
建物の影から顔を出して眉をしかめた。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    「あー、暗い方行っちまった。
. | u.   (__人__)     襲われるの確定だろ」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l




気配の質は以前自分達を付けていた間者のものとは違うし、雛苺を先回りする技量も大した事はなさそうだ。
だが、偶然とは言えない動きを見せている、何らかの目的で彼女を狙っている事は間違いないだろう。

64 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:07:09 ID:OPUwg8rq
三111.
自分も路地裏へと踏み込みながら、彼はものすごい勢いで思考を巡らせた。



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)   (どうする?)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



雛苺と合流すれば手を出してこないだろうか、
それとも動いた瞬間に取り押さえて目的や誰の依頼かを吐かせるべきか。
半秒ほど考えたやらない夫はしかし、すぐに雛苺と合流する方を選ぶ。

65 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:08:09 ID:OPUwg8rq
三112.
相手がギャブレー家関連である可能性は高い、取り押さえて狙いを吐かせることが出来れば
政治的にも何らかのダメージを与える事が出来るだろう。

だが、ここまであからさまな手を打ってくるとなると何らかの対処をしている可能性もあるし、
何より雛苺を悪意の渦中に巻き込むことはしたくない。
それに未然に防ぐ事が出来れば、戦いが起きて相手を傷つける事も、
相手の犯罪歴を徒に増やす事もないだろう。



    ―― [] []
   | l ̄ | |     / ̄ ̄\
   |_| 匚. |   /   _ノ  \
      | |   |    ( ●)(●)
       |_|   |     (__人__)          「怖い目に遭わせてしまうべきじゃないだろ」
           |     ` ⌒´ノ
 [] [] ,-,     |         }
   //     ヽ        }
 匚/    / ̄ヽヽ     ノ      ,.r-、
       /           ⌒\  P{三)
      /ヽ/^y       /\  \/\ノ
     (、、J /       /  ヽ /  /
        /      /    \___/
从从    (       /
Σ  ヽ、 __へ     \
Σ  /  ̄   \    \
Σ_ノ \、__ / \    ヽ
            \    〉
            /   /
            /   /
           /  /
           \二フ



護るべき雛苺だけでなく、追跡者の事さえ思いやった彼が
もう一つ向こうの角を進む彼女に追いつこうと、足を速めた瞬間―――

66 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:09:10 ID:OPUwg8rq
三113.


                   "'''‐- ,.         \
     ''''''-- ,,,,,,___             "'''‐- ,.      \
             ''''''-- ,,,,,,___         "'''‐- ,.
                     ''''''-- ,,,,,,___      "'''
                              ''''''--
 _ ___________
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                               ___,,,,,, ―
                         ,,, ―''''       /
                    ,,, ― '''           /
              ,,, ― '''               /
       ___,,,,,, ― '''            ,.        /
  ,,,,, ―''''                 , - '"     /
                    , - '"       /
                  , - '"        /
              , - '"          /
           , - '"           /
        , - '"            /
                     /


突如逆方向の暗がりに気配が弾け、凶器が音もなく投げつけられる。


狭い路地を急ぐのは背が高く、肩幅の大きいやらない夫。
そして背中に装備したバスタード・ソードは基本、取り回しの難しい武器である。
本来であれば、投げつけられたナイフに気がついたとしても、
避けたり剣で叩き落とす場所的余裕も無いはずであった。



                  .
                    \..                /
                     \\..            //
                      \\... o |    //
                       \ \  。/ / /
                     ヽ   \  \ .。 /
                         ヽ\    /
                     - -二         二 - -   ギンッ
                       o        \ 。
                            o  \  \.
                      / /。/     \ \.
                    / /     `~´   \\
                   //    / 。         \\
                 //                  \
                /



しかし、煌めいた白刃が弧を描き、喉をめがけて飛んだ凶器を易々と叩き落としたので
襲撃者の居る方向からえっ、と驚愕の声が漏れる。

67 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:10:10 ID:OPUwg8rq
三114.

                     || .|.|
                     | |.| .|      |\            ∧
                 |ヽ    ||.| | | |.      \\           /∨
                 | `,    | | | | | |        \\       /∨
               l  `、/ ! |j |j         \|      /∨
               l      |                      / /
             |` ,/  ,、/|  |                / /
             |  .,/   |  |                   / /
                 \ \    |  !                / ,/
                    \ ヽ,   | |              < _ /
                 \j   .| .|
                    | .|
                         | |
                       | |
                     {j
                              _-イ / ̄ ̄\    '´         ヽ
                           _/_ '/  ヽ_ -= =-.           -= =-
                          / / ( ●)( ●)   | ‐- __      ヽ
                        _/ 〃  (__人__)      |  ヘ      `  、    `ー-- 、_
                     ,+‐x'XXl 〃    l` ⌒´    | ヽ、_    \ \         >
                    ヘゝ ゝXXゝ レ -= =-        |   ´   ` 、   ヽ        /
                -‐ ' ´>ヽ> ̄ ̄´ `y  ノ{       /へ`'´リ      ゝ_  l     -= =-
        -= =- ' ´  -‐ ' ´         /  /ノヽ     ノ/ イ l    / /   `ー、 _ -‐'-―一
     -‐ ' ゜  -‐ ' ´              l //´人 ヽ.  y ´ / /l l   ! //        `  、_
‐ ' ´-= =-´                    !/ /\:::`::、∠. _,y一´l l 、 l 〃  ,..::'::´::>‐,__ __  7
' ´                          ゞ l  ヽ:::::::::::::::::::::::::-= =-.l l l /, -‐'´ .,-' , -‐'´ /
                            \l   l:::::::::::::::::::::::::::ヽ.ヽ,-- ‐‐''´  ヽ ̄ ̄二`--´、
 「悪いな。                          l  lレ::::::::::::::::::::::::::::::::\`+一'、、_ 、 ` ‐、 `=、ー'    /
  この鞘は特注品なん―――」          -= =-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\`-` 、 `ー一、ヽ 、` 、    /
                              l l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`7ー--‐`‐- 、  ヽヽ ´_ ノ
                             >、\::::::::::::::::::::::::::::::::::l /
                           , '´: : : `: ∩)`ー-- 、:::::-= =-  l\_
.                         , '´: : : : : : : -= =-.二`ー、ニ二>  /  /
                       / : : : : : : : : : : : : \\  ̄` ー----一'´//
                       /: : : : : : : : : : : : :、: : :ヽヽ -‐ '´: : : ̄l ̄ ̄´
                     -= =-: : : : : : : : : : : :\: :lヽヽ: : : : : : : : l



単純に引き抜く構造の鞘でかつ、やらない夫でなかったら不意打ちは成功していたかもしれないが、
彼も特注品と言ったその鞘は背中に装備する為の工夫が凝らされており、
捻れば右でも左でも滑らせて抜くことが可能な、特殊な形式の鞘だったのである。

68 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:11:09 ID:OPUwg8rq
三115.
闇の中、物陰に隠れる気配の形すら明確に感じ取ったやらない夫は、声と残像をその場に置き去りにし―――



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―


                              /´ ̄`三=-
                    ________  __{_____  \、,_____.,,,、______
_______ii,,,,,,,,,r‐ー‐ュnヾ:::::::::::::::::::::::::::`ヽヾ:::: i´:::::: ̄ ̄ヽ:::::::::::::}}/::::::::::::::::::三=-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!!''''''''''`ム、_ノ<:::三=-::::::::::::::::ヽ\|::::::::::::/::::::ヘ\:::::::j /::::::::::::::://:::::::>.三=-
                   ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``''ヾ:::::::::/:::::::::::: ヘ::::::::::i´ ̄ ̄ ̄´`'<:::::::〃ト三=-
                                    \:::::::::::::::::::::ヽ:::::::三=-    `ヾ;;ソヽヽ、
       「―――だ」                       \ヽ、、::::::::::ヽ:::l           ヘヽ=ミ、
                                   ム::::三=-:ソ;;>、            ヽ〉へ三=-
                                    く;;;;ヽヾ;;ヽヾ∨7三=-
                                 /::ヽj::::!ヘ\____/_/:::::::\
                              .,、<´ ̄::`\ヽ\:::::::/:7::::::::::/三=-
                           ,、イ::::::::::::::::::::::::::::::\\::/:: /:::::::/\
                              i::::::::>ー---;;;、、、,,,.____7::/;:::/\:::::三=-
                              l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::∧\::::::::::ヽ:::::\
                           \:::::::::::::;;、=、;;;:::::::::/::/!ヾ j|li|ir、:::::::::\::::ヽ三=-
                              ̄ ̄     `¨/::/、j  ヾjil|iト、::::::::::\::ヾ、、


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=



69 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:12:09 ID:OPUwg8rq
三116.
襲撃者の、耳と頭の隙間を縫うように剣を埋め込むと、



                                              __
                                      へ               |::::::|._
                               / /     _____|::::::||_:::|
                  /   ...:::::     \ / /      |:::::::::::::::::::::::::i____i/::::!
                /  .::::::::        v         i:::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::|
                /   .:::::::::           }         |___:::::::::::/  ̄
                  /  ._,.:::::::::::          i            /::::::::::\
              /_,,..ィil.Aヘ::::::        .: .i           /:::::::::::::::::::::\
              ヾ:: :::::リ!7>\:_      .::::: ヽ         /::::::::::/\::::::::::::/
             /!、 :i ト、 //     .:::: /        \:::::::/  \:::::/
                /  \〈/,//  >、.....:::::::::..::ノ            \//\  丶'
            i  .:: :〈//`ー=イ .∧:::::::::;イ               /::::::::\
             |  : //-ヽ.,__/ /___i:::/:ノ:}`ー 、            .\ ::::/         ._
              | // くフ‐、 二 ̄// /    ヽ             .\/ ./\    ./:::::!
               レ/    >,、/...           i              /::::::/  ./::::::::/
              //      {..i               i            /::::::/  ./::::::::/
            //|      |::|       .:         .}          \/   ./::::::::/
       // /:       i::|     .:::       .:/                \/
                                               /ヽ
                                               \/



切り落とされた長い髪が、フードの隙間からはらり、と闇に舞い落ちる。

70 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:13:10 ID:OPUwg8rq
三117.
動けなかった相手の腕を押さえつけ、
「一歩でも動いたり抵抗する素振りを見せたら即殺す」と言わんばかりの迫力で、
ドスのきいた声を出した。



                        ヽ
               ,,  、       l
         ゝ_    _/  .. >..、     l
          `''''''‐"  _ __ ニ:_丶     1
       / 、      ^''''ー 、__ ゝ   │
    / . l 丿  l'"! 、 、 '''-ー-、 ´ ^ー-..、 .    「前にちょろついていた猫背の野郎か?
    | 」 |  | || !  ! l │ '   ,r _..,, f.     見逃してやってれば付け上がりやがって、
    `、  '、 ゝ ノ / l ..′ ,´  | l│l .i      これ以上俺達にちょっかい出すなら容赦しないぞ!」
       `- - ゙‐'′  --"  ,ヘ ∪ ノ l.
                        ´ /
           /            `)
           f        丿   ヽ/
          入 ___ -'     ,′
         ( V v      "‐_ -'′          __      __   _      __
          ''-二ニ -=  `'`ソ /       /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
            ´ ‐‐;ュ `' 、ノ  /...       〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
              ニ   ′ 丿       ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
                     !.         V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
                     !.         V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
     丶.._              /           .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
       `゙ ‐--- ____-''            .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
                 \             ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
                   \              .V     U                             〈:::/ \/
                     \




今まさに命を狙われておいて、ちょっかいと言うのも変な話である。
だがその余裕が絶対的強者との差だと分かった相手は適わない、と
全身を脱力して後ろの壁に身を預けた。


71 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:14:09 ID:OPUwg8rq
三118.
そのままの勢いで二度と自分やジュン、雛苺に纏わり付こうとしないよう、
出来るだけ脅しておこうと相手を睨め付け、



              ‐――――‐‐ 、
         /           \
       /              \
.       /                 ヽ
      /                     i
      |  二二二二 三 二二二二    i        「それとも何だ、
      |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |         お前の一つしか無い命は
      l   ___ ノ     ^ー―-   |         後から金で買えるのか?」
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l
      !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l
      l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
        ',   /    |    ヽ    /
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::



自分の命が、自分の手元に無いことを実感させられた襲撃者は
本能のまま悲鳴を上げたのだが―――



                        __
                     / ̄´   `\
                    /          \
                   /    ィヘ、       ヽ
     「ヒッ!?」      /   /:::::::::::ヾ       ヽ
                 / |/:::::::::::::::::::::::\      ヽ
                 { 〈::::::::::::::::::::::::::::::>  /  イ
                  ト ゝ:::::::::::::::::::::::イ_∠_ィ_イ´
                  イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
                  ん_ = ー三 イ、__─\



それは、若い女性の声だった。


72 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:15:09 ID:OPUwg8rq
三119.
思わぬ事に、脅かすどころでは無くなったやらない夫は素に戻ってしまい、



        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)  |     「女かよ………」
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |



いたぶられ、陵辱された後に殺されると怯えていた相手は
怪訝そうに彼の様子を観察している。



                                      へ
                               / /
                  /   ...:::::     \ / /
                /  .::::::::        v
                /   .:::::::::           }
                  /  ._,.:::::::::::          i
              /_,,..ィil.Aヘ::::::        .: .i
              ヾ:: :::::リ!7>\:_      .::::: ヽ   「………?」
             /!、 :i ト、 //     .:::: /
                /  \〈/,//  >、.....:::::::::..::ノ
            i  .:: :〈//`ー=イ .∧:::::::::;イ
             |  : //-ヽ.,__/ /___i:::/:ノ:}`ー 、
              | // くフ‐、 二 ̄// /    ヽ
               レ/    >,、/...           i
              //      {..i               i
            //|      |::|       .:         .}
       // /:       i::|     .:::       .:/
             / ::       ノ./:_|_    .:::       ..::/
         / :   .:  /:::レ′   .:::     ..::::::::i
           /     .::  ./:::::ノ      ::::      :::: i
          / .:    .::   /::::::{      :::        :: |
      / .:    .:: .. /:::::::::i     :::         !


73 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:16:10 ID:OPUwg8rq
三120.
相手が完全に抵抗する気を失っている事を確認したやらない夫は、
剣を抜いて数歩下がると、その切っ先で路地の出口を指して言った。



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |    「今すぐこの町を出てもう戻ってくるな。
  l レ ./..ノ .,''´} i     それから、二度とこんな事はするんじゃない」
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |



言い聞かせるような声に我を取り戻した相手は、穴の空いたフードを外し―――
現れたのは、まだ少女と言っても差し支えない程の娘。



                           .  ,r.----- 、
                           ,r'"     . ` 、
                          r"     ,  i ヽ、'i
                          i  i i  ,ii i i  ヽiヽ_
                          i  i__i'、 ,i_i_,i_ノiミミ/,iミ 'i
                          i '''┬, ヽ' ,┬-,.i彡iノi.iし'
    「私を………              i  i -    -'  -'イi.i'、
     殺した事にしてくれますか」      i  i.、 ´_   /イ i i.i i
                          i  i:::`. .,__..- ' i:::::i .U.iU
                        .  ,!. ,!:::::::/    i__ i . i,
                          i _,!-''''i´ _,, - '´ .ヽ', .i
                       . , -i ' / /i_i´  _,,- '´ `、!
                        i、 !,// l_,,-!_/ i, ,r '´ `ヽ
                       ,!  V        i/,, -- 、,!
                      . ,! ./.   , '    /´    .y
                       ,! .i.   ; .;    ./     /
                      ,!  !   ;   -/     /




74 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:17:09 ID:OPUwg8rq
三121.


    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )     「どういう事だ」
.  |:::::::::::   (__人)
   |::::::::::::::   ⌒ノ
.   |::::::::::::::    }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |



事情を話せ、と視線を向けたやらない夫に、両手を広げて逆らうつもりが無い事を示した娘は、
感情の殆ど感じられない―――否、殆ど全ての事を諦めたような表情で言った。



       /                : : : : : :\
      /: :                 . : . : . :、ヽ
     /: : :                  : ヽ ヽ  ヽヽ
    ,': :            i  i  i     : :', ',  ', ヽ
    |: :        : :   |  |  i、      ', i   l 〉
    i: : :       : :   :i!  i',  i':,      | Li  iV    「私はギャブレット様に買われた奴隷なの。
.    l: : :    :  ::   : : :|、 |ヽ !ヽ    ∧ /レ'
    i: : :  :   ::  .i   : : :lヽ i‐ヽ i \  / rVi!        ―――たまたまナイフ投げが上手だったから
    |: : : :;   : : :!   : : :| ヽj‐┐ゝ  ヽノ { :::i        暗殺者の真似事もさせられているけど―――
    |: : : : ;   : : : i   : : ::i' ´;:::::::ソ      `¨´',
    i: : : :,'   : : : :|   :i: ::|`¬ ¨´      \  i      殺すまでは死ぬまで戻ってくるなって言われてる。
    |: : : :   : : : i    : : :|           r ソ /      あなたが無事なら私は死ななきゃならない」
    |: : :    : : : :|    : : :|          ,  /
    i: : ,'   : : : ::|    : : :i        ‐=ニイ イ
    |: :,'   : : : : |    : : |             /; |
    i: :,'  :: : : : :|    i: ::|`' ‐ .,     _/; ; ;|
   ,i: :   ::: .: : : ::|    i: ::|     / ̄ i  ̄; ; ; ; i
   i: :   .:.: : : : : |     i: :ト-===;:ヽ i i ; ; ; ; ; ;;| 。
   ,i: '  .: : : : :,': :リ: : .   i::|;┃;:;:┃| ; ; ; ; ; ; ; ; i  \
  ,i:,'  .: : : : :,': : ハ: : :.   ',|;┃:;:;┃i、; ; ; ; ; ; ; ;|   \
  /'  ,:': : : : :,': : ,' i: : : .    i┃;:;:┃ ,,''' 二二 ̄ ̄ ¬-、\




75 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:18:09 ID:OPUwg8rq
三122.


          //.;.;./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ト、.:.ハ_
            /.:./.:/.:|.:|.:|.:.:.:.:.:.::.:.:.i.:.i.:.:.:.lYi
         |.:.:.|.:.l /|.:|.:|.:.:.:::.:// .|.: |.:.:.:|;|;l        「………逃がしてもらっても行くあてなんか無い。
         |.:.:.|.:|::|-‐l-∨::/ /‐-リリ::::::|;|;l..
         |.:.:.|.:|イ ̄「`∨ "イ ̄トY.Yl;l;;l        ………でも、あの家に戻るぐらいなら、
            !.:.:|:.| ┴┘ .   └┘/ソ>'|;l);)       右足を切り落として、身体を売ってでも
         !.::l从     !    /イ:::.从/        自由になりたい………」
         |::∧::::、   ⊂フ  ./::: !::::.:.:..ト..
         |::: ∧::::l丶、_ ,. ..'::::::: |::::::.:.:|_!
         |:::.:.:∧厂T>-<T丁::::::::\:.:. \.
         ∧:i::. :∧ |;|  |;|  \__::::::\:::. \
  ./ ̄`Y".厂|::|:::. :∧//___.l_l_   厂"'T‐イ ̄\
  /    |::::|. |∧::::.|ヒ二|  |.._`ヽ  |  .|  |   .ハ



そう言って差し出された足に、奴隷の証である赤銅色の足輪ががっちりとはめ込まれていたので
やらない夫はまさか、と息をのんだ。



                                . __
                               ./::::::. \
                               /::::::ヽ;;:   \
                             . (:::::(::::冫    |
                             . (:人;;;) .    |
「ローゼン王国はとっくの昔に           r‐-;::::::. .     |
 奴隷制を廃止したはずだが………」      (三)):::::.. .   |
                             >::::ノ:::::::::.    /
                            /::: / ヽ;:::::::::   /
                            /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                            (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                              . |\::::::::::::;;:1
                              . |:::::\;;/:::|


ローゼン王国に限らず、この大陸の殆どの国ではすでに奴隷制が廃止されており、
人の売り買いは禁じられている。
もし娘の言うことが真実であり、証拠などが残されているならば、
しかるべきところに引き渡せばギャブレー家は厳重に処罰されるだろう。

だが―――この娘もこれまでの罪で裁かれる事は想像に難くない。

76 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:19:09 ID:OPUwg8rq
三123.
ギリッ、と歯ぎしりの音が路地裏に響いた。
厳しい表情のやらない夫が見れば、
話していて感情が高ぶったのか、娘は目に一杯の涙を溜めている。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   「君は、何故奴隷に?」
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



                                      ,r'": : : : : : : : : : : ヽ、
                                      f: : : : ; : : : : ; : : : : : ;ヽ,
                               .      ,i: : : : ;': : : :,:'; : : : : :':, ; ;ヽ,
                                     i: : : ; :i: : : :;! i: i: i: : : ;.i: '; ;'i
      「村を妖術師に焼かれた孤児。      .     i : : ;':.i' : : :,!i;!i i; :i,: : : ;i :,i: ;!
       命からがら逃げ出して、               i : : /''i : : : i'7-i,i/'i :/i:./i/
       お腹が空いて、パンを盗んで捕まって。 .     i :,': 'i, i: : : : i'-   ''r''77
       それからは何処にでもよくある話」         ,!:,':,':,i`i ; ; ;i:i    、'-'/
                                    i:,':,':,i::i'i: ; ; i.i  - ,/i:|
                                   ,!;';': ;i:,! ii: ; ;i:i7.-..i´:; : i.i
                                   VL,-" ii : ;.i.i::::::::i:: ;: : i:i
                                  ,r'"`ヽ`ヽ,ii; : ;iii''''V'i:::; : i.i
                                 /,-- 、 `ヽ`'i,: i`  `';;_;: ;ii;!
                               .  i    ヽ、  `ヽi-,____,,,'>,'、'
                                 i  '; .  .ヽ , ' ' `ヽ`ヽ,_ ), ヽ,
                                 i   ;:  .; y'     `ヽ,`''i  i
                                 i.   '; . ; i       : `i'i .i
                                 i   ';:  i , ', ' ;   . : : : ii .i


                                ソーサラー
※妖術師:理力魔法を邪悪な目的に使う者は妖術師と呼ばれ、人々に忌み嫌われる。



77 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:20:10 ID:OPUwg8rq
三124.
大道芸一座でついでにやらされていたナイフ投げを見込まれてね、と言う彼女に
やらない夫はしばし考え込み―――



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ    「こっちを見るんだ」
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                             _ .. -:.:.―:.:.- .. _
                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::`ヽ、
                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:::::::::`ヽ.
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::ヘ
                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:. i:.:.:|i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::ハ
                       ;:!:.:|:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.l:.:.:i:!`:.二ニ=r=、::::i
                        |i!:.i|:|:.:.:.:.://:/:.:/:. /ヾ三三彡ハイ.ヘ::l
                        i Ⅵ:i!:.:///:/:乂//ノ ミ三彡:/: :|i.: : l:l
     「?」                 ヾ∨//厶、、i/ー  彡イ/: : :|i.: : :l:!
                          }   !;j `ゝ    iγヽ:_:_:jiー‐':l
                         ノ   "´      |}ノ イ::|!: :|: :|::::!
                           \        /ーイ::::|!: :|: :|::::',
                          |:ヽ`       :  |:::::|!__jー:':::ハ
                          |: :ハ、_ ...イ    : ,|:::::::::::::::::::::::ハ
                             八:.:.:.:.:_j ヽ. r‐ー< !::i::::::::::::::::::::::ハ
                         / ̄/ :.:.:.:.:/  l:|V::|:l  ヽⅥ、:::::::::>''"´ ̄`ヽ
                     /  /// :.:/!  ..l:|  |:l_   \//ノノ      l
                       /   { {:.:.:.{!:|/::《::::《 ::::`ヽ.  //: :./         l
                   /     ∨:.:/:::::/ハ:ヘ\:::: \/: :./           l
                     /     , .く::::://  l!:::\\:::: \′        l


低く静かな、しかし空気を震わせるような声に、娘ははっと顔を上げて
やらない夫の目を真っ直ぐ見つめた。

78 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:21:09 ID:OPUwg8rq
三125.




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              '               ` 、ヽ
              l              ,‐-,.._ ゞ
          .   l              l 弋心 l
          .    l              冫.ー く
             l               l    ノ!
             l               `ー‐ f r'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



         _,-―.:´ ̄ ̄.:ヽ、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      //.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    / ./.:.:/.:.:.:/∧.:.:ヽ.:.:ヽ、ヽ ミ[]二\
      |.:./|.:.:.:|_.|_|ヽ.:.:ヽヽ_ヽ_ヽ:.|ヽヽ\\
        |.:/::.|.:.:|イ⌒、ヽヽイ⌒トヽ|.|.:.:i ! | |、   「あ、あの………?」
     /ヽi.::.:.|.:| b:::j     b:::j |」ノ.:.:.\\\|
     /.:.:.:.:/iヽ! `´  '  `´//.:.:.:.:.:ヽ\|
    ./.:.:.:.:/.//.:.:\. ( ̄) ./.:.i|.:.:.:ヽ.:ヽヽ
   /.:.:.:.:/.://.:.:/|.:,‐'、二,イ_、.:.:!|.:.:.:.:ヽ.:ヽヽ
   /.:.:.:/.:.:/.:.:.:.:,―' i  ! ! i ―,ヽ.:.:.:ヽ.:ヽヽヽ
  .!.:.:.:/ |/.:.:/~:::|  / 0 \  .|::~ヽ,.:.:ヽ.:ヽヽヽ、
.  |.:.:/ i.:i,_i\::::ヽ/./∧\.ヽ/::::/i_.:.:|.:.:|ヽ.:|ヽ!
.  i.:.:!  i.:iヽ、 ∨.//│.\\.∨ /..:.:!.:.:| |.:|



闇よりも深く澄んだ黒曜の瞳に射貫かれ、落ち着かない娘が声を上げる。
そしてその奥底を見通した彼はややあって、決めた。

79 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:22:09 ID:OPUwg8rq
三126.



             / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)   「情状酌量の余地有り。
           l     (__人__)    ギャブレー家による拘束は
          l     ` ⌒´ノ    正当性が認められないため現時点で解除、
            |           |     君をこの場で自由にする」
          ヽ       l
            _,ゝ、   _,ノ
        ,、-='l \_,ン g<\
     / \ └〆\ i=i|\'\
    丿   ゙i   \ \=il / i!
     l    l    \\| /=|l
     |    |     \i/   ||



                 .  ,r.----- 、
                 ,r'"     . ` 、
                r"     ,  i ヽ、'i
                i  i i  ,ii i i  ヽiヽ_
     「えっ?」      i  i__i'、 ,i_i_,i_ノiミミ/,iミ 'i
                i '''┬, ヽ' ,┬-,.i彡iノi.iし'
                i  i -    -'  -'イi.i'、
                i  i.、 ´_   /イ i i.i i
                i  i:::`. .,__..- ' i:::::i .U.iU
              .  ,!. ,!:::::::/    i__ i . i,
                i _,!-''''i´ _,, - '´ .ヽ', .i
             . , -i ' / /i_i´  _,,- '´ `、!
              i、 !,// l_,,-!_/ i, ,r '´ `ヽ
             ,!  V        i/,, -- 、,!
            . ,! ./.   , '    /´    .y
             ,! .i.   ; .;    ./     /
            ,!  !   ;   -/     /



言っている意味が分からず、立ち尽くす娘の足に手を伸ばしたやらない夫は、
その人生を不当に縛り付けた足輪を―――



80 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:23:09 ID:OPUwg8rq
三127.
力任せに捻り潰した。

                            r‐f ̄>─- 、
                          ァヘ.」_ |  / ̄ ̄\
                          /{ ´   〉:|  :|   ,ノ  ヽ
                        /彡、_人 :,  :,  {=一 }      _,.ヘ
                        |      ≧=-ゝ-く⌒ヾ ノ     >` <
                        \     /  `⌒ヾ  f′   く/ヽ>
                          }    /           ノ    _r┐__
                         ヽ. __厶二ニ._     /     '‐┐┌‐'
                          _}} フ /⌒`ヾ:、  /      lニ  コ
                      ァ‐=彡'フ' /     _/        |__|
       _         _ -=彡冖、\ '′      ´/          ロロ/7
    _/⌒ミ==‐--‐=彡 ⌒       }  〕         ,〈            //
-=ニ ̄/ /⌒         ノ     ノ          /
.   / /           //     / /     /
r/ /        -=彳      /  /       /
  彡                        /



                    __
      _.. -‐……‐-  .. _, '´    `   ‐- .._
    ´          _/    ,   ,      `ヽ
     _..二ニ=-‐…ニ´     /  // , / /
    ´     _.. -‐≠    /  / /\〃 /
 /       ´        /′// {斗-x/   ィ| l     「………は?」
〃    /           //〃  ヽ{::/ { /ノノ ノ
′    ′   /    // 〃 / { u       ′{::j イ|
    /   /    / / 〃 /`∧   , '⌒ヽ  / !|
      /   /  ,′″ ,' ,′   {_ ノ ,   リ
    /    //   ,  ,  / ノ…‐-\_  イ _ノ
    {   /〃{  ,イ / /_r┘、    フ⌒/
             / ∨¬{     ー / / ̄`ヽ
         /    j_ 二ニァ=={  {>、    ` <
        _」  ,≠´   く,小_}  \ \\-‐=ニ二
          _{ /     /l」」    ヽ \\
       / ,′      ,′          }、  \\ ̄
        /  {      {            l、\ }\\
.       /   \                 ハ  ∨  \
     /   /{` ー- ⌒ヽ、  _ /  } /



娘が素っ頓狂な声を出したのも無理はない。
外される時は死んだときだけと決まっている奴隷の足輪は、
頑強な金属の板を特殊な機械で足に巻き付けるため、
蝶番や鍵穴など、取り外すための仕組みが無いただの輪っかのはずなのだ。

もちろん道具もなしに、人力で破壊できる代物ではない。
はずなのだが―――

81 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:24:09 ID:OPUwg8rq
三128.
ひしゃげた足輪を道具入れに放り込んだやらない夫は、余り時間が無いな、
と向こう側の気配を探りつつ返す手で革袋を取り出して娘の手に握らせる。



              r―-、__r―-、
           |―‐z__,r:、__)
              |  |   /  /___r-、
           >―-、__ノr―‐┴'′
       ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ
.      /           \    `〇
     |              ヽ
     |              |  ジャラッ
     ヽ             /
      \_______/



       ,r'": : : : : : : : : : : ヽ、
       f: : : : ; : : : : ; : : : : : ;ヽ,
.      ,i: : : : ;': : : :,:'; : : : : :':, ; ;ヽ,
      i: : : ; :i: : : :;! i: i: i: : : ;.i: '; ;'i
.     i : : ;':.i' : : :,!i;!i i; :i,: : : ;i :,i: ;!   「これは?
     i : : /''i : : : i'7-i,i/'i :/i:./i/    ………お金!?」
.     i :,': 'i, i: : : : i'-   ''r''77
     ,!:,':,':,i`i ; ; ;i:i    、'-'/
     i:,':,':,i::i'i: ; ; i.i  - ,/i:|
    ,!;';': ;i:,! ii: ; ;i:i7.-..i´:; : i.i
    VL,-" ii : ;.i.i::::::::i:: ;: : i:i
   ,r'"`ヽ`ヽ,ii; : ;iii''''V'i:::; : i.i
  /,-- 、 `ヽ`'i,: i`  `';;_;: ;ii;!
.  i    ヽ、  `ヽi-,____,,,'>,'、'
  i  '; .  .ヽ , ' ' `ヽ`ヽ,_ ), ヽ,
  i   ;:  .; y'     `ヽ,`''i  i
  i.   '; . ; i       : `i'i .i
  i   ';:  i , ', ' ;   . : : : ii .i
  i    '; i ' ' ;'   .;: ; : : ;'.i i



硬貨がこすれる音で中身を察した娘は、何かの罠かたちの悪い冗談か、
と目の前の男を見たのだが、相手はさらに信じられない事を言った。

82 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:25:09 ID:OPUwg8rq
三129.



                                   / ̄ ̄\
                                 / ヽ、. _ノ \
     「金貨が五百枚入っている。           |  (●)(●) |
      当面の生活費と                  |  (__人__) |
      これまでの慰謝料ってところだ」            |   ` ⌒´  |
                                  |        }
                                  ヽ       }
                                  人_____ノ"⌒ヽ
                                /           \
                               /            へ  \
                               (  ヽγ⌒)     |  \   \



                     ___
                 ,..-‐:'´ ̄:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.`ヽ、
                /.:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
               /:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
.              /:.:.::/:.:.:.:.:/://:.:.l:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:ヽ
            ,′:: l:.:.:.:.:.:l:.:{:|:.:.:l|:.l|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.、:.:.:`、
             l:.:.:.::.|.:.:.:.:.::|ハ:ト、:. |:{ !::.:l::..::..:.:.:.::|:.l.:.:l::..:.:l::|    「な、何言ってるんです?
              !::.::.::.l:.:.:.:.:.:.| |:| l::_|_止:.:ヽ::.:.:.: /}:.|:.::|::.:: l::|    何やってるんです!?
           l::.::.:;r|:.:.:.:.:.::|弋二ヘ. \ヽ:}l::.::/-!:j::./::.l:∧|
            |::.:{l |:.:.:.:.:.:.:|イ::.::.]「`    `y示くレl::.// l|    足輪を壊して、
            !::.: ヽ|:.:.:.:.:.:.:| V_;ユ      {::.r' '/:.∧  ノ    お金まで渡して!」
          j::.::.::.::|::..:.:.:.:l::|         、^ー' ,ハ/|::|
          l::.::.::.::|::.::.:.:.:.l::|         '    !::| |::|
          /::.::.::.:l|::.::.:.:.: |::|    ー--   /:.:|/:/
            /::.::.::.::/{::.::.:.::.::l:.:|ヽ、     ,..イ::.:.l:.:レ'′
        /::.::.::.::/:.:|::.:l:.:.::.:|:.:|   `丶 イ::.::l|:.:.:.|:.:|
          /::.::.::.::/::.:rヘ.:|::..::.:|l::|   /__::|::.::l|:.:.:.∨
       /::.::.::.:;厶‐'′|::|::.::.::l|:|`>、レ<!::|::.::|l::.::.:.|
    ___ノ -ーrく     |::l|::.::.:}|:| j 厂`l ト、!::.:|l::.::.::`、
  /    `ヽ. \ヽ   |::l|::.::.| リ//  | | `ヾ、:_::.::.::ヽ
. /        ヽ  ヽ\  ヽト、::l j j    ! |     「l⌒ヽ\



あなたが慰謝料を払う必要がどこにあるんです、と混乱する娘にしかし、
やらない夫は突如恐ろしい顔になると勘違いするなよ、と言った。

83 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:26:09 ID:OPUwg8rq
三130.


                                     ‐――――‐‐ 、
                                /           \
                              /              \
                       .       /                 ヽ
                             /                     i
  「勘違いするなよ?                |  二二二二 三 二二二二    i
                             |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |
  お前を殺さずにおいてやったのも、      l   ___ ノ     ^ー―-   |
  金をくれてやったのも、               l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l
  俺の言いなりにする為だろ」          !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l
                             l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
                               ',   /    |    ヽ    /
                              ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
                               ヽ   ` ー―― ´    ∧__
                                \            / / 〉::`丶、
                                /\         /  / /::::::::::::::丶、
                               /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
                            -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::




冷水を浴びせかけられたかの如く現実に立ち返った娘は
そんなうまい話があるはずないよね―――と一瞬信じそうになった自分を嘲り、
好きなようにすれば良いじゃない、と服をはだけさせる。



              -‐ーv‐-- 、
           / / ミ彡   ヽ
          /  /  /  i ヽヽヽ ヽ
         /  /      i  ! ヽヽヽ
         /  ii  イ i|  ,   !  i  |
         i i レ l  | /  /  i|  i
         | iWi i   V // /  iヘiノ      「なんだ。
         レ |  -‐サ!  /ー- | /ソ|T、      結局あいつらと変わらないんじゃない。
         レ! i リ∨ヽレ'/レ゙レレレf i:| i ヽ
          |i | i|   .  ; ; イl i l | ハ 〉    ねぇ、新しいご主人様?」
          |i! i iヽ、- ‐-; /!、i l i Ti Y
          | i いY´` ー ´   ヽ、i ノ {
         ノizi! i |  ',   /    `゙| i 〉
       /: :.iハ |   ハ _ ,     _    レ´ ヽ、
      |: : : :i: :\ i ',     ´         i
      i: : : :i: : :ソヽi ハ、   ,.  '   ィ     ! パサ…
       ヽ: : : : ノノ: |i‐-ヽ、.:´      i_===__/
       i{: : : : : : ',: : : :ヽ:.\-‐¬¨゙ くj    |ミ、
        从: : : : : :.',: : :':,: ヽ: :`‐-.,___〉    i__》
        ハ:r―--v: : : :':.,: : :':..,: : : : : :¬ヽ.」
        /;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ: : : : ',: : : :':.,: : : : : : : : : >





84 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:27:10 ID:OPUwg8rq
三131.
だが―――
娘の絶望とは裏腹に、伸びてきた手はあらわになった乳房ではなく、
ぶるぶると震える手をそっと包み込むではないか。



,,,,_________
               ⌒ヽ、    ノ⌒`''''-- ,,_
                   ヽ (⌒  ノ       \                  __,,--
                     `-へ,,,,,____     \"''ヽ ___,,----''"" ̄
                             ̄''''''------ 、
  __ ,, ----─ '''  ̄ ̄ \ /⌒,! /⌒,)      \ ___ \
 ̄                 Y   ノ /  / /"`ヽ   _ .\  \   i
                  ∟___Y   /./  /  \\ \ λ !
                     /  .//  :/./゙`)  \.l  |  `┘      __,---
                     '--::`!   // ./ \ `! /  _,,---''" ̄
                         ヽ-.// ./ 〉  〉 〉" /
                             ヽ-/ /  / /



訳が分からずに俯いていた顔をあげると、
目の前に膝をついた男は凛とした表情で―――



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ    「俺の命令はただ一つ。
.   l              l 弋心 l    
.    l              冫.ー く    ―――幸せになれ。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'    それだけだ」
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


と言った。


86 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:28:09 ID:OPUwg8rq
三132.
耳か頭がおかしくなった。
そうとしか思えなかった娘は再び間の抜けた声を出すが、



                   __
      _.. -‐……‐-  .. _, '´    `   ‐- .._
    ´          _/    ,   ,      `ヽ
     _..二ニ=-‐…ニ´     /  // , / /
    ´     _.. -‐≠    /  / /\〃 /
 /       ´        /′// {斗-x/   ィ| l     「………はぃ?」
〃    /           //〃  ヽ{::/ { /ノノ ノ
′    ′   /    // 〃 / { u       ′{::j イ|
    /   /    / / 〃 /`∧   , '⌒ヽ  / !|
      /   /  ,′″ ,' ,′   {_ ノ ,   リ
    /    //   ,  ,  / ノ…‐-\_  イ _ノ
    {   /〃{  ,イ / /_r┘、    フ⌒/
             / ∨¬{     ー / / ̄`ヽ
         /    j_ 二ニァ=={  {>、    ` <
        _」  ,≠´   く,小_}  \ \\-‐=ニ二
          _{ /     /l」」    ヽ \\
       / ,′      ,′          }、  \\ ̄
        /  {      {            l、\ }\\
.       /   \                 ハ  ∨  \
     /   /{` ー- ⌒ヽ、  _ /  } /



至って真面目な―――信じられない事だが自分を慮っている様子の彼は、さらに続けた。



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ     「不運続きで回り道になってしまったが、
.   l              l {::::::} l      今から君は自由だ。
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!     これからの自分を探しに行け。
   l               `ー‐ f r'      そして出来ればそれが幸せであるよう、
   l                  ノ'       努力するんだ」
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

88 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:29:09 ID:OPUwg8rq
三133.
俺にはこれぐらいしか出来ない、すまない。
やらない夫はそう言って、立ち上がらせた娘の襟元を正させると、
光の差す方、路地の出口へと押しやった。



            l⌒l             __
        l⌒l   |  |            \ \  ./\  l ̄l l ̄l
       ', ',    |  |              \ \/  /  l_l l_l
       ', \  |  |   , -、          ヽ   ./
  r- 、     \  ー'  ヽ  /  /          /  /
   \ ` ー- _,ゝ     `フ  /_ __        〈   ' ̄ ̄/
      ー-、    _  /  〈 `ヽ   ヽヽ    ̄ ̄ ̄ ̄_
   r―――'   / /      l   |             / /
   丶-----く         /   /     /         / /
         \     /   ∠ _ ィ/          /  ヽー、 /ヽ
           ー一'  ̄ ̄  ̄            / /`ー、 ヽ /
                                   / /    \,/
                                    ̄



予想外の繰り返しでつんのめりそうになった娘はそこでやらない夫を振り返ると、
大きく息を吸い込んで一気にまくし立てる。



              /                `\
            /  /  〃 .:         \
.           ,′.:/'  /:/:. ,'.:! .: !    ヽ.   ヽ
.            l.:.:.:.|l   |.:l.!.:..!.:l.: l: .:.:..    }: 、:.::ハ     「あなた馬鹿でしょう!
          |:..:.:.l|   |.:l.!.:.ハ:!l.:八.:.ヽ:.:  /.:.:.:.}.:. :.ハ     さもなくば馬鹿が付くほどお人好し!
          |!.:.:._|   !小-‐弋ヽ‐ヽ.:.:.:. 厶:.:./.:.,'.:j:.|
           l!. /f|  ! |ィテ ヽ   ヽ ルト7ハ / /リ     自分を殺そうとした相手の命を助けて、
            ll:.ヾj|:   i | V_;rt      f:;r'ヽ〃イ /'      境遇を哀れんで、解放して、お金まで握らせて!
            |:!.:.:.゙|:.:  i |           ヽ'' 小!::!
           ノ/.:.:. |!:  !:l       ヽ  ,' /:/       私の言葉が本当って保証は何処にもないのよ!?
.          //:.:.:.:/!i.:  :.!:l.    ー‐    イ!./:/
         /':.:.:.:.:/:.|.i.:  :.!.:lヽ、     イ: |l レ′       いいえ、本当だとしても普通じゃない!」
.        /:.:.:.:.:./:.:.:| !.:.:.:.:!.:l.  ` r<.:.:.l:. |l |
       /.:.:.:.:.:/:._r┤!.:.:.:.:!.:ト、_ ∧.:.!.:.:.l:. |l |
.      /.:.:, ィ<´   ! l .:.:.:!.:| >Xぐ{.:.!.:.:.l:. l八
  , -‐―<ヽヽ    .! l .:.:.:!.:|//  ヘ fヽ.:小.:.:ヽヽ
 /     ∨\\  ゙ヽ!:.:.:!リ/   | | `ーrtーヽ:\



90 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:30:11 ID:OPUwg8rq
三134.
至極もっともなはずの意見であったが、
指をびしっと突きつけた彼は真っ向からそれを否定した。



                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|    「いいや、俺には分かった。
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l     君は嘘を言っていない。
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/      それに―――」
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''


91 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:31:09 ID:OPUwg8rq
三135.


                                          / ̄ ̄\
                                        / ヽ、. _ノ \
                                        |  (●)(●) |
                                        |  (__人__) |
     「誰にだって幸せになる権利があるだろ。             |   ` ⌒´  |
      それを不当に失った迷い子を                  |        }
      掬い上げて何が悪い」                      ヽ       }
                                         人_____ノ"⌒ヽ
                                       /           \
                                      /            へ  \
                                      (  ヽγ⌒)     |  \   \



       ,r'": : : : : : : : : : : ヽ、
       f: : : : ; : : : : ; : : : : : ;ヽ,
.      ,i: : : : ;': : : :,:'; : : : : :':, ; ;ヽ,
      i: : : ; :i: : : :;! i: i: i: : : ;.i: '; ;'i    「そんなきれい事―――
.     i : : ;':.i' : : :,!i;!i i; :i,: : : ;i :,i: ;!     語って良いのはおとぎ話の『英雄』だけなのに。
     i : : /''i : : : i'7-i,i/'i :/i:./i/
.     i :,': 'i, i: : : : i'-   ''r''77       あなたのそれは、一時の気の迷いか
     ,!:,':,':,i`i ; ; ;i:i    、'-'/        偽善でしかないんじゃない?」
     i:,':,':,i::i'i: ; ; i.i  - ,/i:|
    ,!;';': ;i:,! ii: ; ;i:i7.-..i´:; : i.i
    VL,-" ii : ;.i.i::::::::i:: ;: : i:i
   ,r'"`ヽ`ヽ,ii; : ;iii''''V'i:::; : i.i
  /,-- 、 `ヽ`'i,: i`  `';;_;: ;ii;!
.  i    ヽ、  `ヽi-,____,,,'>,'、'
  i  '; .  .ヽ , ' ' `ヽ`ヽ,_ ), ヽ,



                                            / ̄ ̄\
                                           / ヽ、_   \
                                         . ( (● )    |
                                         . (人__)      |
       「そうだな。                           r-ヽ         |
        もちろん全てが救いきれるとは思ってない、        (三) |        |
        そいつは傲慢ってもんだろ。                 > ノ       /
                                        /  / ヽ     /
        けれど―――」                       /  / へ>    <
                                       |___ヽ  \/  )
                                           |\   /|
                                           |  \_/ |



92 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:32:09 ID:OPUwg8rq
三136.


             ,. ‐―――――‐ - 、
            /            \
           /                    \
        /    \         ノ      .',
         /     ,  ゞ.._,, ー "   、    ',
         l     l {::::::::} l  l {::::::::} l     l
       . l     ` ー ' '  ` ー ' '      l      「君に、幸せを取り戻して欲しいと
         l      /    .!    ヽ       l       思った気持ちに嘘は無いッ!」
         l      ヽ__/ \__/.       l
         . l      〈        〉       l
        .l        `ー――― '         l                                         ,ィ
         l                   l                 ,,              ,,.    ,.    ./::i
        . l                   l              / |   /| /|     _,,.r':/  /::|   /::::::/
          . l                    l             /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|  ./::::::::::/
         !                     !              ./::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/  /::::::::::/
         /!                    ,'^ヽ           i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/  /::::::::/
        /{ |ヽ                 /| / \           i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/   ./::::::/
      /  ∨| ヽ            / | /               i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/    /::::::/
    / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /            i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/     /::::::/
  /\   \  \        /   _ /            i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/      /::::::/
 "ヽ  . \  ヽ  ` ー──一'   /                    i:::::::::::::::/  i::/      ./::::::/
   \  \  \        //                  i:::::::::/     i/        /:::/
   ,  ‐┬─‐'フ⌒ヽ` ー── ´ /                     .i::::::::i            //
 /    ̄ ̄     }  \     /                       i:::::::i            ^
   /  ̄`ヽ/ ̄ ヽ   \                        i:::::::i               /i
  /     /     | ̄`ヽ ̄ ̄/                      .i:::::::i          /::::::i
 ./     . /      |    | ̄ヽ                       .i::::/          i::::::/
       /     |   |   }                      i/           i/






93 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:33:09 ID:OPUwg8rq
三137.
何という力尽くの、しかし真っ直ぐな言葉だろう。
胸が苦しくなって、まともに相手の顔を見ていられなくなった娘は慌てて後ろを向くが、
心の一番大切な部分を鷲掴みにされてしまったらしく、キュンキュンと心臓の音が騒がしい。



          /Z -,
           V7./ /7「l_
            .// // .レ' ロロ/7
              ¨  ¨     ,/
                  _.. - ― - 、
                     /           `ヽ、
              ,.イ/,          ヽ
             〃/,' //    / ,       ヽ
              ハ.i | {.   / /! i. }!      }
               从l_ハ. /7メ ノ 仆、_  ,.1
               / }i」`   'x=、ノベ.}三ニィ叭}   「あわわわわっ」
            _ ィ′/r    }__ノ》  jラ'´r介i |
      _,、 - ' "´ / :∧ヽ .__ //// く/// l |_|
    , '´     /  / ハ      _,辷7// //!
   /       /   ,' / /`ァ┬‐  ' {  〈/ 〈/ i
.   '     / / , ' / / ノ_r}    // /! l
  {     ,.'  /  ./  / / 厂イ|ir┬‐//{. / ,! !
  ヽ   /  /  :/ .〃  { /,ハ| l / / _入/  i
      ,'  /   / //   ∨//jハ ヽ/'´ ,. -- ユ !
.     i /  / //    /l// |/ ∨{. /    ヽi
.     | :;  / /.,'   / / |/    /     ,  〉
      V  / / !  ,イ{ / }    ∨    } |
      ヽ.{ {.  i. / .{{V Oノ     }      l l
             ヽ!  〈  l       |      !|
              \ヽ.      |     |
                   ヽ.} ー イノ |     |




このまま向かい合っていると、自由を取り戻して町から離れるどころでは無くなりそうなので、
納得は出来ないが相手の言葉に従う事にした。

95 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:34:09 ID:OPUwg8rq
三138.
緊張を解すように大きく息を吸い込んで、それから熱い吐息をゆっくりと吐いた娘は
振り返らないまま、手を振ってさよならを告げるが、


               , -‐…=ニ  ̄ `ヽ.
               /    、 、- __  \
            /    ,' i i ヽヽ‐ - - .._lヾヽ、
           i // i   ハ li l トー - -.:|::::\:\
           l〃  l  , /}∧/レ' ヽ:.__彡ィ:./::::ト、:.ヽ      「ふうっ。
           }i !| | }/}/ _.才く  ′rヘ Ⅵ.::::V:.:./       じゃあ、私は好きにしていいのね?」
             トミlヽトv'  へ_ソ     ー'  !TT’く
            l iヽノ.:、           ー=コノ i!:.::ハ:.ヽ
    r ⌒ヽ    / l {!ヘソ   ィ        }  }!.:.:! ';:.:.'.
    (   L__ /  ; 丶   く _ノ      | /|:.:.| }.:.:|
    廴__厂   /  /   \        厶' └┘└┤
          /  /   ハ  `ー ⌒r-:ィ:7   爪⌒ヾミ、
.         /  /    / ;   ;  _,イ::::::l/  ,/::::^ヽ::::::::\
        /  /    / /  { _l::::}::/  /:::::l::::::::::::\:::::::ヽ
.        '  /    / /    V⌒:l/  /:!::::::::::';::::::::::::::::';::::::::::'.
       i ,〃  .:′,:′   /:::;::'厶イ:::::/、::::::::::ヽ::::::::::::::}:::::::::::}
       | ハ   '   l  ,才:::;:':::::/::::::::::/::::`、:::::::::::丶::::::::{:::::::::::{
       |ハ  |  j/:::::;::'::::::/::::::::::/:::::::::::ヽ:::::::::::::';::::::::';:::::::::'.
       {  \l:/:/::::::::;:::::::::i::::::::::::{:::::::::::::::::i:、::::::::::l::::::::::l::::::::::}
            {::::::{::::::::::;:::::::::l::::::::::::}:::::::::::::::::|:::\:::::|::::::::::|:::::::::{\



やらない夫がちょっと待った、と条件を出した。



                                    / ̄ ̄\
                                 /  ヽ、_  \
                                (●)(● )   |
                                (__人__)     |
      「ただし、行く前に約束するんだ。       (`⌒ ´     |
       幸せを取り戻すために頑張る、と」 .      {          |
                                 {         ノ
                              mm   ヽ      ノ
                             (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                 ̄ ̄ ̄|    |

96 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:35:09 ID:OPUwg8rq
三139.

     .  ,r.----- 、
      ,r'"     . ` 、
     r"     ,  i ヽ、'i
     i  i i  ,ii i i  ヽiヽ_
     i  i__i'、 ,i_i_,i_ノiミミ/,iミ 'i     「そんな口約束になんの意味が………」
     i '''┬, ヽ' ,┬-,.i彡iノi.iし'
     i  i -    -'  -'イi.i'、
     i  i.、 ´_   /イ i i.i i
     i  i:::`. .,__..- ' i:::::i .U.iU
   .  ,!. ,!:::::::/    i__ i . i,
     i _,!-''''i´ _,, - '´ .ヽ', .i
  . , -i ' / /i_i´  _,,- '´ `、!
   i、 !,// l_,,-!_/ i, ,r '´ `ヽ
  ,!  V        i/,, -- 、,!
 . ,! ./.   , '    /´    .y
  ,! .i.   ; .;    ./     /
 ,!  !   ;   -/     /



何の意味があるの、と言いかけた彼女。

だが、どうしてだか分からないがここできちんと彼に『約束』をすれば、
本当に幸せを取り戻せる様な気がした。
胸の鼓動が、言霊に反応しているように思えた。



            / /:   . .         丶
.          /. ./:   //: : :i .   ヽ.   \
         /: . :i:  :/ : | :l |: : .   :l . : . .ヽ
         i: : : {   { i、:|、:! !、: :、: . .}: : : . :、l
          i : : _j  :ヘ|廾ヘ{弋ヽ:i、: : /|l: : }: : jl:}    「ううん。
          !: : fr| |l ィ: |イニ丁ヽ ヽヽ/z从/: :/ リ     約束する。
        i: : :ゝ|  : :|弋..ユ     { さ /ィ.イ /      私、このチャンスを大事にする」
        ,l : : : ll:  . : l        、`¨ ハ ! |
        i: : : : i:l:  : .|           ∧,ノ |
         i: : : : i:l: . : . ト 、  ` ̄  /|: /./
.       / : : : /'l: : . : : | 丶、__ イ ||/
      / : : : /: _l: : . : : |   /: |: :l: : ヘ.|
.      /: : :, -'‐┘|:i: : : !:|¨>、レ} i : i: : . 'i
  r―<r<\   'l i: : : !:l//´¨ !ト、: : 、: : .\
. ノ    ヽ 丶丶  'i i: : :| l l   !| ` ‐ ゝ- 、ヽ


そして振り返った娘は、初めてやらない夫に微笑むと―――

97 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:36:09 ID:OPUwg8rq
三140.


                       _____
                ,. '" ̄: . : . : . : . `ヽ、
                 /: . : . : . : . : . : . : . : . : .\
               / :/.::: : . : . : . : . : . : .:.:.    \
                 / :i.:: . //:/.:/:.i:.i     ヽ : . : . :ヽ
             ,':. :.i:.: . i.:i:.i :.i .:i: ヾヽ:.: . : ..:i . : .i : . :',   「私………ダンセニア村のサクラは
               i:.:.:.:.:i: . : i. iハ:ハ .ト、ハ:ヾ::.. : .;}.:i . i: .:i:} i   あなたの解放宣言を受けて取り戻した自由を手に、
                | : .:.:.|: . : i. |,.X弋!弋 ヽト、:.:.ムリ:イ:.:.ノハ:}   償うべきを償い、光あるところで幸せになるよう
                !:i:.:./.|:.: . :i. lィ弍朴、 ` リ V左ルイ:/:ノ 'リ   努力する事を誓います」
            |:i.:.:{.{ !: . : i.圦''k=i_,.    ´|;'r} }从イ
             |:i:.: \!:. .::i: l ` ̄    、┴''‐ハリ |
              |:!.:.:.:.:.:i:.: . : i. l       /  ノ:.リ .}
              リ .:.:.:.:.:!:.:: .:.:i .l    ー ‐   .イ :.リ /
             ,':.:.:.:.:.:/i.:i.:: :.:i.个 、     /: :i: :},/
              /:.:.:.:.:./.:.i.:i: .:.:.i:.:l  ` ーァイ:: i. : .:V
          /:.:.:.:.:./.:;,rl :!.:.:.:.i:.:ト、.  /、:.i:.:.:i. : : .|
            /:.:.:_;;ノ-'" !:.i!.:.:.:ト::l >ヒ}:.:!:.:.:!:.:.: :ヽ
     rー--、ム<ヽ.    !:.!i::.:.:| !!./:ノ }:}\::.i.:.:.:.: .:.\
    /  .::  ヽ:.ヾヽ.  ヽ!ヽ:.:| リ /  .|:|   ̄TTー、: :ヽ
   ./        \:ヾヽ  ! ゙ヽ!//   ヾヽ  |::|   \:}



彼と出会えた事と彼の思いやりに感謝し、これからの自分を誓った。



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l    「頑張れよ」
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


98 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:37:09 ID:OPUwg8rq
三141.
うん、と頷いたサクラはそこで一つ思い出し、申し訳なさそうに言った。



           / .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\
             //:/:.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:_;ン\
.           //.::|:: :.:.:|//:/:-l‐| = = =´‐| ‐-' ̄\
         /::!:.::l:.:.:.:.:||:l|::|:::::|::|| :.:::.:.:.:.:.:.:.:|、:.:l::.:.:.:.:!i
          !::.:: ::|:.:.:.:.:|l:||:!.!:::|.!:|\::、:::.:.:.::/:l::.:|:|:.:l::!}:!    「あの、私が投げたナイフ………
            |::.::.::.|:.:.:.:.:|:ト-‐ヽ‐ヽーヽ:ヽ::.:/」:|_il/:::.!:|1l    出来れば回収してくれない?
            ! ! / |:.:l: :!:!:|,ィ'' ̄|ヽ  ヽ!|/__/ 'イ: /:/ |l
        |! ヽl|:: | !::!:| !. '┐       ! _ハl:/:/ /      分かると思うけど、良くない毒が塗ってあるの」
         | | ::: ||:|::|!:::|:|  ̄       ー' /:'/.! 
         ! !::.:::|:!:|:.:.:.::l:|       ヽ  l:.:/'.|
          // ::.: |:|::!:.:.::l:|:!    ー--   ,.イ::/':/ 
       〃:::.::.:::| |::!:.:.::l::l|ヽ      /.:.:|::|'/
       /:::.:::.::::/:::|::|:.:.:::!:::!  `ー,.-'"::|:.:.:.::!:|
.      /:::.:::.:::./:┌i:.!::.::: !::|、   |、:|::.::|::.::.: !|
     / ::.:::, - ' ´ |::|!::: ::|.!| ハ ヘ'|:|::.::|:、:::.: !
  , --<, -<、     !:|.!::.:::! l|//  |.!-、::|::ヽ:::.:\
. /   / \`、\   l:| !::::| //    !.|  ` ー-、, -、ヽ
/       ヽ ヽヽ  |! |:::l//    ヽ\   |.|  ヽ:ヽ



                                    / ̄ ̄\
                                 /  ヽ、_  \
                                (●)(● )   |
     「分かった。                    (__人__)     |
     ―――向こうも接触してるっぽいし、      (`⌒ ´     |
     俺はすぐにでも行かなきゃならない」 .     {           |
                                 {        ノ
                                  ヽ     ノ
                                  ノ     ヽ
                                   /      |


99 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:38:09 ID:OPUwg8rq
三142.


           / .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\
             //:/:.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:_;ン\
.           //.::|:: :.:.:|//:/:-l‐| = = =´‐| ‐-' ̄\
         /::!:.::l:.:.:.:.:||:l|::|:::::|::|| :.:::.:.:.:.:.:.:.:|、:.:l::.:.:.:.:!i
          !::.:: ::|:.:.:.:.:|l:||:!.!:::|.!:|\::、:::.:.:.::/:l::.:|:|:.:l::!}:!
            |::.::.::.|:.:.:.:.:|:ト-‐ヽ‐ヽーヽ:ヽ::.:/」:|_il/:::.!:|1l
            ! ! / |:.:l: :!:!:|,ィ'' ̄|ヽ  ヽ!|/__/ 'イ: /:/ |l    「―――――。」
        |! ヽl|:: | !::!:| !. '┐       ! _ハl:/:/ /
         | | ::: ||:|::|!:::|:|  ̄       ー' /:'/.!
         ! !::.:::|:!:|:.:.:.::l:|       ヽ  l:.:/'.|
          // ::.: |:|::!:.:.::l:|:!    ー--   ,.イ::/':/
       〃:::.::.:::| |::!:.:.::l::l|ヽ      /.:.:|::|'/
       /:::.:::.::::/:::|::|:.:.:::!:::!  `ー,.-'"::|:.:.:.::!:|
.      /:::.:::.:::./:┌i:.!::.::: !::|、   |、:|::.::|::.::.: !|
     / ::.:::, - ' ´ |::|!::: ::|.!| ハ ヘ'|:|::.::|:、:::.: !
  , --<, -<、     !:|.!::.:::! l|//  |.!-、::|::ヽ:::.:\
. /   / \`、\   l:| !::::| //    !.|  ` ー-、, -、ヽ
/       ヽ ヽヽ  |! |:::l//    ヽ\   |.|  ヽ:ヽ



ありがとう、と言ったのだろうか。
声には出さず、唇だけ動かした娘はそれでもう一度フードをかぶると、
闇に溶けるようにその場から居なくなった。



100 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:39:09 ID:OPUwg8rq
三143.


              __
               /    \
          /         \
          |     : :::::::::::|
          |     :::::::::::::::|          (向こうはまだ動いていないが、急ごう―――)
          |    ::::::::::::::::::|
          |   ::::::::::::::::::::::|ヽ
             ヽ       /_./|:\
               \__,-‐´~/:::::::\
           ∠___ ,-‐'~.:::::::::::::::)
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           /::::__::::::::::::::::.::::::::::::::/
        //:::::::::::::\::::::::::::::::::::::/
        |:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::|
        ヽ:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::|
         |\::::::::::::::::.:::::::::\:::::|._
          |::::\_::::::::::::::::::::\|:\
         〈:::::::::::\:::::::::::::::::::::::|::::::::|
            /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|::::::::\
            /:::::::::.::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::`|
           |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::/、
             \:::::::::::::|::::__/|_/:::::ヽ
            /__| ̄____/::::::::::::::::::::ヽ
              ヽ::::::: ̄|   |::/\_:::::::::::::\
_________ヽ/|/   \___\:::::::::::::::ヽ
              | | | ̄〉 〉 〉〉〉_|  \:::::::::::::ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ| ̄::´::´´´ヽ    \:::::::::::ヽ
          .       ヽ:::::::::::::::::::ヽ      ヽ:::::::::::ヽ
                  ヽ::::::::::::::::::::ヽ     ヽ:::::::::::ヽ



雛苺が居るはずの向こうの路地は、緊張を湛えた三つの気配が動かないでいる。
結局、彼女を巻き込んでしまった事を悔やむやらない夫は、
自分が叩き落としたナイフを拾い上げると、刃に塗られている紫色の粘液を確認してチッと舌打ちをした。

101 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:40:13 ID:OPUwg8rq
三144.



   / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)      「デッドニードルまで使いやがって………」
  |;;;    ` ⌒´ノ
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


                                               アサシン
小さな切り傷一つでも相手を数秒の内に死に至らせる猛毒、デッドニードルは暗殺者が好んで使う。
毒性は凄まじいが奴隷が入手できる代物ではない、
おそらくは依頼者が投げナイフ程度でも確実に仕留められるよう毎度用意していたのだろう。

こんな危険なものを放置するわけにもいかないので取りあえず魔法の道具入れに突っ込んだ彼は、
今度こそ雛苺の元へ向かうべく路地裏を駆け抜けた。



      ―― [] ]    / ̄ ̄\
     | l ̄ | |    /   \  /\
     |_| 匚. |   三   ( ●) ( ●)
        | |   三     (__人__)
         |_|   ≡     ` ⌒´ノ
             二        }
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……



102 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/21 23:40:47 ID:OPUwg8rq
というわけで本日の投下は以上になります。
突発なのに合いの手までいただきありがとうございました!










【漫画全巻セット】【中古】ローゼンメイデン ヤングジャンプ版 <1~10巻> PEACH-PIT【あす楽対応】

価格:910円
(2018/9/24 08:59時点)
感想(0件)






ローゼンメイデン0-ゼロー 1 (ヤングジャンプコミックス) [ PEACH-PIT ]

価格:669円
(2018/9/24 09:09時点)
感想(4件)
























次の話






目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1197-482f7dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)