FC2ブログ
                                                                     
                                                                     

【やらない夫は約束を守るようです】 Episode.二人の騎士 第二章 強くなる時-2 2018年09月29日 【やらない夫は約束を守るようです】 トラックバック:0コメント:0




178 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:00:11 ID:TCmfuxpX
二56.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

翌朝。
起床し、冷たい河の水で顔を洗ったジュンにやらない夫が魚捕りを命じてから、もう数十分も経っただろうか。
木刀を片手に河に入った彼は時折、ばしゃばしゃと水面を叩いてはいるのだが、
未だ一匹も捕まえられていないでいる。



  、__/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::/: /::/::::::\ヘ
   >::::::/::::::::/::::::::::/::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::/::::V:::/:i::::::ヘ:::\
    /:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::::::: : |::::::::::::::ト::iト::┴<:::|:::i::::::\::\
   /:::::::::::::::::/:::::::: /::::::::::::::::::: ::イ::::::::::::::ハ::|    Vノ: |:::::::::ハ ̄
.  /:::::::ィ:::::::/::::::::: /::::::::::::::::::::::/-∠ヽ:::::', ヽ  .イ:::/:::::::::i::ヽ    「う~~~!
 /:::/ |::::: {::::::::::::i:::::::::::::::::::/__≧:::::ハ  _∠:/:::::::::人:::::ゝ   魚の癖に生意気だ!」
.//  .}::::::i::::::::::::|::::::::::::/ ||' r ̄ (:::). Yヾ:::i  r===レi::::::/:}\i
     ノ::::::|::::::: : |::::::/|  .|| \ _ i ハト=イ(::)ヽ{:l:: /:::i
     ハ:::/i::::::::::ハ/ヽ/  ヾ___ノ   }、- i::./ハ.|
   /=\ レヘ::ハ ヽ {     ̄ ̄ ̄    ノ  |'´
  /'´   \\::::ヽ ヽi        _ _    /
  {       ̄\ ̄`ー 、      'ー-'   /
  ノ`ー ─ ミ、  .\\   ̄}     ` /┐
. ( /      \   \\  i  >──'´  ヽr-、
 .Y         \   \\廴r >'´   /   /
 /          ハ    ミ=V    //  イ



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)    「おーい、
.   |        ノ     落ち着けよ」
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /














179 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:01:08 ID:TCmfuxpX
二57.
だんだん口調が荒っぽくなってきたジュンに、たき火の前で腕を組んでいたやらない夫が
助言を飛ばした。



            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |
          |   (__人/,〉.|
          {   ´フ´ ./._ }       「夕べやったろ?
          ヽ  ./,二ニソ}       目に見えるものに頼るんじゃない。
          _ヽ/  ,-― 、}ノ       心の眼で見ろって剣聖カイエンも言ってるだろ」
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/



            /:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ|:.:.\
        _ - ' ´:.:.::.:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.::\   ,
       ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、:.:.:.:/ //
         >:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:レ:.:.:/
         /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:._;,;,-‐''''´:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.-='´     「あ~~~………
        ` -、:.:.:/:.// ゞ:.x 、-ー ''´|:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.\     もうっ!」
          レ、:レ´∧ / `  \ .ヾ|:.:/|:.:.:.:.:.|:.:.:r、_::ゝ
            ミ,;,;:.::|       `>ミ_.|:.:.∧|:.:.:.:}
     ,__ r‐─ v'´  ヽ     /ヾ∠.|:/|:./:.:.:.:.|
    /.: : : : : : \: : : :\   、   _ ヽ '´ |'' ´ レハ:.:./
  //\: : : : : : \: : :: :>v \  ヾ_ , -―
 .//: : : : :\: : : : : : V/: : K: : : ミ'´
../: : : : : : : : :\: : |: : V: ∨: V: 入
/: : : : : : : :: ::: : :V: : : : : : \//: :/ヽ



確かにこの精神状態では本来見えるものも見えやしないだろう。
苛立っていた事を自覚したジュンは大声を出すことで切り替えたようだ、
目を閉じて心を落ち着かせると呼吸をゆっくりにして集中を高めてみる。



180 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:02:08 ID:TCmfuxpX
二58.
だが、夕べはあれほど簡単に感じられた周りの気配も、今はさっぱり伝わってこようとはしない。



            /:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ|:.:.\
        _ - ' ´:.:.::.:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.::\   ,
       ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、:.:.:.:/ //
         >:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:レ:.:.:/
         /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:._;,;,-‐''''´:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.-='´
        ` -、:.:.:/:.// ゞ:.x 、-ー ''´|:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.\
          レ、:レ´∧ / `  \ .ヾ|:.:/|:.:.:.:.:.|:.:.:r、_::ゝ   「どうして………
            ミ,;,;:.::|       `>ミ_.|:.:.∧|:.:.:.:}      夕べ出来た事が出来ないんだ?」
     ,__ r‐─ v'´  ヽ     /ヽ∠.|:/|:./:.:.:.:.|
    /.: : : : : : \: : : :\   、     ヽ ' |'' ´ レハ:.:./
  //\: : : : : : \: : :: :>v \  ヽ_ , -―
 .//: : : : :\: : : : : : V/: : K: : : ミ'´
../: : : : : : : : :\: : |: : V: ∨: V: 入
/: : : : : : : :: ::: : :V: : : : : : \//: :/ヽ




181 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:03:10 ID:TCmfuxpX
二59.


              __
               /    \
          /         \
          |     : :::::::::::|
          |     :::::::::::::::|
          |    ::::::::::::::::::|
          |   ::::::::::::::::::::::|ヽ       「極端に疲労していると、余分な力が抜けるのと、
             ヽ       /_./|:\      生命の危険を感じた肉体が潜在能力を解放するせいで
               \__,-‐´~/:::::::\     感覚が鋭くなるんだ。
           ∠___ ,-‐'~.:::::::::::::::)    
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     逆に言えば体力がきちんと回復できたって事だろ」
           /::::__::::::::::::::::.::::::::::::::/
        //:::::::::::::\::::::::::::::::::::::/
        |:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::|
        ヽ:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::|
         |\::::::::::::::::.:::::::::\:::::|._
          |::::\_::::::::::::::::::::\|:\
         〈:::::::::::\:::::::::::::::::::::::|::::::::|
            /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|::::::::\
            /:::::::::.::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::`|
           |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::/、
             \:::::::::::::|::::__/|_/:::::ヽ
            /__| ̄____/::::::::::::::::::::ヽ
              ヽ::::::: ̄|   |::/\_:::::::::::::\
_________ヽ/|/   \___\:::::::::::::::ヽ ザブザブ………
              | | | ̄〉 〉 〉〉〉_|  \:::::::::::::ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ| ̄::´::´´´ヽ    \:::::::::::ヽ
          .       ヽ:::::::::::::::::::ヽ      ヽ:::::::::::ヽ
                  ヽ::::::::::::::::::::ヽ     ヽ:::::::::::ヽ



昨日、せっかく掴めた次への第一歩を簡単に失って自分に腹を立てるジュンのところへ
木刀を持ったやらない夫がやってきてそう説明した。



             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   「じゃあ、また今日一日頑張れば
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./     あの感覚を取り戻せる?」
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
 rr‐、           レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
 ト' |                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
 |  |                 ̄ヽ       ー‐      /
..ノ  l'⌒!                \           _, ィ´
´ ノ^ヽ '、                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
  /`ヽ.ヽ、          _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
   ‐'´`ヽ. i、          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、




182 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:04:09 ID:TCmfuxpX
二60.
そういう事だ、と頷いたやらない夫は同時にペチン、と魚をすくい上げてしまう。
容易いと思える彼の手際に、しかし実際はとてつもない技術を要すると知ったジュンは改めて
やらない夫の腕の確かさに感嘆のため息をはき出していた。


                                          / ̄ ̄\
                                     rヽ  / ノ  \ \
                                     i !  |  (●)(●) |
          「目で追っても無理だろ。         r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
           集中は決して魚ではなく        〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  |
           この場全体に向けるんだ」      l` ( ``/ .  |        }
                                 ヽ   l  .  ヽ       }
                                  |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ




ジュンは言われた事を実践すべくまた水面に視線を落とし、
河から上がったやらない夫は川縁でぴちぴちと跳ねていた魚を串に刺すとたき火の側に突き立てる。

224 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:43:02 ID:TCmfuxpX

二61.



         , -―- 、
      /     \
      /  \_   |
      (●) (●)   |      「ちょっと市場にでも行ってくるだろ。
      (_人__)    /       俺が戻ってくるまで魚を捕ってるか、
      l`⌒´    /        瞑想して夕べの復習をしててくれな。
      |      ヽ
      __!、____/  \     ああそうそう、魚は食べちゃっていいぞ」
    /、 ヽ     r 、 ヽ
    ハ ヽ Y`l     |  >  Y
   { ヽ_ゾノ     | レi i i}
   `¨´  ヽ    ハ  `'''
         >   / ヘ
        /  /ヽ  ヘ
        _,/  / ご_ノ
      ( ヽ /
       \__ノ


そう言い残したやらない夫はブーツを履くと、バスタード・ソードを背中に装備して町に向かって歩き出し、
一言、分かったよと返事をしたジュンは自分を叱咤しながら何度も何度も水を叩いていた。




          |::ヽ/::::::〈 へ、      /
         /7、  ブ      ,-┘:::::::::::::::::::::::::::`>   .
        〈〈::ヽ彡 ブ   ∠::::::/::::::::::::::::〉ヽ::::::::\
         ヽヾ:;ヽ    ン   /::〈:::|^^|:::::/\ト、ヽ::::::>
\        彡ヽヾ::ヽ彡   /::::::ハ|_l/l/.__-ヽ|:::」 //
\\彡      彡ヽヾ::ヽ彡  . ̄7/.|__|─|__|- lj/彡///
  \\       彡ヽヾ::ヽ     ヘ.  __;__、u/ミ  ///    「魚め!
  彡\\彡       ヽヾ::ヽ     フヽ辷フイ{ヾ  ///彡    覚悟しろぉ!」
   彡\\彡    彡ヽヾ::ヽ彡  /::::〈`l7:´::::::ヽ ///
     彡\\彡    彡ヽヾ:ヽ ノ::::::::::::V::/:::::::::::〉//彡 /
      彡\\彡 ブ  彡ヽヾ /:::::::::::7::ト/:::::::::::/ /  〈
        彡\\彡ン     /::::::::::/:::::/::::::::://  //
`丶、.彡        \\     /::::::::::/l /:::::::::/::l //彡
`丶、`丶、 彡   ∠二フ /:::::::::::::/ /:::::::::/::::! /
 彡`丶、`丶彡  ヽ,'~つニ〉ヾ:::::::://::::::::::/::::::::j _,. - ' ´
    彡`丶、`丶彡 ゙へノ7  ヽノ<::::::::::/ヾー--¬_,- ' ´
       彡`丶、`丶、彡くヲ``  ヽ</^ヾフ=/{
           彡 _,. -ヾソ  ノ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
           r ' ´:::::::::::::`ー‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``丶
           l::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. -─- 、_::::::::::::::::::::::::::::
              l:::::::::::::::r -- ' ´       ``'ー、::::::::::::::
           /::::::::::::::l               l::::::::::::



こうして、二日目の修行が幕を開けた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

184 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:06:09 ID:TCmfuxpX
二62.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は休日の中間日とあって、午前七時の朝市は大変賑わっていた。
やらない夫は両側でひっきりなしに声を上げる店員、売り子と値切ったり品定めをする客との
やり取りを冷やかしつつ、まずは適当に回ってみる事にする。



               (,,゚∋)
              ノノノ;丿   //              \\
   ______  〃YY   .//              \ヽ∧ ∧\\
   )    .∧ ∧ |   ´`´`.// .∧_∧  //      (ー^*)《》\\
   ) l><三(,,゚Д゚).|      //∈!,(* ´∀)')      //と_,ii. |.l゙:゙l《》\\
   )_______|   .//|:|(≡),(_ii_ii ヽ\       [__ノ..|ノノl゙:゙l@\\
           | |  //〆)/|XXノ|;;;;;;;;;;;;;|          U´ヽ)|`ノノ@@ \\
           | |//!.〆)/ !| .__(_)_)             .|  \@@@\\
   二二二二二ミノ/ ∧ ∧  / .|新|                ヾソ__/ ̄~ヽ   \\
     | |l><三゚<  _(;゚Д゚) / ./|鮮|                 i´`i(・∀・*) .(()')()\\
     | |<l><三;゚<(  )_ii_ii∧_∧ ̄     ∧ ∧         |;:;.:|ヽ   )\ヾソヾソ__\\
   l>_| |><三;゚< | ) ゚=3::::';';';';  ;)      (゚ * ) アラ      ノ;ノ  Y ./ヽ |____\\
    ̄| | ̄ ̄| ヽXX))Xノ と/⌒ )      ノ_,._,.ゝ アラ    (,∧∧ヘ∧ _ |\〈;:'.:〉:'.:〉.:〉\\
   _| |__|/   ゙   (_)ヽ_つ     ノ,_,_,_ゝ       (゚∀゚*)゚Д゚)/豆|  .\|芋|〈;:'.:〉 \\
     [:]                      U U        ヽXXXXXノ´ ̄ |   \〈;:'.〈;:'.:〉'.:〉\\





185 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:07:08 ID:TCmfuxpX
二63.
十分ほど歩いただろうか、広場からどよめきが聞こえてきたので行ってみると、
ちょうど肉の競りが行われているところのようだ。



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}        「さぁ次は本日の目玉!
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ        湿原帰りの冒険者が売りに出した
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )        イエロードラゴンの尻尾、四キロだ!」
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\



鶏、豚、牛、羊の他、時には高級食材ともなる珍獣、魔獣などの肉も売りに出される今日の目玉に、
なんと竜の尻尾が出ているらしい。

すでに鱗ははぎ取られて赤黒い肉が見えている黄竜の尻尾はかなり小振りで先端が切り落とされている、
おそらくは獲物を手に入れた冒険者達がまず、味わったに違いない。



186 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:08:08 ID:TCmfuxpX
二64.
残り少ないとあっても、この世に存在する究極の料理、至高の一品と美食家、王侯貴族達の間で
垂涎の的であるドラゴンステーキ何食分かにはなるだろう。
競りが始まったとたんあちこちからとんでもない額の入札が上がり、広場は一気に騒がしくなっていく。



     _-三三三三三三三三三三   _ゝ
    _,∠三三三三三三/〃//三三  __)
     /イ 〃^'^'^'^'^'^'^'^'^'^'^' ゝ三三_>  金貨二千!
      l/,.へ、     ,;彡⌒'  }三三 \
      l⌒' ミ;,_   、,_シ/-、  ヾ三三 <
     :l ∠ュゝ)   ムュ-‐丶  l三  ∠
     〆  , ''´         ``'  |/   ア
    {;'   {      )          /へ
     .l    `ー── '_,, --、       、     /⌒
     :|   ∠⌒ニニ=== ゝ     }l
      ',  {            }    ,;
     丶 ヽ、__,∠三三ヲ   ,〃
      ヽミ   -=─     _,ノ
       ,.へ,_       _,ノ=7'´  /三
     / 三|\  ̄ ̄ ̄  /    /三
     三三三|   >──≦、   /三三


                         ∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                       <  金貨二千五百!  >
                         VVVVVVVVVVVVV
                                       r~⌒'⌒ヽ-、
                                     /  ̄ ̄ ̄`ヽ、: :L
                                   ,.Z゙>、_、、_∠二、 l: : : }
                               .     {{ r'`。Y^fY。⌒) H: : : :}
                               .    ゝニア⌒ ┐ニニノ | : : 〈
                                  (⌒ ‘ー'⌒     r l'⌒Y
                                  `Tiァー=ニ二>、   )´ リ
                               .      ,、__}___r'二〉 /ァィ′
                                    ヽ.` ー─‐'´/:/ ト、_
                                     `フT::ブ´   / / \_
                                    / │     / /



187 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:09:08 ID:TCmfuxpX
二65.
           , , , -‐==- ._
          /.//イイ≦三≡=‐=‐-.._
          i .川/〃イ三≧三三二≧、
        , -ゝlllllヘヘヘへミミミミミ、ミミ、、ミ
       イイフジ゙゙'' ヘ. \\`ヾ゙゙三ミミヾヾミ    「金貨五千」
       ´イ//   / ,イ´ヽ `  ヾ 、`ヾミミミ
        llレ__` { ´ _,,イ二ヽ ヾミミ、 ヽヾミミ
         {三≧ =≦竺o=''  三ミミ、ミミ、ミミミ
         .〉ー ゚'   、  ノ   三ミ、ミミ、ミミ、ミ
        .( `_/..    `¨    三三F lミヾミミ
         l (  ___)ヽ 、   三-、 .リヽヾヾヾ、
         l/  ̄__ _ `ー、  .三 ' /川川ハハヾ
         l ´ _   `   l   ゝ-イ川 川川ハハ
         l   ¨       ___ ノノノノノ川 l || l i ハ
         ゝ._     __  、二ンノイノノノ川 川 l川
            Т  ̄  // `ーイノノノノハノノハノノ
       r‐‐- - -┴────-==─イイノノハノハ
       jl`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
       ノj   ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



   /  三 ノ/ ヽ、::::i
  .|彡ー" ̄     l:::::::;
  l:イ,  ~ ー _   ゝ:::::}        「さぁ五千!五千でました!
  i:::r ,ー、,,_, i__ ,,,,ヘ、 ヽ::;ヽ        他に無いか他に無いか!?」
  (v'"'-=ゝj, ヽ r.=ァ  vr )
  ヽi `ー ; .:: `ー ' ; }_ノ
   'i、  ノム ,、)ヽ ;" .イ
    l.vイ  i;、  )  _i\
    ヽ , r;=v=-、ノ ,ノ/. | ー、_
ー ̄/^ ゝ、⌒, ; ノ./  l::::::;::::;:::::::::.....
;:::;::/:;:;;| lヽ、^::: へ   i:::::;:::::;:::::::::
:::/:::/:|ノ^ヽ、/,::: \l\


殺気立った声を遮るかのように風格のある男性が五千を告げ、結局そこで落札となった。
どうやら有名人なのだろう、周囲の好奇と妬みの視線を平然と跳ね返す彼は
従者らしき若者に支払いと引き取りを命じると、悠々とその場から引き上げて行く。

188 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:10:08 ID:TCmfuxpX
二66.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)     「みんな殺気立ってただろ。
  |      |r┬|}     まぁドラゴンステーキは美味いからなぁ」
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、



父親に食べさせてもらった事があるやらない夫は無理もないかと納得した後、
ふと今も空きっ腹を抱えて剣を振るっているはずのジュンを思い出し、肉屋に寄ってみる事にした。



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)         「夕べはああ言ったけど、
        |     ` ⌒´ノ         肉も食わなきゃ力でないしな。
      .  |         }          買っていってやるか」
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、|
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ




189 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:11:08 ID:TCmfuxpX
二67.

__i,,,,__i,,___.,,__i,,_____i,,,,__i,,__人_i,,,,__i,,____i,,,,_゙l__i,,,,__i,_i,,____i,,,,_゙l__i,,,,__i
,,__i,,,___i_,/::::`、,___i___i,,,,__i,,___,_i,,,__i,,____i,,,,_:._i,,,___ ,,,i,,,,_ ゙l,,__i,,_
__i,,,,__i,,____i,,, /V\_,_i,,,,__i,,__/__i,,,,__i,,__.:.:.:.:.:. ゙l__i,,,,__i,,___i,,,,__i,,__人_i,,,,__
,,__i,,,___i_ (・-・ )___i,,,,__i,,___,_i,,, ∧_∧_i,,,,_ ゙l,,__i,,,____ /■\__i,
コニiニニiニニiニニiニU   U )ニニiニニニニiニニiニニニi (´く_` )ニiニニiニニiニニiニニiニ.(´∀`* )ニニiニ
  . / ̄ ̄ ̄ ̄(_⊂二_)" ̄ / ,,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ∪ ∪ ) ̄'''/  / ̄ ̄ ̄ ̄と   ヽ ̄ ̄
  / [二二] θ    Ψ /wii/§ § § (__(_,,⊃ /、 ./ ζζζ と_と_ノ、_)() ()
. /   |__;;;| __ (o゚。)   /  /  <l=- <l=- <l=- <l=- /,,_ /  ○○ l二二二l ΥΥΥ
/ ⊿⊿   〈;;;;;+〉     /  / жжж (*)*)*)/vv/  ○○○ |_(゚д゚)_| УУУ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ∧Σ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,...,, ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,_       ((  (゚*  )    _wii,,              (∀・ ;) ))    ,,,...wii
 (( ∧_∧    /^ ハ         Α_Α )) vv,,   (     )   ∧ ∧



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)    「野菜も一通り買ったし………
.   |        ノ     おっ、果物屋か。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ      柑橘は疲労を取るのに良いだろ」
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



肉屋を出て野菜などを買い足しながら露店を眺めて周り、果物や調味料、携帯食料なども手持ちに足した。
そういえば昨日の串焼きに随分戸惑ってたっけ、と思い返して野外用の食器なども一通り揃えて、
次の目的地へ向かおうと反対側の通りへ抜ける。


190 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:12:08 ID:TCmfuxpX
二68.
サクラダ家の方はどっちだっけ、と王城の位置を確認したところで東方風の店先が視界に飛び込んできた。


      ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,,, ,,,,
    /,,,,, ,,,,, ,| ̄人 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,, / )
   /,,,,, ,,,,, ,,,,, |. (@) 須 来 無 屋   |,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,, /./
 /,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,,|___________| ,,,,, ,,,,, ,,,,, ,,,,,,/./
(;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;; ;;;;;)//\
  | | | |    ||    ||    ||    ||      人 .|.   | |   / す/\
  | | | | 苺 || 水 || 銅 || 串 || すら.  (@)..|.   | |. / ら / す/
  | | | | 大 || 羊 || 鑼 || 団 ||   いむの  |.   | | / い / ら /
  | | | | 福 || 羹 || 焼 || 子 ||         雫 |.   | |/ む /い /
  | | | |__||__||__||__||______|.   | | の /む /
  | | |        入ヾ                     | |雫 /の /
  | | |       /o゚ \            λ゙   | | /雫 /
  | | |       (゚Д>゚O)           /o゚ \   | |~//~
  | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| (^∀(^0) ゙| |//
  | | |(o0)(o0)/[][][]/@@/■■ ...| ⊂|| У ||⊃ .| |/
  | | |=============|  ノ'須~/)~ | |
  | | |.| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |.|  ~∪∪    | |
 |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|



191 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:13:08 ID:TCmfuxpX
二69.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)   「東方菓子屋まであるのか」
. |    (__人__)    
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



餡や餅米、小豆などを中心に使うミツカミ国の菓子は、
卵、小麦粉、乳製品を使う他の国の物とは味も作りも大きく異なっている。

値段はややお高いが、平民から貴族まで根強い愛好者が多いのも事実で、
他国に出店した東方菓子屋は何処の町でも人気を集めているのが現状だ。



192 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:14:08 ID:TCmfuxpX
二70.


         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ         (菓子か、あの人が好きだったなぁ………)
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
     o
      O
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

193 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:15:08 ID:TCmfuxpX
二71.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   や、やらない夫?古文書の解読ばかりでは気も滅入るだろう。
   甘い物は頭を使った後に良いと言う、その………茶を点てるので、良かったら一緒に食べないか?

┗──────────────────────────────────────────────┛
                                    東方異聞録 ―――やらない夫と賢者の石②―――

       |二ニ -────- __|_
    == ̄ ─ ''''   ̄ ̄ ̄ ̄  '''  -==
    ` - 、_ ,, -─────--  ィ ' ´
       ,-l   ______   ト、
     /  7 ̄  /.    ',ヽ.  ̄ヽ  ヽ
 .   /   /   ,/     .l ',  ', ',   \
    / /  ,'  ,' ,'l      .l、 l  ', l    ヽ
   ,' イ  l   lハ l     ハハ l  l l  l l ',
   lハ   l/. l. ll ,lAヽ   ト、ll_',l、 l、l  ハ l                      / ̄ ̄\
   || ',  Aハ. l,イ厂ヽ、.  /,-イ ̄Tヘ',  ,' A. ,'                    /  ヽ_  .\
   |l ',. ./. ∨l l勹;;;l \/.   l乂;;l ハ / ハ/                    ( ●)( ●)  |
     lⅥ. ` 弋_ノ     弋_ノ l レ∨ l                     (__人__)      |
     | l   l∧///   '  //∧/ l  l.  |                     l` ⌒´    |
     | |.  ト、     _     イ.  |.  |                     {         |
     | |.  | ヽ    ´  `  , -´l   |   l                     {       /
     | |  l   ` -r __ ,, r''   l   l.  l                 _. -: ´Λ     _.へ` 、
     |. |  l   ノ T   l~ヽ ll  l.   l               r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
 .    l   ll.  l- 'T  l    y  `7 l L__  l              /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
     l  /ll  l>l   l    /   ll l l  ヽl              |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
 .   l ./  ヽ l(└,,  l   /  __l/ / /    \           〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    l/   >、l''' ̄` '' ヽ、/  ヽl./イ                  /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
    l   (/ / ,、_     ヽ  ノ,レ' ヽ                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 .   l   ヾムヽ、 ̄'' ヽ   く∧ノ  ',
    ア、  l  l ̄ `'''7 ヽ、  \    l
     レ \   l   /   ハ   ヽ  /


┏──────────────────────────────────────────────┓

   ああ、もうこんな時間ですか。毎日ありがとうございます。

┗──────────────────────────────────────────────┛


194 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:16:08 ID:TCmfuxpX
二72.
ふと東方にいた頃の記憶が頭をよぎり、ジュンに買っていってやろうと適当に包んで貰った。



\ まいどありーーー! /
            ((  )
             ( ノ
     入ヾ l⌒l    (
    /o゚ \ヽ/┏⊂ニニニニ⊃┓
   (O゚<Д゚)|| ┗|____|┛
    ||⊃У||⊃   |~从从~|
  ~(|~'須~|     「 ̄ ̄ ̄]
     ∪∪     |    .|



         , -―- 、
      /     \
      /  \_   |
      (●) (●)   |
      (_人__)    /     「さて、次はジュンの家だな」
      l`⌒´    /
      |      ヽ
      __!、____/  \
    /、 ヽ     r 、 ヽ
    ハ ヽ Y`l     |  >  Y
   { ヽ_ゾノ     | レi i i}
   `¨´  ヽ    ハ  `'''
         >   / ヘ
        /  /ヽ  ヘ
        _,/  / ご_ノ  モキュモキュ
      ( ヽ /
       \__ノ



今度こそ、向かうはサクラダ家である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


196 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:17:08 ID:TCmfuxpX
二73.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

活気のある通りを後にしてしばし、静かな高級住宅街の奥にあるサクラダ家へと到着する。



    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|    「おはようございます………」
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||



市場で夢中になっていたせいか、すでに八時を回っている。
さすがに皆さん起きているだろうと遠慮がちに扉をあけると執事達に迎えられた。



         , -─-─- 、
        , ':::::::::::::::::::::::::::::::`、
      /:::::/、\、, ,/\ ::::ヽ、
     /:::::::::|        | ::::::`、
     |:::::::::|        |::::::::::|
.     |:::::::::|─-   ,-─|:::::::::|
      |:::::::|=ェェ-  -ェェ=|:::::::|     「やらない夫様、お帰りなさいませ。
..      |:::::|⊂⊃'⌒⊂⊃|::::::|      おや、ジュン様はご一緒じゃないのですね」
       |::::|    l    |::::|
..       |::|\  ー  /|::|
.        |  lヽ _ 'l  |
,.         /\../\
        /| /Y\ |\
    __,,-'''|:::::::|レ ムムV|:::::::|`-、
  _,,-'   |:::::::::\ | | /::::::::::|  `-、
 |ヽ    |:::::::::::::::\/:::::::::::::::::|   /`、
 | l   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  /  、
 |  |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| /   `、
 |  |__|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/    ヽ
 |    | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\     \
 |    | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  \_   \
 |    || ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   /     /
 |    | | .............::::::::::::::::::::::::::::::::|  /     /


197 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:18:08 ID:TCmfuxpX
二74.
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   「ちょ、ちょっと用事で戻ってきただけなので。
  |     ` ⌒´ノ   エンジュ様はご在宅ですか?」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |




  |:i
  |:i
  |:i        _ __ __
  |:i    ,. .:.´::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.``ヽ
  |:i  /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.`丶、
  |:i  /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
   |:i.:./.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /```''''''''`ヽ:::::::::!
   |:i/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       i::::::::::!
  |/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l         l::::::::::!   「いらっしゃいますよ。
  |!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./l.:.l─- 、    !:::::H::!   出られる準備の最中かと思います。
  |!.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l/tェュ、_  -‐ イ::::::l l::!   入れ違いにならなくて良かったですね」
  |ト、.:.:.:.:.:l.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.!      ,rェッ/::.::::l l::l
  |:i `:、:::::l:::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|       :  l.::::::::l l/
  |:i  V:::::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::N       ゝノ.:::::/
  |:i   `ヾl.:.:.:.:.:./ヽ.:.:|   `ー-- ,.イ.:/l.:/
  |:i     `7"´  ヽ|      / l/ l/
  |:i     /       r─一 '    ′
  |:i    /´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ
  |:i.   / _ _ _      \
  |:i   「   __/.::::::::::`ヽ  \
  |:i  /.:::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::\_\
  |:i ./.::::::::::::::::::::::::::/´ ̄ ̄  ̄``ヽ|.  .
  |:i/.::::::::::::::::::::::::::/      ,.'´  `ヽ
  |/::::::::::::::::::::::::::/      /      i .
  /:::::::::::::::::::::::::::::l     /       | .
 l::::.:::::::::::::::::::::::::::l    /        | .: .
 l.:::.:::::::::::::::::::::::::::|    /         | .
 l.:::::::::::::::::::::::::::::::|  /           | .




こちらです、と執事に案内され、やらない夫はエンジュの私室に通された。
遠慮がちのノックの後、失礼しますと扉を開けてみると書類の山に囲まれたエンジュが
どうした、と声を出してくる。


198 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:19:08 ID:TCmfuxpX
二75.
          _ __ _ _
      ,.'"´       、`ヽ、
     /   i    リ ヽ 、  \
    /    .:レ′   j  i !.:.   i
     l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |    「おはよう。どうしたのかな?
    ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、   夕べは帰らなかったようだが」
   彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
   |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
   ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
     ヾ::、    ,        !/::/
      仆    :j 、      イ:/
         `、   _ _     /i,ハ
        ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
         `ト、 ___ /   !;;:/、
          /.::::| ヽ   /   l::::.:.L




                                               / ̄ ̄\
                                            /  ヽ、_  \
                                           (●)(● )   |
              「町を出て河の側で野営をしています。      (__人__)     |
              ジュンは今、木刀で魚を捕る練習に         (`⌒ ´     |
              入ったところですよ」             .     {           |
                                            {        ノ
                                             ヽ     ノ
                                             ノ     ヽ
                                              /      |




199 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:20:09 ID:TCmfuxpX
二76.
やらない夫の言う修行内容がいきなり高度な内容だったので、目を丸くしたエンジュはしばし言い悩んで、
気になる事を問いかけてみた。



                            ___
             _ -―――――-< ̄} }!
            ´      -――7  く.7./-、
        ,  ´      ̄  ,. -―/   Y´ \\
       /     ,   ,  イ   /        ヽ.` 、_.ノ
     /     ,/  /  ,/    {   {       \ ̄
     /    /        ,ノ    }  ハ  }     、ヽ.
     |!     /     _./ ,ィ / /   }  !      ヽ.}ヽ、
     |   /     `才  /:/ ,    / /    ヽ.  ヽ. }   「もうそんな事をしているのか。
      {   /  、 .___./ / / ,. __/ ハ  ハ   }! i {
.     Y /   ` .ナー-r七´ //7 :/二.!_/}! }  ハ ハ!     ………で、君の目から見て、
     | / , -― 〈 /  {!  ,イ | / ´tテ::ナ}ノ ./ / リ ノ     ジュンには才能があるだろうか」
   ,イ⌒Y´ ̄ ̄  ハヽ (ヽ. i ヾ 、_    ̄ ノイ}/ 
  〈   人  ――- ヽゝxくヽ、        ∨
   }!  ∧_ ヽ. ,xxzrく⌒´ヽ!             /
  八 {〈   ,.イ}   `    {        ,   _ '´
    }ハリ {´ i       ヽ       /
   ノ'  }!  ヽ/        {ヽ. ___/
        _∠_____    ヽ.
     /: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄\
     入 _ _____   _厶、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:\




200 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:21:08 ID:TCmfuxpX
二77.
ああ、親なんだな、と自然に微笑んだやらない夫は冗談でも誇張でもなく、
自分の素直な感想と判断を答える。



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ         「大丈夫ですよ、明日には魚が捕れるように
        |         }          なりそうです。
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,         それから実戦経験を繰り返して、
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |         試験までに剣技を覚えて貰おうと思っています」
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



だがそれに、さすがのエンジュも一瞬えっ、と驚いた声を出した。
たかが九日間の修行で剣技を一つ習得するなど、どれだけの努力と才能が必要なのか
分からなかったのだ。

225 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:43:49 ID:TCmfuxpX
二78.
しかしすぐに考えを改める。
この少年が「約束する」と言ったのだ。
自分はただ、彼を信じて、息子に期待して待ってれば良い。



          _ __ _ _
      ,.'"´       、`ヽ、
     /   i    リ ヽ 、  \
    /    .:レ′   j  i !.:.   i
     l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
    ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、    「やはり教師が有能だと、
   彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|     生徒の進歩も早いものなのだな………」
   |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
   ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
     ヾ::、    ,        !/::/
      仆    :j 、      イ:/
         `、   _ _     /i,ハ
        ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
         `ト、 ___ /   !;;:/、
          /.::::| ヽ   /   l::::.:.L



納得するように頷きを繰り返すエンジュとて、親衛騎士以外の騎士団の中では五本の指に入る腕前である。
しかしながら、腕の立つ者が有能な教師になれるかと言うと、必ずしもそうではない。
どこかの剣術道場に居た経験がないにしてはよく教えている方であろうが、
どうしても基本重視の訓練になってしまうのは性格の事も相まって仕方のない事かもしれなかった。



                                                   / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
            「それもジュンの努力、集中力、                (●)(● )   |
            今までの基本の下積みがあっての事ですよ。        (__人__)     |
                                                (`⌒ ´     |
            ………ところで、その」                 .      {          |
                                                {         ノ
                                             mm   ヽ      ノ
                                            (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                                ̄ ̄ ̄|    |

202 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:23:23 ID:TCmfuxpX
二79.
                                                 / ̄ ̄\
                                               / _ノ  ヽ、.\
           「騎士募集試験の登録、と言うか申し込みは            |  (●)(●) .|
           いつどのようにすれば良いのでしょうか?」           !  (__人__)  |
                                                 , っ  `⌒´   |
                                              / ミ)      /
                                             ./ ノゝ     /
                                             i レ'´      ヽ
                                             | |/|     | |



                            ___
             _ -―――――-< ̄} }!
            ´      -――7  く.7./-、
        ,  ´      ̄  ,. -―/   Y´ \\
       /     ,   ,  イ   /        ヽ.` 、_.ノ  「ああ、それなら私が昨日済ませておいた。
     /     ,/  /  ,/    {   {       \ ̄
     /    /        ,ノ    }  ハ  }     、ヽ.     身元保証人と推薦状が必要なのだが、
     |!     /     _./ ,ィ / /   }  !      ヽ.}ヽ、   私が君の分も兼ねておいたので問題ないと思う」
     |   /     `才  /:/ ,    / /    ヽ.  ヽ. }
      {   /  、 .___./ / / ,. __/ ハ  ハ   }! i {
.     Y /   ` .ナー-r七´ //7 :/二.!_/}! }  ハ ハ!
     | / , -― 〈 /  {!  ,イ | / ´tテ::ナ}ノ ./ / リ ノ
   ,イ⌒Y´ ̄ ̄  ハヽ (ヽ. i ヾ 、_    ̄ ノイ}/
  〈   人  ――- ヽゝxくヽ、        ∨
   }!  ∧_ ヽ. ,xxzrく⌒´ヽ!             /
  八 {〈   ,.イ}   `    {        ,   _ '´
    }ハリ {´ i       ヽ       /
   ノ'  }!  ヽ/        {ヽ. ___/
        _∠_____    ヽ.
     /: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄\
     入 _ _____   _厶、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:\

203 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:24:08 ID:TCmfuxpX
二80.
                                            / ̄ ̄\
                                          _ノ  ヽ、  \
                                        (○)(○ )   |
                                .       (__人__)   u  .|
         「そうなのですか。            .        ヽ`⌒ ´    |
         俺の様な身元が不確かな冒険者の         {       /
         保証人になっていただけるなんて、          lヽ、  ,ィ'.) ./
         感謝の言葉もありません」                j .}ン// ヽ
                                        ノ '"´  ̄〉  |
                                .        {     勹.. |
                                         ヽ 、__,,ノ . |




              _,   ~ ̄ ̄ ̄¨   、
          . -=ミ            \
        /           ⌒\    \
       /   /        ヽ  \ \   ‘,_
    ー=彡' /   ′       八          ∨ミメ    「何を言っているんだ、
      / /   i      | l     \  \     |  ハ   感謝するのはこちらの方なのに。
       ′   |l  |   リ ト   \   、 ヽ乂_ リ   リ
.       } i   | 八 |   '/ 八\ _   、\ 介廴'   /    私にはこのような事しか出来ないが、
.     ノ人  戈トミ人 /_以rセ爪ヽ | \ 介ト /   {     可能な限り協力をさせて貰うよ」
      〃  } l  弋均ハ/ / 法功㌃ } |  爪ト /    、
         ノ人个ト /          ノ ノ /ノリ /     i|
.            }乂_ /         _彡イ厶ィ  {     j从
            八人 ヽ             / 乂从ハ }  |
               \`~`'       ,   /   ̄V八リ
                \    . イ   '`       ∨/
                    `´ r‐ '"          '¨ ̄\、
                  厶_..  -‐' '`         } :ヽ
                 _,厶;_: : : : \         { : :lヘ
                  /    \ : : : \       | : :} '



エンジュがそう答えるのも当然だった。
それだけの恩義はすでに受け取っている事を、息子と自分を救われた彼は確信しているのだから。


204 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:25:08 ID:TCmfuxpX
二81.
                                                / ̄ ̄\
                                              / ヽ、. _ノ \
                                              |  (●)(●) |
                                              |  (__人__) |
            「ありがとうございます、エンジュ様」               |   ` ⌒´  |
                                               |        }
                                               ヽ       }
                                               人_____ノ"⌒ヽ
                                             /           \
                                            /            へ  \
                                            (  ヽγ⌒)     |  \   \



だがそれでも、やらない夫は深々と頭を下げた。
自分がした事などなんでもない、恩を感じる必要はないと無言で返したのだ。



          _ __ _ _
      ,.'"´       、`ヽ、
     /   i    リ ヽ 、  \
    /    .:レ′   j  i !.:.   i     (参ったな。
     l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |      とんでもない器だぞ、この少年は)
    ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、
   彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
   |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
   ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
     ヾ::、    ,        !/::/
      仆    :j 、      イ:/
         `、   _ _     /i,ハ
        ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
         `ト、 ___ /   !;;:/、
          /.::::| ヽ   /   l::::.:.L



つい昨日感じた予感が確信に変わった。彼は将来大物になる。
息子のみならず、自分もやらない夫と出会えた事に感謝するべきだとはっきり分かった。


205 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:26:08 ID:TCmfuxpX
二82.
だが、その大きな器を自分は上手く扱うことが出来るだろうか?
ふとした疑問が頭をもたげ、エンジュは内心悩み始めていた。



                            ___
             _ -―――――-< ̄} }!
            ´      -――7  く.7./-、
        ,  ´      ̄  ,. -―/   Y´ \\
       /     ,   ,  イ   /        ヽ.` 、_.ノ
     /     ,/  /  ,/    {   {       \ ̄
     /    /        ,ノ    }  ハ  }     、ヽ.     (私の部下にして………
     |!     /     _./ ,ィ / /   }  !      ヽ.}ヽ、    それで果たして、彼のためになるのだろうか)
     |   /     `才  /:/ ,    / /    ヽ.  ヽ. }
      {   /  、 .___./ / / ,. __/ ハ  ハ   }! i {
.     Y /   ` .ナー-r七´ //7 :/二.!_/}! }  ハ ハ!
     | / , -― 〈 /  {!  ,イ | / ´tテ::ナ}ノ ./ / リ ノ
   ,イ⌒Y´ ̄ ̄  ハヽ (ヽ. i ヾ 、_    ̄ ノイ}/ 
  〈   人  ――- ヽゝxくヽ、        ∨
   }!  ∧_ ヽ. ,xxzrく⌒´ヽ!             /
  八 {〈   ,.イ}   `    {        ,   _ '´
    }ハリ {´ i       ヽ       /
   ノ'  }!  ヽ/        {ヽ. ___/
        _∠_____    ヽ.
     /: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄\
     入 _ _____   _厶、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:\




彼の父、ラオウが何者かの推測も立っていた事もあり、その疑念はしばらくエンジュを悩ませる事となる。


206 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:27:09 ID:TCmfuxpX
二83.
しばし考え込んでいたエンジュが我に返り、それで集合すべき日時と場所を聞いたやらない夫は
要項などが書いてある書類を受け取って部屋を出た。



    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\||
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|   「取りあえず試験の日の朝に戻ってくるつもりです。
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |   きっとジュンは見違えるほどになっていますよ」
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||



                             rf( ̄ヽ -― ´ ̄ ̄ ` ヽ
                           ,へく入/ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、   \
                     .    / イ                 \
                     .、  ∠  /     } ヽ   `ヽ、       \
                       ̄.フ´./       /  ハ   V  \    ヽ.    ヽ
                      / /      /    {   ヽ、      ヽ    :.
                     . '/{/         i {     \ \ \_.ノ   \   }
                     .八 }  /     ! V     \ }  ̄`  _ \.ヽ. l
                       /  ,イ.   i /\_ヽ_.、.   ヽ! _ ノ    、.、リ
                     . 厶.イ八  i | ,イ ̄ヽ.\\i ヽー―く ̄  ̄ ヽ、∨
                        ヽ{ ヽ. {八 { テt::: ァヾ. 、.!  }、 >) `ヽ___ ヾ{__
      「ああ、信じてるとも」       `  ヾ! ヽ、  ̄     ノハ ノ ) //      ̄`Y `ヽ
                            /            ノく._〃-――   , イ   〉
                            ヽ.          ´   / ̄フフツxz、/ .ノヽ  /
                              \ _ _       /: : : : : :   {ト、     ソ人
                               ヽ      ノ: : : : : :   ∧. }!   (’
                                   ヽ -― く´: : : : : : :    ∧ノ
                                     }_______∧_
                                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..}
                                  ∠ ___:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヽ.
                                /:::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::ヽ


扉が閉まり、少年の気配が立ち去ってしばし。
腕を組んで窓の外を見上げたエンジュは、彼が自分の部下に欲しいと言う思いと、
大きな器はしかるべき場所で発揮されるべきと言う思いとを真剣に選ばなければならなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

207 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:28:08 ID:TCmfuxpX
二84.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


::::: ::: :.           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: |
::::: ::: :.           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: |
::::: ::: :.           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: |
::::: ::: :.           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: |
::::: ::: :.           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: |             , -―- 、
::::: ::: :.           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: |            /     \
::::: ::: :.           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: |                /  \_   |
::::: ::: :.           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: |            / (●) (●)   |
::::: ::: :.           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: |          //  (_人__)    /       「ジュンは魚、捕れたかなぁ」
::::: ::: :.           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: |        //   l`⌒´    /
:: ::::            |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: |      //     |      ヽ
: :::   /]      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: |    //      __!、____/  \
   //i|       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: |  //      /、 ヽ     r 、 ヽ              トテトテ
 //  i|       |;;;;;;;;;;; ;;;;: ::: . |//       ハ ヽ Y`l     |  >  Y
 /    i|       |;;;;;;;;; ;;;:;: :::. . |/        { ヽ_ゾノ     | レi i i}
       i|     _| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          `¨´   ヽ    ハ  `'''
       i|   / /丶                         >   / ヘ
       i|  / /  /|                    / /  /ヽ  ヘ
      /  | ̄丶,/  |                   / _,/  / ご_ノ  モキュモキュ
    /    |    l    |                  / ( ヽ /
  /      |    |  /              /   \__ノ
        /|__|/               /
      //                  /
    //                   /
  //                    /





208 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:29:09 ID:TCmfuxpX
二85.
サクラダ家を出て三十秒。
やらない夫は自分が誰かにつけられている事に気づいた。



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    (付けられてるだろ。
        !  (__人__)  |     またギャブレットの間者か?)
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



                        .             i      l    i
                                i      |       |     
                             __,」__ ___,.|       | __..ト 、
                        .    〈匸[小、 ___,ノ|      |\__/|廴}〉
                            〃/' |_/ \!       |/ \!l| ||
                           〃〃 | \__/|      |\__/||| ||
                          〃〃  |__ /  |      |/ \!{l リ
                        . {{ {{   j      {      {    ',ヽ
                              ハ    ',       |      i   ピタッ
                              Vヘ    ヽ     |i -─‐-ハ
                                 Vヘ_ ---ヘ   l:::::::::::::::::::}
                                 }::::::::::::::::::::|    ヽ ::::::::::::/
                                ゝ::::::::::::::ノ     `  ̄´
                                  ` ̄ ´


振り返らないまま足を止めると、後方の追跡者も同時に足を止める。


209 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:30:09 ID:TCmfuxpX
二86.
一緒に足を止めてしまっては、やらない夫を付けていると答えたようなものである。
大した事がない相手だと察したやらない夫は、万が一この場で戦闘になっても
辺りに被害が及ばない事を確認してから路地裏へ続く細い道へと踏み込んだ。





                          |::      / ̄ ̄\
                          |::     /  ヽ_  .\
                          |::    ( ●)( ●)  |  (ついでに正体を
                          |::    (__人__).     |    暴かせてもらう………って)
                          |::      ` ⌒´    |
                          |:::     {         |
                          |:::     {       /
                          |::::     ヽ     ノ
                          |/⌒ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヽ
                          |_ノ ̄ ̄ ̄|      | ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_)



さらに奥の小道に飛び込み、気配を殺して追跡者の姿を確認すると―――


210 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:31:08 ID:TCmfuxpX
二87.

              __ ,-、_, - 、__ __ __
             ___/ ̄` <こ> __ ニ -: :¨´ ̄}
         /: :/: : : : : : :`Y^Y´: : : : : : :.:.:.:.L
        人_:_: |: : : : : : :_:_;L._|: : : : : :.:.:.:.:.:∧ヘ
          〈__/|_:_:_: -ァt__人_」\: : : : :.:.:./ : Vヘ    キ
        〉-─厶イノ ′|i |l | | iト、: : :.:.」:r┬'ーヘ   ョ
.       人.\ | i||i |i |l | | i| l 「ヘく:|j |i ィ´    ロ
   キ     廴_\}| i├十i |i |l 卞ー、| }-Vヽ小/
   ョ   ィ  ̄)ハ∧ x:=、lト ハノ,≧、| |,/ __/⌒>  ) )
    ロ   ゝ-く´ ノ_ハ h:::j    h:::::} 〃 / ∠工
    :     (_){___,ハ`¨   __ `¨゚ (( / 厶ィ‐┘
            └く: : :_;>, -ニ’_. イ: :`く___^))
                ン: : :r┴‐-、}二]: : : : :.:/
               \: :「 ̄ ̄下、: :.:.: : : _〉 .
             ; ,イ: :l: : : :.:r⌒Y;.:.:.: :/:|  ;
          , '/: |: : : : :.:.:{  j: \/: :ト、  ,
          /: : :.:|: : : : : : ハ孑|: : ∧: :.:.:ヘ '
       「了{: : : :.:.:.ト、:_:_:_:/弋:_:_:,ノ:::|i: : :.: ヘ ',
         )( |: : : :.:.: :/:::/ | l |: : : l::::::|l: : : : : :ヽ
         f ( l: : :.:.:.:/:::/: :|  |: : : :l::::::l: : : : : : : :\
         ゝ-ゝ\: :/:::/: : | l  |: : : :.l::::::l: : : : : : : /)
          しヘ \:/: : :.| l |: : :.:l:::::::l : : : <ノ丁
       . : : : :└くー ニフ″ l|:-─┴‐┴'´rーヘ¨´
      . : : : : : : : : }___/X廴_」`¨了⌒´[入_广′: : .
       : : : : : : : : : : : Vー‐1: : :Tく⌒「 ̄´: : : : : : : : : : .
        : : : : : : : : : : :`ー‐' : : 人_>|: : : : : : : : : : : :
      . : : : : : : : : : : : : : : : :.:ハ. \j: : : : : : : : : : :
       : : : : : : : : : : : : : : : :{::::::`フ: : : : : : : : : :
         : : : : : : : : : : : : :`¨´: : : : : : : :
            : : : : : : : : : : : : : :

―――自分を見失って辺りを見回しているのはなんと、ジュンの妹であった。


211 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:32:08 ID:TCmfuxpX
二88.
そのままさらに路地の奥へと入っていこうとするので、そいつは良くないと姿を現した彼に、



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}        「おっと、そっちじゃないだろ」
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ



悔しそうな少女は頬をぷっと膨らませる。



         ___,.. --───-、      ,.-───-- ..__
          ヽ          \(こ)/         /
           ヽ         \_  _/         /
           |     _,. -─ ァ'  ̄ヽー--  ..._     !
          /|_,. -‐ '´    /-──- \    `  、|
        /  ヽ.     /         \    /\
         \   \ ,.イ  /         ヾ、./  ___ヽ
          / __,rッ'´   /  /      i    i ゙ヾ   |
         厶r'゙7      /   i      l     l   ト、 |
       /   !/    /   !        l     !   l `\
      /    |! l    |   i| l     j |   l   !    \     「なぁんだ、気づかれてたの」
    /     l ト l、∧  |ヽ {      } } ヽ, 斗-┼j     \
   /__ ___      | lヾ >k{_ \    ノ_ル<ハj / /         ヽ
    {-─ ‐- =- 、.__∨ ‐〒示心ー\/戈云テテ‐レ'             i
   \_,.=ニー- 、.._く ',   ゞー'´     ゞー''   /  シr=_,ニ二二ニ j
      r─二ニー-干ー∨///      /// /      _  /
     ヽ=ヘ三ニ-\ヘ        ___     ∠ーニ-=ニZ_  ̄`
         ` ー-ュ-个 ,、 rー'´__う  ,.へァ'了--= _  `ヽ
          /       > ー-- ‐ァ<r'´ ̄ ̄\こ>‐ー '"
          ヽ.        \__  __,/      \
         ,. ィ⌒ヽr=、_ _,. -─-ユ.fニ─-、.     /_,ノ
         {       // ̄`7トlく⌒ヽ、.\  // `ヽ、
        ヽ、_ハ l // /   / / !ハ    \\     _ノ
        /    Nヽ   / /| i| !    〉 }_,L_,. く
       /      |ヽ.\/,.イ | | ト、\ /,.イ     \
      /       j  `ー-' / | | | \ / |       ヽ




212 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:33:08 ID:TCmfuxpX
二89.
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ─)(─
   |      (__人__)    「まあね。
.   |        ノ     で、雛苺お嬢様は家を抜け出して
    |     ∩ ノ)     こんなところで何をしているのかな?」
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



                                          /  \ヽ
                                        /     く        ____
                                      _/    _  ヽ    ,  ´
                                      {         ヽ /二フ´
                                      Lュニニニニゝ 〈_/=-
                                     < __     ´ ニ L \ _
                                       / /   /  ヽ ヽ. \ ヽ.      /
         「お兄様をどこへやったの?」          ∠ イ/ /         ', ',ヽ ー―‐く{
                                        /  /      | |  ヽ ヽ ヽ.___ノ
                                        N |! |     //   }  |   \\
                                        ヽ l l|   ィ::7!   /  |、 r 、 |ヽ ヽ
                                       / 代1_ ノ:::::r-/ ノ/ / / .∨ヽヽj  \
                                      く /./ ー .:::::::: 弋ソV イ /    \
                                      く/ミミ ヽ  '    ー彡 j/|       ヽ
                                       ゝ-ミ \` =   ゝ- 彡リ      イヽ
                                          \ >― ァ チニ彡  ,  < ル
                                         , --く{二 ス ヽ 斗ヘ、_ 彡
                                        /  / /、,ヽ\}} / /   \
                                      /   . く_/ l! VV/ /       \
                                     /     //  / /〉,  !           ヽ
                                    く      /// ./ // l! l        /
                                     \     ///  .〈/ l  |          /
                                      〈ヽ  / V      |  `ーr-    へ、
                                       ヽ / /        |    {       ヽ




214 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:34:09 ID:TCmfuxpX
二90.
        / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (●)(●) |    「エンジュ様から聞いてないのか?」
.      |  (__人__) .|
       |  . '´n`'  .ノ
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)



ああ、昨日帰らなかったジュンを心配したんだな、と納得したやらない夫に
事情は聞いていた彼女はやや俯いて答える。



                                     .               ___ _
                                               ,.--r^Y^r<: : : : : \
                                            に二ブ⌒| ̄\: : : : : :\
                                     .        レ'て_)(_弋___), ==‐-ト、
                                     .         _/´ li   、 、`¨¨{: : : : :_: : |ヽ
                                          f´/il|l | i l | iヽ  ゙、: :./ l ヽ| }
                                           ノ'i l||l | l_|__l_|1ハ ハ/ '! /,小
       「聞いたの。                            {_| l人|x| l l,ニ、川}/// l// 入
       貴方から、強くなる為の特訓を受けてるって。          7ニヽヾ;  Lハ 厶ィ´─〈/ /_〉
       試験のある日まで家には戻ってこないだろうって」      {´三ヽ八 _  u ∠二二下(廴))
                                             ̄)ノ7))\_ ィ f三三〕ゝー‐'
                                     .          ィ ニ圷、ヽ/: : :_ソノ:\
                                              /:〈〈 //{: : 〉〉: : : : : : : :〉
                                     .       r‐!/:.V/:ゞニ'ノ」: : : : : : :/
                                     .         j: 」: : :}/: j/: :f: : : : : : :.:ハ
                                            /:/: ,.イ: :〃: :.:∨: : : : : :ノ
                                          /:/:./:::/: /|: : : :.,′ : : : : |
                                         / : /:./:::/: イ::|: : : /: : : : : : :.|
                                     .  /: : : /: :|/:./:|:::|: : / : : : : : : : |
                                     /: : : : :/: : : : :.:{ : ヽ!: /: : : : : : : : :|


さすがに少し慣れたのか、それとも家の外で緊張しているのか、
昨日の食事時のような態度は形をひそめており、
そこには純粋に兄を心配する一人の妹が立っているだけだった。


215 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:35:08 ID:TCmfuxpX
二91.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)   「その通りだろ。
. |  u  (__人__)    君のお兄さんは今、シンジに勝つために
  |      |r┬|}    修行してるんだ。
  |      | | |}    シンジは知ってる?」
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く 
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、



         ___,.. --───-、      ,.-───-- ..__
          ヽ          \(こ)/         /
           ヽ         \_  _/         /
           |     _,. -─ ァ'  ̄ヽー--  ..._     !
        _/|_,. -‐ '´    /-──- \    `  、|
        | l│└ ┐  ./          \    /\
     ┌‐┘ ノ.`ー─┘,.イ  /         ヾ、./  ___ヽ   「知ってるのー!!
     └―イ/ .| ̄ ̄|  /  /      i    i ゙ヾ   |      あの独りよがりの
      / ̄ ̄|│ 「 ̄  /   i      l     l   ト、 |      オタンコナス!」
      ヽ/ ̄|.│ヽ_>  /   !        l     !   l `\
      /  └┘l.    |   i| l     j |   l   !    \
    /     l ト l、∧  |ヽ {      } } ヽ, 斗-┼j     \
   /__ ___      | lヾ >k{_ \    ノ_ル<ハj / /         ヽ
    {-─ ‐- =- 、.__∨ ‐〒示心ー\/戈云テテ‐レ'             i
   \_,.=ニー- 、.._く ',   ゞー'´     ゞー''   /  シr=_,ニ二二ニ j
      r─二ニー-干ー∨///      /// /      _  /
     ヽ=ヘ三ニ-\ヘ        ___     ∠ーニ-=ニZ_  ̄`
         ` ー-ュ-个 ,、 rー'´__う  ,.へァ'了--= _  `ヽ
          /       > ー-- ‐ァ<r'´ ̄ ̄\こ>‐ー '"
          ヽ.        \__  __,/      \
         ,. ィ⌒ヽr=、_ _,. -─-ユ.fニ─-、.     /_,ノ
         {       // ̄`7トlく⌒ヽ、.\  // `ヽ、
        ヽ、_ハ l // /   / / !ハ    \\     _ノ



以前何かあったのだろうか、シンジの名前が出ただけで顔を真っ赤にして怒り始めた雛苺に、
厄介な話題を持ち出してしまったとやらない夫は少し後悔してしまう。



216 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:36:08 ID:TCmfuxpX
二92.

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)      「絶対にジュンは負けるわけにはいかないからさ、
   |     `⌒´ノ       本当に頑張ってるだろ」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



話題をジュンに戻そう、と言った言葉がまた気に入らなかったらしい。



         ./  \/    ./       .}   |ヽ  .|    !  l l  ! l |
  . -=≧チ去左≧ミkl\ ://       /!  .| j/!\ .丶、/ ,/  / ,'
     x彳丁| ./ ア㍉\/       ./ |  j/,,斗≦= ./ヽ' / /
   .__ | ∨〃 {:.外、ヾ/     / j_,ィ≦气Ⅳトミ /  //
  . ´_ニ=‐}  ∧.  V小ヾj{\_,、//  /升'^ハ jシリ  ̄´/ >      「たとえそうだとしても、
  二_.‐=ニ>.  {i ヘ イ刋        .イ{  ノリ    二_ ‐=}      貴方なんかに教わる事なんか
  . _,二ニ= _弋ヒ辷ユソ         {iトイjソ    {_,二ニj       何一つ無いはずなのよ!
    . :l      /////          `ー='ー     |/ 彡
  _⌒ー=<二     _          、 /////  |⌒ー=》       サクラダ家は代々騎士の家柄の
   `二ニ=‐    , ヘ/`ヽ、______,       ,j`二ニ=‐       由緒正しい貴族なの!」
  .=´、_:.:ヽ.  /           `ヽ:: /      イ ´、_
  . ノ  `>: `(            ∨    <└-´ノ `>
  ."ー=≪:.:.:.:.:.:.ヽ          /  < : :.∧  "ー=≪
      〉:.:.:.:.:.:.:.:ヘ>      _∠z< : : : : : : :.∧ \   〉
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨\¨ア ̄   |: : : : : : : : : : : ∧ \



顔を真っ赤にして食ってかかる彼女に、さすがのやらない夫も手で顔を覆ってしまった。



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |   「やれやれ………」
  l レ ./..ノ .,''´} i
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |



217 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:37:08 ID:TCmfuxpX
二93.
                                         /  \ヽ
                                       /     く        ____
                                     _/    _  ヽ    ,  ´
                                     {         ヽ /二フ´
                                     Lュニニニニゝ 〈_/=-
                                    < __     ´ ニ L \ _
                                      / /   /  ヽ ヽ. \ ヽ.      /
                                     ∠ イ/ /         ', ',ヽ ー―‐く{
                                       /  /      | |  ヽ ヽ ヽ.___ノ
                                       N |! |     //   }  |   \\
                                       ヽ l l|   ィ::7!   /  |、 r 、 |ヽ ヽ
                                      / 代1_ ノ:::::r-/ ノ/ / / .∨ヽヽj  \
         「そんなにヒナと話すのが苦痛なの?」     く /./ ー .:::::::: 弋ソV イ /    \
                                     く/ミミ ヽ  '    ー彡 j/|       ヽ
                                      ゝ-ミ \` =   ゝ- 彡リ      イヽ
                                         \ >― ァ チニ彡  ,  < ル
                                        , --く{二 ス ヽ 斗ヘ、_ 彡
                                       /  / /、,ヽ\}} / /   \
                                     /   . く_/ l! VV/ /       \
                                    /     //  / /〉,  !           ヽ
                                   く      /// ./ // l! l        /
                                    \     ///  .〈/ l  |          /
                                     〈ヽ  / V      |  `ーr-    へ、
                                      ヽ / /        |    {       ヽ



自分の態度を棚に上げて、失礼な奴と鼻を鳴らす雛苺。
だが、それを物ともせずにやらない夫は小さく首を振った。



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|   「いやいや、そうやって頭ごなしに
        !  (__人__)  |    決めつけられると困っちゃうって事だろ」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |




もちろん彼女とのやり取りを苦痛になどこれっぽっちも思っておらず、
どちらかと言えば心からジュンを心配する妹さんの様子に微笑ましくすら思っているのだが
その余裕も雛苺は気に入らないようだ。

218 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:38:12 ID:TCmfuxpX
二94.



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)        「とにかく今日は家に帰るだろ。
          |     ` ⌒´ノ         試験の日には強くなったジュンが戻るからさ」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ



見違えたジュンを見たら驚くだろうな、喜ぶだろうな、とその瞬間を想像して
にっこり微笑みながらのやらない夫の提案を、


219 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:38:19 ID:TCmfuxpX


                                       ___,.. --───-、      ,.-───-- ..__
                                        ヽ          \(こ)/         /
                                         ヽ         \_  _/         /
                                         |     _,. -─ ァ'  ̄ヽー--  ..._     !
                                        /|_,. -‐ '´    /-──- \    `  、|
                                      /  ヽ.     /         \    /\
                                       \   \ ,.イ  /         ヾ、./  ___ヽ
                                        / __,rッ'´   /  /      i    i ゙ヾ   |
                                       厶r'゙7      /   i      l     l   ト、 |
       「お断りなのよ。                     /   !/    /   !        l     !   l `\
       お兄様の口から、貴方に教わった方が      /    |! l    |   i| l     j |   l   !    \
       お父様に教わるよりも為になると       /     l ト l、∧  |ヽ {      } } ヽ, 斗-┼j     \
       聞くまでは絶対に帰らないのー!」     /__ ___      | lヾ >k{_ \    ノ_ル<ハj / /         ヽ
                                  {-─ ‐- =- 、.__∨ ‐〒示心ー\/戈云テテ‐レ'             i
                                 \_,.=ニー- 、.._く ',   ゞー'´     ゞー''   /  シr=_,ニ二二ニ j
                                    r─二ニー-干ー∨///      /// /      _  /
                                   ヽ=ヘ三ニ-\ヘ        ___     ∠ーニ-=ニZ_  ̄`
                                       ` ー-ュ-个 ,、 rー'´__う  ,.へァ'了--= _  `ヽ
                                        /       > ー-- ‐ァ<r'´ ̄ ̄\こ>‐ー '"
                                        ヽ.        \__  __,/      \
                                       ,. ィ⌒ヽr=、_ _,. -─-ユ.fニ─-、.     /_,ノ
                                       {       // ̄`7トlく⌒ヽ、.\  // `ヽ、
                                      ヽ、_ハ l // /   / / !ハ    \\     _ノ
                                      /    Nヽ   / /| i| !    〉 }_,L_,. く
                                     /      |ヽ.\/,.イ | | ト、\ /,.イ     \
                                    /       j  `ー-' / | | | \ / |       ヽ



雛苺は一蹴。


226 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:44:24 ID:TCmfuxpX
二95.
あまりの即答にこりゃ駄目だろ、と彼女の不退転の決意を察したやらない夫はしばし考えて、
連れて行ってやる事にした。



.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ     「わかった、案内するだろ。
    . |  (__人__)..|  /
      |   ` ⌒´ リ  ヒ       でも一つだけ、約束してくれ」
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|



瞬間、路地裏の空気が張り詰め、十四歳の娘はそれを明確に感じとった。

先程と雰囲気は変わらないはずの、彼の言う「約束」と言う言葉を
自分の心が最優先事項として捉えていたのだ。



                       .               ___ _
                                 ,.--r^Y^r<: : : : : \
                              に二ブ⌒| ̄\: : : : : :\
                       .        レ'て_)(_弋___), ==‐-ト、
                       .         _/´ li   、 、`¨¨{: : : : :_: : |ヽ
                            f´/il|l | i l | iヽ  ゙、: :./ l ヽ| }
                             ノ'i l||l | l_|__l_|1ハ ハ/ '! /,小
                            {_| l人|x| l l,ニ、川}/// l// 入
           「な、何なのー?」        7ニヽヾ;  Lハ 厶ィ´─〈/ /_〉
                             {´三ヽ八 _  u ∠二二下(廴))
                               ̄)ノ7))\_ ィ f三三〕ゝー‐'
                       .          ィ ニ圷、ヽ/: : :_ソノ:\
                                /:〈〈 //{: : 〉〉: : : : : : : :〉
                       .       r‐!/:.V/:ゞニ'ノ」: : : : : : :/
                       .         j: 」: : :}/: j/: :f: : : : : : :.:ハ
                              /:/: ,.イ: :〃: :.:∨: : : : : :ノ
                            /:/:./:::/: /|: : : :.,′ : : : : |
                           / : /:./:::/: イ::|: : : /: : : : : : :.|
                       .  /: : : /: :|/:./:|:::|: : / : : : : : : : |
                       /: : : : :/: : : : :.:{ : ヽ!: /: : : : : : : : :|



まるで言霊に操られるかのように急速に敵意を失った雛苺は二歩、三歩と後ずさった後、
おそるおそるその内容を尋ねてみる。



221 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:40:08 ID:TCmfuxpX
二96.
                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l    「今ジュンは、凄い早さで成長してるんだ。
.    l              冫.ー く    決して、その邪魔をしては駄目だろ」
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                        ,,.._
                                      /\`'ー-‐=y
                              _   __   /    `j    )
                            Y´_`'ー'" ヽ__// ∠´ } : : /
                            .{  .ト、_,,=宀ト iヽ=v=ノ   〈
                             >、<~てjー し'へとケヽ==-.ζY
                       ___,. '´,ゝ ゙T ,  ',  ,  ヽ  `丶, .{
                       .\   / .,' i i!  i」__ ',   }   ,ヘ、,}ヽ
                         `ゝ.,',' /_|_,,].ェ、 'i ヽ「Τ ノ_,.kK" ヽ、 `>‐-、
                          /_i i .T「',ヽ、| \ ェ示抃ゝ¨ 》 ヾ、、  \、゙ヘλ_
                           | !, .|丶汽》!  `' k州j゙ii ル  !ヾ、,_  ヾ,ー _  ,)
      「わ、分かったのよ」         ',.|ヽ.!ヾ!狄j    ゞ=″j)ミ`'x 二ニ=‐-、ヽミ、k
                           .N_ >ゝ|`¨ 、      !ミーヘ ヘ彡 ニ.‐ ニ `}ミ,),〕
                            )ミ- .!  ∈つ    乍ミ≧「j´,", キ ミ }ミソ
                            `>-‐ ゙ゝ、,_    _,,.. ソ≡ゞ!、i' y彡 ミ jτ
                            .ヽ,彡_儿ミ>≦┐_ _ _いミノヘ((_@、)
                              ζ( ξ/´ ̄`\,    ̄j、_    ノ
                             、=-一へi      ヽ:.:.. - ´ Y
                             Lニ/丿      ::..     . |
                       _,,..≦ニ>イ" < .:.    :.:: ノ   ,' !,
                      <'" ,ィ´ _  ゙',イ   へ ::.. .::. .:: :::i"   ./  )
                      !/  ヾ7'    ./´  ::   ':' ゙>  ./ .::./
                           .)'    へ、 ..:   く  /  '':ヽ



意味はよく分からないながらも、気迫に圧されて頷く。
沈黙が立ちこめ、雛苺の毒気が抜けてしまってしばし。


222 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:41:08 ID:TCmfuxpX
二97.

              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ
       i                 丶
       l       /  ̄           丶       「それじゃ、行くとするだろ。
       |  __         _ ヽ        丶      案外ジュンの奴、雛苺ちゃんに応援されて
       ヽ/       i イ::::ヽ l       丶     ますます張り切っちゃうかもな」
        ヽ    _  ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',
       丶i イ:::ヽ l    `ヽ            ヽ
         ゝ ゞ ', ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



微笑むやらない夫が歩き出し、交渉が成立したはずの雛苺が不満そうに続いた。



            /       /       !    }ミメ、: :/: : ::ィ: '::´:{{ハ
              /  /     i         l     ゞ:V:_:ィ'´: : _: : : :メハ
          //  i     乂.        |      ヽ: : : : /iヽ ̄ `  i
            iイ   l    __ハ        / ィ     >./  ,|ハ    \
            {'i .  l   从八ヾ  、__ィ_/_i  /  | ̄    |  \    \
              ',    .li ィ=ミメ、    .//イ / ̄〃  /    /    \     「むー」
           ゝ、ハ  ト、ilけk}ヽ  /彳ミメ、 ィ'   ./    /      `ー 、 _
            > >、', 弋ソ  `"  {{けオミ、イ./ ,  /
          /-'´ ̄ ト' ""       辷ツ  〃彡''_./イ       __ _
         /  ヽニ彡、   、     ""   イノイ≦  il_ ,, ィ ''´ ̄  ̄ `
         { -=彳_ィハ   -(         ノ_    > ̄
          Y´ ,,_≠〃フ>、        イー<>_/ハ ̄ >- 、    /
          ヽイ三=≠=-、 ー -,―  ´  |>、ノフ`ー -ミ''ー 、 _ ` ー'
             >=/: : : : : : >イi      >=-''´ ̄ヽ_}}     >
              /: : : : : : : ´: : :il _. . .ィ: ':´/: : : : : : : : :ヾー=-'' ´
            /: : : : : :ィ==v=ミメ、: : :r': ´: : : : : : : : : : : ヽ



自分がやらない夫に対して敵愾心むき出しだった自覚はある。
だがそれを意にも介していない様子なので、独り相撲を取っていたと思い知らされて
少し恥ずかしくなったのだ。


223 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:42:08 ID:TCmfuxpX
二98.
貴族学級の同世代男子には決してない余裕。
父の余裕、母の愛、姉の脳天気、兄の優しさとも違う受け止め方。
自分にとって初めての反応を返され、どうやって接すれば良いのか分からなくなった雛苺は、



           fzfzィ彡、-‐ァ´           ヾツfz
         fzイ¨"  .:.:{ .:.ixz、..__       .:.:.: Yゞfzfzx
        fzツ     ,ィf厂丁`ヾfzゞfzx:、     .:.:.:.:|:. `ヾミz
        Y    xfツイ' ハ ヾ:、 ヽゝ八fz小、  .:.:.:.:.|'  ____
.        |   xfツ"く ム┤ トスノ´   fz圦  .:.:.:.:.|  「ヾ、
         ,ィ!   イfxレ1辷i  し’ 、 :、     ゙fzX .:.:.:人_.:|\ `
    fxzレ"|! ,f才ン   ヾ  i! i| ハ ヾ:、   八fz}_/  ヾリ ヽ
  ,ィxfイ.: .:| rf;{" i   ハ  i! |i ハ  ヽ:、 イ j;}i   /'   ) ノ
  {f∠ィ' ¨ヾ:イァ'  l   i! il  i| i|!  }!ヽ )} i! {i从 ′  / }     (変な人、なの)
        /,イ{  i{  i| !i  i! l!i  ハヽ_j斗! jヾ ヽィ  ,イ{
.       //i {!  i| i il i|  |j、l iァナ乃工ノリ イ )} /'  イ i,ィ
      〈' {i八 い:、ヽ i!_,.!i; リハリjイ;乍夾ハ〉リ イ〃 /  //
      /メ{  ヽ ヽミ;匕ヾハiノ リ ソ ヾニ''’厶┴ュ/ / ーァ
      ,:/ 大ー:、 ヾ ヾミ;イ示ミj        "" ら≡≠)/ムく二_
    ;厶-―‐-、`ヾ. _リ"ヽ ゞ’  ,    -=≦ヲ く<==ァ/ム
     r‐-`二ニ} ノ ノ /'/ 、""  - ‐   /、_;ノ てムハ(_ノj
       ̄`ヾーャ-ァ、{斗ァZ>≧=ー- ..__..イ:.  /´: : : : : : : :`ヽ
      ゞ==ミュ、〉〃ム三≧ヾく二ゝ _j''   /: : : : : : : : : : : :
           半ァ/: `てラ’_.=≠>个≠!: : : : : : : : : : : : : :
             ({/: : : : : : : {:r''" /,イ:i トヽ |.:.:.:.:.、: : : : : : : : : :
             〈.:.:. .:.:. .:.:.:.:. |:{: ://:./リ }:jヾヽ.:.:. :ヽ: : ヽ.:.:.:.:. :
            ヾ:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ヾ彡': :i:/ i:::!.: :ヾ>: 〈::': : .::::\.:.:.:.
           /: ノ: : : : : : : i : : :,メ l:::i : : ノ: : :イ: :i : : : : : : :
          く: : :': : : : : : i : :{!: :./!  |:::! :Y:::::/: j: ::|: : : ::ヘ: :
            キ: : : : : : : :|: : i! /::j   !::{ : |:::/: :': : :|: : : : :::j : :
           入: : i: : : :.:|: : ': {:::{   |:::| : Ⅵ: : : : :.!: : : : : : : :



取りあえず、そう位置づけておくことにした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……



 
 
227 ◆GV1zPRS/Lk 10/08/06 22:44:55 ID:TCmfuxpX
本日の投下は以上です。
推敲不足で誤字三発とか済みませんでした。









【漫画全巻セット】【中古】ローゼンメイデン ヤングジャンプ版 <1~10巻> PEACH-PIT【あす楽対応】

価格:910円
(2018/9/24 08:59時点)
感想(0件)






ローゼンメイデン0-ゼロー 1 (ヤングジャンプコミックス) [ PEACH-PIT ]

価格:669円
(2018/9/24 09:09時点)
感想(4件)
























次の話






目次



関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yaruosuki.blog.fc2.com/tb.php/1192-432fa4e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)